5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

「さくらの唄(安達 哲)」は凄かった

1 :あああ:2001/04/02(月) 07:42
最初は胸がキュンとした「さくらの唄」。
でも途中からとんでもない方向にいってしまった。
でも面白かったよな。

2 :名無し:2001/04/02(月) 08:29
最後の終わり方が強引だった

3 :七篠丈:2001/04/02(月) 09:50
おれは三巻を買うのにわざわざ夜九時に私服でブックオフ行って買ったのだが、その価値は十分あると思っている。
文庫化記念おめでとう。

4 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/04/02(月) 09:55
この間はじめてちゃんと読んだ。
いい漫画だ。いろんな意味で(ワ

ちょうど「安達哲関連のスレがないなー」
と思ってたところだったのだが
安達哲のほかの漫画はここではNG?

5 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/04/02(月) 10:17
スレタイトルがわかりにくいしなー。
新しいの立てて「安達哲総合スレッド」にしたい所。
でも、前なかったかなー。あんまりレス付かない人のような気もする。
しばらくはここでマターリいきましょう

6 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/04/02(月) 10:39
ほかに安達哲で「キラキラ」(?)ってあったよね?
どっかで読んですごく面白かった気が...
ことあるごとに古本屋で探してるけどないんだけど。

7 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/04/02(月) 10:40
ちょっと前まで安達哲スレッドあったはずだけど…。
消えたのか...。

8 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/04/02(月) 12:11
安達哲いいね。
ホワイトアルバム、キラキラ、さくらの唄、お天気お姉さん、
バカ姉弟、ギャル雀、ほかなんだっけ?
僕は「キラキラ」の青春の蹉跌を描く点に魅力を感じた。
当時小学生・・・

9 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/04/02(月) 12:24
ブクオフで結構見かけるぞ。キラキラ
少年マガジンKCのコーナーへゴーだ。

10 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/04/02(月) 13:02
もうばか姉妹しか知らない人も多いんじゃないかい


11 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/04/02(月) 13:05
前スレって倉庫行きになったのか…??

12 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/04/02(月) 13:08
「お天気姉さん」が本宮ひろし的という指摘がある雑誌に載ってたので
読み返してみたが、確かにあのバカバカしさは本宮チックである。ああいう
のもまた書いて欲しい。

13 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/04/02(月) 13:18
「キラキラ」が再販された時は狂喜乱舞してそろえたな。
美しい。けど残酷だ。

14 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/04/02(月) 16:51
http://salad.2ch.net/test/read.cgi?bbs=comic&key=979413559
過去スレ

15 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/04/02(月) 18:13
>>12
つーかさ、過去スレにもあったけど「桜の唄」での×××シーンとか
本宮のモロパクしてたじゃん。
本宮チックとかでなく、そーとー本宮ひろし好きなんじゃないの?

16 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/04/02(月) 18:19
>>8
「幸せのひこうき雲」
「の」は反転。

17 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/04/02(月) 18:32
「キラキラ」って何巻まであんの?教えて。

18 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/04/02(月) 18:36
>>17
最初のコミックスは全8巻だったけど...。

19 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/04/02(月) 20:33
あげ

20 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/04/02(月) 21:45
うき、「キラキラ」いいねぇ(笑)
「お天気お姉さん」終わり方はあんなモンでしょ?
安達哲らしいと思うけどな。

どこかしらに癖があるもの、そういうのが好き。
今ってそういう類が少ない。

21 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/04/02(月) 21:49
適度にエロで適度に残酷で適度にブンガクで適度にテキトーな安達哲が俺はとても好きさ。ヽ(´ー`)ノ

22 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/04/02(月) 21:56
昔,さくらの唄の3巻がブックオフとかでなかなか見つからなかった
やっぱ、実姉とのあれがやばかったのかな...
既出だったらスマソ

23 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/04/02(月) 22:46
>>12 >>15
本宮漫画で人生が変わった人間がどれほどいるだろうか?
しかし、俺は確かに「さくらの唄」に救われた。
ラストは安易かもしれないがあれで良い。

24 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/04/03(火) 00:24
>>20
「お天気お姉さん」は5巻あたりからちょっとつまらん。
1巻で完結してもよかったかなとおもふ。

>>22
成年指定なのでブックオフなら普通のヤンマガコミックの
コーナーではなく、成年マンガコーナーにあると思われ。

25 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/04/03(火) 00:47
COMIC CUEで書いてたエロ漫画はモロ本宮タッチだったぞ。
確かそのことにも言及していたはず。

26 :マンガの名無しさん:2001/04/03(火) 01:38
本宮のパクリかも知れぬが本宮にはあの味は出せぬ。
適度にヌキ所もあり良書なり。


27 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/04/03(火) 07:28
あー、たしかに本宮ではヌけんなあ(w

28 :名無しんぼ@お腹いっぱい :2001/04/03(火) 08:40
本宮は「巨乳靴磨き」なんて発想できません

29 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/04/03(火) 11:20
「俺の空」の縛りのある巻では大変お世話になりました。
当時は非常に衝撃的でしたよ。まじで。

だから「さくらの唄」の例のシーンは結構驚いた。
本宮タッチとかって問題じゃなかったもんね。
「俺の空」のエッチシーンの絵そのまんま。やや淫靡って感じ?

ま、おもしろかったし、本宮も問題にしてないからいいかな。

30 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/04/03(火) 12:12
3巻の問題点は姉とのセク-スより爆弾製造方法の
検閲じゃないのか?
俺は姉とセク-スしてる主人公をみながらヒロインが
「楽しそう」とつぶやく情景が忘れられない。


31 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/04/03(火) 12:43
読んで涙するような文学的要素を持ちながら
ズリネタにもなるすばらしい作品

何度も何度も読み返してしまう
そして何度もコイてしまう私

32 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/04/03(火) 17:17
俺は終盤の姉弟がやってるとこより、
序盤で弟と同衾してるときに姉が
「変な気分になってきちゃったよう」と
考えてるとこのが抜けます。

33 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/04/03(火) 23:01
俺は安達で一番抜けるのは
恵美里とケンちゃんのセクースだ。

34 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/04/03(火) 23:18
神元美里がお天気お姉さんの原型なのかな。
キャラ的に。

35 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/04/04(水) 04:18
姉ちゃんが爺とヤクザ連中に輪姦される場面
が抜ける

36 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/04/04(水) 05:45
「めんどり遊び」って何?

37 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/04/04(水) 05:46
「ホワイトアルバム」あげ

38 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/04/04(水) 09:27
>>34
そして奥平→山岸と思われ。

39 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/04/04(水) 13:35
安達哲、セリフのセンス最高!!

40 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/04/04(水) 13:57
ラストが取って付けたようだとの意見もあるがアレは計算でないの?
リアリティのない社会的な成功、主人公は救済されたかに見えるが
彼の中では何も解決しておらず、ヒロインとの再会によって再び
業の深さに直視せざるを得なくなった、みたいなさ。
オレにはあれがハッピーエンドだとはとても思えない。強烈なシニシズム。

41 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/04/04(水) 14:56
>40
じゃあ、彼にとって解決すべきものとはなんだったんだろう
(煽りじゃないよ)
確かに、あれはハッピーエンドには見えなかったんで


42 :40:2001/04/04(水) 15:46
>>41
ちょっと今手元にないんで記憶を頼りに考えてみるが…

結局彼にとって一番大事だったのは「初恋の思い出」みたいなモノ
だったんじゃないかな?
青春の一番輝かしい瞬間とでも言うか。
なのに、周囲の友人達が青春を謳歌してる中で一人だけ叔父夫婦によって
そんなものが幻想に過ぎないことを目の当たりにさせられる。
彼は絵も好きで描いていただけだろうし、あのような社会的な成功を
目標にしていた訳じゃなかったんだろう。
にもかかわらず彼の悲惨な体験もサクセスストーリーとして
セットにして結果売れてしまった風に描かれている。
結局彼が望んでいたヒロインとの恋は叶わず、代償として安っぽい
(規模が大きいだけになおさら陳腐な)成功を手に入れるけど
最終回を見るかぎり本人はちっとも満足していなかったのでは?
それをヒロインが彼を(嘲りでなく)笑うしかなかったというのが
ポイントかと思うんだが。

結局、主人公は青春の思い出を思い出として大人に成長できなかった
(させてもらえなかった)のがトラウマになっているいなじゃかろうか。
幻想は幻想でしかないと一番多感な時期につきつけられ、そしてラストで
ヒロインが悪意もなく再度それを主人公に再確認させて終わる。
プロットの上では叔父夫婦が悪役のポジションにいるけれども、
実はもっと残酷な「事実」とでも言うべきものがある事に気付いたんだろう。
だからこそあの見た目ハッピーエンドが救いのない終わり方に見えるんだが。

時間がないので文章がまとまらなかった、スマソ。
後でもうちょっと考えて整理してみるわ。

43 :名無し:2001/04/04(水) 20:42
あげ

44 :花と名無しさん:2001/04/04(水) 21:14
「さくらの唄」
高校の時読んでて、先生がやくざとやっている8ミリビデオのシーン。
「あほ。お前もさんざんたのしんだろうが(?)」とかいうおじとやくざの会話が
妙にエロだった。
精神的に興奮させられたのはこの作品が初めてだった。

45 :41:2001/04/04(水) 23:09
>>42

>結局、主人公は青春の思い出を思い出として大人に成長できなかった
>(させてもらえなかった)のがトラウマになっているいなじゃかろうか。

なるほど、夢を見たい時期に見させてもらえなかったっていう感じかな

俺もあの最終回では、主人公の対応が笑いながらも
なんとなく投げやりに見えたんだ。
それで何かの代償としての成功という感じを受けてたんだよ


>ヒロインが悪意もなく再度それを主人公に再確認させて終わる。

でも、あのヒロインもどこか彼の成功に対して屈折しているような
感じがしない?
自分が望んだ画家としての喝采を彼が浴びて、自分は高校の美術教師
をしているということに対して。

結局、登場人物の中で望んでいたものが手に入った人はいないんじゃないかな。
映画マニアの友人など、屈折した形で望みは叶っているんだけど。



46 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/04/04(水) 23:46
というか、この人は健全な精神の持ち主なんだよ。
きっと。

47 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/04/05(木) 00:29
屈折したところも持ってるけど、それに寄りかかったり甘んじたりしないで
折り合いをつけられる人なんじゃないかな。
よくある「生きててもいいことなんかねぇよ」とかみたいなサブカル気取りの
似非シュール漫画とは明らかにちがうと思う。

48 :(´ー`):2001/04/06(金) 01:12
西武線のどこに住んでいたのかな

49 :奈々新保:2001/04/07(土) 00:30
あげあげ

50 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/04/07(土) 00:37
いっそ、おばさんに撃ち殺されるのを待ってる風にも見える。

51 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/04/07(土) 01:03
撃ち殺されるんならまだいいけど
喰われるのはいやだなあ

52 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/04/07(土) 01:12
レクターじゃないんだから(笑)
あのおばさんのことだから犯されることはあるかも知れないが。
その方がやだな。
あ、喰うってそっちの意味か。
や、失敬失敬。

53 :きらきら:2001/04/07(土) 02:09
>6
東急東横線、綱島駅近くのブックオフで、全巻そろってるのを
見た
スコラ社からの版

54 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/04/08(日) 00:37
age

55 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/04/08(日) 01:54
重箱の隅。

「キラキラ!」5巻35ページのナイフ(27話:楽屋でスタッフが持ってるやつ)と
54ページのナイフ(28話:恵美里が持ってるヤツ)の関係は・・・?
でもこれ、当時もちょっと悩んだ。っていうか、前の回でスタッフが持ってた
ってことは28話で恵美里が取り出したナイフは小道具じゃないホンモノ!?
とか思ったし。

56 :病弱名無しさん:2001/04/09(月) 01:13
あげ

57 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/04/12(木) 18:12
文庫版発売 age

58 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/04/12(木) 21:17
>>57
おまえにはジョセフという称号を与えよう

59 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/04/12(木) 21:40
お天気お姉さんの最高の抜きどころは脱糞シーン。

60 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/04/12(木) 21:49
文庫買ってきた。読んだ。
今まで読み直すことはなかった、最初読んだ時の衝撃が強すぎて、
読み直すのが怖かったから。
でもその時ほどの衝撃はなかった。俺も年食ったからかな。
金春のおっさんは今見るとそんな悪に見えない。
金春のおっさんがいないと利彦もいろいろ行動することはなかったから。
むしろ真理の方が醜く見えてしまう。
・・・こんな時間経ってから色々読める漫画もなかなかないから
やっぱり名作だと思います。若えのも必ず読んどけよ。


61 :きらきら:2001/04/13(金) 01:28
>58
それにいったいどんな価値が、、、

62 :文庫読んだ:2001/04/13(金) 02:37
映画の上映前は読んでてドキドキした
こんなに緊張したの久しぶり

63 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/04/13(金) 02:48
>>58
ワーーー(パイプオルガンの音)

64 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/04/13(金) 02:53
ラストについてだが、
美大出身なので、あの画家像には違和感がある。

あと、ヒロインに好かれず、キモイ奴扱いされるというオチは、
一見残酷なようだが、
普通はああいう会話すら成立しないので、
逆説的に主人公に救いを与えているような気がする。

わかりにくいカキコですいません。


65 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/04/13(金) 03:10
幸せのひこうき雲はハッピーエンドじゃないよな


66 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/04/13(金) 03:46
キラキラがベストかな。
あのセクース描写は連載当時衝撃的だった。
週刊少年マガジン掲載だったのも驚き。

67 :57です:2001/04/13(金) 21:09
>>58
「ジョセフ」という称号にどんな意味があるのでしょうか?
尊敬の意味でしたらありがたく受け取りますが、おとしめる意味でしたら
辞退します。
とつまらないことを書きつつage

68 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/04/14(土) 01:39
>>67
単行本2巻のP13、文庫本上巻P249を参照してみな。
そうすると>>61の意味もわかる。

69 :きらきら:2001/04/14(土) 02:06
>68
63の意味も分かるね

70 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/04/14(土) 09:26
武道館直後の「あたし今すごくしたいなあ」萌え〜

71 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/04/14(土) 13:11
オレ達のほとんど八割にロクな将来はねえ

72 :57です:2001/04/14(土) 13:51
>>68
ありがとうございます。意味が分かりました。
ありがたく「ジョセフ」の称号を拝領します。

73 :きらきら:2001/04/14(土) 15:09
>71
最初から自分信じてやってりゃよかったのよ

でも、「ほんとに」将来の選択を迫られた時に、自分を信じるのは
大変なことだよね
俺達のほとんど8割は、それができなくてロクな将来送らないんだよね

74 :58:2001/04/14(土) 15:56
ブスが!!
アヌスに指いれたるー


75 :名無し:2001/04/15(日) 00:08
あげ

76 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/04/15(日) 22:29
ヤンマガKCでさくらの唄は持ってるのだが、
最近発売された文庫版も欲しいぞ・・・

77 :佐藤:2001/04/15(日) 23:11
>>71
そして
魂をわけあった
世界でだれよりも美しい
女達

このページ読むといつも泣けてくる。。

ヤンマガKCと愛蔵版と文庫版に加筆などの違いはあるのか?

78 :58:2001/04/17(火) 13:19
詠子の粘膜はあったかいのォ〜〜〜〜

79 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/04/17(火) 22:08
文庫読んだよ。
この歳になってから読むと
結構平気になっているかな?と思ったけど、案外、再ショックを受けた。
どうでも良いけれど、姉ちゃんがかわいそう。

80 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/04/17(火) 22:12
ネットウォッチ版で、13日から、桜の唄の映画上映並みに
ビックリな事件が取り上げられてるよ。
もう、画像は無いみたいだけど。凄かったよ。
今は、4つ目のスレッド
http://yasai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=net&key=987504904

81 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/04/18(水) 00:23
>>77
単行本と文庫版をざっと比べたけど、違いはなかったと思う。
愛蔵版はどうなのかわからんけど。

82 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/04/18(水) 00:35
今の活動は、時たまヤンマガに現れるばか姉妹のみ?
この人は今、壁ぶち当たって充電中なんすか?
請う復活、最活躍!


83 :U゚ェ゚Uo:2001/04/18(水) 01:34
なんか麻雀の雑誌で連載してるらしいよ。
よく知らないけど。>>82

84 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/04/18(水) 01:53
>83 サンきゅです
面白いのかな?
壊れてんのかな?


