5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

飛行機に巨大な落下傘

1 :オーバーテクナナシー:2001/07/15(日) 07:44
飛行機に巨大な落下傘(落ちる時に開く)つけられないか?
墜落阻止用に。

2 :オーバーテクナナシー:2001/07/15(日) 08:02
滑空できるようにした方がいいのでは?

3 :オーバーテクナナシー:2001/07/15(日) 09:14
できるだろ。

4 :オーバーテクナナシー:2001/07/15(日) 13:16
パラシュートが開いた瞬間、Gの衝撃で機体はバラバラになるのは
容易に想像できる。
           ☆終了☆

5 :せんべい:2001/07/15(日) 15:14
その考えをつきつめるとパラグライダーになってしまいます。

6 :オーバーテクナナシー:2001/07/15(日) 17:03
パラフォイルだっけか。
国際宇宙ステーションからの脱出帰還用ポッド(開発中)が
パラフォイルで着陸するね。操縦もできるらしいよ。

7 :オーバーテクナナシー:2001/07/15(日) 18:32
>>4
思ったけど、乗客の各座席にジェットエンジンをつけてばらばらになっても
各席が地上にゆっくりと着地ができるようにするんだよ。
操縦もできるとなお良い。

8 :オーバーテクナナシー:2001/07/15(日) 19:27
>>4
寒い、高い、怖い

9 :オーバーテクナナシー:2001/07/15(日) 20:17
前に誰かが、言ってなかったか?
墜落する飛行機って、綺麗にまっすぐ墜落する
なんてまれ。ほとんどはきりもみ状態になっていて、
乗客は遠心力で押しつけられて、身動きできない。
 そんなぐるぐる回っている状態で、パラシュートを
開いても絡まるだけだし、個々の席にパラシュート等の
脱出装置をつけても利用できない。>>7はそれ以前に、個別の席に
一人浮かせるだけのジェットエンジンと燃料を積んでいったら
機体全体がどれほどの重さになるかも気づかないドキュソ。

10 :オーバーテクナナシー:2001/07/15(日) 20:59
その前に、ぶつかっても大丈夫な車ツクレ。
スピードに応じて前にショックアブソーバーが伸びていくんだよ。
ショックを吸収するのにストロークが必要なのにそれを確保するのが
難しいからうまくつぶれるボディーの設計に苦労してるわけだろ。
前もって伸ばしておけば簡単だ。停車中や低速時は引っ込んでいて邪魔にならないの。
カーブを曲がりきれずにスピンして事故るのまでは面倒見きれないが
簡単ですげー効果ありそうだと思うんだがどうだ?

日本だけでも毎年1万人確実に死ぬことになっているなんてのはまともではない。

11 : :2001/07/15(日) 22:37
>>10
お前の頭がまともじゃない
スレのタイトルも読めないのか?低能

12 :オーバーテクナナシー:2001/07/15(日) 22:37
>>10
運転中に注意要素が増えるので危ないとおもわれ。

13 :オーバーテクナナシー:2001/07/16(月) 00:41
確かに、事故死者数:利用者数比でいったら
飛行機より交通事故のほうが深刻だろうな。

14 :名無しさん@3周忌:2001/07/16(月) 00:47
つっかえ棒出せ

15 :オーバーテクナナシー:2001/07/16(月) 01:10
あんまり余計なメカニズムをつけると、
他の堅実で実際的な安全機構を組み込めなくなると思われ。

16 :オーバーテクナナシー:2001/07/16(月) 01:17
飛行機の着陸脚の衝撃吸収力は交通事故の衝撃吸収技術に転用出来ないもんかね

17 :オーバーテクナナシー:2001/07/16(月) 01:26
>>16
重量とか衝撃荷重自体が全然違うから、何とも・・・

18 :オーバーテクナナシー:2001/07/16(月) 01:55
乗客全員分のパラシュート用意しておけば問題解決と思われ。

19 :オーバーテクナナシー:2001/07/16(月) 02:00
昨日(日曜)の昼、「コイサンマン」やってたけど、
そのなかにパラシュートで着地できるライトプレーンが出てたよ。
今このスレ見つけたとき、それ見て立てたのかと思ったよ。

20 :オーバーテクナナシー:2001/07/16(月) 02:10
パラシュート開いた衝撃に耐えたとしても、その後市街地を回避する
手段がなく、大惨事になると思われ。

