5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

このスレはいいスレだ!〜マ・クベさんに聞け!〜

1 :マ・クベwithウラガン:02/04/04 12:38
マ・クベ「私の名はマ・クベ。ジオン突撃機動部隊の大佐だ。」
ウラガン「私はウラガン。マ・クベ様の側近でございます。」
マ・クベ「宴に参加された御仁は分かるかもしれないが、我々の性格は所謂『崩し系』だ。」
ウラガン「モノホンのガンダムファンの方には叩かれそうですね。」
マ・クベ「フフ…構わんよ。だが、所詮はネタスレと割り切って貰いたいな。」
ウラガン「そうですね。…では、簡単なルールを説明しましょうか。」
マ・クベ「任せたぞ。」

〜ルール説明〜

■ここは所謂質雑系スレです。
■キャラハン、コテハン、名無し大歓迎。
■クロスオーバー可。ただし、大佐が知らないこともありますので、その辺は察してください。
■大佐が知らなくても、ウラガンが知ってるかも?
■セク質等、公序良俗に反する書き込みはギャンでメッタ刺しにします。
■所謂崩し系のネタスレですので、真剣なガンダムファンの方は怒らないで下さい。
■軍関係者の方は、階級賞をつけていただけると幸いです。(名前の後に『@大佐』みたいな感じで。)

以上です。

2 :以上、自作自演でした。:02/04/04 12:39
どりるシャシャッ2ゲッ上等だやめてくださいオルステッドーーーーーーー!

3 :以上、自作自演でした。:02/04/04 12:40
死んだのにどうやって書き込みしてるんですか?

4 :以上、自作自演でした。:02/04/04 12:41
シャアが神格化されている現状についてどう思われますか?

5 :マ・クベwithウラガン:02/04/04 12:41
>2 名無し
マ・クベ「さっそく書き込みが来たな。」
ウラガン「そのようですね。」
マ・クベ「しかし意味が分からぬな…。ウラガン、解読できるか?」
ウラガン「マ・クベ様、その必要はございません。」
マ・クベ「何故だ?」
ウラガン「これはマルチと呼ばれる物です。いたるところに張られているようですから。」
マ・クベ「量産型なのか?」
ウラガン「似たよう物ですね。」

6 :以上、自作自演でした。:02/04/04 12:41
一撃で仕留めて見せる!

7 :以上、自作自演でした。:02/04/04 12:42
>4
しゃあ板ではそうでもない

8 :以上、自作自演でした。:02/04/04 12:44
ギャンは良いモノだ!

9 :マ・クベwithウラガン:02/04/04 12:44
>3 名無し
マ・クベ「今度はまともな質問だな。」
ウラガン「まともなのでしょうか?どちらかと言えばあげ足取りのような…。」
マ・クベ「ふむ。まぁよい。質問に答えるとしよう。」
ウラガン「死んだのに何故書き込めるか…ですか?」
マ・クベ「ああ。では、答えよう。それは…」
ウラガン「それは?」
マ・クベ「それは言わないお約束。」
ウラガン「…………。」

10 :以上、自作自演でした。:02/04/04 12:45
無問題〜♪

11 :以上、自作自演でした。:02/04/04 12:46
キシリア様は年齢をごまかしてるとか…
あまつさえ化粧は厚いとか…

12 :K9999:02/04/04 12:46
あんたもスレ立てたのか…
昨日は大丈夫だったか?

13 :以上、自作自演でした。:02/04/04 12:48
ギャンってなんでコンペで負けたのよ。

14 :以上、自作自演でした。:02/04/04 12:55
2ちゃんはあと10年は戦えますか?

15 :以上、自作自演でした。:02/04/04 12:57
今月の電撃大王が売り切れ続出なのはあずまんがが最終回だからですか?

16 :マ・クベwithウラガン:02/04/04 13:08
マ・クベ「クッ…少し席を外していたらこうも質問が来るとはな。」
ウラガン「キャラハン冥利に尽きますね。」
マ・クベ「うむ。では各個撃破だ。」
ウラガン「いきましょう。」

>4 名無し
マ・クベ「シャアか…あの男、図に乗りおって。」
ウラガン「でもカコイイですよね?シャア様って。」
マ・クベ「赤ければいいと言うものではないのだよ。」
ウラガン「今はいいのさ全てを忘れて♪」
マ・クベ「歌うな。」

>6 名無し
マ・クベ「甘いな。」
ウラガン「甘いですな。」
マ・クベ「私は認めんよ。ニュータイプの存在など。」
ウラガン「ボケないんですか?」
マ・クベ「そうそうネタなどあるわけでもない。」

17 :マ・クベwithウラガン:02/04/04 13:12
>7 名無し
マ・クベ「フフ…。やはりあの男の時代は終わったのだよ。」
ウラガン(でも板の名前はシャア板…)
マ・クベ「何か言ったかね?」
ウラガン「いえ、何も。」

>8 名無し
マ・クベ「うむ。貴公はいい趣味をしているな。」
ウラガン「でも顔がださくないですか?」
マ・クベ「ウラガン、お前は物の分からぬ人間のようだな。あの顔がダサいと?」
ウラガン「そもそも映画版にはでてましたっけ?」
マ・クベ「………………。」

18 :以上、自作自演でした。:02/04/04 13:13
この壺はいいものなんですか?

