5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★昔の『ぶ〜け』を語りたい★

1 :花と名無しさん:2001/08/16(木) 13:50
松苗あけみ 吉野朔美 耕野裕子 竹坂かほり 水樹和佳 水星冥・・・

大好きだった。

2 :花と名無しさん:2001/08/16(木) 13:58
あの分厚い感じが良かったなあ

3 :花と名無しさん:2001/08/16(木) 16:21
ちょとお姉さん雑誌。
内田良美さんの表紙が劇的に美しかった。
何時から壊れたのぉ〜。
誰が悪いのぉ〜。
どうして晩年はH漫画ばかりになってしまったのぉ〜。
稚や虜の漫画は面白いがあの辺から崩れ始めたのかなと個人的に思っている。

4 :花と名無しさん:2001/08/16(木) 16:44
>>3
そうそう、内田善美のリアルでお上品な表紙が好きだった!

5 :花と名無しさん :2001/08/16(木) 16:56
ぶ〜け好きだった。
好きな作家いっぱい、総集編も読めておトクだった。

そんなに好きじゃなかったけど、梨木有実さんとか
どこいっちゃったんだろう・・・

6 :花と名無しさん:2001/08/16(木) 17:36
柏屋コッコも追加きぼ〜ん

7 :花と名無しさん :2001/08/16(木) 18:21
コミックスのデザインがシンプルでとても好きだった。

8 :花と名無しさん:2001/08/17(金) 00:23
耕野裕子のマンガ大好きです。今も描いているんだろうか?
キリストたちのロンドとか、リバイバルはいつも電車で、とかよかったなー
他の漫画家さんも、みんな読みごたえがあって、発売日が待ち遠しかった。

9 :花と名無しさん :2001/08/17(金) 00:47
単行本のあの緑のチェック柄が好きでした。

10 :花と名無しさん:2001/08/17(金) 01:13
>>1
(正)吉野朔実、水星茗。
>>3
(正)内田善美
>>8
他誌でたまにかいてます。
>>9
こんなものもあります。
ttp://www.riddle.club.pos.to/riddle-bbs.cgi

11 ::2001/08/17(金) 01:27
10さん、訂正ありがとうございます。
勢いでスレたててしまったもので・・・。

わたし、竹坂かほりさんの「空のオルガン」が好きで毎月買うようになりました。
たまに山岸凉子さんの読みきりが載るのも好きでした。
あと、水星茗さんのシリーズもの好きでした。

12 :花と名無しさん:2001/08/17(金) 01:27
柏屋コッコって今何やってんの?

13 :花と名無しさん:2001/08/17(金) 01:29
岩館真理子さんの漫画の総集編がとても楽しみだったなぁ。

14 :花と名無しさん:2001/08/17(金) 01:32
水樹和佳も水樹和佳子になったんだよね、名前・・・・
いいんだけど、なんかちょっと残念。
逢坂みえこも大好きでした。彼女は今も活躍中だけどね。

15 :花と名無しさん:2001/08/17(金) 01:38
イティハーサっていまだによくわからない。
絵が異常に綺麗で、扉絵一枚書くのに一週間かかってたって聞いた。

16 :花と名無しさん:2001/08/17(金) 01:39
ってかさー、松苗あけみって「純情クレイジーフルーツ」以外
全然おもしろくないんですけど・・・。

17 :花と名無しさん:2001/08/17(金) 01:39
クッキーになったら、一気に子供っぽくなっちゃったね。

18 :花と名無しさん:2001/08/17(金) 01:51
松苗先生、純クレ以外にもHUSH!、ロマンスの王国
もう学校へなんか行かないとか好きだなー。

竹坂先生の空のオルガンも好きだった。
竹坂先生はもう漫画家やめられたの?

19 :花と名無しさん:2001/08/17(金) 01:53
>>13
私はそれで岩館真理子のファンになりました。
(「まるでシャボン」だったかな)
ほかにもくらもちふさことか、あと有閑倶楽部なんかも
一気に読めて楽しかったな。
カラーページの裏にインタビューが載ってた記憶があります。

20 :花と名無しさん:2001/08/17(金) 02:04
私は「逝きにやろうぜ逝きによ」総集編で聖千秋のファンになった。

21 :花と名無しさん:2001/08/17(金) 02:22
あたしも元ぶ〜け派です。まぜてください〜〜!

>19 あたしも有閑倶楽部はうれしかったです。
当時のあの年ではりぼんを買いたくなかったし。

ぶ〜けって、初期、中期、後期に分かれると思うんですけど、
あたしは初期の終わりのころからずっと終わりまで買ってました。
本当の初期のころはたまにしか買ってなかったんですが、
正直 苦手な絵柄の人が多いなあ、、って思ってました。
でもストーリーはおもしろかったなあ。。

中期のノリノリ期、純クレ、吉野、耕野、イティ、逢坂、、
丸ごと一冊、、豪華な花束。
すごかったですよね。

ところで梨木有実さん、好きだったなあ。。。。
身体弱いって書かれてたけど、、そのせい?

ぶ〜けのサイズが変わってからは、、、、
ハシにも棒にもかからないようなのになってしまいましたよね。
語るところなし!

22 :月虹:2001/08/17(金) 02:25
水樹和佳の描くSFの世界が好きだった。絵も綺麗だったし。
イティハーサは個人的には難しすぎてよくわからなかった。
トオコちゃんだっけ。かわいかったね。

23 :花と名無しさん:2001/08/17(金) 02:28
吉野朔実といえば、
「少年は荒野をめざす」
でしょ。やっぱし。

24 :花と名無しさん:2001/08/17(金) 02:57
>>23
同意。「いたいけな瞳」だっていう人も多いとは思うけど、
私の中で「少年は〜」は、ぶ〜けの黄金時代と完全に重なってる分印象が強い。
もう少し後の、夢路行さんとかもすっごく好きだった、
あの頃のぶ〜けのイメージが強い作家さんだと思うんだけどね。

25 :花と名無しさん:2001/08/17(金) 07:08
改めて思う、ほんとに面白い雑誌だったんだな…

>>21
初期、中期、後期、の分類がいまいちよくわかりません。
末期=デカサイズ、というのは分かりますが(w
できれば年代順にもすこし詳しく語って欲しいなあ。

26 :花と名無しさん:2001/08/17(金) 08:56
>>23 吉野朔実といえば、
   「少年は荒野をめざす」
   でしょ。やっぱし。

私もです。「少年は荒野を〜」はかなりはまりました。
ぶーけ版とマーガレットコミックス版と2つかってしまいましたー。

27 :花と名無しさん:2001/08/17(金) 09:44
昔のぶーけ、いい作家さんばかりだったですよね〜。
吉野さんに秋吉くま子?さんも好きだった・・。

松苗さん作品では私も純クレが一番好きです。
他も可愛いけど、松苗さんの漫画は女の子視点が多い方が面白い
と思います。
実子とみよちゃんみたいに、女の子がちゃんと計算高いとことか。
そういえば松苗さんの男性キャラは好きじゃないかも。

28 :花と名無しさん:2001/08/17(金) 19:12
竹坂かほりさんの『花は幽かに・・・』が大好きでした・・・。

29 :花と名無しさん:2001/08/17(金) 19:16
ぶ〜け といえば、やっぱ内田善美。
既に漫画は書いてなかったのに、表紙だけは書いてたよね。

吉野朔実といえば、皆様の書いてるとおり、少年は荒野をめざす これっきゃないでしょう。
ぶ〜け が一番おもしろい時期だったね。

30 :花と名無しさん:2001/08/18(土) 02:50
後期の区切りとしては
チヤトリがエースで原田妙子のハシのつまみにもならない
ラブコメなんかがメインになった頃じゃないでしょうか。

出てきた以外だと摩天楼のバーディーがいいねえ。
山下和美も超豪華メンバーで特別扱いにならないくらいだったから
全盛期のぶ〜けはやっぱすごいものですわ。

31 :花と名無しさん:2001/08/18(土) 03:09
>摩天楼のバーディー
それはヤングユーだ…

32 :花と名無しさん:2001/08/18(土) 03:16
総集編付の時代がお買い得で、
作家人も現役バリバリで好きだったな。

個人的には、あの頃の吉野朔実の絵柄が好きだった。
今もいいんだけど。
堅さが、狩野の堅さと結びついている感じがして好きだった。

ああいう総集編雑誌、する気はないのかな。
(でも月刊柄亀のようなのはいや〜ん)

33 :花と名無しさん:2001/08/18(土) 04:43
三岸せいこが大好きだったな〜
あとやっぱり内田善美。
他には笈川かおるがほのかにお気に入り。
松苗あけみは連載よりか読み切りをたくさん描いて欲しかったよ。

34 :花と名無しさん:2001/08/18(土) 04:56
三山節子とかいたよね。絵がおばさんっぽくて嫌いだったけど。

35 :花と名無しさん:2001/08/18(土) 04:58
あたしは「ジュリエットの卵」が好きだった。吉野先生。

36 :花と名無しさん :2001/08/18(土) 06:16
桐島いつみの毎回読みきりになっているシリーズ(題名忘れた)が
好きだった。「このアマ!」と言われても納得したいが為に
修道院にはいった子が晴れて尼になったのはよかったけど、
だれもシスターに向かって「このアマ!」って言ってくれないので
次は「海女」になるお話。
コミックス探しているんだけど「まんだらけ」にも「ブックオフ」にも無い(涙
あと、「探偵ナイトスクープ」で紹介された、鼻毛の伸びる漫画ってぶーけコミックス
ですよね???

37 :花と名無しさん:2001/08/18(土) 06:22
>>36
尼さんの話は「まっかな人間像」の、多分1巻です。
鼻毛の話はどれだっけ。調べておきます。

38 :花と名無しさん:2001/08/18(土) 06:46
桐島いつみ、好きでした。
「わたしが主人公」とか「東京まで二時間」とか。
華麗な絵柄ばっかのぶ〜けに何故こんな絵が…、って
最初思ってたけど読んだら大ウケ。

39 :花と名無しさん@36 :2001/08/18(土) 06:55
>>37
「まっかな人間像」!!そうでした!ありがとうございます!
>>38
探偵ナイトスクープで出てたのは「わたしは主人公」でした!

お二人ともありがとうございます。古本屋めぐりがんばります。

40 :花と名無しさん:2001/08/18(土) 07:07
ちやとりが「薔薇柄・・・」で大プッシュされた時は
なんかスゲエな、と思った。

41 :花と名無しさん :2001/08/18(土) 07:15
遊知やよみ先生が「福屋堂本舗」をだすまえに読みきりで描かれた作品で、
小学校の女の子が、いじめっ子が底なし穴に落ちそうになっても
「今までさんざん無視しといてこういう時だけ助けてっていうの?」
とそのまま見捨てていくという、ブルーな漫画もういちどみたい。
その時も姉妹構成が3姉妹だったような…。

42 :花と名無しさん:2001/08/18(土) 07:19
>>41
「クッキー関連はコチラPart2」
http://salad.2ch.net/test/read.cgi?bbs=gcomic&key=995110243&ls=50
の177に、情報があります。

三姉妹の話はそれではなくて「きよちゃん家の出来事」のほうでは?
うろ覚えなので自信なし。

43 :花と名無しさん :2001/08/18(土) 07:27
>>42
うおー、情報ありがとうございます。
でも、コミックス化はされてないでしょうね…。しくしく。

44 :花と名無しさん:2001/08/18(土) 15:07
わたしはクッキーなんて糞漫画雑誌語りたくない。
「ぶ〜け」が語りたいの。

45 :花と名無しさん:2001/08/18(土) 15:14
私もぶ〜けを語りたいけど、キライな雑誌を糞なんて言う人とは
語りたくない

46 :花と名無しさん:2001/08/18(土) 15:35
>>31
摩天楼のバーディーって最初はぶ〜けに載ってたよ。
後でYYに移ったけど。

47 :花と名無しさん:2001/08/18(土) 17:37
>>46
何かとお間違いでしょう。ぶ〜けにもぶ〜け増刊にも載っていません。
山下和美がぶ〜けで描いた作品は
「ゴーストタウンに星が降る」「私が愛した悪魔」に載っているものが全てです。

48 :花と名無しさん:2001/08/18(土) 18:50
ぶ〜けって廃刊されてから何年たったっけ?

山岸りょーこのこわいこわい読みきり好きだった。
牧神の午後(これは恐くないけど)とかちびきのいわとか鏡よ鏡・・
ぶーけ掲載だったよね。

49 :花と名無しさん:2001/08/18(土) 18:51
>46>47

真相はどっち?

50 :花と名無しさん:2001/08/18(土) 18:54
ぶ〜け の 「〜」 にこだわりがあるのよね。
パソコンのキーに「〜」があってよかった(w

51 :花と名無しさん:2001/08/18(土) 19:06
最初からYYだっての。

52 :花と名無しさん:2001/08/18(土) 19:19
>>47が真実と思われ。

あまり好きじゃなかったけど
九月乃梨子とかどこいっちゃったんでしょうね。

53 :花と名無しさん:2001/08/18(土) 19:24
ぶ〜けは去年かな。>休刊
腹立ってブコフに「福家堂」売りに行った記憶がある。
あの最終回、できるなら書き換えてくれ。頼む。

54 :ぷかぷか:2001/08/18(土) 23:16
>33様
私も三岸せいこさん大好きでしたああ!!
でも「夢見る星に降る雨は」「ヴィクトローラ聞こゆ」
の2冊しか単行本もってない(これで全部?)
それにしてもなんと美しいタイトル名!
ああ、懐かしくて泣きそう・・。

55 :花と名無しさん :2001/08/18(土) 23:30
桐嶋いつみさんの「いきなりSF」でおもいっきり
笑いました。その後何作か読みましたが、今はどうされているんですか?

