5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

すごい設定、でもストーリーはダメダメ・・・

1 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/10(金) 01:19
本来世界観や設定は、ストーリーを作りやすくしたり、深みを与える
ために存在する。ところが、肝心の物語は10話費やしてもほとんど
進展無し・・・。
壮大な設定を持ちながら、ストーリーがヘボヘボな製作者の自慰アニメ
を糾弾しよう!!

2 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/10(金) 01:23
エヴァに決まってるだろうが!

3 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/10(金) 01:24
自慰スレッドを立てた1は糞だね


4 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/10(金) 01:24
まだオーディアンを貶し足りないかね。

5 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/10(金) 01:24
すとれんじどんもなんかすごそうだったのに、あの終わり方は何じゃ?

6 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/10(金) 01:29
壮大な設定じゃなくても、話数が少ないことが解ってるのに
やたら登場キャラが多いとか。
まるで、おもちゃを想定した魔法少女物のアイテムみたい。
未消化で終わるのはもったいないのに。

7 :母を訪ねて名無しさん千里 :2000/11/10(金) 01:32
「ストレンジドーン」はマジ凄かったね。
あんなに練り上げた、ちびっ子の世界を魔人二人が
潰しまくり。音楽・OP・ED・世界観は良かったが
キャラが痛くてストーリーが立たなかった典型。
つ〜か、元から1クールでやる作品では無いと思う。確信犯か?

8 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/10(金) 01:36
>>2
エヴァは逆に設定が無かったんじゃないか?勝手に思いつきで
謎をばら撒いて収拾がつかなくなった。

9 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/10(金) 01:38
「最近の脚本家は、設定を作るのは上手いが、ドラマが書けない」
これ定説。


10 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/10(金) 01:40
ひでえ・・・

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/10(金) 01:45
元祖は「ダグラム」だろ。(年がわかるな)
いつまでも、いつまでも進まないお話に
批難轟々だったよな。
でも,みょ〜な味があったので結局最後まで打ち切られる事無く
無事放送終了。今じゃ考えられんな。

12 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/10(金) 01:47
>11
嘘です。おもちゃが売れたから打ち切られなかっただけです

13 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/10(金) 01:48
>>9
「ドラマが書けないから、
内容の薄さを設定だけ凝って誤魔化そうとしている」
とも言えるよね。


14 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/10(金) 01:48
ヴァンドレッドが危ないと思う?キャラはやたら多いし、
世界観や設定もすごそうだが、話数から考えて撃沈間違いなし。

15 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/10(金) 01:49
>13
それもまた真なり。

16 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/10(金) 01:52
レイズナーの前半もタルカッタな

17 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/10(金) 01:53
つーか、別に設定を作るのは脚本家じゃないだろ

18 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/10(金) 01:56
ちょっと違うが、KEYメタルアイドルに一票。終盤に登場人物が公園で、
一話丸まる使ってバックストーリーを説明する回があった。
ありゃアニメじゃなかったぞ。もっときちんと演出しなさい。

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/10(金) 01:57
>>16
そして最終回は・・おい、高橋!!

20 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/10(金) 01:58
>>13
連中は誤魔化す頭もねぇよ。
ゲームやアニメ見て、俺ならこうするって設定弄ることしか思い浮かばない奴が多すぎるんだよ。


21 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/10(金) 01:58
つーか、ストーリーの大筋考えるの脚本家だけの仕事じゃないだろ

22 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/10(金) 01:58
しかし、この御時世、もはや少々の設定では驚かんなー。


23 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/10(金) 01:58
>17
なんでやねん。じゃあ誰だ。

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/10(金) 01:59
>>12
それは知らんかった。
スポンサーは偉大だな。

25 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/10(金) 01:59
>21
やっぱ最終責任は監督に行くと思うんだが

26 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/10(金) 02:00
きっと、スタッフが飲み屋で、クダ巻いて盛り上がって設定を作るんだろうな。
だが、いざ話作りとなると、どうしたらいいのか解らんということだ(藁

27 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/10(金) 02:01
エンジェルリンクスとフォトン!!
キャラの設定のみ。

28 :ちょっと業界人:2000/11/10(金) 02:01
>>23
マジレスしとくねー。オリジナルの場合は、やっぱ監督さんよ。
脚本家は、基本設定が固まってから呼ばれる事が多いよ。

29 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/10(金) 02:02
リヴァイアス?

30 :ちょっと業界人:2000/11/10(金) 02:02
そうか、ここの皆さん、アニメの作り方ってホントに知らないのね
(別にバカにしてる訳じゃなくてさ)
アニメ誌とかが、最近、その手の記事をやらんからなー。ハァ

31 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/10(金) 02:02
>>27
そもそもフォトンはストーリーを問題にするアニメじゃないだろ。


32 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/10(金) 02:04
>28
あ、オリジナルでは監督が設定を考えてるんだ。それは知らなかったっす。
でもそれはつまり監督が脚本家の仕事もしてるわけだから、
やっぱり「脚本家=凝った設定だけしか書けない」は間違ってないと思う。

33 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/10(金) 02:04
>30
俺もジジイオタクだが
そやね
昔は結構
そういう記事あったね

34 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/10(金) 02:05
俺は科学に詳しいぞ〜ってなふうにウンチクいっぱいの設定書を作ってい
ながら、作品中では語る場が無くて、アニメ雑誌で得意顔でしゃべる。
トップを狙えの時は狙っていたのは解ったけれど、それ以降はただのヴァカだ。

35 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/10(金) 02:05
エロアニメも設定とかむちゃくちゃ言ってるけど結局やるだけだよね…

36 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/10(金) 02:06
>32
そこまで無理して自論にこだわらんでも(笑

37 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/10(金) 02:06
>>30
   ∧ ∧      ┌─────────
  (´ー`)   < シリタクネーヨ
   \ <      └───/|────
    \.\______//
      \       /
       ∪∪ ̄∪∪    ピタッ       /
       ∪∪ ̄∪∪

38 :名無しさん@お腹いっぱい:2000/11/10(金) 02:06
>>34
その辺やったのは、オタキングでしょ?

39 :名無しさん@お腹いっぱい:2000/11/10(金) 02:08
>37
俺は知りたいけどなー。変かね。

40 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/10(金) 02:09
それよりも、最近は「すごい設定」自体を見かけない
考えようによってはトゥハートなんて、すごい設定だとは思うが(藁

41 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/10(金) 02:10
もう凝った設定を売りにする時代は終わったよ。
というか、それで売れたのは後にも先にもエヴァだけだ。
それに早く気づけ。オナニーアニメ作家どもよ。

42 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/10(金) 02:11
>>40
一度使った設定って、やっぱり使いまわししにくいと思う。
だから、すごい設定はすごい話にとっときゃいいのに、単純
萌えアニメに消費するから、ネタがなくなるんだよ。


43 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/10(金) 02:11
>41
ただ普通の設定だと、最初から見もしないんだよなー、俺も

44 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/10(金) 02:12
>>40
設定じゃなくて、脚本家が好きな要素orオタク受けしそうな
要素の羅列だろ。ああいうのは。

45 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/10(金) 02:12
>>40
まあ、黒魔術やらメイドロボのいる世界だしな(ワラ

46 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/10(金) 02:13
>44
トゥハート以前の作品(雫とかさ)は好きだったんだが・・・

47 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/10(金) 02:14
ヌケる設定なら大歓迎だ  ハァハァ・・・

48 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/10(金) 02:14
>>43
でも、設定に期待して見ると、普通の駄作が超駄作になっちまうんだよ。

49 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/10(金) 02:15
ホントは、設定に期待して見ること自体も間違いなんだけどナー
オナニーアニメ作家に、チンカスアニオタども、か。

50 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/10(金) 02:15
なんか結局設定がおもしろきゃ話が面白いと思ってるやつがこのスレにまぎれてるな

51 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/10(金) 02:15
設定だけのアニメと言えば、攻殻機動隊があるな。
あそこまでハイセンスでオリジナリティに富んでいて
知的好奇心をかき立てられる設定なら許す。
ストーリーは死ぬほどダメダメだったけど。


52 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/10(金) 02:16
>>47
それに関しては全面的に同意だ…ハァハァ

53 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/10(金) 02:16
>>51
そいや設定に凝りまくるのって、士郎正宗ってのもイタね

54 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/10(金) 02:17
>>49
オマエモナー

55 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/10(金) 02:18
ぬける設定とか言うがどんなに細かい設定よりもいい作画で乳揺らして
パンチラしてるほうがぬけるんだろ?

56 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/10(金) 02:18
>54
予想通りのレスが付くね、ここは(藁

57 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/10(金) 02:18
>>11延長したってば。

>>19、あれこそ、打ち切りだったから仕方が無いよ。

>>30、? そんなの、製作会社や監督によって違うでしょう?
 例えば、「ナデシコ(TV)」は どー見ても
佐藤竜雄作品じゃなく、會川作品だったし、
「ウテナ(TV)」は どー見ても幾原作品ではなく、
榎戸作品だったけど?

58 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/10(金) 02:19
>>55
イメージが貧困だネ。それじゃ本物のオナニストにはなれないゾ

59 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/10(金) 02:21
>>57
ナデシコかー。最近のトライゼノンを見てても思ったが、
あの辺りは、大月作品と言った方がいいかもな。


60 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/10(金) 02:23
乳だけ揺れてもなぁ・・・

61 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/10(金) 02:26
HANDMADEメイは、キャラ数という点で破綻したが、設定に関してはレポート用紙
3枚といったところじゃないか?そのくらいで良し。

62 :ほとり:2000/11/10(金) 02:28
 ミト(違ハンター×2)さんの設定ってめっちゃ萌えません?

63 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/10(金) 02:29
設定だけで萌えられるはずないのに…
出来たとしてもそれは一時の気の迷い

64 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/10(金) 02:31
HAND MAIDメイとかリヴァイアスとか見てると、最近の
アニメ作ってる連中はギャルゲーが全ての世界観のベースになって
るんじゃないかと不安になる俺はただの20代後半アニオタ

65 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/10(金) 02:32
設定好きの奴らは、自分の中でアナザーストーリーを作れるんだよ。
自家発電オナニストだ。

66 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/10(金) 02:33
アニメじゃないけど1の言ってるのはFSSのことじゃないのか?