19 :以上、自作自演でした。:02/04/04 13:14
夢見る力が僕たちの勇気ですか?

20 :以上、自作自演でした。:02/04/04 13:16
すいませんマ・クベ大佐、ン十年前からのファンです。
死ぬときまで自分の趣味を通すあたり、キシリアへの忠誠と壺への愛に惚れました。

それとランバ・ラルへあげるドム、何も横取りしなくても…

21 :マ・クベwithウラガン:02/04/04 13:17
>10 名無し♪
マ・クベ「フフ…順調だな。」
ウラガン「そうなのですか?」
マ・クベ「問題が無いのであろう?」
ウラガン「はぁ…。」

>11 名無し
マ・クベ「貴公はキシリア様の本当の姿をお知りか?滅多な事は言うまい。」
ウラガン「そうナリよ。言わない方がいいナリよ。」
マ・クベ「ウラガン?」
ウラガン「どうしたナリ?キテ…」
マ・クベ「キシリア様、申し訳ございません。どうやら昨日の酒が残っているようで」
ウラガン「何をするナリー!?むががが…」

22 :マ・クベwithウラガン:02/04/04 13:21
>12 K9999
マ・クベ「ふむ。この間は世話になったな、K9999殿。」
ウラガン「それにしても、見事な超必でしたね。」
マ・クベ「おかげで17号が壊れてしまったよ。私は18号だ。」
ウラガン「マ・クベ様?」
マ・クベ「>3よ、これが答えだ。」
ウラガン(そこまで崩していいのだろうか……。)

>13 名無し
マ・クベ「マジレスするとだな…」
ウラガン「ゲルググの方がビームライフルの携帯可において優れていたからです。」
マ・クベ「私のセリフ…。」

23 :(■ー■;)シャア:02/04/04 13:22
フ、マ・クベよ。君を笑いに来た。
この板の住人を失望させないよう、せいぜい頑張るがいい。

24 :ジュドー=アーシタ:02/04/04 13:23
そんな、旧タイプのMSで何が出来るんだよ!!!
ZZに敵うかよ!

25 :マ・クベwithウラガン:02/04/04 13:26
>14 名無し
マ・クベ「どう思う?ウラガン。」
ウラガン「ひろゆき様次第ですね。」
マ・クベ「その様だな。」
ウラガン「今回もボケないんですね。」

>15 名無し
マ・クベ「これこそ、あと10年は戦えたのではないかね?」
ウラガン「ともちゃんハァハァ…。」
マ・クベ「聞きかじり程度しか知らぬからな、これより先のあずまんがネタを禁止する。」
ウラガン「ちよちゃんハァハァ…。」

26 :以上、自作自演でした。:02/04/04 13:26
てめぇまで、スレを立てたのかよ…世も末ってヤツだな…。
まぁ、良いぜ…マ大佐…頑張れよ!

27 :以上、自作自演でした。:02/04/04 13:27
ウラガン中尉。デラミン大佐(だっけ?)に
「君はマ・クベ大佐の下に長年いて、何を学んだのだ?」
とか言われていたけど、何を学んだの?
もしかしてボケとツッコミとか良い壺の見分け方とかですか!?

28 :マ・クベwithウラガン:02/04/04 13:30
>18 名無し
マ・クベ「ああ、いい物だ。貴公もじっくりと見ていくがよい。」
ウラガン「マ・クベ様、美しい貴婦人からお花を戴いたのでいけましょうか?」
マ・クベ「花瓶ではない!!」

>19 名無し
マ・クベ「そうなのか、ウラガン?」
ウラガン「左様でございます。マ・クベ様。」
マ・クベ「そうなのか。」
ウラガン「気の利いたボケがなくてすいません。」

29 :マ・クベwithウラガン:02/04/04 13:34
>20 名無し
マ・クベ「フフ…嬉しい事を言ってくれるな、名無し殿。」
ウラガン「そうですね。マ・クベ様。」
マ・クベ「だが、恐ろしいな。」
ウラガン「何がですか?マ・クベ様。」
マ・クベ「我々が崩し系だからだ。」
ウラガン「宴の席でもありませんからね。」
マ・クベ「こんな私だが、許しておくれよ>20」

>23 シャア
マ・クベ「ぷっく…くはははははは!!!」
ウラガン「ぎゃははははははは!!!!」
マ・クベ「どうだ、笑い返してやったぞ。悔しかろう?」

30 :以上、自作自演でした。:02/04/04 13:36
マリガン中尉ってどう思いますか?
それとウラガン中尉、ラル大尉をいくさ馬鹿と言ったのはいかがなものかと・・・。