56 :あああ!:2001/08/18(土) 23:34
>>33>>54
三岸せいこさん私も大好きでした!
私も54さんと同じくその2冊しか持ってないです。
しかし、おそらく単行本未収録の「グリーンスリーヴス」が特に好きで…
マイナーだから文庫にもならないんだろうなあ…(泣)

57 :ぷかぷか:2001/08/18(土) 23:40
>56様
うわ、それ読みたい!!
何年の何月号の作品ですか?
ほかにも未収録作品あるんでしょうね・・。
物置いって発掘してこようかな(笑)

58 :花と名無しさん:2001/08/18(土) 23:43
きゃー、三岸せいこさんの名前がでてるー。それも、グリーンスリーブスの話が
出るなんて、泣けてきちゃいそう。あの話、私も大好きです(って、ディティール
はまったく覚えていないんですが。とにかくじーんと来た印象だけ強く残ってる)。
単行本未収録の話、誰かが雑誌の切り抜き持ってて、読ませてくれるというのなら
飛んでいきたい。実際にはチビ育てているんで無理ですけど。

59 :56:2001/08/18(土) 23:47
>>57さん
何年の何月号かは今は解りませんが、実家にとって置いてあるので
今度見て来ます!
未収録作品は、というか作品一覧がどっちかのコミックスに載ってたと思います。
そしてたしか三岸さんのデビューはりぼんだったはず…
ああ、懐かしい〜…

60 :花と名無しさん:2001/08/19(日) 00:01
三岸さん、儚げな線でなかなか骨のあるストーリー(笑)が好きでした。
絵柄も個性的でよかったけど、ストーリーが上手い人だと思います。
内田さんについてはもう言うことないです。寡作だけど一つ一つの作品が
素晴らしかった。ここまで描ける人が筆を折る理由って何?
松苗さんと吉野さんは概出の連載よりも以前の、読み切りもののほうが
好きでした。確かに純クレは面白かったけど。

61 :花と名無しさん:2001/08/19(日) 00:17
>>55
桐島いつみさん、確か大分前マージャン雑誌で「イッパツの女」とかいう
漫画を連載してましたよ。
単行本にもなってる筈。はっきりいってかなり面白かったです。

62 :花と名無しさん:2001/08/19(日) 00:22
三岸せいこの名前を今ごろ聞けるとは思わなかったあぁ!
私も大好きだったんだー(映画の影響とか強く受けてましたっけ)
シンデレーラの話とか・・・ああもう一度読みたい!
文庫化してもらえないかなあ。
名作集とか、別の作家さんとのカップリングでもいいから・・・

63 :花と名無しさん:2001/08/19(日) 00:25
ぶ〜けじゃなかったけど「イッパツの女」、読んでました。
麻雀漫画ですよね。
とにかく男とイッパツやりたい!でも自分から誘うのはちょっと・・・
と思っている美女が自分をかけて麻雀するんです。
で、一生懸命負けようとするんだけど、
いつもじゃまがはいって勝ってしまう、という、実も蓋もなく面白い話です。
単行本が出ていたのは知りませんでしたー。
こんどさがしてみよう。

64 :花と名無しさん:2001/08/19(日) 00:34
三岸せいこのコミックス未収録作品は
「グリーンスリーヴス」
「ドーンを待ちながら」
「夜汽車に乗って」
の三作だと思う。
雑誌に載った最後の作品が
「夜汽車に乗って」らしいのですが
私はこれだけ読みのがしてしまった。
そのうちコミックスで読めると思ってたのに
筆を折っちゃうなんてほんとうに残念だ。
いまだに古本屋で三岸さんのコミックスをみかけると
持っていてもつい買っちゃって
「夢みる星に…」は2冊あったりする自分です。

65 :ぷかぷか:2001/08/19(日) 00:37
・・とりあえず三岸さんの単行本をサルベージ
してきました。コミックスタイトル正確には
「夢見る星にふる雨は・・・」
「ヴィクトローラきこゆ」ですね。

「グリーンスリーブス」はぶ〜けDXS56年2月10日号
う〜、持ってないかも(泣)
ついでにちょっと時期は下がりますが夢路 行さんの「緑野(りょくや)」
も見つかりました。このひとも大好きだったんです・・。
作品名失念してるけど主人公の女性が少年に「誕生日」を
説明するときに
「あなたが この日生まれてきて わたしはうれしい、ってことよ」
って語りかけるシーンに感涙した記憶があります。

66 :花と名無しさん:2001/08/19(日) 00:43
情報は不完全だけど、こんなページあるよ
"We Love BOUQUET!"
http://isweb10.infoseek.co.jp/art/bananab/index.html

67 :花と名無しさん:2001/08/19(日) 01:23
8/5の日曜日、西早稲田の "現代マンガ図書館" 1階の古本屋で『ぶ〜け』を見つけた。
たしか80年の10,11,12月号の3册だったと思う。
入荷したばかりらしく、梱包されたままの状態だったが店員に値段を訪ねた。
その店員は値段をつけられなかったらしく、
内記さんの長男? と思われる人が対応してくれた。
「80年代のは人気があって、なかなかなくて・・・」
などと説明して500円、500円、1000円と値付けした。
一冊だけ1000円なのは「◯◯先生のが載ってるから」(誰だったかは失念)
目次を確認させてもらい、目当ての作家さんが掲載されていなかったので
結局買わなかったけど、ちょっと高いんじゃない?
ここで何冊か『ぶ〜け』を買った事があるけど全部100円だったよー。

その日、その後訪れた渋谷の "まんだらけ" で81年12月号を150円で買った。

68 :花と名無しさん:2001/08/19(日) 01:33
遅レス参加だけど、こんなスレあったんですね。
面白かった。しばらく漫画から遠ざかっていたのに、「ぶ〜け」できっちり
少女漫画にはまりもどってしまった。
確かに、「少年は荒野をめざす」あたりの時期って、とにかく盛りあがってた気がする。
あんまりちゃんと思い出せないので、覚えてる人どんどん語ってほしーーーー。

69 :花と名無しさん:2001/08/19(日) 02:28
初めて買ったぶ〜け。
松苗あけみの『ファンタストの恋愛』が巻頭カラーで、
それからしばらく買い続けてました。
緑のクロス柄コミックスも、あんなに沢山、持っていたのに。
とっておけばよかった。(´п`)

70 :花と名無しさん:2001/08/19(日) 06:38
花束といえば、あの美しい装丁が好きだった。
中期と言っていいんだろうか、<21
表紙イラストが裏表紙まで一体になっている装丁の頃です。

71 :花と名無しさん:2001/08/19(日) 07:56
かつては結構ぶ〜けの古本って売ってたけど、
最近って見ないなあ。。。。
うちには90年から終わり
(サイズが大きくなってつまんなくなってから半年分くらい)まで
あるけど、これには価値があるのかなあ???
価値があろうがなかろうが、、ま、このまま持ってるだろうけど。
でも今読みたいのはどっちかというと80年代前半のやつ。
なつかし〜〜〜な〜〜〜〜。。。
捨てなきゃよかった。

72 :花と名無しさん:2001/08/19(日) 10:31
響野まりんって響夜魔林さんですよね
いつ名前かわったんだろう?

73 :花と名無しさん :2001/08/19(日) 12:30
水樹和佳子さんのアシスタント出身の方が描いてた「・・・」ってありましたよね。
ベルセルクのパックみた時、この感じあの絵だ〜!と思ったんですけど。
作者の名前が思い出せないんですけど今も描かれてますか?

74 :花と名無しさん:2001/08/19(日) 13:37
>73
九月のりこ(字わすれた)さんですねえ。確か。
今も描かれてるかはわからないですが。

75 :目次屋:2001/08/19(日) 16:01
>>65
夢路行さんは、10月に久々の新刊が出ます。
潮出版社「春の回線」。

>>66
「ぶ〜け総目次」コミケで出てます。

>>71
古本的な価値は、残念ながらほとんど無いと思います。
でもご自分にとって価値があるなら、それで十分でしょうね。

>>72
ぶ〜けデラックス時代に変わってます。
85年の作品は〜魔林ですが、88年の作品では〜まりんです。
間があいているので、それ以上はわかりませんが。

>>73、74
96年頃までは確認できますが、その後は分かりません。
少なくとも主要な雑誌では描いていないのではないでしょうか。

「…点点点」以外には、96年に「ちびさん」という単行本が出ています。

76 :花と名無しさん:2001/08/19(日) 16:17
ぶ〜けコミックスの装丁のあのダサさ。
大手出版社なのにマイナー出版社のような…。
雑誌を知らなかったら一生手に取ることはなかったと思う。

77 :花と名無しさん:2001/08/19(日) 16:42
↑いつ頃の装丁の事???

>>75 目次屋さん
ありがとうございます

「総目次」はコミケ以外では買えないのですか?

ついでにもう一つお聞きしたい事が
増田かずいさんは現在活動されているかどうか御存じですか?

78 :花と名無しさん :2001/08/19(日) 17:50
>>74
>>75
ありがとうございます、乃梨子さんだったっけ?
「ちびさん」っていう作品は全然知らないわ…。

79 :花と名無しさん:2001/08/19(日) 17:50
総集編が大好きだった〜!!お得だったよね。

80 :花と名無しさん:2001/08/19(日) 17:51
緑の格子が表裏に引いてあるやつ。>>77

81 :花と名無しさん :2001/08/19(日) 18:51
内田春菊のエッセイで、自称「心はパンク」なバイトの女の子が分厚い少女漫画雑誌を
読んでるのを悪し様に言ってたことがあったんだけど、これぶ〜けだよなあ…パンクと
言えないこともないかも知れないな…と思ったことがあります。
自分でも根拠は不明ですが(笑)

82 :花と名無しさん:2001/08/19(日) 22:28
『ぶ〜け』についてココでは意外と語りにくいね。

愛読者でも、ほとんどは数年で"卒業"していると思う。
20年以上に渡って掲載されてきた多数の作品について語ろうとしても、
読んでいた時期と違うと話についてゆけない。

それに有名な作家や作品は単独スレで独立しているし。

好きな雑誌だったから多く語り合いたいのだけど・・・

83 :花と名無しさん:2001/08/19(日) 22:47
ぶ〜けの長期連載作品ってどんなのあったっけ?

『フロ屋のおきて』藤谷みつる
『柏屋コッコの人生(万×)漫才』柏屋コッコ
『永遠の野原』逢坂みえこ

他には?

84 :花と名無しさん:2001/08/19(日) 22:50
『CLEAR』耕野裕子

85 :花と名無しさん:2001/08/19(日) 22:51
>>83
そりゃもちろんイティですよ!
なにせ完結までに10年位かかってますから。

86 :花と名無しさん:2001/08/19(日) 22:54
イティ、はじめから読んでなかったせいかもしれないけど
読む気になれなくて飛ばして読んでたよ。
半年に一回ペースくらいでページ数をかなり割いて連載してましたよね。
あれちょっと鬱だった。
ファンの人ゴメソ。。。

87 :花と名無しさん:2001/08/19(日) 23:14
>>86
私も雑誌掲載時は読む気になれずとばしてたんですが、
(連載途中からなのではいれなかった。人物の見分けつかなかったし)
こないだ文庫本でイティを読み返してみて、最終巻で三度泣きました。
やっぱりあの人は凄い。
個人的には火星の芥子の花の話が好きでした。あれも泣いた。

88 :花と名無しさん:2001/08/19(日) 23:34
>>87
>芥子の花の話
「ケシの咲く惑星」のことでしょうか?
なら火星じゃなくて金星だよーん

89 :花と名無しさん:2001/08/20(月) 00:02
『ぶ〜け』に限った話じゃないけど
好きじゃない話を読み飛ばす時に
2ページ位の4コマとかも一緒に飛ばしてしまって
後にその存在に気付くことってあるよね

90 :花と名無しさん:2001/08/20(月) 02:01
キャンディ・サトウ
大嫌いだったなぁ…。全然笑えなかったしウザかった。
しかし、それすらも懐かしい…。

91 :花と名無しさん:2001/08/20(月) 02:10
>>90
懐かしむほどむかしの話でないよーな
クッキーで続いてるし

92 :花と名無しさん:2001/08/20(月) 02:22
そうだったのか…(恥
クッキー読んでないから知らなかった。
まだ続いてると知ってたら、懐かしみもしなかったのに。ちっ。

93 :花と名無しさん:2001/08/20(月) 02:29
>>86
私はイティ好きだったけど、さすがに半年休んで3ヶ月くらい載って…
の繰り返しは鬱入りましたよ。
連載が長くなってこっちの年齢は上がるのに、新しく始まる連載がもろ中高校生向け
だったりすると、イティだけのためにぶ〜けを買うのがだんだん辛くなってきて
もう単行本でまとめて読めばいいや!って思って買うの止めちゃったんですよね。
せめて隔月位に載ってくれてたら、もうちょっと長く買ってただろうな。
水樹先生が遅筆なのも、その分絵が奇麗で丁寧なのも分かってるんですが。

94 :花と名無しさん:2001/08/20(月) 15:37
みずきわかこのサイトいったら絵がミギクリックで手に入るよ。
あたしは前壁紙につかってたよ。

95 :花と名無しさん:2001/08/20(月) 15:53
やっぱちゃんと月一回載せて欲しかったなあ。
絵が荒れるのは嫌だけど、そこのところ克服して欲しかったのに・・・。
この人のこと書いてあるところは(ホムペでも雑誌でも
擁護っぽい人多くてなんだかなあって感じ。
本人もそんな感じだし。
こんなこと書きつつファンだったりする私・・・。

96 :花と名無しさん:2001/08/20(月) 20:57
イティネタが多いね
『ぶ〜け』が世に送りだした名作の一つ って事ですね
じゃ、他は?

