5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

持家、賃貸どっちがとく?

1 : 1:01/12/27 03:15
30のサラリーマン。マンション買おうか迷っています。でも、今週の
日系ビジネスでも「マイホームが危ない」とか特集されてるし、持家は
政府の政策に洗脳された厨房のためのものとも言うし。金融的に考える
と実際どっちが得なの?

2 : :01/12/27 03:49
デフレの時代にローン組んでマイホーム買う人はアホ。
買うならキャッシュで買おう。でも、今後中古市場の売買が
活発化してくると、相場は暴落するからやっぱり買わないが得。
結局、賃貸が得。

3 :  :01/12/27 04:00
借地借家法の影響で、今後は良質な賃貸物件が
どんどん供給されるだろう。長期的に見れば、
賃貸のほうがやはりいい。定年したら、海外で
しばらくゆっくりすごすとかもできるしね。

4 :名無しさん:01/12/27 05:54
あるにこしたことはない

5 :5:01/12/27 06:23
日本は人口が減っていくだろう。そうなれば一次取得者も確実に
減っていく。逆に二次所得者は横ばいか良くて少し増える程度か?
この二次所得者のニーズがどこにあるかが重要に思える。
これをつかめないと住宅不動産市場は長期下落傾向となる可能性が
高いといえないだろうか。
この懸念があるのに何十年ものローンを組む事はリスクが大きいと
思う。

6 :5:01/12/27 06:28
まあ二次取得者の割合が増えるということは小型化が進むとも
いえるね。

あとローンについても30年ローンを低金利で組んだとしても、
利息に元金の半分くらいを払うわけでしょ。オレは宝くじでも
当ってキャッシュがいきなりできるようなことでもないかぎり
家を買うつもりはないな。
でも何が何でも家を持っていろんなことをしたいという願望があれ
ば別だけど・・。

7 :   :01/12/27 06:36
すでに成長期をとっくに終えた日本の社会で買い替えを期待し
て(キャピタルゲインを期待して)住宅を購入するのは常識外
れもいいところ。借金して住宅に投資するなら、利子を銀行や
公団に払うよりも、もっと有利な投資先があるはず。だいたい
金利があがったらどうするのよ。買うなんて、まさにハイリ
スク・ローリターン。いいかげん持家の呪縛から目覚めろ!!

8 :   :01/12/27 06:36
>>4
???厨房ですか???

9 :名無しさん:01/12/27 07:18
買えない奴のネタミスレか(プ

10 : :01/12/27 07:36
ローンって10年が標準だろ。
引っ張って20年。
35年ローンとか商品として
存在してるのが驚き。
やっぱ、好みがあるから住宅買うのは馬鹿、賃貸がよい
とか言っても始まらんだろ。注文住宅の場合はな。

11 :   :01/12/27 09:06
>>9
まともに考えて変えない奴が、買ってしまえる現状が、
おかしいと思われ。

12 ::01/12/27 09:10
まあ、注文住宅はとりあえず置いておいて、持家にする一般的な理由
− 持家は資産になるから買う。
− 賃貸の家賃は無駄である。
− 家をもってはじめて一人前である。
− 低金利だからローンがお得。
これらについて、どう思う?

13 :名無しさん:01/12/27 09:23
ローン組んで金利を払うのは馬鹿馬鹿しいという人がいるが、
賃貸住宅の場合でも、金利を間接的に払っていることに気づいているのか?

14 :名無しさん:01/12/27 09:45
> 持家は資産になるから買う。
持家はローン完済後も固定資産税やメンテナンス等のコストがかかるため、
金を産まないものは資産ではなく負債なのでは?

> 賃貸の家賃は無駄である。
無駄というか賃貸契約を交わし、そこに住むんだから
必要経費でしょう。

> 家をもってはじめて一人前である。
戦後、国策で刷り込まれた認識に過ぎないでしょう。
戦前は貸家住まいの人が多かった。

> 低金利だからローンがお得。
低金利が続けばよいけど、いつかは金利はあがるよね。

でも、私は持家買ったよ。
前は貸家だったが、貸家は自分が納得いくようなリフォームもできないしね。
低金利のうちに繰上げ返済しまくる予定。
単純に損得勘定で言えば、賃貸>持家だと思うけど、
精神的な付加価値を考えれば持家>貸家でしょう。

15 :名無しさん:01/12/27 09:48
家買っても近所にDQNが居ると悲惨だよ。
難癖つけられて壁の塗り替え3面しか出来ない家とか実際にあるし。

16 :名無しさん:01/12/27 10:11
持家の不利な点
− 中古の資産価値が低いため、住み替えが難しい。
− 周囲の環境が悪いことに後から気づいても遅い。
− 修繕費・固定資産税等取得・保有コストが馬鹿にならない。
− 将来の所得が下がった場合の融通が利かない。
− 地震・欠陥住宅などのリスクを保有者がかぶる。
− 金利が跳ね上がったときのリスク。
賃貸の不利な点
− 戦後の持家政策の為、良質な物件が供給不足。
− リフォームなどの融通が利かない。
・・・家賃とローン返済は同列には語れないね。

17 :名無しさん:01/12/27 10:28
金銭面ではどうかな?
家を購入-売却と総賃貸料を比較すればいい。
資産劣化価格+諸経費と賃貸料なら意外に差は無いだろう。
16の指摘も考慮すれば明らかに賃貸の方が有利だと思う。
環境の変化が激しい時代だから持ち家の不利な点が大きくなるだろう。
大半の人は一度、建てたら、もう死ぬまでそこに住むしかないことも考慮しよう。

18 :名無しさん:01/12/27 10:53
インフレになれば、持ち家の圧勝

19 :Think or Die!!:01/12/27 11:03
http://homepage1.nifty.com/masada/life/myhome.htm

20 :名無しさん:01/12/27 11:06
賃貸の場合、賃貸料金のみならず2年ごとの更新や、
新たに引越した時に敷金・礼金払ったり等で、結構金かかるぞ。
クルマ持ってると駐車場代も必要だし。
賃貸物件に長く住むのも、メンテナンス代をどっちが持つかでもめるしな。
それこそ大家や不動産屋やDQNだと最悪。経年劣化を敷金で直そうとする。

21 :名無しさん:01/12/27 11:18
>賃貸の不利な点
>− 戦後の持家政策の為、良質な物件が供給不足。
定期借家制度が市場に浸透してきたら、様子も様変わりするだろう。
それによって、敷金・礼金などの持家政策の悪弊も徐々に改善され
るだろう。少なくとも10年後にマンションを購入する率は大幅に
減るはずだ。そのころには、若年家族が臨機応変に住まいを買えて
ライフスタイルの変化を楽しんでいるのに対し、中間管理職以上は
相変わらず、単身赴任に絶えながら住宅ローンのために生きる人生
を強いらる図が思い浮かぶ。今の時代、マンションの購入は少し辛
抱して様子を見たほうがいいのではないか。

22 :名無しさん:01/12/27 11:31
>>21

中間管理職以上は相変わらず、単身赴任に絶えながら
住宅ローンのために生きる人生を強いらる図が思い浮かぶ。

単身赴任の最大の理由は、「イエ」ではなくて「コドモ」

あと、「将来的に定期借家制度が浸透する」という仮定を置くのであれば、同様に
「人事制度の変化によって、転居を伴う短期的なサイクルの異動は減る」ということに思い至ってもいいはず。

いずれにしても、「持つリスク」と「持たないリスク」の両方に目を配って議論すべきところを、
ひとえに後者にだけ目を奪われるようであれば、マスコミの「逆煽り」と何ら変わるものではないね。