67 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/10(金) 02:33
>>43、そんなこたぁない。(コピペじゃないぞ! 苦笑)
確かに、「カレカノ」は、そういう理由で
「第1話見てなかった」って人が何人もいたけど、
結果的には、多数の支持を得たでしょ?
…庵野監督がやる気無くすまでは…(w

68 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/10(金) 02:34
得てないよ

69 :ああっ名無しさまっ:2000/11/10(金) 02:38
設定つーか、1クール作品で時間軸の錯綜にこだわりすぎるのも
どうかと思う、のは最早クソアニメ定番のアニメ版ブギーポップ
だったりする。

70 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/10(金) 02:40
俺はもう15年も漫画描いてるが、一時期、設定に凝りまくって
ドラマ性の乏しい話をつくったもんだ。
そしてその緻密さ、奥深さに、一人酔いしれていたもんだ。
もちろん他人に見せたら感想はいまいちだった。
でもそれは彼らに見る目がないと信じていたさ。

今はどうかって? 「若気の至り」だったと気づいたよ・・・。

71 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/10(金) 02:43
>>70
心に染みる話や。で、あなたはどこのどなたさん?教えてぷり〜ず。

72 :71:2000/11/10(金) 02:47
あ、俺はアマですんで・・・。
入賞したことは何度かあるけど、雑誌掲載はないです。

73 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/10(金) 02:48
>>70
だからプロになれなかったんだね

74 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/10(金) 02:49
>1
10話費やしてもって、どこのアニメよ?
秋番は、まだそこまで行ってないだろ?

75 :72:2000/11/10(金) 02:50
↑ あう、番号間違えた。71じゃなくて72

76 :72:2000/11/10(金) 02:51
>73
いや、これはマジレスだが、ソーマやナデシコやリヴァイアスみたいな
設定だけの漫画書いてると、ぜっっっったいに人気出ずに打ち切り。

77 :深夜に思わずもらい泣き:2000/11/10(金) 02:53
なんか70が哀れ

78 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/10(金) 02:54
>>74
1は具体的な作品を書いてないから、誇張じゃないの?古い作品の
話題も上がってるし。

79 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/10(金) 02:56
>>72
設定だけのヴァカアニメが量産されてる現状をみれば、
あんまり関係無いことのようにも思われ。

80 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/10(金) 02:59
>>70、同感。
付け加えれば、あさりよしとおも同じ事言ってたな。
 実は、>>55の言ってる事って、「当たり」。
大事なのは、「設定」じゃないんだよ。
例えば、「幼馴染」だの「憧れの先輩」だのよりも“説得力”
があるのは、
「ヒロインが主人公を見てポッと頬を染める」なんだから。
 これは、ロボット物でも何でもそう。

>>78、「誇張」っつーか、単に「アンケートスレ」なのでは?

81 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/10(金) 03:03
>>79、いや、現状は、業界の甘えというか、
コネつながりの結果だと思う、俺は。

82 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/10(金) 03:06
>>81
かと言って、それ見て騒いでるファンもいるんじゃなぁ
本当に売れなければ、本当は数も減るだろうし。ハァ。鬱だ。

83 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/10(金) 03:07
作ってる方にも問題はあるが、買う方にも問題はあると思われ

84 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/10(金) 03:14
前の方で、士郎正宗がでてたけど、あの人の初期のころなんか前日読んだ
本のウンチクをその場で漫画の欄外に書きこんでるみたいで、この人馬鹿
じゃないかなんて思ったよ。あれって、設定の内かな。

85 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/10(金) 03:18
士郎正宗は究極のオナニー漫画家だね。

86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/10(金) 03:23
オナニー漫画家、略してオナマン

87 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/10(金) 03:25
>83
何か問題(困ること)あるの?

88 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/10(金) 03:27
>87
プ

89 :>88:2000/11/10(金) 03:28
藁坊はCG板へ逝ってよし。

90 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/10(金) 03:33
>89
カーグラフィック?

91 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/10(金) 03:38
何だか最近子供向けアニメが面白いと感じるけど、設定を難しく
出来ない分、ドラマ性で視聴者を楽しませようとしてるからだろうね。
設定にこだわったアニメだと一話見逃すとついていけなくなるよ。
まあ見逃したらどうでも良くなって二度と見なくなる作品が
殆どだけどな。


92 :ほとり:2000/11/10(金) 03:44
>91
 然り!

93 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/10(金) 03:48
>>91
同意。でも、アニメ作ってる奴らは当然プロなんだから、自分の好きな
作品ばっかり手がけてるわけじゃないだろ?子供向けの作品とかで、腕を
磨く機会は無いのかね?
それとも萌えアニメで腕を磨いて、子供向けを作るのか?

94 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/10(金) 03:50
ガンダム(旧作)とカウボーイビバップ以外の
原作なしアニメは全部ダメじゃ!

95 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/10(金) 03:54
ビバップは確かにストーリーも設定もしっかりしてたけど、いかんせん
一般向けじゃなかった(涙


96 :ほとり:2000/11/10(金) 03:59
 ビバップはストーリー(ムラはあるけど)も設定もしっかりしていて「ウケた」作品だと
自分は認識してるんですが、あれ人気なかったんですか?

97 :>93:2000/11/10(金) 04:01
>それとも萌えアニメで腕を磨いて、子供向けを作るのか
その結果出来るのが「天使になるもん」をはじめとする
精神年齢お子様向けアニメです。

98 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/10(金) 04:08
>97
ワラタ

99 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/10(金) 10:26
ビバップは良かった。でも、周囲は誰も知らなかった。

100 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/10(金) 10:40
設定ヲタタなアニメはなんかやだよな
オナニーというよりはガキの頃のごっこ遊びみたいなもんでさ

キャラ同士のドラマを見せろやドラマを



101 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/10(金) 14:02
エーアガイツも設定だけはしっかりしてたな…

102 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/10(金) 17:30
>>93

規制だらけの子供向けアニメで善戦して評価されながら
規制を嫌ってWOWOWに流れて
結局制作者としての底の浅さを露呈するのが最近のアニメ業界の流行り、
でももっと人間として底の浅いアニオタは評価してくれるから安心だね!

ほらスタッフが格好いいと思った物をかき集めただけのビパップを
実写映画とか殆ど見ないボクちゃん達は
良かったて言ってくれるし。

103 :遅レスだが:2000/11/10(金) 17:41
30は設定は監督が決めるものだっていうことを
さも全ての作品に当てはまるように言ってるけど信じちゃいけません。



104 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/11(土) 00:37
ガレージキットなんかのオリキャラに、やたら長ったらしい設定がついてる
のがあるな。良く解らんのは、設定の方が物語より作るのが簡単って事だ。
世界観組み立てる方が、難しいと思うが?

105 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/11(土) 00:42

まりめら? 投稿者:ミハル  投稿日:11月10日(金) 23時38分58秒 削除

おいらの友達もはまってるさしーっス[わーい]っつーか『まりめら』ってなんの略なんだい
?おいらはさくらちゃんにもえもえ[〜][ハートたち][ハートたち][ハートたち][ハートたち][ハートたち][ハートたち][ハートたち][ハートたち][ハートたち][ハートたち]今日のまりめら観た人います? 投稿者:都月  投稿日:11月10日(金) 21時58分15秒 削除

温泉シーンの内容ってどうでした[ハートたち]WOWOWだとやっぱり[りんりん]乳首アリで
すか[黒ハート][でじこ][でじこ][きらきら]


106 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/11(土) 00:43
古い話だが、モスピーダは色々と介入されちゃってけど
元の設定はかなり期待させられるものがあったんだよなー。

107 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/11(土) 00:48
>>106
モスピーダといえば、俺の中では(旧)バイファムと並ぶ失速アニメだ。

108 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/11(土) 00:54
>107
だから、設定でだまされちゃだめなんだって。設定だけ読んで、友達に
面白そうだと薦めたものの、くそだった時の気まずさといったら・・・。

109 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/11(土) 02:37
世界だけ作って放置する無責任な神様が業界内に多すぎる。

110 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/11(土) 02:43
モスピーダは作画さえ何とかなればそれなりの作品だったと思う……

111 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/11(土) 03:21
>>1
おいおい,世界観や設定はストーリーの添え物じゃないぞ.
俺に言わせれば,ストーリーの方が,世界観や設定にのっかってるんだよ.

112 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/11(土) 04:13
>>111
だから、そのバランスの悪さをみんなして愚痴ってるんだよ。ストーリーが
空のダンボール箱程度なのに、それを乗せるのが10トントラックでどうするよ。

10トントラック並の設定書いたら、それに見合ったストーリーを作れって
言ってるんだよ。

113 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/11(土) 04:25
>>111
劇作はストーリーが無いと始まらない。世界や設定も結構だが、話数が
少ないのに本編と関係無い裏設定の解説に丸一話も費やして、なにが
ありがたいんだか。必要の無い設定は、存在するにしても黙ってやり
過ごせばよかったのだ。リヴァイ○ス。

114 :111:2000/11/11(土) 04:39
>>112
そうなんだ.バランスが悪いから怒ってたとはしらなかった.
俺はストーリーが悪いからこそ怒ってたんであって,設定は関
係ないと思ってたけど.設定がすかすかなら,ストーリーがす
かすかでも構わないのだな.


>>113
ストーリーがないと始まらないとは思わないな.考え方の違い
だろうけど,俺は世界観からストーリーが浮かび上がってくる
と思ってるんだよ.最初に世界があり,世界の中で生きている
人々がいて,人々が触れあう事からドラマがうまれるんじゃな
いかと,そう思うんだけどね.

115 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/11(土) 04:41
∀ガンダム
皆殺し理論はでないし、シャワーシーンはセミ。
衰えたな富野ジジイも。

116 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/11(土) 04:44
>>115
歳とると、やさしくなるのさ・・・・

117 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/11(土) 04:54
>>114
そりゃ、そう言うのが理想だけど、現実には浮かんでこないし、
ドラマも生まれてない。さては、111はリヴァファンだな。

118 :>117:2000/11/11(土) 04:56
例を出してよ。これこそ設定から生まれた、名ストーリーだってアニメ。

119 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/11(土) 04:58
>>118
ドラえもんの大半は、ひみつ道具の設定が先にありき、ではなかろうか。

120 :>114:2000/11/11(土) 05:04
いくら金かけるつもりだ。どっかの王様が作るんならそうだろうよ。
別に角川春樹でもいいけどな。

じゃなきゃ純文学だ、田山花袋とかな。為に成るかもしれんが
娯楽にはならん。

持込でも企画書でも出してみな。煮詰めろって言われるから。

>119
ドラえもんじゃなくて?!
制作側としてはそうだと思うけど「オーバーテクノロジーを扱える居候」
が先だと思う。

121 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/11(土) 05:09
北朝鮮アニメ
金正日将軍ばんざーい!!

