5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

Beatles 1966年〜70年のシングル曲

1 :Oldies But Goldies:01/09/08 21:55
それまでとははっきりと方向性が違ってきてると
思うが。

2 :ホワイトアルバムさん:01/09/08 22:27
終了。

3 :師匠☆:01/09/08 22:32
エエッ!ぜんぜん気づかなかった!

4 :test:01/09/08 22:41
デイ・トリッパーから?

5 :ホワイトアルバムさん:01/09/08 22:51
アバウトです。終了です(稿)

6 :Oldies:01/09/08 23:08
We can work it out/Day tripper(1965)からでした。
スマソ。

7 :ホワイトアルバムさん:01/09/08 23:18
>>1
つまりLIVEをやめてからのシングルってこと?
確かにそれまでのシングル曲はLIVEで演奏。ストロベリー〜は
そうじゃないけど。(エリナーリグビーはアルバムカット?)

8 :@通りすがり:01/09/08 23:21
シングルの発売頻度は減ってる。EP盤もマジカルを例外
としたら一切出してないし。
アニメビートルズでも65年以降の曲はかからない。(藁
安売りCDも66年以降の曲収録はあんまり見かけないし。

9 :ホワイトアルバムさん:01/09/08 23:23
版権の問題なんじゃないの?

10 :ホワイトアルバムさん:01/09/08 23:25
>8
ただ 単にもうビートルズは世間から
飽きられてきたから・・なだけ。

11 :ホワイトアルバムさん:01/09/08 23:33
???????


12 :test:01/09/08 23:39
つーか、ビートルズは新作アルバム毎に劇的に変化してる・・・・

13 :ホワイトアルバムさん:01/09/09 00:22
66年以降は何かシングルにメンバーの強い意志や思い入れ
が感じられる。(と同時にあんまり思い入れてないなという
のもなんとなく雰囲気が伝わってくる)
>>8
>シングルの発売頻度は減ってる。
単にレコーディングに時間がかかってリリースできないから
という理由と曲の出来不出来やEMIやスタッフ、メンバー間
の協議で発表するかどうか否か見合わせたりが理由なのでは。
実際その場にいあわせた訳ではなにから正確な理由はわから
んが。
ようするにビートルズの固定されたイメージにどんどん縛ら
れていって・・それが結果的に解散の引き金になっていった
ような気もするが。実際それを嫌がっていたジョンはどんど
んRevolution No9やヨーコとの共作をソロ名義でリリース
したりしてるし。どうや?

14 :ホワイトアルバムさん:01/09/09 01:03
シングルの発売頻度が減りだしたのは、ライブしなくなってメンバーが一緒に集まる回数自体が減ったからというのが大きいんじゃないかな・・・
68年なんか一緒にインドに行ってもポールはすぐに帰るのにジョンは結構残ったりとかしてるし。
んで69年にはほぼ解散状態になるわけだし。

15 :ホワイトアルバムさん:01/09/09 01:39
アルバムセールスのプロモーションのひとつとしては
今も昔もシングルはとても大事だったわけだから
そのあたりをポールは初めからとても意識してたん
じゃないかな。後期のポールはシングル曲は結構手を
抜かないでちゃんと作ってる。Hey JudeとかHello
Goodbyeあたりはいい意味でも悪い意味でもすごく
ポールらしい。ちゃんとそのあたりを要領良く作り
こなすのもポールの才能だったわけで。
ジョンはそのあたりはわかってるようなことをいって
も所詮ポールほど器用ではなかった。
シングルをリリースしてヒットさせることがビートル
ズを存続させる上で重要だということがポールはわかって
いたのでは?

16 :ホワイトアルバムさん:01/09/09 02:01
素晴らしいスレ。マジのカキコはいいね。真剣に語り合おう

17 :54:01/09/09 06:45
654654アルバムレビューのページですぞ
http://www.bc9.ne.jp/~moroyama/mudai.html

18 :ホワイトアルバムさん:01/09/09 08:15
>>15
激しく同意。
誰か65年以降に発売されたイギリス盤のシングルを
順番に列記してほしいなあ・・
ここはひとつコメントつきで。
(でもそうするとまたコピペの嵐になるんだろうな。)
一緒にアメリカ キャピタルリリースのシングルや日本の
シングルについても一緒に書いてもらえないかな。。
ただし解散後しばらくたって企画アルバム盤が発売された
時にプロモーションとして発売されたのは除くということで。
Reel Music とか某角川映画テーマソングでLet it Beとか
ね。

