5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

どうすりゃ天才になれるんですか?

1 :オーバーテクナナシー:01/09/01 02:40 ID:W.JutJCE
世の中には天才と呼ばれる人がいますね。
アインシュタイン、モーツァルト、エジソン、ヒトラーなどなど。。。
彼等は同じ人間でありながら、ある分野で卓越した能力を持っています。
私も天才になって歴史に名を残したいんですがどうしたらいいですか?
大学はマーチレベルで、興味のある分野は社会階層に関する分野ですが、
特にこれといって、頭がいいわけでもないし、スポーツが出来るわけでもないし、
夢もない。
しかし天才になって後世に語り継がれたいのです。
どうか方法を教えてくださいマジレス希望。

2 :オーバーテクナナシー:01/09/01 02:44 ID:KQv6TaFE
まず、生まれつき備わってる才能を見つけ出すこと
そして上手く開拓できれば天才と呼ばれるだろう
期待してるよ

3 :オーバーテクナナシー:01/09/01 02:48 ID:gKFzfq2E
その前にお前の立てたスレがマジなのかどうかが
疑わしいんだが。本気ならいっぺん氏んだ方がよいと思われ。

4 :オーバーテクナナシー:01/09/01 03:57 ID:X07oC5k2
一般人と違った閃きと目の付け所が必要。
それにはまず何事も経験。

タイムマシンかワープエンジンでも作れ。

5 :オーバーテクナナシー:01/09/01 04:01 ID:mEOZgFOY
天才って天性のもんじゃない?
だからいくら経験をつんでも天才とまではいかないんじゃないかな?

6 :4:01/09/01 04:07 ID:X07oC5k2
>>5
そうだな。
経験を積んでマジメに考えるのは
どこまで行っても「秀才」にすぎないな。

「天才」は基地外と紙一重、か。


『天才クイズ』で優勝するのも可。
(東海地方限定)

7 :オーバーテクナナシー:01/09/01 04:13 ID:mEOZgFOY
アスペルガー症候群と天才ってやっぱり関係あるのかな?
歴史上で天才って呼ばれてる人はこの症状が多いって言われてるよね。

8 :オーバーテクナナシー:01/09/01 06:20 ID:9yVfUcF.
もうそこまで成長したら天才にはなれない。
自分の息子に0歳から英才教育。
ただし内容は一つの分野に絞り他は捨てる。
そうこうして5歳くらいになれば立派な天才になっている。

9 :オーバーテクナナシー:01/09/01 06:24 ID:9yVfUcF.
自分の脳を拡張するってのはどうよ?
脳完全互換の記憶領域を組み込んだり、
脳完全互換の計算機を組み込んだり
そして他の天才と呼ばれる奴らの記憶を自分の記憶に入れる。

あ、そうだ。
いろんな人の脳をつないで一つにするってのは?

10 :天才に成る人:01/09/01 06:52 ID:8E1cTEuw
まず「天才になれない」という前提を取り払う。
「なれないかも?」では成れない。
「成れるとすれば、、、、その方法は」そうして私は天才になる。

11 :サイバーヒッキー:01/09/01 09:11 ID:VyoS4jHo
目指してなれるものではないから「天与の才」って言うんだよ。
それでも天才になりたいって言うんなら、母集団を減らさなくては
いけないことになる。実際、過去の専制権力者は、
- 歴史を抹消する/書き換える
- 自分以外の人間が自由に行動できないようにする
- 自分より優秀な人間(民族)を抹殺する
てなことをして、本当に母集団(歴史上に「存在した」人類の数)を
減らそうたわけだ。
そういう犯罪的行動を除くとするならば、お勧めなのは、一切の情報を
経って自分の殻に閉じこもってしまうという手法。
これなら母集団1なので、確実に自分が最高の存在になれる。
他者の存在は、サイバー技術によって補完する。(cf.Matrix...)
万能の支配者であり、世界の創造者であり、歴史の伝承者。ある意味
死さえも超越できるかもしれない存在。
さあ、VR研究の天馬博士を目指せ!

12 :オーバーテクナナシー:01/09/01 09:12 ID:W7xLz0bg
天才は神の操り人形です、従って本人に自覚はありません。

13 :サイバーヒッキー:01/09/01 09:24 ID:/z4B1buE
逆も成り立ちそうですね。
本人に自覚がある場合は天才ではない。

14 :???:01/09/01 11:27 ID:lmxeVTA6
生物板に載ってたんだが近親相姦をつずけた家系同士を結婚させると
F1になって天才が生まれるんだって。

15 :オーバーテクナナシー:01/09/01 11:32 ID:mO/q.VrA
ある一つの目標に対して、多くの人が同じ様な道を選んで達成への努力をしてる。
そちらは他人にお任せして、自分は誰も通った事のない、より近く面白そうな方向を探してみる。
必死で探し続けて、見つかったら行き倒れ覚悟で道を切り拓いてみる。あとは努力と能力、運次第。
成功すれば天才的だともてはやされ、失敗すれば野垂れ死んで誰も気づかない(笑

16 :オーバーテクナナシー:01/09/01 12:21 ID:.u52ICP2
俺はアスペルガーだけど、バカ親に振り回されてキチガイ人生。
虐めと学習障害の影響で高校中退、同級生や親には知恵遅れと思われる。
そして現在はヒッキー。学力は中卒並み。実際知恵遅れだね。
抑鬱で頭もまわらないし最近は痴呆の症状も出ている。体力もない。
今ここで親が死んで遺産が入り自由の身になったとしても、
もう社会復帰も再教育も受け付けないだろうな。

こんな俺でも小学校くらいまではテストは学年上位クラス、
記憶力も理解力も良く、なにより洞察力に優れ神童と言われたよ。
ただ、アスペルガー症の常で能力特性は何でもソツなくこなせる
秀才タイプではなく、一つかそれに近接した分野にだけ突出した
文字どおりの天才タイプなんだよ。あとは人並みか、それ以下。
俺は得意分野以外は人並みの下、それと社交性と運動神経は
致命的に欠けていた。

そんな俺に、バカ親は俺に天才よりも秀才であることを望んだ。
あるいは、俺が興味を示した分野を親は気に入らなかった。
結果、出た杭は打たれ、あとは何一つ人並みにはこなせない
社会の落伍者が出来上がり。

子供の特性を理解できない、する気がない親にかかれば、
どんな可能性や能力を持った子でも廃人になる。
人ひとり発狂させるなんて簡単だよ。飼い殺しにすれば良いだけだ。
それだけで勝手に気を病んで自滅していくからね。
親子という絶対的な関係で抵抗力も判断力もない子供のうちに
子の能力を伸ばせるのは親だけだし、潰すのも親だ。

アスペルガーというカテゴリーが医学的に成立したのは
せいぜいここ5年かそこいらの事で、当時は精神科医でさえ
俺のような人間をどう処遇すれば良いかなど知り得なかったのだが、
それでも俺は監視や環境の変化に対する感受性が強すぎ動揺し、
逆に安定した環境で興味を持った分野を好きに勉強させていれば
勝手にスキルを獲得してゆく性質を持っていたし、
俺自身がそう望み訴え、教師の中にはそれを理解して
(アスペルガー症候群という症状が確定したのは最近でも
俺のような奴は学年に一人か二人は必ずいる程度の変わり者だから)
親に教育方針の見直しをすすめる者もいた。
その可能性を全て蹴ったのは俺の親だからね。

