5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

吸血大殲3〜血と肉と硝煙の円舞曲

1 :ドラキュラ・ヴラド・ツェペシュ:01/12/08 23:21
このスレは、吸血鬼や狩人、あるいはそれに類する者が闘争を繰り広げる場である。
無論、闘争だけではなく、名無しの諸君の質問も随時受け付けておる。
気軽に質問をして欲しい。
なお、ルールに関しては>>2-5あたりを参照してもらいたい。

■関連リンク

■参加者データサイト『吸血大殲 Blood Lust』(左手作成)
ttp://members.tripod.co.jp/humituki5272/taisen/index.html

■吸血大殲本家サイト

From dusk till dawn
http://www1.odn.ne.jp/~chw19610/

■前スレ・前々スレ

吸血大殲―もの凄い勢いで吸血鬼が闘争するスレ―
ttp://salad.2ch.net/test/read.cgi/charaneta/1006254260/

続・吸血大殲〜新たなる吸血鬼達の闘争の舞台〜
ttp://salad.2ch.net/test/read.cgi/charaneta/1007397067/l50

2 :ドラキュラ・ヴラド・ツェペシュ:01/12/08 23:21
まずは、自分の所属する勢力を決めてもらう。
カテゴリA(狩人:人間)
カテゴリB(狩人:吸血殲鬼……吸血鬼でありながら、吸血鬼を狩る者の総称)
カテゴリC(吸血鬼、妖魔)
カテゴリD(その他、傍観者)

原則、自勢力と他勢力とで争うことになる。
ただし、相手方の了解があれば、他勢力とでも共闘は可能であるし、
同勢力との相手とも対戦可能だ。
なお、初めて参加する者は自己紹介と戦闘スタイルの紹介をしてほしい。
元ネタを知らぬ者もおるのでな。
なお自己紹介は左手が参加者データサイトに転載してくれる。

本スレは基本は吸血鬼と狩人の戦いであるが、
要は月夜の退廃、血塗れの狂気、そういうものに理解があるなら吸血鬼に縁が無くても歓迎する。
ただし、闘争のバランスを保つ為、あまりに桁の違うキャラクターの参加は遠慮してもらう。
(例、ドラゴンボールのゴクウ、孔雀王の後期の孔雀、ゴッドサイダーなど)
一応、強さの上限としては我やアルクェイド、アーカード、姫あたりを基準に、
常識的に考えて他キャラと闘争を保てるレベルを、参戦出来るキャラの強さの上限としよう。
又、本スレあくまでも闘争という形を取ったクロスオーバーのやり取りを楽しむスレである。
勝ちに執着した戦い方は、好ましくない。
どう魅せる戦いをするかが、本義である。

・戦う前に自分の自己紹介のレスをハイパーリンクなどで明示しておくと相手も作戦もたてやすかろう。
・又、戦う前に参加者データサイトも参照すること
・リアルタイムでやるか、じっくり数日に分けてやるかは自由である。
最初にそのことを明示しておくと、相手に親切であるな。
自分が何時まで闘争できるか、最初に明示すること、
・質問の回答はなるべくすること。ただし、答える時期は各人の裁量に任せる。
・メール欄に出展作品と所属する勢力を記入すること。闘争中の裏合わせ等もメール欄で行う。
・戦いの舞台を最初に設定すると、地形を生かしたトリッキーな戦いができよう。
・最初に通常の闘争か、選択肢を使うか、トリップを使って闘争するかを決めよ。
・名無し諸君の飛び入り参加の為に『マリオネット』がある。
好きなキャラに化けさせ、ステハンとして参加するが良い。ただし、ルールは厳守のこと。
・自キャラだけでは勝てそうにない相手と対戦する場合、
共闘者を募集・指名してバランス をとるのもありであろう。
・1対複数、複数対複数の戦闘では、タイミングを合わせるため、
同じ相手と闘争している他キャラが全員レスを返してから自分のレスを書き込むようにせよ。
・自キャラが死んでも、蘇生能力を持ったキャラが復活させてくれる。遠慮は不要である。
・昼間にしか来られないキャラであっても、幾日かに分けてレスを返しながら闘争を進めていくことは可能。
ただし、あらかじめ対戦者にそれを伝えておけ。
・闘争中はテンションを保つため、質問への回答が後回しになることもある。
機を見て答えていくようにするので、容赦せよ。
・名無しの介入(野次・応援・解説・アドバイス・感想等)も推奨する。
富樫・虎丸のような名無し歓迎しよう。

3 :ロゼット:01/12/08 23:38
 マグダラ修道会、1stエクソシスト「修道騎士(ミリティア)」。
 シスター・ロゼットことロゼット=クリストファ。
 移動は完了、いつでもいいわ!

クロノ「今回はアズマリアは置いてきたから、相棒は僕だけだ」

 そういうわけで、戦い奴はかかってらっしゃい!

4 :左手:01/12/08 23:42
ご苦労じゃったな。
ワシの所はhを抜く必要もなかったんじゃがな。

さあ、新たなる舞台の開幕じゃ。
皆も存分に踊るのじゃな。

5 :「姫」:01/12/08 23:43
スレ立て感謝するぞ、伯爵。
いつもながら何もせぬ傍観者ですまぬ、という気持ちもある。
ただ、このスレがまた良き戦いの場になることを祈るのみじゃ。

6 :ロゼット:01/12/08 23:46
 今回の武装は機関銃(聖火弾装填)、拳銃(聖火弾装填)、ワイヤー射出装置付き拳銃(福音弾装填)、結界装置よ。
 例のごとく、パートナーにクロノがいるから、お忘れなく。

7 :以上、自作自演でした。:01/12/08 23:46
http://us.f1.yahoofs.com/users/204aa8c1/bc/index.html?bczftK8AmGNn6fxN

8 :紅丸:01/12/08 23:47
なあ俺ってカテゴリーどれ?
化け物と敵対してるからAかDか。

9 :以上、自作自演でした。:01/12/08 23:48
>7
ブラクラ。

10 :ブラックロッド:01/12/08 23:50
新たなスレ。新たな場所。

たとえ場所が変わっても、ブラックロッドの成すべき事は変わらない。
秩序の側に立つモノとして、魔の側に立つモノを抹消する。

ブラックロッドは迷わない。

11 :以上、自作自演でした。:01/12/08 23:51
この板にもブラクラか…
PC初心者とか言ってたロゼットあたりが踏んでないといいが…

12 :ロゼット:01/12/08 23:52
>11
 ・・・いっちゃった。ぶ、ブラクラって何?

13 :玄奘三蔵with孫悟空:01/12/08 23:52
「うっわ〜、新スレって気持ちいいなあ〜さんぞ〜」
おまえは少しはしゃぎすぎだ…。
「だってさ、これからすっげー強いやつとたたかえるじゃん!」
…そういうことか。…相手は募集している。なるべく早くに返答願う。

14 :紅丸:01/12/08 23:53
カテゴリーはAでいいわ。

15 :◆SIRO4zbM :01/12/08 23:57
>初音
「かちゅーしゃ」を使っているのならログは残っているが・・・

16 :◆SIRO4zbM :01/12/08 23:57
すまぬ・・・前スレに書き込むつもりが・・・

17 :ロゼット:01/12/08 23:57
>13
 喜んでるわね〜。
 孫くんってバトル・マニアなの? 王立国教騎士団のアーカード・レベルの相手と戦うときになっても、笑ってられるかしら?
 私達はドラキュラ伯爵と戦ったけど、あれは異常よ。

18 :以上、自作自演でした。:01/12/08 23:58
>12
ん?ブラクラじゃなかったのか…
ブラクラについては、下のサイト参照。
2chの一部では割とよく張られるので、注意はしといたほうがいい。

http://www.jah.ne.jp/~fild/cgi-bin/LBCC/lbcc.cgi

19 :ロゼット&クロノ:01/12/08 23:59
(ロゼット&クロノ・・・ロゼット主体)
(クロノ&ロゼット・・・悪魔に戻ったクロノ主体)
 使い分けるわね。

20 :玄奘三蔵with孫悟空:01/12/09 00:01
>ロゼット
孫くん言うな。それじゃ某強さインフレのバトル漫画だ。
…多分笑ってられるだろうな…。金環を自ら外してでも。

21 :アルクェイド ◆ZspsGRZw :01/12/09 00:01
ただいま〜。帰ってきたらもう次スレかあ。
志貴もいるみたいね。

22 :バイロン(ブルーソルジャー):01/12/09 00:01
比良坂初音 。1時30分頃に開戦するつもりはないか。
返事を求む。
役者がいれば、あと1人加えて三つ巴の戦いも面白いが。

23 :ロゼット&クロノ:01/12/09 00:03
>20
 う・・・悪かったわよ。ただ、初対面だし、名前で呼ぶのは失礼かなって・・・怒らなくてもいいじゃない。

>21
 はじめまして。言葉を交わすのは初めてね。
 私はロゼット。ロゼット=クリストファよ。

24 :殺人貴 ◆hKILL/T. :01/12/09 00:03
新スレお疲れ様、伯爵。
これからも楽しませてもらうよ。

>21
ああ、いるぜ。
いつでもオッケーだ。

25 :紅丸:01/12/09 00:04
>22 おいおいアンタ何言ってんの? 多数を持って少数をが戦法の
基本だぜ。つーわけで俺はアンタに味方する。

26 :鷹野千夏(マリオネット):01/12/09 00:06
(バトルステージ:病院)
どうも、盲腸が痛むのだ。
仕事柄、のんびり、入院する暇はないが一応診察を受けにエレンは病院に来ていた。

『はい、エレンさん。どうぞお入りください』
看護婦から、呼ばれて、エレンは診察室に入った。



『盲腸ですね』
医師はエレンにそう宣告した。
エレンが入院措置では困るので、薬で対処したい旨を医師と相談していると、
隣の診察室の医師が血相を変え、こちらの診察室に飛び込んできた。
エレンと話し合っていた医者も血相を変え、エレンにしばらく待つように言い、
隣の診察室に入っていった。



遅い。すでに15分……。
流石に不審にエレンが思っていると……
『ぎゃあああああああ!』
隣の診察室から、悲鳴!
エレンが隣の診察室に飛び込むと、血まみれになって倒れる医師2人を尻目に、
奇声をあげて、高笑いする少女の姿があった。
『キャキャキャキャキャキャキャ!』
少女の眼はすでに狂気に染まっており、右手には血濡れの出刃包丁が握られている。
少女がこちらに向かってきた、どうする!?

1.手持ちの銃器で応戦
2.待合室へと逃げる。

○建物内部説明
この病院は5階立て。
1階は診察室が2つに受け付け、待合室。
男子トイレ、女子トイレ。
後は、入院患者の食事を作る厨房がある。
なお、入り口は何故か開かない……
2〜4階は、病室。男女トイレ。
2階には、ナースセンター。
3階に物置。
4階に看護婦用の仮眠室。
5階には院長室。
……となっている。
なお、各階の移動は階段及びエレベーター(電源がとおっておらず使用不可)で……。
屋上へは階段でしかいけない。
非常の縄はしごは屋上のみ使用できる。
(他の階のは窓が開かない為、使用不可。)
屋上には、燃料庫がある。

27 :玄奘三蔵with孫悟空:01/12/09 00:07
>ロゼット
…怒ってるわけではない。だいたい、原作では一度もそう呼んだやつはいないからな。
…ところで、前スレの>912についてはどう思う?

28 :アルクェイド ◆ZspsGRZw :01/12/09 00:08
>23
はじめまして。
念のため聞いておくけど、埋葬機関の関係者じゃないよね?
突然塵は塵になんて言い出さないかなあ?

>24
まだどうなるか分からないけど、準備だけはしておいて。
いつ仕掛けてくるか分かったものじゃないからね。

29 :ロゼット&クロノ:01/12/09 00:09
>27
 レスが早いのは、闘争での順番さえ守っていれば、むしろいいことだと思うわ。
 レミントン牧師と同じ声っていうのも素敵。
 原作、知らないなら、簡単なプロフィールくらいなら教えるけど?

30 :ロゼット&クロノ:01/12/09 00:12
>28
 マグダラ修道会はプロテスタントよ。魔物退治が仕事だけど、あくまで人々に害をなす連中のみが標的。現に、相棒のクロノは「百人殺しの悪魔」って呼ばれてるけど、マグダラは仲間として認めているわ。

31 :玄奘三蔵with孫悟空:01/12/09 00:12
>ロゼット
そのうち、自分で調べることもあるだろうからな…今はいい。
…三仏神のクレジットカードで買うか…。
>26
これがうわさに聞く…。俺たちの参加の余地はなさそうだな。

32 :ロングファング:01/12/09 00:13
>29
それもいいが、左手のじいさんが作ってくれたサイトで
プロフィールを拾ってもらうほうが速いぜ。

>伯爵
毎度のスレ立てお疲れさん。楽しませてもらうよ。

33 :紅丸:01/12/09 00:14
>30 要するにうしおととらみたいなもんか。
話に割って入っちまったな。

34 :ロゼット&クロノ:01/12/09 00:14
>32
 あ、そうか。左手のおじさんがいいもの作ってくれてたものね。

35 :殺人貴 ◆hKILL/T. :01/12/09 00:14
>28
了解。

…それじゃあ、『封印』を解いてもらおうか。
アルクェイド、お前自身の手で…。

『我、闘う…。
 己の信じるままに…』

36 :鷹野千夏(マリオネット):01/12/09 00:15
補足、5階には実験室。3階には手術室あり。
2階、3階、4階、屋上の上に向かう階段にはは防火シャッターが下りており、
何らかの手段で、突破する必要がある。
なお、患者や医師、看護婦はぞくぞくゾンビ化している。
エレンがゾンビ化しないのは左手の以前の治療の影響によるものか?

なお、千夏はすでに人間離れした怪力と耐久力を備えており、
並の武装では殺すことはできないだろう。
他のゾンビはまだ不完全な為、殺せる……。
勝利条件;ウィルスの発生源である鷹野千夏を倒し、屋上から脱出せよ!

37 :ロゼット&クロノ:01/12/09 00:15
>33
 そう思ってくれていいよ。

38 :アンデルセン ◆eyXzKtSc :01/12/09 00:16
 おや、今夜は真祖の姫にその下僕までいるではありませんか。
 おまけに新たな邪魔者や獲物まで……狩りにおもむく時間が無いのが口惜しい!

39 :アルクェイド ◆ZspsGRZw :01/12/09 00:17
>30
それなら、ヴァチカンみたいな無茶はしないかな?
しかし、悪魔を使ったり吸血鬼を使ったり……。
プロテスタントって寛容にもほどがあるわねー。

>35
無理はしないでね……。
(志貴の目を覆う包帯を外す)

>38
そう、それは残念ね……。
あなた達が仕掛けてくることを少しだけ期待してたんだけど。

40 :ロゼット&クロノ:01/12/09 00:18
>38
 う、噂に名高いカトリックはヴァチカンの、暴走特級神父ね。
 時間が無いの?
 それはお気の毒(助かったわね・・・)。

41 :紅丸:01/12/09 00:18
>38 そうだアンタ短剣持ってんだよな。何本かくれよ。
手持ち無沙汰なんでね。

42 :玄奘三蔵with孫悟空:01/12/09 00:19
>アンデルセン神父
…ついに来たか…。「ヴァチカンの殺しの鬼札」が…。
とりあえずは「始めまして」と言っておこう。
(宗教が違うからな…なるべく穏便に済ませたいものだ。)

43 :ロゼット&クロノ:01/12/09 00:19
>39
 あはは、確かにそうかも。
 だけどさ・・・皆が幸せになれれば、それでいいじゃない? もちろん、戦わなきゃいけない事だってあるけどさ。
 仲良くできるなら、仲良くして笑おうよ。

44 :以上、自作自演でした。:01/12/09 00:20
君たち、結局、俺に勝てるのかい?

45 :左手:01/12/09 00:20
おっ、クロックタワーが始まったようじゃな。
主役はまだ来ていないようじゃが……どうなる事やら。

46 :ドラキュラ・ヴラド・ツェペシュ:01/12/09 00:22
後は、対戦者のエレン待ちであるな。

さてと、しばらく傍観であるな……。
カテゴリーCの連中はまだ少ないな。

47 :ロゼット&クロノ:01/12/09 00:23
>46
 こんばんは、伯爵。
 この間は不覚をとったけど・・・いつか見てなさい。勝つまで学習する、それが人間よ。

48 :紅丸:01/12/09 00:24
>44 無視していいか?

49 :アルクェイド ◆ZspsGRZw :01/12/09 00:24
>43
ヴァチカンもそれくらい寛容だといいんだけどねえ。
本当、シエルといいアンデルセンといい、血気盛んな奴が多すぎよ。
ここで笑ってると、何時後ろから弾かれるか分からないけど……。

>44
ん? 誰かしら?
それだけじゃ分からないよ。

50 :しざ〜まん:01/12/09 00:24
シャキーン、シャキーン・・・・・まだかぁ、まだかぁ
シャキーン、シャキーン・・・・・

51 :玄奘三蔵with孫悟空:01/12/09 00:24
「なあ、さんぞ〜はらへった〜」
またか…。すまないがヴラド候、この猿に適当に飯を食わせてやってはくれないか?
…このまま放って置いては五月蝿くてかなわん。
>アンデルセン神父
そうか、時間が無いのなら仕方ないな。
…一度、ゆっくりと宗教抜きで話し合ってみたいものだ。

52 :殺人貴 ◆hKILL/T. :01/12/09 00:26
《ここから戦闘モード》

>39
遠野志貴は、静かに2、3度瞬きした後、アルクェイドを見つめる。

「やあ、久し振りだな、アルクェイド。変わり無くて何よりだ。
 …大丈夫、無理は慣れっこさ…」

そう言って、静かに微笑みかける。
そして、気負った風も無く、アルクェイドの背後につく。

「さて、今日の相手は誰だい?」

53 :比良坂初音 ◆EA9lggjE :01/12/09 00:27
>22
挑戦、謹んでお受けいたします
お手やわらかに
戦いの場所は、今回は私が指定するという事でよろしいかしら?

54 :ロゼット&クロノ:01/12/09 00:28
 さてと。私達も気合入れていきましょうか。

クロノ「中尉と戦ったときみたいな無茶は、止めてよね」

 はいはい・・・(苦笑)。

(機関銃を装備。クロノとともに臨戦体勢!)

55 :◆SIRO4zbM :01/12/09 00:28
ほぉ今度のクロックはエレンが主役か・・・・

56 :◆SIRO4zbM :01/12/09 00:29
初音も闘うか・・・またもや見物の闘いであるな・・・
クックックッ・・・・

57 :左手:01/12/09 00:29
臨戦態勢なのは狩人側ばかりじゃな(w
ドラキュラよ、エレン嬢ちゃんを待つ間相手をしてはどうだ?

58 :日向玄乃丈:01/12/09 00:30
 新スレか。おめでとう。
 では、俺もこちらに移動するよ。
 まあ、もしかしたらあちらに戻るかもしれんがね。

 さて、改めて、カテゴリーはAにさせてもらった。
 人間と言い切れるわけではないが、吸血鬼でもないしな。

 とりあえずはクロックタワー、楽しみにさせてもらう。頑張ってくれ。

59 :以上、自作自演でした。:01/12/09 00:32
伯爵、しばらく待って来ないようなら他の魔物でも召喚してみてはどうでしょう?
ガラモスとかなら、サイズ的に今いる面子をまとめて相手できそうですが…

60 :玄奘三蔵with孫悟空:01/12/09 00:33
>日向玄乃丈
始めましてだな、人狼の探偵。
…「式神の城」はなかなか先に進めなくてな…。
「なあ、さんぞ〜はらへった〜」
………やかましい!(すぱーん!!)

61 :アンデルセン ◆eyXzKtSc :01/12/09 00:33
>30 ロゼット
 これだからプロテスタントは!
 ミディアンの存在を許す貴様らも吸血鬼信奉者共も我らにとっては全
く同じく狩るべき存在だ。

>39 アルクェイド
 期待?
 この私に狩られることを期待していたと言うのですか?
 いいでしょう、いつかあなたをゴミクズのようにして差し上げることを約
束します。

>41 紅丸
 銃剣なのでかなり長いですよ?
 それでよければどうぞ。
 ただし概念武装としての威力は期待しないほうがよろしいでしょう。

>42 三蔵
(蔑むような目)
 はぁ……高位の聖職者がこんなちゃらちゃらした優男とは、仏教も大
したものではなさそうですね。
 とりあえずこちらも「始めまして」と言っておきましょうか。
 「さようなら」を言う機会が無いことを祈っていますよ、クックック……

62 :バイロン(ブルーソルジャー):01/12/09 00:34
>紅丸
攻撃力と射程を教えてくれるとあり難い。
戦術を決めやすくなる。
丸腰なら、比良坂初音が了解すれば AKM(連射可能なライフル)を貸すが。
あと連絡はメール欄を参照だ。

>比良坂初音
ああ、まかせる。ただ、荒野などの力押しにしかならない所は避けてくれるとあり難い。

誰か比良坂初音につく者はいないか?

63 :ロングファング:01/12/09 00:34
アルクェイドと志貴のコンビは臨戦態勢か。
マッチアップが難しいのが問題だな。だれか、相手をしないか?

…俺は嫌だぞ、一対一ならまだしも、このコンビじゃ一分ともたん

64 :ロゼット&クロノ:01/12/09 00:34
 ハンターが勢ぞろいね。
 これだけいれば、最強クラスの魔物だって倒せるかも。
 なんといっても「あの」殺人貴だっているし・・・。

65 :ドラキュラ・ヴラド・ツェペシュ:01/12/09 00:35
>47
なるほどな。
まあ、そうでなくては日々増大する闇の勢力には太刀打ちできぬか。

>50
もう、お前は退場済みだろうがっ!

>51
……………
(部下のアムドゥシアスに合図。ミートオムレツを50個ほど抱えて、
三蔵一行の前にやってくる。一礼して、飛び去る。)

>57
よかろう。
(悪魔アドラメレク召還)
データ:巨大な山羊の顔をした悪魔。でかい。
毒ガスや炎、無数の髑髏を雨あられと飛ばして、攻撃する。
便宜上、巨体を生かしての接近戦も可能とする。
(名無し・コテハン操作可。名乗り出よ。)

66 :◆SIRO4zbM :01/12/09 00:36
>62バイロン
ならば私が付いてやろうか?
どうする初音よ?

67 :エレン ◆ZZj7eLQA :01/12/09 00:36
遅くなってしまったわね、ごめんなさい。
そしてまずは、新スレの確立おめでとう。
これからもよろしくお願いするわね。

(病院を眺め)舞台は、既に整っているのね。
新しい人達も増えたのに、ろくに挨拶も出来ずにごめんなさい。
レスとかは、病院から帰った後にさせてもらうわ。
もっとも、生きて帰って来れれば、の話だけれど。

それじゃあ、始めましょうか。

>26 鷹野千夏(マリオネット)
>2.待合室へと逃げる。

思わずパイソンのグリップに手が伸びるが、ここが一般の病院だと言う事を思い出し
寸でのところで思い止まる。
しかし、この状況においてその一瞬は致命的であった。
「くっ」
目の前に迫る出刃包丁に、手にした鞄を投げつける。
投げつけられた鞄は、空中で真っ二つにされ中身が飛び散る。
その飛び散ったものをブラインドとし、エレンは待合室へと逃げ出すと叫んだ。
「ここは危険よ。早く逃げて!!」

68 :以上、自作自演でした。:01/12/09 00:36
銀と初音の共闘とか……無理か。

69 :ドラキュラ・ヴラド・ツェペシュ:01/12/09 00:36
というより操作してくれ。
流石に連日、連戦は少々、我もきついものがある。

70 :玄奘三蔵with孫悟空:01/12/09 00:38
>アンデルセン神父
…「人を外見で判断するな」とは教わらなかったのか?
それとも…俺の師匠である光明三蔵に会いに行くか?
(肩の魔天経文を構える)
>ロゼット
…同感だな。…問題は「一丸となって戦うことができるか」だが。

71 :ロゼット&クロノ:01/12/09 00:38
>61
 (むかっ)ふん、考え方が違うからって、何でもかんでも狩り尽そうっていうのがおかしいのよ。
 クロノはいいやつよ。悪魔だからって、吸血鬼だからって、そんな人達まで殺そうなんて・・・それこそ野蛮人だわ。
 だから、あんたはそんなに老けてるのよ!(いいがかり)

72 :アンデルセン ◆eyXzKtSc :01/12/09 00:39
 溜めてレスを返そうと思っていましたが、即座に返していった方がよろ
しいようですね……。

 とりあえず、私はもう少ししたら帰還します。

73 :日向玄乃丈:01/12/09 00:39
>60(式神の城)
 安心してくれ、PLは3-2止まりだ。
 何はともあれ、こちらこそよろしく頼む。

>63(マッチアップ)
 同感だ。確かに、勝てる気はしないね。

74 :以上、自作自演でした。:01/12/09 00:40
>70-71
このまま闘争にもつれ込みそう・・・・・・(期待

75 :ブラックロッド:01/12/09 00:42
奇妙なステップを踏んで、何も無い空間から黒い制服を着た男が現れる。
その表情は、死人の顔。

『魔の存在を確認、排除を実行する』
公安本部に連絡を入れたブラックロッドは、右腕に仕込まれた杖を伸ばした。

杖は、アルクェイドを指している。

76 :アンデルセン ◆eyXzKtSc :01/12/09 00:43
>70 三蔵
 まあ、いずれ機会があれば……ですね。
 そもそも仏教など私にとってなんの興味もありませんが。

>71 ロゼット
 老けていますか?
 そもそも自分の年齢を覚えていないので分からないのですがね。

77 :紅丸:01/12/09 00:43
>61 坊さんあんがとよ。両手につけるとしっくりくるな。
>62 AKMならいいか。
射程ねえ。武器次第だからまあ素手と変わらねえな。

俺はちょっくら花摘みに行ってくる。

78 :ロゼット&クロノ:01/12/09 00:45
(う・・・あと30分くらいで時間切れだわ。もし戦いたい人がいれば、短期決戦希望者がいいな・・・)

79 :アルクェイド ◆ZspsGRZw :01/12/09 00:46
>52
「まだよ、まだ早いわ」
志貴の言葉へ、表情だけで嬉しさを表す。
決して辺りへの警戒は緩めない。

>75
「来たわね……」
アルクェイドの目が凶っていく。
「志貴は後ろから機会をうかがって」

アルクェイドが、一歩前に出た。

80 :玄奘三蔵with孫悟空:01/12/09 00:46
>ロゼット
(悟空、アンデルセン神父をじろじろみながら)
「本っ当に老け顔だよなあ」
悟浄:「本当だな」
八戒:「…本当ですねえ」
…老け顔だな。

81 :鷹野千夏(マリオネット):01/12/09 00:47
>67
待合室へと踊りこんだエレン。
しかし、患者たちはみな地面に倒れ伏している。
不思議に思ったエレンが患者の一人に近寄ってみると、
患者の一人がうつろな目で起き上がり、エレンに向かってきた。
とっさに患者の足を払い、患者を転倒させる。
そうこうしていると、後ろから、あの少女の笑い声が聞こえてきた。

正面玄関に行くには、少女・千夏の前をすり抜けねばならず、危険すぎる!
上に逃げて、撒いた方がよさそうだ。

後ろの階段を駆け上り、2階に行く。
3階への階段は防火シャッターが下りている!
後ろから、あの笑い声が迫ってくる!!
どうする?

1.手近な病室に逃げ込む。
2.ナースセンターへと向かう。

82 :ロゼット&クロノ:01/12/09 00:48
>80
 老け顔よ。きっと頭にばっか血が上ってるから、新陳代謝が激しすぎて年をくうのも早いのよ。

83 :比良坂初音 ◆EA9lggjE :01/12/09 00:49
>62
武器に関しては特に問題はございませんわ、了承

>66
その申し出、うれしいけど
せっかくのクロスオーバー企画だから
できれば他作品のキャラと組んでみたいわね
だから、他の方の申し出があればそちらを優先でよろしいかしら?

84 :アンデルセン ◆eyXzKtSc :01/12/09 00:49
>80 三蔵
 ククク……やかましい。

(三蔵一行に銃剣雨あられ<アンデルセン流ツッコミ(W)

85 :玄奘三蔵with孫悟空:01/12/09 00:51
>アンデルセン神父
(悟空・悟浄が叩き落し、八戒が防護壁を張り、三蔵が撃ち落す)
…やる気か?それならこちらはかまわんが。
(先手必勝とばかりに)
オン・マ・ニ・ハツ・メイ・ウン!魔戒天浄ーーーー!!

86 :◆SIRO4zbM :01/12/09 00:52
>初音
構わぬよ、私は面白い闘いが見たいだけだからな。
そのときになったら言ってくれ。

87 :殺人貴 ◆hKILL/T. :01/12/09 00:53
>79
遠野志貴は無言で肯き、背後の気配にも気を配りつつ、対象を『視る』。
その相手、『ブラックロッド』に走る無数の『死線』。
『今』の遠野志貴にとっては何の苦労も無く、『死線』『死点』を視る事が出来る。
…もっともその代償は…、自らの『寿命』。

「オッケーだ、いつでも殺れる」

88 :アドラメレク:01/12/09 00:54
……………
(悪魔城より闘争の場に空間転移、様子をうかがっている。)

89 :ロングファング:01/12/09 00:54
>85
あ〜、闘争中は相手のメール欄はチェックするようにしてくれ。
観客に見られたくない裏合わせはなるたけメール欄でやる、てのが通例なので。

90 :以上、自作自演でした。:01/12/09 00:55
>85
 メール欄を見ていますか? 細かいやり取りはそこですよ。

91 :アンデルセン ◆eyXzKtSc :01/12/09 00:56
>85 三蔵
(懐から聖書を取り出し、開く。
 ページが外れ、アンデルセンの周りを髪吹雪となって覆い尽くす)

 残念ながら貴様らと遊んでいる時間はないのですよ。
 では、また何時か会いましょう!

(風が収まると、アンデルセンの姿はどこにもない。
 ただ、後にはバラバラになったページだけが残される)

92 :玄奘三蔵with孫悟空:01/12/09 00:57
>アンデルセン神父
チッ…?!外したか…。「聖堂騎士」…伊達ではないということか…。
…今日は闘争の空気ではないとでも言うのか…?

93 :ブラックロッド:01/12/09 00:57
>79

アルクェイドの方を向いて構えたまま、低い、だがはっきりとした声で志貴に告げる。
『退去せよ』
ハードヴォイス。精神に働きかける魔術。
普通の一般人程度の意志力なら、言葉にそのまま従ってしまう。

94 :ロゼット&クロノ:01/12/09 00:58
>91
 うわあ・・・移動用の法典ね。やる・・・さすがね。

95 :美夕 ◆MIYU.g96 :01/12/09 00:58
・・・今日は見てるだけ、みたいね。
少なくとも初音と組む、なんて笑い話にもならないな。
いつお互い後ろからばっさり行くかわからないもん。くすっ。

96 :板垣K介:01/12/09 00:58
>65,88
暇だから、よかったら我輩があの男を呼び寄せてあげるYO!
いらぬお世話の気もするYO!つーか、要らぬお世話だろうけどネ!

97 :エレン ◆ZZj7eLQA :01/12/09 00:59
「状況を確認する必要がありそうね」

>2.ナースセンターへと向かう。

包丁を持った少女の凶行よりも、待合室の患者の行動のほうが気になった。
もし、他にもあのような者が居るのであれば、おそらくナースセンターでは
ナースコールが鳴り響いている事だろう。
そう出なかったとしても、逆にナースセンターから
適当な病室にコールして、状況を聞くことも出来る。
病室を一つ一つ回るよりは、遥かに効率的だ。

しかし、ナースルームの前にたどりついたエレンは、
奇妙な違和感に捕われた・
「静か過ぎる。下の事件がまだ伝わっていないの」
用心のため、ナイフを袖の内側に忍ばせると、ナースセンターの扉を開いた。

98 :ロングファング:01/12/09 00:59
しかし、ブラックロッド一人ではあのコンビは手に余るだろう。
とはいえ、原作からして犬猿の仲の俺が手を貸すのは、な…

誰か手を貸すつもりのある奴いないのか?

99 :ロゼット&クロノ:01/12/09 01:00
>95
 あ、こんばんは。吸血姫さんよね?
 どう? しばらくお話でもしない? 今晩は相手がいなくってさ。

100 :玄奘三蔵with孫悟空:01/12/09 01:00
仕方ないな…。相手がくるまで待つとするか…。
「なあ、おっちゃん(ヴラド候)!もっと食いてえんだけどさあ…」
…って言ってるそばから何しとんじゃあー!!(すぱーん!すぱーん!すぱーん!!)
「いってえなあ〜、何怒ってるんだよさんぞ〜」
知るか!

101 :アルクェイド ◆ZspsGRZw :01/12/09 01:01
>93
「させないっ!」
その声が魔術だと気付いた瞬間、弾けたようにブラックロッドに向かって『跳ねる』。
自分に向けられた杖を叩き落とし、返す刀で頭を跳ね上げようと掌底を
顎部めがけて振り上げた。

102 :アドラメレク:01/12/09 01:01
>92
伯爵様に逆らう者には死を!
(毒ガスが三蔵法師一行のあたりを覆う。)

103 :左手:01/12/09 01:01
>98
アドラメレクがやる気になってるようじゃから問題ないと思うぞ

104 :Klaha:01/12/09 01:02
 あ、ども。マリスミゼルのクラハっす。
俺、参加していいっすか??

105 :板垣K介:01/12/09 01:03
>103
だったら俺はこのままヒンズースクワットを続けながらここを見守るYO!
マジでスクワットやってるYO!

106 :美夕 ◆MIYU.g96 :01/12/09 01:04
>99
うん、いいよ・・・。今日はわたしも傍観のつもりだし。
それに、少なくともわたしは人間側の人とは争うつもり、ないから。

107 :ロゼット&クロノ:01/12/09 01:06
>106
 あ、ほんと?
 よかったー。ほら、私ってやかましいからさ、嫌われないかなって。
 そうだ、美夕って呼んでいい?
 私のことはロゼットでいいからさ。

108 :玄奘三蔵with孫悟空:01/12/09 01:07
>アドラメレク
(八戒の防護壁で毒ガスは防がれる…)
八戒:「大丈夫ですか?!三蔵!悟空!悟浄!」
ああ…なんとかな…。
「なあ、三蔵…やっちゃっていいの!?」
ああ、せっかくのお誘いを無碍に断るわけにはいかんからな…。
「よぉ〜〜〜〜しっ!如意三節棍!」
(悟空が突進していく。三蔵は昇霊銃でサポート)

109 :殺人貴 ◆hKILL/T. :01/12/09 01:07
>93
『退去せよ』

目標が告げる。
だが、遠野志貴はその言葉には従えなかった。
…自ら進んで、アルクェイドの傍に居る事を選んだ自分である。
並大抵の苦労ではない事は判りきっていた。
それでも…、そう、それでも誓ったのだ。
他でもない、自分自身に!

「…その命令は聞けないな…」

改めて目標を見つめる。

>101
更に瞬間にアルクェイドが目標に侵攻した為、完全に『魔術』はかき消された。

「アルクェイド、行けるか?」

110 :ブラックロッド:01/12/09 01:08
>101
左手の自在護符を起動、紋様は『障壁』
空気圧による防御で、自分から距離を取る。

アルクェイドのスピードを警戒すべきと判断。
一旦距離を取った後、『身体制御』起動。反射速度、筋力に対してフィジカルエンチャント。

111 :以上、自作自演でした。:01/12/09 01:08
>105
むしろ、狩人側に死者が出たら某ドクターの手で蘇生させてくれ。
もっとも、やっぱり雰囲気を崩しそうなんで、あくまで、その場に他に蘇生者が
いなかったらの話だけど(w

112 :日向玄乃丈:01/12/09 01:10
>88
 これはまた……随分とでかい奴だな。西洋の悪魔――式神か。
 暇そうな>99(ロゼット&クロノ)や>100(三蔵一行)辺り、どうだ?
 もしやるなら、俺も共闘させてもらうが。

>96
 止めとけ。勝てない。
 というか、「あの男」が負けるのは想像できん(笑)

113 :ブラックロッド:01/12/09 01:12
>109
魔に魅入られていると判断。排除対象として認定。
公安局の呪文編纂機に交霊。排除対処目標の人名検索中……

114 :鷹野千夏(マリオネット):01/12/09 01:13
>97
そこは看護婦が3人、生気の無い顔をして、立ち尽くしていた。
エレンは、ナイフを持って身構えると案の定看護婦たちは襲い掛かってきた。
刹那、芸術ともいえるナイフさばきで、看護婦たちの頚動脈を切り裂く!
看護婦たちは黄色い血(!?)を撒き散らし、絶命した。
どうやら、この病院はエレン以外の者はすでに化け物になってしまったようだ。
ナースセンターのコールはどこも点灯していない。
これが、まさに皆化け物となった証だろう。
電光掲示板で表示された階層図を見るに、
1階の入り口はオートロックで既に出ることができないようだ。
とりあえず、防火シャッターの鍵を入手し、エレンは上へと向かうことにした。

ナースセンターを出るとあの少女に遭遇した。
包丁片手に突進してくる少女の喉をナイフで裂く!
しかし……なお不気味な笑い声を上げて、向かってくる。
埒が空かない!
防火シャッターを開け、3階への階段を駆け上り、3階へ。
すると、物置から看護婦の悲鳴が!
どうする?

1.物置へ
2.無視して4階へ

115 :アルクェイド ◆ZspsGRZw :01/12/09 01:14
>109
「まだ、大丈夫よ」
そう言って、志貴に笑いかける。
「あいつらは、複数で来る可能性もあるから、周りに注意しておいて」
まったく心配などしていない、信頼しきった口調で志貴にそう告げた。

>110
「結構、便利な魔術ね」
相手の能力を値踏みするかのように、真正面から突っ込んでいく。
「さて、どのくらいやれるのかしら?」

116 :美夕 ◆MIYU.g96 :01/12/09 01:15
>107
うん、ロゼット。わたしも美夕でいい。
わたし、人のおしゃべり聞くのは好きなのよ。

>111
神魔の里での蘇生は・・・ちょっと時間かかっちゃうからね・・・。
わたしの血を飲ませるなんてのは却下な人多いだろうし。

117 :アドラメレク:01/12/09 01:16
>108
ゴミどもめが……
(如意棒を右手で掴み、防ぐ)
むう……!?
(昇霊銃で顔面に命中、顔をしかめる。)
こざかしい……
(炎の波が一行を飲み込まんとする)

118 :玄奘三蔵with孫悟空:01/12/09 01:17
>111
ウチには八戒の気孔術があるからな…。死ぬほどの怪我でなければ何とかなるが…。
だが、あれ(キスによる輸血)だけはもう結構だ…。

119 :左手:01/12/09 01:18
>104
……良いのではないか?……多分
確かお主はマリスの新入りじゃったな?

>112
最初のスレでアーカードとドツキ合っておったぞ。
確か引き分けじゃった筈だ。

120 :ロゼット&クロノ:01/12/09 01:18
>116
 ありがとう、美夕。
 話は変わるけど、貴方のパートナーの・・・ラヴァさんだっけ? かっこいいわよね〜。顔立ちとか中性的で綺麗なのに、力強いっていうか。
 ほら、うちのパートナーってちんちくりんだから(からかうようにクロノを見る)。

クロノ「うわっ、ひどっ!」

121 :日向玄乃丈:01/12/09 01:19
 クロックタワーに横槍入れるようで悪いが、俺も闘争に参加させてもらう。

>108
「援護する」
 言うなり、力を込めた右手を大きく振る。
 同時、そこからいくつもの光の球が出現し、悪魔へと向かった。
 それらが着弾するのを確かめ、玄乃丈は前へと跳ぶ。
 右手には式神の雷。一度触れたものをどこまでも追尾する、妖の球だ。
「シャゥ!」
 叫びとともに、右腕が突き出された。

122 :殺人貴 ◆hKILL/T. :01/12/09 01:19
>115
「おっけー」

さて、と考える。
どうやら目標は『魔』ではなく、身体的には『人間』らしい。
これでは『七夜の血』は反応しない。

ならば、とアルクェイドの闘いの推移を視界に入れつつ、
周りの状況を探る遠野志貴であった。

123 :玄奘三蔵with孫悟空:01/12/09 01:20
>117
八戒:「下がってください!」(防護壁を再び張る)
八戒:「くっ…結構強力ですね…」
…自分の頭の上のハエぐらい自分で落とすもんだ…。
(昇霊銃でアドラメレクの目を狙う)

124 :ロゼット&クロノ:01/12/09 01:21
>美夕へ
 あ、ごめんなさい。
 そろそろ時間切れだわ。私から話しかけておいて悪いんだけど・・・本当にごめんね。
 それじゃ、また会いましょう。
 さようなら。
(ロゼット&クロノ、戦場より退去)
(*お付き合いいただいた皆様、ありがとうございました。)

125 :玄奘三蔵with孫悟空:01/12/09 01:24
>ロゼット&クロノ
また会えることを楽しみにしている。
>日向
援護感謝する…が、これは俺たちの戦いだ!下がっててもらおうか…。
(昇霊銃を連射し、アドラメレクの動きを封じる)

126 :美夕 ◆MIYU.g96 :01/12/09 01:24
>120
ふふっ・・・ありがと。でも・・・ほんとはまんざらでもないんでしょ?
その子のこと。見てたらわかるよ。(にこにこ)

127 :アドラメレク:01/12/09 01:25
>121
ぎゃああああ!
(感電してよろめく。)

>123
がああああ!
(右目が潰れる)

このゴミどもが……
(辺りを埋め尽くす勢いの髑髏を召還。玄乃丈及び一行に高速で飛来する。)

128 :エレン ◆ZZj7eLQA :01/12/09 01:25
「生存者!?」

>1.物置へ

「もう遠慮する必要はないけど……」
一度取り出したパイソンを再びしまい込む。
「鞄を失ったのは痛かったわね」
おかげで装備のいくつかを失うことになった。
「でも、急がないと」
物置の前に急ぐと同時に、自ら発見される危険性も省みずに声を張り上げた。
「誰か居るの? 助けに来たわ、出てきて」

129 :ブラックロッド:01/12/09 01:26
>115
魔術により加速された反射神経でも、近距離では追いきれないと判断。
全力で距離を取りながら、『呪弾』を連射。
アルクェイド、志貴、双方から離れる方向に疾走。

人名検索終了。
アルクェイド……該当名無し。
志貴……名前、容姿より、遠野志貴と判定。特殊能力者。危険度A+

対遠野志貴用『死の呪文』編纂開始。

130 :バイロン(ブルーソルジャー):01/12/09 01:27
(武器弾薬を積んだ米軍用ジープMKUの車内)
(闘争の準備を済まし、時を待つ)

あと五分弱。今回はどのような戦場がおれをまっているのか。

(口元にかすかな笑みを浮かべる)

131 :玄奘三蔵with孫悟空:01/12/09 01:29
>127
「伸びろ、如意棒ー!!!」
(悟空、如意棒を伸ばしたまま振り回す。三蔵、再装填した昇霊銃で迎撃)
…悟空、奴に隙を作らせろ。長期戦ではこちらが不利だ。
…今日二発目…だが…!

132 :アルクェイド ◆ZspsGRZw :01/12/09 01:31
>129
「ちっ……」
ブラックロッドへ急速度で向かっていたアルクェイドがブレーキを掛ける。
アルクェイドは、魔術にはそれほど通暁していない。
相手の仕掛けてきたことがどれほどの威力を持つのか判断しきれないのだ。

ステップを踏み、呪弾をかわしながら距離を詰めていく。
だが、やはりそれで追いつけるほど相手も遅くはない。
距離は開いていく一方だった。

133 :比良坂初音 ◆EA9lggjE :01/12/09 01:31
お待たせしました

今回はご用意した戦場はこんな感じの場所ですわ
ttp://www15.tok2.com/home/voicelex/gunkan.htm
あくまでもイメージですので、そこの所はよろしくお願いいたします。

134 :殺人貴 ◆hKILL/T. :01/12/09 01:34
>129,>132
どうやら目標はアルクェイド程の動きは出来ないらしい。
…まあ当然といえば当然だろう、曲りなりにも『真祖の姫』だからな(笑)
だが『逃げる』だけが能ではない筈だ…。

取敢えずアルクェイドの後に付いていかなくては。

135 :日向玄乃丈:01/12/09 01:35
>127
「くっ!?」
 玄乃丈の顔に、僅かな焦りが浮かぶ。
「まいったね……こいつは」
 嘆息。
 そして、迫り来る髑髏の大波に、右手の雷光をぶつけた。
 髑髏と雷が相殺される。
 それでも、髑髏の波は圧倒的な密度を持つ。避けきれない。
 普通なら、だ。
「おおおおお――ッ!」
 だから彼は咆哮する。
 光に包まれた玄乃丈の姿が、人狼のそれへと変わっていく。
「……これが――本当の姿」
 言った時には、既に人間には不可能な速度で悪魔の後ろに回りこんでいた。
 刀の鋭さを持つ鉤爪が、悪魔を裂く。

136 :紅丸:01/12/09 01:35
>130 いくつか兵器をもらうぞ
>133 どこからそんな物持ってくんだよ。雰囲気出てんねー。

137 :◆SIRO4zbM :01/12/09 01:36
凄い場所を見つけてきたな・・・初音

138 :玄奘三蔵with孫悟空:01/12/09 01:38
>135
!…思わぬ形で隙ができたな…!
(三蔵、合掌し般若心経を早口で唱え始める)
オン・マ・ニ・ハツ・メイ・ウン!魔戒天浄ーーーーーッ!!!
(経文が光を放ちながらアドラメレクに向かって行く!)

139 :ブラックロッド:01/12/09 01:40
>132
呪文編纂終了。可能な所から相手の戦力を削ぐ、と判断。
逃走を止め、アルクェイドに向って今度は突進を開始。

瞬く間に距離が詰まる。
右手の杖をこれ見よがしに振りかぶって、ブラックロッドは走る。

140 :比良坂初音 ◆EA9lggjE :01/12/09 01:41
実際は廃ビルとその周辺ってことでお願いします

来たわね・・・・・・
(子蜘蛛の報告を聞く)
さてと・・・・私も行こうかしら。戦闘開始ね。

141 :アドラメレク:01/12/09 01:42
髑髏が一行を飲み込んだのを見て、
アドラメレクは唇を吊り上げて、笑った。
しかし……

>135
……!?
(玄乃丈の爪で背中を切り裂かれ、よろめく。)

>131
ぬおおお!
(昇霊銃はなんとか両腕でガード)
かあああああ!
(苦し紛れに辺りを毒の霧で蔓延させる。)

142 :日向玄乃丈:01/12/09 01:42
>138
 着地。そして、素早く跳びすさる。
 人間の姿に戻りながら、呟いた。
「隙は作った。後はまかせた……少々、疲れるんでね」

143 :バイロン(ブルーソルジャー):01/12/09 01:44
(空には紅い月)
(吹き抜けるは凍たい風)
(昏い昏い闇のとばり)

(どこからともなく軍用ジープMKUにのってやって来る)
(辺りを見回して。)

まさに闘争するために創られた世界。初めから狂った世界。
おれ達には、ふさわしいと思わないか。

(わざと音を立てて車のまま進む。)

144 :アドラメレク:01/12/09 01:44
>138
ぎゃあああああ!
(霧をすり抜け、魔戒天浄が炸裂!)
こんなはずは……
(塵と化して消滅)

145 :玄奘三蔵with孫悟空:01/12/09 01:44
>141
もう…遅い!!
(経文がアドラメレクを包み込み威力を発揮する…!)

どうやらもう一つの戦いが始まろうとしているようだな…。

146 :アルクェイド ◆ZspsGRZw :01/12/09 01:47
>139
「急に動きが雑になったわね……」
そこに何かの意図を感じるが、それが具体的に何なのかは分からない。
だが、受けて立たないわけにもいくまい。
こちらも突っ込み、右腕を振り上げた。

147 :◆SIRO4zbM :01/12/09 01:48
シャラン・・・
(錫杖の音を鳴らし登場)

初音の遊び場はここか・・・面白い。

(闇に消えていく)

148 :ROMの人:01/12/09 01:48
>軍艦島で戦う方へ
これが島内の地図です。よろしければお使いください。
ttp://www.interq.or.jp/cool/unya/gunkanzima/zu/haiti.html

149 :殺人貴 ◆hKILL/T. :01/12/09 01:48
>139
…来たか!
背後の気配に注意しつつ、アルクェイドに何かあった時はすぐに助けに入れるよう、
軽く身構える遠野志貴。
視線はあくまで、目標から離れず『死線』を睨んだまま。

>146
「気をつけろ、アルクェイド!
 いきなり反劇に出るからには、何か策があってもおかしくない!!」

150 :紅丸:01/12/09 01:50
>143 あーそうですかい。俺をプレデター扱いすんなっつーの。
この狭苦しい島なら射程が届くな。
ロケットランチャーか口径がでかい機関銃をくれ。
上空から先制攻撃するからお前はボートで上陸するんだ。
挟撃をかけるぞ。

151 :ブラックロッド:01/12/09 01:54
アルクェイドに接敵する直前、左手の自在護符を起動。
モードは『衝撃』、ただし魔物をこれで倒せるとは判断していない。
ブラックロッドは間違わない。
足元に向けて起動。盛大な量の土が、アルクェイドを生き埋めにしようとする。

その一瞬。一瞬だが、ブラックロッドの姿が完全に視界から消えた。

152 :玄奘三蔵with孫悟空:01/12/09 01:54
>144
終わったか…。!…くっ…さすがに連続で魔戒天浄はきつかったか…。
八戒:「大丈夫ですか、三蔵!?」
ああ、少し疲れただけだ…。あとは他の戦いを見ながら休む。
悟浄:「お疲れ〜」
「あ〜、はらへった〜!」
…怒る気力もうせた…。

153 :鷹野千夏(マリオネット):01/12/09 01:55
>128
一人の看護婦が飛び出してきた、
後ろから、眼のうつろの医師も出てくる。
とっさに、エレンが銃で医師の頭を撃ち抜いた。
「もう、大丈夫よ。安心して」
『あ、ありがとうございます。でも、もう私、ウィルスに感染して……』
「どういうこと?」
『詳しいことは知りませんが、この病院、
ある患者からで新種のウィルスを発見したんです』
「それで……」
『その患者は院長は隔離して、うううううう……』
「どうしたの、しっかりして!」
『……………』
無言で襲い掛かってきた看護婦をとっさにナイフで仕留め、エレンは溜め息をついた。
「こういうのは、私の仕事じゃないわよね」

さて、上に向かう必要性がますます出てきた。
ドアを開けると、廊下に何人かのゾンビいた。
そして、あの笑い声も……

さて……
1.弾が惜しい。ナイフで切り抜ける。
2.そんなこと言ってられない。銃で仕留める。

154 :比良坂初音 ◆EA9lggjE :01/12/09 01:55
>150
あら?・・・・空から行くつもりね
こちらに対空手段が無いとでも思っているのかしら・・・ふふっ

155 :バイロン(ブルーソルジャー):01/12/09 01:59
>150
わかった。
(50発入りのオートマチックグレネードランチャーを渡す)

(ジープのまま海へ。車の横から浮きがでてボートになる)
改造済みだ。

156 :アルクェイド ◆ZspsGRZw :01/12/09 02:00
>149
「分かってるわ!」
そう返事をしたモノの、その策までは読めない。
とにかく、自分が相手をしなければ……。
志貴は、肉体的には人間なのだから。

>151
「!?」
アルクェイドは、これが明らかに自分を倒そうとしていないことに気付いた。
あまりにも回りくどい。すると、狙いは……。
「志貴!! そっちに向かってる!」
そう叫び、自らも志貴のいるはずの方向へ向かった。

157 :サウジーネ:01/12/09 02:01
(伯爵配下の魔法使いの女の子。あだ名は「まーちゃん」)
ホウキで一行の前に……
>142 >152
おめでとうございます〜。
これ、伯爵様からの賞品だそうです。
(ビーフステーキを100皿、魔法でだす。)
悪魔城自慢の肉です、じっくりご賞味くださいね〜。
(ホウキで飛び去る。)

158 :◆SIRO4zbM :01/12/09 02:03
(暗闇の中、銀糸で結界を張りながら初音の元へ歩いていく)

まさしく面白い闘いではないか・・・100年前の初音との殺し合いを思い出す・・・

(今回は燐を連れていない)

社がある割には神聖な気が感じられんな・・・

159 :殺人貴 ◆hKILL/T. :01/12/09 02:04
>151
「なっ!」

瞬間、膨大な土砂が舞い上がり目標の姿が『視認』出来なくなる。
遠野志貴に視えるのは、土煙の向うの朧気に浮かび上がる幾条もの『死線』。
さすがに『死点』までは見えない。
…だが、通常感ならばじられない程の『死の匂い』を感じる…。

・・・ナンダ、コノフシゼンナ『死ノカタチ』ハ?

>156
「来るな! アルクェイド!!
 お前は敵が見えないんだろおッ!?
 こっちは何とかする、お前は他の敵の来週に備えろっっ!!!」

160 :紅丸:01/12/09 02:07
そんじゃ開戦の狼煙をあげに行きますか。
変身!
両腕に銃剣、左腕にライフル、右腕にランチャー。ヒューかっこいい。

161 :玄奘三蔵with孫悟空:01/12/09 02:07
…向こうを下げ忘れたな…。
すまない…帰らなきゃならないんでな…。
ここで失礼する…。

162 :アルクェイド ◆ZspsGRZw :01/12/09 02:13
>159
「でもっ!」
アルクェイドには死は視えない。
でも、分かる。

『アレ』は
とっても
やばくて
とっても
絶対的だ

志貴では、あの死は受けきれない。
そう判断したからこそ、志貴の方へと走った。
このままでは……!

163 :紅丸:01/12/09 02:16
「あぁーん何突っ立ってやがる。化け物の考える事はよく分からん。
とにかく吹っ飛べ。」

164 :比良坂初音 ◆EA9lggjE :01/12/09 02:17
銀・・・・来たのね
ふふっ・・・・
ねぇ、どちらと戦う?
私は海から来る方がいいわ、貴方は?
(何気無く空を見上げる、初音と銀にだけ建物の合間に張り巡らせた無数の糸が見える)

165 :エレン ◆ZZj7eLQA :01/12/09 02:18
「でも、ある意味私向けの仕事かもね」
廊下でゾンビと鉢合わせした瞬間、思わずそんな言葉がもれた。
「悪いけど、貴方達に構っている暇は無いの」
パイソンのグリップではなく、銃身を握り鈍器として扱う。
表情を消し、ゾンビ達を殴り、切り、踏み越え、黄色い体液が舞う中を疾走する。

「ウィルス……厄介ね。でも、何故私だけ平気なの? ……ん?」
いままで、盲腸の痛みに気を取られて気がつかないでいたが、
改めて自分の体調を振り返った時、そこに、痛みとは違った「疼き」の存在に気付いた。
そして似たような疼きが、右肩にもあった。
「これって……」
ベックと対決した時に傷を負った場所だ。
そしてその後にそれを治療してくれた、左手の姿を思い出す。
「そういうことなのかしら。いいえ、きっとそうね。
それなら、この状況で私一人平気なことも説明がつく」

166 :ダイ・アモン:01/12/09 02:20
私がレスをしている間に向こうが完走してしまったので、ここに貼らせてもらいますよ。

>988>991>992
「月姫」やりたいですね。
そこまでつぼにはまるとは・・・私だけ蚊帳の外ですか!?

>993
ゴラァ!!あなたは当初からマリオネットを使っていたのですか!?
まったくよめませんでしたよ!!!

