5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

私、卑弥呼だけど。何か質問ある?

1 :無名武将@お腹せっぷく:01/11/14 11:54
1人1問まで。
24時間受け付け中よ☆

2 :無名武将@お腹せっぷく:01/11/14 11:56
>>1
あなたは当時、なんて言われてたんですか?

3 :無名武将@お腹せっぷく:01/11/14 12:01
卑弥呼さまの名前は当て字ですか??

4 :無名武将@お腹せっぷく:01/11/14 12:05
自作自演ですか・・・

5 :無名武将@お腹せっぷく:01/11/14 12:08
>>2
ピーコ。またはピッコロ

>>3
そうなの。でも私としては「呼」より「子」が良かったんだけどネ

6 :無名武将@お腹せっぷく:01/11/14 12:10
今まで何人の男とやりましたか??

7 :無名武将@お腹せっぷく:01/11/14 12:11
AV女優の卑弥呼とはどうちがうんですか??
親類の方ですか??

8 :無名武将@お腹せっぷく:01/11/14 12:27
>>4
違うわよーあなたも何か質問してみてね。
>>6
数え切れないほど♪
>>7
あら??私の親族にAV女優はいなかったわyo!人違いみたい。

9 :太史慈:01/11/14 12:27
おはようございます!!初めまして
うちの子龍さん知りませんか?

10 :無名武将@お腹せっぷく:01/11/14 12:29
ブラックバス釣ってる人って、
なんで頭悪いんですか?

11 :無名武将@お腹せっぷく:01/11/14 12:37
卑弥呼さんは「無名武将@お腹せっぷく」さんなんですか?

12 :質問:01/11/14 12:41
この二人はどなたですか?
http://www.southern-charms.com/pat/pa12507.jpg

13 :無名武将@お腹せっぷく:01/11/14 12:42
>>5
違いますよ。
昔の日本語はいまとは発音そのものが違っていて、
卑弥呼は「ヒミファ」と発音されてたんだけど。

14 :無名武将@お腹せっぷく:01/11/14 12:42
>>9
おはようございます〜 太史慈殿。
あの元気な挨拶をする趙将軍ですか??
最近見掛けてないわ・・・心配ねェ。
>>10
ブラックバスねぇ・・・私はあまり好まないけど、
でも頭悪いなんて限らないわよ♪

15 :第10番書き込み:01/11/14 12:49
ブラックバス板みると分かりますよ
太陽光で頭、やられてるんですよ
食いもしない魚相手に、大金はたいて、オレモナー
ほとんど口開けてるし、

16 :無名武将@お腹せっぷく:01/11/14 12:55
卑弥呼って実在の人物なんですか??

17 :カチュノリ:01/11/14 13:12
日本にはもう慣れましたか?

18 :無名武将@お腹せっぷく:01/11/14 13:16
卑弥呼さんには、ちゃんと卑弥呼と名乗って発言していただきたい。

19 :無名武将@お腹せっぷく:01/11/14 13:26
HOTチンポとCOOLチンポ。
どっちがお好き?

20 :無名武将@お腹せっぷく:01/11/14 13:44
決戦2の卑弥呼をどう思いますか?

21 :無名武将@お腹せっぷく:01/11/14 13:56
>>18
うるさいです。
だまれ!
>>19
私は、熱さはどーでもいいけど、
カリ高じゃないと逝かないの。
>>20
あれは、私のかわいいドッペルゲンガーよ。
可愛がってあげてね!

22 :      :01/11/14 14:04
このつまらないスレをどうしようと思っているのですか?

23 :無名武将@お腹せっぷく:01/11/14 14:15
>>22
つまらないとオモテルならsageろYO!

24 :無名武将@お腹せっぷく:01/11/14 14:21
卑弥呼って中国の当て字で本当は日巫女なんじゃないの?

