5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

四次元に関する話題を書き込むスレ

1 :オーバーテクナナシー:2001/08/10(金) 14:29
四次元の定義から、応用技術まで、広く四次元に関する話題を書き込むスレです。

2 :オーバーテクナナシー:2001/08/10(金) 14:30
X軸、Y軸、Z軸に時間軸を加えた世界を四次元だと仮定すると、
時間軸の長さの概念は、私たちの通常用いている時間の長さの
概念でいえば、どれくらいのものになるでしょう?

例えば、タテ1m、横1m、高さ1m、時間1mという
四次元的な立方体を考えた場合、時間1mとは、我々の
通常用いる時間単位で言えば、何秒(?)になりますか?

3 :オーバーテクナナシー:2001/08/10(金) 18:53
プランク単位。

4 :オーバーテクナナシー:2001/08/10(金) 19:59
いきなりsageてるし。

5 :オーバーテクナナシー:2001/08/11(土) 01:11
空間の歪みが普通にあるのだから、
時間の歪みも普通にあるんでしょうか?

もし、時間の歪みが都合よく制御できれば
いろいろ面白いことができそうなきもしますが・・・
(シロート考えですが、時間の進み方を様々に変えたり)

時間の歪みを利用した技術って、どんなのが考えられるでしょうか。

6 :オーバーテクナナシー:2001/08/11(土) 03:49
1の遺伝子を改造した遺伝子科の医師です。

一言でいって、非常にユニークな遺伝子であり、
また同時に、たいへんやっかいな遺伝子改造でもありました。
守秘義務がありますので、具体的には申し上げることはできませんが、
遺伝子の構造を解析した女性医師が、思わず吹き出してしまった、
という事例で推測して頂ければ幸いです。

当医院を訪れた当初は暗い印象しかなかった1ですが、
こんなユニークなスレを立てるほど明るくなられたことを知り、
私も職業冥利に尽きます。
1さん、これからもどうか自分に自信を持って、堂々と発言
してください。

7 :オーバーテクナナシー:2001/08/11(土) 04:35
今生きてるのは四次元の世界じゃないですか?
四次元ポケットは五次元の概念だと思うんですけど。

8 :オーバーテクナナシー:2001/08/11(土) 06:49
五次元目の概念はなんですか

9 :オーバーテクナナシー:2001/08/11(土) 07:23
超紐理論じゃ、ダメ?

10 :オーバーテクナナシー:2001/08/11(土) 11:48
超紐理論とは全然関係ないけど、
人間って四次元的に見ると紐のように細長い物体に見えるのかな。
人間は立体としては小さいけど、時間方向には長くなるからねえ。

11 :オーバーテクナナシー:2001/08/11(土) 12:14
宇宙も細長い紐だな。ループしてたら面白い。

12 :マジレス:2001/08/11(土) 12:55
>2
ガモフ全集に載ってたけど、
時間と幾何学的距離の換算には光の速度を用いるんだそうな(うろ覚え)
だからたとえば1秒間を距離に換算するとその距離は1秒間に光が進む速さなんだって。

13 :オーバーテクナナシー:2001/08/11(土) 13:02
四次元住宅。
部屋ごとに時間の進み方が違う。
100年後くらいなら実現してそう?

14 :オーバーテクナナシー:2001/08/11(土) 16:35
>>13
低次元を制御するにはより高次元の技術が必要だとおもうんだがどうか?

15 :オーバーテクナナシー:2001/08/11(土) 17:21
>>14
・・・とすると、>>8が言っているように
5次元目が何なのか? って疑問にぶつかりますね

16 ::2001/08/11(土) 17:47
じゃあ1秒を立体的な模型で表すとしたら
縦30万キロ
横30万キロ
幅30万キロ
時30万キロ

て事になるのか?

17 :マジレス:2001/08/11(土) 18:14
4次元軸が時間で、5次元軸が善悪と聞きました

18 :オーバーテクナナシー:2001/08/11(土) 19:15
>>12
>1秒間を距離に換算するとその距離は1秒間に光が進む速さなんだって。

というのは

「1秒間を距離に換算するとその距離は1秒間に光が進む『距離』なんだって。」

と解釈していいんですよね?
マジレスありがとう♪

19 :オーバーテクナナシー:2001/08/12(日) 01:29
N次元空間について知りたい?
とりあえず、線形代数の本を貸してあげるよ。
(理系の大学生ならほとんど習ったはずだね)
これで、馬鹿な考えは無くなると思うから。

