5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

吸血大殲/20 殺戮考察

392 :ネイム・オンリー:02/04/09 21:39
>391 (殺人卿vs死の教師) 
 
「……ありがとうございます、とでも言わなければなりませんかね?」 
 
ネイムが静かに呟く。 
体術によるものか、それとも靴に何か秘密でもあるのか、
キメの細かい砂であるにも関わらず彼の足元からのは音は無い。 
 
す、……と右腕が上がる。 
その手の先には、篭手と細いロープ――そしてそれに括り付けた短剣の刃がある。 
 
「カウンター狙い……というのは正しいのですが。
 それは私の武器のリーチが、貴方のそれよりも狭い場合に有効な戦術です」 
 
闇の中。 
本来、人間の視力では相手の位置がわかるはずのない状況だが、
薬物によって強化された目はナルバレックの姿を完全に捉えていた。 
 
……自分の姿が見えていないナルバレックの姿に、唇を吊り上げる。 
 
「しかし、縊り殺すとは物騒な話ですな。―――逃げてしまって良いですかね?」 
  
からかうような台詞と共に振り下ろされる右腕。 
ナルバレックの首筋を狙った短剣の刃は、静謐に投擲された。

495 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)