5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

HUNTER×HUNTER Part33

1 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 04:01
緋の目を持って逃げた犬つかいの運命は?

Part32
http://salad.2ch.net/test/read.cgi?bbs=ymag&key=983037811

それ以前の過去ログ>>2-6のどこか

2 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 04:02
1 http://piza.2ch.net/ymag/kako/966/966409995.html
2 http://piza.2ch.net/ymag/kako/968/968099933.html
3 http://piza.2ch.net/ymag/kako/968/968897775.html
4 http://piza.2ch.net/ymag/kako/969/969380403.html
5 http://piza.2ch.net/ymag/kako/969/969381735.html
6 http://piza.2ch.net/ymag/kako/970/970270805.html
7 http://piza.2ch.net/ymag/kako/971/971244427.html
8 http://piza.2ch.net/ymag/kako/971/971779874.html
9 http://piza.2ch.net/ymag/kako/972/972231893.html
10 http://piza.2ch.net/ymag/kako/972/972421639.html
11 http://piza.2ch.net/ymag/kako/972/972941356.html
12 http://piza.2ch.net/ymag/kako/973/973547561.html
13 http://piza.2ch.net/ymag/kako/974/974491496.html
14 http://salad.2ch.net/ymag/kako/975/975253061.html
15 http://salad.2ch.net/ymag/kako/975/975403447.html
16 http://salad.2ch.net/ymag/kako/975/975488361.html
17 http://salad.2ch.net/ymag/kako/975/975796165.html
18 http://salad.2ch.net/ymag/kako/976/976905120.html
19 http://salad.2ch.net/ymag/kako/977/977151836.html
20 http://salad.2ch.net/ymag/kako/977/977595291.html


3 :キルア:2001/02/28(水) 04:03
やっと完成かよ。まっ、出来たからいいけどな。

4 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 04:03
21 http://salad.2ch.net/ymag/kako/978/978137942.html
22 http://salad.2ch.net/ymag/kako/978/978896661.html
23 http://salad.2ch.net/ymag/kako/979/979586387.html
24 http://salad.2ch.net/ymag/kako/980/980015120.html
25 http://salad.2ch.net/ymag/kako/980/980204752.html
26 http://salad.2ch.net/ymag/kako/980/980491648.html
27 http://salad.2ch.net/test/read.cgi?bbs=ymag&key=980934453&ls=100
28 http://salad.2ch.net/test/read.cgi?bbs=ymag&key=981953910
29 http://salad.2ch.net/test/read.cgi?bbs=ymag&key=982404940&ls=50
30 http://salad.2ch.net/test/read.cgi?bbs=ymag&key=982601909
31 http://salad.2ch.net/test/read.cgi?bbs=ymag&key=982791077
32 http://salad.2ch.net/test/read.cgi?bbs=ymag&key=983037811



5 :キルア:2001/02/28(水) 04:04
とりあえず、パクノダとかいう姉ちゃんを捕まえた後、どうするかだよな〜。

6 :ネオン:2001/02/28(水) 04:04
1さんご苦労様

7 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 04:04
ドリルちんちん

8 :キルア:2001/02/28(水) 04:04
ちゃっちゃとやろーぜ〜?

9 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 04:05
せめてファンクラブ通信逝けよシャル一行

10 :キルア:2001/02/28(水) 04:05
ドリルちんちんって何だよ。

11 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 04:05
キルアは余計な事してくれました。

12 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 04:05
キルア=明智

13 :キルア:2001/02/28(水) 04:06
シャル一行って、誰の事言ってんの?ファンクラブなんてあんだ?

14 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 04:06
>>9
こいつらシャルなの?

15 :ネオン:2001/02/28(水) 04:06
マターリ行きたいね

16 :キルア:2001/02/28(水) 04:07
>>11
お前の方が余計だよ。
>>12
また勘違い野郎かよ。うっとーしいな。

17 :ネオン:2001/02/28(水) 04:08
>>13
フフ

18 :キルア:2001/02/28(水) 04:08
そ〜そ〜、マターリ行こうぜ。

19 :バサラ:2001/02/28(水) 04:08
なんで漫画板のほうにハンターのスレがあるんだ?

20 :キルア:2001/02/28(水) 04:08
>>17
何笑ってんだよ。

21 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 04:09
キルア=黒狗

22 :ネオン:2001/02/28(水) 04:09
ネオンは何人いるのかなーっと

23 :キルア:2001/02/28(水) 04:09
>>19
あって悪いかよ。漫画じゃねーか、ハンターも。

24 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 04:09
キルア=同人女

25 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 04:10
キルア=940

26 :キルア:2001/02/28(水) 04:11
あ〜はいはい。も〜、どうでもいいや。馬鹿の勘違いには付き合ってらんねーよ。

27 :ネオン:2001/02/28(水) 04:11
>>20
特質系だもんっ

28 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 04:11
キルア=ネナベ

29 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 04:13
キルア=厨房スカウター

30 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 04:13
今ネオンは何人いる?

31 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 04:14
>>29
つまり明智じゃん

32 :キルア:2001/02/28(水) 04:14
ったく、この時間になるとろくな奴いねーじゃん、ここ。
んじゃ、俺ふけるわ。馬鹿はゴン一人で十分だっつ〜の。

33 :ネオン:2001/02/28(水) 04:14
二人だけっぽい

34 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 04:15
キルア=ねずみ団だったのか?

35 :ゴン:2001/02/28(水) 04:15
>>32
んだと?もっかい言ってみろ!もっかい言ってみろよぉぉ!!!!

36 :ネオン:2001/02/28(水) 04:15
そうだね
2人っぽいや

37 :一人レンジャー:2001/02/28(水) 04:16
植民地に大根を持って行きました。理由?無いよ。

38 ::2001/02/28(水) 04:16
いがいと笑えるぞ。
漫画板にいってみな。

39 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 04:16
ハァハァスレに明智がいました。キルアは明智です。

40 :ゴン:2001/02/28(水) 04:16
キルアぶちころしめる

41 :クラピカ:2001/02/28(水) 04:17
落ち着け、ゴン。
図星を指されたからって逆上するな。

42 :一人レンジャー:2001/02/28(水) 04:18
泣きたい時もあるけれど、私は元気です。

43 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 04:18
>>42
がんばってね・・・

44 :ゴン:2001/02/28(水) 04:19
落ち込んだりもしたけれど俺は元気です>ミトさん

45 :一人レンジャー:2001/02/28(水) 04:19
楽しい一人暮らし。一人で楽しい、一人レンジャー。

46 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 04:19
>>44
魔女の宅急便じゃん。

47 :一人レンジャー:2001/02/28(水) 04:20
頑張る俺は、結局一人。一人と一体。一人暮らしの記念に貰った、ゾイドが一体。

48 :遊戯:2001/02/28(水) 04:21
くっ…!
ここはカードを一枚場に伏せて、
ターン終了だ!

49 :一人レンジャー:2001/02/28(水) 04:21
魔女の宅急便は、一人で運営。俺も一人。一人だけど、似ている。共通点は一人。

50 :ネオン:2001/02/28(水) 04:22
>>47
ゾイドの種類はなぁに?

51 :海馬:2001/02/28(水) 04:22
これがオレのオベリスクだ!ワハハハハ!!

52 :一人レンジャー:2001/02/28(水) 04:22
ターン終了時に、一人。一人対戦、遊戯王。一人でカードを見る俺。

53 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 04:23
今週号のジャンプ読んで思ったけど、
クラピカのサングラス大きすぎじゃないか?

54 :遊戯:2001/02/28(水) 04:23
海馬ッ!おまえもか!

55 :一人レンジャー:2001/02/28(水) 04:23
一人の俺と、一体のアイアンコング。一人で笑う俺。コングは笑わない。

56 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 04:23
>>53
目がどんどん大きくなっているから。

57 :クラピカ:2001/02/28(水) 04:24
>>53
よけーなおせわだ!
わたしはとくしつけいだぞ!ワハハハハハ!

58 :一人レンジャー:2001/02/28(水) 04:24
サングラスをかける俺。一人サングラス。サングラスは一人用。俺専用。

59 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 04:24
>>55
つまり、今このスレには俺とお前の自作自演しかいないって事?

60 :クラピカ:2001/02/28(水) 04:25
てことは三人はいるってことだな

61 :一人レンジャー:2001/02/28(水) 04:25
一人の食卓。向かいにはアイアンコング。食事はしない。食べるのは、俺一人。
一人レンジャー。

62 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 04:25
>>57
おまえなんかクラピカじゃない。

63 :ネオン:2001/02/28(水) 04:26
>>55
電動音が虚しく部屋に響き渡る様子を想像してみる

……が…がんばってね…ホント

64 :一人レンジャー:2001/02/28(水) 04:26
一人と一人の淋しい時間。絶対時間。一人タイム。

65 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 04:26
でも俺は寝るので2人きりになれるぞ。じゃあな。

66 :遊戯:2001/02/28(水) 04:26
クラピカ!
デュエリストらしくカードで決着をつけようぜッ!

67 :一人レンジャー:2001/02/28(水) 04:27
一人泣く俺。コングは泣かない。コングは歩く。一人で。俺も歩く。一人レンジャー。

68 :一人レンジャー:2001/02/28(水) 04:28
一人で寝る。枕元にも一人。知らない人が一人。コングは、知らんふり。

69 :ネオン:2001/02/28(水) 04:28
>>61
ウゼーよ。占ってやる。
えーと車に惹かれて死ぬ。はい決定。えっへっへぇ早く氏ね。

70 :一人レンジャー:2001/02/28(水) 04:29
一人レンジャー、一人で終焉。さよなら、俺。一人レンジャー。

71 :スクワラ:2001/02/28(水) 04:29
分かるぜ…
俺にとってのコングはポチだ
そしてアンタにとってのポチはコングなんだ…

72 :遊戯:2001/02/28(水) 04:29
一人レンジャー、そんな時はデュエルだ!

73 :ネオン:2001/02/28(水) 04:30
>>72
トランプの方が面白いよ

74 :クラピカ:2001/02/28(水) 04:30
ここは馬鹿ばかりだな。

75 :ネオン:2001/02/28(水) 04:31
>>74
えっと…オマエモナー

76 :キルア:2001/02/28(水) 04:31
おい………。いつの間にか、ハンタースレですら無くなってないか…?
頭がおかしくなりそうだよ。気違いは、ゴン一人で十分だって。

77 :クラピカ:2001/02/28(水) 04:31
>>66
いいだろう!
だがカードゲームは興味ナッシング。
念で勝負しよう。


78 :キルア:2001/02/28(水) 04:32
あ、そ〜だ。来週は、セリフ無しらしいぜ。サイレント漫画風らしい。

79 :遊戯:2001/02/28(水) 04:33
(何ッ!トランプだと・・・?!)

80 :ゴン:2001/02/28(水) 04:33
>>76
んだと?
友達になってあげたのになんなんだよその言い草は
お前なんか俺がいなきゃただのヒッキーじゃねえか。
はっ!頭がおかしくなって死ねばいいっちよ!

81 :ライト・ノストラード:2001/02/28(水) 04:34
>>75
2ちゃんにもすっかり慣れたようだな。

82 :一人レンジャー:2001/02/28(水) 04:34
一人トランプ。コングとトランプ。でも、引くのは一人。一人レンジャー。

83 :遊戯:2001/02/28(水) 04:35
ここにはデュエリストはいないというのか!?

84 :キルア:2001/02/28(水) 04:35
>>80
オマエモナ。チンポ切り落とすぞ?

85 :ネオン:2001/02/28(水) 04:36
>>81
パパ。キルアのミイラが欲しいよぉ。

86 :な?:2001/02/28(水) 04:36
キャラクター通信の方上げたからできればそっちでやっておくれよあんた

87 :城之内:2001/02/28(水) 04:36
遊戯、俺と勝負だ!

88 :ゴン:2001/02/28(水) 04:37
>>84
風呂で見せあいしたとき明らかに俺のほうがでかかったよなぁ?
嫉妬しやがって。お粗末君が

89 :ライト・ノストラード:2001/02/28(水) 04:38
>>85
ミルキのミイラならすぐ手に入るのだが…。

90 :スクワラ:2001/02/28(水) 04:38
全く…マトモに作品を語り合う気がないようだな。
お前ら独りで何人を演じてやがる!!

……俺は3人だ…

91 :遊戯:2001/02/28(水) 04:39
城之内君!

92 :海馬:2001/02/28(水) 04:40
フフ・・・実験ネズミにはちょうどいい・・・。

93 :キルア:2001/02/28(水) 04:40
>>88
でかけりゃいいってもんじゃねーだろ、カッペ。早漏のくせに。

94 :ゴン:2001/02/28(水) 04:40
俺は四人

95 :遊戯:2001/02/28(水) 04:41
フフッ、これが魔法カード、
『なりきり』『荒らし』のトリックコンボだ!