20 :名無し:2001/08/12(日) 02:03
>>17

そして、7次元が神です。 神は万能です。

21 :オーバーテクナナシー:2001/08/12(日) 02:12
>>19
それは「愛」を知りたい人に「国語辞典を読め」と言っているようなもの。
辞書を引いて定義を知っただけでは「愛」をわかったことにはならないと思う。

22 :オーバーテクナナシー:2001/08/12(日) 02:19
>>20

神が3メートル、とかいう表現になるのでしょうか(笑)

それはそれで面白いですが。
 

23 :オーバーテクナナシー:2001/08/12(日) 02:24

現状、“時間軸”に沿った自由な移動( とりわけ逆行 )は
難しい( 順行なら既に出来ているといえばいえるが )・・・だから、
それが出来ると“ 4次元 ”みたいな解釈が散見されるが、
既に書いた通り、“順行”であれば、既に、
“基準観測者に対する遅行”は『 実証 』されているし、
( アポロ・コンコルド等にセシウム原子時計等を搭載して )
『 自由な移動が叶って、初めて“〜次元”の勘定に入れる 』というのは、いかがなものか...?
そもそも、『 対時間のエントロピー増大 』が無い世界は、
観測不能であるから、初歩数学等の都合( 教え易さ等 )を除けば、
『 最初の軸( 1次元 )が“時間”である 』とした方がしっくり来るのでは?
そして、『 最初の軸( 観測 or 予測される最初の相転移の前提 ) 』であり、
宇宙構造の基盤だからこそ、時間軸に沿った移動( 逆行 )は困難なのだと理解した方が良い気がするが?

24 :はいはい:2001/08/12(日) 03:00
(x1,x2,x3,x4)

25 :オーバーテクナナシー:2001/08/12(日) 03:03
>>21
読みたくない言い訳は要らない。読めば分かるよ。
理系の大学生に線形代数の教科書を貰うべし。

26 :オーバーテクナナシー:2001/08/12(日) 04:47
>>25
読みたくなかったけど読んだよ(苦笑)。単位のためにね。
何年も前の話だけど。
そうじゃなくて、全ての次元が等価じゃ意味が無いってこと。
実際に時間軸は他の空間軸とは付随する性質がが違ってくる。

27 :オーバーテクナナシー:2001/08/12(日) 05:13
>>25
もしかしたら次元を空間や時間に割り当てるのが
おかど違いだっていう意見なのかな。

28 :12:2001/08/12(日) 20:24
調子に乗ってもうちょっとだけ書くね。
例えば、ある地点でAが脳梗塞になったとしてこれを事件1とする。
その2秒後、Bが2m離れた所で伸三麻痺になったとしてこれを事件2とする。
事件一と事件2の4次元的な絶対値距離は

√(0.002-300000*2)=29999.8i

て言うふうに出すんだって(光の速さを30万キロ毎秒として)
以上、受け売りでした。

29 :オーバーテクナナシー:2001/08/12(日) 23:07
よじげんの次は給食だったな。 なんか腹減ったよ。 朝飯は抜いちゃダメね。

30 :オーバーテクナナシー:2001/08/13(月) 01:04
ミンコフスキー時空の話をしたいのか、
単に4次元空間の一般論を話したいのかはっきりしろよ。

31 :オーバーテクナナシー:2001/08/13(月) 01:48
つーかさ、
1は参加してるのか?

32 :オーバーテクナナシー:2001/08/13(月) 20:19
1=私はシロートさんなので、専門的な議論には参加できないです。
単純に未来の四次元技術とかに興味がありました。
とりあえず、タイトルの通り話題は限定していません。

33 :12:2001/08/14(火) 00:49
なんかいろいろ間違えてるからもう一回ちゃんと書くね

例えば、ある地点でAが脳梗塞になったとしてこれを事件1とする。
その2秒後、Bが2m離れた所で心臓麻痺になったとしてこれを事件2とする。
事件1と事件2の4次元的な絶対値距離は

√(0.002-300000*2)≒173i (m)

て言うふうに出すんだって(光の速さを30万キロ毎秒として)

34 :オーバーテクナナシー:01/09/02 23:20 ID:XduUkALc
昔6次元曼荼羅って本があったけど
10次元と6次元のどうたらこうたら書いて
たような・・
あれはなんだ?

