5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

♪日本人はなぜ四季の低級さに気付かない?♪

1 :パンピー1号:2001/01/31(水) 22:28
歌詞が歌に全然乗ってない「オペラ座の灰燼」、
著作権故意侵害の偽善ディズニーにカネを逆に払ってまでスピード上演の「ライオンキング」を典型に
台詞も歌も「輸出元」と比較にならない技術不足、演目採用には教養も誇りも感じられない媚びよう。
いったいそんな四季はどこがいいのか、またいけないのか。
観客として、四季として、今後それぞれすべきことを語り合いましょう。




921 :名無しさん@花束いっぱい。:01/12/10 15:54 ID:bt54yZfM
>920
で、舞台芸術が根付いてないのは、どうして四季のせいになっちゃうのか
よくわかりません。

920はただのアンチ四季ってことなのでしょうか?



ウゼーよ、しったか野郎が....
おまえみたいのが訳知り顔してれるとはねぇ、、、、
そう思うと、たしかに日本の演劇界って寂しいんだね。

922 :名無しさん@花束いっぱい。:01/12/12 22:42 ID:lN7vimX2
>921
君はここのスレのタイトルは読めるかな?
本場のミュージカルを知ってしまった人間が四季を観劇し、その陳腐さを笑うと共に
なぜ日本人は本当のミュージカルを観劇しようとしないか?考えるスレだよ。

四季レベルのもので満足できるおめでたい人間は他のスレに行ってくれ。
俺達は君らのスレを荒らすようなことはしない。君達もこのスレだけは四季批判者を
馬鹿にするような言い回しで荒らすのはやめてくれ。

P.S. 君は英会話はできるかな?本場のミュージカルを観劇してから参加してくれ。

923 :921:01/12/13 09:02 ID:r/OjTEU7
>922
ハァ?1見れば、ここが煽りスレって子供でもわかるんじゃ?

で、英会話ですが今では結構怪しくなっています。アメリカには2年間しか留学経験
ないんで。
ただリスニングのほうはまだ結構いけると思ってますが...。

現地で見てるからこそ、欧米至上主義っていうのが分からないのさ。
別に四季が一番なんて誰も言っていないよ。四季が低級って言い切ってる
バカはいっぱいいるけどね。本場というとこで何を見ていたのか聞きたい
のはこちらです(笑

924 :名無しさん@花束いっぱい。:01/12/14 02:03 ID:r4ZpHtwk
>922
なになに英会話だって?プ

925 :924:01/12/14 02:19 ID:r4ZpHtwk
>923
私も会話は全然ダメになったなぁ。
たしかにリスニングのほうは残りますよね。

でも私、英国の固い?感じの英語って苦手です。ドイツ語
かと思ってしまうことしばしば(笑)。


アメリカうろついてたころ普段の会話、リスニングに不自由
しなくっても、映画とか観劇の英語には随分と苦労した
よ。それが普通だっておもってました。違うのかな???

それを思うと、
君は英会話できるかな?
っていう問いかけの滑稽さがよくわかるんだよね。
922さんはリスニングはできるのかな?と問いつめたいね。

ま、演目を選べば会話がわからなくっても楽しめるよね。洋楽
とか聞いててもいいなーって思うのたくさんあるでしょ?それと
一緒っす。機会があればBWやWEで見てみてね。確かにいいものはたくさん
あります。ですが、四季に限らず日本のミュージカル俳優もまんざら
ででもないことが判る場面にも遭遇すると思いますよ。

926 :919:01/12/14 22:18 ID:YQgfZ2dJ
>920
舞台芸術の発展を妨げてきた事について、四季だけの所為では無いけど、
四季にも責任がある所には同意できる。
もちろん一部のファンにも。(大きな劇団にはどこでも必ずついてくるけどね。
これが大多数を占めるようになると始末におえないけど)

社会・文化・歴史的背景を無視して語れる事じゃ無いんだろうけど、
それ語り出すと長くなるからやめとこう。

宝塚のような独特なルールの上に成り立ってる組織だったら別なんだけどね。
勿論、四季が舞台芸術の普及に努めてきた面で評価すべき点も多い。

個々の事象は別として、全体的なレベルと層の圧さでは欧米に遠く及ばない。
観光客相手以外の演目を、地元のシアターゴアーズに混じって観れば観る程
その差に愕然とさせられる。助成金レベルの文化振興活動しかしない国と
政策レベルでそれを実行して来た国とを比較するのは酷なんだけどもね。

日本の俳優達も頑張ってる。頑張ってるけど俳優達だけではいかんともし難い
壁がある。その壁を突き崩す大きな力の1つとなり得るのは、観客の「眼」なんだけど
その重要性は軽視されがちだなぁ、日本では。
観客を育てる事を浅利氏はしきりに言ってきたけど、自分の劇団のあり方が
その妨げに一役買ってる事にジレンマを感じていないのだろうか?
四季のファンを増やす事が、演劇ファンを増やす事とイコールで無い現状を、
あの人は喜んでるのかな?だったら悲しいものだ。

アンチ四季ではないからね。念のため。

927 :名無しさん@花束いっぱい。:01/12/14 23:21 ID:GGrHEtq4
>926

舞台芸術の発展を妨げてきたってどういうことかよく分からないな。
舞台芸術を発展させてきたのは、才能ある個人とラッキーなバックグランド
だったんじゃないかな?どうやって妨げることができるの?


