5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

俺はユンだけど、なんかある?

1 :ユン&ヤン:01/09/18 14:21
ユン「まぁ、適当に答えてやるよ。」
ヤン「軽率過ぎる…まったく…」
ユン「んだとぉ〜」
ヤン「取り合えず、僕達で答えられる事は極力返答するよ。」
ユン「俺達は日本じゃネェからなぁ〜、時差あっけど、まっよろしく!」
ヤン「兄貴は・・・まったく・・・」

2 :以上、自作自演でした。:01/09/18 14:22
だれ、君?

3 :以上、自作自演でした。:01/09/18 14:23
ヨンは?

4 :ユン&ヤン:01/09/18 14:26
ユン「>>2 イキナリ凹むような事言わないでくれよ…」
ヤン「俺が説明しよう・・・ストリートファイター3シリーズ、
カプコンVSSNK2で参加しているファイターの一人だ。
最も、僕は陰のような存在だけどね。」
ユン「まっ、俺が主役って事か。」
ヤン「まったく…」

5 :以上、自作自演でした。:01/09/18 14:27
ドリルちんちんは無しよ

6 :以上、自作自演でした。:01/09/18 14:29
バラでマンコだけ売ってないスかね?

7 :ユン&ヤン:01/09/18 14:29
ユン「>>3 そういやぁ〜そんな奴いたかなぁ〜…
わかんねぇ〜なぁ〜、よしっ!!ヤン!!お前が今日からヨンだ!」
ヤン「兄貴!!滅茶苦茶じゃないか!!まったく…気にしないでくれ・・・
ヨンと言う人は、少なくとも僕は知らない。人違いだろう。」

8 :スー&チー&パイ:01/09/18 14:32
はじめまして

9 :ユン&ヤン:01/09/18 14:33
ユン「うっわぁ〜返答しにくいなぁ〜>>5>>6……よしっ!!ヤン!!
任せた!!」
ヤン「兄貴っ!!・・・・・・勘弁してくれ・・・
取り合えず、>>5さん、ごもっともです。
続いて、>>6さん、無理だと思いますよ…」
ユン「以上!!」
ヤン「先が思いやられる…」
ユン「その前に落ちるだろ?」

10 :ダイ&サン&ゲン:01/09/18 14:34
>8
お前たちばかりにイイカッコさせねぇぜ!

11 :ユン&ヤン:01/09/18 14:35
ユン「>>8!!はじめまして!!まぁ、気軽に質問してくれや!」
ヤン「気軽過ぎるのも…難有りだが…」
ユン「細かい事は気にすんなって!」
ヤン「ふぅ…」

12 :以上、自作自演でした。:01/09/18 14:37
なんで、タイトルは「ユン&ヤン」じゃないの?

13 :ユン&ヤン:01/09/18 14:38
ユン「>>10、麻雀ネタかよ!!」
ヤン「そうだな…それでは、九種九牌でお流れというのはどうだろう?」
ユン「何のこったか…」

14 :ユン&ヤン:01/09/18 14:42
ユン「>>12、それには深い理由があるんだ。」
ヤン「俺が説明するよ。このスレッドは兄貴の独断で立てられたんだ。
僕は立てられた後に呼ばれてここに来た…
まったく…良いとばっちりだよ…」
ユン「んぁ?何か言ったか?」
ヤン「聞えているくせに…」

15 :以上、自作自演でした。:01/09/18 14:48
ガンダムWのデュオとトロワ?

16 :以上、自作自演でした。:01/09/18 14:50
あれ?アケ板のロックスレにいたユン?
人違いだったらスマソ

17 :以上、自作自演でした。:01/09/18 14:55
麻倉兄弟は知ってる?

18 :ユン&ヤン:01/09/18 14:55
ユン「オイッ>>15!!言っとくけどな!!あいつ等の方が真似してるんだ!!
俺達はパクリじゃねぇ!!」
ヤン「兄貴…言い訳に無理が有る……>>15さん、
髪型や性格設定、年齢…確かに共通点は有る。
しかし、僕はサーカス等参加したことも無いし、
兄貴は、死神でもなんでも無い…」
ユン「まっ!世の中似た人は三人居るってんだ。さがしゃ他に居るかもよ?」
ヤン「……兄貴……フォローになってないと思うんだが…」

19 :ユン&ヤン:01/09/18 14:58
ユン「おうっ!>>16!!よく解ったな!」
ヤン「フム…指摘が有ったのでね…郷にいっては郷に従え…
主旨しない場所で有れ以上続けては、無礼になると思ったのでね。」
ユン「そっ!!だからここに立てた!これなら…駄スレにならない限り文句は出ないだろう?」
ヤン「………少し軽率過ぎたけどね・・・」

20 :ユン&ヤン:01/09/18 15:00
ユン「>>17、麻倉兄弟?しらねぇ〜なぁ〜」
ヤン「すまない…俺も解らないな…」
ユン「浅倉大介の兄弟か?」
ヤン「字が違うよ…兄貴…」

21 :以上、自作自演でした。:01/09/18 15:01
ゴキ神とゴキっちは?

22 :以上、自作自演でした。:01/09/18 15:05
ユンってギャグキャラだよね

23 ::01/09/18 15:06
・・・・・・・・・・・・?!・・・・・・・!!!!!