35 :オーバーテクナナシー:01/09/04 02:18 ID:jc3J22EU
昔々大昔、はるか彼方のオリオン座のぺテルギウスとリゲルという星で戦争
が起きました。長い年月の戦いの末、ある生命種が敗北し、銀河連盟によって、
追放を余儀なくされました。で、彼らは宇宙船で宇宙空間を旅し、ついにある惑星
にたどり着きました。彼らはこの星をすみかにすることに決めました。しかし住んで
みると、ある重大なことに気づきました。引力が弱いせいか、空気が薄いのです。
これでは酸欠でみんな息絶えてしまいます。そこで、大気中にシールドを張って、
空気が常時満たされている状態にしようとしました。そのための物質として、彼らは
金を選択しました。彼らは資源のある惑星を求めてさまよい続けました。で、彼らは
ある惑星にたどり着きました。そこは水と緑に包まれた自然豊かな惑星でした。
彼らは宇宙船を大地に着陸させると、さっそく金のありかを探し始めました。
ゴールドの山はすぐに見つかりました。金の採掘作業に取り掛かると、意外と大変
です。彼らの多くが指揮官に抗議します。「こんな大変な作業やってられるか。代わりの
ものにやらせろ」と。そこで、彼らは宇宙船に乗り、奴隷のように働いてくれそうな
生命体を探し始めました。すると、毛むくじゃらな一匹のサルかゴリラのような生命体
を発見しました。彼らはこの生き物を捕まえると、この生き物の精子を採取し、彼らのなかの
女性の子宮にそれを着床させました。長い試行錯誤の末、ついに、彼らはある生命体を作り出すことに
成功しました。彼らは女もつくり、増やしました。で、この種に彼らの労働をさせました。
彼らは、そうやって採取した金を宇宙船に積むと、彼らの星に向かって旅たちました。
彼らは彼らの作った種をコントロールするための秘密結社をつくりました。この長に主
を崇拝するための祭壇をつくらせると、たがいの言葉が分からないように、いくつもの言語
に分けられました。

36 :オーバーテクナナシー:01/09/04 04:10 ID:PTeWXDl6
・・・。

37 :オーバーテクナナシー:01/09/04 04:50 ID:qw5QViYE
上の文章を読んで、次の問いに答えましょう。

問い1、追放された彼らがたどり着いた惑星の名は?

問い2、水と緑に包まれた自然豊かな惑星とはどこか。

問い3、彼らとは誰?

38 :ψ(☆∀☆)ψキラーソ:01/09/04 09:31 ID:1dG2bpKQ
>>37
俺もそれ知りたい!(w
なんか興味深々で読んでしまった

39 :オーバーテクナナシー:01/09/04 16:10 ID:946VNj/U
10次元が4次元に見えてるだけ」って聞いた事がありますが・・・・

40 :オーバーテクナナシー:01/09/04 18:28 ID:LLtCoB4A
4次元の方向を時間軸とだけにするから
誤解が生まれているんです
多次元空間の解釈としてはSF的読み物なご都合主義です

41 :カホナ:01/09/04 21:12 ID:ikKoMacE
場の定義と軸の定義がごちゃ混ぜ・・・
ベクトルとフォースの定義は?
統一場、大統一場、相対性は?
分からないなら書かないほうがいいよ。
書く気も無いけれど私は・・・

42 :  :01/09/04 21:40 ID:lvA23cMQ
ドラエモンの4次元ポケットって、
ようするにクラインの壷の、高次元版?

43 :オーバーテクナナシー:01/09/05 16:59 ID:D60px.Bo
4次元っていうのはある比率で表される計時周波数だって言う人がいるよ。
なんでも、この計時周波数は感じ取るものであって、私たちの現在使用している
暦によって感じ取れないように意図され続けてきたものなんだそうだ。
で、この計時周波数は人間の遺伝子の配列としっかりかみ合うらしく、次のような
リズムを持っていて、Hzという物理的単位を用いて把握可能なのだという。

 磁気の(37Hz)、月の(28Hz)、電気の(19Hz)、自己存在の(10Hz)
 倍音の(14Hz)、律動の(18Hz)、共振の(22Hz)、銀河の(26Hz)
 太陽の(30Hz)、惑星の(34Hz)、スペクトルの(38Hz)、水晶の(42Hz)
 宇宙の(46Hz)

 という具合で変化し(降順の9、上順の4の等比数列)、このリズムと次の要素が噛み合って
 日々のリズムが構成される。
 竜1-赤、風2-白、夜3-青、種4-黄、蛇5-赤、世界の橋渡し6-白、手7-青、
 星8-黄、月9-赤、犬10-白、猿11-青、人12-黄、空歩く者13-赤、魔法使い14-白
 鷲15-青、戦士16-黄、地球17-赤、鏡18-白、嵐19-青、太陽20-黄