85 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/04/19(木) 13:15
あげましょう

86 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/04/19(木) 13:39
「アーモンドクラッシュポッキーなのだ〜」
のセリフが妙なリアリティがあって頭から離れないなあ。

87 :う〜む:2001/04/19(木) 13:40
お天気お姉さんつまらん・・・
さくらの唄とホワイトアルバムは面白い。
キラキラもだめだった。

88 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/04/19(木) 13:43
ううむ、キラキラがだめな人もいるのか、、、(゚ロ゚;)

89 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/04/19(木) 14:24
このスレ見て、初めて読みました。
面白かった。
# 金春オジがキーパーソンだな(俺的に)

90 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/04/19(木) 15:05
>>86
同じくすげえリアルだと思った。
ああいうどうでもいいような一言が
ずーーっとアタマから離れなかったりすることあるよね。


91 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/04/19(木) 16:09
いやー今ごろなんだけど確かにケタ違いで「凄かった」ね、さくらの唄は。
昔これを毎回ヤンマガで連載で読んでた時は至福でしたね。
ビデオ上映あたりは震えたよ。

92 : :2001/04/19(木) 16:20
う〜んさくらの唄 読んでみたいんだけど、 なんかすげ〜鬱になりそうで手が出ないよ
みんな意図的に内容に触れないしさ〜(それほどダークなのか、、、)

93 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/04/19(木) 18:13
安達哲は「締め」がうまい!!
>>92
気になるなら読んで損はないと思いますよ。
あなたが中学生の女の子なら勧めないけど。


94 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/04/19(木) 20:31
岡崎京子のリバース・エッジあたりから、あの手の
ダークで鬱な漫画って山盛り量産されてきたんだけど、
その中でも本物の輝きを放つ名作だったな。

95 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/04/20(金) 00:13
まだ文庫の上巻までしか読んでないけど、後半買うのが怖いな・・・
あの日常が破壊されていきそうで。

96 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/04/20(金) 01:04
今日なんとなくの理由で文庫上巻下巻買って読んでみた。
上巻と下巻とじゃエラい違いだなー…。
とにかく「凄い」ってことは色んなとこで言われてたから気になってた
んだけど、アレは確かに衝撃、というか笑撃だった。ちょっとひいたけど。
でも読後はなんか変に良い気分になりました。
以上高三の意見。仲間内にも読ませてみよう…。

97 :U゚ェ゚Uo:2001/04/20(金) 03:40
私は桜の唄よりホワイトアルバムのほうが好きだなぁ。
一番切ない漫画だと思ったよ。
さくらの唄は主人公が短期間に色々な経験しすぎ(好きだけどね)。

ホワイトアルバムはヒロや由美が泣いたりイライラしたりと
青春してるのに健一は喫茶店デート位しかアクションを起こさないのが良い!
カーチェイスになった時も運転がヒロで 物を投げるのが俊春で
健一は後ろで乗っていただけ。
人の青春を含めて高校生活が良い思い出みたいな(あーうまく書けない)。
エロが無い安達も良い。良い。文庫になってほしいなぁ。

さくらの唄は豪華本で持っているがデカいし重い。

98 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/04/20(金) 09:52
あんな綺麗な絵が描けるのに金春のようなグロも
描ける(描く)発想と才能に脱帽です

99 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/04/20(金) 18:00
下巻も読んだ。
読むのが辛くなった・・・
不憫な主人公だ。


100 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/04/20(金) 18:07
文庫版、購入。
装丁にすごく力が入ってるなあ。
講談社漫画文庫では破格の扱いだ。
安達哲による「あとがき」が付いたのも嬉しい。

101 :lllll:2001/04/20(金) 18:12
>98さん

確かに彼は振幅がありますよね。
稲中の古谷実(?)も好きそう。
だって、ギャグの面でそっくりな描写があったから。
もちろん、パクリとかのレベルじゃなくてね。

102 :名無しんぼ@お腹いっぱい :2001/04/20(金) 23:46
>>100
あとがき、どんな事が書いてあったの?

103 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/04/21(土) 01:11
>>93
アタシは中2の時愛蔵版(かな?)読んでショックを受けましたよ。
また読んでみようかな。

104 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/04/21(土) 01:14
荒れるの覚悟で書き込むが
なんとなく「BEE FREE」
の影響強くない?>さくらの唄

105 :100ではないが:2001/04/21(土) 02:07
>>102
見切り発車で始めたら、サルが偶然描いた凄い壁画みたいなのになったとか、
今でもさくらの唄が好きだ、ああゆうのをもう一回描けと良く言われるとか
まあそんな感じ。

106 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/04/21(土) 03:57
さくらの唄には全く関係ないけど、
このひと、東京都東久留米市の都立久○米高校卒なのかな?
「ホワイトアルバム」かなんか読んでてそう思ったのだが。
今手元にコミックスがないので、うろおぼえだが
ひばりヶ丘、東久留米、清瀬あたりのネタが見られた記憶があり。

がいしゅつだったら全くもって申し訳ないでありますさげ。
ちなみに、安達さんがなんかの扉で書かれていた
ひばりヶ丘「パンコントマテ」はまだあります。
東久留米駅前のカレー屋(名前失念)はつぶれました。



107 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/04/21(土) 04:41
うちの市の図書館にさくらの唄が置いてある。幼い子供に与える影響が楽しみ。
ところで安田弘之って安達哲の弟子か元アシかなんかですか?
「お天気お姉さん」読みながらずっとショムニを頭に浮かべてたもので。

108 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/04/21(土) 17:58
>>104
そういう、時代性じゃないかなあ。
「妖怪人間ベムはデビルマンの影響が強い。」みたいな感じに感じるんだけど。(変な例えでごめん)
自分は「BEE FREE」は飛び飛びにしか読んでいないので、
何とも言えませんが。
他の方に任せます。


109 :ななしん:2001/04/21(土) 19:12
>106
そう思います。
さくらの唄に出てくる川沿いの風景は絶対東久留米の黒目川or落合川。

110 :102 :2001/04/21(土) 21:41
>>105
どうもありがとう!!
安達哲には、高校を舞台にした漫画を
またやって欲しい。
ホワイトアルバムも、キラキラ!も
もちろんさくらの唄も、大好きなだけに。

111 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/04/21(土) 22:14
>>オナニーより大切なものが欲しかったんだ
分かる。よく分かるぞ。

112 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/04/21(土) 22:36
>>106
パンコントマテ、行きたいけど入りづらい店構えだよね〜。

113 :U゚ェ゚Uo:2001/04/21(土) 23:50
画塾が池袋で
ホワイトアルバムがひばりヶ丘、東久留米、清瀬あたり
          (田無・武蔵境方面のセリフ有り)
キラキラで「下落合」がでてきて
          (若菜ちゃんは吉祥寺)
お天気お姉さんで「拝島」ってセリフがある。
                          やっぱ西武線だよね。

114 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/04/21(土) 23:54
キラキラでの冷蔵庫のサーモスタットの音に感動

115 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/04/22(日) 00:31
お天気お姉さん読んでみようかな。
さくらの唄と比べると大分違いそうだけど。

116 :104:2001/04/22(日) 00:33
自主映画の内容とか
ヤクザの描写がなんとなく。

117 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/04/22(日) 03:33
>>113
さくらの唄の1巻p106〜107で、
西武線沿線にアパートを探そうとする(考えてるだけだけど)シーンがありますね。

安達さんが通っていたとおぼしき高校の隣の中学に
同時期通っていました。
関係ないけど近くの高台には、「手塚治虫氏の家」がありました。

今度実家帰ったら、キラキラとホワイトアルバムもってこよう。
新作読みたいな。


118 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/04/22(日) 03:53
さくらの唄 は何年か前、朝日新聞の書評で絶賛されてた。
〜〜〜〜〜を見事に描ききった力作、みたいな感じで。
当時、自分以外に読んだ人を知らなかったが、
あ、・・やっぱりな、と納得したのを覚えてるよ。


119 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/04/22(日) 03:58
思ったんだけど、普通に自分の周りに、さくらの唄に
思い入れを持つ人にあったことが無い。
今日このスレッドではじめてこんないるって知った。

支持者に偏りがあると思うんだけど、
みんなはどんな人?

ちなみに自分は高校のときに読み衝撃を受けた。
3浪した。
高校時代の記憶、あまり無し。

120 :花と名無しさん:2001/04/23(月) 02:54
あたしも高校の時に読んで衝撃を受け、主人公さながらの暗黒高校時代を送ったわ。
よって高校時代は悶々と煮詰まっていた記憶しかない。

夕暮れの土手で主人公が真理ちゃんに「変わんないでよ」って言ったシーンは
本当に泣けた。

121 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/04/23(月) 03:00
高校で煮詰まってたやつが好きなんだろ。

俺も課

122 :U゚ェ゚Uo:2001/04/23(月) 03:13
>>117 手塚って練馬だっけ?

>>119 現21で、最近ブックオフで「ホワイトアルバム」
    短大生の時に「幸せの飛行機雲」
    高校生の時に「さくらの唄」を読んだ。
    中学生の時に「お天気お姉さん」
    小学生の時に「キラキラ」だった気がする。



123 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/04/23(月) 04:09
中3の時兄の部屋に3巻だけあって読んだ。
1、2巻はさわやかなのですか?

124 :U゚ェ゚Uo :2001/04/23(月) 04:28
別に爽やかではないよ。

つーか、なんで3巻しかなかったの?
うむっ・・・エロページをオカズに買ったとみた!
気になるので お兄ちゃんに聞いてみてくれ >>123

125 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/04/23(月) 09:27
3巻だけ成人指定だしね。

126 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/04/23(月) 14:17
ここの評判見て文庫版買った。確かに衝撃だった。「ああ、こうしてると真理ちゃんと
映画観に行った事思い出すなあ・・・」っていうセリフで涙ぐんでしまった。流れてる
映画とそのまっとうな高校生だった頃の対比が素晴らしい。でも先生が「精神の自由を、
魂の解放を」って叫んだとこの心理がイマイチわからない。誰か解説してください。

高校の時は楽しくて、それなりに青春したと思うけどこの漫画の主人公みたいに
普通の高校生を見て、どうして自分はああいう風にできないんだろう。っていう思いは
何故か持ってた。

127 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/04/23(月) 20:19
>でも先生が「精神の自由を、
>魂の解放を」って叫んだとこの心理がイマイチわからない。
安達哲のは他にお天気お姉さんしか読んだことないけど、
こういうキレイな(年増)ネエサンってこういうこと(作者に)させられがちよね。
真理とかは全然無事だし・・・
オリもよくわからんが、こういうの安達哲らしいと思う。

128 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/04/23(月) 23:48
はじめてさくらの唄読んだときは3日ほど吐き気がしたなー
中2だったかな?

さくらの唄のモチーフは「櫻の園」か?と思ってるんだけど。
これはチェーホフの「櫻の園」ではなくて吉田秋生の「櫻の園」。
紹介文はこちら。
ttp://www.mahoroba.ne.jp/~nishi/cherry.eden.html
さっきまではつみきみほのでてる邦画の方しかしらなかったんだけど
このページよんでみたら、こっちのほうがイメージにぴったりくる。

がいしゅつならごめんよぉ。
ちなみに俺は泣きそうなぐらいノヒラが好きだ。

129 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/04/24(火) 01:31
賛否両論あるかもしんないけど、あのエンディングがものすごい好きだ。

なんてーのか、「全力でエネルギー注いだ奴だけが見ることができる夢」って感じなんだよな。
だから夢落ちとか強引とか言われても違和感はない。
ただ「ちゃんと自分を信じてみたやつはこれくらいのゴホウビがきっとあるよ」っていう
甘い夢なんだ。

あるいは希望、といってもいい。

130 :花と名無しさん:2001/04/24(火) 01:44
犯され損の姉ちゃんと先生が気の毒だ…
最後にでてきたコーディネーターと主人公は
できてると思ってよいの?

131 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/04/24(火) 02:01
>>126
最後のプライドを守るためにいかにもありがちなスローガンを叫んだ、という所じゃないかな。
事故ではない、進んでやったんだと誤魔化したかったと。そういう痛ましさを描かせると安達哲は
巧いんだよな。

132 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/04/24(火) 02:03
この漫画家知ると
古谷実が浅く思えてきた。

133 :123:2001/04/24(火) 02:49
>>124
多分そうだと思います。お天気お姉さん全巻あったし(w
もう独立しててめったに連絡とらないからなぁ

初めて稲中読んだ時新しい!!って思ったんだけどその後
お天気お姉さん読んで古谷はこの人の影響受けてたのかなぁー
とか思った。
アシスタントとかしてたんですかね?

134 :エーリッヒ=フロム:2001/04/24(火) 03:08
そんな事は無いよカナリ頑張っている。よくヤンマガを支えていると思うよ。
安達哲みたいに明快な答えを持ってないけど
問いかけは鋭いよ。
他の漫画家例えば、安達哲でもいいし、よしもとよしともでもいいけど、
今現在のみを語れば古谷実は劣ってない。(質は少し劣るけど量でカバ
ーしてる)安達哲の代表作にしても当時だからかけたって言うのがある
んじゃないかな。今はマンが書くのきついと思うよ。だって現代に即した
テーマ掲げられないもの。分かり易くないもの今
強いて言えば生々しさ位。テーマとして通用するの
もう少し言うと例えば今『サクラの歌』を書くと金春夫妻がでて来れないんだよ。
バブル崩壊したから説得力が無いんだ『金、金、金』って言うのは、むしろ主人
公の生き方の方が肯定され、障壁が出ないんだよ。つまり金春VS主人公
と言う構図が説得力が持ちにくい
あの漫画は所謂『名作』だから時間の経過による陳腐化と言う最大の敵を
相手に普遍性を勝ち取ったけどね。へぼな漫画家だったら、金春みたいな
キャラクターは『今時こんなの稲ーよ』ってな具合に鼻で笑われているよ。


135 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/04/24(火) 04:30
あの最終回は、現実離れした大成功を主人公に収めさせることで、「これは漫画なん
だよ。虚構なんだ。結局、ほとんどのやつらは・・・」という風に読者に現実へ引き
戻させるためのもの、と解釈した。

136 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/04/24(火) 05:47
いくつか思い浮かぶエンディングのパターンの中でアレを選んだのは
当時の作者自身の「祈り」だったのではないかと思う。


137 ::2001/04/24(火) 11:01
2巻p131
学園祭の絵のためのキャンバスの前でペインティングナイフ
を握ってる時の目と
3巻p242
アトリエに中村真理が訪ねてきたときの目が同じで印象的。


138 :らすと:2001/04/24(火) 19:16
主人公が・・・主人公がああやって成功していなかったら、
一体どうなっていたんだろう?
それが自分とだぶりそうで、恐ろしくて想像もしたくない。

139 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/04/24(火) 22:04
バカ姉弟は語ってはダメですか?

140 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/04/24(火) 22:16
いいと思うよ。安達哲総合スレっぽいし、ここ。

141 :U゚ェ゚Uo:2001/04/24(火) 23:58
ヴァカ姉妹は今年中に単行本になるらすぃ>>139

142 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/04/25(水) 03:23
私はとある一文を読んでこの作品への想いが急激に冷めた。
出来上がった作品が全てで作り手の想い等関係ないのかもしれないけれど、
作者の愛情がない作品だったかと思うと…むしろ憎悪の捌け口だったのかと思うと…
>>136さんあたりはこれ見てどう思います?

>後半怒濤の展開を見せて読む者を驚愕させます。
>電気グルーヴのピエール瀧との対談によると、
>描くのがイヤになり馴染みの編集者に相談したところ
>「あとは無茶苦茶にして終われ」というアドバイスを受け、
>最後は「どうまとめようか」ではなく「どうグチャグチャにしてやろうか」
>ということだけを考えて描いていたそうです。

143 :ヨコレスですが:2001/04/25(水) 03:44
>142
いいんじゃない?別に。どうぐちゃぐちゃにしようか?も
一応、どうまとめようか?の一種だと思うよ?ははは、駄目?
(まあ一応は考えたらしいし。)本当は複雑な人かもしれないし、うかつな事は言えない。

144 :U゚ェ゚Uo <安達漫画の終わり方:2001/04/25(水) 03:54
いぃ〜んでなぁ〜い?>>142

「あーあーこんなになっちゃって〜」てな展開でも
「地獄に堕ちて終り」ではなく「最後はどこか優しく」で
終わってるので。
どの漫画の最後も私は好きだけどね。「お天気お姉さん」ですら。
(人それぞれだと思うが。)

最終話なら「幸せの飛行機雲」のほうがどうよ?と思うが
私ってば、やっぱり好きなんだな。こういう終わり方。

145 :142:2001/04/25(水) 04:54
>>143,>>144
サンクス、そう言われるとやっぱりあれはあれで良かったのかと思えてきたよ。

コロコロ意見を変える優柔不断な自分に萎え下げ。

146 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/04/26(木) 00:26
俺も「ぐちゃぐちゃにしてやろう」と思ったから、
あそこまですごくなったんだと思うよ。
「もういいや何でもやりたいやっちまえ」ってトコロから
あの学園祭での上映>殺人計画>姉ちゃんと……って
流れになっていったみたいだから。

>>118  当時の朝日なら大塚英志かな?知らんけど

>>130  でしょ?

