5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

気学VS奇門遁甲

1 :尾張のスーちゃん:2001/06/09(土) 01:09
方位学としてどっちが実用に値しますか?
僕は4年気学をやっていましたが疑問が出てきて遁甲に移ろうかと考えてますが、
気学の先生に相談したら「日本で生まれた気学のほうが日本に合っている」とか、
「遁甲なんて中国風土の上に成り立っていて日本に合わない」あげくには、
「あれはもの過去の、新化した気学だけを信じて勉強しなさい」と言われてます。
本当にそうなのでしょうか?

2 :名無しさん@占い修業中:2001/06/09(土) 01:20
気学って遁甲の構成要素の一部でしかないって聞いたことあるけど?

3 :名無しさん@占い修業中:2001/06/09(土) 01:26
2さんの言う通り。
「気学の先生」ってお金取って教えてるんですよね。
だったら、メシの種に逃げられないように
そう言わざるを得ませんね。

ただし、遁甲は個人では弱いです。集団用。
だから戦争に使用されました。

4 :気学一本道:2001/06/09(土) 01:36
じゃ何で遁甲がはやらないの?
日本は、特に関東は気学王国だろ。
効果が出るからはやるんじゃないかい?

5 :1です。:2001/06/09(土) 01:48
3さんへ、
いえ、うちの先生はマジでそう思っているようです。

6 :3:2001/06/09(土) 02:18
>4さん
 遁甲は作盤がめんどうですからね。
 また、「妖術」的なイメージもつきまとってますしね。
 自分は気学が流行ってるとは思わないです。
 ただ、本屋に行けば気軽に手に入る。
 そんな流通を押さえている方々が一方的に気学の本を
 売っているだけだと思いますが・・・。

>1さん
  その先生は、そういう結論にたどりついたんでしょう。
 はっきり言って自分で効果を体現するのが一番だと思います。
 その点で言えば、気学だろうが遁甲だろうが風水だろうが
 関係ないと思いますよ。
  1さんは、その先生に4年も教えてもらいながら、疑問を感じで
 遁甲に移行しようというわけですから、御自分の判断なので
 それは正しいと思います。本当に効果がある、と判断されているなら
 そもそもそんな疑問は感じないはずです。
 
  どの占いが良いか、自分で納得するまでやるのが良いかと。

7 :名無しさん@占い修業中:2001/06/14(木) 23:48
何、何、今どき気学に何を求めるの?
命理としてはまったく使えねーし、方位学としては遁甲の技術の絞り粕じゃん。
武田考玄でさえ「気学は遁甲の愚かなる息子」って言ってるじゃん。
難しい占術に入れねー奴のたまり場所だよ。

8 :名無しさん@占い修業中:2001/06/15(金) 00:03
>>7
少なくとも武田考玄の遁甲は透派遁甲のパクリなので偽者。
気学の方がましだろ。

9 :名無しさん@占い修業中:2001/06/15(金) 07:54
武田考玄がどういう人かは別として、気学がマシな理由にはならない。
同会法なんてちっとも当たらねーぞ!
ちーっともだぞ。
大体なんだよ、あの本命殺(本命的殺)って。
あんなの絶対おかしいぞ。
同じ気学の中でも流派によっては吉ととってるじゃない。

10 :名無しさん@占い修業中:2001/06/16(土) 00:34
事実として一つ言います。
気学を深めてから遁甲に移る人はよく居るが、
遁甲を極めてから気学に移る人は見たこと無いです。

11 :名無しさん@占い修業中:2001/06/16(土) 01:00
>>9
本命星が回座した方位に、本命殺と本命方の2つがあるのを知らないとは無知なやつだな。
おのれの無知を棚に上げて偽者の武田考玄の発言を引用してるようじゃただのデムパだぜ。

12 :>11:2001/06/16(土) 02:01
通りがかりのものでスミません。
私も本命方とは初めて聞きました。
どういうものなのでしょうか?