24 :ユン&ヤン:01/09/18 15:08
ユン「おいっ!ヤン!!なんだぁ〜ゴキ神とゴキっちって?」
ヤン「俺にも解らない…多分…ゴウキ関係だとは思うんだが…」
ユン「>>21、何なんだぁ?そりゃ?」
ヤン「兄貴!もっと穏便に聞けよ…………」

25 :以上、自作自演でした。:01/09/18 15:10
ひょっとしてなりきり板初心者の方ですか?(イヤミじゃないよ)
麻倉兄弟、ゴキブリ共に、2人(?)で掛け合いするスレだよ。
知っててボケてたらごめん

26 :ユン&ヤン:01/09/18 15:13
ユン「んだとぉ〜!!>>22!!俺ぁ〜ギャグなんかじゃねぇよ!!
って、俺逆切れかよ!!」
ヤン「少しは節操を持ってくれ…兄貴…」

ユン「おいっ!!Q!!っつっても、言葉通じないんだよなぁ〜
おいっ!!このロボット刑事野郎!!正義を見せろ!!
ロボである事に恥を覚えろ!!この腐れポンコツ野郎!!
ふぅ〜スッキリしたぜぇ〜」
ヤン「俺は何も聞いていない…関わるのはごめんだ…」
ユン「俺だけかよっ!!ヤン!!お前もなんか言えよ!!」
ヤン「断る…後が怖いからな…」

27 :ユン&ヤン:01/09/18 15:17
ユン「>>25、ありがとなっ!!ここ来るのは初めてなんだよっ」
ヤン「初めてなのに…スレッドを立てた兄貴も兄貴だ…」
ユン「あ〜解ったよ!!俺が悪ぅ御座いました…っと、」
ヤン「まったく…>>25さん、忠告どうもありがとう。
今後のその言葉を覚えておくよ。」

28 :以上、自作自演でした。:01/09/18 15:18
今時、「>>」を使ってはイカーン!
「>」を使いなさい。(そして、かちゅ〜しゃ推奨)

29 :以上、自作自演でした。:01/09/18 15:20
で?好みのタイプの女の子は?
ユリアン?

30 :ユン&ヤン:01/09/18 15:26
ユン「>28、すまねぇ…ここにはそんなルールがあったんだな…
以後注意するよ。」
ヤン「まったくだ、忠告されるだけありがたいと思わねば、第一!
兄貴が勝手にスレッドを立てるから!!」
ユン「わぁ〜ったわぁ〜った!!注意するよ。」

ユン「>29、好みのタイプ?…ああっ…居るには居るけどな……
ここじゃ言えねぇや、
気になるんだったらストV俺達でクリアーしたら見れるぜ。
なぁ?ヤン」
ヤン「あっ!!ああっ…そうだな…」

31 :以上、自作自演でした。:01/09/18 15:28
中国語で会話して下さい。

32 :ほたる:01/09/18 15:28
あら?ユンさん…こちらにスレ立てたんですか…(にこ)
頑張って下さい…(お辞儀)

(けっ…行儀良くするのも楽じゃねーや
 …あとでモク吸ってこよ…)

33 :以上、自作自演でした。:01/09/18 15:44
今年でいくつになった?

34 :以上、自作自演でした。:01/09/18 15:46
ユンはヤンの
ヤンはユンの
お互いの長所を言い合って下さい

35 :以上、自作自演でした。:01/09/18 15:47
>>→>に変更希望
この板の常識
あなた誰?

36 :ユン&ヤン:01/09/18 15:48
ユン「あぁ〜中国語かぁ〜おいっ!!ヤン!!タモリ呼んで来い!!」
ヤン「!!!はぁ?兄貴…何言ってるんだ?」
ユン「>31が中国語話せって…」
ヤン「忘れたのか!?俺達は香港人だぞ…」
ユン「だったら…話せよ…ヤン」
ヤン「……・・・・・・・早急にタモリを呼んでこよう・・・」

ユン「おうっ!ほたる!!ここでも相変わらず猫被ってんなぁ。
まっ、裏表の無い女ってのにも飽きてた頃だ。」
ヤン「まったく…調子が良いな…俺はあんまり好きじゃない…」
ユン「かったいねぇ〜、そんなんじゃ俺を超える事は出来ないぜっ!」
ヤン「クンフーと女性は関係無い…」
ユン「へいへいっと」
ヤン「今日はもう遅い…ここからは明日にまわそう…」
ユン「ふぁぁ〜、んじゃ!!そろそろ寝るわ!また明日な!!」

37 :以上、自作自演でした。:01/09/19 09:32
正直ユンよりヤンの方がカッコイイと思う

38 :以上、自作自演でした。:01/09/19 10:06
>36
日本と香港の時差は−1時間。
36の時点で14:48ですが、もう寝るんですか?

39 :ユン&ヤン:01/09/19 11:02
ユン「おうっ、>33、今年で年いくつかって?…ん〜、なぁ?ヤン俺達いくつだ?」
ヤン「………ある意味…永遠の謎だな…それは…しかし、これだけは言える。」
ユン「なんだぁ?」
ヤン「春麗だけは、確実に年をとっている……」
ユン「がぁっ…そっ…それを言ったらお前…俺ぁしらねぇ〜」
ヤン「ん?何か問題があるのか…?兄貴…」

ユン「おうっ!>34、えぇっと、お互いの長所かぁ〜、んじゃ俺から…
ヤンは、何でもかんでも計算して、頭が硬いと言うかなんというか…
んで、足癖だったら俺より悪いからなぁ〜、まっ、俺の方が強いんだけどね。」
ヤン「俺の番だな…兄貴は、ガサツで、粗野で短気、おまけに無鉄砲だ。
よくとばっちりを受けるよ…」
ユン「…………短所にも…聞えるよな…」
ヤン「俺も同感だ…」

40 :ユン&ヤン:01/09/19 11:12
ヤン「>35さん、兄に代わって謝罪します。申し訳ありませんでした。
以後注意します。」
ユン「本当にすまねぇ…アケ板から移民して来たんだけど、悪気は無かったんだ。」
ヤン「もう一度謝罪申し上げます…」

ヤン「やはり、解る人には解るという物だな…俺の勝ちだ…兄貴。」
ユン「ってっめぇ〜!!おいっ!!>37!!俺の何処がこのヤンに劣ってるんだよっ!!」
ヤン「その帽子だろう?この前リュウに忠告されただろう?」
ユン「…るせぇ」