147 :146訂正:2001/04/26(木) 00:27
「もういいや何でもやりたい 事 やっちまえ」

148 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/04/26(木) 00:59
お天気お姉さんはここではイマイチって感じ?
私はあれもすごい名作だと思う。大好き。

149 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/04/26(木) 01:01
>>142
つか、作者の「意思」と、できあがった作品の評価は全く別物なわけで。。。
極端な話、あくびしながらストーリー考えようが、ドラッグ決めてネーム切ろうが
出来たモノが傑作ならそれでよし。(いや、ホントに極端な例だが)

オレ的には、142のエピソードはなんか楽しくて好きだな。


150 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/04/26(木) 01:04
149補足。
そうは言っても、安達自身、相当腹をくくって描いたんだと思うよ。
なんせ商業誌であの内容だし。
対談での発言は(モノを見てないのでアレだが)一種の照れ隠し的な
面もあるのかも。

151 :U゚ェ゚Uo :2001/04/26(木) 01:06
>>148
ゲハゲハ笑えるって。
ヨリ可愛いねー!

152 :奈々新保:2001/04/26(木) 03:31
ホワイトアルバム以外どれも大好き。
ホワイト〜はあんまり感情移入できなかった。
自分が女だからかな?

153 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/04/26(木) 03:35
>>152
「キラキラ」と比べて読むと良いのでは。
安達は「ホワイト〜」という土台があったから、
「キラキラ」後半をああ展開できたんだと思うよ。

154 :花と名無しさん:2001/04/26(木) 10:03
お天気お姉さん、ハマりました。
コメディだけど、何気に深い作品ですね。
でも後半は暴走し過ぎでイマイチ。

あのラストは好き。
ラストは主人公達の心の機微をもう少し丁寧に描いてあれば、なお良かった。

みち子とのSMチックな関係ももっと掘り下げて欲しかった。

155 :U゚ェ゚Uo :2001/04/27(金) 00:55
私は女だけど
ホワイトアルバムでヒロの家で由美の絵がパァーと
舞い散るところなんて泣けてくるんだけどなぁ。
少女漫画とか読んだことないのでタマにこういう
漫画と出会うとグッっときちゃうね。
                    うぅ・・・・セツナイナァ。

画塾で憧れの子と偶然出会って「こんにちは。」なんて
安達自身の実話をそのまま漫画にしちゃうなんて
「さくらの唄」は大切な漫画なんだろうなぁ。とオモタヨ。

156 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/04/28(土) 09:14
age

157 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/04/29(日) 02:44
外国語の発音上達の為には
己の発音を自覚しなければならず、
歌唱力の向上の為には
自分がどの様に唄っているか
それを知らなければならない。
自分が自分の望みの
姿でいる為には
自らがいかに醜悪であるか
それを完全に受け止める
覚悟と資質が必要。
しかし、次に待っているのは
その”醜悪”という自覚さえ
純粋に気恥ずかしさの
投影かもしれないという
とても曖昧な感覚。

そんなことを言われてるような
気がした。
安達さんの意図とは
かけ離れてるかもしれないけど。

とても好ましいものとして
かけがえのないものとして
もしかしたら、人生の真理が
そこにあるんじゃないか?と思いながら
大切にしてるコトやモノでさえ
いつか、誰かの悪意で
痛い!と思う間もなく踏みにじられるときが
来る?
そして、その”誰か”にとっては
それは”意思”ではあっても、
”悪意”じゃないかも知れない。
僕という世界を”僕”という意思で
完結させるのは、とても閉鎖的で、
”引き篭もり”と呼べるかもしれない。
でもそれは、イケナイこと?
自我を完全に開放して
そこに流れ込んでくるものに
蹂躙されるのは仕方のないこと?

この世界で生きることに
何の苦痛も感じず、
一欠けらの違和感も感じないのは、
とても気持ちよくて、
楽なんだろうけど、
”自分と世界が一致しない”感覚を
否定できるほどの絶対的な
意味を持ってはいないはず。

というようなことは、実はどうでも良くて
ほんとは世界はあってないようなもので、
それにそぐわないから居心地が悪いんじゃなくて、
自分の描いた絵が気に食わないだけ?
だとしても、難しいのは、
自分がいきる世界が、自分で描き出したものだとは
なかなか思えないということ。
そうじゃないかと気づいたとしても。

読みながら、いろんなことを考えたけど
恐らく、順番も言葉も
この通りではないかもしれない。
唯一つ、気に入らないのは、
終わり方。
なんか大団円っていうか、
予定調和的な終幕が竜頭蛇尾って感じ。
終わり直前の”破滅”が良かっただけに。
でも、考えてみたら、
これは、幸福な終劇なんかじゃないのかな?
高校の美術室が永久保存されるのだって、
三輪先生が幸せを取り戻すのだって、
仲村さんと自然に話すのだって、
利彦が画家として成功したからじゃない?
もちろん時間・年月というフィルターも
重要だろうけど。
だから、利彦というピリオドが無ければ
全てはやっぱり悲劇のまま?

 だから、最初から自分を信じてりゃ良かったのよ

って一言は好き。

僕がいつもそれを探してるからかも
知れないけど、これもやっぱり
苦しみと幸福の相対化の物語
なのかなぁとおもう。
ただ光に満ち溢れた希望の物語では
あまりに空虚だし、最終形は苦悩だ!
と言い切られるのもそれこそユウウツだし。
そしてできれば、全てを相対化するなら
あまり気持ちイイカタチでない方がイイ。
読者の身勝手だけど。

こうして物語を待ってるだけでは
それは依存症。

感想というより
放言です。
安達さん、この話しを
確信もって描いてるのかな?
だったら凄いな。
他の作品も読んでみたい。


158 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/04/29(日) 17:06
>>157
長い・・・・

159 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/04/29(日) 17:25
一瞬コピペかと思たアルよ

160 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/04/30(月) 21:39
友達や周りの目を気にして外面を作ったり、
金春にズルズル引きずり込まれて自堕落な日々を送っていた市ノ瀬が、
文化祭の事件をきっかけに、
過剰な自意識すらもかなぐり捨てて、自己の内面と対峙して、
そこに活路を見出した。

ラストの「最初から自分信用してやればよかったのよ」っていうセリフは、
その全てを総括するような言葉のように感じた。

最初から自分の信念さえ貫いてれば、
金春の誘惑にのることもなかったもんね。

しかしこの漫画、
>>157ほどじゃないが語りたくなっちゃうね。いろいろと。

161 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/04/30(月) 22:15
「ホワイトアルバム」ブックオフでKCが1冊100円だった。
KCは2巻の最後に読み切りのデビュー作がついてるのね。
ワイドは持ってるんだけど、買うべきだったかなー。

162 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/05/01(火) 00:27
行きづまった結果、最後に成功、名声を手に入れた(でもどこか空虚)市ノ瀬
ってのは そのまんま今の安達哲になってないか?
市ノ瀬だって美大入試で描いたような絵はもう二度と描けてないんだろうと思う。

163 :キラキラ!(スコラ版)の装丁に載ってたローマ字文:2001/05/01(火) 15:55
別の男。同じ目的。違う街で。違う季節。
それは同級生。あるいはゆきずりの人。
家族かもしれない。

彼は純粋な心を持ち。そのうえ凄いバイタリティ。
傷ついた心とともに。淫らな心とともに。
彼の告白はあなたの運命を変える。
彼の選択はあなたに破滅をもたらす。
彼の行動はあなたの願望を暴き出す。

となりの部屋。となりの家。となりの街。
君は天使を守らなければならない。
君は彼女の苦痛に気付かなければならない。
君は家族を慰めなければならない。
君は機会を活かさねばならない。
君は目的を遂げなければならない。
君の望みを叶えよう。
それができるのは君だけだ。
君は損なことはしないはずだ。
選択は君の自由だ。

だからそうしたのだ。
これが僕らの選択だ。
彼女の唇はいつも笑みをうかべ。
彼女の目元はいつも涼やかで。
彼女のたたずまいはいつも清楚で。

僕らはこうするしかなかったんだ。
僕らは本当にこうするしかなかったんだ。

164 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/05/01(火) 23:06
どっちにしろ、痛い。

165 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/05/02(水) 00:53
キラキラ読んだ。
最後がまあ一見ハッピーエンド的に締めくくられてるけど
全体の流れとして見るとやっぱキツい話だよね。
これが安達の「最後はどこか優しく」っていうことなのか…。

マガジンコミックの8巻ってなんかいやーな感じの色使いの表紙
のような気がすんだけど、なんか意味でもあんのかな…。たまたま?

166 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/05/02(水) 03:49
日本橋ヨヲコの「スラップスティック解体高校」とか、
一見すると(安達哲風)な漫画描く奴もいるけど、
フォロワー達の描く作品はどうも上辺をなぞってる感じしかしない。

安達自身も、
もう「さくらの唄」のような作品は描けないだろうけど。

167 :名無しさん:2001/05/02(水) 18:43
バカ姉弟はやくでないかな。
あの二人、別にばかじゃないよね?

168 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/05/04(金) 01:36
>>166
>日本橋ヨヲコの「スラップスティック解体高校」とか、
「プラスティック解体高校」ですな。

俺は安達も日本橋もどっちも好きなんだけど、
日本橋って別に安達風には見えなかったな。
(そう見えちゃう人もいるんだろうけど)
うまく言えないけど、安達と日本橋は逆方向の感じがする。

>>167
バカ姉弟、俺も楽しみです。
むしろまわりの大人達がバカっぽい。

169 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/05/04(金) 02:23
キラキラってどんな話?
古本屋で見つけてパラパラ見たんだけど
絵と雰囲気があんまりすきじゃなくて
買わなかった。読むべき?

170 :名無しさん:2001/05/04(金) 19:35
>>169
うん。

171 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/05/04(金) 22:50
バカ姉妹ってどこがおもしれえんだよ。
おしゃれ手帳やTHE3名様のほうがよっyぽど面白い。
才能は枯渇したね。
ギャグなのかなんなのかよくわかんねえよ。

172 :102 :2001/05/05(土) 01:53
>>171
比較対象が違っていると思われ

173 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/05/05(土) 02:12
ギャグじゃないだろ

174 :U゚ェ゚Uo :2001/05/05(土) 04:50
>>169
ふつーの高校生だった進平君(主人公)が刺激を求めて
タレント高校に転入したら同級生はみんなアイドルばかりで・・・
つー水っぽい感じの漫画。
でも読んでいく内にイロイロあるんだわ。コレガ。
なので最初がダメでも頑張って読んでみて下さい。
よく「ここまですれ違えるなー」と思うくらい
もどかしくて良い感じなのよ。コレガ。
アイドルとかカリスマとかいう言葉が普通な
今、読んでみると受け入れやすいかも。


175 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/05/05(土) 10:35
過去ログ倉庫の安達哲スレッド見ていて知ったけど,「さくらの唄」のあのラスト,一ノ瀬の妄想説もあるらしいね。
ある意味「ドラえもん」の最終回よりも残酷だよな。なんだか怖くなってきた。


176 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/05/05(土) 12:32
>>175
そういわれてみれば「キラキラ!」のラストも
あるいは慎平の妄想とか白昼夢かもしれないなーとか。
奥平クン復活してるしね。

177 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/05/05(土) 13:04
妄想説か…
そういう読み方もあるかもね

人生が節目節目でがらっとその空気を変える
こともあるということを、極端にみせたラスト
だと思ったけれど…まあ、解釈は人ぞれぞれ。
でも、妄想だとしたら、ヒロインとくっつくの
が自然だと思うのですが…
一ノ瀬の成功は極端だけれど、一ノ瀬姉や真理のような
ふつうの人々の生活の方をむしろ幸せそうに描いているところが
なかなか渋くて良いと思います。

178 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/05/05(土) 14:26
キラキラ!の岡島康男最高!
見習いたいもんだ。

179 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/05/06(日) 03:11
絵ってなやっぱエライ人に認められたもの勝ちじゃないかな。
むろん才能もふんだんにないとダメだろうけど。

バカ姉弟は読み方がわからんね。
そういうこと自体も考えさせるマンガなのかもしれんが。



180 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/05/06(日) 21:34
>>179
ベランダでぼーっと景色を眺めるように見るのがいいのでは。
わたしは、そう。

181 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/05/07(月) 14:01
バカ姉弟、ネームバリューのある漫画家が書いてるから
それなりに評価されるんだろうけど、
無名の新人が書いてたら即効打ちきりだろ。

182 :名無しんぼ@お腹いっぱい :2001/05/07(月) 14:06
>>181
新人は、ああいうのは描かせてもらえない気がする。
安達哲が描いているというところが重要な気もする。
私はバカ姉弟好きです。ギャル雀は終わってますけど。


183 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/05/07(月) 16:33
サクラ注文しようとしたんだけど、絶版って言われた。
古本屋逝ってきます。

184 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/05/08(火) 17:08
ぎょえええええええ

185 :>>183:2001/05/08(火) 19:35
ん?
文庫版出たばっかだけど、それじゃダメ?

186 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/05/09(水) 21:16
あげ

187 :岡島康男:2001/05/11(金) 09:03
きみはぼくのことを何もしらない
今ぼくは…きみの下着をはいてきみのすぐ横をすれちがったんだよ



188 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/05/11(金) 16:40
「トンビ」面白過ぎ。
原作者付なのはギャル雀も同じなのに…。


189 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/05/11(金) 17:22
文庫版の上巻のラストのシーン大好き。


190 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/05/12(土) 04:16
>>189
詳しく知りたい
あげ。

191 :189:2001/05/12(土) 17:40
>190
仲村真理が絵を書いているトコロに、
主人公がビデオカメラ片手にやってきて、
「君みたいな人が、悩むなんておかしい。」
「君は希望の光なんだから。」
みたいな事を言ったあとに、ビデオカメラを仲村真理に向けて、
「仲村真理の制作現場をゴダール風に、」
「無機物相手ならいいでしょ?」
とか、言った後に、
夕暮れの美術室で、主人公の置いていったビデオカメラが、
仲村真理の制作風景をうつしてるって場面。

下巻のきついトコとか、読んでると
「あの頃は良かったなー。」と思い出すのがこのシーン。


192 :あああ:2001/05/12(土) 22:23
ふと思いましたが、
この「安達哲」に魅力のような、共感のような、
なぐさめのようなものを感じている・・・要するに、
「安達哲」を好きな方達は、
他のジャンルで「誰」が好きでしょうか?良かったら教えて下さい。

私は・・・「岡村靖幸」「中田英寿」「村上龍」
  

193 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/05/13(日) 00:02
「さくらの唄」初めて読んだ時
最初吐き気して、その後ボロボロ涙がでたな

高校生の時に出会って良かったと思ってる

194 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/05/13(日) 00:46
>>192
んんん、ぱっと思いつかんなー。
左から音楽、スポーツ、文学の著名人で、てことでしょう?
とりあえず>>192さんのあげた3人はとりたてて興味ないです。

無理矢理あげれば「尾崎豊」「桑田真澄」・・・かな。
小説はあまり読まないからパス。

195 :エーリッヒ=フロム:2001/05/13(日) 00:51
知った風な口聞くけど10代のうちに読んどいた方が良いものってあるよね。
オーケンの昔のエッセイとか、サクラの唄もその代表だよね
<192
面白い事聞くね?
僕は、、、ハマッタ当初は、筋肉少女帯、オーケンのエッセイ、
小岩井蜂蜜牛乳、モスバーガー、エロ漫画、村上春樹、オナニー

今は、、、COCCO、ヴョーク、宇多田ヒカル、小岩井カフェビター
クーロン黒沢、マニア倶楽部、AV、オナニー
なんだか同じ所を回ってるだけだな。意外と皆趣味はにかよると思うよ。
あの漫画読んで、モー娘は無いよ幾ら何でも、

196 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/05/13(日) 00:53
>>192
岡村チャン、かなりツボ。
「家庭教師」なんかCD擦り切れるぐらい聴いたっけ。

今はもう中高の頃と趣味がかなり違ってきてるが、
あの頃ハマった音楽や漫画には、
やっぱ特別な思い入れがあるね。

岡村復活希望age

197 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/05/13(日) 01:46
オーケンは確かにあるね。

198 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/05/13(日) 10:28
>>195
大槻ケンヂ,確かエッセイで「さくらの唄」を,青春のモンモンを描いた金字塔的作品とか言ってたよ。
とりあえず,今がリアル工房であるおれは
「岡崎京子」「THE ピーズ」「喜国雅彦」「大槻ケンヂ&筋肉少女帯」「ブランキー・ジェット・シティー」「ニルヴァーナ」「中島らも」といったところ。
ちっと前まで,「ブルーハーツ」も好きだった。「ゴー宣」に洗脳されかけたこともある。

199 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/05/14(月) 10:17
今週はバカ姉弟age

200 :あああ:2001/05/14(月) 21:41
最近、個人的にちょっとした「出来事」があり、
「さくらの唄」をふと読み返した。
前から好きだったが、この「さくらの唄」は
なんて深いんだろうと改めて思った。
・・・とすると、私もまだまだ若いな、
と反省しつつ希望を持ち続ける今日この頃。

201 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/05/14(月) 22:19
>>192
>>198
工房時に連載読んでた俺はニルヴァーナ,筋少,劇団健康,
今は中島らも,丸谷才一,ショーター+ハンコック。

202 :U゚ェ゚Uo:2001/05/14(月) 22:48
うーむ。
たんに安達が連載してた時期に活動してたバンド。
                        ってだけじゃ・・・。

山田花子が好きな人は何聴いてるって聞いても
                     筋少だろうね。

203 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/05/14(月) 22:53
オザケンかなぁ。。。


オマエはオンナで人生ダメにすんじゃねーぞ?