23 :名無しさん:01/12/27 11:40
定期借地に自分の好きなように家建てるのが、ちょうど良い落とし所かな?
まだ定借物件少ないけど、増加傾向にはあるよね。

24 :名無しさん:01/12/27 11:45
http://homepage1.nifty.com/masada/life/myhome.htm
http://www.toyotrustbank.co.jp/j/j831.html#3-1
わが国の経済や住環境に、さまざまな影響を与えると期待される定期借家
権であるが、その効果は法施行後すぐに出るものではなく、制度が広く国
民に浸透しながら、時間をかけて発現してくることになろう。経済企画庁
も「未来を切りひらく緊急経済対策(97年11月)」の中で、定期借家権導入の
経済効果が出尽くすのに20年かかるとみており、法施行とともに借家市場
に供給が急増するということはないであろう。しかし、空家となっている
優良な住宅ストックが賃貸物件として早い段階で市場に出てくる可能性は
高く、従来は小規模な物件がほとんどであった借家市場に、多様な物件が
供給されることに大きな意義がある。
住宅関連の企業は少しずつではあるが、定期借家権導入後の住宅市場をに
らんだ動きを見せはじめている。住宅メーカーのなかには、ファミリー向
けの大規模なアパートの需要が増えるとみて、1戸当たりの床面積が100を
超える新商品を開発するものがある。また、自社が過去に建設した戸建住
宅の中で空き家となっている物件の賃貸を仲介するなど、仲介事業に進出
する住宅メーカーもある。これも、定期借家権の導入でファミリータイプ
の物件が貸しやすくなることが背景にある。住宅・不動産関連の企業は、
定期借家権の導入を好機として、「住宅ストックの有効活用」をキーワード
に、新たな事業に取り組むことが期待される。

25 :名無しさん:01/12/27 11:46
>>23
定期借地が本当に増加するには、
あと30年以上かかるだろう

「満期が到来→借地人ゴネる→訴える→強制排除OK→ウマー」
という判例がいくつかでない限り、地主としても安心できないからね

26 :名無しさん:01/12/27 11:47
定期借地権って丁度年寄りになった頃に切れますよね。
年寄りになってからの計画きっちり立てておかないと。

27 :名無しさん:01/12/27 11:52
>>26
どちらかというとボケ老人になったころじゃないですか?
何れにせよ、土地の変わりに投資しておいた資産で、賃貸
なりホームなりで過ごせばそれでいいのではないでしょう
か。年寄りだと一戸建ては掃除も大変だし。

28 :名無しさん:01/12/27 12:00
ミサワあたり積極的に展開してるようだが、、、定期借地

http://www.misawa.co.jp/E-realestate/teishaku/teishaku-INDEX/index-02.html

29 :くましろ:01/12/27 12:14
。。。都心に120平米家賃月10万円等という物件が大量に出
回る日も夢物語ではなくなります。良い借家が安く大量に供給さ
れるようになると、我々は自分のライフステージや家族構成に応
じて持家と借家、一戸建てとマンションを適宜選択できるように
なり、住に関する選択の幅が広くなり、快適な住環境を楽しむこ
とが出来るようになります。また、これからは自分の一戸建ては
夫婦二人には広すぎるので息子夫婦と子供達が外国から帰ってく
るまでの二,三年間を人に貸して自分はマンションに移ろうとい
うようなことが安心してできるようになります。

30 :名無しさん:01/12/27 12:49
>29
その時は給与も15万円ってことないか?

31 :名無しさん:01/12/27 12:57
>>21
>>29
とかって、住宅を取り巻く環境は大きく変化すると考えているのに、
他の条件はさほど変わらないとしているんだよね。誤謬、誤謬。

32 :名無しさん:01/12/27 13:12
ちゅうわけで、>>1 は自己資金が十分あって、ローンを繰上返済で短期に完済できるなら買え。

33 :名無しさん:01/12/27 13:53
一番迷ってる人は一生に一度しか家を建てられない人だろう。
少々の金銭差額より致命的な失敗を避けたいんじゃないのかな?
今後の経済動向と国家政策に注目すると意外に答えが出てくるかもね。
小泉改革がどういう方向へ向かっていて、その結果どういう経済構造になるのか?
短期的には需給関係とか色々勉強すれば自己判断できるようになれるかも。

34 :1:01/12/27 14:06
自己資金は1.5千万強程度/年収1千万ありますが、子供を二人計画し
ていることリタイア後は海外移住などフレキシブルな人生設計を考えて
いるので将来を束縛するマンション購入はやはり検討を見合わせたほう
が良さそうですね。定期借家制度が広まれば、ローンが払えなくなった
人の分譲住宅がどっと市場に出回ってくることも考えられます。リフォ
ームも魅力ですが、若いうちは住み替えることで対応し、人生に相当
余裕を感じるようになってから、早めにリタイアし、中古マンションを
購入して(といってももちろん今よりずっと後に建築された物件)を思
い通りの部屋にする、海外移住期間は人に貸すという形がベストかなと。
実は今、海外勤務なのですが、帰国後は現在でも定期借家制度が適用さ
れている、(礼金が少ない)リロケーション物件でつなぎ、定期借家制
度が広がるのをまって、いろいろなところに移り住んでみます。子供は
私立に通わせれば、どこに引っ越そうと問題ないでしょうし。今週の日
経ビジネス、読めば読むほど持家というのは危険な思想だということが
わかりましたし、また、皆さんの中にも、戦後の政府の景気振興策に踊
らされている方が実際に一部いらっしゃることがよくみえたように思い
ます。もちろん、皆さんそれぞれでさまざまな条件の違いがあるとは思
いますが、リスク(収入・金利・天災)・取引コスト、NPV、全て考慮さ
れた上で、冷静な判断をされることが一番重要かと思います。ご意見、
ありがとうございました。

35 :名無しさん:01/12/27 14:11
ウム、焦る必要はないですな。

36 :名無しさん:01/12/27 14:34
住宅建築コスト、土地コスト
2002年から急激に値下がりします。
需要がありません。
お金がありません。
住宅建築コストは大幅に下がります。
まだまだ建築業界は馴れ合いですが、そろそろ限界でしょう。
一気に価格破壊が始まりますので焦る必要はありません。
20%から30%は安く買えます。
3年は我慢しましょう。その間に色々建築コストについて
知識を貯えて下さい。

37 :名無しさん:01/12/27 14:40
その前に会社が潰れてしまいそうです。

38 :名無しさん:01/12/27 14:40
日経ビジネスだけでなく、他文献も参考にした方がいいような気もするが・・・
まいっか。

39 :1:01/12/27 14:45
『ゴミ投資家のための人生設計入門』も見たのですが、アンチ持家に
偏りすぎてますかね?ローンの本は、頭から持家なのであまり参考に
なりません。中立的に比較した文献などありますでしょうか?