96 :城之内:2001/02/28(水) 04:42
何だと、海馬てめーっ!実験ネズミかどうか、試してみろ!!
一ターン目は、炎の剣士を攻撃表示!さらに、場に一枚カードを伏せるぜ!

97 :ゴン:2001/02/28(水) 04:42
>>93
ハァ?
ミトさんにビガーパンツはいたほうがいい、って突っ込まれたのはお前だろうがよ。
租チンで早漏、死んだほうがいいな、いやむしろ死ぬべきだ。

98 :リオレオ:2001/02/28(水) 04:42
今日はやけにキツイこと言うじゃねえか、キルア。

99 :一人レンジャー:2001/02/28(水) 04:43
楽しい一人舞踏会。舞え。

100 :レオリィオ:2001/02/28(水) 04:43
>>94
その勇気に乾杯
実は2人だけだったなんていう最悪な事態は免れたようだ

101 :海馬:2001/02/28(水) 04:44
場にカードを一枚伏せ―ターン終了!

102 :一人レンジャー:2001/02/28(水) 04:45
多重人格ゴン。所詮一人。一人レンジャー。

103 :城之内:2001/02/28(水) 04:45
炎の剣士、攻撃!

104 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 04:45
http://salad.2ch.net/test/read.cgi?bbs=ymag&key=981717738
だからここいってやりなよ、なりきったりキャラオンリーの話するんならさ

105 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 04:46
ただ遊戯王ネタが全部ジサクジエンだったら痛いかな、なんてね

106 :海馬:2001/02/28(水) 04:47
罠カード発動!聖なるバリアミラーフォース!
場のモンスターは全滅!!

107 :クロロ:2001/02/28(水) 04:47
>>104
元気出せ

108 :遊戯:2001/02/28(水) 04:48
『カンブリア』降臨せよ!!
神・召・喚!

109 :かおすカンブリア:2001/02/28(水) 04:48
呼んだ?

110 :スクワラ:2001/02/28(水) 04:48
確かに収集がつかなくなりそうだな
俺は移動するよ

111 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 04:48
ファンクラブ通信か…すっかりさびれたな。

112 :城之内:2001/02/28(水) 04:50
ちっくしょー!!やるじゃねーか、海馬!

113 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 04:51
あんま調子に乗ってるとスレッド潰すぞ。

114 :海馬:2001/02/28(水) 04:52
ワハハハハハハハハッハハ

115 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 04:52
>>109
カンブリパクたんは復活しないんですか?

116 :海馬:2001/02/28(水) 04:53
http://www.big.or.jp/~rufus/gaterar/duel/index.cgi
カードの面白さがわからん奴はここに逝け。

117 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 04:53
笑うなー!

118 :遊戯:2001/02/28(水) 04:53
『カンブリア』!
攻撃だ!!

119 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 04:54
わかりました。では俺もハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァ

ハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァ

ハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァ

120 :かおすカンブリア:2001/02/28(水) 04:54
>>115
俺も全国区だからさ

121 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 04:54
ハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハマーンハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァ

122 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 04:54
ハァハァハァハァ ハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハマーンハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァ

123 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 04:55
ハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハマーンハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァ

124 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 04:55
ハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァ ハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハマーンハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァ

125 :海馬:2001/02/28(水) 04:55
これがオレのオベリスクだ!ワハァハァハァハァ!!

126 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 04:55
ハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハマーンハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァ

127 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 04:55
カンブリパクたん。。。約束忘れないでね。。。

128 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 04:55
ハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハ ァハァハァハァハァハァハァハァハマーンハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァ

129 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 04:56
ハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハマーンハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァ

130 :かおすカンブリア:2001/02/28(水) 04:56
>>118
君をかい?

131 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 04:56
ハァハァハァハァハァハァハァハ ァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハマーンハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァ

132 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 04:56
ハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハマーンハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァ

133 :かおすカンブリア:2001/02/28(水) 04:58
俺に萌えるなよエヘヘ

134 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 04:59
カンブリパクたん。。。約束覚えてるよね。。。

135 :かおすカンブリア:2001/02/28(水) 04:59
ハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハマーンハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァ

136 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:00
カンブリアが来ると荒れるな。
まじ死ね。

137 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:00
カンブリア=かおすカンブリアなのか?

138 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:00
荒らしさんごめんなさい勘弁してください

139 :かおすカンブリア:2001/02/28(水) 05:00
>>134
だれ君?

140 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:00
ハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハマーンハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァ

141 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:01
ハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハ ァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハマーンハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァ

142 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:01
ハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハマーンハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァ

143 :遊戯:2001/02/28(水) 05:01
場のなりきりキャラが全滅!!
カンブリア・・・、恐ろしい破壊力だぜ・・・!

144 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:01
ハァハァハァハァハァハァハァハァハァハ ァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハマーンハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァ

145 :かおすカンブリア:2001/02/28(水) 05:01
じゃあおれも
ハァハァ・・

146 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:01
ハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハマーンハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァ

147 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:02
ハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハ ァハァハァハァハァハァハァハァハァハマーンハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァ

148 :かおすカンブリア:2001/02/28(水) 05:02
もしかして僕のせいかい?>荒らし
ゴメンネ・・・・

149 :海馬:2001/02/28(水) 05:02
カンブリア・・・恐ろしい破壊力!!
いつか必ず手に入れて見せる!!

150 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:02
次遊戯王のキャラの名前出たら荒らすからね。
すべてのはんたースレッドを。

151 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:03
ハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハマーンハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァ

152 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:04
まだFF信者が残ってたのか?
とっとと隔離板帰れ!てめーら2ch至上最低の荒らしだぜ。

153 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:04
>>150
てかな、お前が一番ウザイよ

154 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:04
カンブリアの自演だから放置ね。

155 :かおすカンブリア:2001/02/28(水) 05:06
>>154
ヒドイ・・・・グスン

156 :海馬:2001/02/28(水) 05:08
ワハハハハハ!

157 :海馬:2001/02/28(水) 05:09
凡骨荒らしが!ワハハハハハ!!

158 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:11
ハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハマーンハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァ



159 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:11
ハァハァハァハァハァハァハァハァ ハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハマーンハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァ



160 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:11
ハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハマーンハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァ



161 :海馬:2001/02/28(水) 05:12
望むところだ!実☆験☆鼠

162 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:13
ハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァ ハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハマーンハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァ



163 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:13
ハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハマーンハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァ



164 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:13
ハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハ ァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハマーンハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァ



165 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:14
ハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァ ハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハマーンハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァ



166 :海馬:2001/02/28(水) 05:14
ようやく凡骨荒らしになってきたというところか・・・!!

167 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:15
ハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハマーンハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァ



168 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:15
ハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハマーンハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァ



169 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:15
ハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハ ァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハマーンハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァ



170 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:16
ハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハマーンハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァ



171 :遊戯:2001/02/28(水) 05:16
くっ!(残りライフポイント200)

172 :海馬:2001/02/28(水) 05:16
神を呼べ!

173 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:16
ハァハァハァハァハァハァ ハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハマーンハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァ



174 :海馬:2001/02/28(水) 05:19
髪を引け

175 :海馬:2001/02/28(水) 05:20
若☆社☆長


176 :海馬:2001/02/28(水) 05:21
ハッハアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア

177 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:21
ハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハマーンハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァ



178 :海馬:2001/02/28(水) 05:22
こうなったら根競べだ。ククク
社長様たる所以を見せてやる!

179 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:23
供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。

180 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:23
供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲わ れ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。

181 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:23
ハァハァ

182 :海馬:2001/02/28(水) 05:24
馬☆の☆骨!!

183 :海馬:2001/02/28(水) 05:25
はい神のカード!百円から。

184 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:25
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光 る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で
3人目は男の子。想像し得る状況、男だろうと女だろうと現実に向かっていく

185 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:26
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダ ンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で
3人目は男の子。想像し得る状況、男だろうと女だろうと現実に向かっていく

186 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:26
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で
3人目は男の子。想像し得る状況、男だろうと女だろうと現実に向かっていく

187 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:26

少年漫画@2ch掲示板
・少年漫画の話題専門板です。
 板違いの話題は移動・削除される事があります。

・既にあるスレッドと同内容のもの(重複スレ)は削除対象です。>2ch削除基準
 一作品(一作家)につき一つのスレッドが原則。
・キャラ萌えスレ・ネタスレが作品スレと別に認められる事もありますが、
 一作品から複数のスレッドが同時に上がるような事は避けて下さい。
 (場合によっては荒らしと見なされます)

【既にあるスレッドの検索方法】
・目当てのスレが見つからなくなっても、
 慌てずに「過去ログメニュー」をブラウザで検索してみましょう。
 「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」から作家名・作品名を入力・検索。
 また、質問・雑談スレッドなどで尋ねてみるのも良いでしょう。
・人気のある漫画のスレッドが常に上位にくる可能性がありますが、
 気に入ったスレッドはブックマークしておけば下がっていても発掘できます。

・荒らし行為・煽りは「完全無視」。反応する事は荒らしへの加担にしかなりません。
  【2ちゃんねる・お約束】
 【2ちゃんねる・FAQ】

188 :海馬:2001/02/28(水) 05:27
カード競売で捕まっただと!!?>モクバ

189 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:27
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で
3人目は男の子。想像し得る状況、男だろうと女だろうと現実に向かっていく

190 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:27

少年漫画@2ch掲示板
・少年漫画の話題専門板です。
 板違いの話題は移動・削除される事があります。

・既にあるスレッドと同内容のもの(重複スレ)は削除対象です。>2ch削除基準
 一作品(一作家)につき一つのスレッドが原則。
・キャラ萌えスレ・ネタスレが作品スレと別に認められる事もありますが、
 一作品から複数のスレッドが同時に上がるような事は避けて下さい。
 (場合によっては荒らしと見なされます)

【既にあるスレッドの検索方法】
・目当てのスレが見つからなくなっても、
 慌てずに「過去ログメニュー」をブラウザで検索してみましょう。
 「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」から作家名・作品名を入力・検索。
 また、質問・雑談スレッドなどで尋ねてみるのも良いでしょう。
・人気のある漫画のスレッドが常に上位にくる可能性がありますが、
 気に入ったスレッドはブックマークしておけば下がっていても発掘できます。

・荒らし行為・煽りは「完全無視」。反応する事は荒らしへの加担にしかなりません。
  【2ちゃんねる・お約束】
 【2ちゃんねる・FAQ】

191 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:27
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で
3人目は男の子。想像し得る状況、男だろうと女だろうと現実に向かっていく

192 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:27

少年漫画@2ch掲示板
・少年漫画の話題専門板です。
 板違いの話題は移動・削除される事があります。

・既にあるスレッドと同内容のもの(重複スレ)は削除対象です。>2ch削除基準
 一作品(一作家)につき一つのスレッドが原則。
・キャラ萌えスレ・ネタスレが作品スレと別に認められる事もありますが、
 一作品から複数のスレッドが同時に上がるような事は避けて下さい。
 (場合によっては荒らしと見なされます)

【既にあるスレッドの検索方法】
・目当てのスレが見つからなくなっても、
 慌てずに「過去ログメニュー」をブラウザで検索してみましょう。
 「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」から作家名・作品名を入力・検索。
 また、質問・雑談スレッドなどで尋ねてみるのも良いでしょう。
・人気のある漫画のスレッドが常に上位にくる可能性がありますが、
 気に入ったスレッドはブックマークしておけば下がっていても発掘できます。

・荒らし行為・煽りは「完全無視」。反応する事は荒らしへの加担にしかなりません。
  【2ちゃんねる・お約束】
 【2ちゃんねる・FAQ】

193 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:28
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で
3人目は男の子。想像し得る状況、男だろうと女だろうと現実に向かっていく

194 :海馬:2001/02/28(水) 05:28
神話の戦いだ

195 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:28

少年漫画@2ch掲示板
・少年漫画の話題専門板です。
 板違いの話題は移動・削除される事があります。

・既にあるスレッドと同内容のもの(重複スレ)は削除対象です。>2ch削除基準
 一作品(一作家)につき一つのスレッドが原則。
・キャラ萌えスレ・ネタスレが作品スレと別に認められる事もありますが、
 一作品から複数のスレッドが同時に上がるような事は避けて下さい。
 (場合によっては荒らしと見なされます)

【既にあるスレッドの検索方法】
・目当てのスレが見つからなくなっても、
 慌てずに「過去ログメニュー」をブラウザで検索してみましょう。
 「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」から作家名・作品名を入力・検索。
 また、質問・雑談スレッドなどで尋ねてみるのも良いでしょう。
・人気のある漫画のスレッドが常に上位にくる可能性がありますが、
 気に入ったスレッドはブックマークしておけば下がっていても発掘できます。