25 :無名武将@お腹せっぷく:01/11/14 14:26
おぉ、しらなかったぁ。>>24
日本の巫女のことだったんすね。

26 :無名武将@お腹せっぷく:01/11/14 14:29
電波にマジ感心してしまった>>25に同情。

27 :無名武将@お腹せっぷく:01/11/14 14:42
糞スレに清き一票

28 :18:01/11/14 15:08
>>21
その言い草はないだろ!
みんなが解り難いと思ったから言っただけだろ!
二度と来るかよ!

29 :無名武将@お腹せっぷく:01/11/14 16:29
えっと、日本の巫女じゃなくて太陽の巫女って意味だった筈。
卑弥呼って字は「卑しい」なんて感じが使われてるからさ、
かなり中国の見下し感情が入ってるんだよねえ。

30 :無名武将@お腹せっぷく:01/11/14 16:31
「日御子」って説も無かったっけ

31 :無名武将@お腹せっぷく:01/11/14 16:32
29。感じじゃなくて漢字だよね。

32 :無名武将@お腹せっぷく:01/11/14 16:36
既出だと思いますが、板違いです。

33 :無名武将@お腹せっぷく:01/11/14 16:48
えっと25です。
太陽の巫女かぁ。ふーん。
でも、何で中国読みされてるんすか??

34 :無名武将@お腹せっぷく:01/11/14 17:06
卑弥呼ってそういえば三国時代の人間じゃない??
じゃあ、この板でいいじゃん??

35 :無名武将@お腹せっぷく:01/11/14 17:09
>>34
たしか、239年でしたな
魏に使いを出したのは

36 :無名武将@お腹せっぷく:01/11/14 17:24
えっ、卑弥呼って魏にいってるんですか??

37 :本物の18:01/11/14 19:06
>>28
騙るなよ!言ってることには激しく同意するけど。

38 :無名武将@お腹せっぷく:01/11/14 19:20
そうだよねえ、魏志倭人伝だもんねえ。
当たり前だけど、本人は行ってないよね、使者だよお。
でも、「邪馬台国」って言うのは魏が自分の配下に
こんなすごい国があるんだよ、って示したかったから
創作した部分が多いって聞いた事あるな〜。

39 :無名武将@お腹せっぷく:01/11/14 20:51
なんで18こんなたたかれてんの?

40 : :01/11/14 21:51
お前は三国志にでてこないだろうがゴルァ

41 :25:01/11/14 21:52
>>38
邪馬台国っていうのも魏の人が付けた当て字かな??
大和国だったのかな???昔の日本は??
何かすごいことわかってきてワクワクしてきた。
詳しいこと知ってる人解説おねがいします。

42 :無名武将@お腹せっぷく:01/11/14 23:34
ええと、33番さんと41番さんへ。
このころの日本には漢字も、当然ひらがなやカタカナもないから、
文書に記す際、中国人(魏人)が日本人が喋った音に当て字したんです。
実際には「ヒミコ」って言うのは「日の巫女」である女王をさす
敬称だったとされてますけど、今は人名あつかいですね。当然、
邪馬台国も魏の人の当て字です。ちなみに「倭人」もです。
倭人ってのはちょっと見下しが入った漢字なので、日本人は嫌がって
後から「穏和」の和の字に変えてもらっていますので、今でも
日本風をさす和風って字がこの字なのは長い歴史を感じます。
和って言うのは国とか村とかを指す言葉だった……と言われていて、
訳す時に「お前たちの国は?」と聞かれて「国って意味の言葉」を
言ってしまったためじゃないか……って。うん、「あれは何?」
で「わからない」って答えたから「カンガルー」とかと同じって。
そんな説が有力みたいですよ〜。
うん、多分は大和国だったんじゃないかな〜と思いますね。

43 :無名武将@お腹せっぷく:01/11/15 00:00
板違いのクソスレあげんな

44 :無名武将@お腹せっぷく:01/11/15 00:13
板違いじゃないって。
一応三国だよ。38番とか見てみなよ。
魏が呉や蜀に「こんな凄い同盟国があるんだぜ」と
示すために「魏志倭人伝」を書いたのは事実だよ。
実は三国志だと思うな。そこを頭に入れたら
卑弥呼は結構面白いんじゃん?