 の20個のいわゆる“キン”である。キンには4色あって、それぞれ方角と結びついている、
 赤は東、白は北、青は西、黄は南という具合である。かく色は城を構成し、中央の城には緑が入る。
 で、不思議なことに、人間の四肢の指は上記のキンと密接な関係があるという。
 右手親指20-太陽、人指し指1-竜、中指2-風、薬指3-夜、小指4-種、
 右足親指5-蛇、人指し指6-世界の橋渡し、中指7-手、薬指8-星、小指9-月、
 左手親指10-犬、人指し指11-猿、中指12-人、薬指13-空歩く者、小指14-魔法使い、
 左足親指15-鷲、人指し指16-戦士、中指17-地球、薬指18-鏡、小指19-嵐、

 という具合である。ちなみに、これら20個のキンは太陽系の惑星とも関係があるという。
 普通太陽系の惑星は9つあると知られているものであるが、もうひとつ付け加えられる。
 それは、マルデックという惑星である。小惑星帯といわれていて、火星と木星の間に含める。
 この合計10個の惑星にそれぞれ2つのキンが配置されているという。
 冥王星:20と19、海王星:1と18、天王星:2と17、土星:3と16、木星:4と15、
 マルデック:5と14、火星:6と13、金星:8と11、水星:9と10、
 といった具合である。20〜9までは銀河の吸入に関与し、10〜19までは
 太陽の排出に関与するらしい。
 先ほどの13個のリズムと以上の20キンのかみ合わせは私たちに心地よいパルス
 を提供してくれるらしい。ちなみに今日のキンは赤いスペクトルの蛇なので、
 次元パルサーは蛇・5に2足した7−11−15で、電気の−共振の−スペクトルの
 で19Hz−22Hz−38Hz。で、19*7+22*11+38*15=945Hz、
 となるらしい。同様に、倍音パルサーは7−12−17で、電気の−銀河の−宇宙の
 で、19Hz−26Hz−46Hz。で、19*7+26*12+46*17=1227Hz、
 となるらしい【7,11,15は手、猿、鷲で青キンである。7,12,17は手、人
 地球で手・青・7、人・黄・12、地球・赤・17となる。次元パルサーは西方がくだけ、
 倍音パルサーは西(青・手)、南(黄・人)、東(赤・地球)となり、放射的である】

 以上、説明が長くなってしまったが、これが4次元の時間の母体になるという
 研究成果の示した人がいて、夫妻である暦の普及活動を行っているという。
 詳しい資料は入手し辛いが、大型の書店にあるかもしれない。
 日本人でこの研究をしている貴重な研究家がいるので、参考までに彼の書をあげておく。
 「銀河文化の創造」高橋徹:薯(たま出版)2000円+税


 

44 :オーバーテクナナシー:01/09/05 21:02 ID:wEzC5SvY
デンパは精神科へ逝け!! >>43

45 :オーバーテクナナシー:01/09/05 22:17 ID:I5Um9b62
ベテルギウスもリゲルも恒星でっしゃろ。

46 :オーバーテクナナシー:01/09/06 02:05 ID:1owZqrWI
ルパンとつるんでる帽子かぶったやつ

47 :オーバーテクナナシー:01/09/06 03:55 ID:tVwC1PQI
>>46
ヤヤウケ

48 :オーバーテクナナシー:01/09/07 00:41
>先ほどの13個のリズムと以上の20キンのかみ合わせは私たちに心地よいパルス
を提供してくれるらしい。ちなみに今日のキンは・・・
 の「ちなみに」は「たとえば」に置き換えたほうが分かりやすい>43

49 :オーバーテクナナシー:01/09/08 00:21
四次元ったってそんなに難しく考えるこたぁ無い


ここにラジオがあります。
周波数を変えるつまみと音量を変えるつまみがある。
この二つのつまみを適当にいじくれば、
自分の聞きたいラジオ局が,自分の聞きたい音量で聞ける。

この様に調整つまみ(パラメータ)が2個有る状態を『2次元』という。
(正しくは2次元空間でナンタラカンタラされるというがめんどいので略)

だから、なんか機械があって
その機械につまみが4個くっついてて調整するようになってれば
その機械は『4次元』となる。

50 :オーバーテクナナシー:01/09/08 01:36
age

51 :オーバーテクナナシー:01/09/08 01:50
太陽系の外側にニビルという惑星があるとか・・・
シリウスと太陽系を又にかけて運行し、火星と木星の間を通り抜けるらしい。
いわゆるシャー体制っていうのはこの惑星ニビルの運行周期である
3600年周期を指したものらしい。(起動戦士ガンダムのシャーってこれに
ちなんだものなのか・・・だとしたらあの原作者ってすごいんじゃ・・)