40 :名無しさん:01/12/27 15:08
結局、住所や土地有り、無し 資金量
年収、家族構成 、など条件が人それぞれなので
どれが一番良いというのが無理です。
しかし建築コストは急激に下がります。家賃も。
高額な物も一部は売れますが、これは収入の二極化によるものです。
小子化の影響で中古住宅は激増し空き家が激増します。
完全な供給過剰です。
長期的には団塊の世代が50代半ばです。
団塊ジュニアが20代後半です。
この二つの層の方は収入の増加は見込めません。
将来貯蓄に金を回すでしょう。
30代、40代の独身者も急増しています。
全く住宅購入需要は起こりません。
必ず価格破壊が起こります。
今、焦って購入すると、一生後悔します。

41 :名無しさん:01/12/27 15:54
>>40
需要動向としては間違っていないと思うが、地価の高騰が始まるとそんな理屈は吹っ飛ぶというのが過去の経験則。

42 :名無しさん:01/12/27 16:20
>>41
地価高騰は一部の地域だけで
大部分では地価高騰は起きません
ここからの地価暴落は起きます。
法人側からみても製造業の工場が海外移転激増中。
民間、法人のダブルパンチです。
全く土地需要は起きません。
地価は更なる暴落が起きます。

43 :名無しさん:01/12/27 16:22
デフレがインフレに転じると当然地価も上がる、となると家賃も値上げ。
でも、収入は簡単には上がらない。
賃貸ユーザーは家賃が払えず、低グレードかより郊外の物件へ流れる。

ああ、こんなことならデフレ・低金利の時に家買っとけば良かった。

何てことも有りかもね。


44 :名無しさん:01/12/27 16:30
デフレ進行で家を購入した人は5年後後悔しているでしょう。
賃貸は今も値下がりしていますが
これからも更に値下がりします。
安い所への住み替えを薦めます。
デフレ時の借金は自殺行為です。

45 :名無しさん:01/12/27 16:52
>>44
5年後までデフレが続くという根拠は?

いま家を買って、ローンを返済する20〜30年の間デフレが続くのであれば賃貸が正解だろが、
その考え方は、現時点の経済状況を将来まで延長しているという「誤謬」に陥っているのでは?

それは、バブルのときに「地価や株価が永久に上昇する」と錯誤したのと、まったく同種の誤りだ。

46 :名無しさん:01/12/27 16:53
>これからも更に値下がりします。

理由は?

47 :賃貸マンセー派はこういうことも知っているのか?:01/12/27 16:57
<賃貸>

世帯主死亡

賃料はその後も必要

遺族、マズー

<持家>

世帯主死亡

団体信用保険でローン完済

遺族、ウマー

48 :名無しさん:01/12/27 17:13
デフレの進行が生み出す状況がわかっていないようだ。
賃貸、持ち家それぞれで戦略が違う。
借金での新規持ち家は絶対に止めておけ。
家賃が安い所へ住み替えろ。
とにかく3年は我慢しろ。
来年から価格破壊が急激に始まる。
下地は今年既に整っている。

49 ::01/12/27 17:15
秀逸!

50 :名無しさん:01/12/27 17:22
48の一人よがりぶりは電波並みだな

51 :名無しさん:01/12/27 17:24
>>48

> デフレの進行が生み出す状況がわかっていないようだ。

ワタシこの意味わかりませんので、ご教授下さい。

52 :名無しさん:01/12/27 17:26
不動産業界の登場か?

53 :名無しさん:01/12/27 17:29
>>48
> デフレの進行が生み出す状況がわかっていないようだ。

政府や日銀が将来にわたってデフレスパイラルを放置するとお考えですか?

54 :名無しさん:01/12/27 17:34
>>53
政府、日銀?
馬鹿ですか、アメリカが、、、でしょう。

55 :名無しさん:01/12/27 17:36
デフレ進行中に借金して家を買う間抜けが存在するのか?

56 :名無しさん:01/12/27 17:37
>>55
デフレが未来永劫続くと考える間抜けが存在するのか?(藁

57 :名無しさん:01/12/27 17:41
>>56
そんな人は一人もいません。
あなただけです。
インフレが始まってからで十分間に合う。
脳味噌が足りないようですね。
金融、不動産関係?

58 :名無しさん:01/12/27 17:42
>>57
>インフレが始まってからで十分間に合う

馬鹿ですか? 厨房?

59 :名無しさん:01/12/27 17:43
もう電波を相手にするのはやめないか? >>58

60 :名無しさん:01/12/27 17:46
>>58
不動産関係者か
無駄な悪あがきは止めておけ
現実を見つめろ
現実逃避者さん

61 :名無しさん:01/12/27 17:48
>>60
説教はいいから、>>44-45の質問に答えられるのか?

62 :名無しさん:01/12/27 17:51
>>61
お前は不動産屋かそれとも銀行屋か?

63 :名無しさん:01/12/27 17:52
>>62
答えられないからって話をそらすんだね(藁

64 :名無しさん:01/12/27 17:55
そもそも、物価に対して政策が果たす役割ってわかってる? >>62

65 :名無しさん:01/12/27 18:01
逃げたな・・・

66 :名無しさん:01/12/27 19:08
>>65
おい不動産屋
お前らの生き残る道なんてのは無いんだよ
夕飯ぐらい食べたらどうだ

67 :1:01/12/27 22:56
>>47
まず、保険ですが当然みなさん、生命保険はいってますよね。私も
低減型ですが4千万入っています。何かあればそれを使えばいい。
かえって親子二人に合わせた形でフレキシブルに活用できていいか
もしれません。実家に帰ってもいいし。

インフレについて
確かに、公庫などの35年長期固定金利はインフレに有利ですよね。
また、同時に持家政策による安易なマンションの建築が今後超供
給過剰になり、マンション価格のさらなるデフレが続く可能性は大いに
ある。当然賃貸はそれに対するリスクヘッジをしておくべきでしょう。例え
ば資産の1/3程度は外貨で持つなど。何れにせよ、インフレの発生
は可能性としてはありますが、マンション価格については下落要素も大きい
ためどっこいどっこいなのではというのが私の考えですが。

68 :確かにむずかしい:01/12/28 22:27
今はデフレだけど長期でみればハイパーインフレの可能性もあるので、時期を
みて、不動産を買うことは考えてはいいかも。もちろん私は、持ち家はですでに
含み損を1000万円くらい抱えているけど、家賃を年間400万円近く支払って
いることを考えれば、ローンの金利分(年約150万円)をさっ引いても250万円
くらいは下がった分を回収しているとは考えているが、さていつ頃ハイパーインフレ
がくるやらこないやら。。。それは誰にもわからんぜぃ。。。。

69 :名無しさん:01/12/29 00:09
まあ、インフレが見えてきたと単に金利は上がるだろうから、その時点では
手遅れだろう。まあ、そう思ってここ数年みんなマンション買っているんで
しょうが。。インフレは為政者がハードランディングが日本の為と思えば、
発生しうるでしょう。しかし、それは資産を持つものが負債を持つものの為
に犠牲になるということでかなりのモラルの低下をもたらす。何れにせよ小
泉さんの時はそうは判断しないだろうから、次の政権になった時がひとつの
分かれ目かも。

70 :名無しさん:01/12/29 02:50
1は海外勤務なのに今週の日経ビジネスが読めるのか。。。
今はそんなに便利になってるんですか?無知なもので。。。

71 :名無しさん:01/12/29 02:52
地方は不動産価格に対し賃貸単価が、相対的に割高なので持ち家のほうが
特でしょう。でも都心はその逆で、家賃が税前で払えるならなおさらです。

72 :名無しさん:01/12/29 03:01
ここで将来どうなるかの予想をたててもまったくナンセンス。
我々が一生かかっても集められないソースと知能を使って分析している
エコノミストにも分らないのだから。競馬の予想屋と同じ。
それよりも、こんなに不確実性が増大しているときに、借金してまで
土地や家に投資すべきかどうかの問題。
個人でとれるリスクの範囲を超えていると思いますが。
損するか得するかはすべて結果論ですから。
今はハイリスクハイリターンであるということ。
人生でそんな賭をしていいの?

