5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ドット抜けについて

1 :久保:2001/08/22(水) 01:15
昨日あるお店で液晶モニタを購入したんですがドット抜けが1ヶ所ありました。
しかもそれが画面の中央の近くにあるので非常に気になります。
わたしは液晶モニタを購入する前まではドット抜けという言葉の存在すら知らず,
購入した後に取扱説明書を読んだらドット抜けという現象をそこで初めて知り,
またそれは初期不良品による交換の対象にはならないということを知りました。
その後掲示板や友人を通じてドット抜けというものは液晶の世界においては
しばしば論議される話題であるというこを知りました。
確かにわたしが事前にもっと詳しく調べなければ行けなかったのも事実です。
しかし,お店の店員さんも,全くその事について述べず,家に帰ってドット
抜けの事について連絡したら,ドット抜けは残念ながら初期不良品による交換の
対象外ですと言われました。せめて一言,一応液晶には他のモニタと違って
ドット抜けという現象があって,それは保証の対象外ですのでご了承下さい,
とでも言って頂けなかったのでしょうか?このドット欠けが気になって
仕方がありません。明日にでもお店に電話してみるつもりですが,どうにか
対処法はないでしょうか?どなたか似たような立場に置かれた方がいて,
解決策をご存知のような方がいらっしゃったらどうか教えてください。

2 :不明なデバイスさん:2001/08/22(水) 01:17
同時代の女性に比べれば豊満であるが、型崩れのしていない、薫がひそかに自慢に思っていた胸。
それが、今は吊されているので、上下に引き延ばされややぺちゃんこになっている。
毎日の稽古のおかげで、ぜいにく一つ無いしまった身体。
それを覆い隠しているのはわずか1枚の下着だけだった。

「じゃあ、いよいよ御開帳といこうか」

縁は薫の後ろに回り、下着の両端を摘んだ。

「!」

薫は思わず目をつぶり、顔を背けた。
気は強いとはいえ、年頃の少女。自分が裸にされる瞬間を見たくは無かった。
しかし、目をつむった薫の耳元で縁がささやく。

「こら、しっかり見ないとダメじゃないか。そういう聞き分けのない子はこうだぞ」

と、両方の乳首を摘んで外側に引っ張る。

「ん!」

薫は首を左右に振って痛みをこらえるが、目を開けようとはしない。

「そうか。じゃあ、乳首をネジ切ってやろうかな」

と言いながら、乳首を摘む指先に力を込め、ねじるように引っ張る。

「!!!」

乳首がちぎれる恐怖で、薫は観念して目を開けた。

3 :不明なデバイスさん:2001/08/22(水) 01:18
「そうそう。いい子だ。じゃあ、下着をおろすのをちゃんと見てろよ。目を閉じたり、別の所を見ていたりしたら、もう一度やるからね」

縁は、薫がちゃんと見ているかどうかチラッ、チラッと確認しながら、ゆっくり下着をおろしていく。
羞恥の部分を隠していた布がゆっくりと下げられ、淡い茂みが顔をのぞかせた。

「ほら、お嬢ちゃん。いよいよ最後だよ。よーく見ないとね」

そう言いながら、縁はわざとゆっくり下着を下げていく。
薫は、縁が確認しているのを知っているので目を背けることが出来ない。
(あ・・・)
薫の目に涙が溜まる。
(なんで私がこんな目にあうの?なんでこんな奴に・・・)

4 :>>1:2001/08/22(水) 01:20
研究不足

5 :ハァハァ(;´Д`) :2001/08/22(水) 01:20
ヽ  ノ      `ヽ r´     ヾ ソ
  ~ヽヽ       U      /ノ
   ヽノ

          .∧_∧
-´⌒二⊃   ( ´Д`) ⊂二⌒丶
 _ソ.     (つ  つ    ヾ__
          人  Y
         し (_)

6 :不明なデバイスさん:2001/08/22(水) 01:21
 全裸のまま吊るされている薫。
少しでも股間の茂みを隠そうと、内股になり足をもぞもぞ動かしている。
恥ずかしいのと悲しいのとで、頬は紅潮し、目には涙を浮かべ、顔をうつむいている。

 そのような薫を一瞥すると、縁は皮の拘束具を取り出すと、薫の左右の足首に巻きつけた。
薫は抵抗したが、足に力が入らないのでやすやすと巻きつけられてしまった。
そして、天井からつる下がっている1本の鎖を手に取ると、薫の右足首の拘束具に、つなぎとめた。

「さて、目の保養をもらったところで、今後のお嬢ちゃんへの説得の方法を決めないといけないんだよね。お嬢ちゃんが大和撫子なら、話し合いで説得したいし、言葉で話しても通用しないような変態なら、話し合いは無駄だからね」

 薫は不思議そうな目で縁を見る。
縁はそれに構わず、壁際のスイッチに向けて歩んで行く。
縁が壁のスイッチを操作すると、薫の両手をつり上げていた鎖が降り始めた。
薫は床にペタンと腰を下ろすと縮こまって双丘と茂みを隠しながら縁を見ている。