19 :ホワイトアルバムさん:01/09/09 08:16
ぬえの泣く夜は恐ろしい・・

20 :ホワイトアルバムさん:01/09/09 08:20
厨房の時聞いた「REEL MUSIC」にはなんか笑った。
そもそもあれだけ一枚ごとに変化しているビートルズの
それも映画の曲をむりやり一曲にメドレーでつなげる
「荒技」にはまいったなあ。(笑
でもあれを一曲につなぎあわせたのはジョージマーテ
ィンだとか。今はいったいどうなったんだろ・・

21 :ホワイトアルバムさん:01/09/09 08:23
でもショッキングオンなんとかというオランダ
のグループがBEATLESKや他のグループの曲を
サンプリングしたのは結構カコイイ。

22 :アルンハイム ◆vH2/vrC. :01/09/09 08:42
>>18 65年以降のシングルです(英盤のみ…)。

-1965年-
4月 (ヘルプ/アイム・ダウン)
12月 (デイ・トリッパー/恋を抱きしめよう)
-1966年-
6月 (ペイパーバック・ライター/レイン)
8月 (イエロー・サブマリン/エリナーリグビー)
-1967年-
2月 (ストロベリー・フィールズ・フォーエバー/ペニー・レイン)
7月 (愛こそはすべて/ベイビー・ユーアー・ア・リッチマン)
11月 (ハロー・グッドバイ/アイ・アム・ザ・ウォルラス)
-1968年-
3月 (レディ・マドンナ/ジ・インナー・ライト)
8月 (ヘイ・ジュード/レボリューション)
-1969年-
4月 (ゲット・バック/ドント・レット・ミー・ダウン)
5月 (ジョンとヨーコのバラード/オールド・ブラウン・シュー)
10月 (サムシング/カム・トゥゲザー)
-1970年-
3月 (レット・イット・ビー/ユー・ノウ・マイ・ネーム)

わりとコンスタントですね。

23 :ホワイトアルバムさん:01/09/09 09:02
>>22
スペシャル サンクス!!(^-^)ニコ

24 :ホワイトアルバムさん:01/09/09 09:13
>>22
シングルの乱発は控えてしっかりアルバムの前に
発売してるのがわかるね。ストロベリー以降は
日本盤もキャピタルもあんまり好き勝手にアルバム
からカットしてないし。
でも日本は確か当時、ホワイトアルバムからオブラディ
オブラダをシングルカットしてたような気がする。
バックインザUSSRとのカップリングだったっけ?
バックイン〜は若かりし頃の4人の映像をつなぎあわ
せたプロモもあったような気もしたが。

25 :アルンハイム ◆vH2/vrC. :01/09/09 09:26
>>24
オブラディ・オブラダはホワイル・マイ・ギター〜との
カップリングでシングルカットされていますね。
まぁバック・イン・ザ・USSRもポールの曲ですし、バランスを
考えたのかもしれませんね。ジョンの曲はシングル向きとしては
ちょっと厳しいように思いますし。

26 :ホワイトアルバムさん:01/09/09 09:34
ォブラディは当時 アップルがマーマレードに
曲を提供させてプロモーション掛けていた時期
に重なるから・・そんな意味もあったのかな。

ジョンはしかしこのあたりは気合は感じられるが
出来上がった曲のまとまりが今ひとつな気がする。
Yer Bluesくらいかな。最後までちゃんとつくれば
名曲になった可能性もあるのに中途半端に終わって
るのがあんまりにも多い。
まあ・・それがジョンの曲のいいところでもあるけど。
しかし ジョンの希望通りにRevolution No9をシン
グルにしてたらいったいどうなっていたのだろう・・・
What's the New Mary Janeとかは何回も録り直し
されてるからジョン的には希望は捨てていなかった
のかも。

27 :ホワイトアルバムさん:01/09/09 09:44
当時の4人の人間模様がかなり浮き彫りにされる。
特に1969年5月にジョンとヨーコのバラード/オールド・
ブラウン・シューを ゲット・バック/ドント・レット・
ミー・ダウンの発売から一ヶ月で発売してるあたり。
これはGet Backの没アルバムを出す前提としてのシングル
だったのかな。ジョンとヨーコはジョンとポールが二人
だけでレコーディングしてるし、ジョージのなぜ発売したのか
悩む曲をカップリングに持ってきてるし。
あれならまだ Not Guiltyやインドで既に書きあがっていた
My Sweet Roadあたりをもってきたほうがまだよかったのに。


28 :ホワイトアルバムさん:01/09/09 09:47
>>25
スマソ。24です。そうですね。
ジョンの曲は厳しいものがありますね。
>>26
もう嫌になっていたのか。ヤケクソ状態ってかんじだね。

29 :ホワイトアルバムさん:01/09/09 09:50
>バックイン〜は若かりし頃の4人の映像をつなぎあわ
>せたプロモもあったような気もしたが。
どんなの??