41 :ユン&ヤン:01/09/19 11:18
ユン「おおっ、すげぇな、>38、そうっ、俺達は香港に居るわけじゃないんだ。
ケン・マスターズの誘いでアメリカに居るんだよ。」
ヤン「香港の平和は、一応なりに保って居られてるからね。ちょっとした物見遊山だよ。」
ユン「そう言うこった!!んじゃぁな!!」

42 :ユン&ヤン:01/09/19 12:38
ユン「あんまり上がらネェなぁ〜」
ヤン「兄さんがsageばっかり使うからだろう…」
ユン「いやっ、新参者がでしゃばっちゃ悪いと思ってよぉ。」
ヤン「!!?兄貴にそんな考えがあったのか!?」
ユン「喧嘩売ってんのかぁ〜、ったく…色々ルールってのが有るだろうからな、
それ解るまではあんまりうごかねぇ方が良いと思ってよ。」
ヤン「少し驚いたよ…兄貴がそこまで考えていたなんて…」

43 :以上、自作自演でした。:01/09/19 12:41
カプコンの女の子で誰が一番好み?

44 :ユン&ヤン:01/09/19 12:51
ユン「そうだなぁ〜、マキなんてどうだ?
結構張り合い有りそうだぜ?まぁ、女の子っつぅ〜より、
アリャ男女だけどな。」
ヤン「また問題発言をする…懲りないな…兄貴も…」
ユン「んなことより、ヤン!お前は誰が良いんだ?」
ヤン「愚にもつかないよ…強いて言えば…ローズさんだな…
物腰穏やかで、まるで日本の大和撫子のようだからな。」

45 :以上、自作自演でした。:01/09/19 14:29
いつも帽子…もしかして若ハゲ・・・ゲフンゲフン

46 :以上、自作自演でした。:01/09/19 14:35
ジャンケンしない?

47 :以上、自作自演でした。:01/09/19 15:00
カプエス2のチュンとの対戦前デモ…
決めセリフ無視されてるよ…(;´Д`)

48 :以上、自作自演でした。:01/09/19 20:19
どっちが受け?ってのは既出かいな

49 :ユン&ヤン:01/09/20 10:28
ユン「あー!!、あのケンの野郎!!むかつくぅ!!」
ヤン「すまないな、兄貴先ほどの試合でケン・マスターズにやられてしまってね…
気分が優れない様なんだ。今日は変わりに僕が進行するよ…
と言ってもいつもと同じだが…」

ヤン「>45さん、僕も前前から気になっていたんだ…
ホント四六時中被ってるからね…
そう言えば、同じ帽子キャラでもテリーとクラークはあまり言われないな…
確かに、カプコンのキャラクターには一風変わったのが多いからね、
わかハゲと言うのも、有り得るだろうね。」
ユン「……聞こえてるぞっ!!てめぇら!!」
ヤン「まずいッ!ここは一先ず逃げよう!!」

ヤン「>46、フム…ジャンケンか…面白い、やろうか。」
ユン「だっさなきゃ負けよ!!ジャンケンホイッ!!」
ヤン「あぁっ!!何なんだイキナリ!!」
ユン「お前出さなかったから俺の勝ちぃ〜」
ヤン「子供じゃあるまいし…」

50 :ユン&ヤン:01/09/20 10:38
ヤン「>47、そうだな、確かにあれは哀れでしょうがないよ。」
ユン「オバハンにゃぁ俺の魅力ってもんがわかんねぇんだよ!!」
ヤン「そう言う事を言うから無視されるんじゃないのか?兄貴」
ユン「おっ!それ言えてるかもな、んじゃ…なんて言おう…う〜ん…」
ヤン「まったく…他人の長所を素早く見ぬけないのは、洞察力が鈍い証拠だぞ・・兄貴」
ユン「るっさいなぁ〜」

ヤン「>48さん、どっちが受けか等考えた事も無かったな…
僕のスタイルは受けと言うよりいなし技が多いからね。
流水の様に動き、相手の懐に入り込み急所を刺す。
これが僕の闘いのスタイルだ。
最も力及ばない相手が多いから、脚技を鍛えある一定の距離からでも、
相手の急所を刺せる様、日頃からクンフーは欠かさないよ。」
ユン「あのなぁ〜、この場合の受けはそう言う意味じゃないと思うんだが…」

51 :以上、自作自演でした。:01/09/20 12:23
ユン=明るいスケベ
ヤン=むっつりスケベ
こんなイメージ

52 :ユン&ヤン:01/09/20 12:36
ヤン「>51…人聞きの悪い事は止めてくれ…俺は女には今は興味が無いんだ。
日々クンフーを積み、兄貴に勝つ。それが今の目的だ…」
ユン「おぉ〜、あんなところにビキニ姿のアテナがぁっ!!」
ヤン「…………………」
ユン「お前…かなり無理してるな…」
ヤン「放っておいてくれ・・・」

53 :以上、自作自演でした。:01/09/20 13:15
そっかぁ〜〜イーグルと気が合いそうだね>ヤン

54 :つんり@33歳:01/09/21 09:11
>ユン「オバハンにゃぁ俺の魅力ってもんがわかんねぇんだよ!!」
ん?なんか言った?(#^^)
気功掌と千烈脚どっちが好きかしら?(メ^^)