>995
その必要は無いですよ。
こうやって、一つのスレが終わるごとに雑談するのが良いのですからね。
ふふふ、また3スレ目が完走するのを待ちましょう。

167 :バイロン(ブルーソルジャー):01/12/09 02:20
(ジープのまま陸へ。車の横の浮きが巻き込まれ、元にもどる)
(初音を発見)
(爆薬を積んだままの米軍用ジープMKU)
(車から降り、挨拶代わりにライフルを一射)
こんな時間に出歩くのは、年頃の娘のやる事としては、感心しないな。
(車を挟んで初音とは逆方向に駆け出す)

>160
(無線で紅丸に連絡)
それはあくまで『対人用』だ。当てても油断するな。

168 :ブラックロッド:01/12/09 02:23
一瞬だけの奇妙なステップ。
空間に溶けながら、ブラックロッドは自らの計算を再検算する。

座標の確認は、呪文編纂時に同時に済ませた。
そして、魔物の速度と距離を時間をかけて慎重に測った。
この位置ならば、魔物は従僕のフォローには『絶対に』間に合わない。

まずは一匹。

169 :◆SIRO4zbM :01/12/09 02:25
どちらでも良い・・・
ならば私はあの空を飛んでるヤツを相手にすれば良いのだな
(降り注ぐ銃弾のほとんどを銀糸の網で防ぐ、数発頬をかすめるがかすり傷)

ならば相手しようではないか!小手調べだ!
(ビル群の隙間から鋭い銀糸を突き出す)

170 :以上、自作自演でした。:01/12/09 02:27
前スレ
>伯爵の負担を減らす
デビルサマナーのシド・デイビスを出して悪魔召喚とか
……合わないかなぁ。

171 :エレン ◆ZZj7eLQA :01/12/09 02:28
最後の一人の喉を切り裂き、五階への階段を上る。
物置で出会った看護婦の最後の言葉を思い出す。
『その患者は院長が隔離して』
「院長室に行けば、何か資料が有るかも」
しかし階段を上りきった時、あの笑い声が響いてきた。
「来たわね」
視線の先に、あの少女が居た。
手にした包丁に付いた血は既に乾ききり、茶けた塊になっている。
そのせいで切れ味は落ちているであろうが、それ以上の禍々しさを放っている。
「そう。もうこの病院で殺す相手は私しかいないのね」

>2.そんなこと言ってられない。銃で仕留める。

「せめて、人間らしく殺してあげる。それが、殺し屋である私に唯一出来る事だから」

172 :以上、自作自演でした。:01/12/09 02:28
>170
シドを知っている人は多いのか?微妙じゃない?

173 :紅丸:01/12/09 02:29
あでぇ! なんだこいつは!
「この傷は、糸か? ここら辺に張り巡らせてあるんだとしたら
暗闇で視認しにくいな。ビルの中に入ってから下に降りよう」

174 :比良坂初音 ◆EA9lggjE :01/12/09 02:31
甘く見ないで、貴方が思ってるよりは人生経験は豊富ですのよ
ふふっ・・・・
(斬糸を射出、ジープを貫通してパイロンへ)

175 :殺人貴 ◆hKILL/T. :01/12/09 02:31
>162
…アルクェイドが走り寄って来るのが判った。
何年も一緒に旅してきたのだ、その気配だけで判断できる。

(…全く、言っても聞かないヤツだなぁ、相変らず…)

「気をつけろっ、何が出てくるか判らないからなっっ!」

叫びつつ、『不自然な死』に相対する…。

>168
…っ…!
驚愕した。
何故ならば、先程まで『視えて』いた『死線』が、
急に掻き消すように消えてしまったからだ。

何故! なぜ!! NAZE!!!

…いや、考えている時間は無い、今だ色濃く匂っている『死』は、そこに存在するのだ。

   目を、閉じた。
   相手が見えないのならば。
   『自らの死』を見るのみ。

   …そして、その『死』を避ける方向へ動くのみ…。

176 :ブラックロッド:01/12/09 02:32
志貴の背後から、空間を渡って出現。視界の隅で走る魔物の位置を確認。
距離がある。一撃で従僕を殺し、呪弾で再度距離を取る。全く問題無い。
無言で、この男の『死』が込められた杖を振り下ろす。

ブラックロッドは躊躇わない。

177 :比良坂初音 ◆EA9lggjE :01/12/09 02:33
(さらに子蜘蛛をジープの中に)

178 :鷹野千夏(マリオネット):01/12/09 02:33
>165
5階……、最上階に到着。
実験室と院長室、2つの部屋があったがとりあえず、院長室に入ることにした。

豪奢な院長室、そこで院長は事切れていた。
そして、机の上には遺書が……
『ついに恐れていたことが起きてしまった。
あの少女・千夏の持っていたウィルスを下手に研究しようとした天罰が当たったのだろう。
あのウィルスH−536は、感染した者をいわゆるゾンビ同然にする。
今まで、少女に様々な抗体を投与してきたが、逆効果だったようだ。
もう、アレは私の手には負えない。
しかも、アレは病院内にすでに蔓延している。
一応、外部への脱出口は全て閉鎖したが、ウィルスが外にでるのも時間の問題。
せめて、千夏をどうにかできれば……。
あれは熱には弱いことは分かっている。
しかし、もう私にはうつ手がない。
…私にもウィルスが蔓延してきたようだ。
せめて、自分の手で自分のことは……』

そこで文は途切れていた。
読み終わると同時に千夏がドアを蹴破って、部屋に乱入してきた。

どうする?
1.ここで蹴りをつける。
2.屋上へ!

179 :アルクェイド ◆ZspsGRZw :01/12/09 02:34
>168
「くっ……!!」
アルクェイドは完全にブラックロッドを見失っていた。
何とか、志貴のフォローに回りたいが、何処から襲ってくるのか分からないのでは
対処のしようが思い付かない。

どうする……?
どうする……?
どうする……?
どうする……?

志貴を失う恐怖が、急に喉元までせり上がってきた。
でも、できることなんて、ない。

>175
そこに志貴の声が聞こえてきた。

ああ、志貴だ……と思った。
だから、志貴を、殺人貴を、愛する人を、信じることにした。

>176
!!
空間を、渡るのは予想外だった。
完全に棒立ちのまま、『死』が交錯する瞬間を見つめる……。

180 :バイロン(ブルーソルジャー):01/12/09 02:35
>174
(素早く飛びのき手近な障害物を遮蔽に取る。)
流石に引っかからんか。少々距離は離れているが仕方ない。

(爆薬を積んだジープに向けてナパームを発射。)

181 :鷹野千夏(マリオネット):01/12/09 02:39
>171と>178の間の出来事
『キャキャキャキャキャ!』
銃で頭を撃つ!
1発、2発、3発……
『ギャッ!』
その場に倒れ伏す千夏。
しかし……
『キャキャキャキャ!』
再び、起き上がってきた。
エレンはとっさに院長室にとびこんで、その重いドアを閉めた。
>178へ……
(残り弾丸1発)

182 :◆SIRO4zbM :01/12/09 02:43
>173
(結界内で待機、糸に子蜘蛛を這わせる)

さらなる死を見せてやろう・・・

183 :殺人貴 ◆hKILL/T. :01/12/09 02:44
>176
………その時、知覚した。
『眼』ではない、『脳髄』が直接『死』を感知したのだ。

遠野志貴は、その脳髄の命ずるまま、迫り来る『死そのもの』へ、
右腕に握った『七つ夜』を差し出した。

   …瞬間。
   目標が振り下ろした『死が篭められた杖』の、『死線』をなぞるように刃が疾った。

      キイイィィィィーーーーーーーン!

   酷く耳障りな音は、果たして鼓膜が感じたのか、脳髄に直接響いたのか…。

更に追い討ちを掛けようと、遠野志貴は踏み込む!

184 :紅丸:01/12/09 02:45
「どうしようかな〜。ワイヤートラップに引っかかりたくねーし。
あ、そうか。何も俺から出てく事ねーじゃん。この中で一休みしよっと。」

185 :比良坂初音 ◆EA9lggjE :01/12/09 02:48
(糸を空中に射出し爆発から逃れる、事前に空中に張り巡らせた糸は足場にもなる)
ふふっ、行くわよ。
(バイロンの頭上へ急降下攻撃)

186 :紅丸:01/12/09 02:50
>185 「とりあえずあのウルトラ怪獣を狙い撃ちすっか。」

187 :以上、自作自演でした。:01/12/09 02:51
エレン、かっこよすぎです!

188 :以上、自作自演でした。:01/12/09 02:52
>デビルサマナーのシド・デイビス
問題ないと思う。メガテンなら、特技も比較的わかりやすいし。
シドとシドに召喚された悪魔を名無し共用キャラにするのもありだろ。
元ネタ知らなくても、とりあえず口調を「怪しい外人」にすればいいわけだし(w

189 :以上、自作自演でした。:01/12/09 02:55
>デビサマ
うあ。実は天堂天山やろうかと思ってた(笑)
手下のザコヤクザ悪魔連中使い放題だし。

190 :バイロン(ブルーソルジャー):01/12/09 02:55
>185
(大きく『前に』踏み込むと、ふり返っててブービートラップ用のワイヤーを鞭の様に振るう。)

紅丸手が空いていたら、グレネードで援護しろ。おれごとで構わん。爆破音の聞こえた辺りだ。
(小声で無線機にささやく。)

191 :ブラックロッド:01/12/09 02:56
>183
ただのナイフの一撃だった。
ブラックロッドは杖に触れた男が崩れるように倒れるのを予見していた。
だが現実には、杖に込められた死の呪文があっさりと霧散している。

何故?この男に対する公安の情報が間違っていたのか?
生命を絶つ能力で、何故魔術が阻害される?

だが、ブラックロッドは動揺しない。
目の前の魔物(そう、魔物だ)、その頭を左手で鷲掴みにする。
反射速度で遥かに優越しているからこそ出来る芸当だ。
自在護符の紋様は『衝撃』のまま。
このまま発動させれば、コレの頭はただのジャムになる。

192 :以上、自作自演でした。:01/12/09 02:58
>189
あんたのセンスに乾杯。
いいんじゃないか、やってみても(w

193 :アルクェイド ◆ZspsGRZw :01/12/09 03:00
>191
「させない!!」
志貴が、『死』をかいくぐって安心していたアルクェイドが、瞬時に正気に戻る。
距離は離れすぎている。だけど、この時の為に、ずっと精神集中をしていたのだ。
アルクェイドが思い描くことを、この世に具現化させる……。

ブラックロッドの左腕の下、そこの地面が鋭く隆起する。
大地が刃物となり、その腕を断ち切った。

「志貴!!」
後は、殺すだけ……。

194 :ドラキュラ・ヴラド・ツェペシュ:01/12/09 03:00
>189
ふむ、是非やってくれ。
この1週間、我も飛ばしてきたが、流石に疲れた。
いや、癒し系のあやつのような発言は不味いな。

うむ、>189よ。
やってみるが良い!
我もしかとみとどけよう!

195 :◆SIRO4zbM :01/12/09 03:01
>186
(銃弾の数々に子蜘蛛をぶつけさせ盾代わり)
結界はその場にとどまると思うな・・・・
(銀糸の結界を徐々に広げていく、地面から突き出すように・・・)

196 :エレン ◆ZZj7eLQA :01/12/09 03:01
>178
乱入してきた千夏に向けて、パイソンを二発たたき込む。
これで倒せない事は判っている。しかし、体勢を崩すことはできる。
体勢の崩れた千夏に向けて、全体重を乗せた蹴りをたたき込む。
ウィルスで筋力は強化されていようと、体重はどうしようもない。
部屋の外にたたき出された千夏の脇を走りぬけ、階段へと向かう。

>2.屋上へ!

『熱……』
再び病院の見取り図を思い出す。
屋上には、この病院の燃料庫がある。
「ここなら、彼女を倒せる。でも方法を考えないと。
下手をすれば、私まで一緒に焼け死ぬことになる」
燃料庫の扉の鍵をパイソンで撃ち抜くき中に入りこむ。
燃料庫の一番奥に有る、可燃性の高い燃料タンクの前まで来ると、着ていた制服の上着を脱ぎ、左手に巻きつける。
「あの子は、感染していない人間を正確に見分け、それだけを狙っていた。
理由は解らないけど、見分けていた方法は多分……」
来る途中遭遇した感染者達を思い出す。
「これね」
巻きつけた制服の上から、ナイフを自分の腕に突き刺す。
制服がみるみるうちに血に染まる。
「感染者達の血液は、成分が変化していた。あの子はきっと血の臭いに反応している」
制服が十分に血に染まると、それを燃料タンクの下に隠す。
傷口を応急処置で塞ぎ、物陰に身を潜める。
後は、千夏が制服の血の臭いに気を取られているうちに、入り口まで戻ればいい。
「さあ、おいで千夏。約束通り殺してあげるわ」

197 :紅丸:01/12/09 03:05
>190 「どーせ撃墜されるだろうけどな。
クソ、トラップがあるんじゃ歩き回れねえぜ。もう一匹の野郎の
居場所も掴んどきたい。」

198 :エレン ◆ZZj7eLQA :01/12/09 03:06
>181
ごめんなさい、見落としたわ。
196を少し直す。
千夏、ちょっと待って。

199 :比良坂初音 ◆EA9lggjE :01/12/09 03:09
(ワイヤーが初音の身体に命中する直前、
明らかに慣性を無視した軌道で、初音はワイヤーをかいくぐり
蹴りの乱舞をバイロンへと浴びせる)
さぁ・・・・遊びに来てあげたわよ・・・・うふふっ。

200 :殺人貴 ◆hKILL/T. :01/12/09 03:11
>191
(…迂闊な。
 コイツは俺の『能力』を知っている風だったのに、わざわざ殺されに来たのか?)

瞬間そう考えた遠野志貴だが、手は止まらない。

>193
『志貴!!』

声と共に、遠野志貴の頭を掴んでいた手が、吹き飛ぶ。
多分アルクェイドだろう。

(サンクス、後で礼をするよ)

眼前に立ち塞がった大地を一閃し、目標を見定める。
『不自然な死』が消失し、今視えているのは、目標の『死点』、
そしてそこから動脈のように走っている『死線』のみ。

「…終わりだ…」

呟きつつ、静かに、だが確実に七つ夜を、目標の『死点』のある場所、眉間に突き入れる…。

「…悪いな、俺はまだ死ぬワケには行かないんだ………」

201 :鷹野千夏(マリオネット):01/12/09 03:13
>196
その少女は……いや少女の形をしたモノは屋上への階段を登りつめ、
屋上に出た。
風は強い。もう陽が沈んでいる。
もっとも、千夏には何も感じ取ることは出来ないが……

血の匂いがする、獲物の匂い……
『キャキャキャキャキャ!』
燃料庫に千夏は入り、その匂いの元へ向かった。
そして、燃料タンクの前で立ち止まる。
『キャキャ?』
すでに、エレンはその時入り口へと……




「キャ!?」
千夏が燃料庫の外に駆け出したエレンにきづいたときはすでに遅かった。



爆発!
千夏はいつ自分が死んだか、気づいただろうか?
いや、千夏はとっくに死んでいた。
千夏の形をしたものが死んだだけ……

そして、屋上にのこったものは……

202 :鷹野千夏(マリオネット):01/12/09 03:15
「キャキャキャキャキャ!」
(了解。>201はなかったことに)

203 :エレン ◆ZZj7eLQA :01/12/09 03:19
エレン#phantom1
Phanom:カテゴリーD

http://members.tripod.co.jp/humituki5272/taisen/index.html

village.infoweb.ne.jp/~fwht6343/htm/benimaru.htm

http://www.inside-cap.com/tukihime/index.htm



196の訂正版です。
>181
乱入してきた千夏に向けて、最後の一発をたたき込む。
これで倒せない事は判っている。しかし、体勢を崩すことはできる。
体勢の崩れた千夏に向けて、全体重を乗せた蹴りをたたき込む。
ウィルスで筋力は強化されていようと、体重ばかりはどうしようもない。
部屋の外にたたき出された千夏の脇を走りぬけ、階段へと向かう。

>2.屋上へ!

『熱……』
再び病院の見取り図を思い出す。
屋上には、この病院の燃料庫がある。
「ここなら、彼女を倒せる。でも方法を考えないと。
下手をすれば、私まで一緒に焼け死ぬことになる」
燃料庫の扉の鍵をパイソンのグリップ叩き壊して中へと入り込む。
千夏をおびき寄せる目印とするため、銃のから薬莢を、全て倉庫の前に捨てる。
「後は、これだけか」
ポケットから、部屋の鍵を取り出す。鍵には、銃弾の形をしたキーホルダが付いていた。
もちろん、炸薬を抜いたダミーなどではない、正真正銘の357マグナム弾。
それは、お守りとしてあの人が加工してくれたモノだった。
なんと実用性のあるお守りであろうか。
ホールド用のチェーンを引き千切ると、パイソンに込める。
「これで、きめる」

燃料庫の一番奥に有る、可燃性の高い燃料タンクの前まで来ると、
着ていた制服の上着を脱ぎ、左手に巻きつけた「あの子は、感染していない人間を正確に見分け、それだけを狙っていた。
理由は解らないけど、見分けていた方法は多分……」
来る途中遭遇した感染者達を思い出す。
「これね」
巻きつけた制服の上から、ナイフを自分の腕に突き刺す。
制服がみるみるうちに血に染まる。
「感染者達の血液は、成分が変化していた。あの子はきっと血の臭いに反応している」
制服が十分に血に染まると、それを燃料タンクの下に隠す。
傷口を応急処置で塞ぎ、物陰に身を潜める。
後は、千夏が制服の血の臭いに気を取られているうちに、入り口まで戻ればいい。
「さあ、おいで千夏。約束通り殺してあげるわ」

204 :バイロン(ブルーソルジャー):01/12/09 03:20
>199
ほう。やる。
(壊れた通信機を初音の目の前に投げる)
だが、
(通信機の後からライフルで突き。しかしフェイク)
まだ、
(銃床でこめかみを狙う。これもフェイク)
甘い。
(思い切り身をかがめての足払い)

205 :◆SIRO4zbM :01/12/09 03:24
(結界が紅丸の足下まで広がる)
捕らえたぞ・・・
(その瞬間、子蜘蛛達が群がり喰らい尽くしていく)

206 :鷹野千夏(マリオネット):01/12/09 03:26
>203
その少女は……いや少女の形をしたモノは屋上への階段を登りつめ、
屋上に出た。
風は強い。もう陽が沈んでいる。
もっとも、千夏には何も感じ取ることは出来ないが……

血の匂いがする、獲物の匂い……
『キャキャキャキャキャ!』
燃料庫に千夏は入り、その匂いの元へ向かった。
そして、燃料タンクの前で立ち止まる。
『キャキャ?』
すでに、エレンはその時入り口へと……




「キャ!?」
千夏が燃料庫の外に駆け出したエレンにきづいたときはすでに遅かった。
エレンは千夏の後方のタンクに照準を合わせ、つぶやいた。
「さよなら。今、楽にしてあげる……」


大爆発!
声をあげる暇もなく千夏は吹き飛んだ。
千夏はいつ自分が死んだか、気づいただろうか?
いや、千夏はとっくに死んでいた。
千夏の形をしたものが死んだだけ……

そして、屋上にのこったエレンは……

207 :以上、自作自演でした。:01/12/09 03:28
エレン、トリップ晒してる!! ミス?

208 :降魔局 モニター室:01/12/09 03:28
>200
「あーらら、やっぱり負けたか」
監視モニターを眺めていた男が、隣の男に向って小額紙幣を手渡した。
「いいんでない?どうせ廃棄予定の奴だったんだし。面白いデータも取れた」
「まあねぇ……だが、ちと哀れだね。奴サン、自分はまだ公安に所属してると思ってたんだろ?」
「神に到る為の、必要な犠牲って奴さ」
モニターの中の姫を見て、男はとても楽しそうに笑う。
「真祖の姫……神への半ばに在る存在。実に興味深い」

壊れたブラックロッドを気にする者はいない。
古びた黒杖は、結局塵となる運命だった。
ただ、それだけの話である。

209 :紅丸:01/12/09 03:29
こいつらで腹ごしらえさせてもらうぜ。
「にしてもどこにいやがる?」

210 :比良坂初音 ◆EA9lggjE :01/12/09 03:31
ふっ!
(小さくジャンプし顔面めがけて蹴りを放つも空振り)
ならっ!
(そのまま、かかと落としに移行)

211 :アルクェイド ◆ZspsGRZw :01/12/09 03:32
>200
「志貴! 大丈夫?」
全てが終わった瞬間、すぐさま志貴の方へと駆けていく。
肉体的なダメージはまったくなかったはずだが、それでも心配なモノは仕方ない。

とにかく、戦いは、終わった。

212 :189:01/12/09 03:33
>194 伯爵様
了解しました。ウチで良ければやってみましょう。
多分、明日の夜には出没するかな?
ノーマルレベルなキャラで適度に頑張ります(笑)

213 :バイロン(ブルーソルジャー):01/12/09 03:37
>210
大きく踏み込み、初音の太ももの部分を肩で受ける。)
(それでも肩に、大きな衝撃)
(そのまま倒れるようにして間接を極める。)
体術で勝負する気かね。

214 :バイロン(ブルーソルジャー):01/12/09 03:40
>213(追加)
脚の付け根と膝の関節両方。

215 :エレン ◆ZZj7eLQA :01/12/09 03:41
(この部分は >181 → >203(冒頭部分は転送ミスです無視してください)→
>201(>203と同じです) →コレ の順で呼んでください)

轟々と音を立てて燃え上がる倉庫をただ厳しいまなざしで見つめていた。
幸いといってよいのか、警報装置等は、感染者が破壊していたのか作動する気配はない。
この分ならば、総時間も経たずに、この病院は火に包まれるだろう。
狂気のウィルスとともに。

仕事は終わった。捕縄階段を降りながら、今まで感じたことのない感覚が、
彼女の胸に沸いていた。
ひどく、あの人に逢いたかった。
会って、声が聞きたかった。

炎を挙げる病院を背に、集まってきた野次馬達を器用に避けながら
エレンは家路を急いでいた。

216 :殺人貴 ◆hKILL/T. :01/12/09 03:42
>208
(当然志貴は気付いていない)

「………はぁ…」

完全に『死』んだ目標を確認して、大きく息を吐く遠野志貴。
…そう、いつの間にか呼吸を忘れて目標と闘っていたのだった。
改めて周囲に視線を配る。
…取敢えず新たな敵は居ないようだった。

>211
『志貴! 大丈夫?』

少し離れた所から、声が近づいてくる。
…ああ、終ったんだ…。
その声に安心してか、ガックリと膝が地面に崩れ落ちた。

   …ズキン、ズキン、ズキン…

思い出したかのように頭痛が襲ってきた。
少々無理をしすぎたかもしれない。

「…ああ、取敢えず生きてる。
 心配掛けて済まなかった。
 そして、危うい所をありがとう、助かったよ…」

苦痛を無理矢理押し殺してアルクェイドに笑顔を向ける、
相変らず痩せ我慢の抜けない遠野志貴であった。

217 :◆SIRO4zbM :01/12/09 03:44
このままでは埒があかないな・・・・ならば出向くとするか・・・
(子蜘蛛を喰っている隙に全身に糸を絡める、紅丸の動きを止める)
sらにはおまけだ・・・
(動きを止めた紅丸の全身に無数の子蜘蛛が飛び掛かっていき喰らう)

218 :◆SIRO4zbM :01/12/09 03:45
訂正:さらにおまけだ・・・
の部分

219 :ドラキュラ・ヴラド・ツェペシュ:01/12/09 03:46
ふむ、大体、決着がついたか。
レスは明日、ベルゼブブに追って返させる。

では、諸君、さらばだ。

220 :紅丸:01/12/09 03:53
>217
見っけたぜ・・・。

221 :比良坂初音 ◆EA9lggjE :01/12/09 03:55
ふふっ・・・待っていたわ、貴方自らこの間合いまで来てくれるのを
(脇腹から蜘蛛脚を数本生やし、バイロンの身体を刺し貫く)
あああっ!
(だがその代償に片足関節損傷、通常歩行不能に)

222 :アルクェイド ◆ZspsGRZw :01/12/09 03:59
>216
もう! 相変わらず無茶するんだから!
心配で見ていられないじゃない!

……お疲れさま、無事でよかったわ。

それじゃ失礼するね、おやすみ。

223 :バイロン(ブルーソルジャー):01/12/09 04:00
>221
ぐはっ!!
(内臓が破損。血を吐く)
くっ…これではらちがあかんな。ならば、思う存分らちをあけるか。

(閃光手投弾のピンを初音の目の前にで引き抜く。普通の手投弾とは見分けがつかない)

224 :◆SIRO4zbM :01/12/09 04:05
ふっ・・・甘いな・・・
(みるみる紅丸の周りに銀の虚像が何体も出現)
切り裂いてくれる。
(複数方向から銀糸で作られた刃物の様な者が飛んでくる)

225 :殺人貴 ◆hKILL/T. :01/12/09 04:05
>222
ああ、おやすみ…。

さて、付き合ってくれた『ブラックロッド』、ありがとう。楽しかったよ。
当方、殆ど初戦闘みたいなもので至らなかった点もあったと思うが、
容赦いただければ幸いだ。
また機会があれば、よろしくな。

ところで俺は』『ブラックロッド』の元ネタ知らなかったんだが、
そっちは『月姫』を知ってたのか?

226 :紅丸:01/12/09 04:10
調子に乗るんじゃねぇ!
「外に出てからグレネードで吹き飛ばしてやる!」

227 :エレン ◆ZZj7eLQA :01/12/09 04:10
>219
ふぅ。お疲れさま、伯爵。
色々と迷惑かけてご満なさい。
特にレス返すのが遅くて、本当に申し訳ないと思っているわ。
じゃあ、また明日。

あと、対戦中のヤツにちょっとだけレスしておくわね。

>105 板垣K介
対戦結構長引いたけど、足代丈夫?

>133 比良坂初音
凄い戦場ね。今後も利用する人が居るかもね。

>187
ありがとう。これからも頑張るから、よろしくね。

>207
ええ。それ以外にも、リンク先の指示が抜けていたり、もうミスのオンパレードよ。
以後、こんなことがないように重々気をつけるから、許して。
とりあえず、PLには穴という穴にパイソンを突っ込んで引き金を引いておくから。

あと、トリップ晒してしまった場合、変更しておいたほうがよいのかしら?

それじゃあ、お休みなさい。

228 :以上、自作自演でした。:01/12/09 04:12
>227
まあ、変更した方が無難ではあるかと。
下手したら騙りが現れかねないし。

闘争してる&終わった皆さんお疲れさまー。
でも、長引いてるねぇ。

229 :比良坂初音 ◆EA9lggjE :01/12/09 04:15
!!
(バイロンを解放し、糸を使用して後退)
(ただし、その際爆発の威力を抑えるため手投弾を繭でくるむ)

230 :フローズンハーフ:01/12/09 04:18
(伯爵配下の魔物。外見は美しいが、声が野太い雪おかま)

>206、215
あ〜らら、あのまんまじゃあ、お人形さん燃え尽きちゃわないかしらねえ…?
ワタシも火は苦手だし…。
まーちゃん、早いトコ回収しにいってあげなさいよぉ…。
(サウジーネとコイツはゲーム中、1ケ所だけコンビで出てくる場所あり。その時はかなり厄介)

231 :死体:01/12/09 04:20
>225
こちらも戦闘は初体験だった。付き合ってくれて感謝する。
『月姫』?ゲームそのものは全てコンプリートした。読本は知らん。

精神拘束が死によって解けた今、私は元ブラックロッドだ。
雑談するのは自我のあるこっちの方が楽だが、そろそろどこかへ行かねばならん。
いつまでも地上に留まるわけにはいかないからな。

では、失礼する。良い夜を。

232 :バイロン(ブルーソルジャー):01/12/09 04:21
>229
(その一瞬の隙をつき)
(間合いを詰め、ライフルを使い、棒高跳びの要領で初音の頭上ギリギリを越える。)
(そのまま離脱。)
では、思う存分らちをあけよう。

(紅い蛇の目のごとき月の下)

結界ごと、まっ平らにしてやろう。
(血と硝煙と死の匂いのする闇の中)
(走りながらビルの所々に爆薬を仕掛ける。)

では……殺すか。
(火傷するほどに凍たい風の中)
(兵士は冷たい笑みを浮かべる。)

(そしてスイッチを押した)

233 :◆SIRO4zbM :01/12/09 04:27
(幻術でできた銀がグレネードで消え去った後に何も残ってはいない)
せいぜい幻の私とでも闘っていろ・・・
(銀は初音の元へ向かう)

234 :紅丸:01/12/09 04:30
ったく危ねーな。一手遅れてたら巻き込まれてたぜ。
でもおかげでトラップがなくなった。
あそこだな。

235 :比良坂初音 ◆EA9lggjE :01/12/09 04:37
もう終わりにしましょう、そろそろ人の時間よ
(東の空が白み出す)
ふふっ・・・貴方が余計な時間をかけるから、治ってしまったわ
(破壊された片足、再生)
さぁ、けりをつけようかしら
(右腕の爪を伸ばして、バイロンに突撃し斬撃)

236 :ブラザー・ペテロ:01/12/09 04:41
吸血鬼どもが、こんなに沢山も・・・
一人残らず殲滅してくれるわ!!

自己紹介が遅れたな。
某(それがし)はブラザー・ペテロ。教皇庁の異端審問官である。
もっとも、“壊滅騎士”と呼ばれる事もあるが・・・

出典は、角川スニーカー文庫より刊行されている『トリニティ・ブラッド』だ。
分類は当然Aである。

戦闘スタイルは、超重量の鎚矛、“叫喚者(スクリーマー)”による直接攻撃と、
“叫喚者”より投擲されし、高周波ホイールによる関節攻撃の2つである。

また、防具として装甲戦闘服“聖騎士の法衣(ガーヴ・オヴ・ロード)”を装着している。
この装甲戦闘服の背中に付随している、四本の細い副腕にはそれぞれ盾がついており、
この盾により、ある程度の銃弾なら防ぐ事が可能である。
硬度は、原作では戦車砲で破壊される位ではあるが・・・

ひとつ言い忘れていた。
某はただの人間ではなく、改造を受けた強化歩兵である。
そのため、一時的に“加速(ヘイスト)”状態になる事ができる。
まあ、高速移動ができると思ってもらえればよい。
もっとも、そのためには薬を使用せねばなるまいが・・・
また、筋力や肉体の強度も、ある程度は高められている。
流石に再生能力などはないが・・・

また、策を用いる類の事は好かぬ。

以上だ。

それでは忌まわしき吸血鬼どもよ、潔く、正義の鉄槌を受けよっ!

237 :バイロン(ブルーソルジャー):01/12/09 04:45
>235
受けて立とう。
(ナイフを抜き、間合いを詰める)
(比良坂初音の射干玉の髪がひるがえり、バイロンの赤い血が空にすじを描く。)
(斬撃を自らの体を犠牲に止め、ナイフをくりだす)

238 :◆SIRO4zbM :01/12/09 04:51
(バイロン、初音の間の地面に錫杖が飛んで突き刺さる
銀、初音の近くに到着)
お楽しみの所悪いがこれではいつうまで経っても埒があかん・・・
一気に勝負をつけさせてもらう。
(そのあと、バイロン側にも紅丸が追いつく・・・)

239 :紅丸:01/12/09 04:57
やっとご対面だぜぇ。
ぶった斬ったるぅ。お前の小細工(ワイヤー)は通じねえぞ。
「まだ隠し玉はあるけどな。」

240 :比良坂初音 ◆EA9lggjE :01/12/09 05:01

ふふっ・・・ふふふっ
我・・・ながら柄にも無い事を・・・・・
でも、たまには・・・・こんなのもいいわ・・・まるで侍になったような気分よ
今宵は・・・楽しませてもらったわ。
また・・遊びましょう、お互い生きていられたら、ね
(意識を失う)

241 :バイロン(ブルーソルジャー):01/12/09 05:06
(血を吐きながら)

最後に一つ教えてやろう。
他者に対してどこまでも残酷になれるのが一人前の人間だ。
その点では、おまえら全員、立派な人間だよ。

(最後の力を振り絞り、腰に下げたデザートイーグルを抜くと一射だけ紅丸の援護)
『有象無象の区別無く…』
(気を失い倒れる。)

242 :◆SIRO4zbM :01/12/09 05:14
(糸の束にによって両者の間に壁ができる)
くっ!
(糸の壁を思いっきり発火!)

あの娘を悲しませるわけには行かぬか・・・

(初音を抱きかかえ、消えていく・・・
残るのは糸の壁の燃えかすと錫杖の音・・・
炎が消えた時にはその場には初音と銀の姿は無い)

243 :紅丸:01/12/09 05:20
っの野郎!待ちやがれ!
チッ、あんなしつこいやつら知らねーや。
まあ腹はふくれたしいいって事にして帰っかな。
・・・分かったよついでだ。港まで運んでってやるよバイロン。
朝飯何食う?

244 :吟遊詩人:01/12/09 05:25
エピローグ

闇の刻は終わりを告げ、清浄なる光が大地を照らす。
だがしかし、廃墟の島の瓦礫の山には、誰一人の影も無い。
昨夜のことが夢幻であったかのように、その島には誰も居ない。

ただ、わずかに残る、血と硝煙の匂いだけが、それが現実だと告げていた。


狂った兵士と人喰い蜘蛛と、魂喰いのお話は、これにて一端終幕。


(閉幕)

245 :◆SIRO4zbM :01/12/09 05:25
(終了後)
感想は目が覚めてからにしてくれ・・・
やはり、結局は2対2ではなくなってしまったな・・・
以上だ。

246 :ジル・ド・レエ ◆OgQP7ZhA :01/12/09 06:22
新スレに移行したのであるな。
前スレは4日で1000突破……凄まじい。

>狩人側の蘇生について
確かに我輩より魔界医師による蘇生の方が、適格且つスマートと思われ。
とはいえ、難しい性格の御仁故、中々姿を現わさぬやも知れぬ。
そこで適宜その場にいる“名無しの魔界医師”が蘇生する、と云うのは如何か?

……もしくは、某美貌マン・サーチャーの“せんべい”で引き寄せるとか(笑)。

>伯爵
新スレ並びに連日の戦い、本当にお疲れ様なのである。
無限に近しい魔力をお持ちとはいえ無理は禁物、御自愛下され。

>左手殿
遅まきながら、サイト立ち上げ感謝なのである。
有り難く活用させて頂く所存。
ただ、そのぅ……我輩が申すのも口幅ったいのであるが、
馬呑吐殿のカテゴリーを「C」へ修正しては頂けませぬ……だろうか?
勿論、最初に間違えたカテゴリー整理をした、我輩が諸悪なのであるが。
迷惑かけて申し訳無いが、何卒お頼み申す。

>馬呑吐殿
大変、失礼致し申した。
五体投地して謝意を表すもの也(…………本当に申し訳無い)。

……では鬱故、逝って来るのである。

247 :ブラザー・ペテロ:01/12/09 06:32
前スレにあったテンプレートでも答えることにしよう。

名前 : ブラザー・ペテロ
年齢 : 不明(20代後半?)
性別 : 男
職業 : 教皇庁異端審問官
趣味 : 己が力を高める事
恋人の有無 : 不明
好きな異性のタイプ : 不明
好きな食べ物 : 不明
最近気になること : 本編でいつ再登場するか
一番苦手なもの : 策略や謀略
得意な技 : “加速”状態による、鎚矛による直接打撃
一番の決めゼリフ : 「神罰!」 もしくは「某を踏み台にした!?」(笑)
将来の夢 : まだ分からないとしておこう
ここの住人として一言 : できる限り、魅せる闘争を心掛けよう
ここの仲間たちに一言 : 新参者だがよろしく頼む。
       アンデルセン神父どのとは気が合いそうだ・・・
ここの名無しに一言 :  質問も随時受けつけよう

戦闘の感想
>エレンVS鷹野千夏(マリオネット)
 やはり選択肢式の戦闘方法と、エレンどのとマリオネットの
 駆け引きが某は良かったと思う。

>殺人貴&アルクェイドVSブラックロッド
 このスレッドにおける、2人の初の共闘であるな。
 終始口数の少ないブラックロッドどのが、個人的には良い味を出していたな。

>三蔵一行&日向玄乃丈VSアドラメレク
 三蔵一行のチームプレイや、掛け合いは楽しませてもらった。

>比良坂初音&銀VSバイロン(ブルーソルジャー)&紅丸
 前もって戦闘場所を指定した事が、双方も、傍観している者も、
 イメージしやすくて、良かったと思う。

こんな所か・・・
以前の質問には、おいおい答えていくとしよう。

248 :ブラザー・ペテロ:01/12/09 06:40
236と、247のメール欄の分類がBになっていた・・・すまぬ。
正しくは、Aだ。

某とした事が、こんな初歩的なミスを・・・
以後、気をつけよう・・・

249 :レオニード:01/12/09 09:13
既に1/4だと?好き勝手絶頂とはこの事か。(苦笑)
更に新しき場になってこの進み具合、燃え盛る炎がその勢いを
増し始めたか。何時燃え尽きるのか想像もつかんな・・・。

何か定例だが、皆に尋ねたい。
この場に来る者ならば、『強さ』に対しそれなりの考え方を
持ち合わせていると思う。そこで貴兄らの持つ『強さ』に対する
考え方を聞きたい。何が出来るのが、何を成すのが本当の強さで
あるのか。己自身が持つ強さの形を聞かせて貰いたい。更なる
強さを求める者には、何故求め続けるのかも聞きたいものだな。

ちなみに私の場合は、己の誇りを守るための物としておこうか。
貴族としてでも吸血鬼としてでもなく、己自身という存在の
誇りを守るための物だと。

・・・また会う事もあるだろう。(霧のように消え去る)

250 :屍刑四郎:01/12/09 10:42
時間が時間なだけに、ここの住人は皆寝てるか。それにしてもどえらい連中の溜まり場だな。
残留してるだけでもこれだけの鬼気たあ、『新宿』でもそうはねえ。

おっと、自己紹介が遅れたな。(IDカードを出しつつ)新宿署の屍刑四郎(かばねけいしろう)だ。
悪党どもからは『凍らせ屋』なんて呼ばれてる。
奴らの背筋を凍らせるからだそうだが、ま、ひとつよろしく頼む。
ついでに言っとくが、戸山の若大将――ああ、夜香の事だ――とは懇意にしてるぜ。

出典は菊地秀行の魔界都市シリーズ、「ブルーマスク」「夜凶街」などだな。
一応人間で刑事だからカテゴリAだが、おれの敵は腐れ犯罪者どもだ。
法を犯さなきゃ人間だろうが妖物だろうが敵対するつもりはねえよ。売られた喧嘩は喜んで買わせてもらうが、な。

外見についても言っとこう。左眼は黒い刀の鍔で覆われてる隻眼だ。髪型はドレッドヘア。
毎朝の手入れが大変でな。まあ趣味だからいいんだが。
丈の長いジャケットには色々な花のプリントが貼り付けてある。炸裂弾やら焼夷弾になってるのさ。
何、オカマかだと? 断じて否、だ。二度とぬかすんじゃねえ。

戦闘スタイルだが、銃器と格闘技による物理攻撃だな。作品によって使用出来る技や武器が違ってたりするんだが、大体「ブルーマスク」版に準じてると思ってくれ。
愛銃は60口径はある超大型リボルバー・『ドラム』だ。弾丸はHEAT弾や特殊炸裂弾、対妖物弾といった所か。
そして、古代インドに端を発す神秘武術『ジルガ』も習得してる。
化物用の強烈な技もいくつかあるからな、甘く見てもらっちゃあ困るぜ。

今はこんな時間に顔を出してるが、大抵は午前零時あたりにいる。
その頃ならリアルタイムでお相手出来ると思う。
すまんが、テンプレやら質問への回答やらは次回にな。

251 :以上、自作自演でした。:01/12/09 10:45
つうか、本当に「ものすごい勢いで」消費されてるスレですね。
一日100ペース?

252 :殺人貴 ◆hKILL/T. :01/12/09 11:33
…確かに、トンデモナイ速さだな。
昨夜のように並行して戦闘があると、実際に闘っている身としては
自分を優先せざるを得ず、後から見返すのが大変だ。
…慣れてくれば、他所の闘いも同時に観客として楽しめるかな?(笑)

>249
『強さ』か…。
また、これは難問だな。
…それじゃあ月並みな事を言うが、笑わずに聞いてくれ。
俺としては『強さ』は、『守るべき存在』の有無に左右されると思うな。
そう、対象はモノでも人でも、カタチが無くても構わない。あんたの言う、
『誇り』も有りだろう。何かを守るためには、当然『力』が要る。それは
『知力』『精神力』『体力』『魔力』様々だが、どれも根っこは一緒。
…時には己の力が足りず打ち負かされる事もあるだろう。そうなれば、
更なる力を求め、努力する。その『努力できる』事が『強さ』なんじゃあ
ないか、という結論にたった今辿り着いた。
…ははっ、そうさ、俺自身にも結論が出なかったから考えながら発言
してたんだよ…。

実際の所俺なんてあ、んな事件(『月姫』本編参照)がなければ、多分
ぐうたらして余計な事も考えずに生活していただろうしね(苦笑)

…え? 俺の『守るべき存在』?
聞かなくても判ってるんだろう?
それは野暮ってもんだよ。

253 :ロゼット&クロノ:01/12/09 11:50
こんにちは。マグダラ修道会、修道騎士のロゼット=クリストファよ。
昨夜は時間切れで早々と退場してしまって、残念だったわ。特に美夕、あなたには悪いことしたな。
しかし、凄い早さで回転してるわね。これからも皆で楽しんでいきましょう。

>マリオネットVSエレン
 クロックタワー方式戦闘の第二弾ね。あたらしい闘争の形式の出だしは順調といったとこかな。戦闘技術は一級とはいえ、普通の人間であるエレン。彼女が機知をきかせて戦う姿はよかったわ。マリオネットの怖さもいい感じ。

>月姫コンビVSブラックロッド
 こちらもいい勝負だったと思うわ。ブラックロッドの無機質な不気味さと、志貴やアルクェイドの内面表現がおもしろかったな。うん、いい感じで「魅せる」戦いだったと思う。

>比良坂初音&銀VSバイロン&紅丸
 前もって戦闘する場所を決めておくことがイメージのしやすさを促してたわね。事前の準備が大事って言うのが、よくわかったわ。闘争の内容とは別に、意義のある闘争だったと思う。

>三蔵一行&日向玄乃丈VSアドラメレク
 私もクロノとアズ、三人で行動するチームプレイのタイプだから、色々と参考になる闘争だったわ。
 

254 :ロゼット&クロノ:01/12/09 11:53
 今夜は出張れるかどうかわからないけど、できれば夜10:00〜11:00過ぎくらいに登場したいと思ってる。
 相手をしてくれる人、いたらよろしくね。

255 :「姫」:01/12/09 12:48
>7-9-11-18
 ブラクラとは無粋じゃのう。なんとかしてやりたいが、口惜しや、わたしの力
の及ばぬもののようじゃ。皆、気をつけるがよい。

>孫くん
 原作では「悟空さん」であったかの。なお、わたしに関しては、そちらの「卑
猥と淫猥の象徴」を数万倍凶悪にし、数万倍淫蕩にしたと思ってくれればよい。
 ・・・意地の悪さは「どっこい」かもしれぬ。

>エレンVS鷹野千夏
 さすがエレンは血と硝煙の暴風をくぐりぬけただけあって、判断が的確、しか
もそれを行動に移す実力があるようじゃ。見事。盲腸に関しては、早く魔界医師
の治療を受けるがよい。あの医者ならば10秒で治す。
 鷹野千夏ことマリオネット、おまえも毎回見事であるな。スレの趣旨「魅せる
闘争」を見事体現しておる。新スレのこけら落としに相応しい激闘であった。

>バイロンvs初音vs紅丸vs銀
 まずは、バイロンと聞いて「目からビームの宇宙人」、紅丸と聞いて「電気び
りびりナルシスト」と反射的に思ってしまったことを侘びておこう。
 四つ巴というような戦いになったか。レスのペースを上手く配分すれば、乱戦
も可能と言うことじゃな。この戦いを礎に、次の戦いがさらなる展開を見せるこ
とを期待しておる。

>伯爵
 治療から食事の準備まで大変じゃの。しかも部下を召喚し、闘争に投入し・・
・・無理のない程度にするがよいぞ。楽しみが苦しみにすりかわらぬ程度にな。

256 :「姫」:01/12/09 12:48
>ブラックロッド
 これはまた・・・新手じゃの。しかし、我らを憎む割には、我らに近いものと
なっているようじゃ。そうだな、アーカードの言葉を借りるなら、「狗に化物は
倒せぬ」ということじゃ。
 ・・・おまえ、われらの犠牲者と同じ眼をしておる。

>アルクウェイド・志貴VSブラックロッド
 やはり「狗に化物は倒せなかった」か・・・相手が悪すぎた、ともいうの。し
かし、一度は志貴を戸惑わせたのは見事。死線を消すほどどならば、次は期待で
きるかの。

>アドラメレクvs三蔵一行・日向玄乃丈
 ふむ、1人1人の戦闘能力は差ほど高くはないが、4人でうまく、お互いの弱点を
カバーしているのか。上手いな。日向玄乃丈が入ったことで、さらに遠距離の攻
撃も可能になったか。
 それではアドラメレクには荷が勝ちすぎる。次は、三蔵一行を分断する方法を
考えねばならぬな。

>Klaha
 良いが、人の身では瞬時に生をもぎ取られる冥府魔道ぞ、気を付けるが良い。

>板垣K介
 ほほう、それがスクワットか。はじめて見る・・・面白いのう。それにどう
いった意味があるのじゃ? え?足に効く? それでどうなるのじゃ?(観察+質問
責め)

>ダイ・アモン
 お前の顔を見るとほっとするぞ。また色々と楽しませてくれ。

>170-172-188-189-192
 シド云々よりも、召喚した悪魔の知名度が問題ではないか? それをきちんと説
明できるなら問題ないと思うが。

>フローズンハーフ
 ・・・何かとてつもない寒気が・・・

>ブラザー・ペテロ
 ふむ、アンデルセンの親類と考えれば良いか?

>ジルドレエ公
 魔界医師の呼び寄せ方か? わたしが新宿傍まで言って、「秋せつらは預かった
ぞ!!」とでも叫べば一発で現れそうじゃ。
 ・・・が、あの医師は粘着気質と思われるゆえ、あまりやりとうないな。

>屍刑四郎
 ほほ、夜光の友人じゃな。夜光の微妙な冗談に、いつも面食らっているよう
じゃな・・・同情するぞ。
 また新宿にも向かいたいが、魔界医師が煙たくてならぬ。しかし、魔界医師が
あの街を去るのを待っておったら、せんべい屋の寿命が尽きてしまうわ。せんべ
い屋に、「一度区外に出て来い」と言付けてはくれぬか?
 ああ、おまえが「友人の敵討ちを手伝う」と言うのなら、いつでも受けて立つ
ぞ。遠慮なく申し出よ。

257 :「姫」:01/12/09 12:51
 ふう、レスを付けるだけで精一杯になりそうじゃ。
 わたしを宿敵と付狙ってもおかしくはない者どもが集まっておるからの、
そろそろ動かねば・・・と思うができるかどうか。らしくはないが、不安
じゃな。

258 :ベルゼブブ:01/12/09 13:42
あ〜、例にとって、伯爵は熟睡中である。
従って、俺が代理してレスを返す。

>エレン
毎度、人の身でよくそこませ戦えるものよとの伯爵様のお言葉だ。
……伯爵はファントムを売り飛ばしたのを後悔しているようだ、

>アルクェイド&志貴VSブラックロッド
流石に1人では厳しかったか。
が、その迷いのない動きは賞賛に値する。
……ん、確かお前等何人もいるんだよな。
次は、団体で来るのか?
あと、姫コンビ、伯爵様はお前等の熱愛ぶりに目を回したようだ。

>バイロンVS初音VS紅丸VS銀
地形設定でイメージも湧きやすく、初の4つ巴で上手くいった好例であるな。
伯爵も参考になるとのことだ。

>ダイ・アモン
伯爵はかなりの策士である。
分からなくて、当然であるな。

>屍刑四郎
来たな、『凍らせ屋』。
どう見ても、お前の外見はヤクザにしか見えないから、困る。

>レオニード
ああ、伯爵曰く、
『何かのために強さを求める』だそうだ。
野望のため、愛のため、色々あろう。
伯爵は『復讐』のためだがな。

>ブラザー・ペテロ
ようやく、正統派のハンターが充実してきたな。
伯爵曰く、
『我等を狩れるものなら、狩って見よ』とのことだ。

>フローズンハーフ
あ〜、もう灰になってるな。
(蝿どもに灰を回収させる。)
あの新入りのじいさんがすぐに再生させるそうだ。
ああ、そのオカマ言葉はやめろ!!

>212
うむ、期待する。
ああ、戦闘は本編の能力から逸脱したものでなければ、
ある程度、捏造してよい。
盛り上げることが肝心であるからな。

さて、今夜、伯爵は傍観に徹するとことだ。
諸君もせいぜい伯爵を楽しませろよ。
じゃあな。
(蝿になって、飛び去る。)

259 :バイロン(ブルーソルジャー):01/12/09 14:00
反省点を記しておこう。

四人での戦闘の場合は、三つの勢力に分かれてやるのがいいかもしれん。
今回の様に、二対二では実質上、1対1になってしまう。

それにやはり時間がかかるようだ。腰をすえてできる者でないとまずい。

まあ、やり方を改良すれば、多人数戦もなんとかなりそうだ。
他の者も、意見をだしてくれるとあり難い。

質問には夜答えよう。

260 :サンタナ(柱の男):01/12/09 14:04
伯爵、スレ立てに感謝する・・・・・ただ無理はし過ぎないようにしてほしい。

>ブラックロッド対アルクェイド&殺人貴
戦闘描写もお互いわかりやすくよかったが、内面描写もいいものだった。
また魅せてほしいものだ・・ブラックロッドも、良い表現だったな。

>エレン対千夏
人間とはこうも力と知己に満ちた生き物だったのか。俺は、人を侮って
いたようだな。俺もこのままで満足してはいけない。新たな力を得、
恐怖を「克服」せねばな。

>紅丸&パイロン対銀&初音
・・・俺の初めて見る道具を使っているな。なるほど強力なものだな。
・・・・4人という大人数にして高度な駆け引き、見事なものだ。
この戦いは非常に参考になった。

>アドラメレク対三蔵一行&日向玄乃丈
いいコンビネーションだった。少し、「アドラメレクが」気の毒だったがな。
それにしても悟空か・・・・一緒に戦うことを想像したくない・・ものだな。

>板垣K介
俺はまだ・・・あの鬼が人間だとは信じられんのだ。「究極生物」が
どんなものになるのか、その答えがやつであるような気がしてならん。

>デビルサマナー
俺は問題ないだろうと思う、が、俺が戦える相手ではなさそうだな・・・・
 
>236
人間か・・・いいだろう・・興味がある。その力を今度見てみようではないか。

261 :以上、自作自演でした。:01/12/09 14:09
>二対二
タッグマッチのようにして、まず一人ずつがメインで戦い、
残った二人は要所要所で援護を入れる
とゆーのもいいかも。

262 :サンタナ(柱の男):01/12/09 14:21
>屍刑四郎
冷たいプレッシャーを感じる・・・ただの者でないことは、ここに
いることで明らかだがな・・・

>ダイ・アモン
卿は・・すでに神に近いもののようだと感じるのだが・・・・
俺にすら見えてしまうようだな・・・その・・魔力は。

>249
「強さ」とは、完全に「恐怖」「弱点」を克服し、他を「支配」しえる力
だと思っている。そのために俺は、何万年と生きながら、
方法を探している・・・・・俺は、神になりたいのだ。

体も、回復している。夜が来るのが楽しみだ・・・・・

263 :以上、自作自演でした。:01/12/09 14:36
>タイトル
正直、硝煙の比率は低い。
まぁ(・∀・)カコイイ!!からいいんだけどね。

264 :◆SIRO4zbM :01/12/09 15:40
眠りより目が覚めた、多少の傷なら人間など喰わなくともこれで十分だろう・・・
昨日の戦闘の感想及び反省

やはり・・・ただの2対2では実質1対1と変わらぬな・・・
最後は何とか乱戦に持ち込もうと思うたが・・・・
書き手の限界があったようだ・・・
>261の意見のように一人メイン、一人がサポートの方が
良かったかもしれんな・・・・これを踏まえてやるのが良いかもしれぬ。
私たちの闘いを礎に多人数戦闘を試みてはいかがかな?

265 :殺人貴 ◆hKILL/T. :01/12/09 15:44
さて、返せる時にレスしておこうかな。

>253
お褒めいただき感謝する。
内面表現か…。一応《戦闘モード》時は、『月姫』本編での戦闘シーンをイメージしている。
まだまだ至らないとは思うが、あの、一種深海に潜るような閉塞感、息苦しさが表現出来
れば、と思っているんだが…。要研鑚、だな。
アルクェイドを見るに、同じイメージを目指していると思えるな。

>256
『アレ』は正直やられたよ(苦笑)
唯一にして絶対の武器『直死の魔眼』が使えないんじゃ、俺は只の案山子になってしまう
からな。人よりちょっと良い位の身体能力では、ここに集っている『魔』共には敵わないよ。

>258
『熱愛ぶり』って…っ…!
そんなに露骨な表現は無かった筈だぞ(照;;;
…只、お互いを信頼しあっているだけさ…。

>260
ありがとう、そう言って貰えると嬉しいよ。
内面描写その他は、上で言った通りだ。
戦闘描写は、なるべく『誰が』『何を』『どうした』かを的確に表現できればいいな、
とは思っている。つまり読者が実際にその場面を想像し易いように、って事かな。

概ね好評だったようで何よりだ。
あと、気になるような点なんかもあれば教えてもらえると有り難いかな。
並行していた戦闘の感想は、ちょっと待っててくれ。

266 :ロングファング:01/12/09 16:11
昨夜はとにかく見ごたえがありすぎて読みつかれたよ…
夜は闘争、昼は感想とレス返しというスタイルが定着しそうだな。

>三蔵一行&日向玄乃丈VSアドラメレク
正直元ネタが全くわからず、相手するのしり込みした。スマン…

>ブラックロッドVSアルク・志貴コンビ
全員いい感じというか、緊迫感があって雰囲気でまくり。
ブラックロッドの無機質さ、意外と志貴に精神的に依存してるアルクェイド等々、
描写の感覚がうまいこと噛み合っていて、見所が盛りだくさんだった。
俺ももうちょっと描写量増やすかね、次があれば。
(…BRの元ネタを知ってる俺からすると、降魔局の一幕は蛇足つーか、雰囲気壊したかも。
 まあ個人的感想っつーことで)

>エレンVS鷹野千夏
夜の建物の中で得体の知れないシロモノに追い回されるのは、
やっぱり女の子の方が絵的に映えるな。
冷静に状況を判断してきりぬけるエレンは実にかっこよかったよ。
もちろん、状況を整えて見事な演出をする"マリオネット"の手腕は相変わらずうまかった。

>バイロン・紅丸VS初音・銀
ちょっと状況がつかみにくかったかな。
あと、さすがに4人で索敵前の探り合いからはじめるのは時間がかかり過ぎるかな?
>紅丸
メール欄は基本的に観客に見せたくない打ち合わせをするためで、
行動の描写は本文に入れてくれ…見る方は基本的にはメール欄を見ないので。

闘争に参加してくれた一同は、お疲れ様。
結構時間かかると思うが、またうまく都合を合わせて参加して欲しいところだな。

267 :バイロン(ブルーソルジャー):01/12/09 16:53
日が落ちていく。今夜もまた吸血鬼の刻か。

>261
>264(銀)
一人メイン、一人がサポート。
この形式ならば、援護が必要な時はメインがメール欄で頼むのはどうだ。
無線などの通信機器を使用しているなら、本文中の呼びかけでもいいが。


>266(ロングファング)
>ちょっと状況がつかみにくかったかな。
その点はおれも反省している。
ビルを瓦礫にする描写なども入れたかったのだが、尋常ならざるモノとの
多人数戦闘には慣れていなかったので上手く『間』が取れなかった。

それに、せっかく四人中、三人が搦め手/策士型だったのだから、
もう少し工夫すれば、上手い騙し合いもできたのだが。
その上、膠着した状況の打開にはトリックスター的な紅丸もいた。
不慣れなのが災いしたな。

268 :降魔局 広報部員:01/12/09 17:25
ブラックロッドの戦闘、概ね好評なようで。セッティングした者としては大変に嬉しいですね。
彼等に雑談させるのは無理ですから、雑談に関しては私が引き受けます。

>253
お褒めの言葉どうも。悪魔を支配下に置いている貴方の立場は、我々と非常に近い所にあります。
仲良くやっていきましょう。

>256
そうですね。彼等は貴方達と似た存在ではあります。なにせ擬似的な『死者』ですから。
ただ、狗という表現はあまり合ってないような気がします。彼等はそんな上等な代物ではありません。
……まあ、我々の立場で彼等の事を良く言うのは難しいんですよ。

>258
今回は我々が主導しましたから。
公安指揮下にある本来のブラックロッドなら、ワラワラと湧いて出て数で押し潰したでしょうね。
姫君をやれたかどうかまではわかりませんが。

>266
は、そう言う感想が出るとは思いました。
ただ、(メール欄)という矛盾点があったので。
まあ、辻褄合わせとお考え下さい。蛇足であった事は自覚しております。

今回の戦闘の感想ですか?
ヘキサでは見られない存在である姫君の能力を確認できましたし、耐用期限切れのゴミにしては上出来でしょう。
データ収集の役目はきっちりと果たしてくれました。

他の戦闘、質問に関しては次に答えます。

269 :フローズンハーフ:01/12/09 17:27
(伯爵配下の魔物。見た目は美しいんだけど、雪オカマ)

>258 ベルゼブブ様
…新入りのじいさん…?ああ、ジル・ド・レエ候の事ね。
さすがに灰からの復活は、結構厳しいものねぇ…。
えぇ〜?この喋り方やめろって…それじゃどうしろって言うのよぉ〜。
ワタシにかっこいい男のひとっぽく喋れってゆうのぉ〜?