>観客を育てる事を浅利氏はしきりに言ってきたけど、自分の劇団のあり方が
>その妨げに一役買ってる事にジレンマを感じていないのだろうか?
>四季のファンを増やす事が、演劇ファンを増やす事とイコールで無い現状を、
>あの人は喜んでるのかな?だったら悲しいものだ。

そういう言い方はアンフェアじゃないかな?芸能というものへの日本人に意識の歴史
とか、さらには悲しむべき現状に大きな問題があると思うんだけど。

系統だてて書けないことはないけど、俺の言いたいことを次のjargonから読みとって
くれ。(俺の思ってることじゃないことは分かっててね)
河原け、芸能=水商売、サーカス=人さらい、テレビタレント=一時のインパクトが重宝、
Disposableな日本のタレント、芸能=ヤクザな商売、アイドルが幅を利かせる芸能界

ま、まだまだあるけどね。もう寝る。
919さん、おもしろい人だね。

928 :919:01/12/15 01:55 ID:cJu8/EKF
>舞台芸術の発展を妨げてきたってどういうことかよく分からないな。

舞台芸術の発展に寄与する為にやってきた事が、逆に妨げに成り得る要素を
多分に含んでいた、と言った方が確かに分かりやすかったな。それが
四季に因る所と、社会的背景に因る所の両方に於いて悪影響に成りかねない
現実があるってこと。もちろんそれは、現状の日本ではどこでも見られる事で
あって四季のみだけが悪いと言ってるので無いのは、上で言った通りだよ。
規模が大きい分社会的影響が大きいけど、規模が大きいのは過去の努力の成果だからね。
ただ、社会的影響が増大するのに比例して社会的責任も増大していくのは
どの組織にも当て嵌まるので、これに配慮するのは必要に成ってくる。

>舞台芸術を発展させてきたのは、才能ある個人とラッキーなバックグランド
>だったんじゃないかな?

大きな要素だったよね。アンラッキーともいえるバックグラウンドがラッキーに
転じた部分も大いにあったし。

>そういう言い方はアンフェアじゃないかな?

アンフェアかな?浅利氏の演劇界に於ける影響力は強大だし、インタビュー記事や
その行動から、確信犯的な印象を受ける事がままあるんだよね。勿論、全ての責任を
1人に因る物だなんて暴論をぶつつもりはないし、それはきっと分ってもらえると思うけど。

>芸能というものへの日本人に意識の歴史
>とか、さらには悲しむべき現状に大きな問題があると思うんだけど。

それが大きいのは言うまでも無いね。
「社会・文化・歴史的背景を無視して語れる事じゃ無いんだろうけど、
 それ語り出すと長くなるからやめとこう。」
って書いたのはそれは前提としてって意味で書いたから。
その壁を突き崩す力の1つとして「眼」っていうのを挙げたんだけどね。

それ以下の部分については言いたい事は分かるよ。でもそれは日本に限った事じゃ
無いけどね。ただ、それ以外の人が生きる世界が確立されてるかされて無いかの
違いが大きいし、そういう人達は社会的な地位も高いのはある。

最後の「おもしろい人だね」ってのは余計でしょう。小馬鹿にされてるのかと思ったよ。

929 :927:01/12/15 12:48 ID:6iSBKHvX
レスありがとうございました。
919さんの言うことは考えさせられるという意味でおもしろいっていうこと
なんです。表現は悪かったのかもしれませんが、私なりの誉め言葉だったんです。
気を悪くされたようですね。許してください。

今回のレスも考えるきっかけになりました。instractiveというかinterestingという
意味でおもしろかったです。

930 :名無しさん@花束いっぱい。:01/12/15 22:28 ID:zPTNw+FE
>929
小馬鹿にしてたんだろ?いまさら、とりつくろうなよ。
文脈からわかるよ。っていうか、ここのスレにお前は2度とくるな!!

