5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

もうだめです!日渡先生!!

1 :花と名無しさん:2000/12/18(月) 04:07
紫苑は 悲しいくらい 君の覚醒を 待ってる・・・。

せんせーの落ちぶれぶりには悲しいばかり。

2 :yurine:2000/12/18(月) 05:09
僕タマを読んでいた時は、色々賛否両論あるだろうが 少女マンガというジャンル以外にも影響を与えるよーな、少年マンガでいうとAKIRAのような、
懐の広い娯楽性を感じていた。とても評価していた。
 鼻につく部分も間延びした部分もその頃もあったけど、すげえと思った。ネームの作り方も。
設定も。モノローグの効果も。流浪の民と交錯させた輪と晴彦の邂逅シーンとか。ラズロ絡み
のシーンとか。
「悔しいなら不幸になっちゃ駄目だぞ」とか、泣いたし。10巻ぐらいまで滅茶苦茶凄いと
思う事のほうが多かった。
 途中のストーリーは間延びはしてたけど、ラストだって凄いと思う。「木蓮君は既に地球
を救っていたんだ」、いい落ちだ。
そして、未来のうてな。何なんだ。何考えてんだ。締まりのないキャラ、感情移入出来ない
緊張感のないストーリー展開、焼き直しばかりのモチーフの羅列、その場で思い付いて
手癖で煽っているだけの同人誌レベルのモノローグの嵐。いや同人にだってもっともっと
衝撃を与える一こまはゾロゾロある。オタク女子高生のネタ帳から拾ってきたも同然の
ような薄っぺらさ。しかも超一級に手慣れてるぶん始末が悪い。
 自分で自分に呪祖の歌を歌う幼子、というイメージは衝撃的で一般に訴えかけるものだろう、
ならなぜそれをもっと僕タマでやっていたように緻密に構成して掘り下げてゆかないのか。
それができる才能が売りなのではないのか。あらゆる「良さそうな」イメージを思い付くままに
並べ立てることなど、凡百のアマチュアがやっている事だ。
 色々な素材(過去の大家の作品、その時代のノリ、嗜好、etc)から得た印象を総合してリミッ
クスし、一つのもっと一般うけしそうな独自のイメージを造り出す手腕において、
非常に優れている作家である日渡早紀。
 そしてそれだけしかやらなくなった日渡早紀。自分が気持ちいい気がするイメージを
何も考えずにただ羅列する。物語の凄みも、キャラクターの説得力も、何もない。
 そこにあるイメージそのものすらも、自分が過去作ったものを焼き直したものが
圧倒的におおい。もはや自分の過去の作品に影響を受けて同人誌を書いているに近い状態
だ。
  激しく怒りを感じてしまう。ていうか、なめとんのか、
ってかんじがして。売れて、何書いても大丈夫になったので、手抜きしました、
楽に仕事してます、という感じがする。やろうとして失敗したという感じもし
なくて、最初からこれでいいんだと思ってる感じが嫌だ。はなから才能ない人
なら別にあれでもいいさ。僕タマの後あれっていうのが非常に腹立たしい。
 受け手をなめている、というか自分の才能をなめていると思う。楽に書かないで
ほしい。期待を大きく裏切られたうえ、平然と売れていて、なんか凄く悲しかった。

他のスレにも書き込んだんだけど心底そう思う。


3 :花と名無しさん:2000/12/18(月) 05:12
見るに耐えない絵なんですけれど・・・(特に今号の花ゆめ)
マジで描いてあんなにデッサン狂ったようになったんだろか?

4 :花と名無しさん:2000/12/18(月) 06:23
でも、おかげで、花ゆめから足を洗えた。
日渡しか、もうミリョクなくなってたから。

5 :花と名無しさん:2000/12/18(月) 06:27
星野くん好きだったのに、あのヘタレぶりはどうよ。
グッバイ、びわたり。

6 :花と名無しさん:2000/12/18(月) 06:35
>>2
すげー長くてちょっとうんざりだが、書いてある事はほぼ同感だ。
私はぼく球は7巻ぐらいまでかなと思う、紫苑と木蓮の回想は
お互い違う視点で同じエピソードを描きたかったんだろうが、ちょっと冗漫すぎ
それよりもぼく球以降の日渡さんがダメになったのはもっと悲しい

7 :花と名無しさん:2000/12/18(月) 11:34
ぼく地球も途中からありすの顔がヘンになったよね。
昔っぽい絵のほうがまだいいような....って思った。

8 :花と名無しさん:2000/12/18(月) 15:56
なんてーかこの人の漫画って前フリが長すぎる。
クライマックスに近づく前に複線読むのに飽きるんだ。
しかも結論大概他愛も無いし。
義理でしか読めんよ。

9 :花と名無しさん:2000/12/18(月) 16:06
ぼく地球知ってるだけに、最近の惨状ぶりは目に余る。
個人的に、話は知らないが、「記憶鮮明」が
一番良かったというファンの人が多いのでは?
ものすごく好意的に考えて、もし編集が半端に
口出すことで作品が悪くなっているのなら、
白泉を出るべきでは?


10 :花と名無しさん:2000/12/18(月) 16:12
今の彼女にはイラスト集は出せないね。

11 :花と名無しさん:2000/12/18(月) 18:34
編集が口出してたら、ホモネタに走っちゃうかもよん

12 :花と名無しさん:2000/12/18(月) 18:55
「うてな」は良かったよ…と、思うよ。

13 :花と名無しさん:2000/12/18(月) 19:03
僕地球でさ、車田の聖矢のキャラの甲冑(あれなんていうんでしたっけ…)を
登場人物にコスプレさせてたことがあったでしょ、
しかも1ページ使って。(ハシラはあったけど)
この時点でこの人ダメだと思った。
文庫版でもこの恥シーンは再録されてるの?

14 :花と名無しさん:2000/12/18(月) 19:23
 『未来のうてな』までは寛大な目で見てた。何しろぼく球という大作の
あと、さぞ心身ともに削り取るような仕事だったことでしょう、ちょっと
休息、筆休めよね、と思ってたから。
・・・『うてな』の後が『宇宙』でがっくり。

15 :花と名無しさん:2000/12/18(月) 19:28
>10
イラスト集どころか、花ゆめの来年のカレンダーからもはずされて
いるらしい。
せめてCGから手描きに戻して欲しい。
CGヘタすぎ…。

16 :花と名無しさん:2000/12/18(月) 19:30
>13さん
 入っていました(笑)。
たしか迅八が白鳥座のクロス(甲冑のこと)で
一成がアンドロメダのクロスを着ていたシーンですね。

「ぼく地球」を最初に読んだときどうしても絵に抵抗
(あんまり美形とかいかにもの少女漫画の絵じゃなかったから)
があったけど、最後まで話に引きつけられて読めた。
だんだん絵もきれいになっていったけど、ピークはやっぱり
10巻前後だと思う。
「うてな」の初回で制服のデザイン募集とかを花ゆめで
告知したとき、別にデザインなんて・・と疑問。
 それからは、なんかベテランが最近の少女漫画に
合わせよう合わせようと無理しすぎて、現在に至る?
しかも話もあんまりなあ。
もう「宇宙な・・」も終わるみたいだし、そろそろ
花ゆめからは出たら?

17 :花と名無しさん:2000/12/18(月) 19:52
花夢の墓場別冊行ですか?(^^;

18 :花と名無しさん:2000/12/18(月) 19:59
今だにアクマくんシリーズ待ってたり・・・。
初めて読んだのは小学生の頃で、かなり難しかったけど面白かった。

ぼく地球やってた時は、ホントこれを読むためだけに花ゆめ買ってたけど・・・。

ストーリーで読ませる漫画家さんだけに、今の状態はかなり残念。
まだ心の底では期待してんだけどなぁ・・・。がんばれ!

19 :花と名無しさん:2000/12/19(火) 01:04
昔はこの人短編向きの人だと思ってたんだけど
なんか、ぼく地球で変に長編を水増しして描くやり方を覚えたというか
それから駄目になっていったような気がしなくもない
昔は話がおもしろかったから、絵はいまいちでも
全然気にならなかったんだけどな
(昔は良かった話ばかりだ・・・)

20 :花と名無しさん:2000/12/19(火) 01:26
私は本誌より墓場な別花のほうが好き
マジで朽ちてしまえと思う漫画もあるけどね。
初心にかえったピ渡りせんせの短編が読みたいわ。

21 :花と名無しさん:2000/12/19(火) 01:33
>19さん
短編むき・・・そうかも。
比較的最近の作品でも「記憶鮮明3(BIRTH)」は
おもしろかった記憶あり。




22 :花と名無しさん:2000/12/19(火) 01:37
2ちゃんで宇宙好きって人見ないよね・・・。

23 :花と名無しさん:2000/12/19(火) 01:41
中途半端に、続かない短編が多いのもね。
びわたりが描くんだから、完結しなくてもいいのさ、とか。
未来路モノなんか、悲惨。

でもびわたりにも明日がある。
なんといっても「悪魔くんシリーズ」完結してない。
でもどっかのインタビューで、あれはもう古いから描かないとか
逝ってたね。

24 :花と名無しさん:2000/12/19(火) 03:01
>>23
確かに、あの今のくずれかけた絵でも「悪魔くんシリーズ」なら
きっと読んじゃうんだろうな〜私

25 :花と名無しさん:2000/12/19(火) 03:31
びわたりは、
いまだに悪魔くんの絵は描けると豪語してます。
(豪語でしょ、やっぱ)

26 :花と名無しさん:2000/12/19(火) 03:34
>>24
私も。「悪魔くんシリーズ」大好きだった。
「ぼく地球」のクライマックス辺りからちょっと・・・。
今のはもう読んでない。つまらなすぎて。

27 :花と名無しさん:2000/12/19(火) 04:00
けっきょく、アムカはどっちとくっつくんだ。
っていうので、派閥ができたよね。
わたしはアシャ派。

28 :花と名無しさん:2000/12/19(火) 04:54
でも、なんだかんだ言っても僕たまは面白いと思う

29 :花と名無しさん:2000/12/19(火) 05:07
ぼく地球は面白いね。
あれだけスケールの大きい話をきちんと終わらせてるのは
やっぱりすごい、と改めて思ったよ。
美内すずえとかCLAMP、ゆんとかの悲惨な例もあるし
すごいことなんだろう。
もう日渡はあそこまでの話を書く気力は沸かないんじゃないかなぁ。
ぼく地球が凄過ぎたから。

30 :花と名無しさん:2000/12/19(火) 05:18
>>29
あの頃は、この人は三原順以来の大天才だと思っていました。
今となっては、それは見事な勘違いであったようですが(藁

31 :花と名無しさん:2000/12/19(火) 06:00
ぼく球はすごいけど、日渡早紀が天才であったというよりは
「漫画の神様が降りてた」時期だったと思う。
キャラクターが作者の中でどんどん個人の意思を持ち、動き始める
キャラクターを『作る』のではなく『産まれ出てくる』これって物書きにとってはすごい快感だと思う
まあそれより前にも人気のシリーズがあるからいわゆる“一発屋”ではないと思うけど
そしてその漫画の神様が去って行ったのさ、大ヒット漫画のあとにはよくあること

32 :花と名無しさん:2000/12/19(火) 09:03
個人的には、ぼく地球は好きじゃないけど、
確かにきちんと完結させたのは偉い。
それ以外は特に見るところのない漫画家。

33 :悪魔くんシリーズよかった…:2000/12/19(火) 10:13
続きよみたい〜〜〜!
私もアシャ派でした♪>27さん

34 :花と名無しさん:2000/12/19(火) 17:43
「アクマくんシリーズ」大好きです(現在進行形)。
あの頃はチャチャ派。大人になったらアシャ派になるかな?と
思ってたが、あいかわらずチャチャ派。だってイイオンナで
そして可愛いんだもん、チャチャ。
でもきっとアシャ派とチャチャ派の比率は9:1位かな〜(哀

35 :花と名無しさん:2000/12/19(火) 18:01
ぼくたまよりは「アクマくんシリーズ」の方が好きです。
でも、それよりも実は「記憶鮮明」の方が好きです(笑)

記憶鮮明・東京編も終わってかなり立ちますけど、
本編書きましょうよ、本編(藁)


36 :花と名無しさん:2000/12/19(火) 18:35
私もチャチャ派です〜
日渡さんはアクマくんの時が私にとっては最高峰。
(密かにイメージCDも良かったなあ)
ぼく地球は間延びしすぎたので途中で雑誌を追うのは
放棄してコミックスで読みました。
それでもきれいに終わったからよかった。
うてなは…もう読む気すら起こりませんでした。

長編の導入が長すぎるというのは同感。
ぼく地球のときも序盤で「ほんとにこれ記憶鮮明シリーズかぁ?」
と疑問に思うほどでした。
やっぱり短編がいい作家さんなのかなあ。

>>21
記憶鮮明3なんてあったんですか!
これはコミックスには収録されたんでしょうか?

37 :花と名無しさん:2000/12/19(火) 18:44
 ぼく地球は前世ブームみたいな社会現象になっちゃいましたからねー。
作者としては重荷だったかもしれないよね。

38 :花と名無しさん:2000/12/19(火) 19:55
リンが覚醒する時の(8巻あたりだっけ)紫苑は、当時死ぬ程好きだった(笑)。
でもありすが覚醒した時の紫苑はなんかギャグっぽくなってて冷めてったなぁ。


39 :復刊ドットコムにすら出せないね〜:2000/12/19(火) 20:01
記憶鮮明3は今は亡きEPOという白泉社の漫画雑誌に掲載されていました。
文庫でいいからコミック化希望です。
多分、ミクロが行ったESP研究所舞台の近未来の作品。
P-01(ぽち)というアナライザーにかなり似ている
ロボットが出てきたような記憶が。。記憶不鮮明。

40 :花と名無しさん:2000/12/19(火) 20:04
アクマくんが次期(?)人間好き魔王様になるのはどうやら明らかなんで
(だよね?私なんかすごい勘違いしてる?)
とりあえずアシャとチャチャのどっちとくっつくかだけ教えてくれい。
魔王になるからには魔界のいいとこのお嬢さんであるアシャとくっつくのか、
それともチャチャとくっついて魔王と女神の愛!となるのか。
結論だけでいいからよぅ。

41 :花と名無しさん:2000/12/19(火) 21:16
ぼく地球=オウム事件の前触れ、みたいな所が、当時の読者には
少なからずあったと思う。
そういう意味では悲劇の作家さんだね。

42 :花と名無しさん:2000/12/19(火) 21:26
昔の花ゆめって、絵よりもストーリーを重視って感じで、別マとかフレンドとかより
なんか大人っぽいイメージがあった。
そう、たとえ登場人物の洋服の柄に、そのキャラの名前がプリントされていようとも
話が面白ければ全く気にならなかった。(いや、気になるかも・・・)

時代が変わった、好まれるものが変わった、それとも私が歳をとったせいなのか?
ベテランなんだから、今の花ゆめに染まらないでよー!
花ゆめを出るべきってのは、正解かも。 いい方向に向かうなら。

「ぼく地球」の頃、「天よりも星よりも」とかも見てて、そういう話にハマッてた!
マジックビターで初めての長篇連載の後、全21巻だからね・・・。
キレイに完結したのは確かにスゴイかも。

プレッシャーがあるなら、それに負けないで!


43 :花と名無しさん:2000/12/19(火) 22:04
とりあえず、長期休載して、休んでほしい。。。
もう、びわたりの名前だけで買う読者は消えましたので、
へんしゅー部も安心して、休ませてあげてください。



44 :42:2000/12/19(火) 22:15
あら・・・応援してるのは私だけでしたか・・・。

ちなみに、今の花ゆめを全否定する気は全くありません。
ちょっと気になったので。

45 :花と名無しさん:2000/12/19(火) 23:48
日渡早紀は20世紀に置いていってよし。
あげて話す気もせず。

46 :>>44:2000/12/20(水) 01:14
わたしは今はもう花ゆめを読んでないけど
また面白いものを書いてくれるなら
喜んで応援しますよー。

47 :花と名無しさん:2000/12/20(水) 01:25
うてなから急に悪くなったように思ったけど、
よーーく思い出したら、早紀ちゃんシリーズの番外編みたいな
「猫なんて大嫌い」(タイトル違ってる気がします。ごめんー)
っていうのあたりからヤバーイカンジになってたような?
アクマくんの最後の方もヤバっぽかったかも。
つまり「僕地球」がたまたま良かったっていうこと…?

48 :花と名無しさん:2000/12/20(水) 01:50
デビュー時から知ってるのでこう言っちゃなんですが、
ぼく地球から変だと思います。
デビュー当時の彼女のキャッチコピーはたしか
「エイリアン漫画家現る!!」だったと・・・・
まあその頃の花夢は宇宙とか超能力とかをテーマにした
漫画が多かったので、悪魔君とかあまり抵抗なく
すんなり読めたんですが、ぼく地球から読むのがはずかしいってゆーか
鳥肌が立つってゆーか、なんじゃこりゃになってしまいました。
今はもう「頭大丈夫この人?」ですが・・・
あの変な制服といい、どーしてしまったのかもう・・・・
でも買った本は意地で全部読まなきゃ気がすまないたちなので
渋々読んでますが、もう気が狂いそうに嫌です。


49 :花と名無しさん:2000/12/20(水) 02:14
>>48
狂う前に、読むのをおやめ!(笑)

50 :花と名無しさん:2000/12/20(水) 03:09
星矢のクロス(漢字忘れた)なんかは、少女マンガの作家さんには
ままあることなので、別に気にはしませんでしたけどね。

しかし>>48
読むのが恥ずかしいなんて、そこまで酷いマンガじゃないでしょう
「ぼく球」は。
「うてな」だって、やりたいことは読者に伝わってるんだけど、
能力が追いつかなくなっていただけじゃない?
そういう意味では、「ぼく球」で燃え尽きてしまった作家だとは
思うけど。

51 :花と名無しさん:2000/12/20(水) 03:19
私の記憶から既に消し去ってしまった<ぼく地球
単行本も最終巻まで読んですぐに売り払ってしまった。
10巻前後までは読めたんだけど、後半はもう駄目だった。
なんかエピソード付け足して無理矢理引っ張ってるぽかったんで。

ところで、今の連載は来号で終わるの?
・・・早かったね(連載期間がどんどん短くなってく)

52 :花と名無しさん:2000/12/20(水) 03:27
一時期だけ神が降りていた日渡さんをいつまでも本誌に置いておくよりは、
あっさり切っちゃって、その分まだ力もついてない新人さんのを
載せて力をつけさせてやった方が
新人さんの為。日渡さんの為。読者の為。編集の為。雑誌の為。白泉社の為。

53 :花と名無しさん:2000/12/20(水) 05:05
デッサン狂いって言われてるけど、
なんか逆に(別な意味で)上手いとは思うよ。
ヘンに下からのアングルとか多用するからそう思われてるんじゃん。
本人の描きたい絵と読者の求める絵がズレたから
デッサン狂いって言われてるんじゃない?
デッサンは超出来てると思うけど。

54 :花と名無しさん:2000/12/20(水) 05:20
>53
そうか。じゃあ下からの変なアングルをすべてやめて欲しい・・・

55 :花と名無しさん:2000/12/20(水) 06:19
>>53
デッサンできてるなら変わったアングル描いても
変に見えない思うよ。


56 :花と名無しさん:2000/12/20(水) 06:28
最近の絵は知らないけど・・・
もともとデッサン力はかなり怪しいところがあって、
誤魔化し誤魔化しで描いてたところあったじゃん・・・
つうか部分部分上手いところあるけど、要するに基礎が出来てない、この人
いわゆる「へたうま」な人、
この人はさすがにプロ歴が長いだけあって、上手い時の方が多かったけどね
煽り(下から見たアングル)描くの好きみたいだけどデッサンおかしいから
佐々木倫子さんみたいにアシにポーズ取らせたり、写真見て描くとかトレースして描くとかすれば
どこがおかしいか分かりそうなもんなんだが・・・
俯瞰や煽りの構図なんてよっぽど基礎力が無ければ見ないで描けるわけがないんだから

57 :お前は既に名無しだ:2000/12/20(水) 08:41
>>56
そう。最初に実際の人間の身体(骨格・肉付など)の基本的な構造を勉強せずに
アニメや漫画の絵だけを参考に絵を描いてきた人は年取ると絵が急激に崩れるよね。
日渡さんも最初からアニメの影響どっぷりの絵だし。
まだ体力のある若いうちはデッサン知らなくても表面だけ体裁を整えた
パッと見綺麗で華やかな絵が描けるけど、年取ったら悲惨。

今の日渡の絵は本気でリーダー伝たけし以下のデッサンだけど、
ちゃんとアシさんにポーズを取らせたり写真を参考にしたりして絵を描いてる
佐々木倫子は未だに絵が崩れてないでしょ?

58 :花と名無しさん:2000/12/20(水) 08:53
 話が面白けりゃ、「デッサン下手でもいい〜!」と叫ぶが、
話もつまらん今はそれもいえない。
 無理して若者向けに描いてるから?
 アクマくんシリーズは絵(特に初期の顔縦長だったりして)は
下手だけど、発想(アクマ王子とかの設定やら話やら)はおもろかった。

 ちなみに絵はさほどうまいと思えないけど、おもろいやん、って
おもってる漫画家さんは、私の場合、遠藤淑子さん、桑田のりこさん、
TONOさんとか(絵が下手だと思ってる順番に列挙してみました)。

59 :花と名無しさん:2000/12/20(水) 11:28
>リーダー伝たけし以下のデッサン
ちょっとウケさせてもらいました……。
私が許せないのはコミックスに減衰の絵載っけたことかな。
……マジで同人厨房と同じ。
減衰の本に寄稿するぐらいならともかく、自分のコミックスに
版権イラスト載せるなんて、恥だと思わないのかな。


60 :花と名無しさん:2000/12/20(水) 11:35
>リーダー伝たけし以下のデッサン
いくらなんでも失礼です!失礼すぎます、心を入れ換えて反省して下さい!!
本当に比較する事自体が失礼すぎると思いますよ!!島袋さんに。

61 :花と名無しさん:2000/12/20(水) 11:38
げらげら
ウケタ

62 :花と名無しさん:2000/12/20(水) 11:43
>>60
日渡も終わったな…(笑

63 :花と名無しさん:2000/12/20(水) 11:43
つーか普通のアングルでも顔歪みまくりやん。
たけしどころか、桑田さんやTONOさんより狂ってるよ。
少なくともこの3人はあんな歪んだ顔を描かない。

64 :花と名無しさん:2000/12/20(水) 11:46
連載、早々にオシマイみたいだけど。良かった。
僕地球のあと、
「次はふつうの学園まんが描きたい」とのたまい、
このひと、自分のウリを捨てちゃってどうするの?と暗雲でしたが、
途中から編集の手が入り、無理にSFモノへ誘導されたかんじ。
(うてなって最初は苺ちゃんがらみのラブコメ路線でしたし)
で、次の宇宙では、こんどこそ学園ドラマで!と作者が主張し、
編集との妥協で、「魔女って設定にすりゃ、いいんでしょ」というゴミ作品に。

日渡先生、もういいかげんにきづいてください。
あなたにふつう学園モノは描けません。
もう年も年だし、いまどきの高校生が描けるわけないですよ。
無理にガングロ導入したり、描き文字に→いれても
無理があるのが、ありありとしています。
いじけるとすぐに、屋上、
秘密な話しは、みんな屋上、
というのは、昔のひとという証明です。

65 :花と名無しさん:2000/12/20(水) 11:57
>>58
私美大出身だけど、遠藤淑子、桑田のりこ、 TONOの3人は
上手いと思わせるポイントは無いけど安定してるので、
初期はともかく、決して下手では無いと思いますよ。

日渡の絵はひどいね。骨格ゆがみまくり。
変な所で背骨が突出してたり手足がねじれてたり。
「うてな」で苺の首が180度回転してる場面があって驚いた(藁
同じく下手なのは今の米沢りかね。

66 :花と名無しさん:2000/12/20(水) 12:00
桑田さんってのがウケタ

67 :65:2000/12/20(水) 12:06
>>65
すみません、上手いとは思えないってだけで、下手とは描いてありませんでしたね。
関係無いので再びsage

68 :65:2000/12/20(水) 12:10
わわ!58さんに対する返信です。鬱打…

69 :お前は既に名無しだ:2000/12/20(水) 13:40
このスレッドを見て、どんなものかと思い花ゆめを立ち読みした
・・酷い、ホントに酷くなったねぇ(涙
>>57にも書いてあるけど、やっぱ基礎が無いからなのでしょうか
こういう絵の歪み方する漫画家っているよね、りぼんの柊あおいもそうだった
最初ドヘタだったのがだんだん上手くなっていったと思ってたら、またヘンな絵になって・・・
後で何とかまたマシになっていったけど、どうしてこうなっちゃうのかなー??
マンガの神様が去った人でも絵だけはなんとか高いレベルを保ってこそプロでしょう・・・

ってゆかデッサンって、物の形を捉えて、再現する(描く)ための“目”も必要なんだけど
この人デッサンの目もおかしくなっちゃってるよね?「あれ?これおかしいな」って直すよね、あそこまで変だったら
いい加減担当編集者も何か言ってあげた方がいいんじゃないかな?
あれは『持ち味』とか『画風』とか言うんじゃなくて単なるデッサン狂いだって

70 :花と名無しさん:2000/12/20(水) 14:29
ごくごく初期に今で言う同人ペーパーみたいなのを出していて
それを申し込んでまで読んでいた私だけど、よくよく思えば、
そういう内輪受け同人気質のなまぬるーいまま、ちょっと売れ
てしまったのね・・・
でも、誰もが知っている作家でもないし、いいかげん辞めちゃってください。


71 :( `∀´):2000/12/20(水) 17:19
別花にだけは来るなよなー
本誌のしりぬぐいは白拍子だけで沢山だ。
>別花スレ住人の心の叫び。

72 :花と名無しさん:2000/12/20(水) 17:39
え?宇宙、終わるの?
「地球」「未来」「宇宙」と来て、次は何かねこの人は。

73 :花と名無しさん:2000/12/20(水) 18:00
>>72
並べるとテーマはどでかいっすねぇ!
宇宙な〜の宇宙ってどういう意図で付けたんだろう。

74 :花と名無しさん:2000/12/20(水) 19:11
>>73

まったくだね。

宇宙なんてタイトル、やっぱ編集向きなんだよ。
SFですよって。

でも消えてしまうのには惜しいような。
たまの読み切りとかで続けてほしい。

・・・という心情は、
川原泉に対する気持ちと、通じるのであった。

75 :花と名無しさん:2000/12/20(水) 23:28
次は「世紀」とみた。

76 :花と名無しさん:2000/12/21(木) 00:29
地球→未来→宇宙→お灸

77 :花と名無しさん:2000/12/21(木) 00:49
地球→未来→宇宙→お灸→スイカ

78 :花と名無しさん:2000/12/21(木) 00:53
地球→未来→宇宙→お灸→スイカ→カメ
・・・しりとり?

79 :花と名無しさん:2000/12/21(木) 00:54
地球→未来→宇宙→お灸→スイカ→カメ→天婦羅
・・・しりとりじゃないみたいだね…?

80 :花と名無しさん:2000/12/21(木) 00:57
地球→未来→宇宙→お灸→スイカ→カメ→天婦羅→落書き
・・・やっぱり しりとりだ…



81 :花と名無しさん:2000/12/21(木) 00:58
今の連載が終わったら、次はどうするんでしょうか?
別花とかメロディに移るのかな?

82 :花と名無しさん:2000/12/21(木) 00:59
それは別花とメロディ買ってる私が困る。来ないで欲しい。

83 :花と名無しさん:2000/12/21(木) 01:06
地球→未来→宇宙→お灸→スイカ→カメ→天婦羅→落書き→落雁
・・・頭取りって手もある…。

84 :花と名無しさん:2000/12/21(木) 01:09
世の中に絶えてゲームの無かりせば
日渡の漫画も面白からまし
・・・こう思うにつけ、PSを投げ飛ばしたくもなりますわ。

85 :48:2000/12/21(木) 01:40
地球→未来→宇宙→地下
ではないでしょうか。

ぼく地球の連載始まった時なんでこんなに絵柄を変えたの?
って不思議でしたが、こうも連載ごとに変えるとは思いもよらなんだ。
なんであれがそんなに皆の評価高いのか私にはわかりません。
前世とか出てきた時点でもう・・・
続きが気にならなくなったらマンガとしておしまいだと思います。
ちょこちょこいい時もあったけど、私の評価では10段階の3かな。

86 :花と名無しさん:2000/12/21(木) 01:50
いっそのこと宗教に走ってくれたほうがなんぼかまし。

87 :花と名無しさん:2000/12/21(木) 01:55
>>86
ダメ!宗教に走ったら、まんががおかしくなる。
代表例・美内すずえ

88 :花と名無しさん:2000/12/21(木) 02:04
>>87
美内の方が面白いと思うけど。

89 :花と名無しさん:2000/12/21(木) 02:09
>87補足
 山本鈴美香

90 :yurine:2000/12/21(木) 02:22
美内すずえ、まだ笑えるだけ救いはある。(河原の速水さんとマヤの邂逅シーンとか。)
宗教に走るのもいっそ良いかも、と思う、私も。描くものに新鮮味が加わるよきっと。
スッゴイマニアックなファンタジーとか描くかもしれない。今の、中途半端な、
自分だけが売れ筋だと信じている弛緩しきったへんなものよりは良いもの描くかもよ。
久し振りに花とゆめを見ると凄いわ、あの絵。年月を経るごとに誰の心も捉えぬものへとかわってゆく。
僕タマの頃の自己作品に対するいっそ嫌味なまでの客観的視点はどこへ消えたか。
「このエピソードは人の心をくすぐるだろう」「この絵は人の心を捕らえるだろう」
と把握しきって描いている感じが嫌いじゃなかったのに。多分今もそう思って
描いてはいるんだろうな。その物差しが弛んじゃっただけで。

91 :お前は既に名無しだ:2000/12/21(木) 02:32
>>48 >>85
君が「ぼく球」嫌いなのはよぉぉぉぉぉぉっく分かったが
けど実際「ぼく球」が一番日渡作品の中でも売れたんじゃないかな
前世モノを書いた事で、イタイ奴等がハマって電波を発してたという過去の汚点もあったが
裏を返せば、それだけ多くの人々を夢中にさせた壮大なスケールの作品であったという事でもある

他のテーマ(例:こんな漫画はおかしい、嫌い)とかいうスレッドでならわかるが
日渡スレで(元)ファンが「ぼく球はおかしい!あんなの10段階評価で3!」なんて言うのって
ミッション系スクールで「キリストなんかいない!神様なんか信じちゃって変!!」とか言ってるみたいなもん
ぼく球「嫌い!」つーならわかるけど「あれがおかしい!」ってのはここでは浮きまくってるよ
     ~~~~~

92 :花と名無しさん:2000/12/21(木) 02:41
>>91
まぁまぁ。
漫画でも小説でも読む人によって色々に感ずるものでしょう。
色々な意見感想があっても、別にいいかと存じまする。
91さんはきっと、ぼくの地球が大好きな方でいらっしゃるのですね。

93 :花と名無しさん:2000/12/21(木) 02:43
>>91
お、落ちついて。今はさておき「ぼく地球」はほとんどの人がみとめる作品なんだから。
中には肌が合わない人だっているよ。だから落ちついて(ワラ

94 :花と名無しさん:2000/12/21(木) 02:51
日渡早紀には僕タマ以前のファンもいるようだよ。僕タマはあらゆる意味で売れ筋の、
よくできたSFだと私は思っているけれど、まあオタクっぽい感じがするのは
否めんし、そこを嫌いな人もいるでしょう。しょうがあんめえ

95 :花と名無しさん:2000/12/21(木) 02:53
>>91
こわいよー

96 :93:2000/12/21(木) 02:58
>>92
あなたは私?(藁

97 :91 :2000/12/21(木) 03:14
そんなに熱い?>>48-50にかけてはこっちの方が温度高そうだけどねえ
>>92-94 いやもちろん色んな意見の人はいると分かってるけど
「皆の評価高いのかわかりません」と言ってたので、
作品ファンとしてわかりやすく解説したつもりだったんだけど・・・

>>95 きもちわるいよー

ところで吉本ばななが前世モノ書いたそうだけど、「ぼく球」に影響受けてるっぽいってホント?
昔友達にそう言われたけど、吉本ばなな嫌いで読んだ事ないんですが
誰か読んだ人いない?

98 :yurine:2000/12/21(木) 03:39
確かに、僕地球はそれ以前の作品とくらべても(もちろんそれ以降と
比べても)質が桁違いに高いと私も個人的に思う。前世絡みのエピソ
ードや、その他の色んなところから漂ってくるオカルト臭や同人臭
が、人によっては嫌悪感を抱かせたかもしれないが、とにかく設定
構成が群を抜いて質が高い。10巻ぐらいまでのみせ方、読ませ方は
凄まじいと思う。それはやっぱり初期作品には見られない特徴だろう。
そして神は去り、オカルト臭と同人臭だけが残って今に至る。

99 :花と名無しさん:2000/12/21(木) 03:44
ここで嘆き悲しんでいるのは、ぼく地球より前からファンだった人が
多いんじゃないかな?
私も早紀ちゃんシリーズや悪魔くんシリーズは本当に大好きだった
年がばれそうだけどさ(^^;
ぼく地球はちょっと話を長引かせすぎたような気もするけど、まあ許容範囲。
でも今は話も絵も「なんだこりゃ」状態。
私は絵の崩れ方よりも、今のストーリーがイマイチってのが残念で・・・

100 :花と名無しさん:2000/12/21(木) 03:50
>>91
作品が売れるのと個人での好きキライは別の問題だろ
それにしても、今の連載がヘタレているという件に関しては
みんな同意見みたいだな

101 :花と名無しさん:2000/12/21(木) 05:02
なんか男言葉書く女の人って同人の人だったりする?


