5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ボクシング黄金時代

1 :1:01/10/19 12:39
俺の大叔父は1900年ごろアメリカ東海岸に移住した。その時代、
ベニーレナードを見たそうだ。その後、60年代にカルロスオルチス、
72年のデュラン対ブキャナンも会場で観戦したそうだ。大叔父は
死ぬまで「ベニーレナードがライト級最強だ!」と言い張った。
 50年代は初代シュガーレイの時代だ。60年代はプラチナのヘビー級
カシアスクレイ、その後、70年代は中南米のスター達が世界中の
リングを席巻した。80年代はレナード、ハグラー、ハーンズ、
デュランの4天皇の時代だろうか?その間、大勢の名脇役、職人、
マエストロ達が活躍した。
 今後も先人達と比肩しうるスーパースターが出現するだろうか?
古今東西を問わない!皆さん、ボクシングの黄金時代を語り合おう。

2 : :01/10/19 12:48
>>1
お前みたいなほらふきとは語りたくない

3 :フェネック:01/10/19 14:48
1980年当時。WBC世界フェザー級王者だった、
ダニー・ロペス(米国)に、S・バンタム級王者の、
ウイルフレド・ゴメス(プエルトリコ)が挑戦する事が
本決まりになっていたそうですが、ロペスが伏兵サル・サンチェスに
敗れた為、立ち消えになってしまいました。
正直、僕はサンチェス×ゴメスより、こちらのカードの方が
ずっと、興味ありました。まあ、僕の予想としては、ゴメス
がロペスの強打をかわして、中盤から後半に掛けて、得意の左フック
で、ロペスを沈めたと予想しますが、どうでしょう?

4 :napoles:01/10/19 18:21
>2さんへ
1さんが私の知っている人なら本当だよ!その方の叔父さんの
話はRING・JAPANの会報で過去に読んだことが有る。
本当に色々な人がいるもんだよ!確かに2チャン上じゃ信用しない気持ち
もわかるけど本当の話ですよ!

5 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:01/10/19 18:24
>>4
実名を出さなきゃ誰も信用するわけないでしょ。

6 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:01/10/19 21:29
俺もリングジャパンの会報で同じ文章を読んだ。
ここで実名だす奴なんかいないだろ。

7 :フェネック:01/10/19 21:38
>>1さんは、電話やメールのやり取りをさせてもらって
いますけど、本当に、ボクシングに対する愛情豊かな方で
僕なんかにも、気さくに、ボクシングに関する、色々な事を
教えてくださいます。僕のボクシングの先生です。

8 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:01/10/19 21:42
お!大物出現?

9 ::01/10/19 22:12
俺は以前に「海老原 対 大場」スレを立ち上げた者です。
フライ級みならず、ボクシング全般のディープな話題を
皆さんと語り合いたく考えています。宜しくお願い致します。

10 :TK:01/10/19 22:35
 1さんへ。
 このスレが、真摯にボクシングを語る場として成長していくことを、こころから望んでいます。フェネックさんやnapolesさんも登場しており、早くも優良スレの予感が……。
私も一人の未熟なボクシングファンとして、質問・感想などを書き込みし、お話に混ぜて頂きたいと思っておりますので、よろしくお願いします。

 ところで、話は変わりますが、ボクシング「黄金の時代」を語るにおいて絶対に欠かせぬ、偉大なファイターが逝去したことを、今晩知りました。
病名はアルツハイマー。よりによって、なんと悲惨きわまる病気に取り憑かれたことか!
ショックでした。
「クリーンライフを送らなければダーティーファイトには勝てない」とは、彼の名言です。
 生涯103KOを記録したスパーハードヒッターにしてダーティファイターとしても有名だった、彼ならばこその言葉だと思います。
 グウタラでナマケモノの私にとって、彼の言葉は、自らを叱咤するための座右の銘でした。
 彼のファイトビデオは、金子繁治戦とウィリー・ペップ戦のダイジェストで数分しか見ていませから、果たしてフェザー史上最強なのかどうか、私には分かりません。
が、同じ長身痩躯のグレートチャンプ・アルゲリョと戦ったら、どんな展開になっただろうか……。
彼のスパーリングパートナーと務めた安部穣二『殴り殴られ』に、その恐るべき強打のほどが紹介されています。
『殴り殴られ』中の彼のための一章は、ボクサーの哀しさと素晴らしさに触れた、感動的なものでした。
 元世界フェザー級王者サンディー・サドラーに、哀悼の意を捧げたい。

11 :リチャード:01/10/19 22:45



           (((((  (((((  )丿) )))
       /(((  ((((  (((   )ノ))  ソ丿
       |  (((  (((       )))丿)) 丿)
       |      丿)ノ)   )丿丿ノ))  丿)
       |   |(()ノ)ノ)ノ )丿)丿)ノ))丿))丿)
       |   |                   |
       |   |                   |
       |   |                   |
    / ̄\ /     ```━━━━| |━━━/
    |  \| |        / ̄● ̄| | ̄●ヽ(
    |    | |        ヽ,___| |__/ | 
    \   | |             /  ヽ   |
      \ | |                    |
       丶ミ           (  | |   )   |   
         ミ            ⌒ ─⌒   |     ._________________
         ミ           ||||||||||||||||||||||/    /
          ミ         ||/ ̄ ̄`´ ̄ ̄|   < >>1ビデオ見せて下さいよ。
           ミ       ||ヽ─────|     \_________________
            ミ      ||    __  ノ
             ミ    ||     |||  /
              ミミ  ||      ||  /
                ミミミミミミミミミミミミミミミ

12 :M・コーヒ:01/10/19 22:53
90年ごろか見出した俺としては、鬼塚、辰吉、平仲、井岡、勇利の
王者5人時代が黄金時代です。

13 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:01/10/19 23:23
コラレス様が黄金時代です。
黄金時代はコラレス様です。

14 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:01/10/19 23:26
山口ケージ様が黄金狂時代です。

15 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:01/10/20 00:26
このスレでソープランドの話は絶対にやめてください。
もし、書き込むなら、優良店の情報だけにしてください。

16 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:01/10/20 07:34
ハイ?