・荒らし行為・煽りは「完全無視」。反応する事は荒らしへの加担にしかなりません。
  【2ちゃんねる・お約束】
 【2ちゃんねる・FAQ】

196 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:28
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で
3人目は男の子。想像し得る状況、男だろうと女だろうと現実に向かっていく

197 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:29

少年漫画@2ch掲示板
・少年漫画の話題専門板です。
 板違いの話題は移動・削除される事があります。

・既にあるスレッドと同内容のもの(重複スレ)は削除対象です。>2ch削除基準
 一作品(一作家)につき一つのスレッドが原則。
・キャラ萌えスレ・ネタスレが作品スレと別に認められる事もありますが、
 一作品から複数のスレッドが同時に上がるような事は避けて下さい。
 (場合によっては荒らしと見なされます)

【既にあるスレッドの検索方法】
・目当てのスレが見つからなくなっても、
 慌てずに「過去ログメニュー」をブラウザで検索してみましょう。
 「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」から作家名・作品名を入力・検索。
 また、質問・雑談スレッドなどで尋ねてみるのも良いでしょう。
・人気のある漫画のスレッドが常に上位にくる可能性がありますが、
 気に入ったスレッドはブックマークしておけば下がっていても発掘できます。

・荒らし行為・煽りは「完全無視」。反応する事は荒らしへの加担にしかなりません。
  【2ちゃんねる・お約束】
 【2ちゃんねる・FAQ】

198 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:29
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で
3人目は男の子。想像し得る状況、男だろうと女だろうと現実に向かっていく

199 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:29

少年漫画@2ch掲示板
・少年漫画の話題専門板です。
 板違いの話題は移動・削除される事があります。

・既にあるスレッドと同内容のもの(重複スレ)は削除対象です。>2ch削除基準
 一作品(一作家)につき一つのスレッドが原則。
・キャラ萌えスレ・ネタスレが作品スレと別に認められる事もありますが、
 一作品から複数のスレッドが同時に上がるような事は避けて下さい。
 (場合によっては荒らしと見なされます)

【既にあるスレッドの検索方法】
・目当てのスレが見つからなくなっても、
 慌てずに「過去ログメニュー」をブラウザで検索してみましょう。
 「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」から作家名・作品名を入力・検索。
 また、質問・雑談スレッドなどで尋ねてみるのも良いでしょう。
・人気のある漫画のスレッドが常に上位にくる可能性がありますが、
 気に入ったスレッドはブックマークしておけば下がっていても発掘できます。

・荒らし行為・煽りは「完全無視」。反応する事は荒らしへの加担にしかなりません。
  【2ちゃんねる・お約束】
 【2ちゃんねる・FAQ】

200 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:29
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で
3人目は男の子。想像し得る状況、男だろうと女だろうと現実に向かっていく

201 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:30

少年漫画@2ch掲示板
・少年漫画の話題専門板です。
 板違いの話題は移動・削除される事があります。

・既にあるスレッドと同内容のもの(重複スレ)は削除対象です。>2ch削除基準
 一作品(一作家)につき一つのスレッドが原則。
・キャラ萌えスレ・ネタスレが作品スレと別に認められる事もありますが、
 一作品から複数のスレッドが同時に上がるような事は避けて下さい。
 (場合によっては荒らしと見なされます)

【既にあるスレッドの検索方法】
・目当てのスレが見つからなくなっても、
 慌てずに「過去ログメニュー」をブラウザで検索してみましょう。
 「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」から作家名・作品名を入力・検索。
 また、質問・雑談スレッドなどで尋ねてみるのも良いでしょう。
・人気のある漫画のスレッドが常に上位にくる可能性がありますが、
 気に入ったスレッドはブックマークしておけば下がっていても発掘できます。

・荒らし行為・煽りは「完全無視」。反応する事は荒らしへの加担にしかなりません。
  【2ちゃんねる・お約束】
 【2ちゃんねる・FAQ】

202 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:30


203 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:30
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で
3人目は男の子。想像し得る状況、男だろうと女だろうと現実に向かっていく

204 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:30
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光 る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で
3人目は男の子。想像し得る状況、男だろうと女だろうと現実に向かっていく

205 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:31

少年漫画@2ch掲示板
・少年漫画の話題専門板です。
 板違いの話題は移動・削除される事があります。

・既にあるスレッドと同内容のもの(重複スレ)は削除対象です。>2ch削除基準
 一作品(一作家)につき一つのスレッドが原則。
・キャラ萌えスレ・ネタスレが作品スレと別に認められる事もありますが、
 一作品から複数のスレッドが同時に上がるような事は避けて下さい。
 (場合によっては荒らしと見なされます)

【既にあるスレッドの検索方法】
・目当てのスレが見つからなくなっても、
 慌てずに「過去ログメニュー」をブラウザで検索してみましょう。
 「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」から作家名・作品名を入力・検索。
 また、質問・雑談スレッドなどで尋ねてみるのも良いでしょう。
・人気のある漫画のスレッドが常に上位にくる可能性がありますが、
 気に入ったスレッドはブックマークしておけば下がっていても発掘できます。

・荒らし行為・煽りは「完全無視」。反応する事は荒らしへの加担にしかなりません。
  【2ちゃんねる・お約束】
 【2ちゃんねる・FAQ】

206 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:31
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

207 :海馬:2001/02/28(水) 05:31
カードゲームヲタ・・だとワナワナ

208 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:31
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナ さんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

209 :海馬:2001/02/28(水) 05:32
僕海馬瀬戸
えへへへへ

210 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:32
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いし ます!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

211 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:32
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

212 :海馬:2001/02/28(水) 05:34
ジョウノウチ!いじめないでガクガク

213 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:34
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

214 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:35
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒に がんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

215 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:35
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

216 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:36
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさ んも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

217 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:36
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

218 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:36
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

219 :海馬:2001/02/28(水) 05:36
ハッ!!
俺は今何を・・・ガクガク

220 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:36
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダ ンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

221 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:37
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

222 :海馬:2001/02/28(水) 05:37
遊戯!神を引け!フハハッ

223 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:37
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒 にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

224 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:37
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

225 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:38
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、 ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

226 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:38
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

227 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:38
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナ さんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

228 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:39
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

229 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:39
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒に がんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

230 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:39
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

231 :海馬:2001/02/28(水) 05:40
荒らしよ
俺に涙を流させるくらいの実力を見せろ。

232 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:40
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

233 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:41
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがん ばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

234 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:41
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

235 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:41
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階で も優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

236 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:41
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

237 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:42
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

238 :海馬:2001/02/28(水) 05:42
やはり明智・・
貴様だけが俺の認めた
最強の馬鹿荒らしよ。

239 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:42
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさ んも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

240 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:42
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

241 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:43
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさ んも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

242 :海馬:2001/02/28(水) 05:43
お前の荒らしには躊躇を感じる。

243 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:43
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナ さんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

244 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:43
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

245 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:44
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダン ナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

246 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:44
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

247 :遊戯:2001/02/28(水) 05:44
俺の勝ちだ!ドキュソ

248 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:44
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

249 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:45
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒 にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

250 :遊戯:2001/02/28(水) 05:45
ブラックマジシャンガールでヌいてま〜す


251 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:45
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一 緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

252 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:45
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

253 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:46
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

254 :遊戯:2001/02/28(水) 05:46
いじめられこに幸アレ

255 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:46
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えて くれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

256 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:46
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

257 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:46
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダン ナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

258 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:47
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

259 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:47
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答え てくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

260 :遊戯:2001/02/28(水) 05:47
俺はカードヲタカードヲタカードヲタカードヲタ
フフフ

261 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:47
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

262 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:48
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダ ンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

263 :遊戯:2001/02/28(水) 05:48
海馬!俺のターン
『オナニーマジシャン』

264 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:48
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさ んも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

265 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:48
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

266 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:49
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・ ・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

267 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:49
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

268 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:49
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えて くれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

269 :遊戯:2001/02/28(水) 05:49
クリボー・・・・すまん

270 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:50
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

271 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:50
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれ たよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

272 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:50
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも 一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

273 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:50
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

274 :遊戯:2001/02/28(水) 05:51
愛を〜くださ〜い

275 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:51
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・ ・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

276 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:51
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

277 :遊戯:2001/02/28(水) 05:51
カードのかーずだーけヲタになれるよ

278 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:51
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

279 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:52
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれ たよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

280 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:52
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

281 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:52
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダ ンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

282 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:53
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

283 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:53
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさ んも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

284 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:53
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

285 :遊戯:2001/02/28(水) 05:53
ヲータクにーはヲータクのーふーるさとーがあるーというー

286 :遊戯:2001/02/28(水) 05:55
ジョウノウチくんとの誓いを今!

287 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:55
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で




288 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:56
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で


 

289 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:56
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で


  

290 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:56
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で




291 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:56
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で


 

292 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:56
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答え てくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

293 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:56
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で




294 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:56
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で




295 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:56
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

296 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:56
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で


 

297 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:56
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で


  

298 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:57
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で


   

299 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:57
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、 。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

300 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:57
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で




301 :300:2001/02/28(水) 05:57
フフ

302 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:57
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

303 :300:2001/02/28(水) 05:57
いや〜ん

304 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:57
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

305 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:57
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で




306 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:57
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で


 

307 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:57
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダン ナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

308 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:57
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で


 

309 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:58
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

310 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:58
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で




311 :遊戯:2001/02/28(水) 05:58
なんだ
この速度は!!

312 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:58
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いし ます!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

313 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:58
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で




314 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:58
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

315 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:59
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で


 

316 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:59
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ 。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

317 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:59
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

318 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 05:59
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

319 :海馬:2001/02/28(水) 05:59
ハァ
社長も笑わざるを得ない
ワハハハハハ!!

320 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 06:00
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た 子供の理想・・・最初の二人は女の子で

321 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 06:00
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で




322 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 06:00
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で




323 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 06:00
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で


 

324 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 06:00
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

325 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 06:00
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で




326 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 06:00
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で




327 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 06:00
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、 ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

328 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 06:00
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お 願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

329 :海馬:2001/02/28(水) 06:01
『かおすカンブリア』降臨!!

330 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 06:01
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

331 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 06:01
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で




332 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 06:01
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも 一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

333 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 06:01
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で




334 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 06:01
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で


         

335 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 06:01
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

336 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 06:01
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で


   

337 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 06:01
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で


  

338 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 06:02
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いしま す!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

339 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 06:02
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

340 :遊戯:2001/02/28(水) 06:03
早いって

341 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 06:03
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

342 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 06:03
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で




343 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 06:03
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈 夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

344 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 06:03
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願い します!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

345 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 06:04
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

346 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 06:04
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で




347 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 06:04
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願い します!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

348 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 06:04
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で


 

349 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 06:04
 子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で




350 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 06:04
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

351 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 06:04
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で


 

352 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 06:04
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で


             

353 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 06:05
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさん も一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

354 :海馬:2001/02/28(水) 06:05
もう凡骨じゃないッッ

355 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 06:05
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

356 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 06:05
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一 緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

357 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 06:05
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

358 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 06:06
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさ んも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

359 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 06:06
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で




360 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 06:06
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

361 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 06:06
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で




362 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 06:06
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で


  

363 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 06:06
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で


            

364 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 06:06
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛 けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

365 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 06:06
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で


           

366 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 06:06
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で


                                           

367 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 06:07
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で


                        

368 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 06:07
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

369 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 06:07
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で


 

370 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 06:07
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で


           

371 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 06:07
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で


 

372 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 06:07
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た 子供の理想・・・最初の二人は女の子で

373 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 06:07
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で


         

374 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 06:07
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

375 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 06:08
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダン ナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

376 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 06:08
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

377 :遊戯:2001/02/28(水) 06:08
ソロソロネムイカモ
ダガタタカウ
ソレガデュエリストダカラ

378 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 06:08
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

379 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 06:09
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答え てくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

380 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 06:09
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

381 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 06:09
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で


 

382 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 06:09
勘弁してくれ〜参った

383 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 06:09
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で




384 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 06:09
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答え てくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

385 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 06:09
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で


 

386 : :2001/02/28(水) 06:09
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で


 

387 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 06:09
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

388 : :2001/02/28(水) 06:09
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で


                      

389 : :2001/02/28(水) 06:09
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で


               

390 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 06:10
遊戯って誰?

391 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 06:10
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一 緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

392 :海馬:2001/02/28(水) 06:10
お前が最強だよ

393 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 06:10
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

394 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 06:10
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒に がんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

395 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 06:11
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

396 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 06:11
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさ んも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

397 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 06:11
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

398 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 06:12
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫 ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

399 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 06:12
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

400 :海馬:2001/02/28(水) 06:12
400Get
俺がデュエリスNO1

401 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 06:12
ときどき名前が空欄の人がいるけど誰?