102 :花と名無しさん:2000/12/21(木) 05:25
ぼく地球は面白かったけど、基本的な部分で「?」が多いマンガではあった。
(”SF”としては、ちょっとつらい設定が多い。つーか話の大筋が人間ドラマ主でSFじゃないからなー)
そして、今は「?」だけが残る・・・。


103 :花と名無しさん:2000/12/21(木) 05:33
>>101
男が多い他の板で、女だというだけで叩かれたりすることがあるから
わざとネナベ風にしてる人多いと思うよ。
ここは板が板なだけに、その可能性がなくもないけどね。
みんながみんなそうじゃないだろ。

104 :花と名無しさん:2000/12/21(木) 05:34
>>95さんと>>97さんのやりとりに、
ちょっぴり和んでしまったです。

105 :花と名無しさん:2000/12/21(木) 05:53
>>103
日本語が変だと思う。


106 :花と名無しさん:2000/12/21(木) 06:03
その可能性ってのが同人の人の可能性ならおかしくないか。

107 :101:2000/12/21(木) 06:08
>>103
板によって使い分けられてる人ならいいけど
わざと男言葉を使うことによって、雰囲気悪くなってることもあるからね。
気を回せない人って感じ。

108 :花と名無しさん:2000/12/21(木) 07:28
日本語が変だといえば、それこそ今の日渡の問題点でしょ。

「ぼくタマ」では正しかったとは言わないけど、
「うてな」で変に若者言葉意識してきたあたりから、読むに耐えない状況が今にいたる。

最近の花ゆめの傾向なんだけど、そのシーン限りの台詞回しで登場人物同士が
会話して読者に納得させようとしてることが多くて、
今までの話とか、全体のテーマとかが二の次になっちゃうことが多いのです。
「ぼくタマ」ではそういう点は漫画の神様がどーにか抑えていたのだけど。

私の印象としては
山田南平、高屋奈月、日高万里、武藤啓、中条比紗也みたいな今の子受けしてる
作家の、お説教くさいセリフ回しがチヤホヤされてるのに、日渡までも毒された
感じ。しかもそういうのってゲームの影響も多い気がして。

結果として日渡が今風売れ線作家の真似して失敗死しただけなのかもしれないけど
その落下過程の悲惨さゆえ、ファンには耐えられないでせうね。

109 :花と名無しさん:2000/12/21(木) 07:55
宇宙、3巻止まり?
日渡の最大の失敗作なんじゃないか?
と同時に、次は花ゆめじゃ厳しいかもね…

110 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/12/21(木) 09:41
>108
ヘンに説教くさいセリフより作者が自分の中から搾り出したその人だけの
言葉が聞きたいです。

111 :花と名無しさん:2000/12/21(木) 11:13
>>99さん
そうそう、悪魔くんから比べると、ぼく地球って、
「おお、コマの数が減ったなあ」と思った。

>>109 それでも3巻でるだけ驚き。
  
もともと悪魔くんのときから、先を考えないで描いてるって
逝ってたもんね。だからどんどんおかしくなる。
ぼく地球は最初に全体のストーリーができてて、
好評だから、のばしていったんだよね。

うてなや宇宙は、冗漫すぎる。

ねえねえ、なんで顔があんなに曲がってるんですか?
デッサン以前に、漫画家として
あれだけふつうの角度の顔が曲がるというのは
どういうものなのでしょうか。

112 :花と名無しさん:2000/12/21(木) 11:33
ちょっと月まで、だっけ?
あれは結構昔のびわたりっぽくて好きだなぁ。
話はクサすぎでありがちなんだけどね。

113 :花と名無しさん:2000/12/21(木) 13:22
ぼく地球は確かに面白かった。紫苑の骸の所なんか「おおっ!」
と思ったもんよ。だけどあの最終回は何…?
無理やり脇役ひっつけて、くそつまんない説明だらだらコマの外に
書いてて…輪のピアノの自慢話なんか反吐が出た。
あの最終回のせいでそれまで自分の中で好位置だったあの漫画は一気に
駄作に堕ちたって。
ここはぼく地球信者がいるみたいだけど、あの最終回も素晴らしいわけ?(藁

114 :花と名無しさん:2000/12/21(木) 13:52
>>113
終わらせただけましだと思った。けど、やっぱり納得出来ない最終回だった。

私はアクマくんより早紀ちゃんシリーズのファンだけど、
あの頃のびわたりは、コマ割りとセリフが独特で新鮮だった。
けど、ぼく地球後半で大ゴマ連発し始めてから
一気に内容が薄まってしまった。
効果のある大ゴマならいいよ。書き込んでなくても雰囲気があるならいいよ。
でも、びわたりの見開き大ゴマは連発しすぎ。
「コスモな僕ら」も大ゴマ見開きをなくせば、1巻で収まるんじゃない?
ゲームばっかりやってないで、もっとプロット練ってほしい。
今のびわたりさん見てるとつくづく
ゲームがこの人をダメにしたんだなあと思う。

115 :花と名無しさん:2000/12/21(木) 14:09
>>113
自分もあの最終回で一気にさめた。
これまで付き合った自分の時間とお金を返せ〜!って
叫びたかったよ。
あの最後の一回さえなければ、まだ読める作品だったのに…。

116 :りん:2000/12/21(木) 14:29
わたしも早紀ちゃんシリーズとか、アクマ君シリーズが大好き。
「僕は天使になりたい」なんか、何回読んでも泣ける。
あの、キャラを天使だと信じてた女の子が、悪魔だって知って、叫び声を上げるシーンとか。
ホントにキャラがかわいそうで、切なかった。その後のキャラの笑顔もたまらなかった。

そもそも日渡りせんせって、オタクっぽいじゃない??
普通はこんな台詞はなかいだろーーってのが多すぎだと思う。
でも、それすら気にならないほどの、ストーリーの面白さがあると思うんだな。
くさいな・・・・ってわかってても、なんか感動しちゃったり、そういうのあるよ。

未来のうてなも、くさいしオタクっぽいし現実ばなれしてたけど、なんか好きだったよ。わたしは。
「未来は背中からやってくるんです・・・」なんて、凄い想像力だと思うし。
全体的には駄目作品なのかもしれないけど、ところどころの台詞とかかなり好き。
最近の作品って良くないの??未来のうてな以後は知らんけど。

絵が汚いとかは、デビュー作品とか読んでるから、あんまり気にならんな。


117 :花と名無しさん:2000/12/21(木) 14:36
ヒワタリの元ファンなら
もうだめ →もぉダメ って書かなきゃ

118 :花と名無しさん:2000/12/21(木) 15:38
>>117 ワラタ。

119 :花と名無しさん:2000/12/21(木) 15:50
早紀シリーズ好きだった・・・(年がばれるかな)
子供心に高校生になったらクラスに星野くんがいるんだと
夢見てました(その夢は打ち砕かれたけど)。


120 :花と名無しさん:2000/12/22(金) 00:41
>>113
日渡信者がぼく地球信者を藁とは具の骨頂だね
ちなみに最終回は見なかった事にしている

121 :120:2000/12/22(金) 00:50
具じゃなくて愚

122 :花と名無しさん:2000/12/22(金) 00:52
色々具にして楽しめるな(ワラ

123 :113:2000/12/22(金) 01:03
日渡信者じゃないから(藁

124 :花と名無しさん:2000/12/22(金) 01:05
「真実なんて、人それぞれ見えかたが違う」とか
「タブーとされるものは、人がそれにおちいりやすいという事。
人類がその欲望と戦ってきたことがうかがえる」とか
なーんか、けっこう好きっていうか目からウロコ。
普通に影響うけてしまったぞ!

125 :花と名無しさん:2000/12/22(金) 01:06
「伝えてボイジャー」を「ぱふ」で知ったのは私だ。

126 :花と名無しさん:2000/12/22(金) 01:14
過去の作品に関しては人それぞれ感想が違うとしても、
今の日渡さんに対しての感想は、皆同じかもしれない。

127 :花と名無しさん:2000/12/22(金) 01:32
>113
日渡信者ではないけど、ぼく地球は最後まで楽しめたよ。
最後の一回前で終わってもよかったかもしれないけど、
後日談がしっかりでててなんか安心できた。
でもリアルタイムで読んだ人は確かに「時間返せ」かもね。
私は一気読み派だったから、最終回もちゃんと繋がっていてなんなく読めたけど。


128 :花と名無しさん:2000/12/22(金) 02:02
マンガでも小説でも映画でも、物語は「終わりよければ全て良し」だ。
作家の真のストーリーテリング能力は途中経過ではなく
「シメ」で試される。
びわたりさんに限った事じゃないが。

ぼく地球の最終回を援護してあげる人はいないのかね。
信者さんからも見なかったことにされてるなんて…。

129 :花と名無しさん:2000/12/22(金) 02:07
てか、最終回覚えてないよ。
りんくんがきもかったのは覚えてるけど…

130 :花と名無しさん:2000/12/22(金) 02:07
私もうてなの「未来は後ろからやってくる」と「うちの
カレーライスじゃない」にはちょっとぐらっと来た。
アンテナはすごい人だ(った)と思う。今はそれが
果てしなく変な方向へ向いてる。
いつか戻るのかなあ?

131 :花と名無しさん:2000/12/22(金) 02:12
うっ。
アンテナって言葉で「デムパ」と浮かんだ私は
逝ってヨシかも(汗)

132 :花と名無しさん:2000/12/22(金) 02:39
ぼく地球…どんどんコマが大きくなって話は進まなくなり
後半は絵ががたがたに崩れていて
好きなキャラクターの顔が歪んでたりするとひじょーーーっに悲しかった。
上手く描けないって言うよりは描き飛ばしてる感じ。
絵以外でも、初めのうちの熱意みたいなもんが
どんどん薄れて行ってるのが手に取るようにわかったし。

気楽に描くのが悪いとは言わないけど、宇宙は投げやりにさえ見えた。
情熱なくなっちゃったのかなー。悲し。

133 :130だが:2000/12/22(金) 02:46
>131
あなたは間違っていない(笑)


134 :花と名無しさん:2000/12/22(金) 03:30
ぼく地球、途中であきちゃったというか
書くのがイヤになってきたんだろうなと思う。


135 :花と名無しさん:2000/12/22(金) 05:14
「未来は後ろからやってくる」っていうのなんだけどさ、
あれって山口美由紀の「タッジー・マッジー」のパクリなんでないの?
と思ったのは私だけ??
タッジー・マッジーの5巻で「未来は背後からやってくる」って言ってるシーン
あるんだよな。
あれにもうちょっと味付けしたら
うてなの「ぎゅーっと一本にして紡いでいるんです」という発想につながるんだと
思うんだけど。
リアルタイムにうてな読んでて、「これ絶対パクリだよ・・・」
と思って日渡株大暴落した記憶がある。

136 :花と名無しさん:2000/12/22(金) 10:10
キャラに聖闘士星矢の格好をさせるな、と連載中思っていた。

137 :花と名無しさん:2000/12/22(金) 10:14
あ。わたしも。↑
がっかりっていうか、情けなくなるよね。

138 :花と名無しさん:2000/12/22(金) 10:18
挙げ句には、コミックで幻水のイラまで掲載させちゃって…
プロらしからぬというか、ヲタ女ならではのオーラ満載というか

139 :花と名無しさん:2000/12/22(金) 11:46
ここ読んで、心配になってきた。
これから鼻夢買いに逝ってきます。

140 :花と名無しさん:2000/12/22(金) 12:17
>>138
そいうのを読者ちゃんは喜ぶと思ってるのかな…鬱だ…

141 :花と名無しさん:2000/12/22(金) 12:43
今号の千翔見て一言。
天地○用!の劇場版に出てくる妖魔の娘そっくし・・・sage

142 :花と名無しさん:2000/12/22(金) 13:48
未来は後ろから〜の話しは
新聞で見つけて?なんかギリシャでは昔からあった話らしい
とかそんなんが柱に書いてあった気がする

143 :花と名無しさん:2000/12/22(金) 16:31



                             終了。

144 :花と名無しさん:2000/12/22(金) 16:42
だったらあげんなヴァカ

145 :花と名無しさん:2000/12/22(金) 16:49
ワラタ!

146 :花と名無しさん:2000/12/22(金) 18:12
>135
日渡のパクリっぽい(はっきりとは言えないけど)部分って
前からあったと思うよー。
ぼく地球のESP戦の所なんか大友克洋のマンガの構図まんまだし、
アクマクンのシヴァが蝶の羽をつけてるシーンで、
あ、これ吉田秋生のマンガで見た絵そっくり!って思ったもん。
セリフとかでも、他のマンガで見たっていうのけっこうあるし・・。


147 :花と名無しさん:2000/12/22(金) 18:13
木蓮萌え

148 :花と名無しさん:2000/12/22(金) 18:16
昔からコミックバンドのようなひとだなぁと 思ってました

149 :花と名無しさん:2000/12/22(金) 18:23
木蓮のヌードはちーとも萌えんかった…
なんつーか…体とかヘボンなんすよね。
背景は綺麗だったけど。

150 :花と名無しさん:2000/12/22(金) 19:39
木蓮が基地に植物を生やしてしまい、座り込んで泣いてるシーン。
ヘンすぎるから…。

ハイネックぎみの服は作者が好きなのかね?
それともただの手抜き?

151 :花と名無しさん:2000/12/22(金) 23:06
…実は、あの☆矢のクロスを描いた時
白泉社に苦情の手紙出しました。
けっこうメタクソに書いたと思う。ふざけんな、とか。
後日どこかに謝罪がちょろっとだけ載ってたような?
私以外にも出した人いたんだろうなあ。

152 :花と名無しさん:2000/12/22(金) 23:33
ぼく地球の柱にあった
登場人物の生まれ変わりなんじゃないか、作者の生まれ変わりなんじゃないか、とか
思い込んでたファンって本当にいるの?
いるなら話きいてみたーい。

153 :152:2000/12/22(金) 23:36
(誤)作者の生まれ変わり
(正)作者と前世での知り合い

154 :花と名無しさん:2000/12/23(土) 00:26
確かに。
本気にしちゃったひとのご意見をうかがいたいものだ。
そんなやつ、いるのか?と
まるで現実味がなかったもん。
フィクション宣言のとき。
そーだろ?ってかんじ。

155 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2000/12/23(土) 00:30
火星の大統領(藁

156 :135:2000/12/23(土) 02:29
あー、元ネタはギリシャだったんだー。
すんごいばっちりなタイミングで出たからてっきりパクった
かと思った。違うんだね。
でもいろんな違うとこでパクリはしてると・・・。
・・・ダメじゃん!ダメじゃ〜ん!

157 :花と名無しさん:2000/12/23(土) 02:32
次の連載貰えるのか?

158 :花と名無しさん:2000/12/23(土) 02:38
パクリについて聞きたいっす。

159 :花と名無しさん:2000/12/23(土) 03:37
>>157
もらえない気がする。
びわたり、21世紀には鼻夢から消えるね。


160 :花と名無しさん:2000/12/23(土) 03:46
紫苑は悲しいくらい君の覚醒を待っている。
いい台詞じゃないか。ちくしょう。そうか。駄目か。きえるか。
すきだったんだがなあ、ぼくたま。

161 :おた男:2000/12/23(土) 04:01
そうか・・・そこまで落ちたのか・・・・怖いもの見たさで読んでみるかな


162 :花と名無しさん:2000/12/23(土) 04:09
もう、パクリでもいいよ
絵とストーリーがヘタレていなければ!

>>141
確かにそっくりだった
でもあの娘は可愛かったけど、千翔は・・・
特に千翔の正面顔のアップは変な顔で、読んでる自分は見るのもツラカッタよ

163 :159:2000/12/23(土) 04:14
すごく好きだったんだけど、そうとしか思えない現在。

164 :花と名無しさん:2000/12/23(土) 04:59
神様が降りてきてやってくんねえかな。また。
せめて絵だけでも。話だけでも。ちくしょー。
理由がわからねえ。何で今書いてるあれがあれでいいと思えてしまうんだ?
ぼくたま中からやばい部分があったッつっても、今ほどひどくはなかろうもん。
好きだったんだよ。尊敬してたんだよ。モノの作り手として!ひっく。

165 :花と名無しさん:2000/12/23(土) 05:10
>>164
残念ながら、神様は一生に一度降りてくればいい方です。
そして神様が再び降りてくるように祈られるような作家の許には、大概二度と
神様は降りてきません。

166 :花と名無しさん:2000/12/23(土) 05:22
終わったのですね…びわたり先生…。

167 :花と名無しさん:2000/12/23(土) 05:23
中学校前に姉が友人から僕たま借りてきたのを読んでおもしろいな、
と思ったんですけどそれが確か7〜8巻までだったような気がする。
ちょうど主人公たちの前世が分かりかけたところで続きが読めなくて、
でも買う気にまでなれないまま今に至る。
大人となった今文庫も出てるし買おうかなぁと思ったんだけど、
でも文庫でも長いしへたれだったらと思うと買えない。
(だって今あんなへたれな連載してるし買うだけ無駄?とやっぱ思う)
しかし、このスレ読むと10巻までがおもしろいみたいで・・・
買わない方がマシみたいですね。
でもほとんど忘れてるし読みたいんだよー。
なんで私の周りには漫画読みいないんだー(涙

168 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2000/12/23(土) 05:31
>>167
漫画喫茶とか行けば?意外とコワイところじゃないよ

169 :花と名無しさん:2000/12/23(土) 05:42
日渡早紀にはもう二度と漫画の神様が降りてくるような事はないのかなあ
私はアクマくんシリーズとか知らないぼく地球だけの読者だけど
昔のシリーズモノも人気あったんでしょ?
キャラクター構成する底力のある人なら
もう1度奮起して新しい世界を構築する事も、表現したい事もあるんじゃないかなっと思うけど

とか言いつつ、人物のシチュエイションや話の展開はスケールでかっ!とか思ってたけど
キャラクター一人一人のパーソナリティーにはそれほど魅力感じられなかったんだよなー、実のところ
迅パチ、田村氏ね氏ね論者だったし(ワラ 木蓮と紫苑の惹かれ合う過程の描写も物足りなかったし
けど、私は3巻の輪くんがはるちゃんを責めているシーンを読んですごくゾクゾクしたんだけどなー
やっぱもうダメなんかいな?!

170 :167:2000/12/23(土) 05:56
>>168
漫画喫茶行ったこと3回程あるんですけど、漫画読むの遅いから(1時間弱で1冊ペース)
買うのとほとんど同じだと思うと行けないなぁ。
国会図書館にでも行くかー(はぁ

171 :花と名無しさん:2000/12/23(土) 06:19
この人の場合、ゲームとか著作権とか自業自得だけど(波干ほどではない)、
良い物を作れなくなった作り手さんの気持ちを考えるとね…(苦笑

172 :おた男:2000/12/23(土) 06:26
今コンビニいって立ち読みしてきた。
絵だけ見てきたが、思ったよりはひどくなかった。
でもなんであそこまで絵が崩れてしまったんだろう??・・

173 :花と名無しさん:2000/12/23(土) 06:27
>167
ネタ...だよね?
国会図書館は普通の図書館(開架式)と方式が違うよ
いま売ってる本を読むなら買ったほうが百倍マシ

174 :花と名無しさん:2000/12/23(土) 06:35
>>167
ブックオフとか古本屋で買ってはどうでしょうか?
ぼく地球の前世の話は面白いですし
過剰に期待しなければ絵もストーリーもそんなにヘタレではないですよ


175 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2000/12/23(土) 06:36
>>172
そう、私は思ったよりひどくてかなりショックを受けた、ほんっと久しぶりに見たんだが

176 :花と名無しさん:2000/12/23(土) 06:44
>>169
>木蓮と紫苑の惹かれ合う過程の描写も物足りなかったし
分かる分かる。あんなに意志の疎通のないカップルがいていいのか
と、イライラしながら読んでいた
もっとラブラブな感じになるかと思っていたからよけいに
結局あの二人ってお互いを理解できてたのかと思うとすごく疑問なんだよ
こんな考えは嫌だから、誰か反論してくれ〜
(スレッドとずれた話題ですみません)

177 :花と名無しさん:2000/12/23(土) 06:56
>>176
っていうか、やはりあの二人の仲は当時から賛否両論あったんじゃなかったっけ?
私の友達は「木蓮って意外とつまんない女だったんだね」ときっぱり言い放ったし
↑こういう意見があるように、木蓮って一般に受け難い“天然キャラ”だったから
寂しがり屋の紫苑が木蓮に憧れていく心情はまだしも(個人的には物足りないけどね)
木蓮が紫苑に惹かれて行った過程は「?」的な意見が私の周りでは多数だった

178 :花と名無しさん:2000/12/23(土) 07:05
読者にも「あんたらほんとラブラブなんか?!」と思われちゃうようなカップルだから
近くで接していた玉蘭などはさぞや口惜しかっただろうな
惚れてた女いきなり友達にヤラれちゃったらそりゃあ激怒もするわな
ギョクやしゅすらんとかなどの一方通行ラヴな連中の気持ちはよく描けてたのにね

179 :花と名無しさん:2000/12/23(土) 07:36
紫苑と木蓮は、読んでいるこちらのグウの音もでないほど
ラブラブなカップルのほうが良かったんじゃないかと思うのだけど
私も片思いの人達のほうに共感しちゃったな
(ぼく地球の話題なのでsage)

180 :花と名無しさん:2000/12/23(土) 07:40
木蓮が紫苑に惹かれた理由
8割くらいルックス・・・なんて考えちゃった(・・・すみません(^^;)

181 :167:2000/12/23(土) 07:47
>>173
なんでネタなんだろう?
国会図書館行ったことありますよ、文献探しに一度。
開架式じゃないのも知ってる。
コピーが高いなーとは思ったけど。
行くかー(はぁ)というのを見れば分かると思うんだけど、
そんな本気じゃないんでまともに取らないでさらっと流してほしかった。
ブックオフで立ち読めるほどの長さじゃないし。
そもそもブックオフって郊外型で近所にはないんですよ。
そのためだけにブックオフにも行きたくないし、普通の古本屋も近所にないし。
確かに、買う方がマシかもしれないけどへたれてるという評判のを
わざわざ金出して買うのなら他のおもしろいと呼ばれてるのを買った方がマシ。
でも読みたい(でも金はだしたくない)なら国会行って一瞬の恥で済む方がまし
かなぁと思ったのです。
買っても場所とるだけだし(近所に古本屋がないとたまってく一方)。
感覚の違いをネタと言われても困る・・・。
ドキュソ決定でもいいですが。

スレとは関係ない&長文なのでさげます。スマソ。

182 :おた男:2000/12/23(土) 08:36
>175
僕はそれほど絵柄にこだわらないたちなんで・・・・
ストーリー>>>>>>絵と考えてるので
まあ、ひどいなあとは思いながらもまあ許容範囲
にしたんですよ。
でもこのスレッドよんでるとストーリーもずたぼろ
みたいなんで、悲しいですね。

183 :花と名無しさん:2000/12/23(土) 10:32
>>180

ごめん・・「ルックス」を「セックス」って読んじゃった(;´Д`)
なんてストレートなお嬢さんだとか思っちゃったよ・・・
たまってんな私・・・
イブイブの今日氏にます。さようなり(^-^)/~~~~~~~~

184 :花と名無しさん:2000/12/23(土) 12:25
そういえば木蓮ってなんで紫苑を好きになったんだっけ?と考えると
理由を思い出せないや
やはり好みの顔だったが8割で、あとの2割がセッ・・・
―――――――――――――――――――――失礼しました
(なんだかレディ・ギネヴィアを思い出しちゃうなー)

185 :花と名無しさん:2000/12/23(土) 13:56
>>183-184
まるでセクースを知らない処女ドーテーのキチェスがセクースを知った事によって紫苑に惹かれたみたいですな(ワラ
それだったらギョクも木蓮を押し倒してたらひょっとしてうまく行ってた?(お下品失礼!)

186 :花と名無しさん:2000/12/23(土) 14:41
木蓮って紫苑と初めて会った時「ハンサムでラッキー!」って
一目ボレ状態だったような。
後は「紫苑って孤児で私がついていないと可哀想」
「皆に聖女(藁)と崇められて困る〜私普通の女の子なのに!
紫苑だけが普通の女の子扱いしてくれるのvvv」
と言う気持ちで好きになったんだと思ってたけど?

187 :花と名無しさん:2000/12/23(土) 14:49
ぼくたまは春ちゃんへの憎しみだけで読んでました……。

188 :花と名無しさん:2000/12/23(土) 15:20
↑詳細きぼーん。
ちょっと私には理解不能アルヨ。

189 :花と名無しさん:2000/12/23(土) 15:29
>>186
理屈はそれでほぼ正しいと思う、
ただ
少女漫画のヒロインってのはあまり「出来杉くん」タイプだとダメで
稀な産まれ、特殊な能力、才色兼備な木蓮は、一部から憧れられても
読者によっては共感しにくかったという点だと思う。
おまけに好き嫌いが激しく出る天然系だったし


190 :花と名無しさん:2000/12/23(土) 15:45
普通ぶりアピールされてから益々共感出来んように
なりました<木蓮
出来杉くんのままの方が良かった。

191 :花と名無しさん:2000/12/23(土) 16:29
木蓮……最初に月基地のひとたちと会って、
紅茶かなんか飲みながら話すシーンがあったように思うけど、
あの当時、どーしても喋り方がAV女優・黒木香にかぶって聞こえてしまい、
上品とか周囲に憧れられる雰囲気とは思えなかったという記憶がある(笑)。
あれは普通ぶりをアピールしてたあたりだったかな。

192 :花と名無しさん:2000/12/23(土) 16:51
>>191
何か変だな。もにょるな。とずっと思ってたんだけど、
黒木香に似てたからだったんだ(笑)
スッキリしました。有り難う。

193 :花と名無しさん:2000/12/23(土) 18:22
黒木瞳と黒木香じゃ、大分違うね

194 :sage:2000/12/23(土) 22:05
紫苑の目から見た木蓮と、木蓮主観の時の木蓮
絵も性格も違うから同一人物に見えないよ。

っていうか、途中であまりにも絵が変わってしまった為に
「先生は途中で死んだんだ、これは影の人だ!」って思い込もうとまでした。
輪の髪にトーン貼るのしないで欲しかった。

195 :194:2000/12/23(土) 22:10
ごめん間違えた。
内容と共にイタイ。

196 :花と名無しさん:2000/12/23(土) 22:30
私も文庫版で一気に読んだから、別に不満はないなー<ぼく地球最終回
ぼく地球すっごく好きです。連載当初は途中で読むのやめちゃったんだけど
10年近く経ってふと最後が気になって読んだんですが、面白かったですよー。
最終回が気に入らないって人は、きっとその後の様子を作者に限定して欲しくない、
って方なんじゃないですか?余韻を残してあとは読者に委ねる、ていう終わり方が
好きな方なんじゃないかと思います。
「うてな」も最近一気読みしました。絵は変だったけど、まぁ面白く読めましたよ。
普段あまり漫画読まないんで、よく読んでいる方から見るとダメダメなのかもしれませんが。。。
でもぼく地球以前の作品とはやっぱり、なにか違いましたねー。キャラクターに魅力がないのかな?
今の日渡さんもっとダメなんですかー。アクマくん続き読みたいですね。

197 :花と名無しさん:2000/12/23(土) 22:35
>>196
今の「宇宙なボクら!」はハッキリ言ってクソ以外の何物でもありません(汗

198 :花と名無しさん:2000/12/24(日) 00:31
はぁ〜〜〜〜〜〜〜(大きくため息)
さっき最新のハナ夢、買って読みました。
宇宙・・・最悪を通り越してますわ。
まったく意味のない1p1コマ。
それがしょっちゅう。
無理にひきのばしてるかんじ?
せんせ〜、もうマンガ描く気はないのだと思う。
あんなひどいコマ割りと内容と絵は、読者への侮辱だよ・・。

199 :yurine:2000/12/24(日) 04:26
表現意欲と成長意欲が感じられないのが一番気に触る。スランプならスランプでアイデアでなくて苦しそうにしているとか、
センスがなんか変になっちゃった人がつまらない事を本人だけが面白いと思って頑張っちゃってたり
とか、していればまだしも。どう考えても歪んだ絵とでかいコマ割りと弛緩した
ストーリーを垂れ流してはい今月もお仕事しましたですか。名作は一生に一度でいいですか。
あとはゆっくりサラリー分のお仕事すればいいですか。いいもん書こうと思って仕事してるようには
どうしても見えないんだよ。どうしても。

200 :花と名無しさん:2000/12/24(日) 04:35
宇宙はうっかり連載なんかにしないで
読み切りとかですっきりまとめてくれれば
まだ読めたんじゃないかと思う。

しかしぼく球で身についちゃったらしい
1P1コマ病ちっとも直らないねぇ。

201 :花と名無しさん:2000/12/24(日) 04:56
ほんと、宇宙の内容の薄いことといったら笑ってしまう。
200さんがいうとおり読切でよかったと思う。
前後編60pくらいで、これまで1年半タラタラやってたのと同じことが出来たはず。
日渡さんのここ1年半は、無駄でした。

202 :花と名無しさん:2000/12/24(日) 04:57
最悪だよね、あの台詞回し〜。
特に城崎や滝岡の若者言葉もどき。頭おかしいんじゃないの?と思う。

203 :花と名無しさん:2000/12/24(日) 11:19
宇宙の要約。

「正体不明のいじめにあうが、犯人は身近なひとで、仲直りしました。
 その過程でラブも生まれ、カップルが生まれました」

・・・・・そんだけ。まじで。

204 :花と名無しさん:2000/12/24(日) 15:44
>>203
すごい。2行で完結ですね(笑)

なんで厨房の学園話しだったんでしょうねぇ<コスモ
もっと厨房の研究してたらこうまでイタタなのには
ならなんだろうに。

205 :花と名無しさん:2000/12/24(日) 15:50
どなたも触れませんが
”ここへおいで真理子”もそうとう駄作だったとおもうのは私だけですか?あんまりよんでないけど。
あと、メロディに乗ってた読みきりとか。嫌な予感は漂ってた。

206 :花と名無しさん:2000/12/24(日) 16:04
ここへおいで真理子は原作ってだけで他の人が描いてたみたい。
その原作はPUTAOで小説みたいなの書いてたよ。
私はPUTAO買ってたけど、まともに読んだことない。

207 :花と名無しさん:2000/12/24(日) 16:14
>206
私もとばしてた。なんの内容もないことは一回目でわかったから・・・

208 :花と名無しさん:2000/12/24(日) 16:22
206です。話はまともに読んで無いっていったけど、
作者の近況が少しだけ載ってるのは読んだことあるよ。
パソコンが壊れた(もしくは猫が壊した)とかCGソフトが
難しくてできないといった、内容ばっかりだった気がする。
やっぱCGやめたほうがいいよ。日渡さん。


209 :花と名無しさん:2000/12/24(日) 17:09
連載終わらされて、花ゆめからほされて起死回生のために
入魂こめてアクマくん!て事にならないかなー。
ぼく地球くらいまでの絵のアクマくんなら許せる。


210 :花と名無しさん:2000/12/24(日) 18:16
私が代わりにCG描いてあげたいよ(ヒワタリさんとタメ年のCGくりえいた〜)

211 :花と名無しさん:2000/12/24(日) 21:26
ボクタマんときは、ここまで共感できなかったり好きになれないキャラ
ばっかなのもめずらしいや。という思いでした。
田村がどうしてもね。頼む死んでくれ!って思ってた。
個人的に最終回の桜と一成ができちゃったよ話で萎え萎え。
あれであの二人の今までの友情話がこなっごなに砕けて海に還って
なにも残りませんでしたどうもアリガト!サヨナラ!
ってなったんすけど。

212 :花と名無しさん:2000/12/24(日) 22:19
メロディにのった読切、話がどうこうという以前にカラー扉絵が
最悪だった。
210さん、ぜひ、描いてあげてください。

213 :花と名無しさん:2000/12/24(日) 22:22
>>212
いや、カラーがどうこう以前に、内容が…

214 :花と名無しさん:2000/12/25(月) 01:09
うん・・・内容が・・・。

いまのびわたりに編集って口をだせないのかなあ・・・。
あんなネームを通してしまう担当ってわからない・・。
らがー先生は、ネームを納得するまで切り貼りするっていうけど、
びわたりにそれは、
まっっっっっっったく!感じない。

215 :代打名無し:2000/12/25(月) 01:19
>214
編集が腐ってますから。

216 :花と名無しさん:2000/12/25(月) 01:23
それでわ大御所ってだけで仕事貰ってんだろうか。

217 :花と名無しさん:2000/12/25(月) 02:24
らがぴー先生だってまだわかんないよ

218 :花と名無しさん:2000/12/25(月) 02:27
>>217
それはどういう意味なの?

219 :花と名無しさん:2000/12/25(月) 02:36
確かに間延びしはじめてから「ぼく地球」は、ちょっとねえってカンジでしたが。
一番ゲンナリしたのは、最終話欄外の怒涛の書き込みだったなあ。
それから、もう見てないです。
コスモ終わるらしいけど、よかったねアゲ。

220 :花と名無しさん:2000/12/25(月) 02:43
>>218
今は面白いの描いてるけど、まだこれから先いつ描けなくなるか、
わからんって意味。
私は羅川ファンですけど。

221 :花と名無しさん:2000/12/25(月) 02:49
メロディの読みきりって
あのばーちゃんが死んじゃうやつ?

222 :花と名無しさん:2000/12/25(月) 03:48
昔はアシャ派だったが、今はチャチャもいいなと思う。
今やるんだったらチャチャの方が人気でるんちゃうかなぁ。
流れに関係ないのでsage。

223 :花と名無しさん:2000/12/25(月) 04:39
>>220
でもそれは羅川先生に限らず、すべての作家にいえることじゃない?



224 :花と名無しさん:2000/12/25(月) 06:40
ばーちゃんが死んじゃう話って、もしかして「うてな」に
収録されてました?

225 :花と名無しさん:2000/12/25(月) 10:49
>224
そーですよ。
最終巻に収録されとりました。

226 :224:2000/12/25(月) 14:25
>>225
有り難うございました。やはりでしたか。
うてなを立ち読みしてた時、最後の方で「なんだこりゃ?」
と思った話があったもんで。
(あれをうてなの最終話と思ってた)

227 :花と名無しさん:2000/12/25(月) 22:27
初恋の人だったよ〜アクマ君は
キャラのアップで1ページ1コマか2コマ病も
アクマ君のアップなら許せるかも
別ハナ辺りでアクマ君シリーズを完結させて
あとはフェードアウトして下さって結構です

228 :花と名無しさん:2000/12/26(火) 01:13
通りすがりのララ読者です。
ララに載ってる花ゆめのCMを見て、
最終回のわりに扱いちいちゃ〜…と思ってたのですが、
やっぱりというかなんというか、ファンにも不評なんですね…。
あ。ぼく球は好きでしたよ。1ページ1コマか2コマ病は気になりましたが。
それでは、お邪魔しました〜。

229 :花と名無しさん:2000/12/26(火) 08:16
>>228
ララもかなり酷い事になってるね、funfun厨房だっけ?
何あれ?(笑
関係ないか

230 :花と名無しさん:2000/12/26(火) 08:51
もーいーですよー、さげましょーよー

231 :花と名無しさん:2000/12/26(火) 13:18
アクマくんで、2ページ1コマってなかったっけ?
あのあたりから前兆・・・?