55 :ユン&ヤン:01/09/21 12:19
ユン「おうっ!!今日は食当たりでダウン寸前だったぜ!!
まっ、俺程の胃腸の強さ持ってたら、どうって事無いけどな。」
ヤン「やせ我慢だな…兄貴…しかし、アメリカのガソリンスタンドのバーガー…
酷過ぎる…思い出しただけでも…ウッ…」
ユン「だらしねぇなぁ〜、そもそもお前が、「アメリカの中華料理は中華料理では無い…」
って言ってたからバーガーにしたんだぞ…それを何だぁ。」
ヤン「悪かった…何でも食べる…なんでも我慢する…」
ユン「そうそう、それが一番!!」
ヤン「だっダメだ…我慢できない!!」
ユン「あぁ〜あ、だっらしねぇなぁ〜便所に走って行きやがった…」

56 :ユン&ヤン:01/09/21 12:23
ユン「>53、実はな…ヤンのやつ・・・
オレに黙ってそういう系の本とか隠し持ってんだぜ…
内緒だけどな…」
ヤン「ウグッ…気持ち悪い…
なんだ?兄貴?にやけたりして?」
ユン「何でもねぇよッ、それより大丈夫か?」
ヤン「き・・気持ち悪いな…兄貴が心配するなんて・・・」
ユン「んな時もあるさ」

57 :ユン&ヤン:01/09/21 12:27
ユン「>54、でっ出たぁ!!」
ヤン「身から出た錆だ…俺は知らない…」
ユン「にげんなよ!!ヤン!!一緒に闘おうぜ。」
ヤン「闘うより以前に、謝罪だろう…普通…あれだけ「おばはん」だの
「行き遅れ」だの「年増」だの言ったんだからな…」
ユン「…ん?待てよ…俺は「オバハン」とは言ったが…それ以外は…」
ヤン「しっ!!しまった!!」

58 :いぶき:01/09/21 12:43
っていうかさ、弟君の方は前髪がスネ夫に見えちゃってしょうがないんだけど。

59 :ユン&ヤン:01/09/21 12:52
ユン「だから言ったろぉ〜、
そんなんじゃ何時まで経ってもスネチャマだって。」
ヤン「きっ…気にしている事を…しかし、いぶき…
これだけ言っておこう、八神は、スネオじゃないのか?
トロワは?僕だけを…スネチャマ呼ばわりしないで欲しい。」
ユン「かぁ〜、ムキになっちゃってさぁ〜」
ヤン「茶化さないでくれ!!兄貴!!もし俺がスネチャマなら…
兄貴は、親戚の叔父さんに売られたスネオの兄弟と言うことになるんだぞ…
ユン「良いじゃねぇか、親戚の叔父さんって芸能界とか色んな業界に精通してんだろ?」
ヤン「そういう設定もあったな…」
ユン「まっ、どっちにしても…お前はスネオだ。」
ヤン「断定しないでくれ!!」

60 :以上、自作自演でした。:01/09/21 13:16
カプエス2より
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
ブランカ「だだがうどぎ、アダマのなが、マッジロだ!」
ユン「やべっ!俺もだ。まさか、同レベル?」
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
同レベルはマジでやばいよ…

61 :ユン&ヤン:01/09/21 13:27
ユン「いやッ…なんつぅ〜かなぁ〜、切れちまった時とか、やべぇ時ってさ、
つい…な、頭真っ白になっちまうんだよ…
直そうにもこりゃ俺のスタイル見たいなもんでなぁ〜
正直、直んネェな。」
ヤン「まったく、それでよく今まで勝ててきたのか不思議だな…
戦いとは、己の力量と相手の力量を比べ、そこから弱点を見付け、
そこを突く…力任せの技では、連勝など出来ないはずだがな…」
ユン「とは言うけどなぁ〜、やっぱりそう言うの性に合わねぇや。」
ヤン「フゥ…いつか俺に超えられた時にでも気付くさ。」
ユン「一生来ないだろうけどな!」
ヤン「まったく、参ったよその減らず口には・・・」
ユン「へっへぇ〜、俺の勝ちぃ〜」

62 :ロック:01/09/21 16:02
はあ、はあ、はあ……あ、いや、別に暗黒の血が騒いでたわけじゃなくて……。
いっぺん深呼吸しよう……ここ、なんかアーケード板と比べてやけに女の子多いから、
ここに着くまで妙に緊張しちゃってさ……ふー(汗ふきふき)。
そっか、ここにあったんだな、お前達の板。来るの遅くなってゴメン。
実は、俺の板立ち上げた奴が、ここの存在を知らなかったっていうだけの事なんだけど。
間抜けな管理者だよな。立ち上げるなら、ちゃんと調べてからにしてくれよって
きつく言っといたけど。
やっぱりここに移動してきた方がいいのかな……でも、ここの空気って、やっぱり
俺には馴染めなさそうな気がするんだ。
お前達も色々大変だろうけど、頑張ってな。
それじゃ、また来るからさ。

63 :ユン&ヤン:01/09/21 16:13
ユン「そうなんだよなぁ〜、
最初はここが有るなんて知らなかったからなぁ〜
ロックんとこのレスで初めて忠告されて、見付けたらうずうずしてきてな、
居ても立っても居られ無くなって立てちまったんだけど…
場違いか?ってぐれぇ〜あがんねぇんだよ…」
ヤン「忍耐とは最大の努力也……何事も忍耐だ、兄貴…」
ユン「だとさッ…要するに皆に馴染む為には時間が必要ってことだろ?」
ヤン「そうだな…だが、俺としてはあまりあがらず一日、
2・3レス有ればそれで良いと思っている。」
ユン「この際、贅沢は言えねぇわな…そりゃ…」
ヤン「ロックも頑張ってくれ、俺達も極力頑張るつもりだ。」
ユン「そう言うこった、じゃぁな!がんばれよっ!!ロック!!」
ヤン「もし機会があれば、今度一緒に組もう…
君とは気が合いそうだ。無論、無理にとは言わないよ。
敵として会えば、容赦はしない…
共に良き好敵手として頑張ろう。それでは」