>925
ヒアリングしかできない奴は英語を日本語に訳してるだけなんだよね。
俺は会話する時は英語で聞き、考え、話すからな。
日本語に訳す奴は本場のミュージカルを観る価値なし。最初から四季で我慢しろつーの。

931 :名無しさん@花束いっぱい。:01/12/16 00:47 ID:E+5MguOg

 プ

932 :名無しさん@花束いっぱい。:01/12/16 08:34 ID:7b9gSTAU
922だが
>923
>現地で見てるからこそ、欧米至上主義っていうのが分からないのさ
現地で変なもの観てるんじゃないの?東洋の田舎者と馬鹿にされ、なめられていない?
>926
おおむね同意。日本の舞台芸術は急激にブームになった。これは四季の成果であり、罪でしょ?
>930
同意
>931
君は論外

933 :名無しさん@花束いっぱい。:01/12/16 11:16 ID:159e9WJg
930こそ逝け。あんなパ栗のお遊戯レベルの見てて本当に
面白いとおもっていらっしゃるのですねぇ。ぷぷぷ

英語で考え話すってすごーいい!自分がすごいって思ってるとこが
またまたすごーい!あっはっはぁ〜

934 :名無しさん@花束いっぱい。:01/12/16 21:46 ID:IuNrXlRQ
>932
話しはそれるが、東洋の田舎者のほうが、本当の国際人だと考えた
ことはないのかい?君のいう国際人ってどんなのか聞いてみたいね。

まさか欧米人らしくふるまい、英語で考え英語で話すことだなんて
言わないでくれよ。


私もリスニングしかできなくなりつつあるくちだねぇ。口からは出なく
なってきたよ。でも聞きながらでも英語で解釈しているよ。君の言ってる
ことは、少なくとも私にはあてはまらないみたいだよ。

935 :名無しさん@花束いっぱい:01/12/16 22:42 ID:F+kKN1hf
「夢から醒めた夢」観たよ。 ファンの間でも評判の作品らしいので。
正直期待してなかったけど、いや〜、想像以上に良くてビクーリしたYO!
四季は、小学校の時に何かを観て以来で、大人になってからは
ずっとヅカ路線走ってたからなぁ。
みんな歌もとても上手かったし、ダンスとかは文句なしかも。
ダンスシーンの後に歌うのは絶対しんどいと思うけど、それをちゃんと
やってのけてるのがすごい。
主役級の人々はもちろん、あれほどアンサンブルの質が高くて
コーラスもすごくきれいでまとまりがあって、感心したよ。
ユーモラスで笑えるシーンあり、暖かな気持ちになって泣けるシーンあり、
とにかく感動できる作品だと思った。ストーリーも良かったしね。
もし「低級」劇団なら、あれだけの舞台はできないって。

936 :名無しさん@花束いっぱい。:01/12/16 23:27 ID:yS5oNYmK
ここにいる人の話を聞いていると、フィギュアスケートの伊籐みどりの
ことを思い出したな。

どんなに回っても高くとんでも、芸術点とかいう西欧基準のあいまいな点数だけは
高得点をもらえなかったんだよな。

まあ、四季をはじめ日本の演劇界でどんなにがんばっても、西欧人ヅラした低能な
日本人には認めてもらえないってことさ。違うかな?


日本のポップス、ロックはすべて欧米のものまねでオリジナルをこえるものは
なにもない、とかいわれてた10数年前の音楽界にも同じような現象があったね。

共通するのは、『しったか顔した奴らがいた』ってことだね。

937 :919:01/12/17 03:15 ID:vpNmq5C9
>932

>日本の舞台芸術は急激にブームになった。これは四季の成果であり、罪でしょ?

急激なブームを呼んだ事は成果の1つだけど=罪と言ってしまうのは、ちょっと
違うと思う。ただ単にイコールで結んではいないんだろう、と言う事は察しがつきますけど。

ミュージカルが根付いてない状況での、集中した公演の連続というのは、
その公演をし続ける事自体困難だったろうけど、逆に言えばチャンスでも
あったよね。結局、困難な状況をチャンスに変えるだけの、組織としての体力と
運営の成功があったればこそだから。
ただ、組織が大きく成るにつれて払わなければならなかったであろう社会的配慮に
欠けていた一面があったと言う意味で、罪が有るとは思う。

四季の人間が自分の劇団に誇りを持つ事は至極当然の事だし、必要な事だとも思う。
広報部からすれば、どれだけ実力をアピールし、素晴らしさをアピールするかが
命題であるだろうしね。ただ、その中で自浄作用が少しでも衰えると組織としての
停滞が始まるのも事実だよね。

それに輪をかけるのは「評論文化」が確立されてない事だと思う。
映画に関しても言える事だけど、いわゆる「権威ある評論家」というものの存在が
極めて少ない。演者・制作者からすれば時として憎むべき相手だけど、その存在は
必要不可欠だよな。

