5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

なりきり降臨スレッド3

1 :ナレーション代理:01/09/08 23:41
『なりきり降臨スレッド』とは、ローカルなルールのもと、
ゾイドキャラを愛称とし、
荒々たる2ちゃんねるをバトルフィールドとして行われる
なりきり演技のことである!
今日も熱き戦士、なりきり降臨達が、
己の誇りを賭け、己のなりきり度を競い合う!!
スレ内スキャン完了!! バトルフィールドセットアップ!!
バトルモード0000!!
新旧入り交じってのゾイド降臨バトル

レディーファイト!!

【なりきり降臨スレッド2】
http://salad.2ch.net/test/read.cgi?bbs=zoid&key=997320068
【なりきり降臨スレッド】
http://salad.2ch.net/test/read.cgi?bbs=zoid&key=994505576

2 :リ−ゼ:01/09/10 21:16
ふ〜いい湯だったね。シャドー。(シャドー「ごわごわ」)
…あれ?何か様子が変だね…(シャドー「ごわ?」)
ま、いいかな。もうすぐ夕飯だね、行こう!(シャドー「ごわ!」)

3 :レオン:01/09/10 21:30
もうすぐ夕飯か……
朝飯のときは散々だったからなぁ…
もう、爆竹とか飛びこんでこないだろうな…
昨日の宴会もアレだったし…

酒飲まないようにしないとな…

4 :バン:01/09/10 21:43
とりあえず火をおこそう・・・

[ジークの尻尾に(とーちゃんの形見の)武器を叩きつける]
(ごわわ!?)
(飛び散る火花)
よし、これで大丈夫だ・・・

5 :ヒルツ:01/09/10 21:51
あの流木のせいで、酷い目にあったな…
今から旅館に戻ったのでは真夜中になるな…
これでは、準備しておいた嫌がらせが間に合わん…!!

リモコンで作動する様にはしておいたが…電波が届かんようだしな…

仕方が無い…別に用意しておいたアレを使うか…
(別のリモコンを取り出すヒルツ)

これで奴等を…ん…?

アンテナが折れてる〜っ!!
今から直さんといかんのか!?

ア!ア!ァァアンビエントぉぉオ!!」

6 :ダークカイザー:01/09/10 22:03
(女将の自室にて)
ナルホド…りとるそーだヲ使ッテ見張ルトワナ…
仲居さんC「まずいのでは無いのですか?」
大丈夫ダ…奴等下等生物共ニ、コノ変装ハ見破レン!
雑用係り1・3「流石は閣下!完璧な変装です!」(ぱちぱちぱち
仲居さんC「……」(げんなり)
雑用係り2「(リトルソーダ…やらせはしないぞ!シュバルツのメイド姿を見るまでは!)」

7 :フィーネ:01/09/10 22:58
あ、ちゃんと火がついた!ご苦労様、ジーク
服、濡れてるから乾かそうかな〜(ベルトに手をかける)

8 :バン:01/09/10 23:02
わ!わ!!(真っ赤

あ、火が消えてきたみたいだっっ!!(アセアセ
(慌ててしゃがみこんで目をそらすバン)

9 :フィーネ:01/09/10 23:07
?どうしたの?
バンも服脱いで乾かさなきゃ火、消えちゃうよ?
(バンの近くに寄っていく)

10 :リ−ゼ:01/09/10 23:11
(リトルソーダ経由で)
スペキュラー。見張りご苦労さん(ホホエミ
って、あれ!?キミは何処にいるんだい?(スペキュラー「(ごわ!)」)
え?トーマと一緒?リトルソーダとモニターをリンク??
(と、そのときバンに取り付けたリトルソーダからリーゼの頭の中に映像が)
ああ!!スペキュラー!トーマを止めて!!(悲鳴

11 :バン:01/09/10 23:12
・・・・・・・・・
Bong!!(バンの中で何かのはじける音)

フィ、フィーネ・・・な、何で下まで脱いでんだよっっ!!

(しぶしぶ上だけ脱ぐバンでした・・・)

12 :フィーネ:01/09/10 23:23
別に火がついてるから寒くないわよ?(ニコ
ちょっと乾いたかな?

13 :バン:01/09/10 23:26
そ、そういう問題じゃ・・・


・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

フィーネ・・・

14 :フィーネ:01/09/10 23:28
ん、なぁに?

15 :トーマ:01/09/10 23:33
トロス博士が手伝ってくれたので意外に早く終りそうだな。
さて、あとはここの配線でお終い……うわぁ!
(スペキュラーに突き飛ばされる)
貴様、何をする……ぐわ!
(倒れた所を押え込まれる)
私は忙しいのだ!
遊び相手が欲しいならリーゼかレイヴンにかまってもらえ!
(スペキュラーを押しのけようとするが重くて抜け出せないトーマ)

16 :バン:01/09/10 23:36
(そっと手を伸ばすバン)

・ ・ ・ ・

(後から手をまわしてフィーネを抱きしめる)

17 :フィーネ:01/09/10 23:41
あ・・・

バン・・・暖かいなぁ・・・(優微笑

18 :ナオミ:01/09/10 23:47
>前スレのレオン、リノン
レオンとリノンが見たカエルは種類が違うのね。
その川には2種類のカエルがいるのかしら?
いずれにしても、犯人はその川でカエルを取った可能性は高いわね。
上流に行ってみることにするわ。なにか手掛かりが見つかるかもしれないからね。

(上流に付く)
うっ、、、なんなのこのグロテスクなカエルの大群は、、、、。

19 :トロス:01/09/10 23:52
トーマ君何を遊んでいるのかね?

(んっ、そうだ!今の内にこのリトルソーダを懐に……)
ゴソゴソ……(これでよし)

ほら、スペキュラーもいつまでもトーマ君にじゃれてないで……これで良し。
トーマ君配線は終わったよ。モニターテストしてみるかい?

20 :バン:01/09/10 23:57
(このままの状態で火を見つめる二人・・・)
(ゆっくりと時間が過ぎてゆく)

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
(聞こえるのは雨の音と木が燃える音だけだ)

21 :リ−ゼ:01/09/11 00:00
(トーマの所に走って行く)
ま、間に合わない!?
スペキュラー!バンの所のリンクをカット!(ス「ごわわ!?」)
バンが帰るまで再リンク出来なくなるって言っても仕方ないよ!切って!!(ス「ごわ!!」思念波をカット)
あいたたたた…頭がチクチクする。

22 :フィーネ:01/09/11 00:09
・・・・・・そろそろ戻ろう 雨あがってきたよ。
服も乾いたみたいだし、みんなに心配かけちゃったら悪いし。
バンも、こんなに体冷えてる・・・

・・・暖かかった、ありがとうバン(優笑

23 :トロス:01/09/11 00:12
モニター起動!(ヴィィィン)
(モニターにリトルソーダから送り込まれてきた映像が映し出される。)
うんうん、どうやらうまく行ったようだな。さっすが私……
ん?幾つか映っていないモニターがあるな……配線を調べなおそう。
トーマ君もいつまでもスペキュラーと遊んでないでこっちを手伝ってくれ。

24 :バン:01/09/11 00:12
そうだな・・・

いくぞ、ジーク。
(どこからともなくジークが顔を出す)
ごわ!

見ろよ!虹だぜ。

25 :トーマ:01/09/11 00:24
>トロス博士
(やっと抜け出せた)
別に遊んでる訳じゃないんですけどね…。
一度しっかりとスペキュラーに躾をするようリーゼに言わねばな。

しかし…おかしいですね。
配線に間違いはないと思うのですが…<配線を調べなおそう

26 :トロス:01/09/11 00:29
>トーマ
確かにおかしい場所は見当たらないが……
スペキュラーとリトルソーダのリンクがうまくいってないのかなぁ。
リーゼ君がいればわかるかもしれんが……

27 :リ−ゼ:01/09/11 00:36
や、やあ…(汗
トーマ、トロス博士。スペキュラーに何やってるんだい?

28 :トロス:01/09/11 00:48
おお、リーゼ君丁度良い所に。
今スペキュラーをモニターとリンクさせてリトルソーダから映像を送ってもらえるようにしてたんだが、
幾つか映らないのがあって困ってたんだよ。

29 :リ−ゼ:01/09/11 00:58
へ〜凄いや♪
どれどれ(持っている巾着からリトルソーダを取り出す)
あ!映ってる映ってる(喜

ほら、巾着の中にある奴は映らないよ(笑

30 :トーマ:01/09/11 01:03
リーゼか。
貴様、スペキュラーにどういう躾をしているのだ!
まったく…これが爆弾解体の作業中だったら大惨事になりかねんぞ。
だいたい貴様等はどこを遊び歩いていたのだ。
貴様等がいない間にも色々あって大変だったというのに。
例えば「ラヴラヴママン」と書かれたルイーズ大統領の写真…はっ!
…いや、なんでもない。(汗
今言ったことは忘れてくれ……。

31 :リ−ゼ:01/09/11 01:15
・・・・・・・トーマ。
人は知らなければ、その方が幸せな事もあるんだよ…

ラヴラヴママン?ルイーズ大統領?
(前にヒルツが隠し撮りしてた写真もそんな事が書いてたような…)
ま、いっか。
それより、リトルソーダは無くさない様にしてね。

32 :フィーネ :01/09/11 01:16
あら、乾いたと思ったら服が透けてる・・・・。
恥ずかしい、バンこっちを見ないで!!

33 :ヒルツ:01/09/11 01:19
フフフ…リモコンの修理が終わったぞ…

行け!!究極濡れ衣用兵器
「1/1 ラジコン・ダークカイザー人形 か-1号!!」

こんな事もあろうかと、旅館の近くにこいつを隠しておいて正解だったな…
コイツを近づけて、最後の仕掛けのスイッチを作動させてやるぞ…

フフフ…下等動物度もめ、真の恐怖を味わうがいい!!

34 :ダークカイザー:01/09/11 01:25
(1/1 ラジコン・ダークカイザー人形 か-1号を見つける)
雑用係り1「あれ、閣下そんな所で変装もせずに何をやってるのです!?」
  「とりあえず、着替えて下さい」(女将の部屋に連れて行く)

35 :ヒルツ:01/09/11 01:40
(モニター越しに状況を見て…)

????????一体どういうことなのだ?
なぜ、中に入れられる…?
いまいちよく分からんが…
まあいい…電波の有効範囲には入ることが出来た…
破滅へのスイッチ…入れさせてもらうぞ…

ポチっと…

(水道管の途中に仕掛けてあったカプセルから、ボウフラが大量に…)

フフフ…私には聞こえるぞ…奴等の恐怖の叫びが!!

さてと…ラジコンプーをどうするか…とりあえず、動かして暴れさせるか…

おや…?反応が…リモコンが電池切れ…?

「ア!ア!ァァアンビエントぉぉオ!!」

36 :ダークカイザー:01/09/11 12:26
(RCて、プロポから先に電源切ると駄目なんだよな)

RCプー様「私は最強のゾイドだー!!私は最強のゾイドだー!!私は最強のゾイドだー!!」
(キングゴジュラス宜しく叫びながら暴走するRCプー様)
雑用係り1「そ、そんな大声で叫んだら!…ってドコへ行くんです!?」
RCプー様「私は最強のゾイドだー!!私は最強のゾイドだー!!」
(裏口から入った厨房で暴れるRCプー様)
RCプー様「何故だぁぁぁぁぁぁぁ!!」
(ロケットパンチで水道を壊すRCプー様)
雑用係り1「あああ…もうフォロー出来ない…ってそっちはモニター室!!」
RCプー様「私は最強のゾイドだー!!」

37 :トロス:01/09/11 13:00
何だか外が騒がしいな……(ガチャッ)

な、なんだぁ?岩が、岩が暴れているぅ?
……ゾイド?アレもゾイドなのか?
……アレも是非っ私のコレクションに欲しいっ!
トーマ君、リーゼ君アレを捕獲するぞっ!
手伝ってくれっ!(大興奮)

38 :ヒルツ:01/09/11 13:18
予備の電池がないだと!?
クソ…!!所詮プー、ラジコンでも捨て駒だと言う事か…!?

ん?モニターの向こうが騒がしいな…
なに〜!?水道管をこわしてる〜っ!?
私の「ボウフラうじゃうじゃ、絶叫大作戦!!」がぁぁ〜〜〜〜っ!!

「ア!ア!ァァアンビエントぉぉオ!!」

39 :バラッド:01/09/11 13:46
ったく・・・・ここの店員はどこ行ったんだ!!
厨房にいるかと思ったんだが・・・
[その時、RCプー様が「私は最強のゾイドだぁー!」と言いながらやってきた・・。]
やっときたか!!・・・・ん・・っておいおい(で、でか過ぎる(汗))
[いきなり「何故だぁぁぁぁぁぁ!!」と言いながら、厨房で暴れ始めるRCプー様。]
・・・[通信を使うバラッド]
>ナオミ&トーマ(通信)
・・・バラッドだ。
今大変な事に・・[その時バラッドの頭上にRCプー様が壊した水道管が飛んできてかぁぁぁぁんと言う音とともにバラッドの後頭部に当たる。]
うっ!・・・・・[意識が飛ぶバラッド]・・・・(どさあっ!!)

40 :リ−ゼ:01/09/11 17:35
どうしたんだい、トロス博士…
ぷ、プロイツェン!?

え?、コレクションに加えるの?…止めた方がいいよ…
まあ、取り押さえるのは賛成だけど…
(その時、水道水に混じっていたボウフラ達がすごい速さで羽化しだした)
じゃあボクは右から、博士は左から行ってね。トーマは正面から…
ん?か、かゆい!何?蚊…って、なんでこんなに大量にいるんだよ!?

41 :レオン:01/09/11 17:43
なんか、騒がしいな…あっちのほうか…
様子見に行ってみるか…

42 :リノンたん:01/09/11 19:38
>ナオミ
あ、あたしが見た釣りのお兄さんのカエルはこれよ。
これを丸焼きにしてたわ。食べなかったけどね。

43 :トロス:01/09/11 21:02
>リーゼ
プロイツェン?元帝国宰相の?
話は聞いていたが……実物を見るのは初めてだよ。
残念だがコレクションに加えるのは諦めよう。
とりあえず騒ぎを押さえるためにも取り押さえよう。

>蚊が……
何だこの大量の蚊は?
いくら虫除け装置を持っているから蚊に刺されないと言ってもこんなにいては邪魔でしょうがない。
しか〜し、こんな時の為に用意しておいた強力殺虫剤「モスキートキラートロスDX1号」が有る!
くらえっ!!(当たり構わず殺虫剤を撒き始める)

44 :リ−ゼ:01/09/11 21:49
博士!プロイツェンが逃げる(?)よ!
って聞いてないね…<当たり構わず殺虫剤を撒き始める
ちょ、ちょっと博士!コッチに向けて噴射しないで!(ケホケホ

45 :ヒルツ:01/09/11 21:55
(モニター越しに状況を見て…)
う〜む…これはこれで良い感じなのだが…

たしか、奴のスペックは…
(説明書を広げるヒルツ…)
なになに…何種類かの台詞を喋り、ホバー移動可能で…
武装が…ロケットパンチ、放電、Eシールド、隠しコマンドでサウンドブラスター…

一体これにいくらかかってるんだぁぁぁぁぁ〜〜〜〜っ!?

「ア!ア!ァァアンビエントぉぉオ!!」

46 :トーマ:01/09/11 22:07
プロイツェンだと!?
そうか、貴様が一連の事件の犯人だな!
ええい逃がしてなるものか!

バラッド、ナオミ、聞こえるか?
犯人を発見、応援を求む!

47 :ダークカイザー:01/09/11 22:09
RCプー様「私は最強のゾイドだー!!私は最強のゾイドだー!!」
(ついにモニター室に侵入したRCプー様)
RCプー様「何故だぁぁぁぁぁぁぁ!!」
(モニターに手刀をぶち込むRCプー様)
RCプー様「プロイツェンコレダー!!」
(二の腕から電極を伸ばし放電するRCプー様)

48 :バラッド:01/09/11 22:28
[気絶しているバラッド・・とそこへトーマからの通信が来る。]
ウゥ・・・[着信音「流離人」がけたたましく鳴り響く。]
・・・何だ・・[通信機に耳を当てる。]
[犯人発見・応援を求む。]
・・・分ったすぐに行く・・ととっ[よろけるバラッド。]
・・くっ・・[壁で自分の体を支えながら歩くバラッド。]

49 :レオン:01/09/11 22:45
(モニター室に到着、プーを見て)
な、なんなんだあいつは!?
なんか暴れてるし…
あいつが今までのイタズラの犯人なのか…!?
とりあえず、捕まえないとな…
なにか、武器になるものは…よしこれで…!
(廊下に立てかけてあったモップを手に取り)
くらぇ〜〜〜〜っ!!

50 :ヒルツ:01/09/11 23:06
さてと、このままアレを放置しておくわけにもいかんからな…

後始末をしにいくか…

51 :ナオミ:01/09/11 23:25
(川べりを捜索する)
なにか犯人の残した物でもないかしら?
あっ、あれは、、なんて怪しげな鉱物なのかしら?
(そこら辺にちらばっている鉱物を手に取る)
なにこれ脈打ってるわ。生き物なの?
なんなのかしら、、、。

>リノン
わ、分かったから、カエルを顔に近づけるのはやめてよっ!!
わざとやってるんじゃないでしょうね!!

>トーマ
了解よ。今すぐ向かうわ!!
(ナオミの向かう方向にはなぜか道しるべのように鉱物が落ちている)

52 :バン:01/09/11 23:34
>フィーネ
(さっきまで丸裸だったくせに・・・)
別にみねぇよっ!!

53 :リノンたん:01/09/11 23:35
あ、ばれてた?(笑
この変な鉱物を拾いながら向いましょ、ナオミ。

54 :ヒルツ:01/09/11 23:51
(モップでRCプーに殴りかかるレオン)

RCプー「私は最強のゾイドだー!!」

(Eシールドを展開し攻撃を弾くRCプー)

RCプー「何故だぁぁぁぁぁぁ!!」
(ロケットパンチが、トーマに命中!)