73 :名無しさん:01/12/29 03:04
そんなんのノンリコース・ローン使えば、ノーリスクでしょ。
問題なし。

74 :名無しさん:01/12/29 03:05
>>73
それでは金利リスクしかみtれないよ。
あなたみたいな人が金融板にいることが信じられない。

75 :名無しさん:01/12/29 03:09
ええ?そういう意味?
逆だろ!?金利リスクはヘッジ出来ないが
不動産の価格変動リスクは無くなるでしょ

76 :名無しさん:01/12/29 03:22
みんながインフレになると思って,現金をインフレに強いとされている資産に
買い替えると,本当にインフレになる。(バブルだけどね)

一方,デフレになっているのは,未来があまり期待できない事に,みんな感付いてしまったから。
高齢化,少子化,情報化による賃金の国際的なアービトラージなど、
今まで資産と呼ばれて値上がりが期待できたものが,これからどんどん下がりつづけそうだ,と。

現在,円安によるインフレが期待されてるけど,これだって,基軸通貨であるドルの立場から見れば、
「円」そのものがデフレを起こしてるにすぎない。
通貨デフレの状態になりつつある。

今まで日銀が政治的に何とか踏ん張って,「円」のデフレを食い止めてきたけど、
アホ議員が騒いだ結果,かなり不利な状況に追い込まれつつある。

円安は、日本が丸ごとデフレだと思われるって事なのに,なんでみんなは円安きぼーんなのか、
その辺を聞きたい。

77 ::01/12/29 03:24
日経ビジネスは海外でも、2日送れくらい?で配達
されます。

78 :名無しさん:01/12/29 03:26
長々とポジション・トークですか?
投資環境が不確定でボラタイルだから
そういったリスクを軽減する金融商品を
使うんじゃない。本末転倒...

79 :名無しさん:01/12/29 03:28
>円安は、日本が丸ごとデフレだと思われるって事なのに,なんでみんなは円安きぼーんなのか、
>その辺を聞きたい。
プラザ合意の時の逆のパターンでしょう?日本の輸出競争力を強めるため・国内の産業を保護す
る為にきまっているではないか。当然、国内の資産価値は相対的には下落するが、どちらをとる
かの問題。そこは耐えてもらうしかないし、嫌ならば海外に資産をもてばいいということだ。

80 :名無しさん:01/12/29 03:48
>>78
意味不明

81 :名無しさん:01/12/29 03:49
>>78
じゃあ金融商品はなんのためにあるんだよ?

82 :名無しさん:01/12/29 06:24
78じゃないですが。。。
そもそも持家に投資をすることのリスクがどのていど増大したかの話
をしているのであって、それをどのようにヘッジするかはその次の問
題でしょう?また、そのためにも当然コストはかかる。(非現実的だ
が)ノンリコース・ローンと賃貸とではどちらがその手段として有利
か?その他、定期借地・借家、含め何が有利かという話をしたほうが
いいのではないでしょうか。

83 :76:01/12/29 07:43
>>79
日本の輸出競争力は変わりません。もし,日本の製品が高いのだとしたら,それは
企業が競争力の無い労働者を雇っているからです。あるいは,税制などの国内の経済環境に、
競争力が無いという事です。競争力の無い環境で製品を作って,かかってくるコストを価格に上乗せしているわけです。

日本政府は,自国の資産を外人に売り渡してでも、自分達がピンハネする割合(税率)を
維持したいらしい。

あと、国内の産業を保護したら,構造改革にならないよね。

あ、ここは銀行員の巣窟か・・・。

84 :5:01/12/29 08:16
まあ人口増加の時代を前提とした考え方を変えないといけないのでは?

日本は人口が減っていく。
グローバリゼーションがさらに進む。

この要因からインフレ、ましてやハイパーインフレなどに陥る可能性は
以前と比較すれば小さくなったといえる。

85 :名無しさん:01/12/29 08:29
すると,デフレのどこがヤバいですか?>>84

86 :5:01/12/29 08:49
>85
デフレマンセーといった覚えはないがね
読解力がないね

87 :79:01/12/29 10:00
>>76
税制には問題があるにせよ、労賃は相対的に安くなるでしょう?日本の労働力
も競争力がないというよりは、時代に合わない雇用制度なのが一番の問題。構造
改革が、所与の条件のもと最適化するだけのものだったら、日本の産業なんて
みんな空洞化しちゃうよ?問題の先送りとは別に、グラウンド・デザインや戦略
の為の政策は必要です。

88 :78:01/12/29 10:15
じゃない? とういにゅあんすですよ....

89 :名無しさん:01/12/29 11:04
日経ビジネスにでてる記事がいい例だ。
基本給やボーナスの削減を食らうと住宅ローンの返済は・・・
キャッシュフロー悪化→銀行や消費者金融から借入れ→
金利負担激増で自己破産!
企業も個人もデフレの時代はキャッシュフロー重視。
10年後に給料が倍になっても、目先の所得が減るとすぐ元欠する。

90 :名無しさん:01/12/29 11:16
だからわかんない人だな。そういうときのために
ノンリコース・ローンがあるんでしょう...大丈夫??

91 :名無しさん:01/12/29 11:29
>>90
そのリスクをヘッジするためのプレミアムはどれほどのものですか?
結構馬鹿にならないんじゃないの?賃貸とひかくしてみてどうよ?
金だしゃ、いくらでもヘッジなんかできるの。そのコストが問題
なんでしょ?!

92 :>>91:01/12/29 11:36
だからコストもリーズナブルだよ。みんなそのコストを
計上して不動産の利回り計算してだろ。それにコストは
経費計上できるだから...いま個人も結構使ってるよ。
もっと勉強してください。時間の無駄だよ

93 :名無しさん:01/12/29 11:40
家賃はこれから激安になります。
超供給過剰状態が急加速しています。
そろそろ持ちこたえられないでしょう。
住宅コストもこれから暴落します。
住宅購入は後数年は見送りましょう。

94 :名無しさん:01/12/29 11:42
賃貸VS持家=ヨーカ堂VSダイエー

95 :名無しさん:01/12/29 11:46
関係ないです。ダイエーはインフレにベット下だけでしょ。>>71がいい説明してます。

96 :名無しさん:01/12/29 11:47
違います。ダイエーはベットし、ヨーカ堂はしなかった。
その違いです。先の状況など読めません。

97 :95:01/12/29 11:52
>>96”ダイエーがベットした”と言ってるでしょう。
不動産はインフレへの投資でもなくデフレへの備えでもないです。
将来のキャシュフローの現在価値。その比較で賃貸か購入か
決まる...

98 :名無しさん:01/12/29 11:58
そんな、教科書みたいな杓子定規なこといって。将来のキャッシュ
フローなんて現時点で全てわかるの?あなたは神ですか?

99 :名無しさん:01/12/29 12:03
>>92
それって本当に一般リーマンにとって現実的な選択なの?
実際に使っている人どんだけいるの?住居用マンション
購入に。

100 : :01/12/29 13:32
将来的には高層マンションが簡単作られるようになってきます。これを背景にかなりの個数が
供給され出します。また都心のオフィスも同様に大量に供給されます。
人口も減ってきて土地の価値もまだまださがります。バブルが始まる頃の値段まで下げます。

101 :名無しさん:01/12/29 13:38
まあさ、何れにせよいま不確定要因多いわけよ。そりゃ、いま借金
して家かって得するかもしれないよ。でも、人生思いっきり苦境に
陥るか、そうでなくても、結果的にかなりそんな買い物をしたこと
になりかねないわけ。賃貸に多少の割高感を感じたとしても、デべ
の口車に乗せられて危険な賭けには出ないほうがいいよということ
だ。ところで、金融の専門家の皆さん、頭金0とか5倍とかの借金
ってどうおもいます?