21 :オーバーテクナナシー:2001/07/16(月) 02:11
航空・船舶板でのスレ。
結構面白いと思ったが、やはり全ては費用対効果なのだろうなぁ…
と思う今日この頃。

http://mentai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=space&key=990479878
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=space&key=960988882

22 :オーバーテクナナシー:2001/07/16(月) 05:14
経済学的視点では人の命というのは明確に値段がついちゃってるんだよね。
安全性にどれだけコストをかけているか、という形で。

23 :オーバーテクナナシー:2001/07/16(月) 13:50
1番現実的なのが18の考えかな。
前にフィリピン上空で旅客機でハイジャックした男がパラシュート
脱出して自作パラシュートが上手く開かず失敗したようだが素人でも
訓練は200時間以上は必要といわれている。

24 :オーバーテクナナシー:2001/07/16(月) 15:14
オートローテーション

25 :オーバーテクナナシー:2001/07/17(火) 02:54
コレ特許取ってる人いるよね。
完成予想図だと胴体が分離するタイプだったね。

26 :オーバーテクナナシー:2001/07/17(火) 02:58
>>23
F111みたいなモジュールタイプなら、素人でも問題ないと思うけど・・・
やっぱり費用対効果ですね。
(おそらく旅客定員が半分ぐらいになってしまうと思われ)

27 :傍観者:2001/07/17(火) 19:00
 アメリカの爆撃機B-1の初期型に採用されてました。
もっともコクピット部のみ切り離す物でしたが。
 古くは第一次大戦時に戦闘機用に試作されていたと思います。

28 :オーバーテクナナシー:2001/07/17(火) 19:19
アゲ

29 :傍観者:2001/07/21(土) 00:14
 第一次大戦で試作された物の目的は、機体と共にパイロットを回収。
空中戦で飛行不能になった時に落下傘を開いて機体を安定させ地上に下ろす
(いわゆる着陸では無く着地)為に考えられたそうな。
しかし例え回収しても機体は修理不能が殆どだった為、採用ならなかった。
 

30 :傍観者:2001/07/21(土) 00:19
http://cat.zero.ad.jp/n-kira/brs.html
 こんなのあった。

31 :オーバーテクナナシー:2001/07/21(土) 14:57
>>27

カプセル式脱出装置って結構あるよね。XB-70は違ったっけ?

32 :傍観者:2001/07/21(土) 23:04
 XB−70のはかなり特殊な物だった様な・・・?
其のせいで墜落事故の時副操縦士が死んだような記憶があります。
 やはり機首ごとポロっと取れるのが一番安全なのかなぁ、、、。
でも、軍用機の場合コスト的に合わないミタイ。
 そういえばスペースシャトルもそのような理由で、カプセル式を
やめちゃったと記憶しています。

33 :オーバーテクナナシー:2001/07/24(火) 12:22
>>32

複雑で重量がかさむカプセル式より
信頼性が向上した射出座席の方が有利という発想ですな。
音速、超音速での脱出という想定以外ではカプセル式も使われなかったようですね。

34 :傍観者:2001/07/26(木) 00:10
そうですね。しかし上昇中のシャトルからの射出なんて考えただけでゾッとします。
処で、例のパラシュート商用旅客機への採用って実現するんでしょうか?
 B-747がパラシュート降下する姿はちょっと見てみたい。

35 :オーバーテクナナシー:2001/07/26(木) 10:11
B-747を空中で支えられるパラシュートって、どの位の大きさ?

36 :オーバーテクナナシー:2001/07/26(木) 13:28
>>20
それはパラシュート使わなくても同じ・・・
つか、減速される分マシ

37 :オーバーテクナナシー:2001/07/27(金) 01:58
>>34-35

胴体上部(客室部分)だけが分離して下がエアチューブ上に大きなパラシュートという
なんとも香ばしいイラスト程度の構想図なら随分前からありますね。
重量コストとも微増で済むと推進者は言ってますがちょっと信じられないです。

チャレンジャー号事故では海面に叩きつけられるまで乗員は生きていた可能性が高く
カプセル式であれば助かった可能性が高かったそうですが
あの状態での機器操作は考えにくいので全自動作動でなければならないかと。
カプセル式自体は音速機出現当初から考慮実験されていた方法で
実際に下部射出、上部射出、機首分離タイプと様々な型が作られています。
しかしそれらはどれも試作機段階止まりです。