17 :1:01/10/20 14:50
>>12
M コーヒさん:
70年代の王者5人衆、大場、柴田、西城、小林、沼田も
それぞれが個性的な王者でした。90年代の鬼塚、辰吉、井岡、
勇利、平仲もユニークでしたね。という事は日本ボクシング界は
20年周期で黄金期を迎えるのでしょうか?次は2010年か!
>>14
山口ケージ選手は今月の28日から沖縄で合宿の予定のはずです。
タイコー小林ジムでもう一花咲かせてほしいものです。サパタ、
エウゼビオペドロサなどの中南米特有のボクシングができる日本選手
は山口選手だけだと思います。

18 :フェネック:01/10/20 15:00
>>17 1さん
私も、ケージファンなんですけど、再起戦の情報
とか、ありませんか?あったら、教えて下さい。

19 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:01/10/20 15:12
ケージ、2chボク板では
人気ランキング、上位5本の指に入る選手だからねー
頑張って欲しいもんです

20 :ささ:01/10/21 00:12
カルロス・オルチスといえばデュランとも力量の比較が難しいとまで言われたそうですよね。まさに絶対君主。そのオルチスより強いのがベニーレナードだなんて、凄く興味が持てます。

21 :ささ:01/10/21 00:33
文士の三島由紀夫さんがボクシング観戦記(これは凄く気にいってる本!)の中で
『バレエを観る様な舞踏的な美しさ』があると評するそのオルチスと、
帝国拳闘会のライト級小坂照男が闘っているなんて。
絶対君主に日本人が立てついたってだけでも、
世代が遠い若いファンが聞いても誇らしく思います。
周囲が実力を認めた上でやっと強いヤツに挑める。
例えそこで破れてもボクサーとしての尊厳は守られる。
そんな美しい時代があったんですね…。

22 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:01/10/21 00:38
>>21
>文士の三島由紀夫さんがボクシング観戦記(これは凄く気にいってる
>本!)
題名を教えてくださいー

23 :ささ:01/10/21 00:41
>>22
ネタだよバーカ(プププププ

24 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:01/10/21 00:43
>>23
シューン

有名な作家さんの書いた観戦記があったら読んでみたいです。

25 :ささ:01/10/21 01:00
協同通信社『実感的スポーツ論』です。1984発刊でもう廃刊でしたが、
僕は他の三島さんの本を通じてその存在を知っていて、絶対欲しかったので
ネット上で古本屋から今年始めにやっと買いました。
三島さんは人間の「生の怒り」「生の表情」に接する事ができると言う理由で
ボクシングが大好きでした。
これは三島さんのボクシングに対する愛情が伝わってくる素敵な評論なんです!

26 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:01/10/21 01:05
>>25
ありがとうございます!三島由紀夫のボクシング論は、キャロル・
オーツのより面白そうな予感がします。神保町で探してみまっす♪

27 :1:01/10/21 01:05
>>KTさん
サンディサドラー選手についてのレスでしたね。
先日、菊池万蔵会長とお話を致しました。菊池会長の師匠は
金子繁治さんでした。昔、お二人でデビームーア 対 高山一夫を
見に行ったそうです。菊池会長はムーアの強さに舌を巻いたそうですが
金子さんがポツっとおっしゃったそうです。「サドラーはもっと凄かった」
(金子繁治 対 高山一夫なんてのも恐ろしい一戦ですね)
 また、菊池会長はオルチス 対 高山、オルチス 対 小坂も観戦
したそうです。オルチスは高山戦の直後に行われる、本番の世界タイトル
の客の入りを気にして、高山戦は明らかに手を抜いたそうです。(結果は
オルチスの判定勝)また、オルチス 対 小坂は実質的には2ラウンドKO
です。ロングカウントに小坂は救われました。菊池会長の感想は小坂が
かわいそうになるくらいオルチスは物が違ったそうです。
カモン、ナポレスさん!

28 :ささ:01/10/21 01:07
>24さん がっかりしないでください。
25およびこの26がホンモノのささです。
この本の収録評論は、
『矢尾板VSペレス』『米倉VSペレス』『小坂VSオルチス』『海老原VSポーン』『関VSラモス』『原田VSジョフレ1』『原田VSラドキン』『原田VSジョフレ2』『原田VSメデル』『西城VSスチーブンス』です。
どうですか?僕がなんとしてでも欲しいと思った気持ち、
わかっていただけますか?

29 :24:01/10/21 01:16
>>28
>『矢尾板VSペレス』〜(以下略でスミマセソ
うあー わかります。私も読みたい!これらの名試合が三島流レト
リックで綴られるさまを思い描くだけで、失神KOしそう。

30 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:01/10/21 01:20
渋谷角海老、最高でした。
みなさんもぜひ、足を運んでください。

31 ::01/10/21 01:25
三島由紀夫「実感的スポーツ論」
時しも五月。5月人形みたいな、金太郎みたいな原田が勝った。
(原田 対 ジョフレ 第一戦)名文ですね。

石原慎太郎「日刊スポーツ」
我々は久しぶりにリングの上に正真正銘の若さを見た。
(原田 対 キングピッチ第一戦) これも美しいなあ。

32 :ささ:01/10/21 01:34
>24さん スミマセン!
三島さんのその本は、『協同通信社』じゃなくて『共同通信社』
でした!

33 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:01/10/21 01:49
プロレス最強!

34 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:01/10/21 02:11
>>33
おまえは最低!

35 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:01/10/21 02:17
はいからさんが通る

36 :RICKY A.:01/10/21 18:21
先日、サンディサドラー 対 フラッシュエロルデ、
対 ウイりーペップ3,4戦などを見た。サドラーの
ボクシングは荒っぽいんだ。はっきり言うと、汚い。
(金子繁治さんとのビデオで比較するとサドラーの
身長は171−2cmくらいだろうか?)
あれだけの実績を残しつつ、欧米の識者達がペップの
下にランクする気持ちも理解できる。ちなみに私は
ウイりーペップが大嫌いです。姑息なスタイル、そして
何よりもオーストラリアでのあの一件があるからだ。

37 :フェネック:01/10/21 18:28
>>36 RICKY Aさん
原田VSファーメション1ですね?まあ、裏は色々
あったんでしょうけど。3度のダウンの公式スコアが
全部5−4。しかも、15R終了ゴングと同時に、両者の
手を上げるなんて。しかも、71−71だったスコアが
訂正されて、70−69に化けた!なんとも、はや・・・

38 :エデル・メデル:01/10/21 19:10
TKさんに激しく同意!!皆さんで優良スレを展開していきましょう.モンソンvsナポレス,モンソンvsベンベヌチ,ジョフレ,デュラン,アルゲリョetc.
時代背景と共に語り継がれる名勝負の数々.深みがありますね.

39 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:01/10/21 19:18
最近の選手しか知らない若輩ですが、このスレに名前が出ている昔の選手の
試合を見てみたいです。ビデオは売っているのでしょうか?

40 :フェネック:01/10/21 19:58
自分の父親が、昔、東京に住んでいた頃
高山一夫が、サンドバッグを打つのを見て
凄い迫力だったって、俺によく、言ってました。
最近余り言わないけど(ぼけたのか?)
ある意味、俺がテレビで、タイソンがウォーターバッグ
を打ってるのを見て、受けた衝撃と同じような感覚
だったのかなあ?