102 :名無しさん:01/12/29 14:31
これからが本当の価格暴落が始まります。
賃貸も一部を除いては値下げが加速します。
需要と供給のバランスが壊滅的に崩れます。
空き家、空き室が急速に増えています。
騙されてはいけません。
資産が豊富にある人を除いて
住宅購入は絶対に控えるべきです。
不動産関係者、金融関係者に騙されてはいけません。
これが事実です。
サラリーマンには、もうひとつ付け加えておきます。
これからの収入が変わらないとしましょう。
しかし年金、健康保険、雇用保険の3つはこれから急激に負担が増加します。
早い話、収入が変わらなければ、実際に使用出来る金が減るのです。
もうおわかりですね。
資産が豊富にある人を除いて、住宅購入は止めましょう。

103 :銀行員:01/12/29 14:39
>101
ローンの額は程度にもよるね。
月々の支払いが、今払ってる家賃の半分くらいにおさまらないと
先々が苦しい。というイメージ。
銀行員がこんなこと言っちゃ、商売あがったりだけど。
はっきり言って、住宅ローンは新たな不良債権として社会問題
になる可能性が相当高い。

104 :名無しさん:01/12/29 14:41
>>102
いってることはそんなに間違っているとはおもわないんだが、なんか
いかにも営業トークだね。しかも勧誘系の。なんか、もうちょっと、
冷静に根拠を示しながら説明してくれるほうが、説得力あるのだが。
− 需給バランスがくずれることがわかっていながら、なぜ建築が続
  けられていたのか?不動産会社があふぉだったから?すなわち、
  需給バランスが崩れた根本的な要因はなんですか?
− 空家・空家が増えているというのはどこから得られるのでしょうか?
  実際に、販売されているのでしょうか?どこからかデータとして
  得たものなのでしょうか?
>年金、健康保険、雇用保険
これは結構盲点かもしれませんね。
まあ、いずれにせよ私も住宅購入は基本的にしないつもりですが。

105 :名無しさん:01/12/29 14:42
>>98家賃単価は変動が小さいのだから。それから
買うの止めましょうというが、実際の需給として
住む場所は必要。となると購入でなければ賃貸になる。
企業もバランスシート縮小を急ぐことからすると
社員寮もなるものも減少する。そうなると地価が下が
ろうが賃貸単価は安定。サラリーマンクラスのものは
上昇するかも...そんな感じでしょう。

106 : :01/12/29 14:49
10年前にはじけたバブルの後、次々出された景気対策のひとつの
住宅取得政策に踊らされた、特にサラリーマン家計の不動産が
既にものすごい勢いで不良債権化しています。
そしてそれは家計と消費に膨大な負の圧力をかけています。
これからも過大な供給が見込まれ、あえてこれからはそんなに
あせらなくても、リーズナブルな価格になるのは明らかです。

107 :名無しさん:01/12/29 14:49
>>103
>月々の支払いが、今払ってる家賃の半分くらいにおさまらないと
これって、家賃より支払が1、2割でもすくなければお得と考えて
いる一般的な認識とかなり隔たりがありますね。。。
>住宅ローンは新たな不良債権として社会問題
そこらじゅう自己破産だらけですか?コワ。でもそうなると、政府も
ほっとくわけにいかなくなる(公庫の存在自体が糾弾される)から
なにかしら税金が投入されるんですね。あーぁ、また似たことの繰
り返しか。

108 :名無しさん:01/12/29 14:55
>>105
いままで制度的に借家人が優遇されすぎていたため、良質な賃貸
物件が提供されにくかった。それが撤廃された現在、>>105,107
とあいまって、現在のマンションが賃貸物件として大量に処理さ
れる可能性が高い。よって、サラリーマンクラスのものも、今後
どんどん値下がりする可能性が高い。社宅の廃止は反って、市場
の拡大を後押しする要因となる。

109 :名無しさん:01/12/29 14:57
場所によるでしょう。住宅地はだめ。商業地はGO!!

110 :86:01/12/29 15:33
>>108
"いままで制度的に借家人が優遇されすぎていたため"
とはどのような意味でしょう?

111 :名無しさん:01/12/29 15:41
定期借家権導入と貸家市場への影響
http://www.toyotrustbank.co.jp/j/j83.html
わが国の借家制度は戦後の住宅不足のなかで形成され、1).正当事由制度、
2).継続賃料抑制主義を骨格とする手厚い借手保護が特色となっている。こ
のため1).大規模な貸家が供給されにくい、2).敷金、礼金など高額な一時
金の慣行がある、3).契約期間があいまいなうえ予想外の立退料発生などか
ら収益予想が立たないなどの弊害が指摘されてきた。

112 :110:01/12/29 15:51
>>111
ありがとうございます。
でもこれと賃貸単価の下落とどのような相関が
あるのかいまいち見えないのですが、宜しければ
ご説明いただけますか?

113 :111:01/12/29 16:00
−貸主のリスクが減るため、その分のプレミアムが料金から引かれる。
−現在の供給過剰な分譲マンションが、貸家市場に賃貸物件として流れてくる。
−ローン支払不能に陥った個人の持つ分譲マンションが、貸家市場に賃貸物件として流れてくる。
ということだと思います。
簡単に言えば、制度的には市場が整備されており、そこに大量の参入予備軍が
控えているというのが、賃貸単価下落の理由です。

114 :111:01/12/29 16:04
追記ですが、現在リロケーション物件などは礼金は無く(あっても1ヶ月)で
家賃も通常相場と比べると2割程度以上安く設定されています。更新料もない
の大部分です。これが、113であげた1番目の要因による下げということになり
ます。2、3番目の要因は数年後に表れてくるとおもされますので、そのころ
には市場価格は現在より3割以上下がるものと予想されます。

115 :112:01/12/29 16:11
>>113
なるほど。よくわかりました。1つ目は同感です。
ここで前提の議論をしないといけないようですね。
基本的に賃貸単価ベースで不動産単価が議論できるのは
商業地区と都心また地方であれば中心地の住居地域のみです。
この前提に基づいて考えると2、3つ目の
−現在の供給過剰な分譲マンションが、貸家市場に賃貸物件として流れてくる。
−ローン支払不能に陥った個人の持つ分譲マンションが、貸家市場に賃貸物件として流れてくる。
はいかがでしょうか?
賃貸に移行過程で予測されるのが都心への回帰です。

116 :112:01/12/29 16:21
>115の続き
都心の需給は好転するものと思われます。ご存知ように
日本の場合キャッシュフロー・ベースの(理論)地価より
実際地価が割高なケースが殆どです。

117 :111:01/12/29 16:22
当然、貸家市場にも需要曲線がありますから、供給サイドの量的
な上昇が、需要者の増大を生み出すのは間違いないでしょう。即ち
都心への回帰が発生し、賃料が思ったより下がらないということは
なるかもしれません。ただ、これは特に賃貸物件に限った話ではな
く全ての商品・サービスにおいて価格は需要・供給曲線の交点にて
きまるのですから、供給が増大し値段が下がるときには、需要が増
え値段を上げる圧力がかかって下げ止まる、ということではないで
しょうか。いずれにせよ、下がることには間違いないと思います。
的をはずしていたらすいません。

118 :111:01/12/29 16:33
>>111より引用
セカンドハウスや空き家を安く賃貸にだしたり、自宅を貸して賃料を年金代わりに使う
など、住宅ストックの活用が活性化するだろう。その結果、貸家市場の競争が激しくな
ろう。
返還時期の確実化による再開発や建て替えの円滑化や収益予想の確実化が、良質な貸家
住宅やオフィス等の事業用建物の供給を促進する。

119 :名無しさん:01/12/29 20:50
今、住宅買ってる人が将来損すればいいと心のどこかで思ってる。

120 :名無しさん:01/12/29 21:07
サラリーマン人口が減少している。
アルバイト、パートが増えている。
サラリーマンの年収が減少している。
一部の高額所得サラリーマン以外は住宅なんて買えない。
後は自営業?資産家
頼みの金融業界も信金、信組、地銀の破綻が激増していて
関連企業に影響がこれから起きてくる。
今日も昨日破綻した長野県の信組の人が自殺してたな。
経済は関連しているからな。
買える人も10年で2軒買う人は居ないだろう。
このような人が激増すれば話は別だが。
周りでも家が余ってるよ、子供が結婚して同居、二人とも1人っ子
片方の両親は高齢で無くなれば一軒余る。
その辺にごろごろあるよ、こんな住宅が。
後10年もしたら急速に供給過剰になるよ

121 :名無しさん:01/12/29 21:44
他の地域に住む可能性もあるから、借りとけば?