122 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/11(土) 05:14
>>121
それはちがうぞ。北朝鮮アニメは物語と関係無く、大団円を迎えたあとで、
「これも大将軍様のおかげだね(はぁと)」といいそえればそれで良いのだ。

123 :名無しちん:2000/11/11(土) 05:38
∀は設定を生かし切れていなかったのは確か。
わらわらとガシャポン状態にした方がよかった。

124 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/11(土) 06:29
SFアニメはいまや完全に進化の袋小路に入りこんでいる。
ここは原点に回帰し、正しい方向に進みなおすべき。
ガンダム、ヤマト、999を思い出せ。

125 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/11(土) 06:32
>>124
下手すると「今どきこれか?」とか言われそうだ。

126 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/11(土) 07:07
>124
でも、それをやったら「パクリ」って言われる可能性があるん
じゃない?「リヴァイアス」なんて複雑な設定を除いたら間違いなく
「バイファム」のパクリだって言われちゃうよ。他の作品との類似性を
回避しようとして設定を難しくせざるを得ないというのであれば
ある意味気の毒だけどね。


127 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/11(土) 07:15
ここで業界人らしき人間のカキコ見たり、
いろんな状況を見てると、最大の問題点は、
企画を通す、局とか制作代理店にあるような気もする。
それだけじゃ無いだろうけど。

128 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/11(土) 07:18
アニメの場合、漫画や小説と違って受け手が見るスピードを
決められないからストーリーや設定を複雑にするのは不向き
なんだよね。だから内容を単純にして演出で盛り上げていくのが
ベストなんだけど・・


129 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/11(土) 07:23
アニメに限らず、差別化のために、複雑化、というか、
過度なアレンジを加える方向にはあると思う。
企画書を出す時にも、「×××とどこが違うの?」とか言われるだろうし。

130 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/11(土) 07:24
上の追加。
ゲームとか見てれば、特にそんな感じがする。
だからこそ、時にシンプルな大傑作が生まれたりすんだけど。

131 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/11(土) 07:27
エヴァのヒットはそれだけじゃないのに
「難解な設定はヲタを惹きつける」って
当時のスポンサーが考えたんだろな。
ヒット作から受ける要素をパクるのはスポンサーとしては正解だけど
こればっかしはちゃんと実態を掴んでないと。

で、未だにそこらへんから抜け出せないのがサンライズの上辺りに
まだいるんだよなぁ。

132 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/11(土) 07:31
>131
サンライズの上、イコール、バンダイの上、かね?

133 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/11(土) 07:33
>>131
エヴァって、実は改めて見るとシンプルな話なのに、
一部の盛り上がり方もマズかったね。
設定の方にばっか目が行ったり、それ系の解説本とか出たり。

134 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/11(土) 07:38
>>131
難解な設定っつーより、謎が多かったんだよな

135 :134:2000/11/11(土) 07:40
スマン、>>133にだ。↑

136 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/11(土) 08:56
>>111>>114、「世界観」もう少し わかりやすく
言うと「コンセプト」とか「作品テーマ」ね。
 言いたい事は わかるけど、
よっぽどの才能の持ち主じゃない限り、
それやって出来あがるのは、
「作者だけが楽しいオナニー」だよ。

>>126、複雑な設定を除かなくても、間違いなく
「イデオン」のパクリだ(笑)「リヴァイアス」は。
(赤ん坊状態の生きてる宇宙船が、乗り込んだ少年少女たちの
 感情に触れていくうちに…そのまんまや!)

>>133、「少年が、いきなりロボットに乗せられて戦いに…」
という、ガンダム以前に、マジンガーからずーっと続いてる
パターンを再現してるだけなんだよね、本当は。

137 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/11(土) 09:07
つーか、ことアニメや漫画に関しては、まずキャラを立てることから
始めなければならないと思うがどうか。

138 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/11(土) 09:22
>>137
アニメ、漫画に限らず、だな。

設定や世界観云々よりもキャラがその作品の中で
どういう生き方をするのか、見せるのかってのは大事だと思う。

って言うとリヴァイアスなんかは結構よくできてたということになるな。
うーん


139 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/11(土) 09:29
>137
 いやあ、「リヴァ」の場合、わざわざ舞台を
宇宙船の中にする必要があったかどうか、
それがそもそも問題な気もするが。

140 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/11(土) 09:38
>139
ああ、なるほどね。
でも宇宙船にしなきゃなんにするよ?
孤立無援って状態を視聴者に心理的に理解させようとした時
これほど良い手はないと思うがな。

その辺に突っ込み入れるかどうかで決まるようだな…

141 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/11(土) 09:44
>その辺に突っ込み入れるかどうかで決まるようだな…
蛇足だな(プ



142 :無限に広がる大名無し:2000/11/11(土) 10:14
>140
 絶海の孤島でも修学旅行に行く船でも寄宿舎でも。
 極端な話学校自体が一種の閉鎖環境だからね、今は。

 逆に言うと折角宇宙に飛び出している割に
 その空間の広がりみたいなものが全然出てこないんだ
 「リヴァ」には。

143 :名無しさん@LV4:2000/11/11(土) 10:18
エルガイムなんてどうかな?
サンライズ話でがいしゅつっぽいけど

144 :名無しさん:2000/11/11(土) 10:28
設定というか、構想ばかり膨らんで実現しないアニメもありますよ
ジャイアントロボとか。

145 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/11(土) 10:31
>>142
 リヴァの場合はもっと「狭さ」を表現すべきだったと思う。
 あんな暮らし易そうな宇宙船では何の緊迫感も出ないだろう
に(もっとも生徒達が愚民化していく状況に説得力を与えるに
は暮らし易い環境でないとだめなのだが)。


146 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/11(土) 10:39
>>144
あんまし指摘されないけどCG版ビーストウォーズもね。

147 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/11(土) 11:34
>137
>つーか、ことアニメや漫画に関しては、まずキャラを立てることから
>始めなければならないと思うがどうか。

作品次第だろう。キャラが立ちすぎると、観てる方が物語を味わえない
こともよくある。

148 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/11(土) 11:42
>>57
>例えば、「ナデシコ(TV)」は どー見ても
>佐藤竜雄作品じゃなく、會川作品だったし、
>「ウテナ(TV)」は どー見ても幾原作品ではなく、
>榎戸作品だったけど?

あまりレスついてなかったけど、みんなこれを無視したの? 同感なの?
俺はため息ついたけど。

149 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/11(土) 12:02
そういえば、アニバスターもメカの設定だけは凄くこってたような気が・・・。
(内部のフレームとか)

150 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/11(土) 12:21
148さん、そいつはあまりにバカなんで皆放置プレイ

151 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/11(土) 12:36

その設定があったからこそあの話になった!
とかいうアニメはないんかい

152 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/11(土) 12:43
>>151
「ガンダム」のモビルスーツとスペースコロニー世界。
「イデオン」のイデと地球人類VSバッフクラン。

とか言ってほしいの?
最近のは、複合ネタが多いんで一言では言いづらそう。

153 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/11(土) 13:00
エバはキャラ立てをちゃんとやってたよ。
1〜4話のシンジ。5、6のレイ。8、9のアスカ。

リバはそこがない。まあ、第1話で何十人もメインキャラが登場しては
そんな余裕はないだろうが。たぶん、ここが失敗の理由。

ビバップの設定。全然おもしろくないよ。
べつにSFでなくても出来たんじゃない?

154 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/11(土) 13:12
>152
ベルサイユの薔薇とかだろ

155 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/11(土) 13:23
>153
でもビバップはSF要素を生かした回があったことも事実だ。
70年前のビデオが送られてくるなんて、SF以外では出来まい。

156 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/11(土) 13:31
>155
でも、それはあの状態の太陽系世界じゃなくても、舞台が近未来ならば
可能だったエピソードだよね。
WOWOW版見てないんだけど、テレ東版見てる限りでは、
あの世界設定をうまく活かしてるストーリーは「宇宙のトラックおばさん」バナシ
くらいしかなかったような。

157 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/11(土) 13:31
>>151
ドラえもんの各エピソードは、ひみつ道具のSF設定があってこそ。
キテレツ大百科の各エピソードは、(以下略)。

158 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/11(土) 13:35
>>153
別にリヴァイアス肯定派ではないけれど、あのアニメ、キャラ立てには
成功してるんじゃないの。ファンの様子見ても。

159 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/11(土) 14:03
ガオガイガーも設定負けしてると思う……

160 :寄せ集めの名無しさん:2000/11/11(土) 14:12
153に同意:
 美ばっぷは考証とか作画とかは確かに凄い。エアロックの描写など
これまでのアニメになかったくらいきちんとしている。
 しかしそれを使って描かれる物語が
「病気の妹を救うために組織を裏切ったチンピラが虫けら
みたいに殺される」
とか
「元刑事の賞金稼ぎが賞金首を追っていったら昔の女が
そいつの情婦になっていた」
とか、さんざん使い古されたようなお話ばかりでは
しおしおのパー。



161 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/11(土) 14:13
>>151
ポケモンの各エピソードは、ポケモンの設定があってこそ。
デジモンの各エピソードは、(以下略)
モンコレナイトの(以下略)

162 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/11(土) 14:13
>159
肩の新幹線をどうあの設定で説明すればいい

163 :ファイナル名無しさん承認!!!:2000/11/11(土) 14:16
>159
 元々ガイの物語とマモルの物語と二兎を追いかけた時点で
物語の骨格自体が破綻しているんだから
それをいくら設定とか科学考証でデコレーションしても
ちっとも盛り上がらないんだよ>「ガオガイガー」

164 :ファイナル名無しさん承認!!!:2000/11/11(土) 14:20
>156
 「カウビ」で比較的SF話として成立していたのは
エドの絡む二編「ジャミン・ウィズ・エド」と「ボヘミアン・ラプソディ」
だけだったように思う。
他の大人キャラメインの話は、いつも結局妙な人情話の方に流れていって
肝心のSF設定がちっとも生きていなかった。

165 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/11(土) 14:23
俺も、カウビの作品そのものの出来は良いだけに、
ルパンみたく、普通の(舞台の)話にした方がいいように思った。
その方が、一般客も呼び込み易かったろうし。

166 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/11(土) 14:52
ところで,ルパンって,アルセーヌ・ルパンの孫だと言う
設定は生かしきれてないように思うんだが


167 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/11(土) 15:16
>>166
最初のTVでは、「どっちが勝つか三代目」とか、
ルパン2世の作ったルパン帝国の話とか、けっこう出てたぞ。

168 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/11(土) 15:58
>>142
リヴァは、その前にSFと言う前提があったから、あれはあれでよかったのでは。
リヴァを全肯定するわけではないが。

169 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/11(土) 16:25
最近のアニヲタは、SF入ると駄目みたいだな。とほほ。
問答無用の魔法でないと。

170 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/11(土) 16:26
俺、リヴァは途中で辛くなって見てないんだけど結局どうなったの?