もう1つの大きな要因は、四季に対抗出来る程の巨大な劇団が存在しない事。
(対抗出来ないと言うのはあくまで規模の事についてであって、小さな団体で
 良質な作品を創り続けてる所は多数存在するし、それを貶めるつもりは毛頭無いよ、
 念のため)
劇場自体が密集してる事や、役者組合い、観客の人数、値段をおさえた上での長期公演
その他色々な条件が揃わないと、劇場・演目ごとの無期限ロングラン公演は困難であるから
日本ではまだ難しいだろう。(全く無理ではないけど。サイゴンの成功の意義は
非常に大きかったと思う。でも、あくまで非常に上手く行った例の1つでしか無いのが
悲しいけど)

938 :919:01/12/17 03:16 ID:vpNmq5C9
ここで惜しまれてならないのは、旧音楽座の解散。良質なオリジナルミュージカルを
(ロイヤリティが必要無いのもあって)比較的安い値段で提供し続け、徐々に
全国展開も始めて、急速に支持者を集め始めた矢先の解散劇。
四季とは違うスタンスで活動し、ある意味対極に位置しながら拡大をしていたこの劇団の
解散は、ミュージカルの普及に関して多大な損失だったと思う。

どの劇団のファンの間でも見かける「つまらないなら観なければいい。そう思う人間が
多くなればその劇団が解散するだけ。」という言葉。これには同意しかねる。
勿論、始めから観劇対象を腐すつもりで見る事はもっての他であるし、論外だ。
それは文字通り金と時間をどぶに捨てる行為だろう。

なぜ同意しかねるかというと、小劇場系の劇団ならいざ知らず、四季ほど規模が大きくなり、
また大きくなるまでの努力や活動方針から、ミュージカル=四季という図式が日本中に
浸透している状況があるからだ。東京や大阪近辺ではこの図式にはまらない人も
(演劇ファンの間では)それなりにいるが、四季しか回ってこない地域でのこの図式は、
現状では確立されてる。

でも、あくまでも四季は一劇団なんだよね。

小劇場の劇団でもそれぞれが「色」をもってるよね?それは、そこに集う役者の個性や
運営方針・訓練方等、様々な要素によって構成されるけど、中でも演出家の影響力は
絶大なのは言うまでも無いと思う。どんな劇団でも演出家を他所から招くと、全く
異なった「色」を放つのは、四季以外の舞台を観る人なら良く分かるよね。
色々な演出家・スタッフのもとで仕事をする事、色々な演出家・スタッフのもとで仕事をしてきた
経験豊富な役者と仕事をする事は、役者としての幅を広げるのは確かだ。経験豊富な役者
という事で言えば、出入りがあるので現状でも多少はある。
四季にも浅利氏以外の演出家はいるが、あくまで浅利氏の支配下での演出活動だから
他の色が出てくる事が少ないし、四季のメソッド(演劇の教育メソッド)も画一的な「色」の
一因にはなってる。

939 :919:01/12/17 03:17 ID:vpNmq5C9
「でもそれは好みの問題だし、四季が四季の方法でやるのは悪い事じゃ無いでしょ?」
と言われればその通りである。顕著な母音発声は細かな感情の表現に支障がある反面、セリフを際立たせ
聞き取り易くするし、徹底した没個性の演出は、役者個人の主張をおさえて、作品自体のテーマ(あくまで
演出家が考えているテーマだけど)を全面に押し出す場合もある。
じゃどこに問題があるかと言うと、四季こそが本格派のミュージカルであり、質に於いても常に
日本一であるという意識を確信犯的に植え付けてきたきらいがあることと、その事を(比較対象が少ない為に)
無条件に受け入れざるをえない状況があった事になんだよね。
四季が(一般的には)日本のミュージカルの基準になってしまった事に、四季の多大な功罪があると思う。
強大な影響力を持つものは謙虚であるべきだと思うし、社会的影響力が大きい者は、その分社会的責任も
増大するわけだから。932さんの言いたい事もこれに同じなんじゃ無いかな?

ここで誤解して欲しく無いのは、私自身四季の会に入ってる一ファンだし、四季の舞台を観に行く時は
常に期待を持って観に行ってるって言う事。ただ、四季が常に、総合的な面で一番素晴らしい劇団だなんて
思わないし(演目や、キャスト、その日の状況にもよるし)他の団体や作品に於いてもその態度は変わらない。

940 :919:01/12/17 04:09 ID:vpNmq5C9
938のこの部分、ちょっと文がおかしかったから訂正。

>なぜ同意しかねるかというと、小劇場系の劇団ならいざ知らず、四季ほど規模が大きくなり、
             ↓
>なぜ同意しかねるかというと、小劇場系の劇団ならいざ知らず、四季は規模が巨大になり

941 :919:01/12/17 04:11 ID:vpNmq5C9
>936

>まあ、四季をはじめ日本の演劇界でどんなにがんばっても、西欧人ヅラした低能な
>日本人には認めてもらえないってことさ。違うかな?

