5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

咒禁・霊符を真面目に検証しますか!

1 :IWATO13:01/11/29 00:21
昔から伝わる霊符・咒禁・法術について、真面目に検証して
みませんか?
正伝・偽伝・真傳・誤伝や時代背景などを考えながら、本当
に霊験がある物を探っていきましょう。
神道・仏教・道教・古神道・陰陽道など拘らずに意見交換し
て疑問を解き明かしましょう。
みんなで幸せになるため本物を探ろう。

☆理由問わず「HPのURLの記入は」不可です。

2 :名無しさん@占い修業中:01/11/29 00:31
まず最初に、前スレでIWATO13さんは「願いを叶えることは因縁を曲げること」
というような流れで、やたらに本人の望みどおりの霊符を作ることは正しくない
というようなことを書かれていました。

私も全く同意見ですが、この霊符などの類についてはどのような時に使って良い、
使ってはいけないというような、原則的な考えみたいなものはお持ちですか?

3 :IWATO13:01/11/29 00:48
早速一番乗りで、ご返事書きましょう。
正伝の符になぜか縁切りの符が多くあります。
最初は私も何でこんなにもあるのかと思いました。
それで、神様にご祈願を続けていたときのことで
すが、2.3の方からのご相談に、相手と別れた
いと言うようことが続けてありました。
冷静によく聞けば、今で言うストーカーであった
り、酒乱や暴力を振って何とも出来ない相談でし
たので、世の中には確かに人の力では何とも出来
ないことがあるなと悟らされました。
この件の相談はよくありますが、よく話し合ってで
ないと受けませんね。
霊符の点と線は、漢字で例に取ることが出来ます。
例えば、大に点を付けて 太 犬 となります。
線などの加減では、 天 人 入 汰 体 です。
意味が全く違ってきます。
神界には、幽界文字があります。また、それぞれ
の界に、それぞれの文字が存在します。
世に良く知られるのは、平田先生の神字日文伝で
しょう。

「福寿海無量」についてもお聞きしたいものです。
色々と検証していきましょう。
よろしくお願いします。

4 :IWATO13:01/11/29 01:06
あらまあ。私より一番乗りの方がいらっしゃいました。
そうですね。これも言葉足らずでしたね。人間としてこの世に生を
受けられたならば、裕福になりたい、財も欲しい、名誉も欲しい
地位も得たい、いい人に出会いたい、みな正しい願い事です。何一
つ間違ってはいません。
しかし、何かを得たいのであればそれだけの努力が必要です。
例えば、徳川家康や豊臣秀吉が日頃適当にやってあれだけの大業を
為したわけではありませんよね。
今の人々もそうです。私はかねてからNHKのプロジェクトXの隠
れたファンです。あれこそ正に人間の本来の努力する姿です。
私は、霊符を授ける方には大変厳しい人間です。
霊符を持っただけでは、何も変わらないです。変えるのは努力した
汗と如何なる状態にあっても変わらない信念に感応しますといいま
す。それで不思議な霊験を受けられる方が多いですが。
よく言われます。「厳しすぎる」と (^^;;
道に叶わないのは全部お断りします。
道とは、人の道でなく、神の道ですが.....

5 :名無しさん@占い修業中:01/11/29 01:11
あれ?2と3は別の方なんですか…?
よく分からなくなっちゃいましたが(笑

6 :名無しさん@占い修業中:01/11/29 01:21
あ、私もNHKのプロジェクトX大ファンです。
あれを見てると力づけられますね。
私もいちおう霊符を授ける側の人間なのですが、原則として、
災難を避ける類のものは比較的授けても良いと思っています。
(私に力があるかどうかはちょっと疑問ですが)
自分の欲を叶えるほうは、自分で努力しなさい、と思ってます。

失礼でなければお聞きしたいのですが、IWATO13さんはどういった
神様を信仰なさっていらっしゃるのでしょうか。いくらか知識はあり
ますので、有名な神様でしたらヒントとか系譜で分かると思うのですが。

7 :IWATO13:01/11/29 02:14
神典にある神様ですが...
伊勢神宮の神様、土地の神様、天神地祇の神々と眷属神です。
何も変わった神様は拝んでいません。

☆皆さん、ニックネームでも良いですから
 名前を持ちませんか?
 どの質問がどなたのか解らなくなってきそうで...

8 :MYO:01/11/29 09:00
そうですね、6です。
失礼かと思ったのですが、こういった護符を書いたりと、力をお持ちの方は、
一般的な伊勢神宮の神様よりも、神典にある神の中でも特定の神に縁が深い
ことが多いように思っておりましたので。

9 :ぴょん:01/11/29 16:25
霊符を書くお仕事をされている人というのは、みなさん霊感がある霊能者の方なのでしょうか?
たとえば霊感のない人でも、霊符の訓練をすれば、霊符を書く人になれるものですか?

10 :MYO:01/11/29 17:31
差し出がましいですが、私は「いわゆる霊感」はまったくありません。
ですが、それなりの神通力はあるようです…?

「見える・聞こえる力」と「何か霊的なものに通じる、動かす力」は私達の五感で
とらえるには不可解なもののようです。
ちなみに私は、霊的なものに全く関心がないのに、神霊的な世界にどうしても
縁ができてしまい、サラリーマン止めてついにこの仕事専業になってしまいました。
また、それなりに修行もしています。自然な縁で得度することになりましたし、
法華経全巻を数百回読誦して、人に教えるようにもなりました。(十数年かかりました)

いろいろ見ていまして、霊符を書くなどという大変大それたことをするには、
それなりの覚悟が要るものと痛感します。それこそ命がけと思います。
ただ、あまり全般的な知識がなく、法華系の祈祷書で手に入る霊符しか知らないので
このスレ主さんには遠く及びません。

ですので、ご質問に対する私なりの意見は、よく宗教、占い全般の勉強をされた上で、
自分に「行学をともなった総合的な力」をつけられた上で、霊符を書くかどうか
決められては如何かと思います。
霊符だけが「モノ」として存在し、勝手に力を発揮するものではないように思います。

11 :名無しさん@占い修業中:01/11/29 19:14
>2
できれば、あなたの因縁の定義を教えて。

12 :IWATO13:01/11/29 19:50
見える、聞こえる、解るなどの霊感があるのは大変危険でもあります。
以前から申し上げるように、ある程度の霊的知識がなければ、目に見
えない存在者に振り回されることとなります。
いや、霊的知識があっても憑霊されてダメになっていった仲間を沢山
見てきましたから、如何に自分を冷静に見ることが出来反省力がある
かが大切ですね。
霊符の謹修に大切なのは、清浄な心と信(まこと)が基本です。
ちゃんとした縁があれば自然と導かれます。
MYOさんが言われるように総合的な勉強は大切なことです。

13 :名無しさん@占い修業中:01/11/30 00:24
>>1さんは古神道系なんですか?西洋の符や道教の符は使用しないんですか?