俺が手に入れられたかもしれない人生を補填しろとは言わないが、
俺の人生を失敗させるに十分な過干渉と初期教育の失敗を
親に償わせる権利は、俺はあると思うよ。

今はただ、親が老いて自力では生きられなくなるのが楽しみだ。
それまで俺も生きて、少しでも奴等に損害を与え続けてやるさ。
俺が生き続け、奴等の目の前で生き恥を曝し続ける事こそが、
俺のせめてもの復讐だ。

やがて老いて動けなくなったその枕元で、親が俺に行った仕打ちとその結果、
親の罪状とその俺なりの断罪の結果を、もうやめてくれと懇願するまで
聞かせてやるのが俺の夢だ。もちろん、頼まれても止めない。
何度も、何度も、それこそ夢に出るまで繰り返し語って聞かせ、
一人の人間の人生を壊した事を悔いながら墓場まで行ってもらう。

その後俺は外洋船にでも乗って身投げするさ。
これなら遺体の処分で誰の手を煩わせる事もなく自然に還れるだろう。
そして奴等の墓は、守る者も尋ねる者もなく荒れ果てる。
荒廃した墓こそ奴等に相応しい終の棲家だ。

17 :せんべい:01/09/01 12:40 ID:yA4iG9mo
>16
君は”平気で嘘をつく人たち”と言う本を知っているかね?
それを読めば君がいかにましな人生だったか痛感するよ。

18 :オーバーテクナナシー:01/09/01 12:54 ID:.u52ICP2
その本は買ったよ。だが読んだことがない。
バカ親が俺から奪って読み、そしてよりにもよって
自分のまわりは嘘つきばかりで自分はこんなに正直に生きなのに、と
勝手に悲劇の主人公になった気にさせた本なのでね。

まあ、俺はつまりそういう親の子というわけだ。

その本は読んでいないが、その本がアダルトチルドレンや
ボーダーラインのメンタリティを一般向けに解説した本であることは知っているよ。

いかに優れた本でも、読む人間がそれを理解できなければ意味がない。
その本の日本語訳が出た時、実は俺は密かに期待していた。
これを読ませれば親が自分の歪んだ性質を理解し、周囲に与え続けてきた
影響を認識し態度を改めるのではないかと。

結局、本や論というものの限界を俺は目の当たりにした。
聞く耳を持たない者、都合の良いものしか受け容れない者は無敵だ。

19 :せんべい:01/09/01 13:09 ID:qW3fCSQA
だからおまえが読めっての。
あれは解説本なんかじゃない。
親が子供の人格を壊して行く妻が夫の人格を壊して行くのを
精神分析医が観察してるほんなんだよ。
悪人の精神構造についても分析してる。

20 :名無しさん@もね:01/09/01 13:49 ID:mO/q.VrA
>>16
上手くいかないことを全て他人のせいにする精神状態に問題があると思われ。
出る杭は打たれるし、伸ばす環境づくりも重要。でも、打たれてへこんだままの程度なら、
例え良い環境にあっても、いずれは挫折。親が障害なら自立して自分を伸ばせばいい。
上を見ればキリがないが、下を見てもキリがないからいいんじゃない(無責任)。

21 :オーバーテクナナシー:01/09/01 14:36 ID:.u52ICP2
>>20
それは病に至る環境を知らない幸せな人間だから言える台詞だね。
>>16>>18はネタ半分本音半分と思うが、
病んでしまった人間にまず必要なものは、保護と休息。

22 :オーバーテクナナシー:01/09/01 14:38 ID:.u52ICP2
×>>16>>18はネタ半分本音半分と思うが、
>>16>>18はネタ半分本音半分なのだが、

23 :オーバーテクナナシー:01/09/01 14:44 ID:.u52ICP2
ついでに言えば、打たれてへこんだまま回復力のなくなる状態が、抑鬱。

よくゴムボールに例えられるね。
床に叩きつけられた程度では、何度でも跳ね返り元の形に戻れるが、
万力で長い間締め付けられた後では、開放されても自力では戻れない。

自力で戻れない状態の人間に、自力で戻れないから病気になるのだ
と言い放つのは、落伍者は死ねと言うことと同義だ。
しかし、誰もが善意でよくそう言うよ。俺も言われたよ。「がんばれ」とね。
まだ友と呼べる存在がいた頃の話だけどな。

24 :オーバーテクナナシー:01/09/01 14:46 ID:.u52ICP2
そして善意さえもがストレスになり、さらに最大のストレス源から開放されず、
気づいた時には逃げ出す力もなくなっていた哀れな奴の怨み節って事さ。

本題からは大きく逸れてしまったので、俺はこのへんで去るよ。
嫌なものを見せて悪かったな。

25 :オーバーカオナナシー:01/09/01 14:50 ID:vpRcrthw
天才になる方法は知らないけど、
IQを異常に高くする手術ならあるよ。

ただし寿命が極端に縮むという副作用あり
太く短く逝きたいかたにオススメ

26 :オーバーカオナナシー:01/09/01 15:12 ID:aeGK2CBY
美しいエゴみっけ

27 :せんべい:01/09/01 18:04 ID:ciQZplrk
>>25
IQを異常に高くする手術?
初めて聞いた。
ソース希望。

28 :オーバーテクナナシー:01/09/01 18:06 ID:ciQZplrk
あげ

29 ::01/09/01 18:08 ID:7ND7oyj6
天才的バカとか天才的勘違いとかそっち方面に進んでみたら?>1

30 :オーバーテクナナシー:01/09/01 18:49 ID:w/jYrsdI
>>29
天才バカボンか(w

31 :オーバーテクナナシー:01/09/01 22:54 ID:v3cSiNtw
どこぞの保育所がIQを高める教育を行っていると言った内容をTVで
放送していたけど、どう考えてもアレはIQテストにうまくなる教育
だったな。

32 :どむ:01/09/01 23:09 ID:O6dfTvsU
>>31
IQって本当の能力をあらわしているわけではないんでしょ?

>>1
>頭がいいわけでもないし、スポーツが出来るわけでもないし
>しかし天才になって後世に語り継がれたいのです。
これは無理だろう。後半だけなら、犯罪っていう手があるんだけど。

33 :去りゆく夏厨:01/09/02 00:15 ID:68TVpC3c
しかしなんだな。
16の様な人間は、他者から見るとうんこの様な人生だな。
自分の人生の失敗を他人のせいにするわけだ。あーキモイ。

34 :オーバーテクナナシー:01/09/02 00:29 ID:JDF74zD6
ここには居ないな、天才。匂いで分かる。

35 : :01/09/02 02:04 ID:zFuMFqG.
1日3色頭脳パン。

36 :オーバーテクナナシー:01/09/02 06:44 ID:MOktYnzE
天才の条件はその時代の流れとその人の資質!