13 :名無しさん@占い修業中:2001/06/16(土) 05:11
>1
今までの人間関係を大切にしたいなら→→→→→気学のみ
お金があって、占いそのものに興味があるなら→両方

どっちが実用に値するかって言ってもねぇ・・・
なかなか決められないよ。商売をやってみればわかるけどね。

14 :名無しさん@占い修業中:2001/06/16(土) 05:42
>13
>今までの人間関係を大切にしたいなら→→→→→気学のみ

でも気学やっている人は方位を以上に気にしますよ?
とくに暗剣・五黄・歳破とか。

15 :名無しさん@占い修業中:2001/06/16(土) 07:49
>>12
ニフでもみろや

16 :名無しさん@占い修業中:2001/06/17(日) 00:00
気学はどうして遁甲の九宮なんか取り出して作ったのだろうか?
それだけでいいと思ってるのだろうか?
う〜ん、わからん!

17 :13:2001/06/17(日) 02:53
>14

あの文は気学が使えないという意味ではなくて、
遁甲を学ぼうとすれば、1さんの気学の先生や兄弟弟子(?)との関係が
悪くなるという意味です。(商売を考えると、人間関係って意外と重要だと思うので)

月並みですど、どの占いを選ぶかは個々人の自由だから、
自分が納得したものを選べばそれでよいと思いますよ。

気学を信じているアマチュアや気学家の先生に「あなたは間違っている」なんて
言っても、良いことは何も生まれませんしね。(遁甲派にもそれは言えますが)

18 :名無しさん@占い修業中:2001/06/18(月) 00:23
1.気学で吉方位だが遁甲で凶方位。
2.遁甲で吉方位だが気学で凶方位。

  こういう場合はどういう方位作用が出るんですか。
  結局、気学がいいんですか?遁甲ですか?
  何故同じ方位学で違ってくるんでしょうか。

19 :名無しさん@占い修業中:2001/06/18(月) 07:29
俺なら遁甲を優先させるな。
でも人によってそれぞれだと思う。

20 :名無しさん@占い修業中:2001/06/22(金) 01:57
>16
答えは楽だからだとおもう。

やってみれば判るけど、遁甲って一つの作盤が干、八門、九天星、九宮、八神って
感じでいくつものファクターがあるんだよね。
今はコンピューターがあるから、ソフトを作れば楽なんだけど、
昔はそうじゃなかったから、万年盤とか吉方表を作るのも一苦労だと思うよ。

方位鑑定のニーズはあったけれど、遁甲は煩雑すぎて商売に使えない。
そんなわけで、大正期に園田氏が作ったのが気学というわけ。
これを新化と呼ぶか退化と呼ぶかは人それぞれなんだな。

21 :名無しさん@占い修業中:2001/06/22(金) 02:36
↑まちがいなく退化だと思います。
楽しちゃダメだよ。
私は色々実験しましたが、気学の吉方位なんて
ハッキリとした効果が出たことありません。
どっちとも取れるようなことだったらありましたが。

22 :名無しさん@占い修業中:2001/06/22(金) 04:30
即効性があるのは遁甲ですよね。

23 :名無しさん@占い修業中:2001/06/22(金) 06:56
遁甲で成功した実例おしえて

24 ::名無しさん@占い修業中:2001/06/22(金) 17:12
asge

25 :名無しさん@占い修業中:2001/06/26(火) 04:25
遁甲で地盤をよく使いますが、気学のはつかえないのでしょうか?

26 :アクセスアップ!!!:2001/06/26(火) 14:15
http://home9.highway.ne.jp/cym10262/5000.html

27 :名無しさん@占い修業中:2001/06/27(水) 06:28
っていうか気学って遁甲の簡略版でしょう?
当然遁甲が本場の中国や台湾では使われてませんよね。
あちらでは気学をどう思われてるのか知りたいです。

28 :名無しさん@占い修業中:2001/06/27(水) 07:59
>>27
ちゃいますな。でんでん別の術です。
台湾には気学教えてるとこあるよ。

29 :名無しさん@占い修業中:2001/06/27(水) 23:56
おー!では日本から本場へ逆輸入なのですね。

30 :名無しさん@占い修業中:2001/07/01(日) 16:40
>>16
本来の遁甲は透派がいう九宮なんて使わない。君は張耀文に騙されている。
本来九宮って艮宮とか坎宮とかが九宮のことで、九星を九宮とよんで遁甲の一要素にしたて上げたのは気学をけなすための張の戦略さ。
残念ながら内藤さんもその呪縛の内。

31 :名無しさん@占い修業中:2001/07/02(月) 00:12
>30
では遁甲の紫白星は気学の九星とはまるっきり違う物なのですね?