白線舎のへんしゅーもここ見てないかなあ・・・。

びわたり先生、もういらないです。

232 :花と名無しさん:2000/12/26(火) 20:34
>229
ファン同士で云う分にはいいけど、他の人には云われたくないってコトですか?

233 :花と名無しさん:2000/12/27(水) 01:39
最後の掲載号の発売日まであと何日?

234 :花と名無しさん:2000/12/27(水) 01:44
あと10日くらい?<最後の話掲載号

235 :花と名無しさん:2000/12/27(水) 02:29
カウントダウン?

236 :花と名無しさん:2000/12/27(水) 02:51
おっとぉ。
鼻夢掲示板にて日渡センセー最高!の書き込みを発見。

237 :花と名無しさん:2000/12/27(水) 03:26
私も見ちゃった…。日渡マンセー。
それだけ?今の連載の感想は?ほんとに好き?
ってな感じの内容。
でも元信者としては、まだ指示されてることにちょっとほっとする。
先生の今の作品には納得行かないけど、先生自身は嫌いになれないから。

238 :花と名無しさん:2000/12/27(水) 06:46
日渡センセったら高尾滋が受賞した時に
「器用貧乏にならないように気を付けて」とか何とか評入れてたケド、
日渡りセンセこそ、もっと器用にならないと(ワラ

239 :花と名無しさん:2000/12/27(水) 23:18
はなゆめ見ましたよー。あんなんなっちゃってるんだ。。。。。
びっくり。とてもぼく地球描いてた人なんて思えない。


240 :花と名無しさん:2000/12/28(木) 00:21
なんか、あの1件だけが浮いてるような…<華夢掲示板
最終回迎えたらもっとたくさん書き込みがあるかしら。

241 :花と名無しさん:2000/12/28(木) 06:49
デビュー当時からのファンだったんだけど、
うてなからファンやめました。
ところで日渡せんせって、恋愛感情の描写が下手な気がしません?
早紀ちゃんシリーズやアクマくんまではなんとか
「これこれこうだからこの人が好き」っていうの、納得できたんですけど、
ぼくタマ以降は理解もできない。
何度読み返しても、木蓮と紫苑がなんでお互いのこと好きになったのか
ちっともわからないんです。
うてなやコスモにいたってはもう論外なんですが…
ストーリーを作るのはうまくても、感情描写の底が浅い気がします。
…あ、ストーリー作りがうまいっていうのも、もう過去形か(涙)

242 :花と名無しさん:2000/12/28(木) 08:48
アクマくんの再開はもうありえないんですね・・・、そうですか。

243 :花と名無しさん:2000/12/29(金) 01:37
う〜ん。確かにわたしも、なんで木蓮が突然、紫苑を好きになったのか
理由がわからない・・・。

びわたり先生って、結婚されてるんだっけ?
っていうか、恋愛経験は・・・

244 :花と名無しさん:2000/12/29(金) 01:59
独身のはず。

245 :花と名無しさん:2000/12/29(金) 02:03
前にも書いた人いるけど
「私普通の女なのにみんなキチェサ−ジャリアンとしてしか扱ってくれない。
この人だけは私を普通の女として扱ってくれるわ!」という感じで
木蓮は紫苑を好きになったんでしょ?
紫苑はどんなにひどいこと言ってもひどいことしても許してくれてさらに
「こいつにはどんなに隠しても俺の本心を見抜かれてしまってる。(故郷の映像とか)
そして俺を受け入れてくれた」って感じで木蓮を好きになったんじゃない?

でもどっちも一目惚れっぽい気もする。

246 :花と名無しさん:2000/12/29(金) 02:03
実は私もわかりません<木蓮と紫苑
日渡サンは独身らしいですよ。
恋愛は・・・どうだろ?本人に聞かねばわからないか。

247 :花と名無しさん:2000/12/29(金) 02:06
おっと。かぶっちゃってるし<自分。

木蓮は美人だから嫌われるのを嫌がってるのに、
メンクイで紫苑を選んだってとこに、何か「ん?」って感じが。

248 :花と名無しさん:2000/12/29(金) 02:12
人を好きになるのに理由なんてあるの?

249 :花と名無しさん:2000/12/29(金) 02:16
>>248
流れが不自然で感情移入できなかったってことでしょう。
理由はなくても「どこに惹かれたか」を読者に伝えなくては。
確かにモクレン側は、それが薄いかも。
シオンは別に違和感がなかったけどさ。

250 :花と名無しさん:2000/12/29(金) 02:22
>248
そりゃそうだけど、いきなり「好きになりました」じゃ納得できんぞ
玉がとっとと木蓮を押し倒してたら
「私を普通の女として扱ってくれたわ」とかってカップルになってたかも?
そう。これが問題なんだな〜
普通の女として扱ってくれるのなら木蓮は誰でも良かったんじゃないか
って思えてしまうところ
絶対にあなたでなければ!というエピソードがあれば良かったのに・・・と思う

251 :花と名無しさん:2000/12/29(金) 02:29
やっぱり男は顔とナニ…ボソ

逝って来るよ。

252 :花と名無しさん:2000/12/29(金) 02:36
>>250
そうなったらかなり話しが変わってましたねぇ。
木蓮の余計なエピソードいらんから肝心のとこを
しっかりアピールしてくれないと、解からなかったです。


253 :花と名無しさん:2000/12/29(金) 03:09
>250
でもさぁ、結局は似たもの同志だった訳なんじゃない?
誰にも(他のキチェサージャリアンさえにも)理解してもらえない、天涯孤独の
キチェサージャリアン<木蓮と
誰にも理解してもらえない、戦災孤児の天才エンジニア<紫苑

あと、キチェサージャリアンを普通の人として扱うなんて
宇宙人とか神様とかを普通の人として扱うほど珍しい事で
だから、普通の人じゃ絶対にできない事を紫苑はあっさり
やってのけた、ていう事だと思うんだけど。。。。。。


254 :花と名無しさん:2000/12/29(金) 04:07
じゃあ、似た者同士だから引かれたあったという感じにできなかったのかなぁ
と思うよ
前の書き込みにもあったけど、つまるところ、二人の引かれあう描写がイマイチで
そして、一応恋人同士と認められた後も
お互いを理解しきれないままだったという感じが、読んでいて不満な訳なんですよ
少なくとも私はね。(あっ、250です。ぼく地球の話題なのでsageますね)

255 :花と名無しさん:2000/12/29(金) 04:15
再び250ですが、ぼく地球のことになると
いろいろ言いたいことも出てくるわけです(不満とかも含めて)
でもそれは、やはりぼく地球が好きだからだけど
今の連載には言いたいことは思い浮かばない。もうどうでもいいっていうか
日渡先生〜どうしちゃったんだよ〜〜〜!って感じですね・・・

256 :241なんですが:2000/12/29(金) 04:23
木蓮は「私を普通の女として扱ってくれた」、
紫苑は「ひどいことしたのに許してくれて家族になろうといってくれた」
で、両思いになりました、って言いたいのはわかるんだけど、
しっくりこないというか、ほんとにそれって恋愛なの?って
感じなんですよ。生まれ変わっても愛し合うような関係に思えなくて。
というか、紫苑と木蓮って基地でとうとう二人だけになっちゃっても、
ベッド別々なんですよね。
それから考えてもレイプ事件以降肉体関係があったとは思えない。
それは何もかも許し合えた恋人同士なのかなあ?って。

考えてると、アクマくんがカイエといい感じだったのも何で?って
気がしてきた…

257 :花と名無しさん:2000/12/29(金) 04:23
ぼく地球は
いろいろと動機が不十分だと思う。


258 :花と名無しさん:2000/12/29(金) 04:44
木蓮が紫苑に抱かれに行く前に
「彼を愛しはじめている」「こんなに彼に愛されたいと思っている」
(↑ちょっとセリフうろ覚え)というセリフが、よく分からないのです
あんた、いつからそんなに紫苑を好きになったんだ?って思うんだな

259 :ゆりね:2000/12/29(金) 05:19
顔が良かったからと言う動機が一番大きい気がいたします。まあでも、私あの頃
すげえ紫苑好きだったので、紫苑にほれない女なんていないさ。くらいのとこで
納得してたです。ていうか、紫苑側のストーリーは夢中になってよんだが、
木蓮側のストーリーになってから全然間延びしちまって、深い心理にまで入り込めなかった。
でもモクレンのお父さんの話は好きだったです。「あの時の..父様のあの瞳」
目が綺麗だった父様。

260 :花と名無しさん:2000/12/29(金) 07:15
前世の記憶の描写って、紫苑と木蓮と2人ぶんも長々とやったのに
いずれも小さい頃のトラウマの原因とか、そう言う描写ばかり冗漫で
肝心の2人が出会ってからのところがボヤけてしまったのも原因だと思う。
ベタベタでも、小さい頃に実際に接触を持たせるとか
そうするだけで男女の恋愛関係なんて結構説得力が出るもの
エピソードで恋愛感情の発芽が描けないなら、時間を利用できればよかった。
高校生以下の女の子がが主人公の恋愛モノの少女漫画って「ただ好きだから」でも通用するけど
大学生以上の女性の恋愛漫画が、以前から友達だとか、同じ会社で何年も勤めてる同僚だとかそういうのが多いってのは
いかに大人の男女がまっさらの状態で出会って始まる恋愛物は、理由や動機付けが難しいからだと思う
つづく

261 :260:2000/12/29(金) 07:16
例えば新たに大人の男女が出会う恋愛漫画って
「最初からお互い第一印象最悪(人格が既に形成されつつある大人同士なので)」
→「激しく衝突しながらも、ぶつかり合い話し合う事によってお互いの理解を深め合う」
→「お互いの気持ちに気づく」→恋愛関係成立 って図式が多いけど、ぼく球のあの2人の場合
=====================
出会い:「お互いまあまあの第一印象」→紫苑:美しい木蓮に惹かれつつも素直になれない
→木蓮:純粋さゆえ紫苑の言葉をストレートに受け取り傷つくが、『自分を特別扱いしない』紫苑に心を奪われていく
→レイプのようなエッチだったけどなんかテキトーに話し合ってお互いが本当は惹かれ合っていた事に気づく

多分紫苑のような心理状況って男女問わず誰にでも理解しやすいものなんだろうけど
(ずっと孤独で、美しく優しい女神のような女性にほだされて愛に変わっていく)
木蓮みたいな状況(容姿、頭脳、稀な生まれと出来過ぎだが、中身は至って普通の女性が
当たり前の女として自分を扱ってくれる男性に惹かれる)という心理って、よほど説得力を持ったエピソードや理由付けが無いと
理解され難いんだと思う。これだけ納得しない人が多いのは、やっぱ説得力が足りないと思う。

とはいえ、そこをカバーしてもあまりあるほどぼく球面白いとは思う。今でも好きだ

262 :花と名無しさん:2000/12/29(金) 12:45
260さん、良い事言いますね
確かに、大人の男女がまっさらの状態で出会って始まる恋愛物は
理由や動機付けが難しいと思います
日渡さんのマンガが恋愛感情の描写が下手だと思われてしまうのは
エピソードで恋愛感情の発芽がうまく描けないからでしょう
これって少女漫画としては致命的な弱点だと思うけど
ストーリーが面白ければ欠点なんてさほど気にならないものですね
(例:初期の作品。ぼく球)

で、最近の作品はというと………(ため息)

263 :花と名無しさん:2000/12/29(金) 15:05
>259
私もルックスだと思ったー。別にシオン好きじゃなかったけど
自分の好みバッチリの人が現れたら、木蓮じゃなくても
ふらふらっといくんじゃあ・・。

264 :環境破壊ちゃん:2000/12/29(金) 15:18
筆者が裏ヒロインである木蓮の気持ちを
把握しないまま描いてたんでせうか
 †
(-_-)アリスハスキ

265 :花と名無しさん:2000/12/29(金) 16:15
ここを読んでようやく木蓮と紫苑の恋愛のきっかけが分かった。。。
みなさん、解説ありがとう・・・。
ほんとに「????」だったので・・・。

266 :253:2000/12/29(金) 20:22
>250
それがお互いの子供時代の描写だったんじゃないかな<似たもの同志だと読者に知ってもらう
理解しあっていたとは思えないけど、でもとてもお互いを愛していて
それを伝えられきれてなくて、だから現世でやっとそれをわかりあえた、と
いう感じだと思うのですが、どうでしょうか。

>260
でもやっぱり説明不足なのかなぁ
ここ見てぼく地球に不満が多い人がけっこういること知りました。

私も今でもぼく地球すっごく好きです。これほどはまった漫画は他にない。
だからこそ今のは。。。。。。読む気もしません。悲しひ。。。

267 :花と名無しさん:2000/12/29(金) 21:37
>>266
「ぼく球」に不満があるんじゃなくて
ただ一点「木蓮と紫苑の恋愛感情」ひいては「木蓮の気持ち」のみに問題あるんじゃないかな
まあ「画竜点睛を欠く」てな感じで
「時を経て生まれ変わった2人が出会い、やっとわかりあえた」ってところは素晴らしくロマンチックなのに
その原点である筈の「前世での2人の結びつき」の動機付けがちょっと弱かったのが残念、という感じで

268 :花と名無しさん:2000/12/29(金) 23:55
>>267
私もそう思う。

>>266
不満があるわけじゃないですよ。だたちょっと「?」と思ったというくらいで。
ほかの部分が丁寧なので、「やけにあっさりしていて説得力がないなあ」と感じた、と。
だからといって積極的に不満を持っているわけでもないです。
そのくらい、ぼく地球には力がありましたから。。んで、今は。。。涙。

269 :花と名無しさん:2000/12/30(土) 02:07
ぼくの地球をどんなに語っても、既に過去の栄光…
現状に目を向ければ、ただ虚しいばかり。

270 :花と名無しさん:2000/12/30(土) 02:36
もうこうなったらぼくたまについて語ろう。アクマくんでも可。

271 :花と名無しさん:2000/12/30(土) 02:46
手元に本がないので思い出だけなのですが、
リアルタイムに「ぼく地球」を読んでいた頃の印象では、
紫苑にとっては木蓮は女である前に母だったような
気がしていました。
「SEXしてもキチェが消えない」事に紫苑が救いを感じ、
それによって木蓮が「結局この人にとっても【聖女である
私】が大切なのか」と傷つく場面で、この二人の深い
永遠のすれ違いを感じて、当時ひどく考えさせられました。
女の聖性(母性)に癒される傷ついた少年と、
彼を甘やかす(愛する?)為に聖女であり続けた女。
うまく言えませんが(^^;
紫苑には、妻に母親役を求める男性の本能を見たし、
木蓮には、内心の葛藤とは別に、男の為に母親役を演じる
女性の本能を感じました。現実にもいません、こういう男?
前世では完全にわかりあえてハッピーエンド、ってわけじゃなかった
部分がすごく現実的だったな〜って思ってました。
前世ではすれ違っていた分、現世で再びわかりあおうとする
物語りだと思っていたので、現世でのありすと輪のカップルの
ラストの方が、私的には消化不良ぎみです。年齢差の分、余計に
ありすは母親役をさせられてる気がして。。。

ま、こーゆー読み方をしていた人間もいたということで。



272 :花と名無しさん:2000/12/30(土) 02:48
>もうこうなったら
爆です(^^;

記憶鮮明もアリ?

273 :花と名無しさん:2000/12/30(土) 03:09
アリアリ

274 :yurine:2000/12/30(土) 03:21
>>271
確かに輪とアリスのラストのほうが非現実的ではありますね。はは

紫苑の求めていたのが最終的に家族愛であったと言う事はすっごくよくかかれて
いたと思う。ラズロの話とか、泣けたもの。家族愛=聖なる愛みたいな
感じで、木蓮の事を紫苑が最終的に神聖視していた流れはすごく納得がいった。
神の愛に対する紫苑の気持ちが、孤児院時代から色々な流れでひねくれて
形成されていったのも伝わったし。

そこに神=聖なる母の愛の代弁者たる事を強いられつつも、普通の恋がしたい
木蓮がやってきてジレンマに悩む..という流れですね。なかなか、そう
考えると大変よく練られた恋愛模様のような気がしてきた。いまいち
説得力に欠けた感じが私的にしたのは、やっぱり木蓮の聖女になんか
なりたくないのっぷりがいまいちナチュラルじゃなかったからだとおもうなあ。
中途半端にいい人なんだよな、モクレン。

275 :花と名無しさん:2000/12/30(土) 03:41
>中途半端にいい人なんだよな
つーか、愛された子供とそうでない子供の違いじゃないかなあ。
モクレンってなんのかんの言って「愛された子供」だよね。
「聖女じゃない」けど「善人ではある」から、「ぶってみたい反発」みたいなのが
あっただけかも>ナチュラルじゃない。


276 :271:2000/12/30(土) 04:09
「聖女である自分」でなく「等身大の自分」を求めてくれる人を
待っていた木蓮。
「等身大の自分」を求めてくれた(筈)の紫苑に抱かれに行ったのは、
自分の理想の具現というか・・・「私はただの女としてこの人の為に
生まれてきたのね」と思いたいがゆえの、一種の自己満足を得るため
だったんじゃないかと思うんです。言葉を悪くすれば、紫苑を利用した
というか。この時点での木蓮の「恋愛」は自己暗示(疑似恋愛)に
近いモノがあったんじゃないかと。
なのに当の紫苑は「聖女である自分」に救いを見た。
そこに木蓮の諦念というか、挫折感というか・・・。
二人のすれ違う「愛」の救いがたさがあるような気がする。
結局木蓮は、紫苑の為に死ぬまで「聖女」を演じ続けたわけだし。
これが愛ゆえかどうかは・・・うーん、諦念の果ての母性愛なんじゃ
ないかな、と。
結局、木蓮は紫苑を救ったけれど、紫苑は木蓮を救うことは出来なかった。
・・・というのが前世でのいきさつだと思ったので、
現世での輪とありすの「恋愛」がいまいちリアルに書き切れて
いないのが、残念かなー。輪はありすを救えたのか??
木蓮と紫苑の間の「愛」がいまいち見えにくくなった最大の理由は
輪とありすのあいだに「恋愛」がなかった(ような気がする)から
ではないかと思うのです。
わたしがあまり読み返そうとはしないのは、そういう意味でラストが
私的にはなっとくいかなかったからなんですよね。(木蓮=地球=
母)という解釈で終わってしまっていて、木蓮が望んで果たせなかった
「等身大の自分」を愛してくれる人、というのは、現世で実現したと
いえるのかどうか・・・。
前世の部分だけで一種の悲劇(!?)として読むなら、かなりいい
物語りだと思うのですが。

277 :花と名無しさん:2000/12/30(土) 04:48
ラブストーリーや恋愛モノとしてみるとちょっと(深く考えなければ)失敗だけど
壮大なヒューマニズムでの「愛」がサブテーマとして見るなら一応の成功を収めているのではないかと
木蓮自身が母なる地球で、紫苑が己を受け入れてくれる彼女をそう愛したというなら
恋愛観抜きで見てあげられるし

しかし、もっと出会った頃の子供の輪君のまま将来に希望を持たせて終るラストの方がまだましだったのではないか
私の友達間でも結構「何あのラスト、気持ち悪いっ!」と言う声が結構多かった・・
子供のままだと「輪くんかわいい!」で済むけど小学校高学年〜中学生になるとなんか生々しくて・・

278 :花と名無しさん:2000/12/30(土) 06:01
ぼく地球の話になると盛り上がりますね
やはり人気が高かったのだと思い知らされます

日渡さん〜。もう一回頑張って下さい(下さいつーか、頑張って欲しいのよ)
よかれあしかれ、これほど話題になってしまう話を!

279 :花と名無しさん:2000/12/30(土) 06:53
最後はどっちでもよかった気がするのですが、どうなのでしょう?


280 :花と名無しさん:2000/12/30(土) 15:08
うんうん、あのラスト、花夢で読んでいて、
「げ〜〜〜〜ゲロゲロ〜〜〜〜〜カーペッペッ!!!」
でしたけど、
まあ、真吾くんがいたしねえ・・・>山田南平

281 :花と名無しさん:2000/12/30(土) 15:20
なんだか私は紫苑にも木蓮にも感情移入できなかったから
一度も泣けなかった。
ハッピーエンドになっても、は〜そうですか、よかったネ!って感じ
だった。ラズロが出てくるあたりも、かわいそうでしょ〜ここは泣く所なの
よ〜って言われてるみたいで、しらけた・・。

282 :花と名無しさん:2000/12/30(土) 15:30
日渡さんてばもう…この世から消えてねサヨナラ!

283 :花と名無しさん:2000/12/30(土) 15:43
ぼく地球の最終回直してから消えてね!
今だに気にいらんのじゃ〜!!

それかいっそ全然関係ない人に最初から書き直してもらいたい。
岡田あーみん大先生とか・・・

284 :花と名無しさん:2000/12/30(土) 15:44
そりゃあるいみすごいのができるかもな(藁

285 :花と名無しさん:2000/12/31(日) 03:02
紫苑が北野で、玉蘭がおとーさん?

286 :yurine:2000/12/31(日) 03:25
あの最終回かあ...あれはないよなあ..ていうかいらないよな..
いいじゃん、紫苑の目から花咲いてた回で終わらせてさ。それでよかったのに..
「木蓮、君は既に地球を救っていたんだ」
納得いく終わり方だ。後日談は必要だったのだろうか?まあ、でもファン的に
寂しかろうと思ってその後の輪君を書いたのではないかしら。かなりきしょかったけど。

背が低いからもててたキャラの背をのばしちゃダメだよね..

でも、ラストに至るまで、しばらく凄く話がつまらなくなってた時期があって、
いきなりクライマックスの紫苑の目から花が生えてる回でグンと話のボルテージ上がって、
最終回にきて地におちた、という印象がある。クライマックスの話だけはきちんと前から
考えてあったからなんだろうな。すっごい最初のほうから伏線張られてたし。

今だってもっときちんと伏線はったり色々して考えぬいて話を作ったりすればいい。あーあ

287 :花と名無しさん:2000/12/31(日) 03:39
そうか、いまのびわたりは伏線がないんだ。
いきあたりばったり。

288 :yurine:2000/12/31(日) 03:58
>>287
そう思うよ。私、ぼくたまの何が凄いと思ったかって、クライマックスの伏線
を4巻だか5巻あたりにはもう書いてるとこが凄いと思ったんだもん。
(だったよね。木蓮の歌ってるビデオの事を輪君が思い出せてなかったというはなし)
20巻近く続いた長篇漫画で。うわこんなきちんとした話づくりしてる人まだおったんや〜と思って。

その分うてなから絶望したんすよ。いきあたりばったりばったり。
うてなはまだしも、今は。だめだよ〜やっぱ書くがわの姿勢の問題もあると思うよ〜
単に才能が枯渇しただけで落ちるレベルじゃない気がする。
やる気と言うか何と言うか..

話違うけど、うてなのクライマックスはとっても萎えた。つうか笑った。
「いいかげんにしろ!」の部分。
どうかと思う。

289 :花と名無しさん:2000/12/31(日) 04:13
逆に過去の栄光を辿って検証してみよう
私は絶対ぼく球3巻の輪と春彦の激突!!!!!
過去への伏線を匂わせ、憎悪と悔恨が激しくぶつかり合って感情が爆発するシーン
あのシーンだけでもぼく地球読んだ価値があるなあというぐらい好きだけど・・
なかなかああゆう臨場感のあるシーンってフツーの少女漫画じゃ中々お目に書かれないし

290 :yurine:2000/12/31(日) 04:27
私もあれは総毛立ったよ。
流浪の民と言う選曲、小学生が高校生を理路整然と攻撃すると言う
逆転性、雨の山奥というバックグラウンド。「そう..報復だったと君はいうんだね」
「ではあそこで過ごした俺の9年間はどうしてくれよう?」
極め付けは発狂した紫苑のカタカナ高笑いだ。「ようやく発病した時は
涙を流して喜んだよ 最もほとんど狂っていたかもしれないけどね..」

話がすげえよ。色々いう以前に、話が。

私はあと6巻の輪の回想みたいなとこが好きだ。「巡る..季節..夢に見た
帰りたかった何処か」ってとこね。あとラズロ。

きちんと組み立てられた話を、印象的に小出しにしていく技術に長けていた
漫画家だったよな。この表現をひっくり返すと今の彼女になる。
全然考えてない話を、無個性にだだもれさせてゆく技術に長けた..

291 :花と名無しさん:2000/12/31(日) 04:33
「流浪の民」を昔合唱部(最初合掌って出たぞ、なんなんだ)で習ったので
この歌を知らないという友達の前で歌ってあげたら
「イメージが違う!」と言われた。
私も習った時「ヘンな歌だ」とは思ったが、難しいし

292 :花と名無しさん:2000/12/31(日) 05:23
日渡さんは7年も描いていたんだよねぇ〜。


293 :花と名無しさん:2000/12/31(日) 06:20
2ちゃんでは木蓮の評価が今イチで寂しい。
私はすっごくリアリティを感じたクチです。似たような経験をしたことがあるから。
都会から過疎地の学校に転校したせいで、滅茶苦茶目立ちまくってしまった。
人間的に優れている訳でもなく美人でもなんでもないのに、「都会から来た女」と
いうだけで過剰な期待をかけられたり、神聖視されたり、逆に反発されたり。
(田舎を知らない人には想像つかないかもですが、こういう場所ってあるんです)
勝手にイメージを作られ、憧れたり嫌ったりされることのやるせなさ・・・
そういうことが、とってもリアルに描かれていたと思う。<木蓮
私のスケールの小さい経験からの推測でしかないけど、売れっ子芸能人の中には
木蓮に共感する人がいそうな気がします。
それに、彼女のような子ども時代を送った人間が「フツーの人扱いしてくれる相手」
に惹かれるのは、それが愛情であれ友情であれ、自然なことなのでは?
そういう人に出会ってやっとホッする、みたいな気持ち。まして相手が好みの
ルックスだったなら、恋愛感情を持つのも当然だと思う。

294 :花と名無しさん:2000/12/31(日) 06:27
木蓮、けっこー好きだった。この作品はのめりこんで読めたので
リアリティを感じる以前の問題だった。
でも、ラズロのエピソードは要らないというか作りすぎだと思った。
(でも最後の最後のオチの悔しさはけっこうやられた)
そう思う一方で、紫苑と玉蘭の確執にはリアリティを感じた。

他の方もご指摘済みですが、やはり3巻の紫苑の正体を輪が暴露する
あのシーンのスゴさは筆舌に尽くしがたい。

295 :花と名無しさん:2000/12/31(日) 06:28
5年ぐらいで終わらせとけば良かったのに。
ところで私はぼく地球以降は雑誌で時々読む程度なんだけど、
最近アシさんの話とかしてるの?
アクマ君より前はしょっちゅう単行本にアシ話出てきたけど。

296 :花と名無しさん:2000/12/31(日) 06:31
未来のウテナから読まなくなったのでわかんにゃい。

自分的希望としては星はすばるシリーズを復活させて欲しいとこッス。
できれば種子島かNASAに勤務してる日渡早紀きぼん。

297 :花と名無しさん:2000/12/31(日) 06:42
>>293
「なるほど、そういう特殊な環境にあった人には当然共感できるもんなのか・・」
というぐらいの感想しか持てないよなあ、フツーの環境で育ったりフツーの感覚でいうと
それいう人に「自然なことなのでは?」と共感を呼びかけても、それを理解しろってのは乱暴というヤツでしょう
ぼく地球の中ではここまで押し付けがましくなかったから、ちょっと違和感感じつつもつつーと読み飛ばせたけど

298 :花と名無しさん:2000/12/31(日) 06:43
>>296
でも現在の彼女が続編を描いたらイヤ〜ンな結果になりそうで…。

299 :花と名無しさん:2000/12/31(日) 06:46
>>298
まぁ、元より鼻につく青臭い説教系の話ではあったんだけどさ(w
なんというか、一番最初のルービックキューブの話のワンダーな感じ
が面白くって。普通の学園ものっぽくもあり、何が飛び出すかわから
ない感じが良かったんだよな。だから、今の彼女によって書かれても、
それなりにワンダーでおもしろげ。

ああ、今書いてたら思い出して切なくなった。今手元に単行本ないし。

300 :花と名無しさん:2000/12/31(日) 06:47
そっかー。
なんか木蓮の話は、説得力あったけどなあ。自分もそんな環境には
いなかったんだけど、なんというか描写が丁寧で。

301 :花と名無しさん:2000/12/31(日) 07:36
>>297
想像力を働かせれば、環境が違おうと理解することもできるのでは
ないでしょうか!? 私もフツーの環境で育った人間ですが、
木蓮が紫苑に引かれるのは分かるな〜と思いましたよ。
女性陣の中で木蓮が浮いてしまう描写も良く描けてましたし。

302 :花と名無しさん@300:2000/12/31(日) 07:39
>>301
まぁまぁ。分かる人には分かる、分からない人には分からないでいいじゃん。
木蓮が紫苑に惹かれていくのは、確かに非常によくわかった。むしろわから
なかったのはエンジュかも。。(エンジュとシュスランはもうちょっと描き
込んで欲しかったキャラクターっす)

303 :花と名無しさん:2000/12/31(日) 07:44
>297
293の意見は、押しつけがましくないと思うが。。。

304 :花と名無しさん:2000/12/31(日) 07:46
>>302
同じ〜 私もエンジュがよく分からなかった。
なんであそこまで玉に惚れるのか???
分かる人、解説きぼ〜ん!

305 :風の谷の名無しさん:2000/12/31(日) 07:47
でも301の意見はかなり押し付けがましいよな。。

306 :花と名無しさん:2000/12/31(日) 07:53
惚れたあとの描写が丁寧だったから、もういいやと思っちゃったのかなあ?<エンジュ

307 :花と名無しさん:2000/12/31(日) 07:53
だってギョクって表向き「カッコイイ」って設定だったでしょ、それこそ木蓮は
「紫苑と玉がタイプで、特に紫苑がカッコ良かった」って思ったぐらいで玉もまあカッコよかったし
寧ろ他に対して親切で、紫苑みたいな複雑な環境に育つとあの親切の押し売りみたいなのが
鼻につくだろうけど、エンジュみたいなタイプからすると「優しくて格好いい素敵な人」
に見えたんじゃないかな
というか動機はどうあれひたむきな態度は寧ろ木蓮よりは全然共感できる

308 :花と名無しさん:2000/12/31(日) 07:55
恋愛って、意外性に惹かれるて始まるという面*も*あると思う。
平凡な人間が特別扱いしてもらえれば嬉しくなって相手に惹かれる
こともあるだろうし、それと反対に特別な立場に立たされている
人間が普通人扱いされれば相手のことが気になっておかしくはない。

309 :304:2000/12/31(日) 07:59
>>307
んーと、エンジュが玉のことを好きになるのは分かるんだよね。
ある意味、女の子にとって理想のタイプなんだろうし。
ただ、「あそこまで」というのが良く分からなかった。
欠点も含めて全てを愛する・・・みたいな激しい想いが。

310 :花と名無しさん:2000/12/31(日) 07:59
>>308 それ同感かな。というか自分が冷たくされると燃えるタイプなんで(w

311 :花と名無しさん:2000/12/31(日) 08:02
>>309
エンジュの性格の一言で終わってしまったらどうしようって今思った。

312 :293:2000/12/31(日) 08:22
>>297
あの、「当然共感できる」などとは書いてもないし、思ってもいません。
それに、共感を呼びかけたり理解しろと命じたりした覚えもありません。
原文をもう少し読んでもらえると助かるんですが・・・

313 :花と名無しさん:2000/12/31(日) 09:28
なんかしつこいねえ>>312 そういう所が押し付けがましいっていうんじゃない?

314 :花と名無しさん:2000/12/31(日) 10:07
同感。その話題はもういいってば。

315 :花と名無しさん:2000/12/31(日) 10:08
>>309さん
玉がココと長年つきあってるのも当然知ってたんですよね>エンジュ


316 :花と名無しさん:2001/01/01(月) 00:39
厨房にマジレスしても意味ないよ >>312

317 :ふと、ひとり言:2001/01/01(月) 02:15
>「ではあそこで過ごした俺の9年間はどうしてくれよう?」

ああ、そのセリフ、どこかで読んだ記憶があると思ってたんだけど思い出した。
メッシュだ・・・。

318 :花と名無しさん:2001/01/01(月) 02:27
>>317
メッシュって聞き覚えがある。萩尾望都? 読んでみようっと。

319 :317:2001/01/01(月) 03:10
>318
うん。萩尾望都。
ぼく地球の設定とは違うけどセリフは似てる。
こちらは息子の父親への怨念。
当時、共感したんだ。「子殺しはタブーじゃないのか」なんてセリフ
なんかとともに。危ない10代。

320 :花と名無しさん:2001/01/01(月) 05:13
日渡さん幻水同人出してるよね…。へたれだったけど。

321 :花と名無しさん:2001/01/01(月) 09:03
うーん、このスレを読んでたら当時の疑問とかかなり氷解して面白い。
「ぼく地球」好きだったけど、いろんな解釈があるんだね〜目から鱗。
「うてな」で途中挫折したけど「宇宙」に至っては見る気もしなくて。
ちょっと休んで感性のリハビリした方がいいんじゃないかな。
何年も立て続けの連載でもう麻痺しちゃっているような気がするよ。
だからどんどん駄目になっていくんじゃないかな。

322 :花と名無しさん:2001/01/01(月) 15:09
>小学生が高校生を理路整然と攻撃すると言う逆転性

これって「童夢」のESP少女を少年に変えただけなんじゃ!?
大人に対して「君は・・・」とか偉そうな口きくの。そっくり・・。

それからシオンが月に1人残されて発狂していくのって
スターレッドの結末と一緒だよね。読んだ時ガーンときた。
あっちは死ぬこともできなくてカワイソウだった。

323 :花と名無しさん:2001/01/01(月) 15:21
>>322
童夢は私も好きだけど、それほど似てるとは思わなかったです。指摘さ
れてみると、そうかも? と思わないこともないけど。同じESPだし。

スターレッドは誰だっけ? 聖悠希? 違うな、竹宮恵子??? これ
も違う気もする。。。

元ネタと思われる漫画の一覧を作ると、非常に興味深く読めそうです。
芋蔓読書ファンとしては。(個人的にはパッチワークでも出来がよけれ
ば、というか読んだとき面白ければそれでOKですが。上のほうでも指
摘されていたけど、この作品は伏線の面白さに尽きるし)

324 :花と名無しさん:2001/01/01(月) 15:40
>323
スターレッドは萩尾望都。
私も別に似てても気にならない・・けど、なんかハッキリさせと
きたくて。元ネタっぽいものがあるのに、日渡せんせーを絶賛
すんのもどうかなあと思って。

325 :花と名無しさん:2001/01/01(月) 15:43
>>324
うん。まぁ元ネタがあるからって貶めるのもどうかと思うけど(なんか
そういうふうな展開がしそうな気がしないでもなくって。気にしすぎか
なぁ)、元ネタさがし自体は面白そうですよね。

結構、萩尾望都の影響が強いのかな?