14 :名無しさん@占い修業中:01/11/30 02:17
以前から感じていたのですが、
八幡書店から出ている、大宮氏の書物ってどうなんでしょう?
同じ内容のものを発表している人がいない時点で、大宮氏オリジナル???
と思っていたんですが、誤伝やピン抜きなら信用して結界の作成に使うのも怖いしなぁ・・・

何でも、人が何かを表現したり誰かに伝えようとした時点で
意図的ではないにせよ、間違えたり偏ったり大げさだったり大切なことを無視してしまったり
ということはあるし、我欲などが入ると、歴史教科書問題のように喧喧諤諤とするものですが
読者としてはピン抜きが何かしらあるものとして、自身の責任として真実を把握するべく
勤めなければなりません」。 しかしそれにも限界はあるのです。
 どんなに調べても出した結論はあくまで本人のものだし、事件の真実はひとつでも
受け取る側によってその解釈と内容は十人十色になってしまうものなのです。

 ましてや、霊符、霊術、真伝などは、それを把握できる方にはわからないでしょうが
通常の人間の努力を超えたところにあるもので、がんばって探せとか、正しい心があれば縁がどうこう
というのは、どんなに努力をしても貧しい人を金持ちが札束でほほを殴りつけ
金儲けの努力をしないおまえが悪いと、せせら笑ったり説教を始めるのと同様の欺瞞を感じます。
或いは障害者を、心がけが悪いからと馬鹿にする健常者と言う例えはいかがでしょう?

今一度、真伝とは何か、こういった点を踏まえて考察すべきではないでしょうか。
 出来れば、巷の公刊書などでも、ここに誤伝が、ここに意図的なピン抜きが・・・
といった話題提供を出来るだけ具体的に持ち合えればいいと期待しております。
 個人的には、福寿海無料の話は大変ためになりました

15 :名無しさん@占い修業中:01/11/30 02:41
コピペ、
 >例えば、藤○さんの霊符集の復刻版にしてもそうです。
  ある霊符には癌の治病符としていますが、百病治符の
  上部4字が無い偽符です。
  これをいかにも使えるように宣伝しているのはいかが
  なものでしょうか?
  心ある者のすることだと思いますか。他の一般書とし
  ている霊符も似たり寄ったりです。
  菊岡氏の霊符でも、100年後にでている霊符集でも
  すでに間違ったものを出しています

 ここら辺、もっと詳しく教えてください。上部4文字とか、どんな本とか、
 因みに、ホントの府が書いてあるっていう学研の道教の本ってどのページですか?

16 :IWATO13:01/11/30 02:53
1というのは私のことでしょうか?
確かに、法術・咒禁・霊符は、系列やガラス板のように積層された霊的世界に
より様々ではありますが、私は古神道の枠にははまっていませんが....
寧ろそれらを統括..いや止めておきましょう。
迂闊にべらべらと喋って神様からお叱りを受けるのも嫌ですから。

回答としては、時と場合によりますね。

17 :IWATO13:01/11/30 03:57
また質問が〜
前もお願いしましたが、名前を付けて投函しませんか?どなたの質問
なのか、わかりませんから。

そんなに焦らなくても徐々に、一つ一つ検証していけば良いのではな
いでしょうか?
何に対してそんなに焦って回答を見つけたいのですか?
私は、どんなに苦しくて辛くても授かる時期を待ちましたが。

大宮さんの霊学書シリーズ、大変勉強になる点も多いのは確か
ですし、驚くべき記述が意図も簡単に載せられていますのには
唖然です。
それは兎も角として、大宮さんは公刊物に於いても、ちゃんと
神道研究家としての肩書きで、寄稿されていたりしていますが
参考程度に見るべきだと私は思いますが。
また、八幡さんなら、宮地厳夫先生の「本朝神仙記伝」などは
お薦めの良書です。

貴方は霊的な物は、普通の方には願っても努力しても手に出来
ないと仰るが、そんなことは有りません。
真面目に努力して願えば手に出来るし使うことも出来ます。実
際目にもされているようですが。
宝を手にしょうとしても手を握っていては、戴けないのでは

18 :名無しさん@占い修業中:01/11/30 11:20
>>17つーかさ、全部の質問に貴方が答えなくてもよいと思いますよ。
「わかる人や意見のある人」がレスすれば。
それによって多様なジャンルの回答が期待できます。
>>16で「1というのは私のことでしょうか?」って、スレ立てたのが貴方なら
貴方のことです。スレ立てた人は自動的に1ですから。
コテハンつけたって、>>3>>4みたいに「IWATO13」さん本人かどうか
わからない人物も現れます。ココではよくあることです。
「>どなたの質問なのか、わかりませんから。」ってのも
「>>番 さんの質問への回答」とかでもいいんじゃないです?
「>>番号」なら質問自身の文章もリンクされるので見てわかりやすいですし。

19 :名無しさん@占い修業中:01/11/30 11:26
詳しくないですがそういうのって何かご利益?がありそうな気がしてしまう

20 :名無しさん@占い修業中:01/11/30 11:34
>>18禿同!ここは2ちゃんねるだもんね。
>>19「そういうのって」どういうの?>>17のいう霊感のコト?

21 :名無しさん@占い修業中:01/11/30 12:15
>>18-20
それはそうだと思うが、このスレ主さんとしては、相手がどういう人か
認識しないとこういった微妙なことに関しては答えにくい問題もあるんじゃない?

だからスレ主さんも、レスする人がコテハンでしっかり一貫した質問の
しかたをすればそれなりに答えて下さるだろうし、いきなり名無しの
ポッと深入りした質問なんか、答えたくなかったら答えなくていいんじゃない。
人のハンドルを騙るのは良くないね。

>>3>>4は「IWATO13」さん本人なんですか?
違うんだったら何番は違うと言ってもらった方がいいんじゃないかな。

22 :名無しさん@占い修業中:01/11/30 12:34
>>21
>それはそうだと思うが、このスレ主さんとしては、相手がどういう人か
>認識しないとこういった微妙なことに関しては答えにくい問題もあるんじゃない?

あまりにも微妙な問題であるのなら、そもそもこういうところで
語るべきではないです。

それと、IDすら出てない板なので、どれは違う、どれは
私と言っても、検証ができないので無意味だと
思いますよ。内容だけに注目していけばいいのでは。

23 :22:01/11/30 14:15
あ、どうしても名前を付けて進めたいなら、
トリップを使うという手もあります。

24 :IWATO13:01/11/30 17:17
皆さんの貴重なるご意見は良くわかりました。
 3.4は私の意見です。
 1と言うの云々は、軽いジョーク、引き続きまた質問が〜に関しては
 その前の回答に何度も何度も書いては消しして、漸く回答にこぎ着け
 て送信したら、私宛の質問があったので人間の情としての気持ちを、
 表現しただけです。

ただ発言者の意見と単に質問者の方とを分けたいだけです。
占いでもそうですけど、何も知らない方に専門的なことばかり言っても
本人は「何のこと」と思われるでしょうし、ある程度の知識を持たれて
いる方や意見交換を頻繁にされていれば双方とも専門的に進めていけま
すし、互いに納得されるようなものです。
無闇に意見交換しても弊害だけが残るのではないでしょうか?
>14.15の質問に過激な言葉は見られますが、しかし質問される
趣旨も理解できます。
正伝・真傳を探るために必要なのは、何事もそうですが発信している
元を探っていく事が一番ではないでしょうか?
大宮さんは真傳・正伝を知っておられると思いますし、かなりの貴重
な資料をお持ちのようです。
だから、あれだけの文章や書物を出版出来るのではないでしょうか。
公開して良いこと、やばいことを知り弁えておられるのでは....
それは、見る相手が特定できないからですよ。
だから、あえて参考程度に読むべきですと申し上げているのです。