RCプー「私は最強のゾイドだー!!」

(リーゼとスペキュラーに放電)

55 :忍者三人衆:01/09/12 00:02
「オレ達も手伝うぞ!」
(声と共に三つの影が駆け抜ける!)
コーガ「喰らえ!ゾイド捕獲用合金電磁ネット!」
(RCプー様に網がかぶさる)
ネゴロ「電撃、オン!」
(RCプー様に高圧電流が流れる!)
(…………RCプー様、沈黙…………)
イガ「効いたのか?」
RCプー様「うがああああぁぁぁぁ!!」
(激しく暴れ出すRCプー様!)
コーガ「うわぁっ!!暴走した!?」
ネゴロ「こっちに来るぞ!?」
イガ「うわああああああああっ!?」
ドッガァァァァッッ!!
(全速力ホバー移動で三人を跳ね飛ばした!)
三人衆「やな感じ〜〜〜〜〜」(キラーン☆)

56 :リ−ゼ:01/09/12 00:06
きゃああぁぁああぁぁぁぁぁあぁぁぁ!!(女の子の悲鳴&とさっ)
ス「ごわあああああああああ」(オーガノイドの悲鳴&ばたっ)

57 :レオン:01/09/12 00:09
いつっ…聞いてないぞ、Eシールドなんか付けてるなんて…
しかも、さっきより暴走してるし…
どうしろと言うんだ…

58 :バラッド:01/09/12 00:13
・・[バラッドは少しずつ平衡感覚を取り戻して、壁を這わなくて歩かなくなった頃には食堂にたどり着いていた]
・・・トーマ・・な、[そしてバラッドは見た。
巨大すぎる女将さんに立ち向かうレオン、トーマ、リーゼ&スペキュラー、忍者三人衆の抵抗をRCプー様(巨大女将さん)は何の苦も無く返り討ちにしている様子を]
レオン、トーマ、俺に手伝えることは無いか?

59 :ヒルツ(特殊スーツで変装中):01/09/12 00:13
(また、変装しているヒルツ、ねんのため今回は髪を黒く…)

さて、どこから入りこむか…
ム…小型レーダーに反応だと…?
これは、リトルソーダか…ならば…

放電装置オン!
(あたりに放たれる電撃)
これで良し!ねんのため高額迷彩もセットしていくか…

60 :レオン:01/09/12 00:15
>バラッド
手伝うって言われてもな…
Eシールドがついてる以上へたな攻撃は効かないし…
取り押さえようにも、電撃があるし…
何か無いのか…何か・…!?

61 :バラッド:01/09/12 00:27
>レオン
・・水ならどうだ、それか粉塵爆弾。

62 :レオン:01/09/12 00:28
>バラッド
水は…怪しいな…
爆弾はヤバイだろ…
それに、何処にある…

63 :ナオミ:01/09/12 00:33
>リノン
分かったんならすぐにどけないよ!!
なに嬉しそうな顔してるのよっ!!

(リノンがやっとカエルを引っ込める)
それじゃあ、これを拾いながら行ってみましょう。
それにしても、、もしこれが犯人の残した物だとしたら、
そいつはこの星始まって以来の大馬鹿者ね。

64 :バラッド:01/09/12 00:40
>レオン
小麦粉と密閉された空間があれば出来るが・・<粉塵爆弾
・・止めといた方がいいか?

65 :ヒルツ:01/09/12 00:41
(屋根から、まるまる1階ぶん、天井をぶち抜いて登場!!)

ヒルツ「フハハハハ!!正義の戦士ヘタレッド参上!
 悪の権化、ダークカイザーよ、この私が成敗してくれる!!」

RCプー「私は最強のぞいどだぁぁぁぁぁ〜〜〜っ!!」
(かっとぶロケットパンチ!避けるヒルツ!)

ヒルツ「ク…やるな!だが!食らえ!ヘタレキ〜ック!
     続けて、ヘタレパンチ!!」

(RCプーの腹に炸裂する、キックとパンチ!)

RCプー「コマンド確認…サウンドブラスター発動可能…」

ヒルツ「な〜〜〜〜っ!!」

RCプー「何故だぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ〜〜〜〜〜〜〜〜〜っ!!」
(注・サウンドブラスター)

(間一髪で避けるヒルツ…)

ヒルツ「やるな…(なぜだ!?今ので自爆モードになるはずだったのだが)」

自爆ボタンのスイッチは何処なんだぁ〜〜ッ!

「ア!ア!ァァアンビエントぉぉオ!!」(心の叫び)




66 :リ−ゼ:01/09/12 00:42
いたたたた!(痛みで目が醒めた)
リトルソーダーが何機か沈黙した!?
他のリトルソーダーを向かわせよう!(RCプーはレオン達に任せて裏口から現場に向かう)

ここ?誰も居ないね…
何か…頭の中がザワザワする…
リトルソーダー!!パッシブセンサー及び赤外線探査ON!

67 :ダークカイザー:01/09/12 00:50
ヌウ、何ヤラ騒ガシイナ…
コ!コレハドウ言ウ事ダ!?
私ガ二人居ルダト!?シカモ、アノへたれっど…ひるつデハ無イカ!!
ひるつガ私ヲ殴ッテイル!?許セン!!

68 :リ−ゼ:01/09/12 12:28
やっぱり誰かが侵入した形跡が残ってる…こっち?(屋根の登る)
何?この穴…あれ?これはゾイコンってヤツかな?(穴の下ではRCプーが暴れている)
もしかして、もしかする?(ゾイコンをいぢる)
ん?電池切れみたいだね。よし、裏技を使おう。(電池ボックス内の電池を左右入れ替える)
コレでどうかな?(ぐりぐり、ぽちぽち)
(RCプー「コマンド確認…サウンドブラスター発動可能…何故だぁぁぁ〜〜〜」
あ!動く動く(喜&ぐりぐり)
(RCプー「私は最強のゾイドだぁぁ〜〜!」(ヘタレッドに放電)

69 :ヒルツ:01/09/12 13:35
(放電をくらう)
うがぁぁぁぁぁぁ〜〜〜〜〜っ!!

はぁはぁ…この特殊スーツでなかったらかなりヤバかったぞ…

やはり、このままここでこいつの相手をするのは危険だな…
ならば…
(RCプーにつっこみしがみつくヒルツ)

RCプー「私は最強のゾイドだぁぁぁぁぁ〜〜〜っ!!」
(あたりに撒き散らされる放電)
ヒルツ「ぐうぅぅ…ダークカイザー!こうなったら貴様も道連れだ!
     必殺、ヘタレロケット〜ッ!」
(背中につけたロケットで、RCプーごと、飛んでいくヒルツ)

ヒルツ「諸君!サラバだ!!」

フ…これで、証拠は消えたはずだ…ん…
ロケットの調子が…ガス欠か!?

「ア!ア!ァァアンビエントぉぉオ!!」

はるか彼方に墜落するヒルツ…

70 :レオン:01/09/12 15:46
>バラッド
爆発力がシャレにならないから辞めておいた方が…

ヘタレッド、てあのレースの時のモルガ男か…!?
なぜ、あいつがここに!?
しかも、ダークカイザーと戦ってるし…

おいおい…ダークカイザー抱えて飛んでいったぞ…

71 :リ−ゼ:01/09/12 17:33
あ、飛んで行っちゃった…
(ゾイコンをまじまじ見て)
ねえヘタレッド、何処に落ちたい?
(ゾイコンをぐりぐり動かす。ロケットの不調がこの為かどうかは定かでは無い)

さあ、たっぷり遊んだし。晩ご飯の時間だね(平然
(屋根から穴に飛び込み、ふわりと着地)
うわ、廊下もモニターも厨房もめちゃくちゃだ…

72 :バラッド:01/09/12 17:42
>レオン
やっぱりか・・分った、辞めとくよ・・。
[すると呼んでもいないのにヘタレッド登場!!]
・・ん・・ヘタレッド・・誰なんだ?・・ゴレンジャイの親戚か?
・・あぁ、闘っているな・・・<ダークカイザーと戦ってるし…
・・その上で、空も飛んでるな・・・<ダークカイザー抱えて〜
・・ってヘタレッドはそのまま落下していっているな・・
・・で・・一体ヘタレッドは何がしたかったんだ・・?

73 :トロス:01/09/12 18:46
(殺虫剤を巻き終わって)
はぁはぁ……ん?……しまった!こんな事してる場合じゃなかった!

(ヘタレッド登場RCプウと戦い始める)
…何か凄い事になってるなぁ。
サウンドブラスター、放電、ロケットパンチ……むむ!ひらめいてきたぞぉ!

>ダークカイザー抱えて〜
おや?飛んでっちゃったなぁ……しかしあの攻撃方法何かに応用できないかなぁ?

>リーゼ
せっかく繋いだって言うのにのにこれじゃあもう使い物にならないねぇ。
残念だがご飯にしよう。

74 :ナオミ:01/09/12 23:36
(川べりから鉱物を辿っていくと、旅館内のプー様専用と書かれた部屋に付く)
この部屋まで続いているみたいね。
(ただの使用人の部屋みたいだけど、、様?、、専用?)
あからさまに怪しいわ。
何か手掛かりはあるかもしれから入ってみるわよ、リノン。

(ふたりが部屋に入る。すると食べ残しのカップラーメン、
ビールの空き缶などに混じって、
旅館に泊まるキャラ一同のデータの書かれたファイルが見つかる)

私たちのデータが記載されたファイルだわ。犯人の持っていた物に違いないわ。
なになに、、ハーマン、、親の七光り、、、、。
フィーネ、、オパーイハァハァ、、、、。レイヴン、、負け犬、、、、。
リーゼ、、女のくせに自分をボクって言うな、、、、。
ロッソ、、デブ、、、、。ヴィオーラ、、化粧厚い、、、、。
リノン、、ドキュソ、、、、。etc、、etc、、、。

75 :レオン:01/09/12 23:44
飛んでいったな…アレ…

しかし…凄い事になってるな…当たり一面ボロボロだぞ…

76 :リ−ゼ:01/09/12 23:56
あれって、この地方のお祭りか何かかな?
それよりご飯にしようよ…
(水道管が壊れ水浸しの厨房を見る)
ご飯…無理かな…

77 :レオン:01/09/13 00:00
>リーゼ
いくらなんでもあんなお祭りは無いと思うが…

水浸しか、モップで拭かないとな・・・て、さっきので折れてるよ・・・モップ・・・

78 :ダークカイザー:01/09/13 00:09
>ナオミ
ゴルァ!!何ヲヤッテイルノダ!!
キ、貴様!ソノふぁいるヲ見タナ!?
オノレ!コレデモクラエ!!
(念力眼力催眠光線ピカピカ)
サア、ココデ見タ事ハ忘レルノダ…
ソシテ、オ前ハ玄関デアヤシイ赤髪ノ男ヲ見タノダ…
ソノ男ハ「あんびえんと〜」ト叫ビナガラ走ッテイッタ…
イイナ、ココデハ無イ、玄関デ赤髪ノ男ダ…

フフフ…コレデ良イ

79 :トーマ:01/09/13 00:18
(ロケットパンチで気絶していた)
……はっ!
ここは一体……?
………そうだ、プロイツェンは!?
くそ、逃げられたのか?

80 :バラッド:01/09/13 00:30
>レオン
新しいモップ・・持って来るよ・・。
>トーマ
・・今頃気が付いた様だな・・。
・・プロイツェン・・誰なんだ・・そいつは・・

81 :ダークカイザー:01/09/13 00:37
仲居さんC「あらあら、水浸しじゃないですか!?」
  「え?プロツェンですか?はあ…まあ良いです。」
  「ここは雑用達に片付けさせますから、夕飯を取って下さい」
  「え?厨房が水浸し?大丈夫、麓の料亭に発注しますから」(はあ…赤字だわ

82 :レオン:01/09/13 00:40
そういえば、釣ってきた魚があるんだが…
さばけるかな…?

83 :ダークカイザー:01/09/13 00:48
>レオン
仲居さんC「水道が壊れてますからね…表の井戸なら使えると思いますよ」(やった、少し食費が浮くわ

84 :レオン:01/09/13 00:52
それじゃ、これたのむよ。
このまま落いておいてもしょうがないしな…

85 :ダークカイザー:01/09/13 01:09
仲居さんC「はい〜お預かりしますね〜」

何?魚ヲ料理シロ?シカモ表ノ井戸デ!?C君、君ハ馬鹿カネ?
サッキモなおみトカ言ウ女ニ姿ヲ見ラレタトイウノニ…

仲居さんC「お姿を見られたのですか!?」
フフフ…催眠術デ偽ノ記憶ヲ植エ付ケタカラ大丈夫ダガナ…
ソウダ、C!オ前ガ料理シロ。

仲居さんC「わ、私がですか!?私、学生の頃。家庭科の評価は万年Eだったんですよ!」
大丈夫ダ、ヤレバ出来ル。
仲居さんC「は、はあ…」
(さて、一体どんな料理が出来上がるのか?)

86 :ハーマン:01/09/13 02:01
(仲居さんCの料理を見ている)
うおっ危ない!見ているこっちがヒヤヒヤするな。
仲居さん、アウトドア料理ならまかせてくれ。
こう見えても、結構得意なんだぜ?
まずはオーソドックスな川魚の七輪焼き。七輪と炭で焼くだけだが、以外といける。
まず魚のぬめりを取る様に塩で揉み洗いして……で、炭に火を起こして十分に
あっためた網にのせて焼く。これだけだ。
ついでに蕗の葉蒸しも作ろう。同じく塩でぬめりを取った魚を白味噌を敷いた蕗の葉に
のせ、さらに数枚の蕗の葉で包み、おき火の中に入れて焼く。
簡単だが、風味がたまらんぞ。
さらに炊き込みご飯。
米をに昆布だしと酒、塩・ショウガ汁少々を加え、内臓と表面のぬめりをとった
魚を上に並べて炊く。
炊きあがったら魚の身をほぐし、骨をとって、ごはんに混ぜ込む。ウマイぞ。
(以下、ハーマンのレシピが続く……
……しかし、ハーマンなのに和風ばかりなのは何故だろう(笑))

87 :トロス:01/09/13 04:54
モニター室もこれじゃもう使えないな……
トーマ君この有様じゃ仕方が無いから我々の持ってきた物を片付けよう。

スペキュラー……はこの様子だと手伝ってもらうのは無理か……

おーい、誰かモニター室の片付けを手伝ってくれ〜。

88 :レイヴン:01/09/13 07:50
昨日とはうってかわって
今日は静かだな、シャドー…。
(シャドー「ごわ、ごわ!」飛んでいくヒルツとRCプーを見て)
…何だシャドー、うるさい。
(シャドー「ごわ、ごわ、ごわ!」水道管が破裂したりでバタバタしている人達を見て)
…腹が減ったのか…?もう少しで晩飯だから我慢してろ…。

(一人安穏と部屋でウトウトしている。)

89 :レオン:01/09/13 09:17
しかし、厨房に続いてこの部屋も凄いありさまだな…
この部屋って、いったい何なんだ…?

モニター室…?なんでそんなものが旅館に…

あ、父さん片付けてつだいますよ。

90 :バラッド:01/09/13 22:32
>ダークカイザー
・・悪いが・・モップか何か拭く物は無いか?
・・あったら貸してくれ。
あと、ほうきもだ・・。

91 :ナオミ:01/09/13 23:24
(プー様の念力から目が覚めると、なぜかそこは男子トイレだったが、
そのことには気付いていない)

う、ううん、、。
ハッ、、こうしていられないわ。
赤い髪をした鉱物が「あんびえんと〜」って叫びながら走っていたことを、
ハーマン大佐に知らせなくちゃ。

92 :リノンたん:01/09/13 23:30
な、ナオミも見たの!?
赤い玄関であやしいアンビエントが「髪を〜!」って叫んでいたのを!
こいつぁ親の七光りよねっ(ゃゃ混乱)!

93 :ナオミ:01/09/13 23:37
>ハーマン リノン
そうだったわ。赤い髪の鉱物が親の七光りで「あんびえんと〜」なのよ。
どんな意味だか分かる?ハーマン大佐。

94 :ハーマン:01/09/13 23:49
うむ、これぞ男のアウトドア料理だ。
おいみんな、メシにしないか?
バンとフィーネはまだ帰って来ないのか?

>ナオミ
赤い髪の鉱物が親の七光りで「あんびえんと〜」、だと?
赤い髪でアンビエントと言えば、ヒルツだろう。
鉱物と親の七光りがどう関係するのかは知らんが……
で、それがどうかしたのかい?

95 :ナオミ:01/09/13 23:54
>ハーマン
そうね。取りあえず冷静になって考えをまとめてみましょう。
赤い髪で赤い髪でアンビエントと言えばヒルツ。
ということは、鉱物と親の七光りは誰を表しているのかしら。
大佐、心当たりはある?

96 :リノンたん:01/09/13 23:54
もぐもぐ・・・(ハーマンの料理にすでに手をつけている)
ヒルツ?
ヒルツって、あのヘタレの?
あいつハンマーヘッドに乗っていたかしら?

97 :レオン:01/09/13 23:55
ふぅ…こっちも片付いたよ。
料理できたのか…?
さすがに、腹減ったよ…

>ナオミ リノン
なにわけのわからないこと言ってるんだ…?

98 :リ−ゼ:01/09/14 00:11
(ナオミ達の話を聞きながら)
は〜これが、某巨大サイトで行なわれる、堂堂巡りな議論ってヤツなのかな?(しれっ
誰が何をやったかなんて一目瞭然なのにね。
ま、良っか。
ご飯も出来た見たいだしレイヴン呼びに行こうっと♪
(スぺキュラー「ご…ごわ…」)

99 :ハーマン:01/09/14 00:11
>ナオミ
う〜む……ヒルツと関係する「鉱物」……「親の七光り」……
鉱物……鉱物……ヒルツと関わりのある……まさか……

プロイツェン!?

そうか!
全てはヒルツとプロイツェンが共謀して起こした事だったのか!!
プロイツェンはヘタレッドが道連れにして飛んで行ってしまったが、
ヒルツはまだだ。
……ヒルツはまだ近くに潜伏しているということか!
だが犯人が分かってしまえば、対処のしようもあるというものだ。
ナオミ、貴重な証言をありがとう。
だが、「親の七光り」だけはどちらにも繋がらないな……

(と、猛烈な勢いで料理を食べるリノンたんに気付く)
おいおい……
そう言えばレイヴンはどうした?部屋に戻ったきりか……
あとシュバルツも縛られたままだな。
犯人も分かったし、旅館の人も納得してくれるだろう。
二人を呼んで来るか……

100 :レオン:01/09/14 00:17
>リノン
おいおい、一人で食べるなよ、俺にも…じゃなくて!!
みんな来るまでまってろよな。

101 :ハーマン:01/09/14 00:25
(旅館の廊下でリーゼとバッタリ)
おや?リーゼはレイヴンを呼びに行くのかい?
じゃあオレはシュバルツだけでいいな。

>ダークカイザー
(省略)ということで、真犯人はヒルツとプロイツェンであると判明しました。
シュバルツの縄を解いてやってもらえますか?

102 :レイヴン:01/09/14 00:27
>リーゼ ハーマン
……(ジー…(呼びに来たこの二人の組み合わせが珍しいと思っている)
(はっとして)……ああ、すまない。飯の時間か…。

…リーゼ、浴衣の裾が汚れているが…また何かしていたのか…?
(屋根の上上がっていたので)

ハーマン、犯人はわかったのか…?
…まあ、その顔からして聞くまでも無いようだな(苦笑
犯人については飯を食べてからゆっくり聞かせてもらうよ。
シャドー、行くぞ(シャドー「ごわ」)

103 :バン:01/09/14 00:29
はぁ・・・やっと旅館が見えてきたぞ。
なんだかさわがしいな・・・なにかあったのか?