それは違うと思う。上でも述べた通り、個々の事象は別として、全体的なレベルと層の圧さでは
欧米に遠く及ばないとは思ってるけど。
筋肉の付き方、彫の深さや生活習慣から来る表情の豊かさ及びボディランゲージの豊かさ、それらが
西洋人の芸術的感性の琴線に触れるというのはあると思うし、日本人の心にだってそういう面に心惹かれる
部分があるでしょう。
だが、筋肉の付き方、身長に占める手足の比率、彫の深さは民族的にはいかんともし難い。
けれども、逆に身体の小ささや手先の器用さを生かした表現法法も沢山あるし、何より、日本で育った
日本人にしか感じる事の出来ない感情は、日本人にしか表現出来ないものなのだから
作品が輸入物であれ、そこに日本人による解釈と日本人による表現が存在すれば、それは心を震わせる
物になる。そういった作品に出会った時は素直に感動するし、日本人がやってるからなんて理由で腐す事は
絶対にしない。逆に、外国人が演じている舞台であっても、日本人的な視点から解釈し咀嚼して感動も
出来る。(というか個人の育ってきた環境の視点から、と言った方が誤解がないかも知れない)

役者達は必死に頑張ってる。じゃあ、どこが遠く及んで無いと思うかっていえば、それは個人個人の
役者の責任は少ないと思うよ。日本の社会・歴史・文化的背景、日本の演劇界及びそれに対する社会・歴史・
文化的背景の方にこそ大きな理由があるんだから。それは日本のミュージカルの歴史がまだ浅いという
直接的理由だけじゃ無く、欧米の政治に於ける演劇の歴史的関わりや、オペラ・クラッシック等の
音楽的地盤の違い、明治以降、国際的に交流の深かった諸外国の音楽事情等、他にも挙げきれ無い位の理由が
あるんだから。

一番分かりやすく身近な例で言えば、日本では、役者の初歩的で基本的な演劇の教育メソッドまでが各劇団や
演出家に託されるのと違って、欧米では、初歩的で基本的な演劇の教育メソッドが共有の知的財産として
確立されてるんだよね。それに加えて役者や演劇の社会的地位も高く、バックアップもある事から
裾野が広く層も厚い。
ただ、身近である分皆の評価が厳しく、厳しいが故に更に磨き上げられてきたんだよね。
数億(今では数十億単位)の予算と何年にも及んで準備万端整えてきた舞台が、初日の次の劇評欄で酷評され
ただけで1ヶ月もたずクローズなんて事もある位、観客や評論家の「眼」は厳しいし、それらの評価が尊重
される程舞台芸術の分野は成熟してる。これがオフやオフオフになれば一日、酷い時は一幕目終わりで
クローズなんて事だってある。

942 :919:01/12/17 04:11 ID:vpNmq5C9
>日本のポップス、ロックはすべて欧米のものまねでオリジナルをこえるものは
>なにもない、とかいわれてた10数年前の音楽界にも同じような現象があったね。

ミュージカル・ストレートに於いて、日本人の手による素晴らしい舞台は既に沢山あるし、
それは周知の事実だから物まねばかりだなんて愚にもつかない事は思ってないよ。
ただ、四季に関してはファミリーミュージカルの佳作はある事だし、それ以外
(戦争ものも)でのオリジナル作品に貪欲に取り組んでいって欲しいという願望はある。
それだけに新作の製作についての前向きな姿勢が見られた時は嬉しかった。
あと四季に期待したいのは、浅利氏とは全く異なったタイプの外部演出家を招く事と、
上演してない作品の版権を、積極的に他に貸し出して欲しいという事。
劇団外の役者達と演出家による作品の上演は劇団にとっての刺激にもなるはずだし、
純粋に一演劇ファンとして、他の演出で観たいとも思う。

>共通するのは、『しったか顔した奴らがいた』ってことだね。

もし自分の意見を、意見として主張したいなら、こういう煽りと取られかねない表現は
マイナスだと思いますよ。

943 :名無しさん@花束いっぱい。:01/12/17 15:17 ID:h47ge4eb
もったいないからageなよ

944 :名無しさん@花束いっぱい。:01/12/18 08:44 ID:AjyMTCnm
音楽座を潰したのは、浅利慶太でしょ?