あ、ワタシの仕事は、生身の方の蘇生が上手くいくように冷凍保存することぐらいね。
ちょっとは負担を軽減できるでしょうから。
…もっとも、その必要も無いくらい腕の立つお方が居れば、ワタシが居る意味かなり薄れちゃうわねぇ…。

270 :以上、自作自演でした。:01/12/09 17:45
新規参戦はまだ受け付け中ですか?

271 :以上、自作自演でした。:01/12/09 17:49
>270
いくらでも受け付けますよー。
しかし、凄い数になってきたなー。

272 :サンタナ(柱の男):01/12/09 17:52
>270
『魔法』を使う相手が多くてな・・・・・・
肉弾戦のみに徹するような相手がいればな・・・
無理にとは・・・言わないがな・・・

273 :サウジーネ:01/12/09 18:04
(伯爵配下の魔法使いの女の子。あだ名は「まーちゃん」)
こんばんわ。
少し、顔、出してみました、てへ。

>269
仕方ないですよ。
私たちはあくまで後始末役ですから。
敗れた方の遺体を回収するだけでのOKですよ。

274 :ドラキュラ・ヴラド・ツェペシュ:01/12/09 18:11
今宵も良い夜だ。
闘争にはもってこいのな。

>270
もちろん、いくらでも受け付けておる。
ルールを理解してくれるなら、いくらでも来るがよい。

ああ、後、我はしばらく傍観させてもらう。
観客として、諸君等の戦いを見せてもらおう。

一応、次はトリップを使った戦闘をしたいと考えておるが、
まだ、具体的なアイデアがまとまらぬ。

275 :降魔局 広報部員:01/12/09 18:16
>エレン
いや、大した人ですね。即座に呪装戦術隊に入れそうだ。
対吸血鬼用にエンチャントマグナムでも支給しましょうか?

選択肢、というのは面白いやりかただと思います。
2択というのは選択肢が少なすぎるような気もしますが。

>ブラザー・ペテロ 屍刑四郎
ブラックロッドの同類ですか。陰謀大好き降魔局にとっては鬱陶しい人達ですね。
まあ、こういう人達を利用して目的を達成するのが陰謀の醍醐味なんですが(笑

>紅丸&パイロン対銀&初音
いいですねぇ。私、兵士や重火器大好きなんですよ。
ウチの軍隊には萌えようがないから、その反動なんですが(苦笑

状況がブツ切れで把握しにくいのは問題点ですね。
一人当りの文量がもう少し多い方が、個人的には好みです。

>三蔵一行&日向玄乃丈VSアドラメレク
アドラメレク消失ですか。勿体無い……資源は有効に使わないと。

三蔵一行の元ネタは読んだ事がないので、言及は避けます。

>249
強さ、ですか。
ブラックロッドにはそもそも自我がありませんから、それについて考えた事は無いでしょうね。
私にとっては……耐える力ですかね。日常に、理不尽に、退屈に。
もっとも降魔局に入ってから、退屈とだけは縁が遠くなりましたが(笑

あ、そうそう。ここの存在を公安局も確認したとの情報が入りました。
ブラックロッドに襲われる覚えのある方は、気をつけて下さい。

276 :フローズンハーフ:01/12/09 18:30
(伯爵配下の雪オカマ)

>273
そうよねぇ〜。
シザーマンの時のお人形さんみたいに魔術で修復できるくらいのケガ・破損ならともかく、燃え尽きちゃったりしたら、回収しかなくなるものねぇ…。
まあ、その時のために、いつでも動けるように待機してた方がいいんだけどねぇ…(苦笑

277 :以上、自作自演でした。:01/12/09 18:33
>274
>トリップを使った戦闘
前スレで誰かも言ってましたが、終始トリップで進めるんじゃなくて、
特殊な局面や決着部分のみトリップ判定、というのもありではないでしょうか?
…ただ、この方式だと勝敗にランダム要素が強くなるので、ヤラレ役的キャラが
勝ってしまう可能性もありますが(w
トリップ判定で負けて追い詰められても逆転可能な切り札を持ってるキャラなら、
キャラハンの腕次第ではどうにかできそうですけどね。
でも、リベンジの機会さえあればたまにはヤラレ役が勝ってもいいかな、とも思います。

278 :「姫」:01/12/09 18:44
 おお、これを答え忘れておったの。

>249 『強さ』に対しての考え方
 何を為す、か。わたしはわたしの思うが侭に全てを行い、わたしの思うが侭に
全てが行われるのを望む。その為の力じゃ。そのための強さじゃ。

279 :比良坂初音 ◆EA9lggjE :01/12/09 18:48

昨夜の反省
状況が把握しにくいとのご意見が多いですわね
後で読み返して見ると確かに・・・・・

私個人の反省点といたしましては
相手の様子をうかがうあまり、淡白な行動に終始してしまったことですわね
自分の能力の特性も出した上で、なおかつ相手の能力も考えた上で
魅せる戦いを行なわなければならないのは、やはり大変だということを思い知りましたわ

とりあえず今宵は、出来る限り飛ばして戦ってみたいと思っておりますので
皆様、よろしくお願いいたしますわ。

280 :以上、自作自演でした。:01/12/09 18:56
>279
昨日みたいな舞台で闘争すると、各キャラの動きを把握するだけでも大変だからな。
観客か、傍観してるキャラハンが適宜キャラの現在地とかを実況した方が良かったかも。
あと、あの島、うまくやればバトルロワイアルが出来そう(w
参加者はせいぜい4,5人に限定しないと滅茶苦茶になりそうだけど。

281 :紅丸:01/12/09 18:57
状況説明を入れるの嫌いなんだよねー
どうもテンポ悪くなるからよ。
俺アプトムとかとやるのは嫌だぞ。相性最悪なんで。
まあ又食事したいんでそん時よろしく。今日はもう来ねーよ。

282 :レイオット・スタインバーグ:01/12/09 19:16
とりあえず、きちんと自己紹介しとくか。少しばかり長くなるが、勘弁してくれ。
俺はレイオット。レイオット・スタインバーグ。
ストレイト・ジャケットって小説の主人公なんかをやってる。
トリスタンって街の東の外れに住んでる、モグリの戦術魔法士(タクティカル・ソーサリスト)だ。
俺の仕事は、魔法の使い過ぎた、ヒトの形を失った人間のなれの果て―――
「魔族」を狩ることだ。
魔法士ってのは有資格制度なんだが、さっきも言ったとおり俺は無資格だ。
腕は、うぬぼれるようだが超一流。おかげで、正しき魔法の行使を監督する
「魔法管理局」からもお目こぼしを受けているほどだ。
……もっとも、最近知り合った魔法管理局の監督官が、資格を取れってやたら
とうるさい―――ああ、こんな事はどうでもいいな。
カテゴリはAの(狩人・人間)。こちらから闘争に赴くことは多分ないとは思うが、
やるからには全力だ。
なにも考えずに思いっきりやろう。俺としては、まだ死ぬわけにはいかないがね。

戦闘方法
戦術魔法、および銃器による近距離〜遠距離戦闘。
注:魔法使用の際は、必ずモールドを着用しなければならない。
注2:モールド、もしくはスタッフの呪素回路、魔力誘導回路が破損した場合、魔法は使用不能。

装備
モールド:
魔法士が使う特殊な「鎧」。魔法士の魔族化を防ぐための拘束具。物理的な
拘束により肉体の変形を押さえ、同時に魔法の反動として生じる呪素汚染が
肉体に影響を及ぼさないように封呪素筒に封じ込めるための装置。
故に、モールドの損壊が呪素回路にまで及んだ場合、自身の魔族化を引き
起こすため魔法の行使は不可能になる。
モールドに刻印された拘束度数によって魔法の使用回数は決定される。
(レイオットのモールド<スフォルテンド>の拘束度数は13)

スタッフ:
いわゆる魔法使いの杖(杖の形はしていない)。魔法の増幅を行う補助器具。
魔法の手順のいくつかを代用することもできる。これにより、基礎魔法であれば
口頭での詠唱なしに発動させることが可能。
あらかじめ、複数の呪文書式板を組み込んで使用する。

銃器:
サーカムT12<ハードフレア>カスタム(リボルバー拳銃:45マグナム弾)
ウェルザーMkWカスタム(ボルトアクション式大口径ライフル:マグナム・ライフル弾)
その他多数

戦術魔法:
基礎魔法(拘束度消費数:1)
基本的に呪文詠唱の必要なし。撃発音声のみで発動可能。

上位魔法(拘束度消費数:2〜3)
一部の魔法に補助呪文の必要あり。

最上位魔法(拘束度使用数:4以上)
補助呪文の必要あり。
(魔法はスタッフに組み込む呪文書式板の種類によって変動するため、魔法名の記述は行わない)

283 :レイオット・スタインバーグ:01/12/09 19:17
こっちはテンプレだ。

名前 :レイオット・スタインバーグ
年齢 :二十代半ば
性別 :男
職業 :一般市民(無資格戦術魔法士)
趣味 :ない。かろうじて料理か?
恋人の有無 :いない
好きな異性のタイプ :いない
好きな食べ物 :特になし。何でも食える。
最近気になること :資格取得を強要する魔法管理局の監督官。
一番苦手なもの :昔の思い出
得意な技 :戦術魔法
一番の決めゼリフ :ない。すまんね。
将来の夢 :ない。考えたこともなかった、な。
ここの住人として一言 :さて。うまくやっていけるかね?
ここの仲間たちに一言 :人生を楽しむ秘訣は諦めと慣れ。
ここの名無しに一言 :なるべく大目に見てもらえると助かるね(苦笑

284 :左手:01/12/09 19:30
最近寒くなってきたのう。
冬は嫌いじゃ。手袋も着けられんし。

>ブラックロッド対志貴・アルクェイド組
ブラックロッドは健闘したのう。
文章も精神制御された無機質な感じがして良く合っていたぞ。
志貴・アルクェイド組の方は本編を意識した文章に見えたの。
特に死の呪文の辺りはなかなかの物じゃった。

>アドラメレク対三蔵一行・日向玄乃丈組
共に初めての戦い、見事じゃったな。
息のあったコンビネーションには感心したぞ。
……よく考えれば実質5対1なんじゃな……アドラメレクはちと哀れじゃな(w

>エレン対鷹野千夏
ここのエレン嬢ちゃんはハマリ役じゃったな。
殺人鬼対女子高生の元暗殺者。
アメリカのB級ホラーの雰囲気があったな(誉め言葉じゃぞ)

>銀・初音組対バイロン・紅丸組
事前に場所を指定して詳細を公開したのは良い感じじゃな。
イメージしやすかったからの。
ただ戦闘が1対1×2という感じになったのはちと残念じゃな。
この組み合わせならもう少し駆け引きもできると思うのじゃが……

>236
おお、これはまた血の気の多そうなヤツが来たな。
教会関係は直情径行の者が多いのかのう?
ま、思う存分やるが良かろう。
死んでも生き返らせてもらえるしの。

>246
修正した。

ちなみにメフィストなら呼べば往診に来ると思うぞ。
基本的に病人や怪我人にはやさしいからのう。

>249
迷う事なき強き意志とその意志を具現化させるに足る優れた能力。
それらを総合したものが『強さ』。
ワシはそう思うぞ。

>250
来おったな「凍らせ屋」。
新宿署の仕事はどうした?(w

夜香と凍らせ屋が来たんじゃから
ついでに鬼顔刑事も来ないかのう……個人的に気に入ってるキャラなんじゃよ(w

長くなったので一旦切る。

285 :ジャスティス:01/12/09 19:33
昨夜の闘争は私も感嘆した。
まずは、感想を述べさせてもらおう。

>三蔵一行&日向玄乃丈VSアドラメレク
東方の漫才師一行と退魔師のコンビと悪魔の対決だな。
一行のメンバーがもっとコンビネーションで動くといいと思う。

>ブラックロッドVSアルク・志貴コンビ
心情描写が素晴らしかった。
このせいで、ブラックロッドの無機質さが際立ったな。
真祖の姫とは一度、戦ってみたい。
良いサンプルになりそうだ。

>エレンVS鷹野千夏
人間でも知恵でここまで上手く戦えるとはな。
両者の状況設定は観戦者にその雰囲気がよく伝わってくる。

>バイロン・紅丸VS初音・銀
過去最大の乱戦か。
色々、問題提起がなされ、意義のある闘争であった。

>249
私はギアとして、改造された結果、こうなったからな。
私にとって、強さとは目の前の敵を屠るものでしかないな。
ギアは生体兵器だからな。

286 :左手:01/12/09 19:36
続きじゃ

>251
戦闘が多いからのう。
仕方ないのじゃ。

>270
大丈夫じゃ。いくらでも来るが良い。
50人目の登録者になったら特別に色を変えて登録してやるぞ。
……要はさらし者にするだけという説もある(w

>277
ランダム性のある戦いもスリリングで良いのう。
やられ役が勝てるというのも魅力的じゃな。
ベックも一度くらいは勝たせてやりたいからのう……

>282
良く来たのう。
確か富士見系の小説のキャラじゃったな。
監督官のお姉ちゃんは来んのか?

あと、どういう魔法が使えるのかはある程度記しておいた方が良いと思うぞ。

287 :ジャスティス:01/12/09 20:06
サンプルとしての対戦相手を募集する。

時間は、9時30分以降ならいつでもいい。
私を指名してくれれば相手する。

288 :以上、自作自演でした。:01/12/09 20:13
>レイオット
おおっ!?あんたが来るとは思って無かった。
あの感じや特徴的な呪文詠唱をどれだけロールしてくれるか期待するぞ。

289 :以上、自作自演でした。:01/12/09 20:13
アーカードVS不死のゾッドをキボンヌ。

290 :以上、自作自演でした。:01/12/09 20:16
左手殿におねだり。
HPの各自の紹介の所に、テンプレによる自己紹介を入れられないかな?
かなり人物像が想像しやすくなると思うんだけど。

291 :以上、自作自演でした。:01/12/09 20:18
リヒター&アルカード対伯爵とかも見てみたいな。

292 :以上、自作自演でした。:01/12/09 20:19
リヒターがいないって(藁

293 :以上、自作自演でした。:01/12/09 20:21
正式にマッチメイクを行うマネージャーになる気のある奴はいるか?

294 :レイオット・スタインバーグ:01/12/09 20:29
>286
この場合、初めまして……といった方がいいのか?
しかし独立して単体で動く左手に人面瘡とは……
初見だと、いろいろと精神に来るものがあるな(苦笑

>監督官のお姉ちゃん
……流石にこんなところまでは来ないだろう。最近、いろいろと忙しいらしいしな。
家に来るたびにぶつぶつと愚痴って来るのはどうにかならんものか。

>どういう魔法が使えるのか
そうだな。確かにその通りだ。
てことで、簡単に書かせてもらうか。

戦術魔法:
基礎魔法(拘束度消費数:1)
ブラスト:火系基礎魔法。爆炎を目標に叩きつける。命中すれば小型爆弾ていどの破壊力。
ジャミング:敵の魔法効果を無効化する。
デフィレイド:防御魔法。空間を歪ませて防御障壁を形成。
フラッシュ:強烈な光と音を撒き散らし、相手の視覚、聴覚を攪乱。

上位魔法(拘束度消費数:2〜3)
マグナ・ブラスト:ブラストの上位魔法。ブラストの数倍の威力の爆炎を発生させる。
ディスポーズ:網目状の不可視の刃が、目標を切り刻む。
アクセラレータ:肉体強化魔法。通常時の数倍の身体能力を発揮できる。
持続時間は肉体が「騙された」事に気付くまで。レイオットの場合はおよそ3分。
強化率を調整すれば、最長で10分程度。

最上位魔法(拘束度使用数:4以上)
マキシ・ブラスト:マグナ・ブラストの上位魔法。マグナ・ブラストの数倍の威力を持つ。
効果範囲を任意に設定可能。


だいたい、こんなもんか? なにかアドバイスとかがあったら、是非聞かせてもらいたい。

295 :以上、自作自演でした。:01/12/09 20:35
>294
原作で他の魔法士が使ってた魔法はどうする?
詠唱解らない上位魔法とかはともかくとして。

296 :左手:01/12/09 20:38
>290
入れる予定はある。
マターリ気味になるかもしれんがの。

297 :ドラキュラ・ヴラド・ツェペシュ:01/12/09 20:41
うーむ、トリップはランダム要素が確かに強いからな……。
難しいところではある。

我の案では、マリオネットに刻命館の館主(EDによって血を吸う魔に化ける。)に化けさせ、
侵入者への罠の成否に使おうと思っているのだが……
侵入者にHPを設定し、館主の部屋にたどり着くまでにHPが0にならなければ、
侵入者の勝ち。
そうでなければ……

……というようにな。
今宵はやらぬがな。

>レイオット
よく、来たな。
歓迎する。
……ふむ、拘束度か。
闘争の目安に非常に重宝するかもしれぬな。

298 :以上、自作自演でした。:01/12/09 20:42
バオー対ヴェドゴニアをきぼんぬ、だ。

299 :降魔局 広報部員:01/12/09 20:45
>294
魔術の紹介ですか。
ブラックロッドのデータも便乗して公表します。

攻撃系
呪弾    もっともオーソドックスな攻撃。あらゆる相手に一定の効果あり。
死の呪文  相手の魂の名を把握してなければ使えない。対人用。直撃すれば即死
拘束    呪弾よりも攻撃範囲が狭い。相手の動きを魔力により拘束する。
悪魔罠   霊体に対する拘束呪文。使い方によっては魔術を捕らえることも可能。
切断    鎌鼬攻撃。隙が少ない。

補助系
肉体制御  字の通り。反射速度、筋力を魔力によって強化する。類似呪文に痛覚制御あり。
光明    主に照明用。
停滞    対象の固有時間を停滞させる。主に応急処置用。
呪声    催眠暗示効果のある発声。

防御系
呪盾    魔力による直接防御。対魔術・物理双方に一定の効果あり。
幸運    魔力により自己パラメータの幸運度を増加(笑 危難を避ける。 
呪詛返し  相手の魔術による攻撃を、そのまま相手に返す。
衝壁    攻撃に使う場合は衝撃。範囲は広いが、防御対象は物理系に限定される。

悪魔罠と防御系の術は左手の自在護符で、他は右手に仕込まれた杖によって発動します。
また、全ての呪文は多少のアレンジを可能としています。

戦闘に使う魔術はこんなところですね。
獲物を探しているようですから、返り討ちにする自信のある方は遠慮無くどうぞ。

マッチメイクもしてみたいですね。元ネタに詳しくない存在もいるので、立候補はしませんが。

300 :以上、自作自演でした。:01/12/09 20:46
>298
『橋沢育朗』は荒木スレに居たな…。
バオー化も割と上手く表現していた。
読んでくるか?(笑)

301 :青紫:01/12/09 20:55
うむ、パワーアップした私に依頼があったので来てみたが…
実にいい設定だ!
よし、これも私のシナリオに追加しておこう!
ふははははは!!

302 :左手:01/12/09 20:58
>301
超先生は葉鍵板に帰るが良い。

303 :ドラキュラ・ヴラド・ツェペシュ:01/12/09 21:01
続きである。

>マッチメーク
そうだな。
やりたい者はやるが良い。
試験的にやってみるのは悪くない。

>300
バルバルバルバルか?
どう、立ち回るか、見ものではある。

>301
すまぬ、元ネタが分からぬ。
本気で皆目見当がつかぬ。

304 :紅丸 :01/12/09 21:04
>303 エロゲーのライター。別に知らなくていいって。

305 :以上、自作自演でした。:01/12/09 21:06
誰か吸血大殲の格ゲー作ってくれないかなぁ。
登場時に手首を切って変身するヴェドゴニアや
超必殺技でクロムウェル解除するアーカードが目に浮かんでくる……

306 :以上、自作自演でした。:01/12/09 21:09
>305
著作権がな・・・・・・

307 :日向玄乃丈:01/12/09 21:10
 復帰だ。
 ……ふむ。今考えてみると、小説形式にしては描写が足りなかったかも知れんな。もっと内面とか心情描写ができればよかったのだが。
 まあ、初戦闘ってこともあったかもしれんがね。
 後、今後からは戦闘は一日に数レスを返す形式にさせてもらう。
 テレホ入ってない身としては、常駐するのはきついんでね(苦笑)
 それでもいいなら闘争は受け付ける。
 メイルゲームのように、ソースをもとに複数キャラの行動を決定してくれるマスターでもいればいいのだが。

>236・>282
 ブラザー・ペテロにレイオット・スタインバーグか。
 PLがあんたらのファンでね、かなり喜んでたよ。頑張ってくれ。

308 :以上、自作自演でした。:01/12/09 21:14
原作に忠実にするとしたら

アーカード    アンデルセン
アルクェイド   シエル
ヴェドゴニア   リァノーン
吾妻玲二     クロウディア
フリッツ      モーラ
ブレイド      ギーラッハ
ウピエル     ネロ・カオス

の14人が適当かな。
月姫格ゲーを作ろうとしていたところに渡辺製作所が出張って
諦めたサークルとか、作ってくんないものかね(w

309 :青紫:01/12/09 21:16
           ∧_∧
         < `ш´> うむ、この私が有効活用してあげよう!
       _φ___⊂)_
      /旦/三/ /|
    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |
    | 誰彼百円 |/

310 :◆SIRO4zbM :01/12/09 21:21
>305
2D格闘ツクール2ndがあるではないか・・・
あのソフトならKOF2001並のゲームは作れると思うがな・・・

311 :ドラキュラ・ヴラド・ツェペシュ:01/12/09 21:26
格闘ゲームか。
ふむ、実は我も少々嗜んでおってな、少々うるさいぞ。

>308
待て、何故、我がおらぬ!?
……冗談だ、我を入れると、アポカリプスやアピスになってしまうからな。
(特に第2形態以降)

>309
ここは闘争の場である。
お前は必要ない。
死ぬが良い。
(36分割)

312 :紅丸:01/12/09 21:30
>308 ヴェドゴニアとブレイドはキャラ被ってんじゃん。
>311 一応殺人を見過ごすわけにもいけねーな。止めとけ伯爵。
いいじゃんそれでゲームが面白くなるなら。無理だろうけど。

313 :HMX-13 serio  ◆CEriOo46 :01/12/09 21:34
皆さんこんばんは......対戦相手の募集に来ました。
時間は今から何時でもです。
.....カテゴリーは一切問いません..私の力、試させてください。

314 :板垣K介 ◆KsukeDOE :01/12/09 21:35
>307
>それでもいいなら闘争は受け付ける。

だったら、我輩、最近エネルギー有り余っておるで戦闘特訓に付き合うYO!
要らぬお世話の可能性が大だYO!
それでもいいのYO!

315 :紅丸:01/12/09 21:40
そういや俺来ないとか言っといてしっかり着ちゃってるよ。
まあいいか今なら時間もあるし。
>313 俺と試合やるか? あくまで肩鳴らしって事でさ。

316 :レイオット・スタインバーグ:01/12/09 21:40
>295
そうだな……
状況にもよるだろうが、基本的には使わないつもりでいる。
呪文の詠唱もそうだが、スタッフ――ヘキサ・タグ・ローダに装填できる
魔法の数も限られているからな。
だが、確かに<ドライ・キル>などはここにいる吸血鬼達にも有効そうだな。


>297
あんたが――あのドラキュラ伯爵か。
とりあえず、初めまして、と言っておく。
歓迎、感謝するよ。

>拘束度
だしかにな(苦笑
俺たち魔法士は、拘束度が尽きたら普通の人間とかわらんからな。
13の拘束度の中で、いかに相手と戦うか――ここが見せ所だろうな。

>307
喜んでくれるのはうれしいが、期待に添えるかどうかは正直わからんな。
ま、努力はするさ。

317 :ジャスティス:01/12/09 21:41
>313
私が相手しようか?
アンドロイドよ。
どれほどの戦闘能力があるか、興味がある。

318 :以上、自作自演でした。:01/12/09 21:42
>格ゲー
ヴェドゴニア
236+攻撃 レイジングブル(飛び道具)
214+攻撃 SPAS12改「挽肉屋」(飛び道具)
623+攻撃 旋風の暴帝(対空)
46+攻撃  聖者の絶叫(突き)
超必殺技 デスモドゥスで轢殺し
こんな感じかな。
……少し悪乗りしすぎか。

319 :HMX-13 serio  ◆CEriOo46 :01/12/09 21:43
>315
>317
ええと....お二人同時に申し込まれてしまったのですが...どうしましょうか?

320 :以上、自作自演でした。:01/12/09 21:43
>刻命館でトリップ戦闘
見事な案だと思う。
スリリングな展開が期待できそう。
で、館主が誰か、ちょっと気になったり(w

321 :紅丸:01/12/09 21:44
>315 >319 あーいいいい。俺はただじゃれ合おうとでも思ったからだ。
やりたきゃやりなよ。

322 :以上、自作自演でした。:01/12/09 21:46
>318
そーいうのはランク話の二の舞になるからヤメレ

323 :美夕 ◆MIYU.g96 :01/12/09 21:47
・・・もう300なのね。早いなぁ・・・。
でも、読んでるみんなが楽しんでくれれば幸いだと思うな。

みんな色々と表現に気を配ってて、見てて面白いよ。うん・・・。
「これは」って思ったところもちゃんと反省して改善しようとしてるね。
わたしも見劣りしないようにしないとね・・・。

>249
わたしにとっての「強さ」か・・・。獲物に負けない程度のものがあれば、
それでいいよ。返り討ちにあう狩人はかっこわるいもんね。
ラヴァは神魔の貴族のプライドがあるのか、強い相手だとわたしをさし
おいて血気にはやることがごくたまにあるけどね・・・・。
男の人のそういうところ、ちょっとわからないけどかわいいと思うな。

324 :左手:01/12/09 21:54
キャラクターのテンプレを追加したぞ。
それに伴い何人かキャラが追加された。
(自己紹介が無くテンプレだけがあった者たちじゃ)

325 :ジャスティス:01/12/09 21:55
>321
そうか、すまないな。
ならば、遠慮なくやらせてもらおうか。
何秒で殲滅できるか、測定する。

アンドロイド、ひとつ、言っておく。
私は魔ではなく生体兵器だ。
故に、退魔装備はさして効果をなさない。
フル装備で来ることをすすめる。
こちらもそうでないとサンプルデータが取れぬのでな。

(対戦ステージ;グランドキャニオン。広大な地形を生かして縦横無尽に駆け回れ!)

では、いくぞ。
(肩のブースター始動して、空中から接近。)

326 :紅丸:01/12/09 21:59
>323 アンタとは初めてか。よろしく。
>325 あんまり地形は変えんなよな〜。

327 :ロゼット&クロノ:01/12/09 21:59
マグダラ修道会、1stエクソシスト修道騎士のロゼット=クリストファ。今夜も参戦させていただくわ。

>323
 この間はごめんね、美夕。先に勝手に帰っちゃって・・・。

328 :HMX-13 serio  ◆CEriOo46 :01/12/09 22:01
>325
.......了解しました。
それではこちらも最初から全開で行きます。
(オールリミッター解除、バックパック装着済み)
.....はい...行きます。(ピンポイントバリアを展開しつつ熱核ジェット全開で突撃)

329 :アプトム:01/12/09 22:01
今夜は観戦だけのアプトムだ。
新スレに移ってからも捕食し甲斐のある獲物が続々と集まっているようだな。
貴様らを捕食するのが今から楽しみだ・・・・・・・。

そういや別スレでゼクトールが俺の事を探したらしいな。(超獣化兵はみんな美味かったぞ)

330 :ジャスティス:01/12/09 22:05
>328
バックパックを追加することにより、よりオールラウンドに戦うことが出来るか。
面白いサンプルだ。
(両腕の内蔵ブレードを取り出し、そのまま突進)

331 :HMX-13 serio  ◆CEriOo46 :01/12/09 22:08
>330
........ブレードですか...ならば。(ビームサーベルを抜刀)
......破っ!(間合いにはいると同時にサーベルで斬りかかる)

332 :ロゼット&クロノ:01/12/09 22:09
 今夜も例のごとく、聖火弾と福音弾、結界装置の三点セットが主装備よ。火器は十二連装のオーソドックスな拳銃が二丁。それぞれに聖火弾と福音弾が入ってるわ。
 さて、今夜の相手は誰?
 

333 :ジャスティス:01/12/09 22:12
>331
その身体でそのパワー、よほど特殊な動力炉を使っていると見える。
(ジャスティスのブレードとセリオのサーベルが交差!)
……しかし、やはりパワーでは私が上のようだ!
(少しずつセリオが押されていく!しかし……)

334 :ロゼット&クロノ:01/12/09 22:12
 できれば、退魔兵装が効く、正統派の吸血鬼か魔物を相手にしたいよね。
 こっちはエクソシストだし、人間社会に害を成す存在以外とは戦う理由も無いもの。
 あ、お喋りの相手でもいいよ。

335 :HMX-13 serio  ◆CEriOo46 :01/12/09 22:14
>333
.....くっ....この力常人では有りませんね......なら!
(切り結んでいる最中にいきなりレーザー砲を掃射)

336 :ハインケル・ウーフー ◆AMENiFwA :01/12/09 22:16
>332>334
こっちだ、クソプロテスタントの異端共……。
悪魔などを従えるとは、主の御心の一片も理解していないな?

(二挺拳銃を顔の前で十字型に組んで)
我らは神の代理人、神罰の地上代行者。
我らが使命は我が神に逆らう愚者を、その肉の最後の一片までも絶滅すること……。


――Amen!

337 :◆SIRO4zbM :01/12/09 22:19
いつか妖魔夜行の連中も来そうで怖いな・・・・

338 :ロゼット&クロノ:01/12/09 22:19
>336
 あははははは(乾いた笑い)。
 ざっけんなっての、現れるなりその言い草っ!!
 カトリック? プロテスタント? そーゆー頭悪いこと言ってるから、どんどんどんどん、世の中がおかしくなっていくのよ!
 正直、人間相手にどうこうはしたくないけど・・・クロノに手を出すって言うなら、容赦はしないわよ!?
(こちらも二丁拳銃で臨戦体勢)

339 :ジャスティス:01/12/09 22:20
>335
むっ……!?
(右肩に直撃、体勢を崩す)
20世紀後半にそのような小型高出力のレーザーが開発されていたとは……
データを書き換える必要があるな。
(体勢を立て直し、爪を伸ばして、攻撃。しかし、セリオは回避し、
ジャスティスに急接近!)

340 :美夕 ◆MIYU.g96 :01/12/09 22:22
>327 ロゼット
ううん・・・気にしてないよ。

・・・ってバチカンの石頭が仕掛けてきちゃったね。
まあ、手助けは無用とは思うし・・・とりあえずここは消えるかな。

341 :HMX-13 serio  ◆CEriOo46 :01/12/09 22:24
>339
来栖川のEOT技術の集大成のこの私を甘く見ない方がよろしいですよ?(微笑)
.........殺しはしません、噴射拳!
(両手にピンポイントバリアをまとい両腕で腹に一撃)

342 :ハインケル・ウーフー ◆AMENiFwA :01/12/09 22:25
>338
それは違うぞ、異端共。
世界が間違っているのは唯一つ……。
それはてめぇらが法皇猊下に従わないことだよっ!!
他はともかく、プロテスタントが同じ源を持っているなんて考えたくもないね!
(二挺拳銃を横向きに構えながら前進)

343 :バイロン(ブルーソルジャー):01/12/09 22:26
硝煙の匂いに誘われて、今夜も戦場へとやってきた。

ふむ、今日はある意味ふさわしい者同士で戦っているな。

>337
おれはむしろ、ラグナロク の連中が来そうな気がする。

344 :ロゼット&クロノ:01/12/09 22:29
>342
 異端? 異端って何よ! 世の中にはね、色んな考え方してる人がたくさんいるのよ!
 あんた達みたく、自分の考えが一番正しいって必要以上に考えてる輩・・・私は大嫌いよ!
 いい人はいい人! それじゃいけない!?
(二丁拳銃を縦向きに構えながら前進!)

(互いの距離が、接近する)
(お互いの正面に、互いの銃口・・・!)

345 :ジャスティス:01/12/09 22:31
>341
……!?
(流石に効いたらしい)
EOT?
異星の技術かっ!?
……ふん!
(尻尾を盾にし、次の一撃をいなし、そのままセリオの顔を掴んで、
グランドキャニオンの壁面へと激突させる。セリオはそのまま、
崖の下へと落下していく。)
さて、解体して、解析を行う必要があるな。

346 :左手:01/12/09 22:31
>337 >343
どっちもその内来てもおかしくはないのう。
個人的にはスレイヤーズが来るに一票。

347 :ラグナロク ◆0109yQVs :01/12/09 22:32
>343
………呼んだか?

348 :以上、自作自演でした。:01/12/09 22:34
>347
 ラグナロクは・・・どうかなあ、ちょっと違うんじゃない?

349 :ハインケル・ウーフー ◆AMENiFwA :01/12/09 22:35
>344
(ロゼットの眉間に銃口を、別の銃をクロノに向けながら)
あぁ、我らが主に逆らわないんならどんな考え方でも許容してやるさ。
でもな、あんたが連れてるソレのことだけは見逃せないね。
悪魔? ハッ! てめぇらは一体どういう神経してるんだい!?
主の寵愛を失った化物(フリークス)だろう、そいつは!?

350 :以上、自作自演でした。:01/12/09 22:35
>337 >343 >346
だったら、ミュートスノート戦記とゆうのは。

351 :HMX-13 serio  ◆CEriOo46 :01/12/09 22:36
>345
.....くっ!.....(とっさにブースターで体勢を立て直す)
....近距離戦は不利のようですね....ならば!..
(70%のレーザー砲を発射、ジャスティスは辛うじてよけるものの熱でダメージを追う)
(そして真後ろの崖の突端の先10mがまるでチーズでも切るかのように切断され、谷底に落ちていく)

352 :以上、自作自演でした。:01/12/09 22:37
>347
剣だけ来てもしょーがないような・・・(w
いや、そうでもないか。

353 :ハインケル・ウーフー ◆AMENiFwA :01/12/09 22:37
闘争(論争)中だけど……。

>ライトノベルネタ
矢神遼に来てほしい……ってさすがにスレ違いだろうけどね。
妖魔夜行はギリギリ許容範囲かな?
ZAMZAも悪くはないかもね。

354 :ラグナロク ◆0109yQVs :01/12/09 22:38
>348
ふむ……そうか?
此処は人に仇なす<闇の種族>が多く集う場所のようだが……
…いや、所詮私単体では此処に集う眷属共には敵うまい。
リロイがいれば話は別だろうがな。

……邪魔をしたようだ。

355 :左手:01/12/09 22:39
>347
本当に来るとは思わなかったぞ……

>348
何を今更……という説もある(w

>350
それならザンヤルマの方が……
……この話題はお開きにした方が良さそうじゃな。
言い始めたらキリがない(w

356 :ロゼット&クロノ:01/12/09 22:39
>349
(ハインケルの眉間と、クロノへの銃を持つ腕に、銃口をポイント)
神の寵愛? 誰がそれを証明するの!?
クロノは・・・クロノは確かに悪魔よ! でも、彼は人のために笑ってくれる、泣いてくれる。自分が傷ついても戦ってくれる!
それができる子よ!
そういうこと以上に大切な神の寵愛って何よ!?
おかしいじゃない。絶対におかしいわ!

357 :以上、自作自演でした。:01/12/09 22:41
>346
スレイヤーズの短編に出てきた吸血鬼を思い出した。
お笑い要員にはなるかもしれないが、戦闘は無理(笑

>350
血と硝煙は関係あるかもしれんが、吸血鬼に全く関係ないだろ。
本家に出てきたファントムは例外中の例外と考えた方が良くないか?

358 :◆SIRO4zbM :01/12/09 22:41
>ライトノベルネタ
すまぬ、私が発端だ・・・止めにしよう・・・・長くなりそうなのでな。

359 :以上、自作自演でした。:01/12/09 22:42
>355
その作品を好きな人が来てくれるのを待つくらいっつーことだね。

360 :ジャスティス:01/12/09 22:44
>351
むう……!
(外装甲に焼かれる。現在再生中)
まだ、データが不完全だ。
引き続き、データを取る。
(両者、グランドキャニオンの渓谷を高速飛行しつつ、射撃戦。
ジャスティスは火球を連発、セリオは機関銃で応戦)

361 :ハインケル・ウーフー ◆AMENiFwA :01/12/09 22:46
>356
聖書が証明してくれているだろう?
そいつらは神に逆らい、堕天していった、そう記されているさ!
事実は、そこの悪魔の方がよく知ってるんじゃないかい?

そこの悪魔! おまえは過去に罪を犯さなかったのか?
その罪は償われていると思うのか?
おまえは、主の先兵として戦う資格があるのか?
言ってみろ、化物(フリークス)!

362 :HMX-13 serio  ◆CEriOo46 :01/12/09 22:47
>360
.......当たりません..微調整が必要のようですね..
(機関銃を乱射しているがいっこうに当たる気配はない..するとジャスティスに異変が..)

363 :天堂天山 ◆TEND/qYo :01/12/09 22:50
ほう・・・血の気の多そうな奴等ばかりじゃねぇか。
・・・こりゃ暫く退屈せんで済みそうじゃ。

おれの名は天堂天山じゃ。『天道組』の組長をしとる。
元はれっきとした人間だったんじゃが・・・・・・自分が老いて行くのに恐怖してな。
おれが関わってた『組織』の一員、シドって野郎に吸血鬼にして貰ったんじゃ。
血が無きゃ生きていけんのでな。ウチの若いモンに血を集めさして過ごしとる。

・・・そう言う訳で最近血に飢えとってな。
もはや仁義も何もあったもんじゃねえが、参加する事にした。
おれの主な攻撃方法は以下の通りじゃ。

【デ・カジャ:魔法等で強化された能力を失わせる魔法。複数に有効】
【外道の法:黒く光り輝く光熱球を撃つ。防御や相性を無視し、100%威力を発揮する。威力大】
【毒の光:毒気を帯びた光を放つ。対象に毒を与える事も。複数に有効。100%威力を発揮。威力中】
【ヴァンパイアキス:呪いによって対象を蝙蝠にする。治癒が困難。複数に有効。確実性は無い】

おれ自身についてだが、魔法はあんまり効かん。シドが言うには、
身体能力は一般的な吸血鬼とほぼ変わらんらしい。苦手なのは剣とか銃での物理攻撃じゃ。
それともう一つ、攻撃手段だが、ウチの若いモンも場合によっては使わせてもらう。

【タトゥーマン:刺青背負っとる。長ドス振り回して特攻仕掛ける血の気の多いヤツじゃ】
【キラーチョッパー:シシリア系マフィアのような格好で、トミーガンを乱射しおる】
【フーリガン;ゴロツキ供じゃ。安物の拳銃とナイフ持って暴れ回りおる】

数は結構おる。悪魔化してるせいで頭イカれとるのも多いがな。
あと、おれの容姿は↓こんな感じじゃ。ちと写真が小さいが。
ttp://www.fujita-hu.ac.jp/~urushi/DDS/DEVISUMM_HTM/PNG/43/DEV120.PNG
まぁ、説明は大体こんなところじゃ。
カタギのモンはせいぜい血ィ吸われん様にしとけ!

(出展:真・女神転生デビルサマナー ボス悪魔)

364 :ジャスティス:01/12/09 22:52
>362
なるほど、もういい。
データはとれた。
アンドロイド、もうお前は用済みだ。
(ジャスティスの胸のコアが開く。インペリアル・レイ発動。
赤いレーザーが回りの渓谷を大きくえぐりつつ、セリオを飲み込もうとする。)

365 :ロゼット&クロノ:01/12/09 22:53
>361
 ・・・!?
(目だけで、クロノを見るロゼット)
(クロノ、ハインケルが向ける銃口を正面から見据え、どこか哀愁を感じさせる視線を放っている)

クロノ
「・・・僕は、罪人かも知れない。確かに、そうかもしれない。・・・百人、同族を殺したよ。もっと以前には、人だって・・・。
それは、覆し様がない事実だ。僕は、罪を背負っている。
だけど。
だからこそ、僕は、生きている。罪を犯してまで、他者の命を踏み台にしてまで生き抜いてきたんだ。
死ねない。罪は、償えるものじゃないけど、死ねない。
かつてマグダレーナが、今はロゼットが、大切な人が僕に生きて欲しいと望んでいる限り、僕は死ねない。
神の兵になるつもりもない。
僕は、僕の大切な人のために戦い、生きる。それだけだ」

366 :HMX-13 serio  ◆CEriOo46 :01/12/09 22:57
>364
........!?(何というエネルギー量..耐えきれるでしょうか?)
......マスター...私に力をください..
(ピンポイントバリアを展開..しかしセリオの体は光球に飲み込まれる)

367 :ジャスティス:01/12/09 23:00
>366
塵と化したか。
来栖川研究所とかいったな。
いまから、襲撃して、EOTの技術を頂くとしよう。
(背中を向けて飛び去ろうとした瞬間に……)

368 :ハインケル・ウーフー ◆AMENiFwA :01/12/09 23:02
>365
(銃を降ろす)
……フン、化物(フリークス)風情が囀るね。

まあ、いい。

ここにはマクスウェル局長の命令で偵察に来ただけだ。
吸血鬼(ノスフェラトゥ)や異端共とは事を構えるなと言われている。
こちらとしても、戦争狂(ウォーモンガー)相手を前にプロテスタントと
事を構えたとあっては、HELLSING機関との軋轢が生まれかねない。

せいぜい仲良くやってくれ、あ〜あ〜、お熱いねぇ。
(きびすを返し、去っていく)

……あ! そう言えばアンデルセン神父は!?

369 :ロゼット&クロノ:01/12/09 23:06
>368
(去っていくハインケルの後姿を見ながら、へなへなと腰砕けに座りこむロゼット)
・・・つ・か・れ・たああああ・・・。もう、あんな緊張感、ごめんだわ。

(ロゼットの横に立ち、やわらかな微笑を浮かべるクロノ)
クロノ「・・・ありがとう、ロゼット。君と会えて、こうしていられることに、感謝するよ」

(二人、見つめ合った後、お互い照れくさそうに笑う)

370 :HMX-13 serio@反転  ◆CEriOo46 :01/12/09 23:14
>367
...あんた今...研究所に...何をするって言った?
(瓦礫からレーザーが飛び出す、そして瓦礫が吹き飛びジャスティスにもダメージを与える)
(瓦礫が吹き飛んだ後に四枚の輝く羽を開いたセリオがたたずむ...)
......あんた....ジャスティスとか言ったわね...主任達に手を出すって言うなら...ここで消えて貰うわ。
(キッとジャスティスをにらみつけるセリオ)
........マイクロウェーブ衛星、作動........マイクロウェーブ到達まで後15.2秒。
.........マイクロウェーブ来る!!(そして空から一陣の光がセリオに舞い降りる)
コレが最後通牒よ、引きなさい。(セリオは再びハッキリとした声でそう言った)

371 :以上、自作自演でした。:01/12/09 23:15
ライトノベルはよく知らないから何とも言えないが
出すとしたら出来るだけ雰囲気に合ったキャラを出して欲しいな。
正直、スレイヤーズとかはちょっと勘弁して欲しい……

372 :ロゼット&クロノ:01/12/09 23:15
 うう・・・今夜は異様に疲れたわ。何か、感情のままに怒鳴ったって感じ。

クロノ「論争じみてたもんね。知恵熱も出たかな?」
(ゴスッ!)
クロノ「・・・痛った〜!」

 余計なこと言うからよ!
 それじゃ、そろそろ時間切れだし、退散しましょうか。
 いくわよ、クロノ!
(*お付き合いいただいた皆さん、ありがとうございました)
(*また、会いましょう)

373 :ジャスティス:01/12/09 23:20
>370
……!?
(吹き飛ばされる。)
なるほど、別人格によるリミッターカットか……。
面白い。
だが、いかにEOTの技術といえど、我を倒すことは叶わぬ。
(両肩のレーザー部位を展開。エネルギー収束。)
引導を渡してやろう。
(そして……)

374 :ハインケル・ウーフー ◆AMENiFwA :01/12/09 23:24
……と、言うわけで戦闘能力なんてほとんどないキャラだけど、どう?
まぁ、エレンみたいなキャラだって立派に参加してるんだし、何とかなるかね。

私はハインケル・ウーフー。
HELLSINGの単行本1〜3巻の巻末に収録されてる漫画、CROSS FIREの
二人組の主人公の片割れだ。
基本的には反(アンチ)キリストのテロリストに神罰を下すのが仕事だが、
本家吸血大殲では、私も埋葬機関の吸血鬼対策課に配属されてることになってる。

テンプレは自スレのを持ってきておく。

名前 : ハインケル・ウーフー
年齢 : 女に年齢を聞くな
性別 : 女
職業 : ヴァチカン第13課、イスカリオテ機関火消し役
趣味 : 写真
恋人の有無 : 五月蠅い
好きな異性のタイプ : 信仰心厚く、温和な人
好きな食べ物 : 好き嫌いはあまりない
最近気になること : 本編の私は男になってないか?
一番苦手なもの : ……局長
得意な技 : 二挺拳銃乱射
一番の決めゼリフ : AMEN!
将来の夢 : 信仰に生き続ける
ここの住人として一言 : まぁ、あんまり出番はなさそうだけど
ここの仲間たちに一言 : 我らヴァチカンは! イスカリオテの第13課は!
決しておまえ達相手に退きはしない!
ここの名無しに一言 : あんたの行く手に、茜と山査子の棘がありますように、ネタだから
目くじら立てないでくれ

375 :ドラキュラ・ヴラド・ツェペシュ:01/12/09 23:27
>天堂天山
確か、極東のジャパニーズマフィアの吸血鬼か。
よかろう、ここは組織力も力のひとつ。
存分に戦え。
個人的のお前の屋敷はデビルサマナーで一番雰囲気があると思っておる。

>ライトノベル
まあ、線引きが難しいな。
あまりに度を越したのは遠慮願いたいが……

>ロゼットペアVSハインケル
どうも、ハインケルは女性ということを忘れてしまうな。
あと、昨日の真祖の姫ペア同様、我にあてつけている気がするぞ、
ロゼット&クロノよ。(苦笑

376 :HMX-13 serio@反転  ◆CEriOo46 :01/12/09 23:27
>373
(ジャスティスはガンマレイをセリオに向かって放った...)
......ふぅ..聞いて貰えなかったようね...残念だわ..それじゃ..さよなら。
(...体からあちこちから放熱が始まる)
........サテライトキャノン発射!!!!!
(セリオが引き金を引くと膨大な量のエネルギーが砲身から放たれた。)
(もはやビームとも、レーザーとも区別できない巨大なエネルギー体がガンマレイもろともジャスティスを包み込む)

377 :ジャスティス:01/12/09 23:34
>376
な、これは衛星兵器かっ!?
(光に飲み込まれる。)



(あたりは荒野から焦土と化した。
外部装甲が焼失し、戦闘能力を失ったジャステイスがなおたっていた)
これほどとは……
これ以上の戦闘は無理か。
アンドロイドよ、私の認識が間違っていたようだな。
ここは退かせてもらう。
データがとれただけ良しとする。
(セリオを振り切って、高速で離脱。なお、ジャスティスのブレードが地面に落ちていた……)

378 :HMX-13 serio@反転  ◆CEriOo46 :01/12/09 23:38
>377
.....はぁ.....はぁ.....勝てたの?
........よ...かった.....(ブシュゥゥゥゥゥ!)(ドサッ...バタン)
(ジェネレーターのオーバーヒートにより倒れる)
(....容量に問題ありか.....外れたら次弾の発射は無理って事か...)

(と言うわけでお疲れさまでした..また深夜に来るかもしれません..)

379 :◆SIRO4zbM :01/12/09 23:43
>セリオvsジャスティス
なかなか面白かった。化学兵器での闘い実に楽しめたな。
しかし、ジャスティスはまだ力を出し切ってはいないようだったな・・・
まぁさすがに一撃必殺技を出されては面白く無かったが・・・

380 :ドラキュラ・ヴラド・ツェペシュ:01/12/09 23:48
決着か。
なるほど、ガンマ・レイやらサテライトキャノンをつかうことを想定して、
グランドキャニオンか。
納得したぞ。
>まぁさすがに一撃必殺技を出されては面白く無かったが…
言うな。昔、あれでどれほど泣かされた事やらわからぬ。
初代の一撃必殺技はかなり理不尽だからな。

381 :ラグナロク ◆0109yQVs :01/12/09 23:55
……やはり此処の<闇の種族>共を見逃す訳には行かない。
私も、敢えて死地に飛び込ませて頂こう。
フッ…旧時代を思い出すな。

自己紹介をして置こう。私の名はラグナロク。元S級傭兵リロイ・シュヴァル
ツァーの剣にして相棒、それが私だ。
私は本来、旧時代に人類を絶滅の危機へと追いやろうとしていた種族
<闇の種族>(ダーク・ワン)に対抗するため、当時のテクノロジーの
粋を集めて作り出された剣だ。
剣と言っても、今は剣の柄に収められた「本体」より発信される高密度の
「質量のある立体映像」を造り出し、此処に姿を見せている。君たちの目には、
幾重にも白いローブを纏った、銀髪の美青年の姿が移っている事だろう。

私の能力だが、プログラムされた戦闘術により、ある程度の格闘戦ならば
こなせる。銃器の扱いも一通り、といった所か。
それよりも我々「ラグナロク・シリーズ」を象徴する能力がある。それが
<存在意思>(ノルン)だ。これは全ての物質の根源的要素である
素粒子の中に存在する「意思」をエネルギーとして利用するものだ。
その「意思」が生み出すエネルギーは絶大で、その力が暴走すれば
街一つを消滅させる破壊力となる。私はそのエネルギーを主に
攻撃を遮断する為のシールド(熱・冷気・光問わずほぼ完璧に遮断する)
と、剣(不可視の刃とする。かなりの破壊的エネルギーを秘める)
として使用する。またこれを応用して、時間の促進により傷の
新陳代謝を早め、治療に当てる事も出来るが、自分自身に対しては
効果が無い(生身ではないからな)ので、此処では無視しよう。

382 :レイオット・スタインバーグ:01/12/09 23:59
……始まっているみたいだな。
まあ、とりあえずは静観と行くか。

>ハインケル VS ロゼット&クロノ
終了か。お疲れさん。
他の闘争とは違い、お互いの思想の闘争。
こういうのも、まあ悪くはない、か。
俺にしてみれば、カトリックもプロテスタントも大して変わらん。
神様なんぞいてもいなくても同じ事だ。

>ジャスティス VS HMX-13 serio
ははっ、これは――何ともまあ、激しい戦闘だ。地形が変わっちまってる。
超兵器同士の応酬は流石に凄まじい。俺なら……さて、どう戦うか?

>天堂天山
魔法が通じない?
それはまた厄介な体質だ。魔法士の俺としてはあまり戦り合いたくない相手ではあるが――
まあ、魔法だけが戦いの術じゃぁないしな。
組み立て次第では戦りようはあるか?

>ライトノベル
俺もまあ、そこの出身なんだがな。
板の雰囲気を崩さないよう、気を付けるしかないな。

383 :ラグナロク ◆0109yQVs :01/12/10 00:01
カテゴリーについてだが、勿論私は<闇の種族>を駆逐する
立場にある為、A…と言いたい所なのだが、
何せ人間ではないからな。中立的立場ともとれるかもしれん。
尚、今は私が単独でこの場に来ているが、後に
我が相棒リロイ・シュヴァルツァーにも応援を頼むかもしれん。
彼の能力ならば、この場の<闇の種族>と比べても全く遜色は
無いだろうからな。
プロフィールは後で私のスレッドから持って来よう。

……この場で何処まで私が闘えるのか、試してみたい。
我ながら酔狂な事を言っているが。

384 :ドラキュラ・ヴラド・ツェペシュ:01/12/10 00:05
>ラグナロク
参加表明か。
確かにお前一人では限界があるからな。
リロイを呼んできてもよかろう。
エレンあたりに持たせてみたら、面白いかもしれぬがな。

……狩人の勢力が増大しているな。
闇の眷属を圧倒し始めている気がするぞ。

385 :ラグナロク ◆0109yQVs :01/12/10 00:09
>384
成る程。私を誰かに持たせてみる……か。
いい案だ。だが、闇の眷属であるお前が、
敵に花を持たせて良いのか? 後悔する事に
なるやもしれんぞ。フフッ

386 :紅丸:01/12/10 00:11
>385 俺俺。俺とはドーヨ?他の奴らがインフレしまくりだしさ。

387 :ドラキュラ・ヴラド・ツェペシュ :01/12/10 00:12
>385
それをいうな。
我がこういう発言をするのも問題だが、我は敗北が運命づけられておるのだ。
ならば、どう過程を盛り上げるかに意義があるはずだ、多分……。

388 :ラグナロク ◆0109yQVs :01/12/10 00:13
>386
……しかしお前は格闘家だろう?
ある程度剣に精通した者でなくては、私は使いこなせないと思うのだが。
…それとも、自信があるのか?

389 :美夕 ◆MIYU.g96 :01/12/10 00:14
>363
・・・人間のくせに欲望のために堕ちちゃったのね・・・。
ほんとはわたしの狩るべき獲物じゃないけど、わたしの狩り場を荒らしたら
闇に帰してあげるから。わたしの「炎」、どのくらい防げるかな?