41 :ささ:01/10/21 21:13
>39さん
リングジャパン監修物でも良ければまだ手に入る筈ですよ。
中には製造中止になってるものもあるでしょうけど、
ボクシングビデオの在庫が充実してる秋葉原や神保町の書泉ブックマート、
それからスポーツグッズ店のワールドスポーツプラザに
まだ残ってるかも知れませんね。僕は売ってるの見た事ある。
でも本当は、重要で感動的なファイトは市販物以外でも多く存在するし、
それを追い求める程好きになってこれば、そのうち
いろいろな好ファイトとの出会いが増えるかも知れませんネ。

42 :39=24:01/10/21 21:30
>さささん
またもやありがとうございます。ブックマートやスポーツプラザは
覗いてみて、何本か買ったことがあります。でも例えばナポレスや
アルゲリョをもっと見たいなーと思っても、敵わなくて… 地道に
探していこうと思います。このスレで過去の名ボクサーのことをい
ろいろ勉強させていただきたいので、よろしくお願いします<(__)>
ペコリ

43 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:01/10/21 22:03
>フェネックさん
僕とフェネックさんは、僕の方が年下ですけど世代も近いし、
ボクシング黄金時代に興味を持つきっかけも親近感じます。
僕も親父や兄貴がボクシング中継があるごとにテレビにかじりついてた
姿を見せられてきたのが影響してますからね。
>42さん
ひょっとして他スレのデュラン・デュランさんですか?
僕はボクサーの表面的な格好良さしか追えないミーハーファンですが、
アリゲーリョやデュランのすごいファイトには、
今の様にマニアックな感じじゃなくて、エンターテイメント性があるので、
そんな僕までクギずけにできる娯楽にもなるし、大衆的だと感じます。
僕はこのスレにやってくる方々に大きく影響されボクシング観がかなり変わりました。

44 ::01/10/21 22:05
アルゲリョがロイヤル小林とやったのを見に行った。アルゲリョが
リングに登場した時、世界王者の風格を感じた。華があった。
同国人のロイヤルに勝ってほしかったが、その時点でダメだ、
とあきらめた。試合後、感動してしまってアルゲリョの控え室に
駆けていった。アルゲリョは着替え中だった。勝手に入って
いったら何やらスペイン語でどなられた。
(派手なパンツをはいていた)後年、東京上野の某スポーツ店で
その事を話したが、当然、彼は覚えていなかった。笑いながら
「許してあげよう」と言われた。
 俺の夢のフェザーの試合はサドラー対アルゲリョだ。アルゲリョは
紳士面しているが、喧嘩ファイトは得意だ。
この試合、皆さんどう予想しますか?

45 :39=24:01/10/21 22:17
>>43
デュラン・デュランさんとは別人のただの名無しです…

>アリゲーリョやデュランのすごいファイトには、
>今の様にマニアックな感じじゃなくて、エンターテイメント性があるので、
>そんな僕までクギずけにできる娯楽にもなるし、大衆的だと感じます
同意!!ライト級のデュランはPFP歴代No.1との声が掛かるのも
納得の凄まじさですねー

46 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:01/10/21 22:33
エロトピア

47 :M・コーヒ:01/10/21 22:47
昔日テレの深夜でやってた
ゴメス対R・小林の試合、
あまりのゴメスの凄さにビビッタ!
即座に『ビデオ録画しておけばよかった』と思った。高校生時代。

48 :ささ:01/10/21 23:09
サドラー対アルゲーリョ!
リングサイド料金は現在の物価で15万円位いくでしょうか?
『場所はシーザースパレス。超満員。アリゲーリョは3Rサドラー
にダウンを食らった。しかしガニガン戦の時の様に「こいつは何と
しても倒さねばならない」という吊り上がった眼つきに変わってか
らは乱打戦を望み追う展開。7Rには遂に倒し返すがサドラーが猛反
撃し攻め込ませない。しかしアリゲーリョは辛抱してチャンスを待
ち続け、14R再びサドラーをストレートでぐらつかせたのを突破口と
ばかり猛ラッシュしてナックアウト!!」

サドラーのファイトをそんなに観ていない者なので、
アルゲーリョに寄り過ぎでしょうか??

49 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:01/10/21 23:31
24さんへ。
 >有名な作家さんの書いた観戦記があったら読んでみたいです。

異色の三島論『三島由紀夫の日蝕』で、 石原慎太郎が、伝説のボクサー・アルメンテロスと石橋戦を語っています。
それと、三島由起夫の生涯唯一のスパーについての「感想」は、爆笑とともに、三島という男は、なんと哀しい男なんだろうという、一種異様な感慨をもちました。

50 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:01/10/21 23:32
http://www2u.biglobe.ne.jp/~hole/

51 :ささ:01/10/21 23:43
>49さん
!!
僕も石原慎太郎さんの『三島由紀夫の日蝕』読みたいです!
マヌエル・アルメンテロスって正式なマネージャーが遂につかなかった
風来坊ボクサーで『あしたのジョー』のカルロス・リベラのモデルに
なったボクサーですよね?当時のバンタムで事実上NO.1って言われていた…。
石原慎太郎さんがどんな風に彼をみたのか凄い興味深々!

52 :フェネック:01/10/21 23:52
さすらいのボクサー、キューバのアルメンテロスですか。
石橋広治、稲垣健治、両選手を来日して軽くKOしたわけですね。
でも、タイでポーン・キングピッチに判定負けしてますねえ。
ビデオ見てないから、全然わからないです。どんな選手だったんでしょうか?

53 :ささ:01/10/22 00:30
>フェネックさん
なんでも、世界を渡り歩き、どんな不利な条件でも試合に応じた為
チャンピオンになれなかったらしいです。
65勝31敗でも42KOだから凄いですね。
映像はさすがに観た事ありません…。

54 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:01/10/22 01:21
1さんへ。
 確か、ベニー・レナードとデュランのトレーナーは同じルイ・アーセルですね。
 そのアーセルが、デュランよりレナードを高く評価しているのを、ジョー小泉の本で読んだ記憶があるのですが、どうなんでしょう?
 私は、ライト級でデュランに勝てる人間など存在するわけがないと思っていたので、それを読んだときはちょっとショックでした。
>3 フェネックさんへ
 私は、ロペスって、サンチェスにめった打ちにあったビデオしか見てないので、どうしても過小評価してしまうのですが、
たしか逆転のロペスって言われて、もの凄いパンチャーだったらしいですね。
 私もフェネックさんと同意見で、あのゴメスとやったら、ロペス、攻防一体の技巧に翻弄され、最後は左フックでフィニッシュされると思います。
>20 さささんへ。
 それにしても、アルゲリョ対サドラーって、考えただけで凄いですよね。とても私にはシュミレートできないです。
 それからオルチスとデュラン……。オルチスって、ほんとうに風格がありますよね。ラモスをロープに吹っ飛ばしたシーンは豪快。
 でもデュランとは……。どうでしょうか? デュランなら、ラグナに脚を使わせないで仕留めるのでは…とか、仮想対決はほんとうにおもしろいです。
>38 エデル・メデルさんへ。
 同意のお言葉を掛けて頂き、本当にありがとうございます。
「大場vs海老原」スレを見ていて思ったのですが、議論を熱く真摯に展開すれば、厨房にもそれが伝わって、チャチャを入れる気が失せるんだと思います。
 それと、絶妙のタイミングで「優良スレと認定します」のコミッショナー宣言が入ったのも良かったですね。