64 :いしかわ:01/09/21 16:16
こぎゃる
http://www2u.biglobe.ne.jp/~hole/

65 :ユン&ヤン:01/09/21 16:20
ユン「ん?スレ違いか?いしかわ?」
ヤン「ふむ…君子危うきに近寄らず…
   あまり不注意に踏まない方が良いだろう…
ユン「そっ、そうなのか??」
ヤン「そう言う物だろう…普通…」

66 :以上、自作自演でした。:01/09/21 16:32
そりゃマイナーだも…ゲフンゲフン
だれもキム・カッファンの双子なんて覚えてないよ

67 :ユン&ヤン:01/09/21 16:39
ユン「違うわぁぁ!!誰があの糞テコンドー使いの息子だ!!
   人違いも甚だしいぜ…ったく…」
ヤン「また問題発言を…当人が着たらどうするつもりなんだ?
   兄貴…」
ユン「ウッ…そうだな…んじゃぁ、俺達は、あんな偽善振りかざして、
   犯罪者に格闘技教えて自己満足してる奴の息子じゃないぜ。
   第一、息子のたちの悪さを直してやれ!!って、言いたいぜ。」
ヤン「兄貴なりの丁寧だろうが……フゥ〜…先が思いやられる…」
ユン「それにしても…俺達ってマイナーなのか?ヤン」
ヤン「……………周りの反応を見れば…解るだろう?」
ユン「はぁ〜、だな…」

68 :ユン&ヤン:01/09/21 16:57
ユン「やっぱり…マイナーなんだな…俺達…」
ヤン「何かとマネキャラと言われるだけあって、
   まともに取り合ってくれそうにも無いな…
ユン「助っ人,用意するか…」
ヤン「あいつ等の力まで借りるつもりか?兄貴?」
ユン「なぁ〜に、よびゃすぐ来るさ。」
ヤン「あまり、賛成できないが…」
ユン「兎に角今日は早く寝ようぜ、明日に差し支える。」
ヤン「そうだな…そうし様・・・」

69 :リムルル@修羅 ◆/TSQeOhE :01/09/21 23:42
あ・・・ヤンさんはじめまして・・・(ふかぶか)
私、リムルルヨロシクね・・・姉様がお世話になったみたいだね・・・^^

うんとねうんとね・・・(゚o゚)
かぷえすひどいよね・・・><
弟妹キャラが差別されているよTT
アンディさんも私もヤンさんもでてないよ・・・・
出てるのはユリさんぐらいだね・・・ひどいよね・・・
・・・あ・・・愚痴になっちゃった・・・ごめんね・・・TT

70 :以上、自作自演でした。:01/09/22 04:47
かっこいい名前ですね。
由来を教えてください。

71 :ユン&ヤン:01/09/22 06:55
ヤン「リムルル…悲観に浸って居る時に水を刺す様で悪いんだが…
   一応,カプエス2で俺は出てるんだ…何と言って良いのか思いつかないが…
   君にはまだ…PC用のADVが有るじゃないか。」
ユン「あぁ〜あぁ〜、ちょっと良いか?」
ヤン「うん?なんだ?兄貴。」
ユン「本当に可哀想なキャラって…いっぱい居るぜ?」
ヤン「そうだな、アレックス、K’、一文字伐、楓…その他色々な…」
ユン「俺達・・・有る意味すげぇ幸せなんだな…ってさ、思ったわけよ。」
ヤン「そうだな…リムルル、君の分までお姉さんが頑張るだろう。応援する事だな、
   そうすれば,せめてバックグラウンドぐらいには出れるんじゃないか?」
ユン「そう言うこった!、んな凹んでも何も出ないぜ!」

72 :ユン&ヤン:01/09/22 07:00
ユン「おうっ!>70!!あんがとな!初めてじゃねぇか?
   かっこいいとか、名前だとかってのは?」
ヤン「うむ…そうだな、それより名前の由来だが…
   名付け親自体に聞いた事が無いから解らないが、憶測だけど、
   陰と陽から来てるんではないのだろうか?」
ユン「そっかぁ〜,やゆよの行じゃねぇの?ひらがなの。」
ヤン「そんなわけ無いだろう…」

73 :ユン&ヤン:01/09/22 12:16
ユン「よっしゃ!!良い感じに下がってるな!!こうなったら少し早いが…」
ヤン「何をする気だ?兄貴…」
ユン「まぁ,見てなって、んじゃ!!お前等!!出て来い!!」
ヤン「まっ、まさか…」
ホイメイ「なぁ〜にぃ〜がっ、出て来いよ!!
     もうちょっと有り難味ってもの感じなさいよ!!
     このうすら馬鹿!!」
ユン「登場して速攻それかよっ!!うすらは余計だ!!
   このクソ飯マズ女!!」
ホイメイ「お父さんのお店は関係無いでしょう!!何考えてんの!?
     あぁ〜解ったぁ〜、
     あんまり不評なんでとにかく当り散らしたいだけなんでしょう?
     図星なんだぁ〜、ねぇ〜?シャオメイ?」
シャオメイ「そんな事無いと…思うけど…そうなのかな…?」
ヤン「あきれた…まさかこの二人を呼ぶとは…シャオメイ…どうしてお前まで?」
シャオメイ「うん…一緒に来ちゃった…」
ヤン「そうか…来てしまったものはしょうがないな。」
シャオメイ「ごめんね…迷惑だった?」
ヤン「ん?、いや、そんな事は無いよ。」
ユン「おいっ!ヤン!!何二人でまったりしてんだよ!!お前も加勢しろ!!」
ホイメイ「あんたもよっ!!ホイメイ!!」
ヤン「フゥ〜」
シャオメイ「ねぇ?ヤン、ネカマって何?」
ヤン「がぁっ!!そ、それは…」

74 :ヤン@白カラー?:01/09/22 20:12
ハッ、兄貴の名前(だけ)でスレ立てやがるとは、いい度胸だな。
…せいぜい頑張れよ。

秋風は冷たいなぁ…

(ヤンは すすけたせなかで さっていった)

75 :以上、自作自演でした。:01/09/22 20:29
チュンリーの太ももより細いユンヤンの腰・・・(;´Д`)ハァハァ

76 :以上、自作自演でした。:01/09/22 20:31
ヤン・ウェンリィ提督?