私が護符のスレ主さんの所から出て、新しいスレをたてたのは単に
霊符の効果云々ではなく、心ある方と共に検証していきたいからです。
微妙な問題なら語るべきでないと仰っておいでですが、本を見ても解ら
ない、自分が信じていることは正しいのか、表に出てこない微妙な事を
知りたくて、2チャンの掲示板に来てる方も多いのではないでしょうか。

25 :22:01/11/30 18:01
>>24
ここは、霊符のスキルのある人ない人、
どんな人だろうと自由に閲覧のできる掲示板です。たんに
興味本位で見ている方も多いはす。あるいは、他人が一生懸命
勉強した成果を、上面のみ見てさらっていく人ともいるでしょう。
そういう向きへの配慮が、欲しいと思ったので、言いました。
>微妙な問題なら語るべきでない

しかしIWATO13 さんご自身が
>単に霊符の効果云々ではなく、心ある方と共に検証していきたいから
>です。
と明確にスレの方向性を打ち出しておいでなら、大丈夫でしょうか。
いち心配性の意見と思って、読み捨てしておいて下されば幸いです。

26 :名無しさん@占い修業中:01/11/30 21:51
んん?>>3>>4も同一人物??
>あらまあ。私より一番乗りの方がいらっしゃいました。
なんて言ってるから偽物かとおもたよ。
これも冗談??ややこしい・・・!

27 :名無しさん@占い修業中:01/11/30 23:55
>15  言いたいことは伝わる、
 
  藤○さんの霊符集の復刻版にしてもそうです。
  ある霊符には癌の治病符としていますが、百病治符の
  上部4字が無い偽符です。

 大宮さん、八幡のHPで藤○さんの霊符集の復刻版の監修をしてて
 全て本物の保証つき! と太鼓判を押してたなぁ…… あれは言うべきではなかったんじゃぁ?
 そのHPリンクしたいけどそゆのもだめですか?

28 :IWATO13:01/12/01 02:11
如何なる理由があっても、HPはお断りします。
みなさんもう飽きるくらい観てきたでしょう。

私は余程くそ真面目な人間に思われていますが、そんなことはありません。
おいしいお酒が好きですし、今の時期でしたら、湯豆腐に白ねぎ入れて、
ふっーふっーいいながら食べるのが良いのでは、貧乏ですから贅沢は出来
ませんが。鴨肉でもあれば最高でしょうね。
結構俗世間でたくましく生きている人間です。

さてと、いよいよはじめましょうか。
先ず皆さんに知っていただきたいのは下記のことです。
 1.正神界の法術・咒禁・霊符は盗法は出来ません。
 2.師の許可なくして、法は使えません。
 3.正神界の物といえば、すぐに霊験あると思うのは
   間違いです。
 4.真傳の物は公開することは出来ません。
 5.不正な行為に使用した場合や授かるべき人間でない
   者が秘蔵すれば、必ず神界に取り上げられます。
 以上のことをご承知になって於かれるべきです。

私は、このつながりから一人でも二人でも本物の道に導かれる方が、現れるのを
楽しみにしています。
どうか本気で道を求めて居られる方は頑張ってください。
神道・仏教・道教・古神道・陰陽道であることに関係なくです。

私は、>27さんが言われる本は焼き捨てました。
先ほども、符咒77...と開運・まじ....を探し出して内容をみている
内に良くない霊気を感じましたので、参考でもしょうかと思いましたがダメで
すね。耐えられません。
しかし、この手の本にある霊符の殆どは、菊丘仙人が江戸時代に伝えたものが
元になっているようですね。
あの方は、前世から、日本ではなく韓国あたりの仙界の人のようで、残された
物にもその色が濃いいようです。
皆さんはどう思われますか?

29 :IWATO13:01/12/01 17:53
まだ、書き込みがないのは誰も見てないのかな????
真傳の霊符関係で一番多いのは、この道教系列の符が誤伝して伝わっていると
思うのですが、今まで真傳・正伝・誤伝・偽伝について云々言って事に対して、
理屈はいいから「公開しろ」「ちゃんと教えろ」と仰っていましたが....
まさか、こんな事も勉強せずに真傳や正伝を得ようとは思ってなかったですよね。

昔から密かな霊符研究家はや信奉者は多い様ですが、殆ど表にはでてくることは
ありません。例えば、明治の時に「太上感応編」などの良書を、今で言う自費出
版を無料で配っていたようです。この方の稿本を探していますがまだ見たことは
ありません。
また、ある有名な古本屋には長いことある方の著作が何年も目録に紹介されてい
ますが、未だに手にする方がいない霊符もあると思いますよ。
本物を知りたいのであれば真剣に勉強する事によって自然と縁が出来て来ます。
私は料理が好きで自分でもつくります。
イタリアンでペペロン...と言うスパがありますが、至って単純なスパですが
奥が深く人に「上手い」と言わせるのは大変です。
なにが言いたいか、基本を疎かにして本物は扱えないといいたいのです。
何も努力していないで手にしても扱えません。
霊符には、口伝が沢山存在します。謹修前〜謹修後? いや中には施行において
も口伝が存在しています。
以前抱朴子について言ったのも、そのことを知っていただきたかったのもありま
す。「施行法を知らなければ鬼神の笑いものになる」だから偽符だというのです。

30 :MYO:01/12/01 17:58
いや、見てますが、どこから突っ込んでいいものやら…(笑)

31 :名無しさん@占い修業中:01/12/01 18:17
なんかIWATO13さんの1人語り状態で口の出しようがないんだな〜。
みんな持ってる本とか違うだろうし、自分も上記の本は持ってないから
正しい符かどうかなんて確認のしようもないし。
とくに西洋系の符の人は入る余地もない感じ・・。

32 :名無しさん@占い修業中:01/12/01 18:23
>>31
いやー、このスレは東洋符に限定したほうがいいんでない?

33 :名無しさん@占い修業中:01/12/01 19:40
まあなんとなく、
最初からずっと読んでいると、
IWATO13さんの独り舞台というか、自分のやっていることが
正しいというような感じで書いているのが
困るんだろうね。口調は非常に柔らかいんだがね。
ご本人はそんなことはないって言うかも知れんが。
自分こそは本物、あるいは正しいというふうに
言う者こそ疑ってかかるからね。おれは。
正伝は霊符だろうがなんだろうが
世間にポンポンと出てくることはないっていうのは
同感なんだが。
IWATO13さん、まあ単なる物好きの一言だと思って聞き流して
ください。

34 :MYO:01/12/01 21:24
>>33
でもそれって当たり前じゃない?
自分は正しい、当たり前って自信がないのに、半端な知識を
振り回すほうがおかしいんじゃない?
それに対してどんなツッコミ入れるか、偽者を見分けるのか、
あるいはご本人に自分の足りないところを気づいてもらうことが
できるかも自分自身。
私は断片的であっても参考になる部分はありますよ。
少なくとも教えてちゃんばっかりよりは、自分語りをする人の
ほうが面白いね。
まあ、焦らないでやろうと思いますが、ただ、みんな持ってるものが
違うから、同列での話はできないし、またやたらに入手法を紹介する
わけにはいかないのも道理。
それで話がなかなか進まないのは困った問題だけどね。
ただ、私も気にかけてれば、時期が来ればちゃんと本物が授かるって
ことは納得できる。たとえ形だけの正伝を無理に求めても、それは
本物ではない。だからここで雰囲気だけでも楽しんでますよ。
そんなの到底納得できないって人は、縁がないとしかいいようがなくなるけど…