402 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 06:12
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

403 :遊戯:2001/02/28(水) 06:12
海馬!おめでとう!

404 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 06:12
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも 一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

405 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 06:13
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

406 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 06:13
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダ ンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

407 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 06:13
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

408 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 06:14
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですか ら、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

409 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 06:14
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

410 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 06:14
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室 のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

411 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 06:14
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

412 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 06:15
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから 、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

413 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 06:15
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答え てくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

414 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 06:15
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

415 :名無:2001/02/28(水) 06:16
俺エジプト人。
チョンと一緒にしないくれよな。

416 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 06:17
以上。
後は報復活動はFFDQ板でやりな。[_}*{‘〜=)U(’%$#””!QERTUIP+KMNHHGFDSS
今後はこういう活動でやってく。
ってか最初に誹謗中傷・荒らし行為をやったのがそっちだしね。

417 :名無:2001/02/28(水) 06:18
フフ
外面いいやつには裏があるってね

418 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 06:19
??
どゆこと

419 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 06:20
>>416
なんのことだかわかんねーよ
説明してくれよ


420 :海馬:2001/02/28(水) 06:21
デムパ降臨!

421 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 06:21
150 名前:名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!投稿日:2001/02/28(水) 05:02
次遊戯王のキャラの名前出たら荒らすからね。
すべてのはんたースレッドを。


一時間で300以上こぴぺする馬鹿発見。
そして今日だけで二つのスレッドを駄目にしたff板住人はまじ消えろ不細工あにおた。


422 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 06:22
150 名前:名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!投稿日:2001/02/28(水) 05:02
次遊戯王のキャラの名前出たら荒らすからね。
すべてのはんたースレッドを。



423 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 06:23
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

名前: E-mail(省略可):




424 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 06:23
>>416
よくわからんが何が言いたいの

425 :名無:2001/02/28(水) 06:24
ハァ

426 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 06:24
自分が気に入らなかっただけでしょ。この基地外は。

427 :遊戯:2001/02/28(水) 06:25
まあ真性ひきこもりアニヲタ友達無しのやることだからしょうがないよねえ。。。
友達がいないと日本にいても日本語使えなくなるんだね>>416

428 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 06:25
よくわかんねーよ
ただ電波気取りの荒らしなの?
FFDQ板と何の関係があるんだ?

429 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 06:25
事情がわからないのだけれど、何があったの?

430 :かおすカンブリア:2001/02/28(水) 06:26
やっぱり放置が正解だったのかな

431 :かおすカンブリア:2001/02/28(水) 06:26
やっぱり放置が正解だったのかな

432 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 06:26
遊戯王の名前出す=誹謗中傷
自分が気に入らない=荒らし
ff板の荒らし君は馬鹿だからこう言いたかったんじゃないの?

433 :かおすカンブリア:2001/02/28(水) 06:27
ニジュウトウコウゴメンネ・・・・シュン

434 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 06:27
かんブリじゃあないと信じてる
ここまでえげつない事はしないと信じてるよ・・・

435 :かおすカンブリア:2001/02/28(水) 06:27
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

名前: E-mail(省略可):




436 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 06:28
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

名前: E-mail(省略 可):




437 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 06:29
よくわからないのが何故FF板?
代わりに荒らしたりするなよ、ただの荒らし依頼かもしれないし

438 :かおすカンブリア:2001/02/28(水) 06:29
騙りはよくない。
海馬と遊戯は俺

439 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 06:29
一厨房の荒らしがこれほど酷いとなると
FFDQ板はいったいどうなってるんだろうね(藁

440 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 06:30
荒らしなんかに時間費やしても虚しいだけだろうに・・・

441 :かおすカンブリア:2001/02/28(水) 06:30
引っ込みがつかないんだねカワイイ

442 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 06:30
このスレどうする?
まともなのは100くらいまでだし、出直す?

443 :杏子:2001/02/28(水) 06:30
遊戯王なんて読んだ事無いからわからん


444 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 06:30
>>438
放置した所で何が変わるとも思えんが・・・
アホはほっといてやってくれ

445 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 06:31
>>439
廃墟です・・・
誰もいません


446 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 06:32
カンブリアがほっとけばよかったのでは?
いくらまぬけだからってかなり馬鹿な損害受けたぞ。

447 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 06:32
カンブリアの自作自演でしたね。

448 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 06:33
以上。
後は報復活動はFFDQ板でやりな。[_}*{‘〜=)U(’%$#””!QERTUIP+KMNHHGFDSS
今後はこういう活動でやってく。
ってか最初に誹謗中傷・荒らし行為をやったのがそっちだしね。

誹謗中傷なんかやったか?
あと今後も、ってハンタースレまた荒らす気か?

449 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 06:33
コピペ荒らしには応対しようがないからなぁ・・・
あるとすればIPでのはったりくらいか・・

450 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 06:34
廃墟になった理由はおのずと解ってきた。

451 :かおすカンブリア:2001/02/28(水) 06:34
俺のせいにするなよ〜

452 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 06:34
>>447
お前だろ、晒すぞ

453 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 06:34
一時的なコピペ荒らしなんぞ、たいした被害はない。

454 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 06:35
カオスカンブリアが来るたびに荒らすつもりか。

455 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 06:35
http://www.ne.jp/asahi/takasan/hp/cg/Taka037.JPG
西に転んで泣いてる小学生いれば行って助け起こし、東にもじもじしているカップルあれば行って応援し、北に横断歩道を渡るおばあさんがいれば行って手を引き、南にいじめられている中学生がいれば、行って「その子をいじめるなら私をいじめろ!」と言う。」
「副会長、河井武子!」
「書記長、香取夕子!」
「風紀委員長、支那虎一子!」
「そして、応援団長、高嶺竜子!」
「われら、4人合わせて、星陵学園生徒会!」



456 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 06:36
次引っ込みつかなくなった荒らしやられるとやばい。
一時間で集中的にやられると壊れる。

457 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 06:36
ま、つまり全部カンブリアの責任ってことで

------------------終了-----------------------

458 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 06:36
>>453
だが毎日これされたらたまったもんじゃないぞ。
上の惨状見る限りでは粘着質っぽいしな。

459 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 06:37
公共の板でオナニーしてんじゃねえよ!

460 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 06:38
ってか一度でもFF板の質問スレッドの惨状を見た奴なら
この程度は予測できる。
少年漫画板がぬるすぎるだけの話。
明日もやると400+400か?単純計算で。

461 :武藤双六:2001/02/28(水) 06:39
荒らしてゴメンネ。

462 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 06:39
>>897
な訳ねェだろ!!!!

パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪♪




463 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 06:40


パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪♪




464 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 06:40
他所は他所、家は家だ。

465 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 06:40
ハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハマーンハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァ


466 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 06:40
荒れ〜。

467 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 06:41
ハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハマーンハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァ


468 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 06:41
>>897
な訳ねェだろ!!!!

パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪♪



469 :かおすカンブリア:2001/02/28(水) 06:41
ウゼエな
パスタ姉さんのせいだ

470 :武藤双六:2001/02/28(水) 06:41
荒らしは低学歴。これ定説。
旧帝大の医学部くらい出てから荒らしなさい。

471 :ギコ猫旅団:2001/02/28(水) 06:41

ネンチャクチュウボウハコワイネ  ホントダネ
     ∧_∧_∧_∧__
    /(*゚ー゚)(*゚д゚)/)/|
    | ̄U U ̄U U ̄| .|
    |          |/

472 :杏子:2001/02/28(水) 06:42
FF板でもやられてたの?
ヒロヒトみたいに完全な出禁にされるようになるには
もっと荒らされないとダメ?

473 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 06:42
>>471
ねこさん帝国?

474 :かおすカンブリア:2001/02/28(水) 06:43
>>897
な訳ねェだろ!!!!

パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪♪



475 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 06:43
ウゼーよ

476 :かおすカンブリア:2001/02/28(水) 06:43
よし次遊戯王の名前使ったら荒らそうぜ。

477 :かおすカンブリア:2001/02/28(水) 06:44
>>897
な訳ねェだろ!!!!

パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪パスタ姉萌え〜♪♪



478 :武藤双六:2001/02/28(水) 06:45
低学歴の荒らしは死んだ方がいい。

479 :遊戯王:2001/02/28(水) 06:45
遊戯王だけど何か?

480 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 06:45
今、1が死んだ。
これほどのスレッドを立てる才能がありながら、1は死んでしまった。
分かっているのか?殺したのはお前達だ。
こんなに才気溢れる、将来性豊かな、ゆくゆくは日本が誇る世界の巨匠に
なったであろう1を、お前達はつまらん煽りや叩きで殺したのだ。
恥じるがいい。悔いるがいい。悲しむがいい。嘆くがいい。
お前達を俺は恨む。1を殺したという理由から、この板の住人を、2ch
住人を、ひろゆきを、日本人を、人類全てを。
1よ。あなたのことは忘れない。
あなたを殺した奴等にはいずれ俺がきっちり復讐してやる。
安らかに眠るがいい、1よ。
あなたの立てたスレッドは来年から倫理の教科書に載るそうだ。
1を殺した者共よ。俺が怖ければ、1の死を踏み越える覚悟でここを
超えるスレッドを立ててみろ。それが素晴らしい物であったら素直に賞賛
してやろう。暖かいレスもつけてやろう。sageも晒しも俺はするまい。
だが、ここの1を殺した罰によって俺はお前を倒す。それに変わりはない。
無闇に叩きや煽りやコピペをした夜は、お前の背後に俺が出る。     

481 :かおすカンブリア:2001/02/28(水) 06:45

少年漫画@2ch掲示板
・少年漫画の話題専門板です。
 板違いの話題は移動・削除される事があります。

・既にあるスレッドと同内容のもの(重複スレ)は削除対象です。>2ch削除基準
 一作品(一作家)につき一つのスレッドが原則。
・キャラ萌えスレ・ネタスレが作品スレと別に認められる事もありますが、
 一作品から複数のスレッドが同時に上がるような事は避けて下さい。
 (場合によっては荒らしと見なされます)

【既にあるスレッドの検索方法】
・目当てのスレが見つからなくなっても、
 慌てずに「過去ログメニュー」をブラウザで検索してみましょう。
 「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」から作家名・作品名を入力・検索。
 また、質問・雑談スレッドなどで尋ねてみるのも良いでしょう。
・人気のある漫画のスレッドが常に上位にくる可能性がありますが、
 気に入ったスレッドはブックマークしておけば下がっていても発掘できます。

・荒らし行為・煽りは「完全無視」。反応する事は荒らしへの加担にしかなりません。
  【2ちゃんねる・お約束】
 【2ちゃんねる・FAQ】

482 :かおすカンブリア:2001/02/28(水) 06:45

少年漫画@2ch掲示板
・少年漫画の話題専門板です。
 板違いの話題は移動・削除される事があります。

・既にあるスレッドと同内容のもの(重複スレ)は削除対象です。>2ch削除基準
 一作品(一作家)につき一つのスレッドが原則。
・キャラ萌えスレ・ネタスレが作品スレと別に認められる事もありますが、
 一作品から複数のスレッドが同時に上がるような事は避けて下さい。
 (場合によっては荒らしと見なされます)

【既にあるスレッドの検索方法】
・目当てのスレが見つからなくなっても、
 慌てずに「過去ログメニュー」をブラウザで検索してみましょう。
 「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」から作家名・作品名を入力・検索。
 また、質問・雑談スレッドなどで尋ねてみるのも良いでしょう。
・人気のある漫画のスレッドが常に上位にくる可能性がありますが、
 気に入ったスレッドはブックマークしておけば下がっていても発掘できます。

・荒らし行為・煽りは「完全無視」。反応する事は荒らしへの加担にしかなりません。
  【2ちゃんねる・お約束】
 【2ちゃんねる・F AQ】

483 :かおすカンブリア:2001/02/28(水) 06:46

少年漫画@2ch掲示板
・少年漫画の話題専門板です。
 板違いの話題は移動・削除される事があります。

・既にあるスレッドと同内容のもの(重複スレ)は削除対象です。>2ch削除基準
 一作品(一作家)につき一つのスレッドが原則。
・キャラ萌えスレ・ネタスレが作品スレと別に認められる事もありますが、
 一作品から複数のスレッドが同時に上がるような事は避けて下さい。
 (場合によっては荒らしと見なされます)

【既にあるスレッドの検索方法】
・目当てのスレが見つからなくなっても、
 慌てずに「過去ログメニュー」をブラウザで検索してみましょう。
 「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」から作家名・作品名を入力・検索。
 また、質問・雑談スレッドなどで尋ねてみるのも良いでしょう。
・人気のある漫画のスレッドが常に上位にくる可能性がありますが、
 気に入ったスレッドはブックマークしておけば下がっていても発掘できます。

・荒らし行為・煽りは「完全無視」。反応する事は荒らしへの加担にしかなりません。
  【2ちゃんねる・お約束】
 【2ちゃんねる・FAQ】

484 :武藤双六:2001/02/28(水) 06:46
低学歴且つ顔面偏差値30を切る荒らしは死ね

485 :遊戯:2001/02/28(水) 06:46
じいちゃん、なんとかしてよ!