31 :マ・クベwithウラガン:02/04/04 13:37
>24 ジュドー
マ・クベ「試してみるかね?」
ウラガン「マ・クベ様、止めておいた方が…。」
マ・クベ「戦争はMSの性能で決る程甘くは無いのだよ。」
ウラガン「そう言って、ズゴックにやられちゃったんですよね。」

>26 名無し(?)
マ・クベ「見知った感じを受けたが…失礼だが、貴公は宴参加者か?」
ウラガン「どことなく口調が藤原中尉ですね。」
マ・クベ「まぁ、誰であろうと激励の言葉は感謝する。」
ウラガン「ありがとうございます。」

32 :キシリア:02/04/04 13:42
盛況のようで何よりだ。これからもこのペースを持続しろ。
手間取るなよ。

33 :以上、自作自演でした。:02/04/04 13:43
実は名前がマってこと気にしてる?
あるゲームでマサキ・アンドーとか言う奴に名前を馬鹿にされて激怒してたけど
アムロと一緒に返り討ちに遭ってたようですが。
そういえばそのゲームだとラフレシアに乗ってましたよ。マさん。

34 :マ・クベwithウラガン:02/04/04 13:44
>27 名無し
マ・クベ「ウラガン、お前に質問が来ているぞ。」
ウラガン「は!光栄です。」
マ・クベ「それで、私も下で何を学んだかだが…」
ウラガン「美味しいカレーの作り方。」
マ・クベ「?」
ウラガン「チョコエッグのおまけの見分け方。」
マ・クベ「こ、これでよろしいかな?>27」
ウラガン「IMACとe-ONEの見分け方。」

>30
マ・クベ「マリガン…マリガン…マリガンと…。」
ウラガン「どうなされたのですか?マ・クベ様。」
マ・クベ「…すまないな。思い出せん。」
ウラガン「素直に知らないと言ったらどうです?」
マ・クベ「いや、そう言うわけにもいかんのでな。」
ウラガン「そんなことだから春厨でSD厨と言われるんですよ。」

35 :マ・クベwithウラガン:02/04/04 13:50
>32 キシリア様
マ・クベ「は!キシリア様。この勢いで連邦の屑どもを落してごらんにいれましょう。」
ウラガン「落すナリ!」
マ・クベ「…………。」

>33 名無し
マ・クベ「私の名前がお気に召さないのか?」
ウラガン「変な名前ですよね。マ。」
マ・クベ「ウラガン?」
ウラガン「この間、デパートに行った時にですね、マ・クベ様とはぐれてしまいまして。」
マ・クベ「ウラガ〜ン?」
ウラガン「お呼び出しを申し上げます。テキサスコロニーからお越しの、
マ、様。マ、様。至急1階サービスセンターまでお越しください。」
マ・クベ「テキサスコロニーで笑ったのだと信じたい。」

36 :30:02/04/04 13:53
これは大変申し訳ありませんでした。
マリガン中尉はマッド・アングラー隊以降のシャアの副官であります。
ノーマルスーツを着てくださいとシャアに言った人です。
声は南斗水鳥拳伝承者と同じだったような?


37 :マ・クベwithウラガン:02/04/04 13:56
>30=36 名無し
マ・クベ「ふむ。報告ご苦労。ジオンは人材が豊富な故、全ての将兵の名を知っているわけではないのでな。」
ウラガン「ごまかしましたね。」
マ・クベ「コホン…。と言うわけで、その男の事は良く知らないが、いい声であろうな。」
ウラガン「自画自賛。」

38 :以上、自作自演でした。:02/04/04 13:58
マ様は階段で転んでそのままお亡くなりに・・・ううっ・・・。

39 :マ・クベwithウラガン:02/04/04 14:22
>38 名無し
マ・クベ「階段で転んで…」
ウラガン「当たり所が悪かったのですね。」
マ・クベ「荒野を走る死神の列か…。」
ウラガン「改めてご冥福をお祈りします。」

40 :以上、自作自演でした。:02/04/04 14:27
ラル部隊の妨害をしよってからに!

41 :マ・クベwithウラガン:02/04/04 15:02
>40 名無し
マ・クベ「別に妨害したわけではない。」
ウラガン「そうですよね。」
マ・クベ「ギレン閣下の采配1つだ。」
ウラガン「ドムよこせば勝っちゃうんですよね。あの人。」

42 :以上、自作自演でした。:02/04/04 15:03
アニメ本編より連邦対ジオン(DX)のギャンの方が良いものだよね。
サーベルの持ち方格好良いし。

43 :以上、自作自演でした。:02/04/04 15:03
このスレを塩沢ヴォイスキャラ同窓会コーナーにしていいですか?