35 :名無しさん@占い修業中:01/12/01 21:29
>以前抱朴子について言ったのも
抱朴子は知ってるけど平妖伝は知らない。
どうもインチキ臭い。

36 :IWATO13:01/12/01 21:36
どうも貴方は前回の時から、手を替え品を替えお出でになりますが、
私の真意が見えていないようですね。
良いんです。私が発言していることが正しいか正しくないかなんて、
どうでも良いことです。
大切なのは貴方が言うようにIWATO13はああ言ってるがホント
か?
私の言っていることに対して、鵜呑みにしない聞いて疑問に思い調べ
る検証する、これが重要なことですよ。
国学者も霊学研究者もみんなその立場をとってきたのです。
私の一人よがりしゃべり続けていく内に、「それは違いますよ」とい
う疑問の声が挙がる、それを検証していく。
読んでいるだけでも良いのです。
29での発言は? だってカウンターないですからね。28の前ふり
ちゃんと読んでられたら解るとおもうのですが〜
それでも、大切なポイントはちゃんとちりばめてます、バラ寿司のように
ご心配なく聞き流して良いのであれば心に大切にしまっておいて下さい。

37 :名無しさん@占い修業中:01/12/01 21:44
護符のスレで何度か出てきた、かの自作推奨サイトに載っている禁断の破綻符というのがありますが、ご覧になったことはありますか?
人型を張り合わせた間に針を入れるもので、その符を作る者が多いようなのです。
近日もその符の作り方を質問する者と丁寧に答える者を見ました。
このような恐ろしい符を作る者が多い現状や、多くの者の目にふれることについてどう思われますか?

38 :IWATO13:01/12/01 22:21
>37さんちょっと待ってください。
>35さん
貴方は霊符や咒禁を検証するにあたり、中国小説の類を持ってきて
知らないから怪しいというのであれば、中国の「天下第二奇書」を
ご存じですかな、また、謫仙が残されたうすさま金剛の仙修資料の
「修仙霊要録」はどうですかな。
私たちのお側に寄れない眷属神ですら、何もかにも知っているもの
ではない事を仰られるが、ましてや眷属の眷属界のことをおもしろ
おかしく書いている小説の題名を知らなかっただけで、偽物呼ばわ
れするとは....あ〜情けない。

霊符にも色々ありますが、その方法は何かで見た記憶があります。
この類の霊符は大変に多いとも聞きますし、修験道の行者や霊の
陰陽師系等の一派が修するとも聞きますが、あまり近づきたくあ
りませんが、東西を問わず魔術は存在します。
この日本にも未だに密々に語られ相伝されています。
しかし、これらの法も決して公開されるものではありません。
中には大変恐ろしい邪法が存在します。
なぜか、日本の魔界の親玉の名前が記憶から消えないのも困って
いますが。
行う人間より授ける人間にいずれ神罰か魔界の眷属の走り課の
所属に落ちるのが関の山でしょう。

39 :MYO:01/12/01 22:22
>>37
一足先に余計な口出しかも知れませんが、これも観音経の中に
「還著於本人」とありますよ。
自分がなした呪いは確実に自分に返ってきます。
やったことのある人はすぐに気づく筈です。
そういう霊符を広める人も同じことです。
まだそういうことの恐ろしさが分かっていないのでしょうね。

40 :名無しさん@占い修業中:01/12/01 23:19
前スレで何度か紹介されてる例のサイト(>>37)の掲示板、覗いてみたら、
カキコしてるの十代前半の厨房ばっかりだよ。
一番魔術とかおまじないとかに興味があって、そのくせ見返りだ倫理だなんて
考えもしないドキュソ厨房なお年頃。
そんな符を紹介するHP管理人のモラルも、使うガキと同レベル。
呪いの符に「トロイ型」とかってウイルス名みたいなのをつけたりして
半分シャレでやってる感じ。
かといって、警告する訳にもいかんのかなぁ・・?

41 :名無しさん@占い修業中:01/12/02 01:46
ふにゃと申します。
私は、IWATOさんが真電の霊符を相伝された経過を知りたいなぁ。

いま、道教系などを調べてるんですけれど、よく使われる呪に
 左青龍右白虎、・・・前朱雀後玄部
てのがありますが・・・に隠されてフレーズがあるそうでして
まともに考えれば、こういうフレーズをひとつ一つ検証していくと一生懸けても
真実には辿り着けないかもしれない。

 いい参考文献とかないすかねぇ。15さんの、学研の道教の本に出てた真伝って気になります
それとIWATOさん,慮勝彦さんはどうでしょう?

42 :IWATO13:01/12/02 01:47
どうも月末、月始めは忙しい上、素材探ししてるんでてんてこ舞いです。
合間合間に覗いてますです。ハイ

観音様になる方法っていがに簡単なのだそうです。
しかし、簡単すぎるのか広がらないですね。
そうだ、MYOさん神様の事は少し解るんですよね。
法華経を大切になさっているのであれば、天忍穂耳神さまの神社へ
行かれると良いですよ。あの神様の系列の教典だそうですから。
私の尊敬する師は、仏教にも精通されておられたようですが、私に
は良くわからないことが多くて(^^;;

警告は無用です。これも因縁ですから....と先日悟りました。(涙*

43 :IWATO13:01/12/02 05:21
私の相伝に対する経路ですか、ここでは関係ないのでお答えしません。
私はこの場で発言している事さえ、一歩間違えれば大変なことになり
ますので... 絶えず監視の目がありますから、ね。時には発言しては

盧さん懐かしい名前ですね。その当時若手ナンバー1として、また謫仙と
して、大変騒がれた人物でしたよね。
その時くらいから指導霊が変わったように思いましたが..
台湾の道教でしたっけ? これもハッキリ覚えてないです。

中国道教の事は良く知りませんので、詳しい方どうぞ...

44 :素人:01/12/02 09:23
霊符に十二支がありますが
大○さんと井上智○は同じなんですが
大文館書店から出されてる小野○○氏のとは細かい点で違いますが
どちらが正しいと思われますか。

45 :名無しさん@占い修業中:01/12/02 09:47
>>44
「本命七星之霊符」のことですか?それとも「天眞坤元霊符」のこと?
それともそれ以外?
私が持ってるのはそのいずれの本でもないので、その本を両方見て
みないと比べようがないな〜。違ってる点の画像キボン。
(おっと、URLはダメなのかココは。本屋に逝けってか)

46 :素人:01/12/02 10:03
>>45
「天眞坤元霊符」のこと。
虎形の霊符で終わり方が違っている。

47 :名無しさん@占い修業中:01/12/02 10:30
>>44>>46「護符」スレにURLアプしといた。参考に

48 :名無しさん@占い修業中:01/12/02 12:30
http://www.hachiman.com/inteview/intvtaiko.html

49 :IWATO13:01/12/02 14:24
どうも↑日本語を正しく理解出来ていないのか、嫌がらせなのか?
削除していただくようにします。

「正対化霊天真坤元霊符」は、中国の神仙許遜真君が弟子と共に
ある土地につかれた際に、貧苦と疫病に苦しむ人々を救うために
伝えられた尊い符ですが、これをここまで有名にして伝えたのは
菊丘仙人の書籍です。
その霊符の経緯についても詳しいです。
図形については夜に...
護符の板見ましたが、どうも私のことが気になるようですね。
私の指す指先ばかり見て人物評価しても意味がないのでは、
指すその先の物をみなければ...
学ぶ気のない人で単なる嫌がらせの方は、他へどうぞ...