97 :花椿くん:2001/08/20(月) 20:59
純クレじゃない?

98 :野沢、太、二太郎、みかん:2001/08/20(月) 22:21
永遠の野原

99 :花と名無しさん:2001/08/20(月) 23:26
吉野朔実諸作品

100 :花と名無しさん:2001/08/20(月) 23:52
松苗あけみは「山田くんと佐藤さん」もよかったよね。

101 :花と名無しさん:2001/08/21(火) 00:03
「ぶ〜け」ってりぼんやマーガレットでは浮いてしまう作家と読者の受け皿的
存在というか、独特の雰囲気あって好きだったなぁ。
りぼん出身の清原なつのとか。

102 :花と名無しさん:2001/08/21(火) 00:38
「花図鑑」清原なつの

103 :花と名無しさん:2001/08/21(火) 00:47
詳しくは知らないけど、つまり

隆盛期の『ぶ〜け』は
無難なヒット路線を狙うのではなく
亜具烈士部 (ことえりでアグレッシブを一発変換したらこうなった 藁)
な姿勢でいい作品を生み出そうとしていた

と捉えていいのかな?

104 :花と名無しさん:2001/08/21(火) 00:48
sazaeage
       ζ                                  (⌒Y⌒Y⌒)
     / ̄ ̄ ̄ ̄ \         ____             /\__/
    /          \       /∵∴∵∴\           /  /    \
   /\    ⌒  ⌒  |     /∵∴∵∴∵∴\         / / ⌒   ⌒ \
   | |    (・)  (・) |    /∵∴//   \|     (⌒ /   (・)  (・) |
   (6-------◯⌒つ |    |∵/   (・)  (・)│    (  (6      つ  |
   |    _||||||||| |    (6       つ  |     ( |    ___ |
    \ / \_/ /     |    ___ |         \   \_/  /
      \____/        \   \_/ /          \____/
   ______.ノ      (⌒)          \____/         ______.ノ      (⌒)
 //::::::::|-、 ,-/::::::ノ ~.レ-r┐    ______.ノ      (⌒)      /::::::::::|----/::::::ノ ~.レ-r┐
/ /:::::::::::|  /:::::ノ__ | .| ト、  /:::∴:|-、 ,-/::::::ノ ~.レ-r┐  /:::::::::::::::|  ./:::::ノ__ | .| ト、
| /:::::::::::::::| 〈 ̄   `-Lλ_レ  /::::::∵:::::|_/:::::ノ__ | .| ト、  | ::::::::::::::::| .〈 ̄   `-Lλ_レ
レ::::::::::::::::::|/::: ̄`ー‐---‐′  |:::;;::::::::::::::::::〈 ̄   `-Lλ_レ   レ::::::::::::::::::|/::: ̄`ー‐---‐

105 :花と名無しさん:2001/08/21(火) 02:07
>「ぶ〜け」ってりぼんやマーガレットでは浮いてしまう作家と読者の受け皿的
>存在というか、独特の雰囲気あって好きだったなぁ。
>りぼん出身の清原なつのとか。

わかる。そうそう。
読んでた頃、まわりの「別マ」とか「週マ」の子って「ああ・・・普通の女の子なんだな・・」
なんて感じてた。
水樹和佳も最初りぼんだったはず。
「清原さんもこっちこないかな〜」と思ってたら、ほんとにぶ〜けに描き始めて、嬉しかったな〜。

106 :花と名無しさん:2001/08/21(火) 09:49
ぶ〜けといえば総集編!

107 :花と名無しさん:2001/08/21(火) 09:55
>>103
売れ筋ではないから好きなことがさせてもらえる、作家さんにとっては自由度の高い
雑誌だったのではないかと思ってます。
結果として、カルト的な人気を持つ作家、作品が多く産まれたのではないかと。
神経質そうな絵柄、こだわりのある作風の人が多かった。担当編集者泣かせの雑誌
だったのでは?

108 :花と名無しさん:2001/08/21(火) 10:10
たぶん全盛期のぶ〜けは総集編で売れていたのだと思う。
だからいい意味で、連載漫画に関して編集の手が入らなかった。
総集編、という柱があったから、メインはあと一品くらいでいい、とね。
でも、その総集編にだんだん頼れなくなって来て
最後にはその総集編もなくしてしまったら、
今までフリーハンドだった連載漫画で人気をとらなきゃいけなくなって来た。

上記のような理由でもともとぶ〜けは新人漫画家を育てない、で
有名だったけど、総集編をとっぱらったときに、一気にそのつけが来た。
そのときに売れていたのが、なんとチヤトリコだけ。

で、廃刊、と。

109 :花と名無しさん:2001/08/21(火) 11:22
松苗あけみ 吉野朔実 耕野裕子 竹坂かほり 水樹和佳

ぶ〜け の 五大連載陣!

110 :花と名無しさん:2001/08/21(火) 12:57
>>107
編集者泣かせというよりはむしろ、編集者の好み
でああいう路線を取っていたのかと思われ。
具体的には、創刊から10年以上編集長をしていた佐治輝久氏。
(彼以降の編集長の任期は、平均2年弱)
彼の主義・嗜好が強く反映されたのが”昔のぶ〜け”かと。
ここで懐かしまれる作品のほとんどは、彼の任期中に始まっているし。

111 :花と名無しさん:2001/08/21(火) 13:23
>具体的には、創刊から10年以上編集長をしていた佐治輝久氏。

ぶーけデラックスとかに作家論を書いたりしてませんでしたっけ?
内田善美とかね。
当時、編集者が特定作家にこんなに入れ込んでるのを
おおっぴらに書くのはマズイんでは…と思った記憶がある。
でも「趣味のいい人だ」とも思った。

112 :花と名無しさん:2001/08/21(火) 13:29
他誌を含めた漫画の批評を1/5ページくらいで
やってたの覚えてますか?
あれ好きでした。
本当にマンが好きな人が書いてるんだなあって。

113 :花と名無しさん:2001/08/21(火) 20:48
それかなり古い話だよね 80年代初期くらいにそんなコーナーあったよね?

114 :花と名無しさん:2001/08/21(火) 20:59
>>112
とりあえず82年のぶ〜けで確認できました

「立ち読みコーナー」
1ページ使って他誌の作品を紹介して批評
プチコミ、花ゆめ、月刊ST、別コミ、ララ等

ちなみにその隣のページを半分使って「掘り出し物コーナー」と銘打ち、
同人誌を3,4作品紹介しています

115 :花と名無しさん:2001/08/21(火) 21:09
エチエンヌシリーズの続きが読みたいよー・・・

116 :花と名無しさん:2001/08/21(火) 21:11
>>108
ぶ〜け "休刊" の理由はそれ? そうかなー

マンガ家養成コースとか結構真面目にやってなかったっけ?
短編部門とか長編部門とか分けてたりして・・・
一席に入選しても即デビューじゃなく特別養成クラスで
数カ月修行させてから使って無かったっけ?

でも晩年のぶ〜けがスカスカだったのは確かだよね
あれじゃ買わないよ

117 :107:2001/08/21(火) 21:19
>>110
むしろ編集者にとって自由度の高い雑誌だったってことですか。なるほど、納得。
で、佐治氏は今も現役なんでしょうか。もしそうなら手がけてる本を読んでみたい
です。

118 :花と名無しさん:2001/08/21(火) 21:59
はえぬきで吉野朔実が育っているのに、新人を育てていなかったってことは
絶対にないでしょう。

119 :花と名無しさん:2001/08/21(火) 22:17
逆にいうと、吉野朔実とチヤトリコくらいしか育たなかったってことだよね。
この率の少なさは、編集の力というより、作家本人のふんばりだろう。
耕野ゆうことかもいたけど、単行本でのヒットはなし。
(単行本でのヒットがないのは吉野朔実もおなじ)
良質な作品は作ったかもしれないけど、ヒットのなさは
漫画界において致命的。
その他にも、毎年デビューする人はいたけど、見事に編集上でのプッシュはなし。
まわりから見ていて、新人が育たない、で有名だったよ。

120 :花と名無しさん:2001/08/21(火) 22:21
なかはら桃太はけっこ〜プッシュされてたと思うけど・・・

121 :花と名無しさん:2001/08/21(火) 22:22
ぶ〜けコミックスって、本誌の方にはあるルビを
単行本化の際にわざわざ外すのをいつも不思議に思ってたんだけど、
誰か理由を知りませんか? 何かこだわりがあったのかなぁ?

122 :花と名無しさん:2001/08/21(火) 22:36
文字が小さくなりすぎて読みにくいからかな?
ぶ〜け本誌と同じ大きさのワイド版だとルビ付いたままだけど

123 :花と名無しさん:2001/08/21(火) 22:56

育てるといっても
作家を手懐けて編集の方針に沿うように矯正する方法じゃなく、
作品にとやかく注文つけて売れ路線に修正させる事でもなく、
作家の意志を尊重して作品を大切にしていただけだとと思う

124 :花と名無しさん:2001/08/21(火) 22:57
読者との交流の場を誌面に作ったり、お茶会開催したり、
作家をひきつれてバスハイクに行ったり、
ことある事に新年会やパーティーを催したり

作品とは全然関係ないけど、
柱の一言とか作家が身近に感じられるのが好きだった。

125 :花と名無しさん:2001/08/21(火) 23:00
ヒット作が出たとか出ないとか、
金銭では換算できないけど
ぶ〜けが与えた影響は大きいと思う

◯◯先生の××という作品が後世に・・・という事ではなく、
ぶ〜けの存在そのものが

126 :花と名無しさん:2001/08/21(火) 23:03
でもたしかに、なくなっちゃあね。。。
残念すぎる。
ああいう雑誌が売れない世の中を嘆く。

127 :花と名無しさん:2001/08/21(火) 23:39
悪貨は良貨を駆逐する

128 :花と名無しさん:2001/08/21(火) 23:41

じゃあ、自分で描いてみよー

ヒトの作品ウダウダ言う奴は特に

129 :花と名無しさん:2001/08/22(水) 17:02
>>105
清原さん、ぶ〜けに移ってからのびのびといい作品を残されましたね。

ぶ〜けでなければ、と思える作家さんが多かった。そういう人たちが
どんどん離れていってしまったのが、後のスカスカ化→廃刊への道、
かな。売れ筋に改革しようとしてよけい売れなくなっちゃった?

>>126 >>ああいう雑誌が売れない世の中を嘆く。
そうですね。でもひとつくらい売れない雑誌があってもいいのにね。
>>127
いいこと言う。

130 :花と名無しさん:2001/08/23(木) 00:26
桐島いつみさんの名前が出てましたので。

ttp://homepage1.nifty.com/pei/index.html

桐島さんのサイトです。

131 :花と名無しさん:2001/08/23(木) 01:05
自分もぶ〜けは大好きだったし、なくなったことは嘆くが
だからといって
>ひとつくらい売れない雑誌があってもいい
は言っちゃならないことだと思う。あくまで商業出版なんだから。
よいものを創って、なおかつそれを売って利益を上げる、
これがプロの編集者ってものでしょう。
ついでながら
>悪貨は良貨を駆逐する
は「いいこと言う」ってなしろものじゃない。
好ましからぬ事実を述べるのみでたいした教訓も含まない
つまらない警句だ。
たかが「売れなかった」という理由で
個性ある作家たちの活躍の場が失われたのなら
売れなかったというのは「たかが」ではなく重要事だったのだ。
ぶ〜けの編集サイドはその辺りの認識が甘かったのだろう。
理想は確かにあったのに。
その理想のため、その無力さを悼む。

132 :花と名無しさん:2001/08/23(木) 02:38
鈴木志保。内田善美。吉野朔実。

133 :花と名無しさん:2001/08/23(木) 08:49
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
| あ         げ!|
|__ ____ ____ _|
     V      V      V
 ∧ ∧ピョーン  ∧ ∧     ∧ ∧
∩´Д`)     (´Д`∩   ∩´Д`∩
ヽ   つ    ⊂   丿   ヽ   ノ
  |  |      |  |ピョーン |  |
  ∪ つ    ⊂ U     ノノゝ) ピュン
  | |||     | |||     | |||

134 :花と名無しさん:2001/08/23(木) 08:54
教えてチャン。

ルビ ってな〜に?