171 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/11(土) 16:29
>170
最後は全員でバイストンウェルに帰ったよ。

172 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/11(土) 16:43
>170
途中で、船内一を決める格闘トーナメントが始まって、格闘モノになったよ。
優勝はヘイガーで、ラスボスのネーヤと戦った。

173 : :2000/11/11(土) 17:07
>169
 SFがらみには兎角一家言ある兄オタが多いので、
うかつな設定の使い方をするとすぐに突っ込みが入るのだろう。
 

174 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/11(土) 17:11
あまり真面目に考えると、巨大人型兵器が消えてしまうのにね。

175 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/11(土) 17:12
巨大人型兵器なんぞ消えても痛くも痒くも無いが。
と言うか、消えろ。

176 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/11(土) 17:54
>>173
「ガオガイガー」みたいなのは、少々アラがあっても気にならないけど
「ビバップ」や「リヴァイアス」みたいに、シリアスドラマ調に展開してる中で
ポカやられると、ガックリくるってところはあるかな。

177 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/11(土) 17:58
リヴァの場合、無意味な設定というのはゲトルトの海とか、バイタルガーダー
とかだろう。ああ言うのは、ノベル向きの設定だ。
どういうものかをいちいち説明するには、アニメは不向きだし、説明が十分
ではないのに、ストーリーに絡めたから何の事か解らなくなってしまった。

そういう小道具にアイデンティティを求めたところが失敗。思い切ってばっ
さり切れば、ドラマ的には面白かったのに。

178 :名無しちん:2000/11/11(土) 17:59
エルガイムも妙な設定が多かったなぁ…。
ブラッドテンプルの頭部って何?
いつそんなの拾ってきたの?

179 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/11(土) 18:00
>>153
リバは1話丸々使ってのキャラ立てはなかったけど、毎回ならべく多くのキャラを
継続的に出すことでそれをやってたと思う。
名前までは覚えてないけど、かなりの端役までどんなキャラだったのか言えるぜ、
俺は。
その辺で>>158と同意見だわ
さすがに脚本で売ってたアニメだから、キャラの説明不足とかは全く
なかったと思うぞ。ただどんなキャラにどんな台詞をしゃべらせてたか
までは印象にないが。


180 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/11(土) 18:06
ストーリー性を求めるならやっぱ小説とかの方が面白いのかなぁ。

アニメの面白さはやっぱ映像とか絵の面白さ、演出なんかが
かなりの部分を担ってるように思う。
俺は設定なんかは二の次でいい(笑)
だからブレンパワードとかが好きなのさ(謎

181 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/11(土) 18:12
メタンハイドレートは、爆発しないぞ(藁。
船が沈むだけ。

182 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/11(土) 18:36
前にも書いたけど、エヴァは設定が無くて失敗した例じゃないか?
ちゃんとした裏設定が無いくせに、さも奥深い話がありそうに
謎をばら撒いて、実は何も無かった。


183 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/11(土) 18:44
>>180
ストーリーを楽しむなら、やっぱり映像メディアだよ。設定とか世界観なら、
小説だな。昔、レッドオクトーバーを追えっていう映画を見て、あとで小説を
読んだら、いろいろ納得できて面白かった。

184 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/11(土) 19:15
「カウビ」はSFなんだけど物語が深夜にやってた海外ドラマみたいなのが、俺は
好きだったけど、作り的にはそうゆうの狙ってないかい、設定自体は普通のSFで
目新しい事は無いと思うしどうとゆうことはないでしょ
ちなみに「リヴァ」は途中で飽きた

185 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/11(土) 20:40
ビバップのSF設定って評価されてるの?
これって2050年から2100年くらいの年代だよね。
この期間で火星どころかガニメデまで地球環境にしてて
無茶苦茶だと思ったんだけど。
SFとメカは分けてほしいなぁ。

186 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/11(土) 20:41
>185
とりあえず、忍者戦士飛影並のSF設定ではある。

187 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/11(土) 21:51
設定で視聴者をうならせるのではなく、「ストーリーテリング」「アイデア」
でうならせるホンモノの脚本家はいないのか? この世には。
設定「だけ」ならそこいらの科学・軍事・SFオタクでも作れるさ。


188 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/11(土) 22:28
リバの設定も相当ヘコいとこがあると思うがな。
とりあえず「イリジウム」で萎えた。
潰れた衛星電話がなんで未来で使われてるんだよ(w

189 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/11(土) 23:01
>187
前者が星山博之、金巻兼一
後者が野崎透

190 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/11(土) 23:12
>189
無知ですまん。その人たちの代表作教えて。

191 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/11(土) 23:28
あほばっかりだ

192 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/11(土) 23:30
あほばっかりだ

193 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/11(土) 23:33
あほばっかりだ

194 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/11(土) 23:35
>>190
http://www.goo.ne.jp/
ここいって、189で上がってる名前で検索してみ。

195 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/11(土) 23:40
星山博之・・・「ガンダム」「ダグラム」「サイバーフォーミュラ」
    最近では「ターンA」「レッツ&ゴー」
金巻兼一・・・「ガルキーバ」「セイバーマリオネットJtoX」
野崎透・・・「ガサラキ」(脚本)「ベターマン」や「リヴァイアス」
    にも設定で関わっている。
     

196 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/11(土) 23:45
上の二人は評価が分かれようが、野崎透っていうのは、設定倒れに異存無しだな。

197 :名無しさん:2000/11/11(土) 23:50
>190−194
心が狭いな。

198 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/11(土) 23:57
巨匠に破門された人?>野崎

199 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/11(土) 23:58
巨匠て誰よ

200 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/12(日) 00:10
野崎は元ニュータイプ編集長

201 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/12(日) 00:12
野崎は、設定&プロットを「物語」にする勉強してほしい。

202 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/12(日) 00:15
なーんだ。この野崎って人が氏ねば、アニメ界は平和になるじゃん。
俺が考えてた設定倒れのアニメって195に書いてある奴ばっかり。

203 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/12(日) 00:16
野崎に関しては,選んだ高橋の責任だと思うがいかがか
巨匠は宮崎じゃないの? 破門かどうか知らないけど


204 :ああっ名無しさまっ:2000/11/12(日) 01:08
ここもまた脚本家叩きスレッドになったか。(^^;

205 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/12(日) 02:41
設定なんかなくても面白いアニメは作れるって事だろ?

206 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/12(日) 02:47
良いキャラデザと、そして、パンツさえあれば、な。

207 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/12(日) 02:48
パンツもかよ!

208 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/12(日) 03:00
それはアレクサンダー戦記のことをいってるんだね。わけのわからん
文明を作る前に、ちゃんとしたパンツを発明しなさいってね。

209 :パンティーラ・オパーイ:2000/11/12(日) 03:05
設定はあくまで味付け。素材を彩るためのもの。
スパイスだけでは料理はまずい。駄目のだめだめだ。
ついでに露骨なパンチラも駄目!

210 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/12(日) 03:12
209はドラえもんでも観て、設定の重要性を考えなおしてくれたまい。

211 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/12(日) 03:17
>>205
つーか、商売で作品一本あげろって言われたら、まず、友情の話とか、
ロマンスだとかストーリーの骨を考えて、次に舞台が宇宙だの古代だの
といけばいいのだ。
それなのにアマの1発屋みたいに、こんな世界のあんな話を書きたいって
ところから出発するから作品が持たない。
そう言うわがままが言いたかったら、アマのままでいるか巨匠になれ。

212 :>209:2000/11/12(日) 03:25
前の方で、ドラえもんをよいしょしてた奴だな。勘違いするな。
設定は必要だ。ドラえもんは、設定のおかげで話が続いてる。
だが、連載前から1000を越えると言う数の道具をすべて用意してた
わけじゃないだろ。
話数が限られてるアニメなら、その枠に収まるように世界観も
構築すべきだ。ストーリーそっちのけで、理解不能の解説を
むりやり見せられる視聴者はいい迷惑だ。

213 :パンティーラ・オパーイ:2000/11/12(日) 03:26
>210
ドラえもんは子供向き作品として製作されてます。
逆にドラえもんを見て設定の必要なさを感じませんか?
設定の破綻なぞ気にせず、子供・視聴者へのアプローチ重視。

調味料は素材に必要な分だけでいいですよ。

214 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/12(日) 03:31
>>213
同意。ドラえもんは、素材のシンプルさが効いている。後、やっぱり原作者が
優れていた。ほかにも、発明系の漫画やアニメはいっぱいあったが、どれも、
初期の設定を放棄していた。
Dr.スランプやたるるーと君がいったいいくつの発明や道具を出したと言うのだ?

215 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/12(日) 03:31
秘境探検ファム&イーリーはキャラだけだけど
ファムが萌えたから別にいいや〜〜
続編作れマンコ

216 :パンティーラ・オパーイ:2000/11/12(日) 03:35
>212
ドラえもんヨイショなどしてませんよ。209で、このスレに初参加。

ドラえもんは、設定のおかげで話が続いてるとは思えませんよ。
行き当たりばったりで、必要な分だけを付けて足していっている
にすぎないと思います。




217 :212:2000/11/12(日) 03:38
>>216
まちがい>209ぢゃなくて>210

218 :パンティーラ・オパーイ:2000/11/12(日) 03:39
>216付け足し
だからこそドラえもんは、すばらしいといえます。
設定での自己満足は皆無。子供のためにつくられています。

219 :212:2000/11/12(日) 03:44
>111−119辺りのレスかな?設定重視クンの意見。
同一人物とは限らないけどね。

220 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/12(日) 03:46
さすがにこんな時間までネットに繋いでる訳がないとおもうけどそれはさておき、
ドラえもん等、発明系のは、珍発明の設定が最初にあるのでわ。

221 :パンティーラ・オパーイ:2000/11/12(日) 04:05
>220
スパイスとしての設定は不可欠ですよ。
味..と言うか作品を形にするために設定がまるで無い作品はないでしょう。
素材だけでは文学的なものになりますから。(それはそれで良いが)
言いたいことは設定が必要か必要でないかという極論ではなくて
素材..作品に合った量の設定がちょうど良いということです。

先にスパイスだけ大量に準備して、それに合った素材を後から
急いで継ぎ足せば、料理として完成を見るのは至難の技でしょう。
素材に僅かなパンティーラも不可欠。

222 :パンティーラ・オパーイ:2000/11/12(日) 04:09
いかん、通りすがりでレスいれたから場の空気を読めてなかったかも...
混合させたとしたら、スマヌ。

223 :>221:2000/11/12(日) 04:12
秘密道具のアイデアを準備して、それに見合ったエピソードを後から
継ぎ足して作っているのでわ>ドラ

224 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/12(日) 04:25
くるみで吸う〜〜〜〜〜

225 :パンティーラ・オパーイ:2000/11/12(日) 04:32
エピソード>アイテム製作の場合もあれば
アイテムから>エピソード製作の場合もあるでしょう。

ドラの場合は積み重ねがありますから(重複したエピソードも多い)
スパイスを前もって用意しても、後の素材の量はわかっているでしょう。
手慣れた職人芸みたいなものだと思いますよ。

積み重ねの無い新作なんかで設定先行で製作すれば
安定した作品の完成は至難の技。
新しい作品を生み出すつもりなら、まず全体を見ないと...