50 :48:01/12/02 16:21
>>49
別に嫌がらせとかではなく、著者のインタビューって
貴重ですし、こうゆう物もあったから興味深く思い
載せてみただけです。もし不愉快な思いをしたのなら失礼しました。

51 :名無しさん@占い修業中:01/12/02 18:16
ローカルルールなんだし、ルールを決めた>>1もそうカリカリするなって。
>>48も一応過去ログ読んでから参加しろ、な。
URL貼りたきゃ初心者&受け身チャンの多い「護符」スレ逝け。

他の板の住人ならとっくにキレて荒らすだろうが、ここは比較的
煽りや荒らし、モナーすらも少ないマターリ板なんだから。
マターリ逝こうや。

52 :IWATO13:01/12/02 23:44
遅くなりました。
お約束とおりに、12支霊符の寅の符についてお答えします。
現在、私の手元にあるのが少ないので、それとの比較になりますことを
お許し願いたい。
 先ずどの符も肝心の目がありません。寅符に関しては4つの目がなく
 てはいけないのですが..
 次に、上部にある3つの○は□が本当です。
 次に、左上部横の□2つは片方が完全では間違いです。
しかし、この符は良いもので略伝で伝えられ、完全な物は口伝で
あったのではないかとおもいますが。

53 :IWATO13:01/12/03 00:06
追加
皆さんが、藤○さんの霊符集に対して興味をお持ちな様なので
真面目にお答えしますが、彼のは仏系との物として伝えられた
感がありますが、それを参考にHPに転写されていることにつ
いては何も言いませんが、肝心の口伝についてはなぜに伝えな
いのか、また疑問に思われないのですか。
おの霊符集に口伝書が存在していますが。
普通の方があの伝のとおりやれるとは思いませんが...
そして、伝の持ち主の言葉を転写しておきます。
「この秘法は、神仙至極秘密の法成るを以て、弘衆伝法の秘法
 は秘して伝えず、唯一人相承の秘法伝授成れば、受者他に伝
 授なすときは、秘法其の人に伝わり、本人即時に法益を失離
 すべきものなり。依りて妄りに他伝すべからず。能く能く心
 心得べきものなり」
霊符云々ではなく、この法を如何に大切にしていたか。
口伝の内容は、たいへんです、真言密教の行者さんに変わって
貰いたいくらいの内容です。
これを謹修するとなると嫌になるのでは。

54 :名無しさん@占い修業中:01/12/03 05:20
>>15 道教の本
これ は「まじない重宝紀」のこと?

俺は> 確かに今から15年ほど前に、神仙界禁 を犯し、専門図書として一冊の秘伝書を 世に出したことがあります。もちろん、 その方は急死され、その後一家断絶とな ったようです。
こっちのほうが気に懸かるけどな。
どうですか?

55 :IWATO13:01/12/03 08:20
ではなかったと思いますが、題名などは覚えていません。
ただ、正伝にしろ略伝にしろこの世界に入って法を堅持するのは容易では無く
往々にして生活苦や人間苦など、人生そのものの想像を絶する物があり、何度
も真意を試されます。
それは、道教関係の本などに詳しく記載されている通りです。

56 :素人:01/12/03 08:48
>>47
ttpの前のhがぬけてるよ、まーなんとか見ることが出来ました。

上のURLは(藁
下のURLが大文館書店から出されてる小野○○氏と同じ物です。
符の左下の○から右下の○まで一筆で書かれてるのに
他の本では、一旦終わった後で最後の横線を引いている。

動物の絵柄等を考えると出所は2箇所あり、
どちらが正しいのか素人は分かりません

57 :qbl:01/12/03 16:48
わたしは西洋系統の学問の人間ですが、iwato13さんの説明はたいへん解りやすく、勉強になります。
 質問です。「咒禁・法術」というのはどのような学なのでしょうか?
 また、東洋の学問にある、「タブー」「禁忌」「戒律」というものがあればご教授下さい。
 

58 :名無しさん@占い修業中:01/12/03 17:02
>56
URLの前の h を抜くのは、書いた方が
わざとやったものでしょう。直リンクを避けるための
方策ですよ。

59 :名無しさん@占い修業中:01/12/03 18:02
呪いの護符の作成って、行う人間より授ける人間にいずれ神罰か魔界の眷属の走り課の
所属に落ちるんですか???行う人間よりも???
授ける人間は、つよく言いよられて仕方なく授けたとしても、行った人間よりも罰が
あたるんですか???
行う人間のほうが、何倍もしっぺ返しを受けて当然だと思った。

>>40さま
あのHPがリンクされるようになってから、わたしも数ヶ月ほど前からたまに行って
いますが。。。十代の子とは限らないかんじです。
好きな相手には妻子がいる人や相手は別の相手と婚約中でも、まるで正しいことを
やってるかのようにやっちゃってるみたいだす。

60 :清虚道人:01/12/03 18:11
盧さんといえば、確か数年前チベット仏教に嵌っていたような...
遙池金母の門下にして青城山の道士の薫陶を受け三山九侯先生の指導を
授かったと売っていたのにねえ。アメリカへ移ったとも聞きますが。

61 :名無しさん@占い修業中:01/12/03 19:34
>59さま
リアル厨房なら大人になったら、あるいは道徳や倫理がわかるように
なるかもしれないが、いい年こいた大人のくせに、略奪愛だ相手を呪うだの
その辺の倫理もわからん、やっていいことと悪いことの区別もつかん
真性厨房の方がタチ悪いよ。
体は大人、頭脳は子供。そんな奴らに霊符をつかう資格はない。
自分自身を清く正しい人とは思わないが、呪詛かけてまで他人の恋人を
奪おうとは思わない。

62 :名無しさん@占い修業中:01/12/03 19:47
 12支霊符の寅の符に関して:
 >次に、上部にある3つの○は□が本当です。
 >次に、左上部横の□2つは片方が完全では間違いです。

ウチにある資料は 「上部にある3つの○は 角のまるい□」で、
「左上部横の□2つは 2つとも完全な(つながった)□」です
寅の絵はデザイン違いです。
これは間違いの符??合ってる符?

63 :名無しさん@占い修業中:01/12/03 19:48
>>59-61
そうだね。冷静さを欠いてるときは御符作るべきでないかも。

64 :IWATO13:01/12/03 21:08
申し訳ありません。
緊急の病気依頼が2件出ましたので、私宛の質問は落ち着いたときに
させていただきます。
12支の寅の符は、最上部に「( 」の横にしたのが何本かあるのが、
ほんとです。
ではまた...

65 :ぞす:01/12/03 21:29
初めまして。基本的に西洋系の者ですがこのスレは興味深く読ませて
いただいてます。IWATOさんに質問よろしいですか?