104 :ダークカイザー:01/09/14 00:57
仲居さんC「ヒルツと閣…プロツェンですか?」(疑
  「さっきの料理の件もありますし、良いでしょう」(シュバルツの縄を解く
  「ところでハーマンさん。貴方って結構魅力的ですねぇ」(にじりにじり
  「私、惚れちゃいましたわ…て、逃げないで〜〜〜」
(ハーマンの運命は如何に(ワラ))

105 :バラッド:01/09/14 01:37
>ダークカイザー
おい・・掃除道具・・[シーンとする旅館の中・・]
・・ちっ・・誰もいねぇのか・・。
・・(やれやれ)・・仕方ない・・[厨房に戻るバラッド]
おいレオン・・掃除用具・・レオンもいねぇ・・。
・・・[モニター室に向かうバラッド・・]
・・誰かいないのか・・・・いないようだな・・。
・・んっ・・[一本のビデオテープを発見するバラッド]
何だ・・見てみるか・・。
[破損していないビデオデッキを探すバラッド・・。]
(これもダメ、あれもダメ・・駄目・・ダメ)
・・しょうがない・・俺が貰って置こう・・。
(しかし、何処行ったんだ・・あいつ等・・。)

106 :トロス:01/09/14 10:01
(少し時間戻ってます)
おお、レオン手伝ってくれるのか。
じゃあ早速で悪いんだがこれとこれとこれを頼む。
(指示した物の中には何故か元から有った物も……)

全くこの忙しい時にビット君は何処をほっつき歩いてるんだろう。
(と、ぼやきながらも指示しかしないトロス)

ああ、トーマ君済まないがこれも頼むよ。
レオンこっちも頼む。

ん?外の方が賑やかになってきたな……
どうやら食事が出来たみたいだな。
みんな、一先ずご飯にしよう。

107 :リ−ゼ:01/09/14 12:37
>レイヴン
ああコレ?、みんなでヒルツをからかって遊んでたんだ<また何か

今回の悪戯事件の犯人がヒルツだってのは、レイヴンも気付いてたと思うけど。
みんな知らないフリして、他人を犯人に仕立てて遊ぶなんてイイ趣味だよね(笑
(リーゼは本気でそう思っていたらしい)

ま、ボクもスペキュラーがヒルツ(とプー)をハッキリ見てるのに、
ビットのせいにして(服ドロボーの件)遊んだけどね(笑
レイヴンも、みんなに合わせて気付かないフリをしなよ?
「下らん…」なんて言わないでさ(笑

108 :レイヴン:01/09/14 22:51
>リーゼ
…ヒルツ?アイツもここに(リーゼ「レイヴンも気付いていたと云々」)……。(来ているんだな…)
……。(皆知らないフリをしてるのか、一体何のためにそんな下らない事を…)
……。(他人を犯人というが、犯人にされた奴はどうなるんだ…?)
……。(ハーマンのやつ、本気で腹を立てていたようだが
あれも演技だったのか…?だとしたら相当な役者だな…(汗))
(リーゼの言ってる事を信じています)

…(溜息)(…考えても埒が開かん)
ヒルツがここにいるのはそれ相応の理由があるだろうな。
俺やバンに対しての報復…。この前のデスザウラーの件もある。
アイツがシッポを出すまでは、知らないフリをしていた方が賢明だろう。
………。何か…お前…、楽しんでいるだろう…?。

109 :レオン:01/09/14 23:40
この料理…みんなの分残ってるのか…?

そういえば、ハーマン…イタズラの犯人がわかったのはいいが
今日はこの後、どうするんだ…?

110 :バラッド:01/09/14 23:45
・・腹減った・・んっ・。
(・・外がなんか騒がしいが・・)
・・ここにいてもしょうがない・・行って見るか・・。
[表の井戸に向かう、バラッド。]

111 :リ−ゼ:01/09/14 23:57
そう見える?( ̄ー ̄)ニヤリ<楽しんで〜

さ、ご飯食べにいこうよ。
(道々話す)
でもさ、流石にプロイツェンまで関わっているなんて思わないだろうね…
ん?何を困った顔してるのさ?
何で分ったか?あはは、ボクの得意技を忘れてるだろ、心を読んだんだよ。
スペキュラー達がプーを見たって言うからね。雑用係りの心をちょっとね(邪笑
後はヘタレッドさ、あまりにタイミングが良すぎたよ。
だから、あいつの心も読んでみたんだ。
じゃあ、あいつの正体はヒルツだったって訳さ…

さあ、着いたよ。早く食べようよ。

112 :教師s:01/09/15 00:16
(仲居さんから逃げて来た)
ハーマン「どうしてこんな展開になるんだ……?」
シュバルツ「あの仲居さん、私が縛られているのを見てずっとニヤニヤしていたからな。
        気を付けるに越した事はない」
ハーマン「ああ。そうした方が良いだろうな……」

>レオン
ハーマン「犯人も分かったことだし、予定通り「肝試し」にしようと思う。
      せっかく旅館の方が準備してくれたことだしな」

113 :レイヴン:01/09/15 00:23
>リーゼ
…見える。
またろくでもない事企んでるんじゃないんだろうな…?<そう見える

(食事の席へ)
……お前、あまりその能力はつかわないほうが…<心を呼んだ
人間の心なんて、どす黒い固まりのような物だからな…
(顔ぶれを見て)
(「バン達が居ない…、まだ全員そろってはいないのか…」)
(「…のわりには、あの女(リノン)は1人で怒濤のように食べているな…」)
(「ヒルツはいいとして、あと関わっているのがプロイツェン…(はっとなる))

…!この宿にプロ(周りに気がつき、声を押し殺す)…いや、アイツも
いるのか…?(汗)
何なんだこの宿…
(ヒルツといいプロイツェンといい)…ルドルフのやつの差し金なのか…?(困惑)

114 :リ−ゼ:01/09/15 00:38
滅多に使わないよ<能力はつかわないほうが
だって…レイヴンの心が見えたらツマラナイよ…
ボクの事をどう思ってくれてるのか…どうしたいのか…
そんな事を考える楽しみが無くなっちゃうよ(ホホエミ

それに、今回も使う気は無かったよ。
キミに危険が及ばないなら…ね(ホホエミ

115 :レイヴン :01/09/15 01:00
>リーゼ
…………<だって、レイヴンの〜
……そうか(優笑(リーゼの頭を撫でる)

俺は自分に降り掛かった火の粉ぐらい自分で払える、
だからお前は自分が怪我をしないよう、それだけ考えていろ…。

116 :バラッド:01/09/15 01:00
[朝から何も食べていないので鬼のように食い始めるバラッド・・。]
(昨日ぶりの飯だ・・うまい・・!!)
>レオン
・・ところで犯人が分かったって・・どういう事なんだ・・?
>リノン
・・あんまり怒涛のように食うと・・のど詰まらせるぜ・・。
>レイブン
そりゃいるだろ・・じゃないとここまでうまい飯は出来ないからな・・。<この宿にプロ〜

117 :レイヴン:01/09/15 01:12
>バラッド
…?(一瞬何の事だかわからないような顔で)<いるだろ
(で、意味を理解し)
…あ、ああ。そうだな…<うまい飯
だが俺は料理よりもアンタとあの女(リノン)の食べっぷりを
見ているだけで腹がいっぱいになりそうだがな…(苦笑

118 :バラッド:01/09/15 20:35
>レイヴン
・・・そうか?<アンタとあの女(リノン)の食べっぷりを〜
リノン・・レイヴンが腹一杯だそうだ・・!!
・・食うの手伝ってやるぞ・・。

119 :トロス:01/09/15 20:48
>リノン バラッド
おいおい、沢山食べるのは構わないが、私達の分も残しておいてくれ。

レオン、トーマ君、我々もいただこうじゃないか。
(仲居さんに向かって)
お〜い!こっちにジ・オーガ・キラー持って来てくれ〜。
グラスは3つでな〜。

120 :バラッド:01/09/15 21:03
>トロス
・・博士ヌカヅケ(抜け駆け)はずるいぜ・・。
>仲居さん
こっちも同じ奴を持って来てくれ。
>教師s
・・肝試し・・バカバカしい。
俺は遠慮する・・。

121 :リノンたん:01/09/15 21:41
ブハーッ!(飯を噴く)
き、肝試し・・・?

・・・も、もっと他に、気の利いた企画はないの・・・?

122 :レオン:01/09/15 21:47
ジ・オーガ3つて…俺は酒はいらないよ!!

123 :ナオミ:01/09/15 23:38
>ハーマン
この肝試しで幼稚な悪戯をしたプロイツェンとヒルツを誘き出すわけね。
いかにも奴らが喜びそうな良い作戦だと思うわ。私にも協力できることがあったら言ってね。

>リノン
まさか16歳にもなってお化けが怖いなんてことはないわよね〜。

124 :リノンたん:01/09/15 23:53
こ、怖い〜?
このあたしが?おばけを?
冗談はよしてよナオミ。
あたしはただ、ちょっと子供っぽいんじゃないかな〜・・・って、そう思っただけよっ!
どうせ恐がらせ役は裏方なわけだし、望む所よっ!その肝試し、うけて立ちましょう!

(発言3秒後に大後悔)

125 :ハーマン:01/09/16 00:12
>バラッド レイヴン
ちなみに今日の料理はオレが作っていたりするんだが……

>ナオミ
ああ。変に予定を変えたりする方が警戒されるからな。
普通通りに行動すると見せかけておびき出し、
そこをキッチリ捕えてやるのさ。
だからとりあえずは、普通に楽しんでくれればそれでいいよ。

126 :レオン:01/09/16 00:18
>ハーマン
ちなみに、その魚釣ってきたのは俺なんだが…

半分くらいは、リノンがくすねてきた魚も入っているが…

127 :バラッド:01/09/16 00:20
>ハーマン
・・そうだったのか・。
しかし、この腕なら戦争屋より料理人の方が向いてるぜ・・あんた。

128 :レイヴン:01/09/16 00:26
>ハーマン レオン
………。まるで自給自足じゃないか。<魚はレオンが、料理はハーマンが
別に味に文句は無いが、一体ここの宿の料理人はどうしたんだ?

129 :レオン:01/09/16 00:28
>レイヴン
そういえばそうだよな…厨房が壊れて、厨房で料理が出来なかったのは分かるんだが…
なんで、ハーマンが料理してたんだ…?

130 :ハーマン:01/09/16 00:31
>レイヴン レオン
オレは仲居さんの料理が危なっかしかったんで交代したんだが……
言われてみれば確かにそうだな。
昨日と今日の朝、厨房で料理していた人はどこ行ったんだ?

131 :レイヴン:01/09/16 00:50
>レオン ハーマン
…料理人が何処にいったのかなんて俺が知るか。
おおかた、大統領誘拐前科持ちのどこぞのやつが
嫌がらせとして攫っていったのかも知れない。

だが…別に仲居も含め、慌てた様子は無かったがな…。
ま、過程がどうであれ結論的に飯は食えてる、考えた所で無駄だ(もぐもぐ

132 :ナオミ:01/09/16 00:56
リノン張り切ってるわね〜。
ここらは2000年前の大戦の時にコマンド・ウルフの大部隊が、
謎の赤いゾイドに全滅させられたから、成仏できないゾイドの霊が出るらしいわよ〜。
ムード満点だし楽しみね〜。

あっ、どさくさに紛れてビットを襲っちゃダメよ。

133 :レオン:01/09/16 00:56
>レイヴン
たしかにそうだな…

しかし…大統領誘拐前科持ちって…なんだよそれ…

134 :レオン:01/09/16 01:01
>ナオミ
コマンドウルフの亡霊だったら、バラッドにとりついてるんじゃないのか…?

135 :ナオミ:01/09/16 01:04
>レオン
えっ、、?
ま、まさか、、やめてよね、、、。

136 :レイヴン:01/09/16 01:08
>レオン
…ああ、アンタは知らないんだったな。
ヘリック共和国の大統領をホエールキングごと拉致して
挙げ句にディバイソンの中に隔離した赤頭の事だ。
詳しく聞きたいのならば俺よりもハーマンに聞いた方が早いぞ。
なにせ拉致された大統領ってのはハーマンの母親でもあるからな。

(ナオミをからかうレオンを見て)
………。(ゾイドの亡霊なんてあるのか…?)

137 :レオン:01/09/16 01:08
>ナオミ
聞いた話しなんだが…
フォックスに乗り変えたとき、コマンドウルフ
乗り捨て状態だったとか…

138 :バラッド:01/09/16 01:12
>仲居さん
やっぱりコーヒーが飲みたくなったからコーヒーを頼む。
>レオン&ナオミ
確かに、俺が坂を下らなければまだ生きていたからな・・。
・・後ろにいるかもな・・俺を恨めしそうな目で見るコマンドウルフが・・・。(小さい声で)

139 :リノンたん:01/09/16 01:14
誰がビットを襲うかっ!!

それにしても・・・ゾイドの霊、ねぇ・・・。
ま、別に霊の10体や20体、どおってことないけどね(急須のお茶を味噌汁の御碗に注ぐリノン)。

140 :レオン:01/09/16 01:15
>バラッド
まあ、それを言ったら、俺の後ろにも、シールドライガーが居るかもな…
大切なのは、奴等を忘れない様にすることだな。
そして、強くなって、今の相棒を同じ目に会わせない様にな…!

141 :レオン:01/09/16 01:18
>リノン
いや…おまえの場合…別の意味で襲う結果になりかねないんだがな…

どういうふうにかは、あえて言わないけど…

142 :名無し獣:01/09/16 01:24
>136 訂正
ホエールキングではなく、ハンマーヘッドです(汗)

143 :バラッド:01/09/16 01:25
>レオン
・・ああ、分かっている・・。
>ナオミ
・・もしかして恐がっていないか?おまえ・・。
>リノンたん
・・味噌汁の茶碗で飲むんだな・・
・・杯でもやる気か・・リノン。
>レイヴン
あるぜ・・。
・・夜な夜な自分を見捨てて新しいゾイドに乗り換えた人間に復讐する為の会議があるって噂だからな・・。
まっ噂だがな・・・。

144 :トロス:01/09/16 06:14
(レイヴンの話を聞いて)
ハーマン君はルイーズ大統領の息子さんだったのか?
じゃああの写真はやっぱり彼の物だったんだな。

>レオン
昨日はお前とろくに話も出来なかったし、男同士グラスを傾けながら、と思ったんだが……
まあ嫌なら仕方が無い、これから肝試しもあるみたいだしねぇ。
お〜い、仲居さ〜ん。
やっぱりお茶にしてくれ〜。

145 :レオン:01/09/16 17:07
>トロス
昨日、酔ってあれだけ暴れたからさすがに
今日は飲むわけにはいかないよ…

146 :リ−ゼ:01/09/16 22:06
肝試しか〜
(リトルソーダーで人魂作って…「きゃ〜」とか言いながらレイヴンに抱きついて…」
ホント、楽しみだね〜(邪笑

147 :ダークカイザー:01/09/17 20:35
肝試シノ準備ハ出来テイルカ?
雑用係り1「はい。コース及び仕掛け。そして奴等の情けない姿を写す為のカメラ全て整っています」
雑用係り3「コースは御儒羅主神社 境内から山道を通って弟棲座右羅神社 の墓地から境内に」
   「置いてある御札を取ってゴールです」
雑用係り1「仕掛けは我々3人と仲居さんCで行ないます。閣下は旅館で待っていてください」
雑用係り2「ええ!?俺も行くの?」
嫌カ?
雑用係り2「い、嫌と言うか、お化けが恐いと言うか…い、いえ!そんな事無いです!!」
嫌ナラ、ココデ待ッテルガ良イ。代ワリニ私ガ行ク。
積年ノ怨ミヲハラシテクレル!!待ッテイロ下等生物共メ!!
仲居さんC「では、コース図を持って行ってきます。」

(教師sの席にて)
仲居さんC「と、いう訳でコース図です。ハーマン様は参加組?仕掛け組?」(ハート
   「こちらの人数は足りてますが、仕掛け組希望でも歓迎ですよ?」(粘着ハート

148 :バラッド:01/09/17 21:12
>教師s
[仲居さんCの参加組?仕掛け組?を聞き、即座に]
・・訂正だ、俺も参加(組)する・・。

149 :レイヴン:01/09/17 21:23
………(横目で邪笑を浮かべているリーゼを見て)
……俺も(強制)参加か……?(はぁ

150 :リノンたん:01/09/17 21:33
(小声で)・・・う〜ん。
強がりであんなこと言っちゃったけど、ホントはすっごい苦手なのよねぇこういうの・・・。
まぁ、なにかあったらあったで、さりげなくビットにでも飛びつけば恐さも紛れるかも・・・。

我ながら、自分らしくないわね(苦笑

151 :レオン:01/09/17 22:50
>リノン
ん?どうした、なんか元気無いな…
(周りに聞こえない様に)
やっぱり怖いのか…?

152 :リノンたん:01/09/17 22:54
な、兄さんまで何言うのよぉ〜。
幽霊とかお化けとかノコギリ男なんて非科学的なもの、いるわけないじゃない!
あーっはっはっは!!

153 :トーマ:01/09/17 22:58
>リノンたん
うむ、幽霊などは存在しない。
だからこそ私はこんな子供じみた行事には参加したくないのだが…。

154 :リノンたん:01/09/17 23:00
(トーマに耳打ち)
ホントは・・・フィーネと組めなかったからじゃないのぉ?

155 :レオン:01/09/17 23:01
>リノン
だったらいいが…怖がってビットに抱き着いて、ビットの背骨折るなよ!

>トーマ
まあ、そう言うなって、せっかく旅館の人が用意してくれたんだから。

156 :バン:01/09/17 23:03
すっかり夜になっしまったな・・・
ん?みんな外に出てくるぞ!?

行こうフィーネ。

157 :トーマ:01/09/17 23:07
>レオン
男同士で肝試しなどやるのは不毛だと思わんのか?

>リノンたん
(ムカ!)
そんなことは関係ないのだが。
…まぁ幽霊は存在しないがノコギリ男は科学的にも実証できるがな。

158 :レオン:01/09/17 23:12
>トーマ
まあな…でも、こればっかりは人数の関係上しょうがないと思うが…
なんならお前、女装でも…冗談だ…その手を下げろ…

159 :忍者三人衆:01/09/17 23:17
ネゴロ「オレたちは、仕掛け組でいい」
コーガ「ああ」
イガ「え〜〜〜〜〜〜〜〜? 参加しようよ〜」
ネゴロ&コーガ「……忍びが目立ってどうするんだ?」
イガ「でも〜〜〜〜〜」
ネゴロ「……訂正だ。イガが参加、オレたち二人は仕掛けだ」
イガ「やった〜 参加できる〜!!」
コーガ「やれやれだぜ……」

160 :リ−ゼ:01/09/17 23:17
>トーマ
ノコギリ男?何、そのダサいネーミング(プ
そんなの居るの?

>レオン
女装…
レイヴンに女装。ボクが男装。
あれ?男女比は変わらないや(笑

161 :フィーネ:01/09/17 23:19
もうこんなにまっくらなのに・・・
バン、これから何するの?