52 :オーバーテクナナシー:01/09/08 19:21
基本的に49さんのが正しい考え方です。
数学で一次元方程式と言うと
X=3+1
等になります
二次方程式は
Y=5X+2
の様に二つの不定数(49さんのラジオのつまみと音量)となります。

ここで一つの物体(の位置)をより詳しく説明するのに、四つのパラ
メータ(四次元)を使います。
横(X)、縦(Y)、奥行き(Z)、時間(T)
人間は三次元(横、縦、奥行き)は、ほぼ自由に行き来できますが、
時間はコントロールできません。

そもそも次元と言うのは一つの物体(または空間)にどれだけのパロ
メーターをつけれるかというものです

53 :ネタですね:01/09/08 22:51
>二次方程式は Y=5X+2

こりゃ「二元」ではないすか?

二次方程式は、x^2+4x+4=0 とかですね。
(x^2はxの2乗)

54 :オーバーテクナナシー:01/09/09 00:41
43はいわゆるツォルキンと呼ばれる260日周期の暦のことで、あるアメリカ
の学者兼芸術家がマヤ文明の聖地パレンケのパカル・ヴォタンの墓を調査している時
に偶然発掘したものらしいです。ヨーロッパ人に征服される前のマヤ人たちは彼ら
独特の日々の数え方を持っていたらしく、いわゆるロングカウントと呼ばれる計算
法によると彼らの暦は西暦に直すと2012年で終わっていたというのです。
彼らは数字は神であると考え、自分たちは神聖なる数字の神の化身であると思っていた
ようです。彼らのなかの預言者チダム・バラムは人類の行く末を予言していたといいます。
彼らは一日をキン、一年をトゥン、20年をカトゥン、約400年をバクトゥンと呼び、
1バクトゥン約400年が13回転した約5200年(5125年)をおおまかなスパンとみなして
いたようです。西暦に換算すると、BC3113年8月13日に今の文明の始まりがあり、
AD2012年12月22日まで続くと考えられていたようです。なので43はマヤ人独特の
計算方法なわけです。

55 :オーバーテクナナシー:01/09/09 13:23
水星が1次元、金星が2次元、地球が3次元、火星が4次元、小惑星帯が5次元、
木星が6次元、土星が7次元、天王星が8次元、海王星と冥王星が9次元と10
次元を交代で、そしてオールト雲の無効に11次元の惑星ネメシスがあります。

56 :オーバーテクナナシー:01/09/09 14:06
>>52
というか、その式だと自由度は上の式で0次、下の式で1次だと思うが

57 :オーバーテクナナシー:01/09/09 14:08
>>55
ネタにしてもどこで笑えばいいのかよく分からんのだが

58 :55:01/09/09 20:57
トンデモさんを装ってみたかっただけ……スマソ

59 :オーバーテクナナシー:01/09/11 14:51
人間の持つとされる20種類の蛋白質と極低周波数域1〜20Hzとマヤのツォルキン
コードとの関係如何。

60 :エセ科学マンセー:01/09/13 03:05
ageてよし。

61 :オーバーテクナナシー:01/09/13 05:37
人間の脳は何次元?

62 :オーバーテクナナシー:01/09/14 03:51
>>1
応用というか、この世界は四次元なのであって
(もっとも、それ以上である可能性もあるが)、
この世界で起こる全てが四次元を利用しているわけであって。

それとも、相対論的効果の現れる効果を応用して何ができるのかってことかな?
身近なところでは、鉛の4価イオンが安定なのは相対論的な効果のおかげ。
鉛蓄電池がちゃんと動作するのも、相対論的効果が存在するおかげなのだ。
4次元に感謝して車に乗りなされ。

63 :オーバーテクナナシー:01/09/14 15:26
テレパシーも4次元の移動ということになりますか?