東洋系の霊符に描かれる図形には何らかの法則性があるのでしょうか?
西洋系の護符だと形、色、デザイン等からその護符が何のためのものか
ある程度類推できる場合が多いもので。よろしければお教え下さい。

66 :名無しさん@占い修業中:01/12/03 22:00
東洋の霊符の記号は道教や民間信仰の神の名前や、起こすべき状況を
意味する略号だ、って某HPに書いてあったよ。
あ、上記に名前が出てるサイトじゃないよ。
道教の霊符の専門っぽいサイト。

67 :ぞす:01/12/03 23:33
>66さま
おお、やはりそういう法則性があるのですか。ありがとうございます。
神名や起こすべき状況を意味する略号という辺りは西洋系とも
共通するようですね。

68 :名無しさん@占い修業中:01/12/04 00:11
道教の符咒の中にはその略号と漢字のお陰で読み下せる物も多いです。
だから難しい図形を用いた比較的古い形式のものより、間違った符や
偽物の流出はすくないのでは?と思いますが・・どうでしょう。
誰でも自分の研究や資料は本物である、と思いたいですからね。
読み下せるお陰で 人と入の字を間違えることもないし、意味を考え
所定の神を思い浮かべながら書くことが出来ます。

ところで西洋符の「お願いを立てる相手(神?)」は たとえば
どなたがいるんでしょう?
道教の場合、財運は五路財神や関帝に願う符が多いですが。
それはこの神が財運を担当する神だからです。

69 :名無しさん@占い修業中:01/12/04 01:04
>>66 そのHP、直リンできなくとも
せめてHPの名前、タイトルだけでも・・・お・ね・が・い

70 :ぞす:01/12/04 01:22
>68さま
私も、西洋オカルト全てに通じているわけではありませんが
財運ならルーン(北欧系)なら、フレイ神やニヨルド神、
    カバラ系なら、    神:エル
             大天使:ツァドキエル
              天使:べソール
              精霊:ヒスマエル
              知霊:ヤーフィエル
といったところでしょうか(異説あり)。
あと、「お願いを立てる相手」とのことですが、現在の西洋オカルトの
世界では「護符=神様への嘆願状」という認識は必ずしも主流ではあり
ません。詳しくはまたカキコしますが、この辺りはぜひとも東洋系の術
に通じた方の意見をうかがいたい所です。

71 :IWATO13:01/12/04 06:07
西洋符に関してはご専門の方のご意見を伺うとしまして。
私宛への質問についてお答えします。
咒禁・法術は何の学かとの件ですが、私の個人的な考えとしては、敢えて言えば
霊学または玄学であると理解しております。
 しかし何のためのものかとの質問であれば、3つに分かれると思います。
  1.自分をため(尸解)
  2.国家天下の安泰のため
  3.万民救済のため
 これが為に存在しているものであると信じております。

霊符についての意味の件ですが
 これも霊符に限定されるのであれば、低俗なものや解りやすいものは
 篆刻などの篆書を勉強されればある程度意味は理解できると思いますが。
 一番良いのは、霊符も各界により違いますから、その界の神界文字を解
 するのが良いと思います。
霊符謹修についての咒文の件
 人間界においては宗派により色々あるようですが、私の知る霊符に関し
 ては、口伝は存在しますが、咒文は聞いたことはありません。
禁忌や戒律の件について
 これも説明が難しいです。正神界においてもその界その界で違う事もあ
 り一概に言えません。ただし、道に叶わないことは認められず、悲観的
 な感情などは嫌われます。
ついでに、信仰している神様について問題視されているようですが?
例えば、天皇大帝と玄元皇帝と太上真人と泰乙元君と青真小童と太元眞人
と紫府先生ではどうでしょうか。
ではまた.... 

72 :名無しさん@占い修業中:01/12/04 18:31
三清とか玉皇上帝とかは祀らないの・・か。

73 :IWATO13:01/12/04 21:11
道教の神として祀らないのかとの質問でしょうか。
さてさて、三清の神とはどういう神なのかと言うことから、検証しなくては
いけなくなりました。
道教ではこの三清の神様が最高神であり、中でも天始天尊が一番位が高いと
され、『雲笈七籤』には、元々三清は天始天尊が分かれたものとされている
のですが。ここで冷静に考えれば、この話どかで聞いたような、気がつきま
した。日本の神典のはじめです。
世界各国にはそれぞれに神話があります。それをよくよく読み合わすと訛伝
して、太古にあった出来事が時代と共に、訛伝されているものです。
このような神様は、帰一すべき神で、昔から天を仰ぎ拝するものか、遙拝す
べき神であり、ある意味宇宙神です。
玉皇上帝の別名は、解らないといけないから3名分入れておきましたが?
いつものように混ぜご飯のように....
ではまた...

74 :名無しさん@占い修業中:01/12/04 22:03
>>70さま
道教の霊符は「神への嘆願状」だそうなので、その嘆願された神が
願いを叶えてくれるとして、西洋の護符の場合は
>護符=神様への嘆願状」という認識は必ずしも主流ではあり
ません。
・・ということは、どういう理屈(というほど堅苦しいものではないですが)
で願いが叶えられるのでしょう?
・・私はてっきり悪魔とか精霊に(場合によっては何かと引き替えに)
願いを叶えてもらう契約書だと思っていました。
すいません、ファンタジーの読み過ぎで。(笑

75 :名無しさん@占い修業中:01/12/04 23:21
>>70北欧系の護符ってルーンやルーンの組み合わせ?
それともそれ以外にもあるの?

76 :ぞす:01/12/04 23:27
>74さま
これは東洋系でも同じだと思いますが、護符に力を持たせるには
通常魂入れ(西洋系では聖別と呼びます)の儀式が必要となります。
で、この聖別から護符の発動までの流れは大体こんな感じです。
(あくまで一例、これが全てではありません)

1.術者は目的に応じた意識状態になる(術者はアンテナみたいなものです。
  必要なエネルギーを受信するために意識の周波数を合わせるわけです。)
2.術者の意識が必要なエネルギーの満ちた界とリンクする。
  術者の意志に応じてそのエネルギーが術者の中に流れ込む。
3.術者はそのエネルギーを護符に込める。
4.護符は術者の分身というか、ある種の生命を持つようになる。
  (と言ってもロボットのようなものですが)
5.護符は注ぎ込まれたエネルギーと同質のエネルギーを自然界から
  吸収して自らの使命を果たそうとするようになる。

この場合、護符に記される各種の印形は込められた念が効率よく働く
ようにするためのもので、不可欠というわけではありません。
正式な護符より効果は落ちますが、ペンや時計といった日用品に念を
込めて御符とすることも可能です。

こういう書き方をすると、いかにも機械的で東洋系の方からは敬虔さ
が足りないとお叱りを受けそうですが、東洋系の方は符の玄理をどの
ようにお考えでしょうか?IWATOさんをはじめとする東洋の術に
明るい方の意見を伺えれば幸いです。

77 :ぞす:01/12/04 23:41
>75さま
ベースはルーンです。外にも若干ありますが、たいていはルーンと
一緒に使うようです。すいません、私も実際に使ったことはないので、
詳しくはレスできません。

78 :ぞす:01/12/04 23:48
>75さま
ベースはルーンです。ほかにも若干ありますが、たいていはルーンと
一緒に使うようです。

79 :ぞす:01/12/04 23:49
すいません、かぶりました

80 :名無しさん@占い修業中:01/12/05 00:32
>>76
スレ違いかもしれないが 念の込めやすい石をパワーストーンとして
育てるのと同じ感じ雰囲気?