32 :名無しさん@占い修業中:2001/07/02(月) 01:19
紫白星を使う遁甲って透派遁甲の他にはないみたいだね。

33 :名無しさん@占い修業中:2001/07/03(火) 19:15
九星、っていうか紫白星は最初から無視してたけど、やっぱりそれでいいの?

34 :名無しさん@占い修業中:2001/07/03(火) 19:34
そういうことでんな。遁甲と九星・気学は全く別の術というこってす。

35 :名無しさん@占い修業中:2001/07/03(火) 19:51
初心者ですみませんが、気学というのは
九星のことですか?
だったら好きです。あれあたりますね。
なんか個人的には一番当たります。

36 :>34:2001/07/04(水) 01:34
じゃあ、気学はどっから来たの?

37 :名無しさん@占い修業中:2001/07/04(水) 02:21
園田真次郎が九星とかを元に作った。
九星が何時頃どこからきたかは知らんがね。
園田は協紀弁方書とか三白宝海とかをみたんじゃないか。奇門遁甲の本を見て気学を作ったとは思えないな。

38 :名無しさん@占い修業中:2001/07/04(水) 05:49
遁甲からではないんですか?
ビックリです。
37さんはとても詳しいんですね。
協紀弁方書&三白宝海とはどんな占いなんですか?

39 :名無しさん@占い修業中:2001/07/04(水) 10:01
現在の九星→気学の流れの大枠は琴鶴です。
でも、これって千円前後の市販書にちゃんと書いてますよ。

別に園田先生の完全なオリジナルではないです。
もちろん活用方法を整理はされたけれど、
使う素材はほとんど琴鶴から変化していません。

40 :名無しさん@占い修業中:2001/07/07(土) 16:39
>でも、これって千円前後の市販書にちゃんと書いてますよ。

えー、どこで手に入りますか?
本の題名を教えてください。

41 :名無しさん@ズブの素人:2001/07/09(月) 19:00
琴鶴って何ですか?

42 :名無しさん@占い修業中:2001/07/09(月) 19:39
江戸時代に九星方鑑学派を成した松浦琴鶴です。

43 :名無しさん@占い修業中:2001/07/09(月) 20:11
ろくに本も買って読まない不勉強者がこのスレに何の用があるのか。

44 :39と42ですが:2001/07/09(月) 20:19
あれ、叱られたかな?すいません。引っ込みます。

45 :名無しさん@占い修業中:2001/07/09(月) 20:24
>>40>>41にレスしてるに決まってるだろが

46 :名無しさん@占い修業中:2001/07/09(月) 20:27
ああそうか。ごめん。琴鶴も和本5冊しか読んでなかったから。なかなか手に入らないんですよ。誰かちょうだい。

47 :名無しさん@占い修業中:2001/07/09(月) 20:31
でもね。本を読んでいないからダメとうのはどうも・・・。
有名な気学の先生なんか胎東氏と園田氏を同列に扱っているらしい。
胎東氏側はそうしたいんだけど、それは贔屓でわざとしたわけで。
それを本当に知らないみたい。うーむ。
読んでてもこんなんだもん。ね。

48 :名無しさん@占い修業中:2001/07/09(月) 20:40
でも、昔の人ってよく勉強してますよね。遁甲にしても気学にしても。
それを思うと「本もろくに読んでいない」と言われて、ギクって反応してしまったんです。
お恥ずかしい。

49 :名無しさん@占い修業中:2001/07/11(水) 01:01
では、結局気学って何なんですか?