326 :花と名無しさん:2001/01/01(月) 19:57
ぼく地球で思い出した、連載中の話だけど。
輪と未久路がESPで戦うシーンで、その回のラストシーンでお寺が爆発してたん
だけど、その絵が真横から見たしょうもない構図で一気に萎えた覚えがある。
わざわざ見開きだったから余計しょぼく見えた…。
コミックスは買ってないんでわからないんだけど、あれ修正されたのかな。

327 :花と名無しさん:2001/01/01(月) 23:59
>>326
そう?

328 :花と名無しさん:2001/01/02(火) 07:32
数年ぶりに、スターレッド読んでみた。
前は気がつかなかったけど、
確かに星に一人で残されるっつー設定のとこは同じだな〜。
んで、残された奴が狂う、破滅に向かっていた星を救うっていうとこも。
救う方法も、
「ぼく地球」は紫苑が映像装置を作り、超能力者木蓮の歌声を月基地や地球
の大気に満たすことで草花を育み星を救うのに対し、
「スターレッド」は超能力者エルグが、星に自分の思い(主人公への愛情と
光と水に満ちた美しい星の住人でありたかったという願い)を刻むことで、
死んでいた星を蘇らせる。
なんか似てるぞ。
でも、じゃあ、「ぼく地球」が「スターレッド」の真似?と言えるとは思え
ない。それ以外の部分が余りにも違いすぎる。
それぞれの作品の魅力も。

329 :花と名無しさん:2001/01/02(火) 11:43
>>328
「スターレッド」は好きだったけど、似ているとはあまり思わなかったよ。
言われてみれば、部分的に取り入れてるって感じかな。
んーと、あとエルグが死んだ星を本当に蘇らせたかどうかは、あえてぼかしてある
よね。そうであってほしい、きっとそうだと願ってしまう、あの余韻が好きなんで
ぼく地球とは演出的に違うと思うし。
同じ状況を扱うにしても、それをどう表現するかでかなり変わってくるから、真似
であっても別に良いんじゃないかなと思う。
個人的には、ぼく地球のあのオチも好き。

330 :花と名無しさん:2001/01/02(火) 14:13
うてなの苺ちゃんがすごく好きだったので終盤のあの扱いは悲しかった。なんだかどんどんフェイドアウトしていった感じで。だめだと思ったのはその頃から。

331 :yurine:2001/01/02(火) 21:26
>>322
ちょい遅レス

童夢は構図は似てるけど少女と輪くんが似てないような気がする。
あの女の子は幸せなただの女の子っぽいぶん輪くんの10倍くらい不気味
だなー。輪くん心は大人という前提があるぶん無気味さよりアウトローさが
目立って、大分印象違うなあ。

輪くんに似てるのは、あれだよ、「三ツ目が通る」の写楽だよ。
そっくり。神童、滅亡衆の末裔、超能力、世界征服願望、現人類への憎悪、
大人の能力と子供の自我との間の葛藤..そっくりだって。
ああ似てる。パクリというより超能力神童モノの原型が写楽で、そういう
ストーリーの黄金率を追っていけば自然似てしまうというだけなのだろう。
手塚治虫がすごいという。日渡先生は手塚ファンだっけっか。
そういうキャラの中では、輪くん印象強くていけてるほうだよね。かっこいいし。
かわいいし。小学生っぷりが堂に入ってる。

332 :花と名無しさん:2001/01/03(水) 01:21
>>331
あっ、そういえば似てますね >「三ツ目が通る」の写楽だよ

333 :花と名無しさん:2001/01/03(水) 02:07
>>331
自分もそう思う

334 :花と名無しさん:2001/01/03(水) 02:39
超能力神童でくくれば厩戸王子も超能力神童
たぶんいっぱいいるぞ
アキラも超能力神童だ
いっぱいいるぞ

335 :花と名無しさん:2001/01/03(水) 04:36
331さんが言っていたように
超能力神童モノを最初に漫画にしたのが手塚先生なんでしょうね
他の作品に影響をうけてもちゃんと自分の漫画として昇華していれば
いいんじゃないかな?
ぼく地球は、他の作品から影響を受けたとか、まあパクリとかだとしても
ちゃんと昇華されていると思うので私は気にはならないな
むしろ、この漫画に影響をうけたのかも?という話は面白いです

・・・そして、いつもの話に戻ってしまうけど、日渡先生〜〜!
もう一度傑作漫画を描いて欲しいです〜

336 :花と名無しさん:2001/01/03(水) 04:54
日渡さんの魅力の一つが演出をすごく意識していたことでは、と思います。
記憶鮮明なんかはもろなんだけど、同じ物語でも、エピソードでも、
「見せ方」をすごく工夫している感じがして、それが、少女マンガでも、
少年マンガでもない、独自の世界を作っていたと思う。
その集大成がぼく地球で、
うてな、以降は、それが小手先のものになってしまったと思う。
なにが残念といって、それが残念。

337 :花と名無しさん:2001/01/03(水) 08:21
超初期作品ですが、私、日渡先生のアクマくん好きでした。いっそ、原点回帰つうことで、ストップしてしまっているアクマくんに着手して欲しい。

338 :花と名無しさん:2001/01/03(水) 14:02
>334
厩戸王子は私も思った。二人で世界を征服しようとか言うんだったよね。
てか、ぼく地球も処天も悪事がバレるシーンがなにげに爽快だった。
あんまり可哀想とか思えないんだよね。美形で金持ちで超能力者で・・
不幸なのは自分だけじゃないのに、このうえ世界まで手に入れるってのかよ
とキレそうになりました。まあ、厩戸王子は同情する点もあるけどね。


339 :花と名無しさん:2001/01/03(水) 15:20
>>338 その前に同情できないこといっぱいやってたからね、輪は。(ところてん
は読んでないのでわかんないんですけど)

うてなとか、イマドキの高校生を意識しすぎだと思いマス。
そういうのは他の人に任せてさ、もうちょっと、ヲタ系の人を主人公にしたって
いいと思いマス。

340 :花と名無しさん:2001/01/03(水) 15:46
輪のことは、影が薄くて評判の月基地リーダーの現世の弟さえ巻き込まなければ許してた。
これをありすは許せたのか?(知る機会なかったんだっけ?)

341 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/01/03(水) 17:01
>影が薄くて評判の月基地リーダー

オク=タコ=サノール=ヒイ=ラギ。
わたし、リアルタイム時は結構信者がかってましたが、
このネーミングには「もうちょっと真面目に考えろよ」
とややむっとした。

分からない若者の為に:オクタコサノールという
成分がどーのこーのな、唐沢寿明(当時はマイナー)が
出演していたドリンクCMがあったのです。

342 :花と名無しさん:2001/01/03(水) 17:42
あ、思い出した。
「フ=ロンがオ=ゾンをいじめてるんだ」ってのもあった

343 :花と名無しさん:2001/01/03(水) 18:11
トフェコロール(槐)ってのも何かの成分っぽいな…。

344 :花と名無しさん:2001/01/03(水) 18:17
今日久しぶりに花ゆめを立ち読みして日渡先生の絵みて
びっくりしたよー。あれは何?いつからああなの?
描き慣れた人がデッサン(っていうの?)崩したカオ描くのって
アリなのかもしれないけど、崩れすぎてるよね。
あれじゃ元ファンも何か言いたくなるよなあ。

345 :花と名無しさん:2001/01/03(水) 18:21
ビタミンEがトコフェロール…。

346 :花と名無しさん:2001/01/03(水) 21:22
あの、「ぼくたま」連載中、ずっとリアルタイムで読んでいたのですが、
どうしても、ありすが輪を好きになった理由が分からなかったのです。
(いつ好きになったのかも分からなかった)
気を失っている輪が目を覚ましたとき唐突に告白するのが???
木蓮・紫苑はそれなりに納得したのですが・・・
皆様はどう思われました?

347 :花と名無しさん:2001/01/03(水) 21:28
>>346
いやもうくっつくものだと思ってたから気にしたこともなかった....

348 :花と名無しさん:2001/01/03(水) 22:26
>347
同感(笑
この展開ならこうだろう!みたいな勢いで読んでたから
あ〜やっと告ったナーって感じで。深読みしんかった。

349 :花と名無しさん:2001/01/04(木) 00:03
あ、オク=タコ=サノールのオク=タってocta-かあ。
やっと理解した文系バカの私。

350 :花と名無しさん:2001/01/04(木) 00:38
当方、子どもの頃から花ゆめ読者。
絵も好みじゃないし、なんとなく好きじゃなかったのに
「ぼく球」は読んでるうちに泣いちゃったよ。
「うてな」はま、しょーがないかって気持ちで読んでた。
だけど葡萄でのコバルトチックな連載小説や「宇宙」を読んで
「ぼく球」だけが例外だったと気づいたよ〜。
惰性で花ゆめ読み続けてるけど、読み飛ばしちゃうんよ…<宇宙

351 :花と名無しさん:2001/01/04(木) 01:21
読もうと努力しても読めない漫画は初めてだ!>こすも

352 :花と名無しさん:2001/01/04(木) 01:43
>>346
私は、ありすの気持の変化は木蓮の記憶があってのことだと思います。
でなきゃ「記憶鮮明」っていうサブタイトルの意味が
あんまりなくなっちゃうし、ありすが変態ってことになっちゃうし。。。


353 :花と名無しさん:2001/01/04(木) 02:24
でも「前世のために今の生があるわけじゃない」という輪の救いの1つだったでしょ?
そうすっと、木蓮の記憶のせいで、ありすがっていうの、
なんか矛盾してるような気がしませんか? でも前世がなければ確かに変態(笑)。
当時もちょっと疑問でした。

354 :花と名無しさん:2001/01/04(木) 04:08
成人すれば9つくらいの年の差で変態ってこともないだろうが
やっぱりあの時点で片方小学生ってのが…。
転生仲間は前世のことがあるから納得できるんだろうけど
何も知らない世間から見れば多少はゲッて思うよなー。
私はあのラストにそれほど嫌悪を抱きはしなかったんだけど
どうせくっつくにしても、あそこでさっさと結論出さずに
もう少し未来の話の形で見たかったかも。
それぞれもう少し現世の「ありす」と「輪」として
別の経験、恋愛をして、大人になってそれでもやっぱりこの人がいい…
みたいな感じ?
じゃないと選択の余地がないというか…
本当にただ前世をひきずってるだけにしか思えないんだもん。

355 :yurine:2001/01/04(木) 07:51
あそこでくっついてしまうのはあの作品の弱点だ。輪のせいではないとして、
ありす、それは違うだろう。私もあっさりと小学生と付き合い幸せになりました、
というのは大変納得がゆかぬ。思い出した愛は愛として、まさかそのまま
安易な現世のおつき合いにそれがつながってゆくとはおもわなんだ。しかも
6年生になってまで続くか。幸せのまま。人としてお互いが大切になるのは
当然としても、小学生と高校生が現世的に恋愛関係を持つというのはまた別
の次元の話であろう。そこ説得するだけのリアリティを、あのかきながした
後日談だけで持たせられるわけがない。未来に託すべきだったに激しく一票。

356 :花と名無しさん:2001/01/04(木) 13:28
過去から開放されて思いの残滓だけが残ったということで、あれはあれで納得
しています。<輪とありす
ただ気持ちという少女漫画的に一番大事な部分だからダメなのかな。

357 :花と名無しさん:2001/01/04(木) 13:35
記憶鮮明でちょっとわからなかった事があるんで、聞いてもいいでしょうか。
クローニングで三人作った話です。(コミック持って無くてすいません)
ラストで警部さんが「死んだ女房」と呼んだのがオリジナル…ですよね。
あれって元々若い奥さんをもらってたと言うオチ…なんでしょうか。
なんか唐突でしばらく意味がわかんなかったです。
何か読み間違っているんでしょうか…?

358 :>357:2001/01/04(木) 14:56
>あれって元々若い奥さんをもらってたと言うオチ…なんでしょうか

よく意味がわからないんだけど…?
あれはクローン三人を養女にして、
「娘が出来た」ということで死んだオリジナルを
女房と呼んだ、それだけでしょう。


359 :花と名無しさん:2001/01/04(木) 16:14
あれはクローン三人を養女にして、
>「娘が出来た」ということで死んだオリジナルを
女房と呼んだ、それだけでしょう。

私もそう思ってました。
今手元にコミックスが無いので、記憶をたどって
ますけど(記憶不鮮明)
他に考えようがないと思いますが…<357さん。

360 :花と名無しさん:2001/01/04(木) 16:24
旧ぼく地球スレでも、迅八と綾小路さんのことにご不満な読者さんいて
かえって驚きました。
作者、「砂の城」(未読です)って作品を挙げて
逆年齢差カップルについて語ってたから、
ありすと輪くっついて当然だと思ってたし、
連載長すぎて、そこをじっくり描いて欲しいと思うより
早く完結して欲しかったので・・・。

361 :357:2001/01/04(木) 21:39
あーそうだったんですかー…。>358,359
そこまで思いつかなかったんです。馬鹿ですね(泣)長年の謎でした。
っていうかクローンを養女にすると、オリジナルが女房にあたるものなのでしょうか。
そこんとこがよくわかんないです。すいません。

362 :花と名無しさん:2001/01/04(木) 21:59
>>357,361
シャレなんだからさー(笑)

363 :花と名無しさん:2001/01/04(木) 22:23
>>361
いや、あれはクローンのもとになったオリジナルの人が警部の奥さんだった人では?
ああ、分かりにくい…。
つまり、警部の奥さんだった人のクローンがあの3人、だったと記憶していますが。
……ちがったかなあ…。
私も記憶不鮮明だわ…。

364 :花と名無しさん:2001/01/04(木) 22:40
>363
思いっきり違います。
オリジナルは爆発に巻き込まれたただの女スリです。
359の解釈が多分正しい。

365 :363:2001/01/04(木) 22:47
>>364
そっか、ごめんなさい…。

366 :359:2001/01/04(木) 22:49
オリジナルは連続爆破事件だかなんだかの
被害者で、本編では死体の時しか警部との
接点はなかったような気が…?。
警部がクローンを養子として引き取って、また
「クローンはオリジナルの子(子じゃないけどね)」
という意味で「死んだ女房」となったのでは…?。
う〜ん、記憶不鮮明だなぁ…。


367 :花と名無しさん:2001/01/04(木) 22:57
いや、警部は確か「死んだ二番目の女房」と言ってました。
だから、警部はかつて妻を亡くした後、妻のクローンを作ったのでは
ないかと思っていました。
物語の冒頭、三人のクローンがとんちんかんな証言(実は直前に見て
いた映画の内容)をするのに頭を抱え、「オレはこの技術を結構信頼
していたんだ!」とジョジョに食ってかかってましたし、それでラス
トシーンを見て、「ああ、そうか、過去に奥様をクローン再生したこ
とがあったのね・・・」と解釈してたんですが。考えすぎですかね?(^^;)

368 :花と名無しさん:2001/01/04(木) 23:10
>>367
私もそう思ってました!
警部さんも以前奥さんをクローン再生したから、(でも、やはり
亡くなった)リズ達クローンをコピーと思わずに、1人ずつの
人間としてすんなり受け入れてたんだって。

369 :花と名無しさん:2001/01/04(木) 23:26
「二番目の女房」というのは単に「クローンの母=オリジナル」
ということなのでは?。
オリジナルと結婚してた訳では無いと思っていたのだが…。
ちゃんとした(?)奥様は1人だけだったのでは?。
その奥様を亡くされて、そして事件が起きて、死体になった
オリジナルと初対面、そののちクローン達を引き取って…
だと思ってました…。



370 :花と名無しさん:2001/01/04(木) 23:48
え?奥さんのクローンはクローン、リズ達のオリジナルとは
一切関係無いんじゃなかったの?
ああ!何処に行ったの?コミックス〜〜〜〜〜っっ!
私の記憶も不鮮明。
2番目の女房の墓参りに行くんだっけ?

371 :花と名無しさん:2001/01/04(木) 23:50
クローンを養女にしても、それでオリジナルを「2番目の女房」
呼ばわりする警部だったかなあ・・・・?

372 :花と名無しさん:2001/01/04(木) 23:56
皆さん、原作が手元にあって読み返した上で書いてる?
今、手元に原作があるけど、どこにもクローンのオリジナル=
警部の奥さんって伏線ないよ。

373 :花と名無しさん:2001/01/04(木) 23:56
うん、多分359のや369ので正解。367のは考え過ぎだと思うよ。
だって、ラストシーンでなんでわざわざ物語に全く関係ない
(367の仮説で言うなら)「警部のクローン再生した奥さんの墓参り」の
場面が必要になるの?
オリジナルの墓参り、の方がどう考えても自然でしょう。
女房、っていったのも事実上のものではなくて、362の
言う通りシャレだと思う。

>371
それは警部さんの人柄についてでしょうか?
警部さんの考え方がやわらかくなったのだとしたら
それはきっとリズたちやジョジョと出会ったからでしょう。

374 :花と名無しさん:2001/01/04(木) 23:59
単行本読めばわかるけど、
警部の「二番目の女房」発言の後に
部下たちが「二番目の女房ってまさか…」って言ってるのね。
それを考えても、オリジナルのパセリモーガンを差していたのは
間違いないと思うよ。

375 :花と名無しさん:2001/01/05(金) 00:09
最後の墓石のシーンに重なってキャスティングテロップ(?)にも
「パセリ=モーガン」って出てたと思うしね…。

思えば映画を意識してたんだよなーあの演出。
あのころの日渡漫画は、本当いきいきしてたよ。ふう。

376 :花と名無しさん:2001/01/05(金) 00:12
「二番目の女房ってまさか・・・・」ってオリジナルを
指していたの?
私はてっきり「最初の女房のクローンを二番目の女房にする程
クローンという存在を人間として受け入れている」という意味
だと思っていたよう。リズ達を引き取るのなんて当たり前って
感じだったし。
明日コミックスを買いに行こうかなー。

377 :花と名無しさん:2001/01/05(金) 00:18
>>363
私もそう思ってた。でもなんか変だなーって違和感を感じてましたー!
そっかー、映画的なセリフだったんですね。
私は言葉のセンスが無いので書いてある文字をそのまま受け取ってしまうのよ。
だからこじゃれた会話や遠まわしなセリフは、
ずっと意味不明。あー、ヴァカ…。

378 :373:2001/01/05(金) 00:28
>376
>リズ達を引き取るのなんて当たり前って感じだったし。

「当たり前」になったのは、リズたちと一緒に過ごして、
彼女たちクローンやジョジョのようなESPを持つ人間も
同じ人間なんだということを認識したからだと思うよ。
最初のころの警部はクローンを道具と考えてるような部分が
あったよ。いわゆる「処分」ってことを考えてたから
あまり深く考えないで(捜査のために)何人も軽々しく
クローニングさせたんでしょう?
最初から養女にしようなんて感じじゃ全くなかったよ。
とにかくもう一度読んで下さい。いまならきっとわかるから。

379 :花と名無しさん:2001/01/05(金) 02:04
話しの腰折っちゃってスマソ。
紫苑と木蓮の事件の時、紫苑てネグリジェ(?)みたいな裾の
長い服着てましたよね…
あれって、たくし上げてHしたのか?と現場想像したら、
なんか萎え〜…でした。

380 :花と名無しさん:2001/01/05(金) 02:17
↑ぐはっ!
それは気づかなかったが、言われてみれば、そのとおりだ(爆)

381 :風の谷の名無しさん:2001/01/05(金) 02:26
下半身のトコにソレ用の穴が開けてあるのです。
中世の貴族の初夜用のように(藁
……ところで、たくしあげながら男性用便器で用を足すのって可能なのかな?
いや、トイレの形が違うと言われたらそれまでですが。


382 :花と名無しさん:2001/01/05(金) 02:28
トイレは吸引式で掃除機みたいなやつを使っていました。

383 :花と名無しさん:2001/01/05(金) 02:34
月基地のごみ処理ってどうなってたんかな

384 :yurine:2001/01/05(金) 02:44
>>379
わー。なんて事に気付く人だ。大笑いした

385 :花と名無しさん:2001/01/05(金) 03:35
>>383
生ゴミは野菜の肥料っつーことで。

386 :花と名無しさん:2001/01/05(金) 14:01
大掃除してたら85年のEPOが出てきたよ。
ひわたりさんの表紙かわいい〜!
他にも星野架名、河惣益巳、三原順、神坂智子、佐々木倫子、
山内直美&氷室冴子、本橋馨子、ぬまじりよしみ
などなど執筆陣も豪華!!
EPOって今でもあるのかな?

387 :>386:2001/01/05(金) 14:20
EPOはもうないです。
「あの」高河ゆんも、描いてたね〜。2、3回。

 日渡さん、EPOでは猫ってあだなの女の子が出てきて、
早紀シリーズで早紀に振られた元ヒネクレ少年(その時点では大人)
とデキる(こうかくと身も蓋もないが、話はわるくなかった・・かもしれん)
って話描いてなかったっけ?そもそもEPOじゃなかったかな?

388 :花と名無しさん:2001/01/05(金) 14:21
もーないです。
良い本だったなあ。

389 :花と名無しさん:2001/01/05(金) 15:12
>>387
もしかして『猫なんて大嫌い』ですか? それはEPOじゃなくて、本誌
に前後編で掲載されたはず。
私ももう一回読みたいなあ。単行本に収録されてます?


390 :花と名無しさん:2001/01/05(金) 21:55
記憶鮮明に話戻しちゃうけど、最初は警部は
「俺は死んだ女房がベッドでおいでおいでしてたからってはいそうですかって
いう頭のやわらかい男じゃねぇ!」みたいなこと言ってたんですよ。
だから、なんらかの理由でもとの女房をクローンしたけど殺すかなんかしちゃって、
でもリズたちと一緒にいて、その殺しちゃったクローンを人間としてとらえられるように
なってそれで墓参りに行った、のだと思ってました。
周りの部下がびっくりしてたのも昔はクローンなんて用がなくなったら処分、ていう
事を平気でやってた警部の心境の変化に驚いたのかと思ってました。

でも2番目の女房=リズのオリジナルっていう考えも捨てがたい。。。。

391 :花と名無しさん:2001/01/05(金) 22:08
今号の華夢読んだ方、コスモの感想きぼ〜ん。
魔女とか使い魔とかいう伏線はちゃんと収拾ついてました?

392 :花と名無しさん:2001/01/05(金) 22:16
今号のコスモ・・・どーなんだ?あれは収集ついていると
言って良いのか??(汗
とりあえずなんとかこじつけましたって感じ。
しかしっセンセー!あのコスチューム(?)はイタイです〜!!(泣

393 :花と名無しさん:2001/01/05(金) 23:43
ところで390さんと376さんは別の人・・・だよね?言ってること違うもん。
複数の人がそんな深読みしてるとはここで初めて知った(笑)。
なかなか面白い解釈だとは思うけど、やっぱりあれはパセリ・モーガンの
お墓だよ。前にも書いてあったけど、そのコマには彼女の名前が出てるし、
物語的にもそれが一番キレイにまとまって自然だと思うしね。

コスモ終わったんですか?うてなから全然読んでないよ・・・

394 :花と名無しさん:2001/01/05(金) 23:52
うてなの終わり方は酷かったが、コスモはさらに上を行く酷い終わり方だった。

395 :花と名無しさん:2001/01/06(土) 00:07
コスモ、、、、あれはゲームの最後のようでした。
主な登場人物が集まり和気藹々とし
最後は二人の子供が出て来る、王道すぎてまともに読めません。
あら、パターン的には「うてな」と一緒やん。

396 :花と名無しさん:2001/01/06(土) 00:11
日渡って、キャラの数年後とか後日談を必ずつけるよねえ。
つけなくてもいいのに・・・。

397 :花と名無しさん:2001/01/06(土) 00:13
コスモは内容ではなく連載が終わったということに意義がある。

398 :花と名無しさん:2001/01/06(土) 00:16
>>393
はーい、別人でーす。
376?誰?と思ったら、自分だった(笑
うえーん、今日買い損ねたー。

コスモは、あわてて風呂敷をたたんだら、取りこぼしがボーロボロ
って感じのラストでした。
あれかな?「後3回で終わらせて下さい。」の口かな?
コミックスで大幅に書き足してもらわないと、訳わかんないです。

399 :花と名無しさん:2001/01/06(土) 00:26
>>394
私もそう思った〜。なんじゃありゃ。
ああいう質の落ち方した人って、初めて見たかも。

400 :花と名無しさん:2001/01/06(土) 00:31
あ、まだハナ夢、買ってない。本屋へゴー。
宇宙の最悪な終わりかた、ある意味楽しみかも(笑)。

まだ読んでないので、勝手に書くと、
実は手術は失敗して、みんなで偲ぶ10年後、きぼーん(笑)

401 :花と名無しさん:2001/01/06(土) 00:59
今日初めて件の連載を見てみたけど、
確かになんか顔が福笑いっぽい…
これがデッサン狂ってるっていうの?
内容はパス。

402 :花と名無しさん:2001/01/06(土) 01:25
>>400
大ゴマ取りすぎてそこまで書いていないです。

403 :花と名無しさん:2001/01/06(土) 01:26
記憶鮮明、面白い解釈でてますね。考えもしなかった。みなさん真面目だなあ(笑)
あれは映画的というか「アメリカンジョーク」っぽかったですよね。
ハリウッド映画ちっくなオチだなあ、と思った。
私も映画かなり好きなので、ああいう手法は大好きだったのになあ(遠い目)

404 :花と名無しさん:2001/01/06(土) 02:08
先生の新作、良くない意味で裏切られるんだろうなぁと思いつつも
やっぱり読むんだろうなぁ。
>>387
読んだこと無ぇー。それすっごく読みたい!
ぼく地球以降の単行本買ってないけど、そこまで古いやつを
今更単行本に載せたりするだろうか?

405 :387:2001/01/06(土) 02:27
>>389>>407

ああ、本誌のほうでしたか。>「猫なんか大嫌い」
単行本に入ってるかどうかはわかんないっす。
早紀シリーズの方には入ってないけど・・・。

 絵柄が違う(アクマくん、早紀シリーズ絵柄>ツリ目傾向)し、
ぼく地球以降のコミックスには載ってないだろうな・・・。
 話は部分的な記憶しかないけど、「猫」の女の子は十代で、
結局2人は別れるオチだったような・・・?暗かったのだけははっきり
覚えてる。
 15年程前に読んだ話だと思う(古すぎ・・・)。

406 :387:2001/01/06(土) 02:28
未来にレスしてどうする>自分。
>>407>>404の間違い。

407 :花と名無しさん:2001/01/06(土) 02:49
「うてな」の柱でFF7とかエヴァの批評してる(それもかなり詳しく批判している)
早紀ちゃんにひとこと。
「いや日渡よ!んなことより自分を見つめ直さんと!!」

あれ読んだ時なんかせつなかった。
(エヴァとかを批判されたとかではなくてね)

408 :花と名無しさん:2001/01/06(土) 03:11
未来路の記憶鮮明が読みたいです〜
未収録の短編まとめて文庫とかにしてくれないかなぁ<白泉社


409 :花と名無しさん:2001/01/06(土) 04:01
さっきから、頭をぐるぐるしている読み間違え。
「未来のハテナ」
すいませんすいません。


410 :花と名無しさん:2001/01/06(土) 04:16
最近の絵柄は頬がパンパンになってるのが耐えられぬ・・・・。

411 :花と名無しさん:2001/01/06(土) 04:21
うん・・・異常に頬骨が張ってるよね。
そして体がぐにゃりとしてて、手足も指も変。
右目と左目の位置も違う。
ちょっと下向いた鼻の位置も妙。

・・・全滅じゃん(´Д`)

412 :花と名無しさん:2001/01/06(土) 12:13
ひわたし先生はもういいんだよ。
ぼく地球がこの人に描けたのは奇跡に近いと思う。
過大評価するつもりもないけどあんな仕事は一生に一回できるかできないか、
人間の運というかエネルギーって限界があるんだなあとつくづく。

413 :お前は既に名無しだ:2001/01/06(土) 12:24
それにしても、落差が激しすぎる。
そしてそれは哀しすぎる・・・

414 :>411:2001/01/06(土) 12:39
>体がぐにゃりとしてて

>右目と左目の位置も違う

すげー怖いよう。(w
でもアタッテル・・・・・


415 :花と名無しさん:2001/01/06(土) 14:48
>>408さん
え、未来路の記憶鮮明・・・?
あの、びわたり特有の、
後先考えないでとーとつな話しの展開で、
しかも「続編に期待してね」と作者の高慢さがみえる
謎な終わり方の、アレ・・・・???

びわたり病は、続編を勝手に決めて、話の収拾を平気でつけないところ。
それは他のハナ夢作家にも伝わり、
特に山田南平なども、読み切りを書くとき、使用する。

416 :花と名無しさん:2001/01/06(土) 16:14
すいません。
腰折ってしまうんですが
ぼく地球アニメって何故続き出なくなっちゃったんですか?
きっとどこかのにあるのでしょうが
ここでは見当たらなかったんで・・・

417 :花と名無しさん:2001/01/06(土) 16:19
アニメは全6巻(だっけ?)で完結していると思いましたが…。
初めからその予定だったでしょうし。

418 :花と名無しさん:2001/01/06(土) 16:58
>>412
ぼくの地球を守ってが偉大すぎたんだね…
個人的には作品の質では「うてな」の方が上だと思うけど。
宇宙がひどすぎだからここまでぼこぼこにされるんだろうな
新連載に期待するばかり。

419 :花と名無しさん:2001/01/06(土) 16:59
コスモ…終ったんだ。
一部終了とかじゃなくて?完結?
ごめん。すでにこれが始まったあたりから鼻夢読んでなくて。
だとしたら短い連載だったね。
それほどまでに酷かったって事かな。
でも、ランク王国とかではコミックス売り上げランクインしてたけど…。

420 :花と名無しさん:2001/01/06(土) 17:15
>>416-417
アニメは、本編全6巻、総集編1巻、音楽ビデオ+東京タワー決戦1巻。
の、合計8巻あります。
近所のレンタルの東京タワー決戦置いてない・・・・(´Д`)

421 :花と名無しさん:2001/01/06(土) 17:43
「ぼく地球」は漫画・OVAともに今見てもちょっと泣ける。
「うてな」も「コスモ」も読んでるけど、なんていうかさ・・・
昔大好きだったアイドルが、アイドル役でVシネマに出てるの
見ちゃったよ〜って感じがする・・・。本質的には変ってないんだけど
その変ってなさが狙ってる感じがして痛いっていうか。
思い切って不思議系な話を止めてみたらいいのになぁと
思うのは私だけっすかねぇ?
それか人気がある内にボーイズにいっちゃうとか(泣笑)

422 :花と名無しさん:2001/01/06(土) 18:19
どんな才能あふれる作家も、努力を怠ると堕ちていく典型だね。
こんなのはヒワタリさんだけにしてほしい…けどどんどん予備軍がでてきてるような…。


423 :>421:2001/01/06(土) 18:31
>思い切って不思議系な話を止めてみたらいいのになぁと

そういえば、デビュー作からこっち、ずっとソレで突っ走ってきたんだよね。
ヒワタリさん。
 まぁソレならソレでもいいんだが、なんでその不思議系が
こんなにしょうもない方向に曲がっていくのか。
 今の絵はめっちゃ気に入らないんだけど、ほとんど今の絵状態なのに
満足できた話もあるから(記憶鮮明の番外みたいな、同じ人間の複数
クローンが恋人の女をたずねるっつー奴)、才能は枯渇はしてない(水
は少ないながらも残っているのだろう)とは思うんだが・・・。

 不思議系といえば思い出す>星野架名。
 この人は曲がっていくより前に消えたのだが。>よって(私的には)印象は良いまま

424 :416:2001/01/06(土) 18:55
>417,420
ありがとうございます。
初めからその予定だったんですか。
自分的に突然切られたように感じてしまったもので・・・
音楽ビデオというのを知らないので探してみます。

425 :ななしさん:2001/01/06(土) 20:07
昨日コスモの完結編?を読んだ。
なぜか唐突に昔の早紀ちゃんシリーズを
思い出した。
(今のままでは)不思議系も少女マンガもダメだと
思うな。とりあえず絵柄を戻す努力をしてほしい。

426 :花と名無しさん:2001/01/06(土) 23:47
宇宙、最終話、読みました。
26pで、
55コマでした(藁
台詞だけのコマも数えてますから、多めのカウント。

最終回の最初の1pから
意味のない、1コマ1p。
その後、2p1コマも有り。

最後の柱で、
びわたり先生の新作は、
「春〜夏頃」とありました。
すごいアバウト。

コマ割りを勉強するところから
はじめてほしいと思うなり。



427 :花と名無しさん:2001/01/06(土) 23:56
日渡さんは新しい漫画を書くたびに退化していくから
次はもっと惨いことになっていることだろう

428 :花と名無しさん:2001/01/07(日) 00:06
>>427
せつないなー。
真実だから余計にせつないよ。

429 :花と名無しさん:2001/01/07(日) 00:50
南平スレを読むと、
絵がダメとか書かれているけど、
びわたりスレ住人から見たら、
まだだいじょうぶよ、と、どら目になる。

430 :花と名無しさん:2001/01/07(日) 01:12
いつかコマ無しの絵本漫画になってしまいそうな気がする宇宙な最終回。
…もうえーよ。

431 :花と名無しさん:2001/01/07(日) 01:23
春〜夏頃って・・・まだ描く気なんだねぇ・・・
一体誰が掲載許可してるんだろう。
なんて思ってしまう今日このごろ。

432 :花と名無しさん:2001/01/07(日) 01:23
>>430

あ、ありえる・・・・・。


433 :花と名無しさん:2001/01/07(日) 01:34
新連載が始まっても誰かが犠牲になって読んで
感想あげてくれるのかな?(^^;

434 :花と名無しさん:2001/01/07(日) 01:34
ぼく地球で人気が出すぎて連載を引き伸ばされたのが
諸悪の根源のような気がする。。
大ゴマやら話をうすーーく伸ばしてよーじやの油とり紙にする技を
覚えちゃったんだよね、きっと。ふう。

435 :花と名無しさん:2001/01/07(日) 01:49
鼻夢スレで、密かに(?)コスモ好きな人がいた。
どんなとこがツボだったのか聞きた〜い。
嫌味じゃないよ。ここはだめ出しスレだけど、
たまにはコスモに対しての愛ある言葉が欲しい・・・。
だって賛美の言葉ないんだもんよ〜。
ここは今の先生を残念がるスレで、攻撃するスレじゃないよね!?