77 :リムルル※羅刹 ◆YUKIyt8A :01/09/22 20:48
・・・・・・・・・・・・・・よろしく

78 :ユン&ヤン&ホイメイ&シャオメイ:01/09/23 07:12
ユン「てめぇ!!ヤン!!喧嘩売ってんのか!!?」
ヤン「ごっ、誤解だ兄貴、これは別カラーの男、俺は関係無い。
   そもそも冷静になってみてはどうだ?「@白カラー?」と書いてあるじゃないか。」
ホイメイ「まったく、その馬鹿なほど短気なのは誰に似たのかしら…」
ユン「馬鹿なほどが余計だ!!第一てめぇも、
   シャオメイの様なおしとやかさ無いのかよっ!!」
シャオメイ「えっ!!?私??」
ヤン「とにかく喧嘩は止めろよ、兄貴……って、聞いてないか…」
シャオメイ「仲良いね…お姉ちゃん達…」
ヤン「…………少し悔しいがな………」
シャオメイ「そっか…そうだね…」

79 :ユン&ヤン&ホイメイ&シャオメイ:01/09/23 07:18
ヤン「ヤン・ウェイリィか…職に困ったらああ言う仕事も良いかもな…」
シャオメイ「仕事無いんだったら…お父さんに頼んでみよっか?」
ヤン「いやっ、その必要は無いよ、ただの例えだ。ありがとう、シャオメイ」
シャオメイ「御礼だなんて…でも、困った時は何時でも言ってね。」

ユン「てめぇ!!耳は止めろっつってんだろが!!」
ホイメイ「じゃぁ、鼻ならどう?」
ユン「イデデデデデ!!引っ張るな!!くそあまぁ!!」

80 :ユン&ヤン&ホイメイ&シャオメイ:01/09/23 07:25
シャオメイ「うわぁ〜、リムルルさんだぁ〜!!
      はじめまして!シャオメイと言います。
      同い年ぐらいだよね?がんばってね!!」
ヤン「以前と雰囲気が違うな…だが、女の子同士仲良くするんだぞ。」
ホイメイ「リムルルちゃんごめんね、
     この馬鹿双龍の兄を懲らしめないといけないから。
     シャオメイと遊んでて、後で美味しい料理作ってあげるからね」
ユン「死んでもしらねぇぜ…何しろこいつの料理は香港一不味いからな…」
ホイメイ「その減らず口…修正してやるわ!!待ちなさい!!」
ユン「ほらよっと!!捕まえて見ろよ!!」
ヤン「やれやれ…」

81 :ユン&ヤン&ホイメイ&シャオメイ:01/09/24 12:51
ユン「誰もこねぇ〜〜!!どうなってんだぁ?」
ヤン「つまらないからだろう?簡単な推測だ。」
ホイメイ「あんた、マニアック過ぎんのよ。」
ユン「お前が言うな!!」
シャオメイ「私達…誰にも知られてないと思うよ…お姉ちゃん…」
ヤン「駄目だ…改善しようが無いな…これは…」
ユン「おいおいっ!!香港の双龍に香港一の不味い飯屋の娘がそろってんだぞ!!
   ちったぁ〜やる気出せよッ!てめぇら…」
ホイメイ「とは言っても誰も見ないんじゃぁねぇ〜」
ユン「喧嘩も買えねぇ〜…」

82 :リムルル@修羅 ◆/TSQeOhE :01/09/24 13:08
>71
>一応,カプエス2で俺は出てるんだ…
ガーー(゚o゚)ーーン
そんな・・・ヤンさんまで・・・・
アンディさんも舞さんのエンディングに出てるらしいし・・・><

いいもん私も出てるもん・・・TT
姉様の勝ちゼリ・・・・・あぅ(>◇<;)

・・・・・・・・・
ね・・ねね・・ユンさん
ヤンさんのかわりに飛天双龍陣役で雇わない?(゚o゚)(ボソ)
だめ?(>o<)

83 :ユン&ヤン:01/09/24 13:40
ヤン「残念だが,俺に頼まれても何も出来ないよ。だが、そのうちオファーが来るだろう。
   いまのカプコンは、誰を出すか予想もつかない。」
ユン「まぁ、有り得ないとも言いきれないって事か、」
ヤン「代役に関しては俺は構わないんだが…お姉さんとの共演の方が…良くはないかな?」
ユン「俺たちゃ二人そろって双龍、昇竜に勝つにゃこれっきゃ無いだろ?」
ヤン「君の魅力は未知数だ、誰かが君を待っているはずだ、だからそう落ち込む事は無いだろう。」

84 :以上、自作自演でした。:01/09/24 14:08
>俺たちゃ二人そろって双龍、
そうなんだよ、攻撃力なさすぎ・・・まじで・・・>カプエスユン
ヒューゴー見習ってくれ

85 :ユン&ヤン:01/09/24 14:40
ユン「言われちまったぁ〜!!」
ヤン「ふむ…戦法が普通のキャラと違い対処方になりやすいからな…
   その上、腕力に欠ける…俺達の弱点だ。」
ユン「まぁ、レシオ4でもさほど良い手段無いしな…攻めだけど…どうしたもんかな?」
ヤン「簡単な話だ、正確に的確に、そして迅速に対処すれば良い。」
ユン「それができりゃぁ、不満はねぇよ…」
ヤン「時々俺も思う…覇王丸のように…刀を使おうかと…」
ユン「オイッ…目が泳いでるぞ…本気か!!」

86 :ロック:01/09/24 21:12
こんばんは……って言っても、そっち何時だっけ? まあいいや。
とりあえず、ファイトでもない限り、
喧嘩は売られないに越した事はないと思うけどな。

ところで、みんなの会話見てて思い出したんだけど、
テリーも行き付けの店でいつも不味い不味い言ってたっけ。
そのくせ人一倍食べてるんだよな。昔はツケも溜まってたくらいだし。

ちゃんと素直な感想言った方がいいと思うんだけど……。
どうかな?