>384
ふふ・・・そうね。狩人だらけ。これなら眺めてても勝手にこのへんの魔物を
狩り尽くしちゃいそう。・・・わたしは相手が仕掛けない限り狩人とは事はまじ
えないよ。つまらない人殺しなんかしたら冷羽に怒られるしね。

390 :紅丸:01/12/10 00:16
>388 格闘家? 何言ってんだよお前。

391 :左手:01/12/10 00:17
>ハインケル対ロゼット&クロノ
ふむ、いわゆる宗教論争という奴か。
正直、その手の話には疎くての。
何せワシらの時代にはその手の宗教はすっかり下火じゃからな。
自分が信じたい物を信じれば良いのでは?としか言えぬ。

>セリオ対ジャスティス
これはまた派手な戦闘じゃな。
しかしジャスティスと真っ向勝負できるセリオか……
既にメイドロボの面影は無くなりつつあるのう。

>381
結局参戦することにしたのか。
一人で何処までやれるかは知らぬが応援しておるぞ。
微妙にワシと立場が似ておるからな。つい贔屓にしてしまいそうじゃ(w

392 :左手:01/12/10 00:20
>388
二階堂紅丸ではないぞ(w
メール欄に出典が載っておるから調べてみるが良かろう。

393 :ラグナロク ◆0109yQVs :01/12/10 00:21
しまった、私としたことが……
>390
勘違いしていたようだ、すまない。
装備と一体化できる能力…私を取り込めば、<存在意思>
も使えるのだろうかな。

>391
確かに立場は似ているかも知れないな。

394 :バイロン(ブルーソルジャー):01/12/10 00:23
>374(ハインケル・ウーフー )
問題ない。火力はおれも似たようなものだからな。

>ロゼットペアVSハインケル
戦闘の派手さより内面の描写に重きをおくのもありだと思う。
おれとしては、火花を交えてほしかったが。

>ラグナロク
本当に来るとはな。歓迎しよう。ようこそ、この血と硝煙の地獄へ。

>レイオット・スタインバーグ
ブラックロッドとの戦いを見てみたいところだな。

>391(左手)
>立場が似ておるからな
相棒の性格は大分違うようだが。

395 :ラグナロク ◆0109yQVs :01/12/10 00:26
一応、プロフィールも貼って置こうか。
一言の欄は、この場の雰囲気に合わせて改変してある。

名前 : ラグナロク(製造番号0109)
年齢 : 数えた事も無いな。
性別 : 無いが、性格形成上は男性だ。
職業 : 剣
趣味 : ……特に無い。
恋人の有無 : 必要の無いものだ。
好きな異性のタイプ : 上と同じだ。必要無い。
好きな食べ物 : …好みは特に無いが、飲料は紅茶が好きだ。
最近気になること : ……自分の出生について。「ロキ」なる人物に
             ついてだ。
一番苦手なもの : …銃声。
得意な技 : <存在意思>を操る事。
一番の決めゼリフ : …自己紹介の際の、「私の名はラグナロク」だろうか。
将来の夢 : 自分の存在意義を見つけ出す事だ。
ここの住人として一言 :……特に無い。
ここの仲間たちに一言 : ……宜しく頼む。
ここの名無しに一言 : 私がこの場で何処まで戦えるのか、しかと
               その目に焼き付けておけ。

396 :紅丸:01/12/10 00:31
>393 多分な。あ、一体化っつっても分離すれば問題ないぞ。   たぶん。
>394 地獄じゃねーよバイロン。単なる狩場だ。

所でよ。俺ドラゴンボールとかよりもワイルド7とかの方が好きなんだよね。
そこん所分かる? いや分かんなくていいか。

397 :左手:01/12/10 00:31
>394
確かにDとリロイでは表向き性格は違うな。
じゃがどっちも難儀な相棒であることに変わりはないぞ。

398 :以上、自作自演でした。:01/12/10 00:33
>カテゴリーCの不足
うーむ、流石にメジャーな吸血鬼は出尽くしたか?
あと、メジャーどころだとWizのヴァンパイアロードとか(w
サガフロンティアの妖魔も吸血鬼といってよさそうだな。

399 :降魔局 広報部員:01/12/10 00:33
>ハインケル VS ロゼット&クロノ
論争ですか。たまには悪くないですね。
降魔局とも縁の遠い話ではありませんから、興味深くROMさせて貰いました。
しかし、神の存在を前提としている貴方達の宗教は、ある意味とても幸せに思えます。
我々としても、神の存在を希望してはいるのですが……。

>ジャスティス VS HMX-13 serio
派手な戦いでした。周りで監視する方はたまったものじゃありませんでしたが。
ウチの予算は有限なんで、出来ればもう少しおとなしく暴れて欲しいですね。
……ここに集っている連中に言ったって無駄なのは承知の上です。

>天堂天山
解呪が使えるのは面白いですね。ブラックロッドをぶつけても、かなり優位に立てそうです。
個人的にはぜひとも叩き潰してやって欲しいですね。

>ライトノベル
ま、既出ですが雰囲気優先ということで。

すいません、ブラックロッドの正式名称は『黒杖特捜官』
魔術の呪声は『呪式発声』の間違いでした。申し訳ありません。

400 :以上、自作自演でした。:01/12/10 00:34
>384
闇の勢力側に(クトゥルフ神話の)星の精、派遣しますか。
あれも一応吸血鬼(?)だし。

401 :ラグナロク ◆0109yQVs :01/12/10 00:36
>394
ああ、此処はどうやら私のスレッドとは全く正反対の性質を持った
場所のようだな。
まさしく血と硝煙の地獄……ぴったりの形容詞だ。

>396
それで、剣の扱いはどうなのだ?
リロイ以上のものを期待する事はしないが。

>397
お互い、難儀な相棒を持つと苦労するものだな。フフッ

402 :◆SIRO4zbM :01/12/10 00:38
>400 名無し
とりあえず400GETおめでとうと言っておく。
ライトノベルにしろ神話、伝説にしろ
出典が大きすぎてどんどん流れ込んでくるな・・・
良いことなのか悪いことなのか・・・収拾つくのなら
それで良いがな・・・少し心配になってきた所だ・・・

403 :ブラザー・ペテロ:01/12/10 00:38
今宵も盛況な事だ。
しかし、最近ナイトロード神父を見かけぬな・・・
某としては、件の決着をつけたかったのだがな。
まあよい、気長に待つとしよう。

>249
 『強さ』か・・・。某の考える強さとは、己が信念を
 どれだけ貫き通すことができるかの指標だな。

>284
 直情径行か・・・確かにな。だが、それも教義に忠実であるがゆえ。
 異端殲滅!そのためになら、なんのためらいもいらぬ。

>307
 それは光栄である。異端審問局は随時、人員を募集中である。


 

404 :以上、自作自演でした。:01/12/10 00:40
あれだ、誰か吸血聖女キリエをやれば!(w
あ、でもカテゴリCじゃないな……。

405 :左手:01/12/10 00:42
>400
クトゥルフ関係はのう……
下手をすると旧支配者とかまで乱入しそうじゃからな。
エンジェルフォイゾンの綾瀬あたりなら……
いや、あれをクトゥルフ系とするのも何なんじゃが。

406 :ラグナロク ◆0109yQVs :01/12/10 00:44
>403
良い晩だな、ブラザー・ペテロ。
同じ角川スニーカー出身者として、互いに生き残ろうではないか。
確かにナイトロード神父の登場には期待がかかるな…。
かのアーカードとの共闘、もしくは敵対があり得るのだろうか?

407 :以上、自作自演でした。:01/12/10 00:45
>398
元々初期設定じゃ“吸血妖魔”だしね>サガフロの妖魔。
オルロワージュか妖魔ED後のアセルスといったあたりか。

他だと・・・ヴァルキリープロファイルのブラムスか。
しかし格闘メインだしなぁアレは(藁

自分も参加してみたいものだが・・・文章力の無さが恨めしい・・・

408 :タバサ:01/12/10 00:46
この地に住まう全ての方々、お初にお目に掛かる。
私の名はタバサ。北の氷原で魔学の研究をする者。
世界を覆う黒き波動に仮学的見地より興味を抱き、発信源を追ううちにこの地に参った。以後、お見知り置きを。

409 :◆SIRO4zbM :01/12/10 00:46
>404 >吸血聖女キリエ
私もあれを読んだ時には誰かやるのでは無いかと思っていたが
話が進まないとキャラが判りにくいだろうからな
参戦は当分先の話ではないかな?

最近こういった作品を読むと此処のネタになるとばかり考えてしまう・・・
あれもそうではないか?たしか半人半妖の妖魔狩りの『クレイモア』とか
言ったか・・・あれも誰かがやるのでは無いかとな・・・

410 :アーカード ◆aaRCARDU :01/12/10 00:46
……血を、血を寄越せ! たかぶりが抑えきれん!!
化物(フリークス)!! 吸血鬼(ノスフェラトゥ)!! 人間(ヒューマン)!!
誰でもいい! この私に殺されろ!!

411 :以上、自作自演でした。:01/12/10 00:47
キャラを出せば良いという訳ではないだろう。
実際左手氏のサイトを見てみれば活動していないキャラも結構いる。

あんまり言いたくないが最近節操無さすぎではないか?

412 :以上、自作自演でした。:01/12/10 00:47
…ふと思ったんだが、左手やラグナロクが万が一死んだ場合、
誰が蘇生させるんだ?
人間のようにはいかない気がするんだが…

413 :紅丸:01/12/10 00:48
>401 まあ気休めにはならないだろうが 全然ヘタ。

414 :殺人貴 ◆hKILL/T. :01/12/10 00:48
…そういえば、以前来ていた『とらいあんぐるハート』シリーズの、
綺堂さくら、月村忍、ノエルといった辺りはもう来ないのか?

415 :以上、自作自演でした。:01/12/10 00:50
>412 死んでも生き返られるキャラが死なない方が問題

416 :ラグナロク ◆0109yQVs :01/12/10 00:50
>408
魔術師……か。私の世界には殆ど存在しない概念だ。
こちらこそ、お見知りおきを

>410
!! ……噂をすれば、か。
今宵は少々気が昂ぶっているようだな。
…降りかかる火の粉は払わねばなるまい。

>412
大丈夫だ。私とて引き際はわきまえている。
危険だと思ったなら即座に本体に帰らせてもらおう。

>413
……………却下だ。

417 :紅丸 :01/12/10 00:53
>416 冗談冗談! 使った事くらいあるって。
どうだい、相性を試すって意味も込めてサカリがついた>410さんと
協力してやりあうってのは?

418 :アンデルセン ◆eyXzKtSc :01/12/10 00:53
 ふう、戦いの記録を見るだけでだいぶかかってしまいましたよ。
 数多くの闘争が行われたようで結構結構。
 このまま化物共が同士討ちで消え去ってくれればいいのですが、どう
やら復活させることができる奴いるようで……けしからん、実にけしから
ん!


>249 強さとは
 我らが法皇猊下への絶対なる忠誠。
 これ以外に何がある!

>ブラザー・ペテロ
 ほう、我らが同胞か。
 しかし残念ながらあなたのことはよく知らないのですよ。

>ハインケル
 異教徒との論争、楽しませてもらいましたよ。
 ただ、私ならばくだらむ戯言を聴く前にミンチにしますがね。

419 :ドラキュラ・ヴラド・ツェペシュ:01/12/10 00:53
むう、何かハンター同士で和んでおるぞ。
(ちょっと悲しい)

>408
確か、『ウォーザード』のキャラだな。
我がお前のEDでアレを持ち帰ったのは秘密である。
うむ、お前はあのED後ということで是非Cにくるべきだ!
(無茶言っている。)

個人的にはCの連中が欲しい所である。
ハンター同士の闘争も悪くないのだがな。
ギーラッハ、ネロ・カオス、ダークアセルスなどに来て欲しいこのごろである。

420 :比良坂初音 ◆EA9lggjE :01/12/10 00:55
うふふっ・・・こんばんわ

>384
確かに・・・・・魔族の勢力が圧迫されつつあるみたいですわね。
私は表向きは中立ですけど、限りなく闇に近い存在ですから
少し気がかりですわね

>ハインケル VS ロゼット&クロノ
読み応えのある論戦でしたわ
お互い、信じ、守るべきものがあると言う事はすばらしい事
ですけどそれゆえに衝突が起きるのは哀しいことですわ

>ジャスティス VS HMX-13 serio
見事な戦い、お疲れ様でした
今後の参考にさせていただきますわ、うふふっ。
私もああいう感じに派手に暴れてみたいもの、せっかくの宴ですもの

というわけで、アンゼルセン神父
一戦、交えさせていただきたいのですけど、よろしいかしら?

421 :ラグナロク ◆0109yQVs :01/12/10 00:56
>417
うむ…悪くないな。少し不安も残るが、
ひとまずお前に身を預けるとしよう。
(背負っていた「本体」の剣を差し出す。リロイに黙って借りてきた)

422 :以上、自作自演でした。:01/12/10 00:56
左手氏のサイトに載ってないのは出していいのかな?
少し出てたけどヤンとか

423 :アーカード ◆aaRCARDU :01/12/10 00:57
>411
確かに乱発はよくない。
登録したキャラ諸君には是非とも奮起を促したいところだが。
いいキャラでありながら、登場していない者が多すぎる。

>416-417>421
 既に、アーカードの両手にはジャッカルと改造銃が握られている。
「さぁ、殲争の時間だ」
 ニタリ、と音を立てて笑顔を、狂った笑顔を浮かべた。
 既に、場は闘争の空気だ。
 アーカードは、まずは相手の出方を見るらしく、じっとしたまま動かない。

424 :アンデルセン ◆eyXzKtSc :01/12/10 00:57
>420 初音
 よろしいでしょう。
 純粋な吸血鬼でない者との戦いは初めての経験ですが……問題は
ありまえん。
 安心して滅ぼされなさい。

(銃剣を両手に構える)

425 :以上、自作自演でした。:01/12/10 00:57
>活動していないキャラ
うん、だからこそキャラ数増やすのもありじゃないかと思うんだが…
深夜まで闘争し続けられる連中ばかりじゃないだろうし、気が向いたときに参加してもらえれば。
そのための登録。
ただ、現在の状態だとCの面子が少なすぎて、結果として伯爵に大きな負担をかけることになる。
もちろん、雰囲気の維持は大事なので、キャラを増やすなら『吸血鬼』と呼べるものがいいんだが…

426 :レイオット・スタインバーグ:01/12/10 00:58
>381
ラグナロク。
意志ある剣か。……面白いな。
ここには、こんな妙なモンがごろごろしてるのか?
ま――俺は剣は使わないからな。お前自身が戦うのか、それとも誰かに使われるのか?
どちらにしろ、楽しい闘争を期待してる。

>394
――ケイオス・ヘキサの黒杖特捜官か。戦闘スタイルも、俺が普段相手にしてる連中に似てるしな。
はっ、確かに、楽しい闘争になりそうだ!

427 :ドラキュラ・ヴラド・ツェペシュ:01/12/10 00:59
>422
ガンガン、出すが良い。
うーむ、吸血種としての悪役キャラをこれから参加しようとする者の為に、
例示してみてもよいな……。

428 :美夕 ◆MIYU.g96 :01/12/10 00:59
>424
(遠くから眺めている)

やれやれ・・・・獲物取られちゃった。ねぇラヴァ?くすくす・・・。

429 :◆SIRO4zbM :01/12/10 00:59
初音が来たか・・・
昨日の闘いご苦労だったな。
私がもっと積極的に出ていれば・・・
ま、どちらも無事で済んだのだから良しとするか。

430 :降魔局 広報部員:01/12/10 01:00
>426
猛ってますねぇ。リクエストに応えて、公安の方に連絡を入れておきました。
彼等は我々と違って容赦がありませんから、せいぜい頑張って下さい。

>カテゴリーCの不足
魔物で良ければ心当たりはあるんですが、生憎吸血鬼に心当たりは無いですね。

431 :バイロン(ブルーソルジャー):01/12/10 01:00
>396
おれにとっては日常だ。

>398
正統派では『女吸血鬼カーミラ』
変わったところでは
『ロスト・ソウルズ』のジラー
『ミッドナイト・ブルー』のモーガン卿
なども面白いが。
あとは有名な所では『ミッドナイト・ブルー』のソーニャ・ブルーあたりか。
しかし、あいつはハンターだな。

>411
確かにな。正論だ。しかし、どの辺りでラインを引くかが問題となる。

432 :ラグナロク ◆0109yQVs :01/12/10 01:01
>423
むう…凄まじい殺気だ。さすがは不死王(ノーライフキング)
といった所か。急いで戦闘体制を整えろ、紅丸。
(「本体」を手渡し、立体映像は一旦消え去る)

433 :以上、自作自演でした。:01/12/10 01:01
>カテゴリCの不足
…考えはしたけど、自己ボツにしたキャラ。
「ブラッドクロスでヴァンパイアにクラスチェンジしたランスロット(伝説のオウガバトルより)」
少なくともオレには、いろんな意味で扱えねえ(笑

434 :◆SIRO4zbM :01/12/10 01:01
昨日の戦闘を経験して判ったことがある・・・
なるべく他戦闘と重なるのは少々疲れるな・・・
私だけか?

435 :紅丸:01/12/10 01:03
>421 >423 それでは遠慮なく。
変身!
village.infoweb.ne.jp/~fwht6343/htm/benimaru.htm
(この体で右腕にラグナロク、左腕に突撃銃&連装グレネード付けてる 更に奥の手も)
俺のやり方は、荒っぽいぜぇ。
(銃撃&爆撃 その後すぐに大きく回りこむ)

436 :以上、自作自演でした。:01/12/10 01:04
>419
妖魔Ver.アセルス萌え。
難しそうだし、元ネタが既に曖昧なんでなりきりは出来ないが、是非登場して欲しいところ。

437 :アンデルセン ◆eyXzKtSc :01/12/10 01:04
>初音
 どうした、自分から誘っておいて怖気ついたのか、化物!

438 :比良坂初音 ◆EA9lggjE :01/12/10 01:05
>424
まぁ・・・・そんなに恐ろしいお顔をなさらないで
まだ、場所も決めてませんのに
場所は貴方が決めていいわ・・・・・・・うふふっ
できれば、そこそこ広い建物とその周辺が良いわね

439 :左手:01/12/10 01:05
>カテゴリーC
ノーライフキングになったバグナード(ロードス)なんかはどうじゃ?
というか吸血鬼ハンターDの方から出せばダース単位で出て来るんじゃがな。

440 :紅丸:01/12/10 01:06
よく考えたら舞台設定してなかったぜ。森林地帯でいいか?
>432 ラグちゃんよお、あいつってどうすれば死ぬんだ?

441 :以上、自作自演でした。:01/12/10 01:07
デミトリはもう誰か取ってたよなぁ…

442 :レイク・ダウニング:01/12/10 01:08
>C分類の連中
FG(フューチャージェネシス)の連中がここに乗り込んできたらザコは増える
だろうなぁ。ってか、ここは血と破壊の痕跡ゴロゴロじゃん?
ほっといてもそのうちヤツらが魔造獣を作りにやってくるさ。

443 :タバサ:01/12/10 01:08
挨拶だけ、というのも何なので、自己紹介などをさせていただきましょう。
名前:タバサ(海外名:TESSA)
年齢:19歳
性別:女
職業:魔学者
趣味:研究
恋人の有無:研究には必要のない物ですね
好きな異性のタイプ:考えたこともありません
好きな食べ物:特に好き嫌いはありません
最近気になる事:持ち帰った生命体の成長、出演作の続編(出て欲しいのですが・・・)
一番苦手な物:炎
得意な技:氷の魔法
一番の決め台詞:(帽子のツバに手をやり)「当然の結果です!」
将来の夢:超近代魔学の確立
ここの住人として一言:この地の波動、非常に興味がある。しばらく滞在させていただきますよ。ふふ
ここの仲間たちに一言:私の研究に協力していただきます
ここの名無したちに一言:私の両親はダーリンとサマンサではありません

この地での立場はDとさせていただきます。が、私の研究を妨げるのであれば、お相手致します。

出展:業務用格闘ゲーム「ウォーザード」(CAPCOM 1996)

444 :以上、自作自演でした。:01/12/10 01:08
あ、バグナードはいい感じかも。

445 :アーカード ◆aaRCARDU :01/12/10 01:08
>435
 突然の銃撃を、両手を交差し、腰を落とすことでやりすごす。
 すぐさま、相手の視認に移る。
 どうやら、さきほどを目くらましとして、一撃を与えようという腹づもりらしい。
「少しは、知恵も回るか……」
 すぐさま、相手のいる方向へと向き直る。

>440
構わん。

446 :アンデルセン ◆eyXzKtSc :01/12/10 01:10
>438
 そうだな……かつて我らが異端審問に使ってきた古い砦がある。
 貴様にはおあつらえの場所だと思うが?
 周りは深い森に覆われ、建物は石を積んで作られた当時としては
ごく普通の物だ。
 明かりは暗いロウソクのみ、若干拷問に使っていた器具が残って
いるようだ。


 これでいいな?

447 :ラグナロク ◆0109yQVs :01/12/10 01:10
>440
舞台設定には異存は無い、だが、ラグ「ちゃん」は止めてくれ。

死ぬ…か? はっきり言って私にも想像がつかない。
とりあえず私の<存在意思>で活動停止にまで持ち込むのが
関の山だろうな。

>426
今の所、無機物は私とセリオくらいのものだろうか。
…私が戦うか、私が使われるかは、その場の流れ次第だろう。

448 :紅丸:01/12/10 01:11
>445 ぶぅわぁかー! 俺の「弾丸」は単なる飛び道具じゃねぇんだよ。
(弾道が変わった銃弾&榴弾が降り注ぐ)

449 :アドリアン・ファーレンハイツ・ツェペシュ:01/12/10 01:11
もう3つ目のスレッドか。
既にレスを返すことに挫折しかかっているが、
なんとかここにたどり着いたアルカードだ。

普段眠っている時間が多いと、体も鈍ってくるな。

450 :左手:01/12/10 01:12
>441
マリオネットが使っておった位じゃし引き継いでも良いのでは?

>444
じゃが欠点もある。
古代語魔術&暗黒魔術10レベル。
総数で50は越えるであろう魔術をどうするかが問題じゃ。

451 :比良坂初音 ◆EA9lggjE :01/12/10 01:14
>446
ええ、それで結構ですわ
お互いそれぞれ反対側の入り口から砦に侵入
出会い頭で戦うというのはいかがかしら?
それでは行くわよ。

(子蜘蛛を放ち、自らは裏門から砦に侵入)

452 :殺人貴 ◆hKILL/T. :01/12/10 01:14
>434
隣で闘っていた俺の意見はと言えば、
『自分の闘争以外はすっぱり無視する』
だな。

そうでないと、集中出来なかった。
…まだまだ未熟だな、俺も…。

453 :レイオット・スタインバーグ:01/12/10 01:14
>430
それは――わざわざどうも、とでも言えと?
はっ、上等だ。闘争という麻薬の味。しっかりと確かめさせてもらおうか!

454 :アドリアン・ファーレンハイツ・ツェペシュ:01/12/10 01:14
…途中で送信してしまった。

少々、稽古に付き合ってくれる者はいるだろうか。
カテゴリーはあえて問わない。

455 :アーカード ◆aaRCARDU :01/12/10 01:15
>448
「……何だとっ!?」
 さすがに、目前で軌道の変わった弾丸はかわしきれない。
 全てまともに喰らい、木々の奥へと吹っ飛んだ。
「……束……式…………号……放」
 木立の奥から、何かが聞こえる。

 突然、森の中がコウモリの発する鳴き声で騒がしくなった。

456 :ラグナロク ◆0109yQVs :01/12/10 01:16
>455
……!!
まずい、「使い魔」だ!
気を付けろ、紅丸!

457 :◆SIRO4zbM :01/12/10 01:17
>452 殺人貴
私も数百年生きているが初音との闘い以外不向きだったのでな
こういう場ではまだ未熟と言えるな・・・
もう少し色々な闘いを見て研究するとしよう・・・

458 :アンデルセン ◆eyXzKtSc :01/12/10 01:17
>451
 さて、それではゴミ掃除を始めるとしましょうか。

(両手に一本ずつ銃剣を持ち、周りの気配だけを頼りに進む。
 砦の見取り図を持ってはいるのだが見ようともしない)

459 :左手:01/12/10 01:17
>454
そっちから指名しても良いのでは?
此処にいる連中なら大抵付き合うと思うぞ。

460 :レイク・ダウニング:01/12/10 01:17
>454
オタク、吸血鬼の眷族だけど別に人間襲うワケじゃないんだよね?
「稽古」だったら付き合っちゃうけど、どうよ?(ワキワキ)

461 :紅丸:01/12/10 01:18
>455-456 ・・・このまま家に帰ってソファーで麦茶、ってのは、どう?
魂を喰うにももっと痛めつけねーとだめだしな〜・・・。

462 :以上、自作自演でした。:01/12/10 01:18
>バグナードの魔法
ロードスのTRPGルール解説サイトとかないかな?
魔法についてまとめて説明したサイトがあれば、そこのurl出しとけばいいと思うんだが…

463 :ラグナロク ◆0109yQVs :01/12/10 01:21
>461
………奴が我々を見逃してくれると思うか?
…とにかく接近して、私の一撃を食らわせろ。
奴が実体化している時が狙い目だ。
<存在意思>での一撃を食らえば、さすがの元「不死王」も唯では
済むまい。私を持っているのならば、接近戦で決めることだ。

464 :バイロン(ブルーソルジャー):01/12/10 01:21
>434
いや、おれもだ。
ただ、一晩に一つだけと言うのもな。
それと昨日のは少々特殊だろう。

>454(アドリアン・ファーレンハイツ・ツェペシュ)
2時まで大技なしでよければ。

465 :ブラックロッド:01/12/10 01:21
『レイオット・スタインバーグ。カペルテータと名乗る魔物を所持しているとの市民の通報があった』
戦術魔法士の自宅の扉の前。死人が宣告を行った。
『市民が魔物を所持することは認められていない。公安局に即座の出頭を要請する』
要請というよりは、命令といった方が実情に近い声音で。

466 :ブラザー・ペテロ:01/12/10 01:22
>406
 ほう、汝(うぬ)が、かの有名な“意思を持つ剣”か・・・。
 しかし、剣の身でありながら、<闇の種族>を狩ろうとする
 心意気は、見事である。

>410
 ふんっ。やはり、吸血鬼は吸血鬼、というわけか・・・
 某が鎚矛のサビにっ!!と言いたい所だが、すでに交戦中か・・・
 ならば邪魔するのは無粋だな。

>418
 アンデルセン殿の噂はかねがね聞いている。
 某も、お会いできて光栄だ。今後ともよろしく。

467 :以上、自作自演でした。:01/12/10 01:22
お、ここにきてようやくアルカードが戦うみたいだな。

468 :アーカード ◆aaRCARDU :01/12/10 01:22
>461
「まず言っておこう」
 コウモリの鳴き声をものともしない、アーカードの声が響く。
「私は不死の王。(ノーライフキング)魂は存在しない」
 コウモリの鳴き声が、まるで笑い声のように聞こえる。
「そしてもう一つ……。生きて帰れると思うな」
 コウモリの羽に、目が浮かびだした。

469 :バイロン(ブルーソルジャー):01/12/10 01:22
>462
すまん。レイク・ダウニング が名乗り出ていた。
おれは降りよう。

470 :比良坂初音 ◆EA9lggjE :01/12/10 01:24
>458
この美しい私をゴミ扱いね・・・・くくっ・・・・
(間合いの外から斬糸攻撃)
貴方には私が見えなくても私には貴方が丸見えよ・・・・

471 :ラグナロク ◆0109yQVs :01/12/10 01:25
>468
……来るぞ。
今の奴には、こちらの攻撃は届かないといっても過言では無いな。
やはり元の肉体を持った所で、一気に片を付けるぞ。
……準備はいいか?

472 :レイオット・スタインバーグ:01/12/10 01:25
「所持……ねえ」
そんなことをうめきながら、国威の特捜官の前に、レイオットはゆっくりと姿を現した。
「あいつは、俺のところに居座ってるだけだ。別に、俺のものじゃない。だが――」
 だが、現れたその姿は、一言で言って、旧世紀の鎧騎士。
そんな印象の人影が、静かにたたずんでいる。
「あんた――あいつをどうする気だ?」
全身を金属で包むその姿は、プレートメイルをまとった騎士を、それを見るものに連想させる。
だが、騎士鎧と言うにはあまりにもシャープなその姿。鋼以外にも樹脂は革布を多用したその
黒い装束は、あちこちについたネジやマウントが、実用品としての無骨さを主張している。
タクティカル・モールド<スフォルテンド>
それに身を包んだレイオットは、一言。
「さあ。彼女をどうする気だ? 黒杖特捜官殿」

473 :タバサ:01/12/10 01:25
>416 ラグナロク
ふむ・・・自我を持った剣ですか。非常に興味を魅かれます。機会があれば話をさせていただきたいですね。貴方の創造主についてなどを。

>419 ドラキュラ伯
貴殿がこの地を治める方ですか。
(古典に記されていた伝説の吸血鬼が実際にいたとは・・・ふふ、世界とは広い物だ)
私もEDであの生命体を持ち帰りました。笑われるかも知れませぬが、子の成長を見届ける母にでもなった気分ですよ。
お誘いの件ですが、貴殿の居城の研究施設をお貸し頂ければ、力添えを約束しましょう。
(キャラが違う、とか言われるかも知れないけど、EDで持ち帰った「魔」に魅入られてるタバサ、と言う事で御理解いただきたい)

474 :アドリアン・ファーレンハイツ・ツェペシュ:01/12/10 01:26
>459,460
意外と早く返ってきたな。

>レイク・ダウニング
実はお前の能力をまだ把握できていない。
やりづらいかもしれんが、できるだけ説明に手をかけるので
それでも良ければお願いしたい。

…今日の俺は少々軽い。

475 :以上、自作自演でした。:01/12/10 01:26
マリオネット使ってすごく凶悪なの(月姫:軋間紅摩)で乱入していいですか?
相手は誰でもいいですけど。
時間は2時15分ぐらいまでで……

476 :アンデルセン ◆eyXzKtSc :01/12/10 01:27
>470
 これは!?

(糸を銃剣で払いのけるが、絡め取られる)

 ほう、相手はこちらが見えているようですね。

(両手に4本づつ銃剣を持ち、糸が飛んできた方へズカズカ歩いてゆく)

477 :アーカード ◆aaRCARDU :01/12/10 01:27
>471
 相変わらず、コウモリの絶叫が響き渡る。
 その音に、ジャッカルの、改造銃の発砲音がかき消される。
 どうやってこれだけの方向から飛んでくるのかと言うほどに銃弾が降り注いだ。

478 :紅丸:01/12/10 01:28
>463 へいへい
>468 「んな話聞いてねーつぅーの。」
とりあえずコウモリどもを撃ち落としますか。
(銃撃&爆撃 一発だけ弾道を大きく上に反らせてグレネードを撃つ)
・・・・・・。
あ、弾切れだ・・・。ちょい待ち今弾込めっすっから!

479 :レイク・ダウニング:01/12/10 01:28
>474
なーに、ボクちゃんはただの狼男だよん。あっちの方もオオカミだけど。
特に芸はないんだけどね。
(大通りの石畳の上、ブルース・リーめいた構えで身構えて手招き)

480 :ドラキュラ・ヴラド・ツェペシュ:01/12/10 01:29
>473
うむ、我が城の黒魔術研究棟を自由に使うが良い。
配下の魔物は自由に実験に使ってよいぞ。
(感謝するぞ。うむ。)

481 :以上、自作自演でした。:01/12/10 01:30
>475
軋間か…
歌月での強さは志貴視点の補正がかかってるだろうし、鋼の肉体もこのスレなら対応できる連中は
多いだろ。相手さえいれば、出しても問題ないと思う。

482 :アドリアン・ファーレンハイツ・ツェペシュ:01/12/10 01:30
>469
そうか。
トリップを使ってくじ引きでもやるかと考えたが、
ならばまたの機会にしよう。その時はよろしく頼む。

483 :ラグナロク ◆0109yQVs :01/12/10 01:31
…!!
(何ともわからぬ危険を察知し、私は急速に<存在意思>を
練り上げ、シールドとして紅丸の周囲に展開させた。
展開されたシールドは、四方より降り注ぐ銃弾の雨を
悉く防ぐ。)
……何をしている! 早く再装填を終えろ!!

484 :HMX-13 serio  ◆CEriOo46 :01/12/10 01:31
>475
...私がお受けいたしましょうか?
...ちょうど暇が出来たところですし。

485 :板垣K介 ◆KsukeDOE :01/12/10 01:31
とりあえず、立て込んでるみたいだが、例のものが出来たと報告しておくYO!
何でここで言うかっツーと、誰も気付いてくれなかったら悲しいからだYO!
宣伝目的1005兆な我輩。

486 :比良坂初音 ◆EA9lggjE :01/12/10 01:31
>476
無防備な歩き方ですこと・・・よほど自分の能力に自信があるのね
そうよ・・こっちよ、いらっしゃい・・・・ふふっ
(大広間、そこはすでに無数の糸が張り巡らされている)

487 :レイク・ダウニング:01/12/10 01:32
>469
ああ、悪いねぇ。んじゃ今度一杯といわず一晩オゴるわ。
飲みに行こうぜ。

488 :左手:01/12/10 01:32
>475
軋間か……それはまた凶悪な奴を……
誰も挑戦者がいないのならワシが受けても良いぞ。D込みでも良いのならな。

489 :紅丸:01/12/10 01:33
>477ちょっと待てって言ってるだろうが〜!
(数弾被弾 左腕切断)
クソ、逃げるぞ! (煙幕をたく)

490 :以上、自作自演でした。:01/12/10 01:33
>484
一日2戦は・・・どうだろ。

491 :バイロン(ブルーソルジャー):01/12/10 01:33
>475
すごく闘いたいのだが、時間が無い。
残念だ。また機会があったら頼む。

492 :HMX-13 serio  ◆CEriOo46 :01/12/10 01:33
>490
..やはり...微妙ですかね?>一日二戦

493 :ラグナロク ◆0109yQVs :01/12/10 01:35
>489
くっ!! シールドを張るのが僅かに遅れたか…!
傷は大丈夫なのか!?

494 :ブラックロッド:01/12/10 01:36
『魔物の処分法は、法により規定されている』
ブラックロッドの目には、完全武装のレイオットに対する感慨を何も浮かべていなかった。
ただ一度だけ、制帽の霊視眼がレイオットの背後を探るように動いた。

『処分可能な対象であれば、この場で即処分する』

495 :アンデルセン ◆eyXzKtSc :01/12/10 01:37
>476
 フン、これで罠のつもりか?

(糸を断ち切りながら大広間の真ん中を突っ切ってゆく)

 いいかげん出てきたらどうだ?
 それとも蟲風情に人間の言葉は分からないか?

496 :軋間紅摩(マリオネット):01/12/10 01:37
紹介
魔との交配が繰り返されたあげくに産まれた、
魔の純度が極めて高い混血者
戦闘能力は至ってシンプル。
その両腕を振るい、相手を打ち砕く。あるいは、握力で握りつぶす。
耐久力は吸血鬼と比べて、なお凌駕する。
彼にとって人の頭を握りつぶすなど、蜜柑を握りつぶすことと同じである。
(ステージ・鬱蒼と木々が生い茂る七夜の森)

……………
(誰でもいい、来い)

497 :アーカード ◆aaRCARDU :01/12/10 01:38
>483>489>493
 ラグナロクがシールドを張ろうとしたが、なにぶん羽音が凄まじい。
 初弾の数発がシールドで防ぎきれずに紅丸に着弾した。
 紅丸の左腕部が弾け飛ぶ。

 コウモリが凝集し、アーカードの姿を取る。
 煙幕の中を、悠然と歩きながら目標の捕捉を急いでいた。

498 :左手:01/12/10 01:38
で、セリオはどうするのじゃ?

499 :アドリアン・ファーレンハイツ・ツェペシュ:01/12/10 01:40
>479
わかった。では少しお付き合い願おうか。

…と、その前にこちらの装備を提示しておこう。
ショートソード(短めの片手剣。)
ドラキュラのふく(防御力の高い服だと思ってくれ。)
アルカードシールド(盾だ。破壊されることはない。)
サブウェポン:斧(放物線を描いて飛んでいく。)

…では、参ろう。
(左手で盾を前面に構えながら、歩いて近づく。
右手の剣は、迎撃用に引き気味に持っている)

500 :HMX-13 serio  ◆CEriOo46 :01/12/10 01:40
>498
出来れば参加したいのですか...批判が有ればやめますが?

501 :タバサ:01/12/10 01:41
>480 ドラキュラ伯
感謝します、伯爵殿。
(カテゴリDよりCに移行)

502 :紅丸:01/12/10 01:41
>493 痛い。ものすごく痛い。まあしばらくすれば治るけどよ。
>497 んじゃまあ試してみますか。
(ちぎれた左腕を獲物めがけてなげつける それをオトリにしてその死角からラグで突き刺すねらい)

503 :比良坂初音 ◆EA9lggjE :01/12/10 01:41
>495
いいえ、仕掛けはこれからよ
(切られた糸が生き物のように動き、アンゼルセンの身体に突き刺さる)
これはどうかしら?
(指先から繭の弾丸を放つ、それらは壁や床で不規則にバウンドしアンゼルセンへと向かう)

504 :レイク・ダウニング:01/12/10 01:42
>499
ちぇ、ずっこいの。剣道3倍段って言うじゃん。
(ボヤきつつも凄まじい速度で疾駆、高速での突き蹴り連打を叩き込む)

505 :左手:01/12/10 01:42
>500
問題ない。やれば良かろう。

506 :以上、自作自演でした。:01/12/10 01:42
連戦、OKだろ。
伯爵、連日やっているし……。

507 :ラグナロク ◆0109yQVs :01/12/10 01:43
>502
治療してやりたい所だが、それをするには一旦人の形を
とらねばならない。今の状況では…大きな隙となってしまうな。

囮か……成功を祈るしか無さそうだ。

508 :サンタナ(柱の男):01/12/10 01:43
>462
tp://www.geocities.co.jp/Playtown/8112/sai.html
ずいぶん遅いレスで悪いがここはどうだ?俺には・・・この手の話題は
よくわからないからな・・・・確認は自分でしてもらおう。

509 :HMX-13 serio  ◆CEriOo46 :01/12/10 01:44
>496
.....なるほど..対魔装備で挑んだ方がよろしいようですね...

......それでは....来てください!

510 :以上、自作自演でした。:01/12/10 01:44
うーん、左手と『D』の共闘も見てみたかったが…
まあ、機会はいくらでもあるしな。
凶悪な相手だが、頑張ってくれ。>セリオ

511 :レイオット・スタインバーグ:01/12/10 01:46
「なるほどな。さすがは公安局ご自慢のブラックロッド。対応が速い。だけどな――」
 いつもと変わらぬ、ひょうひょうとした口調。
「みすみす、殺されるのを見てるわけにも行かなくて、な」
 どこか、おもしろがるようなその口調とは裏腹に。
 レイオットの右手が、弾けるように動いた。モールドに包まれたその手には、愛用のリボルバー
拳銃<ハードフレア・カスタム>。レイオットは刹那でブラックロッドの頭部を照準すると、微塵の
躊躇も見せずに、トリガーを3回。
 ほぼ一つとなった銃声が、色あせた草原に響き渡る。 

512 :アーカード ◆aaRCARDU :01/12/10 01:46
>502
 飛んできた左腕を、口で受け止める。

 バリ、ゴリ、グシャ、ボキッ、メキッ……。

 腕を、咀嚼している。
「不味い……」
 不機嫌な顔で、その腕を傍らに吐きだした。
 形を失った腕が、地面で跳ねた。
「やはり、血でないとな」
 そう言って、ラグナロクに狙いを付け、乱射した。

513 :アドリアン・ファーレンハイツ・ツェペシュ:01/12/10 01:46
>504
(受け身に回る)
…は、速い!
…ここまでは予想しなかった…!!
(なんとか、盾で蹴りを防いでいく。
剣を構えるが、まだ勢いが立て直せない。)

514 :アンデルセン ◆eyXzKtSc :01/12/10 01:48
>503
 がふっ!

(全身を貫かれる)

 ククク……味な真似をしてくれる。
 だが、こんなもので私を拘束できると思ったら大間違いだ!

(力づくで糸を引きちぎり、張り巡らされた糸の間を走って弾丸を狙い
銃剣を飛ばしてゆく。
 しかし、いまだ全身は貫かれたまま)

515 :レイク・ダウニング:01/12/10 01:48
>513
おっしゃ、いただきぃ!
(茶目っ気を出してか、いきなりドロップキック!)

516 :軋間紅摩(マリオネット) :01/12/10 01:48
>509
男はセリオと向き合ってた。
別に、セリオが機械だろうと人間だろうと関係はない。
目の前にいる、それだけ粉砕する理由は十分だ。

無造作に間合いを詰める。

どうする?
1.迎撃(格闘)
2.迎撃(射撃)
3.間合いをとって様子を見る。

517 :紅丸:01/12/10 01:49
>512 あらラグナロクちぎれた・・・。
(転がった場所に取りにいくため背を向ける)

518 :左手:01/12/10 01:50
>509
うむ、では頑張るが良い。
肉体的にはほぼ真祖クラスの化け物じゃがな。

519 :ラグナロク ◆0109yQVs :01/12/10 01:51
>512
食った……だとっ!?
…しまった!!
(私は急いで<存在意思>を練り上げようとしたが、間に合わない。
私の刀身に銃弾が容赦なく降り注ぎ、紅丸の右腕からそれを
もぎ取る。私は大きく吹き飛ばされ、地面へと転がった。)

>513
……敵に背を見せるな!! 紅丸!!

520 :アドリアン・ファーレンハイツ・ツェペシュ:01/12/10 01:52
>515
く…俺もカンが鈍っているようだ、
相手の見かけにとらわれていた。
(横転して回避)

だが、そこまでスキの大きな技はそうそう出すものではないぞ!
(横から、わき腹めがけて剣を突き出す)

521 :紅丸:01/12/10 01:53
>519 はい〜? (拾いながら前を向く)

522 :HMX-13 serio  ◆CEriOo46 :01/12/10 01:53
>516
セリオはこの生物に近接戦を挑むのはあまりにも無謀と判断。
やや後退しつつ、アイレーザーで牽制することにした。

......シュパ!(70%レーザー掃射)

523 :比良坂初音 ◆EA9lggjE :01/12/10 01:54
>514
外側がだめなら、身体の中から焼いてあげるわ。
(蝋燭の火を糸へと移す・・・・炎は糸を伝いアンゼルセンへと)

524 :アーカード ◆aaRCARDU :01/12/10 01:54
>517>519
 ニィィィィィィィ……。
 血の興奮が抑えきれない。
 早く、早くあの心臓をえぐり出せ!!
 血を、血を啜れ!!
 殺せ! 殺せ! 殺せ!

 自らの内から湧き出る衝動に逆らうこともせずに、背を向けた紅丸の
心臓を抉るべく、後を追い、正面を向いた瞬間に腕を振り上げる……。

525 :紅丸:01/12/10 01:56
>524 (>>478のグレネードが落ちてきて後ろで炸裂)
ありがとよ。お前が爆風の盾になってくれたぜ。

526 :軋間紅摩(マリオネット) :01/12/10 01:57
>522
……………

まさに怪物。
ジャスティスの装甲を焼失させることすらできたレーザーをうけて、
なお、間合いを詰めて来る。
セリオはとっさにしゃがんで身をかわす。
すでに、その時はセリオの背後の大木が粉々に粉砕されていた。

1.大木の屑に紛れて、奇襲攻撃
2.いや、まだ早い。

527 :レイク・ダウニング:01/12/10 01:57
>520
うわっと!(突きがかすめて服が裂け、血がにじむ)

…ったく!
(後転で立ち上がりバックダッシュして間合いを取り)

一張羅キズモノにしてくれちゃって、責任取れよな?!
(全身の筋肉がはちきれんばかりに膨張…全身が銀毛に覆われる)

ごああああああああああっっ!!
(街灯の柱を使った三角跳びで上空から強襲!!)

528 :アーカード ◆aaRCARDU :01/12/10 01:59
>525
 突如として後ろから叩きつけられた爆風に、色を失い距離を取る。
 何が起きたのか理解できない。
 まさか、伏兵か?
 しばし、周囲を警戒して立ち止まる。

529 :ラグナロク ◆0109yQVs :01/12/10 02:00
>524-525
………!?
まさか…狙ってこのような事を?
信じられんな…。
(既に立体映像を出しており、剣は拾い上げられている)

530 :ブラックロッド:01/12/10 02:01
それは、完全な不意打ちになった。
ブラックロッドに対して知識を持っていたレイオットと、
レイオットを市民としてしか見ていなかったブラックロッド。
モールドによる魔術防御が、呪式発声からレイオットを完全に守っていたからこそ出来た芸当である。

「魔術師に対する最も効果的な攻撃は、意識の死角を狙い撃つ事である」

頭部を失った死者は、死体になって吹き飛んだ。

だが、ブラックロッドの無警戒を責めるのは間違っている。
本来、彼等に対して市民が攻撃することはありえないからだ。

レイオット・スタインバーグはこの瞬間、公安そのものを敵に回した。

531 :ドラキュラ・ヴラド・ツェペシュ:01/12/10 02:01
ふむ、盛り上がっているな。
マリオネットは今宵のように名無し諸君も、積極的に活用してくれ。
悪いが今宵は休ませてもらう。
では、失礼する。

532 :アンデルセン ◆eyXzKtSc :01/12/10 02:01
>523

(聖書のページが紙吹雪となってアンデルセンを包み込む。
 アンデルセンに繋がっていた糸は全て切断され、周囲の糸へ引火。
 凄まじい勢いで燃え広がる)

 さあ、早く私の前に出て来い!
 それともこのまま臭い燻製か炭のステーキにでもなるつもりか?

533 :アドリアン・ファーレンハイツ・ツェペシュ:01/12/10 02:03
>527
くおっ、これは…城のウェアウルフにも劣らん…
あるいはそれ以上の速さか!!

くぅっ!!
(体をひねって避けようとするが、かわしきれず背中を負傷。
前を向いたまま後方へ高速で滑るように移動し、いったん間合いを離そうとする)

534 :紅丸:01/12/10 02:03
>528ー529 まあココ(頭の中身)が違うってことで。
ハイじゃあ行きますよ〜・・・
う! しまった・・・。
帰るぞラグ!

535 :HMX-13 serio  ◆CEriOo46 :01/12/10 02:04
>526
!?......直撃を受けたら一瞬で全損でしょうね...

セリオは今現在の装備では敵殲滅は不能と判断した。
彼女は全力でこの場を離脱し、飛び上がった。
バックパックを装着するつもりらしい。

(全リミッター解除、対魔装備高軌道バックパックを使用許可します)

すると彼女の相棒が亜音速でやってきた。

536 :ラグナロク ◆0109yQVs :01/12/10 02:05
>534
…!?
どうした紅丸!!

537 :レイク・ダウニング:01/12/10 02:06
>533
待ってってばよ、おい?!ちぇ。
(ふところに飛び込みきれないのを悟ってこっちも間を取って警戒)

538 :比良坂初音 ◆EA9lggjE :01/12/10 02:07
>532
(炎と煙にまぎれて上空から斬撃)
ふふっ・・・・流石ね、あのまま焼かれていれば楽に死ねたのに
(有毒ガス発生、常人なら致死)

539 :軋間紅摩(マリオネット) :01/12/10 02:08
>535
……………

バックパックを装着したセリオを見ても軋間紅摩は眉一つ動かさない。
どんな攻撃を繰り出そうが、彼のその腕に触れれば終わりである。
再び間合いを詰め、右腕を繰り出す。
機動性を増したセリオは難なく、回避し、そして……

1.チャンスです。反撃を
2.……危険すぎます。

540 :アーカード ◆aaRCARDU :01/12/10 02:11
>534
「……何だ?」
 距離を取ったアーカードには何が起こっているのか理解できない。
 だが、まったく仕掛けてこないのはおかしい。
 こちらから打って出るべきか……?
 いや、まだだ。
 もう少し様子を見ることにした。

541 :HMX-13 serio  ◆CEriOo46 :01/12/10 02:12
>539
......コレを反撃のチャンスと見たセリオ。
ピンポイントバリアを展開しつつ彼に実剣(スパイド)の一撃を与えようとした...
しかしそれが彼女のミスであった。

542 :アンデルセン ◆eyXzKtSc :01/12/10 02:13
>532
(左腕を犠牲に、初音の首を右手で捕まえる)

 クカカカカカ! 捕らえたぞ! この化物が!

(首を締め上げる。
 紙吹雪で有毒ガスはある程度は除去できている。
 現在左手はほとんど動かない)

543 :紅丸:01/12/10 02:13
>536 傷が思ったよりも深いみてぇだ・・・
>540 ここは痛み分けって事にしとけ。二日連続になっちまったけどな。

544 :462:01/12/10 02:13
>508 バグナードの魔法解説
小説とのルールの差異を紹介したサイトか。
闘争描写の際には参考になりそうだが、魔法の解説としては使えないだろうな…
元々ルールブックは市販されてるものだし、そのままの内容をネット上で見つけられるようなこと
を言った俺が悪かった、苦労をかけてスマン。
一応、名前と小説での表記(効果の参考になると思う)をまとめたサイトはあったが…
 ttp://www.geocities.co.jp/Playtown-Dice/9986/sw0.html

上記サイトの
  ・ロードスの古代語魔法
    ttp://www.geocities.co.jp/Playtown-Dice/9986/ldsmagica.html
  ・ロードスの神聖魔法(暗黒魔法含む)
    ttp://www.geocities.co.jp/Playtown-Dice/9986/ldsmagich.html

あとは、主に使いそうな奴を自己紹介で詳しく解説しとくぐらいかな?
ほぼ、魔法名=効果だし、何とかなるとは思う。
原作に詳しくてバグナード(不死の王)やりたい人がいたら活用してくれ。

545 :アドリアン・ファーレンハイツ・ツェペシュ:01/12/10 02:13
>537
なんとか間合いは外せたか。
しかしこのまま受けて馬鹿李でも状況は良くならんな。
今度はこちらからいくぞ!!
(少し走って、適当な間合いで地を蹴り、飛び込む。
右手で振りかぶった剣は、そのままだと頭を直撃しそうな勢い。)

546 :アンデルセン ◆eyXzKtSc :01/12/10 02:13
>538だな(汗)

547 :屍刑四郎:01/12/10 02:16
夜の方が活発というのは、実にお似合いだ。くく、たまらねえ。

まずはテンプレートといこう。

名前 :屍刑四郎
年齢 :二十代後半から三十代前半
性別 :男
職業 :刑事
趣味 :編物……信じるな、そんなわきゃねえだろうが
恋人の有無 :同僚のシャーリイ・クロスからは秋波を送られてるが、その気はない
好きな異性のタイプ :特にない
好きな食べ物 :ジャイアント(吉牛の大盛。つゆは多め。「いつものだ」で通じる)
最近気になること :「闇の恋歌」はどうなってるんだ?
一番苦手なもの :おれをホモしようとする作者
得意な技 :悪人の背筋を凍らせる事
一番の決めゼリフ :「<区外>には<区外>の法が、<新宿>には<新宿>の法がある。そして、たぶん、条文こそ違え、謳ってる内容は一つなのさ」
将来の夢 :そんなものはねえよ
ここの住人として一言 :初心者でな、行き届かない所があったら勘弁してくれ
ここの仲間たちに一言 :おれには相棒はいないが、手を組む事もあるだろう。その時はよろしくな
ここの名無しに一言 :下らねえ事をぬかす奴はぶち込んでくれる(ネタだぜ、念の為)

こんなのでいいのか? 左手のじいさま、頼むぜ。

>249 レオニード
おれにとっての『強さ』とは、か。簡単だ。
警官の職務を遂行出来、それによって市民を守れる事が強さだ。作品は違うが、同じ新宿署の刑事も言ってただろ。「おれが絶命しても、それで救われる命があればそれで十分だ」ってな。そういう事さ。

>256 『姫』
ほう(隻眼を細める)。区役所通りの病院長より美しい存在がいるとは。こいつは驚きだ。

「夜叉姫伝」騒動の時は掛け違って会えなかったようだ。改めてよろしく。
今の所、あんたには悪さをしようてえ気はないんだろ? それならおれから仕掛ける気はない。
あんたとその一党がやりたいってんなら別だが。正直な話、おれでは勝てんだろうが、警官は後ろを見せる訳にはいかねえのさ。

>258 ベルゼブブ
こら、警官に向かってヤクザたぁ何事だ。(鏡の中の自分の顔をしげしげと見やる)。
……ヤクザだな。

>262 サンタナ(柱の男)
ふむ、いざやり合うとなったら少々やっかいか。そそられはするが。

>274 ドラキュラ・ヴラド・ツェペシュ
これはまた大物だな。屍だ、よろしく。
何と言うか、ホストは大変だな。おれにはとても真似出来ん。

>275 降魔局 広報部員
このおれを利用しようたぁいい度胸だ。楽しみにしてるぜ。

548 :ラグナロク ◆0109yQVs :01/12/10 02:17
>543
痛み分けか……致し方あるまい。
傷の治療をしたなら、また来るが良い。
……リロイの時とは違い、私も充分に<存在意思>能力を
発揮出来た。なかなかの戦いぶりだったぞ。

549 :アーカード ◆aaRCARDU :01/12/10 02:17
>543
 思ったよりもダメージが深いのか、どうやら紅丸は逃走したようだ。
 闘争でなく、逃走……。
「下らんっ!!」
 手近な木を力一杯殴りつける。
 血を求めるたぎりは収まりそうにもない。
 今夜は自室で浴びる程の医療用血液を飲むことになるだろう。
 不機嫌そうな顔を浮かべたまま、森を出ていった。

550 :軋間紅摩(マリオネット) :01/12/10 02:18
>541
……………

右腕が外れても、左腕がある。
単純なことだった。
圧壊の腕がバリアを突き破り、セリオの左肩を掴む。
ゴキ!
その瞬間、左肩は粉々に握りつぶされた。
剣を顔に投げつけ、そのまま横転し、再度立ち会う。

さて……
1.空中戦で翻弄する。
2.森の中を駆け回る。

551 :レイク・ダウニング:01/12/10 02:18
>545
うわああっと!
(斬撃が頭を断ち割る寸前に、白刃が止まる。)

…へへっ、これが真剣白刃取りってね。DACで稽古つけてもらってて
助かったよ……っと!
(その腕を掴んで巻き投げから脇固め!)
どうだい?タップするんならイマノウチ、だよん?

552 :ラグナロク ◆0109yQVs :01/12/10 02:19
……まだ足りないな。もう少し肩慣らしをしたい所なのだが、
適当な相手はいないのか?
私を使うのも、私を相手にするのも、どちらでも構わないぞ。

553 :比良坂初音 ◆EA9lggjE :01/12/10 02:21
>542
(ガスの影響か、力がわずかに緩んだ瞬間に脱出)
なら・・・直接くれてあげるわ!!
(口から毒霧をアンゼルセンの顔面へ)

554 :紅丸:01/12/10 02:23
>548 アンタも中々のもんだったぜ。銃ばっかりじゃなく剣もいいかもな。
実はまだ奥の手が取ってあるんだけど、それは又の機会だな。
>549 俺はもうお前とは戦いたくねぇけどな。
「言えねー。本当は好きなアニラジ録音し忘れたからだなんて言えるわけがねー。」

555 :左手:01/12/10 02:23
>544
良く探してきたのう。感心じゃ。
ただ……遺失呪文としか思えないのもあるようじゃがな。
まあ、気にしなければどうと言うほどの物でもないか。

で、お主はバグナードをやらぬのか?

>547
追加しておいたぞ。

556 :タバサ:01/12/10 02:24
>552 ラグナロク
よろしければ、私が貴方に相応しい魔物を召還しますが?

557 :HMX-13 serio  ◆CEriOo46 :01/12/10 02:25
>550
あああああああああぁぁぁっ!
彼女自身、まさか生身の人間にバリアが破られるとは想定はしていなかった。
「痛み」という信号が前進を駆けめぐる。

...左肩、重大な損傷!......SHIT!モノコックまで破損しています......
.....彼女は戦いの中で初めて「恐怖」言う物を体験した....そしてその恐怖の中で彼女が出した答えは。

「逃げる」

背中の熱核ジェットが始動し、セリオの体は瞬時に加速し、森の奥へと消えていった。

558 :ラグナロク ◆0109yQVs :01/12/10 02:25
>556
……魔物だと?
…いいだろう。召還してみるがいい。
(場合によっては、リロイを呼ぶ事になるやも知れんな)

559 :レイオット・スタインバーグ:01/12/10 02:26
「ふむ……」
 吹き飛んだブラックロッドの死体を見ることもなく(魔族でもない限り、「頭部」を破壊されてかとどう可能な生物はいない)
 その場に射撃の姿勢のままたたずみながら、レイオットは静かに考えを巡らせた。
 このブラックロッド――ナンバーがいくつかは知らないが、これが破壊されたことを公安局は間違いなく察知した。
 となれば――自分も、排除すべき「魔物」として、連中は認識しているはずだ。ここに現れるのも、そう遠いことではないだろう。
 一体二体では、勝てない相手ではないが。
「そんな甘いことも言ってられんか」
 ならば。答えは出ている。
「カペル」
 背後に、付き従うように。あるいは、ただそこにあるように。一人の少女があった。年齢は13歳ほど。視界に入る、この上なく
無表情のその少女は、一言で言って紅い。
 紅い髪に、紅い双眸。そして、その双眸の上には、つややかな光沢をたたえた球体が張り付いている。大きさは、およそ五センテ
硬貨程だろうか。CAS――魔族との人間の間に生まれた、半魔族とも言える存在だ。
 ブラックロッドが引き渡しを強要した少女。カペルテータ・フェルナンデスは、レイオットを冷めた眼差しで見つめながら、静かに
返事を返した。
「……はい」
「逃げるぞ」
「……はい」
 言うが速いか、レイオットはガレージへと向かう。カペルテータは、刹那だけその背中を見つめてから――彼の後を追った。

 No.3の破壊が公安局に通告されてから、わずか数分。五体の黒杖特捜官が、無資格戦術魔法士の、お世辞にも豪勢とは
言えない質素な建物を、結界を描くような形で取り囲んでいた。制帽の霊視眼が、建物内部に、二つの生命反応を確認。
 奇妙なステップを踏みながら、生命反応のあるガレージへと向かう。
 もはや警告はない。魔族と認識された時点で、レイオットは明確に、殲滅されるべき異物だと認識されている。
 五体のブラックロッドが、一斉に呪弾を発射しようとしたその瞬間。

 ガレージから、黒い塊が飛び出してきた。
 それを確認した瞬間。
 ブラックロッドNo.5、No.2は爆炎に包まれ――四散した。
 「ははっ――――!」
  黒い塊から、歓声が聞こえる。レイオット・スタインバーグは、紛れもなくこの瞬間を愉しんでいた。

560 :アンデルセン ◆eyXzKtSc :01/12/10 02:26
>542
 ぐおっ!? やってくれたな化物ォ!