122 :家余り:01/12/29 23:00
少子高齢化と低成長が確定してる以上、不動産がもはやインフレヘッジには
何の役にも立たなくなり、ただの超大型耐久消費財でしかない。
ただ、この消費財の悪い所は車や電気製品と違い、一度作ると何十年単位で
使えると言う事。にもかかわらず死に体ゼネコンは延命の自転車操業でマンション
を建てまくっているので家余りは時間の問題です。
もはや、日本にテポドン一万発くらい降ってこない限り持ち家が値上がりする
なんて事はありえんよ。

123 :名無しさん:01/12/29 23:33
ざっと拝見しました。
価格の下げトレンドは私も変らないと思います。
100歩譲ってそれが間違っていたとしても、今の時期に
多額の借入れを行うことは、やはりリスクが高すぎるといわざるをえません。
銀行としては商売上がったりですが..
一方で富士・あさひなど一時期住宅ローンを遮二無二取り組んだ銀行は
すでにデフォルトが重大な経営課題になりつつあり、今後4〜5年で
多数の焦げ付きがでるのでは..と心配されています。
実際は関連保証会社は親銀行から多額の資金投入で生き延びているのが
現状なのです。

124 :名無しさん:01/12/29 23:54
>>123
そうか。でも俺6億も借り入れあるんだよな。

125 :名無しさん:01/12/30 00:09
このスレで共有されている、この時期の借金はリスクが高いという認識を
はたしてどれほどの人間が共有しているのだろうか?
今住宅を買っているひとの将来が他人事ながら心配だ。
http://mentai.2ch.net/estate/

126 :名無しさん:01/12/30 00:10
>>124
6億借入れされているのなら、別に金融資産をお持ちなのでしょう。
それならば、税金対策も含め オプションとしてはさまざまなケースが
想定されますので、必ずしもリスク高いとも言えません。
要は状況が悪化したら、即座に返済なり手を打つことが可能でしょうし。
私が申し上げたのは手を打ちたくとも、サラリーでしか返済資源のない
方々が現状で相対的に多額・長期の借入れを新規で起こす意味においてです。

127 :名無しさん:01/12/30 00:14
6億円は全て不動産に行っています。先ほど
名前があがっていたノンリコース・ローンを
使っています。金融資産はレバレッジかけてません。

128 :名無しさん:01/12/30 00:36
なるほど。
そうすると、最悪のリスクは排除済みですね。
後は、投資不動産の収益性が長期で見てどうなるかという点と
経費他の税務上のメリットを合わせてどう計算するかですね。

129 :名無しさん:01/12/30 00:40
現在の期待利回りからすると7年で元本部分は回収可能
なので勝負はここ5年ですね。

130 :名無しさん:01/12/30 00:54
わかりました。
5年であれば必ずしもリスクが高いとも言えないと思います。
物件にもよるでしょうし、短期であれば供給がタイトになる
ことも考えられます、ただ予断はできませんが..
>>123の私の意見は一般の持ち家住宅をこれから取得し、10年以上の
ローンを新規で組むことを想定したものです。
正直この場合「リスク」という言葉が妥当なのかと思っているのですが。

131 :名無しさん:01/12/30 01:02
>>130
じゃあ住宅を買うタイミングはどういう時なんですか?あなたの私見を教えて下さい。

132 :名無しさん:01/12/30 01:22
持ち家の取得というものが、単に損得で判断できるものでは無い
ということだとは思います。ただ、生活が崩壊する可能性はなんとしても
避けるべきだと考えています。
ごくごく個人的な意見なのですが、持ち家が必要なのであれば
子供が手元を離れ、ある程度夫婦2人で家族構成が固定化してからで
良いのではと考えています。その時点までに十分な資金を溜めて。
リバースモーゲージが一般化していれば、より取得しやすいかもしれません。
住宅の構成は家族に大きく左右されますので、子供の成長に合わせて
取得しても、6〜8年でライフスタイルに適合しなくなってしまいます。
人に貸すのではなく、自らが住む住宅はやはり基本的には資産ではなく
負債と考えることがベースにあります。
もちろんこの辺は私のまったくの主観ですので、聞き流してください。

133 :111:01/12/30 01:36
>>132
まったく同意いたします。私もその人生設計を考えています。

134 :名無しさん:01/12/30 01:38
みんなのんびりしてていいねぇ。不動産が一番レバレッジ
きくのに...

135 :111:01/12/30 01:40
>>134
???

136 :名無しさん:01/12/30 01:43
>>135 うぜーな
個人で不動産以外に大きくレバレッジかけて
投資できるものないでしょう!?

137 :名無しさん:01/12/30 01:44
>>134
それは過去のお話?

138 :名無しさん:01/12/30 01:45
>>136
オフショア

139 :111:01/12/30 01:45
>>136
本当に不動産を投資対象として考えられているのですか?
この時代に。しかも、マンションに。。。。まあ、いいですが。

140 :名無しさん:01/12/30 01:47
>>136
水島会長でしょうか?

141 :名無しさん:01/12/30 01:47
>>136
外貨預金

142 :名無しさん:01/12/30 01:48
電気ガス株

143 :名無しさん:01/12/30 01:48
みなさん、134,136のような金融板にふさわしくない輩は
放置しておきましょう。

144 :名無しさん:01/12/30 01:51
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi/estate/1007179401/l50
この板笑える。無知は犯罪だ。(w
日本政府は銀行の次は、こいつらの尻拭いか。将来不安。鬱。

145 :名無しさん:01/12/30 01:52
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi/estate/1006699437/l50

146 :名無しさん:01/12/30 01:53
まず>>137 あなた、面白いですね。キャッシュフロー
さえ固定またはコンサバに試算して、ノンリコースで
アンダーライングの変動リスクを回避。そんなに古いかな?

>>139
しかもマンション ってどういう意味??

147 :>>132:01/12/30 01:56
>>134
いえ、不動産がレバレジ効果を享受できる可能性があることを
私は否定していません。もちろん、これは自分が住むのではなく
人に貸す場合ですけれども。
ただ、物件にもよりますし これから長期で始めるのはいかがなものかと
個人的には思っています。無論、相続税対策などが絡む場合であれば
多少マイナスでも構わないわけですし。
やはり不安定な時代が続くでしょうし、不動産下落が続く一方で
消費財分野ではインフレが起こる可能性も否定できません。
もちろんこれはそれぞれの方の見通し・判断です。
個人的には金融資産として身軽にしておいて、機動的に運用できれば
と考えています。

148 :名無しさん:01/12/30 01:59
>>143
金融板にふさわしくないかな?

>>141
外貨預金でどーやってもうけんだよ。
世界同時金利低下で通貨間金利差は激減。
USD/JPYも金利差3%、通貨のボラティリティー
考えたら、殆どクッション無いぞ。
リバース・デュアルでも買うのか?

149 :名無しさん:01/12/30 02:01
じゃ、今一体何に投資すりゃいいの?