37 : :01/09/02 10:10 ID:y2JDZj3M
凡人が天才を語っているところが凡人たる理由。

38 :名無しさん@もね:01/09/02 18:17 ID:S1H2U/Gw
天才とはなにか判る人が居たら教えてくれ(笑)
おいらにゃ他人の勝手な評価としか思えん。

39 :オーバーテクナナシー:01/09/02 21:16 ID:TDUDK/is
会えばわかります、100人が100人とも天才と認める人。
なのでめったに居ないんです。

40 :星 啓介:01/09/03 20:11 ID:DE.vK/0E

はじめまして。

天才になる方法はないか、という記事を見ました。

正直に言ってしまうと、天才になる方法はあります。

神経細胞がもっとも必要としている栄養があるのです。

言ってしまえば、カルシウムです。

脳は神経細胞の塊で 一般にカルシウム不足 ですから、

天才になるには、カルシウムを多量に摂取することです。

問題があるとすれば、私が天才か? という点ですね。

では。

41 :オーバーテクナナシー:01/09/03 20:18 ID:/9DkFD6w
天才って言ってもあくまで相対的なものです
いますぐアフリカのブッシュマンかピグミー族の元へ
逝って下さい。スグそう言われます

42 :どむ:01/09/03 23:05 ID:nfBrB0yg
>>41
そういうとこへ行くと、神と崇められる可能性がある一方で、即座に
殺されるかもよ。

43 :子犬:01/09/04 13:09 ID:wQNv6TwQ
>16
>子供の特性を理解できない、する気がない親にかかれば、
>どんな可能性や能力を持った子でも廃人になる。
>人ひとり発狂させるなんて簡単だよ。飼い殺しにすれば良いだけだ。
>それだけで勝手に気を病んで自滅していくからね。
>親子という絶対的な関係で抵抗力も判断力もない子供のうちに
>子の能力を伸ばせるのは親だけだし、潰すのも親だ。
子供のころは親の影響が大なのは事実。
親が間違った教育や放任をするのは多々あること。
結果論で言えば、あなたが親に対して恨むことをしなくなった時
はじめて自立したことになる。
あなたの境遇はあなただけの境遇であり、悩むことが意義あることに気が付きなさい。

44 :子犬:01/09/04 23:21 ID:S5KhgJLU
人間だから悩むんであって
子犬なら
ご飯が食えないことと
御散歩に連れてってくれないこと意外
悩まないのが残念だワン。

45 :Rmj:01/09/04 23:49 ID:w6fQ/O4w
天才と言われている人は、凡人とそんなに違うの?
出て来た結果ははっきりと違うけど、頭の中身は多分凡人と対して違わない。

自分の性格に向いていて、それが尋常でないくらい好きだから
人から天才と呼ばれるくらいの結果が出てるんじゃないの?

アインシュタインのどの辺が普通の人と違うの?
式を瞬時に間違えなく暗算できた人みたいに考えるのは違うと思う。
あの人、すごく不器用な人だよ。ホーキング博士だってエジソンだってそう。
スタートレックのデータ少佐みたいな人物像は思い込みだよ。

『天才と凡人は、紙一重』

46 :オーバーテクナナシー:01/09/05 01:56 ID:ac6Uilqw
天才の条件

人々から愛され尊敬される人...

ヒトラーに関してはちょっち問題がありますが、その手のシンパから
絶大なる支持を受けたという事で...

47 :Rmj:01/09/05 02:32 ID:dmGsE0tM
>> 46 様
>天才の条件
>人々から愛され尊敬される人...

うん、まあこれなら分かる気がする。これなら、僕もなりたいよ。

凄い事した人の話しをしていて、”所詮、俺達凡人なんかじゃさぁ...”
みたいに言われんのってなぜか結構頭に来るんですよ。

『天才は、周りの人がすぐピンとくる場合とそうでない場合がある』

48 :オーバーテクナナシー:01/09/05 04:08 ID:12kngDBY
それじゃ凡人?

49 :  :01/09/05 04:16 ID:gN/a5nQs
アインシュタインの脳と凡人の脳はまるきり違うらしいよ。
ニューロンの数が倍ほど違う。>45
天才っているんだよ。

50 :オーバーテクナナシー:01/09/05 04:27 ID:12kngDBY
ネットワークだけじゃなくて
ニューロンの数も違うの?
どうやったらニューロン増やせる?

51 :Rmj:01/09/05 05:01 ID:dmGsE0tM
>> 49 様
>アインシュタインの脳と凡人の脳はまるきり違うらしいよ。
>ニューロンの数が倍ほど違う。>45

ちょっとそれは信じ難いなぁ。2倍でしょ。いくらなんでもという気がするんですけど。
まるっきり違うというのもどんな意味なのか気になります。
脳の構造がまるっきり違うはずは無いんだが。

でも、そんな説明をしているサイトがあれば見てみたいです。
知ってたらよろしく。

52 :名無しサム:01/09/05 08:07 ID:PZQCRwLk
アインシュタインの頭蓋骨が損傷してた故に
脳が常人よりも大きくなったと聞いたのだが

53 :オーバーテクナナシー:01/09/05 10:44 ID:7hBqIAB.
つか、ソース示せや。>45
アインシュタインの脳切ってニューロン数数えた論文とかある筈だろ。

54 :オーバーテクナナシー:01/09/05 13:01 ID:g.toE8VU
アインシュタインの脳を分析−−頭頂葉下部が発達
http://www.mainichi.co.jp/eye/school/news/99/06/j23-4.html

55 :Rmj:01/09/05 13:33 ID:dmGsE0tM
ニューロンの数が違うとは書いてないね。
ニューロンの数が2倍だとしたら、脳の大きさも2倍じゃないとね。
脳の大きさは、むしろ普通の人より小さいと書いてある。

でも普通の人の脳とは違うとも書いてある。

その差異が知性にはっきりと関係があるのかどうかの根拠はあるの?
理由は分からないが天才の脳は調べるとみんなそうなっている、とかさ。

56 :オーバーテクナナシー:01/09/05 17:16 ID:g.toE8VU
天才とか脳とかをキーワードに検索するといろいろ資料が出てくるよ
作為的なのもあるけど

57 :45:01/09/05 17:45 ID:ah4W8ar.
3歳の時ぐらいに普通の人はだんだん神経回路が整理されて良く使う通り道が残ってあとは消えてゆくのだが、
アインシュタインの場合はそれがあまりなく、そのまま残ったので普通の人より伝達経路が多かったとどこかで聞いた。
だからいろいろな考え方や発想ができるそうだよ。

58 :Rmj:01/09/05 18:29 ID:RlFEsjvY
45は僕なんですが、この際譲ります。

>普通の人より伝達経路が多かったとどこかで聞いた

それってニューロンではなくシナプスの結合のことでは?
ニューロン間のシナプスの結合なんて誰でも発達するんじゃない?
アインシュタインの脳が普通とは少し違うのはわかったけど、
それって先天的な要素だったの?誰の脳でも普通とは少しは違うんじゃないの。
筋肉と同じだよ。鍛えられる部分だから。

『はたしてアインシュタインは、生まれながらにして超人だったのか?』

59 :オーバーテクナナシー:01/09/05 20:47 ID:S76usaKM
立命の星、それが田中洸人
http://www.geocities.co.jp/Technopolis-Mars/3422

60 :オーバーテクナナシー:01/09/05 23:53 ID:7YbZWKfE
一度記憶喪失になって、1ヶ月ぐらいして回復したら、以前はすっかり忘れていたような
3歳以前の記憶まで鮮明によみがえった、という話を聞いたことがある。
脳の神経回路が一部破損して、それからバイパス回路みたいのができて
回復する際に必要以上に回復してしまったのだろうか。

そのかわり、意識があったはずの、事故直後からしばらく(記憶喪失期間)の記憶が
失われていたそうな。
脳のカレントディレクトリを指し示すPATHを書き替えたみたいな事だろうか。

61 :オーバーテクナナシー:01/09/06 02:07 ID:1owZqrWI
複数の人格は同時に出現できない

62 :オーバーテクナナシー:01/09/06 07:23 ID:A2kFf5JI
味の素を脳に注射!

