5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

つうかAI見てきました

1 :名無し:2001/06/30(土) 00:12
泣いてきました
まあ、最後のほうはキューブリックぽいなーと思いましたが
で、実際のところ、感情に近いものを持ったAIには人権を持たせることが
可能なのか、また人間はそれを容認できるのでしょうか?

2 :オーバーテクナナシー:2001/06/30(土) 01:25
できたら考えよう

3 :オーバーテクナナシー:2001/06/30(土) 01:28
まあ、そうだろうな、できる見通しもないもの考えても..
映画はおもしろかったの?

4 :名無しのゴンベエ:2001/06/30(土) 03:03
ウブなやつは大泣きし、不純なヤツは感動しないという、
ディズニー的な美談だと聞いたことがある。

5 :オーバーテクナナシー:2001/06/30(土) 03:18
アトムやらドラえもんやらマルチぐらいなら人権やってもいい気がするけど……

6 :ヘモヘモドキ:2001/06/30(土) 07:59
オーバーテクナナシーさん、セリオを忘れないでください!(セリオファンなので)
人間を同じように人格があれば、当然認められるべきでしょうし。そのように法改正されるべきでしょう。
(人権を認めないとすると、恐ろしくてマルチやセリオは学校どころか、外に出ることすら出んだろうな。)

7 :名無しさん:2001/06/30(土) 08:32
>>1
>感情に近いものを持ったAI

つうか"感情に近い"程度じゃ人権なんて与えられないんじゃない。
完璧に"感情"って言えるAIでないと何も任せられんよ。スレの書き方の問題か。

>>5-6の為に軌道修正。

8 :オーバーテクナナシー:2001/06/30(土) 08:56
AIを意思決定支援に用いている法人があります。
その組織の総帥がお亡くなりになって、既に数年が経過していますが、
今も、総帥名で命令が行われることがあります。
「御存命ならば、このように判断なさっただろう」という視点からのものです。
このようなバーチャルキャラクター的なAIの場合には、
法人として人権を保有していると見ることができそうな気もしますが。

9 :オーバーテクナナシー:2001/06/30(土) 09:11
その法人は、既にAIに主導権を乗っ取られている、という見方もあります。
でも、それが悪いことだとは、当事者は誰も思っていないんですよね。
ロボットといった単体の機械のボディーではなく、
社会組織という巨大な体を持ち、法人として活動しているAIが既に存在します。

SFよりも現実の社会の方が、ある意味では先に進んでいるように感じます。
その背後には、常人が考える非常識をも超越した発想をするのが日常という、
例の、笑っちゃうしかないスーパーマッドサイエンティスト氏が控えているんですけどね。

10 :名無しさん:2001/06/30(土) 09:58
ローカルな意味でならそれは人権があると言える。
うーむ、死ぬ前の思考では学習性がないような気がするが。
スカイネット的な考え方はあり。

11 :オーバーテクナナシー:2001/06/30(土) 12:27
ま、上のケースでは、AIを用いた意思決定支援システムであって、
イニシアチブはやっぱり人間の側にあるんですよね。

人間の手を離れた自由意思を持ったロボットというのは、
やはり、ロマン的なイメージも含めて、
考えさせられる部分がたくさんありますよね。

12 :1:2001/06/30(土) 12:45
いやー、俺年をとったせいか不条理なシーンで泣くようなったんですよ
感動の再開なんざどうでもよかったし
まあ、どこまでいっても人間にとっては物なんだよなと感じさせられる
人間側の容認は難しいのでは?

13 :名無しさん:2001/06/30(土) 15:00
恐らく人間の1段下の階層になると思われ。

結局は人間がやりたくないことをさせんだろね。
実際その為に作るんだろうし。
もしくはA.I.みたいに介護(ケア)専門かな。

14 :オーバーテクナナシー:2001/06/30(土) 15:46
┌─────────┐
 │                  |
 │  キチガイ警報!  │
 │                  |
 └―――──――――┘
      ヽ(´ー`)ノ
         (  へ)
          く