87 :リムルル※(回復中) ◆YUKIyt8A :01/09/24 21:16
・・・・・・・・・・・修羅・・・・・・・・・・・・・・・・あたし達・・・・・・・・・・・・・・名前が
・・・・出るだけ・・・・・・・・・・・・・いい方だよ・・・・・・・・・・・・・




・・・・・・・・・・・・・・・・ぅ

88 :アレックス:01/09/24 22:56
>87
・・・・同感だ。

89 :以上、自作自演でした。:01/09/25 00:19
>88
俺の知り合いのプレイヤーもボヤいてたよ。
…もちろん、主役張れないなんて誰も思ってないよ。多分。多分な。

90 :以上、自作自演でした。:01/09/25 01:17
アレクとかって一応背景には出てなかったっけか?(藁

それよりカプエス2の君たちは雷震魔破拳が使いづらくてしょうがないです。バグですか?

91 :ユン&ヤン:01/09/25 02:53
ユン「悪ぃ悪ぃ、過去ログチェックしてたら>75飛ばしちまってたな。
   すまねぇ!!」
ヤン「しかし,俺達の腰で呼吸を乱されてもな…」
ユン「わかんねぇぜ、滅茶苦茶可愛い子だったらどうする?飲茶にでも誘うかなっと。」
ヤン「興味無い、兄貴だけにしてくれ…」

ユン「まぁ、不味い不味いって言ってることは認めるよ。けどよっ、麺がブヨブヨなんだぜ?
   この前も、何処だったかな?そうだ!イタリアだ。
   そこであいつの叔父に当たる人の店行ったんだけどな…
   パスタのくせに麺がブヨブヨ…
   食うに耐えなかったぜ…まったく…」
ヤン「正直に言うと、俺もそう思う…」
ユン「けど、ホイメイとシャオメイが店番の時は結構いけるんだよなぁ〜」
ヤン「俺も極力ホイメイとシャオメイの時だけ行くことにしているよ。」
ユン「そう言うこった,テリーの場合、素直そうじゃないからなぁ〜
   結構美味いのに「不味い」つってアメリカンジョークかましてるつまりじゃねぇの?」
ヤン「兄貴が素直じゃないと言うのは……ふぅ〜、世も末だな。」

92 :ユン&ヤン:01/09/25 02:59
ユン「リムルル…そう落ち込むなって!!前見てりゃ何とかなるって、」
ヤン「フム…ふと気付けば…ここはカプエスに出れない人物で溢れ返っているな。」
ユン「けどよ、バックステージに出てたらさ、
   出る事絶対に無いよって宣言されてる様な気もするな…」
ヤン「そうでもないんじゃないか?
   藤堂だってKOFの時はバックグランドキャラだったからな…
   今回、日の目に出ると聞いて俺は驚いたぐらいだ。」
ユン「まっ、チャンスは人気の数だけ有るってことだな!」
ヤン「人気が有るのか…?藤堂は…いやっ、考えたらきりが無いな…」

93 :以上、自作自演でした。:01/09/25 03:00
高河ゆん?早く続き書いてよ。

94 :百合餡:01/09/25 03:03
二人も三人もキンキンガタガタ五月蝿いわこの小童どもめがっ!!

95 :ユン&ヤン:01/09/25 03:03
ユン「アレックス…おまえにゃなんて言って良いか…
   まぁ、正直影薄かったからな…「主人公のくせに」、
   けど、出ても絶対Aグルで強キック連打だと思うぜ。」
ヤン「想像はできるが…挑発するような発言は控えてくれよ。兄貴」
ユン「だったらどうするんだよ?」
ヤン「ここは彼等が静かに眠れる様に…黙祷…」
ユン「死んでねぇっつぅの!!」

96 :ユン&ヤン:01/09/25 03:08
ユン「>89、>90…フォローをありがとよっ!」
ヤン「ここは静かに黙祷を…」
ユン「死んでねぇって!!」

ユン「>93、高河ゆん?しらねぇなぁ〜」
ヤン「漫画家だ、そう言えば最近見かけないな…」
ユン「ここは静かに黙祷を…」
ヤン「パクら無いでくれ…僕の数少ないネタを…」

97 :ユン&ヤン:01/09/25 03:16
ユン「>94!!るっせぇよ!!大きな御世話だ!!」
ヤン「あまり横暴な態度はとらないでくれよ…兄貴」
ユン「こちとら試合の前でピリピリしてんだ!!」
ヤン「その試合なんだが…これを見てくれ。」
ユン「レシオ4のダン?」
ヤン「そうなんだ…油断は出来ないが…」
ユン「楽勝だぜっ!!んじゃいってくらぁ!!」
ヤン「この所、敗戦続きだったからな…」

98 :つんり@33歳:01/09/26 02:43
・・・・・ユンだけならまだしもヤンまで・・・・(メ^^)

・・・・・もう・・・いいわ・・・(#^^)

でも、これだけわいっておくわ!

ぜ〜〜〜〜〜ったい!
行き後れじゃないのよ!!
ふさわしい相手がい・な・い・だ・け!
だいたいなによ今回の登場人物!!!?
ヘンタイと露出狂とバケモノと子供しかいないじゃないの!!!!