162 :リノンたん:01/09/17 23:20
どーせノコギリ男とかいって、林業のおじさんか何かが出てきて終わりでしょ?
まったく、子供だましもいいとこよね、あっはっは(引きつった笑い)。

ん、か弱いあたしがビットの背骨なんか折れるわけないじゃない(ニコニコ

163 :ナオミ:01/09/17 23:22
>バラッド
残念だけど、私はお化けを怖がるようなタイプじゃないわよ。
キャーッとか言って、素直に男の人に抱きつけたりしたら、それはそれで楽しそ、、、、
い、いえ、、なんでもないわ、、、。

>リノン
汗びっしょりだし、足が震えてるわよ。
大丈夫?恥ずかしいからお漏らししないでね。フフフ。

164 :バン:01/09/17 23:24
>フィ
みんな懐中電灯持ってる・・・

きっとこれから虫取りにでも行くんだな!!(違

165 :レイヴン:01/09/17 23:24
…別に1組み3人になっても問題ないと思うが。

>リーゼ
何でそこで俺が女装しなきゃならないんだ…(汗)

166 :リノンたん:01/09/17 23:25
はぁ!?
だ、誰が震えてるって?
こんなヤラセ企画でお漏らしなんてするわけないでしょっ!!
バカバカしい。

さぁ!一番手は誰なのよっ?

167 :トーマ:01/09/17 23:30
(ケルベロスの一件のときの投影装置を持ってきていることは黙っておくか)

168 :リ−ゼ:01/09/17 23:31
レイヴン!!(ギュ〜とつねる)<1組み3人
本当の女装させて欲しいのかい?(怒

169 :バラッド:01/09/17 23:32
>リノン
いるぜ・・・ほら、お前の後ろに・・・。
>ナオミ
・・・・・?<い、いえ、、なんでもないわ、、、。
>レオン
・・・ふっやっぱりか。<なんならお前、女装でも…冗談だ…
>リーゼ
誰がつけたかは分からんがな・・・<ノコギリ男?何、そのダサいネーミング
俺はそのネーミングをつけた奴の顔が見たい。

170 :教師s:01/09/17 23:34
ハーマン「せっかくだから、参加させてもらおう」
シュバルツ「ああ。そうさせていただこう」

ハーマン「肝試しといえば、ペアで参加というのが王道だな」
シュバルツ「早速ペアを作るとしよう。この特製〈出来レースくじ〉を
        引いてくれ。おそらく相性抜群の組み合わせが出来るはずだ」

171 :レイヴン:01/09/17 23:36
>リーゼ
痛ッ…!<ギュ〜とつねる
何するんだお前ッ(汗)
男同士が不毛だと言っていたから、なら男二人、女1人にすれば
話は早いと…ってだから何故そこで女装がでてくるんだ!(汗)

172 :レオン:01/09/17 23:38
くじか、それじゃさっそく引かせてもらうよ。

>バラッド
やっぱり…?なんか引っかかるな…

173 :トロス:01/09/17 23:39
肝試しかぁ。
私も久し振りに参加してみるかな。
しかし……私は誰と組めば良いんだ?

>教師s
おお、くじ引きかね!
懐かしいなぁ。では早速引かせてもらうよ。

174 :リ−ゼ:01/09/17 23:40
レイヴン、よく聞いて…
世の中には、男同士の方が良いって人も居るんだよ(しれ

あ、くじ引きだって引きに行こうよ!

175 :ナオミ:01/09/17 23:41
リノンがやる気まんまんみたいだから、
一番手はリノンとビットにしましょうよ。

176 :バラッド:01/09/17 23:42
・・さて・・くじをひくか。
>レオン
・・気にするな・・独り言だ・・。

177 :レイヴン:01/09/17 23:49
>リーゼ
…(汗)そ、そういうものなのか…?(信じてます)<世の中には〜

くじ引き…古典的だな…。
そうだな…とりあえず俺も引くか。

178 :リノンたん:01/09/17 23:55
うわっ!?
おどかさないでよ・・・バラッド・・・。
・・・前歯折るわよ?

って、別に驚いたふりなんだけどねぇ(強がり)。
さぁっ!あたしもくじ引くわよ。

179 :教師s:01/09/18 00:06
ハーマン「全員引いたかな?」
シュバルツ「それでは発表する」

バラッド×ナオミ
イガ×シャドー
バン×フィーネ
トーマ×ジーク
レイヴン×リーゼ
シュバルツ×フーマ
ロッソ×ヴィオーラ
レオン×トロス博士
ハーマン×スペキュラー
ビット×リノン

ハーマン「以上、10組だ」
シュバルツ「なお、発表した順番に肝試しに行くものとする」
ハーマン「それでは仲居さん、宜しくお願いします」

180 :ダークカイザー:01/09/18 18:14
仲居さんC「では、御儒羅主神社 境内に移動して順次、出発して下さい」
(…移動中…)
仲居さんC「ではコーガさん達も仕掛けに入ってください。私も仕掛けに入りますね。(うふふふ…)」

雑用係り1(スク○ーマーの格好で、ごそごそトランシーバーを取り出し)
「こちら山道。人魂とコンニャクの用意は万全です!」

雑用係り3(ホッケーマスクにチェーンソーを持って)
「こちら墓場。倒れる墓石とゾンビ人形の準備完了」

仲居さんC(古風に井戸の中でお岩さんの格好で皿を持っている(?))
「井戸の自動巻上げつるべの作動は確認済みです」

プロイツェン(ぬりかべの仮装(?)で御札の置かれている台になりすましている)
「フフフ…完璧ダ!後ハ奴等ガ来ルノヲ待ツダケダナ」

181 :バラッド:01/09/18 23:03
・・・・・・逝くか・・ナオミ・・。

182 :ナオミ:01/09/18 23:10
私の方はいつでもいいわよ。
それじゃあ行きましょうか。
(しばらく二人で歩いて行く)
こう山奥じゃ人気もないし、静かすぎてさすがに気味が悪いわね。

183 :バラッド:01/09/18 23:20
・・ああ・・そうだな・・。<静かすぎてさすがに気味が悪いわね。
・・・そう言えばこれは噂だが・・・ここの旅館、昔コマンドウルフの大軍が謎の赤いゾイドに全滅したって言っていたよな・・。
・・それのことで旅館の人に聞いたんだが(嘘)・・・やっぱりやめておこう・・。

184 :ナオミ:01/09/18 23:29
その話なら私も聞いたわ。
はっきりしないわね。最後まで言ってよ。

185 :ダークカイザー:01/09/18 23:30
雑用係り1(スク○ーマーの格好で待機中)「…(バラットの話が面白そうだな)」
(コンニャクのタイミングを計っている)

186 :バラッド:01/09/18 23:37
そうか・・そこまでして聞きたいのか・・。
・・・分かった・・言おう。
・・・出るそうだ(幽霊)。
特に・・ここら辺がな・・。(嘘)

187 :忍者コンビ:01/09/18 23:40
(落ち武者の格好で墓場の入口にて待機している二人)
コーガ「忍者の変装術は完璧だ」
ネゴロ「ああ。この血糊も突き立った矢も自信作だ」
(バラッドとナオミはまだ山道である)
(暇な二人)
コーガ「……背後に気配を感じないか? それもかなり嫌な感じの」
ネゴロ「いや? 別に」
コーガ「そうか……それならいいんだが……」

188 :ダークカイザー:01/09/18 23:40
ワオォォォォォォォォォン!!(効果音)
(更にコンニャクがナオミの足に ヒタヒタ…)

189 :ナオミ:01/09/18 23:40
なーに?バラッドは幽霊なんて信じてるの?
意外と子供っぽいのね。そんなのいるわけないでしょ。
さあっ、とっとと終わらしてリノンが怖がる所でも見物しましょ。

190 :ナオミ:01/09/18 23:47
>こんにゃく
きゃああああぁぁぁぁぁ!!
(バラッドに抱きつく)
あっ、ゴ、ゴメン、、、。
(我に返り)
こ、これはこんにゃく、、、。
こんなものいきなり突きつけられたら、お化けじゃなくても驚くわよっ!!
ちょっとそこにいるの出てきなさいよっ!!
(雑用係り1のいる方へつかつかと歩いて行く)

191 :バラッド:01/09/18 23:48
・・・・(悪かったな、ガキっぽくて・・。)
[その時、どこからか狼の鳴く声が・・・]
・・・んっ・・犬の鳴き声か・・あれ?

192 :ダークカイザー:01/09/18 23:52
(雑用係りに近づくナオミ。だが、目の前には、何故か人魂を背負ったス○リーマーが!!)
スクリー○ー「ムォ!?」

193 :バラッド:01/09/18 23:52
[突然、ナオミに抱きつかれるバラッド・・。]
・・・!・・・どうした・・?
[コンニャクを見るバラッド・・。]
・・あぁコンニャクだな、それ・・。
・・・って何処行くんだ・・ナオミ・・。

194 :バラッド:01/09/19 00:30
[ナオミが雑用係1の所に歩いていく、その後を]
・・ナオミお前な・・肝試しだから驚かす奴がいて当然だろ。
・・ってきいてんのか・・・・・・・!。
[急に立ち止まるナオミにバラッドは分からずにぶつかる・・。]
・・・・んっ・・どうしたナオミ・・。
[するとそこには人魂を背負ったスクリーOーがいた・・。]
!!!!!??・・・・・
・・・・ふっ・・。

195 :ダークカイザー:01/09/19 22:20
雑用係り3「お?悲鳴か…そろそろ来るな。ゾンビ人形の最終チェックでもするか」(ポチッ
ゾンビ人形「う〜あ〜ら〜ば〜」(コーガの真後ろにガバッとおきあがる)

196 :忍者コンビ:01/09/19 23:02
コーガ「殺気!?」
(振り向きざまに手裏剣を投げる!)
(ゾンビ人形に数本の棒手裏剣が突き立つ)
ネゴロ「(身構えながら)…………人形……か?」
コーガ「どうやらそのようだな」
ネゴロ「さっきお前の言っていた『気配』ってのはこれのことか?」
コーガ「うむ……だがもっとドロドロした怨念のような気配だったが……」
ネゴロ「?」

197 :ナオミ:01/09/19 23:34
今度は人魂?バカバカしい。子供騙しもいい加減にしなさいよ。
(人魂の仕掛けを探ろうとしていると、ス○リーマーの存在に気付く)
ヒッ!!なっ、なんなのっ!?
こ、こないでよ。それ以上近寄ったら怒るわよ。
(と言いつつ後退りする)

198 :バラッド:01/09/19 23:38
・・ナオミ・・どうしたんだ・・。
もしかして・・恐いのか?
[とか言いつつも冷や汗を垂らしているバラッド]

199 :ダークカイザー:01/09/19 23:39
スク○ーマー「?…ムォ!!!!」(とりあえず墓の方へ追い込む)

200 :ナオミ:01/09/19 23:47
>バラッド
バカなこと言わないでよね。
リノンじゃあるまいし、この私がちんけな作り物を怖がるはずがないでしょ。
あんなの中に人が入ってるに決まってるわ。
そうよ。そうに違いないわ、、、、。

201 :バラッド:01/09/19 23:58
・・その割には、声が震えていたようだが・・まぁ、いい・・。
・・さて、次に行くか・・。
[あっと言うまに墓地に到着する二人・・・]
・・・・!
(なんだ・・・急にここに来た途端急に空気が冷たくなった・・まさか・・ハハ・・まさかな・・。)
・・ところでナオミ・・なんか急に冷え込んで来てないか・・。

202 :ナオミ:01/09/20 00:03
>バラッド
き、気のせいよ。
ま、まさか、あなたにかぎって、お化けなんて非科学的な存在を信じてるはずないわよね。

203 :バラッド:01/09/20 00:13
>ナオミ
ふっ・・実はな、あの話には続きがあってな・・・
無念のうちに死んでしまったコマンドウルフ隊の隊長は・・・
今もここで・・自分達を消滅させた紅い者を探してこの墓場をうろついているそうだ・・・。
・・・そう、ナオミの髪の色のような・・・赤い奴をな・・(嘘)

204 :ダークカイザー:01/09/20 00:18
雑用係り3「(今だ)」(ポチッ
ゾンビ人形A「う〜わ〜ら〜ば〜」(がばっ
ゾンビ人形B「う〜ば〜ら〜わ〜」(がばっ
ゾンビ人形C「ば〜ら〜う〜わ〜」(がばっ

205 :ナオミ:01/09/20 00:28
>バラッド
や、やめてよ。わざと私を怖がらそうとしてるわね。悪趣味よ。
(ゾンビ人形が立ち上がる)
、、、!?
なっ、なによ。このブサイクな人形は。
(明らかに作り物の人形を見てホッとする)
やっぱりお化けなんているはずないわ。
全部幼稚な人間の作った造り物よ。これを作った人なんて相当センスがないわね。

206 :バラッド:01/09/20 00:44
>ナオミ
・・・・・・。
[ゾンビ人形がバラッド等の目の前に立ちふさがったが・・・]
・・・・・・・・なんだ、このヘタレた人形は・・・・・。
・・・・まださっきのマスクマンの方がいいぜ・・・。
・・・あと、ナオミ・・・それは言い過ぎだと思うんだが・・・。

207 :イガ:01/09/20 11:20
(待機中@二番手)

もうちょっとしたら出発かな?
…………(ちらり)
(横にいるシャドーを見る)
(……姐さんと組みたかったのに……何故……)
ハァ……(ため息)

208 :レイヴン:01/09/20 17:09
(出発地点@五番手)

……(ナオミの叫び声が遠くから聞こえて内申驚く)
(「あの女、絶対叫び声などあげないと思っていたが…」)

シャドー、そろそろお前の番じゃないのか?
…別におれたちは後から行く。心配しなくても大丈夫だ。

それよりもいいか?
何があっても「人」だけには噛み付くなよ、シャドー。

209 :レオン:01/09/20 18:45
(出発地点@出番当分先)
ナオミが叫び声上げるなんて、珍しいな…
……
(小声で)これじゃ、リノンの番のときはシャレにならない事態になるかもな…

210 :ナオミ:01/09/20 23:09
>206のバラッド
そうかしら?ここの人間は肝試しを勘違いしてるとしか思えないわ。
肝試しっていうのは夏の風物詩で、精神的にお客さんを怖がらせるものでしょ。
それなのにここの人間ときたらこんにゃくを足に付けたりして、
いつでもでも驚くようなことをしてるんですもの。
趣って物がないのよね。このくだらない人形といいセンスを感じないわ。

211 :バラッド:01/09/20 23:27
>ナオミ
(・・・・・・?)<肝試しっていうのは夏の風物詩で、精神的にお客さんを怖がらせるものでしょ。
まぁいい・・・。
じゃ・・次行くか・・ナオミ・・。
[落ち武者がいる辺りに向かった、バラッドとナオミ・・。・・しかし・・・。]
・・・遠回りするぞ・・・ナオミ!!
[直感だろうか・・それともただ恐くなったのか?]

212 :リノンたん:01/09/21 00:08
(遠くからナオミの叫び声)
ちょ、ちょっと・・・。
ナオミってば、冗談よねぇ?
きっと、夜陰に乗じてバラッドに襲われたに違いないわよね?
それなら一安心だわっ(小刻みに震えてる)。

213 :リ−ゼ:01/09/21 00:14
(こそこそと、リトルソーダに耐熱糸と油を染み込ませた布を付けてとばしている)
これで良し!(満足笑

214 :ナオミ:01/09/21 00:24
>バラッド
な、なんで遠回りしなくちゃならないの?
ドライなあなたらしくないわよ。幽霊を信じるだなんて、、、。
あなたがそんなことじゃ、私までおかしくなってきちゃうわよ、、、、。
しっかりしてよね、、、、。

215 :バラッド:01/09/21 00:39
>ナオミ
・・幽霊なんか信じちゃいなんだが・・ここを通っては埋けない様な気がするんだ・・。
・・俺の勘・・・なんだが・・・。
・・なら真っ直ぐ行ってみるか・・?(冷汗)
[真っ直ぐは落ち武者+αがいて、遠回りは???(出来るかどうかも不明)だ・・。]

216 :ナオミ:01/09/21 23:50
>バラッド
ダメよ。ここで引き下がったらお化け役の人間の思うつぼよ。
行くしかないわ。どうせたいしたことははずよ。
(と言いつつバラッドに体を寄せる)

217 :忍者コンビ:01/09/22 00:04
コーガ「バラッドめ!いつまであんな所でうろうろしているんだ!!」
(……………………)
ネゴロ「……やっと来たようだな……」
(二人が通り過ぎるのを待ち、二人の背後に飛び出す!)
落ち武者コーガ「オ〜マ〜エ〜ラ〜か〜〜オレをこんな姿にしたのは〜〜〜」
            (血糊がダラ〜)
落ち武者ネゴロ「オレの首を取れるものなら取ってみろ〜〜〜」
            (ボロボロの刀を振り回す)

218 :イガ:01/09/22 00:06
(二番目@まだスタート地点)

そろそろ出発しようか♪……えぇと……シャドー……くん?(だんだん小声)

219 :バラッド:01/09/22 00:10
[ナオミはバラッドに体を寄せ始める。]
・・・・。
[頭はそっぽを向いているが、手はナオミの後頭部をやさしく抑え込む。]
真っ直ぐしか、、無さそうだな。
さていくか、ナオミ。
[二人は歩き始めた・・。
    歩を揃えて・・。]

220 :シャドー:01/09/22 00:11
(出発地点@二番手)
ゴワ(キョロキョロと相手(イガ)をさがす)
………(しばらく辺りを見回すがそれらしい人がいない)
………(むしろ自分がイガを知らないと気付く)

(イガ「そろそろ出発しようか♪……えぇと……シャドー……くん?」)
ゴワ(振り向く)
(心情「こいつがイガって奴なんだな…」)
ゴワゴワ(数回頷いて、服のはしっこを噛みスタスタいざ肝試しへ)

221 :イガ:01/09/22 00:24
おわぁ!? 引っ張られる!?<服のはしっこを噛みスタスタいざ肝試しへ
(あわてて体勢を立て直し、歩き出す)
(前を向いたまま)
いや〜ワクワクするねぇ?
キミは肝試しは始めて?
ボクは始めてなんだよね、こーゆーの。
某国の大臣の部屋から機密書類を盗み出すのと、
どっちが楽しいのかな〜? なんてさ♪
ねぇ?…………(恐る恐るシャドーの方を見る)

222 :ナオミ:01/09/22 00:27
>コーガ、ネグロ
ビクッ!?
(驚きのあまり声も出さずに座り込む)
あ、あなたたちはフーマの部下のコーガとネグロ、、、、。
あなたたちまでグルだったのね。
これだからBD団出身者ってイヤだわ。

でも残念でした。そんな幼稚な脅かし方で、驚く私じゃないわ。
(強がるものの腰が抜けていて立てない。足下は無防備になっている(笑))

223 :忍者コンビ:01/09/22 00:31
落ち武者ネゴロ「私は〜ネグロではない〜〜ネゴロだ〜〜〜」
            (ゆらゆらとナオミに迫る)
落ち武者コーガ「とゆーよりオレたちは落ち武者だ〜〜ネグロでもネゴロでもない〜〜〜」
            (息も絶え絶えにバラッドに迫る)

224 :シャドー:01/09/22 00:38
(二番手@多分最初の方)
(イガの話をききつつ、前を向いて前進中)

 (キミは肝試し初めて?)
「……グゥ(レイヴンがこんな所連れてくるわけないだろ…)」
 (ボクは始めてなんだよね、こーゆーの)
「……グゥゥ…(俺も初めてなんだぞ)」
 (機密書類を盗み出すのと、どっちが楽しいのかな〜? なんてさ♪)
「……グゥ…?(人それぞれだろ、楽しさなんてさ)」

 (ねぇ?…………(恐る恐るシャドーの方を見る))
(視線を感じたのでイガの方を見る、するとイガの後ろに人魂(リトルソーダ)が!
 「グワァアア!(←火の玉に威嚇の咆哮)」

225 :イガ:01/09/22 00:42
何? どしたの?<グワァアア!(←火の玉に威嚇の咆哮)
(振り向く)
うわああああああああああああっ!?
(ガシッ)
(驚きのあまりシャドーに飛びつき、抱きついた)

226 :バラッド:01/09/22 00:45
>ネゴロ、コーガ
コーガ、ネゴロ
おわぁぁぁ!!
[後方に仰け反るバラッド・・。]
って、星野と今井か・・(冷や汗)
(ビックリさせやがって!!)