135 :語源はね、:2001/08/23(木) 09:35
コランダムの紅いやつ。

136 :花と名無しさん:2001/08/23(木) 09:36
>>134
・・・・・一応マジレス。
「ルビ」とは「ふりがな」のことさ。

137 :花と名無しさん:2001/08/23(木) 12:08
>>131
いいことを言う。
そうですね、ほんとう、そうですね。

138 :花と名無しさん:2001/08/23(木) 12:23
ぶ〜けが15年前と同じ路線で続いていたとして、今どれだけ売れるかなぁ
個人的には、現在のクッキー程も売れないと思うのだが。
路線変更や休刊は、悲しいけど時代の流れだったんだよ。

139 :花と名無しさん:2001/08/23(木) 12:36
隔月くらいで、、、よかった頃のぶ〜けって感じの人を集めて
っていうのは無理かなあ。。。
志村志保子とかも入れて、、、
モサは絶対にダメということで。

140 :花と名無しさん:2001/08/23(木) 13:40
ある意味、他のがうーんと魅力的な作家陣だったら、
モサ一人くらい入ってて欲しい。
そしたらモサ漫を立ち読みなんてしないで堂々と買って帰れる。

141 :花と名無しさん:2001/08/23(木) 15:55
宮川モサヨだけはかんべんしてくれ〜(´Д`)

142 :花と名無しさん:2001/08/23(木) 16:30
でも、最後の頃の
松苗さんも吉野さんもダメになってたから。。。
耕野さんも、漫画家が主人公の話で萎えた。
そのころのメンバーを今さらそろえてもらっても、あまりうれしくないかも。

143 :花と名無しさん:2001/08/23(木) 17:51
>>140
そうそう!
モサヨを看板にされるのは勘弁だけど、
巻末にひっそりくらいならあっていいんだよね(w

144 :129:2001/08/23(木) 20:26
理想は高いが売れない、そんなぶ〜けが好きでした。理想があるの
だから売れなくてもいい。。。
もしも編集者が同じ所に陥ってしまっていたのだとしたら、商業誌
である以上、確かに許されないことですね。
個人的なロマンチシズムで、ぶ〜けを愛するこのスレの皆様に不愉
快な思いをさせてしまったことをお詫び致します。
でも私はそんなぶ〜けが本当に大好きでした。

145 :花と名無しさん:2001/08/23(木) 21:37
難しいよね。イティとか文庫化したら売れたし、作品自体の評価も
高いんだけど、雑誌の売り上げには結びつかなかったわけだし。
(毎号載ってなかったせいもあるかもしれないけど)

146 :花と名無しさん:2001/08/23(木) 21:54
鈴木志保はいいですね。
最初は「狙いすぎ」で自意識過剰な感じがして好きじゃなかったんだけど
「船を建てる」の連載でどんどん好きになった。
最近の読みきりも不思議な情感があっていいですねえ。

147 :花と名無しさん:2001/08/23(木) 22:09
純クレの終わり、それから一条ゆかりのりぼんからの乱入(エッセイ漫画とか)、
この辺りからぶ〜けに対してワクワク感が薄くなってきた。
原田なんとか、がちょっぴりエッチ(笑)な漫画を連載し、
鳥子がメインぽくなってきたころには、もう惰性感覚。
そしてサイズの変更をきっかけにさよーならー、でした。総集編もなくなってたし。

(それにしてもホットロードの総集編が延々と長くて、
ぶ〜けの総集編を楽しみにしている私にはツラい月が続きました…)

148 :花と名無しさん:2001/08/24(金) 02:10
竹坂かほりさんといえば「say me」よかったな。

149 :花と名無しさん:2001/08/24(金) 02:10
>140 143
モサでの密かな楽しみはわかるんだけど、、
やはり気持ち的にぶ〜けには加わって欲しくないっていうか。
理想のぶ〜けにはイロモノなしでということで。
>147
ホットロードは、、、、苦しかった。
あと 槙村さとるの超能力モノとか、、、

普段りぼん買わなかったから、高橋由佳利とかのはうれしかった。
なかはら桃太がプッシュされ始めてから
ああ方向が違ってきてるなあって。

150 :花と名無しさん:2001/08/24(金) 02:11
吉野朔実は「ジュリエットの卵」がよかった。

151 :花と名無しさん:2001/08/24(金) 04:59
遅れ馳せながら、私も混ぜて。
10年前、日本を離れるまで買っていましたが、
その様な悲惨な末路を辿ったとは知りませんでした。

やはり、吉野朔実が一番好きで「月下の一群」が
ピカイチと思っておりますが、単独スレがあるので
別の話題を。

新人さんが育たない云々との話題がありましたが、(遅レス、ごめん)
当時の養成コース、1席の上に、即デビューってのがあったよね。
その1人目だった人は(名前忘れた。なんとか美香。好きじゃなかった)
何作か描いて消えて、確か二人目だった人(ごめんこっちも名前忘れた)
「シルクロード夢幻」と「夜のガスパール」2作で消えちゃった。
この人、絵は上手いけど地味で、男の人なんて特にダサかったけど
お話は良くって好きだったんだけどな。
佐藤真由も好きだったし、竹坂かほりも、逢坂えみこも(あ、この人は売れたね)
初めから面白かった。
良い新人が結構いたのにね。

152 :花と名無しさん:2001/08/24(金) 05:44
みなさん、いつごろ「ぶ〜け」買うのやめました??
記憶があやふやだけど、私は「少年は荒野をめざす」が終り
イティが一旦お休み&復活して隔月になった時点で
立ち読みにしてしまった気がします・・・・・・

イティはとりあえず続きが読みたい。
でも、あとでどうせコミックス買うしなーーーと。
あとの連載も、とりあえず流れだけ追って
気に入っていれば、コミックスで買うからいいや・・・・と思っていたんですね。
(ジュリ卵とか、清原さんのとか、永遠の野原とかかな)
個人的に、あとで出てきたチヤトリコさんとかナカハラモモタさんがあんまりピンと
こなかったし。

結局、あんまりもともと漫画派じゃないこともあって(小説が好き)
雑誌で買うより、コミックスで置いておきたかったんですよ。
雑誌は場所とるし、すぐ捨てたくなるし。あんまり出来たら買いたくない。
でも、そんな人がほかにもいたとしたら
そんなスタンスがぶ〜けの廃刊を招いてしまったのかも、ってちょっと反省してます。

153 :花と名無しさん:2001/08/24(金) 18:19
なかはら桃太は、子役(チャイドル?)の話で脱落しました。
当時安達祐美がはやってて、Jリーグ流行ってて(名前がJリーガー)、
あまりにもミーハーでいやだった。

もし「ポストぶ〜け」が作られるなら、当時は総集編でしか見られなかったけど
くらもちふさこと岩舘真理子にも参加して欲しい。
わたしにとってこの二人の作品はぶ〜け総集編と切っても切れない関係…

154 :花と名無しさん:2001/08/25(土) 00:39
あれぇ、私いつから読み始めたんだっけ。
中学か高校になってからだったもんで、記憶が曖昧。
りぼんの読み初めなんて、鮮明に覚えてるのにな(小2)。
確か「空の色ににている」が連載中だった。
他に何載ってたか、憶えてないや。憶えてる人いる?

それより前ってどんな人が描いてたんだろう。
名作もあったのかな。
そんな話しも聞きたいぞ。

155 :花と名無しさん:2001/08/25(土) 00:46
>>146
鈴木志保の、読み切りって、どこで読めるの?

156 :花と名無しさん:2001/08/25(土) 01:41
↓期間限定
ttp://www.geocities.co.jp/AnimeComic-Brush/5328/index.html

157 :花と名無しさん:2001/08/25(土) 01:44
ブーケの総集編ではじめてよんだ「いつも上天気」
すきだったな。

158 :花と名無しさん:2001/08/25(土) 02:06
>>155
時々載ってるんだけど雑誌名は忘れてしまいました。ごめん

159 :花と名無しさん:2001/08/25(土) 02:06
梨木有美の絵は好きだったなーー。外人チックで。
話は面白くなかったんだけど。
今なにやってんだろう。

160 :花と名無しさん:2001/08/25(土) 02:21
子供の名前は「たから」にしよう!

161 :花と名無しさん:2001/08/25(土) 13:03
梨木有実梨木有実!あたしも絵が好きでしたあ〜〜。
ていねいで、、、、
いつかたまたま買ったぶ〜けの増刊みたいなので
梨木有実にすっごく似た絵をかく人がいたなあ。
死んだ人を案内するために
天国かなんかで働いてて、地球に来てる話だった。

162 :花と名無しさん:2001/08/26(日) 04:17
男なんですが、いいのかな。
ぶ〜けは92年から休刊の前の号まで買っていました。
ぶ〜けDXもかなり買い続けていて、末期ではぶーけ本誌よりも好きだったぐらい。
ぶ〜けコミックはかなり買っていたので、雑誌は1年ほど前にまとめて処分しました。
人気マンガ家以外では「梨木有実」「秋吉くま子」が好きでした。
梨木さんの「風も空も君も」「Sweet Battle 1vs.1」がお気に入り。
時々コミックを読み返したりしています。
「風」はとてもせつない感じのストーリーがとても好きで、
梨木さんのファンになったきっかけでした。

163 :花と名無しさん:2001/08/26(日) 04:19
どんなストーリですか、簡単におしえてくれませんか?

164 :花と名無しさん:2001/08/26(日) 05:29
ぶ〜け、大好きでした。
前のサイズの時は、少女漫画には珍しく、表裏一体の表紙
(裏表紙もカラーで表紙だった)で、表紙描く方はリキ入れて書いてて。
内田善美さんがずっと描いてたイメージがあり、丁寧に描いてたので
その後の一条さん、松苗さん、吉野さんあたりも、すっごくキレイだった。

それまで総集編の読みたい時だけ買ってたぶ〜けを、毎号買うようになったのは
『少年は荒野を目指す』の第一回から。
別に吉野さんの大ファンでもなかったんですけどね・・・。
結局それから、仕事もからんできて、休刊までおつきあいしてました。
松苗、吉野、耕野、竹坂、逢坂、水樹、水星さんあたりが
連載してて、清原、山岸さんが読みきりや連作描いてたのが、
黄金期(後期)かなぁ・・・。
ぶ〜けデビューの人では、志村志保子、鈴木志保、禾田みちる、
夢路行、最初の頃の柏屋コッコ、あとあー名前ど忘れ・・・よくDXで描いてた人・・・
あたりが好きでした。
当時、ちとおつきあいあったから言えなかったけど、
稚野鳥子、九月乃梨子、原田妙子、なかはら桃太、加藤友緒、
石田拓実、クドウあやさんたちが
プッシュされはじめたのを見て「あー、なんか違うなぁーーー」と
思ってたら没落の一途って感じで、悲しかったな・・・。

165 :花と名無しさん:2001/08/26(日) 05:42
>>164
細かい突っ込みすいません。
表紙を、内田善美が毎号もしくは隔月で描いていた頃、
裏表紙は毎号広告でしたよ。

>あとあー名前ど忘れ・・・よくDXで描いてた人・・・
そのラインナップだと、もりひのとあたり?

166 :花と名無しさん:2001/08/26(日) 06:04
>>165
164です。そうそう、内田善美さん表紙の頃は広告でしたね。
その後の表紙の人も丁寧に描いてたなぁ・・と言いたかった(スマソ)
そして、そう!
もりひのとさんです!!ラインナップでわかるとは・・・すごっ
(さっき気づかなかったけど、sage進行のほうがいいのかな?)

167 :花と名無しさん:2001/08/26(日) 07:04
>>166
もうsageなくても大丈夫。
私は稚野鳥子がプッシュされたときが最初にアレ?って思った。
九月乃梨子は好きだった(絵が水樹系だったし)

168 :花と名無しさん:2001/08/26(日) 07:30
156さんご苦労さん、おもしろかった。でも何回やってんだよ有閑倶楽部ってば・・・

169 :花と名無しさん:2001/08/26(日) 08:10
耕野裕子が全盛期だった頃・・・佐藤真由とか花津美子(「きっと極上ソング」)
好きだった。あと「ブラックサバス」ってホラー物が1回か2回載ったの覚えてる
人いるかな。絵は下手だったし作者も引退してると思うけど。

何年も前処分に困ってたらぶ厚いぶ〜け何年分かを友達が「読みたいから欲しい」
と引き取ってくれました。遊びに行った時はパラパラめくって懐かしがってます。

170 :花と名無しさん:2001/08/26(日) 08:58
竹坂かほりさんの絵って神経質そうであまり好きじゃなかった。
でも読んでいるとどんどんハマってしまう。透き通るような感覚・・。
空のオルガンなんて線がこまやか〜

171 :花と名無しさん:2001/08/26(日) 09:32
>169 ブラックサバス
悪魔に魂を売り渡してロックスターになる話だったね
『ぶ〜け』らしからぬ気味の悪い作品だった
楽器とか機材の書き込みが細かく、
タイトルもマンマだしそういうのが好きな人なんだなと思った

172 :花と名無しさん:2001/08/26(日) 10:41
>>164
おおいに同感ですーーー!!!

竹坂さんは画力は?だったけど
不思議な魅力のある作家さんでしたよね。
わたしもぐんぐんひきこまれた口です、はい。
禾田さんはあの絵がとても好きでした。
今は確かボーイズの方でご活躍なんですよね。
梨木さんは小粒で可愛らしい作品が好きでした。

稚野、原田あたりがプッシュされ、
年齢層の若年化を図った(であろう)あたりで
多くの読者が離れたのだと個人的に解釈しています。

173 :花と名無しさん:2001/08/26(日) 10:55
旧読者卒業の兆しが感じられたので
読者層の若年化を図ったが、
新しい読者を獲得する事が出来なかったし
さらに旧読者の卒業に拍車をかける事になった
って事かい?

174 :花と名無しさん:2001/08/26(日) 11:18
>>151
一人目は睦月美香の『ダークグレイクリスマス』ですね。
初の一発デビューってのが印象的で覚えてます。
それ以外でも、毎月最優秀者の投稿作品が1/2サイズで載ってて、
逢坂みえこ、竹坂かほり(当時は竹坂路加)はデビュー前作品から
印象的でした。

175 :花と名無しさん:2001/08/26(日) 13:17
>>169
うんにゃ。作者のたむろ未知さんはまだ現役です。
つい数日前「女検事・玲緒奈」の最新刊が出たばかり。

176 :コッコちゃん:2001/08/26(日) 14:08
『柏屋コッコ』先生って、もう漫画は書いてないの?