50 :名無しさん@占い修業中:2001/07/11(水) 01:03
気のせいですよ(人によっては幻かな?)
ふざけてではなくて。
だから凄いともいえます。

51 :名無しさん@占い修業中:2001/07/11(水) 01:08
例えば家相。
あれも、じゃあどこが境界線なの?
境界線なんて人間が勝手に決めてんじゃん。
これも気のせいです。気功の気じゃないよ。

52 :名無しさん@占い修業中:2001/07/11(水) 01:10
この気のせいって、無くなったF1のセナも同じ事言ってました。
イチロー選手もテレビで似たようなこと言ってましたね。

53 :名無しさん@占い修業中:2001/07/11(水) 01:11
昔はこれを神と言っていたそうです。神様の神じゃないよ。

54 :名無しさん@占い修業中:2001/07/11(水) 01:26
西洋で天体が見つかる事に導入するのに似ています。

55 :名無しさん@占い修業中:2001/07/11(水) 01:29
西洋も太陽以外の他の天体は黄道に引き写した幻。
それも計算方法や計算精度が向上するごとに位置が変わる。
それでも立派に使ってる。

56 :名無しさん@占い修業中:2001/07/11(水) 01:30
干支暦も色々変わった。同じかも。
干支暦を根拠とする占術はやはり同じだね。

57 :名無しさん@占い修業中:2001/07/11(水) 01:32
色々書きましたが、占いを否定しているわけではありません。
気学にしても遁甲にしても大好きですから。

58 :名無しさん@占い修業中:2001/07/12(木) 13:00
奇門遁甲で効果が出た人の実例きぼーん

59 :名無しさん@占い修業中:2001/07/14(土) 00:04
気学のほうがはやってるんだから気学の勝ち!
はい決まりね。

60 :名無しさん@占い修業中:2001/07/14(土) 18:46
飢餓苦が流行ってる訳ではありません。信じてるバカが多いだけのことです。

61 :名無しさん@占い修業中:2001/07/14(土) 23:28
うるさいなー、気学のほうが上だよ。

62 :印鑑屋:2001/07/15(日) 09:30
吉相印も九星盤より拝借して枠に名前の接点を同配置するか決めますが、
遁甲では、吉相印は作りにくいです。

俺が習ったところでは、

初級=気学、中級=遁甲
初級=四柱推命 中級=透派、子平推命
上級=相と命両方取得した人に秘伝伝授

63 :名無しさん@占い修業中:2001/07/15(日) 18:21
器楽なんか信じてるバカは逝ってよし

64 :名無しさん@占い修業中:2001/07/15(日) 23:04
遁甲よりも気学の方が簡単だし・・・。

65 :名無しさん@占い修業中:2001/07/16(月) 06:10
やっぱ気学でしょ。
だって俺、遁甲なんて聞いた事無いぜ。
本屋に行っても気学ばかりだし。
遁甲のほうが上とかいっても流行ってる気学のほうが需要あるんでしょ。

66 :名無しさん@占い修業中:2001/07/16(月) 07:32
簡単でも、当たらなきゃ意味なし。

67 :名無しさん@占い修業中:2001/07/16(月) 09:54
気学も遁甲もお互い干渉せずに両立すると思うが。
だけど、某大手流派影響下の遁甲を使うくらいなら、
まともな気学の方がいいと思うよ。
遁甲を本当に使える人って限られてるから。
自分が遁甲を使えてると勘違いしてる人は多いけどね。

68 :名無しさん@占い修業中:2001/07/16(月) 23:25
気学はまったく使えないから、意味なし。

69 :名無しさん@占い修業中:2001/07/17(火) 07:37
気学から遁甲にいく人は居るけれど、
遁甲から気学にいく人は聞いた事無し。

70 :印鑑屋:2001/07/17(火) 08:52
気学にしても遁甲にしても開運が出来ればいいのであって、
効果があったのかなかったのかが分からない人が多いのではないでしょうか。

71 :芸能人脱がせました:2001/07/17(火) 10:46
http://www.nakayubi.com/netidol/idolhappy/maki/

女優 アイドルSEX私生活を完全盗撮!ラブホテルで

http://www.toohardteen.com/?id=mika

http://pure.r-18.net/?id=iloveyou

72 :名無しさん@占い修業中:2001/07/17(火) 16:34
>>69

それは大きな誤解ですよ。
遁甲から気学には某大手流派がまさにそう。
気学絶対支配の日本で戦うための戦略として。

73 :ひま:2001/07/17(火) 17:12
今は、風水(気学)やろな。

74 :名無しさん@占い修業中:2001/07/18(水) 05:48
>72
おや?某大手流派とはどこでしょうか?