コストや理屈はともかく実現可能であれば旅客機でこそ
全面的に装備するべきだと私は思います。
(個人的にはまず胴体を分断しかねないあのシートベルトこそ変えるべきかと思いますが。)

38 :オーバーテクナナシー:2001/07/27(金) 19:04
ま、事故になった場合の装備を考えるより、事故にならないように原因を潰した
方が事故対策としては有効なんだけどね。
-----という正論は置いといて。

何度も出ては否定されるパラシュートなんて、積んでもどうせ精神安定剤みたい
な物だろうが、案外と、無知な乗客には受けちゃったりして。
きっと、マイレージより有効だぞ。
パラグライダーやハンググライダー用のレスキューシュートなら、そんなに重くも
ないしさ。でも、ジェット機の速度で飛び出したら、破けるかな?

>>37
あのベルトで胴体が損傷を受けるだけの荷重が掛かったら、座席が床から脱落
しますね。(設計上、それだけの強度は無い)
更に、そこを補強するだけでなく、床全体の強度を強くしなければなりません。
さらに、重量が増加する為、機体全体を再設計し、搭乗者数、航空運賃も見直さ
なければならないですね。
機体全体は、費用、性能と安全性の微妙なバランスに乗ってるので、どこか1箇所
だけいじる事は難しいですね、見た目をソフトな感じにして、他の機体と差別化
する事は出来ると思いますが、そういう訳で、意味有る事かどうかは疑問です。

たとえば、色々な装備を付けて、運賃が10倍になっても乗るという人達が居ると
すれば、機体メーカーも開発に力が入るでしょうけどね。

39 :37:2001/07/28(土) 04:04
>>38

適当な本からの受け売り部分(胴体分断)、申し訳ありませんでした。
航空ファンなんぞでオモロ情報として載っている旅客機パラシュートについては
飛行機恐怖症なのに利用させられ続ける私の心の叫びとでも受け取っていただければ幸いです。
…本当に恐いんですよ空を飛ぶの。

40 :1429:2001/07/28(土) 10:21
パラシュートより エアバッグのほうがいんじゃない
機体下面 全部エアバッグ 何層にも分かれてて
割れる層と 割れにくい層からできてるってのは
不時着が安全になる 海でも浮いてる
こんなのどうよ

41 :オーバーテクナナシー:2001/07/28(土) 17:24
陸地に落ちた時のために足をつけよう。

42 :オーバーテクナナシー:2001/07/28(土) 17:37
単純に重量増加分だけ考えると、
例えば、エアバッグ付けて重量が2000Kg増えると、大体30人分位座席
をつぶさなければならず、そうすると、運賃は7〜10%上昇しますね。
もちろん、実際にはエアバッグ周辺の価格、メンテに掛かる費用
も考えると、運賃は多分、15〜20%上昇するでしょう。

エアバッグが付いていて安心かもしれないけど、15〜20%運賃が
高い航空会社に乗る人がどの位いるかですね。

ちなみに、エアバッグが有ったら助かったケースというのは記憶の
限りでは過去の事故例から見てほとんど無いんですが。。。

43 :出張あさはかマン:2001/07/28(土) 19:27
飛行機は落ちることが事故の直接の原因ではなく、
途方も無いスピードが出てるから
事故ったとき回復不能なダメージを受けるわけです。

地面に突っ込むとは、地面へ落下する速度より、
圧倒的に前へ進んでいる速度の方が大きいという事です。
ケーキをうっかり落とした状態より、
むしろ新幹線が脱線するようなものです。

一般的な大惨事に値する事故で助かるためには、
時速300Kmですっ飛ばしている大型バスが
壁に激突する状態で生還することを考えるのとほぼ同義かと。

ちなみに、
1.飛行機そのものは胴体着陸やら、着水には一応耐えます。旅客機であれば、壊れない限り水にも浮きます。
2.戦闘機の射出座席は、機動性の確保を優先した分、安全性を補うために設けて有ります。
3.大抵の大事故は地面の至近で起こり、ほとんどの場合は揚力不足のため地面に衝突する事が原因で起きます。

44 :出張あさはかマン:2001/07/28(土) 19:37
2.の補足。
基本的に水平に飛んでいて、
おまけに破壊される恐れがない旅客機では
事故のとき、生還するために必要なものかどうかは疑問・・・
(パラシュートは扱いが難しく危険で、逆に事故の原因になりやすい)