945 :名無しさん@花束いっぱい。:01/12/18 10:50 ID:XJUmp/5z
>944
金儲けに走り出し 脱税したからだよ>音楽座解散
知らないわけないよね 944たんはネタだよね
ネタを信じる人もいるから 書いとくわ

946 :名無しさん@花束いっぱい。:01/12/18 17:00 ID:RtPH3pJC
正確には親会社だよ。スタッフ・キャストには晴天の霹靂。

947 :名無しさん@花束いっぱい。:01/12/20 15:16 ID:9YBmzBng
役者やスタッフはある日いきなり召集かけられて「解散します」と親会社の
使者に言われたのさ。
でも一部のファンの間で規模が拡大しはじめた音楽座が目障りになって
きたのでアサリさんが裏から手を回した・・・という話が広まったことは
あったね。

948 :名無しさん@花束いっぱい。:01/12/21 03:34 ID:R+E7MUMx
http://salad.2ch.net/test/read.cgi/siki/1008873208/l50
新スレ。980近くまで逝ったらこちらへ。

949 :名無しさん@花束いっぱい。:01/12/22 23:40 ID:lEFM4yZz
いまさらなんだが・・・
>930

>ヒアリングしかできない奴は英語を日本語に訳してるだけなんだよね。
>俺は会話する時は英語で聞き、考え、話すからな。
>日本語に訳す奴は本場のミュージカルを観る価値なし。最初から四季で我慢しろつーの。

英語で聞き、考え、話す奴で、リスニングのことを謎〜な日本語の“ヒアリング”って言うやつに
出会ったのはじめてなんですけど(笑)
あなたホントに英語で聞き、考え、話す人なの?

まさか、【日本語に訳す奴は本場のミュージカルを観る価値なし。最初から四季で我慢しろつーの。】に
適合しきってる人じゃないかな?(藁(藁(藁(藁

950 :名無しさん@花束いっぱい。:01/12/26 16:29 ID:Tq6DeHTf
マネージメント能力はあるのでしょうね>四季。
四季でしかALW作品を観ることが出来ないことは
この上なく不幸なことだと思う。
まあ海外へ観に行けば住むことなのだが。

951 :似非930:01/12/26 22:56 ID:wq8hshK1
>>949,
英検4級をばかにするなぁ〜。
ううう・・・。

952 :名無しさん@花束いっぱい。:01/12/29 21:17 ID:Zz+/LzFz
>949、951
なぜ、四季のファンって粘着質なのかな?
それに、陰湿だし・・・・
オタク系ってこれだから。。(アッ!!言ってしまった♪♪)

953 :名無しさん@花束いっぱい。:01/12/29 21:18 ID:+xj0UgjH
粘着なのは、いつまでもここで揚げ足取りしてるアンチのほうだと思われ

954 :名無しさん@花束いっぱい。:01/12/29 21:20 ID:YVZPtgjm
古スレageるあんたこそ粘着質だろーが(ワラ
新スレでやれ厨房

955 :名無しさん@花束いっぱい。:01/12/29 21:41 ID:Zz+/LzFz
だから、ここはアンチのスレなんだって!!
信者は仲間内のスレがあるじゃん。そっちで持ち上げてくれよ。
逆に俺達が、そっちのスレに行って主張をカキコしようか?

956 :名無しさん@花束いっぱい。:01/12/29 21:42 ID:YVZPtgjm
大分頭が悪いらしいです。この人。

957 :名無しさん@花束いっぱい。:01/12/29 21:51 ID:Zz+/LzFz
>956
まあ。1000までスレを続けようか?
オタクちゃん。
祭りもたまにはイイカモ

958 :名無しさん@花束いっぱい。:01/12/29 22:01 ID:YVZPtgjm
久し振りのキティガイちゃんやな・・・・
じゃあ聞いてあげるよ。あなたの論述を。
あなたは、何が好きなのか、そして、四季の低級だと思う点をそれぞれ
1000まで続くくらい素晴らしい論理的意見をお持ちのようだから。

959 :名無しさん@花束いっぱい。:01/12/29 22:31 ID:rhuuLeGk
新スレがマターリになっちゃったのが気に食わないだけと思われ。
報知。

960 :名無しさん@花束いっぱい。:01/12/29 22:40 ID:Zz+/LzFz
俺はキティガイちゃんだが、四季も観る舞台ファンだ。
海外にも行くしストレートもヅカも観る。
少なくても日本の中じゃ技術力はあるほうだろうなぁ、四季は。
表現力は別としてだ。(7.8年前までは個性も、表現力もある人が
沢山いたよな。)
営業力にも優れてるが、それは長年の努力と経験の蓄積の成果だから
批判すべき物ではないな。(ま、だれも批判はして無いか)
創造力に関しては、確かに今の所結果は出て無いか。ただ、オリジナルも
皆無じゃ無い。本数だけ見れば結構な数の作品があるんだけどな。
確か、海外に遠征にもいっているよな?四季ファンの方。
李紅蘭とか、JCSのジャポネスクとかだったか?評判は解らんが。
オリジナル物への挑戦は、これからも続くんだろうから、頑張ってくれ
としか言えない。専用劇場もある事だし、そこいら辺を有効に使ってほしい。