44 :以上、自作自演でした。:02/04/04 15:07
>43
俺参加するよ……それならね。

45 :マ・クベwithウラガン:02/04/04 15:10
>42 名無し
マ・クベ「どう思う、ウラガン?」
ウラガン「確かに、かっこいいですね。シャア様を乗せる事も出来るし。」
マ・クベ「ウラガン、逝ってよし。」
ウラガン「と、とりあえず、MGでギャンを出してよバンダイと。」

>43 名無し
マ・クベ「クロスオーバーは認めているが、程々にしておくれよ。」
ウラガン「あのお方の関わった作品全てを認めると、大変な量になりますからね。」
マ・クベ「ふむ。出来れば一発キャラでお願いしたい。」
ウラガン「我々が知っているとは限りませんからね。」

46 :以上、自作自演でした。:02/04/04 15:13
副官が見目麗しい女性だったら‥とか考えませんか?

47 :以上、自作自演でした。:02/04/04 15:15
キシリア様がジオンを支配したときこの鉱山は役立つ。
ギレン閣下にもこの鉱山の実態は知らす訳にはならんのに、
奴らはここら辺を知りすぎた。とか言って
大佐が要請を握り潰したんじゃないのですか?
あっすいません、余計なことを言って。
ルッグンに乗って逝って来ます。

48 :以上、自作自演でした。:02/04/04 15:16
ギャンキャノンは名前がギャグみたいだ、しかもカコワルイ!
ギャンはあの細身が魅力なのに

49 :47:02/04/04 15:18
すいません!47はドムについてでした。
ところでマゼラアタックを使ってギャンタンクってできませんかね・・・?

50 :マ・クベwithウラガン:02/04/04 15:18
>44 名無し
マ・クベ「43に言ったとおりだ。参加しても構わんが程々に頼むよ。」
ウラガン「私を演じていた役者の同窓会は?」
マ・クベ「誰がやっていたのかね?」
ウラガン「………………。」
マ・クベ「知らないようだな。」

>46 名無し
マ・クベ「嬉しい限りだ。…だが、能力が低くては話しにならんよ。」
ウラガン「僕じゃ不満ですか?」
マ・クベ「ウラガン、鏡を見るのだな。」
ウラガン「うわ、ごっつい男。」
マ・クベ「それが答えだ。」

マ・クベ「さて、少々席を外すよ。…なに、また後で来る。」
ウラガン「それではみなさん、また後で。」

51 :以上、自作自演でした。:02/04/04 15:19
ギャンの量産型でギャムってできませんか?

52 :以上、自作自演でした。:02/04/04 15:23
ギャンをルナチタニウム合金で再設計し、
コアブロックを搭載して
ギャンダムって出来ませんか!!

53 :以上、自作自演でした。:02/04/04 15:28
PS2のギレンの野望では、ギャン少しは強くなりますか?
PSの時はギャン量産して惨い目にあったんですが・・・。

54 :レオナルド・メディチ・ブンドル:02/04/04 15:31
ギャン……そのMSは美しくない…美しいとは、
マ・クベ…君のつぼの事を言うのではないのかい?

55 :以上、自作自演でした。:02/04/04 18:19
ずきゅ〜ん!!
ははははは!!!
最速でいろんなスレにあらわれるアルター使い!!!!
ストレイト=クーガー様が今度はこのスレに最速で参上!!!!
最速で質問するぜ!!!!!

壷の魅力てなんなんだ!!!?(←0・5秒)

また会おう!!ラディカルウウウ!!!グウウウウウッドスッピイイド!!
ずきゅ〜〜〜ん!!!!

56 :以上、自作自演でした。:02/04/04 20:30
な○でも鑑定団は見てますか?

57 :マ・クベwithウラガン:02/04/04 20:45
マ・クベ「お待たせしたな。」
ウラガン「お待たせしました。」
マ・クベ「では、さっそくレスするぞ。」

>51 名無し
マ・クベ「量産型か…。実は既にある。」
ウラガン「あるんですよね。確か。」
マ・クベ「ああ。だが、名前が無粋だな。」
ウラガン「その名もズバリ、『ギャン量産型』」
マ・クベ「そのままだな。」

>52 名無し
マ・クベ「乗りたいか?ウラガン。」
ウラガン「え?私ですか…私は、ちょっとだけ。」
マ・クベ「白いのだろうな。」
ウラガン「白いんでしょうね。」
マ・クベ「いいかもしれんな。」
ウラガン「いいですね。」

58 :以上、自作自演でした。:02/04/04 20:51
マさん。>47-49も答えてあげてくださいな。

59 :マ・クベwithウラガン:02/04/04 20:52
マ・クベ「すまないな、少々飛ばしていたようだ。」
ウラガン「47〜49の方すいませんでした。」
マ・クベ「では、各個撃破だ。」