45 :無名武将@お腹せっぷく:01/11/15 00:29
卑弥呼と邪馬台国のことは正史の『東夷伝』に
載ってるので、れっきとした三国志ネタ。板違いではない。

46 :25:01/11/15 00:32
おおっ、すばらしい。
そんな昔に日本人に日本の和の意識が芽生えていたとは・・・。
卑弥呼偉いぞ。卑弥呼が魏に使いを出さなかったら、
こんな事知る由もなかっただろうに。
感動しました。>>42,44

47 :大神一郎:01/11/15 01:23
邪馬台国と卑弥子は、いみ嫌う邪と卑が入っているのをみるかぎり魏の日本に対する当時の対応がわかる。最初、倭は、委でこの委は下賎な者だと考えてくれればいい。後にちょいあつかいが、人間らしくなって倭になる。卑弥子を訳すと自分を卑と呼ぶという意味でバカにしている

48 :無名武将@お腹せっぷく:01/11/15 01:28
この文は…
大神一郎=夏侯操
さくらたーん(~Д~)

49 :無名武将@お腹せっぷく:01/11/15 01:32
>>47
中華思想ってやつですかぁ。
今もまだあるんでしょうなぁ・・・。

50 :無名武将@お腹せっぷく:01/11/15 01:39
魏誌+呉誌+蜀誌=三国志

三国志なんだかしらないで語るのは、いかがなものかと・・・

51 :無名武将@お腹せっぷく:01/11/15 01:39
>>49
今は、中国からアメリカに変わっただけで
昔から大国にペコペコしてただけかもしれん

52 :無名武将@お腹せっぷく:01/11/15 02:03
邪馬台国=岩手説に1票

八幡平(ヤマタイ)。都市開発されないから、遺跡が出てこないだけ。

53 :無名武将@お腹せっぷく:01/11/15 02:23
「委・倭」の「委」は体が矮小(わいしょう)な人との意味があったはず。
当時は栄養が無くて中国人よりも小さかったのかな。

54 :無名武将@お腹せっぷく:01/11/15 02:25
1−卑弥呼って姓と名前はどこで分れてるの?
2−卑弥呼の弟って名前なんていうの?
3−卑弥呼の邪馬台国が大和朝廷になったの?

55 :無名武将@お腹せっぷく:01/11/15 02:26
岩手って蝦「夷」とか東「夷」と同様に差別化されてたんだから
蝦夷に近すぎない?

56 :無名武将@お腹せっぷく:01/11/15 02:56
53そうだね。大陸に渡るときに、みすぼらしい格好になったともいわれていますね。こそこそしていて背が曲がってみえたためだとか。魏に使者を送るのだから卑弥子が中華の情勢にくわしかったのか、呉蜀は中華の領土外の異国に思われていたのか。謎ですね。

57 :無名武将@お腹せっぷく:01/11/15 03:31
洛陽から見れば、日本はどこも「夷」だよ。
曹操の孫、曹叡からみれば、ね。

58 :無名武将@お腹せっぷく:01/11/15 09:42
えっと、54番さん。
42番に書いてありますよ〜。卑弥呼は名前じゃなくて
「日の巫女」を指す敬称なんですよ。まあそれが名前のような
モンだったんでしょうけど………。このころの日本には
名字とか名前とか無いんです。