(護符突きの銃剣を初音の周囲に投げつける)

 大人しくしていてもらおうか。
 今すぐ銃剣の錆びにしてくれる!

(少しづつ体に痺れが周ってくる)

561 :アドリアン・ファーレンハイツ・ツェペシュ:01/12/10 02:26
>551
く…ぐ…さすがは狼男…筋力、膂力は半端ではないな…っ…

くあっ!!
(力づくで体を回して起き上がろうとする。腕の損傷は覚悟。)

562 :アンデルセン ◆eyXzKtSc :01/12/10 02:28
(参照先間違えてばかりだ(汗))

563 :レイク・ダウニング:01/12/10 02:31
>561
マジか!
(強引に振りほどいたはずみに腕を折り)
あンたもかなり無茶すんなぁ…へへへ。来れるかい?腕一本折られてさぁ?!

564 :462:01/12/10 02:31
>555 バグナード役
原作が手元にない上、最後に読んだのはだいぶ前でね。
おまけに「戦記」本編しか読んでないんで不死の王バージョンのバグナードには
馴染みがないし、世界観にもあまり詳しくない。
むしろ、444に期待したいんだが…

565 :殺人貴 ◆hKILL/T. :01/12/10 02:31
…さすがに俺が『ラグナロク』を使うのは反則か?

566 :軋間紅摩(マリオネット) :01/12/10 02:32
>557
……………

普通ならアレで致命傷。
関係ない、頭をつぶせばいいだけ。
一方的な追跡劇が始まる。
セリオがどんな複雑な逃走ルートをとっても、軋間は障害物を粉砕しつつ、
直進してくる。
やられる!
そう、思った瞬間にセリオの脳裏に浮かんだのは、マスターの顔だった。
マスターのためにも……

1.立ち向かう!
2.逃げ延びる!

567 :以上、自作自演でした。:01/12/10 02:32
反則っていうか意味無いだろ。

568 :ラグナロク ◆0109yQVs :01/12/10 02:33
>565
……正に「鬼に金棒」といった所か。フフッ
しかし君ならば、私の力なぞ殆ど使う必要はないだろう?

569 :比良坂初音 ◆EA9lggjE :01/12/10 02:33
>560
小癪な!!
(爪ではたき落とすが、そのうち1本が初音の肩を切り裂く)
ぎゃぁぁぁぁぁっ
(緑色の血を吐き、苦悶しながら上空に逃れる)

570 :以上、自作自演でした。:01/12/10 02:34
レイオットがいることだし、使い捨てのやられ役として魔族(メレヴェント)はどうよ?
もっとも、あの狂気っぷりと無常識ぶりを再現できんとつとまらんが(笑

571 :左手:01/12/10 02:34
>565
おぬしはどんな刃物を使っても一緒だろうが(w

572 :屍刑四郎:01/12/10 02:35
闘争に水を入れるようで悪いが、レスを返しておこう。しかし凄い速さだな。

>284 左手
『新宿』でも人面疽は珍しかねえが、独立しているのは初めてだ。区外も広いねえ。
色々と面倒を掛ける。よろしくな、じいさん。

鬼顔だがなあ、ナイトシンガーズに再就職したと思ったら、いつの間にか出戻ってたな。あれにはおれも驚いた。

ああ、仕事がらみでもあるのさ。
ここ最近、区内区外を問わず、戸山住宅以外の連中による吸血事件が多発してる。ここには心当たりのある奴も多いんじゃねえか?
おれはその犯人どもを追ってここまで来た。逮捕なんて生っちょろい真似はせん。一人残らず滅ぼしてくれるぞ。
という訳で。

>363 天堂天山
お前には殺人教唆の容疑が掛かってる。三下を使って吸血殺人なんてふざけた真似をし腐りやがったな。
いずれ、お前の趣味の悪い屋敷にもお邪魔するぜ。

そういや、おれの武器や技のもっと詳細な解説をした方がいいのかね。

573 :以上、自作自演でした。:01/12/10 02:36
>565
相手が最高ランクの時はいいんじゃないか?
そうでもしないと、アルクとコンビ組んでも自分だけ狙われまくって即あぼーんだろ?
だが、君は形見のナイフを見捨てるのかね(w
まあ、二刀流でも面白いかもしれないけど。

574 :アドリアン・ファーレンハイツ・ツェペシュ:01/12/10 02:38
>563
……
(汗が流れ、苦悶の表情。声を出す余裕も無い。
盾を投げ捨て、左手で剣を拾う)

(動かない。反応、そして迎撃に集中。)

575 :アーカード ◆aaRCARDU :01/12/10 02:38
>554
クックック……ハハハハハハハハハハハッ!
まぁいい、何も、問題は、ない。

>249
強さ? それは圧倒的なモノだ。
そして、意志の力でその圧倒的な状態を覆すことが出来るモノだ。
化物と対峙して、なお人間が勝つのはその意志の力故だ。
こんなところでいいかね?

576 :以上、自作自演でした。:01/12/10 02:38
>573
いや、唯でさえここでの最強パーティーなんだからこれ以上強くするのはどうかと思う。

577 :アンデルセン ◆eyXzKtSc :01/12/10 02:38
>569
 手足に痺れが来ていますね。
 このままではあまり長く持ちそうにありまん。

 しかし、我らイスカリオテは眼前の敵に背を向けることは決してしない!
 完全に、完膚無きまでに叩き潰すまで、私は逃げも隠れもせん!

(上空に向かって銃剣を乱射)

578 :サウジーネ:01/12/10 02:39
(伯爵配下の魔法使いの女の子。あだ名は「まーちゃん」)
わああ、今夜も凄いですね〜。
後始末が大変かも……
みなさん、安心して死んでくださいね〜。
私とフローズンハーフが責任持って、死体を回収しますから!

579 :ラグナロク ◆0109yQVs :01/12/10 02:40
(独白)
ふむ…確かに、普段リロイは私のことをほとんど
「切れ味の鈍らない剣」としか使っていないからな。此処で
様々な者に使われるというのも、悪くない。
これも、クロスオーバーの醍醐味、という奴だろう。面白い。

580 :◆SIRO4zbM :01/12/10 02:40
色々検索してみてコレが良いと思った物を上げてみた
アトラク=ナクアという作品を判らない者が居ると思うので
画像付の紹介だ。これで初音や私の容姿。私の攻撃方法の「燐」の事が
判るだろう・・・参考にしてみてくれ、なお「燐」の紹介の画像での背景は
夜の『八神神社』の境内だな・・・
ttp://www.pat.hi-ho.ne.jp/sazanami/alice/atlachchara.htm

581 :殺人貴 ◆hKILL/T. :01/12/10 02:40
>567
いや、大いに意味があるぞ?
>568
まあ、俺に不足している『防御力』を備える為だな。
…なんといっても、敵にデカイの一発でも入れられたたら終わりだから(苦笑)
>571
上記の理由だ。
>573
まさか、捨てる訳ないだろ、『七つ夜』は俺の分身さ(笑)

まあ言ってみただけだ。
…でも実際>573みたいな状況も考えられるしなぁ…。

582 :以上、自作自演でした。:01/12/10 02:42
タッグ戦といえば、アルク&志貴VS伯爵&アルカードを個人的にキボンヌ。(w

583 :HMX-13 serio  ◆CEriOo46 :01/12/10 02:42
>566
......マスター..私に力を!
セリオはそう呟くとアイレーザーを発射すると同時に軋間に突貫していった。
軋間はそのレーザーをかわそうともしなかった、しかしコレが誤算であった。
セリオのねらいは彼の目だった、強烈な赤外線が彼の目を襲った。
そしてセリオは軋間に向かって再び剣を向けた

584 :フローズンハーフ:01/12/10 02:42
(伯爵配下の魔物。雪オカマ)
>578
…さすがに、安心して死んでってのはどうかと思うわよ…(汗
まあ、ちゃんと蘇生できるように凍結保存はしてあげるから。
がんばってねぇ〜ん(はあと)

585 :レイク・ダウニング:01/12/10 02:42
>574
やせ我慢は良くないよ?
じゃ、こいつでKOといこうかねぇ、おりゃあ!!
(低いダッシュから渾身の右パンチ!)

586 :タバサ:01/12/10 02:42
>558 ラグナロク
・・・では。
タバサは口の中で何かを呟く。地面に魔法陣が現れ、光を帯びる。
「いでよ・・・!」
タバサの言葉に、光が弾ける。光の中から現れたのはーー。

「GAOOOOOOON!!!」
全長10メートルはありそうな恐竜。外見はどことなくかの暴君竜、ティラノサウルスを連想させる。が、頭には羊のような内巻きの角。
「この者の名は「ハウザー」。ある地の伝承に語られる地竜です。剣である貴方には相応しい相手と思いませんか? ふふ・・・」
#以下、ハウザーのデータ
攻撃方法:噛み付き、頭からの突進、尻尾による打撃、ファイヤーブレス
弱点:冷気に極端に弱い
備考:攻撃力は高いがガードは一切しない。
が、一定の打撃を受けるとしばし「暴走」する。
(バトルフィールド:平地)

(開始描写はこちらでよろしいかしら?>ラグナロク)

587 :ブラックロッド:01/12/10 02:42
>559
02と05。吹き飛ばされた後も、彼等は形としては人間のそれを保っていた。
しかし、その胸に開いた穴からは、向こう側が良く見える。

01は判断する。
呪盾による防御は行っていた。
それが貫かれたということはつまり、大威力、若しくは対魔術用の兵装を相手が装備しているということだ。
同様の判断を下した03と04。彼等は一斉に左手の自在護符の紋様を「幸運」に変化。

そうして防御を整えた後に、一斉に呪弾の連続圧唱。
倒す、ではなく、破壊する為の呪力の嵐が、時代遅れの鎧騎士を出迎えた。
*

588 :左手:01/12/10 02:44
>582
アルクェイド&志貴はラブラブだから良いとして
伯爵とアルカードは心情的にコンビを組めるのか?

589 :ラグナロク ◆0109yQVs :01/12/10 02:44
>586
「ハウザー」か…相手にとって不足はないな。
フィールド、開始描写は了解した。

590 :殺人貴 ◆hKILL/T. :01/12/10 02:45
>582
…あんた、無茶言うねぇ…。
それこそ、『ラグナロク』でも使わないと勝てないぞ(苦笑)

591 :比良坂初音 ◆EA9lggjE :01/12/10 02:46
>577
仕掛けて・・・きたわね
でも・・・・それが・・・・・命取り
余計な・・・・矜持や・・・・理想が、人を・・・死地へと・・・追いやるの
(銃剣を上空に張った蜘蛛の巣で絡めとリ、アンゼルセンへと射ち返す)

592 :ラグナロク ◆0109yQVs :01/12/10 02:47
>581
防御力…か。確かに君に持たれた場合、
防御を最優先に置くのが一番だろう。適材適所、だな。

593 :美夕 ◆MIYU.g96 :01/12/10 02:48
>582
お祭りでの闘争スレでは、七夜志貴&ワルクェイド+夕維でやっと伯爵
倒せてたっけ。あの時は補助の専門家の夕維がかなり役に立ってたね。

594 :以上、自作自演でした。:01/12/10 02:49
個人的には最強対最強よりも
数人の中堅レベルのキャラが協力して強キャラを戦うほうが見たいな。

595 :アドリアン・ファーレンハイツ・ツェペシュ:01/12/10 02:52
>585
常人には見て取れない速さで近づいてくる殺気。
{まだだ。まだだ。まだだ。まだだ。
…今だ!!}

体に届く瞬間。
拳が通ったところにはアルカードの残像だけが。

刹那、横からの殴打。
渾身の力を振り絞り、剣の横腹で思い切り頭部を殴りつける。
人間離れした腕力をもっての一撃。常人なら即死だ。

596 :アンデルセン ◆eyXzKtSc :01/12/10 02:52
>591
(回避する間もなく、全身に銃剣が突き刺さる)

 ごふっ、げはっ……ハァ、ハァ……
 確かに……このままでは貴様を殺す前に私が動けなくなってしまう。

(刺さった銃剣を抜いてゆく。
 傷はあっという間に治るが、毒のダメージは治しきれない)

 ならばどうするか?
 背を向けることなく、この状況をひっくり返すには、どうするか?

(天井に向かって飛び上がる)

597 :ラグナロク ◆0109yQVs :01/12/10 02:54
>594
ふむ……では、君の視点から見て、
「私を持ったリロイ」はどの程度の強さなのだね?
是非聞きたいところだな。

598 :紅丸:01/12/10 02:54
俺とアプトムの能力が合わさったらもう手が付けられなくなると思われ。
だからあいつは苦手です。

599 :殺人貴 ◆hKILL/T. :01/12/10 02:55
>592
ただ、それをやってしまうと『ほぼ完璧な防御』+『完璧な攻撃』となって、
敵がいなくなってしまう訳だな…。
>593
後、草薙の補助もあtった事をお忘れなく。

600 :軋間紅摩(マリオネット) :01/12/10 02:55
>583
……………!?

このレーザーをもってしても、目くらまし程度。
しかし、接近戦の糸口はつかめた。
軋間の視界はすぐに回復するも、今までとは別段の動きでセリオは軋間と立ち回る。
最速で相手の行動を計算し、動きに反映する。
さらに、全身から力がみなぎってくるかのようだった。



しかし、ついに軋間の右腕がセリオの右わき腹をえぐった。
勢いで吹き飛ばされ、背後の巨木に激突するセリオ。
軋間はセリオに向かって、歩を進め、ついに右手がセリオの頭を掴んだ。
そして、そこで初めて、軋間は言葉を発した。
『何故、死なない?』
『何故、絶望しない?』
セリオはその瞬間、理解した。
コレは、本物の軋間とは別物。
本物なら右手で頭を掴んだ瞬間に潰して終わり。
セリオは口元に微笑をたたえ、答えた。
「マスターがいる限り、私は死ねませんし、絶望もしません」
そして、右手の剣で軋間の……

1.心臓を貫いた
2.横から首を貫いた。

601 :レイク・ダウニング:01/12/10 02:56
>595
な!カウンター狙いかよ!っあああ!!
(強烈な一撃をくらってゴロゴロ転がって吹き飛ばされる)



あー、ヤメだヤメ。稽古でブッ壊されちゃあかなわないっての。
まだ目の前に星がチカチカしてるんだよ、あー痛てー。

602 :以上、自作自演でした。:01/12/10 02:57
>600
原作どおりかYO!(喜

603 :ラグナロク ◆0109yQVs :01/12/10 02:58
>599
成る程…バランスが崩壊してしまう訳か。
だがやはり違う所は、君の「完璧な」攻撃に対し、
「ほぼ完璧な」防御という所だろうな。
そこが君たちと我々との力の差か………

604 :ハウザー(操者:タバサ):01/12/10 02:58
「GRURURURU・・・」
ハウザーはぐるりと辺りを見回した。
食らうべき獲物が見当たらない。
「ここだ! 貴様を討ち倒す者はここにいる」
どこからか声が聞こえる。その方向へと頭を向ける。
一本の剣が見えた。剣が我を討ち倒すだと?
面白い。
使い手のない剣がどこまでやれるか、見せてもらおう!
ハウザーは物を言う剣に向かって突進した。

ラグナロクはーー

1:ハウザーの突進力を利用し、一撃を与える
2:ハウザーの技量を知るため、まずは防御

(ラグナロクを手に持つ者は名乗りを)

605 :比良坂初音 ◆EA9lggjE :01/12/10 02:58
>596
まだ・・・・・・動けるの?
貴方も、立派な化物ね、私と同じ・・・・
ねぇ?人として生まれたのに・・・・・どうして・・・・自ら人を・・・捨てたの?
それとも未だに・・・・・自分のことを・・・・人間だと思っているのかしら。
くくくっ・・・・ふふふふっ。
(万が一に備え、天窓へ脱出用の糸を張る)

606 :以上、自作自演でした。:01/12/10 02:58
そうか、お祭りで伯爵、大暴れだったのか?
無念、見逃したよ……。

607 :左手:01/12/10 02:59
>600
歌月十夜どうりの末路じゃな。
まあ、マリオネットだから本物でないのは確かなんじゃが(w

608 :美夕 ◆MIYU.g96 :01/12/10 03:01
>599
そうね、いたよね。草薙京。4人がかりだっけ。それでやっと、だもん。

>606
ログ残ってたら、太陽の過去ログ倉庫に入れてもらう?

609 :HMX-13 serio  ◆CEriOo46 :01/12/10 03:02
>600
......さようなら。
セリオはこう呟くと軋間の首に剣を突き刺し、彼の首をはねた。
それと同時にセリオは倒れるように崩れ落ちた。
数々の損傷が原因であろう..

610 :アドリアン・ファーレンハイツ・ツェペシュ:01/12/10 03:02
>601
…ぐぅ。
(片膝を突く)

{組みつかれたのは、失敗だったな…}
(朦朧とした意識の中で思うアルカード。)

{こんなようでは、次に目覚めた時に果たしてまともに戦えるかどうか…
少々、甘かったな}

611 :ラグナロク ◆0109yQVs :01/12/10 03:03
>604
ふん…
(瞬時に立体映像を出し、そちらに意識を移した私は、
とりあえず突進してくる恐竜の力量を探るため、
前方に<存在意思>のシールドを形成し、真っ向から
受けとめる格好を取った。)

612 :606:01/12/10 03:03
出来るなら……
ああ、見たかった。
伯爵自身、全然戦わないもんなあ。
(無茶いってます。)

613 :比良坂初音 ◆EA9lggjE :01/12/10 03:04
605の補足
アレも・・使わせてもらうわ
(床に散らばる銃剣を糸で操り、アンゼルセンの行く手を阻む)

614 :レイク・ダウニング:01/12/10 03:05
>610
おっとと。(肩を貸して)
体動かしたら腹減った。メシでも食いに行く?ワリカンだけどさ。

615 :アルクェイド ◆ZspsGRZw :01/12/10 03:05
相変わらずみんな元気に闘争してるね。
ちょっとだけ遊びに来たよ。

>249
志貴を見てると何となく分かるな。
言葉では上手く言い表せないんだけど……。
大事なモノを守れる人が、強くなれるんだよ、きっと。

>606
まさにお祭りだったからね。
わたしもあの場限定で悪クェイドまで出しちゃったし。
見た人の意見によると、東映漫画祭りみたいだってさ、あははっ。

616 :マリオネット:01/12/10 03:05
>609
瞬間、元のマリオネットに戻り、森の中に転がった。
森には、2体の人形が転がっていた……。

617 :◆SIRO4zbM :01/12/10 03:08
こう見ていると今は懐かしいシステムのガープス「吸血大殲滅」を
作りたくなってくるな・・・CPはどのくらいになるかは不明だが・・・

618 :アンデルセン ◆eyXzKtSc :01/12/10 03:08
>605
(天井の石の隙間に大量の銃剣を突き刺し、ぶらさがる)

 老朽化が進んだこの石の天井。
 隙間をこじ開けたら、どうなるのだろうな?
 その垂れ下がった糸は、どうなるのだろうな?

(力任せに銃剣を捻る。
 天井がガラガラと崩れ出した!)

619 :殺人貴 ◆hKILL/T. :01/12/10 03:08
>608
…う…、あれは『俺』の初戦闘で、少々気恥ずかしいものがある…。

>615
またお前は、そんな事を臆面もなく口にしやがって…。

620 :◆SIRO4zbM :01/12/10 03:08
訂正「吸血大殲」
滅が余分だったな・・・

621 :アドリアン・ファーレンハイツ・ツェペシュ:01/12/10 03:09
>614
く…ふふ、言ってくれるな…

俺の負けだ。おごろう。好きなだけ食うがいい。

622 :サウジーネ:01/12/10 03:10
>609 >616
はい、この2人(?)、悪魔城にご案内です〜!
(ホウキで2人をつれ、悪魔城に)

フローズンハーフさんはけが人のレイクさんとアルカードさんの手当て、
お願いします〜!

623 :アルクェイド ◆ZspsGRZw :01/12/10 03:11
>617
妖魔夜行のルールを改変すれば出来ないことはないんじゃないかな?
わたしなんて2000CPくらい使いそうだけどね。
後は、直死の魔眼をどう表現するとか……。
明らかなルールブレーカーだと思うし。

>619
あ……もうっ、そういうこと言わないでよ。
あらためて見たら恥ずかしくなるじゃない。(真っ赤)

624 :フローズンハーフ:01/12/10 03:11
(伯爵配下の魔物。雪オカマ)

>609 >616
さて、と…。
お人形さん達の回収ね。
(セリオの方を両手で持って、冷却しながら悪魔城へ戻っていく)

625 :以上、自作自演でした。:01/12/10 03:11
しかし、もう600突破か…
このペースだと4スレ目もすぐそこだな…
本家のb氏も、そのうちブレードあたりで参戦したりして(w

626 :フローズンハーフ:01/12/10 03:13
(伯爵配下の魔物。雪オカマ)
>622
あ、わかったわ。
それじゃ、ついてきてねぇ〜。
(レイクとアルカードに手招き、そのまま悪魔城へ)

627 :レイオット・スタインバーグ:01/12/10 03:13
 ガレージ。
 ブラックロッドNo.3を破壊したレイオットは、モールドに奇妙な機械を取り付けていた。歩き始めの赤ん坊が扱う
あの器具に酷似したそれは、モールドと同じく鋼鉄製のフレームを、モールドのアタッチメントに次々と固定していく。
 上部フレームから左右に飛び出したアタッチメントに、スタッフを接続して、レイオットはその奇妙な機械ならのびている、
細いひもを思い切り引っ張る。刹那、甲高いエンジン音。
 <ホイールマニア>
 あるモールドエンジニアが趣味で開発した、高速機動用のアタッチメントである。
 エンジンが、開放を待って甲高いうなり声を上げている。レイオットは傍らに静かにたたずんでいるカペルテータを正面に
抱きかかえるようにすると、一息。
「……行くぞ」
「……はい」
 簡単な返答。だが、それを合図に。ホイールマニアは、解き放たれた。閉じられたままのガレージの扉に、猛烈な勢いで突き進む。
 右手で彼女の頭部をかばうように手をやると、左手でスタッフを操作。操桿を引き――
 扉を突き抜ける。視界にはいる、2体のブラックロッド。レイオットは反射的に、撃発音声。
「――イグジストッ!」
 戦術魔法<ブラスト>発動。刹那、並ぶように立っていたブラックロッド2体が爆発。確かな手応え。
「ははっ――――!」
 愉しげに声を上げる。だが、右手はしっかりとカペルテータをささえている。
 瞬間。背後から、残ったブラックロッドが呪弾を圧唱。レイオットも反射的に操作桿を操作。防御魔法<デフィレイド>を無音詠唱。
「イグジスト!」
 発動。背後の空間が歪み、ブラックロッドの呪弾を防御。
 一瞬の空白。
 その間に、レイオットはホイールマニアの操縦桿に取り付けたれた、「いかにも」なボタンを押し込んむ。
 瞬間。猛烈な加速が、レイオットを襲った。

628 :アルクェイド ◆ZspsGRZw :01/12/10 03:14
>625
そう言えば、今日トップで、

>ヴェドゴニアとブレイドのキャラが被ってるったぁどーゆー了見だコラ(私信)

って言ってたね。
まあ、冗談だと思うけどね、ははっ。

629 :アドリアン・ファーレンハイツ・ツェペシュ:01/12/10 03:14
>622
すまない。手間をかける。

…しかし…いやな予感がする…予感で済めばいいが…

630 :◆SIRO4zbM :01/12/10 03:15
>623 アルクェイド
まぁ実際TRPGをやるわけではないからなCPは使えるだけになるだろうな
直視の魔眼か・・・何か弱点補正で−CPがあればな・・・

631 :アルクェイド ◆ZspsGRZw :01/12/10 03:17
>630
寿命が短いこととか、頭痛とか、眼鏡がないと発狂するとか、弱点は結構あるね。
それでも、かなりとんでもない能力であることは間違いないね。

632 :◆SIRO4zbM :01/12/10 03:18
ふと見ていると「八神庵スレ」でも面白い闘いがやっているな・・・

633 :ハウザー(操者:タバサ):01/12/10 03:19
「!?」
突進が防がれた事よりも、剣があった場所に現れたニンゲンに驚きを覚えた。
どこに隠れていたのだ? いや、それよりも・・・このニンゲン、なかなかに美味そうだ。
味見をさせてもらおうーー!
態勢を立て直し、巨大な鈎爪の付いた後ろ足を振り上げる。
(掴みに来るか・・・!)
ラグナロクはそう直感した。

1:振り上げた足に一撃を加える
2:一旦バックステップ、その後に頭部に打撃

634 :以上、自作自演でした。:01/12/10 03:19
そういや、アルクは伯爵戦でブラックホールも無効化してたな(w
かちゅでログとってないから、うろ覚えだけど

635 :比良坂初音 ◆EA9lggjE :01/12/10 03:19
まさか、ここまでするとは・・・・・
外へ逃げ、いや、読まれてるわね、ならっ!
(目くらましに大量の糸を出し天窓へと脱出?)

636 :◆SIRO4zbM :01/12/10 03:20
>631 アルクェイド
いつか何処かで作って公開してみたい物だ・・・
ただ作るだけでも面白いからな、ガープスは。

637 :フローズンハーフ:01/12/10 03:23
(伯爵配下の魔物。雪オカマ)
>629
…大丈夫よぉ、今の貴方はこのスレの、ひいては悪魔城の客人。
丁重におもてなしさせてもらいますわ…?

638 :比良坂初音 ◆EA9lggjE :01/12/10 03:23
>618
(天窓に囮を放つと、繭で全身をくるみ未だに燃え盛る炎の中を全速で脱出)

639 :アンデルセン ◆eyXzKtSc :01/12/10 03:25
>635
(もうもうと立ち込める土煙の中、何事もなかったかのように立っている)

 流石に天井全てを落とす訳にはいかなかったようですね……

 まあ、そんなことはどうでもいい。
 狩人に背を向けたな! 化物!

(天窓から外へ向かう)

640 :サウジーネ:01/12/10 03:26
(伯爵配下の魔法使いの女の子。あだ名は「まーちゃん」)
>629
(悪魔城大広間にて)
あははー、問題無しです。
はい、これで傷を癒してくださいね。
(2人にエリクサーを差し出す。)
あと、お食事も用意してあります。
(うまい肉やらマカロニグラタンやらイカ刺しなどを大量に運んでくる。)

641 :天童天山 ◆TEND/qYo :01/12/10 03:26
数時間でこのペースか。闘争心に溢れとって結構じゃねぇか。
ガラにも無く若ぇ頃を思い出しちまった。

>375 伯爵
分かった、なら若ぇ衆も存分に使う事にする。
 >個人的のお前の屋敷はデビルサマナーで一番雰囲気があると思っておる。
そう言って貰えるとありがてえ。おれの屋敷は外見からしても中身からしても相当に狂ってるからな。
あん時の平崎市には実に良くなじんでたわ。

>382 レイオット
体質と言うよりは吸血鬼になっちまった影響じゃろう。
シドの奴、一体どんな術を使いやがったのやら・・・
しかし、獲物としては絶好の相手じゃろうか。油断は禁物だがな。

>389 美夕
只の女子かと思ったら・・・おれよりもよっぽど強そうじゃねえか。
断っとくがおれが求めるのはあくまで人間の生き血だけじゃ。
・・・・とは言っても、それがお前さんの気に障っちまったら戦わざるをえんのか・・・・

>399 降魔局 広報部員
確かに見た所、補助系が多いからデ・カジャが役に立ちそうじゃ。
が、呪詛返しとやらも持ってるじゃねぇか。そうそう楽できる相手では無さそうじゃな。

>572 屍刑四郎
け、ヨリによってサツの野郎が居やがるたぁな。じゃが、
たかが人間のサツ如きにおれが殺られてたまるかってぇんだ。
その気になりゃ何時でも屋敷へ来て見やがれ。
おれの部屋へ辿りつかせるまでもなくその血を頂いてやろうじゃねぇか。

とりあえず今日はここまでじゃ。明日の夜にはまた来させてもらうけんの。

642 :ラグナロク ◆0109yQVs :01/12/10 03:26
>633
……防げたか。それ程の力ではないな。
しかし、何せこの図体だ。どう攻める…?
(私が思慮を続けていたその時、ハウザーの後ろ足が動いた。
掴みにかかってくるのだろう。)
………遅い!!
(私はしっかりと足の動きを見切り、軽いバックステップで
身をかわす。標的を見失った足は地面に叩きつけられ、
轟音を響かせる。その時、ハウザーの頭部ががら空きになっている事に
気が付いた。)
先ずは……頭か!
(私は瞬時に<存在意思>を収束させ、エネルギーの塊として
ハウザーの頭部に投げつけた。)

643 :アンデルセン ◆eyXzKtSc :01/12/10 03:27
>618

 む? これは……

(そこには糸の塊しかない)

 謀られた?
 化物ごときに!?

644 :アルクェイド ◆ZspsGRZw :01/12/10 03:33
>634
あの理屈で本当に無効化できるのかちょっと怪しいんだけどね。
そう言えば、わたしってばあのログうっかりして消しちゃってたんだ。
ちょっと勿体なかったかなあ……?

>636
そうだね、キャラを作るだけで面白いゲームだったよ。
わたしは実際のプレイはまったくしたことがないんだけど……。

645 :比良坂初音 ◆EA9lggjE :01/12/10 03:35
ふふっ・・・・私はここよ
(無防備な姿で現れる)
(アンゼルセンが振り向いた刹那、砦最上層の巨大な十字架が)
(アンデルセンの頭上へと狙い済ましたかのように突き刺さる)
(十字架の根元は初音が放った子蜘蛛の毒で腐食していた)
いい格好よ、神父様・・・・いえ、殉教者様
くくっ・・・ふふっ・・うふふふっ

646 :ブラックロッド:01/12/10 03:35
すさまじい加速を開始した一個の鉄塊。
ニ体のブラックロッドが倒れた事によって出来た包囲の穴を、それは迷わず突破した。
背中を追うように呪弾が飛んだが、常識外れの加速により、それらは虚しく宙を薙ぐに留まった。

01は思考する。
肉体制御による脚力強化での追跡……不可能。
馬鹿歩きによる先回り、待ち伏せが最も有効。
攻撃を受けた2体の活動停止を同時確認。
増援の追加を本部に申請。

きっかり3秒交霊した後、彼等は一斉にステップを開始した。

647 :美夕 ◆MIYU.g96 :01/12/10 03:38
>644
太陽板の管理者に要請はしてきちゃった。ログが残ってないなら、
わたしがログ持ってるし・・・。

今日はこれまでだけど、次に一戦まじえるなら初音がいいな。
・・・いいかげん、決着つけないとね。

じゃ、そろそろ帰るね。ばいばい・・・。

648 :殺人貴 ◆hKILL/T. :01/12/10 03:39
>644
俺はラストまでしっかり保存してあるが。
…まぁ何だかんだ言っても、『俺』のでビューだからな。ははっ。

649 :アンデルセン ◆eyXzKtSc :01/12/10 03:40
>645
 け、汚らわしい化物め……

(流石にこれほどまで大きな頭への大ダメージには耐えられない。
 死んではいないようだが、完全に気を失っている)

(アンデルセン、戦闘不能)

650 :◆SIRO4zbM :01/12/10 03:41
>648 殺人貴
そのログ教えてくれぬか?
私も見てみたい。

651 :殺人貴 ◆hKILL/T. :01/12/10 03:43
>650
…あー、ローカルに保存してあるので、みたければメールなんかで添付、
という形になるんだが…。
かちゅのログって何処かにアップできたっけか?

652 :ハウザー(操者:タバサ):01/12/10 03:43
ハウザーの後ろ足がラグナロクに迫る。だがーー
「・・・遅い!」
ラグナロクがバックステップで素早く足をかわす。
目標を失った足が地面を叩き、辺りが振動する。
避けられた? 馬鹿な!
「GAOOOOOOON!!」
巨大故の愚鈍さを自覚していないハウザーが忌々しいとでも言わんばかりに、吠える。
その時、自らの頭部が無警戒であったことに、ハウザーは全く気づいていなかった。

頭部に、衝撃が走る。

ラグナロクの放った何かがハウザーの頭部を直撃した。
巨体が、ぐらりと揺れた。

1:好機! 頭部に強打を見舞う
2:奴の「武器」・・・足を狙う!

653 :サウジーネ:01/12/10 03:45
ええと、アンデルセン神父と初音さん、決着ね。

でも、この神父さん、悪魔城に連れて行ったら大変なことになりそう。
ええと……
(時間差で回復する魔法をかける。)
これで、後は法王庁に投げ込んどけばOKね!
(ホウキで神父をつれ、法王庁へ)

654 :アルクェイド ◆ZspsGRZw :01/12/10 03:47
ttp://namako.ceo-jp.com/cgi/upload/upload.cgi

なりきり板のログアプロダよ。

655 :◆SIRO4zbM :01/12/10 03:49
>615
ローカル保存か・・・・そうだな・・・・
書き手のHP直結でチャットルームならあるのだが・・・

656 :◆SIRO4zbM :01/12/10 03:50
>645
と、思ったらそのような物があったか・・・

657 :ラグナロク ◆0109yQVs :01/12/10 03:51
>652
……効いているようだな。一気に決める!
(今度は右手に<存在意思>を収束させ、そのまま留める。
これで不可視の「剣」の完成だ。制御は難しいものの、
これを命中させる事が出来れば、先程より大きなダメージを
与えられる。あわよくば、このまま決着させることも可能だろう。
私は手にした「剣」を振りかぶり、ハウザーの頭頂付近まで跳躍する。
一閃。<存在意思>の刃が、頭部へと吸い込まれていく。)

658 :アルクェイド ◆ZspsGRZw :01/12/10 03:51
>祭り闘争スレ
でも、少し待てば太陽の方に監査役さんが移植してくれそうだけどね。

659 :アドリアン・ファーレンハイツ・ツェペシュ:01/12/10 03:52
レスを返しておくか。

>249
強さか…
…そうだな、何かを守ろうとする意志、これが強さだろうと思う。
自分にとって譲れないもの、自分の存在と等価であるもの、
それを持ち、守ること。そういうものではないだろうか。
俺にとっては…人間性、というものだろうか?

もうひとつ付け加えるなら、立ち上がれること自体も強さなのかもしれんな。

>582,588
…それこそネタか、俺が父に洗脳でもされないかぎり無理だな。

確か前スレッドの分もいくらか残っていたな…
流れの速いスレッドは読むのが大変だ。

660 :アルクェイド ◆ZspsGRZw :01/12/10 03:52
あっ、もうアップしてくれてる……。

http://www.alfheim.jp/~narikiri/narikiri/TheSun/kako/007/007050690.html

かちゅ〜しゃじゃ見れないよ。

661 :フローズンハーフ:01/12/10 03:53
(伯爵配下の魔物。雪オカマ)
>まーちゃん
書き込み内容に矛盾が出てくるかもしれないから、ワタシはまーちゃんが書いたあとに書くようにするわね。

662 :殺人貴 ◆hKILL/T. :01/12/10 03:54
>654
サンクス、アルクェイド!

アップしておいたぞ、銀さん。

『凄い勢いでとにかく闘争するスレ』

663 :レイオット・スタインバーグ:01/12/10 03:54
 ホイールマニアに搭載されているNOS(ニトロ・オキサイド・システム)によって生まれた、爆発的な加速。
ブラックロッドとの距離を引き離しながら、レイオットはひたすらに、街の境界線を目指していた。
 ケイオス・ヘキサとは違い、こういった通常地区でのブラックロッドの作戦展開区域は限られている。
連中も、他の街の行政を敵に回すような愚は犯さないだろう。トリスタンを一時的にでも離れれば――
ブラックロッドは、その追撃を終了するはずだった。
 加速によってえられた距離は、思った以上に遠大だった。後数十分も走れば、このままおとなしく――
 瞬間。眼前の空間が歪んだ。
「!?」
 <馬鹿歩き>――縮地とも呼ばれたこの跳躍術を以て、ブラックロッドはあらゆる地点に出現する。
それを失念していたレイオットにとって、それはまさに、完全な不意打ちだった。
「ちっ―――」
 転移を終えた3人のブラックロッドは、一斉に細身の黒いブースターロッドを向ける。
 圧唱されるのがどんな呪文であれ、それが面白いことになるわけがなかった。
 レイオットは即座に呪文書式を変更。無音詠唱。そして。
「――イグジスト!」
 <ディスポーズ>発動。デュラピッドがさらに二つはじけ飛ぶ。残り拘束度数9。
 放たれた、網目状の不可視の刃が、正面の3人に襲いかかる―――
 だが。
「……なに?」
 だが、放たれた呪文は命中しない。まるで冗談のように、弾けたデュラビットだけがレイオットに残っている。
「……何かされたな……」
 そう判断して、レイオットは呪文書式を<ジャミング>に変更。
「イグジスト!」
 魔力が、3人に襲いかかる――その前に、自由になっていたレイオットの右手にはハンティングホーク。
シリンダーに残った3発を、ちょうど正面のブラックロッドに集中させる。

664 :◆SIRO4zbM :01/12/10 03:55
>660
かちゅ〜しゃ内からクリックしたら新規タブ見れたぞ。
あとはログ保存をするだけだ

665 :サウジーネ:01/12/10 03:56
>661
了解です〜!
じゃあ、私はおやすみです〜!

666 :◆SIRO4zbM :01/12/10 03:57
>662
すまんな。
ログ保存完了だ。

さて、ここを去る時間だ。さらばだ!
シャラン・・・シャラン・・
(錫杖の音が鳴り響いて、銀は闇へと消えていく・・・)

667 :比良坂初音 ◆EA9lggjE :01/12/10 03:58
「これでも・・死なないの?
貴方こそ、汚らわしい・・・・人の皮をかぶった魔物よ。」
(聖剣のダメージが未だに抜けてない、ふらつきながら戦場を離脱)

とりあえず、今宵はここまでということで
戦闘についての感想、反省は明日改めて
自分ではそれなりに上手く動けたとは思うのですけど
皆様、いかがでした?

668 :フローズンハーフ:01/12/10 03:59
(伯爵配下の魔物。雪オカマ)
>665
は〜い、おやすみ〜。
ワタシはもうしばらく起きてるわね。

669 :アンデルセン ◆eyXzKtSc :01/12/10 04:00
(再生中)

 ふう、今回は残念でしたよ。

(口調は穏やかだが目がヤバイ)

 とにかく私は攻撃のバリエーションが少ないですからね、おまけに性格
上取れる戦法も限られている。
 掴みかかってみたり、天井を崩してみたりといろいろ考えてはいるので
すけど。
 武装も原作見る限りではまだまだ少ないですしね。
 ……高位の化物限定ではあるものの、原作には無い、しかし吸血大殲
的には十分ありえる武装なら考えていますが。

670 :ハウザー(操者:タバサ):01/12/10 04:10
>657
「・・・効いているようだな、一気に決める!」
ラグナロクはその右手に意識を集中させる。
目には見えないがそこには「何か」が存在していた。
その「何か」を振りかぶり、ラグナロクがハウザーの頭部目掛けて翔ぶ。
気合いと共に、手にした「何か」をハウザーの頭部目掛けてに一気に振り下ろす!

「GUOAAAAAAAAAN!!!!」
かつてない衝撃がハウザーを襲う。
ニンゲン如きが・・・生意気な!!
ハウザーの怒りは頂点に達しようとしていた。
と、同時にその生命の炎ももはや風前のともしびであったのだが、ハウザーは当然気づいていない。

「・・・流石は伝説の地竜、まだ立っていられるか・・・む?」
ハウザーの様子がおかしい。その巨体を弓のように大きくのけぞらせている。
何かの予兆か。それともーー

1:とりあえず、防御を固めておく
2:隙だらけだ、一気に終わらせる
3:何が起こるか分からん、避ける準備をしておく

671 :アンデルセン ◆eyXzKtSc :01/12/10 04:14
 では、私は本調子に戻るためにも寝ることにします。
 カトリックの平和と繁栄を祈って……Amen!

672 :ラグナロク ◆0109yQVs :01/12/10 04:20
(私の振り下ろした<存在意思>の刃は、狙い通りにハウザーの
脳天へと叩きつけられた。閃光が辺りを支配する。
周囲への影響を考え、私は自らと辺り一帯に同じく<存在意思>
のシールドを張り、それ以上のエネルギーの爆発を食い止めた。
…閃光が消える。…ハウザーは、未だそこに存在していた。
間違いなく効いている。事実、ねじれた角の一本は既に無く、
眼球も片方潰れている。だが、その怪物は未だそこに立っていた。)
………! 今ので決められなかった、だと?
流石は伝説の地竜。まだ立っていられるか……む?
(ハウザーは、突如その巨体を大きくのげぞらせ始めた。
……何かの予兆か? それとも………
(考えている間にも、ハウザーの身体はどんどんとのけぞり、
頭が地面に触れんばかりまでになった。……これは危険だ。
私はとりあえず、防御のための<存在意思>を練り上げつつ
様子を見る事にした。)

673 :ブラックロッド:01/12/10 04:20
当初、魔物の使う魔術の種類はブラックロッドにとって完全に未知のものだった。
それ故に、ガレージでの戦闘で呪盾はその効力を完全に発揮出来なかったのだ。
だが最初の魔術戦で、彼等はレイオットの使う『魔法』を把握していた。

「魔術戦において相手の属性を把握することは最重要課題である」

そして、同じ達人同士なら、一人が三人に勝てる道理は無い。
効力を増した呪盾は今度こそ本来の効果を発揮。レイオットの放った魔術を四散させる。

01は考える。
先の戦闘で、目の前の魔物は<呪弾>を完全無効化してみせた。
ならば、純粋な物理攻撃である<切断>による攻撃を試そう。
同様の思考過程によって、03と04も一斉に<切断>を詠唱した。

レイオットがもし先刻と同じ<デフィレイド>を唱えていれば。
魔術により一度生み出された真空刃を消滅させられず、彼の体は鎧ごと切断されていただろう。
だが今回彼が使った<ジャミング>は、「魔術の発生そのもの」を阻害した。
結果双方の魔術は不発。

一瞬後、01は向けられた銃を確認。自在護符の紋様を<幸運>に変更。
三発の銃弾は「偶然」逸れていった。だが、01はバイクから逸れようとはしなかった。
<肉体制御>を全力発動。
時速100キロを超える速度で疾走していたバイクに、01は飛び乗っていた。

674 :フローズンハーフ:01/12/10 04:33
…もうそろそろ、ワタシも寝ますわね。
ふぁ…。
(片手で口元隠しつつ欠伸し、悪魔城へと戻っていく)

675 :アドリアン・ファーレンハイツ・ツェペシュ:01/12/10 04:38
もはや、どこに返すべきレスがあるのかすらわからないな。
そろそろ俺も去ろう。

ありがとうレイク・ダウニング。
俺もまだまだだったな。

676 :レイオット・スタインバーグ:01/12/10 04:46
 完全に手詰まりだった。明らかにミスだ。ブラックロッドに、こちらの手の内を知られてしまっていた。
彼らは状況に応じ、ほぼ無限とも言える呪文を発動させる。最初の接敵で、全滅させることができなかった。
これが、彼の負因だった。ほぼ同等の技量をもつもの同士。ならば、数の多い方が勝つ。
「……すまん」
 嘆息して、レイオットがうめいた。だが、やはりカペルテータは表情を変えない。ただ一言。
「……いえ」
 と言っただけ。そんな彼女に、彼は内心苦笑する。
 さて。次の瞬間には、ブラックロットの魔法が、こちらを粉砕するだろう。案外、あっけない死に方だなと思った、その瞬間。
 ブラックロッドが、こちらに飛び乗ってきた。
「!!」
 刹那。レイオットは操作桿を操作。呪文書式を変更。無音詠唱。
 だが、彼らに対しては、あらゆる魔法は通用しない。だから、レイオットは。この呪文をつかった。
「アクセラレータ――」
 これは、相手に対する魔法ではない。相手に対する魔法ではない―――
「イグジストッッッ!!」
 残り拘束度数6。
 瞬間。彼の肉体が。ぎちり、と軋んだ。
 アクセラレータ。肉体強化呪文。彼ら風に言えば、フィジカルエンチャント。無理矢理に加速された神経電流が、
激しく体内を駆けめぐり、戦闘に不必要な臓器を仮死状態へ追いやっていく。
逆に、極限にまで強化された筋肉は、毛細血管を破裂させながらも、敵――ブラックロッドを凌駕する力を発揮した。
「うおおおおおおおおおっ!!!」
 叫ぶ。そのままの体制で、正面のブラックロッドを担ぎ上げ、驚異的な膂力で、3と4に向かって投擲する!
 瞬間。レイオットは、01の陰に入り、03と04からわずかな間、姿を消すことに成功する。
 同時に、呪文書式を変更。<ブラスト>に再設定。無音詠唱。だが、ここでは発動しない。
 初めて、呪文の詠唱を開始する。
「我・法を破り・理を越え・破壊の意志をここに示す者なり・爆炎よ・爆炎よ・敵を焼け・敵を焦がせ・敵を滅ぼせ・
我が勝利を・ここに導け・猛き業火! ベルータ・エイム・クイファ・クイファ!!」

677 :ハウザー(操者:タバサ):01/12/10 04:55
ハウザーの身体が、これ以上は不可能と思えるほどにのけぞる。
(危険だ・・・避けるか、いや・・・)
ラグナロクはハウザーの次の動作に備え、防御姿勢で様子を見ることにした。

ニンゲンめ・・・灼き尽くしてくれる・・・!!!

反り返った身体が、瞬時に元の姿勢になる。
同時に大きく開かれた口から灼熱の炎が一気に吹き出された。

「く・・・これは・・・!!」
防御姿勢を取っていたとは言え、火山の噴火に近い威力の火炎を全て受け切れるものではない。
「ぐ、くぅぅ・・・!!!」
ラグナロクの全身を炎が包む。灼けるほどに熱い。

吸い込んだ息の全てを火炎に変えて吐き出したハウザーが、かつてニンゲンが立っていた場所に目を向ける。

ラグナロクは、片膝を地面に付き、肩で息をしながら、そこにいた。

何故だ! 我の炎で灼き尽くせぬニンゲンなど、この世にいるはずがない!!

ハウザーは狼狽しつつも、ラグナロクに止めを刺すべく、歩み寄った。
その足取りは、生命の炎の弱さに比例して、相当に重い。

678 :ブラックロッド:01/12/10 05:00
03と04は投げ飛ばされて来る01を、いともあっさり受け止めた。
そしてすぐに態勢を整えると、レイオットが01の影になっていたにもかかわらず、一斉に左手の自在護符を翳す。
彼等の霊視眼は魔力の流れも見定める。
相手の属性を把握している今、純粋な魔術戦でブラックロッドの不意を突くのは不可能だ。

そして、いかに増強されたレイオットの魔法でも、三人掛りの<呪盾>は貫けない。
爆炎が僅かに彼等を押し戻す。魔法の効果はそれで消えた。

ブラックロッドは無傷だった。
しかし、レイオットが戦場を離脱するには、それでなんとか事足りた。

679 :ラグナロク ◆0109yQVs :01/12/10 05:11
>677
(反り返った身体が、瞬時に元の姿勢へと戻る。
同時に大きく開かれた口からは、灼熱の炎が一気に噴出された。)
く…これは…!!
(予測していたとは言え、その予想を遥かに超えたスピードで
噴出される炎。私にも、少しの油断があったのだろう。
<存在意思>のシールドを張るタイミングが、ほんの僅か遅れた。
旧時代の兵器<ゲイルレス>をも凌駕する温度の火炎が、
私の身体を包み込む。)
ぐ………ぐぅぅ………!!
(何とか<存在意思>のシールドが間に合ったため、致命傷は
免れたようだ。甘く見ていた……!自分の過ちを咎める。
もう少し遅かったなら、私の意識は確実に消滅していた事だろう。
立体映像の損傷は37パーセント。大丈夫、まだ動ける。)
(地面に付いていた片膝を上げ、構える。
その時には、私に止めを刺すべく、ハウザーが眼前まで近づいていた。)
……とは言え、このダメージで<存在意思>を操るのもそろそろ限界か。
………安心しろ。痛みは無い。今から貴様の存在は、消えてなくなるのだからな。
(そう吐き捨てると、私は現状で制御できる限界まで、<存在意思>を
引き出して、まとめ上げる。そして一気に解き放った。
巨大な閃光。同時に被害を抑える<存在意思>のシールドを展開。
片端から消滅していくハウザーの肉体を横目に見ながら、私は
地面へと崩れ落ちた………)

680 :レイオット・スタインバーグ:01/12/10 05:12
「イグジストォォォォッ!!」
 <ブラスト>の上位魔法<マグナ・ブラスト>発動。<ブラスト>の数倍の威力を持つ「第二の業火」
だが、あっさりと無効化された。だが、この魔法は、破壊を意図したものではない。1を受け止め。
そして、自在護符の起動。
 刹那に現れた、一瞬の、だが確実な空白。
 彼らに与えられた最後のチャンス。
 レイオットは再び、ホイールマニアの赤いボタンを押し込んだ。
 NOS起動!
 復活する爆発的な加速は、体制を復元しようとするブラックロットから離脱するには十分な力を持っていた。
叩きつける風圧が、レイオットを。それよりも、生身のカペルテータを襲う。だが、カペルテータは悲鳴を上げない。
人形を思わせる無表情で、その責め苦に静かに耐えている。
 ブラックロットが、体制を整えた。反射的に、<ブラスト>を3連射。
 即座に無効化されるものの、貴重な一秒を稼ぐには十分だ。
 そう、この一秒で―――
 標識がある。
 街の、境界線だ。ブラックロットが完全に追撃態勢を整えたその瞬間。レイオット・スタインバーグと
カペルテータ・フェルナンデスは、トリスタン市を脱出した直後だった。

681 :ラグナロク ◆0109yQVs :01/12/10 05:14
すまない…今日はもう限界だ。
私の闘いは……如何だっただろうか?
…遠慮なく感想など聞かせてくれ。では……さらばだ。
(立体映像消滅)

682 :タバサ(ハウザー操者):01/12/10 05:28
>679
(戦いの一部始終を悪魔城の自室より眺めていたタバサ)
ふむ。あのハウザーを倒すとは。
いや、それよりもあの剣。意思を実体化させ、それにより戦闘を可能にする・・・。なかなか興味深いですね。
ふふ・・・研究室に留まっているだけでは世界の広さは実感できぬ、と言うわけか。
研究にもいっそう力が入ると言うものです。ふふふふ・・・。

(初戦と言うこともあり、少々見苦しい点も有ったかと思いますが、御感想など頂ければ幸いです)

683 :鳥?:01/12/10 05:31
ブラックロッドは見えなくなった。標識によれば、これで市外に逃げきった……はずだった。
「三年前なら、そうだったんですけどねぇ」
上からの声。その正体は不明だったが、レイオットは事実の指摘に愕然とした。
戦闘の興奮が原因だったのだろうか?そう、三年前の市の統合事業を忘れていた。
ここからでは、5分程度では市外には逃げきれない。
つまり、ブラックロッドに確実に捕捉される。絶対に助からない。
「こっちの書類にサインしていただければ、貴方達を逃がして差し上げますよ?もちろんお代は頂きますけど」
少女の涼やかな声は、歌うようにそう言った。

684 :レイオット・スタインバーグ:01/12/10 05:41
「…………」
 しゃべる鳥。
 こちらに対し、有無を言わさぬ交渉を持ちかけているそれに、レイオットは半ば呆然と視線を釘付けにしていた。
 そんなものが、いるはずがない。だが、ここにいる鳥はしゃべっている。しかし、そんなものは、いるはずがない。
 つまりこれは、鳥ではない。
 では、これはなんだ? どうやってブラックロッドからこちらを逃がせるというのだ? ブラックロッドを、公に出し抜けるような相手。
 そこまで考えて、レイオットは、唯一残ったある可能性に到達した。
「まさか……降魔局の妖術技官――ヴァージニア・シリーズ……?」

685 :魔女:01/12/10 05:55
「ええ、その通り。あ、ナンバーは秘密です」
鳥は未だ高速で走り続けるバイクに苦も無く追いつき、レイオットの肩に止まってみせた。
「本当は特捜官の援護に呼ばれたんですが。このまま放っておいても、つまらない状況になるだけですし」
鳥の表情など、レイオットにわかるワケが無い。声からわかる唯一の感情は、あからさまな喜び。
「貴方が自宅に残してきたモールドキャリアその他の装備。その譲渡を我々は希望しています」
最後は少しおどけた声。
「サインすると、何故か公安本部の霊力監視機能が一時的に不調になるんです。信用しろと言うつもりはありませんけど」

686 :レイオット・スタインバーグ:01/12/10 06:10
「……その他の装備……? それはつまり――予備の呪文書式板も、諸々含めて、と言うことか?」
 表情を、思い切りしかめながら。レイオットは、ヴァージニアに問いただした。どことなく、冗談であってほしい――
そんなニュアンスを込めて。
「ええ、その通りです」
 にこやかに(もっとも、鳥に表情などない。声音だけでそう判断する)、ヴァージニアは告げてきた。
思わず、頭を抱える――実際、モールドキャリアをはじめとした各種装備は、問題なく手にはいる。
自分が無資格の戦術魔法士といえどもだ。そういった裏のマーケットは確実に存在するし、幸いにして、
資金も潤滑に、とは言わないまでも、十分にあった。
 ただ。彼の懸念は、契約という行為自体にあった。
「ケイオス・ヘキサ切っての魔女と契約しろってのか? あんたは。自分にまつわるいろいろな噂、知らん訳じゃないだろう?」
「もちろんです。デスカラ、契約は貴方の判断で行ってください。仮に契約が結ばれなくとも、我々にとってはさしたるダメージにはなりえません」
 つまり、一方的にこちらが不利だと言うことだ。
 時間はない。だが、こんな短時間で決定するには、問題が大きすぎる―――
 と。
「……レイオット」
「……カペル?」
 カペルテータだ。彼女は、無表情な眼差しのままこちらを見上げて。そして、続けた。
「……私は、受けても良いと思います」
「……カペル?」
 今度のそれは、明確な疑問だった。彼女とて、V系列妖術技官に関する話は、聞いたことがあるはずなのに。
「……このままでも、殺されるだけですから」
 それ以上悪くなることはあり得ない。そういいたいのだろ、彼女は。だが。ことこの魔女に限って言えば、
それ以上のことが起こりえるのだ。実際に。
 だが、しかし。
 このまま、人形以下の特捜官達に殺されるのも、それはそれで、面白くないことではある。
 数瞬の熟考。
 ……レイオットは嘆息して。
「契約書をよこしてくれ……」
 がっくりと肩を落としながら、答えた。

687 :ブラックロッド:01/12/10 06:18
本部の混乱が回復。魔物を殺す為の最後の<馬鹿歩き>。
だが、彼等が空間を渡って発見し得たのは、すでに小さくなった魔物の背中だった。

走り去る魔物の姿を、十体のブラックロッドは黙って見送った。
市外の魔物の掃討は、彼等の任務ではないからだ。

完全に魔物の姿が消えたのを確認した後、本部への帰還を行うため、十体の死者は一斉に奇妙なダンスを踊った。
本日の特捜官の殉職は3名。一度の事件で受けた被害としては、ほとんど前代未聞と言っていい。
だが、ブラックロッドに感傷は無い。彼等にとってこれは、日常にある事件の一つに過ぎない。

頭を抱えるのは、自我を持った彼等の上司の仕事だ。

688 :レイオット・スタインバーグ:01/12/10 06:30
 ……うやむやの内に、公安からの手配が解除されていた。
おそらく、降魔局――ヴァージニアの仕業なのだろう。
はれて、無事に自宅に帰ることができるようになったわけだ。……もっとも、その前に、<アクセラレータ>の副作用で、
全身強烈な筋肉痛で動けなくなっていたのだが。
 家に帰ってみると、案の定、魔法関連機材が根こそぎ持ち出されていた。もっとも、銃器は対象外だったらしく、
そっくり残されてはいたが。まあ、彼らが普段相手にするような連中には、ノーマルの弾丸などたいした存在ではないのだろう。
当面の頭痛の種は、モールドキャリアをはじめとする機材を、またそろえ直さなければらないことだ。
資金がかなり目減りしてしまうことは否めない。まあ、特に金に執着はないのだが。
ふと、思い立って。仕舞い込んであった。ウルフハウンドを手に取った。自分が、「彼」から譲り受けて、今以てここにある唯一の品。
 しばしそれを見つめて――そこに、カペルテータの声。
「……レイオット」
 一息の間。続けて、最近、どういう訳か聞き慣れてしまった言葉がながされる。
「――シモンズ監督官がお見えになりました」
「……ああ、今行く」
 全く。この思い切りつかれているこのときに。彼女につきあわされなければらならいらしい。
口元に苦笑を浮かべて。レイオットは、リビングに向けて歩き出した。

689 :降魔局 広報部員:01/12/10 06:37
(ポテトチップを食べ終わって指を舐めてから)
いやー、レイオットさん、やりますねぇ。あそこまでブラックロッドが殺されるとは思ってませんでした。
前回の戦闘では、たった一体で最強クラスの二人と渡り合ったんですが……、やはり、相性ってやつでしょうね。

しかし、我々にとっては理想的な展開でした。レイオットさんが自宅に残してきた呪術兵装。
本来、魔物とレイオットさんが認定されたので公安局に接収されるんですが、
このサインにより、降魔局がレイオットさんより譲渡された事になりました。
(あ、勿論日付は一日前にしてあります)

公安局の力も削げましたし、面白い研究対象も手に入った。降魔局としては言う事無しですね。
あ……カぺちゃんを我々が確保出来なかったのは残念ですが。
それは望み過ぎですか。そうですか。

この戦闘を集中して見て(楽しんで)いたので、他の戦闘の感想は次の機会に、ということにします。
それでは、また楽しませて下さい。

690 :レイオット・スタインバーグ:01/12/10 06:39
……なんとか終わったよ。
魔族や魔法士以外の術者と戦ったのは初めてだったんで、どうにもペースをもっていかれちまった。
相手が一体二体なら、正直なんとかなったと思うがね。
初めてなんでいろいろと言いたいことはあるだろうが、アドパイスしてくれるとうれしい。

レスは――後で改めて返すとするか。
……しかし。結局最後は、降魔局の連中にいいようにやられちまったな。
(嘆息して)
さて、と。どうにかして、次の闘争までに装備を調えとかなきゃ、な。

691 :少佐:01/12/10 08:51
 諸君。
 これからのことは、煽りでも荒らしでもなく、一つの提案として真剣に提示するものであることを断っておく。

 諸君。
 この闘争には、何かが足りないと思わないか?
 そう、狂気だ。狂気が足りない。
 幾人もの吸血鬼と狩人が、ただただ闘争するという、この魅惑的な空間において、まだまだ狂気が足りない。
 肉を裂き、血を撒き散らし、骨を砕く! それのみを追求する闘争の場において、まだまだまだまだ狂気が足りない。
 正気と狂気の境界線に立つという、危うさが足りない。

 諸君、私は闘争を望んでいる。血みどろの闘争だ。
 正気の者が狂おしく、狂気の者が獣のように、お互いの血肉を貪り合う闘争を望んでいる。

 君達の戦いは試合だ。闘争ではない。
 殺し合え、もっと殺し合え。
 吸血鬼らしく、狩人らしく、闘争を繰り広げ合うがいい。
 強敵を砕け! 弱者を虐げろ! 目に入る敵は全て打ち殺せ! 一対一などという甘っちょろいことをしていて何が闘争だ!