150 :名無しさん:01/12/30 02:04
>>149
オフショア

151 :ふどーさん:01/12/30 02:04
>>149
ふどーさんでしょ。7%出る物件は山ほどある。
でも土地じゃないよ。建物がキー...

152 :名無しさん:01/12/30 02:05
>>149
学歴

153 :名無しさん:01/12/30 02:08
>>151
例えば?具体例出してよ

154 :名無しさん:01/12/30 02:16
>>152
マジレスだが、たぶん、正解の一つ。
これからの5年、自己投資でほんのちょっとの差別化を果たすだけで、カナーリ雇用可能性が高まると思うぞ。

155 :ふどーさん:01/12/30 02:20
なんの例よ?

ビル一棟、オーナー・チェンジでたたいて買えば。
出来ることなら不動産屋に10年の平均家賃単価の
80%でキャッシュ・フローを固定させて、メンテナンス
からテナントのマネージまで全部やらせれば...

156 :29歳サラリ−マン:01/12/30 02:36
今年、買っちゃったよ。
30年ロ−ンで毎月4万円、ボ−ナス時11万円です。
今年の年収が去年よりも総額で30万円しか
上がらなかった現状もあり、失敗だったかなぁ。
来年から、固定資産税の支払いも始まるので、
家系的に苦しくなるんだろうな。

157 :名無しさん:01/12/30 02:37
住んじゃうんだ!?

158 :名無しさん:01/12/30 02:45
>>156
その程度のローンなら分相応でいいんじゃないですか?

159 :貧乏人:01/12/30 04:12
>158
ここ2ちゃんだけどさー
そんなこというおめ〜も先は暗いぜ〜(W

昔から言うだろ「金持ちは鼻に掛けず、喧嘩せず」ってさ〜

160 :名無しさん:01/12/30 05:23
>>159
いや、冷静な判断をされていると感心したまでですよ。

161 :名無しさん:01/12/30 05:25
為替証拠金取り引きはどうよ。
http://yasai.2ch.net/test/read.cgi/stock/1008001982/l50
海外の業者なら,レバレッジ40倍まで可能だし,取り引きコストも異常に安い。
(往復0.04%)
有利な投資なら,これで決まり!!

162 :名無しさん:01/12/30 08:46
>>161
それに数億投資できますか?

163 :名無しさん:01/12/30 09:06
不動産にも空売りが出来れば面白いのに

164 :名無しさん:01/12/30 09:36
モーゲージ証券のマーケットが成熟すればシンセティック・
ショートは出来るよ。

165 :名無しさん :01/12/30 17:58
>>158さんの場合、
将来のインフレヘッジをどの程度見るかだと思います。
もちろん期間と市況の見通しもありますが。
もっとも持ち家ではないので、一応スレ違いということで。

166 :名無しさん:01/12/30 18:35
田舎ではあるが、家が4軒もあるうちはどうしたらいいのか?
親が頑張って建ててくれたのはいいのだが、固定資産税だけでも
かなりの負担になる。売ったら売ったで雀の涙。賃貸ししようにも
ここいらにも過疎の嵐が・・・

うみゅ〜・・・

167 :名無しさん:01/12/30 19:00
>>164
金融素人さんですか?
MBSの価格は、金利水準及び期限前償還分布によって決定され、不動産
価格とは直接連動しません。
よってMBS市場が成熟しても、不動産のショートポジションを作れる訳
ではありません。

168 :164:01/12/30 20:06
>>167
あなたの言ってることはアモタイジングするキャッシュフローの
現在価値がMBSの価格といいたいらしい。そんなのは元本のnotionalが
変わるかどうかと言う違いだけで、金利商品全て同じです。
逆です。モーゲージの流動性の高りより金利カーブ形成されることによって
(インデックス化さした)不動産のフォワード価格が求まる。それに
よりアンダーライングにしたOTCのオプショナリティーの
マーケットメークが可能になる。ATMFWDのシンセはボラティリティー
・ニュートラルなのでカーブだけでいいけど...

169 :167:01/12/30 20:28
>>168
>モーゲージの流動性の高りより金利カーブ形成されることによって
>(インデックス化さした)不動産のフォワード価格が求まる。

ここでいう金利カーブとは、デフォルトフリーの金利カーブを指して
いるのですか?そうでなければ(だと思いますが)それはどのような
ものですか?仮にその「金利カーブ」が形成されるとして、そこから
どのようにして不動産のフォワード価格が導かれるのですか?

170 :名無しさん:01/12/31 00:03
>>166
さっさと売るしかナインジャネーノ

171 :159:01/12/31 01:33
>160
失礼しました。

172 :名無しさん:01/12/31 21:43
高齢者への貸し渋り(賃貸住宅)を知らないのかな。
住宅余り時代になっても、この辺が解消される保証はある?
持家を購入するのは、高齢者ホームレスの恐怖への対策でもあるんだけど。

173 :名無しさん:02/01/01 11:57
>>172
うちらの時代、そんなんだったら商売上がったりだろ!!!!

174 :名無しさん:02/01/01 11:58
>>172
考えてることが、小さすぎるよ、、、情けない。
文章の内容より、句読点のうち間違いとかを指摘するタイプだな。

175 :名無しさん:02/01/01 14:02
一軒家買っても、30年もすればボロボロ、
不良家つかまされる可能性もある。買ってあれば土地は残るけどね。
今の新築マンションてどれくらい寿命あるんだろう?

試算を見たことあるけど、賃貸も持ち家(マンション)も最終的には
払うお金は同じ、持ち家に資産価値はないよ。
今の時代、好きなように引っ越せる賃貸の方が便利だと思うが?

176 :名無しさん:02/01/01 18:14
賛成。
資産価値考えるのなら家はNG。もっといい金融商品に投資したほうが
大体資産も増える可能性あるわけだし。
子供とかも、大きくなって、私学の学校通うようになったとしたら、それにあわせて
引っ越せたほうがハッピーだと思う俺はモバイラー。

177 :名無しさん:02/01/01 18:41
そうだなー老人になったときに、貯金が十分貯まったり
暮らせるほどの年金もらえれば良いけどね。
そこらへん考えると家があったほうが安心ってのはある。いち妻としては。
ちゃんとした家建てられる経済力あるのなら。
そこら辺の建て売り買うのは、危ない。
友人の大工さんに聞いたんだけど今は請負じゃ使いたい材料使えない
らしい。妥協の連続だって。よっぽど建築に詳しくて自分でチェックできるなら建て売り
安いけど。。。

178 : :02/01/01 18:49
建て売り住宅とマンションは供給側の都合による商品です。

179 :名無しさん:02/01/01 19:16
>176
>子供とかも、大きくなって、私学の学校通うようになったとしたら、それにあわせて
引っ越せたほうがハッピーだと思う

っていう考えはコドモ中心すぎないかな?
あんまり引っ越ししすぎると愛想だけいいコドモになるよん(実感ずみ)

180 :名無しさん:02/01/01 19:19
大家だったら誰でも高齢者へ貸すのは断るだろ

181 :名無しさん:02/01/01 19:22
マンションでも一戸建てでも、この家は俺の実家だという
思い出の場所があればいい。
賃貸でも老後まで考える計画性があればいいとおもう
子供に食わせてもらおうと思ってはいないだろうね。
得か損かより自分の家族の計画にそって考えれば
答えは出るんじゃないの?

182 :名無しさん:02/01/01 21:43
>181
親を食わすがいけないのですか?