204 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/05/14(月) 23:01
すみません、「さくらの唄」のどのエロシーンが、本宮クリソツなんですか?
先生とやってるとこ?

205 :あああ:2001/05/15(火) 12:36
>194
「桑田真澄」と聞いて正直ピンとこなかったのですが・・・、
今日(5/15)の朝日新聞19面の桑田の記事を読んで、
桑田選手をより一層応援したくなりました。

「さくらの唄」で言えば、
借金のことを口にした渡辺オーナーは、
「金春」に象徴されている気がします。

206 :194:2001/05/16(水) 23:00
>>205
無理矢理だなー(w
あまり深い意味があって挙げたんじゃないんだけどね。

207 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/05/17(木) 01:00
望月峯太郎が、安達哲に影響受けてるの?
その逆?

208 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/05/17(木) 01:20
「ガサツなやつになりたいな」
この台詞で、高校時代のバイブル化した漫画だけど、
大学行ってから読み直したら、この一言に非常にムカムカしたのを覚えてる。
今なら、劣等感と選民意識のみごとな表裏一体っぷりに笑うだろうか。

フリッパーズギターを聴くと思い出す気分に似ている。

209 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/05/18(金) 02:40
主人公がさ、序盤で電車の中で皆から嘲笑されてるように感じるシーンがあったよな。
(あ〜、また見てるな・・・)
「いつの頃からだろう・・・周りの視線が凄くイヤになった。」
俺も工房のとき、感じてたよ。
ってか、工房の俺はまさに主人公とほとんど同じだった。
美人の姉ちゃんはおらんかったけど。
やっぱ、工房時代はみんな多かれ少なかれ主人公と同じ様なことを感じてたのか?
今そういうことを感じなくなったのはやっぱり、
「ガサツなやつ」になったせいかな。

210 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/05/18(金) 06:11
作品と作家自信との距離の開け方を身につけたんじゃないのこの作品で。
他の作品読んだことないけど・・・・

211 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/05/18(金) 21:31


212 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/05/18(金) 23:04
>>210
ハァ?意味不明。
真理との出会いは安達自身の体験談そのままだろ。
なんで他の作品を知らないのに「この作品で」なの?

213 :age:2001/05/20(日) 12:24
age

214 :バカ姉弟を楽しもう:2001/05/21(月) 19:12
  >>208・210
安達氏の作品のそういうところに反発を感じる気持ちはよくわかる。
でもそういうところは、彼自身、バカ姉弟で充分克服しているように思う。
 あの作品は村上龍的な不真面目さを脱してるだけでなく、
手塚治的な本流漫画を超える輝きを孕んでいるよ。
僕らの宝石箱に、そっとしまっておいて、間違いのないものだよ。
 講談社がオールカラーで、心のこもった単行本を出版してくれることを祈ろう。

215 :名無しさん@お腹いっぱい:2001/05/21(月) 21:13
オールカラー・・・

216 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/05/23(水) 16:30
お姉さんは主人公の事が好きだったんだろうか・・・
単なる兄妹愛とかじゃなくて。

217 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/05/23(水) 16:38
頼むから、そういう妄想はエロゲー板だけにしておいて・・・

218 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/05/23(水) 17:37
オールカラーは嬉しいけど、高そだね。

219 :あああ:2001/05/23(水) 22:13
このスレを見て「キラキラ!」を探し出して読みました。
なかなか面白かった。
…というわけで「バカ姉弟」と「ホワイトアルバム」を買って
読みたいのですが、どこの出版社でしょうか?
ブックオフなどで売ってますでしょうか?教えて下さいぃぃ。

220 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/05/23(水) 22:38
ホワイトアルバム(全一巻)は講談社だよ。
バカ姉妹はまだ単行本化してないんじゃないかなぁ。

221 :220:2001/05/23(水) 23:09
すいません…ホワイトアルバムって確か全2巻だったと思う。
もしバカ“姉弟”読みたかったら、たまにヤンマガに掲載されてるから
それを読んだら?

222 :たかし:2001/05/23(水) 23:37
僕は、キラキラ!とホワイトアルバムしか安達哲の作品を知りません。
最近の作品教えて下さい.

223 :あああ:2001/05/24(木) 00:13
>220&221
ありがとうございます!
とりあえずお礼の基本という事で、
ジョセフの称号を宅急便でお送り致します…。

224 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/05/24(木) 00:27
>>222
お天気お姉さん 全8巻(だったっけ?)
幸せのひこうき雲 全1巻

どっちも講談社です。

あと、ヤンマガの記念単行本(みたいなの)で
本宮ひろしとかきうちかずひろとかも
読み切り描いてる「米」っていう単行本
にも描いてました。
もう新刊では売ってないかもしれませんが。

225 :220@ジョセフ山崎:2001/05/24(木) 00:32
喜んで頂だい致しまっせ♪

226 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/05/24(木) 00:39
>>222
あと、COMIC CUE“PORNO SPECIAL”で「山内一清の妻」(読み切り)って作品も
掲載してたよ。

227 :奈菜氏:2001/05/24(木) 02:11
まさか安達哲がこれほど知られているとは。
もう最高です。さくらの唄とか読んで、何か思いっきり
考え方がかわったような気がする。
下手な文学より、よっぽど衝撃がある

228 :漫画板全スレカキコ挑戦中:2001/05/24(木) 02:18
読んでてつらいね。でも最後にすっきりするよね。好きです、さくらの唄。

229 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/05/24(木) 09:22
>>219-221
ホワイトアルバムはKC全2巻、ワイド版全1巻です。
KCの方は2巻のうしろに読み切り漫画
(「ホワイトアルバム」の中学時代ぽい話)
が載っているので、断然そっちを買うべし。

・・・といいつつワイド版を買ってしまったオレ。

230 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/05/24(木) 15:45
お姉ちゃんが好き
「オイ三ッ輪!悪いコト見つかっちゃったんだ今更ジタバタすんなよ!」
とか・・・・

231 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/05/24(木) 19:20
全二巻のやつで、さくらの唄読んだけど、
その頃ちょうど高校三年生で、
イエローモンキーのジャム聴きながら読んだ。
イエモンがすきって訳じゃないけど
あの漫画にびっちりマッチしていたような気がした。あの頃は。
高校三年生であの本に出会えた事を本当に感謝している。
後一年早くても後一年遅くても、あれほど主人公に
共感できなかっただろうから。

232 :バカ姉弟を楽しもう:2001/05/24(木) 23:11
   >>215・218
 書き込み遅れて申し訳ない。
バカ姉弟はオールカラーじゃないと良さが出てこないよ。
・・・というより、オールカラーじゃないともったいない!
そういういい本を作ってもらって、大切にみていたいよ。
画集の感覚かなぁ・・・、金はないけど、4000円までで何とかして欲しい。
 「さくらの唄」で、主人公の画集を見た女の子が「かんじのいい絵ね」みたいなことを
言ってる場面があったと思うけど、それは安達氏の目指すところだったと思う。
バカ姉弟は、かんじがいいよ。
 文芸が詩に退化したんじゃない、文芸の命はいつの時代も詩だったんだ。

 あの作品がナンセンスに堕す前に、単行本という形で僕らの前に救い出そうよ。

 脈絡のない文章でしたが、皆さんオールカラーだったらいくらまでだします?

233 :215:2001/05/25(金) 00:08
・・・2000円。

234 :ボクには全くわかりません:2001/05/25(金) 00:16
あーきもいきもい。
バカ姉弟のスゴサがわかるやつなんてホントにいるの?
詩を漫画にした、とか言ってるやつ、お前、詩好きなの?

バカ姉弟が嫌いなわけじゃないけど、もっと、ちゃんと長い、漫画を書いて欲しい。
ギャル雀は原作者違うから脚下。

もう才能枯渇してる、と思いません?

235 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/05/25(金) 00:26
枯渇してる、とは思わん。単に今までとは他の方向性の作品が描きたいだけなのでは。

236 :バカ姉弟を楽しもう:2001/05/25(金) 00:59
   >>234
 詩を漫画にしたと言ってるんじゃなくて、文芸における詩のような、
本質的なところがバカ姉弟にはあると言っているんです。
何かと言われると困るけど・・・。
 それと、才能の枯渇はみんなの悩みだと思うよ。そういう自意識のない人は駄目だと思う。
でも、そこから始めて、何かができるんだろうね。
ちゃんとした作品じゃなくても、頑張って書いてるじゃないか。
頑張らなくなる前に、僕らのものにしようということです。
あやうい形をした作品だからこそです。

   >>233
 2000円・・・。雑誌サイズの豪華版でも?僕は絵本みたいな大きな本を想像して
値をつけちゃったよ。ヤンマガコミックスの大きさだったらそれくらいで仕方ないかも・・・。

237 :ボクには全くわかりません:2001/05/25(金) 01:07
234>>236
あなた、何を言いたいのか良くわからないのですが。
オレは、つまらないものはつまらない、ダメなものはダメ、と正直に言った方がいいと思います。
それに、ボクには頑張って書いてるようには、なかなか見えないのですが。
頑張ってるとしても、才能が枯渇してては無意味。

あんなマンガ支持するなら「度胸星」支持した方が百倍マシ。

238 :バカ姉弟を楽しもう:2001/05/25(金) 02:35
  >>237
 師弟はかわいいじゃないか。どうしてダメなんですか。

 あれだけのものを書くのにどれだけ頑張っているか。
鴎外の史伝、小林の造形芸術以降は、頑張っていないのですか。
 こんな時代に財産あるのに本気でやってるんだ、そもそも頑張ってるよ。

 才能なんてものは信じられないだけです。

239 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/05/26(土) 11:16
ファンだが、2000円はゥッだな...
1500円くらいまでなら新刊で買うかもしれないが
2000円超えちゃうと、新刊では買わないだろうなー

240 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/05/26(土) 18:59
ラストの姉とのセクースは
消毒の意味があったように
思われ

241 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/05/26(土) 23:10
>>240

うん、厄落としだよね、あれは。

242 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/05/26(土) 23:21
うまいね>厄落とし

243 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/05/28(月) 20:00
友人に「キラキラ!」を貸したら,「むかついて一巻の途中で読むのを止めた」と言われた。
藤田和日郎を愛読する友人としては軽薄な感じが鼻についたと思う(ので叩くのはやめてください)。
確かに,初期は単なる普通のラブコメでつまらないとは思う。
初期を何処で区切るかは,奥平くんの登場だ。
俺が思うに
@最初は編集部の言うとおりにやっていたが,落ち着いた所で本性を発揮して奥平くんを出した。
A最初は方向が定まっていなかったが,奥平くんを出したことで方向性が決定した。
だろう。俺としてはAであって欲しい。

244 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/05/28(月) 21:14
一見「普通のラブコメ」的な設定かもしれんけど、
キラキラ!の安達哲の人物描写って
連載開始のころから傑出してたと思うけどなー

ところで、文庫の売れゆきはどんな具合かな?

245 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/05/28(月) 23:05
>>243
Aに1票。つーか、俺はうしとらもキラキラも大好きだぁっ!

246 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/05/28(月) 23:10
おお・・・こんなスレがあったとは
単体スレが立つくらいの優秀な作品ではあったよね。
途中からはほんとつらかったけど、
山本直樹の「ありがとう」とある意味同列でありながら
さくらのほうは読み終わって、ヨカッターヨカッターと胸をなでおろしたものです。

247 : :2001/05/28(月) 23:42
キラキラ ホワイトアルバム さくらの唄は俺の青春だね
この人の純愛ぽいところや中学生の分際でフロントガラス割れた車乗りまわしたり
(ここで飲んでるジュース缶がCoopツウのは好き リアリティ感じた)が
鼻につくんですがそれ以上に言葉のやり取りが秀逸だった
さくらの唄は“ありがとう” に次ぐトラウマ漫画だ!

248 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/05/28(月) 23:55
さくらの唄を読んで感じるような、ヒリヒリした痛みっていうか、
火傷の跡がひきつるような感じ。
ほんの少し前までは音楽や漫画、映画なんかで、こういう感じを表現しようとしてる人がいたよね。
もちろん人によって好みもあっただろうから、それが「さくらの唄」だったり尾崎豊だったりいろいろなんだろうけど。

今、何を見ても聞いても、面白いと思うことはあっても、何かを感じることが少ない。
俺が変わったのかな。それともそういうのが流行らなくなったのかなぁ。

249 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/05/31(木) 01:07
「キラキラ」が好き・・・ホンット好き

250 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/06/01(金) 00:26
最初に単行本で読んだ時は気持ち悪かった。

251 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/06/01(金) 21:53
文庫版がもうブクオフにあったヨ
@¥300だったヨ

252 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/06/02(土) 23:21
な、懐かしい…。スレタイトルみて心の中で号泣。

二人いる兄の、上の方がヤンマガ読んでて「さくらの唄」1巻から揃えていってた。
当時高校生だった兄にはとてもマッチしていたんだろう。
でも、当時小学生高学年のワタシにはすごくキツかった。
SEXがどういうものかは知っていたけど、中出しなんてしらなくて、
主人公のお姉ちゃんが精液を太ももに伝わせてるまま闊歩して、通行人に「すげえ」とか言われてる場面、
全くもって意味不明だった。

兄に「『さくらの唄』ある?」って今さっき尋ねたら「売った」とのこと。
>>251さんの情報をたよりに、明日買ってきます。
(財布に余裕があれば「キラキラ!」も検討してみよう)
小学生心にでもあの内容のさわやかさは憧れだったし。

あ、因みに今は専門学校1年生です。
高校在学中に再読できなかったのが残念。
長レス失礼しました。

253 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/06/03(日) 00:41
>>252
ちなみに文庫版は先月発売されたばかりなので、
普通の本屋さんで手に入ると思うよ。
「キラキラ!」は行きつけのブクオフ数軒で最近よく見かける。
なぜかうまいこと全巻揃っていること多し。

254 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/06/04(月) 05:05
AGEだ!AGE!

255 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/06/04(月) 17:33
大阪心斎橋・千日前のブックオフには「さくらの唄」ありませんでした。ぐす。

256 :ななし:2001/06/06(水) 04:24
あげ

257 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/06/06(水) 06:09
 あんなに若々しい
 ハツラツとした彼女たちも
 そのうち

 別れ別れになり
 年をとり
 適当な男と結婚して

 結婚したり
 流産したり
 フェラチオとかも覚えて・・・・・

当時厨房の俺は、このセリフを読んでから女子を見る目が変わってしまった。
特に最後の一行。この娘のこの口が近い将来…って。

258 :誰か教えてくんなまし:2001/06/06(水) 06:56
豪華愛蔵版・上下巻の「帯」には、何が書かれてたの?
コレはもう一生、入手できないような気がするので…。

259 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/06/07(木) 11:25
「お天気お姉さん」読んでみたいけど、
「さくらの唄」マンセーな漏れとしては幻滅しないか不安。

260 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/06/07(木) 11:36
糞漫画このまま消えてしまって良いよ

261 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/06/07(木) 13:02
>>259
多分幻滅します。「さくらの唄」の詩的(?)な部分は皆無。
俺は「お天気お姉さん」は「お天気お姉さん」で面白いと思ってるけどね。

262 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/06/07(木) 13:54
>>258
オレ愛蔵版(上下、勿論帯つきで)持ってるけど、特にたいしたこと書いてないよ。

263 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/06/07(木) 15:04
>>262
何て書いてるのかおせーて

264 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/06/07(木) 15:08
文庫出たね。買わなきゃ。

265 :262:2001/06/07(木) 22:08
>>263
帯・上(表):見せたいものがある。ヤンマガが誇る安達哲の爆弾作品
   (裏) 富士桜ヶ丘高校美術部員、市ノ瀬利彦。暗澹たる青春を送る彼にとって
       救いは同級生の中村真理。太陽のような彼女と知り合うことによって、
       明朗な学園生活が送れるかに見えたが・・・・。
       権力者である叔父の金春が後継者に利彦を選んだことで歯車は狂いだす。
       権力の甘い誘惑に埋没しかける利彦。
       しかし、文化祭、想像を絶する出来事は起きてしまった・・・・。
       1990年12月から1991年9月にわたって週刊ヤングマガジンに掲載され読者の
       絶大なる支持を得た青春漫画の名作!   

266 :262:2001/06/07(木) 22:13
帯・下(表):見せたいものがある。安達哲が贈る疾風怒濤の青春漫画
       永久保存バージョンで堂々の復活!!