177 :花と名無しさん:2001/08/26(日) 14:11
なぜ上座理保の名前は出ない?
この人もぶ〜けデビューだと思ったけど。
まぁ、自分もそんなに好きというわけではないが。

178 :花と名無しさん:2001/08/26(日) 14:13
>176
書いてるよ。フィーヤンの10月号予告に名前あったと思う。

179 :169:2001/08/26(日) 14:36
>>171
あらすじまでは覚えていませんでした。確かにぶ〜けに似合わぬ不気味な話
だったのでなんとなく印象に残っていました。覚えてた方がいたなんて。

>>177
いましたねー。「真田」なんとかの剣道少女の話が好きだった。
真田ゆきむらだったかな。曖昧。

180 ::2001/08/26(日) 15:01
上座理保「らでぃかるパーティー」

181 :花と名無しさん:2001/08/26(日) 15:13
真田なんとかって主人公が出てくるのは
「マイン・カンプ−我が闘争−」だっけ?

「ぶ〜け」が創刊されたのは、確か小学生の頃だった。
おこちゃまだった私にも、本屋に平積みされた
ぶあつい「ぶ〜け」は印象に残ってた。

初めて読んだのは「少年は荒野をめざす」の
文化祭不参加にされた回が
巻頭カラーだった号。
「なんてキレイな絵なんだ!!」と感動した覚えが。

182 :花と名無しさん:2001/08/26(日) 15:19
>>174
151です。
そうそう、その人。

あと、憶えてる?丸橋みかこだっけ、この人の
掲載投稿作品、別の雑誌に載ってた他の人のの
パクリだった。

それと、投稿じゃないけど「ベンジャミンに花束を」って
まんま、「アルジャーノン」じゃん。
くだらない話題でごめんね。

スレの初めの方にありましたが
三岸せいこはほんとよかったですよね。
「グリーンスリーブス」が好き。
水樹さんは「海のほとりの王国で」が好きでした。
イティは、あんまり・・・。
そして、内田善美の「草迷宮」「草空間」
もったいないぐらいの美しさ。

183 :花と名無しさん:2001/08/26(日) 16:46
>>182
「ベンジャミンに花束を」、安里美夜ですね。
元ネタと全然違うタイトルつけたりしているなら問題ですが、
そうではないし、作中「アルジャーノンに花束を」の本を主人公に読ませてます。
オマージュってことでいいのでは?

184 :花と名無しさん:2001/08/26(日) 16:52
>182
丸橋みかこって名前だけは聞いたことある
逢坂の作品中に「手伝ってくれてありがとう
小樽の丸橋みかこ、練馬の響夜魔林、上川の山本みどり」
とか描き込んであった

185 :花と名無しさん:2001/08/26(日) 17:05
竹坂かほりって、何故「金太クン」て呼ばれてたんだろう?

186 :花と名無しさん:2001/08/26(日) 18:00
>185
当時の写真を見れば一目瞭然

187 :花と名無しさん:2001/08/26(日) 19:28
>185
ある意味、可愛がられてたみたいだね
「最終ページ」本誌掲載当時のアオリ

アダルトムードがやけにせつない50ページラブストーリー
一作ごとに力をつけている金太クンが
大学最後の年にどっぷりと描きあげた意欲作
これで留年は決定じゃ

こんなアオリ、アリ?

188 :花と名無しさん:2001/08/26(日) 19:37
>177
上座理保(うえざりほ)
ペンネームは天気予報(ウェザーリポート)
に由来する と、くだらない事は覚えているが・・・

189 :花と名無しさん:2001/08/26(日) 23:34
>>188
天気予報っつーか、有名なジャズバンドの名前ね

190 :188:01/08/27 05:15 ID:RhtYmnrw
そっち? ジャコパスの・・
そういえば音楽関係の作品描いてたし そうか

191 :花と名無しさん:01/08/27 10:00 ID:UOO9KPLk
上座理保、初期は絵面が汚くて読めなかったなぁ、、、

192 :182:01/08/27 13:36 ID:VS6n7Fek
>>183
そっか。そう考えれば良かったのね。
でも、もうちょい捻って欲しかった気が・・・。
あたしっていじわる?

193 :花と名無しさん :01/08/27 20:39 ID:OHTPon.A
>>179 >>181
>真田なんとか

「マイン・カンプ −真田幸恵の闘争−」ですね。
ハイフンはあったかどうか自信ないですが、主人公の名前は
「幸恵」で間違いないと思います。

私は上座理保といえば「僕らの家」だなあ。特に
好きだったわけじゃないけど、印象に残っている。

194 :花と名無しさん:01/08/28 01:56 ID:0ZCGNpWE
マイン・カンプがバイクにのるようになる子の話でしたっけ?
上座理保って安心して読める人だったなあ〜。
最初のころのtalking lipで作者が病気の時に上座理保と
もう一人が描いたときのがあってなかなか好きでした。

195 :花と名無しさん:01/08/28 04:51 ID:vg/W4lRo
>194
バイクの話は「RUNNING」
少女まんがには珍しく、本格的バイクものでしたね。
「Talking Lips」のもう一人は永井明子。

196 :194:01/08/28 05:31 ID:0ZCGNpWE
>195
をを、そうでした。ありがとう。
永井明子も好きでしたが、今は?
浅い眠り、、とか。
もりひのとも元『ぶ〜け』、、ってタイプですよね。

197 :花と名無しさん:01/08/28 09:57 ID:4N6qUVR2
ウェザーリポートはジャズバンドというよりはフュージョンだよ。
どっちでも漫画にはあんまり関係ないので、さげときます。

198 :花と名無しさん:01/08/28 21:04 ID:4UfxURYQ
ぶ〜けコミックスで初めて買ったのは、
「青になれ!」の中学編。
一紀が好きだったなぁー。

199 :花と名無しさん:01/08/28 21:57 ID:ft1AuJx2
ぶ〜けは最初は母が「分厚くてよい」と買ってきてました。
イティにはまって買い始めたけど
イティの連載中断時で買うのやめました。
その後はイティだけ読みたくて立ち読み。

春くらいの表紙で、イティのメンバーがセーラー服(?)を着て
卒業証書を持っているというものがあったような…

200 :花と名無しさん:01/08/28 23:33 ID:EBrZTJXA
それ、吉野バージョンもなかった?

201 :花と名無しさん:01/08/29 07:58 ID:eejy5M2A
どのコミックス買った???(と基本的なことをいまさら)
私は  竹坂さんなら「花は幽かに」吉野さんは「少年・・・・」
    水樹さんは「樹魔・伝説」以降ほとんど全部、
    耕野裕子さんは「あの頃に会いたい」
あと、清原なつの全般と、「永遠の野原」かなーーー。
松苗さんは普通に「少女マンガだなーーー」と思って読んでた。
コミックスは買いませんでした。

202 : :01/08/29 12:03 ID:C6mbne2g
私は、
吉野さんが「月下の一群」「HAPPY AGE」「少年・・・」「ジュリエット・・・」
清原さんが「花図鑑」「群青の日々」あと後期のおとーさんがスーパーマン
のやつ(名前ど忘れ)
松苗さん「HUSH!」

「純クレ」は掲載当時に読んでいたので買わなかったけど文庫は
買いまいした。あと集英社文庫じゃないけど、清原さんの文庫
もでてるみたいなので今度見つけたら買おうと思ってます。
松苗さんの短編や「ロマンスの王国」あたりが文庫化されたら
買うと思う。

203 :花と名無しさん:01/08/29 14:30 ID:G8bi3Y7Q
倉持知子 「青になれ!」
吉野朔美 「少年・・・」
耕野裕子 青チェックのは全部、「花のお庭」「メロンパン」

吉野さんのコミックスは少ないけど「月下の一群」「王様の食卓」あたりは本誌分解して
取ってありました。
「ジュリエット・・・」は文庫でやっと全部読みました。
水樹さん、清原さんも最近のハヤカワ文庫で買ってます。
内田善美の「星の時計・・・」は古本屋でハードカバーのやつ見つけて買いました。
そういえば「永遠の野原」は途中で買うのやめて売っちゃいました。

204 :花と名無しさん:01/08/29 19:56 ID:jrs2F9.w
85〜92年辺りの読者でした。
往時のぶ〜けは地(吉野朔実)水(水樹和佳)火(松苗あけみ)風(耕野裕子)、
って感じでバランスよかったな〜。総集編が花添えて。
コミックスは姉が買う松苗くらいでしたが、雑誌総体としてホントに好きだった。

中には「この作家また吉野朔実の髪の毛の描き方真似して・・・同じ雑誌でよく
許される・・・」だの、「車の前に新キャラが飛び出して轢きそうになるって
イントロのパターン、やめい!!」とかよく突っ込んでた作家さんも居ましたが、
(名は伏す・・・ってこのスレの人々ならお見通しか)まぁケチつける情熱も含めて
虜だったというか(w
後々出てきたちやとり路線は毛色が違いすぎて突っ込めなかった。

当時の読者方がぶ〜け離脱後どこへ漂着されたのか興味ありますねー。
私は、暫くWings → 暫くヤングアニマル(w → 現在何もなし ですが。
流転しても中・高時代ぶ〜けで培ったナニは今もこの胸にっ

205 :花と名無しさん:01/08/30 16:55 ID:4TFyO02I
私は毎月買ってたのは80年頃〜88年くらいかな。
吉野朔美の「少年・・・」が終わった頃やめたような。
その後もたまには買ったりチェックしたりしてたけど
漫画雑誌はしばらく買わず、レディース誌拾い読みを経て
ヤングユー、コーラス、KISSに落ち着いて数年だけど
どれもこれもつまらなくなった今日この頃。

>>204
吉野朔美真似っこはわかる気がするけど、車に轢かれそうになる
ってのはピンとこない、、、、、
もちとヒントくださいな〜。

206 :花と名無しさん:01/08/30 17:55 ID:KVI/dvR6
しょーっもないこと逝ってもいいですか。

「マーガレット」に「りぼん」をかけて「ぶ〜け」なんだよね。

207 :花と名無しさん:01/08/30 18:17 ID:AaNhIoJs
>206
それ、昔あーみんの漫画で出てた・・・

208 :花と名無しさん:01/08/30 22:09 ID:D5X8aBuw
そんなこと「YOU」?

209 :花と名無しさん:01/08/30 23:50 ID:9ACF8vBk
りぼん→別マ→ぶ〜け→その後なし
この道を辿った人は多いと思われ。
あたしもそ〜だ。

210 :花と名無しさん:01/08/31 01:57 ID:AzijoHdo

>>205
天使や悪魔が入り乱れるアレですよアレ。
今思えば立派に歪んだファン心理であったことよ・・・

高校では好き者の間でぶ〜けコミック発掘が流行ってました。
「空の色に似ている」 「HAPPY AGE」 「マジックラブチャイルド」等々
あと、少年誌一辺倒の弟が「船を建てる」1巻を読んで「始めて見る感性。スゲェ」
と絶賛してたっけなぁ。

雑誌の趨勢がなんか日本経済とリンクしてた気がするんですよね。
バブル期を一つの頂点に、その後ひゅるひゅるひゅる・・・と。
載ってたマンガがバブリーだったわけでは全然ないのに、不思議。

211 :花と名無しさん:01/08/31 02:11 ID:4n6VppcQ
お金があると編集も冒険できるんだよね…。

212 :花と名無しさん:01/08/31 05:59 ID:61sKRdbs
一つの頂点、1990年4,5月号あたりって事になるのかな

1990/04/02  株価の暴落、バブル崩壊現象露呈
4月2日の東京外国為替市場は、日米構造問題協議の先行き不安から大幅な円安で始まり、債券相場の下落と合わせ、円、株式、債券のトリプル安が一段と進んだ。

213 :花と名無しさん:01/08/31 11:21 ID:2QJl7l.c
でもぶ〜けって集英社の他の雑誌よりお金無かったように思える。
雑誌も本屋に目立って置いてなかったし
単行本も探すの大変だった(たぶん発行部数が少ない)
ひっそりと独特の路線を行ってた印象。

214 : :01/08/31 11:40 ID:qbLs0aro
集英社自体にお金があった、ってことなんでしょう。
だから発行部数少ない雑誌でも、評価が高ければ残れた。

廃刊は、現場の編集者の意志というより、もっと上の人間の意志
な気がする。

元ジャンプ編集.現バンチ編集のひとがインタビューで、
集英社のような会社は、漫画部門の利益でその他のジャンルの雑誌を
食わせていかなくちゃいけないから、っていってたよね。

ぶ〜けも、集英社でなったら、廃刊にならなかったかも。
でも、集英社のようなメジャー所が出してることに意味もあったんだけど。

215 :花と名無しさん:01/08/31 12:19 ID:Q9hOkll2
>203
あたしも本誌分解してました。
1984年から90年ごろまで、、、
でも、、実家においてあったの建替えで捨てられてしまった。。。
今でも悲しい思いで。。
それがあると思ってたからコミックス買ってなかったのになあ。

216 :花と名無しさん:01/08/31 14:30 ID:1AA5Uqqw
>214

>廃刊は、現場の編集者の意志というより、もっと上の人間の意志
>な気がする。
それは編集者=経営者でない場合、当たり前の事でしょう。

>ぶ〜けも、集英社でなったら、廃刊にならなかったかも。
小学館だったら…と思わないでもないけど、それは意味のない考えだとも思う。

217 :花と名無しさん:01/09/02 00:35 ID:Ubr3PwVU
>215
84年〜90年まで分解って・・・
それはゴミにしか見えなかったかも

218 :花と名無しさん:01/09/02 01:29 ID:bQtuOGC6
そういやあの頃、女キャラのロングウェービー率が高かった。
あの髪型はバブル期の産物だな。

ロン毛で印象深いキャラは「少年〜」の狩野と
総集編の聖千秋お祭りシリーズの苫子さん。
↑ ぶ〜け掲載分のこれ好きだった。本誌で妙にどん暗くなる前のあのノリ。
ぶ〜け作家も少なからず刺激されてた様に感じたが。(・・・私だけの電波?)