>47=49 名無し
マ・クベ「そんな事もあったな。」
ウラガン「ラル大尉には悪い事をしましたね。」
マ・クベ「違うな、ウラガン。クラウレたんにだ。」
ウラガン「マ・クベ様?」
マ・クベ「クラウレたんは何であんな下ッパラ出たオッサンに…」
ウラガン「マ・クベ様ぁ〜?」
マ・クベ「言い忘れたが、ギャンタンクは無しだ。」

>48 名無し
マ・クベ「そんなものまであるのか?」
ウラガン「ありますよ。」
マ・クベ「MSVか?」
ウラガン「ゲームオリジナルかもしれません。」
マ・クベ「後付けだな。」
ウラガン「………………。」

60 :マ・クベwithウラガン:02/04/04 21:00
>53 名無し
マ・クベ「知らんな。」
ウラガン「そ、そんな即答しなくても。」
マ・クベ「では、答えよう。おそらく弱いだろうな。」
ウラガン「どうしてですか?」
マ・クベ「上の連中は何も分かっていないのだ。未だにMGでギャンが出ないことがそれを証明している。」
ウラガン「それは単に人気が無いだけでは?」
マ・クベ「…………。」

>54 ブンドル殿
マ・クベ「これはこれはブンドル殿、御久しぶりですな。」
ウラガン「おひさしぶりです。」
マ・クベ「貴公程のお方が、ギャンの美しさを知らないとは以外ですな。」
ウラガン「あなたのような人がギャンをカッコワルイと思うとは以外でした。」
マ・クベ「ウラガン、私と同じ事を言っているはずなのにニュアンスが違うのは何故だ?」

61 :マ・クベwithウラガン:02/04/04 21:06
>55 最速の男
マ・クベ「クーガー殿か。ここはクロスオーバーも、キャラハンも可だ。遠慮せずに名前欄にも書くがよい。」
ウラガン「サブキャラの方ですね。」
マ・クベ「去り際のドップラー効果は相変わらずだな。」
ウラガン「質問の答えですが…。」
(キィ〜ン!)
マ・クベ「いい音色だろ?」
ウラガン「これが答えです。」

>56 名無し
マ・クベ「ああ、毎週楽しませて貰っている。」
ウラガン「確か、この間の目玉商品は『指輪を頼むよミライ少尉の指輪』でしたね。」
マ・クベ「シャアがセイラに渡した金塊というのもあったぞ。」

62 :マ・クベwithウラガン:02/04/04 21:10
>58
マ・クベ「ふむ。ご報告感謝する。」
ウラガン「ありがとうございました。」
マ・クベ「だがしかし、実は貴公が言われる前に気づいていたのだ。」
ウラガン「それでも親切に教えていただいたからには例をしなければ。」
マ・クベ「ふむ。では貴公にはこの『たん壷』をさしあげよう。」
ウラガン「なんですか?その『たん壷』って。」
マ・クベ「何、誰かに萌えたくなったらその壷に叫ぶのだよ。」
ウラガン「○○たんハァハァって?」
マ・クベ「そう、だから『たん』壷」
ウラガン「はぁ。」


マ・クベ「さて、所要をすませたら宴に行きたいと思う。」
ウラガン「これより先のレスは、明日以降になりますのでご了承ください。」
マ・クベ「さらばだ。」

63 :以上、自作自演でした。:02/04/04 23:44
なんは一人二役って、自分のボケをわざわざ説明してるみたいで惨めじゃないですか?

64 :マクベwithウラガン ◆TUBOr6Ys :02/04/05 10:32
マ・クベ「トリップを付けてみたよ。…いいトリップだろ?」
ウラガン「マ・クベ様、私のは?」
マ・クベ「ない。」
ウラガン「即答ですか。」
マ・クベ「そんな事はどうでもいい、各個撃破するぞ。」

>63 名無し
ランバ・ラル「ハハハ!小僧、気に入ったぞ!若いのに正直にものを言う奴だ!!」
マ・クベ「ラル大尉?このような所で何をしている?」
ランバ・ラル「なぁに、クラウレという言葉を聞いた気がしたのでな。」
ウラガン「マ・クベ様が萌えておりましたね。」
マ・クベ「コホン…昨日の事だ。」
ランバ・ラル「それで、質問には答えられないのか?」
マ・クベ「いいや、その必要は無い。なぜならば、一人ニ役ではなく、一人三役だからだ。」
ウラガン「そういうオチですか。」
ランバ・ラル「ちなみに今回限りな。」

65 :司馬亮:02/04/05 11:18
…古人曰く…フッ、甘いぞ!マ・クベ!!!
格闘戦なら!俺のビッグモスで十分だ!忍!この戦いだけは手を出すな!