なんか、深夜に長文...暇だな俺。(しかも書いてることがてきとー)
ついでに荒らすか・・・
オパーイ・オパーイ・オパーイ・オパーイ・オパーイ・オパーイ・
オパーイ・オパーイ・オパーイ・オパ.....飽きた。

226 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/12(日) 04:35
ドラは成功例なんだから、ここで語っても無意味だと思ふ。

227 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/12(日) 16:40
監督脚本ってパターンも多いから、やっぱり脚本家も責めを負うべきだ。
リヴァがどうかはしらんが。

228 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/12(日) 16:59
料理のたとえ話をするだけで、何かを説明した気分に浸る痛い厨房は、
エバンガリオンがブームだった頃に大量発生した。
もう、うんざりだ。

229 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/12(日) 17:00
絶対に止めて欲しいのは不可解な造語のオンパレードってやつな。
野崎透が嫌われる最大の理由がこれ。既存の単語を使えよな。


230 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/12(日) 17:02
なんていうかさ比較してるのがさドラえもんとその他糞設定アニメじゃあ
話がこじれるのは目に見えてるからやめないか?
じゃなきゃどっちかに話を一本化しようぜ

231 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/12(日) 17:26
設定を片端から無視して暴走したはれぶたの話もしてやってくれ。

232 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/12(日) 18:03
はれぶたに設定なんてあったっけ?
面白いのは同意するけど

233 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/12(日) 19:16
子供向けアニメには、視聴者に対する思いやりがあるよな。その点、野崎に
代表される一群の作品は、やっぱり自己完結のオナニーアニメだな。

234 :「耳をすませば」に名前があったな:2000/11/12(日) 20:22
野崎透を嫌ってるのって、アニメ板に何人いるんだろう。一人だったりして。

野崎がメインライターだった「ガサラキ」はともかく
「ベターマン」「リヴァイアス」の失敗の原因は、別に設定のせいじゃあないだろう。
(どの設定を誰がつくったか知らないけど)

>>177 で無意味といわれてた「ゲトルトの海」なんかは、
・アニメとしての視覚的なインパクト
・外部との通信の困難さが密閉状況を産み出す
・人類にとってまだ未知の領域なのでストーリー展開上、言い訳のネタになる
といった点でいい設定だったと思う。

235 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/12(日) 20:49
擁護するほどの人間じゃねえって>野崎透

236 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/12(日) 20:57
前のスレも野崎叩きから始まったけど同一人物か?
例のコンペに負けたボンクラだろ

237 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/12(日) 20:58
私怨ちゃんカッコワル
プププ

238 :235:2000/11/12(日) 21:01
悪いな、別人だよ。ガサラキがクソだからって野崎に恨み持っても
しょうがねえだろ。それより例のコンペって何?


239 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/12(日) 22:29
野崎の関わった作品がこうも連続して同じようなはずし方をしていれば
能力に疑問を持たれても仕方ないと思うんだが。氏に関してはあちこちの
アニメサイトで叩かれているから反野崎派も決して少数ではないだろう。



240 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/12(日) 22:43
>>239
>こうも連続して同じようなはずし方をしていれば

過去の三作品、同じようなハズし方かなあ?
それぞれ違うハズし方で、設定よりは監督・脚本(「ガサラキ」は本人だけど)
に問題ありに見えたがな。
なんにしろ、「リヴァイアス」の細かい設定見ると宇宙モノは苦手そう。
「ソーマ」がんばってね>野崎氏

241 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/12(日) 22:45
3作品別のハズシ方できるなんて器用だな(w

242 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/12(日) 23:32
野崎の写真見せろ

243 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/12(日) 23:42
設定が設定を作って何が悪いんだい?
なんで設定のせいにするかね

設定を取捨選択するのは監督や脚本だろ

244 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/12(日) 23:52
リヴァイアスといえばニュートリノバーストですねぇ(わら

245 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/12(日) 23:56
今あがってる作品は、よほど入れ込んで見れば傑作だろう。でも、
世間の人はアニヲタばかりじゃないって事さ。TVでやるなら、楽しめる
作品を作れっての。
俺、野崎なんて人、このスレ読んで初めて知ったけど、作品リスト見たら
いい訳はできないな。

246 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/12(日) 23:59
「謎」と「説明不足」の違いが分かるまで作品作るな>野崎

247 :厨房長パンティーラ・オパーイ:2000/11/13(月) 00:04
>228
厨房料理は食傷気味ですか。それは失礼しました。
なら、厨房以上の意見とされている脚本家叩きの中傷論に華をさかせましょう。
(確かにスレの主旨からずれていました。)

謎設定狂いの製作者は、推理モノの脚本を勉強したほうがいいだろうと思うっす。
視聴者に印象深く、謎や小物を少しずつ出すという展開は
秘密めいた設定で惹こうとする脚本にはいいと思います。
推理モノにはご都合主義でいいかげんな展開が多いのですが
野崎さんの脚本には、それすら無い。

あと、ドラを出したりする「比較論」に意義はあると思いますが
子供騙しの範囲ですむアニメと中高生を対象にしたアニメは
分けて考えないといけないのも確かですね。


248 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/13(月) 00:41
まさかドラえもんを「子供だまし」っていうんじゃないだろうな


249 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/13(月) 00:45
「子供だまし」と「子供向け」は、まったく違うぞ。わかるか?

250 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/13(月) 00:46
>>247
いいからチミはハァハァしててくれ。

251 :パンティーラ・オパーイ :2000/11/13(月) 00:51
またドラ話になってもアレなんですが。
「子供だまし」か「子供向け」かは受け手しだいですよ。


252 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/13(月) 01:05
クウガとかなら謎だらけ、設定難解過ぎ、特撮ヘボヘボでも
あんだけヒットするのに(自分も好きだし)
なーんでアニメだとすぐオナニーアニメ化してつまんなくなるのかな。

253 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/13(月) 01:08
>252
とにかく不気味で恐い怪人とそれを全力で倒してくれるクウガという
分かりやすい構造で話を作ってくれるから

254 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/13(月) 01:13
謎や解らない事が合っても面白い作品はある。最終話までのエヴァとか。
ストーリーが設定に負けるから糞になるのだ。エヴァ出すと荒れそうだな。

255 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/13(月) 02:40
わからない問題はおいといて分かるところから解けって
いうのはテストの時の基本だと思うんだが
どうして全体の完成度より一部の細かいことばかりこだわるんだろ
全体として良作なら細かいことなんてファンが勝手に考えてくれるよ


256 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/13(月) 03:22
つぅか、「面白い、つまらない」でいいだろ

257 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/13(月) 03:31
自分で構想練ってる時は、やっぱりストーリーより設定に行っちゃうね。
ストーリー考えてるときでも、いつのまにか登場ロボの兵装とかに思考が
流れていく。
そのわりに、いざ作品にすると設定されていない部分が大量に発見されて、
作画に支障をきたすのね。プロもおんなじじゃん。

258 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/13(月) 07:34
>228
よくわからんが料理に何か恨みでもあるのか?
他のスレッドでも同じ内容のカキコをして
参加者にたしなめられていたが。

259 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/13(月) 10:59
ガサラキもリヴァも最終話がヘタレ。設定がでかいくせに最後がショボイ。

ガサラキ
 なんか変な空間で問答しておわり。
前のほうで虚無とか恐怖とか言ってたのに全然恐くもなんともない。

リヴァ
 主人公は最後まで行動がしょぼい。投降して終。敵ボスも狂言回しに説得されて自殺。

ベターマソ
 ボス戦もまあまあだったけど、「生殖」とか大声で叫ぶのヤメれ。
これは野崎つーより※タニ全開だったと思う。解説が全てをぶち壊してたが/


260 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/13(月) 12:48
       ∧ ∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 〜′ ̄ ̄(・ω・)<   糞ガサラキと並べんな、カス!
  UU ̄ ̄ U U  \_____________




261 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/13(月) 12:57
このスレで叩かれてんのが半分以上サンライズ作品ってのが痛いねこりゃ。

262 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/13(月) 13:38
確かガガガもベターもリヴァもガサラキも、サンライズの、
同じスタジオだか、事業部だかで作ってんだよな

263 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/13(月) 15:56
ガガガ、ベター、まりんが7スタ。
ガサラキ、リヴァイアス、アルジェントソーマが9スタ。
んで、サンライズ第2制作事業部を構成してるのが、この二つのスタジオ。
野崎氏は現場レベルではけっこう嫌われてるんだけど、事業部長のお気に入りで、使われ続けてるらしい。
この事業部長、ソーマの脚本も野崎氏に書かせようとしてるとかしないとか・・・

264 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/13(月) 16:27
>261
とにもかくにも「すごい設定」と言える作品がサンライズに多い
ってだけだろ。

265 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/13(月) 17:12
どうせ使いこなせないような、壮大なSFっぽい設定をいくつも並べるヒマがあったら
萌えキャラの一人も出せ>サンライズ

とゆーことでよろしいか?

266 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/13(月) 17:41
なぜ未だにエルフを狩るモノたちがでてこないんだ?

267 :名無しさん@どーでもいいことだが。:2000/11/13(月) 17:43
最初はよかったが、だんだん「何じゃこりゃ」と化して
わけわからなくなった「ブレンパワード」

268 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/13(月) 17:46
>>266
そりゃまあ、あの設定自体がどう見てもネタだったからでしょう。

269 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/13(月) 18:01
エル狩るは狙いすぎ
問題外

270 :7・4・3・ダァーッ!:2000/11/13(月) 18:20
設定はオーケストラでいうベースのような縁の下の力持ちだから、
視聴者がこれを意識し出すとあまりよくないことに気付いたよ

271 :母を訪ねて名無しさん千里 :2000/11/13(月) 18:28
わざと避けているのかもしれないが、大張作品について誰も触れていないね。
「オーディアン」こそ、このスレの趣旨に最ものっとっていると思うが。
「リメイク」というコンセプト自体は、結構いいと思っていたのだげどね。
大張正巳は全部あんな感じなの?