こんなんでますます時間が過ぎてくわ・・・・
はぁぁ〜〜5年に1回しか年取らないKOF組みが羨ましいわぁ〜〜

と油断したところで!

2人まとめて!
「EXスピニングバードキック!」
ふふ〜〜ん!少しはこりた?!(はぁと)

99 :ユン&ヤン:01/09/26 05:11
ユン「ぐはぁっ!!」
ヤン「意気ってブロッキングしようとするから…」
ユン「き…効いたぜ…」
ヤン「まったく進歩が無いな…兄貴は…」
ユン「ヤン!!あぶねぇっ!!」
ヤン「ん!!?俺もかっ!!まずいっ!!快足包!!」
ユン「ちっ!!、ヤンだけ逃れやがって…」

100 :以上、自作自演でした。:01/09/26 06:22
正直、快ホウはあまりに使えんと思うのですが。
無敵は無いに等しいよね。

あと漢字がなくて鬱だよね。

101 :ユン&ヤン:01/09/26 06:28
ヤン「そうだな、漢字が出ないのは流石にな…雑誌などでは「快方」となっている場合が多いよ。
ユン「けどさぁ、やっと100行ったな。」
ヤン「>100おめでとう、まぁ、ありがたくも何とも無いだろうが・・・な・・・」
ユン「けど、お前の快方って、単なるフェイクに過ぎないよな。」
ヤン「相手の虚を突く戦法だ…放っておいてくれ…」
ユン「まぁ、ジャンプ攻撃抜けられるのがせめてもの救いか。」

102 :以上、自作自演でした。:01/09/26 12:54
そろそろ飛び道具マスターしませんか?

103 :以上、自作自演でした。:01/09/26 12:55
カプエス2、手抜いてるな……

104 :ユン&ヤン:01/09/26 15:59
ユン「飛び道具か…そうだなぁ〜、よしっ!!ヤン!
   俺の合図と共に相手に特攻して行くのはどうだ?」
ヤン「駄目だ……」
ユン「じゃぁ、あれだ!波動コマンドでお前の頭から毛ばりとか…」
ヤン「無理だ……」
ユン「他に何かあるかぁ〜?」
ヤン「有るだろう…兄貴の頭の上に…」
ユン「頭の上??」
ヤン「青と黄色の…」
ユン「てめぇ!!俺のトレードマークだぞ!これは!!」
ヤン「だったらスケボーはどうだ?兄貴…」
ユン「てめぇのローラーブレードにしろよ!」
ヤン「結論を言うと…俺達に飛び道具など…不可能だな。」
ユン「だな」

105 :ユン&ヤン:01/09/26 16:02
ユン「手…抜いてるか…」
ヤン「確かに、攻撃力の無さは異常だからな…」
ユン「それに、ヤンの技とも変に重なって、使い難くなってるしな…」
ヤン「虎撲子など、使う場所が殆ど無い…」
ユン「かと言って攻撃読まれやすいしな…」
ヤン「手抜きだな…」
ユン「だな」
ヤン「それ…気に入ったのか?兄貴…」

106 :以上、自作自演でした。:01/09/26 16:10
自分、最初のストIIIの頃はお二人を使ってたんですが・・・
セカンド以降アレックス使いになっちゃいました。メンゴ。
だって別キャラみたいになっちゃったんだもの・・・

107 :以上、自作自演でした。:01/09/26 16:27
あーしってるー!
この二人が合体すると
赤青魔人に変身するんだよね!

108 :ユン&ヤン:01/09/26 16:40
ユン「かぁ〜〜〜!!>116!!解ってねぇなぁ〜
   アレックスなんか主人公っぽくねぇって、やっぱ新時代は俺らだって!!」
ヤン「アレックスにまで…圏かを売る気か…兄貴。」
ユン「まぁ、別キャラって言われてもしょうがねぇけどさ、
   アレックスのフライィングボディー思いっきりブロッキングされた時の
   虚しさと言ったら…」
ヤン「まぁ、そうかもしれないが…最近独断が酷いぞ…兄貴…」
ユン「フラストレーション溜まってんのかなぁ〜」

109 :ユン&ヤン:01/09/26 16:43
ユン「今度は合体かよっ!!」
ヤン「兄貴っ!!今がチャンスだ!!」
ユン「おうっ!!必殺合体!!バッロォォォォム!!」
ヤン「乗るなよ…兄貴…特撮板じゃないんだから…」
ユン「兄弟だったら…キョウダインか?」
ヤン「もう良い…俺は寝るぞ…」

110 :以上、自作自演でした。:01/09/27 04:00
正直、レス番間違ってるぜ。

111 :以上、自作自演でした。:01/09/27 09:20
趣味は何ですか?

112 :ユン&ヤン:01/09/27 11:46
ユン「おっと!すまねぇ!!116なんてまだまだ先の話だったな!」
ヤン「それまで続くと良いが…」

ユン「んで、>111、取り合えずキリ番おめでとうよっ!!趣味か…
   スケボーだな。」
ヤン「俺は、ローラーブレードだ。」
ユン「よく二人でレースなんかするんだぜ。香港の町中走り回ってよ。
   おっもしろいぜぇ〜、まっ、後で苦情が殺到するんだけどな…」
ヤン「俺はただ走っているだけだ…兄貴だろう?
   トリックと言っては変な行動で周りに被害を与えるのは…」
ユン「細かい事は言いっこなし!!面白ければ良いんだよ!!」

113 :チン・シンザン:01/09/29 14:26
今度、ワタシのつくる映画にでまちぇんか?

114 :以上、自作自演でした。:01/09/29 14:38
業界 香港出身者リスト
ユン&ヤン
フェイロン
ホンフゥ
チン・シンザン
山崎竜二
……割と多め。

37 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.09 2022/06/21 Walang Kapalit ★
FOX ★