486 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 06:46
ハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハマーンハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァ


487 :かおすカンブリア :2001/02/28(水) 06:47

少年漫画@2ch掲示板
・少年漫画の話題専門板です。
 板違いの話題は移動・削除される事があります。

・既にあるスレッドと同内容のもの(重複スレ)は削除対象です。>2ch削除基準
 一作品(一作家)につき一つのスレッドが原則。
・キャラ萌えスレ・ネタスレが作品スレと別に認められる事もありますが、
 一作品から複数のスレッドが同時に上がるような事は避けて下さい。
 (場合によっては荒らしと見なされます)

【既にあるスレッドの検索方法】
・目当てのスレが見つからなくなっても、
 慌てずに「過去ログメニュー」をブラウザで検索してみましょう。
 「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」から作家名・作品名を入力・検索。
 また、質問・雑談スレッドなどで尋ねてみるのも良いでしょう。
・人気のある漫画のスレッドが常に上位にくる可能性がありますが、
 気に入ったスレッドはブックマークしておけば下がっていても発掘できます。

・荒らし行為・煽りは「完全無視」。反応する事は荒らしへの加担にしかなりません。
  【2ちゃんねる・お約束】
 【2ちゃんねる・FAQ】




488 :かおすカンブリア:2001/02/28(水) 06:47
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

489 :武藤双六:2001/02/28(水) 06:47
自分の言葉で反論できず、ツールに頼って荒らす奴は皆、低学歴。

490 :海馬:2001/02/28(水) 06:47
神は荒らしを呼んでしまった

491 :かおすカンブリア:2001/02/28(水) 06:47

少年漫画@2ch掲示板
・少年漫画の話題専門板です。
 板違いの話題は移動・削除される事があります。

・既にあるスレッドと同内容のもの(重複スレ)は削除対象です。>2ch削除基準
 一作品(一作家)につき一つのスレッドが原則。
・キャラ萌えスレ・ネタスレが作品スレと別に認められる事もありますが、
 一作品から複数のスレッドが同時に上がるような事は避けて下さい。
 (場合によっては荒らしと見なされます)

【既にあるスレッドの検索方法】
・目当てのスレが見つからなくなっても、
 慌てずに「過去ログメニュー」をブラウザで検索してみましょう。
 「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」から作家名・作品名を入力・検索。
 また、質問・雑談スレッドなどで尋ねてみるのも良いでしょう。
・人気のある漫画のスレッドが常に上位にくる可能性がありますが、
 気に入ったスレッドはブックマークしておけば下がっていても発掘できます。

・荒らし行為・煽りは「完全無視」。反応する事は荒らしへの加担にしかなりません。
  【2ちゃんねる・お約束】
 【2ちゃんねる・FAQ】

492 :かおすカンブリア:2001/02/28(水) 06:48
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

493 :かおすカンブリア:2001/02/28(水) 06:48

少年漫画@2ch掲示板
・少年漫画の話題専門板です。
 板違いの話題は移動・削除される事があります。

・既にあるスレッドと同内容のもの(重複スレ)は削除対象です。>2ch削除基準
 一作品(一作家)につき一つのスレッドが原則。
・キャラ萌えスレ・ネタスレが作品スレと別に認められる事もありますが、
 一作品から複数のスレッドが同時に上がるような事は避けて下さい。
 (場合によっては荒らしと見なされます)

【既にあるスレッドの検索方法】
・目当てのスレが見つからなくなっても、
 慌てずに「過去ログメニュー」をブラウザで検索してみましょう。
 「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」から作家名・作品名を入力・検索。
 また、質問・雑談スレッドなどで尋ねてみるのも良いでしょう。
・人気のある漫画のスレッドが常に上位にくる可能性がありますが、
 気に入ったスレッドはブックマークしておけば下がっていても発掘できます。

・荒らし行為・煽りは「完全無視」。反応する事は荒らしへの加担にしかなりません。
  【2ちゃんねる・お約束】
 【2ちゃんねる・FAQ】

494 :ルフィ:2001/02/28(水) 06:48

            @` ----- 、
        ____/〃"  、、、 ヽ
      ∠> ` ̄ ̄`ヽ@` --z _ i
     / @`>           ヽ  ̄\
    ./@`∠.    人  、   ゛゛゛ ヽ゛、 ヽ
   / _ノ .  /  | /|人  ゛゛゛ |   i     ___________
   |  〉/ ./|  レ´/ `ヽ λ │ | |i |   /
   i ll 〈/|  |‐ヽ   @` ― 、 |ノ |  丿| |┤| < カンブリアは死ぬぞ
    |   |人′・ノ   、・_丿 /ヽ@`ノ レ 、/   \___________
   ゞ、 ゛   | ヽ    @` メ б│、| "/
     \゛、 ヽ  ー     ゝ.ノ "  /
      `‐ヽ _\ _ _ ノ /レ'__/
              |    .|
         ______.ノ     人(⌒)
        //::::::::|-、 @`-/::::::ノ ~.レ-r┐
       / /:::::::::::|  /:::::ノ__ | .| ト、
       | /:::::::::::::::| 〈 ̄   `-Lλ_レ′
       レ::::::::::::::::::|/::: ̄`ー‐---‐′


495 :かおすカンブリア:2001/02/28(水) 06:48
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

496 :かおすカンブリア:2001/02/28(水) 06:48
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中 、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

497 :かおすカンブリア:2001/02/28(水) 06:49
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

498 :遊戯:2001/02/28(水) 06:49
でもじいちゃん中卒・・・

499 :武藤双六:2001/02/28(水) 06:49
労働階級の犬が支配階級の俺にたてつく術はツール荒らししかないんだね(憫笑

500 :かおすカンブリア:2001/02/28(水) 06:49
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お 願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

501 :真崎杏子:2001/02/28(水) 06:49
荒らしの童貞は氏んでよ!もう!!

502 :かおすカンブリア:2001/02/28(水) 06:49
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

503 :かおすカンブリア:2001/02/28(水) 06:49
いい加減にしとけっての(藁

504 :マリク:2001/02/28(水) 06:49
これが神のカードのチカラだよ、んふん?

505 :かおすカンブリア:2001/02/28(水) 06:49
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれた よ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

506 :かおすカンブリア:2001/02/28(水) 06:50
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

507 :かおすカンブリア:2001/02/28(水) 06:50
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、 ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

508 :かおすカンブリア:2001/02/28(水) 06:50
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

509 :かおすカンブリア:2001/02/28(水) 06:51
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさん も一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

510 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 06:51
アラーシもとうとうひっこみがつかなくなったか・・・

511 :かおすカンブリア:2001/02/28(水) 06:51
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

512 :かおすカンブリア:2001/02/28(水) 06:51
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも 一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

513 :武藤双六:2001/02/28(水) 06:51
ブルーカラーの荒らし君、さっさと死ねば?(苦笑

514 :かおすカンブリア:2001/02/28(水) 06:52
後200前後で壊れるぞ。子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で



515 :ルフィ:2001/02/28(水) 06:52
            @` ----- 、
        ____/〃"  、、、 ヽ
      ∠> ` ̄ ̄`ヽ@` --z _ i
     / @`>           ヽ  ̄\
    ./@`∠.    人  、   ゛゛゛ ヽ゛、 ヽ
   / _ノ .  /  | /|人  ゛゛゛ |   i     ___________
   |  〉/ ./|  レ´/ `ヽ λ │ | |i |   /
   i ll 〈/|  |‐ヽ   @` ― 、 |ノ |  丿| |┤| < コピペ厨房は死ぬぞ
    |   |人′・ノ   、・_丿 /ヽ@`ノ レ 、/   \___________
   ゞ、 ゛   | ヽ    @` メ б│、| "/
     \゛、 ヽ  ー     ゝ.ノ "  /
      `‐ヽ _\ _ _ ノ /レ'__/
              |    .|
         ______.ノ     人(⌒)
        //::::::::|-、 @`-/::::::ノ ~.レ-r┐
       / /:::::::::::|  /:::::ノ__ | .| ト、
       | /:::::::::::::::| 〈 ̄   `-Lλ_レ′
       レ::::::::::::::::::|/::: ̄`ー‐---‐′


516 :かおすカンブリア:2001/02/28(水) 06:52
後200前後で壊れるぞ?子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で



517 :かおすカンブリア:2001/02/28(水) 06:52
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

518 :武藤双六:2001/02/28(水) 06:53
低学歴の青服にはツール荒らしがお似合いだね(嘲笑


519 :後200前後で壊れるぞ?:2001/02/28(水) 06:53
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

520 :後200前後で壊れるぞ?:2001/02/28(水) 06:53
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさん も一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

521 :後200前後で壊れるぞ?:2001/02/28(水) 06:54
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

522 :後200前後で壊れるぞ?:2001/02/28(水) 06:54
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダ ンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

523 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 06:54
だが満足か?

524 :後200前後で壊れるぞ?:2001/02/28(水) 06:54
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

525 :後200前後で壊れるぞ?:2001/02/28(水) 06:55
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく 答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

526 :後200前後で壊れるぞ?:2001/02/28(水) 06:55
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

527 :後200前後で壊れるぞ?:2001/02/28(水) 06:55
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室 のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

528 :後200前後で壊れるぞ?:2001/02/28(水) 06:55
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
駆け込みの段階でも優しく答えてくれたよ。
分娩室が緊急と赤く光る中、待合室のイスに腰掛けて僕は考えてたんだ。
生まれてくる子の事、いつか二人で夢見た子供の理想・・・最初の二人は女の子で

529 :武藤双六:2001/02/28(水) 06:56
いきがるのはネットだけにしなよ、低能荒らしくん。
まあ、現実では調子にのれないんだろうけど(苦笑

530 :壊れる前にさす"削除"依頼したほうがいいぞ?:2001/02/28(水) 06:58
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)




531 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 06:58
気持ちは分からんでもないが、そろそろやめとけ。
IP抜かれても知らんぞ。

532 :壊れる前にさす"削除"依頼したほうがいいぞ?:2001/02/28(水) 06:58
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むにはこ こを押してください)




533 :壊れる前にさす"削除"依頼したほうがいいぞ?:2001/02/28(水) 06:58
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)




534 :壊れる前にさす"削除"依頼したほうがいいぞ?:2001/02/28(水) 06:59
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読 むにはここを押してください)




535 :壊れる前にさす"削除"依頼したほうがいいぞ?:2001/02/28(水) 06:59
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)




536 :壊れる前にさす"削除"依頼したほうがいいぞ?:2001/02/28(水) 06:59
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全て を読むにはここを押してください)




537 :武藤双六:2001/02/28(水) 06:59
低学歴で荒らしを行うブルーカラーの若者の気持ちなどわかりたくもない。
死ね。それだけ。

538 :壊れる前にさす"削除"依頼したほうがいいぞ?:2001/02/28(水) 06:59
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)




539 :壊れる前にさす"削除"依頼したほうがいいぞ?:2001/02/28(水) 07:00
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は 大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)




540 :壊れる前にさす"削除"依頼したほうがいいぞ?:2001/02/28(水) 07:00
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)




541 :壊れる前にさす"削除"依頼したほうがいいぞ?:2001/02/28(水) 07:00
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを 読むにはここを押してください)




542 :壊れる前にさす"削除"依頼したほうがいいぞ?:2001/02/28(水) 07:00
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)




543 :壊れる前にさす"削除"依頼したほうがいいぞ?:2001/02/28(水) 07:01
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました ・・全てを読むにはここを押してください)




544 :壊れる前にさす"削除"依頼したほうがいいぞ?:2001/02/28(水) 07:01
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)




545 :武藤双六:2001/02/28(水) 07:01
壊れる?ハァ?壊される だろ。
これだから低学歴の無能厨房荒らし(顔面偏差値30未満)は困る

546 :壊れる前にさす"削除"依頼したほうがいいぞ?:2001/02/28(水) 07:01
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全 てを読むにはここを押してください)




547 :壊れる前にさす"削除"依頼したほうがいいぞ?:2001/02/28(水) 07:02
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)




548 :壊れる前にさす"削除"依頼したほうがいいぞ?:2001/02/28(水) 07:02
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読む にはここを押してください)




549 :壊れる前にさす"削除"依頼したほうがいいぞ?:2001/02/28(水) 07:02
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)




550 :壊れる前にさす"削除"依頼したほうがいいぞ?:2001/02/28(水) 07:02
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、 ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)




551 :壊れる前にさす"削除"依頼したほうがいいぞ?:2001/02/28(水) 07:03
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)




552 :壊れる前にさす"削除"依頼したほうがいいぞ?:2001/02/28(水) 07:03
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むにはこ こを押してください)