272 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/13(月) 19:29
凝った「設定」の成功例はやっぱガンダムかね。
ガンヲタは設定だけでもう10年は遊んでるし。

273 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/13(月) 23:35
>>265
>どうせ使いこなせないような、壮大なSFっぽい設定をいくつも並べるヒマがあったら
>萌えキャラの一人も出せ>サンライズ
>とゆーことでよろしいか?

それでことごとく失敗してるのがサンライズだと思うが。
ヤオイガンダム以降の作品全部ね。 もちろん最高レベルがガサラキ。

274 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/13(月) 23:55
サンライズはどうして犬夜叉やニャンダーみたいのはちゃんとしてるんだろう…

275 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/13(月) 23:58
>273
大成功作がでてないのは確かだけど、どーしよーもない駄作もない
っていう印象だがな>サンライズ
事実シリアスSF路線(笑)なんとか続いてるしな。
(ソーマと映画ビバップがこけて終了になりそうな気もするけど)
ガサラキだって嫌いではないな。タダでTVで見てる分には。

276 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/14(火) 00:00
>274
原作ものとアニメオリジナルを同列におくなって

277 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/14(火) 00:02
壮大なタイムパラドクスの設定が破綻してるのが、ママ4(藁。

278 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/14(火) 00:03
ニャンダーは実際に制作してるのは別会社。
犬夜叉は原作つきだし>>274

279 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/14(火) 00:05
>>272
逆だろ.凝ってないから遊べるんじゃないの?

280 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/14(火) 00:09
……なんで原作つきだとだめなんだ?

281 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/14(火) 00:09
サンライズで原作物やらせるとまともな出来になるか怪作になるかどっちでしょ?
特にシティーハンターと味っ子を同時に作ってた頃なんか。

シティーハンター3は作画・シナリオ共に出来が良かったよね、
91以降がダメダメだったが・・・。

282 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/14(火) 00:17
∀ガンダムの設定とストーリーに関して、ガンダムファンからなにかないのかな?

283 :ガンヲタ:2000/11/14(火) 00:19
>282
笑うしか…


284 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/14(火) 00:23
>>279
凝ってたよ〜。
スペースコロニー、宇宙世紀、ミノフスキー粒子、ニュータイプ(藁。
スーパーロボの製造メーカーの名前やら型番やら凝り出した走りだろ。

285 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/14(火) 00:23
>>282
ガンダムとは別物としてみてました。
洗濯機白ヒゲ萌え〜。

286 :小室哲哉:2000/11/14(火) 00:25
>>281
シティーハンターをそこまで真剣に見てくれてありがとう

287 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/14(火) 00:32
 う〜ん、サンライズ・アニメが槍玉にあがっているが、ここ数年だと
アウトロー・スターと、ビッグ・オーは好きだったな。リヴァイアスも
ラストを除くと、非難されるほど悪くはなかったと思う。

 ガサラキの失敗は、設定ではなく、主題のまとめ方がヘボかっただけ
でしょう。ユウシロウなんか放っておいて、クーデター周辺にしぼり込め
ば、もう少し見られるものになったと思う。特殊部隊の仲間達が、どう
してクーデターに同意したのか、サッポリ分からなかったぞ、私は。
そもそもクーデターが成立したかどうかすら不明だった気がする。

288 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/14(火) 00:37
>>287
概ね同意。
しかしリヴァの場合、ただでさえ判りにくい設定を、
用語で、より判りにくくしてどうする、つー所が気になった。
ソーマは現状では判りやすい。
少なくとも、オペレーターが「何が言っているのか」は判る。
リヴァは、それが危機なのかどうかも判らんかった。

289 :ごめんね:2000/11/14(火) 00:44
ターンエー始める時に、ラジオで富野がしゃべっていた。
簡単に一部を取り出すと、
「TVアニメは特定の年代、指向の人だけに向けて
 作るわけにはいかない。・・・云々」
言っている事は、スポンサーにとっては正論なんだけど、
ファーストガンダムって、その反対の部分が
ウケたんじゃないの? と思った。
(エヴァを批判したかったのか?)
その結果が、あんな破綻したストーリーになった。
一般大衆向け、なんてもう通用しないよね。
ガンダム板でもないのに、スマソ。

290 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/14(火) 00:44
ガサラキ、こう書くと叩かれそうだが、
最初の3本くらいまでは、すごいアニメが始まった、
ということで期待して見てた。
しかし、海外派兵した辺りからヘロヘロになり、
特に後半は、もう笑うしかない、という展開のオンパレード。
確かに設定以前の問題だな。

291 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/14(火) 00:51
ガサラキの失敗の一つは、まんまエヴァなキャラデザだと思うぞ。
あのストーリーや設定に、まったくもって合わなかったと思うんだが。
6等身の頭デッカチじゃあなぁ。 ボトムズくらいにまでしろとは
言わないけど、もうちょっと作品世界に調和させてほしかったよ。

292 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/14(火) 00:53
売れ線狙いすぎなんだよ。最近のサンライズ…


293 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/14(火) 00:55
へんな売れ線狙ってもだめな事にそろそろきづけ

294 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/14(火) 01:10
すごい設定、でもストーリーはダメダメ・・・
って「もののけ姫」とか??

あ、これって言っちゃ逝けない事だったっけ!?

295 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/14(火) 01:14
>>289
エヴァの失敗は、富野に相当の自信を与える事になったと思われ。
>>291
と、いいつつ同じ会社でこういう間抜けな事をする企画人もおかしいと思われ。
>>290
いつも最初だけだと解りつつ、SFアニメに期待する自分も哀れと思われ。

296 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/14(火) 01:19
>>294
宮崎作品,ストーリーに感心した事はないなあ

297 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/14(火) 01:21
>293
どの作品も、そこそこに売れてるから、気付かないでしょう。

298 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/14(火) 02:21
>>296
宮崎作品は、物語でテーマや設定を語る事を放棄しとるな。登場人物が、
べらべらしゃべっちゃ、説教臭くてかなわん。ナウシカにも萌えた事が
あったが、あんな理屈っぽい女とは、とっくに別れたよ(藁

299 :> 290:2000/11/14(火) 11:18
 伝奇モノっぽいスタートと、旧家に支配された企業城下町でくり広げ
られる陰謀の臭い、まんま右翼のイデオロギー・リーダーと、確かに開始
時点は魅せられるものがあった。ユウシロウじゃなくて一清兄貴を主人公
にしちゃえば良かったんじゃないかな。造り手も、主体性のないユウシロウ
は、どう動かしていいのか最後まで分からなかったみたいだし。

 アニメとしては結構独自性のある舞台設定だったんだから、エヴァっぽい
部分は無い方が良かった気がする> ガサラキ

300 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/14(火) 11:41
「ガサラキ」というものの存在そのものを描かなければ「ガサラキ」
は名作になっていたかもしれない。

301 ::2000/11/14(火) 12:34
      ∧ ∧ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
〜′ ̄ ̄( ゚Д゚)<   駄作はなにしても駄作!
 UU ̄ ̄ U U  \_____________

302 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/15(水) 03:33
ガサラキはハードSFの振りをしてるが、要はロボットの動力源に
訳の解らんオカルトを導入したと言う事で、実はKEY THE METAL
IDOLと同じ話だったのだ。・・・だったらもったいぶるなって。

303 :>302:2000/11/15(水) 03:35
もったいぶらないと盛り上がらないジャン。どんな話でも。

304 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/15(水) 03:42
>303
どうでもいいが、もったいぶったまま終わったぞ。
お預けを食らった俺のティムポをどうしてくれるんだ?

305 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/15(水) 03:45
設定界(藁)の尽きぬ最大の悩みは、なぜこの話に巨大ロボットが
必要なのかという理屈をこねる事だと思う。

306 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/15(水) 16:12
とりあえずロボあり。でも、どう考えても兵器としては無用だから、
設定が増える。ミノフスキー粒子とか。もう発明するしかないかも。

307 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/15(水) 16:32
ガサラキはバンダイがスポンサーについていたので
必然性もなくメカを活躍させなければならなかったんだと思う
で、その制約があったために破綻したと見ているんだが
好意的すぎるか?

308 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/15(水) 16:33
で、アルジェントソーマはそんなにすごい設定とは思わないんだけど
70年代中期のSFはだいたいあのくらいの設定はあったと思う

309 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/15(水) 17:54
 ここまで読んできたんだけど、本来設定というのは作品のリアリティを補佐
する裏方に過ぎないと思うんだが。

 描写が不自然で説得力ないとか、舞台世界が説明不足でサッパリ分からん
と感じた時に設定の粗を非難するのは当然だと思うが、ビバップ批判のように
話の筋がSFでなくても良いからおかしい、なんてのは造り手以上に見る側が
設定を意識しすぎに感じる。
 スペース・オペラは大抵西部劇の舞台を移し替えた様なもんだし、宇宙
帝国ものもローマ帝国や中国の王朝の興亡史を下敷きにしているのだし。

310 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/15(水) 18:14
問題なのはさ、複雑な設定を視聴者に理解させようって努力が
足りないことなの。その辺がきちんと出来ていればそれなりの評価は
受けられと思うよ。作り手だけが分かったような顔で話を進めて
受け手に理解するよう努力しろなんて作品は酷評されて当然。


311 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/15(水) 18:28
分からない人は、何も無理して見なくても…。
VISITOR実況中継の時も思ったよ。

312 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/15(水) 18:33
>>307

ガサラキのメインスポンサーは、バンダイではなくバンダイビジュアルなので、それはない。

313 :奥さん、名無しです:2000/11/15(水) 19:23
>311
そういう考え方がオナニー作家どもを増長させるんよ。
310の言ってることが正しい。
こっちは娯楽として見てるのに、くだらんクソ設定を理解するのに頭使うのはウザイ。

314 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/15(水) 19:31
娯楽にならないものを、なにも無理して見なくても…。

315 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/15(水) 19:44
自分が見たくないものは、他人にも見せたくない、だから止めよ。
…エロ漫画規制派の心情に通じるものがありますな。

316 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/15(水) 22:45
>>312
番台ビジュアルとて結局はグループ企業なので、
ホビー事業部やベンダーの連中も口挟みます。
ですが逐一「ああせいこうせい」などとは横槍を入れることは少ないです。
単に、ロボット物なんだから適度に売れる物を頼む程度で、
それに対する注文を指して横槍というのなら、この世にスポンサーは居ません。