59 :無名武将@お腹せっぷく:01/11/15 10:36
>>51
今のアメリカと日本とは比較にならない差があるぞ。
日本列島の中1国に過ぎなかった邪馬台国と、
まさに世界の中心と思われていた中国の最強国・魏。
ぺこぺこってな問題じゃないと思うがなあ。
むしろ、邪馬台国って日本の一部の国が
呉や蜀に対する駆け引きの一つに使われていた
面白味の方がある。漢字は見下しながらも
同盟国としてわりに巨大な国として
細かく書き記してくれてる事のが嬉しいっつうか、
面白いと思うな。

60 :無名武将@お腹せっぷく:01/11/15 10:39
>>28
あなたのいうとおりですよ。
2chにも礼儀ありです。

61 :無名武将@お腹せっぷく:01/11/15 10:46
卑弥呼って結局、天照大神なの?
良く言われてるけどさ。

62 :無名武将@お腹せっぷく:01/11/15 11:03
良く言われてねーよ、バーカ。
逝ってよし!
逝ってよし!

63 :無名武将@お腹せっぷく:01/11/15 11:32
言われてるよ、良くってほどじゃないけどさ。
例えば、井沢元彦とか言ってるじゃん。
三冊くらい見たことあるぞ、そう言う本。

64 :無名武将@お腹せっぷく:01/11/15 11:38
井沢はアマテラスを最高神って言っちゃう不勉強野郎だから。
アマテラスはギリシャ神話ならアテナに相当する神だろう。
卑弥呼をモデルの一人って説を言うヤツは確かに多いが、
神話と史実は別物にとらえた方がおもろいと思ふ

65 :無名武将@お腹せっぷく:01/11/15 11:54
♪邪馬台国は何処ですか
 見つけにくいものですか
 近畿地方も九州地方も
 探したけれど見つからないのに
 まだまだ探す気ですか
 それなら場所を変えませんか
 岩手県の八幡平あたり
 探してみたいと思いませんか
 ル・ル・ル〜

66 :無名武将@お腹せっぷく:01/11/15 11:57
真面目に書くと邪馬台国は東北までは行かなくとも関東〜東海地方にあったのです。
大陸騎馬民族系の天皇家(半島〜台湾までの大陸系倭人)が九州から東に向かい勢力を広げ、
土着の縄文系天皇家(邪馬台国の後継:縄文系倭人)が関東平野から西へ向かい、
大和あたりで出遭った後、双方の天皇家が婚姻により一体となりました。
邪馬台国が西へ向かって移動したのは大陸からの文化などの影響が大きく
なったからでしょう。東海地方から近畿にかけて大陸系の前円後方墳とは
違ったタイプの古墳が発掘されています。これは土着系の天皇家が
西へ段々移動していったことを示しています。

結局、その後の二つの天皇家の主導権争いは大陸騎馬民族系が勝利します。
民族問題を避けるため、日本書記や古事記などでは土着系の天皇家の記載は
巧妙に消され、神代からの万世一系の天皇という概念が確立しました。
それによって、土着系・大陸系の区別がなくなり、倭人(というか日本人)としての
アイデンティティが広く浸透することになったのです。
大陸系倭人の半島に残った部分は独自色の強い馬韓系と列島に渡った倭人との
結びつきの強い任那系に分裂、その後はご存知の通りです。

67 :無名武将@お腹せっぷく:01/11/15 15:29
卑弥呼が魏を選んだのはどうしてだろう??
どうのようなルートで魏と知り合ったのかなぁ??

68 :無名武将@お腹せっぷく:01/11/15 17:09
どうしてって……近かったんじゃないかな。
って言うか、三国の中では一番近いよね、魏が。
政治的にもしも邪馬台国が「次の時代は魏だ!」
くらいに判断してて選んだなら何か凄い話だけど。

69 :無名武将@お腹せっぷく:01/11/15 18:44
ところで卑弥呼さんどこ行ったの?
まさか、スレ立てときながら話についていけなくなって逃げ出した?