[ふと、ナオミを見ると座り込んで足がガクガク状態であった。]
[手を差し伸べ]
どうした、これくらいびびるのか?ナオミ・・。

しかし、こいつ等、、自分の正体バラしてんのが分かってないらしい。
[向かってくるコーガとネゴロに砂をかけ、ナオミの手を握り]
逃げるぞ、ナオミ・・。

227 :シャドー:01/09/22 00:47
?!!!!!<飛びつき、抱き着いた
(生まれてこの方、抱き着かれた事もないシャドー<レイヴンがするわけない)
(いきなりの事でものすごく驚いた&何だか嬉しい(爆))
「グオオオオッ!」(パニックになってイガが抱き着いたまま走る、走る!)

228 :イガ:01/09/22 00:58
おおお!?<パニックになってイガが抱き着いたまま走る、走る!

これって……何だか……ようし!

(抱きついたままにじにじとシャドーの背中に回る)

行け行け〜シャドー〜〜ゴーゴゴー♪(ノリノリ)

(と、シャドーの足元にコンニャクがペタン!!)

229 :シャドー:01/09/22 01:05
「?!!」
こんにゃくの感触に驚くシャドー

「ゴワワワワワワ?!!!!」

この感触から抜け出そうとジタバタと暴れる内にこんにゃくを勢い良く踏む。

「グオオオオオオ〜〜〜〜!!!」

そして転ぶ+今までの加速が加わり
ものすごい土煙をあげながらスライディング状態で何十メートルも滑走。

230 :イガ:01/09/22 01:13
のわぁっ!?<ものすごい土煙をあげながらスライディング状態で何十メートルも滑走
(前方に勢い良く投げ出される)
(だがそこは忍者、見事に空中で体を回転させ、絶妙の着地を……)
ベチャッ!!
(……できなかった……)

あいたたたた……一体どうしたんだい? シャドー?
(転んでいるシャドーに手を差し出す)
(いつの間にかシャドーへの恐れは消えている)
(シャドーのスライディング跡を辿ると、そこにはコンニャクが)
なんて古典的な……

さ、気を取り直して行こうか……

231 :シャドー:01/09/22 01:21
「グオグオ…」
何がおこったのかよくわからなかったらしい。
しかし顔面がヒリヒリすることは確かだ。

するとそこへイガの差し出された手が…
「……グオ…?
 ………。
 ……グウ(手を取る)」
スタスタとゆっくり歩き出すシャドー。
(心情「レイヴン、ごめん<手をとった事
    なんかこの人良い人だ」)

232 :ナオミ:01/09/22 23:39
(先頭。ゾンビ人形を過ぎ落ち武者ポイント)
>コーガ、ネグロ
(足を閉じ、何事もなかったように立ち上がり)
あんまり大きい声だから少し驚いただけよ。
本当に幽霊が出たと思った訳じゃないわ。
さすが、手品師集団チーム・フーマのメンバーね。
今のはほんの少しだけ驚いたわよ。

それじゃ、行きましょうバラッド(フラフラ

233 :落ち武者コンビ:01/09/23 00:21
落ち武者ネゴロ「だ〜か〜ら〜ネグロでは〜〜ない〜〜〜」
落ち武者コーガ「コーガでも〜〜ない〜〜〜」
(やがて、バラッドとナオミはフラフラとしながらも先へと行ってしまった)
落ち武者コンビ「…………」
(バラッドとナオミが先へ進んだのを確認)
(コーガは隠し持っていたトランシーバーを取り出した)
コーガ「こちらコーガ。本部、応答願います。
      ターゲットを墓場に追い詰めました。
      繰り返します……」
ネゴロ「さ、次に備えて隠れるぞ」
コーガ「あぁ。次はイガだったな」
ネゴロ「それとシャドーだ」
コーガ「オーガノイドに『落ち武者』は通用するのか?」
ネゴロ「さあな。オーガノイドに歴史の素養があればいいんだが……」

234 :レオン:01/09/23 00:42
(出発地点@出番当分先)
おいおい…2番手まで悲鳴上げてるぞ…
どんな仕掛けがあるんだろうな…?

しかし、こうして待ってるのも結構暇だよな…

235 :ダークカイザー:01/09/23 00:54
雑用係り3「(3…2…1今だ!)ポチっとな」
(発砲スチロール製の墓石が倒れる。)
雑用係り3「(更に!)ゥオオオォォォォォ!!」
(電ノコを振りかざし飛び出る)
何処からともなく、「ワオオオオン!!」
雑用係り3「(な、何だ?俺じゃないぞ!?)ゥオオオォォォォォ!?」

236 :忍者三人衆:01/09/23 01:27
(二番手@墓場の手前)
(シャドーが走ったため、スクリーマーゾーンを抜けてしまった)
(山道を歩く二人だが……)
イガ(う〜〜次は何が出てくるんだ……?)

(突如、背後に二つの人影!)
落ち武者コーガ「オ〜マ〜エ〜ラ〜か〜〜オレをこんな姿にしたのは〜〜〜」
            (血糊がダラ〜)
落ち武者ネゴロ「オレの首を取れるものなら取ってみろ〜〜〜」
            (ボロボロの刀を振り回す)
イガ「うわっ……ぐぐ……むぐぐ……」(必死に悲鳴を堪える)
    (怖がってばかりじゃ……姐さんに……嫌われちまう!)
イガ「おりゃ〜っ!」
(イガ、手裏剣乱れ撃ち!)
サクッサクッサクッ!!
(手裏剣が落ち武者二人の鎧に突き立つ)
落ち武者コーガ「うわ!? イガ! 何しやがる!!」
落ち武者ネゴロ「イ〜〜ガ〜〜〜な〜に〜し〜や〜が〜る〜ん〜だ〜〜」
            (朽ち果てた鑓を振り回す)
落ち武者コーガ「いやそれはもういいから」

イガ「はれ? その声は……?」

237 :レイヴン:01/09/23 13:09
(出発地点@五番目)
…(ナオミとかいう女が叫び声をあげるならまだしも、シャドーまで…)
…(一体なんなんだこの肝試しは…(汗))
………、帰りたい……(げんなり)

>レオン
ああ…<暇だ
だが全員で行くわけにもいかないんだろう…?
なら待つしかないだろうな(俺はもうすでに帰りたが…)

バン、そろそろ3番手が出発する時間じゃないのか?
1番手もこのコースの距離から考えて、もう終着点付近だろう。

238 :シャドー:01/09/23 13:16
(墓地の手前@2番目)

墓地に近付いてきたのでお札が無いかと周りを注意するシャドー。
と、そこへ落ち武者二人が!

イガがすかさず手裏剣を投げるが落ち武者ネゴロが
鑓をイガに向かって振り回す!
友達になったイガがピンチだ!!

(レイヴン「それよりもいいか?
      何があっても「人」だけには噛み付くなよ、シャドー。」)

目の前の落ち武者はどうみてもレイヴンやイガとは違う生き物にみえる。。
違う生き物=人ではない。
つまり、人じゃないから噛み付いてもOK!

「グァアッ!(ガブリ)」

239 :バラッド:01/09/23 21:37
(先頭、忍者ポイント)
…(ナオミの奴、恐がってたんだな、怖いなら怖いって早く、言えば良いのに…)
(しかし、こいつ等マジで怖がらす気でいやがる…。)
ふん、今のはなかなか怖かったことにしてやろう・・。

>それじゃ、行きましょうバラッド
あぁ…、こんな所にいてもしょうがないからな。(足フラ×2)
(あぁ、正直に怖いとは言えない俺・・。(冷汗×2))

240 :バン:01/09/23 23:06
それじゃあ、行ってみるか。

行こう、フィーネ。

(ジーク:ごわごわ)
お前の番は次だ。ここで待ってろ。

241 :忍者三人衆:01/09/24 01:18
落ち武者ネゴロ「ぬおっ!?」<シャドーに噛み付かれる
イガ「シャドー!? その人はネ…」
落ち武者ネゴロ「フッ……〈空蝉の術〉!!」
イガ「!?」
(さっきまでネゴロがいた場所には、シャドーが噛み付いたままの鎧が
 残されているだけである)

落ち武者コーガ「衣服・装備を残して本人だけ抜け出す技術だ。イガも練習しただろ。
            またの名を〈ルパン式脱衣法〉とも言う」
???「その通――り!!」
イガ「!?」
(山道の脇の木の上に、普段の忍び装束のネゴロが立っている)
ネゴロ「オーガノイドくん、イキナリ噛み付くとはヒドイなぁ。
      忠告しておこう。肝試しの驚かせ役は人間なんだ。
      私でなかったら大惨事になっているところだったぞ。
      とうっ!」
(木の上から宙返りを打ちつつ跳躍、見事な着地)
イガ「えー……と……まさかコーガとネゴロだとは思わなくて……ねぇ……」
コーガ「……もういい、イガ。他のヤツに手裏剣投げるんじゃないぞ……」
イガ「ごめんね、シャドー。ボクのために……(しゅん)」

242 :ナオミ:01/09/24 22:26
>バラッド
(バラッドと共に前進)
まさか、これでもう終わりよね。
あまりのバカバカしさに頭が痛くなってくるわ。
(こんなところ来なければよかったな、、、。
大体、団体行動って好きじゃないのよね)

243 :バラッド:01/09/24 23:03
>ナオミ
確かにバカバカしすぎる。
これが終わった所でギャラも出ないし、それに来ても面倒なだけだったからな。
(ナオミはもうリタイアするつもりなのか…。)

244 :シャドー:01/09/24 23:09
(二番手、多分まだ墓の前)
「??」
何故か鎧から中身がなくなって不思議に思うシャドー
(???「その通――り!!」)
と、木の上から声がするのでそちらを振り向くと人間が。
「????(鎧を放して)グアア!」

(ネゴロ「忠告しておこう。肝試しの驚かせ役は人間なんだ。」)

「…ゴワ」
人間にもいろんな種類があるんだと一つ学んだシャドー。
「…グウ…(人間語を話すヤツは皆どんな姿だろうが人間ってことか…)」
自分のせいで何か落ち込ませてしまったイガを見て、
すごく申し訳ない気持ちになる。
(イガ「ごめんね、シャドー。ボクのために…」)
「…。ゴワゴワ(そんな事無いよ、俺も一つ学んだし。元気だせイガ)」

245 :忍者三人衆:01/09/24 23:18
イガ「ありがとう……シャドー」<(そんな事無いよ、俺も一つ学んだし。元気だせイガ)
(どうやら何となく意味が分かったらしい)

コーガ「フッ。まあこれに懲りたらおとなしく怖がっておく事だ」
ネゴロ「ああ。肝試しのコースはまだまだ続くからな」
コーガ&ネゴロ(イガとシャドーを指差し、ポーズを決めて)
            「覚悟しておけよ!」
(そう言うと二人の姿は掻き消えるように見えなくなった)

イガ「……(カッコイイ……)……次は墓場だったね。
     行こう、シャドー」
(そして二人はまた歩き出す……)

246 :ナオミ:01/09/24 23:18
>バラッド
(一番手@忍者ポイントを過ぎた所)
でも、ギャラが出なかろうと、なんであろうと途中でリタイアするのはだけはイヤよ。
中途半端で投げ出すことは最低のことだからね。
わかった?バラッド。
(ここでやめたら絶対にリノンにバカにされるわ、、、、。
それだけは絶対にイヤよ、、、、)

247 :シャドー:01/09/24 23:28
(二番手@墓場へと…)

「…グウ(イガ、俺の言葉がわかるのか…?ただ者じゃ無いな、こいつ…)」
(イガ「ありがとう……シャドー」)
「ゴワ(ペコリと軽くあいづち)」

イガと一緒に墓場へと歩く。
墓地から境内に置いてある札はどれだろうと思ってキョロキョロする。
見た所人の気配はないな…と思っていたが
ずっと遠くにナオミとバラッド発見。
早く来すぎたのだろうかと反省。

248 :バラッド:01/09/24 23:31
・・・(どうやら、リタイヤはしないようだな・・。)
あぁ、分かってる。<わかった?バラッド
仕方ない。本当にバカバカしいが、先に進むしかなさそうだな?ナオミ。
(ここで帰ったら、逃げて帰ってきたと思われて、ビットとレオンに馬鹿にされそうだしな・・。)

249 :ナオミ:01/09/24 23:33
>バラッド
なにか後ろにいるわ、、、。

250 :ナオミ:01/09/25 21:10
>バラッド
ようやく落ち着いたみたいね。
これで後ろから付けてくる奴らが満足すれば、
このバカバカしい肝試しも終わりにしてくれるのかしら?
(言葉とは裏腹に早歩きになっているナオミ。
後ろが気になり、振り返ると大きな音を出しながら背後で墓石が倒れる)

きゃあああぁぁぁぁぁ!?
(墓石の下敷きになる)
こ、これは作り物!?
もうっ、いいかげんにしなさいよっ!!

251 :バラッド:01/09/25 21:26
>ナオミ
ようやくだな。(これでもう終わりか、、。)<ようやく落ち着いたみたいね
ところで、後ろの奴らなんだが・・
[その時、大きな音をたてながら、背後で墓石が倒れる。]
ぐわああぁぁっ!?
[ナオミ、バラッドとも墓石の下敷きになる]

[ナオミが慌てる様子を見て、バラッドは]
確かに・・、いい加減にして欲しいもんだがな。(ナオミがあんなに驚くとはな・・。(ホホエミ)

252 :レオン:01/09/25 21:42
(出発地点@出番当分先)
お…、また叫び声だな…
今度は、ナオミとバラッドか。
ナオミ・バラッドが2回に、イガ・シャドーが1回…
て、俺は何を数えてるんだ!?

まずいな…ヒマだと、無意識のうちにしょうもない事しだすな…

253 :リノンたん:01/09/25 21:50
ううう・・・ちょ、ちょっとおトイレ・・・
(リノン、トイレとは逆の厨房に)

武器、武器になるものは・・・

254 :ナオミ:01/09/25 23:23
(墓石の下でもがいている)
なんなのよっ!!この肝試しはっ!!
お化けと関係ないとろでばかり驚かしてるじゃないのっ!!!

255 :バラッド:01/09/25 23:49
>ナオミ
そうだな、いい加減どうでも良くなった。(ナオミの奴、本当は怖がりだったんだな・・。)
くっくくっくくく・・・(思わず笑い声を微かに上げるバラッド。)
さて、こんな馬鹿げた所からさっさと出ようとしよう。(まだ何か有りそうだ・・。)
(墓石から立ち上がるバラッド。)
ナオミ、そんなところでもがいてると、、置いて行くぜ。

(その時、ウォォォォンと言う音とワォォンを言う音が、聞こえてきた。)

256 :イガ:01/09/25 23:56
ああ!あんな所でナオミが石の下敷きになってる!
助けなきゃ!!
(と言って駆け出す)

257 :バラッド:01/09/26 00:24
・・・。(やれやれ、あいつは起こして欲しいらしいな・・。)
ったく、こんなバカバカしいトラップに引っかかるなんて俺等らしくねぇぜ・・。
(そっとナオミに手を差し出そうとした時、イガとシャドーがやってきた)

258 :ナオミ:01/09/26 18:33
>バラッド
(くすくす笑いを見て)
なに笑ってるのよぉ。
バラッドだって変なかっこうなんだからね。
見てないで助けてよ。
(イガがすさまじいスピードで助けにくる)
イヤァ!!またなにかが近づいてくるわ!!

259 :バラッド:01/09/26 19:34
>ナオミ
>なに笑ってるのよぉ。
>バラッドだって変なかっこうなんだからね。
>見てないで助けてよ。
あぁ、わらわねぇよ、、。 (しかし、可笑しな格好だ…、(微笑)。)
(そして>257へ)。

って、止まれってオイ、、、(しかし止まらないイガ、そして)うわぁぁ!!
(派手にぶつかるバラッドとイガ。そして、ナオミも巻き込んで転倒する。)

(イテェェェ…、ったく何処の誰だ、こんな暗闇の中で走り回る奴は。)

260 :シャドー:01/09/26 21:36
(二番手@一番手と合流)
「グゥ…(ナオミって言えばこの前俺が合体したガンスナの主人の名前だよな)」

ガションガションと、イガの後を遅れてナオミ達の所にくる
(派手にぶつかるバラッドとイガ。そして、ナオミも巻き込んで転倒する。)

物凄い音とともに、転倒したイガを見て
とりあえず
「…ゴワ(大丈夫か?)」
一言。

261 :イガ:01/09/26 23:16
あたたた……そう言えばバラッドもいたんだっけ……
あ、ありがとうシャドー。何とか大丈夫……<「…ゴワ(大丈夫か?)」

>ナオミ
よいしょっと。(石をどける)
大丈夫? 墓石が倒れるなんて危ないなあ〜気を付けなきゃね。

>バラッド&ナオミ
なんだか一緒になっちゃったけど、この際だからこのまま一緒に行かない?
人数多い方がきっと怖くないし……ね?

262 :ナオミ:01/09/26 23:32
(墓石トラップ@先頭)

(イガがシャドーが下敷きになっている墓石に躓く)
きゃああああぁぁぁぁ!!(ガッシャーン

もうっ、今日は厄日よ、、、。
(イガとシャドーの存在に気付く)
あら、レイヴンのオーガノイドのシャドーじゃない。
それに、、、あなた誰?

263 :バラッド:01/09/26 23:43
>イガ
さぁな。
(着いて来い・・。いや、ついてくるって行ってくれ。いや、言え…!!)