ヒット作のカバーについては、別にやめる必要なんて無いんじゃねぇの?
需要もあるし、何より、元がどの国の物であれ、大切なのは発信者(表現者)
と受け手の心が存在する事だからな。どの作品でも、その国のパフォーマーの
解釈の仕方、受け手側の解釈の仕方(どちらも人の数だけあるって事は
今更俺なんかにいわれるまでもないだろ?)が存在するんだ。その国の
文化や歴史に根ざしているであろう物がな。外国の作品は外国人にしか出来ない
と言うなら、それは全ての国のパフォーマーや受け手を馬鹿にし過ぎだと
思うんだが。
そういった意味では”The PHANTOM OF THE OPERA”と”オペラ座の怪人”は
ある意味別な作品なんだろうな。大体、原作だってイギリス人じゃないだろ。
ま、良い物が観たいって言うだけなんだ。音楽座にも四季にもヅカにも
東宝にもスイセイにもホリプロ、その他諸々にも頑張って欲しい、それだけだ。
だから、君のキティガイちゃん発言は、みてて辛いぞ。

961 :名無しさん@花束いっぱい。:01/12/29 22:55 ID:Zz+/LzFz
もう、俺みたいなキティガイちゃんが書き込みしない方が
いいのかな?ま、とりあえず、書くだけ書いてみようか。最初に断っておくが、俺
は特定の劇団の熱烈なファンじゃないよ。嫌いな所もない、ただ、舞台そのものが
好きなだけだからな。そんな人間が感じてる、一個人の感想だ。

何から言えば誤解を受けないものか...じゃ、四季が技術力がある方だと思う点につ
いて。”発声”に関しては、ある程度のレベルを保ち続けてると思う。高音でののび
や、声量がある人って今でも一杯いるよな。あれは聞いてて気持ち良いものがあるな
うん。でも、”発声”の技術力の真価が出るのは、そこじゃないよな。四季が”声”
に関して安心して聞いてられるのは、中低音の声が安定していて、響きも落ちない、
という点だ。ここがキチンとしてない劇団は、実は結構多いよな?皆さん。
四季を揶揄する言葉で”芸大ミュージカル”ってのがある。発声練習を聞かされてる
みたいだ、という人もいる。それらの気持ちも良く分かるんだ。表現力(演技力)の
問題だよな。セリフの部分とベルカント発声の人はちょっとよけて話した方が、話し
が混乱しないかな。(歌ってる時に棒立ちになり、歌だけに集中して、表情や動きが
疎かになる人は論外なので除外。でも悲しい事に色んな所で目にする。四季の役者が
割り合いで見ると多い傾向にあるようで、そこが四季嫌いな人が挙げる理由の一つ
でもあるようだな。)

ネットでは色んな所で目にする、四季独特の発声法が原因でそう言われてるよな。母
音だけで、ワン!を歌うシーンがTVでも流れてたな。
誤解を恐れずに物凄い荒っぽい分け方をすると、ミュージカルには2種類のタイプの
役者がいるよな。歌声で聞かせるタイプと、まるでセリフを喋ってるように歌うタイ
プと。例を挙げると、前者が山口佑一郎氏(反対多そうだな。藁 まぁ有名所とい
うことで勘弁な)で後者は市村正親氏でよろしいか?
市村氏は顕著な例だが、光枝氏みたいな”歌声”自体に感情を込められる人が少なく
なってしまったのは事実としてあるよな。
ここで気をつけなきゃいけないのは、歌声で聞かせるタイプ=綺麗に安定した声で歌
を歌える人じゃ無いって事なんだよな。そんなこた、お前なんざに言われるまでも
無く、分かってるわい!と言われそうだが、まあ、その突っ込みは無しで。(藁
恐らく四季ファンなら御存じであろう、ロンドンオリジナルキャッツのグリザベラ
イレイン・ペイジ。彼女はWEを代表する女優の1人で、歌声で聞かせるタイプなん
だけど、果たして彼女の歌を聞いて、何の感情も感じられないと言う人がいるだろ
うか?歌い出しの声の震えも、息使いも、touch me!からの狂おしい程の感情の爆発
も素晴らしい。他の人がやるグリザベラを海外で何度も目にした。やはり素晴らしい。
(日本のキャッツと、海外のcatsは別の作品なので、演出や内容をとやかく言ってる
 のでなくて、あくまで、歌声と感情の表現についてね...)