81 :IWATO13:01/12/05 18:33
ぞすさんへ
原理ですか、玄理ですか?
西洋術で言われる原理ではなくて...
もう少し詳しく言って戴いたほうが回答し易いのですが。
申し訳ありませんが。

82 :ぞす:01/12/05 19:10
>IWATOさんへ

とりあえずは原理でお願いできますか。

あえて玄理と書いたのは、私自身、符をここまで機械的に捉えることに
いささか抵抗を覚えており、東洋系の方はまた違った知見をお持ちでは
ないかと期待したためです。不明瞭な言い方ですいませんでした。

83 :名無しさん@占い修業中:01/12/05 20:46
護符も秘伝の符の丸写しなんだから機械的なのでは?
オリジナリティが活かせないなら機械的だろう。
オリジナリティを加えりゃ偽物と言われて叩かれてるじゃん。

84 :IWATO13:01/12/05 23:40
「機械的に」という意味がいまいち理解できません。
貴方は、西洋の術をどのように捉えていますか?
例えば、中国道教について語りたくないのは、今や民族宗教の立場を理解して
いないで云々言われるからです。
日本の宗教として、神道があります。ここでお札もお守りもあり、俗的な宗教
も存在します。いわば国の違い文化の違いの形です。
それなのに、元を探らずに霊符と言えば、道教と決めつける、だから答えたく
ないのです。
中国には、道教の前に儒教の教えが当たり前でした、しかし、戒律的でもあり
過ぎたために、道教が広まった。そこで埋もれたものも数多く存在します。
西洋でも同じです。石の神秘を言われるが、シオンの霊はすでに天界に帰って
います。パンドラの箱はなかなか開くものではありません。
霊の存在を認めれば機械的でないのが解ります。
人間は形あるものしか、認識して認めることや帰一出来ないのです。
今日は少し酔って余計なことを書きました。お許しあれ...

85 :名無しさん@占い修業中:01/12/05 23:48
酒呑みですかそうですか‥

86 :IWATO13:01/12/06 00:17
いや、酒飲みと言うほどでもありません。
ほんのボトル一本ほどですから大したことありません。
良いモルトを戴いたものですからつい、でも美味しかったです。
やはりウィスキーは美味しいですから...
横山大観先生は、毎日1.2升呑まれていましたから、私はなど
まだたまだです。

87 :名無しさん@占い修業中:01/12/06 00:38
>ほんのボトル一本ほど

体に必要以上の熱量は、霊符メソッド修練者にとって
有害無益なはずだが。

88 :名無しさん@占い修業中:01/12/06 02:47
なんか、トホホったな。。。

89 :名無しさん@占い修業中:01/12/06 04:49
クロウリーだって薬やってたんだからいいんじゃない??(笑)

90 :IWATO13:01/12/06 04:54
>87さん
そんなことはありません。お酒の飲み過ぎは身体に良くないのは
確かですが、真面目に修練すればお酒の熱量以上に身体に熱気を
生じ、巡らすこととなります。
謫仙などの人は大酒のみが多いのですよ。
もちろん私は違いますが...
ただ、呑まれてはダメですね。
皆さんが本当に霊符の玄理や原理を知りたいのであれば
今までの常識の枠から飛び出して、見聞する気持ちが必要
です。「自分のこれだけが真実だ、は良いのですが、他は
受け入れない了見ではとても本物は手に出来ないのではと
思います。
自分の口で味わってみて、食べるか毒か見分けていく、その内
食べなくても自然と解るようになる、学研の霊符も私はそこに
すぐ目がいきちゃんと調べました、それで納得したのです。
人の言葉や姿形に惑わされるのでなく真実を見る目を大切にし
てください。その為には元を探って学ぶ姿勢が大切です。
ヤフーに荒らしのヤエちゃんがいますが、あの人間など侮れな
い男?です。試しに論争をしてみれば解りますよ。
ではまた...

91 :IWATO13:01/12/06 05:23
ヤエでなく、クエでした。
あの下品なクエーーーーちゃんです。

92 :名無しさん@占い修業中:01/12/06 09:26
IWATO13さん
ttp://www.ksky.ne.jp/~blacky/blacky/omajinai/melmaga/12shi.html
ここの十二支は、正しいのでしょうか正しくないのでしょうか
お教え願えませんでしょうか。

93 :名無しさん@占い修業中:01/12/06 11:34
IWATO13さん、人間ぽくて面白いですう〜。

94 :IWATO13:01/12/06 16:42
>92さんへ
今までのを読んで戴ければ解ると思いますが。
まあ、百歩譲って世に溢れている略伝参考図でどうでしょうか?
「こんなのがご符というものなのか。ふぅ〜ん」と感心する。
それで良いのでは、そして、「使えるのか?な、わけないか、
そりゃそうだ本物だったら秘蔵するものな、人に教える訳ない。」と
こころでブツブツとつぶやき一人で納得してしまう。
これでどうでしょうか?

あの〜うれしいような悲しいような、私一応人間なんですけど?

95 :qbl:01/12/06 17:04
>IWATO13さん
 素人の質問に答えていただいてありがとうございます。
 わたしはカバリストなのですが、現代カバラはヨーガや仏教、エジプトの学問を吸収して大きくなりましたが、
なぜか大陸の文化とは交わらずにきてましたので、「進むべき道」を教示していただくのは
ありがたいです。
 それとわたしは「学」「学問」という言葉を「オカルト的な知識体系」として使っていました。
説明もなく言を弄したおかげでお手数をかけました。
 「タブー」について「悲観的な感情は嫌われる」というのはつまり、奉る存在に嫌われるということでしょうか。
カバラでは「対立する存在」としての「悪」。ネガティブな存在があります。邪道な魔術師はその力をもって、
呪符や呪いを扱います。東洋符にはそのような「対立する存在」としての「悪」があるのでしょうか?

 ・・・予断なのですがわたしもお酒が大好きです。西洋のまともなオカルティズムは儀式中の飲酒を敬遠しますが、
古代近代にかかわらず「酒」は重要なファクターでありました。単に健康上の理由もありますが、やはり「酒」は
「魔物」です。飼いならす自身がなければ近寄らず・・・ が基本なのでしょう。
 

96 :IWATO13:01/12/06 18:39
>qblさんへ
西洋・東洋の関係なく正邪は存在しますが、このようなところで
語るべきなのかどうかは少し迷うことが多いのですが。
正神界の霊符に関すれば、対象は人間であり人間の幸福な生活を
願うために、それぞれの分にあった霊力により霊符を駆使します。
ここからが問題発言となりますが、正神界の第一級クラスの中間
管理職的神々は、邪神が悪さをしないように秘儀式を行います。
これは、彼らの○○法などを使用してです。
即ち、陰陽のバランスを取っているわけです。
また、二元的な考えではいつまで立っても善だ悪だということは
続きます。
そこに相手を求めてやまない愚かしさが起こってしまいます。
西洋符の中で、六芒星が良く登場しますが、これなどもその秘儀
が隠されているものです。
東洋系の正法の中にも、呪詛返しが多く存在します。
これなどは、本人の霊力よりも悪心・悪念あるものが強く念じれ
ば念じる程霊力を増し、術者が時を見て跳ね返すものもあれば、
霊符自体が長い年月ため込んで、運気が下がったところで跳ね返
すものもあります。
私なども、解っていてもそのままにしておきます。霊符に任すこ
とも多く、いよいよの時は修法の剣を持って修法しますが、稀な
ことです。注意しなければ人生でなく死に至ることがありますか
らね、因果応報とはいえ可哀想です。
悲観的なことについては、神界での話です。
ではまた....