436 :花と名無しさん:2001/01/07(日) 01:49
はな夢はもともと、
連載ひきのばしで悲惨な例の宝庫だからね・・・。

現在では、「紅茶王子」がその代表例。
ネバギバは最初から内容がない。

びわたり先生は、
とりあえず読み切りからスタートしてほしいです。
そのときに注意することは、
「続編を勝手に脳内で決めない」。

ただし、アクマくんなら良ろし。

437 :花と名無しさん:2001/01/07(日) 01:51
このままでは「一発屋」とか「まぐれ」とか「神懸かり」漫画家で
終わってしまいますね。
果たして次回作で挽回出来るのか…挽回するには改める事が
多すぎる気がするけど。
充電期間中にゲームにはまって放電しない事を祈ろう。

438 :浅いファン:2001/01/07(日) 02:11
まあまぐれ一発当たりも漫画の神様の降臨も無いまんまの漫画家も星の数ほどいるし・・あっただけマシなのでは
つーか高橋留美子みたく10割バッターみたいなのが稀有なんだと思うけどなあ

439 :花と名無しさん:2001/01/07(日) 02:38
> 充電期間中にゲームにはまって放電しない事を祈ろう

それはむりだろー(ワ
いっそのこと幻想水滸伝ジャンル専門同人作家に
おなりになったほうが、彼女のためかと。。。

440 :花と名無しさん:2001/01/07(日) 03:05
しかし、同人さえもヘヴォンだったらしい…

441 :花と名無しさん:2001/01/07(日) 03:54
こすもの最終コマ。

おばさんの下着なんか見せてくれるな。吐く。

442 :花と名無しさん:2001/01/07(日) 12:33
こすも、最終回の
1コマめ。

なぜ、あれが1p1コマにするのか、
しばらく考えてしまった。

あのネームを通してしまう編集が悪い。

443 :花と名無しさん:2001/01/07(日) 17:50
きょうコスモの最終回立ち読みしてきた。すっごいね!!
もう修復不可って感じ。セリフの寒さもさることながら
母親は魔女だった、みたいなラストの方の絵といい・・。
はっきり言ってもうこの人にはなにも期待したくないよ。
てんこのラブすぃ〜んもキショかった。


444 :>441:2001/01/07(日) 17:53
ワラタ〜。

445 :花と名無しさん:2001/01/08(月) 00:33
ハルコの魔女名ってシンシアより
「サマンサ」
のほうがお似合い。

446 :花と名無しさん:2001/01/08(月) 01:02
最終回のあの話しの作り方って、
いいの?ほんとにプロ?まじ?


447 :花と名無しさん:2001/01/08(月) 01:51
今号見逃したっす!明日違う本屋に行ってみよう。

結局、魔女って設定は何の役に立ったんでしょ・・・

448 :花と名無しさん:2001/01/08(月) 01:59
コスモの最終回、、アレは一体何〜? あんなので原稿料出てるの〜??

関係ないけど、アクマくんの頃の短編「猫なんて大嫌い」は単行本
未収録っす。えりせ(漢字忘れた)っちゅー名前の女の子が主人公で
男の子と出会って色々あって(内容忘れた) 最後に早紀ちゃんシリーズ
に出てた今泉くん(成長して職業はカメラマンに。外見は以前早紀ちゃん
が見た夢のまんま)が登場して、二人が結婚する話。で、結婚式で男の子
から「エリーゼのために」のオルゴールを貰って、えりせが泣くシーンが
あった事は覚えてるんだけど…その他は忘れた〜

449 :花と名無しさん:2001/01/08(月) 03:14
結局、魔女って設定は何の役にも立っておりませぬ。

450 :花と名無しさん:2001/01/08(月) 03:23
なんか、孤独な不思議チャンの話にしか思えなかった。。。

451 :花と名無しさん:2001/01/08(月) 04:05
最終回だったのに華夢掲示板でちーとも話題になってないですねぇ。

452 :花と名無しさん:2001/01/08(月) 05:37
不思議チャンとしての人物造型すら不十分。もー救いようもありませぬ。
花ゆめ読者も、元信者も、ここまで酷くなると「なかったことにしたい!」
と思うだけの良心をお持ちの方が多いのだろう……。

453 :花と名無しさん:2001/01/08(月) 17:18
そんなにダメなんですか〜?
僕球は好きでした。でも絵柄が趣味じゃなかったんで他は読んだ事ないんですが
みなさんのカキコみてぜひそのダメな作品読みたくなりました(藁
おすすめのダメな作品教えて下さい

454 :花と名無しさん:2001/01/08(月) 18:33
やっぱコスモでしょ。

私的にはうてなもヤバかった。
途中で挫折したから最後まで読んでないけど。
記憶鮮明も期待したほどじゃなかった。クローンや記憶を
モチーフにした漫画なら萩尾先生の方がうまいよ。ってか
比べるのも失礼だね。ゴメンナー

455 :花と名無しさん:2001/01/08(月) 19:10
私にはうてなもコスモも登場人物の名前がつらいです。
絵もつらいですが。

456 :花と名無しさん:2001/01/08(月) 20:22
もうすでに「ありす」とかつけてた時点でつらかったことになぜ気づかない。

457 :花と名無しさん:2001/01/08(月) 21:33
>435ですが  もうコスモもうてなも古本屋にいけば買えますか?

458 :花と名無しさん:2001/01/08(月) 21:45
うてなは買えると思いますよ。コスモは今発売中の花ゆめに
最終回が載ってます。

459 :花と名無しさん:2001/01/08(月) 22:40
中古本屋でぼくの地球&うてなはたくさん見るね。
コスモはまだ見てないです。

460 :花と名無しさん:2001/01/08(月) 23:05
うーイタイといっても花夢スレで話題のラブドのような
読者巻き込み型のイタサじゃなくて、なんかもう見てるの申し訳なくなってくるからなぁ。

461 :花と名無しさん:2001/01/08(月) 23:43
まんだらけでは連載中くらいから
「うてな」は100円引きのシール貼ってありました
さくさく手に入りますよ

462 :花と名無しさん:2001/01/08(月) 23:54
>>456
「ありす」イタイかな? 同名の先輩がいたので、あまり感じなかった。

463 :455っす。:2001/01/09(火) 01:28
↑そうなんす。私も「ありす」っていう知人いたので。
「未来路」以外はわりと普通かなぁと。

464 :462:2001/01/09(火) 01:41
わはは、同じ人だったらどうしよう(笑)>ありす
ミクロはちょっと、さすがに・・・。
前にお子さんに「ジュニア」という名前をつけている人がいましたが、
(漢字は忘れちゃった)
そういうセンスを感じますね>ミクロ(マクロはないのかしらん)


465 :花と名無しさん:2001/01/09(火) 03:13
現実の親も子供にすごい名前つけるから
あまり気にしませんでした(藁
アクマくんに「安直な名前のつけ方するからよ」ってのがありましたね

466 :花と名無しさん:2001/01/09(火) 03:22
ミクロなんて名前つけたら、人間が小さくなりそうだわ。

467 :花と名無しさん:2001/01/09(火) 13:17
ぼく地球、近所のブコフじゃ10円で売ってたよ。
コスモも全巻売ってたけど買おうとは思わなかったな。。
こわいもの見たさで読んでみればよかったかも

468 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/01/09(火) 14:29
どうして誰も「早紀ちゃん」シリーズの寒気について触れないの?
主人公の名前が早紀ちゃん以外なら私のNo.1なのに〜

469 :花と名無しさん:2001/01/09(火) 17:14
うてなは最初の頃の氷樹の話は好きだったけど、その後は全然読めなかった。
でも、宇宙はそんなにイヤじゃなかった。
そりゃぁ昔の日渡作品に比べればかなーり物足りないけど、それなりに楽しめたよ。
絵も、最終回のお母さん魔女の横顔だけ、昔の面影が垣間見えて嬉しかった。
その横顔だけなんとなーく、アシャのお母さんに似てる気がしてさ…。
だから密かに日渡復活の兆し?!とか思ってたんだけど…、甘いッスかねぇ…?


470 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/01/09(火) 21:24
>>468さん。
当時(20年くらい前かな?)、主人公と漫画家の名前が同じというのは
何か斬新でした。だめ?

471 :花と名無しさん:2001/01/09(火) 23:03
>>468
栗本薫も主人公と作者が同名でデビューだったよね。
外国のミステリにそういうのあったんじゃなかったっけ?
エラリィ・クイーンかなんか(読んでないのであやしい)

472 :yurine:2001/01/10(水) 02:45
何か久々にアクマくん読み返してしまったのですが、アクマくんがかっこよかったよ。
男らしいけどぼけたとこもあって自然で無理のないキャラだ。紫苑の前身かな。うてなから凄く下降線で今
作品性どん底だと私は思ってるんだけど、キャラが全然良くないせいもあるのだなと思った。
うてなの途中で主人公くんがモデルとかやって変に性格変わってロンゲになって
は?と思ったのを思い出す。かっこよくなったとかいわれてたが、異常に不自然でやな奴に
なっただけだった...初期連載の頃の高校生の方が全然今いてもおかしくないし自然。
どんどん変な若者言葉とか使わせてひどく不自然な人達にキャラがなってる。
もっと渋い男の子かけばよいのに。

473 :花と名無しさん:2001/01/10(水) 03:38
>>472
私もそう思いました。
主人公が実は蛇系でかっこよくてモデルデビュー!
・・・はあ?今までのキャラは何だったの??って感じ。
主人公と苺が経験ありっていうのも無理矢理今時の高校生ぽく
してるみたいで不自然でした。

474 :花と名無しさん:2001/01/10(水) 03:41
私はうてなの中の、苺の胸が大きくなった云々のシーンを見て
「さようなら、日渡先生!」と思いました。

475 :花と名無しさん:2001/01/10(水) 04:08
主人公のロンゲっぷりも引きましたが
最終話の苺には度肝抜かれました。
なぜあそこまで何の特徴もない顔になったんですか日渡大先生。

476 :花と名無しさん:2001/01/10(水) 04:28
まあ、こういうスレッドが立って500近い書込みがあるだけ
まだ日渡さん本人の努力次第でどうにか出来る可能性がある、
――と、かなり苦しい希望的観測を言ってみたり。

「うてな」で主人公二人をいつのまにか経験アリって事に
しちゃって、むりやりイマドキの高校生っぽくしてたのには
皆さん反感抱きまくりですね。私もです。
二人がデキちゃう過程をこそ描いてほしかった。

もし軽いノリだったとしても、ちゃんと描いてくれさえすれば
色々言えたのに、日渡さんは健と苺を主人公にしておくことを
自分から投げ出しちゃってたよねえ。で、当然のように中心が
北一側に移っていった、と。

あー情けないっ、の一言に尽きます。

477 :花と名無しさん:2001/01/10(水) 04:51
チューするだけで大混乱だった早紀ちゃんが懐かしいよ・・・

478 :24歳男・双子座A型:2001/01/10(水) 06:03
先日、ぼくの地球〜のアニメ版を見る機会がありました。
結構おもしろいのに話の途中で無理矢理終了だったので、コミックを読む事に。

みなさんの言われるとおり10巻(アニメになったパート?)くらいまでが良かったです。

他の作品の中では悪魔くんというのがおもしろいのですかい?
読んでみよう。

479 :花と名無しさん:2001/01/10(水) 12:58
ゼヒ、読んで下さい、アクマくんシリーズ。
…ブックオフあたりで安くなってると思います。


480 :花と名無しさん:2001/01/10(水) 18:12
早紀ちゃんシリーズてどうですか?
主人公の名前がアレなので今まで敬遠してたんですが。
面白いのかな?
アクマくんシリーズとどっちを先に読むべきか・・・

481 :花と名無しさん:2001/01/10(水) 20:56
>>480
イマドキじゃないまじめな高校生の話だけど、すごい好きな作品です<無限軌道とか星は、すばる。とか。
個人的には、デビュー作である第一話が、ものすごく、センス・オブ・ワンダーで好きだった。
それ以外の話も割と。今思い出すとちょっと青いかなと思う部分もなきにしもあらず。
(説教系が嫌いなら、受け付けない可能性もあるので注意のコト)
でも、ひたむきでアツい話だった。

482 :花と名無しさん:2001/01/10(水) 22:04
アツい話しがなくなったんでしょかね、今の日渡さんは…
生暖か〜いてゆうか、生ぬるいのばかりのような。
生ぬるいと、読んでて寒くなるんすよねぇ。

483 :花と名無しさん:2001/01/10(水) 22:52
シリアスなシーンをシリアスに感じられなくなったのはいつからだろう?
上にも出てた名シーン:ぼくたま3巻「輪vs春彦」なんかは最高だったのに。
うてなになってからはシリアスシーンにシリアスが全然感じられない・・・。

484 :花と名無しさん:2001/01/10(水) 22:53

シリアス→シリアスさ、ね。

485 :花と名無しさん:2001/01/11(木) 20:13
あげ

486 :花と名無しさん:2001/01/11(木) 20:48
で、これからは期待出来ますか?(藁

487 :花と名無しさん:2001/01/11(木) 21:33
>>486
1作ごとに悪くなる一方だもんなあ・・・
期待したいんだけどね。

488 :480:2001/01/11(木) 21:37
>>481
ありがとうございます。
早紀シリーズ読んでみますね。
説教系も嫌いではないので・・・
今度古本屋行ってきます。

489 :花と名無しさん:2001/01/12(金) 02:13
アクマくんシリーズ、大好きだったなぁ……(遠い目)
ブラックミニオンが好きですね。
いつ続きが出るのか待ち続けて十数年。
もう今の絵柄じゃアクマくん描けないよ、きっと……(号泣)

490 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/12(金) 13:07
ぼく地球はリアルタイムで読んだ。
このスレ見て、マンガ喫茶行って絵柄にビックリした。

491 :花と名無しさん:2001/01/12(金) 14:40
私は早紀ちゃんシリーズと記憶鮮明がすき

492 :花と名無しさん:2001/01/12(金) 15:01
記憶鮮明ってうてなの最終回の後に読みきりで
1本なかった?
内容はよく覚えてないんだけど・・・(がいしゅつだったらスマソ)

493 :花と名無しさん:2001/01/14(日) 03:48
age

494 :花と名無しさん:2001/01/14(日) 04:05
このスレ読んで鼻夢立ち読みに行きました。
・・・ヒドイ。思ってた以上にヒドイ。なんであんなことに・・(涙)
絵のくずれって多少しょうがないけどちょっとひどいし何とっても
あの大ゴマは一体・・。かむばっく「ぼく地球」

495 :花と名無しさん:2001/01/14(日) 04:08
おや、あがってる。
後ろ向きな栄光についても、ヘボンだとかへたれについても、
もう語り飽きたかなぁ。
作品の回を重ねるごとにボルテージ下がってく気がするんで、
次回作もあんまし期待してません。
というより、次回作が予定されていると言う事にさえ、
驚愕しております。

496 :花と名無しさん:2001/01/14(日) 04:08
>>492
ありました。読み切りでSFっぽいやつ。
個人的に僕球以降でちょっと面白いかもって思った
日渡作品ってあれ1本だけのような。
宇宙もあの位のページ数で読み切りにすれば良かったのに。

497 :花と名無しさん:2001/01/14(日) 04:39
コスモは3巻で終わりなのかしらん。

498 :花と名無しさん:2001/01/14(日) 15:17
あれだけの話に3巻もかかったのね…

499 :花と名無しさん:2001/01/14(日) 16:28
あれだけの話にどーやらもう1巻ある、つまり全4巻みたいなのよ(泣

500 :花と名無しさん:2001/01/14(日) 20:19
げっ。あんなんで4巻もあるの?!

501 :花と名無しさん:2001/01/14(日) 20:48
今日、「ぼく地球」を読み返してみた。
なんってなんっって綺麗なんだ〜!木蓮!!
ホントに何であんなんなっちゃったんですか・・・日渡せんせい〜(泣

502 :花と名無しさん:2001/01/14(日) 21:19
前半〜中盤が一番綺麗だったかもですね<ぼく地球

デッサンが狂いはじめた後半の木蓮(何巻かの表紙)は
綺麗だけど、綺麗なんだけど・・・
何かもにょるというか、冷めた。

503 :花と名無しさん:2001/01/15(月) 01:29
私もそう思う。>502
ところで今日掃除してたら昔のぱふが見つかった。
ぼく地球終了記念インタビュー。ぼく地球OAVについてのコメント。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー以下引用

半端じゃないっすよ。興味おありでしたら是非皆さんご覧になって下さい。
フツーはね、質って落ちるのよ、巻数が進むと。なのにIGさんはその逆なのです。
業界の人ならそれがどーゆーことなのかよくお分かりだと思うのですけど、
とにかくスタッフの皆様が、プロだってことは書くまでもありません。しかも、
こだわって作るプロの集団っすよ。脱帽です。

引用終わりーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

せんせいは個人だから…(泣

504 :花と名無しさん:2001/01/15(月) 05:21
>>503
うわ。今となっては悲しい台詞ですね。
「貴方もプロでしょ?」と思わず突っ込みいれそうになった。

505 :花と名無しさん:2001/01/15(月) 10:11
日渡の絵が影響されている元って比較的分かりやすい。
ぼく地球のころは清水玲子だし、
現在の頬骨が異様に張っているのは、松下容子。
もともと絵がそんなに上手くないからヘタレてマネされているけど
その時々の白泉社の人気がある作品。
元はそれでも話を何とかしてくれたからぼく地球まではよかったけど
今はもう見る影もない

506 :花と名無しさん:2001/01/16(火) 04:50
>現在の頬骨が異様に張っているのは、松下容子。

なるほどー。
でもって、関節がへんに曲がってるのはぷろとんの影響かぁ〜?(笑

507 :花と名無しさん:2001/01/16(火) 05:03
そうだったのか・・・元絵があったのね、日渡さん。
月の子の単行本のトビラで「木蓮」そっくりのキャラを見た。
ネット上だったんで縮小されてたけど、似てるなぁと思った。

508 :花と名無しさん:2001/01/16(火) 19:45
何巻かのありすちんは、某少年誌の桂なんたらさんの絵に似てません?
がいしゅつかもしれないけど。

509 :花と名無しさん:2001/01/16(火) 23:29
>>508
桂正和の事?
うーむ…桂の方が断然絵が綺麗。
と言う事しかわからない。

510 :花と名無しさん:2001/01/16(火) 23:32
>>507
ベンジャミンですか?でも月の子より僕タマのが早かったはず。

511 :花と名無しさん:2001/01/16(火) 23:39
>>510
てゆーか、金髪ロンゲっていうところしか似てないと思う…。

512 :花と名無しさん:2001/01/16(火) 23:42
なにかを下敷きにしているってことは日渡さんの場合ないんじゃ?
それなら、まずアクマのときに変えていると思うけどなあ。

513 :花と名無しさん:2001/01/17(水) 00:01
目の描き方とかは似てると思うな。清水玲子とぼく地球
日渡さんの方が大きくヘタレだけど

514 :花と名無しさん:2001/01/17(水) 00:03
似てるっていやあ、未来路が出てきたとき、氷河がモデルのキャラなんだ
ろうなあ、と思った。当時、一成とかにコスプレさせてるシーンとかあった
し。既出だったらスマン。

515 :花と名無しさん:2001/01/17(水) 00:10
>>514
げ。気付かなかったけど、きっとそうだったんだね。
うわー。あの髪型大っ嫌いだったのよー。(笑)

516 :507:2001/01/17(水) 00:42
うっ。
すみません、月の子は読んだ事無いのでキャラ名が
解かりません(女性としか)
コミックス探してる時にたまたま見つけて、
「おや似てる」と思ったのでした。

517 :花と名無しさん:2001/01/17(水) 01:02
あれ?
未来路って初出「ぼく地球」だっけ?
なんかどっかで見たことある気が。

518 :花と名無しさん:2001/01/17(水) 01:51
未来路君は「ぼく地球」のキャラというよりは
「記憶鮮明シリーズ」のキャラという認識でしたが
そうなると氷河よりも先ということになるけど
10年以上前の記憶で自信無し。

519 :花と名無しさん:2001/01/17(水) 02:17
え。未来路は「ぼく地球」のキャラでは?
作者の中で扱いが大きくなって、「記憶鮮明」ヘってことだと思っていました。


520 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/01/17(水) 02:20
「ぼく球」も(初期の頃は)記憶鮮明シリーズですよ。
単行本にもちゃんと書いてあります。
実は、リアルタイムで読んでた(w

521 :花と名無しさん:2001/01/17(水) 03:30
>>510さん
ぼく地球のほうが月の子より先だけど、
505さんは、絵柄の点で日渡さんが清水さんを真似てるって
書いてるように受け取りました
(清水さん信者に叩かれたことあんのに
どうしてこんなとこで弁護してんだか>自分)

522 :519:2001/01/17(水) 03:51
>>520 私もリアルタイムで見ていたので、知っていますよ(^^)
ただ518さんの「記憶鮮明」がそういう意味ではないのでは。

523 :花と名無しさん:2001/01/17(水) 04:01
未来路はひわたりがデビュー前から温めていたキャラだよ。
見た目もかどうかは分からないけど。

524 :花と名無しさん:2001/01/20(土) 03:27
さっきまでNHKをBGMにして本読んでたんだけど(さっさと寝ろ!>自分)
ぼく地球のOVAのエンディングが使われていたんだよね。
アレンジは違ったけど、どっと思い出しちゃったぞ。
アレはじゅうぶんにオリジナルだったと思うな。世界が出来あがってた。
絵はいろんな人の影響を受けても別にいいのでは
もともとあんまり安定してない人だし(笑)
もう一度あれをやれ、というのは難しいかなあ
でも、頑張ってもらいたいんだけど
ゆっくりでいーからさぁ

525 :100位まで下がっていたからあげよう:2001/01/20(土) 22:56
ぼく地球って、なんで雑誌のトビラでは「記憶鮮明東京編」と毎回かかれているのに
単行本になると、書かれなくなるの?
>>520さんは書いてあるっていうけどタイトル・サブタイトルとしては書かれてないよね。)

526 :花と名無しさん:2001/01/20(土) 23:12
厨房当時、リアルタイムでぼく地球を読んでたけど、確かに
記憶鮮明−東京編−ってサブタイトルがついてたねえ。

ちなみに未来路の話はぼく地球のコミックスの柱にいずれ記憶鮮明
シリーズで出すようなことを書いてましたが、まだ出てません。
もし、出すならパンパンに腫れ上がった頬の線と目の辺りにヒラメ顔
を矯正してから出して欲しいです。


527 :花と名無しさん:2001/01/20(土) 23:28
輪くんかっこよかった…

528 :花と名無しさん:2001/01/21(日) 00:02
輪くんの中途半端な髪の色が嫌だったなあ。
しかし、その後、未来路というさらに嫌な髪型のキャラが現れてどうでもよくなったが。

529 :花と名無しさん:2001/01/21(日) 00:35
私は柊と木蓮のとーちゃんの髪型も嫌だった。

530 :花と名無しさん:2001/01/21(日) 00:42
それをいうならタキ=レスさんもイヤだ。

531 :花と名無しさん:2001/01/21(日) 05:10
輪、シウ、一成の前髪切りそろえが嫌だった
(ラギもだね>529)

モクレンが母星で髪アレンジしてたのは好きだった

532 :花と名無しさん:2001/01/21(日) 05:23
ありすのあのうじうじして煮え切らない態度がどうにも嫌いだった。
故にストーリーは面白いと思っていたが好きにはなれなかったな。

533 :花と名無しさん:2001/01/21(日) 10:42
コスモの場合、キャラは好きだけど、ストーリーは嫌い、って方いらっしゃるかな?
どちらも嫌いという方はたくさんいらっしゃるようですが。

534 :花と名無しさん:2001/01/21(日) 14:42
>533
コスモのキャラ好きな人っているんですかね?語ってほしい。
私はどっちも嫌いなので(笑)ていうか、殆ど読んでない。



535 :花と名無しさん:2001/01/21(日) 16:09
今日、久し振りに、コミックの表紙が目に入ったが、一瞬誰の絵かわからんかった・・
結構、絵柄かわったの?

536 :花と名無しさん:2001/01/21(日) 23:17
実際、ぼく球以来読んでないし…

537 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

538 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

539 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

540 :花と名無しさん:2001/01/21(日) 23:20
さっきから何〜?

541 :花と名無しさん:2001/01/21(日) 23:23
こどもは楽しそうでいいのぅ

542 :元ファン、そしてこれからもファン。:2001/01/22(月) 04:09
びわたり先生について語りたいのに・・・。

543 :未だに学生:2001/01/22(月) 12:02
ひねくれ者の陰鬱な幼少時代を過ごした俺(男)にとっては
紫苑の成育歴や性格、物の考え方に深い感銘を受けた。
中学の時はシンクロしまくりだった。
ただああいう美男子じゃないのが残念だったねえ。

いちおうあげとく

544 :花と名無しさん:2001/01/22(月) 13:50
>>542
先生のこれからの予定……「ガンパレード・マーチ」と
            「ブラックマトリックスPS版」をクリアする事です。

545 :花と名無しさん:2001/01/22(月) 15:00
昔は紫苑・輪ファンで迅八が嫌いだったが今現在読み返すと
迅八ファンになってしまった。
「記憶鮮明東京編」っていうキャッチが好きだったなあ。
ところでこの人の第何部って分け方あまり意味が無いような。

546 :yurine:2001/01/22(月) 15:35
コスモ初めてよんじゃった。
びっくりしたー。何か、触りたくない系のオーラを感じた。まずいよ。あれ。こわいよ。
あそこまで変わるともはやかえって凄いです。

547 :花と名無しさん:2001/01/22(月) 17:58
>>543
全く俺も同意見だ!!

548 :花と名無しさん:2001/01/22(月) 18:00
比較的男読者も入りやすいマンガだったよね
クラスでも読んでる男の子多かったし。

549 :花と名無しさん:2001/01/22(月) 18:18
木蓮と紫苑の対比が物ごっつ好きやった。

550 :名無しんぼ@お腹いっぱい。:2001/01/22(月) 22:06
未来路・・・・初登場の時即座に思い出したのは
主将ウイングの若きドイツの皇帝・・・・
きっとそのうち友達でごっつい帽子屋さんと楊枝くわえた
若年寄が出てくると思っていたあの頃。

551 :花と名無しさん:2001/01/22(月) 23:48
ひわたりさんがもう駄目って認識は共通してるけど
それがどこで駄目になったかっていうのは結構わかれてるね。
私はぼく地球の最終回からだと思う。
一気読みだから大丈夫だったって人がいたけど
私も九巻から二十一巻まで一気読みだったけど駄目だった。
あの気持ち悪さは後の作品の気持ち悪さとおんなじ気がする。

あとぼく地球の評価って読んだ年齢によるところもでかいと思う。
私は読んだ時、なんか最近つまんねーなちくしょー
とかなんとか思ってたリアル消防だったから、
あの世界に(十一巻以降も)どきどきわくわくできたんだと思う。
それともやっぱり一気読みだったせいかな。
いずれにしても初めて読んだのが今の年齢だったら
リアルに感じられなくてつまんなかったかもしれない。

552 :花と名無しさん:2001/01/23(火) 00:24
>551
「ぼく地球最終回からだめ」同意見!
私も一気読みだったけどダメだった。あの輪についてのいっぱいの書き込みとか…
引きまくりました。前世の回想ばかり(しかものろのろ)になったころから
読まなくなって、終わった後一気読みしたんだけど。(あ、これも551さんとほぼ一緒だ)

553 :花と名無しさん:2001/01/23(火) 00:40
私は「ぼく地球」は花夢で読んでたんだけど、面白かったのは輪が紫苑だと分かるまでだったな。
ちょうどコミックスでいえば三巻くらいか。
それ以降はもう興ざめするばかり。
結局途中でコミックス買うのもやめて古本屋に叩き売りに行った。
本誌で一応最後まで読んだんだけど、二度とハマる事はなかったよ。
あれ以来私は日渡さんは見限ってるな。

554 :花と名無しさん:2001/01/23(火) 01:11
>551
最終回のあれはさー、字じゃなく絵で表現するのが普通なんじゃない?
興味ない私にとってはイタイだけでしかなかった。>多すぎる書き込み


555 :花と名無しさん:2001/01/23(火) 01:25
輪=紫苑ってわかるシーン。そうそう、あれはインパクト強烈だった。
で、その後なんだか盛り下がって、でもラスト近くにまた少し
浮上した〜と思ったら、最終回でどん底。

私も主人公のありすがイライラして、ぶん殴りたいくらいいい子ちゃんで
全然感情移入できなかった。さらに周囲のマンガ好き自称不思議ちゃんが
「ありすって私そっくり〜」とか言っていたのでさらに嫌いになった。
似てるのはただ長い不潔な髪型だけじゃん…<って、これは
びわたりさんのせいではないな(笑)

556 :花と名無しさん:2001/01/23(火) 02:06
単行本派でした。
私は木蓮の子供の頃の話が出て来る辺りから、駄目でした。
(単行本の何巻あたりかが思い出せない)
それまでは結構(いや、かなり)気に入ってて、単行本出るのを
心待ちしてましたが、あの辺りから何かがすーっと冷めていったです。

○部完となって新しい部が始まると、急に絵が壊れてたような気がします。
最終巻に至っては、自分の中ではもう問題外て感じです。
紫苑が作ってた機械の正体には腰が抜けました(笑)

で、一応最後まで読んで、すぐに手放しました。

557 :花と名無しさん:2001/01/23(火) 02:30
自分も一番面白かったのは「9年−−−−−−−−!」のとこカナ。
紫苑の昔話というか、ギョク=ランへの反発はスゴい共感したけど、
キャー!とラ=ザロの話は逆に醒めた(いや泣いたけど最初はさ)
モク=レンの昔話は逆に楽しく読めた。特に紫苑とのギャップで。。。

でもレイプのあたりはちょっともにょった。最後のウダウダも好き
じゃない。でもヒイラギの弟から責めたキーワード奪取は面白かっ
た。ホントは過去話じゃなくてこちらがメインになるはずだったん
じゃないかな(輪の正体が露見してから、断片的な過去話と同時進
行でキーワード集めるほうが緊張感あって絶対面白かったと思う)

558 :花と名無しさん:2001/01/23(火) 03:03
機械の正体には感動したクチだけど、最終回がなあ。ぼくたま。
輪=紫苑があんまり好きじゃなかったわたしには、びわたりさんが
輪萌えしすぎて、輪がかわいそうじゃない結末にしてしまった
ようにしか見えなかった。
ありすが「輪くんが好きなの」って言うのが唐突な感じしたし。
最近の作品に至ってはもう言葉もなし。今の花ゆめではベテランで
実績もあるんだから、無理やり今風の高校生描いて媚びなくっても
自分らしいもの描いて「だめなら花ゆめ出ていく!」ぐらいの気合で
仕事すればいいのに、チャレンジ精神とかそういうのないんだなあ。
絵も何もぬるいお風呂でふやけちゃった感じ。
それとも、もう描きたいものなんてないのかな?同人したいとか?

559 :次回作は期待してもいい?:2001/01/23(火) 04:50
私も紫苑に感情移入したなぁ。
かまってほしいけど、意地はっちゃうみたいなとこ。

ところで、春彦が月基地で見た覚えがあるらしい東京タワーの設計図。
あの伏線ってどこかで役立ってた?
当時、単行本を読みなおしても、どーしても分からなかった。
単行本を売ってしまった今では、調べようもなく…。


560 :花と名無しさん:2001/01/23(火) 14:05
ありすに感情移入してた人なんているのかなぁ〜。
最初の輪君をクソガキ扱いしてた頃は共感(藁)してたけど
植物とお話するのとか言い出したあたりからついていけなかったよ。



561 :花と名無しさん:2001/01/23(火) 15:10
>>560
って事は、かなり初期の頃からダメだった?(藁

562 :花と名無しさん:2001/01/23(火) 17:02
当時はじけてた私は、何の知識もなくいきなり全巻まとめ買いして読んだ。
最初はだるかった。後半、大きいコマが増えてくるあたりで
「この人、やる気なくしたんだな」と思った。最終回はいらない。
輪が春彦をいじめるところが一番面白かった(性格悪?

その次の作品(名前も忘れた)も2巻くらいまで買ったけど
ぜんぜんワケがわからず、いちごとかいうのにムカついて脱落。
ここを見てて、思い切ってやめた自分を誉めたい気分になりました。


563 :花と名無しさん:2001/01/23(火) 17:27
な、なんか文句多いですね(^^;)。
ぼくは「未来のうてな」で日渡先生を知り、
「ぼく球」全巻まとめて買って読みましたが
それなりに楽しめましたよ。
自分の理想通りに進まないからといってボロクソに言うのもどうかと…。
(まぁ、プロってそういうモンでしょうけど。読み手は金払ってるし)
全体を通して、木蓮視点で同じストーリーをもう一度なぞる所が
手法としてお気に入りです。
話の組み立ては今一つかも知れませんが、
キャラの台詞にはそれなりの重みがあって、この作者好きです。
普段は青年誌ばかり読んでいる僕ですが…

564 :花と名無しさん:2001/01/23(火) 17:29
「ぼく球」は問題ないと思うが「未来のうてな」はどうだろう。。
かなりイタい気がする(ワラ


565 :花と名無しさん:2001/01/23(火) 17:30
ま、時間を逆にたどっていけばそうなるでしょうね。

566 :東海のななしさん:2001/01/23(火) 20:08
私は悪魔くんだっけ?あれが終ったころぐらいが
マンガ全盛期であとは、コミックス派なんで。
でもぼくたましか今残っていない。
最後まで読んでいなかったから。
もにょり感が多いけど、まぁ、いい作品だった。
やっとコスモが終ったから早くゲーマーやめて
普通のマンガ家になってください。合掌。

567 :花と名無しさん:2001/01/23(火) 21:29
最近の絵って花ゆめの広告でしか見てないけど
そんなに酷いんですかあ。
「ぼく地球」は途中脱落です。

568 :花と名無しさん:2001/01/23(火) 21:57
「ぼく地球」にこれだけ感情移入出来る人が居る方が不思議

569 :花と名無しさん:2001/01/23(火) 23:40
紫苑が発狂した時なんとかキイワード探そうとしてたとかいうところあったけど、
ヒイラギのキイワードぐらいわかんなかったのか?
フルネームだぞ?