219 :往年のぶ〜け:01/09/02 01:29 ID:mXfqgiw6
大島弓子の80年代の2大名作「金髪の草原」「ダリアの帯」
を掲載してくれたのもうれしかったっす。

220 :花と名無しさん:01/09/02 01:43 ID:9.3RLgzQ
別件を検索してたらこんなサイトを見つけたよ。

ttp://isweb10.infoseek.co.jp/art/bananab/

いや、すごいっす。

221 :花と名無しさん:01/09/02 07:52 ID:l6MsGazc
このサイト、更新が止まってるみたいだね
是非がんばって欲しいものだ
ぶ〜け情報持っている人は投稿してあげたら?

222 :花と名無しさん :01/09/02 13:23 ID:uzwtTnc6
目次の情報を是非補完して欲しい。

223 : :01/09/02 18:53 ID:jveRvGPI
もしくは、>>75のぶ〜け総目次って通販してくれないかな〜

224 :花と名無しさん:01/09/03 11:10 ID:.olhWGhc
>218
ソバージュ、ですな。<ロングウェービー
現実にもその髪型だらけでした。自分も含め。

>219
「ダリアの帯」もぶ〜けだったの?
その号買ってなかったなぁ、、
買ってたらもっと早く大島弓子にはまったかも。、

225 :花と名無しさん:01/09/03 15:02 ID:CwwQTsQc
まんが投稿のページで、毎月1番に選ばれた作品が(小さいけど)載って、
詳しくコメントされてるのが密かにお得な感じだった。
(別に自分はまんが描いてなかったし今もないけど)
「船を建てる」の人も、思えばここでの作品を最初に読んだ。
このコーナーで見かけた人が後にデビューすると、妙に感慨深かったなぁ。

226 :花と名無しさん:01/09/04 02:17 ID:RDT24kMs
>225
あのコーナーは楽しかった。
年1の長篇部門の結果よりも面白かったかも?
何度も名前が出てた人の写真がたまに出てたり、
いろいろと想像してました。

リメンバーぶ〜け、、とかって
どこかの出版者でその号限りで出してくれないかなあ?
引退した人とかもみんなで10ページモノくらいで、、、

227 :151:01/09/04 04:51 ID:au/0.WNs
226見て今思い出した。
即デビューの2人目って違った。
長編部門の人だった。
って、もうどーでもいいか。そんなこと。

228 :花と名無しさん:01/09/06 01:36 ID:5Z2ODyxs
昔のぶ〜けもネタギレかな?

>227
うん、どうでもいい(w
実は2作ではなく5作描いてるとかも。(151のは最初と最後の)

229 :花と名無しさん:01/09/06 05:22 ID:.e3ydJZ2
>>182
おあ。
パクって、当時、問題なったんかい。
実は、その人、部の先輩だったが、、、。

ちなみに、私は漫画家。(W

230 :花と名無しさん:01/09/06 12:36 ID:OxyZ0NdU
漫画家さんがきてるみたいなんで一言聞きたいです!
ぶ〜けについてどう思ってましたか?
ぶっちゃけた話を是非!
こんなにぶ〜けの存在にこだわってるあたし達
(勝手に達にしてスミマセン)のことアホだと思いますか〜?

231 :229:01/09/06 13:13 ID:1GLV1A/w
当時、最強の漫画雑誌だったよ。
その頃、他誌に投稿をくり返していたので
漫画スクールコーナーは、じっくり読んでいた。
熱くて、読み物としても面白かった。
レベルが高かったから、ぶ〜けでプロにはなれまい
と、思い投稿はしなかったが。

232 :227 182:01/09/07 20:14
>228
えっ・・5作も描いてたのか。
記憶にない・・・。知ったかぶりで申し訳なかった。

>229
何故か、ぜーんぜん問題にならなかったよ。
当時、養成スクールのピックアップ作品を読んだ友達が
「これと、おんなじ話知ってるー!」
と言って見せてくれたのが、確か別マだったと思うけど
(作品、作者名失念)
『赤い傘とは、実は人を刺した際に付いた血の色で・・』
という、メインのエピソードがそっくりそのままだった。

233 :花と名無しさん:01/09/07 20:36
このスレ読んで、なつかしくなり
吉野朔美の「恋愛的瞬間」1、2、3、4、5
を買って来た。
この辺から、ブーケは読まなくなったなあ、、、、

234 :花と名無しさん:01/09/08 07:10 ID:i9k.nbUE
タイムリーなんだけど
ヤングユー掲載の逢坂氏ベルエポックの話って丸橋氏の事か?

235 :花と名無しさん:01/09/08 13:16 ID:icysH77s
?それ読んでない。
どんなん?

236 :花と名無しさん:01/09/08 14:39 ID:/1Je2wkE
今日発売のYY掲載作品の事だよ
漫画家の小坂くんに新しくアシスタントがやってくる話

237 :花と名無しさん:01/09/08 14:55 ID:l7E4fGYg
この話全体が事実に基づいたモノだとは思わないが
ある程度ヒントを得て描いたのか? と、妄想してしまった。

238 :花と名無しさん:01/09/09 04:54 ID:Y1cN6c4U
「笈川かおる」さんが好きでした。
面白い読み切りを沢山描いてたのに殆どがコミックになってません。
どこかまとめてくれる出版社はないでしょうかね。

漫画スクールピックのアップコーナーでは、篠原烏童さんの作品が
のってたのは覚えてますねぇ。絵はお上手だったのにお話がピンと
こなかったせいかイマイチな点数だった様な。
今から思うと、集英社は惜しいことをしましたね。

あと「ぶ〜け」出身の方ではいまや講談社での実力派「三浦実子」さん
がいましたね。2年ほど描かれてましたよね。なんか掲載されなく
なったなぁ、と思ったら講談社のほうでガンガン話題作を描き始めて、
何ぞ集英社や編集部とかで揉め事でも起こしたのか勘ぐった事があります。

239 :235:01/09/09 05:05 ID:wKVwm3bw
>236
当方海外。
読めなくて残念。

240 :花と名無しさん:01/09/09 06:20 ID:F3VRtiR6
ネタバレになるけど、はしょって説明


漫画家の小坂先生がアシスタントとして京香を雇った
彼女の作品は絵が上手だがストーリーが弱く、投稿を5年続けている

しばらく小坂の元でアシスタントを優秀にこなす京香だったが、
今度の投稿作がダメならプロになるのをあきらめて田舎に帰らなくてはならず、
作品に打ち込むためアシスタントを辞めた

数カ月後、小坂は彼女のデビュー作を他誌で見つけるが
そのストーリーは小坂の「創作ノート」に書かれていたモノ
盗作だった

「緻密で素人離れしたストーリーが素晴らしい、次回作と君の将来に期待しているよ」
周囲からの絶賛に満ちた期待の言葉をかけられた京香は、その時になって気付いた
犯した罪の代償の大きさに

241 :235:01/09/09 10:02 ID:oo.hMcFk
>240
ありがとう。
ふーん・・。彼女、逢坂氏のアシさんをやったことがあるらしいから
237さんの言うように、ヒントにはしたのかもね。

当時、本誌で何の指摘もされる事無くデビューしてて、
なんで?と思ったのと、
もう誰も知らないだろうと思ってカキコしたんだけど
後輩の方もいて、実名出してちょっと悪かったかな・・・。

242 :花と名無しさん:01/09/10 10:51 ID:zgeO63tI
>238
ををっ 三浦実子 って 三浦のりこ ですよね?
「ラストダンスにジェラシーが・・・」とか
狼男の話(タイトル失念)とか描いてましたよね。
上手な人だったのに消えちゃったのだと思ってました。
講談社にいってたのか、、、、、15年たって知る真実。

243 :花と名無しさん:01/09/11 02:13 ID:RSE3eK2c
九月乃梨子、、って
すっごく突然出てきて、突然『点点…』の連載が始まった
という印象が強いのですが、
それ以前に本誌に載ったりしてましたか??
連載面白かったけど、終わった後は増刊で少しやってただけで
その後ぶ〜けにでなくなってしまったような?

244 :花と名無しさん:01/09/11 04:02 ID:X74AFEv2
九月乃梨子、、、、。
すっかり忘れていた。
そういえばその後、見かけないすね。
もたーいない。

雨月衣???とかいうのも
いたような。

245 :花と名無しさん:01/09/11 05:14 ID:phIUOQ46
雨月衣は時々ananとかの女性誌でエッセイマンガとかイラストを見かけるよ。
トーキングリップ、好きで三巻まで持ってる。それ以降は出てないのかな?

246 :花と名無しさん:01/09/11 06:43 ID:L/847/z.
あの手のエッセイ家ってどうやって連載を勝ち取るんだろう?
誰でも描けるとはいわなくても描ける人はたくさんいるでしょう
やっぱりコネとかあるのかな?
トーキングリップ、なにげに連載長かったね

247 :花と名無しさん:01/09/11 08:16 ID:ebpPYmZY
>>246
たしかに。
しかし、毎月話題があって、嫌味っぽくなく、さらっと読み流せて
なにげに読者の共感も勝ち得たりできたりするエッセイ漫画家って
実は希少なのかもしれないとかも考えてみたり。

248 :花と名無しさん:01/09/11 08:48 ID:cV5bkDok
雨月さんは今もクッキーでエッセイ描いてますよ。
九月乃梨子さんは2年くらい前まで竹書房の4コマ雑誌で
ショートを描いていた。
その後はわかんないなぁ。誰か知ってますか?

249 :花と名無しさん:01/09/11 12:59 ID:x6iSk7jo
>>246
雨月衣は、編集者が勧めたような気がするな。
なんとなくだけど、、、。

スト−リ−漫画が飛んでて、けっこう好きだったけど、
エッセー漫画家になったので、
ストーリー漫画を発表する機会が失われたね

250 :花と名無しさん:01/09/11 18:51 ID:fjEfgKoA
雨月さん、エッセイ漫画とストーリー物のギャップが
かなりありますよね。

松苗さんが廃刊前に「スランプで原稿落しました〜!」という
内容の漫画を描いたの覚えてる方います?
その前号のTLのページがえらく長かったのを覚えてます。
きっとページをまわされたのでしょう...
「いくらなんでも、そんなこと書くかなぁ」と
思った記憶あり。

 エチエンヌシリーズの水星さんて今どこで
描いてるのでしょう?知ってる人います?

251 :花と名無しさん:01/09/11 19:19 ID:2jrxUD7.
>「スランプで原稿・・・
知らなかった! すごいな
それ読んでみたい 何年の何月号?
情報キボン

252 :花と名無しさん:01/09/11 22:49 ID:ipOospbg
>251
250さんではないですが、
1992年12月号の「ロマンスの王国」はわずか14P、普段の1/3でした。
そしてその一部には「スランプで云々」というページもあったように思います。
その一号前、1992年11月号の「Talking Lip」は8P+4P=12Pで、普段の3倍です。
>250さん御指摘の号は、多分これではないかと。

253 :花と名無しさん:01/09/12 07:18 ID:3gN39Fz2
ここにも昔の事をよく知るヒトが・・・ 悪い事は出来ないね
ココの "記憶の糸" はまるで登山用ロープのようだ
よいしょっ、よいしょって皆で力まかせにたぐりよせる

254 :花と名無しさん:01/09/12 10:08 ID:9Sgza3Ko
雨月さん、昔コインランドリーでぶ〜けを読んで、
漫画の投稿をはじめて、その原稿料で電化製品をだんだん
買いそろえられた、というなかなかほほえましい内容を
TLで描いてた。コミックあるのかな?

255 :花と名無しさん:01/09/12 11:55 ID:bsHX69PQ
 こんな漫画覚える人います?

 フランス、パリィの女の子のお話。
幼なじみの男の子が列車事故で亡くなって、
ラストでは彼が前に「君にも似合うよ」言っていた
ママのディオールの新色ルージュを、
涙しつつ塗る、でエンド。

 内容イマイチ覚えてないけど、
あまり他の号で見た記憶のない絵でした。
誰の作品?

256 :奈菜氏ぶ〜け:01/09/12 13:25 ID:CFKaYDwY
ぶ〜け、読んでました、男ですが。高校生の頃からだから15、6年前かな読み始めたのは。
新人を育てなかったと、何方かが書いていたが、育てないというより育てるのがヘタだった
ノウハウがなかったって感じですかね。
藤谷みつるってデビュー当時そのストーリー漫画が大好きだったのですが、
「風呂屋のおきて」でブレイクしてからストーリー漫画を余り描かなくなってしまったのは残念でした。
才能あると思ったんですけれどね。
いまは結婚して風呂屋を継いで漫画家辞めたんでしょうかね?
編集の見る目がないな、って思ったものでした。他の新人より頭ひとつ抜け出ていたのに。

257 :花と名無しさん :01/09/12 23:43 ID:lBgaMBaw
>>256
私も藤谷みつるのストーリー漫画が好きです。
コメディーでもなく、シリアスでもないつかみどころのないストーリーと
丁寧に描き込んであるがあっさりとした絵がとても気に入ってました。
「風呂屋のおきて」では絵も話しも大分さっぱりしすぎた感じがして、
物足りなく思いました。
藤谷みつるの書き込みを見るのは初めてなのでなんだか嬉しいです。

258 :花と名無しさん:01/09/14 01:39 ID:nD3uLLhg
九月乃梨子さんはしつこく編集に通って自分を売り込んだ、
というのを何かのインタビューで読んだことありますよ!
マンガ家って才能より(もちろんあったほうがいいけど)
営業能力が必要なんでしょ?編集だってしょせんは人間、
人気あれば話はまた別なんでしょうが・・・・」

259 :花と名無しさん:01/09/14 02:37 ID:OGJA6iM6
>マンガ家って才能より(もちろんあったほうがいいけど)
>営業能力が必要なんでしょ?