97 :ぞす:01/12/06 20:27
>IWATOさんへ
機械的=神的存在への畏敬の念を欠くという意味です。
近年の西洋の魔術では、神や霊の存在を前提としない流派もあります。
彼らの論にも聞くべきものはあると思うのですが、私自身はそこまで人間中心には
徹しきれず、結果として中途半端なスタンスになってしまっていることは
否めません。
ただこれは突き詰めると神を信じるか信じないかという信仰論になってしまいます
ので、あえてこの点には触れず、技術論的な話から入りたいと思いました。
符の原理を伺いたいと言ったのはそういう意味です。

>qblさんへ
やっぱりカバリストの方ですか。質問よろしいでしょうか?
対立する存在としての悪について述べておられますがこれについてもう少し詳しく
お教え下さいませんか?私もほんのさわりだけですがカバラをかじったことが
ありますが、私がかじった体系では「悪=バランスを欠いた諸力」という、むしろ
単純な善悪の二元論を否定するような教えだったもので。

98 :名無しさん@占い修業中:01/12/06 23:44
>>90
ただの酒呑みの、弁解がましい言い訳に聞こえる。

99 :IWATO13:01/12/07 00:15
難しい事を言われますね。
咒禁や霊符の謹修に対して、霊的存在を無視して行っているとは言ったところで
結局否が応でも霊的存在者の介入は阻止できないと思います。
現実の世界で、我々がパソコンを機械的に捉えていますが、目に見えないはずの
通信や電気の存在があって成り立っているものではないのでしょうか。
たまたま科学の発達で認識出来るものだから認めてはいますが、認識出来ること
が無ければ摩訶不思議なものです。
霊符も咒禁も未だに摩訶不思議な世界のものだから、神秘的なものとして捉えて
いるグループと単に精神的なものと捉えているグループがいるだけのことと思い
ますが。いずれ解明されれば納得もし本当の活用もできるので....
あとは貴方が自分で体験するしか結論はでないとおもいますけど。
エジソンやアインシュタインが求めて止まなかったことです。
ケイシーガ生きていればもっと上手く説明してくれるでしょうが。

100 :IWATO13:01/12/07 11:57
結論からして、咒禁・霊符だけの問題でなく、政治的意図する所もあったようで
すが、物の考え方が唯物論的に馴らされてきた弊害が起こっていると考えた方が
正しいのかもしれません。
ただ、100%人間性の根本までは変えることは出来ない。特に心ある人間達の
心までは、疑問に感じるその気持ちが強ければ強いほど、これで良いのか、何か
納得できないなどの気持ちが激しくなり、探求心が生まれ、本物志向の気持ちが
動き出す、そこで初めて技術的な物が入らなくてはいけなくなってくる、残念な
のは、結果ばかり見て、この気持ちを大切にしている人が少なくなりつつあると
いうことです。
霊符や咒禁に対してもそうです。物として捉え結果について記述されることにば
かり囚われて、欲が優先して全体を見てない、ただ今の現状に満足出来ないため
物質的な満足感を求めて飛びつく、それを手にできることによって満ち足りた生
活が出来ると勘違いしていることに気がつかない。
まるで貧乏人が、金持ちの真似をして、窮するようなものです。
だから未だにマルチ商法が流行るのです。見極めようとしない、唯物の弊害です。
秘密結社にしてみれば、家畜化に成功したとも言えますが....
事業家であれば解ると思いますが、本当に儲かる商売や方法論は決して人に語ら
ないものです。
これは鉄則ですよ。占いにしろ、まじないにしろ一緒です。
だから口伝が存在する。
>90にある文章に言っているのは、神農になぞられているのであって弁解と
捉えられたのであれば......まあいいですけど。
霊符の元は「五岳真形図」です。これは世に伝わる五つの符ではありません。
あれは、東西南北中岳それぞれの巻の中の1符の略図にしか過ぎません。
他の符も5岳の中の物の略図が伝わっているようですが。
私などは、おそれ多くて書き写すなど思ったこともありません。

101 :名無しさん@占い修業中:01/12/09 07:58
↑ 思ったから書いた言葉でしょうが・・・(~~;)

ところで大宮氏は福寿光無量は清浄利仙君が現界に
授けた得仙秘文だと書いてありましたが・・・
その点はどですか?

102 :名無しさん@占い修業中:01/12/09 09:16
「福寿○無量」わざと字を変えてるらしい。
護符の>341さん出番なんだけどなー^

103 :名無しさん@占い修業中:01/12/09 23:33
>>66様 私も密かにお返事待ってます。
ここに直リンできなければ、護符スレにお願いします。

104 :qbl:01/12/10 01:11
 >IWATO13さんへ
 篆刻の本をいくつか読みました。あの模様の多くは崩し字やディフォルメだったのですね。
 もちろん理解できたものはほんの2、3ほどですし、それさえ正しい理解かどうかは疑問の余地あり、といったところなのですが・・・
 こんなかんたんなこと、と思われる方もあると思いますが、カバラ、元を正せばユダヤ教の学問を学ぶものとしては、盲点になりやすいところなのです。
すなわち「偶像崇拝」にもとずく 

「絵画的思考」が意識しずらいということです。
 ・・・いまさらですが、素人があまりに遠慮解釈なしに問いをぶつけすぎたと恥じています。しかも西洋の門徒がおのれの理論を軸に、ものを語りすぎたともいささか恐れ入るところです。
 若干スレッドのテーマとも違う質問にも丁寧に答えていただいて、感謝もしております。今後はもう少し聞き耳に力を入れようと思いますが、どうにも解らないときは、
また臆面もなく質問をするかもしれませんが、その際はまたよろしくお願いします^O^

<ぞすさんへ
 わたしはここに学びにきているので、拙考をかたるのはきがひけます。
 それに、実はわたしは自宅からではなく、友人宅やネットカフェでこれを書き込んでいるので、出典や根拠をじっくり検討できないので、ご勘弁を。
 スレッドも違いますし、どこかでじっくり語り合えるといいですね。わたしもカバリストとしては門前の小僧に等しい者なので、
そのときは互いにご教授願います。
 ・・・でも少しだけ・・・ 「クリフォト」のことではなくて、「ゲブラー」と「ゲドゥラー」が互いに均衡を保つ「力」。
単純にバランスの良い悪いの状態を「対立する存在」と表現しました。「対立」という表現に誤謬があったかもしれません。わたしの考えも、ぞすさんの考えに近いと思います。

 それではいつ書き込む機械があるか解りませんが、また。




 

105 :qbl:01/12/10 01:14
 うわ! 行がぐちゃぐちゃだあ!
 すいません、まだパソコンに慣れてないので・・・
 失礼!

106 :名無しさん@占い修業中:01/12/17 01:23
age

107 :IWATO13:01/12/31 00:35
仲間から問い合わせのメールがありましたので、久しぶりの訪問です。
どうも私が、偽名を使って荒らしをしていると言うことですが、他人
です。
ハルブという人は知りませんし、身に覚えがありません。
どのような議論を交わしているのかも知りませんが、どなたかその方
に、専門知識のない素人肌相手に議論するだけ時間の無駄だと伝えて
あげてください。
謹修した霊符の威力を素人に判らせるくらいの人と議論しろと....
所詮素人相手に何を言っても無駄ですからとも。

54 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)