66 :以上、自作自演でした。:02/04/05 17:15
コリコリ〜♪

67 :ゲラート・シュマイザー少佐:02/04/06 15:09
オデッサでビックトレーを撃破したにもかかわらず、
我々を退却させたのはどういうつもりだ?
あれがなければ、ジオンは勝利していたのかもしれんのだぞ?
・・・フェンリル隊は、貴公の私兵ではない事を覚えておいてほしい。

68 :マ・クベwithウラガン ◆TUBOr6Ys :02/04/06 15:50
マ・クベ「お待たせしたな。今日も各個撃破だ。」
ウラガン「参りましょう。」

>65 司馬亮
マ・クベ「フフ…。象風情が私に勝てるとでも?」
ウラガン「藤原中尉の手出しは無用といっておられるようですが。」
マ・クベ「よかろう、ギャンの威力を見せてやろう!」
ウラガン「マ・クベ様、ギャンは現在修理中です。」
マ・クベ「ふむ。仕方あるまい。では司馬殿、貴公との勝負はお預けだ。」
ウラガン「生身で戦おうとは思わないんですね…。」
マ・クベ「当たり前だ。私が生身で戦っても勝てそうな塩沢キャラはオーベルシュタインくらいだろう。」
ウラガン「いい勝負だと思いますよ。」

>67ゲラート少佐
マ・クベ「彼は何者だ?ウラガン。」
ウラガン「さぁ…フェンリル隊と言っておられるという事は、ジオニックフロントの方では?」
マ・クベ「ふむ。私がPS2を入手したのは最近の事なのでな、すまないが貴公の事は存じておらん。」
ウラガン「マ・クベ様、調べましょうよ。」
マ・クベ「断る。大体後付けが多すぎるではないか!」
ウラガン「今の発言、全てのガンダムファンを敵に回しましたよ。」
マ・クベ「………おお、これはゲラート少佐。ご機嫌いかがかね?」
ウラガン「今更遅いですよ。」

69 :以上、自作自演でした。:02/04/06 15:55
スパロボIMPACTはプレイされましたか?

70 :マ・クベwithウラガン ◆TUBOr6Ys :02/04/06 15:57
マ・クベ「66が抜けていたな。わざとではないぞ。」
ウラガン「マ・クベ様、いかがなされましたか?お顔が優れませんぞ?」
マ・クベ「い…いや、嫌な事を思い出したのでな。」

>66 名無し
マ・クベ「ウラガン、どうやらばれていたらしいな。」
ウラガン「そのようですね。」
マ・クベ「宴の話だな。」
ウラガン「次の日もちょっとだけ顔を出していたんですよね。」
マ・クベ「そうだ。コリコリして貰えると言う噂を聞いてな。」
ウラガン「でもコリコリって…。」
マ・クベ「言うなウラガン!私は何も期待などしていなかったのだよ。」
ウラガン「アンヘルたんハァハァとか言ってませんでしたっけ?」
マ・クベ「そんな事を聞かれてみろ、コリコリされるぞ。」
ウラガン「痛みがなければいいんだけどなー、とも言ってましたね。」

71 :マ・クベwithウラガン ◆TUBOr6Ys :02/04/06 16:04
>69 名無し
マ・クベ「貴公に問う。そのIMPACTとやらに私は出ているのか?」
ウラガン「出てないんじゃないんですか。人気ないし。」
マ・クベ「ウラガン、お前の知名度と私の知名度どちらが上だ?」
ウラガン「やめましょうよ、そういう低次元なやりとりは。」

72 :以上、自作自演でした。:02/04/06 16:06
『あの壷』とはどんな壷?キシリア様も骨董趣味があるのか?

73 :以上、自作自演でした。:02/04/06 20:47
PS2のギレンの野望では塩沢ヴォイスのマ大佐は抹消されてるでしょうか?
塩沢ヴォイスじゃないマ大佐なんていなくてもいいです。

74 :以上、自作自演でした。:02/04/06 22:52
塩沢ヴォイスキャラのなかで、一番名前が短い人と長い人はだれですか?

75 :ゲラート・シュマイザー少佐:02/04/07 00:11
>68
そのジオニックフロントのゲラート少佐ですが、忘れられたなら
(というより知らないなら)状況を詳細に説明しましょう。
オデッサで「黒い三連星が戦線に復帰するまでの時間を稼げ」との
司令の命令で、我々フェンリル隊は中央部の最前線で交戦していました。
本来、我々がキシリア少将直属の特殊MS部隊であるにも関わらずに、ですが。

こちらも甚大な被害を出しながら戦況を覆したにも関わらず、
マ・クベ司令が宇宙に脱出するまでの時間稼ぎに急遽我々が呼び戻され、
司令官と戦力の急な喪失の為に、オデッサでジオンは敗北を喫した。
・・・しかも、それらの命令通達をしたのはウラガン中尉、貴方だ!

花見等でくつろぐのも結構ですが、上官としての責務も果たしてもらいたい。
・・・以上。

76 :マ・クベ ◆TUBOr6Ys :02/04/07 21:06
今日はウラガンが急用でいない。よって私一人でレスをする。
…誰だ、いちいち打ち込むのが面倒だから一人にしたんだろ?と言ったのは??