553 :壊れる前にさす"削除"依頼したほうがいいぞ?:2001/02/28(水) 07:03
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)




554 :壊れる前にさす"削除"依頼したほうがいいぞ?:2001/02/28(水) 07:04
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さ んの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)




555 :武藤双六:2001/02/28(水) 07:04
今日の名言

低学歴にもスレを潰す事はできる。
ただ、彼は無能だからそんな事しかできない。

556 :壊れる前にさす"削除"依頼したほうがいいぞ?:2001/02/28(水) 07:04
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)




557 :壊れる前にさす"削除"依頼したほうがいいぞ?:2001/02/28(水) 07:04
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全 てを読むにはここを押してください)




558 :壊れる前にさす"削除"依頼したほうがいいぞ?:2001/02/28(水) 07:04
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)




559 :壊れる前にさす"削除"依頼したほうがいいぞ?:2001/02/28(水) 07:05
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫です から、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)




560 :壊れる前にさす"削除"依頼したほうがいいぞ?:2001/02/28(水) 07:05
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)




561 :壊れる前にさす"削除"依頼したほうがいいぞ?:2001/02/28(水) 07:05
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを 読むにはここを押してください)




562 :壊れる前にさす"削除"依頼したほうがいいぞ?:2001/02/28(水) 07:06
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)




563 :壊れる前にさす"削除"依頼したほうがいいぞ?:2001/02/28(水) 07:06
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫で すから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)




564 :壊れる前にさす"削除"依頼したほうがいいぞ?:2001/02/28(水) 07:06
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)




565 :壊れる前にさす"削除"依頼したほうがいいぞ?:2001/02/28(水) 07:06
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読む にはここを押してください)




566 :武藤双六:2001/02/28(水) 07:07
川柳
スレ壊し 当の犯人 既に壊れ

567 :遊戯王の名前書いたら荒らすと言ったぞ?:2001/02/28(水) 07:07
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)




568 :遊戯王の名前書いたら荒らすと言ったぞ?:2001/02/28(水) 07:07
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むに はここを押してください)




569 :遊戯王の名前書いたら荒らすと言ったぞ?:2001/02/28(水) 07:08
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫です から、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)




570 :遊戯王の名前書いたら荒らすと言ったぞ?:2001/02/28(水) 07:08
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)




571 :遊戯王の名前書いたら荒らすと言ったぞ?:2001/02/28(水) 07:08
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むには ここを押してください)




572 :武藤双六:2001/02/28(水) 07:08
学習障害クンの荒らしはまだまだ続く。
されど、彼の人生に続きはない。

573 :遊戯王の名前書いたら荒らすと言ったぞ?:2001/02/28(水) 07:08
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全て を読むにはここを押してください)




574 :遊戯王の名前書いたら荒らすと言ったぞ?:2001/02/28(水) 07:09
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)




575 :遊戯王の名前書いたら荒らすと言ったぞ?:2001/02/28(水) 07:09
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むにはここ を押してください)




576 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 07:09
少年漫画板煽りのエースかんブリにお願いする
このFF板のキチガイを君の煽り能力でぶっ潰してくれ

577 :遊戯王の名前書いたら荒らすと言ったぞ?:2001/02/28(水) 07:09
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)




578 :遊戯王の名前書いたら荒らすと言ったぞ?:2001/02/28(水) 07:10
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むには ここを押してください)




579 :遊戯王の名前書いたら荒らすと言ったぞ?:2001/02/28(水) 07:10
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)




580 :遊戯王の名前書いたら荒らすと言ったぞ?:2001/02/28(水) 07:10
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)




581 :遊戯王の名前書いたら荒らすと言ったぞ?:2001/02/28(水) 07:10
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・ 全てを読むにはここを押してください)




582 :遊戯王の名前書いたら荒らすと言ったぞ?:2001/02/28(水) 07:11
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)




583 :真崎杏子:2001/02/28(水) 07:11
そんなんだから彼女はおろか友達もできないんでしょ?
バレンタインのチョコ貰った事無い童貞はやーねえ
デートもした事ないんでしょ

584 :遊戯王の名前書いたら荒らすと言ったぞ?:2001/02/28(水) 07:11
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されまし た・・全てを読むにはここを押してください)




585 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 07:11
>>576
もう 壊れてると思うが…

586 :遊戯王の名前書いたら荒らすと言ったぞ?:2001/02/28(水) 07:12
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)




587 :遊戯王の名前書いたら荒らすと言ったぞ?:2001/02/28(水) 07:12
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むには ここを押してください)




588 :遊戯王の名前書いたら荒らすと言ったぞ?:2001/02/28(水) 07:12
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを 読むにはここを押してください)




589 :遊戯王の名前書いたら荒らすと言ったぞ?:2001/02/28(水) 07:12
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全て を読むにはここを押してください)




590 :武藤双六:2001/02/28(水) 07:13
>遊戯王の名前書いたら荒らすと言ったぞ?
何故、書いたら荒らされなければならないのですか?
主観的な根拠ではなく、間主観的な根拠を明示して頂かないとお話になりません。
と言いますか、
こちらが悪いような言い方やめてくれません、低学歴さん。
荒らす貴方が100%悪い。
貴方の独善的な行いは見るに耐えません。死んでください。

591 :遊戯王の名前書いたら荒らすと言ったぞ?:2001/02/28(水) 07:13
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)




592 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 07:13
>遊戯王の名前書いたら荒らすと言ったぞ?

ハア?(゚Д゚)


593 :遊戯王の名前書いたら荒らすと言ったぞ?:2001/02/28(水) 07:13
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを 読むにはここを押してください)




594 :遊戯王の名前書いたら荒らすと言ったぞ?:2001/02/28(水) 07:13
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読む にはここを押してください)




595 :遊戯王の名前書いたら荒らすと言ったぞ?:2001/02/28(水) 07:14
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)




596 :遊戯王の名前書いたら荒らすと言ったぞ?:2001/02/28(水) 07:14
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むにはこ こを押してください)




597 :武藤双六:2001/02/28(水) 07:14
>遊戯王の名前書いたら荒らすと言ったぞ?
何故、書いたら荒らされなければならないのですか?
主観的な根拠ではなく、間主観的な根拠を明示して頂かないとお話になりません。
と言いますか、
こちらが悪いような言い方やめてくれません、低学歴さん。
荒らす貴方が100%悪い。
貴方の独善的な行いは見るに耐えません。死んでください。

598 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 07:14
遊戯王の名前出したら荒らしてもいいという根拠が分からん。

599 :遊戯王の名前書いたら荒らすと言ったぞ?:2001/02/28(水) 07:14
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むには ここを押してください)




600 :遊戯王の名前書いたら荒らすと言ったぞ?:2001/02/28(水) 07:15
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)




601 :武藤双六:2001/02/28(水) 07:15
>遊戯王の名前書いたら荒らすと言ったぞ?
何故、書いたら荒らされなければならないのですか?
主観的な根拠ではなく、間主観的な根拠を明示して頂かないとお話になりません。
と言いますか、
こちらが悪いような言い方やめてくれません、低学歴さん。
荒らす貴方が100%悪い。
貴方の独善的な行いは見るに耐えません。死んでください。

602 :遊戯王の名前書いたら荒らすと言ったぞ?:2001/02/28(水) 07:15
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むにはここを 押してください)




603 :真崎杏子:2001/02/28(水) 07:15
どうせツール使ってるから見ちゃいないでしょ


604 :遊戯王の名前書いたら荒らすと言ったぞ?:2001/02/28(水) 07:15
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダン ナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)




605 :遊戯王の名前書いたら荒らすと言ったぞ?:2001/02/28(水) 07:15
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)




606 :武藤双六:2001/02/28(水) 07:15
>遊戯王の名前書いたら荒らすと言ったぞ?
何故、書いたら荒らされなければならないのですか?
主観的な根拠ではなく、間主観的な根拠を明示して頂かないとお話になりません。
と言いますか、
こちらが悪いような言い方やめてくれません、低学歴さん。
荒らす貴方が100%悪い。
貴方の独善的な行いは見るに耐えません。死んでください。

607 :遊戯王の名前書いたら荒らすと言ったぞ?:2001/02/28(水) 07:16
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを 読むにはここを押してください)




608 :遊戯王の名前書いたら荒らすと言ったぞ?:2001/02/28(水) 07:16
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)




609 :武藤双六:2001/02/28(水) 07:16
>遊戯王の名前書いたら荒らすと言ったぞ?
何故、書いたら荒らされなければならないのですか?
主観的な根拠ではなく、間主観的な根拠を明示して頂かないとお話になりません。
と言いますか、
こちらが悪いような言い方やめてくれません、低学歴さん。
荒らす貴方が100%悪い。
貴方の独善的な行いは見るに耐えません。死んでください。

610 :遊戯王の名前書いたら荒らすと言ったぞ?:2001/02/28(水) 07:16
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されま した・・全てを読むにはここを押してください)




611 :遊戯王の名前書いたら荒らすと言ったぞ?:2001/02/28(水) 07:16
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)




612 :遊戯王の名前書いたら荒らすと言ったぞ?:2001/02/28(水) 07:17
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全て を読むにはここを押してください)




613 :武藤双六:2001/02/28(水) 07:17
>遊戯王の名前書いたら荒らすと言ったぞ?
何故、書いたら荒らされなければならないのですか?
主観的な根拠ではなく、間主観的な根拠を明示して頂かないとお話になりません。
と言いますか、
こちらが悪いような言い方やめてくれません、低学歴さん。
荒らす貴方が100%悪い。
貴方の独善的な行いは見るに耐えません。死んでください。

614 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 07:17
>>555
どこが名言?
低学歴にも、って言いかたはおかしいよ。
自分だってそんなレベルの低いことしか、言えないの?

615 :遊戯王の名前書いたら荒らすと言ったぞ?:2001/02/28(水) 07:17
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)




616 :遊戯王の名前書いたら荒らすと言ったぞ?:2001/02/28(水) 07:17
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから 、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)




617 :武藤双六:2001/02/28(水) 07:17
>遊戯王の名前書いたら荒らすと言ったぞ?
何故、書いたら荒らされなければならないのですか?
主観的な根拠ではなく、間主観的な根拠を明示して頂かないとお話になりません。
と言いますか、
こちらが悪いような言い方やめてくれません、低学歴さん。
荒らす貴方が100%悪い。
貴方の独善的な行いは見るに耐えません。死んでください。

618 :遊戯王の名前書いたら荒らすと言ったぞ?:2001/02/28(水) 07:18
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)




619 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 07:18
使ってなさそうで怖いよ<ツール
怖いって低学歴の頭が怖いって意味ね

620 :遊戯王の名前書いたら荒らすと言ったぞ?:2001/02/28(水) 07:18
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読む にはここを押してください)




621 :遊戯王の名前書いたら荒らすと言ったぞ?:2001/02/28(水) 07:18
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)




622 :遊戯王の名前書いたら荒らすと言ったぞ?:2001/02/28(水) 07:18
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・ ・全てを読むにはここを押してください)




623 :遊戯王の名前書いたら荒らすと言ったぞ?:2001/02/28(水) 07:19
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)




624 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 07:19
しょせん、オナニーだからな・・・
しこしこコピペしてるときは夢中なんだよ

625 :遊戯王の名前書いたら荒らすと言ったぞ?:2001/02/28(水) 07:19
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)




626 :遊戯王の名前書いたら荒らすと言ったぞ?:2001/02/28(水) 07:19
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・ 全てを読むにはここを押してください)




627 :遊戯王の名前書いたら荒らすと言ったぞ?:2001/02/28(水) 07:20
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)




628 :遊戯王の名前書いたら荒らすと言ったぞ?:2001/02/28(水) 07:20
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むに はここを押してください)




629 :武藤双六:2001/02/28(水) 07:20
レトリックとしての’低学歴’に突っ込まれても閉口してしまいすよ、こちらは。
どちらがより悪かという事を見定めて下さい。貴方に観る目があれば。


630 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 07:20
まあ、ツール使ってんなら、馬鹿の一つ覚えみたいに
同じコピペ繰り返す必要はないわな。

631 :遊戯王の名前書いたら荒らすと言ったぞ?:2001/02/28(水) 07:20
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)




632 :遊戯王の名前書いたら荒らすと言ったぞ?:2001/02/28(水) 07:20
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むには ここを押してください)




633 :武藤双六:2001/02/28(水) 07:21
レトリックとしての’低学歴’に突っ込まれても閉口してしまいますよ、こちらは。
どちらがより悪かという事を見定めて下さい。貴方に観る目があれば。




634 :遊戯王の名前書いたら荒らすと言ったぞ?:2001/02/28(水) 07:21
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました ・・全てを読むにはここを押してください)




635 :遊戯王の名前書いたら荒らすと言ったぞ?:2001/02/28(水) 07:21
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)




636 :遊戯王の名前書いたら荒らすと言ったぞ?:2001/02/28(水) 07:21
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むに はここを押してください)