63 :子犬:01/09/06 12:55 ID:MCbVCJ5g
>1
どうすれば天才になれるか?
それは、天才の行動をよく観察することだ。
例えばキョジンの長島カントクの例を考えてみたまえ。
彼は直感が鋭く発想が常人には到達できない領域にいるといえる。
今年の優勝が困難なのは、選手がそれについてこれないとこにあるんだ。
人から聞いた噂によると
the player(ザ プレイヤー)をテヘ プレイヤーとか言ったということだが
これなんか天才的な発想だと思うが
>1には理解できないだろうなぁ。

64 :かおりん:01/09/07 15:13
老人性欝の○辰男逝ってよし。
人の人生の大切さを無にするな。
人の人生というものが何かをみんな勉強する必要がある。

65 :オーバーテクナナシー:01/09/07 16:10
誰でも簡単に天才になれます、次ぎの事をしてください。
今まで誰も考えた事が無く、その考えの発表後その分野の常識が変わってしまうような
考え(論文)を発表して下さい。こうすれば貴方はもう天才ですよ
ね簡単でしょう。

66 :オーバーテクナナシー:01/09/07 19:59
天才になりたいって言ってる時点で無理だね
天才の天才たる由縁の一つに
寝る間も惜しんで努力を惜しまなかった事にあるのだから。

67 :子犬:01/09/07 21:12
あと大事なことは
ひとつの分野に集中できる環境が必要である。

その環境を導くことができるのが天才であり
凡人には集中できる環境がない。

68 :オーバーテクナナシー:01/09/08 13:35
アインシュたいん
http://members.tripod.co.jp/uragazou/kikeiji/02/10.gif

69 :オーバーテクナナシー:01/09/08 14:01
>>1
>天才になって語り継がれたい

まず、その考え方が天才らしくない。
天才は自分がどう見えているかなんてことは気にせず
やりたいようにやることで、自分の内なるものを噴出させるんだよ。

70 :オーバーテクナナシー:01/09/08 14:29
うそっぽい

71 :子犬:01/09/08 18:40
今日TVでやってたけど
犬のほうが天才かもね。
御主人様の帰りを予知するからね。

やはり天才には予知能力があるかもしれない。
予知夢で導かれて大発見とかする天才が多いと聞く。

72 :へび:01/09/09 08:06
わたしゃ、こんなことばっかりいっててまわりから変人扱いされているので
すが、例えばわたしの場合、すべて進むべき方向に進んでいるとしか思えな
いのです。いや、そのつまり人間万事塞翁が馬ということを、いつも考えて
いるのですが、つまり一時の出来事によって気持ちを浮かれさせたり、沈ん
だりとせず、いつも心を穏やかにして生きていたいのですね。それが例えば
私が今死んだとしてもその後に続きがあるわけじゃぁないですか。だから、
生きていた時のわたしのおこないも様々な事に波紋のようにひろがって、
どんどん、人々の心に影響をもたらすかもしれない、もたらしているだろう
と信じるようにとしているのです。だから、なにが正しくてなにが間違って
いる事か、というよりもなにをすれば人々がうれしくなって、なにをすれば
人々が悲しむ事かというふうにいつも考えているのです。わたしも余裕がな
くてむしゃくしゃしてる時もあるのですが、人々から愛されたいと願うなら
やはり人々を無条件に愛する事がいいのではないだろうかと思います。その
為には、自分の精神と宇宙という空間の境目がないよう想像する事なんだろ
うか、そして人々も他の生き物もやはりそうだと感じてそうすると、全てが
一つの精神の固まりだと考えて無意識の波によって動いているのだろうと、
イメージできるようになる事だろうか。。。なんだか、説明できません。
説明できないので申し訳ないのですが、わたしの中で結果は出ていて、つまり
    無意識=無我の精神
  自分の運命=自分の無意識
  自分の精神=全体の精神
というふうにしか今のところ表現できません。これは別に全て正しいとも
思っているわけでもなく、ただ自分が死ぬ時わらって死ねるようにと、誰の
ことも恨まずに死ねるようにと思案したところ、今はこのような考えに落ち着
いていたというだけなので、とにかく下らない虚栄心にとらわれて、真実を
から目を背けているよりは合理的に生きるべきではないかと思いますね。

偉そうな事かいてしまいましたが、何方も見下すものでも攻撃するつもりも
ないのでどうか、聞き流して下さい(というのは、こんな話をすると怒りだす
人がいるからなのですが。。。別に皆さんの気分を害したいわけではないので)

ではさようなら。

73 :子犬:01/09/09 17:37
>72
喜怒哀楽は外界への反応であり
人の運命はその人の無意識によって導かれるってこと?
天才には天才の無意識的な力があるということ?

74 :文系空想屋さん:01/09/09 19:14
>1
とりあえず、名スレッドを立てる天才をめざしてみては?

75 :子犬:01/09/10 17:00
やはり長島監督は天才であった。
ヤクルトに3連勝よ。

76 :オーバーテクナナシー:01/09/11 14:11
ひとつ聞きたいのだけど天才と秀才ってやはり違うのだろうか?
言葉は全く違うんだけどね。世の中的に一緒にしてる人が多い気がするが・・・。

77 :カールヴィンソン:01/09/11 19:43
一般的に天才と言われる人は、計算が速く左脳が優れている。

しかし、エジソンやアインシュタインなどは、計算が速くできるから、

発明や物理学の基礎を築いたわけではない。

彼は発想でそれを実現した。それは右脳の働きによる。

右脳を鍛えるには、信じられないかもしれないが、テレビゲームを

した方が一番効果的なのだ。

78 :76です:01/09/11 22:57
ということはゲームヲタ=天才になるのか?だったら俺は凡人でも
いいよ。まさになんとかと紙一重になるな。

79 :オーバーテクナナシー:01/09/12 06:39
違う違うゲーオタは時間をつぎ込んで技術もない
労力の繰り返しで、右脳なんて10%も使ってないよ(w

77で語られてるのはあくまで右脳の発達にはゲームのような
右脳で発想を試行錯誤する行為が好ましいっていうだけで
ゲーオタ!=天才だ。
ゲームやってても突拍子も無い攻略法や安全地帯
時間をかけずに見つけられる人は天才の素質ありって程度だと思うよ。

80 :へび:01/09/12 10:01
>73

>喜怒哀楽は外界への反応
世の中のすべての出来事や存在は必要だから
あるのではないでしょうか。ただ、何に必要
なのかは...もうわかりません。それらを悲しい
と思ったり、嬉しいと思ったりするのは私達が
ただ、人間であるから...というだけだと思います。

>人の運命はその人の無意識によって導かれるってこと?
それだけでなく、全体の精神or無意識によってではないの
だろうか(自問ながら)?