↑って感じです。上巻の裏以外は本当に大したこと書いてないですよ。

267 :258:2001/06/07(木) 23:24
>>265-266
ありがとう! スッキリしました。

268 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/06/08(金) 00:43
カニバル描写で回収騒ぎのあった「マイナス」って覚えてる?
あれって「さくらの唄」のパクパクだよね。
あの子は安達哲のアシあがりだよね。絵がいっしょだし。

269 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/06/08(金) 07:32
沖(山崎)さやか?
パクリかなぁ。まあ絵は似てるけど、俺はどっちも好きだよ。
安達哲のアシだったんだ?

270 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/06/08(金) 16:41
沖さやかは古谷実(稲中の作者)のアシじゃなかったっけ?
雰囲気は似てるけど、パクりではないでしょう。
話の内容が全然違うじゃん

271 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/06/10(日) 16:50
お天気お姉さんを漫画喫茶で何気なく読み始めて、声を上げずに
笑いを抑えることができなく、そっこうで全巻揃えました。

「天下取ったる  時代にフェラチオ」

すげーコピーセンスだよ。

272 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/06/10(日) 23:52
ほんとにあんなキャスターいたらすごいよね。
深夜でも2〜30取れるんじゃなかろうか。

273 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/06/11(月) 00:22
バカ姉弟のコミック早く出ないかな・・・。

274 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/06/11(月) 11:04
コミック派としては切実!

275 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/06/11(月) 12:38
今週のヤンマガにバカ姉弟載ってたな

276 :U゚ェ゚Uo:2001/06/11(月) 23:43
今回のヴァカ姉弟は良し。

277 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/06/13(水) 17:16
青山ブックセンターでさくらの文庫版が
入ってすぐのとこに平積みになってました。
さすが青ブツ。

278 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/06/13(水) 17:21
沖(山崎)さやか は古谷実のアシで正解。

279 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/06/13(水) 17:29
>>278
へえ。絵があまり古谷っぽくないですよね。
そうでもないかな。

280 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/06/15(金) 01:09
age

281 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/06/15(金) 01:24
お天気お姉さん、同級生の原画の模写のコマは何だったんだ?
単に安達 哲が当時、同級生にハマってたから?

282 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/06/17(日) 13:46
あげ

283 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/06/17(日) 13:47
>>281
同級生ってパソコンゲームの?
そんなコマどこにあったっけ?

284 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/06/17(日) 16:31
「さくらの唄」のmyBGMは
ひーとーにーやーさーしーくー(ラララララララーー)です。

彼氏に勧められて読んでビックリしたマンガ。
泣く。無常な感じがツボです。
「キラキラ!」「ホワイトアルバム」とともに愛蔵版を買いました。

285 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/06/17(日) 20:12
最近ブックオフでKCのキラキラ!をよく見かけるなーage

286 :281:2001/06/19(火) 07:58
>>283
何巻か忘れたけど、中学生とか婦人警官が出てくるあたり。
原画集持ってないとわからないと思うけど、模写しましたっていう絵が
何コマかある。なんか嫌だな。こういうの。

287 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/06/19(火) 11:34
むかつく

288 :花と名無しさん:2001/06/19(火) 11:49
他にもあるよ。
映画の「ワイルドアットハート」とかの
ワンシーンも、まんま構図同じの描いてたな。
お天気お姉さんがヤマギシの部屋でがーすか寝てるとこ。

自分的にはそういうの見つけるのが面白いけどな。
安達哲の趣味が丸わかりで。

289 :243:2001/06/19(火) 19:41
友達に「キラキラ!」貸したらだめだと言われた者だけど,改めて考えてみるとあれって少年誌連載にしては少女漫画っぽいところが多いから少年漫画中心の友達にはだめだったのかなと思いました。
この前「ホットロード」って言う漫画を読んだら,「キラキラ!」の作中に引用されていたシーンが出てきたので,シリアスなシーンだったのに笑ってしまいました。

         奥平は
         5メートル
         空を飛んだ      

290 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/06/19(火) 20:21
>自分的にはそういうの見つけるのが面白いけどな。
に同意。
この人に限らず、こういうのってパクリってんじゃなくて
むしろパロディに近いようなものだと思うんだけどな。
元ネタがわかってついニヤっとするっての、あるよね。

291 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/06/21(木) 04:50
さくらの唄は読んだ事ないのですが、
お姉さんは尊敬しています。

292 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/06/21(木) 05:03
今、近代麻雀で連載してるよ

293 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/06/21(木) 07:43
「さくらの唄」を読んで懐かしくなり、
キラキラを読もうかと古本屋に行って見た。
パラパラと開いて絵が汚くて読む気が失せた。

294 :花と名無しさん:2001/06/21(木) 10:35
確かにキラキラの絵は見れたものじゃないけど、
話はめちゃくちゃいいよー
高校生時代をもう一度やりなおしたいと思った。
確かに少女漫画くさいとこもあるけど、
当時しんぺーとエミリのコタツの中でのセックスが妙に生々しく感じた。
お天気お姉さんは、キラキラの焼き直しみたいな話が
けっこう多いよーな。

295 :名無しんぼ@お腹いっぱい :2001/06/22(金) 09:31
周囲の人がみんな自分を見てる気がするんです。

296 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/06/23(土) 05:28
ここに戻って
ガンガン楽しくやるんだよ
エネルギー使って美しい場所にしちまうんだ

297 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/06/23(土) 05:45
↑sgaeってなてる。ごめん。

298 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/06/23(土) 16:20
近代麻雀ゴールドに乗ってるやつ、はじめて読んだヨ。

この人、もう「キラキラ!」とか「さくらの唄」とか
「幸せのひこうき雲」とかみたいなせつないヤツは
描けないのかもしれないな。。。

299 :名無しんぼ@お腹いっぱい :2001/06/23(土) 23:53
作者も人間。年齢とともに変わっていくということだろうか・・・。
さくらの唄までのようなのは描けないというより描く気無さそう。

300 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/06/24(日) 00:49
>>298
う〜ん、もしかしたらそうなのかもしれないけど
“この”作品は原作者が別にいるし…まだまだ切ない作品を書けるとオレは信じたい。

301 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/06/26(火) 13:59
キラキラ、最近読んだものなのですが1巻の最初の方の感じが恐ろしくリアルでした
何をやってるのかわけわからない人達に対する一般人の妄想的な部分が
見事に再現されてて。ていうか、キラキラ、もっと面白くなったと思うんですが。
1巻の最初の方に友也にバンドの人がヤバイっぽい薬を渡してそれを飲んでる
シーンとかあったんですが、なんか後半、普通の恋愛っぽい話になった。
もっと、グロい話しにもできたはず。というかさくらの唄のイメージがあるから
何かヌルく感じただけかもしれない。という感じ。

302 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/06/26(火) 14:03
作者本人はもっとお下劣なのとかも描きたかったのかもしれないけど
なんせ少年マガジンだったしねえ。当時の少年誌であれくらいでも
ショーゲキ的だったよ。恵美里とケンちゃんのセクースとか。

303 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/06/26(火) 15:07
http://www2.to/ling_ling/
http://ieonly.skipup.com/~ashling/cgi-bin/report/replist.cgi

304 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/06/27(水) 12:39
「ギャル雀」てまだ単行本にはなってないの?
最初から読んでみたい気が・・・

305 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/06/28(木) 22:18
十代の苦悩とやらは効果満点だったようだな
俺はもうそんなのはつまらないし歳もとった

召し使いに召し使えるんだ
あの伝説的な結婚だってひどく退屈だ

  ってNirvanaの曲(の対訳)を思い出した。

306 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/06/28(木) 23:07
>>305
Serve the Servantsですな。

安達氏はどんな音楽聴いているんだろ。なんか気になる。

307 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/06/28(木) 23:48
今日BOOKOFF行って「キラキラ」買ってきた!
やっぱり今読んでもいいやなぁ・・

308 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/06/29(金) 17:15
>>306
細野晴臣とか好きみたいだね。>安達
結構作品中に引用されてる。

309 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/06/29(金) 17:30
「はっぴいえんど」のLP割ったよな

310 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/06/29(金) 18:33
あと「さくらの唄」だと
芸術家グループ「コズミック・サーフィン」(YMOの曲だけど細野作品)
とかね。

「キラキラ!」でも、えみりーとしんぺいが
はっぴいえんどの「無風状態」(細野 詞曲)を口ずさんでたような・・・。
今手元にブツがないので確認できず。

311 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/06/30(土) 03:11
いまTBSラジオで「さくらの唄」は凄かったっていってたぞ
知らない人が

312 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/06/30(土) 03:34
>>311
オレも聴いてたぞ。スレ探してたらやっぱりもう書いてるヤツいたか
>知らない人が
こいつはユキさんとかいうレギュラーのDJだ。偉そうな態度がオレは好きでない。

313 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/06/30(土) 07:39
最後に姉キとヤるシーンと、本宮の『俺の空』1巻の
女教師とヤるシーン、見比べてみな。

314 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/06/30(土) 08:54
>>313
がいしゅつだモナ。

315 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/06/30(土) 16:28
恵美里が矢野顕子の歌を歌っていたよね。

316 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/07/01(日) 14:04
GOING STEADYの新しいアルバムのタイトル,「さくらの唄」だった。

317 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/07/02(月) 23:45
いかん。あげとかなくっちゃ。

318 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/07/05(木) 00:28
dat落ち防止。

319 :バカ姉弟を楽しもう:2001/07/05(木) 21:07
バカ姉弟って近頃連載してる?
雑誌は定期的に買っていないので確認してないんだけど・・・。
心配です・・・。

320 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/07/05(木) 22:46
>>319
来週のるよ。前回はNo28あたりだったかな。

321 :バカ姉弟を楽しもう:2001/07/05(木) 23:14
>>320
 ありがとうございます。来週が楽しみです。
28号も探してみようと思います。安心しました。

322 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/07/08(日) 00:04
さがってんなー

323 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/07/09(月) 15:34
バカ姉弟age
今週のはやや違和感アリ。

324 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/07/10(火) 00:26
何!?今週のヤンマガって“バカ姉弟”載ってたのか…
気付かなかったな。明日読んでこよっと。

325 :U゚ェ゚Uo:2001/07/10(火) 00:30
>>324
今週は広告と広告の間だから
                        見つけづらいよ。

326 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/07/12(木) 00:28
足切られちゃいやん

327 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/07/12(木) 22:34
age

328 :バカ姉弟を楽しもう:2001/07/13(金) 18:19
 28号と今週号よみました。
う〜ん・・・、もう、単行本にして読者の前に救い出すべきかも知れないのでは・・。
次にいくか、踏みとどまってこれから何かの形になるのか・・・。
もちろん、後者がいいのには間違いがないのだが・・・。
さくらの唄の後半みたいに、スカスカにならなきゃいいけど・・・。
でも、あれにはあれのいいところもあるし、書き上げるって大切なことだしね。
 いずれにしろ、頑張れ!安達哲!!
以上催促があったので。たたかないでね。

329 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/07/13(金) 22:02
昔見て印象に残ってたけどイマイチ思い出せなかった作品があって、
ずっと安達っぽいなぁ、と思ってたらやっぱ安達だった(w
ホワイトアルバムの巻末の卒業アルバムでした。

ホワイトアルバム本編も久しぶりに読んでみた。
当時バーでの大学生に怒りを覚えた自分も、
今はどっちかって言うと大学生の方に共感出来てしまうあたり歳を取ったと痛感、トホホ。

330 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/07/13(金) 22:29
厨BOWの頃、
ホワイトアルバムやキラキラ!を読んで、
卒業したらあんな生活送るんじゃろか、と
ちょっとドキドキさせてもらってた。
今考えると恐ろしく恥ずかしいけど、
やっぱり、いい思い出なんだろうな、
なんてな。

331 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/07/15(日) 19:30
age

332 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/07/16(月) 15:00
幸せの飛行機雲イイ!あげ!

333 :名無しんぼ@お腹いっぱい :2001/07/16(月) 17:38
さくらの唄は読後感が何となく村上龍の69っぽかった。
青春の溢れるエネルギーと祭の後の寂しさのようなものが。

334 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/07/16(月) 23:06
69のエピソードは「キラキラ!」にもでてくるよ。
エミリーにキスできなかったしんぺーのあたりとか。

335 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/07/16(月) 23:14
安達哲の漫画って年とってから読むとぐっと来るものがあるね。
あぁ・・・
魂をわけあった女達は
今頃どうしてるんだろうか。。。。

336 :芸能人の裏話!:2001/07/16(月) 23:15
女優 アイドルSEX私生活を完全盗撮!ラブホテルで

http://www.futomomo.com/netidol/idolhappy/maki/
(秘)

モーニング娘。女優,脱がしました。

2 名前 女優 アイドルSEX私生活を完全盗撮!ラブホテルで

http://210.224.170.32/~idol-pics/ranking/rankin.cgi?id=LNK1000011

http://www.hentai.jpn.org/cgi-bin/rankin.cgi?id=1033010215

337 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/07/18(水) 04:46
あげるよ。

338 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/07/19(木) 00:46
キラキラのえみりってどう思う?
あっさりけんちゃんにやられちゃって・・・・
主人公の包容力には感心するが。

339 :333:2001/07/19(木) 03:27
>>334
「キラキラ!」読んでみた。
エピローグの空気はまんまって感じだったな。
「彼女の心変わりによって…」のくだりとか。

340 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/07/19(木) 05:04
>>339
あの最終回に向かってく雰囲気って、
今読んでも、なんか、たまらない感じ。
昔隣の男子に借りて読んだときのこととか思い出したりして。

341 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/07/19(木) 05:06
>>338
えみりは、ケンちゃんのことも好きだったんだよ。

342 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/07/19(木) 10:12
>>338
あっさりでもないんじゃ?
それなりに葛藤はあったみたいだし。
ただあとでそれを「しんぺーがそのときにそばにいてくれなかった」ことを
理由にするんなら、勉強してるしんぺーの部屋の窓くらい叩いておけよ

ってオモタ。
まーそれも含めて気持ちわかる(ような気がする)けどね。

343 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/07/19(木) 17:17

ここはじめてきたけど、胸が熱くなった。
安達作品は全部読んだけど、個人的に、ホワイトアルバム2巻巻末の
「IN HIS OWN WORDS」(だっけか?)が忘れられない。
読んでるこっちが恥ずかしくて、いたくて、せつなくなった。

「IN HIS・・・」で察する限り、
高校時代を童貞で突っ切ったことで、あの「キラキラ」をはじめとする、
のちの「元クラスメイトの女子永遠崇拝」が生まれたのだたしたら
感慨深い。童貞のイマジネーションは美しい(泣)。
安達が健康な(もしくは、ただれた)高校時代を過ごしていたら、
この奇跡の名作群はなかったはず。

344 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/07/20(金) 01:59
>>342
まぁ俺も何となく納得しちゃったけどね。

某漫画の二葉はやってもいないのに叩かれまくってるのに(ワラ
やっぱ作者の力かな。
>>343
たしかに崇拝とも言えるほど美化してるよね(ワラ
でもわかるなぁその気持ち。
俺も高校の頃は童貞だったんで(ワラ
中高の頃の同級生位しか美化できる対象ってないもんなぁ。

345 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/07/20(金) 02:00
>>342
それって
「ダメだよ〜、しんぺー勉強してるよ…」
って、窓の外から覗いてて声かけるのを断念してるシーンだっけ?
(多分5巻くらいにあった記憶が)

懐かしいのでageさせてね。

346 :−−−−:2001/07/20(金) 02:18

読み返したい・・・・全部・・・・!!!