637 :武藤双六:2001/02/28(水) 07:22
レトリックとしての’低学歴’に突っ込まれても閉口してしまいすよ、こちらは。
どちらがより悪かという事を見定めて下さい。貴方に観る目があれば。

638 :遊戯王の名前書いたら荒らすと言ったぞ?:2001/02/28(水) 07:22
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)




639 :真崎杏子:2001/02/28(水) 07:22
今荒らしてる奴
低学歴(中卒)+友達いない+童貞+ひきこもり+デブ+ブサイク

640 :遊戯王の名前書いたら荒らすと言ったぞ?:2001/02/28(水) 07:22
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)




641 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 07:22
何時まで続くか、賭けようぜ。


642 :遊戯王の名前書いたら荒らすと言ったぞ?:2001/02/28(水) 07:22
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読 むにはここを押してください)




643 :遊戯王の名前書いたら荒らすと言ったぞ?:2001/02/28(水) 07:22
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)




644 :武藤双六:2001/02/28(水) 07:22
レトリックとしての’低学歴’に突っ込まれても閉口してしまいますよ、こちらは。
どちらがより悪かという事を見定めて下さい。貴方に観る目があれば。

645 :遊戯王の名前書いたら荒らすと言ったぞ?:2001/02/28(水) 07:23
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)




646 :遊戯王の名前書いたら荒らすと言ったぞ?:2001/02/28(水) 07:23
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むには ここを押してください)




647 :遊戯王の名前書いたら荒らすと言ったぞ?:2001/02/28(水) 07:23
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)




648 :遊戯王の名前書いたら荒らすと言ったぞ?:2001/02/28(水) 07:23
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読む にはここを押してください)




649 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 07:23
     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
      | バスジャックなんか起こさないで下さいよ(ワラワラ    |
(-_-)< またもや2Chから犯罪者が!?             |
(∩∩)  \_____________________/


650 :遊戯王の名前書いたら荒らすと言ったぞ?:2001/02/28(水) 07:24
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)




651 :遊戯王の名前書いたら荒らすと言ったぞ?:2001/02/28(水) 07:24
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました ・・全てを読むにはここを押してください)




652 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 07:24
もう壊れてるのに何でまだ続けるんだ?

653 :遊戯王の名前書いたら荒らすと言ったぞ?:2001/02/28(水) 07:24
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈 夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)




654 :遊戯王の名前書いたら荒らすと言ったぞ?:2001/02/28(水) 07:24
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)




655 :遊戯王の名前書いたら荒らすと言ったぞ?:2001/02/28(水) 07:25
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読 むにはここを押してください)




656 :遊戯王の名前書いたら荒らすと言ったぞ?:2001/02/28(水) 07:25
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)




657 :真崎杏子:2001/02/28(水) 07:25
ネオむぎ君は中学卒業するまで友達いたし
ニュース板でも他のみんなとコミュニケーション取れてた部分もあったけど
ここの荒らしって低学歴の童貞で
バスジャックする度胸もないじゃない(ワラワラ

658 :遊戯王の名前書いたら荒らすと言ったぞ?:2001/02/28(水) 07:25
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)




659 :遊戯王の名前書いたら荒らすと言ったぞ?:2001/02/28(水) 07:25
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省 略されました・・全てを読むにはここを押してください)




660 :遊戯王の名前書いたら荒らすと言ったぞ?:2001/02/28(水) 07:26
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)




661 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 07:26
厨房は煽られ続ける限り、退くに退けないんですよ。

662 :遊戯王の名前書いたら荒らすと言ったぞ?:2001/02/28(水) 07:26
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・ ・全てを読むにはここを押してください)




663 :遊戯王の名前書いたら荒らすと言ったぞ?:2001/02/28(水) 07:26
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)




664 :遊戯王の名前書いたら荒らすと言ったぞ?:2001/02/28(水) 07:27
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました ・・全てを読むにはここを押してください)




665 :遊戯王の名前書いたら荒らすと言ったぞ?:2001/02/28(水) 07:27
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)




666 :武藤双六:2001/02/28(水) 07:27
頭が壊れている方に返答を求めるのが無駄な行為だというのは、
前々から知っていたのですが、
私としたことが今日はついカッとなってしまいました。
まあ、せいぜい気の済むまでやりなさい。ネット上だけでは。

自らした行為には当然、責任というものが付いてきますよ、社会では。
悪しからず。

667 :遊戯王の名前書いたら荒らすと言ったぞ?:2001/02/28(水) 07:27
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)




668 :遊戯王の名前書いたら荒らすと言ったぞ?:2001/02/28(水) 07:27
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むには ここを押してください)




669 :遊戯王の名前書いたら荒らすと言ったぞ?:2001/02/28(水) 07:28
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)




670 :武藤双六:2001/02/28(水) 07:28
頭が壊れている方に返答を求めるのが無駄な行為だというのは、
前々から知っていたのですが、
私としたことが今日はついカッとなってしまいました。
まあ、せいぜい気の済むまでやりなさい。ネット上だけでは。

自らした行為には当然、責任というものが付いてきますよ、社会では。
悪しからず。

671 :遊戯王の名前書いたら荒らすと言ったぞ?:2001/02/28(水) 07:28
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全 てを読むにはここを押してください)




672 :遊戯王の名前書いたら荒らすと言ったぞ?:2001/02/28(水) 07:28
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)




673 :遊戯王の名前書いたら荒らすと言ったぞ?:2001/02/28(水) 07:29
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)




674 :武藤双六:2001/02/28(水) 07:29
頭が壊れている方に返答を求めるのが無駄な行為だというのは、
前々から知っていたのですが、
私としたことが今日はついカッとなってしまいました。
まあ、せいぜい気の済むまでやりなさい。ネット上だけでは。

自らした行為には当然、責任というものが付いてきますよ、社会では。
悪しからず。

675 :遊戯王の名前書いたら荒らすと言ったぞ?:2001/02/28(水) 07:29
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)




676 :遊戯王の名前書いたら荒らすと言ったぞ?:2001/02/28(水) 07:29
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・ ・全てを読むにはここを押してください)




677 :遊戯王の名前書いたら荒らすと言ったぞ?:2001/02/28(水) 07:29
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)




678 :真崎杏子:2001/02/28(水) 07:30
ムキになってるわね、低学歴ひきこもり童貞デブ

679 :遊戯王の名前書いたら荒らすと言ったぞ?:2001/02/28(水) 07:30
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むに はここを押してください)




680 :遊戯王の名前書いたら荒らすと言ったぞ?:2001/02/28(水) 07:30
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読む にはここを押してください)




681 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 07:31
たしかこの状態だと700レス程度で壊れると思う。
多分荒らしはいつまでも荒らすつもりじゃなくて
700まで荒らすつもりじゃ?
かけなくなるよ?

682 :戯王の名前書いたら荒らすと言ったぞ? :2001/02/28(水) 07:32
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略され ました・・全てを読むにはここを押してください)




683 :戯王の名前書いたら荒らすと言ったぞ?:2001/02/28(水) 07:32
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)




684 :武藤双六:2001/02/28(水) 07:32
ところで、秋葉原系のファッションは何処で仕入れているのですか?荒らしさん。

685 :戯王の名前書いたら荒らすと言ったぞ?:2001/02/28(水) 07:32
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・ ・全てを読むにはここを押してください)




686 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 07:33
>>681
>700まで荒らすつもりじゃ?

いや、多分、煽りやめてくれるまで。

687 :戯王の名前書いたら荒らすと言ったぞ?:2001/02/28(水) 07:33
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)




688 :50れす程度で壊れるぞ?いいのか?:2001/02/28(水) 07:34
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫です から、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)




689 :50れす程度で壊れるぞ?いいのか?:2001/02/28(水) 07:34
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)




690 :50れす程度で壊れるぞ?いいのか?:2001/02/28(水) 07:34
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈 夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)




691 :真崎杏子:2001/02/28(水) 07:34
ママが買ってきてくれるユニクロの服だけでしょ、ひきこもりだから服なんていらないのよ

692 :50れす程度で壊れるぞ?いいのか?:2001/02/28(水) 07:35
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)




693 :50れす程度で壊れるぞ?いいのか?:2001/02/28(水) 07:35
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・ ・全てを読むにはここを押してください)




694 :真崎杏子:2001/02/28(水) 07:35
デブで無能のひきこもり童貞はスレを壊す事ぐらいしか出来ないのね

695 :50れす程度で壊れるぞ?いいのか?:2001/02/28(水) 07:35
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)




696 :50れす程度で壊れるぞ?いいのか?:2001/02/28(水) 07:35
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・ 全てを読むにはここを押してください)




697 :武藤双六:2001/02/28(水) 07:36
>50れす程度で壊れるぞ?いいのか?
自分で荒らしておいてよくそんな物言いができますね、驚きましたよ。

698 :50れす程度で壊れるぞ?いいのか?:2001/02/28(水) 07:36
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)




699 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 07:36
もうすでにみれないんですけど、かなり前から

700 :50れす程度で壊れるぞ?いいのか?:2001/02/28(水) 07:36
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・ 全てを読むにはここを押してください)




701 :50れす程度で壊れるぞ?いいのか?:2001/02/28(水) 07:36
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・  全てを読むにはここを押してください)




702 :50れす程度で壊れるぞ?いいのか?:2001/02/28(水) 07:37
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)




703 :次は書き込めなくなるぞ?:2001/02/28(水) 07:37
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫です から、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)




704 :次は書き込めなくなるぞ?:2001/02/28(水) 07:37
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)




705 :次は書き込めなくなるぞ?:2001/02/28(水) 07:37
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・ 全てを読むにはここを押してください)




706 :次は書き込めなくなるぞ?:2001/02/28(水) 07:38
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)




707 :武藤双六:2001/02/28(水) 07:38
器物損壊罪って知ってますか?荒らしさん。

708 :次は書き込めなくなるぞ?:2001/02/28(水) 07:38
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・ 全てを読むにはここを押してください)




709 :次は書き込めなくなるぞ?:2001/02/28(水) 07:38
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)




710 :次は書き込めなくなるぞ?:2001/02/28(水) 07:39
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました  ・・全てを読むにはここを押してください)




711 :次は書き込めなくなるぞ?:2001/02/28(水) 07:39
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)




712 :次は書き込めなくなるぞ?:2001/02/28(水) 07:39
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・ 全てを読むにはここを押してください)




713 :次は書き込めなくなるぞ?:2001/02/28(水) 07:39
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)




714 :次は書き込めなくなるぞ?:2001/02/28(水) 07:40
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・ 全てを読むにはここを押してください)




715 :次は書き込めなくなるぞ?:2001/02/28(水) 07:40
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)




716 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 07:40
死ね

717 :次は書き込めなくなるぞ?:2001/02/28(水) 07:40
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・ ・全てを読むにはここを押してください)




718 :次は書き込めなくなるぞ?:2001/02/28(水) 07:41
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)




719 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 07:41
書き込めるぞ!

720 :次は書き込めなくなるぞ?:2001/02/28(水) 07:41
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・ ・全てを読むにはここを押してください)




721 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 07:41
なにかよっぽど事があったんだね。
もしよければ、いらだちの矛先を教えてくれない?
ネットは匿名だから大丈夫でしょ?
一時荒らしやめて、本音を書きこんでみてよ

722 :次は書き込めなくなるぞ?:2001/02/28(水) 07:41
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)




723 :次は書き込めなくなるぞ?:2001/02/28(水) 07:42
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・ 全てを読むにはここを押してください)




724 :次は書き込めなくなるぞ?:2001/02/28(水) 07:42
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)




725 :次は書き込めなくなるぞ?:2001/02/28(水) 07:42
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・ ・全てを読むにはここを押してください)




726 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 07:42
コピペ厨房も、テレホ終わったら、いなくなるだろ。

727 :次は書き込めなくなるぞ?:2001/02/28(水) 07:42
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)




728 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 07:45
こんなテンプレートどっから持ってきたんだ?やっぱキチガイか?

729 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 07:46
コピペ厨房はひきこもりだから永遠に続けるんじゃない?ようやるわ

730 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 07:46
君さ、スレや板を壊したらどうなるか、わかってる?