64 :オーバーテクナナシー:01/09/15 02:40
>>63
4次元は移動しない

65 :ニセ科学センセ:01/09/15 12:27
時間に関する知識はここ。
 http://village.infoweb.ne.jp/~fwje0503/7days/7day_6.htm

66 :オーバーテクナナシー:01/09/15 12:53
>>63
ていうか、単なる情報の空間移動だよそれ。
あるかどうかは別として。

67 :オーバーテクナナシー:01/09/15 18:06
頭のいい人は違うな〜♪
  
>64 よく考えてみればそうですね。
>66 テレパシーは4次元でなく3次元の話といことになるますか。
   テレパシーが単なる情報の空間移動ということになると
   大した能力でもないような気がしますが、どの辺が
   超能力扱いになる所以なのか不思議です。

68 :オーバーテクナナシー:01/09/15 19:35
>>67
別に不思議なことじゃないよ。
スプーン曲げだって3次元の話。
でも超能力扱い。(本当は手品だけど)

69 :オーバーテクナナシー:01/09/15 22:30
非常にミクロな世界では9次元になるばあいがあるってどうゆうことですか?
別冊ニュートンに書いてあったのですが説明がなかったので。

70 :オーバーテクナナシー:01/09/16 09:01
>>69
その9次元のうちの、3次元は
やっぱり縦、横、高さなのかな?
それともまったく別の9次元?

71 :オーバーテクナナシー:01/09/16 11:23
そこには現在我々がすんでいる3次元世界の中に6次元をつくりだせばよい。とのっていたので、それで間違いないかとおもいますが。

72 :オーバーテクナナシー:01/09/16 13:24
>>63
テレパシーとか超能力とか馬鹿馬鹿しい。人間には高次元にアクセスする能力はありません。
4次元以上は霊的な次元ですよ。

73 :オーバーテクナナシー:01/09/16 15:17
 ↑ 霊的が超能力を笑うの図

74 :オーバーテクナナシー:01/09/16 17:09
>>73
笑われているのは、あなたですよ?
超能力のスプーン曲げは手品ですよ?だから笑ってもかまいません。
霊は手品ではありませんよ?

75 :オーバーテクナナシー:01/09/16 18:01
>>74

私は「目くそ耳くそを笑う」と言いたかったんだけど・・・
超能力派からの反論だと思ったの?
私は超能力信じてないよ。

76 :オーバーテクナナシー:01/09/16 23:30
>>72
霊が存在するかどうかはともかく、
追加される6次元は霊とは関係ないと思われ。
じゃぁ何かといわれてもよく知らないのであるが。

>>69
4次元的な効果(相対論的効果)は
高速で移動しているものでなければほとんど無視できる。
それと同じように、マクロな現象においては
その6次元からくる効果は無視できるということだと思う。
ミクロに見れば、その6次元の効果が顕わに現れるというのだろう。
ミクロって、多分クオークくらいのサイズの話だと思うが。

77 :オーバーテクナナシー:01/09/16 23:48
>61
なんでも起こりうるから無限次元

78 :オーバーテクナナシー:01/09/17 03:37
ドラえもんに聞いてみたら?
http://www.geocities.co.jp/Milano-Killer/6419/dooraemon.swf

79 :オーバーテクナナシー:01/09/17 03:39
>>77
脳は有限だよ〜
10^100次元とかは人間の脳には無理。
もちろん無限次元も無理。

80 :オーバーテクナナシー:01/09/18 01:22
>>79
となると、それは神の次元か?

81 :オーバーテクナナシー:01/09/18 03:44
はぁ?いったい何の次元の話をしてるんだ君らは

82 :オーバーテクナナシー:01/09/18 04:17
>>81
80 のメルアドを見れ。

83 :オーバーテクナナシー:01/09/18 22:36
となると、それは 紙の次元か?

84 :オーバーテクナナシー:01/09/18 22:47
直線状を移動する点Pは、2次元の世界にいるんですか?

85 :オーバーテクナナシー:01/09/18 22:53
>>68  では世間ではテレパシー=情報の空間移動を特別視し
    研究するのはなぜでしょうか。個人差があるという
    ことでしょうか。その場合なぜ個人差があるのでしょう。


86 :オーバーテクナナシー:01/09/18 22:56
>>85
どこの世間がそんなもん研究してるんだ?

87 :オーバーテクナナシー:01/09/18 23:54
44へ

ブッシュですが、何か?

88 :オーバーテクナナシー:01/09/19 00:33
>>86 この場合の世間とは科学技術庁直轄の放射線医学総合研究所や
民間のエスパー研究所のこと。放射線医学総合研究所は96年から五ヵ年計画で
初年度二三〇〇万円、で研究していて最近は予算最10億くらいらしい。
世界中で上のほうだと思うけど研究されてます。

89 :オーバーテクナナシー:01/09/19 02:07
>>84
線は1次元です。
2次元は面です。

90 :オーバーテクナナシー:01/09/19 03:19
3次元をどう定義する?
4次元は立方体て本当?