347 :342:2001/07/20(金) 04:12
>>345
そうそう。5巻の最初の方。
で5巻の最後の方で、恵美里がケンちゃんとやってしまったあとで
「あたしが一番そばにいて欲しいときに・・・」ってセリフ。
改めて考えると、なんつーわがままな女なんだ(w
そんなの気付かねえっての。

今思うと、慎平ってはじめて感情移入した漫画キャラかもしんない。
それだけにケンちゃんとやってしまったのは、当時泣きそうに痛かった。

はあ・・・切ないからオナーニして寝よっと。

348 :アメフト部 近藤:2001/07/20(金) 23:07
この作家の作品には、
「必死に何かに取り組むことを恐れる男(他に何も目に入らなくなるから)」
というテーマがあるように思います。
必死に何かを成し遂げて、目指す場所に到着してしまったとき、
君に何が残るの?みたいな感じでしょうか。
なんか本気で考えるととても悲しくなる話ですよね。(俺だけ?)
だからバカ姉弟には何時までもバカであってほしい今日このごろです。

349 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/07/21(土) 02:08
どうでもいいけど「お天気お姉さん」は語られないねえ。
語る価値なし?とかいう俺もあまり好きじゃないんだけど・・・

350 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/07/21(土) 02:13
「さくらの唄」文庫版(今年6月頃発売したもの)
のあとがきとか読むと・・・
ファンとしては複雑な気持ちになるよね・・・・

351 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/07/21(土) 02:21
>>350
どんなこと書いてあったのかおしえてくれー。
ちなみに発売は4月だったかと。

352 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/07/21(土) 02:22
お天気お姉さんも好きだよ。
それなりに安達節はきいてるし・・・
みなさんの安達ベスト3を教えてくだせ

1・キラキラ!
2・さくらの唄
3・「IN HIS OWN WORDS」(343ですスマソ)

353 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/07/21(土) 02:26
>>351
ごめんね、今、貸してるから手元にないけど、

「もうこういうのは書けない、
 これはたまたま描けた作品。
 今、ヤンマガで「バカ姉弟」
 ってゆーニューロマやってるけど、
 そっちも受け入れてほしい」・・・・みたいなかんじ。

さくらの唄は、ヤンマガ版・辞書みたいな愛蔵版、文庫、
ぜんぶもってるよー。

354 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/07/21(土) 02:33
かっこいー!
さすが安達哲。
ふつういえねえよ。こんなこと。

355 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/07/21(土) 03:00
描いたモノへの執着のなさがいいよね。
それがフリだとしても、
ちゃんと「恥じらい」を知ってる人だとおもう。

じぶんのキャラや過去のヒット作について、
いけしゃあしゃあと語るやつを俺は信用しない。

356 :351:2001/07/21(土) 04:28
>>353
うーん。それは確かに、いいけど悲しいやら・・・複雑だ(w
でも、「さくらの唄」しか描けない安達哲もいやだね。

357 :351:2001/07/21(土) 04:36
>>352
ベスト3ってのは微妙だなー。
一番好きなのは俺も「キラキラ!」かなあ。
「さくらの唄」「しあわせのひこうき雲」は同じくらい好きだけど、両方とも
最後の最後のとってつけたようなエピソードがなければよかったのに。
「お天気お姉さん」は1巻で終わってれば傑作だった(w

358 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/07/21(土) 05:16
俺は「キラキラ!」の方が好きだけどベストって言ったら
やっぱ「さくらの唄」かな。

>>353
たまたま描けた作品ってのはわからないでもないな。何となく。
でも、また描いて欲しいね青春モノ。

359 :バカ姉弟を楽しもう:2001/07/21(土) 05:32
 >>348 アメフト部 近藤さん
 すごく共感しました・・・。
そうなんだよね・・・、絶対そこだよ・・・。
 僕も28号で、焼肉屋の常連で、ジョン・レノンばりの男が出てきたところで危機感を抱いた。
冒頭の灰色の夜の町を、姉弟の藁のベットの眠りが超克できないのを確認した。
やさしい紫色の夜を大きく描くかわりに、レノンを描いちゃった。。。
知識の水をのんだのは安達氏自身だ。片々たるパンタナール湿地帯しかもう描けないのか・・・。
残された途は、愚にもつかない“ストーリー仕立て”になっちまうのか・・・。
 「愛を描けと先生が言っているような気がした」
文化祭の看板を描いている主人公が好きだという人は、結構多いように思う。
TVニュースに負けず、絵の鍛錬をしてる主人公も、僕は好きだ。
初心忘るべからず、がんばってくれ、ダメなら単行本にまとめてほしい。

360 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/07/21(土) 06:24

あ、思い出した、
さくらの唄文庫版あとがき、たしか、

「いまだに、会う人会う人
 ”さくらの唄”が好きだった、
 もう一度 ああいうのをやってくれ、
 と言ってくるので困る・・・」
みたいな感じだった。

最後の一行が泣かせる、ファンには貴重な名文ですので
暇なかたは立ち読みしてみてください。

安達哲はインタビューとかには応じない作家なのでしょうか。
作品以外で、彼の発したことばがききたいー。

361 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/07/22(日) 01:34
まだ倉庫に行くのは早いage

362 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/07/22(日) 22:58
あげてみた。ど?

363 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/07/23(月) 00:36
何気に部落問題絡んでねえか?この漫画。

364 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/07/23(月) 02:30
どれ?「さくらの唄」?
坂の上とか下とかの話のコトかな。
部落問題かなあ・・・そんな大げさなもんじゃないと思うけどなあ。

365 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/07/23(月) 03:49
読者が「やめてくれ」って思うような、
(言葉は悪いが)不愉快な展開・人物・設定を描きつづけた「さくらの唄」
作者、安達は間違いなくフロー状態だったのだろう。
だから、あのような作品は描けない、と思っているのかもしれない。

366 :転載しちゃっていい?:2001/07/23(月) 18:26
あとがき

 『さくらの唄』について最初頭にあったのは絵の研究所に通う
 高校生の話にしようという着想ともよべぬ着想だけで、実際ぼくは
 高校時代に椎名町(トキワ荘のある地)の得の予備校に通っていたの
 ですが、その頃描いて三ページくらいでやめた漫画にちょうど
 そんなのがありまして、あれの続きでいいやと思ったのでした。
 当時まだデビューして二年目くらいで漫画の描き方というものを
 しらず(今でもしりませんが)、そのような見切り発車ばかり
 やってたので、始めてからえらく苦労したおぼえがあります。
 締め切りに追われ、話がどうなるのか自分でもわからず、毎週
 綱渡りのような生活の末、結果として出来たものはサルが偶然描いた
 すごい壁画のようなものになり、本当にいろいろな方にお褒めを頂き、
 今でもお手紙がくる作品になりました。ぼくの漫画を読んでくれる
 あるいは会いに来てくれる若い編集者の中でも、『さくらの唄』が
 好きだった、ああいうのをまた描けという人が多いです。
 ぼくは今『バカ姉妹』という作品でニューロマンティックな
 世界を追求しているのですが、そんなものはおかまいなしです。

 一、二年前、漫画家麻雀大会で同じ卓になったアフロの若者が
 ぼくに声をかけて“自分も高校の時同じ画塾に通っていた、
 その頃教室に『さくらの唄』が置いてあった”という話を聞いた時は
 特に感慨深いものがあったのを覚えています。

                        二〇〇一年二月 昼  安達 哲


=====================

『さくらの唄』文庫版・下巻の作者あとがきより。

367 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/07/23(月) 18:49
>>366さんきゅー。

「そんなものはおかまいなしです」が
「『さくらの唄』のファンが未だに多いこと」を安達がおかまいなしである、とも
「安達が『バカ姉弟』で別な世界を探っていること」をファンがお構いなしであるとも、
これだとどっちにも取れちゃうな。。。あるいはどっちもなのか。
どっちにしても、今の安達は「さくらの唄」ではないってことかな。

368 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/07/23(月) 21:59
>>367
「ああいうのを描けと言う編集者」をおかまいなし、と漏れは思ふ。

369 :七資産@ハラヘタ:2001/07/23(月) 22:46
どこの本屋にも3巻がないんですけど、、、、

370 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/07/24(火) 01:23
3巻は成年コミック扱いなので、別の棚に置いてある確率高し。
のれんの向こう側へゴーだ。

371 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/07/24(火) 01:28
>>366 転載ありがとう!

>>369 いまヤンマガ版を揃えるのは至難のワザ。

372 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/07/24(火) 01:41
つーか絶版じゃないの?
ワイドも文庫も出てるし。

373 :名無しんぼ@お腹いっぱい :2001/07/24(火) 02:48
そりゃ当然古本屋で探すしかないだろう。
ヤンマガ版3冊セット、福岡のまんだらけで普通の値段で買ったよ。

374 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/07/24(火) 14:55
ブックオフにもあるよ。状態いいとはいえないけど

375 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/07/24(火) 23:47
ただ、「さくらの唄」や「お天気お姉さん」はズリネタとして使われて
いる可能性があるので古本で買うのはかなり勇気がいるかも…

376 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/07/25(水) 02:07
>>375
げっ。俺はどっちもブクオフで揃えたよ。
ゥッになること言うなよ〜(,;´Д`)

               今度天気のいい日に虫干ししよう...

377 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/07/25(水) 19:28
このスレ見て、興味を持ったんで、
今日ブックオフでキラキラ3巻まで買ってきた。(スコラのほう)
1巻をちょうど今読み終えたところ。
全巻読破したら感想カキコします。

378 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/07/26(木) 06:46
あげ

379 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/07/26(木) 07:50
エロ漫画かけよあ、だ、ち!

380 :377:2001/07/26(木) 10:44
読破しました。キラキラ!
今の友達と後何年かしたら全く会わなくなるかも、
と切なくなってしまったよ。
とりあえず、高校生のうちに読めてよかった。
でも学生やめてから読むとまた違う感想持つんだろうな。
さくらの唄も読んでみます。

381 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/07/26(木) 10:46
キラキラ!はいいよねえ〜

382 :しあわせの飛行機雲:2001/07/26(木) 15:50
昔は、怖くて読み返せなかった。
トラウマになりそうだった。
今は、そうでもなくなった。
スレたからか?

383 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/07/26(木) 20:46
それはキミがオトナになった証拠だヨ。

なんてな。

384 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/07/27(金) 06:22
さくらの唄で主人公が好きな子の家を探しに行くシーンが印象に残ってる
「こういうのって探すまでの過程が楽しいんだよな・・・」
みたいなセリフがあったような

そして虚しさのピークに女の子とバッタリ!
「グリコアーモンドポッキーなのだ〜」で虚しさ吹っ飛ぶ(w

セリフは違うかも 

385 :ABARA:2001/07/27(金) 21:45
オレこないだ初めて読んで泣きかけたよ〜
なんてせつない話だ

386 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/07/28(土) 01:00
成功なんかしなくてもいいから好きな女と暮らしたい・・・・

387 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/07/28(土) 02:45
「好きな女と一緒にいたい」って思って、
頑張ったり泣いたりちょっと嬉しくなったり、


なのに「結局自分以外の人間にゃなれなかったってわけなの」なんて
言っちゃうしんぺーを見てると
やるせない感じ。

388 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/07/28(土) 03:45
>>384
「グリコアーモンドポッキーなのだ〜」  なのだ〜って言うやついねえよ
と思いながらも、ずっと覚えてる個所です。

389 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/07/28(土) 14:56
「グリコポッキーアーモンドくらっしゅなのだ〜〜〜」
だたよ。どうでもいいことだけど。

こんな言い方しないかもしれないけど、
若かりし頃に好きな女の子にこんないい方されたらたまらんかもな。
市ノ瀬のように反芻する気持ちもわからんでもない。

390 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/07/28(土) 16:16
現代教育から国語はなくすべきではないだろうか・・・

391 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/07/28(土) 16:37
>>390
同感だ。

392 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/07/28(土) 16:42
始めて読んだ時、ビデオ上映のくだりでまじで震えた。
それまでの平熱気味の展開からの落差にびびったのか、
今ではよくわからない。マイナスのカタルシスみたいな。
漫画読んでてそこまでビビったのはあとベルセルクの生贄のシーンだけ。

そこから終わりまでは全く別の漫画のよう。18歳で読んだ時よりも、
たぶん今読んだらもっとこたえるんだろーな―。

393 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/07/29(日) 21:36
見しらぬオヤジの顔を浮かべて自分を叱ってみる、ってのがよかった

394 :29歳 既婚者:2001/07/29(日) 22:10
久しぶりにさくらの唄読み返してみたが、やっぱりよかった。
自分が読んだのは、18,9歳のころだが、あのころの毎日ときめいていた
気持ちを思い出せた。
いまは、結婚して、子供も出来、ほとんどの時間を生活のため会社に費やしているが、
甲子園を目指していた・・・ほとんどの人間に将来はねえ!といっていたくだりにはぐっときた。

今はそれなりに幸せだと思うが、あのころの感動やときめきは毎日の生活の中ではない。
逆にそうした感情を感じないくらい忙しく、精神的にすれていったのだと思う。

同窓会とかやってみても、あのころは良かったって言う話が多いが、
人生の中で、あまり、金とか、会社の人間関係とかに左右されない、純真な年頃はあのころだけなんだろーなー(といってもまた明日、利益を求める仕事に行かなきゃなー)

395 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/07/29(日) 23:37
age

396 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/07/30(月) 21:49
昔に戻りたーーい

397 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/07/30(月) 23:13
人生の次の章に進むために日々邁進してね。

で、
お天気お姉さんですが、他の作品と比べると情緒的なテーマがほぼないと
いう点で異質でわりと評価されにくいと思われますが、他に比類ない強烈な
キャラクターと痛快なタッチや展開は、違う意味ですごく楽しめるので
かなり好きな作品です。

個人的には1巻の桂子が一番ガツンと来て、いい。

398 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/07/31(火) 00:02
>>397
そうなんだよなー。アレは1巻がよすぎる。
そのあとのテンションがねぇ・・・

399 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/07/31(火) 04:58
「お天気お姉さん」は、
ヤマギシの告白(8巻)の場面にちょっと感動。

400 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/07/31(火) 20:53
まじかよ

401 :ABARA:2001/07/31(火) 20:58
あなたの気持ちがいたいほどわかる火曜の夜。

泣きたいよ、ね。

402 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/07/31(火) 21:01
age

403 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/07/31(火) 21:01
>>399
感動したのは、ねえさんのセリフに、です。

404 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/08/01(水) 19:17
age

405 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/08/03(金) 20:54
>>403
ねえさんは、ある種の概念だったんだね。
『ごちゃごちゃ言ってるだけで何もしないのは駄目なことだ』
と、生きてく上での目標に対する、人のアプローチの仕方を教えてくれたと思ってる。
ねえさん=無理めの目標、という感じでしょうか。単純すぎますか?

406 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/08/04(土) 10:25
あげ

407 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/08/05(日) 00:34
さくらの唄読んだ。
ホラー漫画じゃないのにここまで怖くなった漫画は初めてだった。

408 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/08/05(日) 23:49
まぁ正直もう話す事もない。
でもあげたくなるんだこのスレは(エヘ

409 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/06(月) 00:26
dat化してほしくない!
「バカ姉弟」単行本化きぼんぬ〜
待ちくたびれたよ。はぁ。

410 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/08/06(月) 19:52
バカ姉弟は来週掲載だっけ?

411 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/08/07(火) 09:01
来週はヤンマガがお休みだったね。。。
再来週か。

412 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/08/07(火) 13:17
暴徒と化したよい子の仲間は
弱き者たちを!
『アヌスに指入れたるー』
子供の描写として最高。

413 :名無しんぼ@お腹いっぱい :2001/08/08(水) 01:15
Ms'Qs'(エムズキューズ)ってバンドがいたんです。
キラキラのトモヤのバンドの名前と一緒。
彼等はキラキラからぱくったの?
それともこの名前って、なんかもとねたがあるんでしょうか?

414 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/08/08(水) 13:41
元ネタあるのかもね。いや、知らんけどさ。

415 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/08/09(木) 10:40
今さらだけど、「幸せのひこうき雲」って
エグザスタ廃刊で強制終了だったのか・・・?

たしかにせわしない終わり方ではあるよな。
終わりっぽいモノローグみたいのとかもないし。

416 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/08/09(木) 17:40
age

417 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/08/09(木) 19:48
ワンタンメン、いっちょー

418 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/08/10(金) 00:47
ワンタンメン特盛り。

あげないと消えるのかな?

これが「2ちゃんの夏」か・・・・・・

419 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/08/10(金) 15:25
消えて欲しくないな。

420 :ABARA:2001/08/10(金) 21:14
じゃああげよう

421 :SEX貴族 ◆P3KXzol.:2001/08/10(金) 22:34
まだ新しいクラスになじめないキミにね!

あいつ社会にも馴染めなくなっちょらんか?

422 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/08/10(金) 22:40
綺麗に1巻でまとまっていたと思うけど。
廃刊だとしてもあれはあれで
最後のコマで締めてるような>>幸せ

423 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/08/11(土) 00:29
>>422
まああれ以上引き延ばしてもいいことはないよな。
でも先生を助けたのがお父さんで、んでなぜか速攻結婚・・・
ってあたりが、強引すぎだなーって気がしました。

424 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/08/11(土) 01:26
まあ、でも良かったと思うよ。
最後は結構感動しちゃったし。

425 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/08/11(土) 01:40
安達哲は麻雀かいてるけどあれっておもしろいの?

426 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/08/11(土) 01:46
「ギャル雀」だっけ...俺は立ち読みで何度かぱらぱらっと見た程度。
最初からちゃんと読んでみたいなと思ってるのだが・・・

427 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/08/11(土) 03:55
ホワイトアルバムのでかいのが古本屋にあったから、即買った。
いいよなー、俺も高校の時似たような境遇で(志望校に落ちたってトコロだけ)
「3年間最悪だ」なんて思ってたけど、今は落ちてヨカッタなみたいに思ってる。
いい友達にも会えたし、何よりその第一希望の高校に行ったやつは勉強ばっかで大変そうだったし、
あんなにドラマチックじゃなかったけど、アルバムみたら色んなそれなりのドラマがあった。
それがものすごい共感できて、心がすっきりしたって感じだった。
まあ、青臭い感は否めないが。

428 :名無しさん:2001/08/11(土) 04:01
ギャル雀、読んでるけどあれは原作付きだから
あまり期待しない方がいいと思われ。

安達哲に数年前にカットの依頼をしようと思ったら
カラーで1枚15万と言われた……。
その数日後に横浜で風俗店「お天気お姉さん」を発見。
当然無許可だろうがを店頭にでかいカットを貼っていた。鬱。

429 :◆P3KXzol.:2001/08/11(土) 04:40
>>428
風俗店で安達の絵か・・・・・・
あうのかなあ?