正解だ。
安心したまえ、今日だけだ。

>72 名無し
ああ、この壷か。
これはいいものだよ。
ん?何か鼻がムズムズするな…。
へっ…へぇぇっくしょん!!!

???「呼ばれて飛び出てじゃじゃじゃじゃ〜ん!!」

すまない、壷を間違えたようだ。
ちなみにキシリア様は骨董趣味がおありか?との事だが、
多少、嗜む様だ。

77 :マ・クベ ◆TUBOr6Ys :02/04/07 21:09
>73 名無し
ふむ。
私のところには情報が入ってきていないので何とも言えんな。
だが、田中殿になる可能性は大だ。
田中殿も悪くはないが、彼ではどうしてもショット・ウェポンを連想してしまう。
…ちなみにこのスレは塩沢ヴォイスで読むように。
例え、ダメ音感を持っていてもだ。

78 :マ・クベ ◆TUBOr6Ys :02/04/07 21:14
sage忘れていた事に気づく。

>74 名無し
一番短いのは、おそらく私であろう。
私以外なら、アール…いや、彼はR田中一郎だから違うな。
オロチ丸あたりか。
ひょっとしたらフルネームで漢字二文字のキャラもいそうだな。
一番長いのは誰かだが…
ふむ。レオナルド・メディチ・ブンドル殿ではないかね?
パウル。フォン・オーベルシュタイン殿も考えたのだが、
ブンドル殿の方が若干長いようだ。

他にご存知であるならば、貴公にご教授願いたい。

79 :以上、自作自演でした。:02/04/07 21:15
マ様の年齢が気になってしょうがない今日この頃。

80 :マ・クベ ◆TUBOr6Ys :02/04/07 21:25
>78
オーベルシュタイン殿の方が長いではないか!
私とした事が…。

>75 ゲラート少佐
成る程な…。
確かに、貴公の言う事も一理ある。
だが、連邦の木馬を見てみよ。
きゃつらはろくな補給も受けず、しかも素人同然であるにも関わらず
連戦に次ぐ連戦を勝利してきた。
その連邦に出来た事が、我々ジオンに出来ないはずがなかろう?
しかも我々ジオン軍のMSの方が、連邦のバカの一つ覚えなMSより圧倒的に優れている。
それゆえに私は彼らに任せたのだ。
どうしても戦力が不安ならば、援軍としてこれを送ろう。
   人
Д-(¨- -¨)-Д

81 :星界軍の面々:02/04/07 21:50
ドゥサーニュ「長いほうの正解はわたしではないでしょうか。
       アブリアル・ネイ=ラムサール・バルケー王・ドゥサーニュ。
       これでもわが一族としては短いほうなのですが」
ケネーシュ「帝国艦隊司令長官殿下の参謀長を務めます、
      ケネーシュ・ウェフ=ステューマル・キペールです」
ドゥサーニュ「彼女の声は鈴鹿千春だそうです。よい声をしていらっしゃる」
ケネーシュ「殿下。それは些細なことですわ」
ドゥビュース「右舷弾幕薄いよ!なにやってんの!」
ケネーシュ「クリューヴ王殿下!?」
ドゥサーニュ「おやこれはこれは。お久しぶりですね。ドゥビュースさん」
ドゥビュース「いや失礼した。この場でわたしの声ならこういうべきかと思ったのでね。
       わたしはアブリアル・ネイ=ドゥブレスク・クリューヴ王・ドゥビュース。
       『星界の紋章』『星界の戦旗』主人公ラフィールの父だ」
ドゥサーニュ「原作者はハイド伯爵公子閣下を主人公と見なしているそうですが」
ドゥビュース「それも些細なことだな。ドゥサーニュ」
ケネーシュ「(ついていけませんわ…)」

82 :マ・クベwithウラガン ◆TUBOr6Ys :02/04/08 22:13
マ・クベ「いろいろ文献を漁っていたら時間がかかってしまったよ。」
ウラガン「マ・クベ様、今回はその文献の成果をお見せくださるんですね?」
マ・クベ「いや、全然。」

>79 名無し
マ・クベ「私の年齢か…」
ウラガン「マ・クベ様は御いくつなのでしょうか?」
マ・クベ「ふむ。ここで下手に答えて岡○なつきや、三○ゆりのような事になるといけないからな。」
ウラガン「という事は?」
マ・クベ「そんなに若くはないとだけ言っておこう。」
ウラガン「そもそも、公式設定にあるんですかね?」
マ・クベ「年齢まで載っている資料は少ないだろうからな。」

>81 異界軍の面々
マ・クベ「報告ご苦労だった。」
ウラガン「多分、ぶっちぎりでしょうね。」
マ・クベ「ふむ。私は少々あのお方を甘く見ていたようだ。」
ウラガン「一体いくつ役があるんでしょうかね?」
マ・クベ「さすがに全ては分からんな。」
ウラガン「そう言えば、短い方はあれであっているんですか?」
マ・クベ「いや、私より短いキャラがいた。」
ウラガン「誰です?」
マ・クベ「南斗水鳥拳の『レイ』と、ドラゴンボールにでてきた『ナム』だ。」
ウラガン「彼らには名字がないんですね…。」

83 :以上、自作自演でした。:02/04/09 01:11
大佐、ここを活性化する策を授けてください!
http://jbbs.shitaraba.com/movie/567/kasei.html←ここ


84 :age:02/04/09 23:55
age


85 :以上、自作自演でした。:02/04/10 21:51
キシリアのどこに惚れましたか?