45 :出張あさはかマン:2001/07/28(土) 19:49
で。結論。

やっぱ各イスにエアバッグ?
無事じゃ済まないけどかなり助かるかと。

46 :オーバーテクナナシー:2001/07/28(土) 21:51
>>45
飛行機には乗らない
もしくはヒキーになる

47 :エレマニア:2001/07/29(日) 00:37
>>45
えーと、エアバッグ内臓スーツはいかが?
非常時には頭も含めてボール状になる宇宙用レスキューボール
みたいなもの。

48 :お気に入り:2001/07/29(日) 02:59
陸を走れば安全

49 :オーバーテクナナシー:2001/07/29(日) 04:52
>>47
内臓ですか?なんかベトベトしてそうでいやだなぁ…

50 :オーバーテクナナシー:2001/07/29(日) 08:40
>>47

エアバッグ内蔵スーツならバイク用エアバッグが応用出来るかと。
救命胴衣と共用出来るといいですね。

おやすみなさい。

51 :オーバーテクナナシー:2001/07/29(日) 09:29
>>47
閉空間でンなのを展開するのは危ないかも

52 :エレマニア:2001/07/29(日) 09:54
>>51
閉空間なら確かに危ないが、TVで見る限り不時着した機体は
ばらばら状態になる。急な減圧や加速度の検出、あるいは航空機
自身からの断末魔の指令信号で機体の崩壊を検出した場合にのみ
使えるようにはできるかも。
それと、対地衝突に伴う急加速度では安全ベルトだけでは危険だし、
頭部への物体直撃を避けるだけでもかなり効果は期待できるのでは
ないだろうか?
このスーツの適用は例えば群馬の墜落事故の場合、数名の生存者がいて
機体はばらばらだった。こんな場合にレスキューボールは生存確率
を高めてくれそうに思ったのだが、、、、
また、この事故の事例では遺書を書く暇さえあったのだから、着用して
いる時間は十分にあったと思われる。どうだろうか?

53 :Disca:2001/07/29(日) 12:34
パラシュートは、確かスペースシャトルにあったよ。

衝撃を吸収するには液体の中に人が入るのが一番いい。
でも水は重いからねぇ〜。

スクラムジェットでばくだいな推進力でも得ますか…

54 :この話の流れで:2001/07/29(日) 15:28
スクラムジェットってなんですか?
おしえておしえて〜

っつーか試しに言ってみな。藁ってやるからさ

55 :1429:2001/07/30(月) 05:11
エアバッグ そうなのか
やくたたず けどさもっと考えて
バッグの中身ヘリウムとか
軽い気体で膨らまして
速度を抵抗で落としつつ
ゆっくり降下
何だったらずっと浮いててもってのは?

56 : :2001/07/30(月) 06:03
カイコの繭みたいな厚手のやわらかくて軽い
ケースに包まって運ばれると、機内では不便だけど
死ににくかろうな。

57 :オーバーテクナナシー:2001/07/30(月) 07:10
昭和ヒトケタの頃の「子供の科学」(雑誌)に
ゴムボールのようなものに穴あけて手足を出せるようなものを着ていれば
飛行機から落ちてもボヨ〜ンと弾んでダイジョーブみたいのがのってた(w

58 :マジレス(藁:2001/07/30(月) 10:27
>>54
スクラムジェットエンジン

超音速域で作動するエンジン。
ラムジェットエンジンでは超音速域に到達すると、圧縮しすぎの為、
空気の温度等が上昇してしまい効率が悪くなるため、
空気をほぼ圧縮せずに燃焼させるエンジン。

燃焼室での空気が音速を超えている状態で燃焼させるために、
技術的に非常に困難で未だ実現には至らず。
スペースプレーン実現の要。

最近ではX-43がスクラムジェットの初試験を行おうとして、
ペガサスロケット(普通の固体ロケットエンジン)のトラブルで
指令爆破されました。

59 :オーバーテクナナシー:01/10/07 23:04
エアバッグが必要無いと本気で思っている、その根拠が知りたいんですが。
これ煽りじゃなくて、マジで。

ちなみに車板では必要派が圧倒的多数を占め、不必要派はドキュソ車海苔か厨房が
ほとんどです。

60 :名無しさん@もね:01/10/08 01:42
まあ、いまでは座席毎に液晶TVを付けるより、
エアバック付けた便の方が人気が集まるかもしれないね。

61 :オーバーテクナナシー:01/10/08 11:06
胴体部だけ切り離して、でっかいパラグライダーみたいになる奴はどっかで見たことありますね
スピンに入った機体を強制的に回復させるためのパラシュート程度なら使えるかも
エアバッグについは衝突方向が正面とほぼ決まっている自動車と
上下左右(失速して墜落する場合は後部からもアリ)方向の定まらない飛行機とでは
だいぶ性質が違うような気もするのですが・・・
機密性のある空間で数百個のエアバッグが一気に展開するとそれだけで機体があぼーん
なので、その辺も考慮に入れないと・・・