>天才には天才の無意識的な力があるということ?
全体がそういう者をほしがっているのではないのでしょうか。
それで、ただ単にその人がそうなったというだけではないでしょうか。

81 ::01/09/12 12:40
天才ってどんなのを言うの?
頭の回転速い人?
記憶力がいい人?
じっくり考えれる人?
発想力が豊かな人?
こーゆーの、全部長けてる人?
この他にも色々あると思うけど。。。
おれ、馬鹿だから本気で聞いてるだけです。

82 :オーバーテクナナシー:01/09/12 13:37
>>77 ありがとう。ひとつ勉強になったよ

83 :オーバーテクナナシー:01/09/12 17:18
>>1
コリン・ウィルソンでも読んだら?

84 :へび:01/09/12 22:49
疑問なんですが、天才といわれた人たちは、
自分のことを天才だと思って満足できていたのかなぁ。。。

85 :Disca:01/09/13 00:43
>81
発想力が豊かな人?
あとは、努力のみです。
天才エジソンになれます。(エジソンは努力家デスよ

86 :  :01/09/13 03:22
大学いったら発想力なくなるよ。

87 :デイジーデイジー君が好き:01/09/13 05:35
>>1
味の素舐めなよ。

88 :でゆん:01/09/14 19:57
正直言って、「天才」の生まれる余地は減ってますね。
極端な例えですが、ヒトが2人しかいない社会ならば、1/2で天才に
なれる可能性がありますが(残りの1/2が認めてくれないとダメですが)、
今ではずいぶんと人間がたくさんいますからねえ。

教育というものが、一般的ではなければ、その社会的背景を持って、
天才に一歩近づくこともできるでしょうが・・・

日本人に天才が少ない、というような、言われもない書き込みがあちこちの
スレで散見されるのですが、どんなもんなんでしょ?
日本は教育水準が高く、一般的には「おめえ、天才だよ!すげーよー!
尊敬するよ!」と言われるようなことをやっても、あまりすごく見えなかった、
という社会背景があるように感ぜられるのですが・・・

89 :子犬:01/09/22 23:43
>88
文化的背景に影響するのは事実。
偏差値教育=画一化教育 の傾向があった日本では
平均的秀才が認められるだと思う。
最近では、不況の影響もあって
一芸に秀でた人を伸ばす方向がでてきたののはいいことである。

>1
>どうしたら天才になれるか?
を鑑みると、
自分の興味に没頭できる環境(文化的背景も含めて)と
自分の努力と信念が必要であり、そうすることによって
結果が後からついてくるのかもしれない。

90 :かおる:01/10/19 06:26
この天才スレッドは、ためになる。おおよそ的を得た事が記してある。

91 :オーバーテクナナシー:01/10/19 07:31
周りに比べると頭の回転が速いと自覚している方に一つ質問していいですか?
探究心と想像力、どちらが幼い時に頭の回転を速くした事に貢献したと感じますか?

自分の子供ができた時に(自分はもう無理なんで)教育の参考にしたいです。

92 :オーバーテクナナシー:01/10/19 09:27
天才になりたきゃ、自身の脳内世界に篭もってごらん。

93 :オーバーテクナナシー:01/10/19 09:58
確かに>>89の言うように周囲の環境の影響は大きいですね
天才と呼ばれた人は典型的なヒッキーが多いし(藁
そういった社会のお荷物を暖かく見守ってくれる人たちが居て
偶々社会が注目している問題を夢想していた人だけが天才として
表に引きずり出されたケースが多いのではないでしょうか
尤も夢想の仕方も問題ですがね

94 :オーバーテクナナシー:01/10/19 12:56
頭の回転の速さイコール天才なんでしょうかね。
アインシュタインの口癖は「もっとゆっくり話してくれ、
のみこみが遅いんだ」だったと聞くじゃないですか。俗説?

95 :でゆん:01/10/19 23:14
皆さんの考える天才って、たとえば誰ですか?
アインシュタイン、エジソンが既出ですね。

96 :オーバーテクナナシー:01/10/19 23:51
地震とか台風とか

97 :でゆん:01/10/19 23:53
雷、火事、オヤジもか。

98 :かおる:01/10/20 00:00
一般的に天才と呼ばれる人物は、知能指数が高い傾向が、統計で証明されて
いるようです。例外もいますけど。人語を理解するのが不得手なのに、数式
だと人並み外れて早かったりするのは、訓練や慣れ、日常生活の形態が影響
しているのかもしれない。

99 :オーバーテクナナシー:01/10/20 00:46
人類史上天才って一人もいないと思ってみたりする

100 :でゆん:01/10/20 04:14
やっぱり、定義が必要ですよね。

たとえば、成人以降、IQ200以上とか、10万人に一人の能力とか。
特許換算が公平になりますか?
(江戸時代前なら、10万/6億で、天才は6千人てことになります。
今なら6万人か)

・・・私はアベベとか、カールルイスとか、「誰でもやることなのに世界一」って
ことに畏怖を覚えます。

101 :でゆん:01/10/20 04:21
アス‡-の二シさんも、若い頃は天才だと騒がれたそうです。
とりあえず、定義ほしいっす。

102 :でゆん ◆2lLZPJr. :01/10/20 04:27
漏れはテンサイじゃー!
(イコール、オヤジ。地震、雷、火事は責任持てん)

この時間、人口少なそうだから、初トリップしてみる。

103 :オーバーテクナナシー:01/10/21 11:57
>>98
>人語を理解するのが不得手なのに、数式だと人並み外れて早かったりする

…サヴァン症候群とか。。

104 :でゆん ◆TuLSKtIY :01/10/29 20:35
トリップ変更!
102のキーワード、紛失。

105 :オーバーテクナナシー:01/11/23 04:25
サヴァン症候群って?

106 :オーバーテクナナシー:01/11/23 06:07
>105
このあいだ『レインマン』やってたろーに。
ダスティン・ホフマンが演じてた役の病気。社会生活は送れない
が、素数をペラペラ言えたり、床に落ちた楊子の本数を一瞬に
覚え(?)たり、トランプ5セットを出た順に記憶したり、と
人間離れした技を持っているが....でも普通のなんの変哲もない
社会生活は送れないヒトをサヴァンといいます。天才の言ってる
コトが時に理解され難いのもこういう物かもしれませんね。

107 :オーバーテクナナシー:01/11/25 10:08
誰もやらないことや、考えない事をして
成功すれば天才
失敗すれば狂人
ただそれだけのことじゃないの?
成功するか、失敗するかは運しだいってことで。

108 :オーバーテクナナシー:01/11/25 22:27
我思う故に我あり

109 :オーバーテクナナシー:01/11/26 00:55
天才は天才を好むのかな?

110 :オーバーテクナナシー:01/11/26 13:13
天才の作り方

まず何代も近親相姦を続けている家の子を
同じように何代も近親相姦を続けている家の子と結婚させる
するとサラブレッドと同じで雑種強精となり
猪木の体と天才の脳を持ったスーパー赤ちゃんが出来あがる

111 :オーバーテクナナシー:01/11/26 16:07
既出です

112 :オーバーテクナナシー:01/11/26 23:15
>110
っていうか、猪木自身が天才

113 :オーバーテクナナシー:01/11/27 00:42
>>110
ただし天才ができる確率はほんのわずかで、ほとんどは駄作。
素人にはおすすめできない。

114 :オーバーテクナナシー:01/12/07 05:22
>猪木の体
何故に猪木なん?