70 :66:01/11/16 02:32
その時、大陸への窓口であった帯方郡の官吏が魏の役人だったからです。
当時、燕候である公孫氏が馬韓、及び倭国(大陸系)の宗主権を握っていました。
この公孫氏は呉と手を結び北から魏への圧力をかけていたのですが、
遠方に在る呉からの援助は期待できないと、魏よりの姿勢をとっています。
しかし、不穏な動きが絶えないことから司馬懿がこれを討伐し、燕は滅びます。
そこに倭国(土着系)の邪馬台国(邪馬壱国)の使者がやってきていたというわけです。

当時の魏の簒奪者たらんと欲する司馬懿はこれを政治的に大いに利用します。
彼らを帯方郡から魏都に呼び寄せ、「候」より格上の「王」の印綬を送り
大月氏国との同盟を政治基盤とする曹真・曹爽に対抗しようとしたのです。

http://www-user.interq.or.jp/~touken/a-yamatai.htm

71 :無名武将@お腹せっぷく:01/11/16 10:05
卑弥呼ってのが魏の使った当て字なら、
実際に当時日本を支配してた女王はどうゆう名前だったのかね。
当時の魏での漢字の発音などに詳しい方、
卑弥呼ってどう読むんですか?

72 :無名武将@お腹せっぷく:01/11/16 13:12
ヒミファでよかったはず。

73 :無名武将@お腹せっぷく:01/11/16 15:04
実際には日本読みも「ヒミコ」じゃなくて「ヒミカ」って説があるね。
中国語読みを聞くとそれも有力かもって思えるな。
どっちにしても太陽に仕える女みたいな意味らしいけど。
アマテラスじゃないか、って書いてあったけどさ、
オオクニヌシの妻の名がヒミカって説があるんだよね。
だとしたら大和王朝じゃなくて出雲王朝の先祖の
女王なんじゃないかな?なんたって出雲は今でも
神様全員集合の土地で、日本一番の出雲大社もあるし、
大和王朝よりもずっと文明が進んでたって聞くしなあ。

74 :無名武将@お腹せっぷく:01/11/16 17:46
崇神天皇の姫君ですか?

75 :無名武将@お腹せっぷく:01/11/16 17:56
卑弥呼をヒミファ・ヒミカと中国語で読めるんですか。
「卑」と「弥」は、日本と同じなんですね。 もっと違うのかと思ってた。
しかし、卑弥呼の時代の倭国の人ってたぶん日本語と全然違う言語使ってたんでしょうな。

大河ドラマで卑弥呼やんないかな。

76 :無名武将@お腹せっぷく:01/11/16 18:53
>>70
司馬懿って本当に凄いやつだったですね。感動しました。
にしてもそれ以上に66さんの深い知識に感銘いたしました。
もっといろんなこと語ってやってください。

77 :無名武将@お腹せっぷく:01/11/16 18:57
卑弥呼やったら確かに面白いだろな〜!
今の北条時宗みたいにさ、中国バシバシだしてさ。

78 :無名武将@お腹せっぷく:01/11/16 19:03
>>70
リンク先の情報、面白すぎです。
このパートを詳しく書いた小説とかあったら
めちゃくちゃ面白そうですね。
司馬懿 曹真・曹爽 公孫淵 大月氏国王 孫権 明帝曹叡
そして卑弥呼
3冊ぐらいの小説ぐらいあっという間にかけそうな
魅力ある登場人物たちですね。
おもしろそー。

79 :66:01/11/16 19:18
卑弥呼の読み方
http://member.nifty.ne.jp/take_tk/gokon/himipo.htm

80 :80:01/11/16 20:33

大分県に宇佐神社という神社があるが、そこに祀られている神の
 名前が「ヒミカ」というのは単なる偶然?