62 :オーバーテクナナシー:01/10/08 19:57
>59
飛行機事故の生存率アップを考えるスレだから。
車板でも飛行機事故でエアバックの必要性が話されてるの?

63 :なお:01/11/09 09:59
上の荷物置き場に入る!
いいらしいよ!

64 :オーバーテクナナシー:01/11/09 23:55
いっそのこと飛行機にローター付けようぜ。
エンジンに異常が出たらローター稼動させて着陸。

65 :monori:01/11/12 16:39
翼、エンジン、貨物室などを取り外し可能にします
客室上部にヘリウムガスの入る空間を作り有事の時はとりあえず浮く
空気抵抗は上がるが滑走路が短く出来る。

または、通常時は2種類の化学薬品、有事に化学反応を起こさせ
ヘリウムガスを作る、ちなみに体積は約22倍に膨れ上がります。

66 :名無しさん:01/11/12 17:09
飛行機は廃止して全部ふねと汽車にすればいい。
その代わり、時速180kmくらいのふねはつくる。

67 : :01/11/12 18:49
うちのばあちゃん、飛行機が落ちる瞬間に、
自分も飛び上がれば、全然だいじょぶって言ってた(w

68 :オーバーテクナナシー:01/11/12 21:12
これだね >>30
http://www.airplaneparachutes.com/BRS14.HTML

69 :オーバーテクナナシー:01/11/12 21:31
>>67
それだけの脚力があれば飛行機と同じぐらいの速度で
走ることが可能と思われ。

つーか、人間の骨格にそれだけの荷重に耐えられる強度が
あれば乗っている飛行機が墜落してもノー・プロブレム。

70 :オーバーテクナナシー:01/11/12 22:09
>>66
>その代わり、時速180kmくらいのふねはつくる。

究極はこれか?
http://www.flankerman.fsnet.co.uk/ekran_real.htm
浮いてはいるがいわゆる飛行の高度よりマシだろ。(w

71 :  :01/11/12 22:18
というより、みんなどこにも行くな
コタツから手のとどく範囲以上動くな
テレビでもみてゆっくり過ごせ、
するとどうでしょう、
飛行機事故で死ぬ人はいなくなる。

72 :オーバーテクナナシー:01/11/12 22:19
ウエッブの巨人か
あれは軍事用に作られた上陸作戦用だ
飛行機飛ばすより費用がかかる
天候にも弱く航続距離も少ない

73 :傍観者:01/11/13 00:44
また落ちた、、、、。

74 :傍観者:01/11/13 00:55
>>72
ソ連が今話題の南アジア侵攻の為に、オデッサから対岸までの
より早い兵員輸送の為に開発したものだと記憶していますが、
 実際にアフガンとの戦争で使われたのでしょうか?

75 :オーバーテクナナシー:01/11/13 01:01
1は忍者

76 :オーバーテクナナシー:01/11/13 03:50
アメリカでまた一機あぼーん。
普通に乗ってても問答無用で死ぬところは交通事故より遥かに怖いですな。

77 :オーバーテクナナシー:01/11/13 11:37
>>74
実験の段階で止まってる

78 :オーバーテクナナシー:01/11/29 12:30
そうか

79 :オーバーテクナナシー:01/11/29 13:09
飛行機より冬の北陸道を走っているトラックに非常停止スイッチを義務付けてくれ。
ボタン押すと熊手みたいな物が地面に突き刺さるとか・・・。

冬のトラックは何があっても数百メートルは止まらない速度で走ってる。

80 :オーバーテクナナシー:01/11/29 23:36
>>79
アレスティング・フックか?
そういえば、航空機の技術って結構、車両用に転換してるね
ABS=アンチ・スキッド ボイスレコーダ=ドライブレコーダとか

81 ::01/11/30 01:41
飛行機はマジでチューブ・エアプレーンにして欲しい
そうすれば落ちても電車の脱線程度の影響

82 :オーバーテクナナシー:01/11/30 02:21
>>80
そういえばCMでやってる電子制御ブレーキシステムってブレーキバイワイヤってこと?