 

55 :49:01/10/22 06:30
>24
>51
さささん、『三島由紀夫の日蝕』について補足。
アルメンテロスの「デモーニッシュ」ぶりや秘話の記述は短文
(単行本ではP35〜7)。
あまり期待させすぎたかと思いちょっと補足デス。
でも、三島の「肉体論」「スポーツ観」への石原の批判は、賛成反対は別にして、なかなか面白いし、
三島の運動音痴ぶりや肉体的欠陥が容赦なく暴露されていて、三島ファンにはショッキングな内容かも。

56 :napoles:01/10/22 07:31
>52さんへ
>タイでポーン・キングピッチに判定負けしてますねえ。
 ポーンは過小評価されていますよね!幸い7,8試合ほど
 ビデオはダイジェストも含め持っていますけれど強いです。
 確か東洋Bのタイトルマッチもエスピノサと戦っていましたよね?
 Bじゃ勝ちきれずにFで戦っていたのですから当時の階級差の凄さ!
 関戦などは本当に強いですよ。
 以前もアップしたことがあるのでダブりますが、日本では特に若いファン
 には原田、海老原の2試合の負け方ばかりが印象に残り過小評価されて
 います。弱い相手に層の薄いJr・Bで連勝していたカオサイよりも
 はるかに評価致します。

57 :お志ど里:01/10/22 08:20
>1さんの
>アルゲリョは紳士面しているが喧嘩ファイトは得意
・・・面白いですね。奪取試合からしてオリバレスの粘着ファイトと真っ向から
打ち合っていましたし、(Jライトですが)レイ・タム戦の無慈悲な連打はゾッと
する程でした。
そう言えばJ小泉氏が専門誌増刊でアレクシスの項を担当して「貴公子などと言う
表現を見るたび笑った、そんな優雅なものか。あの獰猛さは禿鷲だ。」といった
内容の文を寄せておられましたね。
でも編集者は本文を読んだか読まなかったか、タイトルに「貴公子」と題して
おりました(w

58 :1:01/10/22 12:59
昭和33年6月2日 後楽園アイスパレス
マヌエル アルメンテロス(世界バンタム級4位)
   KO1回 1分5秒
稲垣健治(国際)日本バンタム級3位

アルメンテロスの右アッパーから右フックが稲垣のあごへ
ニッキーホップ主審はそのままカウントアウト。
稲垣のコメント「パンチはものすごく効いて、カウントも何も
聞こえなかった。」
アルメンテロスのコメント「調子は悪かった。ボロパンチが
フィニッシュブローだ。稲垣は経験が浅い」

昭和33年7月11日 日比谷音楽堂
マヌエル アルメンテロス
  KO6回2分33秒
石橋広次 (AO) 日本バンタム級追王者

石橋は12年間のボクサー生活ではじめてのダウン、KO負け
を喫した。アルメンテロスどの角度、フォームからでもダブル
を決めた。3回にカウント9,1,5のダウンを奪い、6回に
しとめた。石橋は3回ですでに意識が無かった。KOが決まった
後も稲垣は3分ほどリングで立ちあがれなかった。
石橋のコメント「自分が何度倒されたか、どう負けたのかも
わからない」
アルメンテロスのコメント「石橋は旺盛なスピリットがあった。
日本ではもうやる相手が居ないので、メキシコに帰ろう」

アルメンテロスはキューバ出身、メキシコをホームリングと
していた。妻と2児をメキシコに残し、単身で来日。この時
29歳。

59 :TK:01/10/22 20:27
54の書き込みはTK。記名漏れでした。陳謝。

60 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:01/10/22 20:29
プロレスいいよ

61 :エデル・メデル:01/10/22 20:58
アルゲリョがゴドフリー・スチーブンスを倒した左から右の返しは見事だった.ベンジャミン・オルチスをダウンさせたときも巧く相手の空いた場所,ピンポイントを打ち抜いたものだった.
フェザー級時代から乱戦にも応じる場面も見せていたが,自らの「距離」を作る技巧が光っていた.特にジャブは相手の直前で「伸び」を感じた.
サドラーの試合はライリー,金子,ボッジオ,デービス,ペップ戦等数多くのフィルムで検証した.サドラーがラフファイトを交えた出入りの速いボクシングが展開できればアルゲリョも攻めあぐむだろうが,
アルゲリョは接近戦で左をかぶせ,バックステップとともに距離を作り,長距離の右を当てることができそう.さすがのサドラーもひっくり返る?

62 :フェネック:01/10/22 22:18
9月18日(因みに俺の誕生日です)、サンディー・サドラーがNYで亡くなりました。
その事を新聞で知り、父に話した所、近所の街頭テレビで、金子繁治戦を見た時の話をしてくれました。
かなり、人が集まっていたそうです。サドラーは凄い強打者で、強い金子が子供扱いだったと、懐かしそうに
話してくれました。でも、フラッシュ・エロルデに1勝1敗だと教えたら、不思議そうな顔をして、
どうして、エロルデがサドラーに勝てたのか・・と悩んでしましました。でも、本番のタイトルマッチではTKO勝ち
した、と教えたら、やっと納得しました。俺はサドラーの試合を、まだ見てないから、反則巧みな、長身パンチャー
って、印象しかないですけどね。まあ機会があれば、見たいですけど。そんな、話をしているうちに、父が昔、俺によく
話していた事を、思い出しました。それは。
父 「俺は、昭和17年1月17日生まれで、生年月日がある、有名人と一緒なんだ。わかるか?」
俺 「全然、わからん!誰?」
父 「クレイだよ!カシアス・クレイ」
俺 「誰?何者?」
小学生の子供に、カシアス・クレイ言われても、なんの事だか、全然わからなかった・・・

63 ::01/10/22 22:53
>>61 エデルメデルさん
たとえば、アルゲリョ 対 サル サンチェスなども夢の
好試合でしょう。あと一歩で実現したのですよね。あらゆる
ボクシングテクニックの醍醐味を満喫させてくれると思います。
これがサドラー対 アルゲリョとなると、スポーツとしての
ボクシングというよりもっと原始的な殴り合いの要素が強く
なると思います。マナグアのチンピラの狂気を引き出せるのは
サドラーではないかと?思います。

64 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:01/10/22 23:10
このスレのタイトルいいですね。MOT THE HOOPLEみたいで。
所で質問ですがサンディ・サドラーとディック・サドラーは血縁関係はあるのでしょうか?