81 :無名武将@お腹せっぷく:01/11/17 02:04
卑 bei -  (ベイ) 卑しい
弥 mi /   (ミー) 満たす。補う。ますます〜。
呼 hu -   (フー) 呼ぶ。《ここに面白い記述が・・・》

熟語「一呼百諾」に、呼んで人を集めることから、転じて「部下が大勢いること」

現代中国語の発音と意味。(一文字ずつ)


現代語に、呼って文字に部下が大勢いるニュアンスを含んでいますので、
もしかしたら「王」とは認めたくない田舎豪族の長の意味合いをもたせて
意図的に「呼」の文字使ってたら、興味深いですね。

うがちすぎかな?

82 :無名武将@お腹せっぷく:01/11/18 16:11
>>1 の卑弥呼さん、たまには発言をどうぞ

卑弥呼の発言はこちらから・・・↓

83 :太史慈 :01/11/18 17:30
ご無沙汰です。
おはようございます。!!子義です。
失礼、今晩はですね。
今日は、趙将軍の居場所と、いつ復帰されるかを
占っていただこうと思いまして、
なんだか、ご不在みたいですね。
御不在連絡票、入れさせていただきます。

84 :無名武将@お腹せっぷく:01/11/27 02:03
おはようございます。趙子龍です!
の、誤爆まがいで終わっているのもチト寂しいので、age。

魏誌倭人伝の記述のうち、
「東へ何里〜どこどこ国に至る」ってのが連打されているんだけど、
2〜3国以降から「至」⇒「到」に変わってる。これは、
至…筆者(に伝えた人)が実際に行ってみたら辿り着いた
到…筆者(に伝えた人)が行ってみたら辿り着くと聞いて来た
っていう意味の違いが出てくる。つまり、筆者(陳寿)に伝えた人すら、
途中(多分、九州か対馬)までしか行ってない、あとは、その辺で
聞いて来たってこと。
季節で太陽の上る位置は変わってくるから、方角を信じられないとすると、
邪馬台国は東日本になる

って説を買ってるんです。そして、
地名⇒現在の地名への反映からすると、
投馬(トウマ)=現在の富山と決め付ければ、日本海側から、東北地方へ、
岩手の八幡平=ヤマタイ という推定となります。日本中で、
平=タイって読む地名は他にはないそうです。

85 :66:01/11/27 16:56
>>84
それ鯨統一郎の「邪馬台国は何所ですか?」そのまんまじゃないか。

確かに、日本古代の稲作の北限は青森県まで到達しているし、
(ジャポニカ種と長粒種の雑種は比較的寒さに強く、
 実際に青森では大掛かりな水田跡が発見されている)
まるっきり否定するわけにも行かないが、まあオハイオ=おはようの類
でしょうね。前半の大陸の漢人が邪馬台国まで行っていないという事には
賛成しておきます。

ちなみに66の私説は米の種類別の伝播を民族の移動と絡めて
まとめたものですね。

86 :無名武将@お腹せっぷく:01/11/27 19:45
>>85
米の話、納得いきました。

その、本探しています。(人から聞いた話だったので。。。)

87 :無名武将@お腹せっぷく:01/11/28 11:12
このスレたてた1です。
長い間レスつけられなくてごめんなさいね!
せっかくたくさんレスもらってるのに
私は放置してました。
あまり知識なかったので、皆さんのレスで大変勉強に
なりました^^ありがとうございます!

88 :無名武将@お腹せっぷく:01/11/28 11:58
>>87
いいからちゃっちゃと質問に答えんかい!

89 :無名武将@お腹せっぷく:01/12/06 09:38
>>1
どこに、住んでたの?
週何回Hしたの?

90 :無名武将@お腹せっぷく:01/12/06 15:37
あなたの鬼道は張角さんの太平道の流れを組んでるって説がありますね。
個人的にあなたと古事記にあるところの天照大神は同一人物で、
あなたが神格化されたものだと思っているのですが、
つまり太平道を愚弄することは天皇を愚弄することになりませんか?
コーエーは真三国無双シリーズにおいて張角をキ○ガイキャラにしましたが、
どう思われますか?

20 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)