264 :シャドー:01/09/26 23:51
(二番手@一番手と合流中)
(ナオミ「あら、レイヴンのオーガノイドのシャドーじゃない。」)

「ゴワ(とりあえず頷く)」

(イガ「あ、ありがとうシャドー。何とか大丈夫……」)
イガの無事を確認して、安堵する。
一緒に行かない?とイガがナオミ達を誘っているので
自分も一緒にナオミ達を見る。

イガがナオミとバラッドと話をしている間
周りにお札が無いかどうかキョロキョロしている、

265 :ナオミ:01/09/27 23:02
>イガ
別に怖くもなんともないんだけど、一緒に行くのは良いアイディアだと思うわ。
ここを管理している人間はちょっと限度を知らないみたいだから、
これくらいの人数で進むのがちょうどいいのよ。
(まさか断らないでしょうね、という気迫の入った視線をイガに向ける)

>バラッド
バラッドもそう思うでしょ。そうよね。その方が安全よね。
こんなところで怪我をしたらバカみたいだものね。
(同意しなさい、という気迫のこもった視線をバラッドに向ける)

>シャドー
あら、辺りに不審なものがいないか見回してるわ。
賢いのね〜。
(猫にするようにシャドーのあごの下をさする)


みんな、ここにぐずぐずしててもしようがないから、
さっさと進みましょう。

266 :バラッド:01/09/27 23:17
>イガ&シャドー

>(同意しなさい、という気迫のこもった視線をバラッドに向ける)
・・・。(ナオミ、お前もか。でもな、このまま素直にうんといってもな。)
そんなに怖いのならしょうがない、俺等も一緒に着いてってやるよ。
(ナイスサポート、という優しげな視線をナオミに向ける)

267 :フィーネ:01/09/27 23:19
夜の森ってカブトムシやクワガタとかがいるんでしょう?
なにが捕まえられるのかな〜♪

268 :イガ:01/09/27 23:20
え? 一緒に行ってくれるの? よかったー(ホッ
シャドーもそれでいい?

269 :バン:01/09/27 23:56
野生のダブルソーダとサイカーチスかぁ・・・(違
やつらは結構凶暴だからなぁ。噛まれたりしたら厄介だ(笑

270 :レオン:01/09/28 00:49
(出発地点@出番当分先)
ふぅ…ヒマだ…
一番手が、もうそろそろ墓地に着いたころかな・…

271 :シャドー:01/09/28 19:36
(二番手@一番手と合流@墓場)

(ナオミにあごの下をさすられてます)
「…ゴワ(何故かほめられてるが、まぁいいか…)」

(イガ「シャドーもそれでいい?」)
「ゴワゴワ」
と頷く。

272 :フィーネ・エレシーネ・リネ:01/09/29 00:23
生物は生ゴミの日に処分してね。
フィーネ(ネネネ)からのお・ね・が・い

273 :フィーネ・エレシーネ・リネ:01/09/29 00:34
生物帝国設立!!ここは生物が占拠した!!!
「ア!ア!ア!アンビエントォォォォォ!!」

274 :フィーネ・エレシーネ・リネ:01/09/29 00:34
おいたがすぎたようだかえりまちゅ

275 :なりきりアニオタ:01/09/29 07:02
    / ̄ ̄ ̄ ̄\
   (  人_/_\)     _________
    |ミ/  ー◎-◎-)   /
   (6     (_ _) )  <  フィーネたん、、ハァハァ
  _|/ ∴ ノ  3 ノ    ∧∧ ________
 (__/\_____ノ   <||・・||>
 / (__‖     || ̄ ̄ ̄(⊃)
[]__ | |  フィーネ命 ヽ ̄ ̄ ̄|| ||
|]  | |______)   || ||
 \_.(__)三三三[国])_____
  /(_)\::::::::::::::|グラビティカノン )
 |トイザラス |:::::::::/:::::/ ̄ ̄ ̄ ̄
  |____|::::::/:::::/
     (___[)__[)

276 :トロス:01/09/30 18:10
はぁ、はぁ、はぁ、はぁ
ふ〜〜やっと弟棲座右羅神社に着いた〜〜。
しかし、いくらみんなを驚かせる為とは言え、ここまで来ることは無かったかなぁ。
……いやいや、誰も考えないような事を考え実行する。それが科学者と言う物だ!

さて、作戦はこうだ!

1、参加者がお札を取りに来る。
2、お札を取って一息付いた所に(参加者の)後ろに向かって石を投げる。
3、音に振り向いた隙に足元に向かってねずみ花火を投げ込む!

う〜ん、我ながらナイスな作戦だ。
ねずみ花火なら爆発音だけじゃなく回っている時の視覚効果にも期待できるからねぇ。

しかし、みんなに何も言わずに出て来てしまったからなぁ。
レオン当たりが心配してなきゃ言いが……
まっ、ここまできてしまったものはしょうがない。早速リハーサルと行こう。

ヒュッ(手近に有る石をつかんで投げる)
コツンッ(しかし、石はお札の置いてある台座に……)
あちゃあ、失敗かぁ。では気を取り直して……
コツンッ(やはり石は台座に……)
う〜〜ん、良いアイデアだと思ったんだけどねぇ。
私のコントロールに問題が在ったかぁ。
(そのとき台座が動き振り向いた!)
「誰ダ?コノ私ニ石ヲブツケルノハ?」
うわぁ……って、脅かし役の人で・す・・か……(じ〜〜っと顔を見て)プ、プロイツェン?

277 :リノンたん:01/09/30 21:01
(厨房にて)
う〜ん、何かいいものないかしら・・・。

この出刃包丁で刃向かうおどかし役やノコギリ男をメッタ刺し・・・はヤバイか。
おたまで武装・・・あたしゃあかり姉さんかいっ!
なんて自問自答してる場合じゃなかったっけ。
ん?これは?
(リノンの視線の先には「ガ○ダムハンマー」に良く似た大きな果物が)
ちょっと大きいけど、これにしようっと・・・うぐ、な、なんかものすごい臭い・・・。

278 :レオン:01/10/01 00:00
ん……?おや?
父さん何処に行ったんだ・…?
少し前までいたのにな…

なんか、すごく嫌な予感がするぞ…(ろくでも無い事が起こりそうな意味で)

279 :名無し獣:01/10/02 00:53
こうして何事もなく降臨キャラたちの二日目の夜は過ぎて行った。
強いて挙げるなら、リノンがあまりの恐怖に気絶したぐらいである。
そして翌朝――

280 :バラッド:01/10/02 19:27
うわぁァァァああ!!ハァ・・ハァ・・。
(突然、飛び起きるバラッド。)
・・・。(二度と嘘の幽霊話なんてするかよ・・!!)
(夢にまで出ちまったぜ。
んっ、何かやけに肩が・・、いや、体中が重い・・、
まるで、誰かをおぶっているような・・。(汗))

(ふと、後ろを振り向く。)
・・・。(いや、誰もいないよな・・。それに俺は、今まで背を布団に向けて寝てたんだから、無理だよな。)
(しかし、何か喉が痛い。夢の中で首を閉められていたせいか?)
(喉を擦るバラッド、そこにははっきりと両手の痣が浮き上がっている事を、バラッドは知らなかった。)

(誰かが起きるのを見計らい)
・・起きたか。
ところで、俺の喉の辺りに何か出来て無いか?

281 :レイヴン:01/10/02 23:39
(椅子に座ったままボーっと)
………。
……結局、一睡もしなかったな…。
(一体俺は何しにここへ来たんだ…?)

282 :レオン:01/10/03 22:14
>バラッド
ん…?なんか首に痣で出来てるぞ…
なにかやったのか、お前…?

283 :バラッド:01/10/03 23:35
>レオン
!!(顔が真っ青になる。)
・・、悪い俺、鏡で見てくる、、。
(真っ青な顔で部屋を飛び出し、洗面所に駆け込むバラッド。)

(そんな訳無いよな・・、大体夢の中で
「貴様のせいだ。貴様のせいで・・」とか言いながら俺の首を締め付け持ち上げた・・。
いや、あれは夢だったんだ。なのに・・)

(洗面所に到着。鏡を見てさらに真っ青になるバラッド。)
・・・。(なんてこった・・。)
(その時、突然後ろから)
「眠りを妨・・貴様への恨・、二・・忘れはせぬぞ。・・・。(ブツブツ)」
(鏡の中のバラッドの肩から突然白くなった男の顔が現れ、
そしてバラッドをじっっっと睨み、その言葉を繰り返し呪文のように唱え始めた。)

!!!(顔面蒼白、冷や汗だらだら)
ワァァァ・・・。(気絶)

284 :ヒルツ:01/10/04 23:55
(旅館からかなり離れたところで地面に頭からめり込んでる…)
ぐはぁ!!
ココは何処だ!?
私はだれだ!?
頭が痛い…思いだせん…!!
なぜ、こんな格好で…とりあえず、マスクを…

ぐ…外れない…!!歪んでいるのかこのマスク!?

「ア!ア!ァァアンビエントぉぉオ!!」

は…私はいま何を…叫んだのだ…?

285 :レオン:01/10/05 22:54
しかし…父さんまだ帰ってきてないのか…?
一体何処に行ったんだか…
一人でいってもしょうがないから、順番ずらしてもらっても
戻ってこないし、あげくに最後に凄い悲鳴がしたから
行ってみたら、リノンが気絶してるしな…

286 :リノンたん:01/10/06 20:38
・・・う〜ん、気付いたら宿だった。
だからこんな催し物いやだって言ったのよっ!
あ、気絶したのは、ちょっとぬかるみですっ転んだからであって、
別にチェーンソーの音に驚いたからじゃないんだからねっ!!(赤面

あ、そういえば、ドリアンどうしたろ?
おどかし役の頭めがけてブン投げたような記憶が・・・?

287 :レオン:01/10/06 21:03
さてと…朝飯を食いに行くか…
て、そういえば厨房壊れてたよな…朝飯ちゃんと出るのか…?

ん?
どうしたバラッド…そんなとこで2度寝してると
風邪引くぞ。

288 :バラッド:01/10/06 22:18
うぅ、うぅぅぅ・・。
(目を覚ます、バラッド。目を開けた先には黒い斧の先端のようなものがバラッドの視界に飛び込んで来た。)
ウワァァァァッ…!!ってレオンか。
(…、ビビったぜ。)

もう朝飯なのか?
…、正直、腹も減っているしな。
俺も朝飯を食いに行くか・・。

289 :バン:01/10/08 23:05
あ〜!!よく寝た!!
あれ??フィーネがいない・・・ってもう昼過ぎだ〜っ!!!

(食堂へ・・・)
あれ・・ここにも誰もいない・・

ま、いっか♪ 飯飯〜っと♪
(冷蔵庫をあさるバン)

290 :レオン:01/10/08 23:29
>バン
おいおい、今まで寝てたのかお前は…?
勝手に冷蔵庫あさって、ハーマン達に見つかったら何言われるか分からないぞ・・
まあ、黙っててやるが。
それと、もうじき出発だから準備してきた方がいいぞ。

291 :名無し獣:01/10/18 20:34
心機一転あげ

292 :名無し獣:01/10/18 20:34
 ある夜、トロスファーム。
 トロス博士は倉庫から物音がしたような気がして目を覚ました。
 ガサゴソ……
(やはり聞こえる)
 怪訝な表情で倉庫に向かうトロス。
(ビット君かジェミー君が何か弄っているのか?)
 倉庫の前まで来る。
 ゴソゴソ……
 物音はやはり倉庫から聞こえているようだ。
 ドアノブに手を掛けると、カギは開いていた。
(一体誰が……)
 中は暗い。
(ビットかジェミーなら明かりをつけるはず……泥棒か?)
 ドア脇のスイッチに手を伸ばし、レバーを上げる。
 倉庫内に照明が灯り、中が一気に明るくなる。
「誰だ!」
 倉庫の奥に向かって叫ぶ。
「…………」
 応えは無い。
 トロスは、恐る恐る奥へと入って行く。
 すると、倉庫の一角からこちらを見ている男がいるのに気付いた。
 赤毛で細面の優男である。
「そこで何をしている!」
 叫ぶトロス。
「我々の武器とゾイドを返してもらおうと思いましてね」
 赤毛の男が答えた。
「まさか君は……ビット君とレオンが戦ったという一味の人間か?」
「そう。ビット君が我々の開発した武器やゾイドを持ち去りましてね。回収に
来たんですよ。でも……見られてしまったのでは、あなたをただで返すわけに
はいかなくなりましたね」
「なに!?」
 思わず身構えるトロス。
「アンビエント!」
 赤毛の男が叫ぶ。
 するとトロスの頭上から赤い、人間より一回り大きいぐらいの恐竜に似た形
の物体が降って来る。
 赤毛の男――ダークカイザーの腹心、ヒルツ――に従うオーガノイド、
アンビエントである。
 アンビエントは両腕でトロスを抱えると、背中から飛び出した光の翼を広げ、
倉庫の窓を突き破って飛び去って行った。
「フフ……」
 ヒルツが不敵な笑みを浮かべた――

293 :名無し獣:01/10/18 20:35
 翌朝、トロスファームでは博士の姿が消えた事には皆が気付いた。
 だが、気まぐれな博士のこと、どこか遊びにでも行ったのだろう、頼むから
借金を増やして帰ってくるな――ぐらいにしか受け止められていなかった。
 倉庫からはビットが持ち帰った武器やゾイドが消えていたが、博士のコレク
ションと化していたそれらの物が消えたことなど、誰も気付きはしなかったの
である――

 トロス博士が姿を消したのと同時期、ビットの仲間のジャンク屋達が相次いで盗難に遭った。
盗まれたのはいずれもダークかイーザーの秘密基地から持ちかえったパーツとゾイド。
 時を同じくして、一時はガーディアンフォースの活躍もあってその数が激減していた
盗賊絡みの事件が頻発するようになった。
 そして目撃証言によれば、盗賊たちの乗るゾイドに、見た事もないゾイドが混ざって
いるということであった。
 共和国と帝国では、軍首脳部が集まっての協議が開かれた。

294 :名無し獣:01/10/18 20:36
ハーマン「一連の事件と同時期に一部のジャンク屋たちが出した盗難届けには、詳細不明のゾイド
       やパーツが書かれていた。そこでそのジャンク屋たちから事情聴取したところ、数ヶ月
       前にイセリナ山から持ち帰ったものであると白状した」
シュバルツ「事後処理に行った時にダークカイザーが製造していたはずのゾイドやパーツがほとん
        ど残されていなかったのは、そういうことだったのか」
ハーマン「ああ。またジャンク屋たちはビットに呼ばれて行ったとも証言している」
シュバルツ「ビットか……。あれほど言っておいたというのに……」
ハーマン「まあその処分は後で考えよう。とりあえず今は盗賊どもの手に渡ったらしい危険なゾイド
       とパーツを回収する方法を考えなければならん」
シュバルツ「だが盗難に遭ったのはあの時イセリナ山に来たという連中だけなのだろう?
        並みの盗賊がそんな事を知っているはずがない。黒幕がいるはずだ」
ハーマン「黒幕か……やはり、ヒルツとダークカイザーだろうな……。ヤツら以外に、あの時のこと
       が分かるヤツはいない」
シュバルツ「おそらくな」
ハーマン「よし。辺境警備隊にレドームプテラスを配備し、盗賊どもの行方を追わせろ。盗賊を捕
       えるよりも、泳がせてアジトを突き止めるんだ!
シュバルツ「我々もレドラーの辺境への配備数を増やし、偵察を強化しろ。強行偵察隊からは
        ゲーターを派遣だ」

そして数日後、ガーディアンフォースに召集が掛けられた。
盗賊団の一つのアジトが分かったのだ。
新たなる戦いが始まろうとしていた――

なりきり降臨〜ダークトロス編〜序章・完

295 :フィーネ・エレシーネ・リネ:01/10/18 22:10
上の作品どうよ?

296 :レオン:01/10/20 00:06
(トロスを探して、各地を駆け回るレオン)
ここにもいないか…
一体何処に行ったんだ、父さんは…
あのとき、ビットが連れてきたデスキャットや、ライジャーもいなくなったことを考えると
事件にまきこまれたと見るのが正しいのか…?

それに、各地でジャンク屋が盗難に合ったという話も聞いたしな。
やっぱり、あの秘密基地の物を運び出していたのはジャンク屋か…
となると…ゾイドを取り返しにきた奴の姿を見て、さらわれたか…

おや…何か通信が流れてるな…これは…暗号通信か…
たしか、ここにこの前取りつけた、暗号解読器のスイッチが…
解読は…よし!いけたぞ!
なになに…盗賊団のアジトか…何か嫌な予感がするな…
行ってみるか…

いくぞ、ブレードライガー!

297 :ラオン:01/10/20 15:23
ふはははははははははは、ふはははははははははは!!!

ト〜ロ〜ス!!
貴様のオンボロドラムカンとこの私のホエ−ルキング・ザ・グレ−ト2と勝負だ!!

・・・どうしたトロス! 怖気づいたのか!? 何故出てこない!!

トロス! 出てきて私と勝負しろ!! ト〜ロ〜ス!!!

298 :ライガーゼロinトロスファーム:01/10/21 23:15
[外から聞こえるラオン博士の声を聞いて…]
グルルゥゥゥ…
(又来たのかよ、あのオッサン…
 ホバーカーゴと勝負だ!!とか言っても
 結局戦うの俺達なんだし…暇つぶしにはなるけど
 ザコばっかりでつまらないんだけどなァ…
 それ以前に、博士いないっての…
 いいかげんに誰か、返事してやれよな…)

299 :チームタイガース:01/10/22 22:48
>ラオン
オスカー(オ)「おいこら!!そのオッサン!!」

ラインバック(ラ)「・・・やっとみつけたでぇ!!」

カークランド(カ)「此処であったが百年目や。そっから引きずり出して、天守閣から簀巻きにして落としてやるきぃに、覚悟して待っとけや!!」

カ「いくでェ!ラインバック、オスカー!猛虎旋風であのミトコンドリアをボコボコにしたるぞぉ!!」

300 :フィーネ・エレシーネ・リネ:01/10/22 22:57
うっひ〜ょ!今日はネヌネになりきり降臨中よ!
フィーネ「バ〜ン!エッチしよ〜う!」

301 :フィーネ・エレシーネ・リネ:01/10/22 22:59
あーあ、ヒルツ風に逝けば良かった!
「フッ、300だ」なんてね、テヘ!

302 :リノン:01/10/22 22:59
(寝ぼけ眼で戸を開ける)
・・・なに?朝からうるさいわねぇ。
あ、あれは・・・チームニャンニャン!?それにラドンおじさんのホエールキングまでっ!
あんたたち!人の庭で何やってんのよっ!

パパぁ?パパなら、結構前から、その、行方不明なんだけど・・・。

303 :名無し獣:01/10/22 23:08
それから?それから?ハァハァ

304 :ライガーゼロ:01/10/22 23:54
グゥゥゥ…
(あ…チームにゃんにゃんだ。
 なんか、気合が入ってるなァ…
 気合だけともいうけどね。)

305 :ロブ・ハーマン:01/10/23 00:00
遅い! 召集をかけたのに、誰も来ていないではないか!!
バン、フィーネ、トーマ、レイヴン、リーゼにもう一度呼び出しをかけろ!
アーバインには「仕事」を依頼だ!!