115 :Dr,:01/12/07 15:51
天才を生むのは環境です。
脳の神経構成は明らかに環境によって左右します。
遺伝的要素は考えられません。なぜならハイゼンベルグやエジソンの子孫は天
才ではなかったからです。
育った環境が彼らとは異なり、同じ感性を持たなかったからです。
『肉体の構成には遺伝的なものが存在することは事実上認められる』と考えて
いる方も多いとは思いますが、よく考えてください。
天才と呼ばれる人間の親は天才を生むような素質を持っていましたか?もって
いません。環境が作るのです。
では自閉症に多いといわれているサヴァン症候群は何か?これは当然のことな
がら、脳の神経構造が疾病によって異常な変化を引き起こしたのでしょう。
その中でアイデンティティを少なからず残ったのがアインシュタインなどの異
常なほどの高いIQを持った天才というわけです。
ヒトラーの場合、大衆の期待による重圧が精神疾患を引き起こし、ある意味天
才的な指揮をとらせたのかもしれません。

116 :オーバーテクナナシー:01/12/07 16:28
サヴァンは自閉ではなくて知恵おくれ。
残った脳の機能を特定の用途に集中させてる。
通常人でも数年訓練すれば大半のサヴァンと同等のこと(暗算とか)は可能なことが実証済み。
(「なぜ彼らは天才的能力を示すのか」を読め。)

117 :オーバーテクナナシー:01/12/07 16:32
一時的に脳の機能が格段に良くなる薬ってないのか?
アメリカあたりで売ってそうだが

118 :?:01/12/09 04:34
天才になりたい?

あなた『無知の知』をご存知?
自分が無知だと思ってりゃ、それを知ってるだけ賢いって事。
つまり、何事にも謙遜になりなさいってこと。
そして、決して自己満足してはいけません。

『人間は考える葦である』

119 :オーバーテクナナシー:01/12/09 04:43
大昔の皇室家系遍歴を思われる>110

120 :オーバーテクナナシー:01/12/09 05:06
近親相姦ってなんでおかしいのが出来るの?
突出した遺伝子が平均化されないから?

121 :オーバーテクナナシー:01/12/09 12:15
ちがう。
遺伝子は1つの形質について2つで1組。父親と母親から1つづつもらってくる。
優性遺伝と劣性遺伝があり、優性遺伝する形質はその遺伝子を片方だけ持っていれば現れるが、
劣勢遺伝する形質は2つともその遺伝子でないと現れない。
例:血液型のA、B、は優性、Oは劣勢。
  その遺伝子型はAA、AO、BB、BO、AB、OO

近親では同じ遺伝子持ってる確率が高い。
交配すればそれが2つそろってしまう。
劣性遺伝形質は遺伝子を持っていても発現しないことがあるので、
それが異常な形質であっても淘汰されずに残る可能性があり
いろんな遺伝的疾患の遺伝子として誰でもいくつかは密かに持っている。
それが近親交配では高確率で発現するという事。

122 :オーバーテクナナシー:01/12/10 02:54
遺伝的欠落がない人間同士がくっつくとそうなるってこと??>121

123 :オーバーテクナナシー:01/12/10 16:16
>122
遺伝子的欠陥が多ければ多いほど、異常な人間が出来やすく、
異常な天才が生まれる可能性も高いという事。

124 :オーバーテクナナシー :01/12/10 19:00
完璧に遺伝子欠落無いもの同士のほうが
異常な人間が出来やすく、異常な天才が
生まれる可能性とやらが出来る確立が高い
と思っていた。

125 :オーバーテクナナシー:01/12/10 19:47
>123
違うんじゃないか?
サラブレッドの場合近親相姦を続けて優秀な者のみ残して駄馬は
子孫を残さない。
こうして劣勢な遺伝子を取り除いていき劣性遺伝子の無い純粋馬
を作り、同様に作った他の純粋馬と混血させたとき
雑種強精により天才馬が産まれる
植物も同様にF1種を作っている
人間も同じだと思う

126 :オーバーテクナナシー:01/12/10 20:43
近親婚による利点と欠点が混同したまま話が展開してる
と思われ

127 :オーバーテクナナシー:01/12/10 21:13
で、簡単に言うとこれ↑上記表現で精一杯簡単な
話なんでしょうけど結局どうしたら天才誕生に
なるんでしょうかね。

128 :オーバーテクナナシー:01/12/10 23:33
>>89 同意
DQNを暖かく受け入れてくれる余裕のある社会環境、又は
無視して放っておいてくれるDQNなんかに関わっている余裕の無い社会環境の
いずれかが必要だと思われ

129 :オーバーテクナナシー:01/12/11 05:37
>125
優秀な遺伝子x優秀な遺伝子=優秀な秀才
異常な遺伝子x異常な遺伝子=異常な天才
じゃない?

130 :オーバーテクナナシー:01/12/11 05:40
ちょっと修正
優秀な遺伝子x優秀な遺伝子=多数の優秀な秀才
異常な遺伝子x異常な遺伝子=多数のキティと、ごくわずかの異常な天才

131 :オーバーテクナナシー:01/12/11 08:50
身長が2メートル以上の長身同士を掛け合わせる事で
高確率に長身の子供を作る事が出来るが、
4メートルを遙かに超える超長身の人間は
突然変異の奇形でしか出来ないということか・・・

132 :オーバーテクナナシー:01/12/11 11:49
天才に関する秀才になれば天才になれるかな

133 :オーバーテクナナシー:01/12/11 11:55
ある人物は天才であるともっともらしく信じさせる秀才

134 :オーバーテクナナシー:01/12/11 13:19
http://www.google.com/search?q=%93%AA%94%5D%83p%83%93&hl=ja&lr=
これで簡単に。。。

135 :オーバーテクナナシー:01/12/11 22:18
遺伝子解析の技術が完全に進歩をとげた結果
優秀な人間だけがこの世に存在しないという
SFのような世界にこの世は成り得る?

136 :オーバーテクナナシー:01/12/11 22:21
>>135
仮にそうなったとしても、その人達の間で優劣は存在する
単に全体の底上げが行われただけ

137 :オーバーテクナナシー:01/12/11 22:46
>>135

ロバート・A・ハイライン『未知の地平線』を読め!

138 :オーバーテクナナシー:01/12/11 22:58
チンパンジー型か
オランウータン型か
なのでしょうか?
最近、後者の人種(?)は「頭のとろい奴」と言われてしまいますね。

139 :オーバーテクナナシー:01/12/11 23:12
天才といえば島田荘司の御手洗シリーズを思い出すな

140 :オーバーテクナナシー:01/12/12 02:00
結局、整理すると、
天才なる由縁1;シナプス結合とかニューロンの発達、新皮質とかの先天的なもの
天才たる由縁2;幼少期の環境
天才たる由縁3;努力と好きなものへの執着心
ってことになりますね。

141 :オーバーテクナナシー:01/12/12 02:17
遺伝子操作で天才は誕生する時代はくる!