75 :名無しさん@占い修業中:2001/07/18(水) 20:19
キ学はバカがやるもの。

76 :>72:2001/07/24(火) 07:01
透派?

77 :名無しさん@占い修業中:2001/07/24(火) 11:04
やっぱ透派ですかね、大手ならば。

78 :名無しさん@占い修業中:2001/07/27(金) 01:33
大手ならば河合塾か代ゼミです。
駿台もいいですよ。

79 :名無しさん@占い修業中:2001/07/28(土) 00:25
透塾って無いのかな。

80 :名無しさん@占い修業中:2001/07/31(火) 10:25
気学の本命星って女性はそのまま使っていいの?

81 :>80:2001/07/31(火) 22:31
そのまま使っていいんじゃないの?どうせ当たらないんだから。

82 :名無しさん@占い修業中:2001/07/31(火) 23:11
81さん、それを言ったらおしまいよ。

83 :名無しさん@占い修業中:2001/08/04(土) 19:53
ってことで、気学はおしまい。

84 :名無しさん@占い修業中:2001/08/06(月) 03:18
遁甲の年盤、月盤の効果はいつ出るんでしょうか。

85 :>84:01/08/29 20:11 ID:ut6Gz4AY
なかなか出ない、というか時間がかかり過ぎてわかりにくいと思う。

86 :名無しさん@占い修業中:01/08/29 22:56 ID:cLLfdrqI
気学は日本で聖徳太子以来はぐくまれてしまった独自の発展があって、密教になんかも
切り離せないし、周易の考えが大きく影響してそうです。遁甲はあくまで大きな東洋占術
の中で卜占の立場を確立してます。方角を論じる意味では全く同じようで全く違うもの
なのではないかと思いますよ。そういう意味では占術よりもここ2〜30年の最新の
データを持つ先生が当たるという気がします。日本の気候がどうとかよりも発展の経緯
に目を向けるべきで、単純に原書に忠実に考えてしまったら退化、それを個人の実践や
データ検証で昇華させれば進化。占術よりもその人の哲学でしょう。

87 :>86:01/08/31 20:26 ID:bY1Bu.2c
器楽をやってる人にはそんな深い考えを持った人はいないと思うけどな。

88 :名無しさん@占い修業中:01/09/09 07:39
中国や、台湾、香港に気学ってあるの?

89 :>88:01/09/10 18:00
あるらしい。が、やっている人はほとんどいないと思われ

90 :伊藤:01/09/11 06:23
仕事先で台湾人と付き合いがあるが、高島暦を見て「何これ?」といってたよ。
「使えない」とも言っていたね。
占い師じゃないけど占い知識はけっこうある人なので色々と聞いてみたんだけど
気学を説明してみたら「中国の占いに似てるね、違うものだけど」だって。
もちろん価値を認めはしませんでしたよ、笑っていたぐらいで。

91 :名無しさん@占い修業中:01/11/01 01:25
 

92 :名無しさん@占い修業中:01/11/01 07:48
せっかく上がったのやからなんか書くわ。

八白には、本命殺でも六白にとって吉方、
六白は、財運、吉。
これって分かり易くていいですね。

93 :名無しさん@占い修業中:01/11/01 23:06
頭の中がスポンジ状態の人には遁甲の複雑な構成要素は理解できないでしょう。
その辺の底の浅い気学で遊んでいれば十分なんじゃない?