まあスポンサーの大部分(9割以上)もアホが多いので、作品とは関係無いところで拘ったり
意固地だったりすることも事実ですが、全ての責任をスポンサーに押し付けるのも、
製作者側の怠慢と言い訳が大部分ですね。

とは言え、出資側でも目利きが出来る連中は、
ガ○○キの設定が稚拙なエヴァの模倣だということを見ぬいてます。
「なんか知んないけどさー、ロボット物でエヴァの後釜狙ってごちゃごちゃしたアニメ
 作るらしいんだわ。説明受けてもよく分からないしな、俺アニメ見ないし。
 まあ駄目っしょ」
スポンサーの認識なんてこんなもん。

317 :>316:2000/11/15(水) 23:18
リアリティのない発言だなあ。
設定にベンダーが口挟むってなんだよそれ。

318 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/15(水) 23:19
設定がわかんないなら、わかんないで流してしまいますが
∀を面白いと言ってる人は設定なんか気にしてない様だし

319 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/16(木) 00:14
ガサラキは、最初らに「エヴァみたいなのを作れ!」って要請で
全てが始まったって、業界じゃ常識のように言われてたみたいだが。

320 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/16(木) 01:51
それでサンライズはエバみたいなのはつくれたの

321 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/16(木) 01:55
あの「最終回が意味不明」というのは一度しか使えない手段だったな。
他作品で同じことをやっても「分かんなきゃそれでいいや」で
終わってしまったからな>ガサラキ、バブルガムクライシス

322 :ホモスキー:2000/11/16(木) 02:02
ガサラキ。小説読んでた友人からは、天皇制や差別問題も
扱うみたいだよと聞かされて、それなりに期待した…。
確かに要素としてはいろいろ出てきたけど…もにょもにょ。
つーか、あの話はどうやりくりすれば、成功の形になったんだろう

323 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/16(木) 02:11
NHKで放映すれば良かったのだ。

324 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/16(木) 02:28
>>317
それはお前が物知らないから。
分からないなら素直に聞くか黙っとれ。

325 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/16(木) 02:54
>「エヴァみたいなのを作れ!」って要請
はともかく、>>316
>ガ○○キの設定が稚拙なエヴァの模倣
は違うんじゃあ。

ん、設定って物語全体に関してじゃなく、キャラのことを言ってるのかな?

326 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/16(木) 02:57
キャラも、共通点は無愛想とかおとなしいところ位じゃないかな〜。
316はエバ厨決定。

327 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/16(木) 03:01
天皇制は、平安編を読み解けばかなり露骨に表現されてるのがわかるんでないか?>ホモスキ

328 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/16(木) 03:14
>>322
>つーか、あの話はどうやりくりすれば、成功の形になったんだろう

俺は、クーデター話はああ終わるくらいなら控えめにして、伝奇+ロボット
でおしてほしかったけど、それで上手くいったとも思えないかなあ。

>>327
そうだったっけ?もう忘れてるな・・・

329 :ホモスキー:2000/11/16(木) 03:19
>>327
>ガサラキ平安編
御上に反逆(クーデター)というあたりは楽しめたのですが、
現代に戻ってからは…西田が訳わからん理念で暴走して、
何が何やらというのが実感なのです。
もっとも私もメスの平安時代を一清のソレと勘違いしてたので
まともに見れてなかったかもしれません。

330 :>322:2000/11/16(木) 03:21
何故、誰も高橋良輔はもう終わっていると言わないの?

331 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/16(木) 03:25
>330
「野崎透が悪いんだ」「野崎透が悪いんだ」「野崎透が悪いんだ」
と自分に言い聞かせてるんです>オレ含む高橋ファン

332 :結果論?:2000/11/16(木) 03:35
ガサラキの結論が
「日本人は豊かになり過ぎた。」
というのには、オ〜ウケ。
リヴァは設定がデカすぎた。
最初のガンダムは、もっとスッキリしていたよ。
固有名詞が多いのは、どの作品にも共通して
序盤をキツくしているけど。

333 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/16(木) 03:49
ガサラキの設定、つうよりストーリーの失敗は擁護のしようがないが、
俺は、あのボトムズのストーリー(終わり方)も失敗だったと思う。
いきなり神様が出ちゃだめでしょ。失敗するロボアニメは、終盤になっ
て話を無理に広げようとした奴では?

334 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/16(木) 03:52
>333
いきなりじゃないじゃん

335 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/16(木) 03:59
設定とかストーリーとかじゃなくて重視すべきはキャラの魅力では
ないかと思うのですがどうでしょう。
「ガサラキ」と「ボトムズ」の差というのはユウシロウとキリコの魅力
の差だと思っているので。

336 :333:2000/11/16(木) 04:02
ボトムズはすげー好きだった。できれば高官の陰謀とかで止めて、
超上的なものを出さずにしめてほしかった。せっかくのSFミリタリ
ものだったからな、なんか惜しい。

まぁ、失敗というより、俺の希望に合わなかっただけかな。

337 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/16(木) 04:06
ボトムズは、あれほど濃い世界を設定しておきながら、訳がわからん
という事はなかった。ストーリーがそれなりにきちんとしたからだ。
ガサラキは、世界観は身近なはずなのにストーリーがよく解らなかった。
この違いは大きいぞ。

338 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/16(木) 04:09
>336
高官の陰謀で止めたら、ダグラムになってしまいまするぅ〜(T_T)

339 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/16(木) 04:26
ダグラムは主人公の乳首が嫌だった。

340 :〉339:2000/11/16(木) 04:28
今のテレ東なら放送できないね>主人公の乳首だし(ワラ;

341 :ああっ名無しさまっ:2000/11/16(木) 04:30
>331
ぎゃ。オレも同じだぁ。
それを自覚しているファンは悲しいものがある・・・。

>天皇制と差別
「ドキュメント・ボトムズ」のインタビューを見るとなにやらテレ東から
ストップがかかったようですね。
おそらくタブーにされたのは「天皇のルーツ」「河原者」あたりなのでは
ないかと思うのですが。

342 :ああっ名無しさまっ:2000/11/16(木) 04:33
ガサラキの終わりはあれ、「沈黙の艦隊」でしょ。
監督昔関わっていたような。
西田さんは右翼じゃありません、れっきとした左翼です!
監督と同じです!(ワラ

343 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/16(木) 04:36
おい、高橋良輔スレッドになってるぞ

344 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/16(木) 05:14
ラストで神秘の力が発動して最終回になるのが、高橋良輔作品のお約束
意外だけど

345 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/16(木) 05:22
クグツ(漢字が出ない)=河原者ですか?

隆慶一郎の世界観で言えば、クグツは天皇を神聖視していなかった?

346 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/16(木) 05:25
西田さんが日本国憲法第九条を遺書に残したシーンは
呆れた、というより怒った。

小説では見事にその辺は削除してあるみたいですが・・・
ほんとかなぁ・・?

347 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/16(木) 05:28
>>345
クグツは傀儡(かいらい)の別の読みです。

348 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/16(木) 05:28
結局西田さんというキャラは体制側に食い込む一本の針だった、てことですかね。




349 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/16(木) 05:43
西田さんのしゃべり方が好きだった。声優は誰だっけ?

350 :魁!名無しさん:2000/11/16(木) 05:46
で、西田のやりたかった事ってなんだったんだ?軍隊の廃絶なのか?


351 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/16(木) 06:19
>350
その通り、日本の非武装中立化でしょう。
昔の社会党なみのファンキーな爺さんです。

352 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/16(木) 07:04
>351
でも「特自の解散」とは言ったけど、「自衛隊の解散」とまでは
言っていない。
CD4巻では、特自が国連軍に編入されることになったので
思想的には小沢一郎・・・?

353 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/16(木) 09:19
>>341
ガサラキのキー局はテレ東ではなく、テレビ大阪です。
ストップがかかったのは関西の描写に関することで、みなが想像するようなタブーの類ではなかったですよん。

>>324
んなことない(笑)。317さんの言うとおり、316にはリアリティないって。

あと、個人的には野崎氏の責任もでかいと思うけど、使った方の責任がよりでかいと思うなー。
いきなりシリーズ構成に起用された素人よりも、素人を起用した方が罪深いって。


354 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/16(木) 11:38
設定が複雑になればなるほど、主人公が主人公である必然性がなくなって来るような。

355 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/16(木) 12:25
だんだん「ガサラキを語る」スレになって来たな。
何だかんだで、ファン多いじゃん(ワラ。

356 :蛾皿奇:2000/11/16(木) 12:44
   Å    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  _(´ー`) <  ファンでなく、被害者。
ヽ∋_)   \_____________
   ヾ


357 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/16(木) 13:13
被害っつって、タダで見れるTVアニメの話だしなぁ。
ンなもん、被害も糞も無いじゃん(藁。

358 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/16(木) 13:22
勝手に期待して、勝手に失望して、そして被害者

359 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/16(木) 13:30
絵糞ドライバーを買った人間こそ真の被害者

360 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/16(木) 13:32
そうやね。OVAや有料放送は、被害者と言えるやね。

361 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/16(木) 13:33
勝手に期待して、じゃなくて、期待させといて、だと被害者カモナー
どうでもいいけど。

362 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/16(木) 14:15
タダアニメ見て精神的苦痛を受けました(藁
賠償請求します(激藁

363 :野崎 某:2000/11/16(木) 14:32
ワルグチ言われて精神的苦痛を受けました(藁
賠償請求します(激藁


364 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/16(木) 15:32
ガサラキは怒るよりも、残念でならない。力の入った設定をどぶに捨てた
ようで、あまりに惜しい。

365 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/16(木) 16:55
蛾さ裸機つまんねー

366 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/16(木) 23:33
だから、設定よりストーリーに気を使えって。

367 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/16(木) 23:35
そうだな

368 :ああっ名無しさまっ:2000/11/16(木) 23:43
>353
ひょっとしてあなたは「たらった」さん?
そうですか・・・すると「関西の描写」で問題になりそうなのは
・・・「アジアン静脈瘤」のあたりでしょうか?
西○地区は危険で歩けないとか(ワラ


369 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/17(金) 01:22
もうガサラキは忘れよう。ストーリーがヴァカだった事は衆目の見とめるところだ。

370 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/17(金) 01:53
オーディアンについて盛り上がらないのは、視聴者が少なかったと
いう事か?学園がどうとか、より軽いレベルを狙ってはずした大張の
無能さは特筆ものだと思うけど。

371 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/17(金) 02:07
語り尽くされたって事か

372 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/17(金) 02:53
>>368
誰だよ、その「バケラッタ」だか、「たらった」言うのは。

373 :たらった:2000/11/17(金) 03:45
たらったです。とあるサンライズ作品系掲示板に、時々サンライズ情報を書いてたものです。
いきなり自分の名前見つけてビックリしましたが、353は僕のではないです(笑)。

374 :ああっ名無しさまっ:2000/11/17(金) 06:23
三国人なら十分タブーになってるな。

375 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/17(金) 09:46
>>373
この人、前に知人に聞いたけど、脚本家の竹田裕一郎じゃなかったっけ

376 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/17(金) 10:45
そんな偉人が降臨してんの?プロなら本名でカキコして欲しい。嫌?