>厨房の時聞いた「REEL MUSIC」にはなんか笑った。
>そもそもあれだけ一枚ごとに変化しているビートルズの
>それも映画の曲をむりやり一曲にメドレーでつなげる
>「荒技」にはまいったなあ。(笑

どんなの??厨房の為知らないのです。
もしかしてもう廃盤になってるのですか??
聴きたい。

30 :ホワイトアルバムさん:01/09/09 09:57
アンソロジーにいれて欲しかった。
REEL MUSICの没バージョン。
>>29
・マジカルミステリーツアー〜ハードデイズナイト〜恋する二人〜キャントバイミーラブ
〜涙の乗車券〜愛こそはすべて〜ーゲットバック
だったかな?ちょっと記憶が曖昧なので違っていたらすみません。
これがまた見事に一曲になってる(藁。
つなぎがかなり不自然なところもあり。

31 :ホワイトアルバムさん:01/09/09 10:03
・マジカルミステリーツアー〜ハードデイズナイト〜恋する二人〜キャントバイミーラブ〜
悲しみをぶっとばせ〜
〜涙の乗車券〜愛こそはすべて〜ーゲットバック

32 :ホワイトアルバムさん:01/09/09 10:05
悲しみをぶっとばせ〜
〜涙の乗車券〜愛こそはすべて

しかし邦題がこうも並ぶとなんだか歌謡曲っぽいな。

33 :ホワイトアルバムさん:01/09/09 11:30
-1965年-
4月 (ヘルプ/アイム・ダウン)
12月 (デイ・トリッパー/恋を抱きしめよう)
-1966年-
6月 (ペイパーバック・ライター/レイン)
8月 (イエロー・サブマリン/エリナーリグビー)
-1967年-
2月 (ストロベリー・フィールズ・フォーエバー/ペニー・レイン)
7月 (愛こそはすべて/ベイビー・ユーアー・ア・リッチマン)
11月 (ハロー・グッドバイ/アイ・アム・ザ・ウォルラス)
-1968年-
3月 (レディ・マドンナ/ジ・インナー・ライト)
8月 (ヘイ・ジュード/レボリューション)
-1969年-
4月 (ゲット・バック/ドント・レット・ミー・ダウン)
5月 (ジョンとヨーコのバラード/オールド・ブラウン・シュー)
10月 (サムシング/カム・トゥゲザー)
-1970年-
3月 (レット・イット・ビー/ユー・ノウ・マイ・ネーム)

34 :ホワイトアルバムさん:01/09/09 12:42
リールミュージックの情報キボーン

35 :アルンハイム ◆vH2/vrC. :01/09/09 13:12
>>34
1982年に結成20周年を記念して、ビートルズの主演映画に使われた
曲を収録した企画盤アルバムREEL MUSICがリリースされまして、その
中の7曲をメドレー形式にしたThe Beatles'Movie Medleyなるものが
発売されました。これは恐らく当時流行っていたスターズ・オンなど
によるビートルズメドレーに影響を受けてのものだと思います。
プロモーションビデオなんかもあったはずです。

私なんかは、オリジナルの音をけっこう上手に繋いだもんだ、と思ってますけどね。

36 :ホワイトアルバムさん:01/09/09 13:18
>>34
ありがとう!
でも音源は今、手に入るのですか?
なんか廃盤になってる臭いけど
中古でアナログ盤を地道に探すしかないのですかね?

37 :ホワイトアルバムさん:01/09/09 13:23
>>36
今はないです。

38 :ホワイトアルバムさん:01/09/09 18:11
やっぱビートルズはいいよね。 もしかするとこのスレ立てたのオレの友人かも知れない。 しかも投稿写真マニアでもある。

39 :ホワイトアルバムさん:01/09/10 00:30
>>38
場の空気が読めない厨房逝ってよし。

40 :ホワイトアルバムさん:01/09/14 21:56
シーンの影響もあるのだろう。
65年というとストーンズやWhoもシングルヒットを出し始めた頃だしねぇ。

41 :ホワイトアルバムさん:01/09/18 22:21
しかし65年頃のストーンズのビーの後追いはすごいものが
あるな。

13 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)