183 :>175:02/01/01 22:12
>賃貸も持ち家(マンション)も最終的には払うお金は同じ
そうなんっすか。なら土地付き一軒家で暮らした方が全然いいですね。
あと、今のマンションだっていいかげんな作りしてまっせ。ウチの近所の
マンションで出来上がる前に売れた物件あったんだけど、いろいろ見ちま
った。そもそも出来上がる前に買うって、なにされるかわからんってことだ
けど・・・

184 :名無しさん:02/01/01 22:24
首都圏なら断然賃貸
田舎なら持ち家(ただし、事前調査は念入りに

185 :176:02/01/01 23:16
>>179
>あんまり引っ越ししすぎると愛想だけいいコドモになるよん(実感ずみ
ナヌ!?そう言われてみれば、ウチの子にもそのような傾向が、、、
その前にわたくし自身にもそのような傾向が(オーマイガッ!)

186 :名無しさん:02/01/01 23:21
>182
最初から子供をあてにする考えを持っているなら間違いだと言っているんだよ。
賃貸で老人になって自分の世話をする貯金もなしじゃ
子供や福祉を最初からあてにして用意をしてないことにならない?
将来親の世話をしようと言う考えはほとんどの人が少なからずも
アタマにあるんじゃないか?わかってもらえた?

187 :ばか息子:02/01/01 23:26
残念ながら親養えるかどうかわからんね。
自分自身すら、ん十年後どう生活できてるかわからん。
一体どう資金を用意しとけばいいというのだ?いくらあればいいんだ?
正直怖いよ、将来が。

188 :179:02/01/01 23:28
>185
うちの子は幼稚園で4回も変わったからだと思うんだけど
友達作るためにいろいろ気を引いて目立とうとしてね・・・
先生にも回りの大人にもそうだった。
自分も2回転校してるからなんとなく同じじゃないかと思ってる。
転校のせいだけじゃないにしても影響は感じる。
あれ〜スレとずれちゃったかなゴメン!

189 :ブー息。:02/01/01 23:33
>184
漏れもそう思う。庶民の手が届くような物件はもう値上がりし
ないだろうね。ただ漏れは親の相続しなきゃならんのでそうい
う悩みはないが。相続税とか介護の方が悩ましい・・・

190 :名無しさん:02/01/01 23:35
>187
たぶんみんなそうだよ。

191 :182:02/01/01 23:51
>186
なるほど、そういうことですか。
ウチの親はそんな貯蓄するほど余裕がなかったもんで。でも住居
は相続して持ってるし子供はとっくに独立。今は年金+同居して
る私の家賃(昔賃貸にだしてたボロ家借りてます)で楽な生活送
ってます。

192 :名無しさん:02/01/01 23:52
政府がデフレスパイラルを止めインフレに持っていっても以下の2点は
現在と変わりません。

・地価は上昇しない(例外地区は除く)
 ⇒産業構造の変化、少子化など

・企業が新卒者を大量に採用することはない

193 :名無しさん:02/01/02 05:09
>>192
・地価は上昇しない(例外地区は除く)
 ⇒産業構造の変化、少子化など

需要がないんだから、上がるわけがないってのはわかる。
でもなぜだろう? インフレになれば上がるような「気」がする。
土地本位制が染み付いちゃってるのかなあ・・・

194 :名無しさん:02/01/02 15:35
一番賢いのはキャッシュでマンション買うだけの金融資産を
持っていながら賃貸に住んでいる俺。

195 :名無しさん:02/01/02 15:41
>>194
土地の値段は下がることはあっても、土地そのものがなくなることは
まずない。
しかし、金融資産、キャッシュは、価値が下がることもあればなくなる
こともある。
これが難しい。
特に俺みたいな馬鹿にとっては。

196 :名無しさん:02/01/02 16:07
50歳以上の希望者には安楽死を!

197 :HW:02/01/02 17:19
持ち家Vs賃貸議論の空しいのは、
どのような居住空間なのかを比較しながら
議論を進行できないことです。
1.一般に持ち家の床面積は、25坪から40坪、50坪〜
それに大して賃貸は、6坪から20坪程度。
まず容積を比較できない。
2.自己所有感に対する満足度(これは大変重要項目)。
3.住宅の内外をいつでも自由に変更できる。
ここ20年程度の問題として、返済できない人に
将来返済できそうもない金額で、安易に融資が行われてきたことでしょう。
マンションなんて買った人、40年後にそれがどのようになっているのか、
どのくらい想像してるのでしょうかね。管理費、修繕積み立て費、実行時
の追加金。転売利益は、もうこれからは全然期待できませんよ。
所得の低い人は、無理しないで、賃貸の良い物件を探すこと。
子供がいて狭くなったら、一時的に2戸借りるのも手段の一つ。
そのうち、ローン破綻の良い物件が、どんどん出てきますよ。
それを賃貸で借りるか、買い取るか。それはあなた次第です。

198 :名無しさん:02/01/02 19:33
自力でダンボールで立てれば?一等地に。

199 :名無しさん:02/01/02 20:37
ローンも組み方難しいよな〜
固定にするか変動にするか?元利か元金か?

200 :土地を:02/01/02 20:47
持ってるか、借りれる人はプレハブのカタログを取り寄せたら
どうですか。これがプレハブかって言うくらいいいのがあります。
組み立て費とかは格安だし、建築確認も必要なし、分解して
新しく組み立ても簡単。300万くらい出すと高級な家が
立ちますよ。もちろん水周りも完璧だし、エアコンも大丈夫。

201 :名無しさん:02/01/02 20:53
>>195
株・投信ならともかく、国債・預貯金は減ることや
なくなることはないのでは?

日本が滅びて国債が返却できなるような事態だと
土地を持っていても同じでは。

202 :名無しさん:02/01/02 20:55
100万円ほど借り入れ金を少なくして、その分安い家を買うとしても、
その100万がおおきいからな〜。
35年計算だと支払い金利だけでも数十万は浮くし。100万浮いた分返済期間を
縮めるなりなんなりと元金をより多く減らす返済にすれば、更にもっと支払い金利は
少なくすむし。

203 :名無しさん:02/01/02 21:32
>>201
ハイパーインフレを忘れちゃいませんか?
土地があれば少なくとも居住空間と畑(ぉぃぉぃ)は確保できる
ただ、土地を資産としてみるとちとキツイ。

204 :名無しさん:02/01/02 22:10
マンションに数年住んだことあるけど、やっぱ終の棲家は一戸建てに限るよ
ね。ちょっと郊外の平屋に住むってどうですかね。人気路線はずして、東武
や西部沿線ならけっこうありそう。

205 :名無しさん:02/01/02 23:31
さあ、みんなも景気回復の為、家を建てよう
住宅ローン30年、お国のためにローンを背負うぜ
でも、地価下落&建設コスト低下で、泣きを見ないように
欲しい住宅情報は、本当の取引価格です
地方都市では70平米の家族向けマンションが、投売り価格350万なんて有るらしい
水面下で取引される価格が、これからの地価を占う先行指標になるのかな?

206 :名無しさん:02/01/02 23:41
今は少子化で親が金出してくれるからローン無しで買っちゃう人
も多いみたいだね。そんな人にはここでの議論もあんまり関係な
いか。あー、どんどん貧富の格差が広がるのか・・・

207 :名無しさん:02/01/03 00:17
貧富の格差ってさ、今の20代の人の場合、
自分が獲得する所得の差より、親からの遺産の額の差の方が大きいように思うのですが。
なんだか、労働による所得より不労所得のある方が裕福のように思うし、
これからは一部のエリートを除くと賃金は下落していく一方だと思うのですが。
これは学生としての俺の直感でしかないんですけど。
貧富の格差が労働で広がるなら、それも一つの社会のあり方かもしれないけど、
それ以外の遺産や不労所得なら、モラルハザードになると思う。
賢い人教えて下さい。スレチガイすまそ

58 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)