 見つけた敵は全て必ずぶっ殺せ(サーチ・アンド・デストロイ)!!
 それが君達の本義だろう。

 もう一度言う。
 これは煽りでも荒らしでもなく、真剣な提案だ。

 諸君、私は闘争を望んでいる!!!

692 :玄奘三蔵一行:01/12/10 09:13
三蔵(以下3):「これからは俺達四人でレスを付けていこうと思うが…何か問題はあるか?」
悟浄(以下5):「…別に良いんじゃねえか?大体俺の出番がナンパ関連くらいしかなかったしな…」
悟空(以下59):「さんせ〜!だってさ、俺ばっかり叩かれるんだぜ?腹減っただけなのにさあ!」
八戒(以下8):「悟空はもう少し食いだめが出来るようにならないと駄目ですねぇ♪」
5:「だけどよぉ…こうやって数字表記するとなんかカップリング見てぇだな…」
3:「それは言うな…俺だってそれなりに気にしているんだからな…」
>闘争について
3:「俺達の場合、PLの時間の問題もあるからな…出来れば一日1〜2レスの連載形式で
行きたいのだが…?>ALL」
59:「昼間の方が得意だしな。あと、レス返せるのは大体月〜金って感じだって」
5:「だよなあ…元々俺達が夜に戦ってるのなんて両手で足りるぐらいだぜ?」
8:「それに夜の戦闘がたいていストーリー上意味を持ってたりしますよねぇ」
59:「…俺は、戦えればそれで良いんだけどなあ…」
3:「トリップ使用に付いては、TRPGのように一発逆転を狙うときの判定に
使用するというのはどうだろうか?これなら『魅せる戦い』を行うことも出来るだろう」
5:「それとこれからは俺達四人で戦う方向で行きてぇんだけどな…三蔵と悟空の二人で戦うと
言っときながら、八戒の防護壁使ってたしな…。」
8:「確かに、アレはまずかったですよねぇ…防御担当だからギリギリセーフかとは思ったんですけど」
3:「むしろ、強い相手に当たった時は四人で、場合によっては三人・二人と臨機応変に行きたいな」
8:「あとカテゴリーについては、純粋な妖怪が悟空だけですからねえ…(悟浄は人間と妖怪のハーフ
、八戒は元人間で妖怪千人の生き血を浴びて変化した)だからAで大丈夫ですよね?」

8:「ここからは、個人別にレス付けしていきたいと思います♪」
>ヴラド候
3:「いろいろと心遣い痛み入る。」
8:「さすがにこのスレ最大の貢献者ですよねぇ」
5:「しっかしよぉ、あの賞品のステーキ、結局全部悟空が食っちまったからなぁ…」
59:「なんだよ、食いたかったのかよ?」
5:「食いたいも何もあっという間に一人で平らげてたじゃねえかよ、このバカ猿!」
59:「なんだとぉ!この万年エロ河童!」
5:「やんのか?!超天然脊椎反射猿!!」
3:「いい加減にしねえか、てめえらーーーーっ!!(昇霊銃乱射)」
8:「…結局こうなるんですよね…」
>「姫」
8:「ええっと、僕は「卑猥と淫猥の象徴」じゃなくて「自愛と淫猥の象徴」って言った筈なんですけど
…(『慈愛』と『自愛』を引っ掛けてるんですよ)」
3:「まあ、間違いやすいから仕方が無いとは思うがな…。…だがアレの数万倍か…頭痛がする…」
5:「三蔵は女に興味無いっぽいから幾ら誘惑しても無理だろうけどな…」
59:「そう言う悟浄はどうなんだよ〜?」
5:「いつも言ってんだろ?『タバコとイイ女にはうるさい』ってな」

693 :以上、自作自演でした。:01/12/10 09:28
>692「卑猥と淫猥」
 ・・・うが。コスプレしてるのに間違えて覚えてた・・・(恥)

694 :玄奘三蔵一行:01/12/10 09:33
8:「長くなったからレス分けますね〜」
>ヘルシング・月姫関係
3:「ここは一まとめに語らせて貰おう。…正直、アーカードとは遣り合いたくないな」
59:「そうかぁ?俺はすっげー戦いたいけどな〜!」
5:「…いや…お前はシャレになんねえだろ…制御装置外す度に一番苦労してんのは俺なんだぜ!?」
8:「リップヴァーンさんの『魔弾』は僕の『気の防護壁』で防ぎきれそうに無いですよね…
なにしろ、あの不規則な弾道で死角を攻められたら厳しいですし」
5:「俺の鎖鎌で一撃必殺!…と行ければ良いんだけどな」
3:「アンデルセン神父とは一度腹を割って話し合いたいものだな…拳と拳で」
59:「さすがにあの再生力は反則だよなあ…あれで銃剣構えられたら…三蔵、死んじゃうよなあ…」
5:「俺はぜひあの婦警さんとやりあってみたいねえ…いろんな意味で…」
3:「…やめんかエロ河童!(ハリセン一閃)」
8:「僕としてはハインケルさんとシエルさんは遣り合いたくないですねぇ…女性ですし」
59:「カレーの姉ちゃんは同感だな!カレーくれたし!」
3:「アルクェイド・殺人貴のコンビとはやはり遣り合いたくないな。できれば共闘を願いたい」
5:「でもそうすると、6人掛りってことじゃねえか?」
8:「本当にできれば、ですよねぇ…」
59:「あのロアって奴はなんか焔(※)見てぇだよなあ…(※闘神太子・焔。アニメ後半に登場した
オリジナルキャラクター。新天地創造の為に聖天経文・魔天経文を奪った)」
>HMX‐13 serio
8:「なんか…あの人の声を聞いてると花喃のことを思い出すんですよねー…はぁ………」
3:「八戒が鬱になってるな…しかし、あの技術は正直反則物だな」
5:「…だよなあ…MOTはねえだろ?!って感じだしなあ…」
59:「やっぱさぁ俺達もガ○ダムとかヴァ○タル・○ーダーとか持ってこねえとやばくねえか?」
3・5:「…それも反則だろ…」
>アプトム
59:「食うのは飯だけにしといたほうがいいんじゃねえのか?ハラ壊すぞ〜」
>ヴェドゴニア・伊藤惣太
3:「…幼女愛好者の吸血殲鬼、ペドゴニア…か…」
8:「それは向こうの話だからそっとしておきましょうよ……」
59:「でもさあ、変身するのにいちいち手首切るのって痛そうだよなあ…」
5:「俺としてはあのモーラって娘に来て欲しいけどなぁ…あと、リァノーンさんにもな」
8:「もれなくギーラッハさんが付いて来ますよ…?>リァノーン」
59:「一対一でやってみてぇなあ…(うずうず)」

3:「今日はこんな所だな」
8:「対戦希望のかた、お待ちしておりま〜す♪」

695 :降魔局 広報部員:01/12/10 09:53
>少佐
おや、吸血鬼としてはある意味最高の狂気を誇る人が訪れましたね。

しかし……狂気、ですか。私とは、我々とは最も縁の遠い言葉ですね。
操作キャラであるブラックロッドにも、狂気など全く存在しませんし。

私は貴方と違って、手段ではなく目的こそが狂気の引き金を引くと考える人間です。
目的のないただの闘争で、狂気という一種の奇跡を呼び覚ますのは大変に困難です。
守るもの、望むもの。それらを持っている人間の方が、狂わせるのは、狂うのは、遥かに容易なんですよ。

戦闘に狂気が足りないというご意見に関しては、渋々ながら同意します。
提案ですが、信仰、守護するものに対する明確な侮辱、
もしくは危害を加えるなどの行為を最初のターンにしてみせるというのはどうでしょう。
相手を抹殺するまで止まらなくなりかねませんが、復活させてくれる人もいるようですし。
割合おっけーではないでしょうか。勿論、戦闘後は綺麗に忘れるという前提で。
キャラクターに対する直接的な侮辱は、NGの範囲に入ると思いますが。

696 :レオニード:01/12/10 09:59
ふむ、この調子では次の夜には新しい場が必要になりそうだ。

>『強さ』の形に答えてくれた各位
何かを守る、というニュアンスの答えが多いようだな。
その『強さ』が、闘争の中で己を救う糧となるか、それとも
足枷になるかどうかは解らぬが・・・。
この場で闘争を重ねれば、その答えも掴めるのかも知れんな。

皆に尋ねたい。人間という存在をどう考える?人間という存在
自体についてだ。かつてはそうであった者、今もそうである者、
最初から違う者も話のタネとして答えてくれて構わない。

私にとっては・・・「お気に入り」の存在なのだろうと思う。
人間の娘を美しいとも思えば、同族同士で無意味に殺し合うのも
実に滑稽であり、それはそれで楽しめると思う。
脆弱で、愚鈍で、傲慢で、確かにそうなのかも知れない。

私は領主として多くの人間を見てきた。それに当てはまらない
人間たちも、私の出会った内に確かに居た。 私の出会った
人間達は、己の命をそれぞれが思うモノに賭け生きていた。
それは信念であったり欲望であったり、たったひとりの女性で
あったり国そのものであったり、富や名誉であったり復讐で
あったりした。他人から見ればそれはくだらないモノなのかも
知れない。だが、それぞれがそれぞれの生きる目的を持ち、
限られた生の中で常にそれに向かい挑戦し続けていた。
・・・そしてその様は美しいように思えた。
時に、そのように生きられる人間が少し羨ましくも思える。
だから、人間は私のお気に入りなのだろうと思う。
これからも彼らを見続けようと思うからこそ、私は領主をして
いるのかも知れんな。(微笑)

・・・また会う事もあるだろう。(霧の様に消え去る)

697 :ロングファング:01/12/10 12:37
(ぼりぼりと頭を掻きつつ)一晩空けただけなんだがな、ログを追うのがつらいぜ(苦笑)

>左手
例のプロフィールサイトなんだが、出典に関する記述だけ無いんだよな。
本文中で紹介してる奴はいいんだが、してない奴も結構いる(俺とか)
できれば追加した方が良くないか?

>249
強さ、ね。特に興味無い。俺にとっちゃ闘争は暇つぶしだからな。
勝てないと見たら逃げるし、負けて滅ぼされるのも一興だ。
そのわりにどういうわけか、未だに生き残ってるけどな。

>452(自分の闘争中は…)
同感だ。俺も、自分ところの先を考えるので手一杯だよ。
なるべくなら闘争があまり被らないように時間調整すればいいんだが…
見るほうも大変だからな。

>419(Cカテゴリ)
Cカテゴリが不足ってんなら移籍してもいいが。やることはあまり変わらないと思うがね(苦笑)

>594(中堅キャラ共闘による強キャラ対抗)
俺もそれがやりたい。共闘もいいが、罠を張り、弱点を突いて窮地に落とし入れるってやつとか。

>691(狂気をくれby少佐)
…俺だって、原作じゃ、♪ヒトオオカミなんて怖くない〜、
なんて歌いながら解体作業をやってたんだが、ここじゃひねた性格しか出してないな。
次あたりは少し狂ったところをお見せしたいね。

>695
狂気はともかく、闘争のきっかけについちゃ結構頭を悩ますところだ。
なるべくなら導入にこだわった方が雰囲気がでるよな。

>696(レオニード伯の質問:人間について)
レオニード伯の質問が二つ溜まっちまったな。
だがまあ、トータルリコールばりに記憶を封じてまで
常人に紛れ込む俺に聞くのもいまさらってもんだ。

698 :以上、自作自演でした。:01/12/10 12:40
質問ですが、某FFのキャラは出場可能でしょうか?
RPGのキャラはいるようなので自分もぜひ出場したいのですが。

699 :ベルゼブブ:01/12/10 12:57
あ〜、聞こえるか、お前等。
伯爵様に代理して、俺がレスを返すぞ。

>ハウザーVSラグナロク
タバサが召還したハウザーとラグナロクの戦いであるな。
うむ、見事。
伯爵より、眷属の使い方が上手いのではないか。
……まだ、ウォーザードの魔物はたくさんいるしな。
いざとなれば、ダンジョンアンドドラゴンズから引っ張ってくるという荒技もありだな。
ラグナロク、つくづく万能な剣だな。
なんで、あの傭兵は一辺倒の使い方しかせんか、分からん。
まあ、小細工の必要はないということか?

>アルカードVSレイク
アルカードの武器の貧弱さに一瞬、伯爵は固まったそうだ。
まあ、模擬試合だから、当然かもしれぬが。
清々しい試合であった。

>初音VSアンデルセン
うむ、舞台を生かした良い戦いであった。
ダミーはつくづく便利であるな。
アンデルセンは多少捏造でも構わんから、もっと強力な武器の使用はありだと思うぞ。

>アーカードVS紅丸(&ラグナロク)
少々、消化不良な気がするが、2人の息はよくあっていた。
戦線離脱の理由は、ワラタ。

>レイオットVSブラックロッド
上手い。小説風の展開で闘争の雰囲気が観客によく伝わる。
幕の引き方も秀逸である。

>少佐
指摘、ごもっとも。
狂気は必要なニュアンスであるな。
少佐も闘争に参加して欲しいが、ネタが足りぬな。(笑

>698
やれ。
ガンガン、参加せよ。
……とのことだ。

レスを結構飛ばしているな。
残りは夜に伯爵が返すだろう。
では、さらばだ。
(蝿になって飛び去る。)

700 :ヴィンセント  ◆VincFjOY :01/12/10 13:05
>699
「お言葉に甘えさせてもらおう・・・・・」
ヴィンセント・ヴァレンタイン。ファイナルファンタジー7に
登場した銃使い。元神羅製作所総務部調査課(通称タークス)勤務。
宝条博士による人体実験の結果、不老不死に近い肉体と
獣化能力を植え付けられてしまった。
「・・・・・・・もはや俺は人間ではない」
彼は、過去に犯した自分の過ちとそれにより半ば
失ってしまった愛するもの、
そしてその過ちを犯すことを許してしまった自分自身の無力さに
苛まれながら、永遠を生き続けなければならない。
「カテゴリは・・・・Bに・・・させてもらおう・・・・・」

[獣化]
彼は、追い詰められることにより異形の魔物に
変身することができる。
「ガリアンビースト」獣のパワー、スピードと口から発生させる
          フレア(魔法属性)で敵を貪り食う。
「デスギガス」人造人間型の大男になり、持ち前の頑強さ、
       体内放電と力技で敵を倒す。
「ヘルマスカー」チェンソーを持った”13日”タイプの不死身の男になり、
        狂気の瘴気とチェンソーによる攻撃で敵を切り刻む。
「カオス」彼の最強の魔人形態。周囲の魔力を吸収した無限の魔力と
     魔人の不死身さで敵を奈落へ封じ込める。
(やや誇張あり)

「マテリア」
装備品にはめ込むことによってそれに込められている
スキルを使うことができる宝玉。
(強力な召喚魔法を装備すればヴラド候やダイ・アモン卿のような
 魔神クラスの相手にも何とか対応できるのではないかと思います。
 それに、マテリアを多用しなければ魔法を使わないような相手や
 人間と戦っても違和感の無い戦いができ、強さの調整が
 利くのでは?とおもいました。)
[銃]
ショットガンから銀玉鉄砲まで幅広く使いこなす。
タークス随一のガンマンであったと推測される。

701 :ヴィンセント  ◆VincFjOY :01/12/10 13:07
名前 :ヴィンセント・ヴァレンタイン
年齢 :「・・・・」(50代ぐらい?)
性別 :男
職業 :無職
趣味 :無し
恋人の有無 :「美しい・・・・ルクレツィア」(片想い)
好きな異性のタイプ :ルクレツィア
好きな食べ物 :「・・・・・・・・」
最近気になること :「・・・・・・・・・・」(パーティー内で一番影が薄いこと)
一番苦手なもの :「・・・・・・宝条博士」
得意な技 :獣化
一番の決めゼリフ :「・・・・それが、私の罪」
将来の夢 :「今はもう無い」
ここの住人として一言 :「できれば、攻撃魔法は使いたくない。硝煙の香りが好きなのでな。」
ここの仲間たちに一言 :「私はまだ無知な初心者だ。意見があったらぜひ言って欲しい。」
ここの名無し達に一言 :「私の戦いを気に入ってもらえれば幸いだ。」

702 :美夕 ◆MIYU.g96 :01/12/10 13:08
・・・今夜には4つめ、行くかな。

>691
狂気・・・か。わたしには縁遠い言葉ね。わたしは戦いを楽しむわけじゃ
ないから。獲物を狩り、振りかかる火の粉をはらうだけ。
でも、言いたいことはわかるよ。もっと殺伐とした空気、よね。
たわむれに戦うんじゃなくて、お互いの存在をぶつけ合う・・・・・。
わたしが心から憎める相手なら、そういうところも見せられそうね。ふふ。

>696
人間、か・・・。きらい、だけど愛してる。弱い存在だと見下していて、でも
心のどこかでまだ人間へのあこがれを捨てきれない・・・・・。
だからわたしは人の中で暮らしてるのかな。監視者としての責務、という
だけでなく、手の届かないガラス窓の向こうの風景とわかってるのに、そ
れでも人のいとなみの中で、他人の人生を眺めつづけて・・・・。

703 :左手:01/12/10 13:27
>697
流石に50人近くになると出典を入れるのも一苦労じゃからな。
そのかわりグーグルによる検索を入れてみた。
それで出典を調べてもらおうと思うのじゃがどうかの?

704 :ラグナロク ◆0109yQVs :01/12/10 13:39
途中参加のため、昨夜生じていた闘争に関してのみ
書く事としよう。全レスは勘弁してくれ。すまないな。

>ジャスティスVSセリオ
機械同士、圧倒的な戦いだった。まさかメイドロボにここまでの
戦闘能力があろうとは……、正直、驚かされた。

>ロゼット&クロノVSハインケル・ウーフー
思想同士のぶつかり合い……これも一つの闘争の形か。
互いに譲れないものがある……だからこそ人は争うのだろうな。

>アンデルセン神父VS比良坂初音
神父は圧倒的不利な状況ながら、よく健闘したな。
…最後の最後で、計られたようだが。
しかし様々な「可能性」を見出せた闘いであったと言えるだろう。

>ブラックロッドVSレイオット・スタインバーグ
一対多数の対決……リロイの闘争形式を髣髴とさせた。
圧倒的な描写は、見るものを引き寄せるな。見事だった。

>セリオVS軋間紅摩
これはまた、セリオの能力の凄まじさを見せ付けられた感じだな。
ほぼ相打ち、といった形のようだが……

ひとまずレスを切ろう。

705 :以上、自作自演でした。:01/12/10 13:51
カードゲームからの参戦というのはありだろうか?
マジック・ザ・ギャザリングというカードゲームからなのだが。

706 :アルクェイド ◆ZspsGRZw :01/12/10 13:52
>705
ぎゃざ!?
確かに、あれにも吸血鬼は多いけどね……。
クロウヴァクスとか?

707 :左手:01/12/10 13:53
>705
センギアの吸血鬼か?
別にいいとは思うがのう。吸血鬼なんじゃし。

708 :以上、自作自演でした。:01/12/10 13:57
沼を置く。たっぷ。
だーくりちゅーる、だーくりちゅーる。
せんぎるばんぱいあ召還。
これを1ターン目にやられて泣いたことはありますか!?

・・・やって泣かれたことはあります。

709 :ラグナロク ◆0109yQVs :01/12/10 13:59
>691
少佐……か。このような形で再会するとはな。
狂気が欲しい、だと? ならば、自らがその「狂気」とやらを演出
してみてはどうだ? それとも「指揮官」は戦闘の表舞台には
立たない、とでも言うか? その気ならば、来てみるが良い。
全力をもって相手をしよう。

>692>694
お初にお目にかかるな。私はラグナロク。「ラグ」と呼んでくれて
構わないぞ。
……君たちの幾人からは<闇の種族>の気配を感じるが…
同時に、リロイに似たものも感じるな。
…どうやら、君たちと私は争う理由が無いようだ。
この場所で、互いに生き延びようではないか。

>696
貴様も<闇の種族>の一員か……いつか闘争する事に
なるやも知れんな。

「人間」……か? 難しい質問だ。
私にとって人間とは、時に頼れる相棒であり、時に護るべきか弱い存在
であり、時に私を付狙う敵だ。つまり……「不確定」そのもの。
「混沌」。そのようなものだ。
立場によってその価値、存在は大きく変わる。

>699
>ラグナロク、つくづく万能な剣だな。
>なんで、あの傭兵は一辺倒の使い方しかせんか、分からん。
あいつは、私の能力を使う事を嫌っている。自分自身の肉体に
自信があっての事なのだろうが……この場所では、そうも
言ってられんだろう。

710 :ラグナロク ◆0109yQVs :01/12/10 14:03
>701-702
ヴィンセント……か。君の獣化能力は、我が相棒リロイと通じる
ところがあるな。幾つかのパターンが存在する所も…。
最も、リロイの場合、「致死に至るダメージ」を受けないと変身できぬ
のだがな。

>705
Magic:The Gatheringか? 結構なのではないだろうか。
しかしそうなると、モンスターコレクションも……

711 :以上、自作自演でした。:01/12/10 14:10
痕キャラ来てくれないかなあ・・・

712 :以上、自作自演でした。:01/12/10 14:45
前スレで吸血鬼以外の者同士が闘争をはじめたら自制したほうがいいと言ってなかったか?
ま、誰も非難してないみたいだから別にいいけど。

713 :レイオット・スタインバーグ:01/12/10 14:46
さて。
機材調達中のレイオット・スタインバーグだ。
簡単にレスを返しとくか。

>570
>魔族(メレヴェント)
俺は一向にかまわんよ。本業(?)だしな。
しかし、あんたの言うとおり魔族の誇張された気質はなかなかに難しい。
その辺をどう処理するかが問題と言えば問題か。
まあ、どちらにしろ、組織だった行動が可能なブラックロッドよりは心持ち楽な気がする(苦笑

>アーカード VS 紅丸&ラグナロク
なんというか、アーカードのぶっ飛びっぷりが素敵だ。
紅丸とラグナロクも、即興とはいえいいコンビだ。唯、惜しむべきは相手が悪すぎたことか。

>比良坂初音 VS アンデルセン神父
流石のヴァチカンの鬼札も、慣れないタイプの化け物には手間取ったか?
彼女のようなタイプは、正面からの正攻法では倒しづらいんだろう。
……俺も彼女と戦闘になったときのことを考えた方がいいんだろうか?

>アルカード VS レイク
他のもそうだが、流石に人外同士の戦闘は身体能力の基本性能が違う。
あらゆる意味で、正面からやり合いたくはないね。
魔法という「技術」はともかく、俺は普通の人間だ(苦笑

>軋間紅摩 VS HMX-13 serio
結局は、本物の勝利、と言ったわけだな。
……ああいかん、こんなの俺の台詞じゃないな。
最近、あの監督官に出会ってからちょっと調子が違うんだ……
ともかく、軋間は思い切り化物ぶりを見せてくれた。ご苦労さん。

>ラグナロク VS ハウザー
 流石対「闇の眷属」兵器ラグナロク。と言ったところだな。自分の能力を良く知っていると感じた。
ハウザーも、良く戦っていた。こういった闘争が今後も続いてけばいいんじゃないか?

714 :レイオット・スタインバーグ:01/12/10 14:46
続きだ。

>689
ああ、俺も正直愉しかったよ。戦いはいい。悩みがすっきりとれて気分爽快。
少々考え方が変わった今も、それは変わらんね。
だが、最後の展開。あれは、俺自身呆然としちまった。本当にやられたよ(苦笑
降魔局の面目躍如ってところか。

>691
狂気、ねえ。
狂気と言ったら、俺のところからは、それこそ「魔族」そのものか?
ああ、あとアルフレッド坊やもいたな。あのロミリオとか言う男爵も、そんな臭いを放っていたが――
俺? 俺は絶望すらろくにできていなかったような男だ。狂気に至るにはほど遠いさ。

>696
人間か。
俺にしてみれば、人間も化け物も大差ない。
魔族も人間も、結局は同じものだ。ただ顕れ方自体が違うと言うだけで、
それらを比較することはできないんじゃないか?

>699 >704
愉しんでいただけて良かったよ。初めてだったんで、こちらとしては内心緊張ものだ。
だが、ブラックロッドとの戦闘は、スタイルが似通っていることもあっただろうが本当に違和感がなかったように思う。
こういった楽しめる闘争は本当にいいもんだ。

715 :サンタナ(柱の男):01/12/10 14:52
一晩潜っていた間にここまで激しい戦いが行われていたとはな・・・・・・・・

>セリオ対ジャスティス
人間の作ったものか?この力が!!まさか!人の力が俺達柱の漢を
超えていたとはな・・・・・・たかが2000年で、人間はすぐに「成長」する・・・
・・・・・迫力があっていいものだった。実に個人的だが手に汗握る
空中戦をもっと見てみたい。

>ロゼット・クリストファ&クロノ対ハインケル・ウーフー
人間は、些細なことを気にする様だな・・・・かくこたる至上の目的がある
我々には、そのような争いも、それを行う時間も無いのだがな。だが、俺は
そのような無機質な精神だからこそ、あの波紋の戦士に敗れたのかもしれん。
・・・・(文盲な俺にとってこういう内容は参考になる。感謝する。)

>レイオット・スタインバーグ対ブラックロッド
個人的意見だが、一番読み応えがあったな。
これぐらいの戦いを書き上げられるのなら、俺はたとえ殺されても
全然良いぐらいだ。・・・・日本語は、苦手だ。

>比良坂初音対アンデルセン神父
(どちらも化け物だ・・・・)
相変わらず恐るべき力の持ち主よ・・・・
俺は・・・・・手も足もでないだろうからな・・・・
俺は神父と同等の再生能力を持っているつもりだったのだがな・・・・
まったく、戦いぶりだけでもかなうとは思えなくなってきたな・・・・

>アドリアン・ファーレンハイツ・ツェペシ対レイク・ダウニング
いい格闘ぶりだった。やはり肉体と肉体のみの駆け引きが一番燃えるかもな。
俺も、ちゃんとした肉弾戦をしたいものだ。

>アーカード対紅丸&ラグナロク
まさか、こういうオチがつくとは思わなかった・・・・が、どちらのキャラも
本当に魅力的に書き出されているな。俺も自分自身について
知り尽くしていなければな。

>セリオ 対 軋間紅摩
2度も戦えるのはさすが人間の道具といったところだが、(言い方が悪いな)
相当な不可であると見える・・・・(おつかれさま)
伯爵の選択式は使いやすいようだな。偉大な発明だ。

 提案なのだが、ある程度話をすすめ、途中で中断、2通りの展開を提案し、
名無しさんに展開を決定してもらうというのはどうか?
・・・・レスがたくさんつきすぎる上やたら時間がかかる。やはり無理かもな・・

>ラグナロク対ハウザー
<存在意思?>?やはり初めて見るぞ。2000年のブランクは大きいものだ。
>感想 これ行数の長さのレスは書くのは大変だろうが、
俺はちょうどいいと思う。状況がわかりやすかった。
魔女の者も書き方がうまかった。参考にしたい。

>691
まったく同意だ。俺はアーカードの切れぶりがたまらなく好きなのだ。
俺も、本気を出すぞ・・・・・

>692
仲間か・・・・・・俺には何もない・・・・・な。
頂点に立つものは常に一人であるべきだからな。

>ヴィンセント
いきなりだがメール欄を参照して欲しい。

716 :アベル・ナイトロード:01/12/10 14:55
 ええと、どなたか私を呼びましたか……
(声の主(>403)を見て、一瞬硬直)
 や……やあ、その節はどうも……

 さて、最近来てないのは……まあ色々とあるんですが。
 PLが期末テスト中だ……というのが、一番の要因でしょうか。(学生なんですよ)
 終わったらまた参加させてもらう、とのことなので、まあ気長に待っててください。

>406
 共闘はともかく……闘争は遠慮したいですね。
 ああっ、こんなこと言ったらまたアンデルセン神父が鬼神のような「笑顔」で……
 ……職場、間違えましたかね……はあ。

717 :クロウヴァクス:01/12/10 15:03
では、自己紹介だ。
俺様の名はクロウヴァクス。
ファイレクシアという闇の勢力に属し、一軍団を任されたエヴィンカーだ。
過去に、ファイレクシアに洗脳されて闇に堕ちた守護天使セレニアを、
自分の手で斬り殺してしまったことから、呪われて吸血鬼となった。

当然、カテゴリはC。
敵味方問わずカテゴリBとCの力を高めると同時に、
カテゴリAに属する者を弱体化させる能力を持つ。
また、鈍重な外見(筋肉だるまでいかついジャイアンを想像しろ)
には似合わず空を飛び、マナ(魔力)を使ってクリーチャーや闇の魔法を使いこなす。
アーティファクトという魔力のこめられた道具を使う場合もあるぞ。

クリーチャー
「流動石」流動石という姿形を自在に変える石に命令を与え、敵を襲わせる。
「ゾンビ」文字通り動く死体だ。中には自ら爆ぜて敵にダメージを与える者もいる。
「インプ」使い魔だ。強くはないが、闇の力を加えれば十分な兵力だ。
他にもいるが、召喚者にも苦痛を与えるのが多くて簡単には喚びだせん。

魔法
「暗黒の儀式」儀式を行い闇のマナを生み出す。
「弱者選別」クリーチャーを生け贄に捧げ、闇のマナを大量に生み出す。
「生命吸収」相手の生命力を奪う魔法だ。吸血鬼とて逃れることはできない。

アーティファクト
「粛正の大鎌」弱った者を自動的に攻撃する鎌だ。

マナが貯まるまでは武器は怪力と斧だけだが、マナが貯まれば本領発揮だ。
闇のクリーチャーと魔法で敵を圧倒する!

718 :クロウヴァクス:01/12/10 15:05
名前 :クロウヴァクス
年齢 :20代〜30代
性別 :男
職業 :エヴィンカー(ファイレクシアから地方を任された領主)
趣味 :虐待・虐殺
恋人の有無 :闇の天使セレニアという恋人がいたが、自らの手で殺している
好きな異性のタイプ :興味ない
好きな食べ物 :血
最近気になること :侵略計画がうまくいかないこと
一番苦手なもの :ジェラード(エヴィンカーにとっての宿敵)
得意な技 :斧で首をはねる
一番の決めゼリフ :ない
将来の夢 :ない
ここの住人として一言 :「誰からの決闘でも受けるぞ!」
ここの仲間たちに一言 :「俺が来たからには、一方的な虐殺だ!」
ここの名無し達に一言 :「エヴィンカーの名に恥じぬ力を見せつけてやる!」

これで良いか?
ファイレクシアの力を恐れぬ挑戦者を待つ!

719 :以上、自作自演でした。:01/12/10 15:32
そろそろ各キャラクターの行動パターンや能力も出そろってきたようだし
第三者による戦力評価を行ってもいいかなと思っているのですが
どうでしょう?

720 :少佐:01/12/10 15:33
 諸君、大半の方々が私の意見に賛成してくれたことに深く感謝する。
 そう、闘争とは!
 闘争とは、血の香りが漂うべきだ。恍惚と屈辱に塗れるべきだ。互いの全存在をかけ、相手を粉砕する。
 腕を引き千切り、足を圧し折り、はらわたを潰し、首をもぎ取る!!
 そうあるべきだろう? 深く暗く美しい、闇の奥底にて、血を浴びて輝く夜族(ミディアン)というものは。

 さて、ここで僭越ながら、具体的に「闘争を演出する方法」について語りたい。
 別に「こうしなさい」という命令ではない。あくまで「こうすると、いいかも」とい程度の助言だ。

1)「闘争する理由」「闘争する場所の表現」に凝る。血と硝煙の匂いが薫る、そんなイメージを喚起する文章表現を加えてみる。これだけでも、そうとう雰囲気が出ると思うが、いかがかね?
2)「化物は化物らしく」する。まあ、要はただ「攻撃の応酬」をするのではなく、負った傷の描写や、内面的な昂ぶりを表現しつつ、闘争してはどうかという提案だ。
例えば、我が憎き戦友アーカード君などで、「引き千切った相手の腕、その傷口に口づけをし、真紅の鮮血を飲み干した」など、攻撃表現以外にもキャラ的な演出描写をいれてはどうだろう?
3)冗長的にならないよう、気をつける。ただ闘争するのではなく、「このキャラならば、こうした方がらしい」という考えを意識して、クロスオーバーならではの「ドラマ」を展開しようではないか。
読んでいるだけの者も楽しめる、世界にはまれるスレッド育成を心がけよう。

 くくく、私らしくないね。しかし、あえて提言しておきたいのだよ。

 ここは、吸血鬼の闘争の場としてスタートした。
 畑外の闘争者も多くいるようだが、だからこそ、「吸血鬼ならではの空気」を表現するよう努力しようじゃないか、ええ?
 血!
 肉!
 骨!
 殺戮!
 蹂躙!
 そして闘争!

 狂え狂え、狂って戦え! 血みどろでない闘争に、存在意義はない!
 狂気を! より狂おしい狂気を!
 諸君、私は期待しているよ。
 今夜が麗しき闘争の夜となることを・・・。

721 :以上、自作自演でした。:01/12/10 15:45
>719
戦力そのもののランク付けは、前スレで紛糾して以来、伯爵から禁止令が出てる。
実際、多くの人が言ってるが、「魅せ方」を問うこのスレでは戦力差は状況次第で
ひっくり返るのであまり参考にならなかったりする。
ランクとかでなく、戦闘パターンや能力によるタイプの分類ならやってもよさそうではあるが…

722 :ラグナロク ◆0109yQVs :01/12/10 15:51
>713>715
感想をくれたな。好評価のようで幸いだ。
此処では初めての戦闘だったのだが、何とかそれらしく
出来たな。次は是非リロイと私とでアーカードに挑んでみたいものだ。

>716
おっと、またも噂をすれば…だな。
ようこそ、アベル・ナイトロード神父。
>共闘はともかく……闘争は遠慮したいですね。
フッ・・・さしもの「クルースニク」も、奴には恐れをなすか。
もし奴と相まみえることがあれば、いつでも私の力を貸そう。
正に「夢の狂演」が実現するな。

>720
フッ…描写を細かく、か? 努力しようではないか。
私とて、此処に来た目的は人に仇なす<闇の種族>を葬る為。
いつでも相手になってやろうではないか、戦争狂(ウォーモンガー)
の指揮官殿。

723 :バイロン(ブルーソルジャー):01/12/10 16:39
今夜は来られるかどうか分からん。

>594(中堅キャラ共闘による強キャラ対抗)
>697 (ロングファング )
>俺もそれがやりたい。共闘もいいが、罠を張り、弱点を突いて窮地に落とし入れるってやつとか。
悪くない。そのときは声をかけてくれるとありがたい。

724 :バイロン(ブルーソルジャー):01/12/10 16:41
>720(少佐)
お前が例の代行と呼ばれる男か。
お前の噂と名前はもう一つ耳ができるくらい聞いている。
いいだろう。お前の言うことはもっともだ。
そう、おれたちのいる場所は戦場だ。
弾丸が頬をかすめるときの、ちり、とする感覚。
行進する兵士の歌い声。
呼吸をすれば火薬の匂い。
耳元で炸裂する砲弾やロケット弾の響き。
手足を千切られた者の悲鳴。

そして恐るべき化物共。
人肉を喰らう狼男。魔弾を操る狩人。蒼き死神を連れた白き吸血姫。
信仰により人を超えたユダの司祭。人の身でありながら魔の理を操る魔術師ども。
血色の衣に身を包んだ、魂なき長き牙。人を喰らう禍々しき二匹の蜘蛛。
永き夢を見せる美しき吸血姫。悪魔のごとき恐るべき伯爵。
夜族。化物。不死者の王。永劫の夜を往く吸血鬼たち。
千人の吸血鬼を率いた、戦争狂の少佐。

血が疼く。
耳元で血がささやく。
狂気にあふれた戦場だ。
血と汗と硝煙にまみれた、地獄のような素晴らしい戦場だ。

いいだろう少佐、お前に狂気をみせてやろう。
飽くな戦いと殺戮への欲望。
それをお前に見せてやろう。

725 :以上、自作自演でした。:01/12/10 17:01
やっとあらかた読み終わったので感想。

>712
昨夜は吸血鬼は観戦メインだったと言う話もある(苦笑)
"吸血鬼モノの雰囲気"はギリギリのところで維持したいとは思うが、
しかし吸血鬼の"コマ"がやや不足気味だしなぁ…
…まあなんだ、参加者が増えて初期メンバの手を離れた感はあるな。

>ジャスティスVSセリオ
…俺が言うのもなんだが、人外魔境な戦いだった(w すでにガイバーの世界だな。

>アンデルセン神父VS比良坂初音
アンデルセンには同情するよ。
少し絡め手と退くことを覚えた方がいいんだがな、あのおっさんは
(俺から見りゃな、と皮肉笑い)

>ロゼット&クロノVSハインケル・ウーフー
ハインケルが退いたか。
宗教はいつだって戦争の種になる。だろ? …そう怖い顔で睨むなよ。
人生の指標として信仰を持つのはわかるが、吸血鬼としちゃ皮肉の一つも言いたくなるのさ。

>レイクVSアルカード
性格違うわりに気が合うようだな、お宅ら。
人狼の速度に剣技で対抗したアルカードの立ちまわりは見事だった。

>レイオットVSブラックロッド(団体)
…原作の、スレイマンVSジブリール(団体)が思い浮かんだ。
いや状況は似てるけど内容はまるで違ってたから安心してくれ。
公安局から逃走(闘争…byアーカード)する犯罪者?という展開は
戦力差や両者の立場などの状況設定がうまくておもしろかったよ。
…ま、降魔局に目をつけられたのは災難だったな。

ところでそろそろ"嗤う悪霊"(with ヴァージニア13)は参戦しないか?
腕に自信が無いと扱いきれない難物キャラだが、
バットマンのジョーカー風の性格(当然狂ってる)と、
ブラックロッドの団体を葬り去った魔術の腕は、実にこのスレ向けだぜ?
「クハ…!」
「キャハハハハ…」
てな感じでな。

726 :ロングファング:01/12/10 17:07
…↑ >725 は俺(ロングファング)だ、スマン。

727 :以上、自作自演でした。:01/12/10 17:15
>720
そうだよなぁ。今となっちゃ吸血鬼以外のキャラが出てくるのは仕様が無いが
「吸血鬼の空気」は忘れないで欲しいよな。
正直言ってジャスティスVSセリオはここでやらなくても良いんじゃないか
とさえ考えてしまった。

728 :遠野秋葉 ◆6fXrx.bw :01/12/10 17:25
こんばんわ。
今夜は私も参戦させてもらいますわ。

その前に簡単に感想を……

>ジャスティスVSセリオ
このセリオさんはもう別物ですわね。
個人的にGGXは、ザトーさんと兄さんの暗殺者対決を見てみたい気がしますわ。

>アンデルセンVS初音
ロングファングさんのご指摘の通り、もうすこし、退くことを覚えた方がよろしいかと。
イメージとしてはぴったりですけどね。

>ロゼット&クロノVSハインケル・ウーフー
兄さんもクロノさんぐらい素直なら……
申し訳ありません、ハインケルさんが女性ということを失念しておりました。

>レイクVSアルカード
関節技を決められた瞬間に霧になって抜けて反撃ということを私は考えましたが、
それをやると闘争になりませんね。

>レイオットVSブラックロッド(団体)
昨夜で最も面白い戦いでしたわ。
オチも見事ですわね。

>軋間VSセリオ
原作の雰囲気にぴったりですわね。
私は3回目の選択肢で1度やられたのを思い出しました。

>レオニード伯
私に言わせれば、人食いの化け物よりはるかにましな存在ですわ。
魔に見入られた私の家系は人の持つ暗黒面を抑えることは出来ませぬもの。

>兄さん
いえ、秋葉は1人で戦います。
私はやられても構いませんから。
魔に堕ちた私は、ここでは滅されるべき存在ですわ。

729 :降魔局 広報部員:01/12/10 17:30
>少佐
全面的に賛成します。
PLは、「ひょっとして、少佐はb…ゲフンゲフン」と妙な事を呟いておりました。

>レイオット氏
私のPLは貴方のPLの描写力に感服しています。自分が登場させたキャラを自分より魅力的に書かれた時など、殺意すら抱いておりました。
それでも敢えて、二つ意見を言うとのことです。嫉妬からではありません。多分。
1 メール欄には字数制限があるので、もう少し頻繁に交代して打ち合せたかった。
2 ブラックロッドのナンバーですが、あれはあくまで複数のブラックロッドが共同作戦を行う時につけられるものであり、
  V系列妖術技官のように、個々のナンバーがあるわけではない。

……難癖にしか見えませんね。プレイヤーには首吊りを推奨しておきますのでご勘弁を。
以下、戦闘の感想です。

>アーカード VS 紅丸&ラグナロク
グレネードの時間差攻撃にはニヤリとさせて頂きました。
あの終わりはPLの都合でしょうか。出来ればもう少し長く続けて欲しかったですね。

>比良坂初音 VS アンデルセン神父
神父の不死身っぷりは大好きなんですが、攻撃力不足は否めませんね。
こんなものがあるんですが、使いますか?
(木で出来たほぼ等身大の十字架。一番長い部分には、握りやすいように革が巻かれている。
 そして十字架の中央には、テディベアのぬいぐるみが腹を釘でさされて磔にされている)
降魔局認定の聖人が使っていた対魔装備ですが、最近彼を見かけないので。レンタルなら受け付けております。

>アドリアン・ファーレンハイツ・ツェペシ対レイク・ダウニング
折角の人外同士の戦いなのですから、壊れながら狂気でもって戦って欲しかったですね。
キャラに合わない?そうなんですか。元ネタに詳しくないもので。

>セリオ 対 軋間紅摩
そういう落ちですか。遠距離戦がメインのセリオをアレにぶつけたのは、正直戸惑いました。
しかし……壊れながら戦うロボ……ツボですね。
個人的に、セリオ氏には色気の描写も出して欲しいです……暴力と性は、近い位置にありますから。

>ラグナロク対ハウザー
なんとも懐かしいキャラですが。正直記憶が朧気すぎてコメントし辛いです(苦笑
ラグナロク氏の戦闘に彼らしい参加理由があれば、もっと感情移入出来たと思います。

>696
人とは何か、ですか。人の範囲って随分広いですからねぇ。
単独、しかも素手で地竜を消滅させる人もいれば、たった一人で万単位の虐殺を行う人もいます。

話が逸れました。

私は人間とは「神への過程にある存在」だと考えます。
我々の目標の一つは、「真の人」を創り出すことですから。

>725
ゼン・ランドー氏はウチで封印中です。
彼で遊びたい方がいるのなら、首を覚悟で私が封印庫から持ち出しましょう。
あ、実際に首にされる事はないと思いますが。ばれればゾンビ化でしょうからね。
悪霊は……ブラックロッドの中にいるんですよねぇ。
誰か、彼等に解呪をかけまくる人がいれば、その内アタリが出るんじゃないかと。
勿論、彼で参加希望の方がいれば、可能な限りフォローさせて頂きます。

730 :遠野秋葉 ◆6fXrx.bw :01/12/10 17:37
さて、対戦相手を募集します。
今回の状況設定は『ホテル』に宿泊している私を、
依頼を受けたハンターの皆さんが滅するという状況です。

この状況で勝負を受けてくれる方は名乗りをあげてもらいませんか?
勝負方法としては、私の提示する選択肢を選んでいくという形式で……
ヒントはメール欄で与えますわ。
今宵、11時ごろに来ます。
その時までに対戦希望の方は名乗りをお願いします。
個人的には、正統派のハンターと1対1での勝負をしたいですわね。
(エレンさんの鳴き声を特に聞いて見たい気がしますわね、クスクス…)
後、私の能力の性質上、パニック追跡型になります。
ご了承のほどを……

731 :ロングファング:01/12/10 17:37
>723
お宅が相棒なら申し分無いね。
実のところプランならある。標的は真祖の姫君とその守護者。
作戦は大雑把にはメール欄参照だな(標的の二方も見てくれ)
相当悪辣な手も考えてるぜ。
まあ作戦は作戦、実際に仕掛けたときにどうなるかはわからんが。

732 :ジャスティス:01/12/10 17:42
>727
確かに反論は出来ない。
キャラをザトー・ONE辺りに変えれば、
かなりトリッキーな戦いになると思うがどうだろう?
一応、アレも今は人食いの化け物であるしな。

733 :殺人貴 ◆hKILL/T. :01/12/10 17:43
>728
…秋葉、何かにつけて俺を引き合い出すのはどうかと思うぞ(苦笑)
まあお前には過去に淋しい思いをさせた事もある…。
『魔』に堕ちたとはいえ、俺かお前、どちらかが死ぬまでは兄妹の絆は
決して切れない…、俺はずっとそう信じる。
ま、勝手にそう思い込ませてくれ…。

…もっとも『敵』に回れば、遠慮なく『狩る』事も忘れるなよ………。

734 :以上、自作自演でした。:01/12/10 17:50
DIOはこないのかああああああああああああああああ!(絶叫

735 :「姫」:01/12/10 17:52
 本日21:00〜24:00ごろまで、わたしの手があいておる。
 中堅どころ数名でわたしと戦いたいという希望があれば受け付けよう。

 ・・・ふと気が付けば、このスレで一度も戦闘したことがないのは、どう
もわたしだけのようなのじゃ。これはいかんと思うてな。
 名を上げたい吸血鬼、わたしに恨みを持つもの、私の存在自体が許せぬも
の、いろいろとおろう。誰が相手でもかまわぬぞ。ほほ・・・

736 :以上、自作自演でした。:01/12/10 17:52
マリオネット使え。

737 :以上、自作自演でした。:01/12/10 17:54
>DIOとヴァニラ・アイスの両名
復帰しないかねえ…(嘆息
ヴァニラ・アイスは伯爵が操ってたそうだから、伯爵本人から使用許可が出るまでダメだろうが(W

738 :ドラキュラ・ヴラド・ツェペシュ:01/12/10 17:58
緊急連絡である。
今宵、我はここに顔を出せるかどうか、かなり怪しくなった。
しかも、又、残りレス数が怪しい気がする。

諸君、もし、レスが900を超えたら、次スレを上のテンプレートを使い、
我の名ので立ててくれ。次スレのタイトルは任せる。
我が見るにこのスレでの闘争はあと2つが限度であろうな。
非常に迷惑をかけて、申し訳ないがよろしく頼む。

739 :ドラキュラ・ヴラド・ツェペシュ:01/12/10 18:00
>737
これだけ、答えておく。
自由に使うが良い!
なお、我がヴァニラを使った証拠として、あの時のトリップは「#akukan」である!

740 :少佐:01/12/10 18:02
>722
 人語を解する破邪の刀剣か。血気盛んな様子で大変結構!
 ぜひ、その全能力をもって、私を楽しませてくれたまえ。

>724
 いい気迫だね、ブルーソルジャー。いい、実にいい。
 君のような目をした者こそ、狂気と殺戮の園にふさわしい。
 君の持ちうる全殺傷能力をもって、全てを粉砕してくれたまえ。命が潰れて弾ける美音のオーケストラ・・・ワーグナーも絶頂する戦慄を期待している。

>727
 そう、大切なのは吸血鬼が醸し出す空気。
 この一点に限る。
 賛同してくれて嬉しいね、私は。

>729
 全面的指示に感謝を表したい。
 私がどうというのは、あまり意味のないことだ。正直、私にはさっぱりわからない。
 大切なのは狂気だよ。殺し合い、命の奪い合いだ。
 蹂躙。甘美な響きだろう?

>730
 やあ、お嬢さん(フロイライン)。
 さっそく闘争を始めるようだね。私としては、原作の琥珀シナリオのような麗しい姿を期待する。
 ハンターどもの色香香しい屍を積み上げ、虐げてくれることを期待する。

>732
 ふむ、確かに「化物」らしいキャラをチョイスすることは大切だ。
 人食い。
 グルメだとよいね・・・くくく。

>733
 殺人貴、その勇名は聞いているよ。
 死を視る人間。素晴らしいっ。
 君がその内に抱えるどす黒いものを、私達の前にさらけ出してくれることを切に願おう。
 存分に刻んでくれ。

741 :ドラキュラ・ヴラド・ツェペシュ:01/12/10 18:03
いや、「#akuukann」だったかもしれぬ……。
だああ、そんなことはどうでも良い!
とにかく、参加したいなら参加しろ!
以上である!!

742 :以上、自作自演でした。:01/12/10 18:03
…ポール・ウィルスンの『ナイトワールド』シリーズから
グレーケンあたりに来て欲しいとか思ってんのは自分だけか?

雑魚キャラでラコシとか。

743 :鋼線(ワイアード)のベック:01/12/10 18:10
俺ズラ。
最近、忙しくて闘争できないズラ。
今は、呂愚炉兄の下で、正しい鋼線の使い方を訓練しているズラよ。
3〜4日後には顔だすつもりズラから、美人の姉ちゃんたち、
覚悟するズラよ。

744 :以上、自作自演でした。:01/12/10 18:18
少佐の戦う所を見たいぞ!(w

745 :レイオット・スタインバーグ:01/12/10 18:23
 レイオット・スタインバーグだ。
 なにやら、昨日の戦闘は概ね好評のようだな。
正直ほっとしている。今後も喜んでもらえるような戦闘を心がけるつもりだが――
(肩をすくめて)
 流石に、俺が知らない連中との戦闘は少しばかり難しい。戦いの相手は、
申し訳ないが選ばせてもらうことになると思う。よろしく頼む。

さて、レスだ。

>725
>スレイマンVSジブリール(団体)が思い浮かんだ。
正直、俺もだよ。
まあ、それはそれとして全力でやったつもりだ。
もっとも、こちらの切り札を封じられての戦闘はきつかったがな。

>"嗤う悪霊"(with ヴァージニア13)は参戦しないか?
ははっ――実は俺のPLが、最初それで行こうとしてたんだ。
流石に無謀だと思って思いとどまったらしいがな。流石にヤツは難しい。「魔族」の狂気につながるものもある。

>729

ご忠告、痛み入るよ。
1は確かにその通りだ。PLの方も反省していた。
2については―――書き込んだ瞬間、気がついたらしいな(苦笑
だが、一度書いてしまった流れは消えない。そのまま押し切ることにしたそうだ。
ほかにも、誤字が多いとかいって、「鬱だ」とか叫んでやがったが。

>少佐
そうだな。あんたの言うことはもっともだ。大切なのは雰囲気。血の香る闘争の空気、だな。
以前も言ったとおり、中途半端な俺は狂気にはほど遠い。
だが、それを打ち倒すだけの力は持っているつもりだ。可能な限り、満足のいく闘争を演じてやろうじゃないか。
1.2.3の項目については、努力しているつもりだ。
だが、周りを満足させるには―――まだ、足りないか。

746 :降魔局 広報部員:01/12/10 18:44
昨日の戦闘は概ね好評のようで、PLも喜んでおります。
しかし、前回の戦闘といい、彼等は対戦相手に恵まれ過ぎですね。
次はどうしましょうか。降魔局として戦闘を煽るのも、面白いかもしれません。

>スレイマンVSジブリール(団体)が思い浮かんだ。
私としては
公安に通報した(集団戦の引き金 魔術に制限のあるレイオットには倒しきれない)
必然的にレイオットの逃走・追跡戦が発生(折角だからレイオットにはアレを使ってもらおう!)
という思考過程で、正直原作の事を考えていませんでした(苦笑
が、言われてみると確かに。
かの狂書が無意識下にすり込まれていた結果だと思います。
とりあえず、「古橋秀之は偉大なり!」

次スレのテンプレですが、
「左手氏のサイトは直リン」
「少佐殿の注意を明記」
この二つは是非やって欲しいです。新参の身ですから、スレ立ては流石にやりませんが。

747 :以上、自作自演でした。:01/12/10 19:54
>次スレテンプレ
2の文の一部を前スレのものに直した方が良いかと。
「あまりに桁の違うキャラクターの」→「あまりに桁・雰囲気の違うキャラクターの」
更に、どこかに
・参加者は常時募集している
を付けといた方がいいと思う。入って来ていいものか迷う人がいそうだし。
あと、メール欄に関する条項に
「闘争中のものは、対戦相手のメール欄を常にチェックして置くようにせよ」を追加。

それと、やはりカテゴリーA+Bの人数に比べてCが少ない。
何人かCに名乗り出てくれたが、一応、募集はかけといた方がよさそう。
3レス目に

 ・現在、吸血鬼側(カテゴリーC)のキャラを特に募集しておる。
  「吸血大殲」の名の通り、吸血鬼或いは不死者の特徴を色濃く持った者が参加してくれれば、
  幸いである。具体例として、下記のものを挙げておこう。
    ヴァンパイアロード(Wiz)、オルロワージュ・妖魔ED後アセルス(サガフロンティア)、
    不死の王Ver.バグナード(ロードス島戦記)、カーミラ(女吸血鬼カーミラ)、
    ジラー(ロスト・ソウルズ)、モーガン(ミッドナイト・ブルー)
  上に例示したものは現在のところ、未参加である。参戦を希望するなら名乗り出るがよかろう。
  無論、カテゴリーA・Bの者も常時募集している。遠慮なく、参戦するがよい。

というような感じの文を入れてみてはどうだろう。
VPのブラムスもスレ内で挙がってたが、吸血鬼であっても創造神に匹敵する力を持った奴はまずいと
判断した。技は比較的地味なんで問題ない気もするが(w
あとは、746の通り、左手のサイトを直リン・少佐の注意(720の3行目以下)を4レス目に少佐の名前
でコピペ。

748 :以上、自作自演でした。:01/12/10 19:58
マリオネット、サウジーネ、フローズンハーフの3名は、カテゴリー特殊に入らんか?
すくなくとも、マリオネットはすでにカテゴリーを確定できん状態だし(苦笑
後始末役の2名は一応Cに入りそうだが、闘争はしないっつーかしたらいかん立場だしな。
…言ってみただけだが。

749 :以上、自作自演でした。:01/12/10 20:02
>サウジーネ、フローズンハーフ
についてはカテゴリー分けする必要はないと思う。
スレの調整として働けるキャラは自由に使えるほうが良いかと。

750 :以上、自作自演でした。:01/12/10 20:13
>732 ジャスティス
確かにその方が文句は出ないだろうな。
このスレではザトー・ONEの方が幅広い戦いが出来そうだし。
ザトーでもやれるなら、変えた方がいいかもしれない。

751 :アーカード ◆aaRCARDU :01/12/10 20:25
来たぞ、来たぞ、来たぞ……!
最強の、最恐の、最凶の戦争狂(ウォーモンガー)が!!
私を更なる狂気の高みへと昇らせる呼び水が!!