94 :名無しさん@占い修業中:01/11/01 23:21
そういえば、気学の吉方旅行とやらで開運した人は見たことありません。

95 :名無しさん@占い修業中:01/11/01 23:30
>>93
まあまあ、そんなに敵視しなくてもいいじゃないですか。
遁甲にしろ、挨星にしろ、高等気学(寝言気学は除く)にしろ、
皆さんが研究している分野ですので。私は日時に関しては、
遁甲は素晴らしいと思います。

96 :95:01/11/01 23:34
>>94
それはやり方が悪かったんでしょう。気学でも開運できますよ。

97 :名無しさん@占い修業中:01/11/01 23:41
お水取りだかユーキドリとかの開運バスツアーなどというものを
たまに見かけるんですけど
あれって有意義?(最近、ちょっとマヂに頼りたくなってきた)

98 :名無しさん@占い修業中:01/11/01 23:49
>>97
ものによりますが、たいていダメです。
たとえば、気学で開運を考える場合、これまでの生活全般を
検証した後に行います。いわゆる「方災をおかす」と表現される
ものです。これらの綿密な検証無しに開運だなんて気学とは
呼べませんよ。

99 :97:01/11/01 23:58
ご意見ありがとうございます>>98
ううう。。。おとなしく氏神参りにしときます。(貧乏だし)

100 :名無しさん@占い修業中:01/11/02 00:34
>>98
その通りっ!
おまじないや魔術と勘違いしてる人が多すぎ。

101 :名無しさん@占い修業中:01/11/02 00:46
違うの?

102 :名無しさん@占い修業中:01/11/02 00:57
違うと都合の悪い人も多いだろうが違うね。はっきり言って。

103 :名無しさん@占い修業中:01/11/02 07:59
確かに気学といっても挨星なら効果あるかもね。
一般の気学はお話になりませんが。

104 :名無しさん@占い修業中:01/11/10 00:56
世の中に気学なんて必要ないですね。

105 :名無しさん@占い修業中:01/11/10 01:06
一般の?>>104

106 :名無しさん@占い修業中:01/11/10 07:47
>>104
遁甲も必要ないですね。

107 :名無しさん@占い修業中:01/11/10 23:49
106も必要ないね。

108 :名無しさん@占い修業中:01/11/11 23:34
しかし、ぶっちゃけたはなし、どれとどれをどう比較したらいいのやら。

109 :名無しさん@占い修業中:01/11/12 00:09
かれこれ20回以上気学による祐気取りをしました。
お水(砂)取りやら旅行(国内7回、海外4回)やら杭打ちやら、
その結果を考えても効果無かった思い辞めました。
これからは自分の努力一本でいきます。
以上はあくまで私の体験談です。
効果ある人もいるんでしょうが。

110 :名無しさん@占い修業中:01/11/12 00:56
気学が好きな人って何で欲の深いオバチャンが多いのかな。
で、太ってるんだよね、大体。

111 :名無しさん@占い修業中:01/11/12 01:04
言えてるゥ〜〜!!!
太ってて、おそろしく厚かましくて、眼が濁ってんだよねぇ。
でなぜか、インチキ霊感オバちゃんが気学を操る例もよく見るぞ。

112 :名無しさん@占い修業中:01/11/12 07:44
気学って関東が多いのんとちゃう。
関西じゃ四柱推命が多いから110、111の言う事当てはまらんけど。

113 :名無しさん@占い修業中 :01/11/12 13:22
>>104
金が無かったんで、公園のベンチで2時間ぐらい寝ただけ
なんですけど効果ありましたよ。(滞在時間は7時間ぐらいで、
距離は40kmしか離れてません。) 

114 :名無しさん@占い修業中:01/11/12 13:25
113ですけど、104じゃなくて109でした。ごめんなさい。

115 :名無しさん@占い修業中:01/11/12 21:39
>>92
遁甲の紫白のことですか?
それとも,気学で北西に回座した8白は6白にとって
本命的殺になるけど吉ということ意味でしょうか?
少し気になったので...

116 :名無しさん@占い修業中:01/11/12 23:17
>112
確かに気学は関東、関西は四柱推命だと言うよね。
でも関西にも気学はあるよね、東京も四柱は普及してるし。
関西で気学はどのくらい普及しているの?