「お嬢ちゃんが大和撫子か、変態かはお嬢ちゃん自身に決めて貰うよ」

今度は別のスイッチを入れた。
すると、薫の右足に繋がっている鎖が上がり始めた。

「んー!んんん!(嫌、止めて!)」

あわてて左足をくの字に曲げ、手と足で胸と股間を隠す薫。
その間も鎖は容赦なく上がり続け、あっという間に薫は右足一本で宙吊りにされてしまった。

7 :不明なデバイスさん:2001/08/22(水) 01:22
「ほお、上手に隠しましたね。それでこそ大和撫子ですね。変態なら隠さないでしょうからね。でも、演じてるフリをしてるだけかもしれないから、ちょっと様子を見たいんですよ。お嬢ちゃんが本当に大和撫子なら、はしたなくおっぴろげたりしないでしょうからね」

縁はそう言うと、椅子を持ってきて吊り下げられている薫の前に座った。

 薫は、全体重が足首にかかる痛み、体中の血が頭に下がる苦しみ、そして羞恥の部分を隠し続ける辛さの3つを耐えなければならなかった。

 最初に音を上げたのは薫の左足だった。
先ほどから疲労の極に達していた左足は、薫の意志に反して下がり始めた。

「おやおや?もう足を下げたのですか?そんなに見て欲しいってことは、やっぱり変態なのですか?まさかねえ。神谷道場の跡取がそんなはしたない真似するわけないよね」
「んーんー」

薫は頭を振って否定する。しかし、左足は疲労で一寸たりともあげることはできなかった。

8 :不明なデバイスさん:2001/08/22(水) 01:22
「そうですか。じゃあ、もうちょっと待ってみますね」
「んん、んんーんん(何よ、卑怯じゃない)」

薫は講義するが、縁は涼しい顔で座っている。
(絶対手を離してやるもんですか。こんな奴に見せてたまるものですか)
薫の決意と裏腹に秘所を隠している手にだんだん力が入らなくなる。

「おや、もう終わりですか?そんなに私に見せたいのですか?」

薫の手が降り始めると縁はひやかしの言葉をかける。
そのたびに薫は必死に手を戻す。
が、その戻る幅がだんだん少なくなり始めた。
(嫌、嫌、嫌ー)
ついに両腕もだらんとさがってしまった。
それを見て縁が薫に近づく。

9 :不明なデバイスさん:2001/08/22(水) 01:23
「ほお、やっぱりお嬢ちゃんは変態だったんですね。で、また、ずいぶん股を広げてますね。お尻の穴も丸見えですよ。こーんなに股を開いても恥ずかしくないんですか?」

「んんんーんん。んんーんん!(恥ずかしいに決まってるじゃない、この変態!)」

薫は真っ赤になって抗議をする。

「ぜんぜん恥ずかしくない、へえ。それじゃお嬢ちゃんは、よほどの淫乱か、露出狂なんですね」
「んんんんーんんん、んんんん!(恥ずかしいって言ってるでしょ?)」
「へえ、人に見てもらうのが好き。そうでしょうね。普通なら絶対こんなかっこしませんよね。それをお嬢ちゃんは自分の意思で見せてるんですから」
「んんんん、んーんんん、んんんん!(そんなことないでしょ。卑怯よ!)」
「え、何?もっとじっくり見てもらえる態勢にして欲しいって?はいはい。ではご要望にお答えしましょうかね」

10 :不明なデバイスさん:2001/08/22(水) 01:24
縁は別室から奇妙な椅子を運んできた。
椅子といっても鋼でできており、両手、両足、背中、額の6箇所を皮のバンドで固定するようになっている。
手と足と首は自由継手で固定されており、機械の操作で自由に動かすこともできるようになっている。
また、本来腰を下ろす部分は、尾体骨の後ろに自在継手の継手があリ、そこから足に伸びる2本の鋼材で腰を支える用になっている。
つまり、2本の棒にすわるような状態である。
現在は足の自在継手は閉じられており、逆に両手の自在継手は頭の上で万歳をするような形に固定されている。
縁は薫のそばにその椅子を置くと、両手と左足にぶる下がっている鎖を上手に操作して、両手と左足をその椅子に固定した。
その後、右手の鎖を使って右足首を固定した。
薫も腰をゆすって抵抗したが、両手足を固定されているため、やすやすと腰も固定されてしまった。
その後、縁は自在継手を操作して、肘掛付きの椅子のような形に変形させ、最後にヘッドレストに薫の頭を固定させた。

「さて」

と縁は言葉を継いだ。

11 :不明なメーカーさん :2001/08/23(木) 16:15
ドットが抜けていても何も表示されないなどの不都合がなければ
その製品は正常品扱いになりますので交換することは出来ません。
つまり「交換するのは無理、ごねる奴はクレーマー」です。
お友達にもよく言っておいてね。

9 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)