>691
この場には、狂気を含んでいないキャラも少なからず存在する。
よって一概に括るわけにはいかんだろうな。
だが私は、狂気の代弁者たるこの私は更なる狂気を吐き出し続けてやろう!
それこそが! 私がこの場で鉄火を手にし、血を啜る意味なのだからな!

>696
人間は化物を打ち倒す者。
圧倒的な力の差を、圧倒的な意志の力で跳ね返す体現者。
化物に怯み、敗れる者は人間とは言わん。
それは走狗(イヌ)と言うのだ。

>719
結局のところクロスオーバーである以上、明確な基準など存在しないのだよ。
例えば私と真祖の姫君が対峙すれば、恐らく私は負けるだろう。
だが本家は私と姫君の力は同等か、あるいはそれ以上だとしている。
これも個人間の認識、価値観の違いからくるのだろうな。

>720
1)それは、既にいくつかの闘争において採用されている。
  もっとも、理由となるとなかなか難しいね。
  私にとっては、闘争に理由などはいらないが。

2)私は投げつけられた左腕を咀嚼することで表現してみたが、まだ不足か?
  そうだな、では闘争の決着の際には相手の命を奪い尽くすとしよう。
  これはあくまでも一つの例であり、実演するかは分からんがね。

3)これは皆が心掛けていることだと思っている。
  だが、冗長になってしまうところは確かに多少見受けられるな。
  各人の奮起を期待するといったところか。

>729
ククッ、いくら何でもそれは穿ちすぎというモノだろう。
タイムスタンプ的に見れば、創造主は仕事の時間のはずだ。
誤解しないでほしいが、私は直接知っているわけではないぞ。

>744
あの男は引き金にすぎんのだよ。
闘争と暴力、更には狂気をその言葉により振りまく死の商人。
吸血鬼でこそあるが、その戦闘能力は皆無に等しい。
たかが走狗(イヌ)の大佐に為す術もなく殴られた様は見ていただろう?

>748
カテゴリDは雑談メインの傍観者や、カテゴリを越えて闘争を望む者、
更には他のいかなるカテゴリにも分類し得ないモノという意味合いを持たせたつもりだ。
奴らもカテゴリDで問題あるまい。

私は今夜は現れない。
戦争狂(ウォーモンガー)の、戦争狂による、戦争狂の為の闘争を期待するぞ!!

752 :バイロン(ブルーソルジャー):01/12/10 20:43
残念ながらやはり今日はもう来れそうにない。皆の素晴らしい闘争を期待する。

>アンデルセンVS比良坂初音
見事だった。比良坂初音は流石に能力が多彩だな。
アンデルセンにとっては不幸だったとしか言いようがないが。
二人の戦いを見ていて思ったのだが、
やはり直接戦闘型VS搦め手/謀略型がいいかもしれん。
搦め手/謀略型VS搦め手/謀略型だと裏読みし過ぎて膠着が多くなる。


>レイオット・スタインバーグ VSブラックロッド
素晴らしい。質、量ともに素晴らしい戦いだった。
不利なレイオットが逃げ切れば勝ちというアイデアも良かったと思う。


>731(ロングファング)
結論は、空想具現化も直死の魔眼も真祖の姫君も物ともせず
敵陣中央の殺人貴のをさらう事のできる
そんな方法(ルール)だ。

言っただけだ。気にするな。
それとは別に問題が一つ。
二対二では、おれの前回の戦いの様に1対1になりかねん。
そうすると、多人数戦の意味がない。
やるとしたら、やはり片方はサポートに徹するか?

>相当悪辣な手も考えてるぜ。
ああ、手段を選ぶつもりはない。

>747
おれは異存はない。

残りの感想&レスは明日だ。

(背を向けると音もなく何処かへ消えていく)

753 :「姫」:01/12/10 20:59
 さぁて、時間じゃ。まだ誰も付き合うとは言うてくれぬようだが、遊戯の決ま
りごとは述べておくかの。

 わたしの基本的な戦闘能力は、「斬る」ことじゃ。武器はない。この手がその
まま刃物になると思ってくれれば良い。
 あとは魅了の魔眼、飛翔の能力、人外の膂力を言うたところか。

 弱点、というものは思いつかぬが・・・そうじゃな。魔界都市で焼かれたこの
半顔、これがまだ時折痛むゆえ、他の場所よりは効くと思うがよい。

 相手は1人であろうと100人であろうと構わぬ。誰かわたしと戯れるものはおら
ぬか?

754 :日向玄乃丈:01/12/10 21:05
>730(対遠野秋葉)

 バトル初心者の俺でよければ、受け付けよう。
 ただ、前に書き込んだと思うが常駐は厳しいんで……一日数レス程度しか返せない可能性が高い。それでよければ、だな。
 駄目だというなら、遠慮することはない。戦争狂は他にもいる筈だしな。
 ……ということで。参加申込み、だ。

755 :伊藤惣太 ◆cILVjedo :01/12/10 21:09
>753
俺がやってやるよ……。
別にアンタには恨みも何もないけどな。
ご不満がなければ、早速始めようか?
できれば、援軍なんかも欲しいところだけどな。

756 :ラグナロク ◆0109yQVs :01/12/10 21:12
>753>755
ふむ…私が支援するか?
良ければ、私を使うが良い。
彼女のような<闇の種族>は、充分私が狩るに値する物だ。

757 :伊藤惣太 ◆cILVjedo :01/12/10 21:14
>756
剣……か?
俺が剣を使うのは初めてだなぁ。
まぁいいぜ、それじゃ一緒にやってみっか?

後は、姫の返事待ちだな……。

758 :ラグナロク ◆0109yQVs :01/12/10 21:18
>757
ナイフなら使った事があるのだろう?
それに、重量級の武器も使いこなせるのなら、恐らく大丈夫だ。
……期待しているぞ。
(本体の剣を手渡し、立体映像は消え去る)

759 :「姫」:01/12/10 21:20
 ほほほ、お主ひとりと魔剣でかかってくるか。それもよかろう。

 戦場は四季の花が無節操に咲き乱れる、美しくも狂った林の中じゃ。中国風の
庭園の片隅にあるものじゃ。
 陽光らしき光が降り注いでおるが、これは人工のもの。吸血鬼にも苦しみは与
えぬ。

 ・・・では、まいれ。

760 :遠野秋葉 ◆6fXrx.bw :01/12/10 21:20
少し、時間が出来たので覗いてみましたけど……

>754
あら、早速、引き受けてくれた方が、確か、『式神の城』の日向さんですわね。
分かりました。
対戦者は、あなたということで……

1日数レス程度の書き込みでも構いませんわ。

では、最初は私が舞台づくりをさせていただきますわ。
かなり、厳しい条件ですが、頑張ってくださいね。

761 :クロウヴァクス:01/12/10 21:20
>753
俺様もまぜてくれねぇか。
こっちに来てまだ右も左もわからねぇが、
魔界都市を震撼させた「姫」とやらを倒せば俺様の評価も上がる。

俺様は時間がたてばたつほどマナ(魔力)が貯まり、
召喚できるクリーチャーや、使用できる魔法が強くなる。
詳しいことについては、>717-718を見てくれ。

762 :ヴェドゴニア ◆cILVjedo :01/12/10 21:24
>759
OK……それじゃ行くぜ、新しい相棒サンよ!!
アンタで手首を切るのは少々骨だからな……。
(ラグナロクで腹を貫く)

……っくぞぉ!!
(ラグナロクを大上段に構えて突撃)

>761
か、構わねぇが、アンタがいるとラグナロクが弱まりそうだなぁ。
まぁいいや、アンタも頑張ってみてくれ。

763 :降魔局 広報部員:01/12/10 21:26
>753
100人でも、ですか。いやー大した自信ですね。実に清々しい。
こういう方にはブラックロッド+呪装戦術隊をセットでお届けに上がりたいのですが、
コレから先日のレイオット氏の件について、公安局に釈明に行かなければなりません。
(なんでバレたのかなぁ……シラを切り通す自信はあるけど)

帰ってくるのは真夜中を過ぎになると思います。
その頃にはこの地に血煙、いや、血嵐が舞っている事を期待していますので。
頑張って下さい。

764 :ラグナロク ◆0109yQVs :01/12/10 21:28
>761
異次元の隆盛なる支配者か…。
成り行きならば共闘も仕方があるまい。
暗黒の波動により私も思うように<存在意思>を練れない
かも知れないが……。

>762
変身……か。私の刀身が血で汚れてしまったようだが、
まあいいだろう。
では、行くぞ。

765 :「姫」:01/12/10 21:32
 姫はくるくると舞っている。裾の長い、白いチャイナドレスを揺らしながら、
花園の中で、春の芽吹きの喜びを、夏の陽光の強さを、秋の実りの喜びを、冬の
厳しの中で春を待つ強さを舞っている。
 生なき吸血鬼の姫が、生の喜びを舞っている。

 その光景に一瞬戸惑ったウェドゴニアであったが、スピードを緩めず、そのま
ま姫に突っ込んだ。

「正面からとは・・・芸がないの」

 軽やかに飛翔して、姫は一撃目を容易くかわした。ウェドゴニアも、まさかそ
の1撃目が当たるとは思っておらず、そのままの勢いで2撃3撃と連続して剣を
繰り出す。

766 :ロングファング:01/12/10 21:32
そろそろアーカード言うところの"夜族"が集まりだす時刻か…

>次スレ
手前味噌だが、次スレサブタイトルは「ノスフェラトウのゲーム」とかどうかね。
いや、俺の出典の小説の章題なんだが、はまってると思わないか?

>729(テディベア十字架)
(思いきり顔をしかめ)いやなもの持ち出しやがって。
だが、聖別されてるって点じゃアンデルセンの銃剣とどっこいどっこいかもしれんぞ。
…十字架型の棍棒持った牧師はなんか覚えがあるが、気にしない事にしよう。

>741(伯爵)
伯爵、血圧が上がるぜ(w

>743(ベック)
次来るときはスレが二つぐらい進んでるかもしれないが、迷うなよ。
お宅の復帰は楽しみにしてるよ。

>745(レイオット:スレイマンは…)
性格だけでなく魔術のセンスもかなりぶっ飛んでるから、
戦闘面でも難しい事この上ないのは確かだ。
俺も無理だね。だが、誰かうまくやらんかなぁ。是非見てみたいんだが。

>746(降魔局)
>「古橋…」
(苦笑)公の場?じゃ控えといた方がいいぜ、そのせりふ。

>752
どちらかといえばサポートにまわって欲しいかな。
通じるかどうかわからんが、一対一になれば志貴に対しては策がひとつある。
(原作を直接知らないのが辛い…)
志貴を捕まえた後ならアルクェイドに対しても策はある(メール欄)
引き離す手段だけいい方法を思いつかないが。
ま、この話は相手もあることだから、また後で詰めよう。

767 :クロウヴァクス:01/12/10 21:34
>762
「では、俺様も戦の準備をするとしよう」
 そう言うと、手近にいたインプの頭を掴んで握り潰した。
 断末魔の悲鳴とともに、クロウヴァクスの体内を闇のマナが駆け巡る。
「WWoooooow!」
 邪悪な雄叫び。
 周囲にある花が枯れていく。
「出よ!《突入口》!!」
 魔力がほとばしり、クロウヴァクスの目前と姫の背後に空間の穴が空いた。
「後をとったぞおおおおおおお!」
 背後から首筋めがけて斧を振り下ろす。

768 :遠野秋葉 ◆6fXrx.bw :01/12/10 21:37
<プロローグ1>
(日向玄乃丈視点)
今回の依頼は暗殺……
いや、暗殺というと聞こえが悪いか……
昨日、某所から遠野財閥の当主を暗殺して欲しいという依頼があった。
本来はそんな仕事を引き受けないが、内容を聞くに、既にこの遠野秋葉は、
完全に魔として覚醒しており、無数の犠牲者を出しているという。

……そうとなれば、話は別だ。
俺は依頼を引き受けることにした。
現在、遠野秋葉は遠野財閥の直営のリゾートホテル『シーアーク」で、
休暇中らしい。
俺は、早速、そのホテルに乗り込むことにした。



遠野秋葉のいる最上階のロイヤルスイートルームまでは楽に行けた。
まあ、護衛が何人かいたが、俺にとって物の数ではない。

ドアに耳を当て、中の様子を伺う。
すると……

(遠野秋葉視点)
「来ましたわね、新しい獲物が……」
私はドアを『略奪』し、その侵入者を目の当たりにする。
30代ぐらいの『退魔』の力をもつ探偵……
情報どおりだった。
男は、私に向かって雷球を放つが私はそれを『略奪』し、無効化する。
そして、『檻髪』で男の身体の自由を奪い、男、日向玄乃丈に話し掛けた。

769 :ヴェドゴニア ◆cILVjedo :01/12/10 21:38
>765
まぁ、こんな雑な攻撃が当たるとは思っちゃねぇよ……。
(ラグナロクを片手に持ち替え、逆手に握ったサド侯爵の愉悦をアッパー気味に繰り出す)

>767
おわっ!? とんでもねぇことすんなぁ……。
なるほど、滅多なことではあの攻撃は止まんねぇだろうな。

770 :「姫」:01/12/10 21:38
(ウェドゴニア・ラグナロクの行動待ち・・・混乱を避けるため、
この順番でレスを進めたいです・・・)

771 :ヴェドゴニア ◆cILVjedo :01/12/10 21:39
>770
それは構わねぇが、クロウヴァクスも入れた方がいいぜ。

772 :降魔局 広報部員:01/12/10 21:42
>766
あ、面白い話をしてますね。
一つ依頼をしたいのですが。
例の姫君と戦うなら、殺害ではなく捕獲をお願いしたいんです。
アレは貴重なサンプルですから。

我々が提供できるのは……そうですね、公安局には今頼み事は無理なので。
少佐に「少佐」として戦って頂くというのはどうでしょう?
彼等はキチンと保存しています。
無論、無理にとは言いませんが、選択肢の一つということで。

773 :「姫」:01/12/10 21:50
「甘いわ!!」

 姫の繊手がひらりと舞う。それだけの動作であったが、クロウヴァクスの胸元
がざっくりと裂けた。

「その程度でわたしを斬れるとおもうたか!!」

 返す手で今度は、襲いかかるヴェドゴニアの腕を掴み、軽々と投げ飛ばす。

「ほほ、もっと本気で来い!! でなければ無残に死ぬだけぞ!!」

774 :降魔局 広報部員:01/12/10 21:50
>772
出来れば生きていた方が良いですが、無理ならば死体でも構いません。
銃器、情報、その他についての支給も考慮します。

殺人貴については……そうですね、眼球と脳の提供を希望します。
非常に興味深い能力のようですから。

775 :ヴェドゴニア ◆cILVjedo :01/12/10 21:52
>773
(地面で前転しながら受け身を取る)
チッ、さすがは一級品のバケモノだぜ……。
それなら、こいつはどうだっ!?
(レイジングブルを二発発射)
こいつはオマケだっ!
(旋風の暴帝を投擲)

776 :ラグナロク ◆0109yQVs :01/12/10 21:55
>765
何と華やかな……。だが、油断は出来んな。
その舞は余裕の表れか、それとも…?

>767
「弱者選別」から「突入口」か……。
流石にトリッキーな攻撃方法だ。

>773
くっ!! 大丈夫か惣太!?
…格闘戦は不利かもしれんな。

>775
(……それにしても、銃火器の音というのは、何度聞いても
不快な物だ。この際はそうも言っていられんが。)

777 :クロウヴァクス:01/12/10 21:59
クロウヴァクスの巨体が数メートル宙を舞い、空中でピタリととまった。
黒い血の溢れ出す傷口を手で撫でると、傷口がみるみるうちに塞がっていく。
「やるなぁ、さすがは姫」
クロウヴァクスは唇をねじ曲げて、不細工な笑みを作った。
「ならば、これはどうだ!」
空中の魔法陣を描き、一匹の使い魔を喚ぶ。
とてつもない悪臭を放つインプだ。
「いけ!」
クロウヴァクスの命令とともに、インプは姫めがけて飛んでいく。
「はははははは、臭いは防げるかな!」

778 :「姫」:01/12/10 22:06
 レイジングブルの弾道も、旋風の暴帝も、確かに姫の体に吸いこまれた。白い
ドレスに、ばっと血の花が咲く。
 しかし、それだけであった。己の血の花を咲かせたドレス姿の、なんと美しい
ことか、なんと淫蕩なことか。そして傷は見る間に塞がり、美貌を襲った武器は
音もなく花園に落ちた。
 一瞬ヴェドゴニアも、ラグナロクも言葉を失い、その光景を呆然と見つめた。

 沈黙を破ったのはクロウヴァクスである。
 クロウヴァクスの召喚したインプは、姫の強烈な色香に戸惑いつつも、その知
性の低さゆえか、最初の命令しか実行できなかった。
 すなわち。
 己の悪臭を撒き散らせ。

「う・・・く、ごほごほっ・・・」

 予想外の攻撃だったのだろう、姫は袂で口元を押さえて咳こんだ!!

779 :ヴェドゴニア ◆cILVjedo :01/12/10 22:12
>778
そこだぁ!!
(念動力で再び旋風の暴帝を襲いかからせる)
仕掛けるぞ! 仕事はこなせよ相棒!!
(片手でレイジングブルを発砲しながら突進)
この一撃はどうだ!?
(下からすくい上げるようなラグナロクの一撃)

780 :トマーゾ:01/12/10 22:17

 「畜生! どうなっちまったんだよ!」

 周り中化け物だらけだ。ほんの数日前まで、悪夢の中だけに潜んでいたはずの者。
 吸血鬼。そして、その瘴気に呼ばれて集まる有象無象。
 下等な妖魔に襲われて、男は必死に逃げていた。
 ビルに逃げ込めば、助かるかもしれない。そう考えたのが、男の生涯最後の不運だった。

 『メソニック会館 ××支部』
 ビルの看板を見もせず、中に入った。恐怖に錯乱した男は、奥へ駆ける。無意味に長い廊下、不自然に多い部屋。
 その最奥の部屋にたどり着き、扉を乱暴に閉めた。安心の息をつき、振り返る。
 部屋の中央に、長い白衣を着た小さな老人が座っていた。
 ――否。
 男は目を見開いた。白衣ではない。老人の身を覆っているのは、長い白髪だった!
 その長い白髪が、天井や壁に根を張り、老人を宙吊りにしている。老人の口が開き、紫に膨れた舌が突き出される。
 舌先に乗った宝玉が、虹彩のような斑点をあらわした。
 「だ・れ・だ・!」
 まるで、宝玉が声を出したかのようだった。男は恐怖に凍りつき、答える事も出来ない。
 白髪が蠢き、男に絡みつく。絶叫を上げる男の首を、白髪は軽くへし折った。
 部屋に静寂が戻る。

 「この・街・を・破壊・する・為・に」

781 :ラグナロク ◆0109yQVs :01/12/10 22:20
>778
………!!
この程度の攻撃は……効かないという訳か。
数千年の時を生きてきた<闇の種族>、一筋縄では行きそうにないな。

「悪臭のインプ」か。……奴が弱った!?
チャンスだ、惣太!!

>779
勿論だ。私とて仕事はさせてもらおう。
(惣太の斬撃にタイミングをあわせ、<存在意思>を収束。
剣の本体にコーティングする。)
これならば……防御しても唯では済むまい!

782 :遠野秋葉 ◆6fXrx.bw :01/12/10 22:23
<プロローグ2〜戦闘開始>
(日向玄乃丈視点)
身体の自由が効かない?
遠野秋葉は、俺に何かしたようだ。
影縫いの類か?
遠野秋葉は俺に話し掛けてきた。
「まあ、そう、あわてないでくださいな。まだ、ゲームは始まっていませんのよ。」
『ゲーム?何の冗談だ?」
「すぐに分かりまわ。ふふ……」
遠野秋葉はハンドバックから、注射器を取り出すと、俺に注射をした。
『何のつもりだ?毒殺でもするつもりか?』
「ご名答ですわ、ただこれは遅効性の致死毒でしてね、回りきるのに数時間かかります。
しかも、これは私の家の使用人が調合した特別製でしてね、人外にしっかり効果があるんです。」
『まさか……』
「そのとおりですわ。ゲームとはそういう意味です。今から、私は10分、この部屋に待機します。
あなたはその間にこのホテル内に潜んで、追撃する私を仕留めればいいんですの。
私のこのバックの中に血清がありますから……」
『なにもかも、お前さんの思い通りって訳かい?』
「そうですわね、じゃあ、始めますわよ。せいぜい、私を退屈させないでくださいね。」
同時に身体の拘束が解けた。
即座に仕留めようかと思ったが、俺の勘が最大LVで警鐘を鳴らしていやがる。


俺のこういう勘はよく当たる。
ここは遠野秋葉のいう通りにする必要しかなさそうだ。
俺は、部屋を出て……
A 階下の適当な客室に潜むことにした。
B 屋上のスカイレストランに潜むことにした。

ホテル構造説明
7階建て
屋上スカイレストラン
7階 ロイヤルスイートルーム
3〜6階 客室
2階 レストラン 料亭
1階 フロント 売店
外 テニスコート プール

783 :クロウヴァクス:01/12/10 22:24
咳き込む姫の姿を見て、ニヤリと下卑た笑みを浮かべる。
「あとは、あのヴェドゴニアとやらを囮にし、グフフフフフ」
己の指を噛み千切って、空中に血で魔法陣を描いた。
そして、魔法陣の中から一角獣の生首を取り出すと、瞬く間に貪り食う。
「GAAAAAAAA!」
体内に満ちてくる邪悪な力に歓喜の声をあげながら空中を疾駆して、
ヴェドゴニアの背後から、ヴェドゴニアもろとも断ち切る勢いで斧を振り下ろす。
(二段攻撃だ!かわせるかな姫よ!)

784 :遠野秋葉 ◆6fXrx.bw :01/12/10 22:27
(遠野秋葉視点)
「さて、10分ですわね」
今は午後10時20分……
10分後には私は狩りを始めることになる。
「ああ、忘れていましたわ」
私は携帯を取り出して、
「……私です。ゲームを開始します。全ての者たちを避難させなさい」
これでいい。これで、ホテルにいるのは私と彼だけ……



10分たった。
さあ、狩りを始めましょう。
私には彼の居場所は手に取るように分かるんですから。

785 :不死の男:01/12/10 22:34
747の提案を受けて来たぞ。
俺とは全く異なる手段で不死を得たものたち――いや、最初からそうである存在もいるのか。
実に興味深い。

名乗りたいのだが、俺に名はない。出典である邦画『VERSUS』では、所謂ラスボスの俺を含め全員に名がないのでな。
まさか俳優名でやる訳にもいくまいし。
見かけは三十くらいの髯の生えた男だが、呪術によってこれでも五百年は生きている。この世界に六六六箇所あるという、現界と幽界とを繋ぐ結界の力を求めてな。
その力、黄泉の力を手に入れる事が俺の目的だ。それで何をするかって?
決まってる。悪いことだ。

さて、俺は不死だが、首を落とされれば取り敢えず動けなくはなる。
身体能力には自信があるぞ。弾丸を素手で掴み取ったり、相手の撃った弾を俺の撃った弾で打ち落とすなど造作も無い。
武器はアタッシュケースに入った組み立て式刀(アホギミックブレードとも言う)。あとオートマチック拳銃だが、種類は知らん。
刀で斬り合う方が好みなんでね、適当に使ってる。名前を知ってる奴がいたら教えて貰えると、助かる。

それと腐れ縁の手下どもだ。全員ゾンビにした。ああ、俺は死人をゾンビにして操れるのさ。

【緑シャツ:元ナイフ使い。生前から狂っていた言動に更に磨きが掛かった。地中に潜れる】
【眼鏡:マシンガンなどを使うガンマニア。生前は緑シャツとホモ関係】
【格闘マニア:リボルバーも持ってるが名前の通りだ。スタイルはボクシングか】
【女アサシン:リボルバー二挺撃ちのクールビューティ】
【赤毛サングラス:無口。というかセリフは無い。蹴り技中心】

強さはまあそれなりだ。闘争の際はバンバンぶち殺してくれると嬉しい。
更に雑魚敵として、「黄泉返りの森」から屍人軍団を呼んでもいいか。上記の連中と違って動きの鈍い奴が多いが、銃は使えるぞ。

786 :「姫」:01/12/10 22:36
 レイジングブルの砲撃は、袖の一振りで逸らされた。しかし、ヴェドゴニアと
ラグナロクの一撃は、確かな手応えと共に姫の喉元を貫く!!

 しかし、そこで姫が笑った。にぃやり、と。
 ああ、これが数々の国を滅ぼし、数々の王朝を滅ぼした悪女淫婦の笑みか。

「考えは悪くなかったぞ。しかし、爪が甘いわ!!」

 なんと、姫はラグナロクを首に突き刺したまま、ヴェドゴニアを引き摺る勢い
で背後に振り返ったのである。その視線の先には、クロウヴァクス!!

 クロウヴァクスの斧を片手で受け、もう片方の手が閃く。クロウヴァクスの胸
元から、再び鮮血が飛び散った。

「共闘者ごと断ち斬ろうとは・・・いい考えではあるが、感心せぬな」

 ヴェドゴニアごと振り向いたせいで半ば千切れかけた首は、ラグナロクに貫か
れたままだが、すでにしゅうしゅうと音を立てて再生を始めている。まさに不死
か、この姫は。

 しかしヴェドゴニアはその時、あることに気が付いた。
 姫の再生能力は確かに尋常ではないが、多少のタイムラグがあることに・・・

787 :エレン ◆qbjwulfk :01/12/10 22:42
前回トリップを晒してしまったので、ちょっと変更しておいたの。
一応、今まで通りのエレンだから。これからもよろしく。

>696 レオニード
>人間という存在をどう考える?
弱く、哀れで、醜い存在。
それでも、立上る強さを持った存在。

……でも、時々思うの。そんな「人間」に憧れている私は、何者なんだろうって。

>720 少佐
そうね。そしてそんな化物達に対して、人間は部屋の角で
ただ、ガタガタ震えているだけの存在でない事を示す必要が有るのね。
いいわ。挑んでみる。血と、狂気の限界に。
その分、ただでさえレスを返すのが遅いのに、さらに遅れる事になるだろうから、
対戦相手には、少しストレスをかけてしまうかもしれないわ。ごめんなさい。

それにしても、凄いカリスマね。この群集を、一言で纏め上げるなんて。
流石、総裁代理と呼ばれる事はあるわ。

>730 秋葉
いつかは、手合わせして見たいわね。
今夜の戦。かなりトリッキーなものになりそうね。頑張って。

>743 ベック
お久しぶり。最近見なかったから、少し心配していたところ。
でも、
>呂愚炉兄の下で、〜
また、随分微妙な所で特訓しているのね。
それと、女顔の美少年も増えたから気を付けてね。
間違えると、一瞬で消し炭になるわよ。

>伯爵
連日、本当にお疲れさま。
くれぐれも、無理はしないように。

>レイオット・スタインバーグ
カペルテータちゃんとは、後でお話してみたいな。
……無言で向き合ってる事になると思うけど(微笑)

今日の闘争の一つは、完全に乱戦のようね。
それじゃあ、どちらも頑張って。

788 :トマーゾ:01/12/10 22:42

 名前 トマーゾ
 年齢 130歳(吸血鬼ではなくただの人間)
 性別 男
 職業 メソニック幹部
 趣味 破壊・制圧
 恋人の有無 いない
 好きな異性のタイプ ブラヴァツカヤ
 好きな食べ物 不明
 最近気になること 帝都の動向
 苦手な物 炎
 得意な技 髪に電気をため、放出する
 決め台詞 特になし
 将来の夢 長生き
 ここの住民として一言 「破壊する」
 ここの仲間たちに一言 「邪魔するな」
 ここの名無し達に一言 「邪魔するな」

 能力
  白髪により電気・電波を吸収・放出する
  白髪で相手を締め付ける
  舌先の宝玉(世界の眼・オクルスムンディ)により外界を認識し、予言を行う
 
 目的 このスレの舞台となる町の破壊
 カテゴリー  一応A(もしくはD)

 目的が目的だけに、他全てに敵対しているようなもの。
 スレに登場できるのは九時半から二時間程度の間。
 基本的に建物から外には出ない。対戦相手募集。
 

789 :以上、自作自演でした。:01/12/10 22:44
>787
総統代理だYO!

790 :ヴェドゴニア ◆cILVjedo :01/12/10 22:47
>786
一体、どう攻めりゃいいんだ?
ん? まだラグナロクが突き刺さったままかぁ……。
おい! ラグナロク! その状態のまま力を弾けさせる、出来るか!?
(聖者の絶叫を構えて突きを繰り出す)
出来るんならさっさとやれぇ!!

791 :以上、自作自演でした。:01/12/10 22:47
>787
 なぜか日本船舶振興会の故・笹川総裁代理?とか思ってしまった。
 総裁かどうかも記憶が曖昧なのだが、なぜか反射的に・・・逝ってこよう。

792 :「姫」PL:01/12/10 22:51
(賢い!! ラグナロク刺さったまんまなのを利用したのはポイント高し。
クロウヴァクスも、ぜひもうひと頑張り!!)

793 :不死の男:01/12/10 22:52
ではテンプレだ。

名前 :ない
年齢 :五百歳以上
性別 :男
職業 :レザボア(要するにギャング)のボス
趣味 :ないな
恋人の有無 :いない
好きな異性のタイプ :興味ないな
好きな食べ物 :敵の内臓(もちろん生で)
趣味 :ないよ
最近気になること :「黄泉返りの血」を持った女、早く転生して欲しい
一番苦手なもの :弟
得意な技 :悪いこと
一番の決めゼリフ :「死の先にある闇、本当の世界はそこから始まる」
将来の夢 :悪いこと
ここの住人として一言 :死んでも死ねないのはお互い様だ、派手にやろう
ここの仲間に一言 :屍人が欲しければ遠慮なく言ってくれ
ここの名無しに一言 :楽しんで貰えれば嬉しいのだが

大体午後十時過ぎにはいる。その時分なら、リアルタイムも可だ。
という訳で、よろしくな。

794 :ラグナロク ◆0109yQVs :01/12/10 22:53
>783
…所詮こいつも、<闇の種族>と同様か。
初めから信用などしていなかったがな。

>786
成る程、再生能力を逆手に取った肉斬骨断の戦法か。
悪く無い……その剣が、私でなければの話だがな。

<存在意思>の力を甘く見るな!
(私の本体をコーティングしていた<存在意思>のエネルギーが
瞬時に開放される。
眩いばかりの閃光が、辺りを包み込んだ。
私はそれと同時に、惣太の周囲に<存在意思>のシールドを張り、
被害の拡大を防いだ。)

795 :アンデルセン ◆eyXzKtSc :01/12/10 22:55
 昨日はマクスウェルにこってりと絞られましたよ。
 退くことを覚えろ、自制心を持て、と。
 彼は教義のためなら教祖をも殺せる素晴らしい人格者ですが、少々神
罰の代行に甘さが見えます。
 ……実は、傷を癒すため早々ベッドに潜り込んだのですが、孤児院の
子供たちが心配して押しかけてきてしまいまして……あの泣き顔ほど堪
える物は無かったですよ。
 今度はきちんと全快してから戻ることにしましょう。

 攻撃力の不足に関しては私も危惧しています。
 ただ、最後の切り札に関しては考えがあるのですが、その一歩手前の
「銃剣以上、切り札以下」の武器が決まらなくて悩んでいます。
 さて、どうしましょうか……


>691 少佐
 狂気?
 私が狂っていると?
 馬鹿なことを言いなさるな、私は実にシンプルなロジックで動いている。
 信徒には絶対なる愛を、異教徒には絶対なる死を!
 試合ではなく闘争をしろというのは同感です。

>694 三蔵一行
 ほう、拳と拳で語り合いたいと?
 それは願ったり適ったりですな、下らぬ戯言を聴かされずに済む。

>696 人間とは
 我らが神の作りし至高の芸術作品。
 だが、神は最後の最後に失敗をしてしまわれた。
 そうでなければ異教徒や化物が存在する訳が無い。

>729 降魔局
 ほう、これは初めて目にする武装ですね。
 いいに匂いだ、化物が怯え、泣き喚く様が容易に想像できる。
 >766の話からすると、どうやら棍棒として殴りつける武器のようですね。
 機会があればありがたく使わせていただきましょう。

796 :クロウヴァクス:01/12/10 23:02
「なんだと!」
クロウヴァクスは狼狽えていた。
姫から受けた傷が、再生を始めないのだ。
話に聞いたことがある。巨大な闇の力を持つ者は、傷の再生すら許さぬと。
「ならば、接近戦はあの二人に任せるとしよう」
胸から流れ落ちる血を手の平に溜めると、拳を握り締めた。
拳の中に沸々と煮え立つ溶岩の斧があらわれる。
「くらえ、魂すらも焼き尽くす業火の斧!」
一声高く叫ぶと、その斧を眩しく輝く閃光の中に投げ込んだ。

797 :◆SIRO4zbM :01/12/10 23:06
ふと、面白い事に気付いた。
あまりにも強すぎる者を相手に闘うのも容易では無い。
それと逆にあまりにも強すぎる者は白けてしまう場合がある。
昨日のアーカードvs紅丸&ラグナロクのようにな。
そこで考えたのだが、ここは悪魔城であることを踏まえて
ドッペルゲンガーというのを考えてみた。自分と闘える機会が無いので
良いと思ったのだが、皆の意見を聞きたい。意見がまとまり次第
私がドッペルゲンガーを用意しようと思う。

798 :サウジーネ:01/12/10 23:13
(伯爵配下の魔法使いの女の子。あだ名は「まーちゃん」)
>カテゴリー分け
伯爵様の配下ですから、一応Cです。
でも、戦闘はしませんよ〜。
私とフローズンハーフは、並の吸血鬼以上の戦闘力はあるんですけどね。
私達が戦ったら、後始末する人がいなくなっちゃいますよ?

>銀さん
面白いですね。
確かに、悪魔城にはドッペルゲンガーを作り出す鏡があります。
利用するのは、全然、構わないと思いますよ。

799 :以上、自作自演でした。:01/12/10 23:16
>797
確かに、強すぎる連中は立ち回りに苦労してそうだな。
自分と戦う、というのは面白いアイデアだと思う。
ところで、ドッペルがコピーするのは能力のみ?
言動もコピーするとなるとドッペルやる側も結構大変そうだが…

800 :「姫」:01/12/10 23:16
 熟れきって甘い香りを放つ果実が、木から落ちるような音であった。
 ぼとり、と落ちたのは、姫の首であった。ラグナロクの<存在意思>の力が、
姫の再生能力を瞬間上回ったのであった。

 そのまま焼き尽くしてやる・・・!!
 ラグナロクは、ヴェドゴニアは、残る姫の肉体を焼き尽くすベく、残りの全て
の力をそこに集中した。焼き尽くし、消し炭にしてしまえば、あの姫といえど
・・・そういう考えであった。
 クロウヴァクスの投擲した業火の斧も、計らずしてそれに協力した。とてつも
ない熱量が花園を、いや庭園全体を覆い尽くす-----<存在意思>の力だけではこうはいかなかったであろう。クロウヴァクスの魔力あっての業火であった。

「や・・・やったか・・・?」

 そう呟いたのは誰であったか。

 果たして。
 花園は焦土と化した。見渡す限りの焦土に、姫のドレス姿はなかった・・・ド
レス姿は。

 着衣は燃え尽き、白い肌を惜しげもなく晒した、姫の姿がそこにあった。すで
に首は、元通りの位置に納まっている。ただ、赤く残る斬線だけが、切り落とさ
れた名残を留めていた。

「ほほ、ほほ、わたしの首を落としたか。わたしの園を焼き尽くしたか。これは、
今宵は負けを認めなくてはならぬな」

 闇に血で擦り描いた華のような笑い声が、焦土を渡った。

801 :エレン ◆qbjwulfk :01/12/10 23:17
>797 銀
面白いかも。月姫やヴェドゴニアでも、自分自身と戦っていたしね。
私は、アインであった頃の私と戦ってみたいかな。
プルvsプル2みたいな感じで。
でも、今日はちょっと、時間無いかも。

802 :◆SIRO4zbM :01/12/10 23:18
>799
口調などは考えた・・・いっそのこと無口無表情で行こうと思う。
それ以外のことはキャラ説明でさせてもらう。
すでに色々考えてはいるのだ。

803 :アンデルセン ◆eyXzKtSc :01/12/10 23:22
>797
 自分自身と戦うというのは面白いかもしれませんね。
 もっとも、私同士では正面からの殴り合いが延々と続くだけでしょうが。

804 :ヴェドゴニア ◆cILVjedo :01/12/10 23:23
>800
……首を落としてこれかよ。
何処までもバケモノだな。
(ギリギリッ、握られた拳から血が流れる)
負けを認めたってんなら血を寄越しやがれぇ!!
(何の武器も持たず、その手のかぎ爪を心臓めがけて振り下ろそうとする)

805 :ラグナロク ◆0109yQVs :01/12/10 23:28
>800
………馬鹿な…!? 手応えはあったはずだ。確かに首ごと…!!
…奴を滅ぼす方法は、存在しないというのか?

>804
よせ惣太! 無謀だ! 此処は退け!
(地面に打ち捨てられていた私は、直ぐに立体映像を出現させ、
惣太へと呼びかける。だがその声は恐らく、血に飢えた彼の
耳には届かないだろう。どうする……!?)

806 :左手:01/12/10 23:30
しかし、スレが新しくなるごとに回転が速くなる気がするのう……
今回は2日ちょっと。次は1日か?

>少佐
お主が噂の少佐か。噂以上のイキッぷり、なかなか痛快じゃな。

もっと狂気を、か。
それの是非はともかく最近闘争でなく試合になってるというのは同感じゃな。
血みどろの殺し合いばかりというのも何じゃがもう少し弾けても良いとは思う。

しかし、少佐の書き込みを見て何故か吉牛のあれを思い出してしまった。謎じゃ。

>ヴィンセント
某有名RPGからの参戦か。
元神羅の精鋭であったお主の力此処で存分に振るうが良かろう。

>クロウヴァクス
ホントにギャザで来るとは思わなかったぞ(w
元黒ウィニーの使い手としてお主の健闘を祈らせてもらう。

>トマーゾ
これはまた珍しい輩が出て来たのう。
此処の面子全てに敵対するか……ククク、面白い。
帝都で見せたお主の力見せてもらおうか。

>不死の男
最近の映画化からの登場じゃな。
早速此処をかぎつけてくるとはのう。
お望みどうりガンガンブチ殺されることになるじゃろう。
ここの連中は血の気が多いからの。

>696
人間は人間じゃ。それ以上でもそれ以下でもない。
ワシの興味は人間という種ではなくその中における個人にあるからの。

>797
ドッペルゲンガーか、面白いとは思うぞ。
ただ、同じ攻撃手段しか持たぬ故に展開が単調になる恐れはあるの。

807 :レイオット・スタインバーグ:01/12/10 23:31
今夜も戦闘が始まってるみたいだな。
「姫」が戦うのは、初めて見るような気がするが。まあいいさ――どのみち俺は、まだ戦線復帰は無理だ。
さて、レスだ。

>730
あんたの能力。性質が「魔族」の恒常魔力圏に近い気がするが。
となると、「魔族」に換算すると「伯爵旧」程度の能力か。勝てないこともないと、正直思ったんだがね―――
残念ながら、キャリアの手配がまだ終わってないんだ。
モールドの調整も完全じゃないしな。今回は、見送らせてもらったよ。

>772
>少佐に「少佐」として戦って頂くというのはどうでしょう?
ははっ―――「少佐」か!

>780
また妙な「魔族」だな。
ま、シモンズ監督官殿からの要請でもあればやり合うのもやぶさかじゃないが―――
少なくとも、今は無理だな。理由? 上のあたりに書いてあるさ。

>785
不死―――か。
一体、「死なない」ってどういう事なんだろうな?
生き物である以上、必ず「死ぬ」わけだろ? さて、死なないモノってのは、一体どういうモノなんだろうな。

>787
 エレン。人間としては最強に最も近いアサッシンか。どうも聞いていたより「いい」ヒトみたいだな、あんた。
カペルと?
 好きにすればいい。俺は、別に彼女の保護者じゃない。
無資格の魔法士である俺には、CSAである彼女の後見人としての資格がないんでね。
たまたま俺の家に居着いてるってだけだ。軒下の猫と同じさ。たまに、お茶入れてくれるし。
「猫は……お茶を入れたりしないと思います」
はいはい――感謝してるって。
 ……だから、彼女と話したければ好きにすると言い。俺に許可を取る必要なんて無い。
もっとも――あんたの言うとおり、無言で向き合うことになると思うけどな。

>795
あー、神父サマ?
俺みたいな怪しい男が言うのもなんだが、連中には関わり合いにならん方がいいと思うぞ?
公然と魔女飼ってるような連中だ。知らない間に、妙な精神拘束(ギアス)かけられてる―――
なんて事になりかねないからな(苦笑

とりあえず、こんなトコか。さて、お「姫」さん達の戦いはどうなってる?

808 :サウジーネ:01/12/10 23:32
(伯爵配下の魔法使いの女の子。あだ名は「まーちゃん」)
『姫』の回収は、行う必要あるんでしょうか?
まあ、ロリ○ンの遺体の回収を行うよりいいですけど……

ところで、次スレ、誰がたてます?

809 :クロウヴァクス:01/12/10 23:33
(ぬぅ、傷口がまだ塞がらぬ。早く血を飲まねば……)
クロウヴァクスは焦っていた。
己の全力をそそいでも倒せぬ敵の存在に。
(エヴィンカーに敗北は許されん。ここは退くしかない)
「負けを認めたか。ならば今宵は見逃してやろう。
だが、次はないぞ!」
血で赤黒く染まったマントをひるがえし、闇空の中へと溶け込んでいく。
軽くあしらわれたという屈辱に歯ぎしりをしながら――

810 :左手:01/12/10 23:37
>808
900を踏んだ奴で良いのでは無いかの?
『姫』の方はかまわんじゃろ。あれで死ぬようなら苦労せぬ。
あとロリコ○呼ばわりはやめておけ。あくまで向こうの話じゃからな(w

811 :ロングファング:01/12/10 23:38
>772,774
そいつは俺のとっておきの隠しネタだ(苦笑)
あまり乗り気でもないが、一応考えとこう。
(とはいえ戦利品を持ってかれるのは癪だな)

ああそれから、この話はまだあちらの二人が受けたわけじゃない。
これ以上勝手に進めるのもなんだから、このへんにしとくとしよう。

>780(トマーゾ)
ランドー…もとい加藤じゃなくてトマーゾか。まあ俺はコミック版でしか知らんが、
印象としてはAよりももろにCという感じなんだが(w
今のところ現在位置という設定は曖昧だが(伯爵の異次元空間てのが一番しっくり来る(w)
ま、敵対理由があるのは主にハンター側の方だろうな。
ああ、私信がメール欄だ。

>785(不死の男)
映画からの出演か。俺のねぐらじゃ放映されなくてな、悪いが見てない。
手下が多いから、降魔局の申し出はどっちかつーとこいつ相手向けだ…
しかし反射速度が最大の武器だな、銃弾つかむってのは。

>795
アンデルセンにあれかよ、俺としちゃすごくやな感じなんだが…
でもアンデルセン、あれはやめとけ、理由は…「ブラッドジャケット」読め(w

812 :「姫」:01/12/10 23:43
 姫はふわり、と跳躍し、ヴェドゴニアの肩に飛び乗った。そのままくるりくる
りと、肩の上で舞うように回る・・・遊んでいる。この後に及んで、まだ戯れて
いるのだ、この妖女は。

 ヴェドゴニアの吸血欲がすうっと失せる。
 これはバケモノだ。手に負えないバケモノだ。血を吸うどころの騒ぎじゃねえ。

「確かに今宵の遊戯はわたしの負けじゃ。だが、わたしの血を吸おうとは、ちと欲が過ぎるぞ」

 そう耳元で囁くと、姫は今度こそ、ヴェドゴニアの肩を蹴って軽やかに飛翔し、
どこへともない空間へと消えた。

「ほほほ、またじゃ。またそのうちに会おうぞ。その時は、ラグナロクとやらに
頼らずともわたしの首を落とせるように、クロウヴァクスがおらずともわたしを
焼き尽くせるようになっておれ・・・」

 笑い声だけが、いつまでも焦土に響いていた・・・

813 :◆SIRO4zbM :01/12/10 23:45
>ドッペルゲンガー案
左手老の言うことにも一理あるな・・・
とりあえず作ってみるので考えてはくれまいか?
利用の仕方は人それぞれだからな・・・
同じ能力、同じ攻撃方法でも行動が違えば面白い物になるとは思っている。
一番アルカード殿の意見が聞きたいが・・・
まとまり次第、後日発表する事にする。

814 :伊藤惣太 ◆cILVjedo :01/12/10 23:48
……血を吸わずに、人間に戻ってる、だって?
ホントに一体ナニモンだよ、あの姫ってのは……。
まぁ、いっか!

さ、帰ろ帰ろっと。

815 :以上、自作自演でした。:01/12/10 23:49
>814 待て! 俺は貴様に挑戦状を叩きつけるぞ!

816 :比良坂初音 ◆EA9lggjE :01/12/10 23:50
皆様、こんばんわ
今宵は傍観、雑談のみとさせていただきますわ

昨夜の戦闘については概ね好評のようで
うれしい限りですわ。
ですけど、皆様が言われているほど、楽な戦いではありませんでしたわよ

>647
望むところ、と言いたいところですけど
とりあえず今宵はご容赦を
一応、単行本も読ませていただきましたわ。
ラヴァさんも糸を使うのね。鎌のイメージが強かっただけにちょっと注目しましたわ

>691
確かに・・・・もっと血みどろの戦いが見たいという気持ちはございますけど
私自身は狂気に因われるつもりはございませんわ
ですけど・・・私のもっとも大切な存在が傷つけられるようなことになれば・・・・
(脳裏に1人の少女の姿が映る)

>696
弱くて、愚か
しかし、それゆえに彼らは自らの弱さを乗り越え多くの偉業を成し遂げたわ
私達には到底、無理な話ね。

さて、今宵は観戦しつつも更なる戦術の研究をいたしましょうか
少なくとも出来る事は多少捏造気味でもやっておくべき、ですものね。

817 :レイオット・スタインバーグ:01/12/10 23:51
>ドッペルゲンガー案
すると―――下手をすると、「魔族化」した自分を処分せにゃならん状態も発生するわけか?
それはそれで面白いが―――どうしたもんかな、
(言いつつも、うっすらとした笑いが浮かんでいる)

818 :伊藤惣太 ◆cILVjedo :01/12/10 23:53
>815
へっ!? オイオイ連戦かよ?
そんなに俺とやりてぇのか?
まずは名乗れよ、話はそれからだ。

819 :747:01/12/10 23:54
747の奴に異論がないようなので、あれを元にテンプレ作ってみた。
闘争の経過にもよるだろうけど、850過ぎたあたりで張ればいいかな?

820 :ラグナロク ◆0109yQVs :01/12/10 23:54
>809
退いたか……ふん。

>812
…………。
(私は、その舞を、そして人間の姿へと戻る惣太の姿を
しばし呆然と眺めていた…。)
……是が「力の差」という物なのか?
圧倒的すぎるな……、いやしかし、<存在意思>の威力が
本調子ならば?いや……それでも無理か。

>814
惣太……気付いてるか? 我々は「生かされた」のだ。
もう少し戦闘が継続していたら、我々も無事で済んだかどうか…。
……今夜はここまでだ。私も帰らせてもらうとしよう。
(剣を鞘に収め、ゆっくりと去っていく)

821 :左手:01/12/10 23:55
>819
850では少し早い気がするのう。
前スレと同じく900越えてからで良いのではないかの。

822 :改造コンドル男(ゲバコンドル):01/12/10 23:56
>818 俺はもう死ぬ…。
その前に貴様を殺して喰らうのだ! そうすれば俺は生き延びる事ができるんだ…。
見ろこの首の醜い火傷を。あのマネキンにやられたものだ。
貴様を吸収すれば奴も捻り潰せる。

823 :日向玄乃丈:01/12/11 00:00
 お待たせした。
 では、今から闘争開始だ。

 玄乃丈はスイートルームを出るなり、階下へと身を翻した。
 一足、二足、三足で階段へと辿り着き、駆け下りる。
 このまま正面から闘っても分が悪い。なにしろ、こっちは奴の能力も知らないのだ。
(完璧に誤算だったな……くそ)
 先程放った、必殺の雷球があっさりと霧消したのを思い出す。何かの呪術か、とも思ったが、それにしては妙な節がある。
 あれはまるで――「見るだけで」効果を及ぼしていた。
(まさか、な…………いや)
 一つだけ、心当たりがある。
 魔眼……もしくは、それに似たモノだ。視線をキーとして発動する、一種の呪術回路。
 しかし、だとすると非常にやっかいである。「見られる」ことを避けるためには……。
(……やはり)
 5階廊下を疾走。左右を無数の扉が駆け抜ける。
(不意打ち。それも――)
 一撃で仕留める必要がある。
 扉のうち、手近な一つを蹴り開ける。鍵は掛かっておらず、彼は容易く部屋へと入る事が出来た。
「やれやれ。……地獄の鬼ごっこ――いや、かくれんぼか。洒落になってないねえ」
 あくまで平静な態度を保ったまま、彼は懐を探ると、一つの小さな機械を取り出した。
「名家のお嬢さんらしいが……あんた『鬼ごっこ』の経験はあるのかな?」
 そう呟く彼の手にあるものは、逃走時に各所に設置された盗聴器の親機であった。

824 :747:01/12/11 00:01
>821
了解。
では、前スレと同じく900過ぎたら闘争禁止で、次スレが立ち次第移行。
残りは雑談で1000まで、ていう感じかな。

825 :クロウヴァクス:01/12/11 00:01
屈辱的なことに、終始姫にリードされ続けた。
もっと血をすすり、肉を貪り、力を付ける必要があるな。

だが、ファイレクシアの流儀は伝わったようだ。
我等が闇の力は、裏切りと生け贄の上に成り立つのだ。

826 :ヴェドゴニア ◆cILVjedo :01/12/11 00:03
>820
ちぇっ、俺だってソレくらいは分かってるよ。
とにもかくにも、この場は退かせたんだ、それで充分だろ?
まぁ、ゆっくり休んでくれ。

>822
アンタか……。
そう言えば、前から俺に目を付けてたよなぁ。
まったく、迷惑な話だぜ。
タダでさえ、失われた血は戻ってきてねぇってのによ!!
(言いながらサド侯爵の愉悦を手首に一閃)
替わりに、アンタからたらふく貰ってやるぜ……!

827 :改造コンドル男(ゲバコンドル):01/12/11 00:06
>826 俺には時間がない…。
速攻でいかせてもらうぞ!
(超低空で音速飛行し突撃)

828 :ヴェドゴニア ◆cILVjedo :01/12/11 00:10
>827
ちぃっ!! せっかちな野郎だぜ!
(旋風の暴帝を自分の前で回転させ、盾にして受ける)

829 :アルクェイド ◆ZspsGRZw :01/12/11 00:12
今日は一言だけね。

>悪巧みしている人達
わたしは構わないよ。
いつでも仕掛けてくるといいわ!