117 :112:01/11/13 08:17
>>116
俺が知っている、ある鑑定所ブース2箇所で
八、九人日替わりで鑑定しているけど気学専門は、1人だけ。
後は四柱推命と姓名判断(熊崎健翁式が多い)。
その中で知ってるのは1人だけ、
結局、気学使えるのは2人。
特に京都は、四柱推命と姓名判断が多い。

118 :名無しさん@占い修業中:01/11/14 16:32
挨星法で有名な人いるの。
本もほとんどないみたいだけど。

119 :名無しさん@占い修業中:01/11/15 00:33
>118
あるよー高いけど!
林巨征著八門遁甲方位術

120 :名無しさん@占い修業中:01/11/15 08:31
>N藤さんの秘伝網羅の奴ね。

121 :名無しさん@占い修業中:01/11/15 08:54
15.000円も、よーかわんは。

122 :名無しさん@占い修業中:01/11/15 11:12
15,000円が高くて買えないんじゃ、
よっぽど運勢悪いね。
こいつらのやってる方法は避けとこう。

123 :名無しさん@占い修業中:01/11/19 07:48
埃星法教えてるとこ大阪の天王寺にあるよ。
暦も出していて来年の埃星法による方位も簡単なの載っていたよ。
15,000円出さなかった人運勢よかったのかな。

124 :名無しさん@占い修業中:01/11/19 22:47
埃星法にも八門遁甲にも、論理的な根拠は全くありません。所詮はただの迷信に
過ぎないものです。N藤さんは何故秘伝を公開しないのか?
それは50年も研究し続けて、自分のやってきたことが結局砂上の楼閣であった
事に気付いているからです。秘伝?を公開すること事態が己の恥の上塗りに
なってしまうからだと、ちゃんとわかっているからです。
埃星法のあの盤の廻し方、一体どんな根拠があるというのですか?
八門、八神、九宮、九星といったパーツの各々の存在理由はどこにあるのでしょうか?
説明できる方がいらしたら、是非教えて頂きたいと思います。

125 :名無しさん@占い修業中:01/11/19 23:17
123さんへ
>埃星法教えてるとこ大阪の天王寺にあるよ。
すいません、そこの連絡先教えてもらえないですか?
中尾書店でGET出来ればいいけど。

よろしくおねがいします。

126 :123:01/11/20 08:29
125さんへ
URLコピペしておきます。
http://www.shinkan-kantei.com/index.htm

127 :名無しさん@占い修業中:01/11/21 00:14
本のパクリ教室ね。

128 :名無しさん@占い修業中:01/11/22 08:33
 

129 :名無しさん@占い修業中:01/11/23 00:29
ここはすごいおもしろい!!
ちなみに気学の象意は当たるが、実際は遁甲を使っているという友達がいる。
私はある方の奇門遁甲使って毎日毎日生活しています。笑う方御勝手に・・・
奇門遁甲で、手にできたものはスゴイ多いけど、気学で手にできたものはあまりない。

130 :名無しさん@占い修業中:01/11/23 00:47
専門家は気学なんて使ってないよね。
気学が意味ないのを知ってても気学需要があるので
生徒には言わずに教室で教えてる人もいる。
背に腹は変えられないのだ。
もちろん自分が行動する時は遁甲だけど。

131 :名無しさん@占い修業中:01/11/24 23:47
>>130
台湾でも日本でも専門家で遁甲使っている人なんて殆どいませんよ。
現実に遁甲の需要なんてないし、本だって全く売れてない。
それに対して気学の需要は非常に高い、それが占い業界の現実なんですよ。
何故、遁甲が広まらないかといえば、おおもとのロジックがあいまいで、
信ずるに足らないからです。
遁甲が好きで、それが当たると信じている人よりも、全然当たらないと
感じている人の方が遙かに多いと思いますよ。
専門家なら気学、アマチュア研究家は遁甲、ということになりますね。

132 :名無しさん@占い修業中:01/11/24 23:53
↑ホントに台湾事情を知ってるのかなあ…
おれ夏に行ったけど、全然違ってたけど。
それって台湾お得意の無認可複製訳本が店頭に並んでただけだろ。

133 :名無しさん@占い修業中:01/11/24 23:54
>専門家なら気学
ネタだよね?