65 :アルゲロ:01/10/23 05:43
1さんお久しぶりです。素晴らしいスレを立ち上げましたね。 アルゲリョ 対
サル サンチェスなんて、想像するだけでも鳥肌が立ちます。また、アルゲリョが
サドラーと戦ったとなると、確かに1さんおっしゃるように、アルゲリョの本性が
見られるのではないかと思います。アンディ・ミゾオ・ガニガンとやったときには、
モロに殺傷本能が見られましたね、凄い試合でした。おぉ怖い・・・1さん、でき
れば近々お会いしたいですね。

66 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:01/10/23 07:26
>61さん
 61さんほど、サドラーのフィルムは見ておりませんが1さんのおっしゃるとうり
 に原始的な肉体的な強さでははるかにサドラーが上回ると思います。
 アルゲィヨはJ・Lじゃ歴代NO1の評価も納得できますが歴史あるFEじゃ
 無理でしょう!ビロマー・フェルナンデスに敗れた試合やオリバレスに前半
 かき回されていた試合を見ると私の死ぬほど嫌いなウィリー・ペップのような
 変幻自在の選手には大苦戦するでしょう!何と言ってもあの戦績(サドラーの)
 は今のようなストップの早い頃と違い驚異的です。後、皆さん結構評価が高い
 ですが私はサル サンチェスの高評価は理解できません。現にアズマー・ネルソン
 がピンチヒッターでなかったら結果は分からなかったと思うが?
 まあ早く死んだから評価が高いのじゃないかな?

67 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:01/10/23 11:02
私はサンチェスはかなり強いと思いますよ。強いというより速くて巧い。
確かに一見、フォームは変わってますが、よく見るとパンチを相手に当てるタイミングは
天才的です。中間距離、接近した距離での打ち合いで打ってるパンチは、殆どがカウンター
になって相手にヒットしてます。
ゴメス戦での右ストレート、右フック、ネルソンを終始ぐらつかせた左フック、左アッパー
のカウンターは絶品。
私はあれほどまでにカウンターの巧い選手はそういないと思いますよ。
ポイントの取り方も非常に巧い。ここぞというときには必ずスピーディーなパンチを
まとめて連打できたし、いつ何時でもスピードを失わずラッシュできたスタミナも
一級品です。
それにディフェンスがいい。サンチェスが顔を腫らしたのを私は見たことがありません。
防衛戦の相手も強い選手ばかりでしたし。
まあ、逝った選手は往々にして高評価になりがちですが、サンチェスまだ23歳でしたか、
後に戦ったと思われるアルゲリョ、ゴメス再戦、そしてライト級の強豪達と戦っても、
評価を落すことはなかったと思いますよ。
交通事故的負け方をするとは思えない選手でしたし、体格的にはライト級以上でも十分
通用するものを持ってましたから。
チャべスに勝るとも劣らない実績を残せた選手だったと、私は確信しています。
ちなみに当時私は、サンチェスはアルゲリョに勝てる、と信じてました。

68 ::01/10/23 11:37
フェザーの偉大な王者
50年代:
サンディサドラー
ウイりーペップ(おれはこの姑息な
スパゲティ野郎が大嫌いである)
60年代
シュガーラモス(現在、葬儀屋経営)
ビセンテサルジバル
70年代
アレクシスアルゲリョ
80年代
サル サンチェス
エウゼビオ ペドロサ(俺はこのフェザー
のイラリオサパタが大嫌いである。負けない
しぶとさは認める)
90年代
ナジームハメド(対戦相手の質に問題あり?)


また、名脇役としてデビームーア(かなり強い)
ホセレグラ、エルネストマルセル、アントニオ
ゴメス、アズマーネルソンなどがあげられる。
我が、金子繁治、関光徳、西城正三、柴田国明の
評価はいかに?
番外編:ハーバード康(ワンパンチの威力は前述した
どのグレート達にもひけを取らない。俺は好きである)

誰を最強とするかは、いつの時代からボクシングを
見始めたか?という事が大きく作用する。
Mr.Napores、誰かもれていないだろうか?
異論、他論をお待ちする。

69 :napoles:01/10/23 15:35
>67さんへ
>防衛戦の相手も強い選手ばかりでしたし
これ嫌味でも何でもなくお聞きするのですが、今手元に資料が無いもので
どのような挑戦者が居りましたっけ?ゴメス、ネルソン、強いと思わないが
ロペス・・・・ぐらいしか思いつきません。
>68さんへ
 ペドロサとハメドは現時点じゃいらないと思いますが?
 やはり、ムーア、マルセル、レグラ、アントニオ・ゴメス
 ネルソンこの人たちの方が数段上でしょう!
 金子さんは見たのが(ビデオで)サドラー戦ぐらいなので評価出来ません!
 関さんは手数の少なさとガードの悪さが!
 柴田さんは試合をあきらめる悪い癖が!
 西城さんはあごが弱いとはいえKO負けはゴメス戦だけ
 だしシブトイから意外と一番この3人の中では強いかも?
 但し肉体的素質は柴田さんが桁違いでしょう!
 ハーバード康は難しいな!一発は確かに凄い。でも、李や
 金は倒れなかったしバリエントスにも通じなかった。
 でも、試合の面白さは一番!

70 :napoles:01/10/23 16:11
>61,67,68さんへ

66は私です。HN入れ忘れました。

71 :67:01/10/23 16:11
>>69
ロペスよりゴメス、ネルソンの方が強いですよ。
それにレグラ、アントニオ・ゴメスよりウィルフレド・ゴメス、ネルソンの方が数段強いと思います。
防衛戦の相手も強い選手ばかりでしたし・・・といったのは、相対的にレベルが高かったのではないか?
という意味です。何も挑戦者全員が世界チャンプクラスとはいっていません。

72 ::01/10/23 18:35
>>69napolesさん
長年、ボクシングを見てきましたが、金絃(変換字なし)の
ような打たれ強い男を見たことはありません。まさに
「アジアの不倒王」でしょう。(デュランと打ち合いしても
耐えるかもしれませんよ)後遺症が心配です。

レネ バリエントスは小林弘さんが非常に高く評価して
いました。小林さんの70戦以上のキャリアでも最も
手強い相手だった、と回想して下さいました。比国スタイル
の柔らかいボクシングの完成形でしょう。

>>67さん
サル サンチェスの評価は本国メキシコの識者達の間でも
極端に2分しているようです。俺は80年代名王者として
選出したように、フェザーの王者としては高く評価しています。
ただしグラブを壁に掛けるまで見ないと本当の評価は出来ない
かもしれませんね。

73 :Zamora:01/10/23 21:23
アントニオ・ゴメスはそんなに良い選手だったろうか?
「最強の挑戦者」と言われ、
その通り西城を倒した試合が、日本では余りに強い印象として
残ってはいないだろうか?
頭が小さくて、手足が長くて、相手としては確かにやりづらいだろうけれど
いっぽうでオープンガード気味のうえ
動き出しにスムーズさが感じられず、
僕にはエルネスト・マルセルの方がずっと上質だった、
そんな印象があります。
まあアルフレッド・マルカノよりは間違いなく強かったでしょうけれども。