377 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/17(金) 10:50
竹田は偉人じゃね〜だろ(わら;
りりかでも脚本書いていたから・・
良輔氏の人脈か・・

378 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/17(金) 10:50
>>375
誰だよその知人って

379 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/17(金) 11:18
竹田=OUTのへぼライター
代表作「旭日の歓待」

380 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/17(金) 11:51
そんなマイナーなやつが現れたくらいで盛り上がるなって(ワラ
それより、設定倒れの大御所っつったら、やっぱファイブスター
昔は単行本買ってたって恥ずかしい過去の持ち主多いはず
あれいったい何回、つじつまあわなくなって年表直したっけ?

381 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/17(金) 12:01
FSSって作者が死ぬまでに終わるのか?

382 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/17(金) 12:15
死ぬ前に、偉そうになんかテーマっぽいこと言って、
中途半端なとこで終わり<FSS

383 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/17(金) 12:41
FSSは設定のスペックとか見ていると「後ろにいっぱいゼロがつく小学生の考えたボクの最強ロボット」って感じがしてかえって萎える。
超高速で戦闘しているとか言われたって、画面からそれが伝わってこねーもんな。

384 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/17(金) 12:43
超高速で戦闘してるなら話も超高速で進めてくれよ
超高速で目が離れて行ってるけど

385 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/17(金) 16:23
竹田ナンタラ、FSSの話題に切り替えて、逃げやがったな(藁

386 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/17(金) 16:53
んじゃお前が続けてやれよ(笑)>385

ところで、昔から疑問なんだけど、FSSとエルガイムって関係あんの?

387 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/17(金) 18:03
グランゾートは?
単純な設定だけど最終話ですべてぶち壊してくれたのは駄目駄目。
スーパーまで出しておきながら最後は突然出てきた思い入れの無いロボットが
一撃でラスボスを即死。


388 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/17(金) 18:05
>387
ダラダラ3ヶ月も戦闘をやっている
どこぞのバンダイ提供アニメよりはましだろ。

389 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/17(金) 18:35
>383
絵で表現しなくてもいいだろ。
設定でそういうもんだって思えば、そういう作品なんだし。
ただ、戦闘シーン自体はちゃんと考えているように見えるけどね。
最近はMH戦が少なかったけど「相手の先を読んで〜」とかさ。
ドラゴンボールみたく、いくら強くなってるのかわかんないよりまし。
最近ので良かったのは小指でチョイだな。

390 :名無し:2000/11/17(金) 18:37
>>387
思い入れのあるウサ耳お母さんには不満はなかろう。

391 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/17(金) 23:11
>竹田なんとか=たらった
おい、あんたサンライズ系の掲示板となればどこにでも出没してるが
本名はともかくアドレスぐらい公開しろ(2chでやれというわけでなくて)。
評判悪いでぇ(そのくせ関係者の口の利き方してるし)。

392 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/17(金) 23:21
>388
何それ?

393 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/17(金) 23:28
>387
あーいうの子供心には好きだったけどなぁ。
ワタルでも獣神ライガーでもやってたし。
最後に「仕掛け」があるのが楽しみで…
単にストーリーを終わらせるだけじゃくて、最終回ならではの魅力があった方が
惰性で見るだけじゃない魅力があると思ってたし。

394 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/18(土) 00:05
>391
あんまりいじめてやるなよ

395 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/18(土) 00:55
ぅぃ

396 :花林萌え。:2000/11/18(土) 01:25
ナースエンジェルりりかSOS「花林が渡したチョコレート」
あれを越えるバレンタイン話をいまだ見たことがない・・・。

397 :396:2000/11/18(土) 01:28
って、もちろんストーリーOK!ってことで。
このスレの趣旨とは正反対ですが(^^;

398 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/18(土) 01:28
>>396
マジレス?それともイタイ話?

399 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/18(土) 01:59
>>394
脚本家が、いじめられたという自覚をもって、今後の作品に応えて
くれればそれで言う事なし。<無理だろう。<才能が絡むから。

400 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/18(土) 02:12
久々に2チャン名物の脚本化叩きスレに(笑)

401 :396:2000/11/18(土) 02:51
「花林が渡したチョコレート」
の脚本は竹田氏だったとおもうがどうよ。

402 :ぐり萌え?:2000/11/18(土) 02:52
グランゾートは「不思議コンビ行きます!」の回が好きだったな。

403 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/18(土) 02:54
その脚本をコンテの桜井が大幅にアレンジしたって聞いたがどうよ。

404 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/18(土) 02:58
ワラくんろ〜

405 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/18(土) 03:07
>>404
どゆ意味?

406 :>403:2000/11/18(土) 03:19
桜井が1ヶ月かけてコンテを切って改訂して、
元のシナリオの無い様は残っていませんよ

407 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/18(土) 03:44
>>399
メールアドレスの記入のどこに才能が必要なんだ?

408 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/18(土) 03:55
FSS、使ったなあ、バツゲームに。
ゲームに負けたヤツに単行本買わせる。
読んだ証拠に、感想文書かせる。
感想文を書かなかったら、キャラの似顔絵を描く。

409 :>408:2000/11/18(土) 04:08
鬼や

410 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/18(土) 23:35
で、本当にたらった=竹田なのか?

411 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/19(日) 05:35
さあ?

412 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/19(日) 05:54
知っててもだまっててあげるのが、思いやり

413 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/19(日) 10:08
あまりにも脚本がヘボくて演出・絵コンテが優秀だと、改竄されるのはよくある話。


414 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/19(日) 21:23
このスレってプロも見てるんだろうか?確かにストーリーは駄目なくせに、
後から買った設定集にもっともらしい世界観を長々書いてる作品はたくさん
ありそうだけど。
冷めてから見ると、めちゃくちゃ空しいんだよな。

415 :ああっ名無しさまっ:2000/11/19(日) 23:29
そうですね、と同意してあげてみる

416 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/19(日) 23:56
ストーリーが好きでも設定が後から後から出されるとなんか萎える。
そんだけ考えてたならちゃんと出せよって感じで>Gロボ・CG版ビーストウォーズとか

417 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/20(月) 01:49
つーか、設定はスタッフの製作を助けるものであって本来お客さんに
見せるものではない。無理矢理だそうとするとガサラキになるワケだ。OK?


418 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/20(月) 02:09
話題の男・竹田のガサラキ脚本は面白かったよん。
つかガサラキで面白かったので、竹田の書いた3本だけ。
大ファンです、たらったさん(笑)。<ファンなら思いやってやれよ、俺

419 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/20(月) 02:10
キングof凄い設定「F.S.S.」

420 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/20(月) 05:29
>>416
後から、設定追加する分についてはファンサービスってことでかまわないのでは?
1stガンダムだって、企画の時から今公開されているほどの設定はされてなかっ
たと思う。
イタイのは、企画段階ですでに設定が大量にあって、しかもストーリーに反映
し損なって、さらに面白くなかった場合。
ガサラキには限らない。後、ガサラキとか。他にガサラキとか。

421 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/20(月) 20:36
ファンタジーなりSF作品だったら、基本的に一人で作品を生みだしてるマンガや小説ならともかく
分業制でつくってるアニメでは、けっこうな量の設定は絶対必要になってくる。
それが作品にうまく反映されないアニメが多いのは確かだけどなあ。

しかし、ガサラキが失敗作(ただし魅力的な)なのは同感だけど、あれって
設定そんなに大量にあったんですか?
最近、アニメ誌とかムックとかと縁がないもんで知らなかったんですが。

422 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/21(火) 01:05
「星団最強」多すぎ。

423 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/23(木) 11:18
一貫性が無いから膨大に見えるのだ。

424 :すぱろぼ"マスター"U:2000/11/23(木) 14:43
ここって「架空の概念」が強引過ぎて作品自体が
振りまわされちゃった失敗作について話し合ってるのね。
逆にキャラ萌えモノでキャラに振り回されて
設定がどーにもならなくなるってパターンのもあるよなあ。
結局設定なんてモノは野崎さんみたいに難しくする事より
「ハラハラワールド」「ドキドキスペース」みたいな
お馬鹿な名前の方が分かり易くてついて行けたりして。
野崎さん系は概念の名前から出して中身をみんなに推理させるなんて
強引な手法をするから・・。

425 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/23(木) 14:53
話数少ないくせに、やたらキャラばっかり増やしてる萌えアニメは
たしかにあるね。

426 :ああっ名無しさまっ:2000/11/23(木) 15:08
>420
ガンダムに関しても基本的な所(ミノフスキー粒子の電波妨害効果や連邦とジオンの政治的思想的な対立とか)は企画段階で決まってた。

427 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/23(木) 18:03
そりゃそうでしょ。劇中でもミノフスキー粒子がどうとか言ってたもの。
それでも、あの時のアニメにしてみりゃ画期的だったんじゃないかな。

428 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/23(木) 20:01
ファーストガンダムをはじめてみた時、モビルスーツという呼び名が
ロボットという感じがしなくて違和感があったな。年がばれるが。

429 :魁!名無しさん:2000/11/23(木) 20:27
週刊ストーリーランド

430 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/23(木) 22:05
ザク・ドム

431 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/24(金) 20:35
週間ストーリーランドは設定がすごいんじゃなくて、
企画がすごくて内容が馬鹿。

432 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/24(金) 20:40
世の設定だけアニメより、週間ストーリーランドのほうがよっぽど「ストーリー」があるよ。



433 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/24(金) 23:19
哀しい事実だな

434 :母を訪ねて名無しさん千里:2000/11/27(月) 03:14
ストレンジどーん

435 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/27(月) 16:19
ミカズキ
あ、アニメじゃないか。

436 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/28(火) 01:01
それを言うなら、ガンヘッドも。誰も覚えてないか?
あの作品のスタッフは、映画になにを求めてたんだろう?いまだに良く解らん。

437 :風の谷の名無しさん:2000/12/11(月) 13:13
>436
実写による巨大ロボットのガチンコ対決。

438 :CC名無したん:2000/12/11(月) 14:04
スト丼
最後尻つぼみ 藁

439 :風の谷の名無しさん:2000/12/11(月) 17:12
>>436
NTで漫画が連載されてたな。そっちも相当腐ってた。

90 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)