570 :花と名無しさん:2001/01/24(水) 00:11
>569
キイワードは全部揃って初めて作動するから、途中経過で誰かのはあっていても
全部揃わないとそのキイワードがあっているのかどうかわからなかったのでは?
てどうでもいい話題だからsage.

571 :花と名無しさん:2001/01/24(水) 00:55
感情移入してもいいけど
卒業できなきゃ意味ないと思うんだよね……

572 :花と名無しさん:2001/01/24(水) 01:09
自分は、悪魔クンがダメだったしサキちゃんシリーズもM2以降、
あんま好きじゃなくなってたんだけど、記憶鮮明で持ちなおして、
ぼく地球でけっこうはまった。んで、それ以降はイマイチ以下。

まぁ。アタリハズレもあってもいいんじゃない? 田中芳樹だって
銀英伝以外ろくでもないし。

573 :花と名無しさん:2001/01/24(水) 16:08
>561
ダメだったよ(藁)
ありすと違って、輪君一番嫌いだったさ。
輪との恋愛を追って読んでた人がうらやましい。
誰が相手役なんだかマジにわかんなかったから。輪君のことはなんかウザイ
ガキがいるなあと思って読んでた。迅八、登場の仕方がまぎらわしいよ。
こっちとくっつくと思って読んでた。。。宇津


574 :花と名無しさん:2001/01/24(水) 16:58
未来のうてな嫌い。
最初に出てきた「0の発動」とかは一体なんだったの?
中途半端に勇者とか言ってて、イタイコスチュームを苺にさせてさ。
妄想の中で好きな女の子をそんなカッコさせてる男子がいたら嫌だね。

これでもぼく地球はすごくハマったくちなんですが・・・
先生にはもう何も期待してません。

575 :花と名無しさん:2001/01/24(水) 17:21
100歩ゆずって「うてな」までOKとしとこう。
しかしあの宇宙のヘタレっぷりは何事?

576 :花と名無しさん:2001/01/24(水) 20:28
私も木蓮の子供時代の話くらいから少し引きはじめ、
最終回にいたっては、ここまで今までの何もかもぶち壊しにしてしまう漫画も…
と悲しくなっちゃいましたぜい。
最初のほうはものすごくはまってたので。…ちょっとハヅカシ。
自分で作ったキャラに対する思い入れがコントロールできない作家さんて、
どんな方でも嫌いになっちゃいます。
(最近こういう人多くなったような…)

577 :花と名無しさん:2001/01/24(水) 23:35
>>574 妄想の中で好きな女の子をそんなカッコさせてる男子がいたら嫌だね

いやいや、妄想の中で服着せてるだけまだマシな男の子です、健は。

578 :花と名無しさん:2001/01/24(水) 23:47
>>572
田中芳樹と比べるなよ。田中芳樹は創竜伝だってアルスラーン戦記だって
あるよ。(完結してないけどな・・・)

579 :花と名無しさん:2001/01/25(木) 00:58
以前本誌かなんかで先生が
「アクマ君の再開よりも描きたいものがある。主人公は女の子で〜」
と言っていたのを読んだ。あれは宇宙のことだったんだろうか?
だったら鬱だ…。

580 :花と名無しさん:2001/01/25(木) 01:12
あ、あれが描きたいもの・・・。
もしかしたら、もっと描きたいことがあったのに、
それを出す前に終わっちゃったとか(憶測)

581 :花と名無しさん:2001/01/25(木) 01:14
ぼく地球はOVAの所ぐらいまでが楽しかった

582 :花と名無しさん:2001/01/25(木) 02:15
宇宙…あれはやはり打ち切りなわけ?
あまりのくだらなさに全然読んでなかったけど気が付けば終わってた。
結局何が言いたかったんだろうか、あの漫画。

583 :花と名無しさん:2001/01/25(木) 04:44
>>582
>>203が2行で語ってくれています。

584 :花と名無しさん:2001/01/25(木) 07:59
皆さん、はじめまして〜。
宇宙なボクら!3巻を読んでおりますが涙が止まりませぬ。
3巻費やしてなお主人公が一歩も踏み出さないとはあまりな
展開ではございませぬか。既に読むのが苦痛でございます。
大人しく部屋を掘り返して昔の作品を読むことにします。
早紀ちゃんシリーズからアクマくん経由で記憶鮮明あたりで
止めておくのが吉でしょうね。
失礼しました〜。(泣きながら逝きます)

585 :花と名無しさん:2001/01/25(木) 21:30
コミックス派ですが、うてなでかなり外されたので宇宙読んでません。
だれか要約して〜。

586 :花と名無しさん:2001/01/25(木) 21:43
要約:主人公の母が恥ずかしい格好で再登場する話

587 :花と名無しさん:2001/01/25(木) 21:43
要約:主人公の母が恥ずかしい格好で再登場する話

588 :花と名無しさん:2001/01/25(木) 23:33
>587
補足:主人公の母のデンパな思い込みによって構成された物語

589 :花と名無しさん:2001/01/26(金) 00:16
書店バイトなのですが、今日宇宙3巻買ってったのは
みんな男だった。なんだかな・・

590 :花と名無しさん:2001/01/26(金) 00:26
主人公の母がイタイ格好で再登場する話、ね。

591 :花と名無しさん:2001/01/26(金) 00:47
主人公の母が主人公なんですかい?

592 :花と名無しさん:2001/01/26(金) 00:50
まあ天湖ってキャラは万事が万事「受け身」で自分から動こうとしなかった
キャラだったから、主人公とは呼びたくないな。
日渡の漫画は主人公不明だな……。いつも。

593 :花と名無しさん:2001/01/26(金) 01:08
>583
582ですが203を読みました。
素晴らしく簡潔で無駄がなく的を得た説明でした(藁
宇宙もこれくらいの歯切れよさだったら打ち切りなんてならなかったろうに。

594 :花と名無しさん:2001/01/26(金) 01:29
まさに読みきり32pでやるべき話を
1年半しかも間に休載をしょっちゅう挟みながら描いてた。
読者をバカにするのもいいかげんにして欲しいです。

595 :花と名無しさん:2001/01/26(金) 03:05
コスモにはぼく地球のように、作者の個人的キャラ萌え〜
が居なかったような気がする。

596 :花と名無しさん:2001/01/26(金) 07:10
打ち切りなんすかね?やっぱり
別に続こうが終わろうがどっちでもいいんですけどね・・・

597 :花と名無しさん:2001/01/26(金) 17:40
打ち切り打ち切りどー考えても打ち切り。
終わった次の回には、普通は「感動しました!!」とかイラストの
ハガキが来るんだけど(天禁、赤僕など良い例)
宇宙は気合いの無い絵が一つだけだった。

598 :花と名無しさん:2001/01/26(金) 18:03
堕ちましたな…

599 :少女漫画家のくせに:2001/01/26(金) 19:22
25歳を越えたらおばさんくさい感性で全然駄目ですね。
(山田南平しかり)

600 :花と名無しさん:2001/01/26(金) 19:56
年齢よりも「すでに古い」という自覚がないことがイタイ。
一条ゆかりしかり。

601 :ここのツリーを見て:2001/01/26(金) 21:19
今出ているコミックを立ち読みしたんですが、納得・・・・
ぼく地球以来読んでなかったけど、あの絵って
ねらって崩してるのか、それとも本当に崩れてるのかわからない。
昔から上手い人とは思わなかったけど、それでも描線に
気合が合ったのに。誰か忠告できる人はいないのだろうか。
見ていて、鴨川つばめの末期を思い起こした。

602 :名無しさん:2001/01/26(金) 21:30
>599
そんなこといったら古株の少女漫画ファンが泣いちゃうよ〜
(もう全然ダメ年齢なのか私・・・)

603 :花と名無しさん:2001/01/26(金) 22:51
>>599
名過剰も由貴も高屋も樋口も望月も羅川も仲村も25以上ですです。。。

604 :花と名無しさん:2001/01/26(金) 23:21
>>599
25歳すぎて駄目になるのは、自分の若い感性に甘えて
加齢による努力を怠ったタイプの人だと思う。

25過ぎても描ける人は描ける。日渡と山田が駄目だっただけです。

605 :604:2001/01/26(金) 23:23
てゆーか今気付いたけど、僕タマ時代に25は過ぎてたのでは?
いま30代後半でしょう?日渡センセは。

606 :花と名無しさん:2001/01/26(金) 23:29
宇宙…では
城崎と滝岡がくっついた方が面白かったと思うがね。

607 :花と名無しさん:2001/01/26(金) 23:48
604さんに激しく同意〜

やっぱ努力はしてるんだろうけど、結果がお粗末では零落は当然>日渡
3巻の表紙のCG絵も、前の2巻よりはマシになったとは思うが、
このひとそろそろ絵を書くのやめた方がいいんじゃないかとしか
思えぬ出来だったし。
これ以上醜態を晒さぬうちに静かに去って欲しいものです。

まあ、山田とは違ってゲーム以外に余計なことを語らぬだけましか……
と思ってたのですが。
ついに3巻の柱では「いじめ」について語ってしまいましたしね。
アナタがホサれますよ、と突っ込みたくなること必至なイタイタ語りだった。

608 :花と名無しさん:2001/01/26(金) 23:54
日渡さんは今年40才。
読者のお母さん的年齢かも。

609 :花と名無しさん:2001/01/27(土) 00:06
40歳の日渡さんにコスモ最終回のよーな物言いを赦すとは…
若手さんたちは一体なにをやってるんでしょーか。

610 :花と名無しさん:2001/01/27(土) 01:13
>>607
どんなこと書いてたの? 簡単でいいんでアプきぼーん。

611 :花と名無しさん:2001/01/27(土) 01:22
>607
私も知りたい。コミックス買いたくないし。

612 :607:2001/01/27(土) 01:51
私も買ってないから正確にはわかりませんけど。
「いじめを受けているときは『学校に行かなくてもいいという
選択があること』に気付かないけど、逃げてもいいと思うにゃー」
という要旨があったように思います。

ほかにコミックス買ったという奇特な方、正確にわかったらアプきぼーん。

613 :花と名無しさん:2001/01/27(土) 01:55
相談の手紙を受け取るのかな。


614 :花と名無しさん:2001/01/27(土) 01:57
受け取るんじゃない?
ぼく地球のときだって電波系のお手紙貰って読んでたらしいし。

615 :花と名無しさん:2001/01/27(土) 02:03
いまどきイジメ漫画なんて…
古いだけじゃなくて遅れてるセンスに乾杯!

616 :花と名無しさん:2001/01/27(土) 02:10
イジメ漫画が古いとゆーより、それを料理する
日渡さんの感性が古過ぎるね・・・。
あの解決法(?)には別の意味でド肝抜かれたさー(汗
いつの時代でしょう。なんてご都合主義。

617 :花と名無しさん:2001/01/27(土) 02:11
市東亮子さんはそういう系の漫画を描いていた時、
相談の手紙をもらうと後書きで書いていましたね。

618 :花と名無しさん:2001/01/27(土) 02:12
そっか....。
日渡先生の作品がおもしろくなくなったのは、
自分が年くったからだと思ってたけど、
そうでもないのか...。
「ウテナ」の2巻くらいまでは、
小説の勇者と主人公の日常をだぶらせてるあたり、
けっこうおもしろいと思ったんだけど...。
8巻くらいで、なんだこりゃー!!!
今どき安手のRPGでもあんな展開しないよ!
真剣、先生の脳内に何が起こったかと思った。

619 :花と名無しさん:2001/01/27(土) 02:16
うてなの8巻というと、
主人公がたけるんからズレて聖や北一や野田が前面になる頃か…

あのまま美少年モノに行ってくれると私としては良かったんだけどね。
幾ら痛くても。

620 :花と名無しさん:2001/01/27(土) 05:08
相談を受ける、、、か。
的確な答えを返すのって難しいことだと思うんですよね…。
相手の身になって考えなきゃいけないし。
日渡さんは自分の得意な範疇に話をひきつけて話すことは好きだろうけど
他の人の思考に即したものの言い方は出来ない人だからねえ。

621 :ななさいさん:2001/01/27(土) 15:10
>>203
ステキ!
絵も話もへたれ・・・ゲームのせいだけじゃないよね?
恋愛なのか、いじめなのか、友情なのか・・・
りぼんでもダメかも。
いっそ幼稚園とか?(魔女もの)

622 :花と名無しさん:2001/01/27(土) 15:46
>>620
なんかそんな感じっぽい人だよね。コメント読む限りだと。
自分の土俵を出ないってか。自分の視点が全てっていうか。

623 :花と名無しさん:2001/01/27(土) 19:30
まぁ、ぼく地球にのめりこんでる読者にひいて、火消し発言をしちゃった人だからね。

624 :花と名無しさん:2001/01/27(土) 20:01
もしかしてそんなに悪い人じゃないんじゃない?

625 :花と名無しさん:2001/01/27(土) 20:57
もしかしなくてもイイヒトだと思うけど。。。
イイヒトは、場合によっては、悪いヒトよりタチ悪いからねぇ。。。

626 :花と名無しさん:2001/01/27(土) 23:38
まあ、漫画カキ屋さんにカウンセラー能力を要求する必要はないしね。

627 :花と名無しさん:2001/01/27(土) 23:53
で、マンガがアレだからなあ〜

628 :花と名無しさん:2001/01/28(日) 00:34
何にしろ次のマンガが正念場だよね。
昔はファンだったものとしては次のマンガが興味ある。


629 :花と名無しさん:2001/01/28(日) 01:14
いや、彼女の正念場は「うてな」「コスモ」連続失敗で既に終わった。

630 :花と名無しさん:2001/01/28(日) 01:21
>>629
話題作の次の作品ってのは本当に正念場だよね。

631 :花と名無しさん:2001/01/28(日) 01:28
思い切って前世というファクターを切り捨てる勇気が無かったのが残念……。
>うてな
お★様のよーな、あるいは鼻ざかりのよーな、花ゆめイタタ的
ある種イッチャッテル作風に180度転換できてたら
また話は別だったと思うけどね(それはそれで非難轟轟だろうが…)

632 :花と名無しさん:2001/01/28(日) 01:33
日渡さんの最近の駄作を受け付けなくなっちゃったのは
私自身の感性がトシ食ったせいだと思ってたが、
このスレ見て、やっぱ日渡さんがダレたのか、と改めて思い、
複雑な気持ちです。

633 :花と名無しさん:2001/01/28(日) 03:22
やはりあの人を早めに見切って正解だった。
しかし唯一残ってたベテランがあの有様ではもう鼻夢の先は見えた。
もはや私にとって立ち読みの価値すらない用無し雑誌&用無し作家だな(藁

634 :花と名無しさん:2001/01/28(日) 04:15
過去に名作(評価は各自にまかせる)を書いてしまった漫画家は
辛いやね。
「漫画家は書き続けなくては漫画家とは呼ばれない」と言った
漫画家がいましたけど、ヘタレても書き続ける漫画家も
見ていて辛いなあ(というわけでもう辛くて見られない)

635 :花と名無しさん:2001/01/28(日) 10:20
充電期間をおいて復活してきたらどうなると思う?

636 :花と名無しさん:2001/01/28(日) 13:14
>>612
漫画とは別に、この発言はそれはそれで有りなんじゃないかと
思っちゃったんですけど…。元の文章読んでないのであれですが。

日渡さんが読者から相談受けたとして、相談した子も周りの大人も
「学校行こう」ってキツキツになってたら、こういった声の掛け方も
するんじゃないかな。

それとももっと別の部分にイタい所があるのでしょうか。
気付けなかったんで、良かったら教えて下さい。

637 :花と名無しさん:2001/01/28(日) 13:16
どうにもならない。
コスモ最終回で次の連載は春〜夏ころの予定とあったが、
実際には記憶鮮明4なりの読切りが春に入って、連載はそのあとだろう。
記憶鮮明はいつもの脳内ハテナ話、連載は尻切れで単行本2冊程度だろうね。
充電期間というより漏電期間になるのでは?>635
633に激しくドウイ。

638 :花と名無しさん:2001/01/28(日) 15:43
なになに?今度の作品は記憶鮮明なの?

639 :花と名無しさん:2001/01/28(日) 16:57
アクマくんと未来路の話の続きが見たいんだけど、あの絵じゃ・・・


640 :花と名無しさん:2001/01/28(日) 17:54
>>639
やっぱ原作日渡で日座さんが作画?(笑

641 :花と名無しさん:2001/01/28(日) 21:04
>623
確か「ぼく地球」を読んで完全アッチの世界に逝ってしまい、
「自分も前世に還る!」みたく睡眠薬大量に飲んで、
真剣に逝きかけた事故があったんじゃなかったっけ?>火消し発言
その真電波のいた県では「ぼく地球」は有害図書に指定されてたとか。
そこまでヤバい人がファンレターとかでも出現しまくっていたなら、
あの火消し発言も仕方ないと思う...。

それはそうと、ゲーム感覚の軽いオハナシは他の人にまかせて、
もう少し冷静になってほしいですねぇ。
新鮮さとかセンスでは、若い人には絶対勝てないかわりに、
ベテランにしか描けない話ってあるはずなんだし...。

642 :花と名無しさん:2001/01/28(日) 21:14
>>641
残念ながらその事件が起こった前世に戻りたくさせた漫画はぼく地球
じゃなくてみずき健の漫画だったって話ですが。。。

643 :花と名無しさん:2001/01/28(日) 21:33
飛び降りたんじゃなかったっけ?>>641
ビルから。

644 :T・S:2001/01/28(日) 22:00
 飛び降りたのは徳島県の人。

645 :641:2001/01/28(日) 22:56
そうか。睡眠薬は山口の女子中学生ときいた。
なんか、割りに信ぴょう性ありそーな感じだったけど、
今の樋渡先生の作品では、そこまでの感銘を受ける読者はいないだろうな。。。

646 :643:2001/01/28(日) 23:23
徳島かどうかは知らん>>644

確か宝島かなんかのオカルト系の特集で
「少女マンガに影響されて、マンガと同じように飛び降りた」
という話を読んだ。固有名詞はなかったけど、
そこで説明されていたマンガがもろ「ぼく地球」だった。

みずき健の方は知らん。

647 :花と名無しさん:2001/01/29(月) 00:02
>646
私もその宝島の本読んだことあるわ。
確かに「ぼく地球」の漫画が引用されてた。
それにその頃、かのオカルト雑誌「ムー」の読者欄には
前世の仲間を捜してるという、マジで逝った人たちの投稿が増えて
この手の投稿を差し控えたという事も書いてあった。
かつてはいたのね、彼女の漫画でこういう幻想世界に逝く人。

648 :花と名無しさん:2001/01/29(月) 00:10
当時ネットがあったら、「前世の仲間探しHP」が
乱立してたかもね。あ、探したことないだけで、実は
今でも結構あったりするのか!?

今でも前世物のマンガってあると思うけど、普通の
生活まで影響を与えるような作品ってないよね?
そう考えると、ぼく地球ってやっぱりすごい作品
だったのね…。

649 :花と名無しさん:2001/01/29(月) 00:29
昔々、野口ごろーとかがアイドルだった頃。
アイドルを売り出す強力な手段として業界は「失神」という技を使った。
当然、舞台上のアイドルはフリ。
しかし、それに影響された追っかけの多くにコンサに逝って
マジに失神する人が多発するという現象が起きた。
ま。ぼく地球はそのオタク版ってか電波版ですな。

650 :花と名無しさん:2001/01/29(月) 00:31
>>647
ムーの投稿欄はぼく地球よりも前です。それ系が氾濫していた頃
愛読者でした(w

651 :花と名無しさん:2001/01/29(月) 00:39
その後の少女漫画ってなんかプチぼく地球っていうか、そういう感じのやつ多くなかった?
内容じゃなくて話の運び方とかキャラの語りとか。

652 :花と名無しさん:2001/01/29(月) 00:43
ムーは最初からそういう雑誌で、「ぼく地球」でもパロられていたよね。
でも、爆発的に増えたのは「ぼく地球」のせいって思ってるけど。
セーラームーンのせいもあったかもしれんが、
ムーの投稿欄にある名前はぼく地球よりだったなあ。
(面白がって読んだ記憶がある)

私は前世というと「ムーの白鯨」を思い出す。。。
古くてスマソ。。。

653 :花と名無しさん:2001/01/29(月) 01:15
確かに「ぼく地球」系の名前多かったよね。
内容はどれも「前世で共に戦った仲間を探してます」とか
「世界の終末を救う仲間の戦士よ、目覚めて!」みたいな(藁
しかもみな小難しい漢字をいっぱい使った名前。
『四露死苦』みたいな…ごめん、逝ってきます。

654 :花と名無しさん:2001/01/29(月) 01:31
「ムーの白鯨」読んでみたいなぁ。

655 :>654:2001/01/29(月) 01:37
ムーの白鯨って、アニメじゃなかったっけ?
私幼稚園くらいの頃、好きで見てた記憶がうっすらとある。
話の筋は忘れたが、主題歌だけは覚えてる・・・。
なんかスローな曲で「あこがれへ飛びたて〜」とかいう歌詞があった。
これって前世がどうのって話だったの?ムー大陸住民の生まれ変わり?
ムーというと、どっちかっつーと「海のオーロラ」の初代ルツを思い出す・・・。

ぼく地球とちとずれるので(前世しか一致してないし(笑))sage。

656 :花と名無しさん:2001/01/29(月) 01:42
ムーの白鯨のアニメ見てたけど、ここに上がってるのと
同じ物かしら・・・

657 :654:2001/01/29(月) 01:50
鯨が空とぶところしか覚えていない。

658 :652:2001/01/29(月) 01:50
私もよく覚えていないんだけど、
ムーの最後の戦士5人が、現代に生まれ変わる。
ムーの王は守り神だった白鯨に脳を移植してまだ生きてて、
王女もサイボーグになって生きている。
メインの話は主人公と王女のラブストーリーでした。
敵は。。。誰だったか記憶なし。
最終回は主人公と王女のキスシーンがあって、
自分は人間じゃないからという王女に
「だって君の唇はこんなに温かいじゃないか」とか主人公が言うのでした。
く〜懐かしい(萌えてんじゃねえ)
なんか、雰囲気がちょっと「ぼく地球」とかぶるのです。
私的に。しかし恩讐ものではありません。

659 :656:2001/01/29(月) 01:53
>>655
ああ!それです!

660 :652:2001/01/29(月) 02:00
関係ないので、そろそろ止めますが、
ttp://www.geocities.co.jp/AnimalPark/6050/mu/mu.html
に詳しいです。


661 :ではこれで最後にしましょう:2001/01/29(月) 02:22
www.geocities.co.jp/AnimalPark/6050/mu/akogare.html
> そういえば、このムー白とよく似たお話が、少女漫画にあるんだけど、
>知ってますか?! その名も『アトランティス』。主人公はアトランティスの王女で、
>アトランティスの戦士達を引き連れて敵と闘うお話。

662 :花と名無しさん:2001/01/30(火) 23:55
スレッドのこの下がり具合が今の彼女を表してるようだ…

663 :花と名無しさん:2001/01/31(水) 00:22
>>662
じゃああげ(藁

664 :花と名無しさん:2001/02/03(土) 02:25
宇宙の末期、
アンケートの順位やいかに・・・(藁

665 :花と名無しさん:2001/02/03(土) 03:53
>>664
アンケートって鼻夢のですか?
はたまたコミックス売り上げ・・・

666 :花と名無しさん:2001/02/03(土) 03:53
あ、あがってきた。
アンケートの対象からはずしたほうが親切よね。
しかしスレッド見回して一人ぐらい宇宙庇ってる人
いないかなーと思ってみたけどさすがに皆無ね。だって中学校とかの
卒業文集とかであんまりすかれてないオタク少女がひとりノリノリで
描いてる漫画よりつまらないんだもん。あれ。

667 :花と名無しさん:2001/02/03(土) 04:24
何がどうしてあんなに寒いんだろうなぁ、コスモ。
自分の年齢のせいもあるだろうけど、感動する時はどんな漫画でも
感動するんで、年のせいだけでもないような……
2巻だっけ、城崎が犯人にされそうになるけど、形勢逆転した所は
感動するべきとこだろうに、何故か寒……

でも頑張って最終巻まで読もうかねぇ。
しかし10何巻とか続かなくて良かった。

668 :花と名無しさん:2001/02/03(土) 18:11
あんまりここでの評判がすごいので、今日始めて古本屋で
「コスモな〜」見ました。
なんすか?あの個性のかけらもない絵は。っていうか別人!
主体性が見当たらない・・・
それも下手なほうに変わっていくとは・・・
おみそれしました(藁

669 :花と名無しさん:2001/02/03(土) 20:37
すごいですねここ……
ホントにもうダメなんだ………。

670 :花と名無しさん:2001/02/03(土) 21:28
ブクオフに『僕地球』があったので久々に読んでみた。
すげえ・・・面白かった。
ここ最近のつまらないマンガの印象しか無かったから、連載も読まなくなってたけど
あのころは面白かったよなあ。

671 :花と名無しさん:2001/02/03(土) 21:45
古本屋で「記憶鮮明」を久しぶりに読んできました。
面白かった…。絵柄は古いけどほんと面白かった。
これはぜひみなさんにも読んでもらいたいです。
「宇宙」は読んでませんが。絵はちらっと見てみたけど、別人の絵でしたね。
…読みたくないなあ。こわい。

672 :花と名無しさん:2001/02/04(日) 01:34
ヒワタリサン!!昔大好きだったのに。このスレのタイトルに大笑い。目立ってるし上手すぎ。

673 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

674 :花と名無しさん:2001/02/04(日) 03:25
>>672
絶対買っちゃダメだけど、立ち読みはしてみそ。
心のそこからため息を付いた事なんてあんまりなかったけど、そういうことができますよ

675 :花と名無しさん:2001/02/04(日) 05:35
あ、よかった!あぼーんされてる。
削除人さん有り難うございました。

676 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/02/04(日) 19:53
私も古本屋で昔→今、のマンガを読んでみた。
。。。なみだ。

677 :花と名無しさん:2001/02/04(日) 23:24
こすもの2巻がブクオフで売ってたけど、
あの表紙のCG見るたびに購買意欲を削がれるのよね。
いまだに未読。

678 :花と名無しさん:2001/02/10(土) 03:11
アクマくんの、続き、描いて〜〜〜!!

679 :花と名無しさん:2001/02/10(土) 03:28
今更描いて欲しいですか?

680 :花と名無しさん:2001/02/10(土) 03:29
いや、もう描かなくていい!(大泣)
あらすじだけ教えてくれ。

681 :花と名無しさん:2001/02/10(土) 21:21
昨日僕地球の6〜10(また半端なι)を
読んだらすっごい面白かった。続きが知りたくて
知りたくてたまらんっていう話の展開じゃった。

…天才漫画家って言われたこともあるのにね。。。

682 :おもろいの発見。:2001/02/12(月) 01:38
電波板にて。本人達ネタだとが思いますが、一応ぼくタマ読んだ事ある皆様へ私から
ささやかな貢物です。
「前世の仲間を探しています(マジレス希望)」
http://tako.2ch.net/test/read.cgi?bbs=denpa&key=980181729

1 名前: 蒼樹藍羅 投稿日: 2001/01/23(火) 01:42

蒼樹藍羅(そうじゅあいら)です。
これは前世の記憶の名前です。読み方はこれでいいのか不明です。
前世では女性だったと思いますが、中性かもしれません。
というと、地球ではないのかもです。
仲間が7人いました。
ファレス、レティーナ、ケレシス、アレスタ、オスロ、オルファリア、ヴァッソ
です。

13のレスにより褐色の肌の人出現(ワーラワラ
>ヴァッソは私より頭一個分背が高く、
>麻色の褐色の肌の青年でした。
>いつも爽やかで、憧れだったとおもいます。

今後を見守りましょう。


683 :>682:2001/02/12(月) 01:47
やべぇ(藁

684 :花と名無しさん:2001/02/12(月) 01:54
>>682
こわ…
といいつつブックマーク(笑)

685 :おもろいの発見。:2001/02/12(月) 01:59
>>683-684
わーい!楽しんでいただけましたでしょうか?
波平には足元も及びませんが、しばらくこのスレの
観察してみます。

しかしあれですか、柱の「ぼくたまフィクション宣言」
にショック受けた子達があんな姿になったかと思うと・・・(号泣


686 :壊れた!!:2001/02/12(月) 02:05
ぎゃーーーーーーーーーーーーーーー!!(爆笑の声
682さん、ギャグありがとう。


687 :蒼樹藍羅:2001/02/12(月) 02:08
ギャグではありません、あなたには前世の声が聞こえないのですか?

688 :おもろいの発見。:2001/02/12(月) 02:14
御本人?    あげるでよ!

689 :おもろいの発見。:2001/02/12(月) 02:19
>>686
夜中に爆笑して頂けましたでしょうか?
しかし私がなぜ電波板に居たのかを突っ込まれてしまうと、
ってゆうか、もうすでに自分も電波ってるのか。



690 :爆笑本人:2001/02/12(月) 02:23
聞いたこと無い!聞こえるの?聞こえたら認めるよ。

691 :花と名無しさん:2001/02/12(月) 02:35
御降臨はもう終わりなのか…

692 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/02/12(月) 02:43
682のリンク先読んでて頭がクラクラした・・・
2chって閉鎖病棟からもアクセスできるんですね。

693 :??????:2001/02/12(月) 02:49
do-yatte?


694 :寿命なのかも、このスレ:2001/02/12(月) 21:46
紫苑は 悲しいくらい 君の覚醒を 待ってる・・・。

このすれの落ちぶれぶりには悲しいばかり。

695 :花と名無しさん:2001/02/12(月) 22:37
新しい作品が載ったらちっとは盛り上がるかな?
新しいのは読みたいような読みたくないような、複雑な気持ち。

696 :花と名無しさん:2001/02/13(火) 00:28
>>682
あれはマジか?
マジで言ってるのか?
冗談じゃなくて…
すごいわ、これだから俗人やめられない(藁

697 :花と名無しさん:2001/02/13(火) 00:32
城崎航の吊し上げより、日渡さん本人の吊し上げのほうがハラハラする。

698 :花と名無しさん:2001/02/13(火) 00:59
「ぼくたま」が回想シーンになってコマがページ3コ
くらいになったところで読まなくなりました…。
早紀シリーズも、悪魔くんシリーズも好きだったのに…(歳がばれる)…。
今の漫画は、日渡りさん自身どういう気持ちで描いてるんだろう。
やっぱ「ぼくたま」が彼女の絶頂期だったのかね。
ムチャクチャかっこよかったよね、「ぼくたま」。

699 :花と名無しさん:2001/02/13(火) 01:17
んー、単行本で初めて読んだけど結構先が読みたくて読みたくてしょうが
ない、感じですごく面白かったなー。
のめりこんで読めちゃうから>>682のスレのような子ができてしまうのも
無理はないかもね。・・・しっかし、682はよくこのスレを見つけてきたよね
行く末はどうなるんだろう。

700 :花と名無しさん:2001/02/13(火) 02:02
まあこの方以外にも絵の下手になる漫画家っているよ。

701 :花と名無しさん:2001/02/13(火) 22:38
いや、絵だけならいいんだがねー。
話も一緒にダメになって行ったら救いようがない…。

702 :花と名無しさん:2001/02/13(火) 23:34
実に根本的な疑問なんだが、結局あの7人が記憶を持って生まれ変わったのは
何のためだったんだ?最後まで読んだけど分からなかったよ。

703 :花と名無しさん:2001/02/13(火) 23:56
私は,モクレンとシオンが何日か(何年か?)二人っきりで
生き残ってたのに、お互いの気持ちを話し合わなかったのが
信じられずに一気にさめた。
だって、それまではほかにいろいろいたから,意地を張ったり、
誤解したり,ってわかるけど,この世に二人っきりなのよ?!
もう命もわずか。本心を語り合うでしょーーーー。


704 :花と名無しさん:2001/02/14(水) 00:23
>>682
きしょい・・・

705 :花と名無しさん:2001/02/14(水) 00:47
>>682
読んだ。すごかった。
びわたり先生がフィクション宣言した気持ちが
ようやく少し分かった気がした。。。

そうか、先生は、電波にやられちゃったんだね。
電波の影響力ってすごいからね。
電波の襲撃にあって、先生も壊れちゃったんだね。

なんだか・・・・・。
はじめて先生に同情した・・・。

706 :おもろいの発見。:2001/02/14(水) 01:42
>>682です。わりとご好評のようで、嬉しい限りです、掘り出し物。
http://tako.2ch.net/test/read.cgi?bbs=denpa&key=980181729
この「前世スレ」の78でちょっと煽りっぽくレスしてしまったので、
ああ〜せっかくの掘り出し物なのにこのスレが終わったらどうしようかと、
後悔と焦りでいっぱいでしたが、さすが電波です。気にもとめとりませんよ!

凶も元気の良いレスついてましたね!(ワーラワラ>葬樹藍羅
>サヴァルさんへ。
>なんか難しくかんがえすぎじゃないかな?
>昔の記憶を鮮明にしたいだけで革命をおこそーてんじゃないんだから。

日渡読みこみすぎ!とつっこんでみる。記憶鮮明なんて言葉を偶然レスしてる事を
御祈り申し上げます。

この話題以外でお話しされてる皆様にはお目汚しでスミマセソ。

707 :花と名無しさん:2001/02/14(水) 02:20
>さすが電波です。気にもとめとりませんよ!

この言葉に意味もなく激藁。そりゃ電波だからねー(藁

708 :花と名無しさん:2001/02/14(水) 02:24
>>702
電波マジコワイ…。でもコワイ物見たさで見てしまう…
今の日渡センセの漫画のようだ。

709 :花と名無しさん:2001/02/14(水) 02:51
>>703
激同意。
しようと思えば今度はほんとに愛し合ってのえっちだって出来たはずだ!
なぜだ!何故二人きりなのに何も無しなんだぁぁ!
などと当時は下世話な事を考えてしまったです。

母星が壊滅した時にみんな「帰れない」って嘆いてたけど、
はて、「選ばれて生き残れた」という方が大きいんじゃないんだろうか。
自分が生きてる事よりも、帰る帰らないとゆう方が優先するもんなんだろうか?
と、悩んだ覚えもあります。

710 :>>709:2001/02/14(水) 04:31
>母星が壊滅した時にみんな「帰れない」って嘆いてたけど、
はて、「選ばれて生き残れた」という方が大きいんじゃないんだろうか。
自分が生きてる事よりも、帰る帰らないとゆう方が優先するもんなんだろうか?

仏教徒とキリスト教徒の死生観の違いのように宗教観の違いでは?
または、聖地へ行きたい還りたいと思うのと同じ感じ……かなぁ。
ほとんど無神論化してる日本人にはちとわかりにくい感情ではある。

711 :花と名無しさん:2001/02/14(水) 10:47
>自分が生きてる事よりも、帰る帰らないとゆう方が優先するもんなんだろうか?