830 :「姫」:01/12/11 00:13
 とりあえず湯に浸かって汗と埃と汚れを洗い流し、服を着替えてきた。

>ウェドゴニア、ラグナロク、クロウヴァクス
 「ここで簡単に敗北するわけにはいかないキャラ」という気負いから、終始振
り回してしまったようですまぬ。試合に負けて勝負に勝った、的な表現も「負けられぬキャラ」の気負いからじゃ。
 皆の自由度が極端に低くなってしまっい、消化できなかったと思う。次戦まで
に、少々やり方の再考をしてこようぞ。今宵は許してもらえると有り難い。
 ・・・言い訳になるが、もう一人の我が主を務めるスレが、今宵に限って大盛
況でな。平行してレスをつけていた・・・それも敗因じゃ。
 最後になるが、稚拙な戦闘にお付き合いくださったこと、感謝しておる。


>まーちゃん
 心配をしてくれたようじゃな。わたしはこの通り大丈夫じゃ。

>左手殿
 さすがにようわかっておる。これで死ねれば不自由せぬな。

>ドッペル案
 いや、確かにそれは面白いかもせれぬ。わたしも次戦はそれで練習してみる
か・・・

831 :改造コンドル男(ゲバコンドル):01/12/11 00:14
>828 クゥ…。(深くはないが無視もできない傷を負った代わりに
武器を破壊する)
もう一度だ!(高空に舞い上がり加速して超音速で落下突撃)

832 :ヴェドゴニア ◆cILVjedo :01/12/11 00:17
>831
もう、コレは使いモンにならねぇな……。
(旋風の暴帝を投げ捨て、サド侯爵の愉悦に持ち直す)
さて、あのスピードを相手に当てられるか!?
(カウンター狙いでサド侯爵の愉悦を振りかぶる)

833 :改造コンドル男(ゲバコンドル):01/12/11 00:23
>832 当ててほしいのか? なら俺から当たってやろうじゃないか!
(胴体にナイフを食い込ませてそのまま一緒に空中へと持ち上げる
ナイフは取り込んだが傷自体は軽くない)

834 :殺人貴 ◆hKILL/T. :01/12/11 00:24
>829
俺は週に一日全く出て来れない日があるが、
それ以外は、問題なく対応できるな。

あと一つ。
提案と言うかお願いなんだが、戦闘する際、どちらかが相手の元ネタも
理解していてくれた方が、より『魅せる』闘い方が出来ると思うんだが、
どうだろうか?
前回の『ブラック・ロッド』戦は幸いにも向うがこちらを理解していたので、
俺が向うを知らなくてもよりスムーズに進める事が出来たと思う。
ご一考願いたい。

835 :比良坂初音 ◆EA9lggjE :01/12/11 00:26
>姫様
美しさの描写、見事でしたわ
私も美貌には、多少自信がありますので、今後の参考にさせていただきますわね。
うふふっ

>ドッペルゲンガー
銀もたまには良い事を考えるじゃない
私で無い者が操る私・・・・・・興味深いわね。

836 :遠野秋葉 ◆6fXrx.bw :01/12/11 00:28
>823
(遠野秋葉視点)
「なるほど、下に逃げましたか。まんざら、馬鹿という訳ではありませんわね」
私はそう楽しげにつ1人つぶやいた。
まあ、いきなり遮蔽物のない上のスカイレストランに行く無能な狩人なら、
最初の時点で既に略奪していますし、そもそも……



私は、彼の潜んでいる5階へとやってきた。
手前から、1つ、2つ……7つ目の部屋に彼が潜んでいることは分かっている。
しかし、いきなり、彼の潜む部屋に突入するのは面白くありません。
このゲームは、私が狩人で彼は無力な兎に過ぎないのですから……
「さあ、いきますわよ」
私は一人つぶやいて、前から、6番目の部屋に入った。
もちろん、彼がいるのは隣の部屋だ。
……この部屋から、ベランダを伝って隣の部屋にお邪魔するだけだけど。



「今、全ては『略奪』しません。安心なさいな」
私はそうつぶやいて、隣の部屋の窓を開けた。

(玄乃丈視点)
おかしい、盗聴器の物音によれば確実に近くにいるはず……
まさか!?
俺が気づいた時は、もう遅かった。
背後のベランダに立つ遠野秋葉の『視線』によって、たちどころに、
右腕の感覚は消失していた。
「おてつき一回目ですわ。次は左腕を頂きますわよ?」
遠野秋葉は不適な笑みを浮かべて、そう言った。



俺はそのまま、部屋から駆け出し……

A 2階のレストランに向かった。
B 1階のフロントに向かった。

ホテル内部構造追加説明
2階 大浴場
1階 制御室(電気系統、ボイラーなど)

(*メール欄、参照)

837 :以上、自作自演でした。:01/12/11 00:31
>834 殺人貴
前スレ最後の雑談タイムでの情報では、ロングファングは既に月姫発注済。
一応、元ネタに精通してから挑むつもりだと思うよ。

838 :ロングファング:01/12/11 00:32
>829
お、姫から威勢のいい返事が返ってきたな(w
じゃ明日バイロンと計画を詰めよう(苦笑、この調子じゃいつになったらやるやら)

>834
月姫はこないだ注文したので今週中に届くとは思うが(苦笑
死線に関しちゃ某小説でイメージは湧くし、一度戦闘を観戦したから
ある程度はわかったつもりではあるけがね。
俺が『月姫』コンプ後となると…少々先になるが、焦る事も無いかもしれんな。

さて、暗きライダーと最後の怪人、ゲバコンドルの対決だ。

839 :ヴェドゴニア ◆cILVjedo :01/12/11 00:33
>833
なっ!? 空中戦でもするつもりかよっ!?
冗談じゃねぇぞっ!
(かぎ爪をボディに向けて振るう)

840 :改造コンドル男(ゲバコンドル):01/12/11 00:37
>839 (臓腑まで抉られて)俺の臓物は熱いか!?
ならお前も自分の臓物を見るんだな!
(地面に叩き付けんと抱えたままで急降下する)
食べやすいようにミンチとなれ! …ウッ
(全身の力が抜ける)

841 :ヴェドゴニア ◆cILVjedo :01/12/11 00:40
>840
うわっ!? おいっ!?
テメェ、そんなところでくたばるんじゃねぇ!!
……えぇい、出来るかどうかなんて知るか!!
(念動力で、落下速度を緩めようと試みる)

842 :改造コンドル男(ゲバコンドル):01/12/11 00:42
>841 (揉み合って減速しつつ落下)

843 :ヴェドゴニア ◆cILVjedo :01/12/11 00:46
>841
(地面に激突、左腕と左足、肋骨3本骨折)
ウグゥアッ!! グッ……。
こ、これくらいですんでむしろ幸運か……?
(フラッと立ち上がり、コンドル男の方へ向かう)
……もう、オダブツか? だったら、血をいただくぜ……!

844 :バイロン(ブルーソルジャー):01/12/11 00:46
30分だけ時間ができた。

>ロングファング
>どちらかといえばサポートにまわって欲しいかな。
分かった。

>引き離す手段
いい方法を思いついた。ただ、戦闘場所をおれが指定していいのならだが。

>少佐
もし『少佐』でやるのなら、少々シュールでえげつない手があるのだが、どうだね。


>アルクェイド
>いつでも仕掛けてくるといいわ!
了解。場所はおれが決めてもいいかな。
真祖相手に、死ににくいだけの人間と吸血鬼では少々不利だ。悪いがお願いしたい。

>殺人貴
本編は理解している。歌月十夜は『紅い鬼神』だけは見た。読本も軽く目を通した。
多分問題はない。

来週の水曜以降は正直つらい。今週中ならいつでも大丈夫だ。できれば金土がいいが。

845 :サウジーネ:01/12/11 00:47
(伯爵配下の魔法使いの女の子。あだ名は「まーちゃん」)
コンドル男さん、スプラッタ〜!
スプラッタとアレ、どっちが負けても、私が回収するのね……。
とほほ〜。

846 :アルクェイド ◆ZspsGRZw :01/12/11 00:48
>844
わたしはいつでもOKよ。
全ての指定を飲んだ上で受けて立とうじゃない。

847 :改造コンドル男(ゲバコンドル):01/12/11 00:49
>843 お互い、まともな体でなくてよかったとは思わんか?臓器を損傷
しても生きているのだからな…。
(爪で引き裂かんと襲い掛かる)

848 :フローズンハーフ:01/12/11 00:50
(伯爵配下の魔物。雪オカマ)
>まーちゃん
…だいじょうぶよ、持ち運びしやすいよう、ワタシが凍らせるから…(苦笑

849 :殺人貴 ◆hKILL/T. :01/12/11 00:51
>837
サンクス、そう言えばそうだったけ…。
実の所、俺の方がここの連中の半分以上理解できない事に対する、
免罪符のようなものが欲しかったワケだ(苦笑)

>838
おいおい、あれで『俺』の戦いを理解したつもりかい?
俺はまだまだ『本気』を出しちゃあいないぜ。
…この前のは、あくまで『遠野志貴』のままでの闘いさ。

そうだな、俺達は逃げも隠れもしない。
ゆっくりと『月姫』という名の俺の過去の記録を楽しんでくれ…。
その後で存分に殺りあおうじゃないか。
…その時こそ『殺人貴』の名が伊達じゃない事を教えてやるよ。ふふっ………。

850 :フローズンハーフ:01/12/11 00:51
…ちょっと…今夜は厳しいけど…(汗

851 :ヴェドゴニア ◆cILVjedo :01/12/11 00:52
>847
っ!! ホントにしつこい奴だなっ!!
(胸板に喰らって鮮血が舞う)
しつこい男は嫌われるんだよっ!
(ボディに蹴りを入れる)
いい加減くたばりやがれぇっ!
(レイジングブルを発砲)

852 :???????:01/12/11 00:55
>844 >838
ええとね、月姫スレのね、>472を参照してもらえれば、
アルクェイドの弱点らしきモノが分かるよ〜。
ボコボコにのしちゃっていいから、頑張ってね〜!
志貴だけは、生かしといてほしいけど……

853 :改造コンドル男(ゲバコンドル):01/12/11 00:57
>851 (脇腹を吹き飛ばされながら)
最終的に貴様を殺せればそれでいい!
(飛び掛って銃を奪い乱射するが四発とも外れたので後方へ投げ捨てる)
それが俺の本来の戦い方よ!だがこういうやり方は中々きつくてな…

854 :サウジーネ:01/12/11 01:00
(伯爵配下の魔法使いの女の子。あだ名は「まーちゃん」、嫌いなモノはロ○コン)
>848 >850
とほ〜、私がやるのかあ。
うわ、あの2人ますますエライことに……。

855 :左手:01/12/11 01:01
>852
名前を隠す必要はあるのか?
ハッキリ言ってバレバレじゃと思うがのう。

856 :ヴェドゴニア ◆cILVjedo :01/12/11 01:02
>853
……それだけ、時間がねぇってことか。
肉も、骨も断たせて命を奪ろうってかぁ!?
(SPAS12改「挽肉屋」で頭部を狙う)

857 :ロングファング:01/12/11 01:03
うーむ、今週の金土ってとこかね。運がよけりゃ俺も月姫終えるだろ。
それまでのんびり作戦を立てる事にしよう。

>バイロン
シュールでえげつない手か、そいつは是非拝聴したいね。
(いかにも悪巧みだな…(w)
俺の対志貴の策はメール欄 だが、かなり甘いかもしれんな。

858 :以上、自作自演でした。:01/12/11 01:04
>852
誰?
冗談です……。
左手殿の言う通り、バレバレです。

859 :殺人貴 ◆hKILL/T. :01/12/11 01:05
>844
本編をコンプしてれば十分だ。
今の『俺』は…、そうだな、琥珀シナリオの『秋葉首ちょんぱエンド』後を
想像して貰えれば良いだろう。

>846
お、殺る気まんまんだな、アルクェイド(笑)
俺は、今のところ水曜日が多分ダメだ。
それ以外は大丈夫だと思う。

860 :◆SIRO4zbM :01/12/11 01:05
>左手老
それは暗黙の了解というものだ・・・
せっかく隠しているのだ・・・皆判っている・・・

861 :改造コンドル男(ゲバコンドル):01/12/11 01:05
>856 そろそろ武器も尽きてきたか? どうだッ!
(突進しクチバシで銃口を塞ぐ)
「どうせ頭を狙われているなら同じ事だろうっ。」

862 :左手:01/12/11 01:06
>857
どのような凝った作戦を練るのか楽しみじゃな。
健闘を祈らせてもらおう。

ちなみにメール欄のヤツでは殺されるぞ。

863 :降魔局 広報部員:01/12/11 01:08
>852
スレ違いとなりますが、一応御礼を申し上げておきます。
……なるほどね。その手があるのを忘れてました。
しかし、こうまで弱点がはっきりしていると、我々の管理化にある場所を戦場にはし難いですね。
彼女は欲しいですが、つまらない戦いを見ても仕方ありませんし。
敢えて彼女のテリトリーに侵入…となると、今度は途端こちらが不利になりますか。
難しい所です。

>柱の男氏
ヴィンセント氏が認めるようなら、私が戦場設定および導入を考えてよろしいですか?
魔物でもなく人でもない「違うモノ」である貴方にも、我々は興味があります。

864 :遠野秋葉 ◆6fXrx.bw :01/12/11 01:09
>859
兄さん、あなた、私を首ちょんぱするとこういう風になるんですかっ!

>952
はあ……
(大きくため息)

865 :以上、自作自演でした。:01/12/11 01:09
ヴェドvsゲバ 地味に、カコ(・∀・)イイ!

866 :ヴェドゴニア ◆cILVjedo :01/12/11 01:10
>861
……っ!! 一体何考えてんだよっ!?
(暴発を恐れて引き金を引かない)
あくまでも、俺の武器を全て潰してやろうって魂胆か?
(替わりに、斧の部分で斬りかかる)

867 :比良坂初音 ◆EA9lggjE :01/12/11 01:14
ふふっ・・・・
素敵な悪巧みが進行中のようね
私も一口乗らせていただきたいところですけど
アルクェイドさんには色々とお世話になっている身ですし
ああ、でも私の中の魔物の血が騒ぐのよ、彼女の苦しむ姿が
悲しむ姿が見たいって・・・・・我ながら浅ましいわね、本当に

そういえば、ナルバレックはどうしたのかしら?
私は未だに忘れてなくってよ・・・・・・ふふっ。

868 :アンデルセン ◆eyXzKtSc :01/12/11 01:15
>アルクェイド&志貴vsパイロン&ロングファング
 近いうちに一級の化物共が踊り狂う様が見れるようですね、実にそそ
られます。
 アルクェイドも志貴も一撃必殺の能力を持っていますからね、それを
どうするかが見物かと。
 ……パイロンとロングファングに関してはノーコメントです。
 資料が不足しておりまして、やれやれ。

869 :改造コンドル男(ゲバコンドル):01/12/11 01:15
>866 そう、そして貴様を貴様にとって「牢獄」にも等しい
その忌まわしき肉体から解放してやるのよッ!
(斧を避けない代わりにショットガンの散弾を全てエジェクトしクチバシ
を抜き取って肩から突き刺す)

870 :改造コンドル男(ゲバコンドル):01/12/11 01:18
そして次が俺の最高最後の一撃だ!
死ねぇ、昏きライダーヴェドゴニア!
(距離を取って加速を開始する)

871 :殺人貴 ◆hKILL/T. :01/12/11 01:20
>864
わっ、秋葉!
あ、あくまでイメージだよ、イメージ(汗;;;
『冷たい殺人鬼』に一番近いのがアレだったからな…(ゴニョゴニョ

どうでもいいが、お前にもアキラちゃんみたいな『未来視』が出来たんだな(笑)
>952を踏むヤツ、せいぜい秋葉に盛大な溜息を吐かせてやってくれ。

872 :ドラキュラ・ヴラド・ツェペシュ:01/12/11 01:22
一瞬だけ、出現である。
この調子では今夜中に次スレは間違いなかろう。
すまないが、たてておいてくれ。
改正案は一応、眼を通した。
我に異存はない。やってくれ。
新顔の諸君の挨拶はまた、後に改めてやらせてもらう。

>陰謀?
我も正直、あのコンビの敵対者として参加したい気がするな。
以前のリベンジという奴だ。
まあ、無理なのはわかっているがな。
パイロン&ロングファングから、支援要請があれば、『我自身』が参加するぞ。(笑

873 :バイロン(ブルーソルジャー):01/12/11 01:22
そろそろ時間だな。

>アルクェイド
では楽しみにしておくといい。真祖の姫よ。

>852
礼を言う。ただその方法だと、いくらなんでも卑怯な気がするが。

>ロングファング
>対志貴の策
志貴に『線』を斬られると、そこは再生できない。『点』を突かれると、一撃で死亡だ。
問題なのは『点』がどこにあるか、本人には理解できないことだ。
だから、点が心臓にあった場合ひどくまずいことになる。

おれの方は、あとで話そう。今は時間に押されている。

>殺人貴
>『秋葉首ちょんぱエンド』後
なるほど。まあ、秋葉ルート『シエル首ちょんぱエンド』よりはましか。

ではまた明日の夜、闘争の場で。

874 :ヴェドゴニア ◆cILVjedo :01/12/11 01:23
>869-870
血を流しすぎてもうろくしたかぁ?
……まだ、出してない武器があるぜぇ!!
(聖者の絶叫を真正面から突き出す)

875 :フローズンハーフ:01/12/11 01:26

……間に合わなかったらどうしようかと思ってたわ…(汗
とゆうわけで、安心して運び屋やってちょうだいねまーちゃん(はあと)

876 :以上、自作自演でした。:01/12/11 01:26
つーか、>852の正体が分かるといことはみんな何気に月姫スレを見ているということか?
(笑

877 :左手:01/12/11 01:28
>876
まあ、吸血鬼が闘争するスレに来る連中じゃからな、
全く見たことがないと言う者は少ないと思うぞ。

878 :改造コンドル男(ゲバコンドル):01/12/11 01:31
>874 お前はまだ分かっていないようだな!
ここで打って出たのは、チャチな攻撃ではこの技を防ぐどころか
足止めにもならんと言う事を!
お前の動きはのろすぎる。
そんな棒っ切れで俺達の戦いを汚すな!(くわえてへし折る)
手裏剣や豆鉄砲でなく、
貴様の最強最大の武器を持ち出せ!(旋回して更に加速)

879 :アンデルセン ◆eyXzKtSc :01/12/11 01:35
>876
 ヘルシング、月姫、ニトロのスレはもちろんチェックしていますよ。
 獲物の調査には最適です。

 ヘルシングといえば、私のなりきりが復活していますね。
 向こうの私も元気そうで何よりです。

 ククククク……ハハッ……グヒャヒャヒャヒャヒャ!

(向こうのアーカードとの殴り合いを羨ましそうに眺めながら)

880 :ヴェドゴニア ◆cILVjedo :01/12/11 01:38
>878
……五月蠅ぇよ。
(精神集中)
チョコマカチョコマカとよぉ!
(周囲の風が渦巻きはじめる)
血が足りねぇんだ! ぶっ殺して吸ってやるからゴチャゴチャ抜かすなぁ!!
(念動力で辺りに散らばった全ての武器をコンドル男にけしかける)

881 :改造コンドル男(ゲバコンドル):01/12/11 01:41
>880 ウグゥッ…
血ならやろう。だが代金は高いぞ。
お前の命だ!
(切り落とされた鮮血したたる両脚を投げ捨てる 重量が減った分速度が増す)

882 :サウジーネ:01/12/11 01:41
(伯爵配下の魔法使いの女の子。あだ名は「まーちゃん」、嫌いなモノはロ○コン)
(ちなみに正体は黒猫)
>875
は〜い、了解です〜。

結構、かっこいいんだけどなあ。
でも、アレは勘弁……

883 :ヴェドゴニア ◆cILVjedo :01/12/11 01:44
>881
……がぁっ!!
(真正面から喰らい、血を吐きながら吹っ飛ぶ、肋骨全損)
がはっ、ごふっ、グッ……。
(肋骨が肺に刺さった様子)
コレは、本格的に、ヤベェ、か……?

884 :改造コンドル男(ゲバコンドル):01/12/11 01:47
終わりだァ〜〜。
もう貴様の命運は定まったな。
所詮、俺には追いつけんという事か。

885 :ヴェドゴニア ◆cILVjedo :01/12/11 01:50
>883
……ちっ、ゴチャゴチャ抜かすなって言って……ゴフッ!
やるんなら、さっさと、やれよ……。

886 :以上、自作自演でした。:01/12/11 01:51
>885 バイク使ってほしいんだと思います。

887 :改造コンドル男(ゲバコンドル):01/12/11 01:52
>885 中々面白い奴だったよ。
安心しろ。お前の事は覚えておいてやる。
何しろ俺の一部になるんだからな…。

888 :ヴェドゴニア ◆cILVjedo :01/12/11 01:52
>886
イヤ、俺もそうなんかなぁって思ったんだけど……。
この状況でどうやって?

889 :改造コンドル男(ゲバコンドル):01/12/11 01:56
死ね…(爪を振り上げる)

890 :ヴェドゴニア ◆cILVjedo :01/12/11 01:56



GAME OVER

891 :黒子:01/12/11 01:57
>888 ナレーション『その時、一陣の風が巻き起こった。
いや違う、あれはマシーンだ。愛車デスモドゥスが主人の危機に
駆けつけたのだ!』
なすすべなくゲバコンドルが弾き飛ばされたぞ。
さあそれに乗り込むのだヴェドゴニア!』

892 :改造コンドル男(ゲバコンドル):01/12/11 01:58
>890 アハハ終わったぞ。勝ちだ。これで俺の…何?

893 :以上、自作自演でした。:01/12/11 02:01
何がどうなってんだよ! 先をやれよ!

894 :サウジーネ:01/12/11 02:02
(伯爵配下の魔法使いの女の子。あだ名は「まーちゃん」、嫌いなモノはロ○コン)
(ちなみに正体は黒猫)
あの〜、回収していいんでしょうか?
アレ……

895 :ヴェドゴニア ◆cILVjedo :01/12/11 02:03
>891
……!? こ、これは一体?
あ、フリッツか?

フリッツ「何くたばってやがる! とっとと立ちやがれ!!」

……へっ、しょうがねぇ、ありがたく使ってやるよ!!
(デスモドゥスに乗り込み、一気に全開まで開ける)
今日は四の五の言ってる暇はねぇ、飛ばすぞ相棒!!

896 :以上、自作自演でした。:01/12/11 02:03
ダブルノックアウト?

897 :比良坂初音 ◆EA9lggjE :01/12/11 02:05
雲行きが怪しくなってきたわね
なかなかいい雰囲気でしたのに・・・・・
でも、黒子の出現には笑わせてもらったわ、うふふっ。

898 :フローズンハーフ:01/12/11 02:05
(伯爵配下の魔物。雪オカマ)
…もうしばらく続くみたいねぇ…。
どうしようかちょっと迷ってたけど…(苦笑

899 :改造コンドル男(ゲバコンドル):01/12/11 02:06
>895 な、何か分からんがくらえ!
(超高速で飛行し特攻)
うぉぁ〜!

900 :以上、自作自演でした。:01/12/11 02:08
900! 

901 :ヴェドゴニア ◆cILVjedo :01/12/11 02:09
>899
テメェは破壊の為に生まれたバイクだろう?
今こそ、その真価を見せてみやがれ!!
(ウィリーし、先端のエッジをコンドル男に向けて特攻)
久し振りに楽しかったぜ、でもコレで終わりだ!!

902 :サウジーネ:01/12/11 02:10
(伯爵配下の魔法使いの女の子。あだ名は「まーちゃん」、嫌いなモノはロ○コン)
(ちなみに正体は黒猫)

はあ……、まあ、様子見ですね。
ホントは魔法弾で狙撃ようかなあと思ったりして……
ロリ○ンに人権ないし……

903 :改造コンドル男(ゲバコンドル):01/12/11 02:12
>901
サヨウナラ、ライダー!
アハハ、俺はライダーに勝ったぞぉ…。
(胴体が消し飛んでいる)

904 :フローズンハーフ:01/12/11 02:12
(伯爵配下の魔物。雪オカマ)

>902
…ここのあの人は違うって言われてるけど…(汗

905 :以上、自作自演でした。:01/12/11 02:15
ところで次スレのタイトルは?

906 :ブラザー・ペテロ:01/12/11 02:15
これは、本当に今夜中に次スレが立ちそうな勢いであるな。
参入者も増えつづけているようであるし、これからの事を考えると
心が踊る!!

>696 レオニード卿
 ありきたりではあるが、有限の命であるが故に、
 無限の可能性を秘めている存在であると、
 某は考えるがな。

>716 ナイトロード神父
 了解した。汝が現れるまで、気長に待つとしよう・・・
 それに、この場には、滅すべき存在がまだ
 大勢いることだからな。

>797 銀殿
 ドッペルゲンガーか・・・面白そうではないか!
 まさに、自分自身との、いや、自分自身の可能性との
 闘いであるな。

>ヴェドゴニア殿
 勝敗が決したかと思った矢先の連戦か・・・
 だが、一歩も退かぬ闘い振り、
 敵ながら天晴れである!

907 :伊藤惣太 ◆cILVjedo :01/12/11 02:17
>903
血を……血を!!
(すぐさまバイクから降り、足を引きずりながらコンドル男の首へ)
血ィ!!!!!
(吸血中……)
……はぁ。もう限界だ、動けねぇ。

フリッツ「ちっ、手間の掛かる野郎だぜ……。ホラ! さっさとハマーに乗れ!」
(担がれ、後部座席に放り込まれる)
あぁ、悪ィな。いろいろ迷惑掛けちまった。

少し、眠らせてくれ……。


(EDテーマ、「MOON TEARS」が流れる)

908 :サウジーネ:01/12/11 02:17
(伯爵配下の魔法使いの女の子。あだ名は「まーちゃん」、嫌いなモノはロ○コン)
(ちなみに正体は黒猫)

>902
そうだったね、てへ。

ええと、決着?
改造コンドル男さん、回収していいの?

909 :伊藤惣太 ◆cILVjedo :01/12/11 02:19
……う〜む、何か迷走しちまったなぁ。
コンドル男がバイクに興味を示してたのは知ってたんだが。
どうせなら場所を替えてとか言ってくれたら、そこに行くのにバイクを使ったかも。

あの、それとですね……。
サウジーネサン、ロ○コンロリ○ン言わないで……。
何度も闘志が萎えかけたです、ハイ……。

910 :以上、自作自演でした。:01/12/11 02:19
決着はついたのか?
900超えたんでテンプレを張ろうと思うんだが…

911 :左手:01/12/11 02:20
>910
終わったようじゃし張っても良かろう。

912 :タバサ:01/12/11 02:21
今宵もまた闘争が始まっているようですね。
前夜の私の操るハウザーとラグナロクの一戦、概ね好評なようで、こちらとしても光栄の極み。
もう少しハウザーを粘らせてもよかったかも、というのがこちらの反省点ですね。
では、前夜の闘争の感想などを。

・ジャスティスvsセリオ
生体兵器と機械人形の闘い、非常に興味深い一戦でした。
派手さ、という点でいえば間違いなくこのスレで1、2を争うかと。

・アーカードvs紅丸&ラグナロク
あの不死王アーカードに不意打ちを食らわせる紅丸のトリックスター的手腕、見ていたこちらも一本取られた、と言ったところですね。
ラグナロクとの息も合っていて、意外と良いコンビに発展するかも知れません。
紅丸の離脱理由も一本取られた感じでしたが(微笑)。
・アンデルセンvs初音
双方死力を尽くした、まさに「死合」と呼ぶにふさわしい一戦であったと思います。
神父殿の策略も、舞台を生かした良いものでありました。
・マリオネットvsセリオ
本物ではないとは言え、見る者を恐怖させる化物を相手に良くあそこまで戦いました。素晴らしい。
来栖川、と言いましたか。見事な機械人形を製作したものです。
・アルカードvsレイク
稽古という名目であったとは思えぬほどの白熱した一戦でした。それだけお互いの実力は近いということでしょうか。
・ブラックロッドvsレイオット
互いの世界観を観戦者に理解させるに足る、良い描写でありました。
参考にさせていただきたいところです。

913 :フローズンハーフ:01/12/11 02:21
(伯爵配下の魔物。雪オカマ)

>コンドル男さん
…回収…の前に………。
かき集めないとダメよね…(汗

914 :改造コンドル男(ゲバコンドル):01/12/11 02:21


                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                    \
        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                       ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙       .'                             ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:                ゙゙゙゙゙;;;;;;
  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                              ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙|lii|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι

915 :スレの1:01/12/11 02:22
このスレは、吸血鬼や狩人、あるいはそれに類する者が闘争を繰り広げる場である。
無論、闘争だけではなく、名無しの諸君の質問も随時受け付けておる。
気軽に質問をして欲しい。
なお、ルールに関しては>>2-10あたりを参照してもらいたい。

■関連リンク

■参加者データサイト『吸血大殲 Blood Lust』(左手作成)
http://members.tripod.co.jp/humituki5272/taisen/index.html

■吸血大殲本家サイト

From dusk till dawn
http://www1.odn.ne.jp/~chw19610/

■前スレ・前々スレ

吸血大殲―もの凄い勢いで吸血鬼が闘争するスレ―
ttp://salad.2ch.net/test/read.cgi/charaneta/1006254260/

続・吸血大殲〜新たなる吸血鬼達の闘争の舞台〜
ttp://salad.2ch.net/test/read.cgi/charaneta/1007397067/

吸血大殲3〜血と肉と硝煙の円舞曲
ttp://salad.2ch.net/test/read.cgi/charaneta/1007821285/

916 :比良坂初音 ◆EA9lggjE :01/12/11 02:22
ヴェドゴニアVSゲバコンドル
お疲れ様
途中、なにやらおかしな雰囲気になりましたけど
いい戦いでしたわよ。
ゲバコンドルさんの死に様も、怪人らしくってなかなかでしたわ。

917 :スレの2:01/12/11 02:22
まずは、自分の所属する勢力を決めてもらう。
カテゴリA(狩人:人間)
カテゴリB(狩人:吸血殲鬼……吸血鬼でありながら、吸血鬼を狩る者の総称)
カテゴリC(吸血鬼、妖魔)
カテゴリD(その他、傍観者)

原則、自勢力と他勢力とで争うことになる。
ただし、相手方の了解があれば、他勢力とでも共闘は可能であるし、
同勢力との相手とも対戦可能だ。
なお、初めて参加する者は自己紹介と戦闘スタイルの紹介をしてほしい。
元ネタを知らぬ者もおるのでな。
なお自己紹介は左手が参加者データサイトに転載してくれる。

本スレは基本は吸血鬼と狩人の戦いであるが、
要は月夜の退廃、血塗れの狂気、そういうものに理解があるなら吸血鬼に縁が無くても歓迎する。
ただし、闘争のバランスを保つ為、あまりに雰囲気・桁の違うキャラクターの参加は遠慮してもらう。
(例、ドラゴンボールのゴクウ、孔雀王の後期の孔雀、ゴッドサイダーなど)
一応、強さの上限としては我やアルクェイド、アーカード、姫あたりを基準に、
常識的に考えて他キャラと闘争を保てるレベルを、参戦出来るキャラの強さの上限としよう。
又、本スレはあくまでも闘争という形を取ったクロスオーバーのやり取りを楽しむスレである。
勝ちに執着した戦い方は、好ましくない。
どう魅せる戦いをするかが、本義である。

・戦う前に自分の自己紹介のレスをハイパーリンクなどで明示しておくと相手も作戦もたてやすかろう。
・又、戦う前に参加者データサイトも参照すること
・リアルタイムでやるか、じっくり数日に分けてやるかは自由である。
 最初にそのことを明示しておくと、相手に親切であるな。
 自分が何時まで闘争できるか、最初に明示すること、
・質問の回答はなるべくすること。ただし、答える時期は各人の裁量に任せる。
・メール欄に出展作品と所属する勢力を記入すること。闘争中の裏合わせ等もメール欄で行う。
闘争中のものは、対戦相手のメール欄を常にチェックして置くようにせよ。
・戦いの舞台を最初に設定すると、地形を生かしたトリッキーな戦いができよう。
・最初に通常の闘争か、選択肢を使うか、トリップを使って闘争するかを決めよ。
・名無し諸君の飛び入り参加の為に『マリオネット』がある。
 好きなキャラに化けさせ、ステハンとして参加するが良い。ただし、ルールは厳守のこと。
・自キャラだけでは勝てそうにない相手と対戦する場合、
 共闘者を募集・指名してバランス をとるのもありであろう。
・1対複数、複数対複数の戦闘では、タイミングを合わせるため、
 同じ相手と闘争している他キャラが全員レスを返してから自分のレスを書き込むようにせよ。
・自キャラが死んでも、蘇生能力を持ったキャラが復活させてくれる。遠慮は不要である。
・昼間にしか来られないキャラであっても、幾日かに分けてレスを返しながら闘争を進めていくことは可能。
 ただし、あらかじめ対戦者にそれを伝えておけ。
・闘争中はテンションを保つため、質問への回答が後回しになることもある。
 機を見て答えていくようにするので、容赦せよ。
・名無しの介入(野次・応援・解説・アドバイス・感想等)も推奨する。
 富樫・虎丸のような名無し歓迎しよう。
・参加者は常時募集しておる。気軽に参加するがよい。

918 :降魔局 広報部:01/12/11 02:23
>姫vsヴェドゴニア・ラグナロク・クロウヴァクス
元ネタを直接知っているのがラグナロク氏だけなので、にんともかんとも。
しかし強すぎるキャラと言うのは使いづらそうです。
いっその事、人間の軍隊や雑魚集団を虐殺するというのはどうでしょうか。
決闘よりもやり方によっては強さが際立つかもしれません。

>ヴェドゴニア・ゲバコンドル戦
ほとんど会話のみで進める手法は、正直私には合わないようです。
一つ一つのレスをもう少し長めに、メール欄での打ち合わせを密に行って欲しいですね。
886と891にはガクーリきました。

公安局でさんざ嫌味言われて来たので、八つ当りになってるかもしれません。
気を悪くしないで下さい……というのは無理でしょうね。
いっその事890で回収してしまえば……
常にヒーローが生き残らなければならない理由もないわけですし。

次スレの名前ですが、少佐が上の方で言ってた「ノスフェラトゥのゲーム」に一票を。
まあ、同郷のよしみということで。

919 :スレの3:01/12/11 02:23
現在、吸血鬼側(カテゴリーC)のキャラを特に募集しておる。
「吸血大殲」の名の通り、吸血鬼或いは不死者の特徴を色濃く持った者が参加してくれれば、
幸いである。具体例として、下記のものを挙げておこう。
 ヴァンパイアロード(Wiz)、オルロワージュ・妖魔ED後アセルス(サガフロンティア)、
 不死の王Ver.バグナード(ロードス島戦記)、カーミラ(女吸血鬼カーミラ)、
 ジラー(ロスト・ソウルズ)、モーガン(ミッドナイト・ブルー)
上に例示したものは現在のところ、未参加である。参戦を希望するなら名乗り出るがよかろう。
無論、カテゴリーA・Bの者も常時募集している。遠慮なく、参戦するがよい。

920 :スレの4:01/12/11 02:24
闘争とは、血の香りが漂うべきだ。恍惚と屈辱に塗れるべきだ。互いの全存在をかけ、相手を粉砕する。
腕を引き千切り、足を圧し折り、はらわたを潰し、首をもぎ取る!!
そうあるべきだろう? 深く暗く美しい、闇の奥底にて、血を浴びて輝く夜族(ミディアン)というものは。

 さて、ここで僭越ながら、具体的に「闘争を演出する方法」について語りたい。
 別に「こうしなさい」という命令ではない。あくまで「こうすると、いいかも」という程度の助言だ。

1)「闘争する理由」「闘争する場所の表現」に凝る。血と硝煙の匂いが薫る、そんなイメージを喚起する文章表現を加えてみる。
   これだけでも、相当雰囲気が出ると思うのだが、いかがかね?
2)「化物は化物らしく」する。まあ、要はただ「攻撃の応酬」をするのではなく、負った傷の描写や、内面的な昂ぶりを表現しつつ、
   闘争してはどうかという提案だ。例えば、我が憎き戦友アーカード君なら、「引き千切った相手の腕、その傷口に口づけをし、
   真紅の鮮血を飲み干した」など、攻撃表現以外にもキャラ的な演出描写をいれてはどうだろう?
3)冗長にならないよう、気をつける。ただ闘争するのではなく、「このキャラならば、こうした方がらしい」という考えを意識して、
  クロスオーバーならではの「ドラマ」を展開しようではないか。読んでいるだけの者も楽しめる、世界にはまれるスレッド育成を心がけよう。

 くくく、私らしくないね。しかし、あえて提言しておきたいのだよ。

 ここは、吸血鬼の闘争の場としてスタートした。
 畑外の闘争者も多くいるようだが、だからこそ、「吸血鬼ならではの空気」を表現するよう努力しようじゃないか、ええ?
 血!
 肉!
 骨!
 殺戮!
 蹂躙!
 そして闘争!

 狂え狂え、狂って戦え! 血みどろでない闘争に、存在意義はない!
 狂気を! より狂おしい狂気を!
 諸君、私は期待しているよ。
 今夜が麗しき闘争の夜となることを・・・。

921 :サウジーネ:01/12/11 02:25
(伯爵配下の魔法使いの女の子。あだ名は「まーちゃん」、嫌いなモノはロ○コン)
(ちなみに正体は黒猫)

>909
あはっ、すいません。
ロリ○ンはあなたの一つの可能性ですよね?
ここにいるあなたは、健全な好吸血殲鬼ですよね?
なら、問題ないです。

ええと、改造コンドル男さんを回収します。

>914
あっ……(汗
怪人らしく、自爆ですかあ……

えーと、せめて、お線香、あげさせていただきますね。
あと、お供え物に血のしたたる生肉を……

922 :ロングファング:01/12/11 02:25
>ゲバコンドルVSヴェドゴニア
(含み笑いをしつつ)お疲れ。
いや笑ってすまん。こいつは生放送みたいなものだからな、
レスが食い違ったりといった些細なトラブルは良くある事だし、まあ気にしない。
全体的にゃなかなか見ごたえがあっておもしろかった。
ゲバコンドルの執念に拍手だな。

ゲバコンドルの
>な、何か分からんがくらえ!
がすべてを物語ってるな、しかし。

>913,914
お宅ら謀ったんじゃないのか、ってぐらいはまりすぎ(w

月姫は何はともあれ元ネタ見てからだ。早いところとどく事を祈るよ…
今夜はこのへんかな。

923 :以上、自作自演でした。:01/12/11 02:25
以上、次スレのテンプレ。
スレの1〜3までは
 名前欄:ドラキュラ・ヴラド・ツェペシュ 
 メール欄:悪魔城ドラキュラX〜月下の夜想曲〜*C
だが、4のみ
 名前欄:少佐
 メール欄:ヘルシング[D]
となる。
誤字・脱字の類は修正したつもりだが、他にも何かあったら指摘を。

924 :アンデルセン ◆eyXzKtSc :01/12/11 02:26
 ふと思ったのですが、本家とは別の吸血大殲に関しては皆知っている
のでしょうか?
 ジン殿が日記で書いていた妄想版(これが本当の意味の原作なのです
が)とは違いますよ。

925 :伊藤惣太 ◆cILVjedo :01/12/11 02:28
>924
色んなSS作家が集まってやってる奴だろ?
一応知ってるぜ。
でも、あんまり動いてなさそうだけどな。

926 :フローズンハーフ:01/12/11 02:28
(伯爵配下の魔物。雪オカマ)

>914
…いっそのこと、この辺一帯全部凍らせて、風で飛ばないようにした方が良いかしら…(汗

927 :左手:01/12/11 02:28
>923
問題ないと思われる。

>924
勿論知っている。
その2カ所はLの頃からチェックしているからの。

928 :アルクェイド ◆ZspsGRZw :01/12/11 02:29
>924
知ってるよ。
でも、それ以外にも個人単位でもそれっぽいのがあったりするしね。
わたしはこのスレで本家に指定されてる人のしか読んだことないし。

929 :以上、自作自演でした。:01/12/11 02:30
>次スレ
900踏んだ人はいるか?
まあ、いなければ手の空いてるキャラハンの手でお願いしたいところ。
タイトルもスレ立てる人任せでいいかな?

930 :左手:01/12/11 02:31
>925
それはオラクルの奴じゃな。
原案以外ではジャザム殿は関わってないと思ったが……

931 :比良坂初音 ◆EA9lggjE :01/12/11 02:32
>924
こちらで本家として指定されているもの以外にも存在する
と、いう事は知ってはおりますけど
読んだ事はございませんわね。勉強不足、ご容赦あれ

932 :伊藤惣太 ◆cILVjedo :01/12/11 02:33
>930
ん? 他にもあんの?
俺はソレくらいしか知らないんだけど。

933 :降魔局 広報部員:01/12/11 02:33
すいません、先に腐しておいてなんですが、自爆には笑ってしまいました。

スレの方は問題無いかと。
大隊指揮官か総統代行の方が個人的には好きなんですが、ご本人が使った名称が一番良いでしょうし。

934 :フローズンハーフ:01/12/11 02:34
(伯爵配下の魔物。雪オカマ)

>922
…いえ、予想もなにもしてなかったし、打ち合わせもしてなかったわ…(苦笑

935 :左手:01/12/11 02:35
>932
SS作家が集まってるのはオラクルのみの筈じゃ。
それとベーカー殿の本家。あとはしらん。

936 :サウジーネ:01/12/11 02:36
(伯爵配下の魔法使いの女の子。あだ名は「まーちゃん」、嫌いなモノはロ○コン)
(ちなみに正体は黒猫)

うーん、私もここに張ってあるのしか知らないです。

>926
お願い。
私じゃ手におえない。

937 :ブラザー・ペテロ:01/12/11 02:37
>930
 そんなにいくつもあったのか?
 いかんな、某はまだまだ勉強不足であるな。

 次スレのテンプレは、問題ないと思われる。

938 :比良坂初音 ◆EA9lggjE :01/12/11 02:40
さて、私はそろそろ退場させて頂きますわ
おやすみなさいませ。
くくっ・・ふふっ・・うふふふっ

939 :アンデルセン ◆eyXzKtSc :01/12/11 02:40
 次スレのテンプレはこれでよろしいと思います。

>924他
 私が言っているのもそのオラクルのことです。
 他に個人で書いたものもあるようですが……そこまではフォローしき
れませんね。

>927 左手
 L……あなたとは気が合いそうです(笑)


 どうやら900の方はいないようですね。
 どなたか次のスレ立てをお願いします……私はまだ初心者でして、
お恥ずかしい。
 

940 :以上、自作自演でした。:01/12/11 02:41
今気づいたんだがスレの4、3)の最後、「世界にはまれる」は
「没入できる」とかの方が少佐らしくないか?
まあ、テンプレ作っといてなんだが、スレ立てる人の判断に任せるよ

941 :伊藤惣太 ◆cILVjedo :01/12/11 02:42
>918
一応、>880で一度メール欄で示唆したんだが相手の反応がなかったから
そのまま進めちまった。
文章の長い短いは、コレはもう性分でね。
何より、長い文章じゃ少佐のいう狂気は薄れやすいと思ったからな。
後、メール欄をあまり使わねぇのは少佐の言う、試合でなく闘争を意識したから。
俺から言えるのはこんなトコかな。

942 :フローズンハーフ:01/12/11 02:42
(伯爵配下の魔物。雪オカマ)

>936
うん、りょーかい…(苦笑
それじゃあ、いくわね。
(周囲一帯を極度の低温で覆い、凍りつかせていく。コンドル男の残骸も全て凍結し、冷気の流れを調節することによって起こした大気の移動で、フローズンハーフの元へ集められる)
…これでよし、ね。
それじゃまーちゃん、あとお願いね〜。
(コンドル男の冷凍ミンチを渡す)

943 :アドリアン・ファーレンハイツ・ツェペシュ:01/12/11 02:42
もはや戦闘を追うのは困難だな…
レスを返した後、じっくり読ませてもらうとしよう。
レスが終わった時は、既に手遅れになっているかもしれんが…

>691,少佐
…昨夜の俺の戦いのことだろうか。
確かに「稽古」などと、生ぬるい戦いをしかけてしまったな。
幸い、レイク・ダウニングが快く受けてくれたが…。

だが「狂気」となれば話は別だ。
人間を信じられないわけではないが、
たったひとつの命綱を切るわけにはいかないのでな。

しかしこう言ってしまうと、
ろくに戦わんならなぜここにいるのか、という話になりそうだな…

>695,降魔局広報部員
導入も考えるというのはいい案だな。
だが正直、今回の俺はかなり強引な導入だったと思っている…

少佐のいう「狂気」を「導入」に結びつけるなら、確かに同意だ。

>696,レオニード伯
人間か…いつもながら、哲学的な問いを投げかけてくるな。

弱く、そして強い。矛盾しているが、人間とはそういうものだと思う。
堕落する弱さ。そして、しぶとく生きぬく強さ。
感情と理性、二つの本質が入り混じっている生き物。

俺にとって人間とは、見守るべきもの、とでもいうのだろうか。
見守る理由は…上手く言えない。興味か、期待か…
いずれにせよ目を離せないのは、間違いないだろう。

どうも、とりとめのない話になってしまうな。

>699,ベルゼブブ
最初に「稽古」と断ったからな。
ここで妙に本気の武器を出すのも興ざめだろうと思ったのだ。
戦う直前は、刃物類を出ことすらやめようかとさえ思っていた。


一旦レスを切る。

944 :タバサ:01/12/11 02:44
・少佐
狂気の指摘、確かにその通りと思われます。
私に万が一喧嘩を吹っ掛ける場合は・・・研究の邪魔をするとよろしいかと。対戦相手の方には、虫の息になったところを捕らえて、実験台になっていただきますが。
・初音
PLがクトゥルフ神話に傾倒している関係で過去にプレイしました。
個人的には貴方が銀に討たれるエンドはある意味での真エンドと思っているのですが、如何でしょうか。
・月姫、ヴェドゴニア
非常に興味があって、やっては見たいんですが・・・PCが死んでるもので・・・。
(ちなみにDCでの参戦・・・。辞書が馬鹿だしコピペが出来ないので非常に辛い)

945 :左手:01/12/11 02:45
>939
他に知っている者がおったか。
まあ、いてもおかしくはないのじゃが(w

946 :アルトルージュ(LV1):01/12/11 02:45
>497
>……それすると本当にワケが分からなくなるから止めて。
>まあ、伯爵もその辺りは弁えてくれるでしょうけど。
私が参戦して、叩き潰すって、手もあるけどね。
みんな受け入れてくれないだろうしなあ。

>それは、つまりアルトルージュがよりあーぱーってことでいいのかな?
>やった! これでアルトルージュが名実共にあーぱーの王座に輝いたのよ!
ふ・ざ・け・な・い・で!
投票期間過ぎてるから、無効票よ!
>489
翡翠さん、その5票は何よ?
(すこし、凶眼が入る。)

947 :以上、自作自演でした。:01/12/11 02:45
誰も立てないのですか?
私が立てても良いんですが、さっき他板で立てたばかりだから無理です・・・。

948 :亡霊:01/12/11 02:46
>942 『「再生怪人は弱い」の法則を知らんのか…?
ベックやケロニアと同じ扱いはご免だ… もう寝させてくれ…
戦闘員としてや乗り物としてなら他の誰もが使って構わんから。』

949 :アルトルージュ(LV1):01/12/11 02:46
うわっ、ご、誤爆!?
よりによって、こんなところにっ!?

950 :左手:01/12/11 02:46
>946
誤爆じゃな(w
お主もこっちに参加してみぬか?

951 :アルクェイド ◆ZspsGRZw :01/12/11 02:47
>949
アルトルージュ……。
本当は参加したいんじゃないの?

952 :◆SIRO4zbM :01/12/11 02:47
>946
お主・・・誤爆しているぞ・・・・違和感は感じなかったが・・・

953 :アンデルセン ◆eyXzKtSc :01/12/11 02:47
>946
 ガハハハハハ!
 誤爆か? 誤爆かね? 黒き姫君よ!

954 :以上、自作自演でした。:01/12/11 02:47
>949
『こんな所』だぁ?血吸うぞ(゚Д゚)ゴルァ!

955 :アルクェイド ◆ZspsGRZw :01/12/11 02:48
>954
こらこら、こんな所を曲解しないの。
文章の内容がまさにここの事だから、こんな所なのよ。

956 :アルクェイド ◆ZspsGRZw :01/12/11 02:49
しょうがないなあ、わたしが立ててこようか?

957 :フローズンハーフ:01/12/11 02:50
(伯爵配下の魔物。雪オカマ)

>948
…ごめんなさい、忘れてたわ(汗
でも、こうやって再生・復活できるようにするのが仕事だしねぇ…(苦笑
まあ、ほかの皆さんに言った通りに使ってもらうかしら…。

958 :以上、自作自演でした。:01/12/11 02:50
>956
あなた『神』ですね?お願いします。

959 :左手:01/12/11 02:50
>956
お願いする。
ワシも別の板で立てたから多分立てられぬのじゃ。

960 :アルクェイド ◆ZspsGRZw :01/12/11 02:51
了解、ちょっと待っててね。

961 :降魔局 広報部員:01/12/11 02:51
>956
貴方か左手殿なら、伯爵の代理をしても問題無いかと。

962 :タバサ:01/12/11 02:52
>948
・・・確かに再生怪人は一山いくらの扱いですからね・・・。

963 :以上、自作自演でした。:01/12/11 02:53
はいはい、新スレの誘導が来るまではレスを控えてくださいね。

964 :比良坂初音 ◆EA9lggjE :01/12/11 02:53
恥ずかしいわよね、誤爆って
私もやってしまったことがあるから、よく分かるわ。

965 :アルトルージュ(LV1) :01/12/11 02:54
……う〜。
(凹んでいる。)
ごばくっていうな!

伯爵が参加していいっていうなら、参加したいんだけどなあ。
他のみんなは私、OKなの?

>再生怪人
お約束だからね。
仮面ライダーの15話辺りは、再生怪人の山だったよ。

966 :アルクェイド ◆ZspsGRZw :01/12/11 03:00
はい、立ててきたよ!
タイトルは少しだけ本家を意識してみたわ。

吸血大殲 episode4〜ノスフェラトゥのゲーム
http://salad.2ch.net/test/read.cgi/charaneta/1008007040/

967 :ダイ・アモン:01/12/11 03:01
ならば私の出番ですね。

968 :アルクェイド ◆ZspsGRZw :01/12/11 03:01
>967
あはは、出たわね。

969 :◆SIRO4zbM :01/12/11 03:02
後は雑談で潰すだけか・・・・
ところで、私の持つ錫杖の音は魔よけの音のはずだが
ほとんどの者は平気なのか?

970 :ダイ・アモン:01/12/11 03:02
しかしこの回転数は・・・正直、恐ろしいですね。雑スレレベルですよ。

971 :アルクェイド ◆ZspsGRZw :01/12/11 03:02
この板で今一番回転が速いスレじゃないかな?

972 :アドリアン・ファーレンハイツ・ツェペシュ:01/12/11 03:02
>713,レイオット
レスをもらって気がついたが、
もっと非人間的な戦闘であるように描写するべきだったかもしれないな。

>715,サンタナ
俺は肉弾戦とはいえ、ある程度アウトレンジの戦いだけを想定していた。
関節技をかけられた瞬間、大慌てで検索をかけたのは秘密だ。

>720,少佐
表現方法についてだな。
読む者も楽しめるように、というのはもっともだ。
心しておこう。

ただ実力不足は容赦してくれ。

ふと思ったが、相手の行動もある程度は制限してもかまわないのだろうか?
相手の行動は相手に委ねるようにしているのも、俺に短文が多い原因のひとつだ。
また、昨夜の最後で少し使った中立視点の文も、読んでいて冷めないか、とも思っている。

またレスを一旦切る。
どうでもいいことだが、実は俺はこのスレッド内の元ネタをほとんど知らない。

973 :以上、自作自演でした。:01/12/11 03:03
>966
ご苦労様。

しかし、はや4スレ目か…
正直、ここのキャラハンの熱意と腕には感嘆するよ。
最初のスレでは、「魅せろ」だのなんだの偉そうな事言ってスマンかった。
いや、ここまで盛り上げたあんたらはホントに凄い。

974 :ダイ・アモン:01/12/11 03:03
>968
まぁ、私も暇なんですよ。

975 :アルクェイド ◆ZspsGRZw :01/12/11 03:03
>969
はいはい、そこ!
そういう突っ込みは無しよ!

976 :◆SIRO4zbM :01/12/11 03:04
>975
いや、単なる質問だ・・・
上手いタイミングだったので勘違いしたのだろう・・・

977 :左手:01/12/11 03:04
出おったな。950過ぎの怪人ダイ・アモンよ

>965
全く問題ない。
犬も込みで是非参加してくれ。

>966
そなたに100万の感謝を

>969
平気じゃ。
魔物ではないしの。

978 :アルクェイド ◆ZspsGRZw :01/12/11 03:04
元ネタかあ……。
わたしはここに備えて吸血鬼ハンターDとトリニティ・ブラッドとブラックロッドと
蒼き影のリリスを買ってきたわ。
これでもまだカバーしきれないんだけどね。

979 :ブラザー・ペテロ:01/12/11 03:04
>967
 図ったかのようなタイミングであるな(笑)
 もはや、毎回恒例コーナーのようだ。

980 :降魔局 広報部員:01/12/11 03:04
スレ立てお疲れ様でした。

あ、ダイ・アモン氏が降臨していますね。私、貴方のファンなんです。
サイン頂けますか?

981 :ダイ・アモン:01/12/11 03:05
ふむ・・・どうしたものか。

982 :板垣K介 ◆KsukeDOE :01/12/11 03:05
新スレおめでとう!と、一度だけ参加した手前言っておくYO!
つーか、このままだと失礼が大きいので普通に話します。

凄い勢いですね。
時々スレタイトルだけみてここがサクラ大戦3かと勘違いしていた事は内緒ですが、
よく見間違えるんだよな………。それにしても凄い。

983 :殺人貴 ◆hKILL/T. :01/12/11 03:06
お疲れさん、アルクェイド。
ほれ頭を撫でてやろう。

…そう言えばこのスレの頭で俺たちが闘ったのが、えらく昔に感じるな…。

984 :◆SIRO4zbM :01/12/11 03:06
>972
私はお主を使って
完璧なまでの装備とレベルで
いともあっさり伯爵をぶちのめしたが・・・
しかもジャンプ下蹴りだけでな・・・

985 :美夕 ◆MIYU.g96 :01/12/11 03:06
雑談になると来るわたし・・・というか、本来の仕事をしてただけだけど。

早いよね・・・結局今スレではほんとに傍観者だったな。

986 :左手:01/12/11 03:07
>983
2日前の話じゃ(w
ついでに最初のスレが出来てから20日もたっとらん(w

987 :アルトルージュ(LV1):01/12/11 03:07
おつかれさま。
伯爵に参加を直訴してみることにしたわ。
一応、アルクェイドをパワーダウンさせた感じで戦闘すればいいと思うけど…

カテゴリはもちろんCね!
アルクェイド、ぶっ潰す!!

988 :アルクェイド ◆ZspsGRZw :01/12/11 03:08
>976
あ、ごめん、質問だったんだ。
わたしはその程度の概念武装なら問題ないわ。
音で相手に影響を与えるのはあまり馴染みがないけど。

>987
やれるモノならやってみなさい!

989 :左手:01/12/11 03:09
>987
新しい方に自己紹介を頼む。

990 :フローズンハーフ:01/12/11 03:09
(伯爵配下の魔物。雪オカマ)

>アルカード様
…始めて空中墓地に来てワタシと会ったとき、様子見していたら氷の雨を降らされて、霧になって逃げざるをえなかった事もあるわよね…(笑

991 :アルクェイド ◆ZspsGRZw :01/12/11 03:09
>983
あ……えへへっ。
わたしちゃんと仕事してきたよ?
もっと誉めてほしいなあ……駄目?

992 :ダイ・アモン:01/12/11 03:09
私は恒例なのですか!?そんなことは認めませんよ!!

>サイン
あぁ?あぁ・・・良いですよ。
書くものがありませんね・・・あなたの血で良いですか?

>みゆ
来ましたね。私もあなたも落ち着くまでは傍観でしょう。

993 :アルトルージュ(LV1):01/12/11 03:10
他のみんなは私の参加、OK?

994 :殺人貴 ◆hKILL/T. :01/12/11 03:10
>986
そうか、これだけ流れが速いと、な。
まだ参加者は増えるんだろうなぁ…。

>987
アルトルージュは、護衛はなしか?(笑)

>991
しょうがないなあ(苦笑)
ほれっ。
(正面から抱きしめる)

995 :比良坂初音 ◆EA9lggjE :01/12/11 03:11
アルクェイドさん
スレ立てご苦労様です

>978
私は来るべき戦いに備えて、吸血姫美夕を現在読んでる最中
・・・・・・強いわね、美夕さん
私ごときではとても勝てそうに無いわね・・・・・でも敗れるにしても美しく散りたいもの

996 :殺人貴 ◆hKILL/T. :01/12/11 03:11
>986
そうか、これだけ流れが速いと、な。
まだ参加者は増えるんだろうなぁ…。

>987
アルトルージュは、護衛はなしか?(笑)

>991
しょうがないなあ(苦笑)
ほれっ。
(正面から抱きしめる)

997 :美夕 ◆MIYU.g96 :01/12/11 03:11
>969
わたしは、血を吸うことで命をつなぐ以外のすべての「吸血鬼の制約」
から無縁の存在なのよ・・・どんな「概念武装」も、本来の武器としての
威力しかわたしには与えない。

998 :◆SIRO4zbM :01/12/11 03:11
>993
別に構わないと思うがな・・・
常に狩人不足だしな・・・

999 :アルクェイド ◆ZspsGRZw :01/12/11 03:11
何だかちょっとレスがあっちに行ったりこっちに行ったりしてるけど……。

>973
その言葉があったからこそよ。
みんながいい方向に向けて取り組めてるんじゃないかな?

>落ち着くまで
落ち着かないんじゃないかなあ?

1000 :タバサ:01/12/11 03:11
>966
感謝します、真祖の姫君。

>967、>979
このまま定着していくと面白いですね。観客としても。

>972
私も最近のPCゲーム系と小説系はほぼ全滅です。

>969
私も魔物ではないですから、問題ありません。

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

404 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)