74 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:01/10/23 21:49
>>73さん
アントニオゴメスはチャンピオンになってからの実績はどうだったのですか?
頭が小さくこいつ打つとこねーじゃんてのをVTRで見て思いました。
昔は世界戦がすぐ終わると、なつかしの名勝負的なのをよくやってましたよね。

75 :napoles:01/10/24 07:28
>73,74さんへ
ゴメスはタイトルを取るまでは歴代でもベスト10に入るぐらいかなと
当時は思いました。しかし、タイトルを取り直ぐに取り巻き連中に
たかられ、酒、麻薬(コカイン)・・・に溺れあっという間に駄目になりました。
あのよく伸びる左ジャブ、タイミングの良い右のフックとストレート。
良い選手だと思いましたけれど!レコードブックが無いので自信が有りませんが
ホーキンスはKO。エステバン・デ・ヘススには接戦だったらしいけれど
判定勝ちだった様な気がします。

76 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:01/10/24 08:20
マニアの皆様、23日のIBFアジア・バンタム級タイトルマッチ12回戦
田村英敏(IBF京都)VSアルバート・レシィラー(インドネシア)
の試合内容、教えて下さい。スレ違い、すいません。

77 ::01/10/24 11:26
以前、関光徳さんとボクシング談義をした事があります。
ご存知のようにサルジバルがシュガーラモスに勝っていますが、
実際に闘った関さんご本人の印象ではラモスの方が凄みが
あったそうです。サルジバルが162−3cm、ラモスが
164−5cm位でフェザーとしては長身ではありませんが、
二人とも上半身がライト級のボクサーのように発達していた
そうです。ラモスのボクシングはリズミカルで日本人では
対抗できないそうです。また、二人をリング上で殺しているので
その恐怖感があったそうです。サルジバルはとにかくタフで
スタミナが抜群だそうです。第1戦で関さんが奪ったダウンも
東洋圏の選手であれば失神していただろう、との事でした。

78 ::01/10/24 11:37
(関さん関連、上の続き)
F原田と再戦するためにジョニーファメションが来日した際、
セキジムで練習した。俺は毎日、窓越しで見ていた。皆さん、
ご存知のようにファメションは非力で姑息な3流王者だ。
しかし、サンドバッグを使い始めて驚いた。その揺れが他の
選手と全然違うのだ。あげくのはてにサンドバッグを留めて
いた鎖が衝撃できれ、バッグが床に落ちた。「世界王者って
のはすごいんだなあ!」と感動したのを覚えている。

79 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:01/10/24 11:38
”ウルチミノ”シュガー・ラモスVSビセンテ・サルディバルの試合はどんな試合だったんですか?
凄い試合だったのは想像つきますが。

80 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:01/10/24 11:45
>>79
RJから出てる、ロス・カンピオネスシリーズ
で、ダイジェストが収録されてますね。

81 :napoles:01/10/24 15:13
>79さんへ
 ここに来ているオールドファンの方達なら既出の事実ですけれど、
 ラモスは減量苦で当時足1本切らなければ体重が落ちないといわれていた。
 その前のロバートソン戦からその兆候は著しくサルジバル戦は半分抜け殻。
 しかし、だからといってサルジバルの偉大さが過小評価されることは無い。
 物凄い激戦ではあったがサルジバルのボディブロウにスタミナを失いダウンを
 屈しRは忘れたがTKO負け。その後ライトに上がりオルティスと2度対戦
 2度破れその時点でラモスは終わった。初戦はあのオルティスからダウンを奪っている。
 ライトでも大柄なオルティスからダウンを奪えるフェザーなんて信じられない!

82 :RICKY A.:01/10/25 08:53
以前、日本一のボクシングビデオ収集家 エデルメデル氏の
ご好意でシュガーラモス 対 デビームーアのフルラウンドを
堪能させて頂いたことがある。1963年3月21日 場所は
LAドジャースタジアム、大観衆の中、ジミーレノン(父)の
リングアナウンスに紹介される両雄、これぞ世界選手権試合の
華やかさだ。試合経過は既に多くのメディアで報道されているが、
決してラモス、一方的に有利な展開ではなく、ムーアの頑強な
抵抗も見事であった。試合後、インタビュアーがムーア(非常に
気持ち悪そう)に、カムバックの意向などを聞いているが、
ムーアも「今日はラモスの左フックに反応できなかった。次回は
よりコンディションを整え、KOでお返しする」と断言した。
ムーアはその後、控え室で意識を失い、不帰の人となった。

83 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:01/10/25 09:42
シュガーラモスは見たことないんですが、ホセナポレスと同門だけに、
ナポレスに似たボクシングなんですか?

84 :フェネック:01/10/25 09:46
来年の5月5日に、デラホーヤが6階級制覇に挑戦を
明言しました。(本日のスポーツ紙によると)
38歳になるオヤジを倒す策があるそうですが、
皆さんは、どう思われますか?
僕は、オッズにもよるけど、賭けるなら、ホプキンスです。
デラホーヤは、ちょこちょこ動き回って、ジャブを当てては
また逃げるって、いうような、姑息な試合をしそうな
気はするな。

85 :SIZZLER:01/10/25 10:24
デービー・ムーアの今際の一言は「ウィリー、頭がいたーい」だったと記憶しております。
Jミドルの同姓同名のデービー・ムーアも不幸な最期を遂げていますね(無人の自分の車に轢かれ胸を強打)。

86 :フェネック:01/10/25 11:56
シュガー・ラモスVSデビー・ムーアって、
明日のジョーの、力石徹が死ぬ場面の、
モデルになったとか、聞きましたが。
そうなんですか?

87 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:01/10/25 12:02
姑息って言われてもなぁ。
ポイントとられるなら逃げられる方が悪いと思うが。

88 :フェネック:01/10/25 13:33
質問ですけど、ラモスVSムーアの主審って、ジョージ・ラトカ(米)
ですかね?サルディバルVSラモスも、裁きましたよね?
>>87
じゃあ、せこい試合をしそうな気はする、に変更。
ホプキンスは、年齢的な物による、衰えが心配といえば心配かなあ。

89 :ささ:01/10/25 13:53
>フェネックさん
例えばシュガーレイ・レナードって元気にリングで輝いてた
1984年までの戦績が34戦33勝(24KO)※27連勝含。
それだと確か、日本の『平成のKOキング』坂本博之と同じくらいの
戦績ですね。もの凄いKO勝利多いのに『超特急』というあだ名で、KOを誇張して取り沙汰されてなかったですね。
レナードは阿修羅の様な長い乱打合戦も時折やってましたね。