個人論かもしれないけど、私は帰る帰らないを優先して考えるかも。
だから死んだ方がマシとまでは思うかわからないけど・・・
自分が生きてるってことは、まずはどーでもよくなる。大切な人や大切な国が
亡くなってしまったショックの方が大きいし、自分の居るべきだった幸せな場所が
消えてなくなってしまったことが悲しくて。(紫苑以外は皆、幸せな環境だったみたいだし)
帰れると思っていたらなおさら。

あんな狭くて孤立した夢も希望のない場所にたった数人で取り残されたら、
「帰りたい」、「自分の一番安心する、家族や未来や幸せがあったハズの場所に
戻りたい」と思うなぁ。

712 :>709:2001/02/14(水) 11:16
>母星が壊滅した時にみんな「帰れない」って嘆いてたけど、
>はて、「選ばれて生き残れた」という方が大きいんじゃないんだろうか。
>自分が生きてる事よりも、帰る帰らないとゆう方が優先するもんなんだろうか?

いや、やっぱり任務終わったら帰ろう、と楽観してる状況でいきなり
「母星壊滅、かえれません」とか言われたら、生き残れて良かったと
言うよりも「帰らせて」と思わずにいられんと自分は思う。
特に711さんの言う「幸せなおうち」が存在する人ほど。

 もし、海外旅行中に「日本が壊滅状態(原因はなんであれ)」とか
聞いて、家族が日本にいたとしたら、危険だとわかってても
「帰りたい」と思ってしまうだろうなと想像(妄想(笑))するし。

 「自分だけでも生き残れて良かった」だのと発想の転換が出来るように
なるのはかなり落ち着いてからだなぁ。それまでは「何で自分だけ残って
しまったのか」と泣けた、とそういう状況になった(自分だけ生き残って、
両親と家が無くなってしまった)友人は言ってた。

 ましてやあの漫画ではちょっと仲良い(悪いのもいるが)仕事仲間
だけで、あとの残りの生物死滅だからさぞショックもでかかろう(汗)。

713 :花と名無しさん:2001/02/14(水) 14:13
どうでもいいけど、前世ネタを差っ引いても、単行本巻末に載ってる
ぼく地球の読者投稿は小学生萌えのキチピーばっかりだよな。

714 :花と名無しさん:2001/02/14(水) 14:41
>>709
>しようと思えば今度はほんとに愛し合ってのえっちだって出来たはずだ!
>なぜだ!何故二人きりなのに何も無しなんだぁぁ!

これは私も思ったよ〜!婚約した後なんで何も無かったんだろうって。
あったとしても心がすれ違ってたままだったとか!?しかし大元を
たどればあの2人が死ぬまでに「好き」とか「愛してる」とか言って
りゃ全部解決してたんだよな…。



715 :花と名無しさん:2001/02/15(木) 17:18
ああ・・・観察スレが荒れている・・。
あんなに楽しい観察スレだったのに・・・。



716 :花と名無しさん:2001/02/15(木) 19:23
やっぱり、日渡センセにそういうみっちりした恋愛経験がないから、って言ったら
ヤバ…??
日渡作品て、親子関係は明るく楽しくおもしろく思いやりがあって好き。
友人関係は男女の別を問わず胡散くさくも心底わかりあい、
ってきたところで、恋人関係でまともな男女観が見られないよーな。
保護者見たく構いつけるジョジョとリズの関係はわりと好きだったけど
あれも一般的じゃないし…恋愛関係は男女の友人関係と違うでしょーが、
っていいたくなること多数。
早紀ちゃんのは、ありゃ恋愛関係一歩手前だからいいとして。
アクマくんのも。



717 :花と名無しさん:2001/02/15(木) 19:29
もいっこ。
うてなの男女関係は、ありゃイマドキのコーコーセイをなぞっただけ
としか思えないし。決めつけてるわけじゃないけどね。

718 :花と名無しさん:2001/02/16(金) 02:20
イマドキのコーコーセイもなぞりきれなかった・・・

719 :私にとって日渡さんは:2001/02/16(金) 02:30
設定のひらめきはすごいのに、
ひろげた風呂敷を畳めないひと。

ぼく地球後半から思ってきたが、うてなで確信
宇宙ですっぱり見切れた。

720 :花と名無しさん:2001/02/16(金) 02:32
ましてやイマドキのチューガクセイに至っては
痛々しいだけだった。

721 :花と名無しさん:2001/02/16(金) 02:43
見きるには、あの、ぼく地球のラストで充分だった。。。
あの痛さは涙を誘う

722 :花と名無しさん:2001/02/16(金) 19:57

以前このスレで紹介されていた、前世の記憶がある蒼樹藍羅ちゃん。
なんかストーリーができてきてるne!

http://tako.2ch.net/test/read.cgi?bbs=denpa&key=980181729&ls=100

723 :花と名無しさん:2001/02/17(土) 03:02
しつこいなぁ。
蒼樹藍羅ネタはヨソでやってよ。
スレに書き込みがないから?

724 :花と名無しさん:2001/02/18(日) 21:43
「ぼく地球」のラストはそれほど痛いとは思わなかったけど、
「宇宙」の痛さには耐えられまへん(涙)

725 :花と名無しさん:2001/02/19(月) 00:11
そうか? あのままマターリと終わるなら、21巻もいらん、と思った。。。

726 :花と名無しさん:2001/02/19(月) 00:34
もともと1年で終る話をあそこまで引っ張ったのが間違い。

727 :花と名無しさん:2001/02/19(月) 02:09
引っ張りさえしなければ名作として心に残ったのに・・・

728 :花と名無しさん:2001/02/19(月) 02:18
いやいや、非渡り先制はきっといつか復活なさいます。

729 :花と名無しさん:2001/02/19(月) 02:49
三度目の正直ってやつかしら。

730 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/02/19(月) 03:28
2度あることは、ともいうがな・・・。悲しい

731 :花と名無しさん:2001/02/19(月) 03:50
ご本人には落ちっぷりの自覚があるのだろうか。

732 :花と名無しさん:2001/02/20(火) 15:06
「ぼく地球」読み直しました。
連載中は1つのエピソードに何ヶ月もかかって気分が持続しづらかったけど、
一気に読むと入り込めていいですね。
紫苑と木蓮の2つの視点のエピソードは冗漫だったって意見もあるみたいだけど、
あれはあれでよかったと思う。
あと紫苑と木蓮が2人きりになってからなぜ想いを伝え合わなかったのかって意見もあったけど、
好きな人に好かれてないと思ってるなら怖くて想いなんか伝えられないと思う。
表面上でも仲が良くなったのなら尚更伝えることによって壊れることを恐れると思う。
人は誰だって傷つくのが怖いもん。

だからってわけでもないけど、もうあまり日渡センセのこと叩かないであげてほしいです。


733 :スレたてた1。今更ですが。:2001/02/21(水) 02:28
>>732
う…。 今の先生が見ていられなくて思わずスレ立ててしまった1です。
私は日渡先生にいろいろ漫画を楽しませてもらったので、嫌いになれないんだけど、
今の彼女には、なんでこうなっちゃったの〜とか残念に思ってて、
叩くと言うよりは、悔しいというか悲しいというか、
そういう気持ちを話したかったし、他の人はどう思っているか聞いてみたかった。
このタイトルにも悲しい気持ちを含めたつもりだったんですが、
確かにタイトルから叩きっぽいですね。


734 :花と名無しさん:2001/02/21(水) 05:31
>あと紫苑と木蓮が2人きりになってからなぜ想いを伝え合わなかったのかって意見もあったけど、
>好きな人に好かれてないと思ってるなら怖くて想いなんか伝えられないと思う。
>表面上でも仲が良くなったのなら尚更伝えることによって壊れることを恐れると思う。

激しく同意。おまけに強姦してるし。そんな男に例え後でいくら優しくされても
好きじゃなかったらぶっ殺してるよ。もし好きでも、それを忘れたかのように
ラブラブされては…やっぱり読んでる身としては「罪の意識はないんか?」と萎えるんだが。
それを乗り越えられなかったからああなったんだろうと。そういう見方はないだろうか。
私は工房の頃そう思った。

まあ…ぼく地球以降の先生の作品については語る気もないのでどうでもいいんですが。

735 :花と名無しさん:2001/02/21(水) 12:51
>>733
ただ単に叩いてるだけの書き込みが最近多いような気がしたので。
なんだかんだ言いながらもセンセのことが好きなんだなと思えるような書き込みは
1ファンとして共感するんですけどね。
まぁそれすらも、作者から見れば余計なお世話なのかもしれないのですが…。

>>734
>それを乗り越えられなかったからああなったんだろうと。そういう見方はないだろうか。
そうですよね。私もそう思います。
紫苑の「愛してる」の言葉に一抹の不安を感じながらも信じて身を任せようとしたのに、
実はその気にさせるための口実だと行為の最中に伝えられたらショックですよね。


736 :花と名無しさん:2001/02/24(土) 00:17
ぼくたまスレ探したけど無いようなので、ここに書く。
今日の金曜ロードショーで、天空の城ラピュタを放映してたけど、
なんか似てるとこ、無い?
あれぇー?と思うセリフが2、3個あったなぁ。

737 :花と名無しさん:2001/02/24(土) 00:23
>>736
どこ?滅びの呪文のとこ?

738 :花と名無しさん:2001/02/24(土) 00:28
ラピュタ見てたけど、どの辺が似てる?
いやー、各板でラピュタスレができてバルス唱えたように
ふっとんでったのが笑った。話しを戻して、どんなセリフ?

739 :花と名無しさん:2001/02/24(土) 00:32
ラピュタの方が古いの?


740 :花と名無しさん:2001/02/24(土) 00:36
んー、滅びのコトバを教わったとき怖くて眠れなかった、とか。
げんきになるコトバ(かな?)を有効にするためにはマイナスのことば
を知る必要がある(いいかげんな記憶だ)、とか、かなぁ。
あと、朽ちたロボットから草が生えている画が紫苑の屍と重なった。

考えすぎか・・・。

741 :花と名無しさん:2001/02/24(土) 00:38
諦め切れない!アクマくんシリーズを完結させてくれ!
だれかびわたりを救ってくれ〜。


742 :花と名無しさん:2001/02/24(土) 00:43
>>736
私も思ったー。シータが婆ちゃんからいろんな呪文と共に滅びの呪文を
教えてもらったって下りが、木蓮の植物を枯らすことができる歌の
エピソードとダブったなあ。シータは滅びの呪文を最初怖がるんだよね。
だけど、滅びの呪文を知ることが他の呪文を使う上での強さに繋がるん
だとか教えてもらうの。(うろ覚えなので間違ってたらスマナイ。)

それにラストの木の根が機械に絡みついてたあたりが、紫苑が
死んだ後の月基地とダブってた。

>>739
ラピュタの方が1、2年古いね。だから影響を受けた可能性はあるんじゃない?

743 :花と名無しさん:2001/02/24(土) 04:23
エピソードのヒントにするとかは漫画、小説ではよくある事なので
別にいいんじゃ?大きな意味での内容は全然被ってないし。

一つ一つ言ってたらこの業界被りっぱなしだよ(笑

744 :花と名無しさん:2001/02/24(土) 04:24
罪のない範囲じゃないの?
宮崎作品から影響受ける人なんて星の数だよ

745 :花と名無しさん:2001/02/24(土) 05:00

このスレの最初の方ですっげえ長文のひとが『僕たまは色んな人の作品から
えた影響を組み合わせて別の物に昇華させた』って書いてた

746 :花と名無しさん:2001/02/24(土) 05:07
>>745
しかし僕たまはやはり傑作でしょう。少なくとも一般評価では。
パクリ気味であろうとも、いかに最終回がヘタレていようとも。

747 :745:2001/02/24(土) 05:13
>>746
うんその人誉めた意味でいってたよ


748 :花と名無しさん:2001/02/24(土) 05:18
>>747
見ようによっては凄い嘲笑してるようにも見えたからさ〜
スマソ。

(ぼそっ)でも昇華は大袈裟だよね…(笑

749 :花と名無しさん:2001/02/24(土) 18:16
この前古本屋で「ユニコーンの夢」っつう昔の漫画立ち読みしてたら
僕球に似てるセリフ発見した。
ストーリーはユニコーンが未来の夢を見せるっていう直接
関係ない話なんだけど、設定が男女は別々の島で育ちお互い会うことはない
とか木蓮の子供の頃とかぶってる。
極め付けがラストシーンのモノローグ。「私たち風になり水になり光になって
そして・・・」とかいうそっくりなセリフが出てきて驚いた。
世界観とか影響受けるのは仕方ないけどセリフとかは自分で考えるべき
なんじゃ!?日渡先生・・と思ってしまった。


750 :花と名無しさん:2001/02/24(土) 18:29
>749
ナルホドね。でもさ、そういう「私たちは風になり光になり…」
みたいなセリフって割に陳腐っていうか、思いつきやすい言葉だよね。
一概にパクったと思い込んで「セリフは自分で考えるべき」とまで
言ってしまうのはどうだろう。


751 :花と名無しさん:2001/02/24(土) 18:52
でも、僕たま序盤?の星矢ネタとか、自分の欲望に忠実に(w
パクッたり、強引に表現していく人だなー、と子供心に思ったものだった。

752 :花と名無しさん:2001/02/24(土) 23:37
>750
「ユニコーンの夢」は萩尾望都全集に収録されています。
陳腐で思いつきやすい言葉ですか…。まあいいけど。

753 :花と名無しさん:2001/02/25(日) 03:44
うてなもコスモもそういう匂い(パクリというと
語弊があるが)は一切無かったのかしら。
僕たまだけ?

754 :花と名無しさん:2001/02/25(日) 03:52
星矢ネタはパクリとは言わんでしょう。 あれはパロディじゃない?
何でもパクリパクリってヴァカの一つ覚えみたいだから止めなよ。
パクリとオマージュとパロディは違うっしょ。

755 :花と名無しさん:2001/02/25(日) 04:11
>>754
>パクリとオマージュとパロディは違うっしょ。

あ・・・その言葉何処かのスレでも見た。ここでだったろうか。

756 :花と名無しさん:2001/02/25(日) 04:25
>>754
私もそう思うよ…。んな事言ってたら某社会現象になったアニメとか
丸々パクリで出来てるみたいなもんじゃないか。
漫画の話の筋読んでるんじゃなくてそんなとこばっかり見てるの?
内容読めない人みたいだyo!

757 :花と名無しさん:2001/02/25(日) 05:04
>>756
そしてその某社会現象アニメをそのままパクったような漫画の
なんと多い事か…

758 :花と名無しさん:2001/02/25(日) 06:18
もくれんの大気になるという言葉がたとえぱくりだったとしても
違和感なく作品に生かせてること、伏線があること(ありすの思
いつきのような言葉)は結構いいヒネり方だと思うんだけど。

759 :yurine:2001/02/25(日) 11:03
ぼくたまは、色んなもののパクリだからこそいいんだと思う。決して皮肉とかではない。
共有している感覚を美しくまとめているから名作なんだと思う。

760 :花と名無しさん:2001/02/25(日) 11:30
前世ネタ、もう飽きたよ…。

761 :花と名無しさん:2001/02/25(日) 11:48
>754
・・・だから、「強引に表現」って書いてあるでしょ。パクリって
いう部分は他の作品中のこと。以前からの流れを踏まえてんのよ。
国語力無しか、このスレの厨房は。

762 :花と名無しさん:2001/02/25(日) 11:54
>761

ものすごく偉そうな言い方。ていうか最後の1行が余計。


763 :花と名無しさん:2001/02/25(日) 12:42
このスレは国語力無しかも知らんが>>761は思いやりのカケラモなし。
よってこのスレの方が上。761は謝罪せよ。

764 :756だけど:2001/02/25(日) 13:20
>761
754のは別にアナタだけに言ってるようには読めないけどね。
他にパクリって言ってる人にも言ってるんじゃないの?以前の流れを踏まえて。
少なくとも私はそう読んだよ。
実際文中に「パクったり」って書いてあるんだから怒る必要あるの?

765 :花と名無しさん:2001/02/25(日) 13:40
>>761
そういう書き方しかできない自分が厨房。

766 :花と名無しさん:2001/02/25(日) 13:50
>>762-765
怖いねぇ。
みなさん内容に思いやりのカケラ「モ」なし(w
「謝罪せよ」って・・・
あんた、実社会でもそんな態度で生活して嫌われてるんでしょ。

767 :花と名無しさん:2001/02/25(日) 13:53
>パクリとオマージュとパロディは違うっしょ。

でも、オマージュにもパロディにも成り得てないなくて涙(藁



768 :花と名無しさん:2001/02/25(日) 14:09
>>766は2ちゃんですら嫌われてるから気にするな

769 :花と名無しさん:2001/02/25(日) 14:15
自演ご苦労>768

770 :花と名無しさん:2001/02/25(日) 16:30
>>751=761=766
こいつは放置。


771 :花と名無しさん:2001/02/25(日) 17:24
766だけど。
751&761でもないからさー、勝手な仕切りはやめてくれ、

772 :花と名無しさん:2001/02/25(日) 18:32
そう思うなら、つっかかるなよ〜↑
「パクリ」は、根拠はどうにしろ、波紋を投げるでしょ。
「ただそっくりなセリフがあった」ってだけが話のもとだし、
引っ張る会話じゃないよ。

ちなみに私も萩尾全集持ってるけど、特にパクリとは思わなかった。
その代わり「木蓮の発想って斬新」とも思わなかったけど。

773 :花と名無しさん:2001/02/25(日) 19:01
>772
どっから話を持ってきてんの?
論旨がずれまくってますよ。

774 :花と名無しさん:2001/02/25(日) 21:55
>>773
氏ね。世界にあんたの事氏ねと思っている人間がいますよ。
今この瞬間に。それは私。氏ね。

775 :花と名無しさん:2001/02/25(日) 22:41
宇宙も未来も最悪。駄作。パチモン。
でも、ぼく地球は、やっぱり名作の域に入るんだと思う。
泣いた部分もあるし(紫苑の回想)、
最終回も一応まとめたし。
星矢は、オフザケだと思うんだが、どうだろう?

776 :花と名無しさん:2001/02/25(日) 23:02
>>774
こうやって、ひきこもりの自分を攻撃してくる人間を
心の中で呪っているだけの私・・・
いつだって、マンガの中でだけ美人な私。
世界に私の事氏ねと思っている人間がいますよ。
今この瞬間に。それは私。氏ね、私。

777 :花と名無しさん:2001/02/25(日) 23:07
>>772=774さー、どーでもいい話題を上げないでくれる?
無視すりゃいいじゃん。
あんたも厨房だね。
次からはsageるか773と一緒に電波スレに逝ってね。


778 :花と名無しさん:2001/02/25(日) 23:14
>775
オフザケ、結構。そういうマターリ感で(藁
ただ、商業誌だから一線というものが必要かと。
少年漫画になるけど、すすめ!パイレーツなんかで巨人の星の
パロとかオチで色んな名作のキャラが出てくるとか、そういう
万人受け(認知)するものと違って、単にその時期に作家が好き
だった、という、コミックスになると結構読んでるほうが赤面
してしまう状況が、当時中学生だったけど「なんかなあー」と
思いました。

779 :花と名無しさん:2001/02/25(日) 23:16
関係ないけど、774は、773が悪態をついている間の3時間近く、
一体何をしていてレスできなかったんだろう・・・
まさか主婦?オバサンがこんなレス付けてんのか?!

780 :花と名無しさん:2001/02/25(日) 23:23
>>779
他の板で煽りレスつけていた、に700キャー


781 :花と名無しさん:2001/02/26(月) 00:31
>780
同じく。1200キャー

782 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/02/26(月) 02:16
>>777
ごめん、アンタ、sageって読めないの?
それともアンタのsageって、別のもの?
ちょっとギモンに思ったので。


783 :花と名無しさん:2001/02/26(月) 02:27
コノスレハ
ナンダカトテモ
スサンデル
(五七五にしてみました)

784 :花と名無しさん:2001/02/26(月) 02:28
「わたしたち 星になり 風になり 水になって」(「ユニコーンの夢」より)
に似た台詞があったって話は、全然覚えてなかったわ。
滅びの呪文の話はなんとなく覚えがあったんだけど。
(「ぼく地球」は連載で読んだだけだしなあ。)
「わたしたち〜」という台詞がパクリかどうかっていうと、
死にかけた紫苑のもとへ霊体となった木蓮があらわれて、
紫苑を抱きかかえつつこの台詞を言って、
さらに「これは夢なの」とか「帰れるわ・・・」とか
木蓮が言ってりしたら相当やばいけど、そーじゃないだろうから
(そんなエピソードがあった覚えはない)
まあ単に他人の空似程度なんではないかと現段階で予想してみる。

で、この台詞どういうふうに使われたの??
木蓮って、風にも水にもなってるとは思えないんだけど。

785 :花と名無しさん:2001/02/26(月) 02:29
火を消して〜。消防!

786 :花と名無しさん:2001/02/26(月) 03:08
>>784
最初のほうでありすが「木蓮さんは私じゃないです」「じゃあ木蓮はどこに
いるんだろうね」「木蓮さんは・・・そうです、大気、地球の大気になって・・・」
「ははは、面白いことを考えるねえ」といったやりとりがあったかと思うの
ですが。で、ラストのラストで輪が「ここにいたんだ・・・」って思ったり、
1巻で輪が落ちたときに助かったのも木蓮が大気になっていたからと暗示さ
せたりしていたような。。。

元ネタのほう知らないから何とも言えないけど、伏線が丁寧に貼ってあった
ぶん、たとえパクりでも、綺麗にまとまってるから別にいいじゃんって思う
んだけど。

787 :花と名無しさん:2001/02/26(月) 03:53
クソスレ

788 :花とお嫁さん:2001/02/26(月) 04:43
安易にパクリパクリって言いすぎだよ〜。
相当な根拠がなきゃ、あれるの当然。ただセリフが同じってだけじゃ、
カブリもあるよ。どのスレでもあきるくらい出てくる話なのに。

いくら今のビワタリがダメダメでも、ここにいるのが信者じゃなくても
「パクリ」なんて、紅茶くらいの証拠がなければ、
誰も簡単に乗って来たりしませんよ。

ある程度のオマージュや影響が見られるのは、
「少女マンガ」の市場の大きさから考えても当然でしょう。
それに今のビワタリがダメなので、「パクリ」がどうということではないので、
主旨的にも無関係だし。
ってことで、もう止めましょ。結局根拠レスみたいだし。

789 :花と名無しさん:2001/02/26(月) 05:47
漫画にも時代の流行があって同時代の作品は似た絵似た話似た雰囲気
をもつもの。(昔の漫画とか見ればよく分かる)
それは漫画の書き手が意識するしないに関わらず影響しあっているから。
言葉を変えればパクリあっている、ともいえる。
また、ある時代で作られた価値観が新しい作家たちに影響を与えて次の時代
がやってくる。いきなり前時代の価値観が消えることはありえない。
つまり大きな流れで後の時代のものは前の時代のパクリだともいえる。
結局何が言いたかったかというと
パクリのない作品なんて存在しない。
丸写しでなければ騒ぐ必用なし!!(長くてすみません)

790 :754:2001/02/26(月) 06:14
残業から帰って見てみたら荒れてる…。 私の所為だろうね。
だったら申し訳ない。 1連の書き込みにカチンときたので荒れるだろうなと
思ったけど、つい。(パクリという言葉、好きじゃないのです)
これからまた出社。ちょっとでも寝たら逆にきついので
2ちゃんでごまかしてるので、駄文スマソ(昨日のもゴメン!)。 今更だね…。

791 :花と名無しさん:2001/02/26(月) 07:51
全然違う話ですいません・・・
夢の中で日渡さんの新作というのを読んでしまった。
現代のお話でなくて、とてもファンタジーなお話だった。
そして絵がまた変わってて、ビクーリしたとこで「ぷはっ」と目が醒めた。
記憶に残ってるのはでかい(と推測される)スケールと、
キャラのちょと垂れたような黒っぽい目・・・
なんでまたこんな全然違う絵が出てきたんだろう。夢って不思議。

夢にまで見てる私って、ももももしかして愛しちゃってるかも。

792 :花と名無しさん:2001/02/26(月) 10:17
このスレってセンスない煽りが多いね。
これが日渡さんのファンの質なのだとしたら、
作品も育つのはたいへんだろうな。
こんな陰湿スレ、久々に見たよ。

793 :花と名無しさん:2001/02/26(月) 10:38
>>792
そう思うなら見ない触らない近寄らない


794 :花と名無しさん:2001/02/26(月) 18:26
アクマくんの完結希望!
とにかく希望!

795 :花と名無しさん:2001/02/26(月) 18:48
>794
そりゃ私もそう願いたいけど、絵が・・・

そーいえば、アクマくんの一時期は「銀河鉄道の夜」にハマってなかった?

796 :花と名無しさん:2001/02/26(月) 19:44
>>795
あーはまってたはまってた(笑)>銀河鉄道の夜
出てくる喫茶店の名前が…なんだっけ?
「ジョバンニの透明な悲しみ」とか…

797 :花と名無しさん:2001/02/26(月) 19:50
このスレ来て、ふと思い出した昔フレーズ。

新星が冷えて形がなくなってしまっても
絶対に残るものがある
それは重力−
重力に引っ張られてまたそこに物質が集まって
熱くぶつかって新しいパワーになって
そうして今度こそ本当の新しい星が誕生するー
結ぶものを失くして離れ離れになってしまった人々が
再び新しい重力に引かれて誰かと出会う
引っ張られて来た者同志は
同じ想いを知っている

いや、集まった俺らの想いって、ただひたすら号泣なんすけど(^^;
あ、その前に、センセ、まだ氏んでないか(一応は)。

ううー、せつないよー、せんせー復活してよー
マンガつまんないから、集まっても愚痴ばっかだったり、ケンカになったりするんじゃよー
ああ、アクマくん復活しないかなあ・・・ホント、嘘でもいいから復活して欲しいっす

798 :花と名無しさん:2001/02/26(月) 20:36
いまさらあの絵でアクマくんは描けなかろう…

799 :花と名無しさん:2001/02/26(月) 22:09
読者も期待しすぎプレッシャーかけすぎなんじゃないか?

そっとしといたほうがいい作品書く作家だと思うよ。
所詮、二の線三の線の作家だと思うのね。

800 :784>786:2001/02/27(火) 03:21
ああ、なんだ。
木蓮がよく言ってた「大気になりたい」という台詞の話でしたか。
いやもう、それは他人の空似ですらねーです(笑)。
ありがとう>786さん。
ところで、786さんのお話からすると、木蓮って前々からの言葉どおり、
地球の大気に転生したんですね。
今まで木蓮ってありすに転生したのかと思いこんでたよ、私。
だもんで「木蓮、なんて言動不一致なヤツなんだ」と思ってた。
ひどい勘違いだ(笑)。

801 :花と名無しさん:2001/02/27(火) 10:31
木蓮は大気になり、ありすにもなったんじゃないの?
なんて言うのかな?
木蓮の魂の木蓮たる部分が大気になり、
木蓮の魂の核のような部分が転生したというか…。

802 :花と名無しさん:2001/02/27(火) 11:21
>>801
うん、私もそう理解してた。うまく言えないけど……
このあたりの生命観は、漫画で言えば大島弓子ばりに深いと思う。
奇妙にフレキシブルというか……
大島弓子がソレづいたのも同時期だけど、この頃何か流行ったのかな。

803 :花と名無しさん:2001/02/27(火) 11:39
「大気になりたい」は「地球を守るもの(包むもの)」って比喩でしょー
素直に空気に転生したって取らなくてもいいじゃん(笑)

804 :花と名無しさん:2001/02/27(火) 11:54
>803
どうだろ・・・どっちもかも。生きた植物栄養剤だった訳だしなあ。
作者本人に科学的視野ないっぽくて判断不能。

805 :801:2001/02/27(火) 12:35
言葉が足りなかったみたいです。
>木蓮の魂の木蓮たる部分が大気になり、
>木蓮の魂の核のような部分が転生したというか…。
「木蓮の魂の核のような部分がありすに転生したというか」です。

806 :花と名無しさん:2001/02/27(火) 13:55
どーでもいいな。マンガだし。

807 :花と名無しさん:2001/02/27(火) 15:10
紫苑の手によって木蓮(の歌)は地球の大気になる(溶ける)ことができたので、
木蓮が大気に転生したわけではない。と、解釈していたのですが。
いうなれば木蓮は紫苑の装置によってよみがえったって感じでしょうか。
私見です

808 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/02/27(火) 17:19
>>806
それをいっちゃぁおしめーよぅ。

809 :花と名無しさん:2001/02/27(火) 17:44
よく考えると僕たまってすごい発想だね。
キーワードを7つ集めると基地が作動するとか
歌で植物が生えたり枯れたりとか

810 :花と名無しさん:2001/02/27(火) 17:55
>>809
お使いRPGの元祖みたいな作品だったのね(当時のRPGはお使い要素は
まだあまりなかった)

811 :花と名無しさん:2001/02/27(火) 18:00
>810
ゲームのネタだとしても
それを漫画に使おうっていうところが斬新じゃないすかね。
うてなはちょっといきすぎだけどさ。

812 :花と名無しさん:2001/02/28(水) 01:24
もうすぐ木蓮の咲く頃age。

813 :花と名無しさん:2001/02/28(水) 01:52
>>809
ちょっとノーライフ・キングに似てるよね。
(と書くとパクりのなんのって話になるかもしれないけど、たぶん、同じような
ものに影響を受けて書かれたんだと思うんだけど)

814 :花と名無しさん:2001/02/28(水) 05:07
日渡さんのうまさは、ゲームっぽかったり、オタクっぽかったり、その他色々なもの
の影響を受けてるっぽいようなネタを大量に拾ってきて、それらを冷静に綿密に紡ぎ
あげて、独特の世界にしたてあげるうまさだった。僕たまなんてSFだし前世だし
オカルトだしエコロジーだし超能力だし天才少年ものだし観察基地だしキーワードだし、
最高ありがちなエッセンスばっかり。なのに出来上がったものはやっぱ突出してる、
あの時代の少女マンガの中でも最高突出してる。そこが凄い、そこが彼女の上手さのゆえんな
のだろうに。逆にそういう大量のありがちエッセンスをかきあつめる努力をもっとしたほうが
いいのかも=今。まさに何でもないものそのものだからなあ、宇宙な僕ら。ありがちですらないところ
がおそろしい。友人との間で「才能の腐敗現象の最も分かりやすい見本」ということで
宇宙を回し読みしたりしています。読めない..

815 :花と名無しさん:2001/02/28(水) 20:27
>814
そうだね。たしかに殺人経験のある少年が拾われてあともうちょっとで
いい子になれそうだったのに配偶者(とってもいい人)が死んでしまって
その少年はますますひねくれるとか「不幸になっちゃダメだぞ」っていう
セリフなんか他の漫画でも読んだことあるし、特に珍しい設定じゃないのに
うまいことまとめて吸収している感じがするね。
しかし、観察基地はね…。他の漫画に比べて目的がいまいちよくわからん
かったな。


816 :花と名無しさん:2001/03/02(金) 02:25
>「才能の腐敗現象の最も分かりやすい見本」

まさに。腐敗ってのもすごいが。

817 :花と名無しさん:2001/03/02(金) 10:00
うてな途中脱落の私ですが。
やっぱダメなんだー…無理して買ってたんだけどな…
買ってビニールも開けないまま完結したら
のこり一気読みしようとか思っててしてないままだったことにも
このスレ読んで今更気付いた(藁

818 :花と名無しさん:2001/03/02(金) 13:49
うてなも宇宙も何で続けさせたんでしょうか??
特に宇宙は最初っから人気なんて全くなかった訳で、
3〜4話打ち切りで十分な内容だったと思うんですけど。

819 :花と名無しさん:2001/03/02(金) 14:26
>818
泊戦に聞いて下さい。

820 :花と名無しさん:2001/03/02(金) 15:58
>818
宇宙って最初っから人気なかったんだ?
うてなのせいで?


821 :花と名無しさん:2001/03/02(金) 16:05
>>820
なんか読者イラストもやたら少なく、
気合いの入ってないイラばっかだった

822 :花と名無しさん:2001/03/02(金) 19:20
作家インタビューでビワタリ先生今度は大型ロボットものが描きたいと
おっしゃってたぞ。
それが本当なら心底尊敬する。ゼヒ花ゆめの表紙巻頭ねらっていただき
たい!!


823 :花と名無しさん:2001/03/02(金) 19:48
>>822
えっ、どこに書いてあったの?

824 :花と名無しさん:2001/03/02(金) 23:29
大型ろぼっと・・・・?まじ?

825 :花と名無しさん:2001/03/02(金) 23:39
メカ物はよほど上手くないとダサ〜になる気がするんすけど、
先生大丈夫なのか?・・・

826 :花と名無しさん:2001/03/03(土) 00:13
つーか、反省点はないのか?
この2つの連載について。。。
をーい?

ってかんじですな

827 :花と名無しさん:2001/03/03(土) 01:09
火渡り先生が完全に逝く日も近い…。
次に白癬を干されるのは間違いなく彼女だろう。

828 :花と名無しさん:2001/03/03(土) 02:24
このスレ初めてのぞいてみたけど面白いよ。
遠い過去に想いを馳せつつ、笑いながら泣いた。
さようなら日渡先生、私は少年漫画板へ逝ってきます…。

829 :花と名無しさん:2001/03/03(土) 10:28
>>825
大丈夫なわけないじゃん…
メカ専任のアシでもゲットしたんかな

830 :822:2001/03/03(土) 19:26
ちょ、ちょっとみんな、大型ロボットものなんてビワタリ先生の
いつもの冗談だと思うよ。ホンキだったらすごいけど。

831 :花と名無しさん:2001/03/03(土) 19:38
ファンの最後の希望が巨大ロボ発言。
それが現状を現わしてるかな……

832 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/03/03(土) 19:57
「アイアン・ジャイアント」か?

833 :花と名無しさん:2001/03/03(土) 20:00
「新連載は巨大ボロ」の間違いだろ?

834 :花と名無しさん:2001/03/03(土) 20:21
>>833
上手いよ、座布団一枚!

835 :花と名無しさん:2001/03/03(土) 23:29
白癬での最後っ屁として、やるかもしれんぞ。巨大ロポ。

836 :花と名無しさん:2001/03/03(土) 23:37
今何描いてるの?