言いすぎ。
そりゃ営業が上手いことが不利になるはずありませんが、
才能も人気も?な人に全10巻もの長期連載を許すほど、甘い業界ではありません。

260 :花と名無しさん:01/09/14 02:47 ID:f15QPk2k
>259
最近はそうでもないんじゃないの?
たまに??って人が割りと長い連載もってるじゃん
(10巻も続いてるかは知んないけど)
才能あるのに編集に潰されるってのもいるしさ

261 :花と名無しさん:01/09/14 03:05 ID:Ry2DNoZE
っつうか営業能力も才能のうち?
私は松苗さんが表紙の印象が強いのですがとてもきれいで丁寧で
憧れてました。末期は持ち回り?で色々な作家の人が表紙描いてましたが、
千紘なんとか?さんの表紙があまりにひどくて
本屋で気絶しそうになったことがあります・・・
少女マンガの表紙はやっぱり絵柄に花のある人に描いていただきたいです

262 :花と名無しさん:01/09/14 03:09 ID:f8jBDu7g
かなり昔のマンガだから正確には覚えてないのですが、もし
知っている方がいたら教えていただきたいんですけど・・・
風花って名前のNY帰りの小学生が主人公(?)で、お父さんはリック、
ヤバイお仕事の人で、お母さんはNYで暴漢に襲われて亡くなったんだけど
それを風花ちゃんに知らせるのが嫌なリックが「自分を嫌って出ていっちまった
んだ」って教える話です。
すごく好きだったんだけど、作者の名前も覚えてないので検索もかけられません。
覚えてる方がいたら、ぜひ教えてください!

263 :花と名無しさん :01/09/15 01:15 ID:3yRakigU
あ、あ、それ知ってる!小学生の担任の若い女教師でてくるでしょ。
確か死にゆくお母さんがお父さんに
「私は出て行った、とウソをついて。娘には生きていると思わせて」
とお願いしたんだと思います。
それでお父さんは辛いんだけどウソをつくの。
でも作者名が…
ぶ〜けの外国モノっていうと、私にとっては水星・生田・あとその作者だったんだけどな。

藤谷みつるはデビュー作品(たぶん)の普通のラブコメディみたいなのが結構よかった。
結婚して少し時間が経った若い倦怠期カップルの話。
風呂屋もよかったけど、そういうのもまたやってほしかった。

264 :花と名無しさん:01/09/15 03:44 ID:os.38IO2
そそそそそそう、それ!
ああ、知ってる人に逢えてうれしい・・・2ちゃんやっててよかった・・・
でも作者名が・・・・(泣)

そうそう、確かその女教師がお父さんにホレちゃうんだよね。
あのお父さんが何と言うか、かっこよかったなぁ。
ヤバイ仕事しかしてないくせに、子供のしつけがきっちりしてて
娘の小学校の給食にお箸を持っていかせたりして。
(さきわれスプーンはよくないから、とか)

あれ、お母さんが頼んだんですか。そういえばそうだったような気がする。
なんか妙に切ないというか、いい話だった・・・。

265 :花と名無しさん :01/09/15 10:19 ID:QK0YZKKk
でもタイトルや作者が出てこないの。ごめん!

266 :花と名無しさん:01/09/16 22:38 ID:F8oU4O82
>262->265

あき貴生じゃないかなー
「DINER(ダイナー)」? 題は違うかも

267 :たけ:01/09/17 05:17 ID:3uMvnaIA
初めてぶ〜けを買ったのは82年の春で、確か「星の時計のLidel」の連載が
始まった号だったような。
総集編は岩館真理子の「ふくれっつらのプリンセス」
翌月の号からは「純情クレイジーフルーツ」の連載も始まり、あの頃の
ぶ〜けは無敵といえるほど面白かった!!

面白くなくなってきたなあって思いだしたのが86年あたりからで、それからは
ほとんど買ってないなあ。今もぶ〜けってあるのかな?

清原さんの作品や吉野朔美の「HAPPY AGE」も好きだったよ(^o^)

268 :花と名無しさん :01/09/17 11:39 ID:NeovrpcI
>266 そうそう!あき貴生!!自分の中で「あき竹城みたいだ」と思った記憶が。

私がぶ〜けを毎号読み始めたのは、
「純クレ」の修学旅行あたり、「少年は…」の受験あたりだったと思います。
でもその前に一回だけもっと小さい頃に遠くへ行く時に暇つぶしに買ってもらった記憶があります。
でもそれぶ〜けだったのかなぁ…

竹下かほりらしき作品で
男女が何かのいきさつで一緒にとまることになったんだけど
男の人がわざわざ廊下に寝るの。でもクシャミしてるから女の人が
「部屋にいてもいいよ」と入れてあげます。
・・・そんな作品ありましたか?
なにぶん10歳頃なんでちゃんとは覚えてないのですが。

269 :花と名無しさん:01/09/19 01:46 ID:IHmh86BQ
>あき貴生・・・?検索してみたけど、絵が載ってないので
 とりあえず明日からブクオフめぐりしてみます。
 また逢えたらいいなぁ・・・あの話に・・・。

>268 自信ないけど、竹坂かほりの「花は幽かに・・・」ではなかったかと。
この人大好きでした。

270 :花と名無しさん:01/09/20 13:03 ID:WrLy8pF.
竹坂さんの、空のオルガン、、だったかな?
あれは、、重くて勘弁してほしかった。
重くても面白ければいいけど、
なんだかエンターテイメント性がゼロだったような。。。。
だんだんとダメになってった人の一人という記憶が、、、

271 :花と名無しさん:01/09/20 15:20 ID:uGigaFBw
竹坂かほり<
好きな人がいるようで、もうしわけないが
いろいろと、吉野朔実に似ていたな。コマワリとか。

272 :花と名無しさん:01/09/20 18:24 ID:lKhz8BQY
うん。禿同。
しかも吉野朔実の絵柄が変わると
この人の絵柄も変わるんだよね。
リンクしてるのかよ・・・。
当時話はいいもの書くのに
なんだろうこの人は、、、と思ってた。

273 :No Action:01/09/20 21:10 ID:7JIQTTfU
82年頃、唐突にぶ〜けを創刊号から揃えよう!と思い立って
めちゃくちゃ古本屋めぐりをした。全部揃えるのに半年ぐらい
かかったけど、揃ったら、もういいや、と思ってすぐ捨ててしまった。

いま考えると すごく、勿体無い気がする・・・

昔のぶ〜けDX好きだったなー、銀色のヤツ。

274 :花と名無しさん:01/09/21 00:05 ID:t/xS580o
>271、272
『LINDA』&『SAY ME』辺りもスゴかったね。
「と、TO-Y・・・・」

『ジュリエットの卵』で吉野朔実が始めた独特の髪の毛表現を
苦心惨憺しつつジリジリと似せて行く過程が『空のオルガン』にきっちり
現れていたのがまた、もう涙モノ。

一時は何よりこの怖い物見たさで買っていたような・・・・ぶ〜け。

275 :花と名無しさん :01/09/21 01:19 ID:IoODc0qI
私はこの作者の割には「空のオルガン」好きだったけど、
最後になって急に悲惨になったのが悲しかった。
時代物だからしょうがないのかもしれないけどさ。

それと、そういわれれば私も「吉野と竹下」はかぶってると漠然と思ってました。
私はコマ割とか画法は分からないので気づかなかったけど。

タイトル失念ですが、
モデルの子の話は何となく「少年は・・・」の狩野ぽかったし
(学校でウキまくり、でもへらへらしてる)、
ヒロインの相手役も陸、よき理解者の年上のモデルさんの存在、など、
ホントかぶってましたね。

ぶーけでは、よくまんがスクールの選評なので
「特定の既存の作家に似すぎているのでオリジナリティを」
というコメントを見かけたけど、吉野−竹下は良かったのだろうか…。

276 :花と名無しさん:01/09/21 10:39 ID:thmAmH5o
竹坂かほり、最初は違ってたよね。由布とまりあのシリーズの頃とか。
特に好きではなかったけど、独自のものはちゃんと持ってたのに。
花は幽かに、、(空のオルガンより先だっけ?)で、
吉野朔実がにおい始めて嫌いになった。

277 :花と名無しさん:01/09/21 22:28 ID:w8Bw5rqQ
「痛い」っていうタイトルの作品書いてた人、なんでしたっけ?
すごい好きだったなぁー。

278 :花と名無しさん:01/09/22 01:11 ID:f/NZHPX2
竹坂かほり、、ホント、独自のモノの方が余程かよかったのに。
どんどん壊れていってた気がした。

279 :花と名無しさん:01/09/22 03:25 ID:uq41/RDI
うはは
このスレも2ちゃんらしくなってきたw

>277
「痛い」は雨月衣やね

280 :花と名無しさん:01/09/22 04:40 ID:f/NZHPX2
雨月さんの作品も、あのエッセイ漫画じゃなくって
ストーリーのやつ好きだったなあ。
結構実在のゲーノー人とかモデルにした絵が多かったけど、
結構それなりに綺麗にできてたし。
(なかはら桃太とかと違って)

281 :花と名無しさん:01/09/22 23:32 ID:9JE6KYgo
竹坂かほり、川村かおり(覚えてる人いる?)ソックリの
主人公が出てくる話もあったね・・・

モデルはっきりわかりすぎ&ミーハー加減に
アイタタターと思いながら読んでいたのを思い出した。

282 :花と名無しさん:01/09/23 08:14 ID:B/KzJwr.
その作品は知らないが、川村かおりは知ってる
12年くらい前に「神様が降りてくる夜」とかいう曲が小ヒットしたね
たしか「やまだかつてないTV」とかいう番組で使われていたんだっけ? サゲ

283 :花と名無しさん:01/09/23 10:50 ID:sz8OSdYc
>>281
自傷行為しちゃうミュージシャンの女の子の話かな?それなら覚えてます。
川村かおりの痛さとそれにかぶれてそのまんま描いてしまう
漫画家の痛さの相乗効果で
読んでいる側が気恥ずかしくなる様な作品でした。
何かにのめりこむのはいいんですが、
作者の中で消化もアレンジもせずそのまま描かれると・・・
なんだか困った気分になってしまいます

284 :花と名無しさん:01/09/23 20:22 ID:owHnqIT2
いつ頃だったか、松苗・水樹・吉野の御三方の画集が同時発売された事が
有りましたよね。誰か買った人います?特に松苗氏の。
当時天下一綺麗なカラー画を描く人だと思ってたので、今更買わなかったのを
大後悔。あとこの人の食べ物、ホントに美味しそうだったな。

松苗氏は続・純クレの後半辺りからたまに「疲れてんじゃないか?」と思える事が
あって、も少し頻繁に休ませてあげて欲しかった。新連載が始まる前の期間も
妙に短かったし。看板作家の悲哀ですかね。

285 :花と名無しさん:01/09/23 21:27 ID:0rgM1ibw
ぶ〜け創刊10周年記念で1800円の画集だよね
ヤフオクで8000円とかで出品されてるけど、ふっかけすぎだよね
近所の古本屋で何冊か見かけたよ

286 :花と名無しさん:01/09/23 22:12 ID:h/tfN0HM
彼とお金とミルフィーユ

287 :花と名無しさん:01/09/23 23:06 ID:BWMKzDXU
吉野朔美の画集買いました。
発売後、地元書店でサイン会が催されたので
画集片手に赴き、サインを頂きました。

・・・ひさしぶりに思い出したので
ちょっと画集眺めてきます。

288 :花と名無しさん:01/09/24 00:11 ID:85wIR/bc
>285
松苗なら相当水樹なら若干高いけど、
吉野なら吹っかけすぎという程ではない(安くもないが)
以前の近所の古本屋が、現在の全国の需給とイコールだとは
思わないほうがいいよ

289 :花と名無しさん:01/09/24 01:09 ID:3QAJbF0k
>287
吉野朔実さんって、実際はどんな感じの方でしたか?
スレ違いかもしれないけど、ぶ〜けファンの一好奇心。。。
だからどうのってことなんもないけど。

290 :花と名無しさん:01/09/24 05:53 ID:pH7KS8aU
他の作家スレでも何度か見かけたけど
昔の作品とか話題にする書込みがあった時、
ヤフオクにタイミングよく出品されてたりするよね

291 :田中カクエ10万って・・・:01/09/24 06:52 ID:vmEbYABs
ttp://user.auctions.yahoo.co.jp/jp/user/mikamimasato?