306 :フィーネ:01/10/23 01:25
たいさー!遅れてすみません(ああん、胸が走るのに邪魔・・・)

307 :レオン:01/10/23 01:30
よう、ハーマン。
こんな所でなにしてるんだ?
なんか、物々しい雰囲気だが…

308 :ラオン:01/10/23 08:02
>お嬢ちゃん
なに? 行方不明だと? トロスに何かあったのか?
しかしだとしたら奴のオンボロドラムカンと勝負できないではないか!

>チ−ムタイガ−ス
ふふふふふ・・・。面白い。あの時のリベンジにでも来たと言うのか?
貴様らごときでこのWHG2、落せるかな・・・?

いくぞチ−ムタイガ−ス!!
側面部連装砲、AZミサイル発射!!

お前ら全員、木っ端ミトコンドリア!!!!

ふはは、ふはははははははははは!!

309 :チームタイガース:01/10/23 18:55
オマリー(オ)「兄貴!!俺は、オスカーちゃいまっせ!!オマリーや!
        もしかして、兄貴、久しぶりの出番で俺の名前忘れたんじゃ・・・。」
カ「・・・!!お前ら、ミサイルと弾が降って来たでぇ!!
  猛虎殺法で迎撃やぁ!迎撃するんやぁ!!」
オ・ラ「・・・。おお!!あのクソ親父に目に物をみせたるぅ!!」
(ミサイルに対して、動かずに打ちまくるチーム・タイガース。)

カ「打て、ウテェ、打ちまくれぇ!!猛虎打線爆発じゃ!!」
オ・ラ「打ちまくったるでェ!!オラオラ!!」
カ「あっ!!二基壊れとらん奴がのこっとる!!お前ら、逃げるでぇ!!」
オ・ラ「あっ、兄貴ぃ!!待ったてやぁ!!って、、、(ミサイル直撃)うわぁぁぁ!!」
カ「カークランド、オマリー!!・・・、(連想砲直撃)何でワイらこんな役ばっかやねん!!」

(三機とも大破!!)

310 :ラオン:01/10/23 19:42
(トロスが行方不明・・・
 これは・・・

 1「トロスを見つける」
      ↓
 2「奴に小さくないかりをつくれる」
      ↓
 3「お嬢ちゃんの好感度もUP!」 )

・・・お嬢ちゃん、トロスを探すのを手伝おうか?

>チ−ムタイガ−ス

そういうわけだ、本気でいかせてもらうぞ!! チ−ムタイガ−ス!!
お前らまとめて木っ端ミジンコ、ミトコンドリアだっ!!!!



    

311 :チームタイガース:01/10/23 21:49
オ・ラ「兄貴ぃ〜!!ワイ等もうボコボコにやられてんのに、あのオッサンまだやる気満々で砲撃かまそうとしてるでぇ!!」
カ「・・・ワイ等って、ほんまんとこ只のヤラレキャラなんか〜い!!」
オ・ラ「チームタイガースやぁ(泣)」
カ「泣くな〜!・・・、ワイかてな、ワイかてな、ほんまは泣きたいじゃあ!!ウワァァァァァン(大泣)」
オ・ラ「ア、兄貴ぃ〜〜、ウワァァァァン(大泣)」

312 :リノン:01/10/23 23:14
あーもううるさい!
大の男が3人ガン首並べて泣かないでよっ!
ラドンおじさんも、ひとんちの前でミサイルブッ放さないで。

え、パパ探しに協力してくれるの?さすがラドンおじさんいい人ね。
なんだかんだいっても、親友のパパのことが気掛かりなのね。
あ〜、みんなで心配しているのに、パパったらどこの古模型屋で旧ゾイド漁ってるのかしら?(←?)

313 :ラオン:01/10/24 18:18
>チ−ムタイガ−ス

お前らまとめて木っ端ミジンコ、ミトコンドリアだっ!!!!
・・・と思ったら、なんだ、最初の攻撃でもうやられたのか。
フッ、所詮この程度か・・・、チ−ムタイガ−ス・・・。

>お嬢ちゃん
(ややひきつった笑い顔で)
・・・ああ、もちろんだとも。>親友のパパのことが気掛かりなのね。
そうなれば、お嬢ちゃん、トロスがどこに行ったか心当たりはないかい?

314 :???:01/10/24 22:39
帝国某研究所

「博士、進み具合はどうかね?」
帝国軍服に身を包んだ男が白衣を着た男に尋ねる。
「ん? ああ、君か。順調だよ。」
振り向きながら白衣の男が答える。
声は友好的だが、何故かマスクを付けている為、その表情は見ることは出来ない。
「帝国の古いカスタマイズデータを元に、新しい改造ゾイドを作っている。
TSとRBは遅れているがミサイルコングは80%は完成している。
あと2〜3日でロールアウト出来るだろう。
他のゾイドも40〜50%といったところで、おおむね順調だよ。」
まるで子供のように楽しそうに話している。
「そうか。ではそのように閣下に伝える。引き続き頑張ってくれ。」
軍服の男は社交辞令のような挨拶を残して研究室を後にした。
(あの男、腕は確かに一流だが……何故閣下はあのような得体の知れない者に研究室をお与えになっているのだろうか……)

315 :共和国兵士:01/10/24 23:22
大佐〜!今レイヴンとリーゼから、風邪をこじらせて寝込んでいるので
今回の作戦に参加できないとの連絡がぁ〜…(泣)

316 :リノン:01/10/25 00:05
>ラドン博士
パパの心当たりねぇ〜、んー。
パパってば、休みの日にはおもちゃのゾイドを買いあさっては、部屋に閉じこもってバキューンガオーだし、
普段の日はファームに入り浸って、なにやらぁゃιぃ発明品をいじくってるだけみたいだしねぇ。
あ、そういえば、どっかのパーツショップに買い付けに行ったのかもしれないわね。
あたしのガンスナのパーツがまだ届いていないし。

317 :レオン:01/10/26 00:02
>ハーマン
レイヴンやリーゼを呼んでたってことは、なにか任務だったのか…?
ちょうどいいや、いまブレードライガーのパーツ買い換えたりで
懐が寂しいから、ギャラ出してくれれば手伝うが、どうだい?

318 :盗賊団:01/10/26 22:08
手下A「あ、兄貴大変だ!」
首領「おう、どうした?」
手下B「外に戦闘用ゾイドが沢山……きっとGFですぜ!?」
首領「ちっ、もうここを嗅ぎ付けやがったか。」
手下C「あにき〜どうしましょう〜。」
首領「馬鹿野郎!情けない声を出すなっ!」
手下D「やっちまいますか?」
首領「野郎共出撃だ!奴等に眼に物見せてやるぞ!」
手下ズ「おう!!」
イグアン、ゲルダー、サイカーチス、ゲーター、ハンマーロックとそれぞれの機体に乗り込んで行く。
首領「側面へ回り込み、奇襲をかけて一気に畳み掛けるぞ!」

319 :レオン:01/10/26 23:26
おや…レーダーに反応か…敵さんが、こっちに気がついたみたいだな…
少し無理して、レーダー変えたかいがあったな…
ついでに、追加したアサルトガトリングユニットの試し撃ちもさせてもらうかな。

もう少し、やつらを引きつけてからな…

320 :ラオン:01/10/27 09:10
[空駆けるWKG2.イオンジェットエンジンで絶好調]
この辺りで一番大きいあの街のプラモ屋パ−ツ屋ジャンク屋にも
トロスが立ち寄った形跡もない・・・。
ええいトロスめ、この私にここまで手間をかけさせるとは。
いったい奴はどこへ消えたんだ・・・。

[突然警報が鳴り出す]
ん? AZセンサ−に反応、多いな。どうやら戦闘中のようだな。
ガ−ディアンフォ−ス・・・?と、・・・まあ相手はどうでもいいか。
イグアン、ゲルダー、サイカーチス、ゲーター、ハンマーロックetc、
それに、この反応は・・・。間違いない、レオン・トロスのブレ−ドライガ−だ!
しめた!レオンならば何か知っているかもしれん。
レオンはGF側か。そうなれば・・・。

「レオン・トロス! 赤いブレ−ドライガ−のレオン・トロス!!
 上空のホエ−ルキングのラオンだ。これから支援砲撃をやってやる。
 いくぞ!!」

腹部内装式16連大型AZミサイルポッドX16 デ−タ入力完了! 発射!!

ふふふふふ・・・。お前らまとめて木っ端ミジンコだっ!!!

321 :レオン:01/10/27 21:58
よし…!!ターゲットロック!!
アサルトガトリングユニット、砲撃開…(ラオンから通信が入る)
通信…?上のホエールキング…?て、でか!?
なんか、通常機の1・5倍くらいないか…?
ラオン…ああ、父さんの知り合いか…
援護砲撃…?16連装ミサイルが、16門!?

322 :バン:01/10/27 22:28
ハーマンから暗号通信だ・・・

いくぞ、ライガー、ジーク!!

323 :盗賊団:01/10/28 01:28
手下C「あ、あにき〜上空のホエールキングからこっちに向かって
    沢山のミサイルが発射されたよ〜〜(汗
    ど、ど〜しよ〜(泣」
首領「馬鹿野郎!うろたえるな!
   各機自分の周りに落ちてくるミサイルを打ち落とせ!
   GFの連中への牽制も忘れるな!」
手下ズ「おう!」
全機ミサイルやレーザーで雨のように降ってくるミサイルの迎撃を始める。
しかし数が数だけに迎撃しきれず、無数のミサイルが飛んでくる。
手下A「兄貴!このままじゃヤバイぜ!」
首領「こんな所で捕まる訳にはいかねえ!
   ちっ、野郎共!ここはひとまず引くぞ!」
手下ズ「お、おう!」

324 :ラオン:01/10/28 19:24
[腹部内装式16連大型AZミサイルポッド No1〜16 残弾数0]
・・・私としたことが・・・。少々調子にのりすぎたようだ。
だが、相手が逃げ出したからよしとしよう。では、本来の目的を果たすか。

[着陸するWKG2。大きさ、カラ−リングは初代と変わらない]
レオンだったな。お前の親父の行方を知らないか?

325 :レオン:01/10/28 22:17
おいおい…あれだけ撃って逃がすか普通…

>ラオン
父さんの行方…?あんたも探してるのか…?
全然手がかり無しだよ…
パーツ屋に、玩具屋…心当たりは全部探したけどね…


ついでに、ブレードライガーにパーツ、買い足したりしたのは、ココだけの話しだけど…

326 :バラッド:01/10/29 00:39
(いきなり、リノンの後ろから現れるバラッド)

>リノン
リノン、ラオンの奴が来たそうだが、またバトルの話か?
ラオンも懲りない奴だ。

まっギャラを10倍出すなら、相手してやっても良いんだがな…。(フッ

>ニャんニャん
・・・またラオンに負けた様だな…。
そろそろ、名前をニャんニャんに、変えた方が良いんじゃないのか?
噂では、タイガースじゃなくニャんニャんズって言われてるぜ、…お前等。

327 :ラオン:01/10/29 20:56
[あれだけ撃って逃がすか普通… といわれて]
奴らを捕まえるのはお前らの仕事だろう・・・。

[レオンの話を聞いて]
なるほど・・・。そういうことがあったのか。

ふう・・・。

では、ここまでのことを整理してみるか。
トロスが消えたのと同時に奴のコレクションのゾイドやパ−ツも消えた。
で、それらのゾイドやパ−ツはビットがダ−クカイザ−とやらの秘密基地から
拾ってきたものである、と。
さらに、時を同じくしてビットと同じように秘密基地からパ−ツなどを
拾った各地のジャンク屋がそれらのパ−ツを盗まれた、そういうわけだな?

ふむ・・・。
確かに各地で同時期に、しかもビットやジャンク屋しかしらないような
秘密基地のパ−ツだけを狙うとは・・・。
かなり大掛かりな組織と見て間違いないだろう。
しかもダ−クカイザ−とやらに深く関わっている、組織だ。
そしてトロスは何らかの理由でその組織にさらわれた、と見て間違いはなかろう。

では、まずその組織の手がかりを掴むことから始めるか・・・。

328 :レオン:01/10/29 23:01
いや…俺はこの場に居合わせただけで、GFじゃないんだけど…
それに、あの距離から逃げられたら、捕まえるのは無理だよ…

ここまでの経過はだいたいそんな物かな…
で、その組織の手がかりが、今逃げた盗賊団なんだけど

まだ、レーダーで捕らえてはいるな…追いかけるか…

329 :ラオン:01/10/30 07:49
[あの盗賊団が組織の手がかり、と聞いて]
なにっ!! それを早く言わんか!!
レオン! 私がWKG2で先回りして奴らの足止めをする!
お前はなんとしてでも奴らを捕まえろ!!!

330 :レオン:01/10/30 19:10
いや…だから、言う前にあんたが攻撃をしたんだろ…
まあいいか…

言われなくても、捕まえるさ!

ブレード展開!ブースターオン!アタックブースター起動!!
行くぞ、ブレードライガー!

331 :ラオン:01/10/31 07:59
WKG2、フルスロットル!! AZセンサ−レンジ拡大!! 側面部連装砲準備!

・・・見つけだぞ!!

[盗賊団の前に回りこむWKG2]
お前ら、もう逃がさんぞ!! 側面部連装砲一斉斉射(サルヴォ−)!!
レオン、奴らの前に弾幕をはって足止めをする!!

(なんとしてもトロスを見つけ出すっ!!)

332 :チーム タイガース:01/10/31 18:34
(その頃…。)

>リノン
オ・ラ「泣いとるやない。これはなぁ、心の汗やぁ、汗なんやぁ!!」

カ「オマリー、ラインバック!!…黙っとれ…!
 そうや…。ここ最近現れるパーツ泥棒の事、知りたぁ無いか?」

カ「あんさんの所も盗られとんやろ。」

カ「実はな…」
(その時、バラッドのニャンニャン発言を聞いてピタッと喋りが止まったチームタイガース)

タイガース「……!!誰がチームニャンニャンじゃ、コラァ!!しばくぞ、ボケェ!!」

333 :ビット:01/10/31 18:41
(ご自慢の光学明迷彩トラックでパ−ツ拾いの途中で迷った。)
・・・ここは・・・、どこだ・・・?
・・・はぁ〜。・・・ビっとしないなぁ・・・。

(ズドドドド〜〜〜〜〜ン・・・)
ん? 今の音は・・・、砲撃音?!
しめた!近くでゾイドバトルをやってるんだ! 何かパ−ツが拾えるかも!
よし、行ってみるか!

334 :チーム タイガース:01/10/31 19:25
>クソロン毛
カ「おい、ワレェ!!(バラッドの胸ぐらをグッと掴み、顔を近づけて)
  ナオミを手なづけたらから言うて、調子に乗るんやないデェ…。」

ラ「ワイなんかはなァ!!ワイなんかはなぁ!!ナオミファンクラブ会員No.012やったんやからなぁ!!」
オ「お前、それちゃうやろがぁ!!もっと、罵倒したれやぁ。」

カ「誰がチームニャンニャンって言われとるんじゃ、コラァ…!嘘ほざいとると、ワレのそのウザイロン毛切るで!!」
ラ「ついでに、そのときのアホ面をサイン色紙に印刷して、そこにいるリノンにサインしてもらうデェ!!」

オ「…ラインバック。お前、何人の女ウォーリアーのファンなんや…。」
ラ「ナオミにリノン、ピアスに、、、全部で7人や。しかも全部2桁で通ってるでぇ!!」

カ・オ「ほんましょうも無い奴やな、お前は・・。」
カ「それはともかく、その噂がほんまかどうか…、おいロン毛ェェ!!
  どこで聞いたんやぁ!!その噂をよぉ…!!」

335 :盗賊団:01/10/31 20:55
手下C「あ、あにき〜、例のホエールキングが回りこんで……うわっ撃ってきた!」
首領「ちっ、流石にこの戦力じゃホエールキングは辛いか……
   各機反転して後ろのブレードライガーを狙えっ!」
手下ズ「おうっ!」
イグアン、ハンマーロックは接近して格闘戦を、ゲーター、ゲルダーは中間距離から砲撃してくる。

336 :レオン:01/10/31 22:59
あえて、こっちを狙ってきたか。
ずいぶんと甘く見られたもんだな…

シールド展開!!
まずは、格闘戦を仕掛けてくる、2体をしとめるぞ!!
行け!!ブレードライガー!
(イグアン、ハンマーロックにシールドアタックをかけるブレードライガー

337 :フィーネ・エレシーゲ・リネ:01/11/01 00:35
私は透明ナマモノ!
みんなすごーい!!すっかりなりきってるーう!!
でも、いまいち君ね(ハート)

338 :フィーネ・エレシーゲ・リネ:01/11/01 00:52
でも、よく読んでみたら・・・。

339 :フィーネ・エレシーゲ・リネ:01/11/01 05:59
.                   ||
               _||_
              /; || _` 、
             <| |/ ⌒ヽ||>
               |  | |
               ∪ / ノ
               | ||
               | ||
               ∪∪

340 :ラオン:01/11/01 07:58
[ゲーター、ゲルダーを見て]
・・・! よし、ブレ−ドライガ−と距離が開いた!
側面部AZミサイル、あれを狙え!!
ふふふふふ・・・、お前ら、木っ端ミジンコだっ!

341 :リノン:01/11/01 22:55
あ、バラッド。
ナオミと一緒じゃなかったの?
別にラドンおじさんはあたし達にバトル申込みに来たわけじゃないんだけどね。
行方不明のパパを捜すって、張り切っていたわよ。

って、ニャンニャン達、まだそこでグダグダやってるの?
あんた達も、パパ捜すの手伝ってよ。
えっと、ラインダンスだっけ?サインならいくらでもしてあげるから、ねっ(オネガイ

342 :バラッド ◆FOXVAKqo :01/11/01 23:27
トリップを付けてみた。

>ニャんニャんズ(笑だ)
テレビだ。今やってるぜ。
噂じゃ、お前等の最近の調子からタイガースではなくニャんニャんズって
子供達に大人気らしいな?

それより、・・(ニャんニャんいや、タイガースから殺気がみなぎり始める。)ってそんな場合じゃ無さそうだな…。

>リノン
ナオミとは、最近連絡も取り合って無い…。
まっあいつの事だ、またどっかでスナイピングでもしてんだろ。
・・・。

そうか・・。てっきり、「ギャラを三十倍にするからバトルしてくれ。」なんて言いに来たかと思ったんだが。
まさか、ラオンがそんな事を、…。
リノン、明日は傘を持ってった方が良いぜ。明日は、百%雨、いや雹が降るだろうからな・・。

俺も探しに行ってやろうと思っていたんだが、
・・・。やっぱ止めだ。
探してもギャラは出ないし、第一フォックスの整備や散歩もさせなきゃならないからな…。
・・・。(もう一声くれ、そしたら無条件で行ってやる。)

343 :フィーネ・エリセーヌ・リネ:01/11/02 00:26
ここは汚染されました。直ちに避難してください!!