僕もデラホーヤのファイトぶりは物足りないですよ。

90 :フェネック:01/10/25 14:03
ホプキンスを倒すって・・一体、どんな策があるんだろう?
デラ坊や、160ポンドまで、上げるのかな?フットワークを
使うんだったら、154−155がいいと思うんだけどなあ。
打ち合って、ホプキンスに、パワーで対抗できるのかな?
デラ坊は、「ハグラーに対するレナード」になれるんでしょうか?
ちょっと、考えよう。

91 :フェネック:01/10/25 14:05
まあ、ハンドスピードは、間違いなく上だろうけど。
ビデオあるけど、実は、カスティリェホ戦のビデオ
まだ、見てないっす。嫌いなわけじゃないんだけど・・

92 :napoles:01/10/25 15:39
>83さん
 ナポレスとは全然違います。共通するのはリズム感。異常なまでの上半身の
 筋肉の凄さ、背はそれほど高くないが手と足は長く見える。
 左フックと右ストレイトは破壊力抜群。ラモスを見た我々にはハメドは
 全然ハードパンチャーに見えなかった。関戦、ラウル・ソリアノ戦は凄い。
 本当に化け物的に強かった。但し、ピーク時は短かった。 

93 :RICKY A.:01/10/25 15:47
SIZZLERさん
お久しぶりです。「ウイりー、頭が痛い」は控え室で意識を失う
直前の言葉ですよね。>>82はリング上でのムーアのコメントです。
この後、ボブ デイランが「誰がデビームーアを殺したか?」という
歌を発表します。責任の所在をあいまいにする輩たちを痛烈に批判
しています。ボブディランという人はボクシングに深いかかわりを
もっています。(おそらく相当なファンと思われます)ハリケーン
ルビンカーターを救済するために、「ハリケーン」なる歌をリリースし
全米でNO1ヒットにしました。この収益でカーター氏の弁護費用を
まかなったそうです。また、モハメドアリのため「永久に若く」なる
歌を書きました。アリはレオンスピンクスとの再戦の際に、控え室で
一人この歌を聞いた後にリングに向ったそうです。ボブディランは
シュガーレイレナード 対 ラロンデの試合でもラロンデコーナーの
後ろでじっと試合を観戦しています。

94 :フェネック:01/10/26 10:57
昨晩、気になって、本で、ラモス×ムーア調べました。
特に真新しい事はなかったですけど、本当に、ラモスは、上半身
が異常に発達しており、胴が短く、リーチが長いですね。
脚は非常に細い。まあ、俺が見た感じですと、上半身の発達
した、アントニオ・ゴメスって、感じかな。この体型では
いくら、身長が164−5cmといっても、減量は非常に
きつかったでしょうね。本当に、脚1本切断しないと、フェザー
のウエートは作れないってのも、あながちオーバーでは
ないでしょうね。しかし、彼も悲劇のボクサーですね。
ホセ・ブランコとデビー・ムーア。2人のボクサーを死に
至らしめたのですから。その後も、リングに上がり続けた、彼を
称えたい・・リング禍がなく、フェザー級のウエートを保持
できてたら、KOキングとして、長く君臨したのでしょう。
後、レフェリーはジョージ・ラトカで、間違いなし(ジョフレ×メデル1も裁いてる)
でした。グローブは、やっぱり、セイヤー製でしたね。このグローブは
危険な香り(死の匂い)がするようです・・帝拳の長野マネが、大場に
このグローブを使わせたがらなかったようですけど、解かる気がします。
後、ウイリー・ケッチャムって、ムーアの後、誰のマネージャーになったんだっけ?
また、調べてみようと、思ってます。

95 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:01/10/26 21:20
ボクシングはコント

96 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:01/10/27 17:13
>90 フェネックさんへ
 デラとホプキンス戦が来年……。
 デラ陣営はビリオン稼ぐ戦略ってほんと上手い。商品価値が上がったホプキンス、40も近いオッサン相手。
勝機ありってことでしょうね。
 予想はできませんが、ホプキンスに勝って欲しいですね。
デラホーヤって、オリンピックにときは、レナード以来のスパースター候補でしたが、
さささんがおっしゃられるように、ものたりなさを感じますね。大事に育てられすぎてるからでしょうか。

>93 RICKY−Aさんへ
あるボクシング愛好者の方のご厚意で、ラモス・ムーア戦をフルラウンドで見ることができました。
ボクシング雑誌に、ムーア優勢で試合が進んだと書かれたのを読んだことがありますが、
やはりラモスのペースで試合が進んでいたと思います。
一回り大きいラモスの迫力ある攻勢が印象的。
 あのリング渦の責任は、レフェリーにも観客にも、ましてやラモスにもなく、強いてあげれば、リングドクターとムーア陣営でしょう。
 友人の医者に聞いたところ、ダウン後、インタビューを受けているのを考えると、急性硬膜外血腫ではないかとのこと。意識清明期の後、意識が混濁するのが特徴で、インタビューなど受けさせず、
すぐにCTとって(63年ならもう医療現場に登場してる)処置してたら、死なずにすんだかも……ということらしい。
Bob Dylanが Who Killed Davey Moore? で、キューバからやってきた男ラモスを、ボクシング関係者と並べて非難する資格などない!…と思います。

97 :TK:01/10/27 17:25
96はTKでした。記名漏れ、陳謝。

98 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:01/10/27 18:21
プロレス最強の証明

99 :フェネック:01/10/27 23:04
>>96 TK様
デラホーヤの、ハンドスピードと、フットワークを持って
すれば、ホプキンス攻略も、可能かもしれませんね。ただ、初めての、真のミドル級が相手(ホプキンスはL・ヘビー下がり)
という事で、体格面で、かなりのハンデは覚悟せねば、なりませんが・・
クレバーな選手なので、そこらへんも、重々承知での発言でしょう・・
楽しみです。
ラモス×ムーアに、関しては、本によると、前半ムーアのペースで、
中盤から、ラモスがペースを取り返した、と書かれておりました。
私は、ビデオで、この試合見ていませんので、何とも言えませんが・・
ただ、近じか、みる機会がありそうなので、僕も自分の目で確かめ
たいと、思っております。

100 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:01/10/27 23:34
「黄金の時代」スレで100get!