86 :ボラスキニフ:02/04/10 22:16
名前だけキャラではかなり長い名前だと自負してますが、何か?

87 :ゲラート・シュマイザー少佐:02/04/10 23:12
先日は立場を弁えずに、失礼いたしました。マ・クベ大佐。
全てのスペースノイドの独立を勝ち取る為、今後ともお互いに頑張りましょう。
ところで、ご厚意には感謝いたしますが
これは(↓)お返しいたします。

   人
Д-(¨- -¨)-Д

我が部隊には、MAを乗りこなせる人材は残念ながらいませんので。
ところで、以前貴官が人員補充にこちらに派遣していただいた
レンチェフ少尉とマニング軍曹の事ですが・・・(笑)。

>72
私も詳しくは知らないが、
マ・クベ大佐が特に好まれるのはどうも南宋時代の壺らしい。
指で軽くはじくと、実に良い音色を鳴らすそうだ。

88 :マクベwithウラガン ◆TUBOr6Ys :02/04/11 23:37
マ・クベ「随分とお待たせしたな。」
ウラガン「お待たせしました。」
マ・クベ「今日も今日とて、各個撃破だ。」

>83 名無し
マ・クベ「返答が遅れて申し訳ないな。…成る程、活気か。」
ウラガン「地道に宣伝するしかないのでは?」
マ・クベ「いや、それでは駄目だな。下手をすれば煙たがられる。」
ウラガン「では、どうすれば?」
マ・クベ「自作自演だな。」
ウラガン「自作自演ですか?」
マ・クベ「そうだ。書き込みの半分が自分。自分の書き込みに、自分でレス。」
ウラガン「空しくないですか?」
マ・クベ「いや、あの場合は効果的だ。初めて訪れた人間が、活気付いているところと寂れた所とで
どちらに書き込みたいと思うかね?」
ウラガン「そりゃあ、確実に反応が期待できる活気のあるほうでしょう。」
マ・クベ「そうだ。言わば見せるためだけの書き込みが必要なのだよ。」
ウラガン「それも、面白いネタでなくては駄目ですね。」
マ・クベ「自分で思いつかなければ他所からのコピペでも構わんよ。」
ウラガン「…今回は真面目に答えましたね。」

89 :マクベwithウラガン ◆TUBOr6Ys :02/04/12 00:02
>84 名無し
マ・クベ「感謝する。貴公の活躍がなければ、倉庫行きとなるところであった。」
ウラガン「ありがとうございました。」

>85 名無し
マ・クベ「可能性…だな。」
ウラガン「可能性ですか?」
マ・クベ「そうだ。ギレン閣下の考え方には多少古いところがある。」
ウラガン「言われてみればそうかもしれませんね。」
マ・クベ「それから、キシリア様はこうも言っておられる」

「男子の面子、軍の権威、それがきずつけられても、ジオンが勝利すれば、よろしい」

マ・クベ「と。故に、私は自由にやらせていただいている。」
ウラガン「だからって核を…」
マ・クベ「何か言ったかね?ウラガン」

>86 ボラスキニフ 曹長(?)
マ・クベ「貴公は…ゾックのパイロットか。」
ウラガン「塩沢ヴォイスでしたっけ?」
マ・クベ「さぁな…。本人の言うとおり、名前だけのキャラなのかもしれんな。」
ウラガン「それなら長いほうですね。」

>87 ゲラート少佐
マ・クベ「ああ、貴公のこれ以上の活躍を期待しているよ。」
ウラガン(マ・クベ様、私この方苦手です。)
マ・クベ「…うむ、下がっていて良いぞ、ウラガン。」
ウラガン(ささっ…。←後方に控える。)
マ・クベ「しかし、残念だった、貴公ほどの腕があればMAくらい乗りこなせると思ったのだが。」
    「それと、返す必要はない。解体して資源にするが良かろう。」
    「で、レンチェフ少尉とマニング軍曹の件だが…何か不都合でもあったかね?」

90 :以上、自作自演でした。:02/04/13 15:49
「マ・クベ専用グフ」ってまともな出番ありましたか?
ゲーム以外では知らんのですが・・・

91 :以上、自作自演でした。:02/04/13 17:38
ギャンとガンダムでほぼ互角・・・てことは
もしマ大佐がガンダムに乗ったら最強でありますか?

32 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)