この人の場合、原作無しのほうが絶対いいと思う。

430 :426:2001/08/11(土) 10:53
あまり評判もよくないみたいだし、期待はしてないよ。
でも読まないことにはいいも悪いもいえないからねえ。
単行本とか、まだ出ないのかな?

431 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/08/12(日) 01:22
>>427
ホワイトアルバムは普通のマガジンKCの方だと
2巻後半に読み切りがついててお得だよ。

432 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/08/12(日) 01:49
さくらの唄・・・
当時高校の美術部にいた私は、毎週必死に読んでいた。
ラストは何度も泣いた。
今一応、絵の仕事やってるけど、あの作品の存在が大きく影響していると思う。

でも・・・正直今では読みたくない。
というか、読んだらすごいつまんないと思う。
それは私が大人になってしまったということなんだろうけど・・・・・・
今の安達先生のさくらの唄に対するスタンスもなんとなく理解できる。
ただ、
青春ってのははしかみたいな物だって誰かがいってたけど、
その時期を共有できたことだけはしあわせだったと思う。

でも息子には絶対読ませない(藁

433 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/08/12(日) 01:56
古谷実が安達哲に影響されてると感じた事なかったな。
(沖)山崎さやか とか 安野モヨ子 とか
有元美穂の「雀荘へ行こう」とか
影響受けてるの女性作家ばっかりだな〜、と思ってた。
古い話題蒸し返してスマソ。 

434 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/08/12(日) 02:00
ロッキングオンのやつはどうなん?

435 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/08/12(日) 02:11
>>433 俺は古谷実がヤンマガ内での正統な継承者だとおもってたよ。
    稲中も、ギャグだけど、笑いのとりかたがどこか卑屈で。
    いまやってるやつ(ヒミズ)なんかモロだし。
    ヤンマガのこの路線は、なくしてほしくないな。 

436 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/08/12(日) 02:21
>>135
今のヤンマガ内での正当な後継者は「カイジ」(ワラ
でも「さくらの唄」好きな人って「カイジ」好きだと思うんだが。

437 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/08/12(日) 02:27
俺は好き。
でもカイジには文学の香りがない。

438 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/08/12(日) 09:20
でもどっちもトラウマになる漫画だな。
俺も両方好きだなー。

ふと本棚を見たら、キラキラのとなりにバキ………

439 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/08/12(日) 10:48
げー、俺、さくらの唄とカイジ、同じくらい好きだー。
俺の中での殿堂入り漫画・・・
カイジスレにはいったことないけど、
かなりカイジ好きだー。
なぜわかったーー??

440 :433:2001/08/12(日) 11:07
ええー!?カイジぃ?
古谷実までならまあわかるけど…。
さくらの唄好きな人はヒミズも好きだろう、てのはあるし。
でもカイジは違くないかー?
と思いますけど…。

441 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/08/12(日) 12:23
まあ、人の趣味やし。

442 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/08/12(日) 12:29
カイジは純文学ではないけど大衆文学だと思う。
あとは「月光の囁き」なんかが「さくらの唄」と同じ匂いがする。

443 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/08/12(日) 13:59
>>442
あー、言われてみればそんな気もしなくもない。
でもキクニと安達って、実際にはあまり接点なさそうだな

444 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/08/12(日) 14:11
なんだおまえら誉めてばっかり。さくらの唄なんて糞じゃん
ラストは特に最悪。いまだにあんな芸術神話およびアメリカン夢
信じてるなんて痛すぎるな。ガラスの中の氷がなんだっつうの。
ジジイは急激に金持ちになっていくし展開めちゃくちゃ。要は
「みんなの前でセクースシーンが公開される」つう状況に持ち込みたかっただけ。
無理やり持ってって無理やり落とす。バカはそれに「共感」なんぞする藁

445 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/08/12(日) 14:44
↑でたなアンチ。
批判する割にはやたらお詳しいんですね。(藁

446 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/08/12(日) 14:45
認めたくないものだな
若き日の過ちというものは・・・

447 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/08/12(日) 14:51
詳しいから批判に説得力がある(藁

448 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/08/12(日) 14:53
壮大な照れ隠しなんだよね。安達のマンガって。
理想を信じたいんだけど信じられない。
だから冷たい現実を作り上げた上で徹底的に崩壊させて否定しておいて、
闇の中に光明を見いだす形で走り去る。
やりにげだな。
パンクだ。

449 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/08/12(日) 14:55
読み込んでるぅ〜〜!>>444

450 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/08/12(日) 15:00
安達哲や永野のりこってこうしたネットの場ではあまり批判の声聞かないけど,それはネットをやってる人とファンが重なるからであって本当はものすごくファンとアンチが分かれる漫画家なんだよな。
444さんの挙げたところは短所でありまた長所である。

451 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/08/12(日) 15:01
その光明がね。甘いよね。もっと落ちてこそ「文学」でしょ

452 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/08/12(日) 15:14
>>451
そこまで逝くとつげ義春になっちゃう。
ま、本人も大人になってそれに気づいたからこそ、ああいうマンガが描けなく
なったんだろうけどね。
でも結局、お天気お姉さんとかも>>448と同じ形式なんだよな。
まあ、青春文学としてはよくできてると思うよ。

453 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/08/12(日) 15:19
だから文学じゃないって(わらい
ネクラなボクが実は天才だったなんてギャグ以外の何物でもない

454 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/08/12(日) 15:21
ガラスの中の氷?グラスだろ(ワラ

455 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/08/12(日) 15:26
>>453
あれがギャグなら、江川達也はキングオブギャグだな。

456 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/08/12(日) 15:35
 >>453
じゃあ大槻ケンヂの「グミ・チョコレート。パイン」も文学ってことになるな。
と、いうより安達哲の文学性っていうのは、一ノ瀬が姉ちゃんと街を見て泣くところとか仲村真理に向かって「真理ちゃん,変わらないでよ」と言うところとか,何処となく全体を通してある場末な感じとか,そういったところに現れてるんじゃないか。
ストーリーの進めかたがどうこうってのでだけで文学は語れないよ。

457 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/08/12(日) 15:35
江川達也もオメデタ野郎

458 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/08/12(日) 15:53
えらく・・・安いニヒリズムだなー
453=457ってお幾つ?

459 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/08/12(日) 15:58
文学の定義がそもそもできないと思うけどね。まあでも
場面場面のそれっぽい(青春っぽい?)「感じ」だけ並べられて
それを「文学」だーとか語られると困るのよん♪
アーモンドクラッシュポッキーなのだーの場面とか俺好きだけどね。

460 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/08/12(日) 16:03
文学じゃなくてただの漫画でしょ?
むしろ漫画をあえて「文学」といっちゃうことに意味があるのでは?
もっとも、安達は厨房時代ダダとか好きだったっぽいけどね。

461 :ABARA:2001/08/12(日) 16:14
文学とかいう言葉を出させるのが
安達のすごいところ

462 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/08/12(日) 16:23
山本直樹ほどエッチでなく、
江川達也ほど読者をバカにしてない。
どっちつかずのロック少年くずれ。

463 :ABARA:2001/08/12(日) 16:26
どうでもいいけど山本直樹イイよね〜!!
どうでもいいのでsage

464 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/08/12(日) 20:37
正直なところ、今までこのスレッドにアンチがいなかったのが
ちょっとばかり座りが悪い感じがしていた。
なんだか安心したよ(w

あ、もちろん俺は安達ファンなんだけどね。

465 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/08/12(日) 20:47
さくらの唄は性描写が問題になって強制終了させられたのかと思ってたので、
むしろ作者本人の意思だったと知ってちょっと安心したかも。

466 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/08/12(日) 20:56
>>444
安達はストーリーの構成力とかでファンを魅了する作家じゃないんだよね。
いわゆる漫画屋°C質じゃないから、
「すげぇとか言うほど巧くねぇだろ!」て評価もわかるよ。
安達のどこがいいかって、うまく説明できないけど…。
安達の持つ、誠実なロマンチストゆえの切なさ・葛藤、…とか??
実際愚直なまでに誠実な人なんじゃないかな。
山本直樹みたいに仕事として漫画を淡々と描ければいんだけど。

467 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/08/13(月) 18:33
ノヒラ萌え〜age

468 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/08/13(月) 18:51
全何巻ですか?
成人指定と書いてあるのですが
本屋で普通に売っていますか?

469 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/08/13(月) 19:24
今はヤンマガ版より文庫の方が手に入りやすいよ。
マンガ文庫のコーナーに結構あるんじゃないのかな。

470 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/14(火) 00:46
>>468
ヤンマガKCは全三巻だったと思う。
>>469の仰せの通りですが、とりあえず。

471 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/08/14(火) 01:31
ヤンマガKCはもう廃刊だろう。普通の本屋では文庫版のみ入手可。
ブックオフに行けばヤンマガKCもあるけど・・・って話はちょっと前にしてたね。
過去ログ読んでミソ。

472 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/08/14(火) 15:31
ここ読んで、あのラストにもいろいろな解釈があるのだな、というのがわかって
それはいいんだけど、わたしはあのラストは嫌、と思った側。
主人公が特に何の苦労もしてないのに苦労しました面しているのが、なーんか。
(不幸だったとは思うけど。)

ところで、最近「聖☆高校生」(小池田マヤ)読んで、なんかしらん安達哲と
比較対照をしてしまうのですが。安達哲を読んで、なんとなくもやもやとわだかまっていた
ことが、「聖☆高校生」を読んでいると「やっぱりそうやんなあ!」と
解決できた気分になる。単に自分(30代♀)との視点が近いからだろうけど。

473 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/08/15(水) 07:35
でも、主人公あんま精神的に幸せそーじゃないじゃん
昔の絵描いたりしててさ

474 : :2001/08/15(水) 08:25
どういうラストならいいのだろう?
あれで暗いラストだったらここまで評価されていないだろうな。

475 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/08/15(水) 09:54
明るい暗いしか語彙がないってのは悲しいね。断片的とはいえ
それなりに偏在したリアルな描写がラストの夢物語で御破算に
なってるわけでしょ?いきなり核戦争で物語を終わらせる厨房と
どこが違うのか。

476 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/08/15(水) 13:21
俺は姉とヤることで厄払いしたから、最終的に(ハタから見て)幸せな
生活を送れるようになった、ってことだと解釈してるから、
例えばマー●みたいな「おいおいそりゃねえだろ」的な
突拍子のないエンディングとは違う、と思ってるよ。

まあ漫画の解釈なんて読む人それぞれだ。
いずれにせよ
>いきなり核戦争で物語を終わらせる厨房と
>どこが違うのか。
というような人には安達の漫画はあわないってことだろうな。

そういう人にとってどんなエンディングが素晴らしいモノなのか
まったく想像できないけどさ。

477 : :2001/08/16(木) 01:18
age

478 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/08/16(木) 10:57
貧困なる想像力

479 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/08/16(木) 23:17
キラキラ初期の画は岡崎京子パクリまくり。ケンちゃんが死ぬのは「pink」のパクリ

480 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/08/17(金) 00:52
あげてやろう

481 :まあ最後は・・:2001/08/17(金) 01:02
救いがあるけどねえ・・

482 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/08/17(金) 09:46
>>479
ちょっと待て!
「キラキラ!」が始まったのと「pink」が始まってのって,殆ど同時期じゃなかったか。
「キラキラ!」のほうが早かったと思う。
それに,ケンちゃんが死んだのはハルヲくんが死んだのより早かったと思う。
ある程度影響を受けてるのはわかるけど。

483 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/08/17(金) 10:49
>>482
下手な煽りに反応しなくてもいいよう。
そもそもなんでもかんでも「パクリ」なんて言うやつは
ボキャブラリー貧困な真性厨房なんだからさ。

484 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/08/17(金) 13:26
>483
君の下手な煽りもどうかと思うよう。

でもピンクの空港でのワニ女と,ケンが死んだときのエミリの格好はクリソツ
絵を安達がパクってたのは本当だと思うよ。目のかきかたとかトーンの貼りかたとか

485 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/08/18(土) 00:04
ほんっとここってアンチいないね

486 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/08/18(土) 10:08
保護運動実施中

487 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/08/18(土) 13:53
>>479>>482>>484
その2人は仲良しだ、っていう話、どっかに出てなかったっけ?
>>485
嫌いだ、って思った人は、すぐ読まなくなって、
すぐ忘れちゃうのではないでしょうか。

488 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/08/18(土) 21:18
岡崎京子ってよく知らないんだけど事故?かなにかあったの?
なんの事故?いまも下北に住んでるのかな。リバーズ・エッジは
すごいよね。さくらの唄もいいけどちょっとレベルが違う感じ。すごい。

489 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/08/18(土) 23:32
レベルが違うとは思わんけど。

岡崎京子のことは、少女漫画スレの「岡崎京子」
見ればだいたいわかるかと。
http://salad.2ch.net/test/read.cgi?bbs=gcomic&key=978465706

490 :MM:2001/08/19(日) 10:23
違うのはレヴェルじゃなくてベクトルだと思う。
コミキューの対談(上條敦士との)で,「他にもいらないまんが家は沢山いるのに
どうして岡崎さんがこういう目に会わなければいけないんだ」というようなこと
を言ってなかったっけ?

491 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/08/19(日) 12:52
だからどういう目に逢ったの?絶対的なレヴェルが違う。岡崎>>安達

492 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/08/19(日) 13:19
>>489
見た。すごい事故だったんだね。回復して欲しいな。スレ違いで悪いけど

493 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/08/20(月) 01:35
  

494 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/08/20(月) 02:59
あげ

495 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/08/21(火) 08:56


496 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/08/21(火) 15:34
こうしてアンチの勝利でこのスレは沈むのであった・・・

497 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/08/21(火) 21:09
え?アンチが勝ってるの?
つか勝ち負けじゃねえだろ。

498 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/08/22(水) 06:23
>>490
ベクトルの違いを考慮しても、ヤパーリ岡崎>安達なのでは?
というか、扱ってるテーマ自体が、岡崎の方が深くて大きい。

「キラキラ!」「さくらの唄」あたりが安達のベストだと思うのだが、
それらのテーマが、青春の風景を描くことであるのに対し、
岡崎ベスト「リバーズエッジ」は社会や人間心理の根本に
ツッコミ入れてるので。(注・何がベストかは俺の主観)

…つか、別に比べなくていいか。逝ってきます…。

499 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/08/22(水) 09:02
テーマが広かったり深かったりするから偉いってもんじゃねえだろ。
俺にとっては岡崎から受けたものよりも、安達から受け取ったものの
方がはるかに深くて大きかった。

絵画だろうが音楽だろうが文学だろうが漫画だろうが
ひとによって受け取り方が違うのは当然。
絶対的な尺度などありえん。

あほか。

500 :名無しんぼ@お腹いっぱい :2001/08/22(水) 10:23
>499
テーマの深さ、広さの絶対性を否定しておいて、

>俺にとっては岡崎から受けたものよりも、安達から受け取ったものの
>方がはるかに深くて大きかった。

という結論はどうなん?
言いたい事はわかるんだけどさ。

501 :499:2001/08/22(水) 10:42
>>500
>>499の「絶対的な尺度」は「普遍的な尺度」に読み替えてくださいな。
各個人の中での絶対的な尺度というのは否定しない。
ただ、「その尺度は誰にでもあてはまるものではない」という意味。

502 :498:2001/08/22(水) 12:21
>>499
>絵画だろうが音楽だろうが文学だろうが漫画だろうが
>ひとによって受け取り方が違うのは当然。
そりゃそーだ。
もちろんそれを前提にした上での話です。

>テーマが広かったり深かったりするから偉いってもんじゃねえだろ。
岡崎の方が「偉い」と言ったわけではないんです。
>ヤパーリ岡崎>安達なのでは?
と書きましたが、これは単にテーマの大小を指しているだけ。
ま、確かにちょっと誤解を招く表現ではありますね。スマソ。

「どっちが偉いか」とかじゃなく、単に自分の好きな作家二人の違いを
比べてみただけ。

503 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/08/22(水) 12:31
安達氏は、
「あの頃の俺にとって大事だったものが
人生において1番美しいものだった」という事を
漫画で表現している様に思う。
岡崎氏は、
「私達の気持ちは、傍からみれば間違ってるように見えるかもしれないけど
とても大切なものなんだ」という事を表現しているように思う。

どっちも好きですが、問題あるの?