避難場所  http://salad.2ch.net/zoid/#4

344 :盗賊団:01/11/02 20:31
手下A「し、しまった!後ろから撃ってきやがった!」
手下C「あ、あにき〜。」
チュドーーーーン(A、Cリタイア)
手下B「野郎!よくも!」
ブレードライガーの後ろから突っ込むサイカーチス。
首領「挟み撃ちで一気に決めるぞ!」
手下D「くらえっ!」

345 :レオン:01/11/02 22:18
いくぞ、シールドアタック!!
ん!?レーダーに反応!?後ろからか!
だがな、!さっそく追加した、アサルトガトリングユニットの威力試させてう!

ブレードライガー、アサルトガトリングユニット、目標は後方のサイカーチス!ミサイル発射!!

たしか、メガフレイムアタックとか言ってたな、ストラは…今度いいの考えておくか…

あとは、前方の2体だけだ!行くぞ!!

346 :ヒルツ:01/11/03 00:56
フフ…この程度のやつらにてこずるようでは、/0のヤツラも
大したことないな…

さて…GFどもはどう出るか…フフフ……

347 :盗賊団:01/11/03 17:19
首領「ちっ、こうなったら玉砕覚悟だ!一人くらいは道連れに!」
手下D「他の奴等の弔いだ!出力全開!
    ハンマァァァナックル!」

348 :レオン:01/11/03 22:09
おっと!そんな攻撃当たらないぞ!
食らえ!ブレードアタック!!
腕を切り裂くんだ、ブレードライガー!!

349 :盗賊団:01/11/03 23:17
手下A「右腕がやられても、まだ左腕が有るっ!」
残った左腕で殴りかかるハンマーロック。
首領「食らえっ!ファングクラッシャァァ!」
イグアンも組み付いて噛み付こうと掴み掛かる。

350 :レオン:01/11/04 14:29
く…なかなかしつこいな…
だったら!!
ブレードライガー、一回走り抜けて、そのままガトリングを発射だ!!

アサルトガトリングユニット、ガトリング発射!!

351 :ラオン:01/11/04 19:45
さすがに玉砕も辞さない相手にはてこずっているようだな。

WKG2、側面部AZミサイル再装てん! デ−タ入力後直ちに発射だ!

(しかし・・・、トロスが見たら大喜びしそうなゾイドだが・・・)

[AZミサイルデ−タ入力完了]
む、終わったか。
AZミサイル、はっしゃあぁぁあぁあ!

352 :盗賊団:01/11/04 20:39
ガドリングの乱射の後にミサイルの雨あられ。
流石に吹っ飛ぶイグアンとハンマーロック。
首領「ちっ、コマンドフリーズ起こしやがった!」
手下D「悔しいけど兄貴、もうダメみたいですぜ!」

353 :チーム・タイガース:01/11/04 21:39
(一方、その頃。)
オ「何やとぉ、ほんま嘘こくなよ!大体、テレビでワイらの事を、言うとるはずないやろうがぁ。」
カ「もし言うとらへんかったら、ちゃんと土下座するまでボコボコにしばたるさかいな、覚悟しとけや!!おい、ラインバック…!!」
ラ「兄貴、なんや…。」

カ「あのロン毛、もしかしたら逃げるかもしれへんからな、見張っとけ!おい、オマリー。行くで!!」
ラ「兄貴、任しといて。(これでリノンタンと無駄話ができるっちゅうもんや・・・!!)」
(テレビのある方向に向かうカークランドとオマリー。)

・・・・・・・・その頃。

ラ「わ、ワイはラインダンスちゃいまっせ〜。ラインバックですわぁ〜。
  それにそな名前やったら、ワイ、ダンスコンクールで優勝しとるやないですか〜。
  ちなみにワイ、英語得意やったんですわ。ですから、ダンスはラインダンスより単語(タンゴ)方が得意やと思うで!」

(もちろん、それを聞いていたリノンとバラッドの周りに12月のようなサムイ空気が流れたのは、言うまでも無い。)

ラ「ほんまにサインしてくれるんか。分かった。ワイも行かせて貰いますわ。
  何、ワイがいたら人生楽しくハッピーに生きれるデェ〜。」

・・・・・・・予告どおり、無駄話に夢中だった。(笑)

ラ「それからやなぁ〜。(この後オスカーとカークランドが、泣いて帰ってくるまでの10分間、
            バラッドを巻き込んでどうでも良い無駄話を喋り続けていた。)」

354 :ラオン:01/11/05 18:32
ようやく諦めたようだな・・・。
WKG2、一応奴らに連装砲をロックしておけ。

[背筋も凍る冷た〜い笑顔で盗賊団に近づくラオン]
・・・さて・・・。お前らの知っている事をおしえてもらおうか・・・。
特に・・・、トロスはどこにいる・・・?
なに・・・、喋らなければ・・・。

フフフフフ・・・・・。

355 :盗賊団:01/11/05 23:41
首領「トロス? 誰だそりゃ? 俺達は一介の盗賊だぜ? 人探しなら別をあたりな!」
手下D「そうだぜ! このおっさん頭おかしいんじゃねえか?」
首領「ま、例え知ってても教えるつもりも無いがな。」
手下D「兄貴、カッコイイー!」

356 :レオン:01/11/06 22:01
所詮下っ端…やっぱり情報は無いか…
だったら、お前達に、パーツを盗むように依頼した奴はだれだ!?
言いたくなかったらそれでも良いが…
ミサイルが降ってくるぞ…多分上からな…

357 :ラオン:01/11/07 21:27
[盗賊団の、「頭おかし−んじゃね−の」 に]

・・・き、貴様ら・・・。
フン・・・、いつまでもそうでかい口が
叩けると思うなよ・・・。

[さらに冷た−い笑顔を浮かべるラオン]

ミサイル・・・?
いや・・・、鉛玉の方がいいだろう・・・。
60サンチぐらいのやつがな・・・。

[にやりと笑うラオン。そして発砲するWKG2]

安心しろ・・・。
おかわりは充分ある・・・。
なんなら・・・、デザートもつけてやるぞ・・・?

フフフフフ・・・・・。

358 :レオン:01/11/08 18:25
あ…撃った…
しかも60サンチ砲…


おい…ほんとに知ってることは全部話したほうが良いぞ…
でないと、殺されるぞ…お前等…

359 :盗賊団:01/11/09 04:48
ラオンのウッタ60サンチ砲はゲルダーの横に着弾する。
首領「動けない奴を撃つなんて……てめえらほんとにGFかっ!」
しかし、ラオンの目に光る狂気の色を見て、
首領「(コイツ……ほんとにやばい) わ、わかった、話そう。
   とはいっても俺等はパーツを盗み出してくるように頼まれただけで、
   殆ど何も聞かされてはいない。依頼人のこともよくわからん。」
   

360 :レオン:01/11/09 21:00
お前等なぁ…依頼人の事も良く分からないのに盗みの以来受けたのか?
で…盗んだパーツの受け渡し場所はどこだ!?

361 :フィーネ・エレシーネ・リネ:01/11/10 00:04
あら、下がっちゃった。上げねば!!

362 :ラオン:01/11/10 10:45
いや、わたしはあいにくとGFなどではない・・・。
そうか・・・。何も知らないし依頼人の事もしらんのか・・・。

よろしい、ならばおかわりだ・・・。

[再び発砲するWKG2。今度はさらに近くに着弾する]

さあ・・・、はやく喋ってしまえ・・・。

フフフフフ・・・・・。

363 :盗賊団:01/11/10 21:42
>レオン
首領「俺達は盗賊だぜ? 裏には裏の掟って奴が有る。
   依頼人への余計な詮索はしない。その代わり報酬が多め、って奴よ。
   受け渡し場所? 帝国と共和国の国境付近に古い遺跡が有る。
   そこが受け渡し場所だ。」

>ラオン
首領「だから知らねえって言ってるだろ! 知らねえもんは教えようがねえ!
   だから部下には手を出すな!」

364 :チーム・タイガース:01/11/10 22:04
(一方その頃・・・。)
カ「どこや!!テレビのあるところはぁ!!」
オ「アニキ!!あそこに有るで!!テレビ…。」
カ「ほんまか!?見てみるデ!」
・・・ニュースが流れ始める。。

オ「此れでワイ等がニャンニャンと呼ばれているか、わかるまっせ。」
カ「もしいわれとらんかったら、ロン毛の顔面を陥没させて、写真に撮るど。」
オ「そして、それを町中にばら撒くんでっか、アニキ。」
カ「そや、ワイ等をチームニャンニャンなんぞとコケにしよった罰や!それ位はしたらんとな。」
オ「アニキも悪やなぁ・・。」
カ「ワイに付いて来るオマエモナ・・。!どうやらワイらの特集見たいや。」

・・・そして、時間が立ち、子供達にインタビューをし始めるキャスターがいる。
キャスター「この三人組のチームの名前って皆、知ってるかな?」

子供達「チーム・ニャンニャン〜〜〜〜〜〜!!」

カ・オ「・・!!!!何でやねん!!」
カ・オ「ワイラはチーム・タイガースやぁ!!(号泣)」

泣きながら、外に飛び出していったとさ。

365 :フィーネ・エレシーネ・リネ:01/11/10 23:01
あら、下がっちゃった。上げねば!!

366 :ロブ・ハーマン:01/11/11 00:21
バン、フィーネ、トーマ、アーバイン、レイヴン、リーゼ……
誰も来ないとは……
止むを得ん、軍の精鋭を選りすぐって選抜隊を結成し、
任務に当たるしかないな……

オレのオーガを中核にゴルドス2体、ガンスナイパー4体、
オコーネルのシールドライガーDCSと配下のコマンドウルフ2体……
シュバルツのアイアンコングとダークホーン4体……
……これだけあれば十分だろう。
総勢15体、ホエールキングに積み込みだ!

367 :ヒルツ:01/11/11 00:48
フ…盗賊団が一つ、壊滅したか…
だが、そんなものをいくつ潰した所で、真実には辿り着けない…
フフ…フフフ…

(部下)「ホエールキングが一体、盗賊団〈砂の蠍〉のアジトに向かっています」

〈砂の蠍〉か…潰されても痛くは無い。放っておけ。
だが攻撃を受けてこちらに泣き付かれては足が付く。
いざという時に備え、アジトの近くにステルスバイパーを潜ませておけ。

368 :フィーネ・エレシーネ・リネ:01/11/11 10:15
あら、下がっちゃった。上げねば!!

369 :ラオン:01/11/11 14:13
チッ・・・。どうやら本当に何も知らないようだな。

・・・まあいい。
その受け渡し場所の遺跡とやらに行ってみるか。

で、おまえはどうするんだ、レオン?
なんなら連れてってやらんこともないぞ。
いくら私でもゾイドの戦闘は苦手だからな。

それから・・・、こいつらはどうするつもりだ?

370 :バン:01/11/11 19:09
総勢16体だぜ、ハーマン!!
お前らだけでは心もとないだろうからな・・・

久しぶりだな・・・ハーマン、オコーネル、シュバルツ。

371 :レオン:01/11/11 19:43
ああ、もちろん俺もいくさ!
盗賊達はGFに引き渡して、ゾイドだけおびき寄せ用に持って行くのがいいんじゃないかな?
俺達がいたら向こうも出てこないだろうし…

372 :ロブ・ハーマン:01/11/11 23:29
おお、バン! よく来てくれた!
よし、総勢16体、盗賊団〈砂の蠍〉のアジトに向かうぞ!!

(飛行中)
……で作戦だが、恐らく〈砂の蠍〉には黒幕がいる。
だがその黒幕は〈砂の蠍〉のアジトにはいないし、また痕跡も
残してはいないだろう。
そこで〈砂の蠍〉に対しては逃げ道を残して適当にあしらい、
その「黒幕」に泣きつくように仕向けるんだ。

373 :バラッド ◆FOXVAKqo :01/11/11 23:59
>リノン
(少々冗談交じりに言ったつもりだったんだが、)
(リノンの奴、マジで怒ってるみたいだな。)

しょうがない。俺も行こう。(博士に借りが有るからな。)
ラインバックの無駄話に飽き飽きした所だからな。

>タイガース
(泣きながら、帰ってくるオマリーとカークランドを発見。)
やはり、予想通りだったようだな。
で・・・、どうだ。
その汚名(ニャンニャン)返上の為に、博士を俺やリノンと一緒に探しに行くってのは。
ああ見えてもリノンは少し元気が無さそうだしな、
・・・・・・・・・・、どうだ?

374 :ラオン:01/11/12 20:32
なるほど、囮か。
・・・! まて、ならぼいいものがる。

[ごそごそごそ・・・・・・]

こいつだ。
こいつはな、ただの箱に見えるがザバット等の無人ゾイド制御機を
普通のゾイドを遠隔操作するために改造してものでな。
さらに私の改造を加えたものだ。
こいつを奴らのゾイド取り付けるのだ。

[ごそっ、ガチャガチャ・・・、カチカチ・・・、パチンパチン]
おい、レオン・・・、こっちを押さえてろ。

よし、次だ。

[こうして次々と制御機をつけていく二人]

よし。つけ終わったな。
・・・ポチッっとな。

[盗賊団のゾイドが起動し、WKG2に入っていく]

レオン、お前のブレ−ドライガ−も積み込め。

いくぞ!! ホエ−ルキング・ザ・グレ−ト2、発信!!

375 :盗賊団〈砂の蠍〉:01/11/12 23:37
――〈砂の蠍〉のアジトにて――
部下A「大将! 共和国マークのホエールキングがこっちにやってきますぜ!」
部下B「へっ! この天然洞窟を利用した地底のアジトがわかるかよ!」
首領「だが念には念だ。ガイサックをアジトの周囲に潜ませておけ」
部下A・B「合点承知!」

376 :フィーネ・エレシーネ・リネ:01/11/13 07:02
あら、下がっちゃった。上げねば!!

377 :レオン:01/11/15 02:02
遠隔操縦装置か…
これなら、離れたとこからでも操作できるな。

うまくいってくれよ…

378 :バン:01/11/16 05:35
しばらく様子を見させてもらうとしようか・・・
あまり活躍の場がなさそうだ。
[黒幕]を叩く時には、もちろん動きまくるぜ!

379 :フィーネ・エレシーネ・リネ:01/11/16 08:59
わたしもしばらくバンといっしょに様子を見るぅ!!

380 :フィーネ・エレシーネ・リネ:01/11/17 12:27
様子を見ている。

381 :名無し獣:01/11/18 10:10
ところでさ荒らしのなりきりDQNはどこいったのさ
またどっか荒らしてるの?

382 :レオン:01/11/18 17:13
そろそろ、目的地の遺跡か…
盗賊団のゾイドは、ここらへんで降ろして先行させた方がいいんじゃないか?
あまり近くだと見つかって逃げられる可能性があるし。

383 :名無し獣:01/11/18 22:22
ちと強引すぎだぞ

384 :フィーネ・エレシーヌ・リネ:01/12/15 00:51
レオンさん私とセックスしよう!
ね、いいでしょ?

385 :リ−ゼ:02/04/01 04:21
懐かしいな・・・
だけど、もう誰も居ないのか。

仕方ないか・・・色々あったからね・・・





・・・・・・少し、常駐して待ってみよう・・・かな。

386 :名無し獣:02/04/01 21:02
>385 (リ−ゼ)
お久しぶり、リ−ゼ。元気だった。
(今日もここを、見てくれてると良いんだが…。)
太陽板って所にある「ゾイド総合スレ」に、行って見たらどうだい。
この下のアドレスは、太陽板で、
ttp://www.alfheim.jp/~narikiri/narikiri/TheSun/index2.html

で、これがゾイド総合スレだよ。
「最高の相棒と無限の可能性 ゾイド総合スレッド」
ttp://www.alfheim.jp/~narikiri/narikiri/test/read.cgi/TheSun/008178532/l20

それと、降臨雑談スレッドは今も起動してるよ。
降臨さん雑談用スレッド・その3
ttp://salad.2ch.net/test/read.cgi/zoid/1003155398/l50

387 :リ−ゼ:02/04/01 23:15
>386 (ここもハイパーリンク非推奨なのかい?)
うん、太陽の方はジャッジマンに聞いていたよ。

だけど…ボクは一度全てを捨てたんだ………
だから何か行き辛くてさ…

ま、それでもここに来ちゃったんだけどね。

388 :名無し獣:02/04/02 00:26
>>387 (リ−ゼ)(どっちでも良いと思うよ。)
ジャッジマンか。最近見てないけど、元気かな…。
おれも一度スレと名無しを捨てて逃げだしたから、何とも言えないけど。

おれ個人の意見としてはリ−ゼが来たくなったら、行けば良いと思う。
皆、喜ぶと思うよ。おれからは、こんな事しか言えないけど…ね。

389 :トロス ◆k7OlcZyI :02/04/06 19:36
リーゼ君、私たちは何時でも歓迎するよ。
後は君の心の問題だ。 
ま、来てくれるのを待っているよ。

390 :レオン ◆FwIBmIyE :02/04/06 19:37
つ〜か…基本的にこっちは動かないものとみなしてたから
1〜2週間に1回しかチェックしてないんすけど…

>リーゼ
向こうに来てくれるなら、いつでも歓迎するよ。
リーゼが来れば、他にも無印のキャラが増えるかも
しれないしね。

あと、よかったら降臨雑スレにも顔をだしてみたらどうだ?

ジャッジマン…AIの固有周波数が同じ奴かはしらないけど
最後に見たときには、荷電粒子砲ぶち込んでやったな…

391 :リ−ゼ:02/04/09 02:42
みんな…有り難う…

ボクが愁傷なんて可笑しいよね…
ああ…そうさ、ボクは小悪魔リーゼさ!
だから不敵に薄笑いでも浮かべながら行ってみるさ(笑)

392 :名無し獣:02/04/09 16:44
あら、懐かしい顔ぶれじゃない。
小悪魔も元気そうで何より。

しっかし新年度だってのにあんたらも暇ねぇ。

393 :レオン ◆FwIBmIyE :02/04/09 20:25
>391 リーゼ
一週間も放置しちゃったから、正直もう来ないかと心配してたよ…
向こうに来てくれるのを待ってるよ!!

>392
暇って…なぁ…もう少し…なんていうか…
それはそうと…あんたもしかしてスティンガーじゃ…?

394 :リノン ◆p/mVRWus :02/04/09 21:20
リーゼ、帰って来るんだ。
こちらもてぐすね引いて待ってますw
これからもヨロシクね。

395 :トロス ◆k7OlcZyI :02/04/09 21:29
>391リーゼ
復帰するのかい?
そいつは嬉しいね。
私もてぐすね引いて待ってるよ(笑

>392
もし、スティンガー君だとしたら久し振り(笑
たまには君も書き込んで欲しいな(笑

124 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)