837 :花と名無しさん:2001/03/04(日) 00:04
トランザートが浮かんでしまったよ(汗)<巨大ロボ
少女漫画で巨大ロボかぁ・・・アニメ化でも狙うのかしらと、
深読みしてしまった。
マジかジョーダンかわからんのなら、色々心配してもしょうがないか。

>>836
こないだ「宇宙なボクら」の連載が終了しました。
4月に最終巻(4巻)が出るらしいですよ。

838 :836>837:2001/03/04(日) 00:08
親切にありがとう。
そうか、あれ終わったのか…


839 :花と名無しさん:2001/03/04(日) 00:50
ロボットって、せいやみたいなのじゃない?ママン。。。

840 :花と名無しさん:2001/03/04(日) 00:51
あ。「マーマ」だっけ、氷河は。
すでに記憶の彼方。。。

841 :花と名無しさん:2001/03/04(日) 01:04
今、「キッズステーション」というCSのチャンネルでやってるよ、せいや。
この前たまたま見て腹を抱えて笑った…。
ダイヤモンドダスト、オーロラサンダーアタック・・・・誰か助けてぇ(藁

842 :花と名無しさん:2001/03/04(日) 23:02
わたし☆矢だいすきだったよ〜(ワラ
一輝と瞬の兄弟は互いに重度のブラコンだし、氷河はマザコンで白鳥の舞を踊るしねえ。
コミックスあつめようかな

843 :花と名無しさん:2001/03/04(日) 23:19
どうでもいいことなんだけど、
前に友達と二人で学校の階段を登っていたときに、途中でつかれたーっ
て私が言ったのに大して友達が「我慢」って言ったのを、「ママン」と
聞き違えてすげぇ大笑いになって、腹筋痛くなって登れなくなったこと
があったなぁ。


844 :花と名無しさん:2001/03/04(日) 23:42
>>842
文庫はどう?
出始めたよ。

845 :花と名無しさん:2001/03/05(月) 01:35
素朴なギモン。
火渡り先生、次回作なんて描かせて貰えるのかね。
はっきり言って今の鼻夢には火渡り先生の紛れ込む余地はないということが
あの、うてなと宇宙の撃沈でよーく分ったような気がする。
何だかもう何描いても失敗すると思うよ、今の先生じゃ。

846 :花と名無しさん:2001/03/05(月) 01:38
>845
大人の事情ってやつです。


847 :花と名無しさん:2001/03/05(月) 02:41
>>846
な、なに?その大人のジジョーって・・・。
気になる。

848 :花と名無しさん:2001/03/05(月) 14:33
>845
別花、メロディスレの人達もこっちに来ないでー!って言ってたよ。
別コミで誰か来てほしいって書いてる人いたけど、どうだろう
気の迷いかもしれん。

849 :花と名無しさん:2001/03/06(火) 04:04
これ読んで自分でもやりたかったのかも。

ロボット技術の最先端
http://www6.plala.or.jp/private-hp/samuraidamasii/tamasiitop/robotyuugoku/robotyuugoku.htm


850 :花と名無しさん:2001/03/06(火) 04:17
>840
「マーマ」だよ。(遠い目・・・)

851 :花と名無しさん:2001/03/06(火) 05:20
>>849
わ、藁い過ぎて腹痛いっすよ(涙)
最先端技術を見て爆笑出来るとは思わなかった。

852 :花と名無しさん:2001/03/08(木) 00:27
このスレ
ヒワタリの巨大ロボが発動するまで
もたねぇな。

853 :花と名無しさん:2001/03/08(木) 07:47
新作でも発表されたらまた色々意見も出ましょうが・・・
ほんとに春か夏に新作出るのかなぁ。

854 :花と名無しさん:2001/03/08(木) 23:23
下がりすぎあげ

855 :花と名無しさん:2001/03/08(木) 23:48
>>849
なんだよこりゃ!(笑死)
というかコレ自体より849さん、なんでこんなページに行ったの?!

856 :849:2001/03/09(金) 00:34
他の板からのコピペです。
日渡先生にもぜひ、このぐらいの落ちをつけて欲しいと思い、
コピペしました。

857 :花と名無しさん:2001/03/09(金) 00:34
先行者=現在の日渡さん

858 :花と名無しさん:2001/03/09(金) 00:42
このスレの人って日渡先生をどうしたいの?
応援したいの?笑ってみてるの?

マジレスでスマソ

859 :花と名無しさん:2001/03/09(金) 00:44
>>849のリンク先ばりに先行者な日渡先生は見たくないなぁ

860 :花と名無しさん:2001/03/09(金) 01:00
>>858
私は先生の転落ぶりを笑ってみてる。
鬼畜でごめん、逝ってくるわ。

861 :花と名無しさん:2001/03/12(月) 04:42
他にも落ちぶれている(現在進行形)まんが家を発見。
ここのスレでも叩かれ中(はぁと)。
http://salad.2ch.net/test/read.cgi?bbs=gcomic&key=983115925
その名は、「槇村さとる」。

ただしわたしの見たところ、
びわたりほどに逝ってるわけではない。
っていうか、落ちぶれぶりは、びわたりが最強!(・▽・)b

862 :花と名無しさん:2001/03/12(月) 14:12
>>849
ありがとう! 早速友人にも教えてみたよ。
…皆、死ぬほど笑っていたわ。

863 :花と名無しさん:2001/03/14(水) 21:54
こっそりスレ消費。 くす。

864 :花と名無しさん:2001/03/14(水) 22:04
もひとつスレ消費。 いやん。

865 :花と名無しさん:2001/03/14(水) 22:09
うちの周辺、木蓮&玉蘭の花でいい香り。

866 :花と名無しさん:2001/03/14(水) 22:10
やっぱりスレ消費。

867 :花と名無しさん:2001/03/14(水) 22:12
 

868 :花と名無しさん:2001/03/15(木) 00:19
根の腐ったやつとか、波へいスレ気分のやつとか、変なのばっか。

869 :花と名無しさん:2001/03/17(土) 03:32
    駄駄駄駄駄駄▽駄駄駄駄駄駄駄駄▽▽▽駄駄駄駄駄駄駄駄駄駄
駄駄駄駄駄駄■■▽駄駄駄駄駄駄▽■▽駄駄駄駄駄駄駄駄駄駄
駄駄駄駄駄▽■■駄駄駄駄駄駄駄■■▽駄駄駄駄駄駄駄駄駄駄
駄駄駄駄▽■■▽駄駄駄駄駄駄▽■■▽▽▽▽■■▽駄駄駄駄
駄駄駄駄■■■駄駄▽▽駄駄駄▽■■■■■■■■■▽駄駄駄
駄駄▽▽■■▽駄▽■■▽駄▽■■▽▽▽▽▽■■■駄駄駄駄
駄▽■■■■▽▽■■▽駄駄▽■■■駄駄駄▽■■▽駄駄駄駄
駄▽■■■■▽▽■▽駄駄▽■■▽■▽駄▽■■■駄駄駄駄駄
駄駄▽■■■■■■▽駄▽■■▽▽■■▽■■■▽駄駄駄駄駄
駄駄駄▽■■■■▽▽駄▽■▽駄駄▽■■■■▽駄駄駄駄駄駄
駄駄駄駄▽■■▽▽■▽駄▽駄駄駄駄▽■■■駄駄駄駄駄駄駄
駄駄駄駄▽■■駄駄■■▽駄駄駄駄駄▽■■▽▽駄駄駄駄駄駄
駄▽▽▽■■■■■■■■▽駄▽▽■■■■■▽駄駄駄駄駄駄
駄■■■■■■■■▽■■▽▽■■■■▽■■■■■■▽▽駄
駄■■▽▽▽■■駄駄▽▽■■■■▽▽駄駄▽■■■■■▽駄
駄▽▽▽駄駄■■駄▽▽▽■■■▽▽■▽▽▽▽■■■■▽駄
駄駄■■■▽■■■■■▽■■▽駄▽■■■■▽▽▽▽▽駄駄
駄駄■■■▽■■▽■■▽▽▽駄駄▽■■■■■■▽駄駄駄駄
駄駄■■■▽■■駄▽■■駄駄駄駄駄▽▽■■■■▽駄駄駄駄
駄▽■■■駄■■駄▽■■▽駄駄▽駄駄駄▽■■▽駄駄駄駄駄
駄▽■■■駄■■駄駄■■▽駄▽■■▽▽▽駄駄駄駄駄駄駄駄
駄▽■■▽駄■■駄駄■■▽駄▽■■■■■▽▽駄駄駄駄駄駄
駄▽■■▽駄■■駄駄▽▽駄駄▽■■■■■■■■▽▽駄駄駄
駄▽■■▽駄■■駄駄駄駄駄駄駄▽▽■■■■■■■▽駄駄駄
駄駄駄駄駄駄■■駄駄駄駄駄駄駄駄駄駄▽■■■■■▽駄駄駄
駄駄駄駄駄駄■■駄駄駄駄駄駄駄駄駄駄駄駄▽▽▽▽駄駄駄駄

870 :花と名無しさん:2001/03/17(土) 07:10
最初の一行ズレてるのが気になる・・・・。

871 :ななし:2001/03/17(土) 12:48
>先行者あげ
笑った!
しかし、ワラっている間にも
物量作戦(というか人民パワー)で中国はやりまっせ!
そんな人らが、昔のびわたりせんせー作品をみて
是非キャラデザインを!とかいいだしたら、
逝ってしまうかもしれないですね。
とりあえずマンガ描いてくださいよ!!

872 :妄想中:2001/03/19(月) 07:01
アクマくんはチャチャと結ばれます。
悪魔と天使の間に生まれた子供は、悪と善が中和され
アクマくんが憧れていた人間に、近い存在と言えるでしょう。
神の大門の奥には人間界が広がっているかも
の、セリフから、その子供は神にもなりうる人物かもしれません。
どちらかと言うとアシャ派なんだけど、アシャはシヴァとくっついてね。
シヴァが好きだから。キーエ失恋。

うう・・・日渡節が見たい・・・昔のセリフ回し・・・
次回作がんばれ!

873 :花と名無しさん:2001/03/19(月) 07:42
そしてセリフの小さい「ぁぃぅぇぉ」も無くして欲しいですぅ。

874 :花と名無しさん:2001/03/19(月) 12:05
アクマ君とぼくたまはよかったのになーーー・・・・

>>873 わかるわかる!!!!!!!!

875 :花と名無しさん:2001/03/19(月) 12:14
チャチャはダメだ〜どうしてもあのタイプは好きになれない。
アシャの方がまだ好きだからそっちとくっついて欲しい。
だけどシヴァにも幸せになって欲しいんだよなー。
アムカには別の女性と幸せになって欲しいかも…

876 :花と名無しさん:2001/03/19(月) 12:17
>>875
激しく同意。
新しい女の子がでるといいのにな・・・・(藁

877 :花と名無しさん:2001/03/20(火) 04:51
もし次のスレッドが立つとしたら、
タイトル:もぉだめです!日渡先生!! 第二部
1の本文「わたしたち・・・ここから最後まで日渡サンを見守って・・・」
をきぼんぬ。

878 :花と名無しさん:2001/03/23(金) 04:48
ずっと見守ってるわ。

879 :花と名無しさん:2001/03/25(日) 05:39
昔の柱とかけっこう好きだったなー。
最近のは「うてな」くらいしか知らないけど、今の柱はどうなんだろう?
私はゲーム好きな方だけど、そればっかりだと濃いと思う・・・
DQ・FFくらいなら、なんとか・・・
興味持ってやってみようかな〜と思うこともあるけど。
楽屋裏みたいな話が知りたい〜!
「大地にあんよをくっつけて、星に手をさしのべて、きっと元気でいて下さいね」
※コスモは本紙で読んでたけど、うむ・・・何も言うまい。


880 :花と名無しさん:2001/03/27(火) 16:36
http://salad.2ch.net/test/read.cgi?bbs=gcomic&key=985605624&ls=100
日渡先生、ここで絶賛されてますね。

881 :花と名無しさん:2001/04/04(水) 17:15
もうここ終わり?

882 :花と名無しさん:2001/04/04(水) 17:27
あがってるの久々見た!

>>881
う〜ん……日渡さんの次回作次第かも。

883 :花と名無しさん:2001/04/04(水) 17:34
フト思ったんだけど、昔のように「読ませる」ものを書いたとして、
花ゆめに受けざらはあるのだろうか?
なんか、びわたりサンもつらいところなのかも…。
だって、好きなように書かせてくれると思います?
花ゆめの編集が。

884 :花と名無しさん:2001/04/06(金) 15:41
>>875さんに、私も遅れ馳せながら同意!
私としてはアムカにはアシャを選んで欲しい。
でも本当はアシャがシヴァを選ぶ。ってのが理想なんだけどね〜。
シヴァの幸せな顔見たいよ〜その傍らにいるべきなのはやはりアシャ!キーエじゃ役不足。
今更花ゆめに連載というのも厳しいでしょうから、日渡先生の自費出版で是非お願いします。



885 :花と名無しさん:2001/04/06(金) 19:41
>>884
同意だ…。あなたは私?

私はアシャ派だが、もしチャチャとアムカがくっつくんだったら、
もうちょっと己の立場を自覚した上でくっついて欲しい。

アシャは自分のことわかった上で、それでもアムカが好きな感じが
伝わってくるから好き。
でも今の子にはチャチャの方が人気出そう。

886 :花と名無しさん:2001/04/07(土) 03:40
アクマくんの続編ですが、何かのインタビューで日渡さんに「続編は描かないんですか?」と質問して、「う〜ん、同人誌で出すっていうのは…ダメ?」っていうやり取りを目にした記憶があるのですが、何の本で見たのかさっぱり
思い出せません。これ見て、あ、もう雑誌で描く気は無いんだな、と思った覚えが。
他に読み覚えのある人いませんか?
時期的には「宇宙」がはじまる前(いよいよ新連載の先生にインタビューって感じだったと。)辺り。
収録誌は、花夢本誌のような気がしたが、もしかするとコミケイト(白泉が書店店頭で無料で配ってる本)だったかも。

887 :花と名無しさん:2001/04/07(土) 03:53
久々にあがったね。
日渡さんて、次回作の予定あるのかな?

次にスレたてるときはさ、「もうだめです!!」やめようよ〜。
まじでしゃれにならん感じする…。
「巨大ロボ始動!!」とかにしよ〜や(藁
始動するのかわからないけど…。鬱だ

888 :花と名無しさん:2001/04/07(土) 07:09
ほんとに巨大ロボだったらそうしよう(笑)
巨大ロボはともかく、日渡さんがしっかと
始動するのかどうかが問題かもね。

889 :花と名無しさん:2001/04/07(土) 10:53
アシャ派でしたなー。
個人的には、魔法ビターの流れから言うと
アムカはチャチャを女として意識しはじめ、次回作でそれが
恋愛感情にまで行っちゃうんじゃないかと思ってた。
んが、やはり女神と未来の大魔王(?)カイエなんか目じゃない
悲恋に終わってしまうのではないかなと。まあ、もっと前向きな
悲恋というか、納得した上での別れ。そして後は過去の大魔王&大魔女王
&アシャの両親の恋模様の再現!
アムカのチャチャへの想いを理解した上で、すべて受け止めるアシャ!(笑)

・・・ま、何となくこの3人の性格から言うと、こんな感じのオチになる
んじゃないかと、昔は考えてたなあ。
そうなるとシヴァはどーなるとか色々あるけど。

890 :花と名無しさん:2001/04/08(日) 02:15
>>889 iine!

891 :花と名無しさん:2001/04/10(火) 11:24
アシャ派シヴァ派だったので、この二人にくっついてほしかったけど
それは絶対ないだろうなーと思ってた。
私は魔法BITTERでアムカがアシャに
「お前の事は嫌いじゃないぜ」って言った時と
ラストでアシャが
「一度は諦めようと思ったけど、アムカの事やっぱり追いかけていきたい」
みたいなこと言った時に、
アムカとアシャがくっつくのを確信しました。

892 :花と名無しさん:2001/04/12(木) 02:58
読み応えのあるスレだなー。
色々な見解が読めて面白いよ、ここ。

私は「ぼく地球」は、とにかく伏線に圧倒されたけど、よく考えたら
初めから短期連載予定だったんだから骨組みは出来ていたのよね。まぁ、しかし
あれだけの巻数になると、周到な(と感じさせる)伏線には敬服しちゃう。
やっぱり驚いてしまう。

893 :花と名無しさん:2001/04/12(木) 03:25
早紀ちゃんシリーズとかいずれも長く続けようと思って始めたわけじゃなさそうだから、
本来なら伏線をうまく利用できる力量を持った人だと思うよ。

894 :花と名無しさん:2001/04/12(木) 04:09
まあ伏線はりに失敗したんじゃなくて
伏線をはろうとも思わなかったってのが「宇宙」だろうから・・・

「うてな」の方はどうなんだろう?
ここに書き込みしている人も1.2巻については
あまり悪く言わない人が多い所をみると
やっぱり伏線を何も考えずに連載開始→前作の人気も手伝って好評を博す
→後の事を考えてなかったので続きがグダグダ
→それが最高潮になった時に、じゃあ主人公をカッコよくして
ついでにメインキャラどうしでS〇Xしてるところでも描いとけ
みたいなノリだったんだろうか?

895 :花と名無しさん:2001/04/12(木) 04:33
苺ちゃんがキライだったよ、そういえば。
名前からして。なんかもう、……キライなキャラ。
どーしてこんな共感出来ない女の子、平気でヒロインにまつりたてる?
て思ったもん。
あんまりつまらなくなったから花ゆめ買わなくなった。最後は
ちょっと気になるから、今度古本で買ってみようかな。
ところで苺ちゃん好きな人いる?
誰か、私に苺ちゃんの良さを教えて欲しい。プッシュしてみて。

896 :花と名無しさん:2001/04/12(木) 09:53
>>895
私も苺は嫌いだったけど
もともと「同性に嫌われる女の子」って設定だったから許せた。
あれがもし「誰からも好かれる元気な女の子」なんて設定だったら
誌面叩き付けたくなるほど嫌いだったろうけど。
とりあえず、苺の悪口言ってる同級生連に共感〜。

897 :花と名無しさん:2001/04/12(木) 11:21
私も嫌いだ。苺ってヒロインとして、花ゆめの読者に共感されにくそうな性格だろうな、と思ってた。
やっぱ他にも嫌う人いたのね。
でもあーゆー子に惹かれる男っているよね。


898 :花と名無しさん:2001/04/12(木) 12:08
苺って神田うのっぽい。タケルはマジックマッシュルームを食べたあの人。

899 :花と名無しさん:2001/04/12(木) 12:31
>>849
つうか笑いまくった・・
なんだこれは!!(w

900 :花と名無しさん:2001/04/15(日) 02:08
もう多くは望まないから、アクマくんシリーズだけは
ちゃんとケリつけてくれ、って思います。
ぼく地球コミックスの柱で、ちゃんとアクマくんの顔描けるから大丈夫、ってコメントしてたので、続き描く気はあるんだなって安心してたのになあ。

901 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/04/15(日) 02:13
ここの>>849のサイトは最早神話の領域だ。

902 :花と名無しさん:2001/04/15(日) 02:30
>>849についての専門スレあるよ。
理系板のどっかに立ってた。
私はスレまで読んでるヒマなかったけど…もう無いかも


903 :花と名無しさん:2001/04/15(日) 02:40
そういえば、先生の次回作はロボット物らしい
って書いた人って、どこからその情報仕入れたんだろう?

904 :花と名無しさん:2001/04/15(日) 03:43
何時の間にか900越えている。

905 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/04/15(日) 04:13
新スレはどうしましょ?

906 :花と名無しさん:2001/04/15(日) 05:00
そういえば、そういう情報がでるときって普通
「どこから?」とかいろいろツッコミが出るのにね。
すでにそれすらもどーでもいいというか。

907 :花と名無しさん:2001/04/15(日) 05:43
結局先行者のURLコピペしたいが為の前フリだったのか?
もし新スレが作られるようなら、スレタイトルに
巨大ロボット関係の話を入れるのは止めとく方がいいかもね。
ただしCHI-BI-01関係ならいいってことでさ(藁

908 :花と名無しさん:2001/04/15(日) 13:06
うわ懐かしい。記憶鮮明にでてきたよね。
それの番外編みたいなやつもあった。

次のスレはつくんないほうがいいな。
きっと似たような話になると思うし。
日渡の次回作がいつあるかはハッキリ
してないからこのままフェードアウトした場合
(←それは悲しいことだが)むなしい内容になると思うが。

909 :花と名無しさん:2001/04/15(日) 13:13
じゃ、新スレッド立ては「次回作待機」で保留?

910 :花と名無しさん:2001/04/15(日) 19:36
>903
プータオとかいう雑誌の作家インタビューに載ってた。


911 :花と名無しさん:2001/04/16(月) 12:19
さっさと別のスレで心機一転したいよ。早く次回作の詳細知りたい


912 :花と名無しさん:2001/04/16(月) 12:27
気持ちはわかるが、結局話題がループになる気がして複雑な気持ち。

913 :花と名無しさん:2001/04/16(月) 13:15
ループはループだけど、やっぱ何度でも言いたい気持ちもある。
私も複雑・・・

914 :花と名無しさん:2001/04/16(月) 14:32
読者は 悲しいくらい 君の覚醒を 待ってる…。日渡センセ。

915 :花と名無しさん:2001/04/16(月) 15:17
大いなる期待と
僅かな諦めに似た気持ちで
次回作を待つ…

916 :通りすがりの男:2001/04/19(木) 11:57
今ごろ終わったのを知ったよコミックスで。
やっぱり二、三巻の展開があまりに人気なかったのか。つまんなかったしね。
今ごろ苛め問題はねーだろというか。
一巻は酷評されるほどではなかったと思うけど。むしろ漏れには好感持てた。

四巻で展開急いでいるのを見て、「お、いい感じじゃん」と
喜んだのに、ものの見事にぬか喜び。がっくり。
面白くなるのはむしろこれからだと思うのになあ。
使い魔の関係は続けたままで、これの続き書いてくれればいいところいくと思うのにな。

次回作ではもっと早めに盛り上げてくれることを祈るよ。ホンとにな。

917 :花と名無しさん:2001/04/19(木) 18:12
日渡先生は学生の話は止めた方がいいよね。

918 :花と名無しさん:2001/04/20(金) 01:01
うん。年齢的にも厨房工房の話しは無理だと思う。

919 :花と名無しさん:2001/04/21(土) 07:42
アクマくーーーん。。。(号泣

920 :花と名無しさん:2001/04/22(日) 14:56
もっかいぼく地球について語ろうよ。なんか懐かしい。

あのころ結構のめりこんで、こうやって客観的に話をみることってできなかった。
ほら、フィクション宣言、とかコミックであってんやんか。あれって結構
ショックだったんだよね。あとからあの文章読んで、作者は読者を別の世界につれて
行くけど、またもとの世界にかえさなきゃいけない、っつって、その意味が大きく
なってからやっとわかったの。

921 :花と名無しさん:2001/04/22(日) 20:53
それなら新スレのほうがよくないですか・・?

922 :花と名無しさん:2001/04/22(日) 22:41
「アクマくんシリーズ」結構「メロディ」あたりでやる気がする。
何故なら、かなり昔にやってた青池保子の「修道士ファルコ」が連載スタートしたり。
加藤知子「天上の愛地上の恋」が4,5年ぶり位に連載したり。
若木未生・田村純子の「なんとか」も読み切りで復活したり。
掲載誌がつぶれたドサクサにまぎれて岡野玲子「御陽師」をゲットしたり。
川原泉も復活してるし、わかつきめぐみもなんか載ってるし。
中でも一番凄まじいのが今月号のアンケートで「今後メロディ読んでみたい作家
・作品を掲載誌問わずお答えください。」とあるところ・・・。
「メロディ」もはやなんでもありっス(笑)。
「アクマくんシリーズ」みたいなら、「メロディ」に頼んでみては?

923 :花と名無しさん:2001/04/22(日) 22:46
わたしは「メロディ」のアンケートに出すと決めたぞおお!!!(笑)

924 :花と名無しさん:2001/04/23(月) 00:45
アクマくんはもういいな。なんかねえ。がっかりさせられそうで。

925 :花と名無しさん:2001/04/23(月) 01:20
「メロディ」読者の私としてははっきり言って日渡さんには来て欲しくない。
悪いけどもう今の日渡さんじゃロクな作品描けないよ・・。
たとえ昔、一世を風靡したとしてもそれははるか過去の事。
「アクマくん」なんかももう今更描いても924さんの言うように
がっかりさせられるだけだと思う。


926 :花と名無しさん:2001/04/24(火) 04:56
春になったけど新作の噂はまだかしら。
巨大ロボは置いといて。

927 :花と名無しさん:2001/04/27(金) 01:12
コスモ最終巻見ました。
柱の最後にアクマくん関連の話しが・・・

話は思ったよりか、まぁまとも(をい)だったですが、
薄っぺらい感じやら何で?という疑問は否めなかった。
とはいえ、思ってたより読めました。
コマや絵はというとそれはもう(以下自主規制)

途中、お、いい感じ。と思った所もあったけど、
最後の最後でそのいい感じ。が吹っ飛びました。
なんなんだ、あのケーハクなノリは(汗)
しかもコスチューム(謎)が泣きそうなくらいダサぃ。
あれさえなかったらもーちょっとマシだったかもしれないのに。

928 :花と名無しさん:2001/04/27(金) 01:22
>927
アクマくん関連の話!?
なんて書いてあったのでしょうか?
気になるよ〜。

929 :花と名無しさん:2001/04/27(金) 07:36
>>927
アクマくんの話、詳しく教えてください。

930 :花と名無しさん:2001/04/27(金) 08:40
やだい


931 :927:2001/04/27(金) 14:50
「前に同人誌で出すってうっかり書いたけど、今はその予定はないのでゴメンナサイ。
機会があれば続きを描く意志だけはあるけど、どんな形でかはわからないです」
という内容でした。
がいしゅつ情報だったらすいません!

932 :花と名無しさん:2001/04/27(金) 15:01
う〜む、商業誌でもあのはじけっぷりのビワタリさんが、
同人なんぞ描いたらどうなることやら……ってカンジなんで、
あまり同人ではやってほしくないかも。。。かも。

933 :花と名無しさん:2001/04/27(金) 15:37
「記憶鮮明」シリーズだって途中から絵柄が凄く変わっちゃったでしょ?
なんだかそれを見るだけも辛かったりする・・・。
もうあの絵しか描けないんだったら「アクマくん」もしないでいてくれた方がいいなあ。
「記憶鮮明」気に入ってたのに・・・。(涙

934 :花と名無しさん:2001/04/27(金) 17:20
同人誌だと買いに逝かなきゃならんのは、キツイ

935 :花と名無しさん:2001/04/27(金) 19:36
「たのみこむ」でアクマくんシリーズの続刊希望、出てますよ。

ttp://db.tanomi.com/newmetoo/naiyou.html?kid=4990

936 :花と名無しさん:2001/04/29(日) 08:44
絵も酷くなったけど、やっぱりキャラがいくらあがいても立てられなくなっ
たことが彼女の敗因だからね。アクマくんの頃の絵だって、一般的に見れば
決してうまい絵柄じゃない。もちろん魅力はあったけど、最盛期僕たまの絵
から入った私にはふつうに下手に見えた。もちろん今に比べれば1000倍まし
よ。でもそう考えると、絵が酷くても、キャラの性格が魅力的なら彼女の場
合は読める気がする。うてな以降、どんどんいいキャラがでてこ無くなった
訳で、コスモに至ってはキモい人ばかり..ということは、昔の作品をリベン
ジして、昔描いていた魅力的な人達をそのままの性格で再登場させれば、
リハビリになるのでは?とか、思ったり、する..駄目?

937 :花と名無しさん:2001/04/30(月) 01:18
日渡先生って前世とか好きそうだけど、
りんとありすとか、うてなのカップルになってるキャラとか、
前世の運命どうり、またこの世でもカップルになっちゃうとこが嫌だな。


938 :花と名無しさん:2001/04/30(月) 02:21
>>937
反感買いまくりだけど、一成と桜のカップルは前世とは違うよ。
この2人、それまでにイイ感じにさせとけば、
ここまで文句言われなかっただろうに

一成が迅八の事を吹っ切った後、
ボクもエンジュみたいな素敵な恋がしたいと言ってるシーンで
桜の顔が映って、「な、なんであいつの顔が浮かぶんだよぉ!」って言わせるとか

私個人としては結構お似合いのカップルと思うだけに
それまでの伏線をキチンと貼っておいてほしかった。
それか単に付き合ってるってだけで婚約まではいかせないとか

939 :花と名無しさん:2001/04/30(月) 02:34
>>938
私もあの二人お似合いと思うんですが、やはり最終回はいただけ
ないクチでした・・あからさまに付合っている描写を
するんじゃなくて、関係をにおわせる程度とどめて欲しかったです

940 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:2001/04/30(月) 02:35
話がズレるかもしれないけど
私はありすちゃんと輪君のカップルが前世から決まってた
っていうことじゃなくて、ありすちゃん方が10才年上って
いうところに萎えた。実いうと輪君嫌いだったし・・・
それでも「ぼく地球」は面白かった。
一見矛盾しているように見せておいてちゃんと辻褄
合わせてきたしドラマチックだったし。
「うてな」も何時か面白くなるだろうって
思ってよんでいたけど、自然と読まなくなったなぁ。

941 :花と名無しさん:2001/04/30(月) 20:02
>>938
誰も一成と桜を忘れてる訳じゃないですよ。
ただそういうカップルが多いって言いたかっただけなんです。

942 :花と名無しさん:2001/04/30(月) 21:56
でも良く考えたら、一成って
前世の恋人が親友になって、前世の親友が恋人(婚約者)になってるんだよね。
やっぱり運命には逆らえないのか?
まあ前世のような苦しみはないだろうけど

943 :花と名無しさん:2001/05/01(火) 03:25
私も輪君、キライだった。
なんであんなに人気あったんだろう。

944 :花と名無しさん:2001/05/01(火) 04:54
私の周りじゃ最初人気なかったけど(てか嫌われてた)
輪君=紫苑だと判明してから好きになってた人多かったよ。
紫苑人気=輪人気だったのかな?
あとなんとなくショタがはやってたのもあり?
私は紫苑が大嫌いだったから2倍嫌いになったけども(w

945 :花と名無しさん:2001/05/01(火) 05:17
けど私は誰がなんと言おうと輪君が好き・・・。紫苑さん普通。
アンチショタであるはずなんだけど、輪君は子供でも子供に
見えなくて(っていうかそういう風に作ってたと思うけど)いい男ッポイ
最後の東京タワー上ってる時の切なさそうな顔が可哀想で・・。
リアル厨房の時は真剣にはまってたし。

946 :花と名無しさん:2001/05/01(火) 13:31
中華キャノンage.

947 :花と名無しさん:2001/05/01(火) 15:19
輪君は、輪君=紫苑ってわかる前から嫌いだった。
なまいきな子供キャラ自体が嫌いだあ
なので紫苑も子供時代から嫌いだった。
最後の方で亜梨子が輪君って時々大人っぽいと思うとか言ったあたりは
ワラタ。小2に大人っぽいもなにもねーだろ

948 :花と名無しさん:2001/05/01(火) 15:39
途中、絶対輪は氏ぬな。と思ったのに違った。
田村が子供(輪)相手だったから、手が出せなかった所ありましたよね。
調子こいてるワガママなガキは、矯正するのが大人の役目だ!
と思いつつもにょりながら読んでました。
いや、漫画なんだからどーでもいいんだけど。


949 :花と名無しさん:2001/05/01(火) 16:28
私はカナーリショタ気味だけど、輪にはなにも感じない。
作りすぎなんだよね。目覚めた後の輪に萌え萌えは、ショタではないと見た。(いや勝手に)

950 :花と名無しさん:2001/05/02(水) 01:09
新スレどうしましょage

951 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/05/02(水) 01:15
昔々、日渡先生の漫画で、ヒロインが淋しいからネコを何匹も
マンションで買っていて、その話のラストで、ヒロインは彼と
マンションを出て行くことになり、ネコはどうしよう?という
時に、ネコはノラになっても生きていくだろうと、そのまま
そこに置き去りにしたまま話が終わった。
これを読んでから、日渡先生の漫画は読む気がしなくなった。

952 :花と名無しさん:2001/05/02(水) 01:26
つーか未だに、なんで木蓮は紫苑にヤられてキチェスが消えなかったの
かが解らない。
別に「だから駄目だった」とかそういうことではないんだけど、
なんで消えなかったんだろー、と思ってしまうのさ。
友人に聞いたら「木蓮の心は清らかなままだったから」という訳の解らん
答えを貰ってしまったし。
一応、「紫苑が入れなかった」ので消えなかったのだろう、と推測
しているんだが。

953 :花と名無しさん:2001/05/02(水) 02:14
>951
私はその話読んだ覚えがないのですが、ちょっと興味
あるかも。コミックスに入ってるのかな。
いつ頃の作品ですか?(ぼく地球が始まる前とか)

>952
確かに消えなかった理由は、
ちゃんと描かれませんでしたよね。
私は心と体(藁)の両方が通じあって初めて
消えるのかなと勝手に思ってたんですが。

954 :花と名無しさん:2001/05/02(水) 02:27
それメロディの「真理子、ここにおいで」では?

955 :花と名無しさん :2001/05/02(水) 02:37
流浪の民 の歌が好きだったから、ぼく地球読み出したクチ
でも話のダルサに途中で投げ出した

956 :花と名無しさん:2001/05/02(水) 03:45
>952
そういえばそうですね。うーん、、、当時は、たとえそれがすれ違いの原因となって
も紫苑に救いを与える為の演出だと漠然と思ってましたが・・・
最後の一人となってしまったキチェスをサージャリムは人の為に残してくれたとか。
木蓮の人間として最後の奇跡(輪を救う)が描かれていましたが、キチェスとして
最後の奇跡だったのかなぁと。紫苑の装置によって地球に歌が届いていたわけだし。
氏ぬ時までにキチェを失っていたらいくら録画?でも地球に届かない気がするので。
よくわかりませんが。。。
ラストの方で「紫苑、私はここ(大気)よ・・・貴方が解放される瞬間を信じて待っていた・・・」
というくだりの後に木蓮と紫苑が再会?するシーンには感動でした。

957 :花と名無しさん:2001/05/02(水) 10:09
950さん新スレお願いします〜。

958 :花と名無しさん:2001/05/02(水) 17:05
お引っ越ししました〜
http://salad.2ch.net/test/read.cgi?bbs=gcomic&key=988778637


959 :花と名無し:2001/06/02(土) 07:24
pu-

960 :花と名無しさん:2001/06/02(土) 07:29
↑引っ越したっつってんのになんでageるのさー

250 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)