292 :花と名無しさん:01/09/24 07:23 ID:zl3SgMpQ
不当な値付けは中古市場に悪影響を与えるからやめて欲しい
最近は小さな古本屋でもネットのチェックしてるから
「ネットオークションでこれくらいしたんだよね〜」とか言って
以前の適正な相場より高い値段がつけられたりする
若しくは「店に出すよりネットに出す方がいいや」って感じで
店頭に並べられなくなっている

定価の4倍以上? そんなに高く売りたいなら、
ぶ〜け休刊10周年(2010年3月)まで待ってくれと言いたい

293 :花と名無しさん:01/09/24 22:41 ID:Go2EuPZQ
>289
華奢な方でした。優しそうな感じでしたよー。

髪を2つに分けて三つ編みにされていたのですが、
編んだ髪を結ぶゴムの色が片方ずつ違う色で、
(でも服の色と合っていて、ステキじゃった)
当時工房だった私は後に真似してました。

会場には、結構ヲタクっぽい男性も多くて
ひいた覚えがあります。(w

294 :289:01/09/24 23:45 ID:3QAJbF0k
>293
ありがとうございました。。
ふむふむ。。。

確かにそういう男性、多そうですね〜

295 :花と名無しさん:01/09/25 18:19 ID:FF.sNwMI
>292

>不当な値付けは中古市場に悪影響を与えるからやめて欲しい
わがままだなあ。
中古市場が、今迄需給を正確に反映した値付けを出来ていなかっただけ。
だから影響があるのは当たり前で、それは”悪”ではない。

>「ネットオークションでこれくらいしたんだよね〜」とか言って
>以前の適正な相場より高い値段がつけられたりする
売れれば、それが適正価格だったということになる。
売れなければ値下がりするか、古本屋の不良在庫になるだけ。
どちらにせよ、新たな適正価格に収斂する過程に過ぎない。

>若しくは「店に出すよりネットに出す方がいいや」って感じで
>店頭に並べられなくなっている
必ずしもそうではない。
店頭売りは売り手にとっては楽。買い手にとっては確実。
送料手数料を払ってまで買うほどでない物は、これからも店頭に並べられるでしょう。

296 :花と名無しさん:01/09/25 21:36 ID:PgOxbQhY
>295
うん、そうだね
成熟した市場ならその基本的な需給のバランスが成立するはずなんだけど
今の段階では欲むき出しで言い値をつけてるだけだね
(経済は結局、人間の欲の流れなんだけど)

もちろん過程に過ぎないけど、
基本的に取り引き量が少ないから状況が落ち着くまで(値段が下がるまで)
時間がかかるのが難点

>送料手数料を払ってまで買うほどでない物は、これからも店頭に並べられるでしょう
そうじゃない物が既に店頭から消えてるから困ってんだよ〜
多分ネットに出品してると睨んでいるだけど・・・
入札すら無い事が多いので、あきらめて店頭に出すと思ってず〜っと待ってんだけどね

297 :花と名無しさん:01/09/26 03:07 ID:URtsc5A6
>293
>会場には、結構ヲタクっぽい男性も多くて
>ひいた覚えがあります。(w

なにげに無神経な書き込みである。
男の吉野ファンに対する偏見が、な。

298 :花と名無しさん:01/09/26 08:42 ID:QuwAABpY
>>297
でもそういう人もいるんだからしかたないじゃん。

299 :花と名無しさん:01/09/26 18:51 ID:BsFlDdP.
清原なつのの「二十歳のバースディ・プレート」ってどんなお話かご存知ないですか?
96年から97年に「ぶ〜け」で連載されていたみたいなんです。
検索したら出てきて、以来気になっているんです。

300 :花と名無しさん:01/09/26 18:56 ID:zeZ6T7u.
ぶーけに連載されていた「やんばるはうす」が好きでした。
ブックオフ何件も見たけど一度もお目にかかれません。
マニアック?

301 :花と名無しさん:01/09/26 20:24 ID:7X08LXaY
一人娘が二十歳の一家が新しい家にお引越し。ボーイフレンドも手伝いに来る。
母方の祖父が毎年その子の誕生日に贈ってくれるバースディ・ブレートを見つけたのをきっかけに、思い出が語られる。両親ができちゃった学生結婚だったことや、その子の成長、家族の歴史などなど・・・。
ラストはその子とボーイフレンドの結婚式のシーン。淡々としていたけれど、なかなかいいお話でした。

302 :299:01/09/26 21:18 ID:5LoHOjB.
>301 ありがとうございます。
     この作品は単行本になっているのでしょうか?
     清原なつのを単行本で集めていたので、知らなかったのがチョト悔しい…

303 :花と名無しさん:01/09/26 23:21 ID:3uHO/aTE
>300

「ヤンばるはうす」のぶ〜けコミックス持ってるよ。
ぶ〜けコミックスでは1巻しか出てないけど
別の出版社からは2巻まとめて出てるみたい。
うずらのうっくん、とか千鳥ちゃんとかかわいくて好きだった。

304 :花と名無しさん:01/09/27 01:06 ID:i902ZuIQ
84年のはじめに買い始めて、「船を建てる」終了まで読んでいました。
好きだった作家は(ありきたりの線ですが)内田善美、鈴木志保、清原なつの、吉野朔実。
「船を建てる」はいまだにときどき読み返します。

吉野朔実は「いたいけな瞳」まですべて揃えていましたが、少し前に手放してしまいました。
「いたいけな瞳」が始まったとき、
この作家さんはきっとほんとに自分が書きたかったものに手をつけたんじゃないかな、
と勝手に直感していました。
でも、読み手を惹きつける作品を描く、という意味では、かえってバランスを失っていったという気がします。
創作することの難しさを考えさせられたものでした。

305 :花と名無しさん:01/09/27 10:24 ID:POlnvO0U
>304
>「いたいけな瞳」が始まったとき、、、

なんとなく成熟しちゃったって感じがしたなあ。
つまんなくなったんじゃないけど、
どんな花が咲くんだろう?ってどきどきしながら蕾が開くのを待ってて
ついに開いてしまったっていうか、、、

306 :花と名無しさん:01/09/27 13:01 ID:O3CQiGgQ
>303
雑誌掲載分が全話収録された「ヤンバルはうす」全1巻が、
東京三世社というところから出ている。現在絶版だと思うけど。
こちらには、み印おかし話は入ってない。

307 :304:01/09/27 22:06 ID:vUN6itSs
>305
> どんな花が咲くんだろう?ってどきどきしながら蕾が開くのを待ってて
> ついに開いてしまったっていうか、、、

ああ!言い得て妙・・
初期の吉野朔実はたくさんの予感を孕んだ作家さんという感じでしたから・・

308 :花と名無しさん:01/09/27 22:09 ID:hYoXFKbk
>やんばるハウス
作者誰だっけ?

309 :作者の作品リストページ:01/09/28 05:58 ID:Nqoz0kvE
ttp://ww5.tiki.ne.jp/~sango/sakuhin.htm

310 :花と名無しさん:01/09/30 02:11 ID:msEc./bI
十数年前ですが、ぶ〜けでデビューした大黒???(忘れ;)さんを
どなたかご存じないでしょうか。
本誌でデビュー作(or2作目)、DXで数回読みきりを読んだ程度なのですが、
チョト暗い作風ながらツボにはまって忘れられません。
本誌に載っていた作品で、主人公の女の子が屋上で風に吹かれて、
黒ボブの髪の毛が顔にかかるシーンが今でも印象に残っています。
コミックスは多分出てないと思います。
今でも漫画の仕事をされているなら、もう一度読んでみたいです。

311 :花と名無しさん:01/09/30 05:02 ID:gkh9RzUg
>310
それは多分大黒真苗さんですね。
昨年、コミックバーズという雑誌に
読みきりを描いていたそうですが(7月号)、
その後の事は残念ながらわかりません。

312 :花と名無しさん:01/10/01 01:32 ID:eaM.POhc
大黒真苗さん
あたしも覚えてますよ。
すっごくきちんとした真面目ーな作品を描く人だったなあって印象でした。
丁寧でしたよね。
もっと描かせてもらってもよかったと思うけど、ぶ〜けの路線変更には
きっと合わなっかったんだろうなあ。

313 :花と名無しさん:01/10/01 21:38 ID:kn8FOT9g
耕野裕子「クリア」(だったっけ?)
主人公の男の子が人生迷走してて、漫画家になるんだっけ?
最後まで読んでない…最終回どうだったんだろう。
文庫化とかされてるぶーけマンガありますか?

314 :花と名無しさん:01/10/02 02:15 ID:vQeazgAU
永遠の野原(逢坂みえこ)、それから、ジュリエットの卵(吉野朔実)、
子どもは何でも知っている(岩舘真理子)、
この辺はすでに文庫化されてます(「野原」は途中まで)。
清原なつのの文庫にも、ぶ〜け掲載分がいくつか収録されています。

いずれにしても、ぶ〜けの文庫シリーズ、という感じではなく、
それぞれいろんな出版者や形式で個々に文庫化されているので、
気になる作家のは自分で検索した方がいいかも。

あと知ってる方、フォローしてください。

315 :310:01/10/02 02:25 ID:JFH7GMCw
>311さん、>312さん
丁寧なレスをいただきありがとうございます。
コミックバーズのバックナンバーを探してみようと思います。

よく考えたら「十数年前」というのは昔すぎでしたね。

316 :花と名無しさん:01/10/02 02:58 ID:pZnJLxmU
クリア、好きだったー。
当時、好きだった男を東京まで
追いかけて行けずに涙を飲んだ後だったので
感情移入して読んでたYO!!

最後の頃は、もうぶ〜け買ってなかったんだけど
最終回は立ち読みした。
文庫化したら買いたいな。

317 :花と名無しさん:01/10/02 03:04 ID:qCNWALuU
あたしはあんましクリア好きじゃなかったかも。
どこが、、っていうとよくわからないけど。
かなり好きだったんだけど。

318 :317:01/10/02 04:07 ID:qCNWALuU
最後の『かなり好きだった』っていうのは、
クリア以前の耕野裕子のことです。
クリアも最初の頃はよかったけど。
真昼のカノンとか、メロンパンとか
短編の方が好きだったかも。

319 :  :01/10/02 05:03 ID:KkHM3cgQ
耕野裕子さんて、国内のインディーズBAND好きで
よく最後の1頁丸々使って、ライブ日記みたいなの書いてたよねー。
(クリアの連載中にも、あったと思いました・)

そのバンド名の中に「スピッツ」があった。
彼等が大ブレイクした時、耕野センセイの心境は
どんなだったろうか・・。

320 :花と名無しさん:01/10/02 08:19 ID:ik4rz/L2
「私は主人公」という漫画を覚えている方いますか。
新連載が始まった時、ギャグの天才と表紙に書かれていたが、一度も笑えた事がない。
主人公あやかの鼻毛が伸びすぎて引きずっているとかしょうもない話ばかりでした。

321 :花と名無しさん:01/10/02 08:41 ID:qCNWALuU
私は主人公、、
桐島いつみの他の作品と比べると好きじゃない方だったなあ。
でも基本的には桐島作品って好きだった。
コーラス以降読む機会に恵まれないけど。。。。
下ネタとか嫌いな人は、、ダメかもしれないですね。

322 :花と名無しさん:01/10/02 10:39 ID:FunRlgeE
桐島いつみといえば「私はただものじゃない」
・・・あの子ただものじゃないわ・・・

323 :花と名無しさん:01/10/02 10:41 ID:IQcmvzbY
桐島いつみといえば「私はただものじゃない」
・・・あの子ただものじゃないわ・・・

324 :花と名無しさん:01/10/02 10:43 ID:IQcmvzbY
↑二重カキコになってしまった。ごめんなさい。

325 :花と名無しさん:01/10/02 16:42 ID:IwBIBYvc
「私は主人公」、主人公がK子ちゃんと食べてた
イモフライがウマそうだった・・・。

「東京から2時間」が好きだったなー

326 :花と名無しさん :01/10/02 19:18 ID:zwZVZI8w
前に、yahooのぶ〜け関連のBBSで桐島いつみ本人が顔を出してた。

ちなみに、私はクリアは嫌いじゃないけど(サイコが出てるときは)、
主人公がサイコ以外の女の人の方見てる時はあんまり好きじゃなかった。
デザイン事務所の先輩(ショートカットの人)とか。
あと、同級生の美形の女の人はなんだか哀れだったなぁ。

327 :花と名無しさん:01/10/03 00:16 ID:N3cd/lFw
耕野さん、イキのいいやつを描いてるうちはよかったんだけど、
鬱系の人も描くようになってから、重−くなって、、、
達者なだけに、どろどろ感がつらかった。
クリアにでてきた専門学校の友達とか旅に出てる子とか、、、
すっごくいいところもあったんだけどなあ。

328 :花と名無しさん:01/10/03 08:44 ID:ml5cKEzA
耕野裕子?もともと結構暗かった気がするよ

329 :花と名無しさん :01/10/03 11:01 ID:ICVb77WY
皆さん「CLEAR」のことばかり書いてますが、
その前に連載した「リバイバルはいつも電車で」はどうでした?
シジマ君でしたっけ?
私は終わりが何となく納得できなかった記憶があります。

330 :花と名無しさん:01/10/03 11:38 ID:3reuKAI.
総集編で好きなのが載った時だけ買っていた。
そこそこ面白かったね。

331 :花と名無しさん:01/10/03 12:34 ID:N3cd/lFw
最初の頃の耕野さんって、明るいところも結構あったと思うんですよ。
はいTime のころとか、、、
そこにちょっと暗い方が入ってきて、、
そのうちに暗いのと明るいのの率が反対になったような。
絵もどんどん達者になってったけど。
でもクリア以降、普通の話が描けなくなってしまったって感じがしました。

332 :花と名無しさん :01/10/03 23:06 ID:WTrMKeRs
>>329
私は逆にあの終わり方がとても良かったと思いました。
耕野裕子の作品って余韻を持たせるような終わらせ方が多かったような気がします。
逆に「CLEAR」みたいに物語に決着をつけるようなのはいまいち物足らなさを感じました。

96 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)