転載
<以下、管理人の書き込みのコピペ要約>
(1行レスや無駄スレ乱立でサーバが落ちたら)じゅうぶん器物損壊罪になります。
例えサーバが落ちなくても、業務の妨害になりますです。
裁判になった場合、民事の場合は、被害を立証して裁判官が被害だと認定すれば
いいんですよ。
削除屋さんとおいらが、深夜にわたって削除をせざるを得なかったというのを
説明するだけです。
後は、削除スクリプトの制作費と、人件費とか値段をつけるだけですよん。

この厨房みたいに岩手から東京まで裁判の為に召喚されたくなければ、
荒らし同等の個人ネタスレは上げたり関わったりしない方が身の為ですよ。

ただの脅しと思う前に、IP抜かれて後悔する事の方を考えましょう。
ここは無法地帯ではなく、管理人のいる掲示板です

731 :次は書き込めなくなるぞ? :2001/02/28(水) 07:46
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全て  を読むにはここを押してください)




732 :次は書き込めなくなるぞ?:2001/02/28(水) 07:46
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されま した・・全てを読むにはここを押してください)




733 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 07:47
荒らししてると、ののたんに嫌われるよ

734 :次は書き込めなくなるぞ?:2001/02/28(水) 07:47
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)




735 :次は書き込めなくなるぞ?:2001/02/28(水) 07:47
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・ 全てを読むにはここを押してください)




736 :次は書き込めなくなるぞ?:2001/02/28(水) 07:47
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)




737 :次は書き込めなくなるぞ?:2001/02/28(水) 07:48
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・ 全てを読むにはここを押してください)




738 :次は書き込めなくなるぞ?:2001/02/28(水) 07:48
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)




739 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 07:48
一生童貞だから子供産まれる喜びなんて一生わかりもしないくせによくもまあここまで。。。

740 :次は書き込めなくなるぞ?:2001/02/28(水) 07:48
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・ 全てを読むにはここを押してください)




741 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 07:48
あほあらし

742 :次は書き込めなくなるぞ?:2001/02/28(水) 07:48
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)




743 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 07:48
荒らしは文盲だから

744 :次は書き込めなくなるぞ?:2001/02/28(水) 07:49
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)




745 :次は書き込めなくなるぞ?:2001/02/28(水) 07:49
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・ ・全てを読むにはここを押してください)




746 :次は書き込めなくなるぞ?:2001/02/28(水) 07:49
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)




747 :次は書き込めなくなるぞ?:2001/02/28(水) 07:49
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・ 全てを読むにはここを押してください)




748 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 07:49
しね

749 :次は書き込めなくなるぞ?:2001/02/28(水) 07:50
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)




750 :次は書き込めなくなるぞ?:2001/02/28(水) 07:50
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・  全てを読むにはここを押してください)




751 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 07:50
ハンターヲタみてーな粘着質を敵に回すとどうなるかわかってんの?

752 :次は書き込めなくなるぞ?:2001/02/28(水) 07:50
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)




753 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 07:50
まかんこうさっぽー

754 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 07:50
お父さんやお母さんはコイツが産まれる時こんな思いをしたのに
まさか人類のゴミになるとは思ってなかっただろうな。。。

755 :次は書き込めなくなるぞ?:2001/02/28(水) 07:51
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・ ・全てを読むにはここを押してください)




756 :次は書き込めなくなるぞ?:2001/02/28(水) 07:51
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)




757 :次は書き込めなくなるぞ?:2001/02/28(水) 07:51
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・ ・全てを読むにはここを押してください)




758 :次は書き込めなくなるぞ?:2001/02/28(水) 07:52
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)




759 :次は書き込めなくなるぞ?:2001/02/28(水) 07:52
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・ ・全てを読むにはここを押してください)




760 :次は書き込めなくなるぞ?:2001/02/28(水) 07:52
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)




761 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 07:53
はやく死を決意すべし。

762 :次は書き込めなくなるぞ?:2001/02/28(水) 07:54
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)




763 :次は書き込めなくなるぞ?:2001/02/28(水) 07:54
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・ ・全てを読むにはここを押してください)




764 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 07:54
昼組がこれみたらどう思うだろうね。

765 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 07:54
遊戯王ヲタ死ね

766 :次は書き込めなくなるぞ?:2001/02/28(水) 07:54
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)




767 :次は書き込めなくなるぞ?:2001/02/28(水) 07:54
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・ ・全てを読むにはここを押してください)




768 :次は書き込めなくなるぞ?:2001/02/28(水) 07:55
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)




769 :次は書き込めなくなるぞ?:2001/02/28(水) 07:55
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました ・・全てを読むにはここを押してください)




770 :次は書き込めなくなるぞ?:2001/02/28(水) 07:55
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)




771 :次は書き込めなくなるぞ?:2001/02/28(水) 07:55
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・ ・全てを読むにはここを押してください)




772 :次は書き込めなくなるぞ?:2001/02/28(水) 07:56
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)




773 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 07:56
さて、テレホ終了まであと、5分。

774 :次は書き込めなくなるぞ?:2001/02/28(水) 07:56
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・ 全てを読むにはここを押してください)




775 :次は書き込めなくなるぞ?:2001/02/28(水) 07:56
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)




776 :次は書き込めなくなるぞ?:2001/02/28(水) 07:56
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)




777 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 07:57
いんぐー!いんぐうー!

778 :次は書き込めなくなるぞ?:2001/02/28(水) 07:57
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・ 全てを読むにはここを押してください)




779 :次は書き込めなくなるぞ?:2001/02/28(水) 07:57
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)




780 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 07:57
ハァハァハァハァハァハァハァハァハァハl

781 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 07:57
あほあらしサゲ

782 :次は書き込めなくなるぞ?:2001/02/28(水) 07:57
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)




783 :次は書き込めなくなるぞ?:2001/02/28(水) 07:57
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・ 全てを読むにはここを押してください)




784 :次は書き込めなくなるぞ?:2001/02/28(水) 07:58
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)




785 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 07:58
童貞 包茎 腋臭 そのうえのうたりん

786 :次は書き込めなくなるぞ?:2001/02/28(水) 07:58
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・ ・全てを読むにはここを押してください)




787 :次は書き込めなくなるぞ?:2001/02/28(水) 07:58
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)




788 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 07:58
具現化系か

789 :次は書き込めなくなるぞ?:2001/02/28(水) 07:58
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・ 全てを読むにはここを押してください)




790 :次は書き込めなくなるぞ?:2001/02/28(水) 07:59
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)




791 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 07:59
いいからはやく神奈川クリニックへ

792 :次は書き込めなくなるぞ?:2001/02/28(水) 07:59
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・ 全てを読むにはここを押してください)




793 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 07:59
癌になるぞ。

794 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 08:00
テレホ終了だけど、まだやるの?

795 :次は書き込めなくなるぞ?:2001/02/28(水) 08:00
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)




796 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 08:00
>荒らし (恥滓)
がんばって一人で1000までやってください。
さいなら

797 :次は書き込めなくなるぞ?:2001/02/28(水) 08:01
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・ 全てを読むにはここを押してください)




798 :次は書き込めなくなるぞ?:2001/02/28(水) 08:01
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)




799 :次は書き込めなくなるぞ?:2001/02/28(水) 08:01
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・ 全てを読むにはここを押してください)




800 :次は書き込めなくなるぞ?:2001/02/28(水) 08:01
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)




801 :次は書き込めなくなるぞ?:2001/02/28(水) 08:04
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な 事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されま した・・全てを読むにはここを押してください)




802 :次は書き込めなくなるぞ?:2001/02/28(水) 08:05
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)




803 :次は書き込めなくなるぞ?:2001/02/28(水) 08:05
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読む にはここを押してください)




804 :次は書き込めなくなるぞ?:2001/02/28(水) 08:05
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)




805 :次は書き込めなくなるぞ?:2001/02/28(水) 08:06
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを 読むにはここを押してください)




806 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 08:06
どうせこの先生きてても奥さんも子供も持つことないからさっさと諦めて死にな

807 :次は書き込めなくなるぞ?:2001/02/28(水) 08:06
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)




808 :次は書き込めなくなるぞ?:2001/02/28(水) 08:06
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むにはここを押 してください)




809 :次は書き込めなくなるぞ?:2001/02/28(水) 08:07
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)




810 :次は書き込めなくなるぞ?:2001/02/28(水) 08:07
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むには ここを押してください)




811 :次は書き込めなくなるぞ?:2001/02/28(水) 08:07
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)




812 :次は書き込めなくなるぞ?:2001/02/28(水) 08:07
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・ ・全てを読むにはここを押してください)




813 :次は書き込めなくなるぞ?:2001/02/28(水) 08:08
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)




814 :次は書き込めなくなるぞ?:2001/02/28(水) 08:08
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むには ここを押してください)




815 :次は書き込めなくなるぞ?:2001/02/28(水) 08:08
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)




816 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 08:08
なんだこれ?

817 :次は書き込めなくなるぞ?:2001/02/28(水) 08:09
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読 むにはここを押してください)




818 :次は書き込めなくなるぞ?:2001/02/28(水) 08:09
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)




819 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 08:10
友達1人もいないんだね

820 :次は書き込めなくなるぞ?:2001/02/28(水) 08:11
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読 むにはここを押してください)




821 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 08:11
>>816
ただの厨房だから、構うな。

822 :次は書き込めなくなるぞ?:2001/02/28(水) 08:13
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)




823 :次は書き込めなくなるぞ?:2001/02/28(水) 08:14
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読む にはここを押してください)




824 :次は書き込めなくなるぞ?:2001/02/28(水) 08:14
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)




825 :次は書き込めなくなるぞ?:2001/02/28(水) 08:15
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを 読むにはここを押してください)




826 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 08:18
nnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnn

827 :次は書き込めなくなるぞ?:2001/02/28(水) 08:19
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)




828 :次は書き込めなくなるぞ?:2001/02/28(水) 08:19
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むにはこ こを押してください)




829 :次は書き込めなくなるぞ?:2001/02/28(水) 08:20
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)




830 :次は書き込めなくなるぞ?:2001/02/28(水) 08:20
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを 読むにはここを押してください)




831 :次は書き込めなくなるぞ?:2001/02/28(水) 08:20
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)




832 :次は書き込めなくなるぞ?:2001/02/28(水) 08:20
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全て を読むにはここを押してください)




833 :次は書き込めなくなるぞ?:2001/02/28(水) 08:21
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)




834 :次は書き込めなくなるぞ?:2001/02/28(水) 08:21
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むにはここ を押してください)




835 :次は書き込めなくなるぞ?:2001/02/28(水) 08:21
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)




836 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 08:25
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読む にはここを押してください)




837 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 08:25
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)




838 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 08:25
チャンコロ荒らし死ね

839 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 08:25
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを 読むにはここを押してください)




840 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 08:26
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むに はここを押してください)




841 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 08:26
子供生まれるって事はねえ、とてつもなく重いことなんだよ。
一つの生命の誕生、父親としての責務、そして自分自身へのプレッシャー。
最初はねえ無責任な事をねえ言ってたよ。
まず一人目の子供は女の子で名前は美香。3人姉妹で一人は男の子。
二人の娘は花屋で仕事をして息子はサッカー選手とか・・。
あの時は若かったから、自分達の生活だけで精一杯だったんだ。
だからこうやって将来の事を想像しながら、互いに励ましあってたのかもなあ。
ところがある日だ、僕の妻、沙耶が妊娠してることが判明した。
僕は慌てて仕事場を早退し、沙耶のとこに急ぎ足で向かったんだ。
向かってる最中自分の頭の中は真っ白だったよ。
男ってこういう状況駄目なんだあ、あんたも子供が出来るときになったら解る。
いくらシュミレーションしても、いざその状況になれば、どうすれば良いかすら、理解できない。
そんなこと考えてたら沙耶のとこに着いてたんだよ。
僕は思わず「生むのか?」と聞き返したんだ。そりゃそうだろ?
自分達の収入も安定ままならない、第一俺も今の仕事は専属社員じゃない、いつ
辞めさせられてもしょうがないようだった。
でも女は一度決心すると強い。何の迷いもなく「生むわ」の一言。
いや最初から分かってたのかもな。彼女の迷い無き一言に僕も覚悟したよ。
それで、苦しいながらも互いに協力しながらがんばってたある日。
沙耶が物凄い陣痛に襲われ倒れたんだ。
ついに来た!とうとう生まれるんだ!車で病院へ向かう途中、期待やら不安やら
胸がばくばくしてたんだ。
私立病院について事情を説明したら、緊急対応で急いで医者も看護婦も対応してくれた。
僕も心配になり、「沙耶を・・・お願いします!」と看護婦の人に言ったら
「奥さんの事は大丈夫ですから、ダンナさんも一緒にがんばってください。」と
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)




842 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 08:45
やっと終ったか?
誰か被害届は出した?

843 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 08:47
サゲルベキダッタ・・・スマソ

844 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 08:50
悪いのはキミじゃないさ

845 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 08:52
彼を責めちゃいけない・・

846 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 08:53
新スレでスッキリしませんか?

847 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 08:53
このスレッド大きすぎます
ってなに?

848 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 08:54
学校行ったのかな?荒らしは。

849 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 08:58
ここは無かった事にして
33を作ればいいのだ

850 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 08:59
>>847
これじゃ削除依頼も出せないね

851 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 09:03
どっちに移動すればいいの?

852 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/02/28(水) 09:05
これはスレごと削除してなかった事にして
33へ行くのが良策かと
今朝来なかった人は上げられないし
http://salad.2ch.net/test/read.cgi?bbs=ymag&key=983318482

919 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50


read.cgi ver 05.04.09 2022/06/21 Walang Kapalit ★
FOX ★