91 :オーバーテクナナシー:01/09/19 03:41
>>90
3次元:(x1, x2, x3)
4次元:(x1, x2, x3, x4)

92 :夜叉烏:01/09/19 04:06
 あれSF(さいえんすふぁっくしょん(うーさむ))では
4次元は、時間軸だったんじゃないのかな?

 要するに3次元上にいる我々の上に時間軸を自由に移動できる4
次元人がいてタバコに細工して3次元人の世界征服をたくらむけれ
ど近所のお子様に目撃されてケムール人だとばれてしまって・・・

 こんな古い話だれもついてこねーか (ふぅ 遠くを見る眼)

93 :オーバーテクナナシー:01/09/19 12:48
>>89
ああ、そういう意味じゃなくて、直線状の点Pが移動するためには、
直線(一次元)と時間(一次元)が必要だから、合わせて2次元の
世界にいるんですか? と聞いたんです。

面じゃなくても、時間のある直線でも、
2次元のような気がするのは気のせい?

94 :89:01/09/19 20:03
>>93
なるほど。
それなら2次元ですね。

95 :オーバーテクナナシー:01/09/20 21:28
訪問惑星ニビルの首領が心境を語る。必読。

 http://www.3web.ne.jp/~asterope/sumeria.html

96 :オーバーテクナナシー:01/09/21 00:19
昔のブルーバックスで読んだ四次元ネタは楽しかったなー
子供心にキュンときた。

97 :オーバーテクナナシー:01/10/04 00:05
ホログラフィーを考えたら。レーザー光線を二つに割って一方の光線を
鏡に反射させてもう一方のに投射する。と、そこに干渉ができホログラム
が完成する。人間がこのホログラムを見て何かを認知するとまたそこに
干渉ができる。どこにかというとその人の心に。こころは2元的で相容れない
感情が衝突して葛藤が芽生える。戦争と平和、生と死、光と闇のように。
いわばひとは二元性を生きているってこと。4次元は心の投影ってこと。
それが3次元の現実に反映されてる。攻撃心と恐怖心は無知の投影ってわけ。
つまり感情が統合されれば二元的な争いは終わって世界はひとつになるってこと。

98 :オーバーテクナナシー:01/10/04 01:00
改心します。

99 :オーバーテクナナシー:01/10/10 02:55
4時44分44秒に部屋の4隅にいる4人がその時間になるといっせいに部屋の中心に集まると4次元の世界に行けるそうです。

100 :オーバーテクナナシー:01/11/14 07:28
俺の胃袋は宇宙だ!

101 :オーバーテクナナシー:01/11/14 12:54
3次元人が動くためには時間軸が要る。
2次元人が動き回るためにも時間軸は要る。
1次元人が動き回るためにも時間軸は要る。
0次元人が動けるのならば、やはり時間軸が要る。

時間とは、そういうものだよ。

102 :101:01/11/14 12:59
4次元人が動き回るためにも、時間軸は要る。

・・・

154635163353765476423次元人が動き回るためにも・・・

103 :オーバーテクナナシー:01/11/14 15:10
>>23の指摘するように、時空連続体を考えるときは、
1次元=縦・2次元=横・3次元=高さ・4次元=時間ではなく、
1次元=時間・2次元=縦(以下略)と考えればいいのではないだろうか。

しかしホーキングの虚時間は時間軸の二次元化だと俺なりに解釈してたんだが、
この場合はどうなるんかのう。

104 :オーバーテクナナシー:01/11/14 19:51
シラフで考えるよりテンパって考えた方が理解しやすいと思うぞ。

キノコとかDMTとか。えへえへへ。

105 :四次元狂:01/11/26 15:44
四次元は純粋幾何学的に言うと三次元の上と下(またはアナとカタ)に
広がっているということになる。
この宇宙が三次元だとしてその四次元的な上と下に広がる深淵について
ちょっとだけ拙劣な考察を…。
物理的にどうだろうと幾何学的には四次元は我々の宇宙の上と下にある。
そして四次元的な物理法則に支配された世界があったとしても不思議はない。
しかし四次元には円軌道は存在不可能だから恒星が形成されないし当然
恒星形成の副産物ともいえる恒星系も存在しないだろう。
四次元では重力的中心の周囲を回る物体はたちまち中心に螺旋を描いて
落下するからだ。軌道が安定的に存在できないのである。
恒星もなく惑星もない宇宙がどんなものかはわからないが
ひとつ考えられるのは全てが近接作用によっている宇宙だ。
全ての物理的実体が互いにくっつきあって構造を形成している宇宙である。
重力がなければ重力崩壊することはないからひとつの候補にはなるだろう。
いいかえると四次元宇宙は現実の宇宙であるにも関わらずサイバースペース
のような宇宙であるかも知れないということだ。電磁波も重力も有効に作用
出来ない世界で情報が伝わり何かが起こるためには全ての物理的実体が
接触しなおかつ配線されているしかない。
遠隔的に物理的に作用し遠隔的に情報が伝わるということが四次元の物理的宇宙
ではありえないように思われるからだ。