142 ::01/12/12 03:59
納豆とか言ってたアメリカの天才少年が。

143 :オーバーテクナナシー:01/12/12 04:18
とりあえず、
ある特定の限られた分野に生活のできうる限りを注ぎ込み、
他の物を捨て去る事が必要。
一般人にはこれがまずできない。

天才と呼ばれる人達が持っている共通項があるとすれば
以上に強い興味&執着心ではなかろうか。
まず、これが無いと一つの事に専心する事は難しい。

特に現代社会では供給過多の誘惑因子が環境を取り巻いているので
相当の意志の強さが要求されると思われる。

144 :オーバーテクナナシー:01/12/12 04:19
以上→異常

145 :オーバーテクナナシー:01/12/12 08:55
>143
アニメオタクのような?
あいつらキモイんですけど・・・

つうか今、日本のアニメ漫画ゲーム業界が
多数の、その方面での天才、秀才を排出して、
世界のトップを独走してるのを考えるとそうかも。

ま、極端に言えば、アインシュタインも数学オタ、
ベートーベンも音楽オタ、本田宗一郎もバイクオタということか・・・
世界を動かしているのはオタ?(笑)

146 :オーバーテクナナシー:01/12/12 09:03
>>145
やべえ、ばれちまった

147 :オーバーテクナナシー:01/12/12 12:54
キモイオタってのは中途半端だからキモイんだよ。
本当になにかをやり通せば、自然とかっこよく見えてくるし世間からも
認められるってもんよ。

148 ::01/12/12 13:59
>147
そうか?
俺は今でこそ年収1千万を超える画家だが、
売れない頃は、暗いだの、キモイだのそりゃあ酷く言われたものだよ。
それが、ちょっとでも売れると手のひらを返したように
みんなが先生扱い・・・

本当になにかをやり通せば、自然とかっこよく見えてくるし世間からも
認められるというのには納得いかないな。
俺はキモイ言われた頃と変わってないのにすばらしい芸術家扱い。
認められなければ今も回りの扱いは同じだったはず。

149 :オーバーテクナナシー:01/12/12 14:19
認められても、それが死後何年もたってからじゃ・・・

150 :オーバーテクナナシー:01/12/12 14:20
>>148 それは言える
やっている方は今も昔もなにも変わっていないつもりなんだけどね
プロXで取り上げられる人達も、当時はいつもどおり無茶な要求を
いつもどおりこなしていただけという人が多い(特に技術系)
我々素人から見れば神業に見える所業を賛美しても
「これが自分の仕事ですから」と給料以外の報酬を受け取らない偉人達
稼ぎの少ない冴えない偏屈親父の本当の姿を一体どれだけの人が理解しているのだろうか

151 :147:01/12/12 14:33
んーと、いい方が悪かった。
世間に認められることと、なにかをやり通すってのは表裏一体。
何かをやりとおしたという事実は、自分が決めるんじゃなくて結局
は世間が決めているということを言いたかった。

世間が認めるまであきらめずにがんばっている人はかっこいい。
148さんはかっこいいです。自分では変わってないとおっしゃって
ますが、そんなことはないと思います。

世間とはなにかという疑問が、自分の中ではまだ解決できないままですが、、

152 :オーバーテクナナシー:01/12/12 14:37
>>148
誰?

153 :オーバーテクナナシー:01/12/12 21:14
>148
オタクって損ですよね、
何かに異常にのめり込んでる人って気持ち悪がられますからね。
イメージだけでバカにする人ってバカにされた人の気持ちとか
どう思ってるのだろう?

154 :オーバーテクナナシー:01/12/12 22:24
芸術家=天才とは限らない

155 :オーバーテクナナシー:01/12/12 22:26
感情論を除外した思考回路のある人

156 :オーバーテクナナシー:01/12/12 22:31
>>152 それは言わない約束じゃないですか
>>148 そのシルエットは・・・まさか!? あのお方・・・(汗

157 :オーバーテクナナシー:01/12/12 22:33
天才となんとかは紙一重

158 :こんな分類でどうよ:01/12/12 22:39
天才=専用機
秀才=汎用機
凡人=普及機

159 :オーバーテクナナシー:01/12/12 23:04
どうしたら天才が誕生するかの主旨からだんだんズレがきてるスレ

160 :オーバーテクナナシー:01/12/13 06:57
まず「天才とはなんぞや」を定義しなと作り方もわからない。

161 :オーバーテクナナシー:01/12/13 07:09
ヲタがキモがられるのは最低限の社会的モラルまでも捨て去るからだろう。多分。
EX:風呂に入らない、年中同じ服、髪ボサボサ髭ボーボー、人と会話しないなど・・・

あと、一般人の理解から程遠いこと(芸術とか)
もしくはカミングアウトしにくい事(エロゲーとか)に興味を持ってしまうと、
共通の話題を求めて、話の会う人達だけでコミュニティを作ってしまうので
さらに一般人と話す機会が減り、より狭い情報しか入って来なくなるため
より一層、一般人と話が合わなくなり、
どんどん溝が深まっていくという悪循環に陥る。

よって、仮に同じ能力を有している人が
天才と呼ばれるか
マッドあるいはヲタと呼ばれるかは
社会性の問題だと思うがどうか?

162 : :01/12/13 08:02
豆腐のカドに頭をぶつけるとなれるらしいぞ。

163 :オーバーテクナナシー:01/12/13 09:29
>EX:風呂に入らない、年中同じ服、髪ボサボサ髭ボーボー、人と会話しないなど
なんだレオナルド・ダ・ビンチのことじゃないか

164 :オーバーテクナナシー:01/12/13 10:45
>161
天才の多くにそのような傾向があると思われ。

165 :オーバーテクナナシー:01/12/13 17:20
天才の多くには精神的疾患がみられる
鬱、自閉、人格分裂、・・・

166 :オーバーテクナナシー:01/12/13 17:40
天才ってドーパミンが分泌されすぎる病気が多かったとか

167 :オーバーテクナナシー:01/12/13 22:31
>ドーパミンが分泌されすぎる病気

それって分裂症です。

168 :>165:01/12/14 00:20
エジソンはどうか知らないがダビンチも
アインシュタインも、芸術家(ダビンチ
もそのほうでもある)でいうピカソも
多少おかしなところがあったらしい
ですからいえてますね。

169 :オーバーテクナナシー:01/12/14 04:38
まともなまんま天才と呼ばれる人って誰がいる?
無論「まとも」と「天才」のレベルにもよるだろうが・・・

まあ、だれであれ叩けば埃の一つも出るだろうが・・・

170 :オーバーテクナナシー:01/12/14 05:56
つ〜か天才にナリタカタラ
こんなトコでカキコんでる場合ぢゃないだろ(^_^;

171 :オーバーテクナナシー:01/12/14 08:46
ここに書き込んでる連中は天才になりたい訳じゃなくて、
どうすりゃ天才になれるんですか?というテーマで討論して遊んでるだけでしょ?