504 :498:2001/08/22(水) 12:40
夜中に真里ちゃん家にむかう場面。
履いてるのがサンダルとかじゃないのがリアル。

「ガサツな奴になりたいな」は俺的にかなりヒット。
KC1巻の中トビラ絵も好き。

初めて読んだのは10年近く前だが、すごい衝撃だった。
今読んでも…「切ねーなあ…オレ…ダメなんだよこーいうの」

「ものをつくっても、だれも見ちゃくれない」はその後の定番愚痴フレーズに。(w

505 :ABARA:2001/08/22(水) 12:43
安達はイイ
それでイイ

506 :498:2001/08/22(水) 12:47
>>503
>どっちも好きですが、問題あるの?
問題ないでしょう。

>岡崎氏は、
>「私達の気持ちは、傍からみれば間違ってるように見えるかもしれないけど
>とても大切なものなんだ」という事を表現しているように思う。
これはよく分からんのでもう少し聞いてみたいところですが、
ここでやるとスレ違いかな?

少女漫画板・岡崎京子
http://salad.2ch.net/test/read.cgi?bbs=gcomic&key=978465706

507 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/08/22(水) 12:48
↑逝け逝け逝ってこい。

508 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/08/22(水) 14:19
厨房にかぎって自分のシュミを必死に守るために相対主義をもちだす。

・・・そりゃあ岡崎>安達だろ。マトモな判断なら

509 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/08/22(水) 14:20
なにがマトモやねん死ね

510 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/08/22(水) 14:22
>>508
よかったね、おめでとう。

511 ::2001/08/22(水) 14:23
安達は今、麻雀マンガを連載しているが
ちょっと手抜きかな。
でも買ってしまうんだよね。

512 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/08/22(水) 14:39
だよな〜あれ絶対手ぇ抜いてるよ
ホレ↓
http://www.campus.ne.jp/~glabo/diary/butt.jpg

513 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/08/22(水) 15:53
>>512キモ…

514 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/08/22(水) 18:44
>>512
ひっかかっちったよ。

515 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/08/22(水) 19:31
>>509/510
日本語に不自由なんだね。哀れんでやるよ

516 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/08/22(水) 19:35
512はURLから推測するに、スカトロですかね?

517 :真里ちゃん語録:2001/08/22(水) 20:18
>>512
いったでしょ?もう近寄らないでよ
前からちょっと思ってたけど
あなたってやっぱり気持ちわるいわ

518 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/22(水) 20:50
ま、真里ちゃん…ハァハァ

519 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/08/22(水) 21:01
漏れはかつて、家計も顧みず、他の大学への学士入学を
目指したことがある。その時に心の支えとなったのがこの一冊だ。
第一志望への入学は果たしたが、それが今の自分にとってプラスに
なったとはあまり思えない。だが、自分を信じて一心不乱に進むことの
素晴らしさを、「さくらの唄」は教えてくれた。安達氏は良い仕事をした。

520 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/08/22(水) 22:08
>>515の言いたいことは結局何だったんですか?

521 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/08/22(水) 23:36
>>520
519はさぶいということ。

522 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/08/22(水) 23:44
才能:岡崎>安達 なんだろうけど
どうにも安達がすきなのです。
この漫画家がいてくれて有難うと思ったものです。

523 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/08/22(水) 23:49
好き嫌いはしょうがねえよな

524 :498です:2001/08/22(水) 23:55
好き嫌いはしょうがない。

525 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/08/23(木) 10:37
才能:岡崎>安達 てのがわからん

526 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/08/23(木) 10:50
>>525
厨房!

527 :525:2001/08/23(木) 11:02
わからんもんはしゃあないやろ!
それともお前オレにそれがわかるように
説明できんのか?

528 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/08/23(木) 11:28
>>525
説明できるけど面倒くさいからしない。しゃあないやろ?そりゃそーだっ☆

529 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/08/23(木) 11:33
なんか変な方向に行ってるなあ・・・
バカ姉弟はまだ単行本出ないのか?

530 :525:2001/08/23(木) 11:39
>>528
まあちょっとだけしてみてくれや

531 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/08/23(木) 11:48
安達って女のおでこ好きだよね。キショ

532 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/08/23(木) 12:00
                       くないよ。

533 :金春オヤジ語録:2001/08/23(木) 15:14
>>530
そこで氏んでみせろ
そしたら考えてもええぞ

534 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/08/23(木) 19:59
>>533
ウザイ

535 : :2001/08/23(木) 20:20
534=530(w

536 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/08/23(木) 23:44
藁藁藁藁

537 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/08/24(金) 00:14
さくらの唄ってタイトルがすでに山田太一のパクリ。
セリフまわしも山田のパクリ。だから時折ホームドラマっぽい。「フフ」。

538 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/08/24(金) 13:36
やっぱアンチいないと落ち着かないね。俺も「才能は岡崎>安達だと
思うけど安達好き」派

539 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/24(金) 15:23
でもさーそんな堂々とパクるかな?
パクリがバレた時の事を考えると、そんな堂々とはパクらないと思うんだけども。

540 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/08/24(金) 15:44
安達読歴は「キラキラ」から、(さかのぼって「ホワイトアルバム」)「さくら」
「おねえさん」までと順当に読んでいったのに、自分の立ち位置を考えたら、なんか
アンチ側にいるような気がしている。表現に対してあくなきチャレンジャーであった
ところは評価しているんだけど、その考え方とか精神面では否定している、といった
ところでしょうか。

ところで、ここのスレの書き込み読んでいたら、意外と?客観的な読み方をしているなあと
思われました。「共感」とか、それこそ「萌え〜」みたいなとか、そういう感じな
書き込みはほとんどない。で、自分が意外と客観的に見てないことに気がついた(W
「こいつむかつく〜!」という目で見ていましたです(鬱

541 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/08/24(金) 16:53
このスレむしろ「共感」ばっかじゃん。安達って、体系的で練られた筋を生む才能が
ないから文脈抜きのいかにもありがちなエピソードをほとんど無理矢理にツギハギ
している。読みの浅い読者はそれら個々の「出来事」に自己を投影し、有りもしない
過去を捏造する。浅薄なラストは表面的にしか受容することのない読者にカタルシスを
与えるために要請される。「めでたしめでたし」。

542 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/08/24(金) 20:40
はいはい、よかったね。

543 :安達ファソですけど:2001/08/24(金) 20:49
>>541
なるほど、「評価」「感動」じゃなくって「共感」ってことね。
なかなか鋭いね。
この人(541)、文体のせいで一見ファンにケンカ売ってるみたいに見えるけど、
いいこと行ってるような気がする。

544 :バカ姉弟を楽しもう:2001/08/24(金) 22:16
 表現に化かされることはよくあることだと最近つくづく思った。
論敵などそもそも居はしなかっただけだ。
そして衰弱とは無意思のことだ。
 安達氏は類を見ない優れた漫画家で、今週号も、やっぱりよかった。

545 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/08/25(土) 01:02
要はさくらの唄は「癒し系」なわけだね。

546 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/08/25(土) 11:55
ハァ!?

547 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/08/25(土) 14:58
>>541
特に「キラキラ!」がそんな感じの作品ですね。
僕はそんな感じが好きなので、なんともアレですが。
「自己肯定」という言葉を勝手に作って思慮に耽ったりしたくなる、
そんな漫画?安達作品は?癒してくれても「癒し系」じゃないとは思うけど。

ド素人時代にキバヤシに捕まった漫画家なのに、
今のポジションはほぼ奇跡と言って良いように思う。
ただ、ストーリーを構成する能力が培われなかったのだとしたら
不幸なことかも。

548 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/25(土) 15:29
頑張って!

549 :バカ姉弟を楽しもう:2001/08/25(土) 18:43
われながら、544で言いたかったことは、たぶん・・・

 客観性の陰に衰弱があって、そういうのが論敵を探している。
論敵などは幻だ、本当の敵は自分だけだと多くの人は知っているから、
情けない主人公は自分のことだと身に沁みてわかっている。
そういう読み方ができないのは表現に化かされた意思無能力者だけで、
他人の努力を笑い他人の感じたところを貶すのは、そういうことが
面白くも何ともないと感じられないほどに衰弱した心根にすぎず、
ついには不感症を誇って淫乱をもまた誇ることになる。
 皆大切なことだけを言いたいと思っているから、自分の読んだ姿で語る。
そう出来ないのは、表現を盲信して自分なりに読めず、その感想のないことが
感想になり、それを表現する必要を自分の中にしか求められない人だ。
そうやって表現に化かされている人だ。
 僕はアンチのアンチだ。
 岡崎京子さんという人は知らないし興味もない。

・・・というようなことだったのだが、こういうことは言いたくないし
厭なことだから妙な書き方をしてしまったので。こう書いても厭な気持ちは
抜けきらないけれど。

550 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/08/25(土) 19:34
>>549
あまりにも悪文すぎると思います。
もう少し分かりやすく書いてください。
せっかくおもしろそうなことを言っているようなので。
(煽りじゃないよ)

551 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/25(土) 22:36


552 :チーム赤貝:2001/08/26(日) 04:33
安芸

553 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/08/26(日) 12:23
>549
ただのポエムじゃん(ファーア

554 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/08/26(日) 14:11
>>549
ここで自分の書いたことを知り合い10人くらいに読んでもらってください。
たぶん意味を理解してくれる人は一人もいないと思います。
どこをどう直せばいいかわからないほど支離滅裂な文ですが、
せっかくだから一つだけ間違いの例を挙げてみましょうか。
冒頭の「われながら」が全く意味不明です。

555 :バカ姉弟を楽しもう:2001/08/26(日) 17:47
 >>550
 言いっぱなしで無責任だとは思うけど、これ以上わかりやすく書けそうもありません。
僕が拙いのが一番の原因だけど、こういう人を攻撃するために書かれたものは
悪い内容にきまってるから悪文になるとも言い訳したくなる。
 549は自分で読んでも醜悪だと思うし、そこから好い語り合いが
生まれるとも思えない。黙殺してください。反省しています。

556 :バカ姉弟を楽しもう:2001/08/26(日) 18:08
 >>554
 「われながら」は、「自分の言ったことだけれど」かつ「それを自分で詳しく言うと」
というような意味だったんだけど、おかしかったですか?
スレの趣旨からはずれるから、ご好意があったら直接送って教えてください。

557 :554じゃないが:2001/08/26(日) 18:25
>>556
>「われながら」は、「自分の言ったことだけれど」かつ「それを自分で詳しく言うと」
>というような意味だったんだけど

文法的にもおかしいけど、それ以前に。

「自分の言ったことだけれど」と書きたい場合は、
「自分のいったことだけれど」と書きます。
それをわざわざ「われながら」なんて書く理由がわからん。
「われながら」という言い回しを使ってみたかったのかな?

夏休みの工房でしょ?いいですか、難しい言葉を使っても頭良くは見えませんよ。
本当に頭のいい人は、難しい内容を簡単な言葉で表現できるのです。
わかりまちたか?
個人的には、現役の高校生が安達作品を読むとどんな感想を抱くのか興味があっただけに、
非常に残念です。

558 :バカ姉弟を楽しもう:2001/08/26(日) 18:42
 >>557
 文法的におかしいところは直接送ってください。
 直叙を薦める気持ちは受け取りました。
 僕の書いた文章でそんなに苛立たせてしまったのは結構心外ですが・・・。

559 :554じゃないが:2001/08/26(日) 18:56
>>558
>文法的におかしいところは直接送ってください
めんどくさいからイヤです。俺は君の先生じゃないし。
世の中、君のためにわざわざ手間ヒマかけてくれる人ばかりいるわけじゃないよ。
よい文章が書けるようがんばってください、とは心から思うけど。

無関係なレスをだらだら続けてスマソ。自分の工房時代を思い出してしまい
ほっとけなかったので。>ALL

560 :バカ姉弟を楽しもう:2001/08/26(日) 20:21
 わかっている筈なので、こういう話はこれでおしまい。
 もう厭になった。

561 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/26(日) 20:38
何の話やねん?

562 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/08/27(月) 01:43
このスレの影響で今日文庫本買ったage

563 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/08/27(月) 01:51
>>562
率直な感想きぼーん

564 : :2001/08/27(月) 02:20
リアルタイムで読んでた俺は,あの最終回で救われた気持ちになったよ。
そして,ノヒラは良い。いいね。

565 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/08/27(月) 02:27
>>564
俺は、最終回は屈折したギャグだと思った。
読者に対して「ネタニマジレスカコワルイヨ」って言ってるみたい。
要するに、それまでの耽美的な物語を、
「全部ネタでしたー!」って言ってるような。
で、開き直った作者が、
最初っからネタスレとして立てたのが「お天気お姉さん」。

…っていう例えはどうよ?

566 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/08/27 11:15 ID:z6FwEQPE
ちょっとコジツケかな?

567 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/08/27 17:29 ID:sQf6tCEE
age

568 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/08/27 21:02 ID:OqKXpt.A
安達はムッツリスケベだがエロ漫画家ではない。

彼の作品は好きで全部読んでいると思ってたが、「米?」と言うのが
分からない。教えておくれ。

569 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/08/27 21:04 ID:OqKXpt.A
「幸せのひこうき雲」がイイ!
でも好きなのは「キラキラ」と言うか、恵美理。

570 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/08/27 21:24 ID:a4qDlmmE
>>568
「米?」っていうのはいつ、どこで登場した物ですか?
漫画なのかな?
>>569
恵美「里」、です。

曜日の表示がなくなって、ID表示されるようになってる。
帰省中になにがあったのだろう。

571 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/08/27 22:23 ID:OqKXpt.A
>>570さん、ごめん、恵美里ね。

>>224で、読み切りとかで「米」とか。知らない。鬱だ。

他の板でも出るようになったところがあるね。

572 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/08/27 22:26 ID:OqKXpt.A
しかしここのスレタイ、凄いとまで書かれるとさすがにちょっと。。。

おいらはデコってより、頭の形が可愛い娘が好きなだけなの。

573 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/08/27 22:36 ID:LCBdL8mw
>>570
ヤンマガ作家が原作者つきでシリーズ読みきりやっていたのを
まとめたのが「米」っていうアンソロジー単行本。

その中で安達は
志村翔の原作で「とんび」っていう短編を書いていた。

574 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/08/27 22:45 ID:OqKXpt.A
>>573
ありがと。早速調べてみるよ。
このスレと2ちゃんねらーに感謝!

575 :名無しさん:01/08/28 01:21 ID:sT5Q.Vcg
>>523
そのコメントの仕方って……本人?

576 :名無しさん:01/08/28 01:22 ID:sT5Q.Vcg

間違えた。
>>572です。

577 :562:01/08/28 03:55 ID:VYlxsQqs
リアルタイムで読んだ当時は、若者の夢を潰す金春叔父が
許せなかったが、今は金春の言ってることって正しいやん、
とか思っちゃったり。外出の意見だが。

改めて読むと、作品の内容よりもここまで内的世界を
露出できる作者に感心した。

578 :572:01/08/28 19:55 ID:0L1ceYyM


579 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/08/29 20:23 ID:hLniQwwU
>>578
君の文章を普通に読んだら、安達哲本人がレスしてるようにしか
読めないと思うんだけど・・・

580 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/08/30 00:34 ID:3rpJKL6o
本人なら、それはそれでいいんだけど、
多分違うと思う。

581 :575=576:01/08/31 03:04 ID:9Sd6otr.
>572のコメントってなんか本人がこのスレを見ての
感想だったりして……と思ったもので。
違ったらゴメソ

582 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/08/31 03:35 ID:6P7nhQ2A
私も「お天気お姉さん」で?なネタがあります。

仲代桂子が「辻説法」だかなんだかをしている
シーンがあったと思うのですが、
「納豆をもっと安くしろー!」(うろ覚え)
って叫んでるのがかなり意味不明でした。
単行本収録時にはそのセリフが削られていたのでさらに謎。
(そのセリフに)深い意味はないのかもしれないけど、
なぜだか記憶に強く、残ってしまってます。

583 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/08/31 03:36 ID:6P7nhQ2A
つけたすと、私は「辻説法」(うろ覚え)
自体もなんのことやらわかりません。

584 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/08/31 22:05 ID:i0ukeJFc
辻説法って、
お坊さんが道端でありがたいお話を聞かせてくれるやつ
だったと思います。

585 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/08/31 22:26 ID:mVIAB6Ho
転じて、政治家の街頭演説のことも辻説法といいます。

586 :名無しさん:01/09/01 00:37 ID:ViubSVDU
>582
ヤンマガ掲載時、そのシーンには
「矢鴨は食ってしまえ」ってのもあったね。

587 :名無しんぼ@お腹いっぱい:01/09/01 08:24 ID:9EYBy4Tc
「矢鴨は食ってしまえ」は、
桂子がワイドショーのゲストに出た時に
まいたビラに書いてあります。
単行本にも載ってますよ。

588 :名無しさん:01/09/01 08:45 ID:ViubSVDU
>587
ああ、そうだった……。
確認せずに書き込んでしまった。スマソ
逝ってきます。

589 :572:01/09/02 00:00 ID:kCxo3Mt6
575=576,579
違うよ。変な書き方してごめん。

141 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)