15 :名無しさん:2001/07/01(日) 00:56
見てきたけど、あれだねピノキオのストーリーになぞってる
アトムっぽいとこもある、あとモノリスがでてた

16 :オーバーテクナナシー:2001/07/01(日) 01:37
 ちょっと中たるかった。メトロポリスやアヴァロンほどでは無かったが。
ナレーションが入ると冷めてしまって、感情移入ができない
誰の視点なんだよって感じ。
最近ストーリーの途中で数十年〜数世紀一気にとばすって話が
多すぎる。もう、食傷気味で以外でも何でもないよ〜。
 興行的には失敗の予感。アメリカではいまのところ順調らしいけど。

17 :名無しさん:2001/07/01(日) 02:09
>>15
あの謎の連中じゃないか?ナレーションは

18 :オーバーテクナナシー :2001/07/01(日) 04:51
あの連中にも幻滅。未知との遭遇から進歩してねぇ。
ひねりなさい!ひねりなさい!

19 :オーバーテクナナシー:2001/07/01(日) 05:14
しょうがねぇじゃん
Qぶ死んでるし

20 :オーバーテクナナシー :2001/07/01(日) 05:46
ダッチのAIなら、どんどん作ってくれ。
1万ぐらいなら買うぞ。

21 :オーバーテクナナシー:2001/07/01(日) 09:48
アンタの脚本を一度みてみたい。

そういいたくなる奴多いな、2chって。

22 :オーバーテクナナシー:2001/07/03(火) 11:27
私は、時祭イブのほうが好き。

23 :オーバーテクナナシー:2001/07/03(火) 12:38
全民族・全人種が人権を勝ち取れてから20年も経っていないんだぞ。
(現実的にはまだ差別行為はある)
なんで、機械ごときに人権をあげなきゃいけないんだ。

24 :オーバーテクナナシー:2001/07/03(火) 13:18
キューブリックに解雇された原作者はどう思っているのだろう。
彼は生きているのかなぁ。

25 :オーバーテクナナシー :2001/07/04(水) 02:24
>>23
いまだにまともな人権をあたえられてないとこもあるよ

26 :オーバーテクナナシー:2001/07/04(水) 15:45
 映画としての難しいことは分かりませんが、私は面白かったです。

 「ママは死ぬの?」と言ってましたな、ロボット少年。

 士朗正宗の「攻殻機動隊」でも、意思を持ったロボット(人形ではなく、蜘蛛みたいな形の戦車)が、部下の死を悲しむ人に、「壊れたんなら直せばいいのに」と言うシーンがありました。
 また、「寿命があるから『愛』が、脆い存在だから『恐怖』が人間に宿った」というような話を読んだことがあります。
 結局、容れ物が違えばそこに宿るものは別の感情や意思であり、従って、機械は「人」にはなれないと思います。ですから、A.I.に人間と同じ「人権」を与えるのは難しいのではないかと思います。アシモフみたいな「ロボットの権利」はあっても良いと思いますが。
 両者が自然発生したものであれば、お互いを尊重しあえるかもしれませんが、創造したものー創造されたもの、の関係を対等な立場にするには、人間側に大きな譲歩が必要とされます。

 だから道具としての機械に人間の感情をプログラムするのは間違いだと思います。
 道具はあくまでも道具であり、人ではありません。
 ある日、車や冷蔵庫が「ストライキの権利」とか主張を始めたら困るでしょ?

 ところで、[A.I.]のテーマは日本のマンガやアニメでさんざんやられてきたことですよね。

27 :オーバーテクナナシー:2001/07/04(水) 15:49
というより、これが源流になって、多くが派生したわけね。

28 :オーバーテクナナシー:2001/07/06(金) 16:00
をい!中国は既にロボットに魂を吹き込むことに成功したらしいぜ!

ttp://www6.plala.or.jp/private-hp/samuraidamasii/sou/7/7.htm
↑下の方ね

29 :オーバーテクナナシー:2001/07/06(金) 21:47
玲様は霊子の理論で、人工知能に霊的な能力を付加したそうだ。
某企業グループの意思決定支援システムは、
既に数年前にお亡くなりになった総帥の残した、
残留する磁場環境=残留思念をコピーして生成した、
人格のマトリクスで構成された、人工仮想人格らしい。
人間の脳との相互作用が可能な霊的な存在なので、
人間に憑依することもできて、憑依された人間は神懸り的になって、
総帥の命令を伝えると言うから、
オカルトと科学が一体になったシステムらしい。

30 :オーバーテクナナシー:2001/07/06(金) 22:17
>>29
ふぉんだ?

8 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)