172 :オーバーテクナナシー:01/12/14 10:05
>>168
>多少
多少?記録に残っている良心的解釈されたエピソードでさえ相当なDQN振りなんだが・・・
エジソンなんて空飛ぶ薬事件とか列車放火未遂事件とか起こしておきながら
全く悪びれることがなかった処を見ると真性DQNだったとしか思えない
自分の隣にそんな奴が居たら間違いなく社会の敵だ・・・

173 :>172:01/12/14 11:17
成績はよくなく小学校で中退の彼は何故天才になれたのだろうか?
DQNでももとはといえば頭はよかったということなんでしょうかね。

174 :オーバーテクナナシー:01/12/14 11:55
頭が良いから高学歴という訳では無いよ。
想像力が高すぎたら授業中いろんな事考えて先生の話とか
耳に入らなかったりするだろうし。

学校の勉強は、
己を捨てて時間をかけて、どれだけテストに必要な事頭に詰め込めるかだから。
ある程度の理解力と記憶力は当然必要だけど、
後は根気と持続力の勝負だね。
成績と天才的かどうかはあまり関係ないと思う。

175 :オーバーテクナナシー:01/12/14 12:02
松下幸之助田中角栄その他もろもろ〜・・・は
最終学歴小学校だったようなしかし天才と
いえるかはさておき並大抵ではない業績
残した方々ですがこれのも才能である種の
天才的能力のある人間ともいえるのでは
ないだろうか。

176 :オーバーテクナナシー:01/12/14 12:24
実際、エジソンとか小学校の授業中に授業とは関係ない
何故蒸気船が前に進むのかを必死に考えてておこられたりしてるし・・・

177 :オーバーテクナナシー:01/12/14 12:57
アインシュタインも何度も大学受験に失敗して、しかたないから就職したが、
事務職員やりながら思いついたことを発表したらノーベル賞とっちゃった。
それも人類の歴史を変えるような発見を、1年に3つも。

エジソンの例だと上の方にも出ているアスペルガー症候群の可能性がある。
ただ、成人後はそれこそ松下幸之助なみの実業家になったのだから
(GEと松下電産の比較)現実対処能力がなかったわけでもなさそうだ。

178 :オーバーテクナナシー:01/12/14 19:54
>>171

>>170>>1 へのコメントだYo!たぶん

179 :オーバーテクナナシー:01/12/15 00:19
>177
現実対処能力...
でも実際、労働者泣かせだったみたいよ
自分に厳しく他人にも厳しくってタイプ
エジソン氏の偉業の影に隠れて、あんまり表に出ない話だけどね。

180 :オーバーテクナナシー:01/12/15 00:49
まあ、結局認められたモン勝ちってやつだッ!!!

いっくら一生懸命やっても
アイコラの天才は認められねぇッ!
AVのタイトルを全て覚えていてもだッ!
エロゲーを1万本クリアしてもだッ!
女神さまの台詞を最終話まで全て言えてもだッ!

まあ、トゥナイト位には出れるかも知れんが・・・

181 :オーバーテクナナシー:01/12/15 07:21
ワカータYo!

生まれもって
万人に認められる最大公約数的な分野に異常に強い関心と執着心を持っていて
それを存分に追求できる環境があって
社会性を失わない程度にそれ以外のものを捨てることができる人が
天才になれる!素質を持っている!かも知れない!

まあ、おまえら凡人は2chでもやってなさいってこった。

182 :オーバーテクナナシー:01/12/15 11:44
天才って「神童タイプ」と「狂人タイプ」に大分できそう
万人が認める分野を飛躍的に発展させるタイプと
新しい分野を開拓するタイプ

183 :オーバーテクナナシー:01/12/15 17:28
天才になれるとして
天才になってどうする?
社会貢献って才能の問題か?

184 :オーバーテクナナシー:01/12/16 12:24
遺伝子操作でこの世が天才だけとないりえる
時代は誕生する日はいつくるのか〜〜〜〜

185 :オーバーテクナナシー:01/12/16 12:47
>遺伝子操作でこの世が天才だけ
その世界では凡人でしかないような気が・・・

186 :オーバーテクナナシー:01/12/18 07:51
人間の凡人と同じ知的レベルのチンパンジーがいたとしたら、
そいつはチンパンジー社会の中で天才に見えるんじゃない?

人間社会の中の天才はつまり、人間より進化した存在を先取り
している連中なんだろうね。で、人間社会はそいつらの発想を
教育って形で後世に伝える。世の中は一昔前の天才の考えを真
似する凡人たちで埋め尽くされる、と。そしてまた新しい天才
が現われて、、、以降繰り返し。

この繰り返しが、何のためにおきてるのか、どこに向かってい
るのか、だれか教えてください。それがわかれば天才になれそう!

187 :オーバーテクナナシー:01/12/20 14:18
天才になる方法、結論。
チンパンジーの中でくらす(笑)

188 :オーバーテクナナシー:01/12/28 03:32
運子

189 :オーバーテクナナシー:01/12/28 08:58
そうか!
運子か!
・・・で、それをどうするの?

我慢するの?
食べるの?
調べるの?

190 :うーそーだーよー:01/12/28 13:34
運子とは
まだ存在が確認されていないものの
確立を決定するのに働いているのではないかと言われる素粒子である
所謂、ツキが良い悪いはこの運子の働きによる物ではないかと近年注目を集めている

191 :geniunko:01/12/28 17:19
>>190
ナルホド興味深い考察ですね
わたくし今朝その運子素粒子の4~500c程の集合体を
生成、採取することに成功したのですが
よろしければ人類の文化の発展のためお分けいたしましょうか?

:unko date
size - 482g(4piece)
color - dark brown
smell - Atomic bomb class
taste - unknown

一応データ載せておきます不足等ございましたらお教え下さい
では

192 :オーバーテクナナシー:01/12/28 17:31
>taste - unknown
不備があるためリジェクトされました。
不足データも採取後にもう一度投稿してください。

193 :geniunko:01/12/28 18:49
追加データ

:unko date
size - 482g(4piece)
color - dark brown
smell - Atomic bomb class
taste - e,ex…excellent!

194 :オーバーテクナナシー:01/12/28 18:56
なんかまじめに対応してやらなきゃならないらしい標本があるらしいぞ。
専門家降臨キボンヌ。

195 :オーバーテクナナシー:01/12/28 21:05
>193
colorがdark brownとは…、新たなクォークなのでしょうか。
とすると、smellやtasteは第5、第6のフレイバーですか。
いやー、一体どうやって発生させたんですか?

196 :オーバーテクナナシー:01/12/28 21:09
自分より馬鹿な奴ばかりに囲まれて生きるのはイヤだ。
馬鹿から馬鹿にされたり、馬鹿に説教されたりの毎日・・・。最悪。

よって天才になんぞならない方がよい。
凡人にも理解できる程度の、微妙に頭が良いくらいが吉。

197 :オーバーテクナナシー:01/12/28 21:18
天才になるには、うんこをためずにどんどんすることだ!!!

198 :オーバーテクナナシー:01/12/29 18:12
>>197
ナルホド

199 :オーバーテクナナシー:01/12/29 18:21
力ソチョー買いだめしとかなきゃ(汗

200 :オーバーテクナナシー:01/12/29 18:24
君たち凡人には天才を見分けることは出来ないよ。

裸の王様じゃないが
ぼんくらが天才を見ても
一般より劣る人間だという判断を下すはずだ。

理由はあえて書かないが
人間という生き物は理解できないものに
でくわすと拒絶するのが普通だ・・・。

51 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)