83 :オーバーテクナナシー:01/11/30 04:59
そこまで完全に分離してないんじゃない?
ブレーキペダルを踏むとオイルを介して力がブレーキ系に伝わるようになってて
その油圧を横からアシストしてやったりABSだったら断続的に圧を抜いたりして
調節する感じでじゃないの?よく知らんけど。

84 :オーバーテクナナシー:01/12/01 08:27
客席個別に脱出ポットを設けるってのは、
こう上下からガチャンと...

又、飛行姿勢が崩れてても、機体から補助ラダーがポップアップして強制修正!

85 :電波君:01/12/01 13:43
いいですかぁ?
飛行機の墜落の原因の一番多い物はおそらくエンジンの故障、炎上によって
主翼が損傷するものと思われます。基本的に飛行機は滑空できるのです。つまり
それ全体がパラシュートのような物ともいえるでしょう。そこでエンジンを
滑空に必要な要素と隔離した位置に設置するだけでいいのです。
例えばF−15など伝説的な名機ありますね。墜落したことがないという。
あれの特徴はエンジンの位置にあると思うのです。主翼などの滑空にとって重要な
要素から隔離してなおかつ胴体に二つ双発でついてるので信頼性も高まります。
で、つぎに着陸時の問題です。滑空したのはいいが着陸できなければ意味がありません。
これはいい方法があります。水中翼船ありますよね。飛行機の車輪も水中翼に
するもしくは水中翼をつけるのです。これで飛行場と同じくらいの安全性+
水による衝撃の緩衝ができるのです。飛行機は基本的に軽い素材でできているので
海を発着場にするのは難しくはないかと思われます。土地も使いませんしね。

86 :オーバーテクナナシー:01/12/01 14:41
電波君にマジレスしていいものか悩むところなのだが、
フラップの制御機構がやられるだけで滑空はできなくなるんだし、
後半は要するに飛行艇作れってことなんだろうけど
通常時の着陸はどーすんのよ。両方つけたら重くなるだけだし。

87 :電波君:01/12/01 14:50
いいですかぁ?
要はフラップの制御機構がやられる根本的な原因を取り除くということです。
ジェットエンジンを翼とはまったく別な場所に取り付けるのです。
そして通常時の着陸ですが水上への着陸を通常としてしまえば
いいだけなのです。

88 :オーバーテクナナシー:01/12/02 12:17
>>85
F−15など伝説的な名機ありますね。墜落したことがないという。

昔、接触事故で片翼がもげて、無事に着陸出来た一件がありました。
油圧のコントロールがPC−1・PC−2・ユーティリティと3系統で制御しているのと、
F−15の胴体でも揚力を発生していたからだと聞いています。

民間機でも油圧は3系統ですが、さすがに機体形状までを戦闘機と民間機で比較するのは無理がありませんでしょうか。
あと、F−15の胴体はほとんど、インテークとエンジンベイです。
申し訳なさそうに補器等が挟まっています。

89 :オーバーテクナナシー:01/12/04 01:56
デムパ君の理屈ではリアジェットは墜落しないことになるが・・・

90 :オーバーテクナナシー:01/12/25 18:29
そうか?

91 :オーバーテクナナシー:01/12/25 23:08
なんかのマンガに墜落はいいが堕落はイカンてのがあったな

92 :オーバーテクナナシー:01/12/25 23:46
>>89
B-727やMD-90も墜落しないらしい・・・
すると、DC-10やトライスターは
さしづめ堕落したエンジンレイアウトということになるのか?

93 :オーバーテクナナシー:01/12/30 00:08
>>91
落語じゃねえんだからさ。

94 :オーバーテクナナシー:01/12/30 15:57
F-15って空自だけでも結構な数が落ちてるんですけど。
ついでに言っておくとジェット機の翼面荷重じゃ滑空比はとんでもない数字
(零戦で6か7だったから下手したら1以下?)になる。
と電波君に言っても無駄だな。電波だし。

ちなみに、飛行機は距離あたりの事故発生件数は自動車より一桁少ない。
時間あたりだと一桁多い。

25 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)