962 :名無しさん@花束いっぱい。:01/12/30 00:58 ID:2TkaNp2a
「少なく“て”も」って書いちゃう人、他スレでもいたね。

963 :名無しさん@花束いっぱい。:01/12/30 00:58 ID:o4RtuRYP
四季でも色々な人のグリザベラを観たが、残念ながら満足出来る人に出会った事がな
い。(個人的にね)  メモリーでの、歌い初めと感情の爆発の差が少ない事、
お願い〜♪からの最高音で後ろに引いてしまう歌い方に、どうしても感情が萎えてし
まうから。あれは、いくら音量を上げてみたところで補えるものではないな、引いた
時点で音質が変わってしまうから。
高音で裏声に逃げる人は、四季よりも他の場所で目にする事が遥かに多い。かなり
気持ちが萎える。いや、それが舞台の内容として必要で、効果的であるなら誰も文句
は言わない。単に、”逃げの技術”として使う人が多いから萎えるんだよな。しかも
ちゃんと出ない...安定もしない...。
BWに修行に行ったとある役者さんが、歌のクラスで最初に言われた事。「ここは、
初心者のクラスじゃないわよ」...高音の発声についてだったそうだ。日本では
一線で活躍してた役者さんなんだけどね。

日本では、BWやWEでは当たり前の、地声でのミュージカルに適した発声法を、きちん
と指導出来る所が少ない。戦前からドイツとの交流が盛んだったせいもあるのだろう
か(詳しい事は分からないので、どなたか解る人がいたら教えて欲しいんだが)音
楽全般に関して、ドイツ・オーストリア至上主義的な傾向が日本の音大にはある。
今は大分そんな傾向も無くなって来たが、例をあげれば、未だにベルカントなんかは
貶められる所がある。(勿論、学校とか指導者にもよるようだけどね)

話がそれてるな...修正しなきゃな...

じゃあ、四季の発声がそんなにいけないのか?この点に関しては、アンチ四季の人達
が言う程、批判しようなんて思わない。細かい感情の表現に差し障りがあるとは
思ってるけれどな。
東京の色んな劇場や、周辺の地方劇場で頻繁に観劇する人間は、少なからず”音響”
について思う所があるんじゃない?もともとが他目的ホールだから、必ずしも舞台
向きでは無いよな。加えて、日本語っていうのは咽を使って話す傾向が強いうえ、
音がこもりがちだ。多少不自然な位、演技したり歌ったりしないと何を言ってるか
解らない。内容が理解出来ない、こんなにストレスが堪る事は無い。
シラノを元赤坂ミュージカル劇場で観た時、あまりの歌詞の聞き取れ無さ具合に頭に
きた事があった。音響の良い劇場とは言い難いが、四季の舞台の上演中は一度も
感じた事が無かったものだ。まあ、あれは発生方では無く、音響の腕と、訳詞のせい
だったんだが。(訳詞の内容は良いものだったんだと思う。何度も観た友人は、いた
く気に入っていた。ただ、聞き取りづらい歌詞ではあったとも言っていた。四季の、
浅利氏の訳詞を全面的に指示するつもりは毛頭無いが、此の点の観客に対する配慮
には、他の団体も見習う点があるんじゃないかなぁ)
今の東宝は、音が酷い。レ・ミッズ初演の時は、耳を劈く程の大音響で、それはそ
れで問題があるが、6、7年前からの音のつくり方はそれ以上に閉口する。役者の声と
音楽とのバランスが悪いし、全体的に音を絞り過ぎて小さすぎる。ラ・マンチャ、
屋根の上のヴァイオリン弾き、回転木馬、etc,etc......あれでは役者が気の毒だ。

964 :名無しさん@花束いっぱい。:01/12/30 01:35 ID:uvxmBMra
>>154-156のパクリじゃないか。

965 :名無しさん@花束いっぱい。:01/12/30 01:40 ID:uvxmBMra
あと>>144

966 :名無しさん@花束いっぱい。:01/12/30 01:55 ID:KKprdkJo
まーさ、144さんのレス内容はうなずけるけどさ。

967 :名無しさん@花束いっぱい。:01/12/30 08:08 ID:o4RtuRYP
>964
本当に、(株)四季のファンって粘着質だね。
俺の意見は書いたよ。俺だって同じことを2度書くほど暇じゃないし・・

昔、顔のでかい短足のコーラスラインを米国の友人と見に行った時、恥ずかしかった。
彼の感想はファンタスティックだって。。この事実に関して君の意見を聞きたいな。
せめて5行は書いてね。

968 :名無しさん@花束いっぱい。:01/12/30 09:14 ID:MhZFRwfG
でも967=144じゃないでしょ?あなたの意見はどれなの?レス番教えてよ。

969 :名無しさん@花束いっぱい。:01/12/31 22:19 ID:Zy0RwLoW
人の投稿を盗用しないでください。
つらいです。

970 :名無しさん@花束いっぱい。:02/01/02 23:38 ID:uw1p7s1F
実況スレ(メチャイケの特番)を見た。
シキヲタはこの板ではハバをきかしているが、
世間ではウザイ、ネクラな奴だと思われていることを
改めて知った・・・

243 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)