四次元にはそもそも原子もない。電子の軌道が存在不可能なのだ。
しかし四次元の物理的実体のためには何らかの最小単位が必要だ。
それは何か幾何学的な、軌道の直径で出来ていない実体かも知れない。
数学的なブロックというか建設資材というかそういうものが四次元の
虚空から継続的に生まれていてそれらは最初からすぐとなりにある実体と
接触して生じる。
あるいは既に存在している四次元的構造の中から湧いて出る。
そういう都合のいい法則が四次元の基本的物理法則なのかもしれない。
物理的に中身がない最小単位の機能そのものが物理法則
のような役割を果たしているのかも知れない。
その最小単位は近接作用しか持たずすぐ隣にある同じ最小単位にしか作用しない。
そうやって四次元宇宙全体に作用が伝わるというのが四次元宇宙のひとつの
あり方なのかもしれない。

106 :オーバーテクナナシー:01/11/26 15:55
もういいかげんただ単に「4次元」と言わずに
「4次元空間」とか「4次元時空」というふうに
何を指して言ってるのか明確にしろよ。
普通4次元つったら4つ自由度があるってだけだろ。
それじゃ単なる数学の言葉なんだよ。

107 :オーバートーンage:01/12/12 00:16
概念としての、日々のリズムを構成しているある比率に基づく計時周波数というもの
を意識してみる。それは人間の意識、というよりか第6感に働きかける「なにか」としよう。
そもそも、現在の状況(心的行き詰まりともいおうか)を引き起こしている力(影響力)
というものがどこからきたのか、これを明白にする必要がある。
 これはいわゆる現在的な「閉塞状態」というほぼ全人類的な「囚われ」の状態というもの
を解析し、風穴をあけ、真実の光を灯そうというものである。
それはちょうど、人間の深い闇の部分で根深くコントロールされている部分に挑みかかる
ことに等しい。あなたは自らの前に立ち現れるさまざまな出来事の連続に意識的に対応
ことが求められることだろう。
 こう考えたらどうだろう。人間はいままで(もちろん今も)非常に限られた「概念的な箱」
のなかで生かされ続けてきて、現在も「そう」であると。
限られた惑星しか機能していない状態。そういう歴史的に積み上げられてきたひずみ。
そういう人間の偏った行いに対する自然災害という名の「自然の攻撃」。
そして人間の野蛮さの源流であるところの意識の暗闇に巣食う根深く古くきな臭い信念体系。
そのひとつひとつにいわば「挑みかかる勇気」が試される時代が目の前に立ちはだかっている
としたら・・・。
 ではその心の「よりどころ」になるような「なにか」はどこにあるのだろう。
結局はここに「行き着く」。
 もっとも平和的な「戦い」。そういうことになるのだろうか。しかしそれは「見えない戦い」
でもある、と。
人間は振動的な生き物である。しかしその多くが人間の住む環境から退けられている・・・。
そして恒常的に同じ振動だけ「与えられて」生きている。それが都市的な文明の
なかで生きる人々の「苦痛の種」だとしたら・・・。
自然の周期。それはある比率で表される計時周波数であるというとき、それは空間を
超えた「なにか」であり、もし誤った比率で運用されたときに巨大な負の収穫を摘み取れる
ような代物だとすれば、それは人間の世界の「蓄積された負のひずみ」と「同等」の
関係にあるものかも知れない。

108 :オーバーテクナナシー:01/12/31 14:44
四次元も三次元もただの言葉だ

109 :オーバーテクナシー:02/01/01 23:12
概念だ

110 :俺の解釈:02/01/01 23:53
縦・横・高さという3つの軸が互いに直角に交わることの出来る空間が3次元空間。
この3つの軸の、どの軸とも直角に交わることの出来る4本目の軸が存在出来るのが
4次元空間。

33 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

>>99>>83>>33N>>32@>>58;>>95>>95>>88>>12>>69))>>55DVN|ti★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)