101 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:01/10/28 00:09
デラは中量級戦線を活性化させた点では功績は大きいけど、スーパースター
としてはやはり物足りなさがありますね。
レナードはキャリア後半は横着だったけど、最初のブランク前はベニテス、デュラン、
カルレ、ハーンズと立て続けに強敵と戦っていたし。
またデラはレナードに比べフォロワーもあんまり生み出してないですね。
本人がころころスタイル変えすぎるせいもあるんでしょうが、
「こいつデラの影響受けてるな〜」って感じるようなボクサーは見てないな。

102 :フェネック:01/10/28 22:31
最近思うんですけど。返す返すも、NTVの「朝までスポーツ」の
中止?は残念でなりません。僕は、放送された世界戦は、ほとんど
録画できたので、良かったですけど。「大場・カバネラ戦」「大場・花形戦」
が見られなかったのは、今でも、残念でなりません。大場の世界戦のDVD集が
発売されたら、10万で買うという方が、別スレでいらっしゃいましたが
僕も欲しいです。さて、NTVも、昔の世界戦の再放送や、ビデオの販売を
しないというなら、僕の希望としては、「想い出の名勝負」の再放送を希望します。
僕としては、「ラシアル・穂積戦」後に、放送された物が好みです。(当方、画像良好です)
内容は。「西城VSピメンテル3(フル)」「西城VSA・ゴメス」「柴田VSビラフロア2(フル・2分弱)」
「柴田VSアルレドンド」「柴田VSボラノス」「ガッツVSゴンザレス1・2」です。
ほとんど、ダイジェストですが、これを、10代や20代のボクシングファンに見ていただきたいです。
僕が、ボクシングファンから、熱の入ったボクシングファンにステップした理由も、これを見た影響が大きいです。   
試合もさる事ながら、間の音楽とナレーションが最高格好いいです。
「最も華麗にリングに登場し、最も壮絶にリングを去った男、西城正三」とか。
特に、西城を軽打者と思っている、若いファン(とはいっても、このスレには来ないかな?)ピメンテル戦での、
西城の右クロス、右ボディー、最後の左フックの切れ味は圧巻ですよ。後、ベンの、戦慄の左フック、必見です。
これを、ダイナミックグローブなんかで、放送すれば、若いファンが、さらに増えると思うんですけどねえ。

103 :TK:01/10/28 23:05
96で「CTが63年に登場」は誤り。72年開発だから当時は存在しないそうです。
頭部X線写真ですね。
Dylanに非難めいた物言いをしましたが、Dylanが偉大なソングライターだとは思っています。
>102 フェネックさんへ
 私もご意見に全面賛成。ダイナミックグローブなんかで放送するってのは、若いファンのためにぜひやるべきだと思います。

104 :金 相賢:01/10/29 00:46
大場スレ、バンタムスレが下がってると思ったらここにいたんですね。相変わらず熱心で結構、6,70年代中南米に偏ってる感もありますが。
ところで皆さん、韓国選手についてはあまり言及されませんが70年代当時はどうだったんでしょうか、私はその辺の事情に疎いもので是非お聞かせください。

105 :1:01/10/29 10:43
先日の27日、金沢和良さんが遊びに来てくださった。
オリバレス戦からちょうど30年が経った。金沢さんは
無邪気な人で、俺の顔を見るなり「あなたは身体の右半分
が悪い」といきなり肩、背中をマッサージしてくれた。
小柄な華奢な体格だが、拳が大きく、すごい腕力だった。
以下、話題別に書く。
「ハーバード康」
契約ウエイトはライト級!バンタムでも軽い金沢さんは
トランクスの下に石を隠して、軽量したそうだ。康の
パワーは驚異的で最後のパンチもガードの上から打たれて
2メートルほど飛ばされたそうだ。
「青木勝利さん」
青木さんが一度、減量の方法を教えてくれたそうだ。
軽量の直前に酒を飲み、体をゆすり気分を悪くして胃の中
の物を全部、吐くのだそうだ。それでも金沢さんの口調は
青木さんを慕っているのがよくわかった。
「あこがれのボクサー」
海老原さんと関光徳さん。金沢さんもアマチュア時代は
サウスポーだったそうだ。
「大場政夫」
弱い、と一刀両断だった。スパーリングでも帝拳サイドから
左だけでスパーをやるように指示されたそうだ。「ベルクレク
のような弱い人を相手に13ラウンドもやっちゃあいけない。
わしは翌年、タイで4ラウンドで倒したよ」海老原との
仮想対決も「物が違う」との事だった。(同時代の花形ボクサー
への複雑な感情が感じられた)
「オリバレスについて」
第1戦でメキシコに行った時は対戦相手の事を何も知らなかった
そうだ。現地でオリバレスの戦績を聞いて「うそー!」と
おじけづいたそうだ。この時のオリバレスは鬼神の強さで、KO
で負けた控え室で意識が戻り、試合をした事さえ覚えていない
そうだ。名古屋での第2戦は10日しか練習せず、スタミナが
すぐに切れたそうだ。13ラウンド、2度のダウンの後の絶叫は
オリバレスに叫んだのではなく、自分自身に対して世間に対して
叫んだのだそうだ。
 最後に、俺は昭和40年からボクシングを見続けている。
ボクシングの裏面はこんなに恐ろしく、悲しいのか、と改めて
認識させられた。現代のボクシングは格闘技の要素が排除され、
スポーツ化されてつまらない。しかし、その理由を目前に
つきつけられ、絶句した。

106 :フェネック:01/10/29 15:40
>>105 1さん
大場が弱いってのは、当時の自分以上の人気選手に対する
嫉妬もあるんじゃないですかねえ?
オリバレスとの第1戦については、怪物の凄さが、浮かんで
くるようですね。ある意味、この試合の方が見たいな。
これって、ビデオで残ってるんでしょうかね?
ハーバート庚戦って、ライト級の契約ウエートだったんですか?
石を、パンツに入れてたなんて、そんな無茶がまかりとおる
なんて、ある意味凄い時代ですね。ボクシング漫画で、取りいれそうな
シーンですね。青木勝利さんの話については、酒を飲んで、体を揺すって
吐いて減量するなんて、本当ですかね?俄かには、信じられませんが、
青木さんの、晩年を考えると、あながち嘘とも思えん・・・
とにかく、興味深い話をどうもありがとうございました。1さんには
また、たくさん教わりまして、大変勉強になりました。
しかし、金沢さんと直接お会いになるなんて、1さんならでは、ですね!
でも1番に、金沢さんのご健在ぶりを、素直に喜びたいと思います。

107 :アルゲロ:01/10/29 19:41
1さん、先日は同席させていただいて、ありがとうございました。オリバレス戦
から30年。早いものですね。当時は深夜放送でしたが、金沢さんとご一緒させ
ていただいて、その時々の色々なお話を聞いて感動が甦ってきました。1さんが
述べた、金沢さんが言われた「ハーバード康」「青木勝利さん」「あこがれのボ
クサー」「大場政夫」「オリバレスについて」はまちがいないです。特に印象に
残ったのは、VSハーバード康での契約ウエートにはア然とさせられました。オリ
バレス戦での絶叫についても、色々な意味で考えさせられました。ボクシングっ
て、知れば知るほど、「素晴らしくもあり、怖いスポーツ」ですね。

108 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:01/10/29 19:59
金沢さんが遊びにきたっていうのはなんか嘘っぽいな。
2ちゃんごときに来る奴のくせにそんなに金沢と仲がいいわけがない。
そんなんなら何とでも言えるよ。きのう俺の家にタイソンが来てたよ。

49 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)