134 :名無しさん@占い修業中:01/11/25 20:48
専門家なら両方を見てかんがえるのじゃないの?
ちなみに私が気学を教えて頂いている先生は、教えているのは気学だけど「遁甲もいいですよ。でもね・・難しいですからね」って言ってましたけど
これってやはり気学は教えるの簡単だけど遁甲は教えるの難しいし、教えれない。
でも、じつは先生自身は遁甲も当たるとそう考えているのだと思う。
遁甲も流派があるけど、ある流派とある流派を組み合わせて観て、絶対!という方位に
進んだ時に良い事に出会わなかった事は一度もないですよ。
私は、遁甲を信じてしまう。ちなみにもう遁甲を用いた生活をして5年になります。
どっちを信じるのも人の勝手だけどね・・・

135 :名無しさん@占い修業中:01/11/26 01:09
気学をやってる人は遁甲を信じる信じないの次元でなくて
遁甲の存在を知らないだけだと思います。
気学しか知らないんだからその世界に夢中になるのでは?

136 :51:01/11/26 07:55
占い師2人に聞きました。
気学と遁甲どちらが当たりますか。
家相は、気学。
方位は遁甲しかし気学も参考に五黄、暗剣、本命殺は侵さないように指導
している。

もう一人は、遁甲習ったけど実践には難しくって使えないそうです。

気学から入った人は、遁甲難しいみたい。
遁甲から入った人は、気学ばからしいらしい。

137 :名無しさん@占い修業中:01/11/26 14:02
私の信じる先生(遁甲の)もやはり五黄、暗剣、破はだめと言います。
でも本命殺、的殺は大丈夫だと言っておられました。
実際本命殺に引っ越した友達で遁甲を実践している人がいるけど
運のよい話ばかりみたいですよ。
本当のところはどうなんでしょうかね〜

138 :名無しさん@占い修業中:01/11/27 04:06
私は遁甲でよかったので年盤五黄殺に引っ越しましたが仕事が拡大しました。
収入も順調に上がって、結婚して子供も生まれて大海運です。

139 :名無しさん@占い修業中:01/11/27 09:42
年盤は、効果が後になって出てきますよ。
気をつけた方がいいかも

140 :名無しさん@占い修業中:01/11/27 15:11
質問です。門迫の時は格局の効力も失われるのでしょうか?

141 :>139:01/11/28 07:04
138です。
私が気学で言う年盤五黄、遁甲の生門吉方に引っ越したのは14年前です。
今でも仕事は絶好調、年盤五黄の効果があるならば、そろそろ出て無くては
いけないはずです。14年も経って効果でないならば無視していいはずです。
それに又引越しをするのでもちろん遁甲を使いますから。
楽しみです。

142 :名無しさん@占い修業中:01/11/28 07:49
14年前、昭和62年

壬沖五
丙傷天

北西は生門ではなく傷門、五黄です
西は生門、六白これなら商売繁盛でしょう。

143 :名無しさん@占い修業中:01/11/28 11:44
>>141
14年前に引っ越して、以後仕事は絶好調だそうですが、
それが遁甲を用いた成果であるという証明は
どうやってするのでしょうか?
14年前から今日までのご自分の運勢、つまり命運との関わりは
考慮されないのですか?
現実に自分に起こった出来事が遁甲によるものであると、
皆さんはどうやって証明するのでしょうか?

144 :名無しさん@占い修業中:01/11/28 15:43
↑出鱈目をいってるだけさ。
14年前の遁甲盤を見れば分かるけど
五黄が回っているのは北西で傷門です。
生門が回っているのは西、六白。

145 :名無しさん@占い修業中:01/11/28 22:43
え、命を考慮せずに遁甲使う人なんているの?

146 :>:01/11/29 07:26
大体気学は命理としても使えないではないか。

147 :名無しさん@占い修業中:01/12/01 00:15
↑気学を命理として使おうと考える事自体がおかしいんでないの?

148 :名無しさん@占い修業中:01/12/01 01:12
トンコウ、どの先生が書いてらっしゃるのが効果大なんでしょう。
内藤先生か、黒門先生か?北条氏のは・・2ちゃんねるでは評判悪いようですが。

149 :名無しさん@占い修業中:01/12/02 02:20
あげます

150 :age:01/12/19 00:40
こっちもあげまーす

151 :名無しさん@占い修業中:01/12/19 07:24
処女あげます。

28 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)